ずくなしの冷や水

2018年06月10日

ロシアがレーザー光線で宇宙のゴミを蒸発させるプロジェクトを進めている

RT2018/6/10
Russian space agency plans to incinerate space junk with powerful laser beam
Russian space agency Roscosmos has unveiled its plan to shoot down space debris from a junk-littered low-earth orbit with a three-meter laser ‘cannon.’ If the tests are a success, the method will ensure safer space exploration.

The technology is being developed by scientists at the Research-and-Production Corporation Precision Systems, which is a subdivision of Roscosmos.

In its report to the Russian Academy of Sciences, the company asked to support its research and development, as well as experimental work to create a solid-state laser that will be able to shoot down space junk by vaporizing it with a beam.

The powerful ‘laser cannon’ will be based on a three-meter optical telescope, construction of which is already underway. The telescope, designed to monitor space for satellites and potentially dangerous space junk, will be transformed into an equally giant laser if the project is greenlighted.

A type of solid-base generator will supply power to the laser, the report, seen by RIA Novosti, says. The space trash destroyer will use the process known as “laser ablation” to remove the debris from spaceships or any other junk, like a cosmonaut's lost glove floating in low-earth orbit, which is between 160 to 2,000 kilometers (100-1,240 miles) above the Earth’s surface. The laser's energy heats an object that is pierced with a beam until it gradually evaporates.

NASA estimates that there are more than 500,000 pieces of space junk “the size of a marble or larger,” which can be tracked as they are travelling at speeds of up to 17,500 miles per hour around the Earth. It warns that even “a relatively small piece of orbital debris” can inflict damage upon spacecraft and satellites. Of about 500,000 pieces of space debris, 20,000 are “larger than a softball.”
posted by ZUKUNASHI at 21:20| Comment(0) | 国際・政治

横須賀市の核関連施設は神奈川県における放射性物質主要放出源ほぼ確定的

最近よくこのパターンがあります。




線量率を上げる原因物質が遠くから飛んできたのであれば、ここで3か所が同じ動きをすることはまずありません。しかも核関連施設に最も近いMPが三つ上げています。


雨は東西にわたって降り続けています。


横須賀市を中心とした地域で空間線量率が上がっています。間違いありませんね。


2018/6/10午後1時半過ぎ












・・・・・

過去の状況









(初出 2018-06-06 18:36:24 追記 2018/6/10)

ほんとだ! ヘイトデモ参加者は中年以上が多い

※ ひいらぎ @hiiragixxxxx氏の18:31 - 2018年6月2日のツイート
#0602川崎ヘイト街宣を許すな
今日一番ぞくっとした瞬間がこれです。
警察に誘導され右側のエスカレーターに乗るレイシスト集団。
それを左側の階段で追いかけるカウンター。
その中の高齢の女性の方が叫ぶ。
「こりゃあ〜!川崎に二度と来るな!
このバカタレどもが!」
素晴らしいと思いませんか
画像クリックで大きな画像


※ ガッパイやーすー(キョーソク) @gappaiyasu氏の17:59 - 2018年6月2日のツイート
レイシストを許さない街・川崎に満腔の敬意を表します。カウンターご参加の皆さん、お疲れ様でした。 #0602川崎ヘイト街宣を許すな



※ 秋山理央 @RIO_AKIYAMA氏の18:20 - 2018年6月2日のツイート
日本第一党の川崎駅前ヘイト街宣に抗議する人々 - 2018.6.2 神奈川県川崎市川崎区
#0602川崎ヘイト街宣を許すな
画像クリックで大きな画像
posted by ZUKUNASHI at 18:53| Comment(0) | 社会・経済

危機深い地方新聞

※ 桑ちゃん @namiekuwabara氏の2018/6/10のツイート
広告出してくれる会社、原発関係大手ばかりですからね。背に腹は変えられないのでしょう。東京新聞のように「購読料」で新聞やっているわけでないですからね。県民の記事にならずブラック企業優先ご都合記事なるのは当たり前。

※ マッツ @VirginBlade_aki氏の10:06 - 2018年6月10日のツイート
新潟選挙を取り上げてる新潟日報が20分前に、候補者の最後の訴えをツイートしていたが、池田ちかこさんの事だけ、ツイートしなかった。
自民党に買収されてる新聞社が、取り上げない候補が、真の原発再稼働を阻止してくれる候補なのだ。
今まで、脱原発の新潟知事に、酷い扱いをしたのは、新潟日報

・・・引用終わり・・・

ブログを運営していて、地方でのネット利用水準はまだまだ低位だと感じます。

インターネットの普及率、利用率については、都道府県別にそんなに大きな差があるわけではありません。

成29年版 情報通信白書 第2部 基本データと政策動向
第2節 ICTサービスの利用動向、(2)インターネットの普及状況、イ インターネットの利用状況 から



利用目的では、電子メールの送受信がトップに来ていますが、年配層では親族と連絡を取り合うような場合でもなければそんなに頻繁にメールのやりとりはないはずです。

特に用もないのにメールを頻繁にやりとりするのは、若い人ですし、惚れた腫れたと熱烈メールをやりとりするのは不倫も含め出会いの前後の一時だけです。そうでない年配層はメールが来ても週1回程度の頻度が多いはずです。(年配者は自分が発信するときだけメールソフトを立ち上げ、送信が終わったらメールソフトを閉じてしまう自分勝手な人もいます)

図表6-2-1-7 年齢階層別インターネット利用の目的・用途(複数回答)


上のグラフでは、ホームページの閲覧の割合が低いです。しかも、これらのホームページの多くの部分はアダルト、レイシストサイトです。ソーシャルネットワーキングの利用は、中年以上ではネットウヨ活動をやる人が多いはずです。

ニュースサイトの利用が相対的に高くなっていますが、これは紙媒体に比べて速報性に優れているからでしょう。地方ではいまだにぜいたく品の紙媒体の新聞を購読し続けている人が多いのです。地元の訃報などは紙媒体の地方紙でないと情報が得られないとの理由で。

今のネットメディアの利用に慣れた世代が次第に社会の中核層を占めるようになったらどう変わるでしょう。彼らは、リアルの社会事象の裏をネットで得るようになるでしょうか。

そうなると、遅くて高い、嘘情報の多い紙媒体の新聞などの情報メディアの相対的な地位はさらに低下していくでしょう。すでに夕刊は、地方紙、全国紙でも情報媒体としての価値が消えつつあります。

新潟日報は地方紙としては大手です。ですが、ここ数年の県知事との確執を見ていると、どこかから強い支援が入っているのではないかと疑われます。そこまで追い込まれているということではないでしょうか。

このブログでは、身近な問題、特に卑近な問題を取り上げた記事への読者の反応は、はっきりと分かれます。女性へのセクハラ問題には原因者糾弾の声が多く寄せられますが、不倫問題については全く反応なし。

地域の汚染問題を取り上げた記事は、関東に関してはそれなりのアクセスがありますが、地方の汚染問題を取り上げた記事は、ほとんどアクセスがありません。関心がない? 読んでも理解できない? 嫌な情報は読みたくない?

では、不倫と汚染を絡めるとどうなる??

2018年06月08日
援助交際女子大生が新潟の人々を殺すことになるか 罪深い援交当事者は、そこそこアクセスがありましたが、これは見出しにつられたアクセスです。

手持ちの深刻な汚染データを公開しましたが、コメントは一件もありません。自分にかかわる深刻な話には、コメントがないのです。

福島県で梅毒患者が急増中」の記事の反応は1件だけでした。世の中の動きに関する情報収集のため出会い系サイトを巡回しているという読者のコメントです。うーん、ほんとか?と思われたでしょうが、この方の置かれた状況からすると、日本での出会い系を漁ってもそもそも来日する機会も乏しいらしいので実践はほとんどないと思われます。

他の読者はどっきりしてこの記事を閉じて、口をつむんでいる人が多いと見ています。どうです? 図星でしょう!!
posted by ZUKUNASHI at 12:53| Comment(0) | 福島原発事故

All remaining ISIS resistance zones in Syria are in US-controlled areas

RT2018/6/9
All remaining ISIS resistance zones in Syria are in US-controlled areas – Russian MoD
Islamic State still keeps its presence in Syria, but only in US-controlled areas while those liberated by Syrian government forces areas are slowly recovering after terrorists’ defeat, according to the Russian Defense Ministry.

“All the remaining pockets of resistance of ISIS terrorists in Syria are only in areas controlled by the United States,” Major-General Igor Konashenkov, a defense ministry spokesman, said on Saturday.

Earlier, US Defense Secretary Jim Mattis said in a bold statement that pulling out of the Arab Republic “must avoid leaving a vacuum in Syria that can be exploited by the Assad regime or its supporters,” in apparent reference to Iran and Russia.

Russia has been fighting terrorists in the country on the invitation of the Syrian government, while the US presence there has been deemed aggressive by Damascus.

Konashenkov pulled no punches on the US military official, reminding him that the Washington-led invasion in Iraq under a false pretext in fact led to the rise of Islamic State (IS, formerly ISIS) and eventually its expansion into war-ravaged Syria.

“Further expansion of ISIS in Syria became possible due to criminal inaction of the US and the so-called ‘international coalition,’ which resulted in quickly gaining control by ISIS militants over the main oil-bearing areas of Eastern Syria and constant flow of funds from the illegal sale of oil products,” Konashenkov said.

Washington supplied arms worth hundreds of millions to the “fictitious” Syrian opposition, while the vast majority of it ended up in hands of Al-Qaeda offshoot Al-Nusra Front, and Islamic State, he claimed. That, in Konashenkov’s view, shows that the terrorists groups’ goals in Syria coincide with Washington’s policies.

Meanwhile, not a cent from the US budget has come to facilitate the recovery of the former conflict zones now controlled by the Syrian government.

“In the Syrian provinces controlled by the legitimate authorities of the [Syrian Arab] Republic, peaceful life is now actively restored, settlements are being demined; enterprises, markets, schools and kindergartens are working. Humanitarian aid and food is arriving there, from which there is not even a piece of packaging, paid from the budget of the United States.”

Earlier, mass loss of civilian life in Islamic State-held Raqqa, inflicted by the US-led coalition, was slammed by Amnesty International. Its damning report, published earlier this week, said that residents were trapped as fighting raged in the streets between Islamic State militants and the Kurdish-led Syrian Democratic Forces (SDF), who were supported by coalition airstrikes.
posted by ZUKUNASHI at 01:49| Comment(0) | 国際・政治