ずくなしの冷や水

2018年09月20日

イスラエルは、シリアからのイランとヒズボラの離脱に狙いを絞ってきた

AMN2018/9/19
BEIRUT, LEBANON (5:30 A.M.) – UN Special Envoy for Syria Staffan de Mistura stressed that with the Russia-Turkey deal over Idlib “there is no reason not to move forward expeditiously with the political process,” during a UN Security Council in New York City on Tuesday.

Russian representative Vasily Alekseevich Nebenzya, however, told Mistura to “facilitate but not to lead the process.” He added “The Syrian decisions need to be owned by the Syrian people themselves as is stipulated in Resolution 2254.”

“If Russia is interested in bringing peace to Syria, it should make sure Iran and its militias leave Syria once and for all. The risk of a broader conflict will leave with them,” US representative James Jeffrey stated.

FARSNEWS2018/9/20
TEHRAN (FNA)- Israel's move to use Russian plane as a cover to raid Syrian Army centers was seeking nothing but humiliating Russia and insulting President Vladimir Putin, Editor-in-Chief of a trans-regional paper said on Thursday.

Editor-in-Chief of the Arabic-language Ray al-Youm daily Abdul Bari Atwan said in an article that Russian mum on the Israeli air raids on Syria, which stands at 207 cases in the last recent eighteen months announced by official sources, made Israeli military to be dare enough to use the Russian cargo plane as a shield to target Syrian army centers, adding that Tel Aviv's move was only an insult to President Putin who has hosted Israeli Prime Minister Benyamin Netanyahu three time since the beginning of the current year.

Atwan further said that the Israeli leaders embarked on the humiliating move against Russian based on three reasons, adding that Tel Aviv's attack on Syrian army position in Lattakia that is near Russia-run Humeimim airbase can be supposed as a threat for Russian and its most important base in Syria.

He went on to say that Israel informed Russian about their raid only a minute before the raid on Syria's soil that also can be supposed as a great humiliation and an intentional biased attack on the Russian partner.

Atwan also added that Israeli attack on Syria's Lattakia was aimed at disturbing the Russians' pleasure over accessing to a strategic agreement with Turkey to avoid or delay military solution for Idlib.

He concluded that Russian military is capable choosing two choices, countering directly Israeli raids on Syria or equipping Syrian Air Defense Units with S300 or S400 Air Defense Systems.

The Russian defense ministry said on Tuesday that a Russian Ilyushin Il-20 plane that was flying back to the airbase at Syria’s Humeimim crashed over the Mediterranean Sea late on Monday.

According to the defense ministry, four Israeli F-16 fighter jet were delivering airstrikes on Syrian targets in Lattakia province at the moment. The ministry said the Russian Il-20 was shot down by Syria’s air defense over the Mediterranean Sea because Israel’s F-16 fighter jets used it as a cover, since the Israeli command centers and the F-16s’ pilots could not but see the Russian plane, which was approaching the runway from an altitude of five kilometers. Fifteen Russian crew members died.
posted by ZUKUNASHI at 02:40| Comment(0) | 国際・政治

Syrian Army strikes northern Latakia and west Idlib hard despite Sochi agreement

AMN2018/9/19
Syrian Army strikes northern Latakia and west Idlib hard despite Sochi agreement
BEIRUT, LEBANON (6:00 P.M.) – It appears the new demilitarized zone agreement in Idlib has no affect over the Syrian Arab Army (SAA) troops in northern Latakia, as they carried out new strikes in northwest Syria.

The Syrian Arab Army launched a number of artillery shells and missiles towards the jihadist defenses in the northern Latakia and western Idlib this week, despite the fact a DMZ agreement was established by Russian Vladimir Putin and his Turkish counterpart Recep Tayyip Erdogan in Sochi on Monday.

According to a military source in Latakia, the Syrian Army and their allies from the National Defense Forces (NDF) carried out these strikes in retaliation for the attack launched by the jihadist rebels on late Monday.

As shown in the video below, the Syrian Army rains artillery shells and missiles on the jihadist defenses around the Jabal Al-Akrad region of Latakia and Jisr Al-Shughour District of Idlib:

AMN2018/9/19
BEIRUT, LEBANON (6:00 P.M.) – The Islamic State (ISIS) is in serious trouble in southern Syria, as they recently surrendered their last water source to the Syrian Arab Army (SAA) in the Al-Safa region of Al-Sweida.

Led by their 3rd Corps, the Syrian Arab Army managed to score a number of important advances inside the Al-Safa region in the past 48 hours.

According to a military communique, the Syrian Arab Army was able to seize this vital Islamic State water source in the Qabr Sheikh Hussein area after a fierce battle with the terrorist group.

In addition to capturing the water source, the Syrian Arab Army also claimed that they killed more than 20 Islamic State terrorists, including 5 snipers, that were attempting to hold onto this site.

As shown in the video below, the Syrian Arab Army can be seen heavily targeting the Islamic State’s positions before seizing the terrorist group’s last water supply:
posted by ZUKUNASHI at 02:20| Comment(0) | 国際・政治

2018年09月19日

ロシア元将軍がシリア領空に侵入したイスラエル戦闘機は撃ち落とせと発言

やはり、ロシア国内のイスラエルに対する怒りは強いものがあります。ロシア軍の立場は極めて深刻。プーチンも発言を修正しなければならなかったことがわかります。

2018年09月19日
ロシア軍はIl20の撃墜事件を深刻に受け止めている プーチンはネタニヤフ電話会談の内容を補足発表

2018年09月19日
ロシア・イスラエル関係はどうなるか

2018年09月18日
ロシア軍機撃墜でロシアが反応 シリアが撃墜?!

2018年09月18日
仏フリゲート艦 ロシア軍機不明に関与していないと否定 イスラエルのミサイルまたは戦闘機に

2018年09月18日
米国はロシア軍機をシリアが誤って撃墜したとしている

2018年09月18日
仏フリゲート艦 ロシア軍機を撃墜か

FARSNEWS2018/9/19
Ex-Official: Israel Unlikely to Fly Freely over Syria After Il-20 Incident
TEHRAN (FNA)- Former high-ranking Israeli intelligence official Yakov Kedmi stated that Israel is unlikely to freely use Syrian airspace in the wake of the crash of a Russian Il-20 military aircraft over the Mediterranean Sea.

"There was an agreement between Israel and Russia that the actions of Israel in Syria's airspace would not endanger lives of Russian troops. Israel breached this commitment… What happens next will depend on the position of Israel. Most likely, Israel will no longer be able to enjoy the same freedom in the sky of Syria as it did before the incident," Kedmi told Sputnik.

The Israeli Defense Forces (IDF) stated earlier in the day that Israel would share all information on the incident with Moscow. The IDF expressed regret over the deaths of the Russian troops and put the blame on Damascus and Tehran.

"Israel's attack in itself, regardless of the consequences, was an irresponsible step, because there is not a single facility on the territory of Syria that might have been used by Iran and whose destruction would have justified an attack on it, which could endanger the Russian troops," Kedmi said.

The IDF claims that the Israeli jets were targeting a facility in Syria which contained "systems to manufacture accurate and lethal weapons" that could be sent "on behalf of Iran" to Hezbollah movement in Lebanon.

FARSNEWS2018/9/19
Ex-Russian General Urges Moscow to Shoot Down Israeli Fighter Jets
TEHRAN (FNA)- Former head of the main department of international military cooperation of the Russian defense ministry General Leonid Ivashov called on Moscow to target any Israeli fighter jet which violates the Syrian airspace.

この方です。元将軍で現在も地政学的問題アカデミーの総裁です。


イスラエルの大使を追放し、シリア領空に侵入したイスラエル戦闘機を撃墜すべき。
"Moscow should expel the Israeli ambassador to Russia and shoot down the Israeli fighter jets in case of entering the Syrian airspace," Ivashov, the president of the Academy of the Geopolitical issues of Russia, said on Wednesday.

イスラエルとの協力の水準を落とし、イスラエル人に対するビザ発給停止。
He also asked Moscow to decrease the level of cooperation with Israel and halt issuing visas for the Israeli nationals.

The Russian military said an Il-20 electronic intelligence plane was hit 35km off Syria's Mediterranean coast as it returned to its home base nearby. All 15 Russian crew members were killed.

Russian defense officials described maneuvers by Israeli fighter jets during the incident as "hostile" and said it had a right to retaliate.

"The Israeli pilots were using the Russian aircraft as a shield and pushed it into the line of fire of the Syrian defense," Igor Konashenkov, Russian defense ministry spokesperson, told state media.

A warning from Israel was received "less than one minute before the strike, which left no chance for taking the Russian plane to safety," added Konashenkov.

FARSNEWS2018/9/19
Analyst Blames France for Deadly Crash of Russian Fighter Jet in Syria
TEHRAN (FNA)- A prominent Russian expert referred to the Syrian air defense system's mistake to shoot down a Russian plane during Israeli airstrikes, saying that the French frigate deployed near Syria's coastal areas has likely collaborated in the incident.

The Arabic-language website of RT quoted Russian military expert Mikhail Khodarenok as saying on Wednesday that the French frigate named Auvergne has intentionally or unintentionally played a role in the incident.

He noted that the French vessel fired cruise missiles at Syrian targets concurrent with the incident, and said that it further complicated the conditions in the airspace of Syria's Southern coasts and created more problems for the Syrian air defense system by its deployment in an improper place and time.

The Russian military said an Il-20 electronic intelligence plane was hit 35km off Syria's Mediterranean coast as it returned to its home base nearby. All 15 Russian crew members were killed.

Russian defense officials described maneuvers by Israeli fighter jets during the incident as "hostile" and said it had a right to retaliate.

"The Israeli pilots were using the Russian aircraft as a shield and pushed it into the line of fire of the Syrian defense," Igor Konashenkov, Russian defense ministry spokesperson, told state media.

A warning from Israel was received "less than one minute before the strike, which left no chance for taking the Russian plane to safety," added Konashenkov.

Meantime, Russian airspace control systems registered missile launches from a French frigate in the Mediterranean on Monday, the Russian Defense Ministry reported.

The French Navy’s newest frigate, FS 'Auvergne,' fired rockets at around 8pm GMT on Monday, the Russian military said.

“Airspace control has recorded rocket launches from the French frigate 'Auvergne,'” the ministry’s statement read. The 'Auvergne' is deployed in the Mediterranean Sea, off the coast of Syria.


posted by ZUKUNASHI at 22:35| Comment(0) | 国際・政治

ISISアルバクダーディががんで死亡? イランのミサイル攻撃を免れた?? イラクの情報は当てにならないが

FARSNEWS2018/9/19
Iraqi Source: Abu Bakr Al-Baghdadi Died of Cancer
TEHRAN (FNA)- ISIL terrorist group's ringleader Abu Bakr al-Baghdadi has died after suffering an advanced type of cancer, an Iraqi source said, adding that his successor will be declared soon.

The Arabic-language Baghdad News quoted a high-ranking security source as saying on Wednesday that Baghdadi was suffering from lung cancer and couldn't make a move in the past few months.

He noted that the ISIL will possibly declare the name of its new chief soon in a bid to boost the morale of the terrorists and then will confirm his death.

The source said that the ISIL commanders are now in rivalry to take al-Baghdadi's place.

In recent months, contradictory reports have surfaced the media on the fate of the ISIL ringleader.

Iraqi intelligence sources had claimed in August that al-Baghdadi had lost his brain functioning, adding that rifts are widening more than ever over his successor.

The Arabic-language Sumeriyeh news quoted the Iraqi sources as reporting that al-Baghdadi has lost his brain functioning due to the injuries he sustained in an Iraqi air raid on ISIL commanders' meeting in Syria in June, adding that Baghdadi cannot move.

It further said that Baghdadi's health condition which means his actual death has intensified unprecedented differences and rows among ISIL commanders over appointing his successor.

The news website further said that some of the non-Iraqi commanders of ISIL have picked up Abu Othman Tunisi as Baghdadi's successor, while Iraqi commanders of the terrorist group have voiced strong opposition to his election.

A report said in May that al-Baghdadi - still the world's most wanted man, with a $25 million bounty on his head - was believed to be very much at large, quite possibly in a desert area of Syria.

Multiple officials said Baghdadi was likely sheltering in a remaining ISIL bastion in the Euphrates River Valley on the Syrian side of the border with Iraq, Fox News reported.

“The last information we have is he is in Al-Hajin in Syria, 18 miles from the border in Deir Ezzur province,” Abu Ali al-Basri, director-general of the intelligence and counter-terrorism office at the Iraqi Ministry of Interior, told Fox News.

Al-Basri added that fresh information about Baghdadi's whereabouts came as recently as the last couple of days, and was being used conduct a “multi-force raid” with Russian, Syrian and Iranian troops.

Iraqi Defense Ministry Spokesman Brig. Gen. Yahya Rasool confirmed to Fox that al-Baghdadi was thought to be alive, and that he might be located in the border area East of the Euphrates River, possibly in the town of al-Shadaddah in al-Hasaka province in Northeastern Syria.

"It's not difficult for him to hide in the Syrian desert," the officer added.

Experts also stressed that Baghdadi might not have any contact with other ISIL members, and never remains in areas when the fighting or strikes become too intense.

The Iraqi air force stepped up its attacks against ISIL targets in Syria.

AMN2018/10/5
BEIRUT, LEBANON (2:50 P.M.) – Sometimes it pays to be late, which is especially the case for the Islamic State (ISIS) Abu Bakr Al-Baghdadi, as he allegedly escaped the Iranian attack on eastern Syria.

According to a report from Iraqi News, the Islamic State leader barely survived the Iranian attack this week after showing up late to the terrorist group’s meeting near the strategic city of Albukamal.
Find Out More >
67,329

Citing a Baghdad Today interview with Hashd Al-Sha’abi leader Jabar Al-Ma’amouri, the report claimed “the Iranian shelling against specific pockets of Islamic State, east of Euphrates in Syria, using missiles few days ago targeted an important meeting for the so-called Islamic State’s war council, to which Abu Bakr al-Baghdadi was on way.”

The terrorist leader “was about to get killed in the shelling but he survived as he was late few minutes for the meeting.”

They would add that ‘Ali Al-Mashadani, Baghdadi’s deputy, was killed during the attack; he was reportedly in line to be his successor.
posted by ZUKUNASHI at 21:08| Comment(0) | 国際・政治

ロシア軍はIl20の撃墜事件を深刻に受け止めている プーチンはネタニヤフ電話会談の内容を補足発表

ロシア軍にとってイリューシン20の撃墜事件は手痛い失策となったと管理人は見ています。兵士の個別の判断によるものではなく、組織的な手落ちがあったとみられます。イスラエルによる戦闘開始の通告が1分前だったためロシア側は対応する時間が取れなかったと言っているようです。しかし、イスラエルのジェット機は海上を飛んできており、ロシア軍はその動きを把握しています。イリューシン20は高度5千mから着陸すべく降下中だったとされています。

イスラエル機がミサイルを撃ち、シリア側が必死に迎撃する中でイリューシン20を着陸させるのは危険が多すぎます。結果論ですが、イスラエルの攻撃場所よりも離れた場所に移動するようなことはできなかったのかと素人は考えます。



事件のあった日に開催されたロシア軍の大会同とみられます。ショイグ、ゲラシモフら最高幹部が緊急に集まっています。



ここまでしなければ、国民の怒りを抑えられない。ロシア軍はよくやってきましたが、イスラエルの陥穽にはまってしまいました。プーチンは当初事件をプレイダウンしようとするかのような印象がありましたが、国民の間には極右政党もありますし、ユダヤ人もいます。ユダヤ人はロシア人から白い目で見られることを恐れるはずです。

クレムリンのプレスサービスがプーチン・ネタニヤフの間の電話会談の内容を補足して流しています。内容的に対イスラエルで厳しさを増しています。


2018年09月19日
ロシア・イスラエル関係はどうなるか

FARSNEWS2018/9/19
According to the Russian Defense Ministry, on September 17 at about 23:00 Moscow time (GMT + 3) contact was lost with the crew of a Russian Il-20 plane that was returning to the Hmeymim airbase above the Mediterranean Sea, 35 km off the Syrian coast. It specified that the Il-20 disappeared from the air traffic control radars during the attack of four Israeli F-16 planes on Syrian facilities in the Lattakia Governorate.

The Russian Defense Ministry later reported that the plane had been downed by the Syrian air defense systems. According to the defense ministry, the Israeli pilots used the IL-20 as a shield, putting it under the attack of the S-200 missile system. It was said that the Israeli flight control devices and the F-16 pilots "could not but see the Russian plane as it was coming in for a landing at an altitude of 5 km". That said, they intentionally carried out this provocation, Russian Defense Ministry Spokesman Major General Igor Konashenkov added, noting that Russia regarded Israel’s actions as hostile.

AMN2018/9/18
Russian MoD warns Israel of ‘response’ after Il-20 aircraft crash
BEIRUT, LEBANON (10:30 P.M.) – Russian Defence Minister Sergei Shoigu said he warned his Israeli counterpart Avigdor Lieberman that “actions” such as the downing of Russian aircraft over Syria will not be left unanswered, speaking in Moscow on Tuesday.

“Today we informed our Israeli colleagues, in particular I, informed Israeli defence minister [Avigdor Lieberman] that we would not leave such actions without a response,” Shoigu said.

Earlier on Tuesday the Russian Defence Ministry stated that a Russian Il-20 jet was downed by the Syrian Air Defence Forces after an Israeli F-16 used it as cover during its missile attack on Syrian targets. According to the Russian Defence Ministry, four Israeli F-16 fighter jets attacked Syrian targets near the Latakia city on Monday evening, after approaching them from the Mediterranean Sea.

In a statement, the Israeli Defence Forces denied responsibility for the downing of the plane: “Israel expresses sorrow for the death of the aircrew members of the Russian plane that was downed tonight due to Syrian anti-aircraft fire. Israel holds the Assad regime, whose military shot down the Russian plane, fully responsible for this incident.”

FARSNEWS2018/9/19
Russian President Stresses Israeli Air Forces’ Operations Violate Syria’s Sovereignty
TEHRAN (FNA)- The Israeli air forces’ operations in Syria are conducted in violation of that country’s sovereignty, Russian President Vladimir Putin said on Tuesday during a telephone conversation with Israeli Prime Minister Benjamin Netanyahu following Monday’s incident with a Russian plane that was downed in Syria, killing 15 servicemen.

"Putin pointed to the fact that such operation of the Israeli air forces are conducted in violation of Syria’s sovereignty. In this case, the Russian-Israeli agreements on incident prevention were not observed either. As a result, the Russian plane came under fire from Syrian air defense systems," the Kremlin press service noted, TASS reported.

According to the Kremlin press service, the Russian president "called on the Israeli side to avoid such situations".

The Israeli prime minister offered his condolences over the death of 15 Russian servicemen who were onboard the downed Ilyushin Il-20 plane.

"Benjamin Netanyahu promised to provide detailed information on the activities of the Israeli air forces over the Syrian territory on that day for the purposes of meticulous investigation of the tragedy, and the commander of the Israeli air force will bring it to Moscow shortly," the report said.

The conversation was initiated by the Israeli side.

The Russian defense ministry said earlier that a Russian Ilyushin Il-20 plane that was flying back to the airbase at Syria’s Hmeymim crashed over the Mediterranean Sea late on Monday. According to the defense ministry, four Israeli F-16 fighter jet were delivering airstrikes on Syrian targets in the Latakia governorate at the moment. The ministry said the Russian Il-20 was shot down by Syria’s air defense over the Mediterranean Sea because Israel’s F-16 fighter jets used it as a cover, since the Israeli command centers and the F-16s’ pilots could not but see the Russian plane, which was approaching the runway from an altitude of five kilometers. Fifteen Russian crew members died.


posted by ZUKUNASHI at 20:13| Comment(0) | 国際・政治

木木と知り合う ユーカリ

ユーカリは豪州原産、コアラの食べ物として広く知られている。日本にコアラが来る前に夢の島にユーカリが植えられて、これをコアラが食べるのかと思ったが、別に畑で栽培したものを与えていたようだ。

コアラは特定の種類の新芽しか食べないらしい。次は、葛西臨海公園で。



ユーカリは種類が多く、基本的なところで500種、変種を含めるとさらに増えるらしい。園芸種もあって、庭に植えられていることもある。

ユーカリの葉はさまざまだが、葉先を少し取って匂いをかげば確実に判別できる。



大きなユーカリは上のような葉が多く、庭園樹には下のような葉もある。



ユーカリは、根を地中深く伸ばすという。アルカリ性の土壌を酸性に変える力もあって、砂漠の緑化にも使われる。

ユーカリは、1月頃に花をつける。下は、2011/2/12の撮影でちょうど花が終わったところ。



花が一つだけ残っていた。高いところにあって、こっちを向いてくれない。



こんな花のユーカリもある。


名前が分からないが、そんなに大きくならない種類なのだろうか。



成長すると、50mにもなるものもあるというし、山火事の後に種が発芽するものもあるなど、特徴の多い木だが、公園にはあまり植えられていない。別に他の木に悪さをすることはないのに、なぜだろう。

京成線のユーカリが丘は、駅前にユーカリの木が数本あるだけで、別に街のあちこちにユーカリが植えられているわけではない。土壌が合わなかったのだという。だが、街路樹のクスノキが大きく育って美しい。
posted by ZUKUNASHI at 11:21| Comment(0) | 木々と知り合う

ロシア・イスラエル関係はどうなるか

大変興味深い記事です。イドリブ決戦のけん制について米国が前面に出ていましたが、イスラエルは直接行動に出ました。やはりイドリブのハードラインテロリストのスポンサーはイスラエルです。

RT2018/9/18
Will Russia-Israel ties suffer after downing of Il-20 military plane off Syrian coast?
Moscow and Tel Aviv have long enjoyed fairly good ties despite the turmoil in the Middle East but these relations are at risk as Russia blames Israel for the downing of its warplane off the Syrian coast and the death of its crew.

Although the plane was technically shot down by a Syrian missile, Russia made it clear who it blames for the tragedy, saying that Israeli pilots used the Russian Il-20 as cover.

The Middle East is historically a place of bitter rivalries. Tensions soared after the Arab Spring brought more havoc to an already-complex region, riddled with competing interests and the clashing ambitions of various actors, large and small. Nevertheless, Russia and Israel had always managed to maintain good relations.

This year alone President Vladimir Putin met Israeli Prime Minister Benjamin Netanyahu three times, and on each occasion the media got few details from closed-door discussions. Through delicate, behind-the-scenes diplomacy Moscow maintained close, working relations with Israel. The fact that Israel is one of the closest allies of the US was never an issue for Moscow. Russia itself kept developing ties with Turkey and Iran, Israel’s arch-nemesis, while managing to address Israel’s concerns.

For Russia, Israel is not only an important, geopolitical partner with presumed nuclear capabilities, situated in the heart of the world’s most turbulent region, it’s also home to about 1.3 million people born in post-Soviet countries. This large diaspora plays a significant role for Russia when it tailors its approach to Tel Aviv.
ダイアスポラは、イスラエルの外に住むユダヤ人。旧ソ連諸国生まれの130万人のユダヤ人がおり、これらの者はロシアがテルアビブへのアプローチを調整する際に重要な役割を持つ。

Even the war in Syria, where Israel – in the hope of curbing Iranian influence – supported and armed controversial anti-government militants, didn’t result in a serious crisis in relations with Russia.

Over the course of the conflict, the IDF had conducted numerous airstrikes against targets in Syria and even launched missiles at Syrian jets. Each attack was strongly condemned by both Syria and Russia who had been pointing out that any military incursion into the country without government and UN approval is illegal. Moscow’s lack of a more robust reaction was part of a ‘gentlemen’s agreement’ with Israel, said Gevorg Mirzayan, an expert with the think-tank ‘Russian council for international affairs.’ ロシアとイスラエルの間の紳士協定

But the raid on Latakia and the collateral damage in the form of a downed Russian military plane can inflict grave damage on relations between Israel and Russia. Moscow may perceive it as a violation of this agreement or even a premeditated demonstration that Russia’s help to rebuild Syrian air defenses poses a threat to Russia itself, the expert told RT. “Israel takes a serious risk here, because it needs this gentlemen’s agreement more than we do, especially now that the war winds down.”

Israel stands firmly against any strengthening of Turkish and Iranian grips over the region, so its recent actions may be an attempt to remind everyone that the Syrian crisis has other stakeholders involved. Just the day before the tragic incident with the Russia plane, Putin and his Turkish counterpart Recep Tayyip Erdogan reached a settlement on the situation around Idlib, the last militant stronghold beyond the control of the Syrian government.

Russia possesses plenty of direct and indirect ways to hurt Israeli interests, if it chooses to pursue such options, says Sergey Balmasov from the Institute of the Middle East. After the incident Moscow will “almost certainly” finalize the delivery of the S-300 anti-aircraft system, which it sold to the Syrian side earlier. It may go as far as to provide Russian troops to man those systems, the expert suggested: “Russia’s decisions will affect how comfortable the Israeli Air Force would be in Syrian airspace.”
ロシアは、イスラエルの反対でS300のシリアへの引き渡しを延期していました。

Other options range from covertly supplying Russian arms to parties that Israel sees as its enemies, like Iran or Lebanon’s Hezbollah, threatening to shoot down any Israeli plane approaching Syrian airspace or even attacking military targets in Israel proper, the experts suggested. Of course, such an escalation would benefit neither Israel nor Russia, and the ball is now in Israel’s court to prevent it.

The two sides are probably discussing the incident unofficially at this stage. But how much of any explanations or apologies Israel may offer to Russia would go public is a different matter altogether. The fact that Russia went public with its accusations so quickly “shows how much Russia is outraged with the irresponsible actions” of the Israelis, told RT Nikolay Surkov from the Institute of World Economy and International Relations.
ロシアは半日強でイスラエル非難の公式声明を出し、イスラエル大使を外務省に呼び、国防大臣ショイグとプーチンがイスラエルのカウンターパートに電話しています。

Mirzayan said Israeli Prime Minister Benjamin Netanyahu could stop the situation from festering by publicly acknowledging a mistake and offering compensation. If Israel “keeps silence, disclaims responsibility for this or blames the Syrians, the consequences may be grave for Israel,” he said. So far the IDF said the responsibility for the “regrettable” loss of the Il-20 is not theirs, but Syria’s, Iran’s and Hezbollah’s.

イスラエルは、プーチンとの電話で弔意を示したとされますが、責任はシリアにあるとも主張しています。プーチンは偶然の連鎖の結果だとダウンプレイしていますが、乗員15人が死亡しており、ロシア国内世論はそれでは収まらないはずです。

ロシア国内にはユダヤ人も多く、プーチンは大変難しい状況に置かれています。
posted by ZUKUNASHI at 11:13| Comment(0) | 国際・政治

年配者へ電子メール使用の勧め 実践編

前回年配者へ電子メール使用の勧めでは、メモ帳を開いてキーボードからどんどん入力してみましょうと書きましたが、キーボードの使い方がわからない方もおられるでしょう。ネット上にはいろいろ便利な解説サイトがあります。キーボード入力では、次のサイトは参考になるでしょう。

https://www.sony.jp/support/vaio/beginner/school/typing/01.html

さて、あなたは今やキーボートからの文字入力ができるようになりました。(そう仮定しないと先に進みません!)

なんら目的もなく文章を書くのもつまらないものです。では、どこかのサイトにコメントを書き込むことにして、その文章を作ってみましょう。

以下は、コメントの原案を書き終えてからお読みください。

ネット上に自分の文章を掲載、発表するときは心しておくべきことがあります。

私的な自由に書かれた文章はあなた自身を裸で世の中に晒します。そういう無様なことにならないようにするためのノウハウが、手紙の書き方などとして伝えられてきました。そういうパターンに従って書けば、着物を着ているのと同じであなたの本質は見えません。

ですが、日常的に書くことになる電子メールは、極力簡潔に書くことが必要ですから、そういうパターンに当てはまらないのです。コメントについても書き方の指南書などはありません。(弾劾請求では書き方の説明付きだったようですが、これはえらく高いものにつきました。)

そういう形式自由、フリースタイルのコメントなどは内容、表現などが多様で人柄が浮かび上がるものが多いのです。自由に書くことができるゆえに、形式は整っていなくても、逆に感動を呼ぶ文章というものはあります。

次の投稿は、ご自分の反省を踏まえて他者への配慮が強く示されている点で大変好感の持てる素朴、率直な内容になっています。このような文章のメールをもらった方は、うれしく思うでしょう。

2017年07月03日
静かに綴られたIさんの思い ぜひお読みください

上の例はある程度年配の方でしょう。一方、若い方の中には、まだ文章を書きなれていない方も多いです。

「もういい加減、日本人女性叩きを辞めにして貰いたいのですが! 日本の女性を叩きたいという心理が見え隠れする記事を見ると、腹が立ちます。」

こういう内容は、まさにケンカを売っていることにほかなりません。同じ趣旨のことを伝えるにも書きようはいろいろあります。このようなメールをもらった人は、メールの発信者を忌避するようになります。

メールをもらった人がどんな印象を受けているかは、発信者にはわからないことが多いです。少なくともあまり強い言葉を使わないことで相手に不快な印象を与えることは回避できます。(汚い言葉、強い言葉を使うのは男性よりも女性に多いです。) 婉曲に慇懃無礼なものも不快極まりないものですが。

次は、最近読者から寄せられたコメントですが、形式は管理人に対する便りの形をとっています。

ずくなしさま(1)
今晩は(2) あっという間のスマホ使いこなしのスピードに恐れ入ります。(3)
以前、「市民のためのがん治療の会」の紹介をさせて頂きました。
今日は9/8に福島県いわき市で行われた
 北海道がんセンター名誉院長・西尾正道氏講演会「〜被ばく後のあしたを見つめる〜長寿命放射性元素体内取込み症候群とトリチウムの危険性について」いわき放射能市民測定室たらちねの主催。
のご紹介です。IWJさんの中継録画です。質問終了間際に出生率の低下もお話されています。ご多忙とは存じますが良かったらご覧ください。今週中なら会員でなくても無料で視聴が出来ると思います。
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/431058  (4)
夏のお疲れが出ませんようにご自愛下さい。(5)
たぐちゃん拝(6)

たぐちゃんさんは、おそらく熟年世代でしょう。社会経験も積んだ世代の方が書くメールとしては標準的、典型的なものではないかと思います。

(1) は相手に対する呼びかけの言葉です。(2)は挨拶。
私なら「 XYZさん こんにちは」 とか 「XYZさん こんばんは」になります。親しい人は別として、一般的には「様」が無難です。私もブログと関係ないところではすべて「様」を使っています。

(3)は相手の動向に言及し、あなたのことを気にかけていますよ、との気持ちを伝える部分です。「最近元気がないと○○さんから伺い心配していました」などと書く場合も多いでしょう。この部分で私の気持ちは「えへへ、楽しんでもらえましたか」です。

(4)は本題です。簡潔に要領よく書かれています。
(5)は、再び相手に対する配慮に言及しています。相手はありがたく感じます。
(6)は、署名代わりの名前の記載です。ここで「拝」とありますが、これはメールでも使うことがありますが、かなり丁寧な表現になります。メール全体に丁寧さや配慮がないのに最後だけ「拝」をつけるのは、バランスを欠きいかにもとってつけた感じがしますから使い方は難しいです。

次は9/18、ツイッターで見かけたメールの画像です。転記するのが面倒で画像にしてアップしたのでしょう。

このメールは親しい間柄で交わされたものです。簡単な挨拶に続いて用件、相手に伝えたい情報が書かれています。文字にはなっていませんが、気を付けましょうという気持ちが伝わってきます。メールは至急伝えたい用件や情報を扱うのに向いています。この情報をハガキや封書で伝えたとしたらその手間に感謝しても情報の鮮度はガタ落ちです。

電話をかけるほどではないが、できるだけ早く知らせておきたいという情報を流すにはメールは便利なのです。

前回例をあげた安否確認や訃報の連絡などはその最たるものです。訃報関連では、通夜や葬儀の場所時間を知らせるのにも手間がかかりませんし、10人でも15人でも容易に知らせることができます。地図も添付できる。

特に親戚関係や知り合いの中で中核的な役割を果たす人は、電子メールを使わないとこれからは期待通りの役割を果たせないでしょう。子供に頼む? いつまで子供がそばにいてくれると思っているんですか?

メールを書くようになったら、教養のある方たちがどんな日本語を使っているか、日ごろから親しんでおきましょう。ツイッターが便利です。

エリック ・C @x__ok 氏や桑ちゃん @namiekuwabara氏のツイートはそれほど強い言葉が出てきませんが、主張や考えははっきり伝わる日本語です。

最後に少し書きにくいことを書いておきます。

ネットであちこちのサイトを訪れ、いろいろ情報を得て自分の意見をお持ちの方は、その地域に限って見れば世の中のことをよく知っており、見識も高いという点で抜きん出た存在でしょう。

仮にその方がブログを運営したり、ツイッターで発信したりすれば、その地域ではアクセスやフォロワーの数で上位に入るかもしれません。

しかし、地域の範囲を広げれば、アクセスやフォロワーの数で同程度の方は10倍、100倍、千倍と増えていきますから相対的な位置は低下します。

扱うテーマや分野によりますが、全国区で上位に付くのは難しいのです。もちろん、地方にお住まいでもその情報発信で全国に名の知られた方は少なくありません。

前にも書きましたが、福島第一原発事故後間もないころにこのブログに地方にお住いの方から寄せられたコメントには、エゴむき出し、誹謗、狭量なものが少なくありませんでした。

今でも、ときに僻みやひねくれた気持ちが強いコメントが寄せられることもありますし、表面的な繕いのコメントも見られます。残念なことにそういう例は地方にお住まい方が発していることが多いと感じています。

このネットの時代では東京に住もうと僻地に住もうと情報格差はほとんどありません。いろいろな専門的知識も入手できます。「どうせ自分は学がないから」という卑下は通用しないのです。子供の頃不登校で成人してから活発に情報を発信している人も一杯います。

情報を収集しようにも時間がないということはあるかもしれません。でも、それは都会の人も同じです。情報発信も試行錯誤が、経験、習熟が必要なのです。それによって全国区で通用する情報発信が可能になると考えています。

電子メールの活用が、そういう視野の広さにつながっていくことは、確実ではないでしょうか。
posted by ZUKUNASHI at 09:54| Comment(8) | デジタル・インターネット

年配者へ電子メール使用の勧め

さて、だいぶ遠回りしましたが、年配者に電子メール使用の勧めを書きます。

1 なぜ電子メールがよいか
(1)東日本大震災の際、私の子供は海外にいました。珍しく気になったと見え、私に電話をしたそうですが、まったくつながらず。
電子メールを送ったら数分で私から返事が届き驚いたそうです。(とても安心したとは言っていなかった)

電話での安否確認は、最低でも会話に数分かかりますからその間回線が占有されます。(音声をデータ化して送っているようですがそれでも限度があります)

安否確認のメールは数行でしょうからそれを送るのは瞬時です。

国内の安否確認でも同じで電話は通じなかったものの、メールは送れたケースが多かったはずです。

(2)メールは、相手が都合がよいときに読むことができます。そして都合の良いときに返事を書きます。くどい年寄りの長電話に付き合わせて迷惑をかけることがありません。

2 電子メールは2種あります。
(1)ショートメールSMSと(2)電子メール MMSの2種があります。
(1)ショートメールは、SMSとも呼ばれ、ガラケーでも使えます。 Short Message Serviceの略です。電話番号を宛先にしてメッセージをやり取りします。世界共通の規格のようです。相手の電話番号を知っていれば文章を送れます。

送れる文字数は、全角(ひらがながこれです)最大70文字の場合が多く、新しい機種では最大670文字送れるものもあるようです。

(2)電子メール MMSは、インターネットのプロバイダーなどが割り当てるメールアドレスを使用するもので、一般に電子メールといえばこちらを指します。
***@*****.sakura.ne.jp のような形で表示されます。途中に@マーク(アットマーク)が入ります。

ツイッターでも@マークが使われます。zukkiini@zukkuari これはツイッターアカウントの例です。電子メールは、最後に「 .ne.jp 」とか 「.co.jp」 とかの文字が入りますので識別できます。

3 ガラケーをお持ちの方は、特別の契約がなくてもショートメールができます。スマホでも音声通話ができれば、ショートメールができます。家族あて、知人あてにぜひやってみてください。

ガラケーから
https://www.nttdocomo.co.jp/service/sms/usage/index.html
スマホから(音声通話のできるものまたはSMSの契約があるものに限られます)
http://nttdocomo.support-menu.jp/answer/CQ001053000.html

4 ガラケー、スマホは文字入力が大変
ショートメールをやっていただいたら、私がアイフォン購入後に文字入力が大変だと嘆いていた意味がご理解いただけるでしょう。

文字が小さいのも年配者には、不便ですし、苦痛です。

5 パソコンで電子メールがやはり楽
(1)文字入力の面を考えれば、ガラケー、スマホと違いキーボードが使えるパソコンの優位性ははっきりしています。

(2)これは慣れてからの挑戦事項ですが、電子メールは画像やファイルが送れます。これは私のようにリアルタイム測定システムの管理・助言をしたりするものにとっては不可欠なものなのです。接続方法や設定方法を説明するのに写真画像を送れますし、設定用のファイルも送れます。画像そのものを送らなくてもどこかのサイトに画像をいくつかアップしておいて、それを参照してもらうこともできます。リンクをクリックすればブラウザが開いてそのページが現れます。

(3)送られたメールを読むのもパソコンのほうが楽です。文字を大きくして読むことができます。

(4)年配者にはあまり必要がないかもしれませんが、電子メールですと相手の主張、照会、質問が何点か含まれている場合、それぞれについて一部を引用して回答を書くことがあります。このような複雑、込み入った返信の作成は電子メールでないとまず無理でしょう。

(5)電子メールですと、他の方にそのメールを転送することも容易です。

(6)電子メールでは、同時速報システムが使えます。電話の音声で緊急連絡をする場合、大変時間がかかります。一人1分では無理で2分かかるとすれば10人目の最後の方は20分以上後になります。電子メールですと簡易な同報システムを使っても100人程度なら2、3分で送れます。

今後も原発の過酷事故がありうるとお考えであれば、知り合いが音声電話で教えてくれると期待するよりも、電子メールを使って情報を共有しているグループに参加するのが一番情報が早いのです。

6 パソコンで電子メールを読み書きするのは面倒か
(1)もしあなたがキーボードでの文字入力に慣れていなければ、それに慣れることがまず必要です。これは後で別途取り上げます。

(2)ある程度キーボードを使って文字を入力することができるのであれば、そしてマウスを操作できるのであれば、電子メールの読み書きは難しくありません。

7 電子メールをパソコンで扱う方法は二通りある
電子メールをもっぱら読むことから始めましょう。

友人家族からのメールを受け取り、読む方法は二通りあります。
(1)ブラウザメール
 ブラウザ(インターネットエクスプローラーなど)でメール閲覧の画面を開いてメールを読む方法です。この方法を導入するところが増えています。

次はさくらインターネットが発行したメールアドレスをブラウザで読む画面です。指定されたサイトを開き、ログイン(IDとパスワードを入れて内部に入ること)するとこの画面が現れます。



これは私のメールアドレスをブラウザで開いたところです。200MBとあるのは、メールサーバーの容量でここまでメールを貯められます。この画面は設定直後に開いたものでまだメールが届いていません。

※ ブラウザーメールの画面で、受信メールを削除してごみ箱に入れ、そしてごみ箱を空にするとメールアドレスを管理する会社のメールサーバーからメールが削除されます。このため削除は慎重にしなければなりませんが、メールサーバーの容量に限度があり容量いっぱいになると、メールが受信できなくなりますから、時々掃除が必要です。その際にはこちらを使います。

(2)メーラーの使用
メーラーというのは、メールの送受信、管理を行うソフトです。Windowsの中には標準で組み込まれているものがありますが、私にはとても使いにくい。私のお勧めは、サンダーバードです。

ここからダウンロードします。
https://www.thunderbird.net/ja/

次がサンダーバードを起動したときの画面です。私のサンダーバードは受信トレイが6個縦に並んでいます。メーラーのメリットは複数のメールアドレスを一元的に管理できるところです。



1件のメールアドレスを使うだけならブラウザで読み書きしたほうが簡単かもしれません。ただし、そのメールアドレスの提供業者がブラウザで読めるようにしている場合に限られます。Gmailはブラウザで読み書きできますので、そこをメリットと感じた人も多いはずです。

あなたがお持ちのメールアドレスをブラウザメールとして使える場合、まずはブラウザで開けて見るのがよいでしょう。ただ、すべてがブラウザで開けて見れるわけではありませんので、やはりメーラーの使用が基本です。

メーラーを使う場合、上のダウンロード先からダウンロードしてインストールします。やり方が次のページに説明されています。

https://support.mozilla.org/ja/kb/how-download-and-install-firefox-windows

次の画像はサンダーバードにメールアカウント、メールアドレスを覚えさせているところです。昔に比べてずいぶんと簡単になりました。


次はさくらインターネットが利用者のためにメールアドレスの設定方法を説明している画像です。


メールアドレスの入力で平仮名や漢字を使うのは止めましょう。上の画像で名前は全角文字でも良い、つまり漢字でも良いと書いてありますが、海外の人に送った場合漢字はまず正しくは表示されません。すべてアルファベットを使いましょう。山田太郎ならT.YamadaまたはTaro.Yamada とします。

名前のところに漢字の名前を書いていると、例えばブログシステムによっては異常が生じ、表示されないはずのメールアドレスが表示されたりします。

8 パソコンに向かったらメーラーを立ち上げてみる
すべての人が毎日パソコンに向かっているとは限りませんが、電子メールを使い始めたら、少なくとも一日一回はメーラーを立ち上げて(あるいはブラウザメールを開けて)新着メールがあるか確認しましょう。

率直に言うと、知人友人からのメールはほとんど来ないでしょう。そのため、いつしかメーラーを立ち上げることもなくなり、重要なメールが来ていることに気づかなかったりします。

電子メールを使い始めたら、どこかのメール送信サービスを使ってみましょう。ホワイトフードの週1回では少なすぎ、RT NEWSLETTERは毎日1回です。メディア企業はこのようなサービスが多いのですが、シカゴトリビューンとか東洋経済とか、断っても送り付けてくるところもありますから、注意が必要です。このような定期配信のメールサービスを使うことにより、インターネット、パソコンなどの健全性(故障しておらずちゃんと動いていること)を確認することができます。

9 届いたメールに返信する
電子メールを受け取り、読めるようになったら、次に返信を書いてみましょう。
知人から届いたメールを開け、そこに表示される「返信」ボタンを押すと届いたメールの文章を残したまま、返信用のスペースが開きますので、そこに返信の文章を書き込みます。

「メールありがとう。まだ慣れていなくて四苦八苦だけれどなんとか使えそう。暇なときにまたメール送ってくれるとありがたいです。山田太郎」

などと書きます。そして「送信」ボタンを押すとメールが送信されて、「送信済み」のフォルダーにそのメールが記録されます。

2018/9/21、届いたメールに返信を書きかけて余計に引用した部分を削除しようしてdeleteボタンを押したら、なぜかメールが消えてしまいました。あちこち探しますが見つかりません。「メール消えたのでもう一度送って!」と頼めばよいのですが、こんな記事を書いている手前、プライドが許しません。

メーラーから消えたのです。つまりメールサーバーからダウンロードしたものが消えたわけですからメールサーバーにはまだ残っています。

それではとブラウザーメールのほうからメールサーバーにアクセスし、目指すメールを見つけ、全文コピー。メーラーに戻って新規メールを開き、そこにまるごと貼り付け。そして、一番上に返信の文章を書いて何食わぬ顔で送信しました。ついでにメールサーバーのメールの一部を消して空き容量を増やしました。

あなたのメールやりとりのマナーが悪いとメールが来なくなります。
次のような場合です。

a メールを送っても何日も知らんぷり。(メールを確認していないか意図的に返事を怠っているかを問いません)
b 返信を求められているのに返信しない。
c 頼みごとの場合だけメールを送り付けてくる。
d メールの内容が愚痴や悪口ばかり。
e 自慢や虚飾だけのメール
f 教養の豊かさを抑えきれず読解に苦労するメール

個人の間の電子メールは、人柄を如実に反映します。ツイッターに書き込むのと同じです。わがままな自分本位な老人にならないために、電子メールは矯正の手段でもあるのです。(ちなみに矯正の必要度の高い私は、知人からはメールが来ません。アイフォン買ってもテストのためとみられるショートメールが数通届いているだけです)

10 電子メールを書いて送る
自分のほうから電子メールを書いて送る場合は、メーラーの「新規」ボタンを押して、メール書き込みの画面を開けそこに文章を書きます。儀礼的な時候のあいさつなどは手短に。誰も読みません。

用件を書いて、最後に自分の名前を書くのが一般的です。私の場合は書き始めは「こんにちは」です。初めての送付先には、その次に自己紹介を加えます。

本文を先に書くのが良いかもしれません。宛先が入力されていなければ、間違って送信ボタンを押しても送られません。

本文を書いた後に宛先を入力します。アルファベットですから日本語かな入力の方は面倒に思うかもしれませんが、メールアドレスをコピーして貼り付けることもできます。

日本語かな入力を使っていても、そのままアルファベットを探してキーを叩きF9ボタンとF8ボタンを押せば半角英数字になります。

「いやみなずくなし」とキーを叩いて F9ボタンを押すと
「e7nur@hud」 続いてF8ボタンを押すと
「e7nur@hud」 となります。

さらに「.とちのなすち.みい.ませ」と押してF9ボタン続いてF8ボタンを押すと
「.sakura.ne.jp」となりますからこれでメールアドレスe7nur@hud.sakura.ne.jp が入力できました。この例は架空です。

宛先を入力したら最後に全体をチェックします。宛先の下にccとかbccと書かれている欄がありますが、ここはコピーの送り先です。宛先に入力したメールアドレスのほかにこの欄にもメールアドレスが記入されていればそこにも同じ文面のメールが送られます。

ここで件名が入っていないことに気づいたら件名を入れましょう。なくても送信できますが、一般にはどんな用件であるかがわかるように、短い題名を付けます。「訃報 神奈川のおじさん」などとすれば急ぎの案件であることが一目でわかります。

この場合、本文には5W1Hを書きます。こんな感じです。

「急ぎお知らせします。
2018/9/10、神奈川の**おじさんがゴルフ中に心筋梗塞で急逝。
通夜、葬儀の時間・場所は追ってお知らせします。
どちらかに参列してください。」

このようなメールを送ると送り先から、例えば香典の額などの相談があるでしょう。メール送信後は、パソコンをつけておいて受信メールに迅速に対応できるようにします。

11 キーボード入力に慣れる
キーボード入力に慣れていない方は、練習してください。キーボードを見ないでバチバチと打っているブラインドタッチはカッコ良いですが、そんなに熟達する必要はありません。キーボードをにらみながらポツンポツンと打ち込むだけで充分です。

若い方にはアルファベット入力を勧めますが、まあ年配者はひらがな入力でもよいでしょう。お好きなほうで!

Windows10ですと、アプリケーション一覧からWindowsアクセサリーを開き、その中のメモ帳をクリックします。メモ帳の画面が開きますから、そこに好きなようにキーボードから打ち込んでください。

キーボードを力任せに叩きつけるようなことをしない限り、壊れません。このメモ帳の画面の中にカーソルを置いてキーボードのあちこちを触ってパソコンの画面表示が変わってしまうことがありますが、修復可能です。

終わったら保存しないで終了します。保存するときは、適宜名前を付けます。renshuu20180916とでもしておけばすぐに見つかります。renshuu2018/09/16 という表記は使えません。/の記号は別に重要な意味を持ちます。

12 年配者は安いパソコンで充分
パソコンをお持ちでない方は、パソコンを調達する必要があります。インターネットであちこちのサイトを見て、電子メールをする程度なら、はっきり申し上げてドンキのパソコンでも、1万円のスティックパソコンとやはり1万円程度のモニター、ディスプレーの組み合わせで充分です。

Windowsソフトの更新で少し手間がかかりますが、これは基本的にパソコンが自動でやります。年配者で10万円もするパソコンセットを購入している人もいますが、宝の持ち腐れ。見栄と無駄使い以外のなにものでもありません。

私は見栄を張る余地もないので5万円のパソコンに1万円強のモニターを使っています。これでデータベースソフトも動かしています。1日14時間は使っています。

安いパソコンなら壊れても懐の痛みは少ないです。

13 インターネット回線をどう確保するか
12のハードの調達とこのインターネット回線の確保に関する情報は、この記事の独壇場でしょう。それだけ時間をかけて物を使って調べました。

一日短時間インターネットのサイトを見て、電子メールをする程度なら、固定インターネット回線がなくてもモバイルルーターとゼロsimmの組み合わせで安上がりなインターネットアクセスを確保することが可能です。

モバイルルーターのハード機器が5千円程度からありますし、ゼロsimmならデータ通信は500MBまで料金がかかりません。その容量を超えると追加料金が必要になったりしますが、そこは管理のしどろ。容量が限界に近付いたら、重要でないサイトは見ないことです。

はい、このブログのことを言っています。

以上でとりあえず終わりにします。私の誤解に基づくものもありましょうし、こうすればもっと良い、便利だということもありましょう。どうぞご教示ください。
posted by ZUKUNASHI at 09:24| Comment(0) | デジタル・インターネット

本当のことを言う人は何事につけてもそうなる

英国のクリスバズビーが一時警察に拘束されたそうです。あー、やはりね、と思い詳しく読みませんでした。自宅の調査施設のある小屋(?)にあった何かの薬品が危険物質と疑われたような話もあったようです。

※ 大沼安史 @BOOgandhi氏の2018/9/18のツイート
反原発科学者、バズビー博士(73歳) 警察に19時間、拘束され、放免。近隣の住民が、同居の若い女性の「行動が変だ」と通報 https://www.bbc.com/news/uk-england-devon-45516797

BBC2018/9/13
Bideford radiation expert held over home chemicals

近隣の住民が同居の若い女性の「行動が変だ」と通報して家宅捜索、居住者19時間拘束ですから、嫌がらせですよね。

そう思って記事に取り上げなかったら、デスラーさんのコメントでスクリパル事件について発言していたことを知りました。

※ 大沼安史 @BOOgandhi氏の2018/9/13のツイート
反核科学者として名高い、英国のクリス・バズビー博士が自宅で逮捕 / ロシアの元スパイ父娘に対する神経ガス攻撃は、プーチンによるものではなく、英国、あるいは米国の仕業と主張 https://www.dailymail.co.uk/news/article-6163967/Home-British-nuclear-expert-appears-Russia-Today-raided-police.html

スクリパル事件では、もう消されているはずと英国のメディアが報じていた被疑者がテレビに出て容疑を否認したことで英国当局はコーナーに追い詰められているのに、そこにリングの外からもう負けだよという声が出ては、英国当局が何がなんでも黙らせようとするのは当然ですよね。

DailyMail 12:27 13 Sep 2018
Home of British nuclear expert who appears on Russia Today is raided by police - as several officers are taken ill with suspected chemical poisoning
消防車に爆発物処理車まで出動。暗くなるまで。おーっ、なんとものものしい。

バスビーは、バルト3国のどこかに移住したのかと思っていましたが、英国に帰っていたのですね。

同居の若い女性! 彼は私とそんなに歳が違わないはず。英国の男性には元気な人もいますね。ギャロウェイは若い奥さんとの間で二人も子供を作りました。

検索していて見つけた資料
哲野イサクの地方見聞録
第11章 被ばくに伴うガンのリスク、第2部:最近の証拠
http://www.inaco.co.jp/isaac/shiryo/pdf/ecrr2010_chap11.pdf
posted by ZUKUNASHI at 09:07| Comment(2) | 福島原発事故

今の日本は 首相が暴力団を使う国

※ 世に倦む日日 @yoniumuhibi氏の2018/7/11のツイート
災害に遭ったら弱者から死んで行けというのが、安倍晋三の姿勢と方針だ。絶対に救助しない。自衛隊を動かさない。徹底している。安倍晋三が首相(最高司令官)に就任以降、自衛隊による災害時人命救助はお手柄成果が絶えてなくなった。山梨豪雪(天ぷら)も、広島豪雨(別荘ゴルフ)も、御嶽山噴火も。

※ tsuyoshi_man @tsuyoshi_man氏の2018/7/13のツイート
返信先: @MFAsgさん、@leehsienloongさん、@AbeShinzoさん
翻訳機能を要活用。アメリカのCSISやCFRなどの外国資本のために働く安倍晋三は、西日本で豪雨被害が起きても宴会を開いたり、一日中私邸に篭ったり、総じて日本人を死地に追いやっても何ら罪悪感を感じないサイコパスです。このサイコパスを盲信しない方がよい。それだけははっきりと申し上げておく。
注:精神病質(せいしんびょうしつ、英: psychopathy、サイコパシー)とは、反社会的人格の一種を意味する心理学用語であり、主に異常心理学や生物学的精神医学などの分野で使われている。 その精神病質者をサイコパス(英: psychopath)と呼ぶ。Wikipedia

※ asuka @asuka_SGP氏の2018/7/12のツイート
日本国民の人達は良く覚えておいた方が良いです。
大雨で大災害が発生して、すぐに台湾やシンガポールなど各国は安倍晋三に対して、すぐに支援できる準備があると連絡したのに、安倍晋三は被災地の支援に参加させなかった。
安倍晋三は72時間の意味も知らないのです。

※ umekichi @umekichkun氏の2018/7/12のツイート
酷すぎる。
望月記者「西日本豪雨。7日の時点で待機中の自衛隊員が21000人いたが、活動していた隊員は700名。初動の対応に問題があったのでは?」
ポンコツの菅義偉「全くない。指摘はあたらない」
開いた口が塞がらない。
国民を助ける気などまるでない。
クズを通り越して、腐れ外道以下だな、菅。







※ あるぽぽ @whiokamirepoo氏の2018/7/18のツイート
もし、国の最高権力者が闇の組織と持ちつ持たれつの関係で繋がっているとしたら、もうこの国に正義などありません。反対勢力を手段を選ばず力づくで潰しにかかるでしょう。だから、あんな平気な顔をして、嘘もつくし強引に法案も通してしまう。なんて恐ろしい国になってしまったのでしょう。

em-mama ღ˘◡˘ღ.。oO光るハート @emmamab0t氏の2018/7/19のツイート
安倍さんから選挙妨害を500万円で依頼されて、きちんと選挙妨害したのに、安倍さんから300万円しか払ってもらえなかったのですから、火炎瓶を投げた方のほうが筋が通ってるわღ˘ε˘ღ.。oO光るハート

※ 桑ちゃん @namiekuwabara氏の2018/7/18のツイート
安倍総理馬鹿というよりよりによって例の建設会社JVが入札した時点でアウトでしょう。過去の仕事ぶり見たら判断できる。橋の落下、道路陥没、豊洲問題全てに絡んでる。その会社の顧問が東京電力の会長も勤めた事もある。不思議でたまらない。私が新宿支店長していた時代貸付ブラックにしていた会社だ。

※ Kayoko(改憲より社会の立て直し)‏ @083melody氏の2018/7/18のツイート
初動が66時間遅れて国民が水害で200人死んでも「最初から万全な対策だった」と言い張る首相がいて、海外の軍事パレードに出たあと王妃の長椅子で横たわって写真を撮る大臣がいて、40度のアスファルトの上に「暑さ対策で打ち水しよう」と話し合うおじさんの集まりがある日本。いや、もうバカでしょ?

※ きづのぶお @jucnag氏の2018/7/18のツイート
ヤクザに選挙妨害やらせて、その報酬を払わなかったから自宅に火炎瓶を投げ込まれたのか。そんなヤツなら、警察に逮捕状を握りつぶさせたり、街宣右翼やカルト宗教も平気で利用するだろうな。違和感ないわー。
『暴力団と繋がる人物に選挙妨害を発注する人間が総理なのか』

※ tomy dona @sibakendona氏の6:41 - 2018年7月22日のツイート
安倍首相は愛国者を自認しています、しかし
@米軍に治外法権を与え、沖縄では日本人を弾圧
A中国にGDPを抜かれても平気な顔
B北朝鮮に拉致された人を救出しようともしない
C外国に行っては金をバラ撒き120兆円
これが愛国者の取るべき政治だろうか。誰もが売国奴と呼ぶだろう。

※ はるみ @harumi19762015氏の2018/8/9のツイート
ボクシングの会長がヤクザと付き合うのはNGで、総理大臣がヤクザに金出して選挙妨害依頼するのはOKなん?
これ、テレビで全然放送しないから全然知られてない。

※ しろくま @hontounokotoga_氏の2018/8/11のツイート
田中さんの報道で今知ったが
 安倍さんに起こった過去(下関市長選)の事件
 その真相を週間朝日などに書いた記者が大ケガしたらしいよ
 新宿の地下階段で背後から誰かに突き落とされたらしい
 本人は、体が飛ぶようにして転落したが何故か分からないと?


※ JEDI爺 @JEDI_OBI氏の2018/8/13のツイート
安倍さん、どんどん発言が幼稚かつ常軌を逸していくんだが、これ本当に現実なんだろうか。
俺はずっと夢でも見てるんじゃないんだろうか。

※ みゆき @m1238s氏の2018/8/20のツイート
ふつーに反社勢力と付き合いあるだけでもアウトなのに
妨害依頼なんて、交友関係より
ある意味悪質
ほんとドラマじゃないけど
手を汚さず金で反社勢力使うとか怖ッ
てか、反社勢力に対してすら
ケチって約束破るんだから
羊のよーに大人しい国民へ嘘つくなんざ屁の河童なんだろーね
自国の総理はショッキング

※ 寺澤有 @Yu_TERASAWA氏の2018/8/19のツイート
今週もお願いなんですが、『安倍晋三秘書が放火未遂犯とかわした疑惑の「確認書」』 を総合ランキングで1位にしませんか。電子書籍なので、紙の本よりハードルが低いはずです。そして、#ケチって火炎瓶 を今年の流行語大賞にしましょう。とにかく3等腐敗国から脱しないと。

※ テオ・平沼銑次 @shishinosenzi氏の7:56 - 2018年8月22日のツイート
この内容が嘘ならば、安倍は、この本の出版社と著者・寺澤有を名誉毀損で訴えなければならない。訴えないということは、本当なんだということだ。驚愕の事実。こんな人物が首相でいいのか。なぜ逮捕されないのか。

※ hayami @kaapumaru氏の2018/9/14のツイート
政治学者の白井聰さんが『安倍政権は”職業的犯罪者集団”レベル』と厳しく批判下指差し
「こんな政権の支配を許し続ける国民に未来はありません。有権者は自らの愚かさの代償を自分で払うことになります。もっと賢くならなければなりません」
白井聰さんの近著『国体論 菊と星条旗』 #赤旗日曜版

・・・引用終わり・・・

このブログ管理人は、最高司令官は常習的〇〇者であり、精神的に3シグマを超えた異例な存在だと考えています。

信じられない人には、まもなく否応なしに信じざるを得ない事態が起きるでしょう。常習的〇〇者は、強制的に制止する者がいなければどんどん行為がエスカレートします。

強制的に制止する者が検察であり、司法ですが機能していません。

英国では、EU離脱の措置に関連してメイ首相に反逆の罪を犯す可能性があると示唆している記事までマスメディアに出ています。
'Verging on criminal’: Fury at Telegraph article suggesting PM Theresa May guilty of treason

国民の命を守ろうとしない首相は反逆の罪に問われてしかるべきではありませんか。
posted by ZUKUNASHI at 08:41| Comment(6) | 福島原発事故

2018年09月18日

ロシア軍機撃墜でロシアが反応 シリアが撃墜?!

RT2018/9/18
Russia ‘reserves right to response’ after saying Israel's actions led to downing of Il-20 by Syria
The Russian military has accused their Israeli counterparts of causing Syrian air defense forces to shoot down a Russian Il-20 plane. The air defenses were responding to an air raid by Israel on Latakia.

READ MORE: Russian Il-20 downed by Syrian missile after attacking Israel’s F-16s used it as cover – Russian MoD

The Israeli Air Force launched their surprise night attack on Latakia in a way that put the Russian plane in harm’s way, the Russian Ministry of Defense said in a statement. The ministry said Israel must have known that they were setting up the Russian plane to be hit by a Syrian counterattack, but failed to either change their approach to targets in Syria or give Moscow enough time to move the Il-20 to safety.

According to the Russian military, four Israeli F-16 fighter jets attacked targets in Syria on Monday night, approaching from the Mediterranean Sea at a low altitude. The Il-20 was on patrol in the same area, and was shot down by a Syrian S-200 surface-to-air missile that was launched in response to the Israeli attack.

“We consider these provocative actions by Israel as hostile. Fifteen Russian military service members have died because of the irresponsible actions of the Israeli military. This is absolutely contrary to the spirit of the Russian-Israeli partnership,” the statement said. “We reserve the right for an adequate response.”

Map of the incident on September 17 in Syria provided by the Russian defense ministry.

The statement also updated the death toll arising from the incident. Earlier, the Russian military said there had been 14 crew members on board the missing Il-20. A search and rescue operation off the Syrian coast is underway.

Israel has yet to offer any public comment on the Monday night raid, which is in line with its usual policy. Israeli officials earlier acknowledged that the country’s air force has attacked hundreds of targets in Syria, which they linked to Iran, over recent years.

Russian Il-20 downed by Syrian missile after Israeli F-16s used it as cover during attack – MoD
The Russian military says an Israeli raid on Syria triggered a chain of events that led to its Il-20 plane being shot down by a Syrian S-200 surface-to-air missile. Moscow reserves the right to respond accordingly.

On Monday evening, four Israeli F-16 fighter jets attacked targets in Syria’s Latakia after approaching from the Mediterranean, a statement by the Russian Defense Ministry said on Tuesday. The Israeli warplanes approached at a low altitude and “created a dangerous situation for other aircraft and vessels in the region,” it said.

The military said that the French Navy’s frigate ‘Auvergne,’ as well as a Russian Il-20 plane were in the area during the Israeli operation.

“The Israeli pilots used the Russian plane as cover and set it up to be targeted by the Syrian air defense forces. As a consequence, the Il-20, which has radar cross-section much larger than the F-16, was shot down by an S-200 system missile,” the statement said.

The Russian ministry said the Israelis must have known that the Russian plane was present in the area, but this did not stop them from executing “the provocation.” Israel also failed to warn Russia about the planned operation in advance. The warning came just a minute before the attack started, which “did not leave time to move the Russian plane to a safe area,” the statement said.

The statement gives a larger death toll than earlier reports by the Russian military, which said there were 14 crew members on board the missing Il-20. It said a search and rescue operation for the shot-down plane is underway.

A later update said debris from the downed plane was found some 27km off the Latakia coast. The search party collected some body parts, personal possessions of the crew, and fragments of the plane.

Israel did not comment on the reports about the air raid in Syria, which is consistent with its usual policy on such matters. Israeli officials earlier acknowledged hundreds of airstrikes conducted in Syria over the past years. Israel claims its interventions are necessary to fight the Iranian presence in its neighboring country.

RT2018/9/18
Russia to Israel: ‘You are to blame for downing of Il-20 and death of crew’
Russia formally complained to Israel about its air raid on Monday, which led to the downing of a Russian Il-20 plane off Syria coast. Russia laid the blame for the loss of live “squarely on the Israeli side”.

Russian Defense Minister Sergey Shoigu spoke to his Israeli counterpart Avigdor Lieberman on the phone about the downing of the Russian Il-20 plane on Monday night. He relayed Moscow’s position on the incident, which blames the Israeli military for setting up the Russian plane to be shot down by Syrian air defenses responding to an Israeli air raid, an official statement from the Russian military said.

Shoigu reiterated that Israel failed to notify Russia of the impending attack in a way that would give the Russian military to move the Il-20 out of harm’s way. Instead the warning came one minute before the Israeli F-16 fighter jets launched their attack.

“The blame for the downing of the Russian plane and the deaths of its crew members lies squarely on the Israeli side,” the Russian minister said. “The actions of the Israeli military were not in keeping with the spirit of the Russian-Israeli partnership, so we reserve the right to respond.”

Earlier the Russian defense ministry said the Israeli jets used the bigger Russian plane as a cover during the attack on targets in Syria. The ministry said the Israelis must have known that they were putting the Russian plane at risk, but neither changed their battle plan nor gave a warning to the Russians in time to move the Il-20 to a safe area.

The Israeli government has not publicly commented on the incident so far.
posted by ZUKUNASHI at 17:26| Comment(1) | 国際・政治

仏フリゲート艦 ロシア軍機不明に関与していないと否定 イスラエルのミサイルまたは戦闘機に

※ TRT World Now認証済みアカウント @TRTWorldNowの2018/9/18のツイート
UPDATE: France not involved in the disappearance of a Russian military aircraft over Syria –– French military spokesperson

※ TheAnonJournal @TAPAlerts氏の2018/9/18のツイート
BREAKING ALERT: Syria is now corroborating with Russia, saying Israeli fighter jets shot down military plane carrying 14 Russian officers.

※ Nebojša Malić @NebojsaMalic氏の2018/9/18のツイート
Nebojša MalićさんがRyan Browneをリツイートしました
US military apparently believes there is AA artillery with 35km reach... Missiles, maybe, but artillery? Bogus.

※ Ryan Browne認証済みアカウント @rabrowne75氏の2018/9/18のツイート
The US military believes that Syrian anti-aircraft artillery accidentally shot down a Russian maritime patrol aircraft Monday while the Syrian regime was attempting to shoot down a barrage of Israeli missiles targeting locations in Latakia, a US official tells CNN

※ Partisangirl認証済みアカウント @Partisangirl氏の2018/9/18のツイート
Now the US is claiming it was Syrian Artillery that shot down the Il-20 and not missiles, because ppl pointed out #Syria's missile system is jointly controlled by #Russia. But there is no such thing as artillery with a 35km range that can reach. The lies are getting stupider.

※ Partisangirl認証済みアカウント @Partisangirl氏の2018/9/18のツイート
#Syria and #Russia unified their air defence system, Russian jets appear as friendly and are impossible to shoot down. Meanwhile, #Israel sent a barrage of missiles into Latakia near the #Russia-n Base not caring that a Russian aircraft was in the way.

※ Partisangirl認証済みアカウント @Partisangirl氏の2018/9/18のツイート
BREAKING: US government and Media in full Damage control after #Israel shot down a #Russian jet. They admit that Israel sent a barrage of missiles over the Russian airbase but try to shift the blame to #Syria. They try to shift the blame to protect #israel from repercussions!

※ Partisangirl認証済みアカウント @Partisangirl氏の2018/9/18のツイート
Recall: #Israel has threatened to Attack #Russia if it defends #Syria in the past. It's no surprise they would shoot down a #Russia-n Jet while bombing Latakia.

※ Partisangirl認証済みアカウント @Partisangirl氏の2018/9/18のツイート
#Russia believes it may have been #France that shot down one of it's aircrafts but acknowledges it could be #Israel as they were firing at the same time.
posted by ZUKUNASHI at 16:17| Comment(0) | 国際・政治

米国はロシア軍機をシリアが誤って撃墜したとしている

※ Sun 18th September 2018, 12:48 am
Updated: 18th September 2018, 5:52 am
SPY PLANE VANISHES Russian military plane with 14 on board ‘accidentally shot down’ in Latakia during Syria missile strike and disappears from radar

The Russian Defence Ministry reported losing contact with the Il-20 aircraft carrying 14 crew members at around 8pm last night

A RUSSIAN spy plane that disappeared from radar off the Syrian coast is believed to have been accidentally shot down during a missile strike.

A report given to Sputnik said: "On September 17, at about 11 p.m. Moscow time [20:00 GMT], the communication with the crew of the Russian Il-20 aircraft was lost when it was over the Mediterranean Sea, some 35 kilometres from the Syrian coast, on its way back to Hmeimim airbase."

US officials have reported the Syrian army shot down the Russian plane while trying to thwart an alleged Israeli airstrike.

Syrian state media said air defences intercepted and downed missiles targeting areas in the city of Latakia.

Military sources reported missiles came from the direction of the sea in an hour-long attack.

The official SANA news agency said the Technical Industry Institution in the state-controlled city had been targeted, adding it isn't known who fired the missiles.

Russian radars registered missiles launched from a French frigate and recorded four Israeli jets over Syria at the time of the attack, Russia Today reports.

The Israeli military refused to comment on claims they were behind the attack on Syria.

Personnel at Hmeimim airbase are now carrying out a search and rescue operation to locate the Russian aircraft.

This comes hours after Turkey and Russia agreed to establish a buffer zone in the Idlib province of Syria.
posted by ZUKUNASHI at 14:41| Comment(0) | 国際・政治

仏フリゲート艦 ロシア軍機を撃墜か

RT2018/9/17
Russian military plane with 14 on board disappears during Israeli strikes on Latakia
A Russian military Il-20 aircraft with 14 service members on board went off the radars during an attack by four Israeli jets on Syria’s Latakia province, the Russian Defense Ministry said.

Air traffic controllers at the Khmeimim Air Base “lost contact” with the aircraft on Monday evening, during the attack of Israeli F-16 fighters on Latakia, said the MOD. The plane was 35 kilometers off the coast of Syria when it vanished.

Russian radars also registered the launch of missiles from a French frigate in the Mediterranean on the evening of September 17.

Fourteen people were on board the plane at the time of the disappearance. A search and rescue mission is underway.

The Ilyushin 20 (IL-20) surveillance turboprop plane is an Electronic Intelligence (ELINT) platform, equipped with a wide range of antennas, infrared and optical sensors. The aircraft's SLAR (Side-Looking Airborne Radar) and the plane's satellite link allows the Russian military to monitor Syrian skies in real time.

An hour-long attack on Latakia began around 10 pm local time, and targeted a power station as well as two facilities belonging to the Syrian military. Syrian officials said the attack was “foreign” and came “from the sea,” but could not initially confirm rumors that Israel was behind it. Seven people were injured in the attack, according to Syrian officials.

While the Russian military said it recorded four F-16 Israeli jets over Syria at the time of the attack on Latakia, the IDF has refused to comment on the report.

Despite the fact that Israel rarely acknowledges striking specific targets inside Syria, earlier this month the IDF admitted to hitting at least 202 “Iranian targets” in the country. Overall, Israel has launched 792 bombs and missiles at Syria since 2017, arguing the strikes were necessary to prevent Iran from setting up bases in the country in order to stage attacks against the Jewish state.

As Israel continues to claim the right to intrude into Syria, despite repeated condemnations from Damascus, France had said that it will join the US-led campaign to strike Syria again if there are reports of chemical weapons use.

Over the last few weeks, Moscow has been beating drums about the false-flag chemical attack that is being prepared by the notorious White Helmets and jihadists in Idlib province in order to frame government forces. Such a provocation, the Russian military argues, will be used to trigger a US-led attack against Damascus.

The attack on Latakia came just hours after Russia and Turkey negotiated a partial demilitarization of the Idlib province, which is the last remaining stronghold of anti-government militants, including the Al-Qaeda affiliate Hayat Tahrir al-Sham (also known as the Jabhat Al-Nusra).

RT2018/9/17
Russia detects missile launches from French frigate off Syria’s coast in Mediterranean

Russian airspace control systems have registered missile launches from a French frigate in the Mediterranean on Monday, the Russian Defense Ministry reported.

The French Navy’s newest frigate, FS Auvergne, fired rockets around 8pm GMT Monday, the Russian military said. “Airspace control has recorded rocket launches from the French frigate Auvergne,” the ministry’s statement read. The Auvergne is deployed in the Mediterranean Sea, off the coast of Syria.

Auvergne is a 'European multi-purpose frigate' (FREMM) which entered the service of the French Navy in February this year. Prior to its official commissioning, the Aquitaine class warship witnessed deployment across the globe, including the Mediterranean Sea, the Indian Ocean, the Persian Gulf, the South China Sea and the Pacific Ocean.

The launch was detected around the same time as air traffic controllers at the Khmeimim Air Base “lost contact” with a military Il-20 aircraft during an attack of Israeli F-16 fighters on Latakia. Fourteen people were on board the plane at the time of the disappearance. A search and rescue mission is underway.

The IDF has refused to comment on the report. Despite the fact that Israel rarely acknowledges striking specific targets inside Syria, earlier this month the IDF admitted to hitting at least 202 “Iranian targets” in the country.

As tensions over Idlib rise, Turkey and Russia on Monday agreed to establish a “demilitarized zone” between militants and government troops as part of an effort to clear the remaining jihadists from Syria.

RT2018/9/17
Syrian port city Latakia 'attacked by missiles from sea' – local media
Syrian air defenses have engaged missiles targeting the area of Latakia, a city in the coastal province that is the home of Russia’s Khmeimim Air Base. Seven people were reportedly injured in the attack.

According to the state SANA news agency, the attack targeted the Technical Industries Agency headquarters in Latakia, owned by the Syrian military. Reports from the area refer to “powerful explosions” heard in the city. According to Syrian military sources, the strikes also targeted a power station and an aluminum factory.

The attack began around 10 pm local time. Photos posted on social media show tracers and missile plumes streaking across the night sky above Latakia, as well as several explosions.

Air defense activity was also reported in Homs and Tartous provinces, where Russia maintains a naval base.

Syrian media report that a “number of missiles” have been shot down. Multiple reports from the area speak of an attack by missiles launched from drones. It is unclear whether only the Syrian air defense batteries have been engaged, or if the Russian air defenses around Khmeimim are taking part as well.

Seven people were injured in the attacks, Ahmad Kazem of the Syrian Human Rights Network told RIA Novosti.

Multiple local reports have accused Israel of launching the strikes, but there has been no independent confirmation of that. Another possibility suggested by local media is that the drone attack came from the jihadists in Idlib. SANA reported the missiles targeting Latakia came “from the sea,” citing military sources.

The attack comes just hours after Russia and Turkey negotiated a partial demilitarization of the Idlib province, which is the last remaining stronghold of anti-government militants, including the Al-Qaeda affiliate Hayat Tahrir al-Sham (also known as the Jabhat Al-Nusra).
posted by ZUKUNASHI at 13:00| Comment(0) | 国際・政治

シリアでは子供に手製のガスマスクを作っている





紙のコップの底に穴が開いています。紙のコップは二重になっていて間に何か吸着剤でも入っているのでしょう。
posted by ZUKUNASHI at 11:39| Comment(0) | 福島原発事故

輸入米が出回っているようです

読者から聞きましたが、豪州米、オーストラリア米が出回っているようです。

流通ニュース2018年03月28日
西友/豪州産米「うららか」4kg1180円で販売、関東・静岡の144店
西友は3月28日、オーストラリア産米「うららか」を、関東・静岡エリアの店舗144店で、西友で販売している米の最安値となる1180円/4kg(税抜)で発売する。

千田みずほ楽天市場店
オーストラリア産 オーパスお米 10kg(5kg×2)
価格3,780円 (税込)

業務用スーパー
『開拓の稔り』オーストラリア米、ジャポニカ短粒種。5Kg1450円

千田みずほのオーパス米は、業務用スーパーにも置いてあることがあるそうです。

管理人はまだ食べたことがありません。今度試してみます。

産地分散の観点からバラエティの一つとして考えています。

米国産米も売られています。

アメリカカリフォルニア産米カルローズ5kg 2017年輸入米
価格: ¥ 2,280

アメリカ加州産カルローズ 2017年輸入米 5kgx2 価格: ¥ 3,990

オーストラリア産 オーパス (単一原料米) 10kg 平成29年産 価格: ¥ 3,700

posted by ZUKUNASHI at 11:02| Comment(4) | 福島原発事故

那須町で除染土埋立の実証事業

※ 満田夏花 @kannamitsuta氏の2018/9/17のツイート
那須町で除染土埋立の実証事業が開始されます。浸出水は側溝に放流されるとのこと。住民の方によれば、側溝の水は、住宅地を経由して三蔵川に行き着くそうです。環境省は「十分対応しているから、問題ない」と回答したとのこと。

※ 満田夏花 @kannamitsuta氏の2018/9/13のツイート
住民無視 那須町の除染土埋め戻し実証事業〜このまま全国展開? https://foejapan.wordpress.com/2018/09/04/0904/ … @wordpressdotcomより

FoE Japanブログ
住民無視 那須町の除染土埋め戻し実証事業〜このまま全国展開?

※ 桑ちゃん @namiekuwabara氏の2018/9/17のツイート
桑ちゃんさんが満田夏花をリツイートしました
「実証事業」こんなものは隔離されたところで実験するものだ。其の上でどうするか決めるもの。大衆の場所で利用する所でするものではない。この実証実験事業は「生身の人間も含めたモルモット環境実験」というべきである。飲み水も危なくなるね。将来土地利用もできなくなるよ。那須の下流域地域???
posted by ZUKUNASHI at 10:54| Comment(1) | 福島原発事故

エビ寿司が光る キュウリの塩漬けが光る 光る光る日本のハイテク食品

この記事は、2016年07月02日に掲載したものに2018年9月18日追記しています。1番目の玉子焼きは発光細菌の付着増殖によることが多いようだ。2番目のえび寿司はコメが全体的に光っている。コメで発光細菌が増殖するか? 3番目はきゅうりの塩漬け。読者のコメントによれば、魚介類からの発光細菌の付着がなくても光る場合があるようだ。

※ 

OKWAVE2009-07-30 01:10:23 質問No.5166821
なぜ?寿司の玉子焼きが光ります!

発光する玉子焼きにぎり寿司から分離した発光細菌の検討
埼玉県衛生研究所

Light emitting Sashimi (raw fish)2.スーパーで購入した刺身が発光する様子 2(発光細菌)

※ B・F・ビーフ(苔) ‏@NeGi_yarou 氏の2016/1/3のツイート


※ 名無しさん@おーぷん:2014/07/30(水)22:04:10 ID:cpgEyyFUO(主) ×
今、気がついたんだがキュウリの塩漬けが青白く光っている・・・
因に、部屋の明かりをつけていても、消しても光っている
同じ経験した事ある奴いる?


※ 読者の高橋さんからのコメント
愛知在住 麹使って きゅうりの塩漬け作る ( 無農薬野菜 、自家菜園 )と1-2日すると、ちょうど写真のようにボーっと光ります

机の上の空 大沼安史の個人新聞 2016/7/1
フクイチ・スーパー核惨事 人体が放射化した〕★ 2011年の「3・11」後、フィリピンに避難してきた千葉県の主婦をボランティアで被曝治療した日本人医師は、治療前、机をはさんで主婦と話をした際、「甲状腺付近に絶えず感じる鈍くて重い頭痛」に苦しんだ。主婦は「感覚的放射化」レベルが、およそ6〜7mもあった。主婦の血液を観察した医療スタッフは唖然とした。放射化し強く発光していた(写真1)。

※ 椰子の木さんから
昨年、カルフォルニア州で捕獲された野生のイノシシ。解体したところ、肉が不気味に青白く光っていたそうです。写真がネット上でupされています。昨年、一部で話題になっていたようですね。

・・・・・

「いただきます」は、電気を消してから!

キュウリの塩漬けは、漬けてから当然何日か経過している。これの添加物は塩だけだろう。エビ寿司は、購入から2日程度経過している。酢と砂糖と塩。米が光っているのでは?

時間が経つと発光するらしい。ということは、化学反応だ。もし、これが放射性物質によって生じているのなら、作り立てを食べるのを止めて2日冷蔵庫に置いてから食べる。光ったら捨てるという選別が可能なのだが。

もともと有機物は微弱な光を発しているのだそうだ。食品の品質変化を発光量によって測定しようとする研究成果もある。
食品からの微弱発光を利用した品質評価技術(独)農研機構 食品総合研究所 食品工学研究領域 反応分離工学ユニット・宇都宮大学 農学部 農業環境工学科 生物環境調節学研究室

この論文に、「香辛料の放射線照射履歴の検知法には,熱ルミネッセンス(Thermoluminescence, TL) 法や光ルミネッセンス (Photostimulated luminescence, PSL)法などの発光計測法がある。国内でも,TL 法が照射食品検知の公定法(通知法)に採択されている。
TL 法,PSL 法とも食品自身ではなく微量に含まれる鉱物が発光する。放射線照射により,鉱物内の結晶構造内に準安定状態エネルギーが蓄えられる。そこに,熱あるいは光で刺激(励起)をすることで,トラップされている放射線由来のエネルギーは光として放出される。」とある。

通常、食品から発せられている微弱発光は、肉眼では見えない程度の強さのようだ。上の画像のように肉眼でも明らかに見えるのは、異例だ。ガンマ線などの照射量が多かったか、食品の中にガンマ線源やベータ線源があり、そのエネルギーが食品内部に溜って発光現象によって放出されていると見ていいだろう。

このような強い発光現象のある食品は食べないほうが良い。

今人気があるらしい塩麹、麹の材料はコメ。汚染が少ない米を選んで使っているとは思えない。
posted by ZUKUNASHI at 09:54| Comment(7) | 福島原発事故

Putin & Erdogan agree Idlib demilitarized zone to avert new Syria crisis

RT2018/9/17
Putin & Erdogan agree Idlib demilitarized zone to avert new Syria crisis
Russia and Turkey have agreed a “demilitarized zone” between militants and government troops in Syria’s Idlib, President Vladimir Putin said after hours-long talks with Turkey’s Recep Tayyip Erdogan focused on solving the crisis.

“We’ve focused on the situation in the province of Idlib, considering presence of large militant groups and their infrastructure there,” Putin said at a press conference after the talks.

We’ve agreed to create a demilitarized zone between the government troops and militants before October 15. The zone will be 15-20km wide, with full withdrawal of hardline militants from there, including the Jabhat Al-Nusra.”

As part of solving the deadlock, all heavy weaponry, including tanks and artillery, will be withdrawn from the zone before October 10, Putin said. The zone will be patrolled by Turkish and Russian military units.

Before the end of the year, roads between Aleppo and Hama, and Aleppo and Latakia must be reopened for transit traffic, he said.

The agreement has received “general support” from the Syrian government, according to Putin.

AMN2018/9/17
Putin and Erdogan agree to establish demilitarized zone in Idlib
BEIRUT, LEBANON (7:20 P.M.) – Russian President Vladimir Putin and his Turkish counterpart Recep Tayyip Erdogan agreed to establish a demilitarized zone in Idlib after their short meeting in the Russian port-city of Sochi.

The Russian and Turkish leader agreed that they will have a demilitarized zone that separates the Syrian government forces and rebels inside of Idlib; however, they did not specify the exact location of this dmz.

This agreement comes just days after the Turkish military began moving their troops from the Hatay Province to Syria’s Idlib Governorate.

Both leaders did not mention the Hama, Latakia, and Aleppo governorates, where there is still a considerable number of jihadist rebels still active.

AMN2018/9/17
BEIRUT, LEBANON (7:45 P.M.) – Russian Minister of Defense Sergei Shoigu said on Monday evening that there will be no military operation inside the Idlib Governorate.

For weeks, the Syrian Arab Army (SAA) has been building up their troops around the Idlib Governorate in preparation for a large-scale operation.

However, it appears this offensive will now be limited to the areas around the Idlib Governorate and some towns inside of it.

Following his announcement on the military operation, Shoigu then touched on the recent agreement between the Vladimir Putin and Recep Tayyip Erdogan.

“The memorandum on the Idlib demilitarized zone will be agreed upon with the Syrian government in the next few hours,” Shoigu added.
posted by ZUKUNASHI at 01:44| Comment(0) | 国際・政治