ずくなしの冷や水

2018年07月30日

ラブロフが西側の軍事的な計画は掌握し対応策をとると発言

FARSNEWS2018/7/30
Russian FM: Moscow Is Aware of US, Western Military Plans
TEHRAN (FNA)- Russian Foreign Minister Sergey Lavrov revealed that Moscow knows what military actions Washington and its Western allies might be plotting against it.

“Our awareness of what plans the US and other Western countries’ militaries are nursing in relation to the Russian Federation is guaranteed,” Lavrov said on Monday, RT reported.

The US has been actively deploying its air-defense systems around the globe, including on Russia’s doorstep, in the Baltic states, and Japan. However, the country should not worry “no matter what happens in the world”, as its security is ensured, Lavrov stated, citing Russian President Vladimir Putin and new developments in the Russian Army.

Tokyo is planning to spend some $4.2 billion over the next 30 years to install and operate US radar systems on the new ground-based Aegis Ashore missile defense system.

Despite Japanese claims the systems are aimed at protection against North Korean missile threats, Russia has repeatedly protested their deployment, calling it “disproportionate” and possibly undermining “strategic stability in the northern part of the Pacific”. In 2017, Deputy Foreign Minister Sergey Ryabkov said that the systems’ appearance on Russia’s Eastern borders is “something we certainly cannot fail to take into account in our military planning”.

FARSNEWS2018/7/30
Japan May Withdraw Missile Interceptors as Korean Tensions Ease
TEHRAN (FNA)- The Japanese Defense Ministry is considering withdrawing on Monday surface-to-air Patriot Advanced Capability-3 (PAC-3) ballistic missile interceptors deployed in the country's North and West to counter possible missile launches from North Korea, according to a report.

According to the NHK, the Japanese Defense Ministry concluded that the situation on the Korean peninsula had sufficiently improved following the US-North Korea summit in Singapore in June, therefore reducing the possibility of ballistic missile launches by North Korea. It is considering the withdrawal of troops from Japan's Northern and Western regions on Monday as well.

However, the defense ministry noted that a special order on "destruction measures" against ballistic missiles would remain in force in order to counter any possible missile launches.

It is also taking steps to be able to promptly deploy PAC-3 defense systems if the situation on the Korean Peninsula deteriorates.

The Japanese Defense Ministry is also expected to retain a PAC-3 unit in Tokyo's Ichigaya district.

The situation on the Korean Peninsula has significantly improved within the last several months, with North Korean leader Kim Jong-un having held two rounds of talks with South Korean President Moon Jae-in and a top-level summit with US leader Donald Trump in Singapore.

In August, Japan deployed PAC-3 defense systems in prefectures of Shimane, Hiroshima, Ehime, and Kochi in response to North Korea's announcement that it has a plan for a potential missile strike near the US Pacific island territory of Guam. In September, the Japanese government decided to deploy an additional PAC-3 unit in the Northern city of Hakodate after a missile launched by Pyongyang flew over Japan's Northernmost island of Hokkaido.
posted by ZUKUNASHI at 22:52| Comment(0) | 国際・政治

カナリア 当人にしか分からないことですが 汚染地にいる故かも

※ めいちゃん @snoopymaygon氏の2018/7/15のツイート
カナリア友だちと一緒にいて、急に痒いプツプツが出て来たり、頭数と胸に圧を感じて、彼女の顔を見たら、目が合うと同時に「やっぱり〜?」ってことが何度も。

もう笑っちゃうくらい同時(^^;)

・・・引用終わり・・・

同じような方、おられますか?

※ くららんさんから
自分もかなりのカナリアです。(;;)
関東の親戚の手紙を受け取ったその日、触った場所は蕁麻疹、その後、封筒か便箋かについていた放射能?が身体に入ったらしく発熱とひどい下痢・・・・。
すごい汚染だなあ〜と改めて認識。
もう、日本には住めそうもないので、今年中に原発のない中国内陸部に移住考えています。。
カナリアのたわごとでした。。

・・・・・

冒頭に引用したようなカナリアさんなら、関東に住むのはまず無理だろうと考えて、急遽開催したコンテストでしたが、エントリー1名だけ。

関東にはそんなにおられない? 汚染地域から汚染の少ない土地に移ると一時的に体調が悪化することがあるんだそうです。

でも、今日記事を書きながらふと思いつきました。中京から近畿の一部に避難した方の中にはカナリアさんが多いのではないかと。

2018年07月30日 名古屋 ベータ線熱症の原因は何だろう

2018年07月30日 次なる原発事故のときは逃げおおせてみせる? はぁー 立派ですね!

2018年07月29日 中京から西にはセシウムとは異なるガンマ線源が多い?

カナリアさんは、体調悪化を感じた時にはF1からベータ線源が飛んできたと疑うようですが、確かに飛んできていてもそれは7年前に飛んできたものかもしれません。

そしてベータ線を検出できる個人用測定器で測ったりしておられるようですが、それが検知するのは日々崩壊しているウラン系列の核種の出すベータ線を拾っているのかもしれません。

関東にお住まいの方でも、ベータ線源の多い場所に踏み入ると体調変化を感じるはずです。被ばく累積度の大きい方ほどその変化の度合いは大きくなるはずです。

管理人は現地調査をしていますが、これまでの最高がMAZURで250cpmですからカリフォルニアのサーファーズビーチや桑ちゃん氏の測定値に比較すれば、おとなしいものです。
posted by ZUKUNASHI at 21:08| Comment(2) | 福島原発事故

イランが欧州4か国とイエメン停戦について討議

FARSNEWS2018/7/30
Spokesman: Iran Welcomes Halt to War in Yemen
TEHRAN (FNA)- Iranian Foreign Ministry Spokesman Bahram Qassemi underlined that the war in Yemen should come to a halt, and said the Islamic Republic will have more talks with the European countries on how to resolve the problem.

"Negotiations with Europe in different fields, including economic cooperation, is underway and we are going to discuss Yemen with four European countries of Germany, France, Britain and Italy," Qassemi said in his weekly press briefing on Monday.

He underlined that holding talks on Yemen is a necessity and since the situation is deteriorating in that country all states should do their best to resolve the Yemeni issue.

In relevant remarks in late July, Qassemi voiced his country's support for statements by a number of political figures of the Muslim states to bring to halt the war in Yemen for a period of three months.

"Iran has from the very beginning of the devastating war called for immediate cessation of hostility and Foreign Minister Mohammad Javad Zarif presented a four-item solution to end war," the Iranian foreign ministry spokesman added.

Qassemi's remarks came after a number of political figures in Muslim countries called for a three-month cessation of war in Yemen.

The Iranian foreign ministry spokesman reiterated that Tehran will always support any proposal to pave the way for putting an end to the war through dialogue and diplomatic solution.

Qassemi appreciated sense of responsibility of the political figures, and said, "Iran is ready for any assistance to fulfill the proposal."

The Iranian foreign ministry spokesman, meantime, called on the international community, the Islamic states in particular, to step up efforts to stop the devastating war.

The plan proposed by Iran to put an end to war in Yemen includes abandoning hostility, establishing immediate ceasefire, dispatching humanitarian aid and starting political talks between the Yemeni parties as well as establishment of inclusive government in order to achieve sustainable peace in Yemen.

In relevant remarks earlier in July, Iran's Ambassador and Permanent Representative to the United Nations Gholamali Khoshrou called on the UN and the international community to stop massacre of children by the Israeli and Saudi regimes in Palestine and Yemen, respectively.

"We call for the accountability for the war crimes against children committed by anyone, everywhere, to be in Palestine, Yemen, Myanmar or elsewhere," Khoshrou said, addressing the United Nations Security Council debate on children and armed conflict.

The Iranian ambassador to the United Nations said that adopting a selective approach in such cases is tantamount to betraying the most vulnerable people, children, whom this process is designed to protect.

Also in early July, Iranian President Hassan Rouhani announced that his country is in talks with a number of European states to help efforts to end the plight of the Yemeni people created by the Saudi-led war.

"We had good talks on the regional issues and the problems in Yemen and the pressures exerted on the Yemeni people as well as the humanitarian acts that all countries should do, including cooperation between Iran and the European states," President Rouhani said in a joint press conference with Austrian Chancellor Sebastian Kurz in Vienna.

"Today, we are in talks with four European states on Yemen and we are interested in easing pressures on the Yemeni people and its way is through ending assistance to Saudi Arabia, and Saudi Arabia should feel that it faces no way but peace," he added.

"Everyone should believe that the solution to the problems in Yemen is political and Yemeni-Yemeni talks and the Yemeni issue will not be resolved militarily," President Rouhani said.

FARSNEWS2018/7/30
Yemeni Popular Forces Intensify Attacks in Southern Saudi Arabia
TEHRAN (FNA)- The Yemeni popular forces of Ansarullah intensified their field operations in southern Saudi Arabia this past weekend, targeting the Saudi Army’s positions in several areas near the Yemeni border.

Beginning with the Jizan region, the Yemeni forces were able to inflict heavy damage on the Saudi military’s positions near the Alib Crossing, the AMN reported.

The Houthi forces would then launch a powerful attack on the strategic Al-Dukhan Mountain, which is where they managed to score a big advance earlier in the week.

Meanwhile, in the Najran province, the Houthi forces struck the Saudi Army’s defenses in the Sudis and Al-Shabakah areas; this resulted in a short battle on Sunday.

The Houthi forces intensified their field operations in southern Saudi Arabia after the Arab Coalition resumed their powerful assault on the port-city of Hodeidah.

The Hodeidah Port is the humanitarian lifeline for the Ansarullah-controlled areas in Yemen if lost, it would leave millions under a land, air, and sea siege.
posted by ZUKUNASHI at 20:41| Comment(0) | 国際・政治

次なる原発事故のときは逃げおおせてみせる? はぁー 立派ですね!

次のグラフは、2011/3/12から3/31の測定局ごとのSPM日平均値を県ごとに平均して県別、日付順に並べたものです。

言うまでもなく、SPM濃度が高くても放射能が高いとは限りません。SPMの起源もいろいろありますが、次のグラフを見ればどこかに大量に放出している源があり拡散具合が表れていると理解できるでしょう。そう感じられない方にはこの記事は無意味です。

個別に見ていきましょう。まず3/13、3/12の夜遅く南相馬市で空間線量率が大きく上がりました。F1発のプルームが北に流れたのです。これは3/13まで続きましたから3/13の北東北のSPM濃度が高くなっています。

3/14は昼前に3号機が爆発しました。3/15は関東を強いプルームが襲いました。神奈川の濃度が上がっています。ただ、これに劣らず岐阜、愛知、三重、滋賀、兵庫の濃度が上げています。

3/15の朝東京から逃げた方は、東京都内の移動で被爆し、さらに行き先の新幹線を降りたところで先回りしたプルームの歓迎を受けています。早々と避難したのに被爆症状が強い方の中にはこのケースが見られます。

3/16、3/17、3/18のSPM濃度は全般的に低位にとどまりました。しかし、3/19の3号機などへの大量放水開始とともにF1周辺ではなく遠く離れた北東北でSPMが大きく上がりました。

3/20、関東をプルームが襲っていたことは、筆者は大気汚染測定用ろ紙のセシウム濃度測定結果で知りました。このプルームは関東へは銚子付近から上陸し、おおむね利根川に沿って西に進み群馬、栃木に至ったのはわかっています。さらに南にも広がり東京と神奈川の県境付近まで広がったことも把握していますが、これほどの規模で東京、神奈川をむしろ底とするように全国に広がっていたことはこのSPM濃度の分布で初めて知りました。



3/21は、東葛に濃厚汚染をもたらしたプルームが襲来し、神奈川から静岡に抜けた日です。この日は雨でしたのでSPM濃度が抑制されたものとみられます。埼玉が山のピークにあり、宮城の濃度も高くなっています。

3/25は全国的にSPM濃度が上がりました。原因事象がつかめていません。

そして、3/30も全国的に上がっています。このときは北陸、中京、近畿の方が山形や茨城と同等、またはそれ以上という形になっています。これも原因事象がつかめていません。



上のSPMの分布から見る限り、関東からSPM濃度が低い時を選んで避難することは難しかったでしょう。実際には、モニタリングポストの値を参照するわけですが、事故があればモニタリングポストの計測値の表示が止まります。

一般乗用車では放射線を遮蔽する力は弱く、常に換気が行われています。飛行機は上空の放射性物質の濃厚浮遊空間を飛ぶこともあります。

何としてでもすぐに避難するのであれば家族人数分のガスマスクを用意しておくことです。
posted by ZUKUNASHI at 17:00| Comment(0) | 福島原発事故

名古屋 ベータ線熱症の原因は何だろう

2018年07月29日 中京から西にはセシウムとは異なるガンマ線源が多い? の続き

※ onodekita ‏@onodekita 氏の2013/12/9のツイート
@tokaiama 2011年5月頃の名古屋では、小学校の運動会で妙に赤く日焼けした子供が多く、皮膚科が首をひねっていました。恐らく、何らかのベータ線熱傷だっただろうと考えています。

※ くぼたまお ‏@minminmiracle 氏の2013/12/9のツイート
@onodekita @tokaiama はじめまして。名古屋市内で3月事故の16日朝?でしょうか、起きたら頬がヒリヒリして軽い火傷したような感覚になりました。両手腕と両太腿も同じ感覚でした。前日昼に急な大雨の際車中でした。私もβ線・・と思いました。私だけ。家族には症状無しです。

・・・引用終わり・・・

次は前の記事に掲げた表に橙と緑の枠を付しました。
検体2-1、2-2、2-4の欄に黒数字があるのはガンマ線の測定値。橙色の枠は崩壊時にベータ線を出す核種を示します。緑枠は枠の最上位にある核種が1個崩壊するとそれが短時間のうちに次々と別の核種になり下の方にある核種に変わっていくことを示します。永続平衡、放射平衡が起きやすい崩壊系列の範囲です。



前の記事で中京から西の地域では、セシウムと異なるガンマ線源が相対的に多く降ったとの筆者の見解を示しました。その核種はウラン系列の子孫核種ではないかと考えています。

上に掲げた名古屋地域でのベータ線熱傷とみられる日焼けや皮膚のヒリヒリ感の事例が長く筆者の謎として残っていましたが、前の記事に書いた推論を使うとこの点も理解可能になります。

ベータ線熱傷を引き起こすベータ線源として最強なものはストロンチウム、その娘核種のイットリウムだろうと筆者は考えています。宮城県南部や福島県北西部にはストロンチウムの降下が多い地域があるようですが、名古屋に関してストロンチウムやイットリウムが特に集中的に降ったとは考えにくいです。奈良ではストロンチウムが降下したのではないかと疑われる事例もありますが。

また、キセノン133もベータ線源ですが半減期が5.2日と短く、2011/5頃に出た日焼け状態の原因になるとは考えられません。

ウラン238の崩壊系列では、橙色の枠内の核種がベータ線を出します。二つの枠の間にはウラン234などの半減期が特に長い核種がありますので、ここで崩壊に時間がかかりいわば堰き止められたような状況になります。

名古屋でのベータ線熱傷の原因物質が福島第一原発事故後に降下したウラン系列の核種によるものだと仮定すれば、急にベータ線が増え、しばらく経つとそれが少なくなったわけですから下の方にある橙色の枠内にある核種の出すベータ線よりも上にある橙色の枠内にあるトリウム、プロトアクチニウムのベータ線の影響が大きかったのではないかと考えられます。

仮にトリウム234とラジウム226が同じ原子数降下したすれば、トリウム234は240日ほどで当初降下分は崩壊しつくしますが、ラジウム226は半減期1600年ですから240日での崩壊数はごくごくわずかです。

2011/5月なら事故から2か月、60日程度が経過しているでしょう。トリウム234はすでに当初降下分の4分の3以上が崩壊し、当初降下分から出るベータ線はほぼ出尽くしています。

上から二つ目のツイートでは、ベータ線によるとみられるヒリヒリ感が福島第一原発事故後に生じたことがわかります。岩手県南部では、福島第一原発事故後に幼児が体のかゆみを訴え、夏でも寒いと厚着をしていたとの例があります。

上のように考えると、一宮市のモニタリングポストで2015年の半ばころまで空間線量率が上昇傾向を続けたのはウラン系列の核種の崩壊が順次進行しガンマ線源が増えたことによるものであり、2015年半ば以降は「永続平衡」と呼ばれるような状況に達した、あるいは達しつつあるということではないかと解することもできます。

同様な例はCTBT高崎観測所のビスマス214でも見られることは前の記事に書きました。

名古屋の東山動物園では、動物が次々に死亡しました。洗浄しないものを与えられていればウラン系列の核種がたっぷりついていたかもしれません。内部にももちろん含まれていますが。

ウラン系列の核種が相対的に多く降った地域で、7年経過でも空間線量率が低下しないという場合、これからもガンマ線を測定した空間線量率は下がることが期待できないということにもなりましょう。

そして、ガンマ線が減らないのと同時にベータ線も減らないことになります。名古屋の人はみな浅黒くて健康的! ということになるのかどうかはわかりませんが。

さらに嫌なことを言えば、ガンマ線が減らない、ベータ線も減らないということは、アルファ線も減らないということになります。

上の推論が正しいとした場合、それらがこの地域の居住者の健康に長期的にどう影響するのかはおそらく人類がまだ十分な知見を持っていない分野になりましょう。ファルージャの悲劇などが伝えられていますが、詳しい疫学的な調査が行われているとは見えません。
posted by ZUKUNASHI at 08:49| Comment(0) | 福島原発事故

原発が見えるライブカメラ



次のライブ画像は牛が動き回っているのが見えます。感動的です。
希望の牧場1号機ライブカメラ(福島県浪江町) からソースを転記させてもらいました。


キャプチャー画面
所在地と福島第一原発との関係

Uストリームの画像は障害が出ているらしく見られません。(当方のPCの設定が悪いのかもしれません)
http://www.ustream.tv/channel/%E5%B8%8C%E6%9C%9B%E3%81%AE%E7%89%A7%E5%A0%B4
http://www.ustream.tv/channel/%E5%B8%8C%E6%9C%9B%E3%81%AE%E7%89%A7%E5%A0%B4?utm_campaign=JPER&utm_medium=FlashPlayer&utm_source=embed

※ 美澄博雅 @hiroma_misumi氏の2018/4/6のツイート
福島県浪江町立野後沢で日中の立ち入りが解除された後、東電からの被曝を訴え続ける牧場に到達、前の土壌を調べさせてもらった。2016年11月、地表線量2.48μSv/Hの土壌β線画像。放射能という見てはいけないものを見る緊張感がある。


玄海町ライブカメラ
値賀第1コミュニティーセンター

若狭美浜ライブカメラ


川内原発は、外観が見えるライブカメラがあったはずですが、見当たりません。

posted by ZUKUNASHI at 01:05| Comment(0) | 福島原発事故