ずくなしの冷や水

2018年09月24日

年配者へ電子メール使用の勧め ショートメール これまでのまとめ

離れた土地に住む老親の動向を確認するには、ショートメールが向いているようです。スマホは年配者には文字入力が難しいので外付けキーボードを使います。

スマホとBluetooth ワイヤレス キーボードを買い、老親に使い方を教えます。

キーボードは日本語入力ができるものを。

スマホは電源入れっぱなしです。Bluetooth ワイヤレス キーボードは電池使用で使う時だけ、電源を入れます。

アイフォンの場合、ショートメールと電子メールは違うアイコンになっています。

毎日、ショートメールを開けてもらい、新着メールを確認してもらえばよいのです。

他のスマホも同じだろうと思いますが、「配信済」とか「開封済」という表示が出ます。

「配信済」のものが「開封済」にならず、なぜ遅れているのか不審に思ったら、電話をして確認できます。

ショートメールは、1通ごとに料金がかかるようですが低廉です。インターネット回線契約がなくても70文字以内の文章が送れます。

初期費用は、スマホ代(ファーウェイやゼンフォンには、2万円前後で買えるものがあります)、キーボード代(2000円強)、音声通話用SIM契約手数料など(3000円強)、毎月の料金はデータ+音声プラン 最低基本料金700円というところもあります。
SMS送信料 3円〜/1通
音声通話料金 20円/30秒
登録事務手数料 3,000円
SIMカード準備料 394円
最低利用期間 解約違約金  5,000円
データ通信は499MBまで無料(データ通信は使わない前提です)
SMS送信料は送信した側の負担。

これら一式揃えて親の家に備えておけばよいのです。初期費用26,000円程度。

年寄りが持ち歩いてくれればベストです。緊急ボタンがついているものがよいかもしれません。音声入力ができれば、「ヤスコに電話」で子供に電話をかけることもきるでしょう。

ショートメールは電話の信号線を使っているようです。災害時に音声通話はつながらなくてもショートメールはつながるということはありそうです。

そしてセキュリティの面では、どうもこれが一番安全らしい。電子メールを扱うサーバーからデータを大量に吸い上げるようなことは難しい、やってやれないことはないが、キャリヤーは音声通話と同じで相手方に送りつければ内容は残していないはずです。

傍受しようとすれば、交換機か回線のタッピングが必要ということになりそうです。

ショートメールは、あて先が数字だけなのでアルファベットが苦手の人も苦にならないはずです。

さて、一通り見てきました。
1 一般の社会関係からほぼ外れて肉親の見守りの対象になっているような人・・・ショートメール
2 悪いことを企んでいる人の内部連絡・・・ショートメール
3 一応、旧来の社会関係、社会参加の状況をできるだけ維持したいと思っている人・・・電子メール
4 バリバリの現役・・・電子メール+ショートメールの使い分け
5 現役で左寄りの人・・・電子メール+ショートメールの使い分け
電子メールは、Gmailなどのインスタントメールとプロバイダーなどがくれるメールアドレスの使い分け

このように考えますが、先達諸侯のご意見はどうでしょう。

2018年09月19日
年配者へ電子メール使用の勧め

2018年09月19日
年配者へ電子メール使用の勧め 実践編

2018年09月22日
年配者へ電子メール使用の勧め 警告編

2018年08月20日
爺さん婆さんもスマホが必要に

2018年08月22日
スマホの便利さを痛感 この夏スマホ研究に没頭することとなった発端です。2018/8/14、事件がありました。

2018年08月15日
ガラケーをスマホに変えてみようか その1

2018年08月16日
ガラケーをスマホに変えてみようか その2

2018年08月17日
ガラケーをスマホに変えてみようか その3

2018年08月17日
ガラケーをスマホに変えてみようか その4

2018年08月18日
ガラケーをスマホに変えてみようか その5

2018年08月27日
スマホを使ってみようか その1 音声でタクシー会社を探せた

2018年08月28日
スマホを使ってみようか その2 なんか物が次々に壊れていく

2018年09月24日
スマホを使ってみようか その3 久しぶりの徘徊
posted by ZUKUNASHI at 22:36| Comment(0) | 福島原発事故

ロシアがシリアにS-300を引渡し レーダー情報網の整備へ

ロシアがIl-20情報収集機の撃墜を受けて対応措置を取ります。@ S-300のシリア引渡、A ロシアとシリアのレーダー情報網の統合、B 衛星航法、搭載レーダー、交信システムに障害を与える電子機器の配備です。

ロシアは、イスラエル軍の行動がシリア軍の誤攻撃を引き起こしたとしており、イスラエルが協定に基づいてロシア側に作戦行動に関する的確な情報を提供しなかったことを非難しています。

プーチンは、抑制的な発言をしていましたが、国内世論とそれに押された軍の強硬姿勢にこれらの対抗措置を承認せざるを得なかったものとみられます。

イスラエル軍機のシリア領空に侵入しての爆撃に対してはシリアはもともと撃墜できますが、これまでイスラエルの奇襲的なヒットエンドランの戦法にかき回され、シリアはイスラエル戦闘機の撃墜にはほとんど成功していませんでした。

しかし、S-300はその配備に米軍が強く反発するほどの能力を有し、今後はイスラエル機の撃墜が容易になります。射程250km。イスラエルはもはやシリア上空を安易には飛べなくなると評されています。





RT2018/9/24
Russia to supply S-300 to Syria within 2 weeks after Il-20 downing during Israeli raid – MoD
Within two weeks Russia will deliver to Damascus an S-300 air defense system, previously suspended on a request by Israel. It comes as part of response to the downing of a Russian Il-20 plane amid an Israeli air raid on Syria.

Moscow accused Tel Aviv of failing to inform Russia about its impending attack on targets in Syria, which resulted in a downing of the Russian electronic warfare aircraft by Syrian return fire. Russian President Vladimir Putin ordered the defense ministry to take several measures in response to the incident, the ministry said in a statement on Monday.

Arguably, the most concerning thing for Israel will be the delivery to Syria of an S-300 anti-aircraft system, which will boost Syria’s capabilities to deny Israel access to its airspace. The system was purchased by Damascus several years ago, but never delivered.

“In 2013 on a request from the Israeli side we suspended the delivery to Syria of the S-300 system, which was ready to be sent with its Syrian crews trained to use it,” the statement said.

“The situation has changed, and not due to our fault.”

The S-300 is a relatively modern system capable of engaging targets at the range of up to 250 km. Syria’s current anti-aircraft systems are older models that didn’t stop Israel from attacking targets on Syrian territory.
Integration with Russian systems

The Russian military will also supply better control systems to Syrian Air Defense Troops, “which are only supplied to the Russian Armed Forces,” defense chief Sergey Shoigu elaborated. This will allow integration of Syrian and Russian military assets, allowing the Syrian to have better targeting information.

“The most important thing is that it will ensure identification of Russian aircraft by the Syrian air defense forces.” Potentially it would also expose Israeli aircraft tracked by Russian radar stations to Syrian fire.
Electronic warfare over Mediterranean


The third measure announced by the Russian defense ministry is a blanket of electronic countermeasures over Syrian coastline, which would “suppress satellite navigation, onboard radar systems and communications of warplanes attacking targets on Syrian territory.”

Shoigu said the measures are meant to “cool down ‘hotheads’ and prevent misjudged actions posing a risk to our service members.” He added that if such a development fails to materialize, the Russian military “would act in accordance to the situation.”

Commenting on the development later in the day, Kremlin spokesman Dmitry Peskov stressed that the Russian leadership made the decision to protect Russian aircraft in Syria from further friendly fire incidents and “is not directed against third nations.”


RT2018/9/24
Russia’s S-300 delivery shows Israel who’s in charge, but not aimed at hurting relations – analysts

The deployment of the S-300 would reduce Israel’s ability to strike targets in Syria, although how much would depend on the number of batteries and the skill of the crews that would man them, said Nikolay Surkov, a senior researcher at the Moscow-based International Institute for World Economy and International Relations. Should Israel take risks or use more costly weapon systems, it may be able to conduct air strikes in Syria even after the planned upgrade, he said.

“They will have to use more assets, use armed drones and cruise missiles as opposed to fighter jets,” he said. “At least that’s what they told me when we discussed a possible delivery of the S-300 a few years ago… Of course this would be more difficult, more costly and more risky.”

The Russian expert believes that Israel may tolerate losses during sorties in Syria up to a point, possibly even ramping up attacks by way of retaliation, as was the case with the loss of a fighter jet in February. The worst-case scenario would be a full-blown air war in southern Syria not involving Russia directly.

“Russia has made its response and showed Israel how displeased it is. But Russia and Israel are partners, and neither side wishes to endanger this partnership. I believe a way forward that would satisfy both parties would be found. The Israelis would be more cautious in the future while Russia would refrain from further escalation,” Surkov predicted. “At the moment we don’t have a confrontation here, just mutual complaints.”

Similar messages, which signal Russia’s willingness to prevent the conflict with Israel from spiraling out of control, came from Moscow after the Defense Ministry’s statement. The Kremlin stressed that the measures taken by the military are not aimed at any third parties while the Foreign Ministry said Russia’s relations with Israel are too “massive and comprehensive” to be significantly hurt by the fallout from the Il-20 incident.

But Jay, the Lebanon-based journalist, pointed out that Israeli Prime Minister Benjamin Netanyahu may be limited by pressure at home in how he can deal with the situation.

“He has been resolving all the allegations of corruption through his political fortitude. He is doing really good at the moment, but this could be a game changer,” he said.
posted by ZUKUNASHI at 21:56| Comment(0) | 国際・政治

イランの軍事パレードで発砲 25人死亡

この事件はイラン軍には恥辱となりました。テロの背後にサウジがいるとしています。イランがどう対応するのか。




Terrorist Attack on Military Parade in Ahwaz

Several Casualties in Terror Attack on Military Parade in Ahwaz

AMN2018/9/24
IRGC head vows ‘crushing’ response to US, Israel over Ahvaz attack
BEIRUT, LEBANON (11:20 A.M.) – The Deputy Commander of the Islamic Revolutionary Guard Corps (IRGC), Hossein Salami, issued a statement regarding the recent terrorist attack that occurred over the weekend in the city of Ahvaz near the Iraqi border.

In a televised speech on Monday before the funeral of the victims in Ahvaz, Salami blasted the United States and Israel over the deadly attack.

“You have seen our revenge before… You will see that our response will be crushing and devastating and you will regret what you have done,” Hossein Salami said.

The terrorist attack that took place in Ahvaz resulted in the death of at least 25 people and hospitalization of more than 50 others.

The Islamic State (ISIS) terror organization claimed responsibility for the terrorist attack; however, Iran has accused a number of states of being behind this latest act.

RT2018/9/22
Up to 25 killed, 50+ injured during attack on military parade in Iran – state media
An army parade in the southwestern Iranian city of Ahvaz has come under attack. Journalists and children are among those shot in an assault that has reportedly left over 20 people dead and more than 50 injured.

Gunmen opened fire from behind the stands during a military parade in Ahvaz on Saturday. The event was attended by members of the local elite, including the Ahvaz governor as well as high-ranking clerics and MPs. Shooting broke out several minutes into the event, which featured troops from the Iranian Army’s 92nd armored division.

The attack has left as many as 25 people dead, Iran’s official IRNA news agency reported. Some 60 people were wounded, including women and children. Journalists covering the parade also came under fire.

The assailants were apparently wearing military uniforms, and the attack lasted for about 10 minutes. The agency's Twitter account has released a set of photos showing the aftermath of the assault.

It is said that two out of four attackers were killed as troops and security forces returned fire. Two other assailants were arrested.

According to Irna, the assaults have been claimed by the "Patriotic Arab Democratic Movement in Ahwaz" group. The group blamed for the assault is affiliated with Saudi Arabia, Islamic Revolutionary Guard Corps (IRGC) spokesman Ramezan Sharif said, as cited by Press TV. Other Iranian media also consider the assailants to be linked to the Saudis, Iran’s regional arch rival. There has been no reaction from the Saudi side so far, nor has Tehran elaborated on the accusations.

Iran’s military later said that the terrorists were trained by two “Gulf countries” and had ties to the US and Israeli spy agency Mossad, Reuters reported citing brigadier General Abolfazl Shekarchi. Neither Washington nor Tel-Aviv have commented on the claim so far and Iran has also not elaborated on the accusation.

The attack comes as the nation commemorates the end of the eight-year Iran-Iraq War that ended in 1988. The anniversary was marked by a grand military event in Tehran, where mobile missile launchers, heavy armor, and troops paraded through the main street of the capital.

During the Tehran parade, Iranian leaders seized the opportunity to send a message to the US. Hassan Rouhani said Iran will never abandon its efforts to develop ballistic missiles, as these are “the most powerful weapons of the Islamic Republic.” He stressed their “defensive” nature, however.

RT2018/9/22
Dramatic footage made on the spot shows the moment assailants opened fire at troops participating in an Iranian Army parade in the southwestern city of Ahvaz.

The video emerged shortly after the attack took place. A trembling camera records soldiers lying on the ground while multiple gunshots are heard in the background. Several seconds into the footage, troops wearing body armor and carrying assault rifles are seen crawling through the area.

Warning! Footage contains scenes you may find disturbing.


RT2018/9/22
Several killed as militants open fire at military parade in southern Iran – state TV
Unknown assailants have attacked an army parade in the southwestern Iranian city of Ahvaz, local media report. The attack has left several people dead, it is said.

Gunmen opened fire from behind the stands during a military parade in Ahvaz on Saturday, killing and injuring several people. The attack comes as the nation commemorates the end of the eight-year Iran-Iraq War.

Shooting broke out several minutes into the parade, which featured troops from the Iranian Army’s 92nd armored division, Iran’s ISNA news agency reported. The assailants were apparently wearing military uniforms, and the attack lasted for about 10 minutes.

The agency's Twitter account has released a set of photos showing the aftermath of the attack.

The gunfire has left as many as 20 people injured before the troops and security forces returned fire and eliminated the attackers, IRNA reports.

The parade was attended by members of the local elite, including the Ahvaz governor as well as high-ranking clerics and MPs. No one has claimed credit for the shooting yet.

AMN2018/9/22
BEIRUT, LEBANON (9:00 A.M.) – A group of unknown assailants targeted the Iranian Army parade in the town of Ahvaz this morning, the state-owned media reported.

According to Iranian state media, the unknown assailants opened fire on a number of people at the Iranian Army parade, resulting in several casualties.

FARSNEWS2018/9/22
Military Parades Start in Iran
TEHRAN (FNA)- Various units of the Islamic Republic Army, Islamic Revolution Guards Corps (IRGC), Law Enforcement Police and Basij (volunteer) forces started nationwide parades in Tehran and other cities across the country on Saturday morning.

In Tehran, the ceremony took place at the mausoleum of the Founder of the Islamic Republic, the Late Imam Khomeini, South of the capital.

The parades mark the start of the Sacred Defense Week, commemorating Iranians' sacrifices during the 8 years of the Iraqi imposed war on Iran in 1980s.

Different units of Iran's military forces marched in uniform before top Army and IRGC commanders in a show of military might and defensive power.

The ceremony in Tehran was participated by senior military and government officials, including Chief of Staff of the Iranian Armed Forces Major General Mohammad Hossein Baqeri and President Hassan Rouhani, as well as foreign diplomats, military attaches and reporters.

Typical units of the Islamic Republic Army, the IRGC, Basij forces and the Islamic Republic of Iran's Law Enforcement Police participated in the parades.

Also, Iranian Parliament Speaker Ali Larijani and other commanders of the IRGC, Army and Basij forces participated in a similar ceremony in the Southern province of Hormozgan and the territorial waters in the Persian Gulf.

Foreign delegates as well as military and civilian officials were also present in the ceremony. Ranking commanders of the Armed Forces also took part in the ceremony.

Different surface and subsurface vessels, air force and naval units of the Army and the IRGC participated in the parades in the Persian Gulf.


posted by ZUKUNASHI at 17:41| Comment(0) | 国際・政治

床を這いずり回るようになっても介護施設には入りたくない

思い出したが、昨日はちょっと重要な知らせを受けていたのだった。

若い時の友人が介護施設に入っている。あまりに自分勝手で付き合いきれないので、もう縁切りしたのだが、介護施設を替わったらしい。

介護施設は新しく入り直すと相当なカネがかかるはず。本人は、新しい介護施設は「変な人」ばっかりだと別の友人に訴えたらしい。

その別の友人は、その話を自分で抱えているのが辛くて私に電話をしてきた。これまで面倒を見てくれていた息子も電話を途中で切るのだと言っていたと。

私は、「これまでの介護施設で何か問題を起こしたんじゃないか。そんなの本人の自業自得だよ。家族が見放したのに我々があなたができることなんかないよ。」

と冷たく言い放ったのだった。

この介護施設の元友人は、中年の分別盛りになってからも遠隔の先輩に死にたいと書き送り、その先輩から何とかしてくれと連絡が入り、特急列車で会いに行ったことがある。

確かに、私がこの元友人と同じ介護施設に入ったら、私が逃げ出したくなると思う。

実は、数か月前にこの元友人が入所している介護施設の最寄り駅を通ったのだが、施設の名前がはっきりしなかったこととどの施設でも駅からタクシー利用が必要だったので寄らなかったのだ。

このブログの読者はよくお分かりだろうが、私は協調性に欠けるし、残り少ない人生を周りに合わせて我慢して生きる気などさらさらない。介護が必要になっても、子供が同居して面倒を見てくれるとも思っていない。

歩けなくなって床を這いずり回るようになっても、なんとか車椅子で移動できるように小型車椅子に収まる体にしなければならない。それが生き延びる道だ。

このブログは、年配男性の読者はほとんどいないだろうから書いても無駄だが、歳を取っての我がままが強まると、確実に周りは離れていく。介護施設入居で楽しい日々を送れる方なら後はカネの問題だが、それまで静かに暮らしてきた人には苦痛も多いと思う。

・・・・・・

えっえー! 暗〜い敬老の日の1週間後!! SYさんから引用開始。
 
車椅子の心配はしなくても大丈夫です。

体が動かなくなれば、痩せるばかりで体重維持はできません。 歳をとってからの車椅子生活は期待しない方がいいです。骨折や膝の故障でもない限り、移動できる体力があれば歩けます。

体力そのものがなくなれば、人に移動を頼むときの補助手段に過ぎません。つまり、押してもらうための道具です。

寝ている時間の方が長くなり、生活の様々な面で介助が必要になります。

プロに頼めばできるだけ自尊心が傷つかないように対応してもらえますが、そうなるともう時間の問題です。

歩ければ10年、歩けなくなったら5年ですね。 介護施設は私も入りたくありませんが、自宅で何とかする方にどんどん移行しているようです。

同居人がいないのなら、ヘルパーを頼む必要がありますので、自宅内の整理を早めにする必要があります。 それは自分にしかできないので、最大の難事です。年金がなくて働いていたりしたら時間も取れません。

・・・・・・

はーっ、はーっ なんか落ち込んでしまうな〜。他人事じゃないんだ。
posted by ZUKUNASHI at 12:03| Comment(1) | 日記

栗イガの奇襲攻撃を受けた日

2018/9/23、気温も下がり、天気もまずまずで徘徊に出ました。いつものルートです。

今日は、タブレットパソコンの活用方策検討のため測定器と共に持ち出しましたが、接続ケーブルを間違えたためタブレットパソコンも測定器もどっちも動きませんでした。その分気楽に歩けましたけど荷物が少し重かった。

今日は一人でしたので、せっせと最短距離を歩くことにしました。最初は順調でした。京葉カントリークラブを超えて多部田町の団地辺りが中間点になります。



キンモクセイの香りが流れています。この時期に郊外を歩く時の楽しみの一つです。

ヤマボウシ 赤い実がきれいです。


マンジュシャゲもコスモスも咲いていました。




途中にゴルフ場があります。私と同じような体形の方が二、三人おられました。やせた方よりも見た目の安定感がありますね。

お一人は派手な衣装ですが、他の方はだいぶ年配ですね。(お前が言うな! はぁ。年配のことをどこで感じるか? シャツを中に入れズボンを上げてしっかりとしたベルトを強めに締めているところです。)


アカマツです。


1時間で多部田町の団地公園に着きました。前回途中で腹痛が起きてこの公園のトイレに駆け込みました。和式で狭くて後ろに転げ落ちそうでおちおち使えなかったトイレではありますが、やはりトイレの所在を知っているのは心強いのです。

ここで水を飲み、昼飯を食べ、辺りに人がいないのを確認してタバコを吸います。この公園には子供がいないのです。これまで一度、一人二人見たかどうかです。若い世帯がいないのですね。空き家が多いです。バス便はまだあるようですが。

ここから千城台まではせっせと歩けば1時間で行けるでしょう。でもせっかく環境の良い場所に来たわけですから、木々や畑を眺めながらゆっくりと畑仕事をしている人に声をかけたりして歩きました。



多部田町の団地を北に抜けると台地を下り東金街道の通る低地を渡りまた台地に上ると千城台までは平坦な都市計画街路です。最短距離の経路を頭に入れていたつもりでしたが途中で道を間違え、東金街道から離れた集落の縁を回りました。

階段はどこだろうとキョロキョロしながら行くと、突然目の前に栗のイガが落ちてきて足元で炸裂しました。わっ!と、飛びのきます。栗のクラスター爆弾です。イガの直撃で人を傷つけ、さらに弾け飛んだ栗で、打撲傷を与えようとしている? まさかイスラエル製じゃないだろうな。

道路に真新しいイガが三つ落ちていましたのでそれらの栗を奇襲攻撃の証拠品として押収しました。



私はいつも厚手の生地のキャップをかぶっていますからイガの直撃を受けても大丈夫です。ですが、今日はいなかったものの連れは帽子が嫌いで、地肌が見えるほどの薄い髪の毛の頭をむき出しにしています。

イヒヒ、あの頭をイガが直撃したらダメージは大きいぞ。救急車を呼ぼうと精いっぱい騒いで反省させる好機!

栗の毬のトゲは、刺さると容易には抜けないそうです。栗拾いでイガごと叩き落として栗を拾うような機会があったら、顔や目などにトゲが刺さらないように注意しましょう。

そんなことを考え、にやにやしながら歩いていたら向こうからそれぞれに犬を連れたご夫婦がやってきました。犬に手を振るとご主人の犬が寄ってきて、ご主人と言葉を交わします。

「散歩ですか」
「ウォーキングです。この腹を引っ込めたいので」
「せっかくいい体格なのにもったいない。私なんか太れないです」
「体格をほめていただくのはありがたいけど、一般的にはあまり評価されませんし、とにかく体を動かすのが大儀になって」
「お勤めは」
「もう勤めていません。毎日忙しいことは忙しいのですが」
「私はまだ働いています。それと朝晩各1時間のこれらの散歩、それに庭の松の盆栽などの手入れもあります」
「それはとても良いですね。体形的には健康そのものですよ」
「ウエスト85です」
「私は100はあります」
「私はオタクとあまり年が違わないと思います」
「えーっ、最初お見かけしたとき60歳前後かと思いましたよ」

この方お幾つだと思いますか? 私といくつも違わないとはとても思えませんでした。


それにこの体形です。シニアファッションモデルも十分務まるでしょう。


おそらく在宅で仕事をしておられるのでしょう。「向こうの山はだいぶ木を切って様子が変わってしまった」などと遠い目で話すときはやはり年齢を感じさせますが、徘徊の際にこういう形で行き会って向こうから次々と話を振ってこられることはまずありません。とても幅のあるシャープな方でした。

お別れしてから、私が海外ニュースで見たどなたかに似ておられると思い探したらRTの創設者でした。この方は、どの写真も個性的で印象に残ります。ロシアのステートメディアはたくさんありますが、ロシアのことだけを扱うのでなく、広く世界のニュースを一般のMSMと違う視点で取り上げるという点で成功しました。管理人は、ネットのニュースサイトとしてはRTがダントツだと考えます。


東金街道から北側の台地に上る階段です。このような階段は何か所かあります。この階段には上と下に杖の用意がしてあります。


千城台の駅に近いところで見た子ども食堂。今準備中なのでしょうか。


千葉都市モノレールが初音ミクとタイアップして何かキャンペーンかイベントをやるようです。初音ミクファンの方にお土産です。(なんだー? これ! なんて言わないでください。いいおっさんクラスの男性が終着駅でこれの写真を撮りまくっていたんですよ。何人も。)




知らない人のために、初音ミクは架空のキャラクターなんだそうです。私も知りませんでした。
posted by ZUKUNASHI at 10:54| Comment(2) | 健康づくり

Israel insists its jets not to blame for downing Russian Il-20

RT2118/9/23
‘We didn’t hide behind any aircraft’: Israel insists its jets not to blame for downing Russian Il-20

Israel says its jets were not to blame for the downing of the Russian Il-20 during an air raid in Syria, and that Moscow has been presented with "thorough" evidence. This conflicts with a Russian military timeline of the incident.

“The IAF (Israeli Air Force) did not hide behind any aircraft and… the Israeli aircraft were in Israeli airspace at the time of the downing of the Russian plane,” the IDF tweeted on Sunday.

The Israeli military also insisted that “the deconfliction mechanism [with the Russian forces] operated in the relevant timeframe.”

“The safety and wellbeing of the Russian troops who operate in Syria are a focal component in every approval of any activity by senior officials in the IDF and in Israel,” it added.

The IDF again squarely laid responsibility for the incident on Syria and its ally Iran. The “severe and tragic” incident has proven that the “use of advanced weapons by irresponsible entities significantly endangers the area,” it said. The statement said Israel will continue to use its “lethal and accurate weapons” to prevent Iran from establishing a permanent presence in Syria.

Earlier on Sunday, Russia’s Defense Ministry presented a minute-by-minute account of the Il-20 reconnaissance plane’s downing in Syria on September 17. It said the blame for the incident, in which 15 Russian troops were killed, “lies entirely with the Israeli Air Force.”

The previously undisclosed radar data and communications showed that the plane was shot down by Syrian air-defense units, while an Israeli F-16 jet was effectively using it as cover during the attack.

The Israeli Air Force gave the Russian side less than a minute’s warning before the bombing, and misinformed it about the positioning of its jets and their targets, Moscow said, calling such actions “a clear violation of the 2015 Russian-Israeli agreements.”

“The military leadership of Israel either has no appreciation for the level of relations with Russia, or has no control over individual commands or commanding officers who understood that their actions would lead to tragedy,” the Defense Ministry said.

Moscow also stated that it’s in possession of other “irrefutable data” that supports materials presented at the Sunday briefing and proves that Israel was responsible.

posted by ZUKUNASHI at 01:03| Comment(0) | 国際・政治