ずくなしの冷や水

2018年07月20日

ロシアの刑務所 拷問の記録映像が流出

RT2018/7/20
Shocking VIDEO shows torture in Russian prison, authorities launch probe
Russian authorities have launched a criminal probe after gruesome footage showing a prisoner being tortured in a Russian jail emerged online. It shows a half-naked, handcuffed man being severely beaten by multiple guards.

Russia’s Novaya Gazeta newspaper published the video on Friday, but says the incident took place in June of last year in a prison in the central Russian city of Yaroslavl.

Around a dozen officers were filmed beating a prisoner, who’s lying on the table, with batons and fists on his legs and heels, and also pouring water on him. The footage was reportedly filmed by a Federal Penitentiary Service officer and was provided to the newspaper by lawyers of the Public Verdict Foundation, a human rights organization.

The prisoner, whose name is Evgeny Makarov according to the paper, reportedly choked and lost consciousness several times, pleading with the guards to stop.

Russia’s Investigative Committee has launched criminal proceedings for violent abuse. Earlier, the Federal Penitentiary Service of Russia in Yaroslavl Region also launched a probe into the incident and said that all perpetrators will be held accountable.
posted by ZUKUNASHI at 23:42| Comment(0) | 国際・政治

Russian Envoy: OPCW Report Failed to Clarify Delayed Inspection in Syria's Douma

Ann Coulter
‏認証済みアカウント @AnnCoulter
Hey, remember when Trump bombed Syria last April because U.S. INTELLIGENCE found that Assad had used sarin gas? REPORT: NO SARIN. NO NERVE GAS.

OPCW Issues Fact-Finding Mission Reports on Chemical Weapons Use Allegations in Douma, Syria in 2018 and in Al-Hamadaniya and Karm Al-Tarrab in 2016.

FARSNEWS2018/7/20
Russian Envoy: OPCW Report Failed to Clarify Delayed Inspection in Syria's Douma
TEHRAN (FNA)- Russian Ambassador to Syria Alexander Kinshchak said Wednesday that the Organization for the Prohibition of Chemical Weapons (OPCW) interim report on the probe into the incident in the Syrian city of Douma has failed to clarify why the mission’s inspectors did not arrive on time to the site of the incident.

"We [Russia] did not like the report because it does not mention the reasons that kept OPCW inspectors from arriving on time to the site of the alleged chemical incident. They arrived in Damascus on time. We promoted this and encouraged it in every possible way. However, it took a long time for them to get to Douma from Damascus. Why? Nothing is written about it in the report. And it happened because on April 14 the United States and their closest allies … carried out a massive missile and bomb attack on Syria," Kinshchak told the Rossiya 24 broadcaster.

The OPCW Fact-Finding Mission (FFM) said in a report on July 6 that the investigators found no traces of nerve agents in the environmental samples or samples collected from alleged casualties of April's reported chemical weapons attack in Douma.

At the same time, OPCW experts stated that they had found traces of organic substances containing chlorine, along with explosive residues. The FFM pledged to continue its work to draw final conclusions.

The OPCW has been probing the allegations of the use of chemical weapons in Douma that emerged in early April.

Without waiting for the probe's results, the United States, backed by France and the United Kingdom, promptly fired over 100 missiles on what they called the Syrian government’s chemical weapons sites, accusing Damascus of using hazardous substances against civilians.

Both Damascus and Moscow have refuted allegations, saying that the attack in Douma was staged by militants and the White Helmets non-governmental organization to influence public opinion and justify foreign intervention.
posted by ZUKUNASHI at 21:41| Comment(0) | 国際・政治

Classify Salisbury, Amesbury Cases as Harboring of Criminals

FARSNEWS2018/7/20
Classify Salisbury, Amesbury Cases as Harboring of Criminals
TEHRAN (FNA)- The Russian Foreign Ministry said in a statement that if the UK classifies the Salisbury and Amesbury cases, Moscow will interpret it as an attempt to hide the masterminds and perpetrators of these crimes.

Russia intends to exert political pressure on the UK side in Skripal case, Russian Ambassador to the UK Alexander Yakovenko said, adding that "these are reports in the media, no official statements of the British side, unfortunately. I want to hear from Scotland Yard, from the Foreign Office. Many versions in the newspapers are not confirmed at the official level", Sputnik reported.

According to him, the embassy has repeatedly asked the British Foreign Ministry to confirm various versions, but hasn't received any substantive answers.

Yakovenko intends to meet with the new head of the British Foreign Ministry, Jeremy Hunt, and discuss bilateral relations and the Skripal case.

"I was just informed at the embassy that I received a letter from the First Deputy Minister of Foreign Affairs, where the new Foreign Minister sends me greetings, and I plan to resume my offer to meet with Foreign Minister Hunt and discuss Russian-British relations. I did not get such a meeting with the previous minister [Boris] Johnson, I think he did not have the opportunity to operate on certain data," Yakovenko said on the eve of the ambassadors' meeting.

FARSNEWS2018/7/19
UK Investigators Claim They Have Identified the Skripals' Attackers
TEHRAN (FNA)- UK investigators believe they have identified the suspected perpetrators behind the A234 nerve agent attack on the Skripals.

UK Investigators have identified several suspects through CCTV and have cross-checked the footage with records of people who entered the country around that time, Sputnik reported.

UK National Security Adviser Mark Sedwill told the UK lower house defense committee in early May that no suspects had been identified in the March attack on the former Russian intelligence officer Sergei Skripal and his daughter Yulia in Salisbury.

Skripal and his daughter were found unconscious on a bench near a shopping mall in Salisbury in early March.

The United Kingdom and its allies have accused Moscow of having orchestrated the attack with what UK experts claim was the A234 nerve agent.

Russia has denied having any role in the poisoning, pointing to the lack of evidence provided by London to substantiate its accusations. Moscow has also released a list of questions addressed to the UK authorities on the case.

Russian Foreign Minister Sergei Lavrov, for his part, signaled Moscow's readiness to provide assistance in the probe into the Skripal case, stressing that Russia hadn't been provided with any specific facts proving its involvement in the Skripals' alleged poisoning.

London has refused to cooperate with Russia on the case, or provide samples of the substance allegedly used against the Skripal family.

Both Skripals have been already discharged from the hospital.
posted by ZUKUNASHI at 21:36| Comment(0) | 国際・政治

ハシバミ

自分でもハシバミの木を撮影した記憶があるがここにはアップしていないようだ。とりあえず海外の方の画像を。ヘーゼルナッツの実です。
posted by ZUKUNASHI at 18:04| Comment(0) | 木々と知り合う

双葉町中間貯蔵施設

福島民報2018/07/20
初の町有地契約 中間貯蔵施設で双葉町
 双葉町は十九日、東京電力福島第一原発事故に伴う中間貯蔵施設整備のために提供する町有地百十五ヘクタールのうち、工業団地や山林など約九・七ヘクタールについて環境省と契約を結んだ。
 中間貯蔵施設が立地する双葉、大熊両町で町有地の契約は初めて。同日、いわき市の町役場いわき事務所で開かれた町議会全員協議会で説明し、臨時議会で可決した。
 町が契約した土地は【図】の通り。九・七ヘクタールのうち六・四ヘクタールは山林で地上権を設定して町に所有権を残して土地を貸す。残りの三・三ヘクタールは双葉工業団地の分譲地の一部とのり面、あぜ道などで売却する。町によると、中間貯蔵施設の民有地の契約が面積ベースで七割を超えたことなどから、町有地の扱いを決めた。
 契約した町有地は除染で出た土壌を保管する施設が建設され、今冬以降の稼働が予定されている。今後も中間貯蔵施設の整備状況に応じ、町有地の扱いを決定するが、大部分は地上権による契約を結ぶ予定。
 伊沢町長は臨時議会終了後、記者団に「(町有地に隣接する)民有地の契約が終了しており、中間貯蔵施設の建設計画に該当している部分ということで判断した」と話した。
( 2018/07/20 08:13 カテゴリー:主要 )



posted by ZUKUNASHI at 17:51| Comment(0) | 福島原発事故

当面熱中症予防最優先に 熱中症は後遺症がある

※ ゆり @Liliumoon氏の2018/7/20のツイート
殺人的な暑さが原因なのはもちろんそうなんだろうけど、例えば311以降の被ばくで甲状腺がやられてなかったり、ホルモン系が無事だったら助かった人もたくさんいるのかも、と思う。

体のどの部分かよく知りませんが、体温の調節機能がうまく働かなくなれば熱中症になるのは当然のことでしょう。被爆影響を疑わざるえません。そうだとすれば、今年より来年、再来年と暑さが続けば病院が大混雑します。オリンピックの年は、どこかに避難したほうが良いかと思い始めています。

※ 管理人は、飲酒は疲れるので進んでは参加しないが、2018/7/19、知人から声がかかり飲み会に。
(外国人就労)
最近、俺のひいきの居酒屋が次々と店を閉めている。外国人の従業員だったのにある時から日本人従業員に変わり、程なく閉店した。
外国人の不法就労の取り締まりがあつたのでは? 従業員は日本語も話せたし、よく仕事をしていた。サービス業では日本人従業員を雇うと採算が合わなくなっている?

(ここ数年の気象の変化)
オートバイに乗らなくなったのは3年前くらいからかな。夏走っていると顔が痛くなったんだ。熱中症も経験した。水分を取らないとオートバイに乗っていても熱中症になった。コンビニでスポーツ飲料を買い涼しいところで30分ほど休んで回復した。
屋内で体を動かす仕事をしていても熱中症に近い状態が出ることもある。夜中に冷たいビールを飲んだりして体温を下げてやっと眠れる。

私は、談笑しながらビールを飲んでいたのだが、途中から自然の呼ぶ声が頻繁に。2時間半ほどですっかり酔いが回ってしまった。最近は飲んでいないからか、それとも加齢による体力低下か。この前、親戚の家で日本酒を飲んだ時はそんなに回らなかった。その前に新橋で地ビールを飲んだ時は酔いが回って電車を乗り過ごしてしまった。本当に体力が落ちている。

最近、熱中症で病院搬送という事例情報が多い。私のグリーンサウナも慎重にせざるを得ない。窓を開放し扇風機をかけているから被爆面では大きく後退、肥満改善は進んでいない。

熱中症予防が当面最優先だ。外出は短時間。バスも使おう。水を飲むとトイレが近くなるが、どうしよう。公園にはトイレがないし街中はもっと少ない。

・・・・・

※ 小倉庵 豆粒(とうりゅう) @oguraann_touryu氏の2018/7/20のツイート
真夏に田舎の田畑の空をヘリコプターが飛んでるの、あれは、熱中症で倒れてる人がいないか空から見てるんだって。
草刈りをしてるとき教えてもらった。消防車の巡回も同じ。めっちゃ見てくると思ったらそういう事なんだって。
・・・本当だろうかという気もするが。

※ りこ @riko_xx氏の2018/7/19のツイート
4年前になりますが、当時高1の息子が熱中症で死にかけて入院した時のことです。熱中症の怖さについて知ってもらえればと思います。退院後も通院を半月、年1回の腎臓検査が大学入学時まで必要でした→
→息子が熱中症で1週間入院しました。
かなりの重症で、点滴を連日6本と血液検査でした。
体中が痛いと言う息子を「寝てれば治るんじゃない?」と1日寝かせておいたのですが、夜になっても痛いというので「ごはんを食べて、薬飲んで、お風呂に入ったら。」と呑気に構えてた母親でしたが、→
→一緒に食事をしていた主人が「おい、これは熱中症だ!」と叫びました。びっくりしてキッチンからダイニングに行ってみると息子がまるでバケツの水をかぶったように汗をダラダラ流していて、顔は真っ白。 救急外来に連れて行き、そこで熱中症と診断されました→
→ 筋肉破壊が始まっていて、痛みはそのためでした。破壊された筋肉組織を体外に排出するため点滴がすぐに始まりました。血液検査で組織の数値が通常の2000倍になっていて排出できないと腎不全→透析のコースになると言われました。熱は微熱程度で意識もはっきりしてるのは、若いからと言われ、→
→半日遅かったら危険な状態だったとまで言われました。 今まで、スポーツで怪我などはしてきましたが、病気をする子ではなかったので、安心してたのが裏目に出ました。主人に風呂に入れてたら死んでたぞ!と言われてぞっとしました→
→医師が言う通り、息子は若かったから助かったのかもしれません。熱中症は恐ろしいです、ついさっきまで元気だった子が死ぬかもしれない事態にまで一気に持って行かれます。夜間休日診療は設備がないそうなので、おかしいと感じたら救急病院に連れて行って下さい。

※ 共同2018/7/20 10:41
埼玉で熱中症疑いの女性死亡
 埼玉県は20日、同県富士見市の女性(69)が19日夜に熱中症の疑いで死亡したと明らかにした。
posted by ZUKUNASHI at 15:40| Comment(0) | 社会・経済

子供を産めるようになったら女なの? そうでしょうね

#私が父親を嫌いになった理由 のツイートから

※ Nene‏ @6y_f1氏の2018/7/17のツイート
#私が父親を嫌いになった理由

初めて生理が来たとき、母に「お父さんには絶対言わないで!」と言ったのに、母がこっそり共有したらしく父と2人きりのときに
「もう女になったんだな」
と言われて吐き気した。子供を産めるようになったら女なの?思春期のわたしには気持ち悪くて仕方なかった。

・・・・・・

昔は初潮は祝うべき出来事ではなかったのだろうか。赤飯を炊いたり。

私の知人の外国人の男性は、離婚して娘と一緒に暮らしていたが、娘に初潮の兆候があったのを知り、親としての務めの一つの節目を迎えたととてもうれしく喜んだと話してくれたことがある。

子供が成長し成熟したことは、本来、素直に喜び祝福してよいことではないんだろうか。

父親の「もう女になったんだな」という言葉には、表現の巧拙はあっても、子供が肉体的に成人になったといううれしさ、安心、祝福の意、行動に気を付けてほしいとの願い、いろいろなものが含まれていると思う。言葉が粗野な父親でもそうなのだ。

男子の精通、女子の初潮、どんどん低年齢化しているのではなかろうか。体と精神のバランスがとりにくくなっている面もあるかもしれない。

・・・・・

2018/7/20に寄せられたコメントを掲載する。引用開始

私が初潮を迎えた時、母から聞いた父は
「そうか、それはお祝いしなくてはいけないね」と言ってくれたので
「成長していくということは嬉しいことなんだな・・」と安心し、この子のような気持ちにならずに済みました。

このお父さんの口調などで随分違ってくると思いますが、「女」という言い方が私は引っかかりました。
女の子にとって、異性として見られる(何か性的な感じを受け取る)ととても嫌悪感(というより恐怖感)があるのは、@父親 A教師や部活などのコーチ B医者 の順かなあ〜と思います。

何故かと言うと、その人達は養育、教育、治療という目的で近付いてきて密室に連れて行っても周囲は何も不思議に思わない立場の人達だからです。
そして、子どもという立場では@〜Bの人たちがすることにNOと言えないことがほとんどであるからです。

ですから、父親なら「男だろうが女だろうが自分の子ども」という対象として
教師なら、「男子だろうが女子だろうが自分の生徒」
医師なら「男性だろうが女性だろうが自分の患者」という対象ではなく少しでも異性として意識しているという言動があると、本当に不安になります。

子どものときは、「性的に意識されている」ということの意味がよくわからなくても恐怖感、危機感は感じます。
これは、「父親のファッションセンスがいまいちだから嫌」といった感覚とは次元の違うものです。

実際、子どもの時に友達から「お母さんがいない時にお父さんが布団に入ってくる」といった相談を受けたという知人がいました。
その意味が何なのかわからなくても、自分が虐げられていることは感じます。
そういう要素を持っている人物が自分の親である場合があるわけで嫌悪感を感じる感覚を持っている方が、自分を守る為でもあると思います。

本来は、子どもを守る立場にいるのが大人であるし、少なくとも子どもにそのような気持ちを抱かせない振る舞いができるのが大人であるべきなのですが。
そして、嫌悪感を持ってしまう自分が悪いのではないんだよと
言ってあげられる大人が近くにいることが必要なんだと思います。

・・・引用終わり・・・

このような年ごろの娘を持つ男性でこのブログを読むような方は、概して優しい性格ですから、上のツイートにあるような言葉は吐かないでしょう。それでも、上のコメントは、娘たちの心情を理解するうえで大きな助けになると思います。
posted by ZUKUNASHI at 14:04| Comment(5) | 国際・政治