ずくなしの冷や水

2018年11月30日

アンドロイドスマホ活用法 スマホとパソコンをつなげばほぼネット常時接続

思いがけず手に入ったアンドロイドスマホの活用法を検討してきました。私の結論 最大の活用は「ネット固定回線の代わりに使う」です。まず経緯から。

1 アンドロイド スマホから簡単にデータを取り出す。
先日、私より年長の男性にアンドロイド スマホの写真の取り出し方を聞かれてうまく答えられませんでした。

反省して調べました。スマホは、dtab cmpact d-01j 

マイクロUSB(オス)と標準USB(メス)の延長コード(変換アダプター)があれば内部メモリーからもSDカードからも簡単に画像を取り出すことができますね。

このコードの先にUSBメモリーを刺し、ファイルマネジャーで画像をコピーすることができました。

ファイルマネジャーは、ASUS Computer Inc.の ZenUI が使いやすいです。Google playから呼び出してインストールします。

同じようにデータを取り出している方はおられますか? 特に難しい設定なしで使えていますか。私は、この作業の前にアンドロイドを有線LANで接続できないか、USBの設定をいじっています。

もう1台のdtab cmpact d-01jに同じようにつなげてみましたが、すんなりとUSBメモリーの画像が見られました。この前の爺さんの家族はどこで詰まったんでしょう。ファイルの操作をする方法がわからなかった? ダウンロード面倒ですものね。Googleのアカウントを取らないといけないし。

2 アンドロイド スマホで有線LANを接続できるか。
できる機種もあるらしいのですが、私がやった範囲ではできませんでした。取扱説明書にも書いてありません。
有線LAN接続アダプターはドライバーがいります。新しいものはWindowsにドライバーが入っていますが、入っていない格安アダプターもあります。
Wifi経由せずに有線LANに直接接続できれば、余計な電波を浴びずに済むのですが。

3 テザリングをする。(固定ネット回線がダウンしたときのため)
やれました。USB接続とWifi接続。そんなに難しくなかった。bluetoothも使えましたが、ファイルを送ることしかできていません。

4 被ばく量を閾値内にとどめる、いや間違い、ゼロSIMで限度を超えないよう通信量を調整する
一か月の通信量が500MBを超えると料金が発生します。2018/11は加入後初の1か月、いろいろなテストをしましたので途中で課金やむなしと覚悟しましたが、なんとか閾値500MBを超えずに済みそうです。手元のタブレットは1か月のデータ通信量を示してくれます。

だいぶ慣れました。私にはアイフォンより画面の大きいタブレットが見やすく扱いやすいです。

子供が帰国したら、アイフォンを貸すか、このタブレットをモバイルルーター代わりに貸すことになるでしょう。いつ帰ってくるか?(あくまでもさりげなく、バラマキスマホを高い金で買ったなどという素振りは決して見せません)

ここでふと思いつきました。ゼロSIMは500MBまではタダですが、2GBになると月1600円で割高です。ただ、5GBまで高速で使え、5GBを超えると速度が落ちます。

私のこの30日間のイーサーネット通信量は57.35GBでした。ブラウザーのデータ使用量が93%を占めます。


もし、この通信量のすべてをゼロSIMのスマホ経由で携帯回線から使用した場合5GBで1,600円。これを超えた分52.35GBは、1GBごとに100円増しです。ですから1600円+5300円=6,900円になります。ここに電話分700円を加え、消費税を入れて8,200円。毎月1万円近く払っている人もいますから飛び上がるほどの金額ではないのでしょう。

私の場合、朝起きてから寝るまでパソコンの電源を入れてあり、ブログはほぼ常時ログインしてデータを入れています。あと、メールとFTPソフトがデータのやりとりでは大きなものです。

カスペルスキーも意外に使っていますし、システムもそこそこあります。

ここでご年配のスマホ愛用者の方に吉報があります。

スマホであちこちのサイトを見るのもパソコンであちこち見るのと、データ通信量では基本的に変わらないのです。

毎月の通信量の制約の中でどれだけデータ量を消化していますか?

1日長くて1時間ネットを見る程度でしょう。仮に私の11分の1見ているとして、30日で5GB程度ではないでしょうか。

メールのデータ量など知れたものです。すると月にデータ通信分で1,600円で足りることになります。これを超過すればスピードが遅くなりますが、サイトを見たりできないわけではない。

ゼロSIMの会社は、その程度のネット利用者が多いことを何らかの方法で知っていますね。料金設定から見てそのように思えます。

そこでお尋ねしますが、スマホでネットを見るのは目が疲れませんか? スマホでメールを入力するのは根気が必要ではありませんか。タブレットよりも大きい画面でネットを見られたら良いと思いませんか?

実は、テザリングという方法は、これを簡単に実現してくれるのです。その方法をテストして記事に書きました。

2018年11月29日
測定器のグラフをアンドロイドスマホのテザリングでネット送信する Wifi利用

2018年11月24日
測定器のグラフをアンドロイドスマホのテザリングでネット送信する USBケーブル

肝心のパソコンがない? 今時、古いパソコンなど処分するのに困っている人が多い時代なのです。若い人に少しカネを渡して「新しいのを買いなさい。古いのは私が引き取るから」(と言えるほどの余裕があれば、)そう言ってやってはいかがでしょう。

もしそんな相手が見つからなければ、その時の選択肢の一つがドンキのパソコンの購入です。2万円だそうです。

スマホの料金選択を見直せば年間で2万円ほど浮く人は多いはずと思います。

私の場合、固定ネット回線が月約4千円です。私は上に書いたメインのパソコンのほか常時接続、画像キャプチャーのスティックパソコンもありますし、里帰りしたスティックパソコンのソフト更新で大量のデータをダウンロードしますから、専ら携帯回線に依存というわけにはいきませんが、最小限のネット利用なら、今のゼロSIMで1600円払うのとアイフォンのデータ通信枠でほぼ賄えるだろうことを知り、気が楽になりました。

今の固定回線の料金と同等で収まります。
posted by ZUKUNASHI at 22:06| Comment(0) | デジタル・インターネット

Anti-war push or regime change in Riyadh

RT2018/11/29
Anti-war push or regime change in Riyadh: Analysts question motive of US Senate’s Yemen resolution
A Senate resolution that would end US support for the Saudi-led invasion of Yemen may be using humanitarian concerns as a pretext to dethrone Saudi Arabia’s Crown Prince Mohammed bin Salman, analysts say.

A bipartisan proposal to block any further US military assistance to the Saudi-led coalition waging war in Yemen is one step closer to being adopted, after the Senate voted 63-37 on Wednesday to allow a floor vote on the resolution.

The legislation’s early successes have been interpreted as a kick in the teeth to US President Donald Trump’s unapologetic support for Riyadh, but some have questioned the timing of the proposal – and whether it will have any long-term effect on Washington’s deep-rooted ties to the Kingdom.

Long overdue?

The horrific war in Yemen has been raging for three years, so why is it only now that lawmakers are sharing heartbreaking photographs of starving Yemeni children on the Senate floor?

Backed by US military hardware and logistics, the Saudi-led campaign in Yemen has resulted in a “tremendous famine, the worst outbreak of cholera in modern history, and none of that seemed to move the elected officials in this country enough to do anything about it,” Medea Benjamin, cofounder of the anti-war group Code Pink, told RT.

Initially unmoved by the suffering of millions of Yemeni children, it appears that it was the murder of Saudi journalist Jamal Khashoggi – “someone who was known to people in the elite circles in Washington, DC” – that sparked the Senate’s indignation, Benjamin said. She added that until recently, the media has kept Americans in the dark about what is happening in Yemen, much to the delight of the “strong pro-war lobby.”

However, Khashoggi’s brutal killing at the Saudi consulate in Istanbul has developed into a “major scandal” that endangers the US’ “multi-billion dollar arms sales with Saudi Arabia,” Colin Cavell, associate professor of political science at Bluefield State College, said.

“Saudi Arabia, Britain and America are actually working together [in Yemen], in terms of weapons,” Reza Kazim, a researcher at Islamic Human Rights Commission, noted. As such, speculation that Crown Prince Mohammed bin Salman (known colloquially as ‘MBS’) may have ordered Khashoggi’s murder is fueling concern in Washington that the current Saudi leadership is bad for business.
Pushing MBS out?

The resolution’s real aim is not to axe Washington’s ties with Saudi Arabia, but to push MBS out, and replace him with a “more pliable” Saudi royal, Cavell told RT. “The relationship will continue because Saudi Arabia has nowhere else to turn.”

Some believe the Khashoggi scandal has created a need within the Kingdom to find a new leader whose image hasn’t been tainted by allegations of cold-blooded murder and war crimes.

MBS has made more enemies than friends among the Saudi royals, and has “upset” the country’s leadership, Michael Maloof, former senior security policy adviser in the Pentagon, told RT earlier in November. According to the analyst, there is a simmering rebellion against the young Crown Prince in the House of Saud.

“The wheels are already in motion to try and replace MBS with someone more compatible with the West.”

Whatever the resolution’s potential ulterior motives, it’s still far from clear if the legislation will ultimately be adopted.

“How long is this [issue] going to stay in the public mind?” Cavell asked. “Will Americans demand accountability, or will people forget about it in a month or so?”
posted by ZUKUNASHI at 08:21| Comment(0) | 国際・政治

アゾフ海でロシアとウクライナの軍事緊張高まる

ウクライナが米国の意を受けて戒厳令を敷く口実作りにケルチ海峡を利用、ポロシェンコの来年春の再選が狙いです。戒厳令は30日間、選挙運動ができなくなります。

ブエノスアイレスでのトランプ・プーチン個別会談がウクライナ問題を理由に米側からキャンセルになりました。米国がこの問題をロシア攻撃の材料とする意図がさらにはっきりしました。

RT2018/11/29
Trump cancels planned meeting with Putin at G20 over Russia-Ukraine flare up

【ニューヨーク共同】2018/11/27
国連安全保障理事会は26日、クリミア半島周辺海域でウクライナ艦船がロシア警備艇に銃撃された問題を討議する緊急会合を開催した。米国などがウクライナを支持したのに対し、ロシアはウクライナの「挑発」が原因だと反論して激しい非難の応酬となった。
 この日、会合前にトランプ大統領と協議したという米国のヘイリー国連大使は「ウクライナ領に対する言語道断の主権侵害」と批判。
 一方、ロシアのポリャンスキー国連次席大使は、ウクライナが戒厳令を出して来年3月の大統領選を中止するためにロシアを挑発したと主張した。

RT2018/11/26
Ukraine puts army on ‘full combat alert’ after naval clash with Russia off Crimea
Ukraine has placed its troops on full combat alert, as MPs in Kiev are set to approve President Petro Poroshenko’s proposal to impose martial law following a skirmish between the Russian military and Ukrainian vessels near Crimea.

The decision to put the Ukrainian armed forces on the highest level of alert came after the Ukrainian National Security and Defense Council of Ukraine (NSDC) supported Poroshenko’s earlier proposal to invoke martial law for 60 days.

The move is now awaiting the approval of the Verkhovna Rada, the Ukrainian Parliament, who will be voting on the motion on Monday.

“Based on the NSDC decision to impose martial law, the head of the General Staff – the Commander-in-Chief of the Armed Forces of Ukraine – has ordered to put all units of the Armed Forces of Ukraine on full combat alert,” reads a statement released by the Ukrainian Defense Ministry on Monday.

On sunday, Russia opened fire and seized three Ukrainian Navy vessels – two artillery boats and a tugboat. It says that these were breaching the Russian maritime border and trying to pass through the Kerch Strait, a narrow waterway between mainland Russia and Crimea, which connects Ukrainian ports in the Black and the Azov seas.

The Russian coastguard said that the vessels had not given proper notification of their passage and repeatedly ignored warnings and “legal demands” to stop. Three Ukrainian crew members were injured in the altercation, and were treated by Russian medics.

Kiev insists that it had given proper notice to the Russian side ahead of what it describes as a planned routine maneuver. It is now demanding the release of the ships and their crew, as well as compensation for the damage inflicted.

The Ukrainian government has asked its allies, including NATO and the EU, to retaliate against what Kiev describes as Russian “aggression,” calling on its Western backers to tighten existing sanctions and impose new measures against Russia, as well as providing Kiev with “military assistance to protect its territorial integrity.”

Poroshenko said, however, that martial law does not mean that Ukraine is now in a state of war with Russia.
posted by ZUKUNASHI at 08:06| Comment(5) | 国際・政治

シリアがイスラエルの戦闘機を迎撃した?

RT2018/11/29
Syrian air defense downs several 'enemy targets' in southern Syria – reports
Syria's air defense forces have shot down "enemy targets" in Kiswah town, located south of Damascus, according to state media.

The report by the SANA news outlet does not specify the "enemy" that was targeted.

Military sources told SANA that the incoming projectiles were heading toward the al-Kiswah area.

"Our air defense systems repelled an attack by several enemy targets over the al-Kiswah area in the south of the country and shot them down," a Syrian military source said, as quoted by Ikhbariya television.

An unconfirmed report from Ria Novosti said that an Israeli Air Force jet and four Israeli missiles were taken down.

Israeli Defense Forces have refused to comment on Israel’s alleged part or losses in the attack, with a spokesperson telling RIA that they’re not commenting on reports in foreign media.

While the origin of the projectiles has not been confirmed, Israel reportedly carried out a missile strike on a military outpost in the Kiswah area in May, SANA reported at the time. Damascus also blamed Israel for launching air strikes near Kiswah in December 2017, reportedly destroying or damaging at least 10 buildings. Those strikes allegedly targeted an Iranian military base under construction.

Kiswah, located approximately 13 kilometers (8 miles) south of Damascus, is a city in the Rif Dimashq Governorate of Syria. It has a population of 43,000 people.

RT2018/11/29
Israel denies report its jet was downed during Syria raid as ‘bogus’
The Israeli military has described reports that one of its jets was brought down while carrying out airstrikes in Syria as “bogus,” amid reports that the country’s air defense systems engaged and downed several “hostile targets”.

Israeli Defense Forces have refused to comment on the country’s alleged role in the attack, with a spokesperson saying that they’re not commenting on reports in foreign media. Yet the IDF has denied a particular report that it had lost a warplane during the raid on Syria.

A Syrian security source earlier told RIA Novosti that an Israeli jet was among the targets downed by the air defense. “Our air defense have downed an Israeli jet and four rockets before they could reach their targets,” the source said.

Meanwhile, Syria TV reported that a missile strike against Syria was deflected, without specifying what the downed objects were. The incident reportedly occurred in the Kiswah area, located 13 kilometers (8 miles) south of Damascus.
posted by ZUKUNASHI at 07:54| Comment(0) | 国際・政治

2018年11月29日

発達障害関係関連記事リスト

学校の教員と話す際にこのブログの記事内容に言及することは控えてください。あなたが日ごろどんなサイトを見ているか分かってしまいます。教員たちは身構えます。

発達障害関係の記事の主たる読者は名もなき学校教員のようです。時にまったく本人の属性を隠した一見良識的なコメントが寄せられたりします。書きようのいやらしさが独特です。

一般の方は、発達障害についてネットで情報を探してこのブログに見えるほどにはまだ関心が高くありません。記事内容もやさしくはありません。どこかで引用紹介されているということもありません。状況を知っている者が読んでいます。発達障害の急増は間違いありません。

教育問題について書いた記事にもアクセスが集中しています。

菊池誠という大阪大学教員をはじめとして、教員は秩序と自分の生活が何よりも優先する人が多いです。



※ nagaya @nagaya2013氏の2018/11/27のツイート
ちなみに、菊池誠らが言ってる「小児甲状腺がんのほとんどは過剰診断で本来なら手術の必要はなかった。検査をやめろ」っていうのは本義のデマだからな。すでに手術した子供に根拠なく後悔を刷り込み、これを信じ発見が遅れた場合は命に関わるという危険なデマで、悪質。PAのためとはいえ、やりすぎ。

2018年11月30日
読者の皆様へ このブログの記事内容の引用は慎重にお願いします

2018年11月29日
発達障害の子供の数は驚かされる水準になっている模様

2018年11月28日
母親になろうとする人の被ばく累積は進んでいる??

2018年11月28日
被ばく影響は孫子の代まで続く セシウム137は一世代を経て半分になる

2018年11月27日
福島のサル成長遅れ 発達障害が出たら人もサルも被ばく影響の最終段階に到達 

2018年11月26日
チェルノブイリ事故の影響は日本でもはっきり出ていた

2018年11月25日
発達障害の増加は福島第一原発事故による最大の影響事象になる見込み

2018年11月24日
社会の宿命として世の中で支えて行くしかありません

2018年11月24日
発達障害関連は 有望な新ビジネス分野

2018年11月23日
小中学生はその時何歳だった?

2018年11月23日
発達障害(学習障害)と診断されても回復した人もいる

2018年11月22日
大人の発達障害を取り上げた宣伝が行われています なぜだと思いますか?

2018年11月21日
年長組はいつ生まれた

2018年11月20日
子供に身体的な疾病のみならず学習障害や就学判定事案が増えている

2018年09月29日
子供に発達障害が疑われたら汚染飲食品の徹底排除を

2018年09月29日
がんが全国的に蔓延 だが死に至らない深刻な多発現象に注意

2018年09月29日
発達障害が母親たちの話題に

2018年07月12日
ブラブラ病とみられる方が出ています このブログの全信用をかけて書きます

2017年01月17日
放射線被曝による遺伝毒性の存在が チェルノブイリ事故で経験的に証明されている

2011年11月29日
福島第一原発事故では、α線、β線核種の影響がより強い(転載記事 1)

2011年11月29日
被曝で知能が悪化するだけでなく、二次感染をはじめ、あらゆることがおきる(転載記事 2)

・・・外部サイト・・・

チェルノブイリ原発事故による放射能汚染と被災者たち(4) 今中 哲二

参考:100rem=1Sv 上の論文にある 3レントゲン(レム)= 0.03Sv =30mSv、福島第一原発事故では1ミリシーベルト近いプルームが近傍を次々と襲っていた

追記予定
posted by ZUKUNASHI at 22:37| Comment(0) | 福島原発事故

測定器のグラフをアンドロイドスマホのテザリングでネット送信する Wifi利用

「測定器のグラフをアンドロイドスマホのテザリングでネット送信する」の第二段階 USBケーブルではなくWifiを使ってみます。

この仕組みは次のように考えると理解しやすいです。通常スマホは、屋内では固定回線につながったWifiの親機があればそれと交信しています。

この固定回線がない場合(停止している場合も含みます)、場所で、セルラー回線とつながっているスマホを今度は、その場でのWifiの親機として使おうとするものです。スマホは、携帯の回線、セルラー回線経由でインターネットにつながっています。

ですから、スマホが子機から親機に昇格します。そのための設定が以下に掲げるような手続きです。

なお、固定回線につながったWifiの電波を使えるところでは、この方式は通信料が増えるだけでまったく意味がありません。自宅に固定回線につながったWifiがない、壊れた場合使うものです。

以下は、ドコモのバラマキスマホを例にとっています。ファーウェイの製品、タブレット。

1 スマホの設定画面でその他を

2 テザリングを

3 Wifiアクセスポイントを

4 Wifiアクセスポイントを設定を


5 アクセスポイント名とパスワードはすでに設定済でした。


6 パソコンの側で上のアクセスポイントを見つけて暗号を入力します。

 しばらく待ってつながりました。デバイスリストに1台と表示されています。

スマホは、モバイル通信有効、Wifiの特定の局SSIDは無効
にしました。

スマホを外に持ち出すときは、Wifiの親機の機能を止めます。電池の消耗を減らすためです。帰宅したらまた機能を有効にします。

・・・・・

Bluetoothでのファイル送信にも成功しました。ただ、画像を自動的に次々送信することができません。

思いがけず手に入ったスマホ、金を払って無駄使いかと一時反省しましたが、ここまでテストすることができましたから、まあいいかと思い始めています。でもゼロSIM今月の料金はきっとゼロじゃないですね。

9月から放浪の旅に出ていたスティックパソコンが帰宅しました。いろいろアップデートの作業をしましたが、この3か月でのシステムの追加開発は我ながらなかなかのものです。Windowsの更新にも時間を取られました。
posted by ZUKUNASHI at 19:29| Comment(0) | デジタル・インターネット

怖いもの見たさにそぉっと開いて見るブログ

このブログは、「怖いもの見たさにそぉっと開いて見る」サイトだとの評をいただきました。

よーくわかります。私自身、身震いしながら書いています。母親になろうとする人の被ばく累積は進んでいる??に書きましたが、来年小学校に入学する子供たちは、福島第一原発事故後数か月して母親の胎内に宿り、10か月弱そこで育って2012/4/2から2013/4/1に生まれています。

チェルノブイリ事故被災地の経験からすれば、少なくとも胎内被曝という面では、最も影響があるかもしれない年齢層です。

この被ばく累積の記事を書くのに、当初、グラフ作成の段階で管理人は間違いを犯してしまいました。今思えば、あまりに深刻な事実を扱っていたがために、無意識のうちにこの年齢層を飛ばして、スキップしていました。その前の記事には正しく記述していたのですが・・・。

楽しいブログも幸せになれるブログもネット上にはたくさんあります。そんな中でこのブログを開いていただくことは、大変光栄に存じます。

ただ、ネット上のこのような世の不幸を摘出提示するようなブログには、強い否定的な対応を示す年配男性も多いです。年配男性には、百田某の盗用だらけの新著が読まれているようです。

世界の出来事に広く目を向ければ、どれだけ多くの人が日々殺人や飢餓の危機に瀕しているか、ネットではすぐに知ることができます。それを知れば、どんな人でも魂を揺すぶられる。気持ちが落ち着かなくなります。

日本の放射能汚染問題は、個人個人で放射能のテロから逃れる回避努力をする余地がないわけではありません。そういう努力をしたからと言って投獄されるわけではありません。

でも、見えない、臭いもない、そして害がすぐには感じられないものについて、防御努力をすることは難しいです。多くの読者が指摘されるように「人間は弱いもの」です。

海外ニュースを見ていて感じますが、シリアでもイラクでもウクライナでもイエメンでも戦争や混乱への道を突き進んだのは、年配男性です。彼らは事態の悪化を食い止めるより自分の利益を追求して戦争突入に加担しています。

子供の発達障害の記事をいくつか書きましたが、年配者に中枢神経系の障害が出ないなどということはありません。程度の差はあれ、必ず影響は出ます。もともと年配者が保身や自己利益追求でそういう社会の混乱や不幸に受容的な面があるとしたら、日本の年配男性に何かを期待するのはどだい無理な話です。年配女性の多くもそうです。

覚醒している人には住みづらい世の中になりつつあります。中枢神経系の障害が強まっていけば、日ごろ街で見る光景もぎょっとすることも多くなるでしょうし、自立できない人の世話も増えていきます。

今は、世話される側に回らず、少しでも世話ができる側にどうやって残るか。それが最大の課題だと考えています。
posted by ZUKUNASHI at 12:50| Comment(0) | 福島原発事故

Arab Paper: Saudis Furious at Sudan for Decision to Withdraw from Yemen

FARSNEWS2018/11/28
Arab Paper: Saudis Furious at Sudan for Decision to Withdraw from Yemen
TEHRAN (FNA)- A leading Arab newspaper reported that relations between Riyadh and Khartoum have darkened due to the latter's decision to leave the Saudi-led coalition against Yemen.

The Arabic-language al-Araby al-Jadid daily quoted diplomatic Sudanese and Egyptian sources as saying on Wednesday that the Sudanese officials have told their Saudi counterparts that they are under the opposition's pressures to withdraw their forces from Yemen, calling on Riyadh to find a way as soon as possible to end the military operations and crisis in the war-torn country.

According to the sources, the Saudi officials have expressed anger at Sudan's demands, stressing the need for them to delay withdrawal of their forces from Yemen until regional conditions improve.

Saudi Arabia and a number of its regional allies, including Sudan, launched a devastating campaign against Yemen in March 2015, with the aim of bringing the government of former Yemeni President Abd Rabbuh Mansur Hadi back to power and crushing the Ansarullah movement.

Official UN figures say that more than 10,000 people have been killed in Yemen since the Saudi-led bombing campaign began in March 2015. But the Armed Conflict Location & Event Data Project (ACLED) believes that at least 56,000 people have lost their lives in the war. The violence has also left around two-thirds of Yemen’s population of 27 million relying on aid amid an ongoing strict naval and aerial blockade. According to the world body, Yemen is suffering from the most severe famine in more than 100 years.

Save the Children, a charity, has reported that more than 84,700 children under the age of five may have starved to death in Yemen since the Saudi regime and a coalition of its allies launched the brutal war on the already-impoverished nation.

Yemen is the world’s largest humanitarian crisis with more than 22 million people in need and is seeing a spike in needs, fuelled by ongoing conflict, a collapsing economy and diminished social services and livelihoods.

A number of Western countries, the US, the UK, and France in particular, are accused of being complicit in the ongoing aggression as they supply the Riyadh regime with advanced weapons and military equipment as well as logistical and intelligence assistance.

an Oxfam representative stated that the US, UK, and French governments are behind millions of people starving in Yemen because they are “supporting this war".

“We have 14 million people starving,” Richard Stanforth, Oxfam UK’s regional policy officer for the Middle East, told RT, adding that "British, French, American governments are all behind this, they are all supporting this war".

A UN panel has compiled a detailed report of civilian casualties caused by the Saudi military and its allies during their war against Yemen, saying the Riyadh-led coalition has used precision-guided munitions in its raids on civilian targets.

posted by ZUKUNASHI at 02:46| Comment(0) | 国際・政治

現時点でWindows8をWindows10に無償アップグレードが可能? ほか

Windows10への無償アップグレード、次のサイトがやり方を詳しく説明してくれています。
トレンディ トリビア / 日々の雑学よもやま話
【Windows7/8.1】Windows10への無償アップグレードが今でも可能!(2018年11月現在)

私のこの記事の初出は、2018-11-02 21:14:12。情報としては割と早かったようです。

上のサイト、テザリングを調べていて行き当たりました。それぞれの項目、なかなかわかりやすく書けています。読んでいて理解に困ることはないし、画像も多くてとても親切。オススメ。


先日、知人を訪ねたら、パソコンのメンテを頼まれました。不要なメールを消して、Windowsのソフトを更新する程度なのですが、メーラーがおかしい。メールを消しても未開封メールの数が変わりませんし、なんとなく挙動がおかしい。

Windowsのソフト更新を開始させて帰ってきました。時間がかかるので付き合いきれない。何か問われれば、なんでもYes、Yesでクリックしろと言い置いておきました。

今日、パソコンを立ち上げるとなかなかデスクトップの画面が開きません。これはまずい、かなりの修復作業になるかもなと思っていたら、デスクトップの画面が開き、Versionを確認するとWindows10の1803が入っていました。

無償アプグレードはとっくに終わっているから、今アプグレードすると1万円以上のカネがかかるはず。

どこに請求が来るんだろうと訝しみながらあちこち操作すると、特に問題なく動きます。

最新の高スペックのマシンを買ってWindows87をインストールしようとする人もいるのに、それがある日、Windows10になってしまう事態も。笑えない喜劇も発生しそうです。

特別な操作はしていません。ただ、デスクトップにWindows10更新マネージャーのようなアイコンができていましたので、これはディスク容量の少ないスティックパソコンでは見るが、なんでこのWindows8のマシンにあるんだろうと訝しくは思っていました。

ネットを調べると、最近でもWindows8やWindows7からWindows10にアプグレードできたという方が見られます。

今がチャンス? 古いWindows7のパソコンをどうするか思案中です。

なお、アップグレードには有線LANケーブル接続で6時間程度かかっています。

・・・・・

最近の発見をもう一つ。Win10の器械を起動する際にモニターが正常に動くまでに時間がかかるようになりました。画面が瞬間的に点いては消える時間が長く続きます。

あれーっ、1年で早くも故障か? 不調はモニターではないようだし、グラフィックボードがおかしい? 交換できるだろうか? などと考えながら観察していますと、パソコンの起動後、ハードディスクの点滅が長く続いています。

これはソフトが原因だろうと見当をつけました。ハードディスクをスキャンしてみたりしますが、異常はありません。他のことを調べているうちに、「高速スタートアップを有効/無効にする方法」という記事が目に入りました。

Win10は起動が早いのですが、それが裏目に?  高速スタートアップを無効にして起動に時間はかかりますが、故障のようには見えなくなりました。
posted by ZUKUNASHI at 02:37| Comment(5) | デジタル・インターネット

Japan plans to buy 100 more problem-plagued F-35 fighter jets

RT2018/11/28
Risky investment? Japan plans to buy 100 more problem-plagued F-35 fighter jets
Japan is set to purchase 100 more F-35 stealth fighter jets from the US, despite the aircraft’s huge price tag and history of performance issues. The news comes after US President Trump urged Tokyo to buy more military equipment.

Japan previously inked a deal for 42 jets, but has now reportedly signaled that it will buy an additional 100 F-35s for an estimated $8.8 billion. The massive order comes just weeks after the US president called on Tokyo to buy “massive” amounts of military equipment from American companies.

According to Trump, investing in US weapons would create“a lot of jobs for us, and a lot of safety for Japan.”

posted by ZUKUNASHI at 00:49| Comment(2) | 国際・政治

2018年11月28日

母親になろうとする人の被ばく累積は進んでいる??

ご注意! この記事は子供の学齢と満年齢について間違いがありましたので訂正しました。

発達障害の増加は福島第一原発事故による最大の影響事象になる見込みに「ここ数年の間に発達障害の子供の数は、おそらくピークを迎えるでしょう。(管理人はそう期待しています)」と書きました。

この見通しの適否について検討するため、生年月を四半期ごとに分けて、それぞれ学齢1年ごとのグループが2011/3とその後の強汚染の時期に、胎児期を含め何歳だったかを見ました。クリックで大きな画像が出ます。



来年の春小学校に入学する年長組は、2012/4/2から2013/4/1までに生まれた者です。この人たちが母親の胎内にいたのは、2011/7頃(2012/4に生まれた人が着床した頃)から2013/3頃(2013/3に生まれた人が胎内から出てきた頃)まで。胎内にいる時間を9か月としています。早い人から遅い人まで含めると22か月弱の期間に含まれます。

まさに福島第一原発事故直後、大気中の放射性物質もまだ多く、汚染食品も出回り真っ最中でした。そんな環境の中、この子供たちは、2012/4/2以降2013/4/1まで次々に外界に出てきたのです。

情報が不足ですが、特に今保育園で発達障害が話題になっているということは、2012/4/2以降2013/4/1までに生まれた人に発達障害がより多くみられるという事態が発生している可能性があります。

学齢期で1年上(前に生まれた)乳幼児よりも福島第一原発事故後に胎内にいた合計時間が長いです。

チェルノブイリ事故による汚染地帯では、女性は出産したがったとの情報があります。出産すると母親が楽になるという体験が広まったためです。出産は最大のデトックス(体内に溜まった有害な物質を排出させること)とも言われます。

また、次のような指摘もあります。
「奇しくも、2011年の311のタイミングで、1986年のチェルノブイリ事故当時、母親の胎内にいた女の子たちが、出産適齢期に達していて、生まれてくる赤ちゃんに障害が見られる頻度が明らかに高いので、放射線被曝による遺伝毒性の存在が、経験的に証明されてしまったんですよね。
母親の胎内にいる時点で、数少ない卵母細胞の遺伝子が欠損しているので、その後の成長で、卵巣が成熟して排卵が始まっても、その卵子の遺伝子がやられている、、、という事態ですね。」

短絡的なことを言えば、本人の希望、努力にもかかわらず結果的に被ばくが大きくなってしまった人、本人の選択で被ばく回避に注意を払わなかった人のお子さんに発達障害が多く出ている可能性があります。(その母親には被ばく影響が相対的に少ないこともあることになります) そして今から20年、30年後、福島第一原発事故間もない時期に生まれた子供の子供にもなんらかの障害が出る恐れが高いことになります。

世のこれから母親になろうとする人の被ばく累積度がどうなっているかが大変注目されます。セシウムは減衰で減ったとされるものの、ウランなど長寿命の放射性物質は減衰はごくわずかで、年々蓄積が進んでいる可能性があります。基本的にこれらの放射性物質は重金属です。

ツイッターの情報を見る限り、急に倒れて救急車で搬送された、昼に外食後父親が子供を抱いたまま倒れたなどの事例情報が続いています。

内部被ばくの累積が明確に減じているとは楽観できない状況です。

そのように見れば、来年の小学校入学者に続く再来年の小学校入学者にも発達障害が多く出る恐れがあります。また出産適期の女性に内部被ばくの累積がみられるのであれば、すでに生まれた子供にも同じように内部被ばくの累積が進んでいると考えざるを得ないでしょう。

子供が長ずるにつれて、これまで目立たなかった個性が目立ってくるということがありうることになりましょう。

この記事をここまでお読みになった方は、次の記事に必ず目を通してください。
読者の皆様へ このブログの記事内容の引用は慎重にお願いします

初出 2018/11/26 追記 11/27、11/28
posted by ZUKUNASHI at 22:52| Comment(2) | 福島原発事故

パチンコと車の運転、どっちが心身に負担?

2018/11/25は、パチンコに縁がある日だった。

若い人に道を聞かれたとき、連れがパーキングエリアをパチンコエリアと聞き間違えたし、毎日パチンコに通っていたという老人に出会い、私がパチンコ屋のトイレを借りた。

大きなパチンコ屋は、満員の入りだった。トイレは奥にあり遊戯台に張り付いた人が並ぶ中、通り抜けた。

この日、1年前に心臓手術をして人工心臓を入れたという80歳の老人と路上で話をした。家庭菜園での作業の帰りだというその老人はお元気そうに見えた。聞いたことがいささか信じられなかったのだが。

80歳の直前まで毎日パチンコに通っていて日曜にパチンコの帰りに倒れて救急搬送され、幸いにも即日心臓手術を受けている。

症状や手術内容についてはよくわからなかったが、心臓周辺の血管も人工のものに変えたといい、大動脈解離のような症状もあったらしい。

特に前兆はなかったらしい。

考えてみると、75歳を過ぎた老人が急に思い立って毎日パチンコに通い始めるということはないだろう。カネもかかる。パチンコは精神的にも肉体的にも負担がある。おそらく70歳前からパチンコ屋通いを始めたのではなかろうか。

パチンコ歴10年以上で年齢80歳。毎日車の運転をして80歳となったのと同じようなものではなかろうか。そして突然前触れもなく心臓が不調になる。

車両の運転手が運転中に意識を失う事故が多発するのは、ありうることだ。毎日パチンコに通う時間とカネと気力のある人は高齢者でも少ないが、仕事であるいは家事、私用で毎日車の運転をする高齢者は何万倍と多い。

私が話を聞いた老人は、食べ物にはこだわりがなく何でも食べていたと言っていた。福島第一原発事故のことは知らないわけでもなかったようだが、特に気を付けたような話もなかった。

管理人は徘徊時には車の通行量の少ない道を選んで歩く。運転手が倒れた時、同乗していればハンドルやブレーキを多少なりとも操作することはできるかもしれないが、外にいれば自分の身をソフトな障害物として差し出すしかない。
posted by ZUKUNASHI at 10:53| Comment(0) | 福島原発事故

被ばく影響は孫子の代まで続く セシウム137は一世代を経て半分になる

読者のコメントに次のようにあります。

「父親の被ばくの可能性も十分にあり得ると考えると、いろいろ符合しました。
被ばくは累積的であるということも、新しい被曝によって過去の被ばくが浮き上がってくることだと言い換えてよさそうです。
気持ちが暗くなる話ですが、それだけ環境の歴史を背負って生きてきたということですね。」

・・・引用終わり・・・

被ばくの継続的な累積のほかに、時間を置いての被ばくの繰り返しは、被ばく症状あるいは被ばく影響の発現を強めると管理人は考えています。

欧米先進国の国民が日本に来て、短期間の滞在でも原因不明な疾病の発症や体調不良が見られることがあります。

私有ジェット旅客機で帰国途中に亡くなった米国クレジットカード会社のCEOもいました。原発の多い欧米先進国では住民が日常的に人工放射性物質による被ばくを受けていることは間違いないでしょう。

そういう人が、さらに強い被ばくを受けると短期間、短時間で症状が発現するということはあると思います。すでに日本人の相当部分がそういう状況ではないかと見られます。

これは、身体が被ばくに対して警戒態勢を敷いていて危険の接近に対して強くシグナルを発しているという場合もあるでしょうし、警戒線を突破されてしまって被ばく影響の発現にブレーキが利かなくなっている場合もあるでしょう。

一方、被ばくに対する警戒態勢がなんとか影響発現を抑えている、被ばくによる潜在的な心身またはその機能の脆弱化が具体的な症状を示すに至ってはいないが、遺伝子レベルでは損傷などの瑕疵が生じている場合もあると考えられます。

この場合、本人には特段の身体的な不都合は現れなくても、その子に身体面の瑕疵、あるいは身体機能面での不調が生ずる場合がありうるはずです。

日本に原爆、水爆が落とされたのは、1945年です。福島第一原発事故での爆発映像などに比べて爆発により瞬時に放出されたエネルギーは格段に大きく、放射性物質も広く拡散したはずです。

今回の福島第一原発事故によるフォールアウトの状況を見れば、原爆、水爆の爆発により日本中に多かれ少なかれ放射性物質が降下したはずです。当然まだら状に。

仮にAさんの祖父が1945年に20歳で広島、長崎の核爆発の影響を受けたとします。この後、大気圏内核実験が多数行われましたから、それによる被ばくもあります。遠洋マグロ漁船第五福竜丸がビキニ環礁でアメリカ軍の水素爆弾実験によって死の灰を浴びたのは1954年3月1日です。

祖父はたっぷり被ばくした後の30歳(1955年)で子供を儲けたとします。子供、つまりAさんの親(1955年生まれ)は、1963年の部分的核実験停止条約で新たな大気圏内核実験による被ばくが増えることはなくなりましたが(8歳前後)、1966年7月の東海発電所営業運転開始(11歳前後)以降、日本の原発の放出する放射能を浴び続け、1986年(31歳)にチェルノブイリ事故で被曝し、その後例えば33歳で1988年にAさんを儲けることができたとします。

※ ぽんぽこ @kimie31611氏の2018/9/24のツイート
いつも思うけど
なんで孫の発達障害
嫁のせいだと思う義父母多いんだろう‥なんでなんでどうして!!
息子も一応親なんだけどね
そして貴方の孫なのよ
自分には関係ない事にするんだろうね?
関係ないんだったら口出しもするな
多くの嫁の声を代弁して‥あせあせ(飛び散る汗)

このツイートで義父母が戦後生まれだとしても、大気圏内核実験とチェルノブイリ事故による被ばくは免れていません。孫の発達障害の遠因かもしれないという可能性は残ります。息子がチェルノブイリ事故前に生まれていれば、息子が二度にわたり被ばくをしていることになります。


Aさんは現在30歳、7年半前22歳から福島第一原発事故による被ばくを受けています。Aさんは現在のところ幸いなことに顕著な健康被害が出ていないとします。ですが、遺伝子などの損傷や変異が増えていないかは未知数です。

※ sivad @sivad氏の2018/11/25のツイート
低線量被曝ではDNAが修復されるから影響がない、というのは基本的な誤りです。DNA修復にはエラーがあり、これによってできた変異は元には戻りません。ですから閾値なしが妥当なのです。
https://www.jstage.jst.go.jp/article/radioisotopes1952/55/7/55_7_439/_pdf


これからの時間の経過とともにAさんの遺伝子レベルの損傷、変異、瑕疵が増えることは避けられないでしょう。そして、祖父及び父からも(当然、祖母、母からも)瑕疵のある遺伝子を受け継いでいる可能性があります。

となると、Aさんの子孫にその影響が出る可能性があることになります。

ここまでAさんは男性との暗黙の前提で話を進めてきました。女性の場合は、被ばくと出産の時期的な重なりで顕著な影響が見られることがあります。Aさんの姉、Oさんは現在33歳。7年前に出産して女の子を儲けたとします。

Oさんの女児Pさんは胎内被曝している可能性が強いのですが、そうであるとすると、Pさんが長じて子供を儲けた際にその子供に障害などが出る確率は確実に高まります。これはチェルノブイリ事故から30年経過し、チェルノブイリ事故直後に生まれた女児が出産適齢に達して子供を生むようになっており、その結果から経験則として認められています。

遺伝的な要因だけではありません。セシウム137の半減期は30年ですから大気圏内核実験で降下したセシウム137はベクレル数でまだ4分の1が残っています。チェルノブイリ事故で降下したセシウム137はベクレル数でまだ2分の1が残っています。

セシウムの半減期は30年ですから、一世代で半分になるだけ! このようにみると日本人の遺伝子、DNAはかなり傷んでいるように感じられるのですが、見当違いの心配でしょうか。

初出 2018/11/27 11/28追記
posted by ZUKUNASHI at 09:47| Comment(0) | 福島原発事故

China, Japan Sign 24 Deals Amid Trade War with US

China, Japan Sign 24 Deals Amid Trade War with US
TEHRAN (FNA)- China and Japan signed dozens of cooperation agreements in different fields during an event in the capital, Beijing, raising speculations that a deepening trade dispute between the US and Tokyo is pushing Asia’s third-biggest economy toward China.

Officials from the two sides inked cooperation agreements for 24 projects in areas including, energy conservation, new energy development, and pollution control, Xinhua reported.

Smart city development and ways to tackle climate change were also among the areas of cooperation that were agreed upon.

The agreements were signed during a forum on bilateral cooperation in energy conservation and environmental protection.

According to head of the National Development and Reform Commission He Lifeng, the event − first held in 2006 − has played a crucial role in advancing economic and technological exchanges and pragmatic cooperation between the two countries.

He stated that Beijing welcomed foreign companies, including Japanese firms, to invest and do business in China.

Japan and China, which have for several years been locked in a territorial dispute over a small group of uninhabited islands in the East China Sea, have been seeing a thaw in relations since Japanese Prime Minster Shinzo Abe paid a rare three-day visit to China last month.

Abe, who became the first premier visiting China since December 2011, was accompanied by delegates from 500 Japanese companies, including giant carmakers like Toyota, which hope to see normalized ties with China.

The Japanese premier said at the time that relations with China were at an “historic turning point” and that he expected new possibilities in areas such as infrastructure, logistics, healthcare, and finance.

The thaw in relations coincides with a deepening trade dispute initiated by the US against China, with both imposing reciprocal tariffs on each other’s products.

In September, the US slapped tariffs on Chinese goods worth 200 billion dollars. China retaliated by imposing tariffs on 80 billion dollars’ worth of American goods.

The trade dispute has also concerned Tokyo − a key US ally − which may be the next target of America’s trade war.

US President Donald Trump, who has already complained about a “very high deficit” with Japan, said back in September that he has “good relations” with the Japanese leadership but, “Of course that will end as soon as I tell them how much they have to pay”, apparently referring to the trade deficit.

Some observers have speculated that Japan may bolster political and economic ties with China amid US pressure on Tokyo.

However, according to the English-language news website The Japan Times, Japanese government sources have rejected that idea, saying that even though Japan and the US are divided over trade issues, the alliance between them would continue to be the “cornerstone” of Japan’s diplomacy and security.
posted by ZUKUNASHI at 00:18| Comment(0) | 国際・政治

サウジMBS カショギの指を持ち帰れと

FARSNEWS2018/11/27
Activist: Saudi Arabia's Crown Prince Asked for Khashoggi’s Fingers to Be Brought to Riyadh
TEHRAN (FNA)- Saudi Crown Prince Mohammad Bin Salman (MbS) is said to have asked the hit squad who assassinated journalist Jamal Khashoggi to bring his dismembered fingers back to Riyadh, a Saudi activist stated.

Whistle-blower Mujtahid told Al-Khaleej Online news site that the assassination team carried Khashoggi’s fingers back to Riyadh at crown prince’s request, stressing that MbS followed up on the assassination before, during and after it had taken place.

According to Mujtahid, the hit squad members received rewards ranging from between 2-5 million Saudi riyals ($0.53-$1.33 million) after the execution.

Khashoggi was murdered in the Saudi consulate in Turkish city of Istanbul in early October.

FARSNEWS2018/11/27
HRW Calls for MbS Arrest During G20 Summit for War Crimes in Yemen, Khashoggi Killing
TEHRAN (FNA)- Human Rights Watch (HRW) formally requested Argentine judicial authorities to use a domestic constitutional clause to arrest and prosecute Saudi Crown Prince Mohammad bin Salman (MbS) for war crimes in Yemen and the murder of dissident journalist Jamal Khashoggi when he enters Argentina later this week to attend a G20 summit.

The rights group filed a submission with an Argentine federal prosecutor on Monday, presenting its public findings on violations of international law during a Riyadh-led military campaign against Yemen and the young prince's possible complicity in serious allegations of torture and other ill-treatment of Saudi citizens, including Khashoggi, World News reported.

“Argentine prosecutorial authorities should scrutinize Mohammad bin Salman’s role in possible war crimes committed by the Saudi-led coalition since 2015 in Yemen,” HRW Executive Director Kenneth Roth said.

“The crown prince’s attendance at the G20 Summit in Buenos Aires could make the Argentine courts an avenue of redress for victims of abuses unable to seek justice in Yemen or Saudi Arabia,” Roth added.

“A decision by Argentine officials to move toward investigation would be a strong signal that even powerful officials like Mohammad bin Salman are not beyond the reach of the law,” Roth stated, noting that “and Mohammad bin Salman should know that he may face a criminal probe if he ventures to Argentina”.

The Saudi Arabia's crown prince is expected to attend a meeting of leaders of the world’s major industrialized and emerging economies, known as G20, in Buenos Aires on November 30.

Argentine officials believe that it is extremely unlikely that the inquiry might produce an arrest warrant for bin Salman, Saudi Arabia’s de facto ruler, before the gathering.

Saudi Arabia and a number of its regional allies launched a devastating campaign against Yemen in March 2015, with the aim of bringing the government of former Yemeni President Abd Rabbuh Mansur Hadi back to power and crushing the Ansarullah movement.

Official UN figures say that more than 10,000 people have been killed in Yemen since the Saudi-led bombing campaign began in March 2015. But the Armed Conflict Location & Event Data Project (ACLED) believes that at least 56,000 people have lost their lives in the war. The violence has also left around two-thirds of Yemen’s population of 27 million relying on aid amid an ongoing strict naval and aerial blockade. According to the world body, Yemen is suffering from the most severe famine in more than 100 years.

Save the Children, a charity, has reported that more than 84,700 children under the age of five may have starved to death in Yemen since the Saudi regime and a coalition of its allies launched the brutal war on the already-impoverished nation.

Yemen is the world’s largest humanitarian crisis with more than 22 million people in need and is seeing a spike in needs, fuelled by ongoing conflict, a collapsing economy and diminished social services and livelihoods.

A number of Western countries, the US, the UK, and France in particular, are accused of being complicit in the ongoing aggression as they supply the Riyadh regime with advanced weapons and military equipment as well as logistical and intelligence assistance.

an Oxfam representative stated that the US, UK, and French governments are behind millions of people starving in Yemen because they are “supporting this war".

“We have 14 million people starving,” Richard Stanforth, Oxfam UK’s regional policy officer for the Middle East, told RT, adding that "British, French, American governments are all behind this, they are all supporting this war".

A UN panel has compiled a detailed report of civilian casualties caused by the Saudi military and its allies during their war against Yemen, saying the Riyadh-led coalition has used precision-guided munitions in its raids on civilian targets.


















































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































--



posted by ZUKUNASHI at 00:10| Comment(0) | 国際・政治

2018年11月27日

イランで国内政争激化? ザリフを弾劾?

イラン議会にザリフを弾劾する動きがあるようです。ザリフがマネーロンダリングを非難する発言をした後に動きが出たとされています。

大統領のロウハニがEUとの交渉上、マネロン抑止の姿勢が必要だと判断し、国際条約への加入を議会に提案したのに対し、最高指導者アリー・ハーメネイーに近いグループがハマスやヒズボラへの支援に支障が出るとしてこれに否定的で、交渉当事者のザリフはついつい強く批判したということのようです。

Radio Farda November 20, 2018
Ayatollah Blasts Zarif Comments As MP Talks Of His Impeachment
Following implicit criticism of foreign minister Mohammad Javad Zarif by the conservative head of Iran’s Judiciary, a member of parliament says that Zarif’s impeachment process has begun.

On Monday, the Judiciary's Ayatollah Sadeq Amoli Larijani dismissed Zarif’s recent comments about high level of money laundering in Iran, describing it as a “stab right into the heart” of the Islamic Republic ruling system.

On Tuesday, the conservative Tasnim news agency, close to revolutionary guards, quoted a member of parliament as saying that a proposal for Zarif’s impeachment is being prepared to be put to a vote. It is not clear when the plan will be put in motion.

Earlier on November 11, Zarif had said that those who profit billions of dollars from money laundering are spending millions of it to prevent the passage of the bills requiring more financial transparency.

An international transparency watchdog, the Financial Action Task Force (FATF) has demanded that Iran should adhere to anti-money-laundering standards and enact laws to prevent financing of terrorism.

The foreign minister went on to accuse state-owned agencies that he refrained from naming, of mounting the campaign against President Hassan Rouhanis' proposed legislation known as Palermo Bills.

"We cannot challenge the scenes set by these wealthy and mighty state-organs,” he said.

The comments triggered a wave of enraged responses from the conservative camp dominating Iran.

Zarif was summoned for more explanation to parliament’s (Majles) influential National Security and Foreign Policy Commission, forcing him to reiterate that he had not accused any state-run institution of money laundering.

The adoption of anti-money laundering and terrorism financing laws by Iran can help its standing with European countries that have pledged to help Iran continue doing trade despite U.S. sanctions.

Nevertheless, Zarif's clarification was not good enough for his opponents. Soon, the pressure on him increased to the extent that widely circulated rumors said he has already resigned.

These rumors reached a level that the spokesman of the foreign ministry, Bahram Ghasemi had to react on Monday in his press briefing.

“For sure, I reject this rumor. These are deliberately manufactured, processed and spread by certain circles. Mr. Zarif is energetically busy with his work. He was in parliament yesterday and today he is hosting a foreign delegation”.

Despite Zarif's clarification and Ghasemi's strong denial, the head of the Islamic Republic' judiciary decided on Monday to join the chorus of the conservatives condemning the foreign minister's remark.

"If there is huge money laundering in the country, why did you not report it to the judiciary?" state-run Iranian Students News Agency (ISNA) cited Sadeq Amoli Larijani as saying.

Carefully avoiding mentioning Zarif by name, the mid-ranking Ayatollah maintained, "The enemy's best tool is economic pressure--- In such situation officials are expected not to make double-edged comments that could be misused by the enemy."

Furthermore, Ayatollah Sadeq Amoli Larijani called upon Iranian officials to avoid unwarranted remarks.

The opponents of the Palermo Bills argue that their implementation is a threat to Iran’s security. Analysts say the real fear in circles loyal to the Supreme Leader, Ayatollah Ali Khamenei, is that adhering to the financial transparency requirements would prevent Iran from financially supporting the Lebanese Hezbollah and Palestinian Hamas militant groups.

The Islamic Republic along with North Korea are the only countries on the Financial Action Task Force blacklist, but the Paris-based organization has suspended counter-measures against Tehran while it works on reforms.

The FATF has given Tehran until February to either endorse the UNTOC or be added to its “blacklist” of countries refusing to cooperate in the fight against money laundering and financing terrorism. The International Monetary Fund (IMF) is urging Tehran to endorse the bills before the deadline set by FATF.

Radio Farda September 09, 2018
Another Conservative Watchdog Blocks Anti-Corruption Bills
Iran’s Expediency Discernment Council (EDC) has rejected a bill proposed by President Hassan Rouhani’s Administration to amend a law concerning money laundering.

The proposal, which is a part of four bills known as “Palermo bills” in Iran, was aimed to pave the way for Tehran to get out of Financial Action Task Force’s (FATF) list of suspect countries.

Rouhani’s administration on November 8, 2017 tabled four bills for the parliament’s approval -- the Financial Action Task Force (FATF), the United Nations Convention Against Transnational Organized Crimes (UNTOC), Combatting Financing Terrorism (CFT), and the United Nations Office of Drugs and Crimes (UNODC) -- in the hope of reducing international pressure on Iran’s deteriorating economy.

The bills are proposed to mitigate increasing pressure on Tehran, while the 2016 Basel Anti-Money laundering (AML) Index has identified Iran as the highest money-laundering risk out of 149 countries surveyed.

Iran has until October to adopt the financial reforms proposed by FATF as part of efforts to improve Iran’s ability to interact with the international banking and trade system.

Nevertheless, EDC says joining FATF is against Iran’s high policy of “resistance economy”, “food security”, “economic security” and “encouraging investment”.

Ten days after parliament initially approved the bill concerning UNTOC, Khamenei personally stepped in on June 20 and called the bill “unacceptable.”

Taking its cue from the Supreme Leader, Iran's Guardian Council (GC) rejected the bills on August 17. The GC is constitutionally tasked to review legislation passed by parliament and give its seal of approval.

According to Khamenei, UNTOC had been “cooked up” by foreign powers and the parliament should shelve it.

“It is not necessary to join conventions the depths of which we are unaware of,” he said, proposing instead that the parliament create its own laws to combat money laundering and terrorism funding rather than join an international convention.

Conservative allies of Khamenei believe that approval of the Palermo Bills might jeopardize Iran’s financial assistance to what they describe as the “resistance front," including Hamas and Lebanese Hezbollah.

EDC’s opposition to FATF was relayed to the Guardians Council in a letter written by its chairman, Ayatollah Mahmoud Hashemi Shahroudi, Fars, a news agency affiliated with the Islamic Revolution Guards Corps (IRGC) reported on Sunday, September 9.

Meanwhile, those who support the bills, including the speaker of Majles (parliament), Ali Larijani, President Rouhani and his moderate-reformist allies have accused the opponents of being afraid of economic transparency and combatting financial corruption.

Implementing guidelines proposed by FATF in entities such as the National Iranian Oil Company (NIOC), Central Bank of Iran (CBI)and Central Insurance Organization could be hazardous for Iran in coming situations, Ayatollah Shahroudi has argued in his letter to the GC’s chairman, 91-year old Ayatollah Ahmad Jannati.

However, President Rouhani’s deputy for legal and judicial affairs, Hossein Ali Amiri, has argued that according to the Islamic Republic’s Constitution, EDC has no legal authority to make decision on issues related to national security.

“When it comes to weighing national security affairs, they should be referred to the Supreme National Security Council (SNSC),” Amiri has reiterated.

Based on Iranian law, SNSC is always chaired by the incumbent President.

The EDC normally does not interfere in legislative affairs. But in cases where parliament and the Guardian Council reach a deadlock, EDC occasionally acts to find determine what is "expedient" for the regime.

Though the bills are not directly tied to talks between the EU and Tehran to keep the Joint Comprehensive Plan of Action (JCPOA), or Iran nuclear deal with world powers, alive, an MP, Alireza Beigi has cited the deputy foreign minister of Iran, Abbas Araghchi, as admitting that their approval would help the Iranian side in its negotiations with Europe.

While FATF does not have the authority to impose sanctions, a country blacklisted by the world’s financial watchdog will face severe pressure in its economic ties with the rest of the world.

Iran has been on the blacklist of FATF since 2009, but the international organization has suspended Tehran from the list during the past two years, giving the country the chance to lay the groundwork for joining international conventions against money laundering and financial assistance to terrorism.

posted by ZUKUNASHI at 19:21| Comment(0) | 国際・政治

バオバブの木

これは見事な画像です。道路に沿った並木は、バオバブの木の生育条件と相いれないはず。
バオバブは、先に大きくなった木が広い範囲から水を吸うので近くにはバオバブが生えない、枯れてしまうとされています。
そのため、ポツン、ポツンと巨木が点在する独特の景観を作るのだと聞きました。
posted by ZUKUNASHI at 15:13| Comment(0) | 木々と知り合う

福島のサル成長遅れ 発達障害が出たら人もサルも被ばく影響の最終段階に到達 

とても面白いと思いますが、脳卒中とか白斑とかにはそれなりのアクセスがありますが、発達障害関連の記事にはアクセスが少ないです。子供さんのおられない読者もおられますから身近な問題と感じない? でも精神面の影響が出るのは、子供の次に若い人のはずですよ。その次に中年の人・・・と順番なのです。老人の痴ほうも早まります。

※ 内部被ばくを考える市民研究会 投稿日:2018.11.22
放射能汚染で内部被ばくした日本ザルの骨髄の異形成。宮城県の日本ザルでも内部被ばく102.7ベクレル/kg(骨格筋)。
[解説]
 毎日新聞2018年11月20日夕刊8面に「福島のサル、成長遅れ 食べ物から放射性物質? 「人より被ばく多く」」という記事が掲載されました。

■福島第1原発事故 福島のサル、成長遅れ 食べ物から放射性物質? 「人より被ばく多く」
毎日新聞2018年11月20日 東京夕刊

※ Nemesisネメシス @zodiac0088氏の11:57 - 2018年11月25日のツイート
被曝した猿の脳が小さくなり成長が遅れるのなら、被曝した人間の子どもも発達障害になったり成長が遅れたりするかもしれない #Fukushima #福島 #被曝
http://www.radiationexposuresociety.com/archives/9492
放射能汚染で内部被ばくした日本ザルの骨髄の異形成。宮城県の日本ザルでも内部被ばく102.7ベクレル/kg(骨格筋)。

・・・・・

人間万事塞翁が馬
放射能の脳への障害 2011-11-16
チェルノブイリ事故の被曝者を診察してきた医師の記述です。
(途中略)
放射線障害を、癌と白血病だけだと思っている方が多すぎます。被曝で、あらゆる障害が起きますが、最も多いのは、知能障害で、程度の差だけです。

発癌も被曝障害の最大の障害ではありません。最大の障害は、成人なら、知能低下と性格崩壊、意欲の減退です。被曝は、細胞死とDNAの変異をもたらします。これは、被曝量と直線関係があります。中枢神経系は、再生しません。当然、脳の機能は低下します。脳は思考だけでなく、下垂体のようにホルモンも作り出します。甲状腺癌も滅多になりませんが、被曝で甲状腺機能が低下します。そして、TSHの出も悪くなれば、ぶらぶら病です。いずれ治る人もいますが、完全には治りません。知能も低下します。
 成長期の子供なら、この影響はもっと顕著に出ます。

 死ななければ、癌にならなければ、普通でいられると考えるようにさせている国やお抱え医師の発言は、許せません。
 皆さん、被曝は、抽選に当たるようなものだとお考えだと思いますが、現実は、徐々に知能と体力が失われていくのです。言われたことだけする人間になります。

 被曝障害は、統計に取れるものだけが論文になっているので、論文、論文と、騒ぐのです。

 医療では、軽度の知能低下を、障害とは認めても医療加護が不要なら、統計にはなりません。甲状腺機能障害での知能低下は、脳では良く起こる事ですが、知能低下に気付かない人の方が多いので、統計を取る意味がないのです。だからといって、それが無いわけではないのです。放射線障害としてはっきり原因を特定でき、どのような医師でも判断を間違えない甲状腺癌だから、統計があるのです。死ぬ生きる、在る無い、など、統計を取れる判断基準が無い疾病は、統計を取れません。ちょっと関節が変形した、というのをどうやって統計を取るのでしょうか?関節変形も被曝障害の一つです。

 ホルモンの分泌が被曝で低下すれば、性徴が少なくなり、身長体重ともに、過去の統計より小さくなります。そこまで待ってから、治療しようとしても、元には戻せません。同時に知能も低下しますし、シナプスのランダムな成長抑制がありますから、性格は異常になります。見た目が若く見えるだけで、正常ですか?

 自覚がなくても、確実に、被曝の影響はでています。恐ろしいことですが、脳の異常は、その脳が気付けないのです。
(略)
 この環境で生きるというのは、命がけのギャンブルで、確実に何か起きると考えられます。今は、何でもないかもしれませんが。いずれ、中枢神経の機能が落ちるのは、100%確実です。遅いか早いかだけです。

一般に知られていない脳の症状について書いておきます。これが一過性なのか長期にわたって続くのかは、はっきりしていません。
 危機感の大きな減退。
 時刻感覚の減退。
 食欲の増大。
 ステップワイズな複雑な思考の回避。
 味覚の変化。
 感情の鈍化。
 開放感(遊び)への欲求の増加。
 転びやすい。
 計画性の減少。
 複雑な文の回避。
 単純ミスの増加。
 短期記憶力の減退。
 長期記憶の取り出しの失敗。
 甘えと自己主張の増加。
 他人の感覚への共感の減退。
 状況把握の鈍化。
 滑舌がわるくなる。

 以上は、甲状腺の軽度機能障害で起こることとは違います。こちらは、倦怠と意欲の減少ですが、自覚症状は、かなり経ってから起きます。
 上述の重金属中毒に類似の症状にも、倦怠はあります。ですから、金属中毒に似た症状での倦怠と甲状腺機能低下での倦怠は、他の症状で判別できます。

ドイツの医師が、脳障害に警告しています。ベラルーシの人々が集中できないのは、「放射能恐怖」ではなく、脳障害だと言明しています。この軽度の障害は、数%に起こるのではなく、ある程度体内に蓄積もしくは、外部からの被曝で、起き、ベラルーシでは、キエフより低いところでも、ほとんどに見られます。東京圏は、キエフ以上の数値が出ていますし、食品基準も甘いので、既に過半数に達したと考えられます。初期の大放出後、放射性物質の摂取をしなかった方には、一部、一過性の機能低下が見られました。既に、西日本でも該当する症状があると考えられるようになってきました。既に、注意した方々としなかった方々に差が出てきたわけです。

Xeは、気管を通り、甲状腺を被曝させ、5%程度が血液に溶けるはずですから、脳底の血管と大脳表面の太い静脈に沿って、脳の機能を低下させました。Xeは直ぐに排出されますが、体内に取り込まれた放射性物質とXeで、その部分の脳の機能低下が持続し、時刻感覚の喪失や食欲の増進、不安感の欠如、短期記憶の長期化の阻害、などの症状が起きたと考えられます。X-rayによる癌の照射で、脳の機能が一時的に低下することが知られています。実際には、核種が体内にあるので、軽度では二、三日の頭痛程度で、量が多ければ、今でも続いていると考えられます。

 脳への障害は、第一歩は、脳内で血管の多い体積あたりの血液量が多い部分が、血液からのβ線で機能低下が起きてきます。神経線維の近傍で電離作用が起きれば、神経が偽信号を発生しますので、機能が低下するのです。Csは、神経にも取り込まれやすいですし。この最初の症状は、基本人格の増強です。尊大な人はより尊大になり、神経質な人は余計に神経質になります。一方では、不安が減り、食欲が増進し、他人の感情への共感が減り、時刻感が失われてきます。合理的思考ができなくなります(もともと意識してそうしなければ大して合理的に推理などしてませんが)。それから記憶の長期化の阻害、一時健忘、速度感の喪失、一時的にボーとする。粗暴化。性欲亢進。重要度による物の重み付けの欠如。頑固。ルーチンへのこだわり。高齢者では、認知症の悪化。足が攣りやすい。刺激時に体が硬くなって、骨折捻挫をしやすくなる。初期は、興奮しやすくなり、後に刺激に鈍感になる。精神疾患の増加。遊びたがる。などがおきます。

 チェルノブイリの場合、吸飲により、激しい頭痛、眩暈、間接痛、難聴、結膜、網膜異常、痙攣などが、一気に起き、皮膚の症状云々と言ってられなかったようです。こういった症状が激しかった人は、直ぐに楽天的になったようです。これは、脳の症状です。初期症状がなく、内部被曝だけだった人の場合、食べて2ヶ月ほどたってから脳症状が現れているように思います。ところが福島第一では、もっとはるかに早いのです。明らかに核種が違います。これほど早く血管内膜炎様症状を起こしていません。

 飲食物の基準値が甘いためで、さらにチェルノブイリの時よりβ線、α線核種の比率が高いので、今後の健康被害は、はるかに大きいと予測できます。同時に中枢への影響が大きいので、危機感が減少し、櫛歯状に人が減っても気にしない、という状態(現在のキエフ)のようになると考えられます。酒が強くなったと感じたら、中枢障害です。今後、食物での防衛をしなければ、皮質全体と、脳幹の抑制が進みますので、突然死が増えると思います。高度汚染エリアでは、甲状腺機能低下が始まっており(含む東京)、脳の抑制で、強い欝からブラブラ病への移行期も起き始めています。

・・・引用終わり・・・

この医師の方の手記は、このブログでも早い時期に収録した。今読み返すと、まさにその通りになっている。

2011年11月29日
福島第一原発事故では、α線、β線核種の影響がより強い(転載記事 1)

2011年11月29日
被曝で知能が悪化するだけでなく、二次感染をはじめ、あらゆることがおきる(転載記事 2)

2018年07月12日
ブラブラ病とみられる方が出ています このブログの全信用をかけて書きます
posted by ZUKUNASHI at 01:29| Comment(0) | 福島原発事故

アレッポへの塩素ガス弾攻撃はトルコがテロリストを掌握できていないことを示した

ソチ合意崩壊、シリア軍侵攻、トランプ反発となるか。

FARSNEWS2018/11/26
Tahrir Al-Sham's Chlorine Attack on Aleppo Shows Turkey's Lack of Control
TEHRAN (FNA)- Sources close to the militant groups said the recent gas attack on Aleppo by Tahrir Al-Sham Hayat (the Levant Liberation Board or the Al-Nusra Front) indicates that Turkey cannot at all control the terrorist group.

The Arabic-language Al-Watan newspaper quoted sources close to Nureddin al-Zinki terrorist group as saying that Tahrir al-Sham terrorists were responsible for the chlorine gas attack on residential areas in Aleppo.

"The attacks on Aleppo's residential areas were done by rockets and shells that had been chemically armed by White Helmets," the sources said.

The sources noted that Tahrir al-Sham's chemical attacks were launched from the demilitarized zone specified under the Sochi agreement.

The attacks from the demilitarized zone display that Ankara has no control over the terrorist groups operating in zone, and has thus failed to hold up its end of the bargain.

In a relevant development on Sunday, Syrian Foreign Ministry said that the Aleppo chlorine shelling was made possible because Western countries had been supplying weapons to militants so that they staged chemical attacks.

Damascus went on to call on the United Nations to take measures regarding the militants who attacked Aleppo and the states that were supporting them, Sputnik reported.

Syria's comments came after on Saturday, militants based North of Aleppo fired chlorine-loaded shells at the city's al-Khalidiye neighborhood. Militants also shelled the neighborhoods of al-Khalidiye and Al Zahraa as well as the Nile Street, causing at least 65 people to be delivered to hospitals over difficulties with breathing.
posted by ZUKUNASHI at 00:40| Comment(0) | 国際・政治

2018年11月26日

Moscow warns Kiev of ‘consequences’ for attempts to provoke conflict after Kerch Strait standoff

RT2018/11/26
Moscow warns Kiev of ‘consequences’ for attempts to provoke conflict after Kerch Strait standoff
Moscow has protested Kiev’s “planned” breach of Russian waters in the Kerch Strait and cautioned Ukraine’s foreign backers against blowing the incident out of proportion. Russia will “strongly” respond to similar “provocations.”

Three Ukrainian military boats on Sunday tried to pass through the Kerch Strait apparently without prior warning, but were ordered to stop by Russian border guards. A confrontation ensued, ending with the three ships being seized by the Russian side.

The actions of the Ukrainian Navy “violated the rules of passage through Russian territorial waters,” the Russian Foreign Ministry said in a statement on Monday, adding that Moscow has summoned an emergency UN Security Council meeting to discuss the incident.

“Russia has repeatedly warned the Kiev regime and its Western supporters that fanning up the hysteria over the Azov Sea and the Kerch Strait was dangerous. It’s obvious that there was a provocation, carefully planned in terms of location and form, which is aimed at flaring up yet another point of conflict in the region and creating a new pretext to impose more sanctions against Russia.”

Kiev has used the clash to justify declaring martial law – something Moscow says only benefits Ukrainian President Petro Poroshenko ahead of the March elections. Poroshenko has been struggling to campaign for re-election, with his popularity decimated by harsh economic problems and recent corruption scandals.

Moscow also said it’s outraged by vandalism attacks targeting Russian diplomatic missions in Ukraine following the Kerch standoff. Further incidents of a similar nature may have “serious consequences,” it said, pledging to “strongly counter” any attempt to violate Russian sovereignty.

Kremlin spokesman Dmitry Peskov has meanwhile described the actions of the Ukrainian Navy as “an invasion of Russian territorial waters.”


US Spy Plane Enters Black Sea Area Amid Ukraine-Russia Naval Tensions
TEHRAN (FNA)- A Crete-based US spy plane entered the Black Sea area on Monday morning after a standoff between Ukraine and Russia over a strait that separates it from the Sea of Azov, the Ukrainian military portal disclosed.

The Boeing RC-135V reconnaissance plane left the US naval base at Souda Bay on Crete at 05:50 GMT and headed east, the portal said, Sputnik reported.

The electronic intelligence aircraft was reportedly in Bulgarian airspace as of 06:30 GMT and flying toward the Crimean peninsula, a Russian territory in the Black Sea.

This comes after Russia detained three Ukrainian naval vessels on 25 November for entering its territorial waters on their way from the Black Sea to the Sea of Azov, a shallow internal sea the two countries share.

Russia’s FSB security agency accused the ships of ignoring warnings to stop and maneuvering dangerously. Ukraine’s national Security Council responded by declaring a 60-day martial law, which still needs parliamentary approval.
posted by ZUKUNASHI at 23:22| Comment(0) | 国際・政治