ずくなしの冷や水

2018年07月31日

2018/7/12から 線量率と台風の動き 熱波 酷暑

2018/7/12、深夜になって中四国、関西で0.2μSv/hに届くスパイクが出ています。全国的に風が弱く、東北に雨が残っています。

管理人自宅北側、上がっています。2018/7/12〜13


20178/7/16、17 この暑さの中で各地でスパイクが立っています。

※ 桑ちゃん @namiekuwabara氏の2018/7/17のツイート
また、福島第一原発MP-7ハイになってるね。やっぱり機器以上じゃなくダストあげるもの近くにあるんじゃない。しかも全体的にダスト上がってるし、Kr85減少しない理由と関係してるのかな。なんか隠してない東電さん。作業する方にも知らせていないのかな?

※ 桑ちゃん @namiekuwabara氏の2018/7/17のツイート
Kr85(クリプトン85)は何処でわかるの?という方いますが、この表の「原子炉格納容器ガス管理設備気体状放射性物質濃度(長半減期希ガス)」がKr85濃度です。http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/pla/2018/images2/csv_6h_data_34u-j.csv
前にこのCSVをグラフ化して公表していた人いたのだがなくなった。
助かっていたんですがね。



2015年08月09日
えらい画像が出てきた F1からモクモクと

空撮映像で左の林の際から特に大量の水蒸気が噴出しているように見えた。MP7の近くになる。



最近の画像、敷地の南端で雲が大きく膨らんでいます。


2018/7/17 青森県の広い地域で空間線量率上昇、六ケ所村から放射性物質放出の可能性


関西、中四国で0.2μSv/hを超えるスパイクが出ています。

2018/7/18午後、東北でスパイクが出ています。

京都




2018/7/20、福島県、宮城県で降雨もないのに線量率が上昇しています。


九州の降雨地域で線量率上昇。降雨の範囲は広がらないようです。

2018/7/21、全国各地で線量率のスパイクが見られます。

2018/7/23、夜遅くになって栃木県南部で雷雨があったようで空間線量率が上がっています。
小山市 県小山庁舎 空間線量
・現在: 0.064 μSv/h
・平均: 0.05 μSv/h (過去30日平均)

この暑さで地域的に雷雨が生ずるでしょう。上空にたまった放射性物質を運んできます。

2018/7/24夜、栃木県の一部で降雨、線量率が上がっています。

2018/7/25 12:39 神奈川県小田原市は今雨でしょうか? 空間線量率がすこし上がっています。私設MPでは引き続きスパイクが出ています。

小田原はやはり降っていました。午後5時過ぎ、東海、岐阜、九州で夕立のようです。

2018/7/26、北東の風で東京地方は涼しいのですが


2018/7/27、東北でにわか雨のところがあり線量率が上がっています。雨のないところでも上がっています。

15時半現在南九州で降雨、一部で線量率が上がっています。


2018/7/28 管理人自宅




2018/7/28、午後3時管理人の住む地域では風が強まっていますが、それほど強くはありません。雨が強まっています。台風が最接近したはずです。

午後5時半現在風雨が強いです。東の風。強い雨の地域は西に移りつつあります。次は18時現在の見込み。


地表近くを強い風が吹くとスパイクは出ますが、MPの線量率の平均値は上がりません。管理人自宅で19時半0.2μSv/hが出ています。これは珍しい。雨が上がり風が少し残っています。

ライブドアニュース
‏認証済みアカウント @livedoornews
【厳重警戒】台風12号、気象庁が緊急会見「特別警報を待たずに避難を」
http://news.livedoor.com/article/detail/15077833/

ホワイトフードのマップに障害が出ています。

西日本の降雨量は心配されていたほどではなかったようです。
管理人の自宅では午前に雨がぱらつきましたが昼過ぎにはすっかり上がり南風で温度が上がっています。

新潟はフェーン現象、35度以上。



2018/7/31、東北南部は東から西に風が流れています。このため福島の西側に位置する県ではスパイクが立っています。

明日から3日ほど東京地方の最高気温35度。うんざりします。空気は少し乾いてきた感じですが。
posted by ZUKUNASHI at 19:53| Comment(0) | 福島原発事故

海霧なるものはこんなに濃くてさーっと通り過ぎていくものなんですか 2

2018/7/16 02-11-24 4号機側から


2018/7/16 02-14-24 1号機側から


2018/7/16 02-23-24 4号機側から

上の画像が決定的です。海霧ではありません。4号機側のどこかから蒸気が出ています。共用プールかその北側、さらにもう一つ北側の建物の辺りです。共用プールは地下に被害が生じたとされていますが、復旧策の発表がありません。

2018/7/16 02-26-24 1号機側から


・・・・・

海霧であれば、F1構内広しとは言え、1号機側と4号機側でこんなに濃さが違うでしょうか。1号機北側から4号機南側まで約430mです。

2018/7/19 15-26-50 4号機側から


2018/7/19 15-32-50 1号機側から


2018/7/19 15-38-50 4号機側から

posted by ZUKUNASHI at 17:38| Comment(0) | 福島原発事故

被ばくした身に化学調味料は禁忌らしい

※ リュウジ@料理研究家 @ore825氏の2018/7/27のツイート
この記事凄いな・・・飲食店の大半がうま味調味料を使用しつつも隠すのが大半だった
でもご当地グルメとまで言われる台湾ラーメンの決め手が味の素だと言い切るとは、ロック過ぎる
https://www.ajinomoto.co.jp/foodservice/useful/butaiura/09/

・・・引用終わり・・・

リンク先の味の素KK業務用食品サイトの画像にはびっくりさせられる。

ラーメン店で鼻血とか眠り込むなどの事例が多数伝えられている。

※ 成り上がりのSKT @syoukiti021888氏の2018/7/28のツイート
さっきサービスエリアでラーメン食べてたんですが急に鼻血が出てきまして、ラーメンが血で染まりあがったんですけど
やぱーって言ってたらとなりのお客さんがティュシュ片手に「これどうぞ使ってください」って譲ってくれたんですがほんとに優しさをかんじました。この世は優しさで出来ているんだな。

※ ぎみげ @gimmicgame_tw氏の2018/7/27のツイート
ラーメン食ってて鼻血出てたの気付かなくて知らないお姉さんに指摘される恥ずかしさよ

・・・引用終わり・・・

東南アジアでは、鯖缶の中身に化学調味料を山のようにかけて道路に置いておくと野犬がそれを食べて酔っぱらったようになると聞く。

これだ。

優のブログ
味の素が人体に引き起こす重大危険性 〜これは事実で有り真実です!!最後までお読み下さい!!〜
日本でも“暴力バー”(私には暴力バーとは皆目見当が付きませんが、たぶんキャバクラ店の様な場所だと推測します。)のホステスが酒に「味の素」を振りかけお酒を飲ませた所、
酔客を前後不覚にさせ金品を奪う事件も起こっているのです。
「味の素」の急性神経毒性は一般人にも多く知られている事なのです。

・・・引用終わり・・・

ストロンチウムでそんなに急性障害が出るものだろうかと疑問に思っていた。2015年の夏に記事を書いているからこのころから中枢神経障害が強まり、化学調味料の害との複合効果で事例が目に付くようになったのだろう。

逆に化学調味料が多量に含まれた食品や料理を食べさせて障害が出れば、中枢神経にも潜在的な障害が生じていることがわかることになる。

2015年08月18日 こってりしたラーメンを食べて眠くなる?

2015年09月07日 ラーメンの食べ過ぎで膵臓壊す?!
posted by ZUKUNASHI at 08:09| Comment(0) | 福島原発事故

米国がイランを爆撃する!?

RT2018/7/30
Is Trump planning to strike Iran next month? Here’s what you need to know
A recent report claims the American President is looking to bomb Iran in yet another violent act of international aggression by the US.

At the end of last week, a bombshell report released by the Australian Broadcasting Corporation (ABC) claimed that the Trump administration is readying to bomb Iranian nuclear facilities as early as next month, further claiming that Australia may assist in identifying possible targets. The report cited senior figures within the Australian government, Australia being one of the key players in the so-called Five Eyes intelligence alliance which also includes the UK, Canada and New Zealand.

The report followed an infamous, all-caps tweet from Trump himself, in which he threatened Iranian President Hassan Rouhani that he will “suffer consequences the likes of which few throughout history have ever suffered before.”

Never mind that just the act of publishing this tweet alone is a clear violation of Articles 2(3) and (4) of the UN Charter, particularly the part that reads “All members shall refrain in their international relations from the threat or use of force against the territorial integrity or political independence of any state”, but the fact that the mainstream media decided not to hold these dangerous actions to account is concerning (though not surprising).

The report also followed US Defence Secretary James “Mad Dog” Mattis and US Secretary of State Mike Pompeo’s meeting with Australian Defence Minister Marise Payne and Foreign Minister Julie Bishop earlier that same week in California for the annual Australia-United States Ministerial Consultation (AUSMIN) talks.

Since the report’s release, Mattis openly denied the veracity of the story and its contents, describing it as “fiction.”

“I have no idea where the Australian news people got that information,” Mattis told reporters while being quizzed on the report. “I’m confident it is not something that’s being considered right now, and I think it’s a complete − frankly, it’s − it’s fiction.”

Australia’s Prime Minister Malcolm Turnbull also dismissed the report, saying that he had “no reason” to believe that an attack was imminent, further calling the report “speculation.”

Even Trump has repositioned his verbal attack on Iran, stating to a convention in Kansas City that “I withdrew the United States from the horrible one-sided Iran nuclear deal, and Iran is not the same country anymore…We’re ready to make a deal.”

So is the report a fabrication? Is it speculation, based on the ill-informed word of anonymous senior government officials? Or is it another stunt taken right out of Trump’s newly released playbook on how to deal with adversarial states?

Bear in mind that reports also previously emerged claiming that the Trump administration had been weighing up a limited strike plan on the Democratic People’s Republic of Korea (DPRK), all the while Trump’s Twitter feed was engaged in a war of its own with North Korean leader Kim Jong-un, following which no such strike ever eventuated. Not long after, the Trump administration and the North Korean leadership then agreed to begin a route on a diplomatic pathway, to which much credit was given to Donald Trump himself. Starting to sound a bit familiar?

Either way, we don’t know at this stage what to expect tomorrow, let alone next week or next month. With someone like Donald Trump at the helm, all bets are off the table. Even if we should expect a strike to be imminent, it seems there is little that can be done to prevent the attack before it is launched as the rest of us simpletons sit and wonder how beautiful that chocolate cake really is.

So let’s talk about what we do know instead.

We know that Donald Trump unilaterally pulled the US out of the Iranian nuclear accord, also known as the Joint Comprehensive Plan of Action (JCPOA) in May of this year. We know that in doing so, he warned all countries to stop buying Iranian oil by November 4, this year, reimplementing the sanctions that the JCPOA was supposed to have lifted off Iran’s shoulders. We know that there is little Europe can do to bypass these sanctions to maintain its economic relationship with Tehran, even if it tried.

We also know that in response to these looming sanctions, Tehran has threatened to block the Strait of Hormuz, through which 30 to 35 percent of the world’s maritime oil trade passes. We know that Iran is technically within its right to do so, and considering even a partial closure would be enough to rattle the global financial markets this threat should not be taken lightly, especially as desperation appears to plague Iran’s economic situation. Aside from developing its own cryptocurrency, there is little hope for Iran to bypass Washington’s economic warfare without threatening the US or its allies in the process.

According to CNN, the US is now considering the military options available to them to keep these vital waterways open, most likely using its proxy forces to do its bidding on its behalf, such as Saudi forces. Even Iran’s ally, China, has essentially warned against Iran’s pending closure of the passage, even as it has carried out joint naval exercises near the Strait with Iran in the past.

We also know that Islamic Revolutionary Guards Corps (IRGC) Major General Mohammad Hossein Bagheri has warned that Washington’s economic offensive is only a prelude to the real goal of the Trump administration, being a military attack.

We know that a military attack is most likely on the table in some way, shape or form, as Donald Trump appointed infamous mad man John Bolton as his national security advisor, who promised a regime change would take place in Iran by the end of this year. This is the same mad man that wrote an op-ed in the New York Times entitled “To Stop Iran’s Bomb, Bomb Iran.”

We also know that the US is planning to revive the so-called “Arab NATO” in an effort to directly confront Iran, with the White House openly confirming that it has been devising the concept of the alliance with its “regional partners now and have been for several months.” Currently known as the Middle East Strategic Alliance (MESA), its entire purpose appears to act as a buffer against “Iranian aggression, terrorism, extremism,” according to a spokesperson for the White House’s National Security Council.

That’s right – Iran, currently bombing or invading no one, as well as being one of the most heavily engaged entities defeating terror groups such as ISIS, is somehow the source of aggression, terrorism, and extremism in the Middle East region which actively needs confronting.

Tying these developments together is an incident that took place relatively quietly last Thursday, which saw a huge tanker with a shipment of oil from Saudi Arabia bound for Egypt damaged by a missile attack from the northern Bab el-Mandeb strait in the Red Sea which was launched by Yemen’s Houthi. Western media, in tandem with Saudi and Israeli media, have labelled the Houthi as an Iranian proxy. However, as I have pointed out consistently over the years, there is actually very little concrete proof of any extensive Iranian involvement in Yemen despite this relentless propaganda. Regardless, it should be clear where this rhetoric is headed in the long run.

We know that if the US cannot get to Iran directly, it has devised a plan to scale back its influence throughout the Middle East. We know that the US has taken over one-third of Syria, including some of its most strategic areas, as a means of countering Iran’s expansion in the region. We also know that this has been the goal all along underpinning Washington’s involvement in the country, under the disingenuous guise of fighting ISIS. According to CENTCOM commander U.S. Army Gen. Joseph Votel, the US military base in al-Tanf, Syria, provides opportunities for the US to indirectly influence Iranian activity “by the pursuit of our ongoing operations.”

How long, exactly, will America’s illegal operations in Syria run for, and to what extent will the US seek to disrupt Iran inside Syria?

We also know that commander of the Revolutionary Guards Quds Force, Gen. Qasem Soleimani, who also retorted against Trump’s anti-Iranian rhetoric, has the US worried that Iran may deploy Shi’ite militias to Iraq to strike US troops stationed there. Just to paint a picture of the headache that Soleimani poses to the US, one should note that he has reportedly been designated as a legitimate target for assassination by the US and Israel for some time now.

Furthermore, and perhaps most importantly, we know that the recent BRICS Summit, an economic thorn penetrating the backside of Washington’s warmongering foreign policy, also has its sights set on including Iran as an essential ally somewhere down the line. As far as the BRICS nations are concerned, an attack on Iran would most likely constitute an attack on the future of everything BRICS is trying to achieve.

In this context, Iran may have some familiar allies even as it is forced to withstand an unprecedented set of aggressive measures from the US and its lackeys. Either way you analyse this warpath we are on, the resulting scenarios are potentially catastrophic and far-reaching indeed.

A war with Iran might sound far-fetched and may indeed lead to some unfathomable consequences, but the groundwork for such a confrontation is being laid right before our very eyes and the corporate media is almost all but completely silent. Whether or not a missile strike on Iran is looming on the horizon, Washington’s war with Iran has already begun in more ways than one, and appears to be set to escalate until the US can achieve the collapse of the Iranian regime through direct or indirect means.
posted by ZUKUNASHI at 01:30| Comment(0) | 国際・政治

2018年07月30日

ラブロフが西側の軍事的な計画は掌握し対応策をとると発言

FARSNEWS2018/7/30
Russian FM: Moscow Is Aware of US, Western Military Plans
TEHRAN (FNA)- Russian Foreign Minister Sergey Lavrov revealed that Moscow knows what military actions Washington and its Western allies might be plotting against it.

“Our awareness of what plans the US and other Western countries’ militaries are nursing in relation to the Russian Federation is guaranteed,” Lavrov said on Monday, RT reported.

The US has been actively deploying its air-defense systems around the globe, including on Russia’s doorstep, in the Baltic states, and Japan. However, the country should not worry “no matter what happens in the world”, as its security is ensured, Lavrov stated, citing Russian President Vladimir Putin and new developments in the Russian Army.

Tokyo is planning to spend some $4.2 billion over the next 30 years to install and operate US radar systems on the new ground-based Aegis Ashore missile defense system.

Despite Japanese claims the systems are aimed at protection against North Korean missile threats, Russia has repeatedly protested their deployment, calling it “disproportionate” and possibly undermining “strategic stability in the northern part of the Pacific”. In 2017, Deputy Foreign Minister Sergey Ryabkov said that the systems’ appearance on Russia’s Eastern borders is “something we certainly cannot fail to take into account in our military planning”.

FARSNEWS2018/7/30
Japan May Withdraw Missile Interceptors as Korean Tensions Ease
TEHRAN (FNA)- The Japanese Defense Ministry is considering withdrawing on Monday surface-to-air Patriot Advanced Capability-3 (PAC-3) ballistic missile interceptors deployed in the country's North and West to counter possible missile launches from North Korea, according to a report.

According to the NHK, the Japanese Defense Ministry concluded that the situation on the Korean peninsula had sufficiently improved following the US-North Korea summit in Singapore in June, therefore reducing the possibility of ballistic missile launches by North Korea. It is considering the withdrawal of troops from Japan's Northern and Western regions on Monday as well.

However, the defense ministry noted that a special order on "destruction measures" against ballistic missiles would remain in force in order to counter any possible missile launches.

It is also taking steps to be able to promptly deploy PAC-3 defense systems if the situation on the Korean Peninsula deteriorates.

The Japanese Defense Ministry is also expected to retain a PAC-3 unit in Tokyo's Ichigaya district.

The situation on the Korean Peninsula has significantly improved within the last several months, with North Korean leader Kim Jong-un having held two rounds of talks with South Korean President Moon Jae-in and a top-level summit with US leader Donald Trump in Singapore.

In August, Japan deployed PAC-3 defense systems in prefectures of Shimane, Hiroshima, Ehime, and Kochi in response to North Korea's announcement that it has a plan for a potential missile strike near the US Pacific island territory of Guam. In September, the Japanese government decided to deploy an additional PAC-3 unit in the Northern city of Hakodate after a missile launched by Pyongyang flew over Japan's Northernmost island of Hokkaido.
posted by ZUKUNASHI at 22:52| Comment(0) | 国際・政治

カナリア 当人にしか分からないことですが 汚染地にいる故かも

※ めいちゃん @snoopymaygon氏の2018/7/15のツイート
カナリア友だちと一緒にいて、急に痒いプツプツが出て来たり、頭数と胸に圧を感じて、彼女の顔を見たら、目が合うと同時に「やっぱり〜?」ってことが何度も。

もう笑っちゃうくらい同時(^^;)

・・・引用終わり・・・

同じような方、おられますか?

※ くららんさんから
自分もかなりのカナリアです。(;;)
関東の親戚の手紙を受け取ったその日、触った場所は蕁麻疹、その後、封筒か便箋かについていた放射能?が身体に入ったらしく発熱とひどい下痢・・・・。
すごい汚染だなあ〜と改めて認識。
もう、日本には住めそうもないので、今年中に原発のない中国内陸部に移住考えています。。
カナリアのたわごとでした。。

・・・・・

冒頭に引用したようなカナリアさんなら、関東に住むのはまず無理だろうと考えて、急遽開催したコンテストでしたが、エントリー1名だけ。

関東にはそんなにおられない? 汚染地域から汚染の少ない土地に移ると一時的に体調が悪化することがあるんだそうです。

でも、今日記事を書きながらふと思いつきました。中京から近畿の一部に避難した方の中にはカナリアさんが多いのではないかと。

2018年07月30日 名古屋 ベータ線熱症の原因は何だろう

2018年07月30日 次なる原発事故のときは逃げおおせてみせる? はぁー 立派ですね!

2018年07月29日 中京から西にはセシウムとは異なるガンマ線源が多い?

カナリアさんは、体調悪化を感じた時にはF1からベータ線源が飛んできたと疑うようですが、確かに飛んできていてもそれは7年前に飛んできたものかもしれません。

そしてベータ線を検出できる個人用測定器で測ったりしておられるようですが、それが検知するのは日々崩壊しているウラン系列の核種の出すベータ線を拾っているのかもしれません。

関東にお住まいの方でも、ベータ線源の多い場所に踏み入ると体調変化を感じるはずです。被ばく累積度の大きい方ほどその変化の度合いは大きくなるはずです。

管理人は現地調査をしていますが、これまでの最高がMAZURで250cpmですからカリフォルニアのサーファーズビーチや桑ちゃん氏の測定値に比較すれば、おとなしいものです。
posted by ZUKUNASHI at 21:08| Comment(2) | 福島原発事故

イランが欧州4か国とイエメン停戦について討議

FARSNEWS2018/7/30
Spokesman: Iran Welcomes Halt to War in Yemen
TEHRAN (FNA)- Iranian Foreign Ministry Spokesman Bahram Qassemi underlined that the war in Yemen should come to a halt, and said the Islamic Republic will have more talks with the European countries on how to resolve the problem.

"Negotiations with Europe in different fields, including economic cooperation, is underway and we are going to discuss Yemen with four European countries of Germany, France, Britain and Italy," Qassemi said in his weekly press briefing on Monday.

He underlined that holding talks on Yemen is a necessity and since the situation is deteriorating in that country all states should do their best to resolve the Yemeni issue.

In relevant remarks in late July, Qassemi voiced his country's support for statements by a number of political figures of the Muslim states to bring to halt the war in Yemen for a period of three months.

"Iran has from the very beginning of the devastating war called for immediate cessation of hostility and Foreign Minister Mohammad Javad Zarif presented a four-item solution to end war," the Iranian foreign ministry spokesman added.

Qassemi's remarks came after a number of political figures in Muslim countries called for a three-month cessation of war in Yemen.

The Iranian foreign ministry spokesman reiterated that Tehran will always support any proposal to pave the way for putting an end to the war through dialogue and diplomatic solution.

Qassemi appreciated sense of responsibility of the political figures, and said, "Iran is ready for any assistance to fulfill the proposal."

The Iranian foreign ministry spokesman, meantime, called on the international community, the Islamic states in particular, to step up efforts to stop the devastating war.

The plan proposed by Iran to put an end to war in Yemen includes abandoning hostility, establishing immediate ceasefire, dispatching humanitarian aid and starting political talks between the Yemeni parties as well as establishment of inclusive government in order to achieve sustainable peace in Yemen.

In relevant remarks earlier in July, Iran's Ambassador and Permanent Representative to the United Nations Gholamali Khoshrou called on the UN and the international community to stop massacre of children by the Israeli and Saudi regimes in Palestine and Yemen, respectively.

"We call for the accountability for the war crimes against children committed by anyone, everywhere, to be in Palestine, Yemen, Myanmar or elsewhere," Khoshrou said, addressing the United Nations Security Council debate on children and armed conflict.

The Iranian ambassador to the United Nations said that adopting a selective approach in such cases is tantamount to betraying the most vulnerable people, children, whom this process is designed to protect.

Also in early July, Iranian President Hassan Rouhani announced that his country is in talks with a number of European states to help efforts to end the plight of the Yemeni people created by the Saudi-led war.

"We had good talks on the regional issues and the problems in Yemen and the pressures exerted on the Yemeni people as well as the humanitarian acts that all countries should do, including cooperation between Iran and the European states," President Rouhani said in a joint press conference with Austrian Chancellor Sebastian Kurz in Vienna.

"Today, we are in talks with four European states on Yemen and we are interested in easing pressures on the Yemeni people and its way is through ending assistance to Saudi Arabia, and Saudi Arabia should feel that it faces no way but peace," he added.

"Everyone should believe that the solution to the problems in Yemen is political and Yemeni-Yemeni talks and the Yemeni issue will not be resolved militarily," President Rouhani said.

FARSNEWS2018/7/30
Yemeni Popular Forces Intensify Attacks in Southern Saudi Arabia
TEHRAN (FNA)- The Yemeni popular forces of Ansarullah intensified their field operations in southern Saudi Arabia this past weekend, targeting the Saudi Army’s positions in several areas near the Yemeni border.

Beginning with the Jizan region, the Yemeni forces were able to inflict heavy damage on the Saudi military’s positions near the Alib Crossing, the AMN reported.

The Houthi forces would then launch a powerful attack on the strategic Al-Dukhan Mountain, which is where they managed to score a big advance earlier in the week.

Meanwhile, in the Najran province, the Houthi forces struck the Saudi Army’s defenses in the Sudis and Al-Shabakah areas; this resulted in a short battle on Sunday.

The Houthi forces intensified their field operations in southern Saudi Arabia after the Arab Coalition resumed their powerful assault on the port-city of Hodeidah.

The Hodeidah Port is the humanitarian lifeline for the Ansarullah-controlled areas in Yemen if lost, it would leave millions under a land, air, and sea siege.
posted by ZUKUNASHI at 20:41| Comment(0) | 国際・政治

次なる原発事故のときは逃げおおせてみせる? はぁー 立派ですね!

次のグラフは、2011/3/12から3/31の測定局ごとのSPM日平均値を県ごとに平均して県別、日付順に並べたものです。

言うまでもなく、SPM濃度が高くても放射能が高いとは限りません。SPMの起源もいろいろありますが、次のグラフを見ればどこかに大量に放出している源があり拡散具合が表れていると理解できるでしょう。そう感じられない方にはこの記事は無意味です。

個別に見ていきましょう。まず3/13、3/12の夜遅く南相馬市で空間線量率が大きく上がりました。F1発のプルームが北に流れたのです。これは3/13まで続きましたから3/13の北東北のSPM濃度が高くなっています。

3/14は昼前に3号機が爆発しました。3/15は関東を強いプルームが襲いました。神奈川の濃度が上がっています。ただ、これに劣らず岐阜、愛知、三重、滋賀、兵庫の濃度が上げています。

3/15の朝東京から逃げた方は、東京都内の移動で被爆し、さらに行き先の新幹線を降りたところで先回りしたプルームの歓迎を受けています。早々と避難したのに被爆症状が強い方の中にはこのケースが見られます。

3/16、3/17、3/18のSPM濃度は全般的に低位にとどまりました。しかし、3/19の3号機などへの大量放水開始とともにF1周辺ではなく遠く離れた北東北でSPMが大きく上がりました。

3/20、関東をプルームが襲っていたことは、筆者は大気汚染測定用ろ紙のセシウム濃度測定結果で知りました。このプルームは関東へは銚子付近から上陸し、おおむね利根川に沿って西に進み群馬、栃木に至ったのはわかっています。さらに南にも広がり東京と神奈川の県境付近まで広がったことも把握していますが、これほどの規模で東京、神奈川をむしろ底とするように全国に広がっていたことはこのSPM濃度の分布で初めて知りました。



3/21は、東葛に濃厚汚染をもたらしたプルームが襲来し、神奈川から静岡に抜けた日です。この日は雨でしたのでSPM濃度が抑制されたものとみられます。埼玉が山のピークにあり、宮城の濃度も高くなっています。

3/25は全国的にSPM濃度が上がりました。原因事象がつかめていません。

そして、3/30も全国的に上がっています。このときは北陸、中京、近畿の方が山形や茨城と同等、またはそれ以上という形になっています。これも原因事象がつかめていません。



上のSPMの分布から見る限り、関東からSPM濃度が低い時を選んで避難することは難しかったでしょう。実際には、モニタリングポストの値を参照するわけですが、事故があればモニタリングポストの計測値の表示が止まります。

一般乗用車では放射線を遮蔽する力は弱く、常に換気が行われています。飛行機は上空の放射性物質の濃厚浮遊空間を飛ぶこともあります。

何としてでもすぐに避難するのであれば家族人数分のガスマスクを用意しておくことです。
posted by ZUKUNASHI at 17:00| Comment(0) | 福島原発事故

名古屋 ベータ線熱症の原因は何だろう

2018年07月29日 中京から西にはセシウムとは異なるガンマ線源が多い? の続き

※ onodekita ‏@onodekita 氏の2013/12/9のツイート
@tokaiama 2011年5月頃の名古屋では、小学校の運動会で妙に赤く日焼けした子供が多く、皮膚科が首をひねっていました。恐らく、何らかのベータ線熱傷だっただろうと考えています。

※ くぼたまお ‏@minminmiracle 氏の2013/12/9のツイート
@onodekita @tokaiama はじめまして。名古屋市内で3月事故の16日朝?でしょうか、起きたら頬がヒリヒリして軽い火傷したような感覚になりました。両手腕と両太腿も同じ感覚でした。前日昼に急な大雨の際車中でした。私もβ線・・と思いました。私だけ。家族には症状無しです。

・・・引用終わり・・・

次は前の記事に掲げた表に橙と緑の枠を付しました。
検体2-1、2-2、2-4の欄に黒数字があるのはガンマ線の測定値。橙色の枠は崩壊時にベータ線を出す核種を示します。緑枠は枠の最上位にある核種が1個崩壊するとそれが短時間のうちに次々と別の核種になり下の方にある核種に変わっていくことを示します。永続平衡、放射平衡が起きやすい崩壊系列の範囲です。



前の記事で中京から西の地域では、セシウムと異なるガンマ線源が相対的に多く降ったとの筆者の見解を示しました。その核種はウラン系列の子孫核種ではないかと考えています。

上に掲げた名古屋地域でのベータ線熱傷とみられる日焼けや皮膚のヒリヒリ感の事例が長く筆者の謎として残っていましたが、前の記事に書いた推論を使うとこの点も理解可能になります。

ベータ線熱傷を引き起こすベータ線源として最強なものはストロンチウム、その娘核種のイットリウムだろうと筆者は考えています。宮城県南部や福島県北西部にはストロンチウムの降下が多い地域があるようですが、名古屋に関してストロンチウムやイットリウムが特に集中的に降ったとは考えにくいです。奈良ではストロンチウムが降下したのではないかと疑われる事例もありますが。

また、キセノン133もベータ線源ですが半減期が5.2日と短く、2011/5頃に出た日焼け状態の原因になるとは考えられません。

ウラン238の崩壊系列では、橙色の枠内の核種がベータ線を出します。二つの枠の間にはウラン234などの半減期が特に長い核種がありますので、ここで崩壊に時間がかかりいわば堰き止められたような状況になります。

名古屋でのベータ線熱傷の原因物質が福島第一原発事故後に降下したウラン系列の核種によるものだと仮定すれば、急にベータ線が増え、しばらく経つとそれが少なくなったわけですから下の方にある橙色の枠内にある核種の出すベータ線よりも上にある橙色の枠内にあるトリウム、プロトアクチニウムのベータ線の影響が大きかったのではないかと考えられます。

仮にトリウム234とラジウム226が同じ原子数降下したすれば、トリウム234は240日ほどで当初降下分は崩壊しつくしますが、ラジウム226は半減期1600年ですから240日での崩壊数はごくごくわずかです。

2011/5月なら事故から2か月、60日程度が経過しているでしょう。トリウム234はすでに当初降下分の4分の3以上が崩壊し、当初降下分から出るベータ線はほぼ出尽くしています。

上から二つ目のツイートでは、ベータ線によるとみられるヒリヒリ感が福島第一原発事故後に生じたことがわかります。岩手県南部では、福島第一原発事故後に幼児が体のかゆみを訴え、夏でも寒いと厚着をしていたとの例があります。

上のように考えると、一宮市のモニタリングポストで2015年の半ばころまで空間線量率が上昇傾向を続けたのはウラン系列の核種の崩壊が順次進行しガンマ線源が増えたことによるものであり、2015年半ば以降は「永続平衡」と呼ばれるような状況に達した、あるいは達しつつあるということではないかと解することもできます。

同様な例はCTBT高崎観測所のビスマス214でも見られることは前の記事に書きました。

名古屋の東山動物園では、動物が次々に死亡しました。洗浄しないものを与えられていればウラン系列の核種がたっぷりついていたかもしれません。内部にももちろん含まれていますが。

ウラン系列の核種が相対的に多く降った地域で、7年経過でも空間線量率が低下しないという場合、これからもガンマ線を測定した空間線量率は下がることが期待できないということにもなりましょう。

そして、ガンマ線が減らないのと同時にベータ線も減らないことになります。名古屋の人はみな浅黒くて健康的! ということになるのかどうかはわかりませんが。

さらに嫌なことを言えば、ガンマ線が減らない、ベータ線も減らないということは、アルファ線も減らないということになります。

上の推論が正しいとした場合、それらがこの地域の居住者の健康に長期的にどう影響するのかはおそらく人類がまだ十分な知見を持っていない分野になりましょう。ファルージャの悲劇などが伝えられていますが、詳しい疫学的な調査が行われているとは見えません。
posted by ZUKUNASHI at 08:49| Comment(0) | 福島原発事故

私は若い人に就農を勧めることはしません

日本で若い方に就農を勧めるのは適当ではないかもしれません。いずれまとめて書きますが。消費者が離れていくと思います。

※ hiino @iinoh
甘い基準値……(-_-;


※ akiyama @moriyuki777氏の2018/7/19のツイート
アメリカで厳しく使用制限されている危険な農薬「スルホキサフロル」が国内で使用許可されることが決まりました。もはや、全員知らなきゃマズイ「農薬」の話。

※ やのっち(。・ɜ・)d @_yanocchi0519氏の2018/6/30のツイート
“2020年にまで食料を自給する。”
プーチンが宣言してみせたのは、2015年12月のことだった。そして、この目標は、いまかなり達成されつつある。特に、プーチンが未来の成長産業と見なしているのが、ハイテク施設栽培を含めた近代的で利益があがる有機農業である。

※ やのっち(。・ɜ・)d @_yanocchi0519氏の2018/6/30のツイート
続》ロシア農業省のピョートル・チェクマレフ穀物局長は言う。
「食の独立は種子から始まる。ビジネスはより儲かっており、我々は誰にも依存しないレベルへと前進しなければならない。」
ロシアは、健康、環境、生物多様性への認められたリスクからGMOを禁止しており、脱GMO革命に邁進している。

※ エリック ・C @x__ok氏の2018/7/5のツイート
国鉄を見て見よ、電電公社を見よ、郵政を見よ。民営化というのはそれまでの国民達の財産を取り上げて、どこかの誰かが直接的に儲けることなのだ。国民から奪う行為。JRはそれで私鉄より安くなったか?過疎地域では廃止もされた。一等地の多くの土地は超高く売られ誰かが儲けた。新宿を見よ、品川を見よ

https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRq5gSKqGyo6TVgT4UCLN1UR17JWh1opmMmDG31RoQsAibvp_UtYA



イラクで、シリアで、イエメンで、リビアで、スーダンで、みな同じ。


※ 安保 隆 @AmboTakashi氏の2018/7/25のツイート
人口削減と日本の農業の壊滅などを目指す勢力が、気象兵器を悪用して連日の猛暑をもたらしている可能性が高い。http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-1703.html



posted by ZUKUNASHI at 01:06| Comment(4) | 福島原発事故

原発が見えるライブカメラ



次のライブ画像は牛が動き回っているのが見えます。感動的です。
希望の牧場1号機ライブカメラ(福島県浪江町) からソースを転記させてもらいました。


キャプチャー画面
所在地と福島第一原発との関係

Uストリームの画像は障害が出ているらしく見られません。(当方のPCの設定が悪いのかもしれません)
http://www.ustream.tv/channel/%E5%B8%8C%E6%9C%9B%E3%81%AE%E7%89%A7%E5%A0%B4
http://www.ustream.tv/channel/%E5%B8%8C%E6%9C%9B%E3%81%AE%E7%89%A7%E5%A0%B4?utm_campaign=JPER&utm_medium=FlashPlayer&utm_source=embed

※ 美澄博雅 @hiroma_misumi氏の2018/4/6のツイート
福島県浪江町立野後沢で日中の立ち入りが解除された後、東電からの被曝を訴え続ける牧場に到達、前の土壌を調べさせてもらった。2016年11月、地表線量2.48μSv/Hの土壌β線画像。放射能という見てはいけないものを見る緊張感がある。


玄海町ライブカメラ
値賀第1コミュニティーセンター

若狭美浜ライブカメラ


川内原発は、外観が見えるライブカメラがあったはずですが、見当たりません。

posted by ZUKUNASHI at 01:05| Comment(0) | 福島原発事故

2018年07月29日

イランの議会議長顧問がゴラン高原も取り戻せると檄

FARSNEWS2018/7/29
Iranian Speaker's Advisor: Liberation of Occupied Golan Possible
TEHRAN (FNA)- Advisor to the Iranian Parliament Speaker Hossein Amir Abdollahian lauded liberation of Quneitra province by the Syrian people and army, and stressed that the occupied Golan Heights can also be retaken.

"Congratulations to the Syrian people, Armed Forces and president on the liberation of Quneitra from the hands of the al-Nusra Front (Tahrir al-Sham Hay'at or the Levant Liberation Board) terrorists and the Zionists," Amir Abdollahian wrote on his twitter page on Sunday.

"This victory means that it will be possible to liberate the occupied Golan Heights as a result of efforts by the Syrians," he underlined.

The Syrian army forces managed to capture Quneitra city in the Southwestern part of the country near the border with Israeli-occupied Golan Heights after a month of non-stop battle against terrorists, field sources reported on Saturday.

The sources said that the army men freed Quneitra city and its outskirts completely and entered the city, hoisting government flag in al-Tahrir square.

The sources further said that the army's engineering units has started defusing bombs and landmines planted by the terrorists across the city.

The army men also freed the small towns of al-Quneitra Mahdama, al-Qahtaniyah al-Rawazi, al-Samdaniyah al-Qarbiyah, al-Ajraf, Um al-Ozam Dam and al-Alam square in Quneitra outskirts, the sources said, adding that militants in the Jabata, Taranjah, Ofaniyah and al-Horiyah regions have also handed over their heavy and semi-heavy weapons to the army men under a surrender plan in the region.

The sources went on to say that there are only a few villages under militants' control in Quneitra now and the army is nearing complete liberation of the entire province.
posted by ZUKUNASHI at 23:01| Comment(0) | 国際・政治

中京から西にはセシウムとは異なるガンマ線源が多い?

関東のセシウム濃厚汚染地帯も7年の時間の経過で空間線量率は低下しています。公設モニタリングポストの値は、多くのところでは2012/4/1以降の値しか得られませんからこの期間を対象にして見てみます。

市川市大柏小学校のMP、この6年間で大きく下がっています。舗装のない校庭の片隅にあります。雨水の浸透は、良好でしょう。

2012/4/1を起点としてその後の減衰を理論値で表せば次の通りです。2018/6/30現在では当初の55%程度に減っています。


上の市川市大柏小学校の例では、55%よりももっと減っていますが、これは開かれた環境空間に置かれた試料を測定しているようなものですから、環境条件の影響があります。

一方、次の愛知県一宮市の例では、低下が見られません。それどころか当初の3年は水準が上がっています。

一宮市ではなぜこうなっているのでしょう。

もう1か所愛知県内を見るとこちらは少しですが下がっています。一宮市より東に位置する設楽町です。


気象研究所のシミュレーションでは本州中部しか対象になっていないのでシミュレーション結果は示されていませんが、他の機関の作成した結果では、愛知にもさらに西の地域にも福島第一原発事故による放射性物質、特にガンマ線源の降下があったことが推定されています。

米大学宇宙研究協会(USRA)や名古屋大、東京大などの国際チームが2011/11/14までに行ったCs137の2011/3/20から1カ月間の沈着シミュレーション結果。米科学アカデミー紀要電子版に掲載。

これはセシウム137のみを対象とし、また2011/3/19までの降下分は含まれていません。それでもそれなりの降下はあると推定されています。

原子力規制庁の空中測定マップでも、中国山地には福島第一原発起源のガンマ線源が降下したとしか考えられない線量率の高いところが斑状にあります。


ところが例えば一宮市のガンマ線源はこの6年の間にほとんど減っていません。むしろ増えたとも言えます。

では、これらの減衰しないガンマ線源は何でしょう。福島第一原発事故によって放出された放射性物質の見積はいくつかの機関が出していますが、いずれもウランとその子孫核種については見積もりが示されていません。

しかし、米国が福島第一原発事故後早い時期に行った日本国内の土壌調査結果ではウランの一部が測定され、通常より高い値が示されています。

セシウム137の半減期は30.1年です。線量が落ちないということは、これよりもはるかに半減期の長いものか、あるいは崩壊後にもガンマ線を発する核種に変わりガンマ線を出し続けるものだということになります。

福島第一原発事故では、核反応の産物である人工放射性物質と合わせて原料であるウラン235、238などが大量に飛散しました。

例えばウラン238は次のような崩壊過程を経ます。
いつも「き坊の棲みか」から引用させてもらっているウラン238の崩壊過程を示す図。



これらの子孫各種は主としてアルファ線、ベータ線を出しますが、中にはガンマ線を出すものもあります。

次の資料は、鳥取県が道路脇に放置されたウラン鉱脈から掘り出されたとみられる土壌をゲルマニウム半導体検出器で精密に測定したものです。少なくともこれらの核種はガンマ線を出します。


トリウム234とプロトアクチニウム234mの半減期は短いです。しかし、ラジウム226の半減期は1600年です。ですからウラン238から崩壊が始まり次々に娘核種に変わっていってもここで堰き止められることになります。その下に行くのに時間がかかるのです。

ですが、ラジウム226からガンマ線を出してラドン222に変わった後は時日を経ずに鉛214、ビスマス214となりそれらが崩壊する際にガンマ線を出します。

ですからこの系列に限ってみれば、トリウム234とプロトアクチニウム234m、ラジウム226、鉛214、ビスマス214の出すガンマ線が公設MPの線量率を左右することになります。

ビスマス214と言えば、CTBT高崎観測所の観測結果があります。4年間のグラフの中で3年間は数値が上がり続けています。追加的な降下でしょうか。そのように考えるよりは崩壊系列のより上位にある核種から時間の経過とともに娘核種が生み出され、それがビスマスまで到達したと考えるほうが妥当でしょう。


このグラフは、その後低下し始めました。そしてCTBTOは高崎で検出されるビスマス214について検出数上昇後の水準をバックグラウンドと捉えることにしています。数か月ごとのデータ公表も止めてしまいました。

CTBTOは、ビスマス214の水準が短期間で低下するとは判断していないのです。それはなぜか? ウランから次々と崩壊系列を経てビスマスが生み出されるからです。

ウラン238は、原子炉の中にあると通常の崩壊過程とは異なる崩壊が進み、ラジウムがより多く生み出されるとの説もあります。この説に従えば、通常の崩壊系列の中でのラジウムの割合よりも福島第一原発から放出されたウランとその子孫核種の中でラジウムは相対的に高い割合を占めていたとも考えられます。それが福島第一原発事故直後からそれの降下した地域のガンマ線線量を引き上げたということもありうるだろうと考えられます。

ここで、福島第一原発から関東よりもより遠い地域にウランやラジウムの飛散、降下が多かったのかと疑問が生ずることでしょう。もちろん、関東と中京以西についてウランやその子孫核種の降下量について比較できるデータを筆者は有していません。

ただ次のデータはあります。次のグラフで3/14のSPM濃度は東と西でそれほど格差がないが、3/15に関しては西高東低の傾向が強く出ています。


言うまでもなく、SPMは放射性物質そのものではありません。しかし、原発事故があった際にはSPM濃度が大きく上昇することは関係者には周知の事実らしく、茨城県は東海第二原発のベント時のSPM濃度のデータを、福島県は2011/3の浜通りのSPM濃度のデータを隠してしまいました。

3/15に関東に流入したプルームが群馬県、埼玉県西部にとどまり3/16未明から南東海上に抜ける通路となった神奈川県では3/16も高い線量率が続き、SPMも濃くなっています。

原発事故後のSPMが少なからず放射性物質を含んでいることは疑いようがありません。

愛知のSPMは常に相対的に高くなっています。粉塵王国ですからその点は考慮しなればなりません。

2011/3/15は早朝から強力なプルームが関東を襲いました。しかし、プルームの通り道となった茨城や埼玉よりも岐阜、愛知、三重、滋賀で高くなっています。これらの県は静岡よりも格段に高く、神奈川、静岡経由ではなく別のルートで放射性物質を含むSPMが飛んだものと見られます。

もともとシミュレーションは、原発の一定の地点高度から一定量の微粒子が放出されたとの前提で作成されています。このため、放射性物質の放出が原子炉の蓋を押し上げて環境に出てきたのか、換気塔から放出されたのか、あるいは爆発で高度600mまで吹き上げられたのか、さらにはその微粒子の濃度はどうかなどは考慮されていません。これは気象研究所のシミュレーションに限らず、SPEEDIでも同じのはずです。

管理人は、岐阜、愛知、三重、滋賀での3/15のSPM濃度の上昇は、3/14の爆発に伴うSPMが上空を経由して降下したと見なければならないのではないかと考えています。それゆえ、北アルプスの山頂部に濃厚汚染が生じたのです。
※ 「電波状況 報告掲示板」へのk氏の投稿 2015/03/19
その先輩という人は岐阜県に住んでいるみたいですが、ある大学の先生と調査をしており、上高地や穂高岳 槍ヶ岳 大天井岳などは、人間が行くとこじゃないくらい汚染されているみたい。(略)
あと、部分的にもの凄く汚染がある場所もあるみたい。何十万ベクレルとか言ってました。放射線管理地域よりも数十倍の汚染と言ってました。(略)
やはり、その先輩も北アルプスに行ったあとは、下痢に悩まされていたみたいです。(略)
そしてビックリしたのが、その先輩も岐阜を離れるとのこと。
その先輩も、私たちと同じくらいの1歳前後の子供さんがいて放射能の汚染を気にしてるみたいです。
その先輩は、「もう北アルプスには行けないな」とのこと。
それを聞いて、うちの旦那も北アルプスには行かないとのこと。





以上は筆者が収集した資料に基づいて行った机上の推論です。これを確認するためには中京以西に出向いて実地調査を行う必要があります。そして関東での調査結果と比較しなければなりませんが、マンパワーと費用の制約があり当面実現の見込みはありません。

しかし、とりあえずの推論の結果を今回示すことにしました。それは、上のような推論が県別の人口動態の動向と整合する面があるからです。

厚生労働省全国人口動態統計速報による出生死亡比率の変化度合いの測定
2009/1から2009/12の平均を基準として2017/6から2018/5の平均を指数化
出生死亡比率=出生数÷死亡数だから、この比率の低下が大きいほど新生児が減り死亡者が増えている度合いが強いことになる。


岐阜、静岡、愛知、三重、滋賀、そして近畿のいくつかの県はさらに人口動態が悪化していく恐れがあります。そしてそれが長く続きそうな恐れがあることは頭に置いておいたほうが良いかもしれません。
posted by ZUKUNASHI at 21:49| Comment(3) | 福島原発事故

日本人は家族や友人が亡くなっても平静なんですね

感動的です。亡くなったサッカー選手に最後のゴールを入れさせます。大統領がニコラス・マドゥロ。ベネズエラがんばれ!!
※ RT2018/7/27
Deceased Venezuelan footballer given final send-off by grieving teammates (VIDEO)


管理人は、日々記事を書きながらとても不思議に思っていることがあります。家族や友人などが急死しても周りの方がとても冷静なように見られることです。

もちろん急死した方が出たような場合、身近な方は驚き、嘆き、悲しんでおられると思います。ツイッターに書き込んだりする人は、ある程度その方との距離があって冷静でいられるということなのだろうと思いますが。

個別の事例を掲げることは避けますが、例えば同居する義理の父が家の前で急死しても孫も抱けたことだし・・・というようなツイートも見かけました。

私の知人は相次いで義理の親と親せきのおばさんを見送りましたが、悲嘆に暮れることもなくテキパキと葬儀を済ませました。

友人の一人は、飲み友達が肺がんから脳に転移してあっという間に逝ったとき、特にショックを受けているようにも見えませんでした。放射脳でない人で一緒にモツ煮などをつまみに酒を飲んでいたと聞きました。

不幸があっても打ちのめされずに立ち直れるのはとても良いことだと思いますが、日本では家族が亡くなっても感情を表に出すことを抑制する人が多くなっているのではないでしょうか。

それとも経済的な問題などは心配がないからでしょうか。

posted by ZUKUNASHI at 09:25| Comment(9) | 福島原発事故

F1 3号機は爆発後大量の蒸気を噴き出していた 続き

2011/3/14の3号機爆発時の画像は本当に少ない。


フランスの核実験と見られる画像や米国の核実験の画像と同じだ。だから画像が出ないのだと思う。



4号機の爆発時の動画がないとされるが、次の画像は、4号機のものとみられる。インドのTV9の動画から切り出した。煙突から煙が立ち上るような形で上にまっすぐに伸びている。1号機とも3号機とも違う。こちらは、爆発の際にモーフィングのようにコンクリートの建物が膨らんだという。もう少し爆発の威力が強ければ建物全体が破裂するということになったはずだ。それゆえ画像が出ない。


桑原氏が撮影した画像がいかに貴重なものか分かるだろう。桑原氏に伺ったところ、3号機の爆発から1時間後くらいとのこと。1時間後でもあれだけ蒸気が上がり続けていた。


次の画像では、使用済燃料プールと原子炉の両方から蒸気が出ている。




これだけ大きく蒸気が噴出していたということは、それが運んだ放射性物質も大きいことになる。気象研究所のシミュレーション画像から気流の流れを見る。爆発時

17時までは北東方向に流れている。

次第に南に流れ始め

23時にはいわき市を覆った。

3/15午前1時には茨城県東部を覆った。

3/15午前3時には東京に到達している。爆発から16時間後。


2011/3/15、この画像の撮影時間が分からないが、桑原氏の画像撮影からほぼ24時間経過とみてよいだろう。まだ噴煙のような蒸気が多い。桃色の円の中は黒い煙だ。この時、関東には強烈なプルームが届いていた。


2011/3/16になっても蒸気が出ている。

位置確認のための画像。


次は2011/3/18、陸上自衛隊が3号機に放水した際の画像。4日経ってもこれだけ出ている。

水をかけると蒸気が多くなる。放水がSPMの放出拡散の一つの原因だ。


2011/3/18までの放水は限定的だ。それが格段に増えるのは、3/19からの東京消防庁による放水。そして3/19の夕刻から北東北でSPM濃度が大幅上昇。次のシミュレーションでは北北東に向いているが、その先で西に向きを変えている。


2011/3/20午前7時、3号機の格納容器が3.4気圧に上昇。


2011/3/14、11:04の3号機爆発後、使用済燃料プールの水はほとんど蒸発してなくなっていった。このため噴煙は少なくなったが、大量の放水が行われ、高熱のものに水がかかることにより蒸気の発生が増えた。

北東北へ飛んだSPMは3号機燃料プール由来の可能性が強まった。

以下に管理人が集計分析した2011/3のSPM濃度のグラフを掲げる。ちょうど1年前にやったものだ。







次のグラフで3/14のSPM濃度は東と西でそれほど格差がないが、3/15に関しては西高東低の傾向が強く出ている。愛知は常に相対的に高いのだが、3/15は岐阜、愛知、三重、滋賀で高くなっている。3/14の爆発に伴うSPMが上空を経由して降下したと見なければならないだろう。気象研究所のシミュレーションは地表近くの大気の流れで推計している。

SPM分析についてはデータ量が多く、さらに精査が必要だがとりあえずは上のように結論せざるを得ないだろう。

この県別の結果は人口動態の悪化度合いとも整合する。

posted by ZUKUNASHI at 08:57| Comment(0) | 福島原発事故

2018年07月28日

Egypt: Cairo Court Sentences 75 Protesters to Death

FARSNEWS2018/7/28
Egypt: Cairo Court Sentences 75 Protesters to Death
TEHRAN (FNA)- An Egyptian court sentenced 75 people to death for participating in a 2013 protest against the ousting of the country's democratically elected President Mohamed Morsi.

Senior members of the Muslim Brotherhood organisation were among those ordered executed by the Cairo Criminal Court on Saturday for their involvement with the sit-in demonstration at Rabaa Square in the Egyptian capital, Cairo, Al-Jazeera reported.

The rulings will be referred to Egypt's chief Islamic legal authority, the Grand Mufti, for a non-binding opinion. Egyptian law requires any capital sentence to be referred to the Grand Mufti before any execution can take place.

A final verdict is expected by September 8.

The case is part of a mass trial being conducted by the court involving 739 defendants alleged to have been involved in the 2013 sit-in, which was violently broken up.

Nearly 1,000 people were killed when security forces attacked demonstrators and others protesting in Giza.

International human rights groups condemned the use of force and criticised the ongoing trial, alleging it violates Egypt's constitution.



posted by ZUKUNASHI at 22:25| Comment(0) | 国際・政治

被ばく症状最前線 ホクロの増加、大型化

2018/7/28に寄せられた投稿。引用開始。

今、気になっているのはホクロです。
数年前に、サッカーのユニフォームを着て観戦に行く女性が顔中、かなり大きめのホクロがあったのが一番ひどい人でした。
尋常ではない感じは、自分でもわかると思うのですが。

最近では、60代の知人女性がやはり顔中にホクロがあって
この所、断続的に高熱を出すと言っていたので、心配しています。
ホクロー>高熱というお話を聞いたのはこの方だけですが、ホクロが目立ってから、どのように進行していくのか気になっています。

政治家でも、衆院選のときのポスターにホクロが多いな〜と思っていたイケメン議員も気になっています。こちらは健康面の不安は報じられていません。
先日、映像でもホクロが多いのがわかりました。
3年前に西日本からこちらに転居してきた知人も、久しぶりにあったら顔のホクロが目立っていました。

ホクロは初期症状なのかもしれませんね。

顔にあるホクロとイボは見たらわかるので観察しています。
イボは出たり治まったりするように感じますが、(久しぶりに会うとイボが少なくなっている人もいるので)
ホクロは少なくなっていくようには感じられません。
多くなるー>大きくなる もあるように思います。

ホクロが多くなったと言っても危機感を感じる人はいないんです。
「夏は増えるよね〜」で終わってしまいます。

・・・引用終わり・・・

イボはウィルスが原因ですよね。免疫低下で多くなる。イボは治療が容易ですが、ホクロは難しいのではないでしょうか。レザー光線で消すことは難しい? それにホクロが多くなっても皮膚疾患とはみなされないのでしょうね。

私も老人性色素斑が急速に増えています。

posted by ZUKUNASHI at 21:33| Comment(1) | 福島原発事故

Report: Secretary of State Blindsided by White House Moves

FARSNEWS2018/7/28
Report: Secretary of State Blindsided by White House Moves
TEHRAN (FNA)- Secretary of State Mike Pompeo has reportedly been caught off guard by recent moves by the White House, according to a report.

Pompeo was surprised by US President Donald Trump’s tweet Thursday that the Washington would “impose large sanctions on Turkey” over the detention of American pastor Andrew Brunson, who has been imprisoned in the country over charges of espionage and terrorism, NBC News reported.

Pompeo has been involved in talks to free Brunson, who has been imprisoned for a year and a half in Turkey. The charges are tied to an attempted coup against Turkish President Recep Tayyip Erdoğan.

The US asserts that the charges are false, and officials have demanded that Brunson be freed.

A State Department source told NBC News that Pompeo has been involved in behind-the-scenes coordination.

But, Pompeo also did not know that the White House had extended an invitation to Russian President Vladimir Putin to visit Washington, D.C., this fall for a second meeting with the president, according to NBC News.

Director of National Intelligence Dan Coats similarly did not know of the invitation until White House press secretary Sarah Huckabee Sanders announced it in a tweet that was read on stage during a live interview with Coats.

The Kremlin said this week that Russia is not prepared to accept Trump’s invitation for a second meeting. And the White House said Wednesday that Trump and Putin would not meet again until next year, citing special counsel Robert Mueller’s probe into Russian interference in the 2016 presidential election.
posted by ZUKUNASHI at 21:14| Comment(0) | 国際・政治

Pakistan's Likely PM Underlines Expansion of Ties with Iran, Review of Relations with US

FARSNEWS2018/7/28
Pakistan's Likely PM Underlines Expansion of Ties with Iran, Review of Relations with US
TEHRAN (FNA)- Pakistan’s likely next prime minister, Imran Khan, underlined that the country's future government will further broaden ties with Iran and will review relations with Washington.

"Improvement of relations with neighbors, specially Iran, will be a priority in Pakistan's foreign policy," Imran Khan told FNA on Saturday.

He stressed that development of all-out ties with Iran will benefit Pakistan, and said, "Expansion of trade with Iran will also be on our agenda."

Imran Khan, meantime, said that Islamabad will revise its relations with the US, adding that ties with Washington should be based on mutual interests and respect.

He also emphasized his country's need to import energy from Iran, and said even if Turkmenistan–Afghanistan–Pakistan–India pipeline, also known as Trans-Afghanistan (TAPI) pipeline, project is implemented, Pakistan will need supplying energy from Iran.

The election was seen as a contest between Khan's Pakistan Tehreek-i-Insaf (PTI) party and Shahbaz Sharif's Pakistan Muslim League-Nawaz (PML-N).

With most votes counted, Khan's party is leading with 115 seats in the 272 National Assembly constituencies being contested, far ahead of the PML-N on 64.

In third place with 43 seats is the Pakistan Peoples Party (PPP) led by Bilawal Bhutto Zardari, son of assassinated two-time prime minister Benazir Bhutto. The PPP did not attend the meeting of rival parties on Friday.

A total of 137 seats is required for a majority and while Khan is on course to become prime minister, he will have to form a coalition government.


posted by ZUKUNASHI at 20:01| Comment(0) | 国際・政治