ずくなしの冷や水

2018年07月21日

米国カリフォルニア ナパバレーの2011年産ワインからセシウム検出

やっと出てきたというべきかやはり出てきたというべきでしょうか。検出されたセシウムの水準は高くないようです。A地点がナパ、B地点がサーファーズビーチ。このビーチではインスペクターで驚くような高い値が検出されています。Inspectorで一時156CPMが出ています。

管理人は、インスペクターと同等なGM管を使ったMAZURで現地調査を行っていますが、濃厚汚染地には立ち入らない方針のためこれまでの最高値は道路縁石などへの直置きで250cpm程度を検出したにすぎません。

地上1mで156CPMという値は、0.5μSv/h弱です。汚染地域では瞬間的にそこまで行くことがあるかもしれませんが、まず記憶にありません。手にしたMAZURが警報を発する水準です。

ホットスポットファインダーですと78cpm程度ですから、これも記憶にありません。サーファーズビーチでの測定例は、風がベータ線源やアルファ線源を運んできているためと考えられ、大変危険な状態です。



sky news Friday 20 July 2018
Fukushima nuclear isotopes found in Californian wine

Specialists at the University of Bordeaux have detected a spike in the radioactive caesium-137 in 2011 vintage Napa Valley wines.

The nuclear disaster at the Fukushima power plant in 2011 has led to a spike in levels of a radioactive isotope in Californian wines, scientists say.

An increase in the levels of caesium-137 has been identified in several different wines by specialists from the University of Bordeaux in France, who say levels doubled in 2011.

Affected red and rosé wines showed different levels of the isotope, which has been released into the atmosphere by nuclear accidents and weapons tests, with darker wines collecting more of it.

They are all far below the threshold believed to cause radiation sickness in humans, but show how the material from the Fukushima disaster spread.

Historical nuclear events have also led to much higher levels of the radioactive isotope, with levels peaking roughly 150 times higher than the 2011 vintage in bottles from the 1950s and 60s.

The Fukushima disaster took place on 11 March 2011, when an earthquake and tsunami in Japan led to three nuclear meltdowns.

It wasn't until July 2017 that the clean-up team managed to find the missing nuclear fuel that had melted beneath the flooder reactors.

Those findings were announced at the end of a three-day inspection by a remote-controlled marine vessel, nicknamed the Little Sunfish.

北米の放射性物質汚染については、何か材料があるたびに取り上げて書いてきましたので過去記事は多数に及んでいます。

2017年11月21日
米国は放射能の害に耐えられなくなる

2017年08月22日
これだけはお伝えしておいたほうが良いでしょう  北米の汚染

2015年09月22日
F1からリリースされた放射性物質は続々と北米大陸方向へ流れている

2015年07月08日
カリフォルニアビーチはストロンチウムの風
posted by ZUKUNASHI at 23:20| Comment(1) | 福島原発事故

F1 3号機は爆発後大量の蒸気を噴き出していた



拡大図


桑原氏の撮影地点。オフサイトセンターの敷地南側の道路。二階建ての民家が見える。




3号機の方角へ直線を引いた時の地形断面図


桑原氏の撮影地点が標高63m、撮影者の目の高さ1.5m、計64.5m。福島第一原発を見通す線上にある2階建て民家の敷地は標高が62m、屋根の天辺までの高さ7.5m、標高計69.5mとする。



桑原氏の撮影地点からこの民家まで距離154m、福島第一原発3号機まで5,020m。145mで5m上がるから5,020m離れれば5mの34.6倍、173mに64.5mを加えて238m。

排気塔の高さは、標高10m+120m=130m。民家の屋根の天辺を見通した先のはるか下になる。

水蒸気は600m程度の高さに上っているとみてよい。

3号機の爆発は使用済燃料プールで生じた即発臨界、核爆発。冷却水が過熱し大量の蒸気が上がり続けたものだ。

・・・・・

次のツイートにある元スーパーバイザーは桑原氏
※ Akira Tsuboi ‏@1876to1945 氏の2015/9/15のツイート
大阪府 大阪市 福島区
「で昼間はどこ行ってたかというと、大熊とか浪江とか、浪江は別の方がいたんであっちのほうはだいじょうぶだと。で津波で流されたようなひともみたり、あと逃げなかった人に忠告して。あと車無い人に関しては送ったりー。そんなことをやってました。で、線量知りたかったんで、
「オフサイトセンターに行ったんですね。で、それは1日置いてからの月曜日だったんですよ。行って、そしたら自衛隊の連中がいた。タバコ、吸ってたんですよ彼ら。”ふつうに”(嗤い)、。それで「おまらなにやってんだッ」と。(中略)
福島に存在する駐屯地に放射線専門の部隊が存在している。駐屯地敷地内に汚染土を入れたフレコンバックが運び込まれ、訓練時のまきあげで吸入することを隊員がひそかに懸念している。自分はスーパーバイザーにその話を向けた。彼は話し続ける。
「ーだから(被曝防護対策を)やってた人間(自衛隊員)とやってない人間がいた。内情はわからない。それでオフサイトセンターの、大熊のね。そこに行った時に車の上からふつうに作業してた。だから「おまえら何やってんだッ。放射線量高くっておれの顔見ろッ」って言ったらびっくりしたんですね。
「こっちはカッパ着て、ゴーグルしてテープで回り貼って、ってやってるわけだ。で、「なにやってんだッ」って言った瞬間ですね。3号機が”爆発”した、。目の前で。雲がばあ、、と上がって。(もう終わったー。)と思いました。」
元スーパーバイザーは続けた。「『なにやってんだッ』て言ったら、(無防備の自衛官)『何も聞いてません』て言うのね。だから「すぐにオフサイトセンターに入れッ」と。そしたら自衛官の人がシンチ持ってたんで。測った。振りきれてた、。30μまで測れるんですけどもう全然、だめだった。ー
posted by ZUKUNASHI at 10:20| Comment(0) | 福島原発事故

原発立地市町村は 補助金だけに頼らない地域振興が必要

資源エネルギー庁 2018-07-19
原発だけに頼らない、持続的な街おこし
原子力発電(原発)は、石油などの化石燃料に乏しい日本において、エネルギー政策上の重要な役割を担ってきました。そんな原発の設置に協力している自治体は、日本のエネルギー政策を支える存在だといえます。今回は、そのような原発立地地域で近年進められている、補助金だけに頼らない持続的な地域振興の取り組みについて見てみましょう。

※ 首都圏反原発連合 @MCANjpの2018/7/19のツイート
【補助金だけに頼らない持続的な地域振興の取り組みについて見てみましょう】。#エネ庁広報 がなぜわざわざ今この記事を? 再生エネで地域活性、の流れが強くなり原発立地に原発を手放すことがないようにしたいのでしょうか?(TH)

※ maruo yukifumi @maruo_yukifumi氏の2018/7/20のツイート
統計を見ると、原発立地自治体は全国平均よりも人口は減少し、高齢化も進んでいる。地域の活性化になっていない!

※ 桑ちゃん @namiekuwabara氏の2018/7/21のツイート
最初だけですよ活性化するのは。福島県双葉町や富岡町は震災前財政難で「第二の夕張」と言われていた。建設当初の箱物が負担となっていたし、年々交付金(固定資産など)も減少する。原発依存度高いとまた新しい原発作ってくれ状態になる。双葉町は井戸川さんの前の方が失敗政策してるんだけどね。
posted by ZUKUNASHI at 07:54| Comment(0) | 福島原発事故

Ecuador to hand over Assange to UK ‘in coming weeks or days,’ own sources tell RT's editor-in chief

RT2018/7/20
Ecuador to hand over Assange to UK ‘in coming weeks or days,’ own sources tell RT's editor-in chief
Ecuador is ready to hand over the WikiLeaks founder to the UK in “coming weeks or even days,” RT editor-in-chief Margarita Simonyan said citing her own sources, as prospects of his eviction from the embassy are back in the media.

“My sources tell [Julian] Assange will be handed over to Britain in the coming weeks or even days,” Simonyan wrote in a recent tweet which was reposted by WikiLeaks. “Like never before, I wish my sources were wrong,” she continued.

Simonyan's message comes, as speculations Ecuador is in talks with the UK over the future of Assange are back again in British press. Earlier this week, the Times reported Britain is locked in top-tier discussions with the Ecuadorians in a bid to remove Assange from their London embassy.

Sir Alan Duncan, the Foreign Office minister, is said to be spearheading the diplomatic effort. Sources close to Assange said he himself was not aware of the talks but believed that America was putting “significant pressure” on Ecuador, including threatening to block a loan from the International Monetary Fund (IMF) if he continues to stay at the embassy.

The Times report comes just weeks before a visit to the UK by the newly-elected Ecuadorian president Lenin Moreno, who has labeled Assange a “hacker”, an “inherited problem” and a “stone in the shoe.”

There have been other worrying signs indicating Assange is steadily becoming a troublemaker for Ecuador. In late March this year, the Ecuadorian government has suspended Assange’s communication privileges with the outside world, cutting off his Internet connection at the embassy.

The move was sparked by Assange’s alleged breach of an agreement to refrain from interfering in other states’ affairs. Previously, he blasted the Spanish government for cracking down on the Catalan independence movement.

Assange has been holed up in the Ecuadorian embassy since 2012 when he asked the Latin American state for asylum. The 47-year-old was wanted by Sweden on sexual assault allegations, but feared the extradition would lead to him being transferred to the US and prosecuted without a fair trial.

The US has been saying that Assange was “engaged in terrorism,” with Attorney General, Jeff Sessions, last year calling his arrest a “priority.” Over the years, WikiLeaks has published hundreds of thousands of classified US files, including the cables on the Iraq War, leaked by whistleblower Chelsea Manning in 2010.

Despite the Swedish investigation against him being closed in May last year, the Australian journalist was still unable to leave the embassy because of an outstanding British warrant for allegedly breaching bail conditions and no guarantees of him not being sent to the US.

Over the years, the whistleblower has been supported by activists and human rights groups, who demanded he be freed. A UN panel also found that Assange’s stay in the embassy amounted to “arbitrary detention,” but it wasn’t enough to change his fate.
posted by ZUKUNASHI at 00:20| Comment(0) | 国際・政治