ずくなしの冷や水

2018年06月07日

ベネッサ・ビーレイ: US Using ‘Ethnic Cleansing’ to Set up Compliant State in Syria



FARSNEWS2018/6/7
Journalist: US Using ‘Ethnic Cleansing’ to Set up Compliant State in Syria
TEHRAN (FNA)- Following a damning report on the US coalition’s military activities in Raqqa, journalist Vanessa Beeley announced that the US is trying to ethnically cleanse Syria in order to kill off Syrian nationalism and create an obedient state.

The US, UK and French coalition is using proxy forces to cleanse certain areas of land in the war-torn country in an effort “to replace them with a proxy that will essentially create a US controlled state”, Beeley, an independent journalist who has covered the war in Syria extensively, told RT.

She was responding to a new Amnesty International report that strongly criticizes the actions of the US-led coalition in its campaign to liberate the previously ISIL-controlled city of Raqqa.

The Amnesty report accused the coalition and its Kurdish-led Syrian Democratic Force (SDF) proxies of creating “a level of destruction comparable to anything we’ve seen in decades of covering the impact of wars”, and it says that the coalition’s claims that the bombings were “precise” and caused few civilian casualties do not stand up to scrutiny.

Beeley said that the Amnesty report put “meat on the bones” of previous analysis from on-the-ground journalists and some Russian analysts and commentators. She added that despite the US-led campaign ostensibly being about ridding the area of ISIL terrorists, it was the terrorists “who were evacuated as priority over the civilians”.

“Civilian property and infrastructure, essential infrastructure like water taps, like water supply units that were keeping civilians alive during the campaign were also being targeted,” she said, adding that it was the SDF forces designating the targets for the US coalition.

“So there’s a degree of collusion here between the US coalition and its proxies forces on the ground,” she stated.

Beeley also criticized the reluctance of the British government, in particular, to admit to causing civilian deaths during its military campaign.

The UK Ministry of Defense, she said “did not even admit one civilian death as a result of their “precision” bombing − and then they only reluctantly admitted that they believe one civilian was killed by one of their drone strikes”.

Comparing the American-led military campaign in Raqqa to the Russian and Syrian-led military campaign to liberate East Aleppo, Beeley said that there were different standards set and attempts were made to protect Aleppo civilians.

“What we saw there were the provision of humanitarian corridors for civilians to be able to leave under the cover of the Syrian Arab Army and with the help of the Russian reconciliation teams negotiating with the terrorist and militant extremist factions to allow civilians to leave,” Beeley stressed.

“What we’ve seen in Raqqa is civilians paying smugglers to try and leave during the military campaign, having to cross minefields, being unable to afford the cost of those smuggling groups,” she stated.

Beeley also said that Syrian civilians were being forced to return to buildings and areas of Raqqa that had not yet been cleared of improvised explosive devices (IEDs), booby traps and mines left by ISIL militants.

In contrast, the journalist announced that Russian forces “cleared thousands of hectares of those IEDs and booby traps” following their campaigns to liberate Aleppo and Ghouta.

“What we’re seeing here is a disgusting despicable disregard for human life both during the military campaign and even more importantly after the military campaign by the US coalition,” Beeley added.

posted by ZUKUNASHI at 22:35| Comment(0) | 国際・政治

Russia: US-Turkey Agreement on Manbij Unacceptable

FARSNEWS2018/6/7
Russia: US-Turkey Agreement on Manbij Unacceptable
TEHRAN (FNA)- The Russia-run Humeimim airbase in Lattakia province announced that the Washington-Ankara agreement on the city of Manbij in Northern Syria is not acceptable.

The Russian airbase announcement came on Wednesday in reaction to an agreement reached between the US and Turkey on a roadmap for Manbij city.

"The agreement on Manbij reached between Turkey and the US is by all means rejected," Russia's Humeimim airbase said.

It reiterated that the agreement has been reached without coordination with the Syrian government and between two countries that are illegally present in Syria; "hence such agreement is void".

In relevant remarks on Thursday, Manbij Military Council voiced its strong opposition to the Turkish army's military presence in the Northern Aleppo city amid the US delegation's arrival there after Washington and Ankara struck a deal over the city.

"We will not accept Turkish military presence in Manbij city," the Arabic-language al-Mayadeen television network quoted Manbij Military Council Spokesman Shirvan Dervish as saying.

Dervish pointed to the capabilities of Manbij Military Council forces to safeguard the security of Manbij city, and said, "Manbij city is more secure than the Turkish-controlled areas in Northern Syria, including al-Bab, Jarablus and Afrin where killings and blasts have destabilized those regions."

Meantime, Rudaw news website reported that the representative of US President Donald Trump in the international coalition arrived in Manbij on Wednesday.

It noted that the US representative has already had meetings with the commander of Manbij Military Council.

This is the first visit by an American political delegation to Manbij city after the recent agreement between the US and Turkey.

FARSNEWS2018/6/7
US Military Convoy Forced to Retreat by Syrian Army in Hasaka
TEHRAN (FNA)- The Syrian army forced a US military convoy back as it planned to pass through Qamishli in Hasaka province, media reports said Thursday.

An American military convoy was pushed back by the Syrian army before it could reach a military point under the Syrian army's control, Arabic-language Moraseloun news website reported.

The US troops were going to pass by a Syrian army regiment and a military airport near the Southern entrance of Qamishli.

The American military convoy had to retreat after being stopped and inspected by the Syrian army.

In a relevant development in mid-May, the US military forces continued unabated illegal heliborne operations to rescue the ISIL terrorists and commanders from Southeastern Hasaka.

Local sources in Southeastern Hasaka reported that the US forces had conducted the heliborne operations near the town of al-Houl at the borders between Syria and Iraq.

They added that the US forces took one of the ISIL commanders who had entered Hasaka from Iraq in the operation.
posted by ZUKUNASHI at 22:03| Comment(0) | 国際・政治

放射能の害は知らない人はいない

管理人は、読者と直接お会いしたことは少なく、片手の指を少し上回るくらいの数です。ほとんどが機材の授受の機会にお会いしています。

そんな少ない機会ですが、読者は問題意識が鮮明ですから、立ち入った話をすることもあります。その際に特に見解が異なるのは、家族がなぜ放射能問題を理解しないのだろうという、不満、疑問です。

このような場合、私は、「放射能の害は知らない人はいません」と断言します。そして「それは理解の問題ではなく、実践の問題です」と答えます。理解するのは簡単です。広島に原爆、ピカドンが落ちて多くの人が死に、原爆に関連した疾患で多くの人が苦しみ、亡くなったことは小学生でも知っています。

ですが、放射能に害があり、その害によって白血病やがんになることは知っていても、@今、自分の置かれている状況はどの程度の汚染で、その環境下でどのくらいの時間過ごしたら健康被害が出るかは、もともと確率的な面が多いので専門家でも判断しがたいことなのです。したがって、素人が少し勉強したくらいでは到底的確な判断はできません。しかも世の中は放射能安全説があふれています。

Aこのような状況では、リスク回避を重視する人はより徹底的な対策を取ろうとします。当然なのですが、ここで注意しなければならないのは、「ママ友」しかいない専業主婦である女性とフルタイムの仕事を持つ男性とでは世間との結びつき、しがらみが、社会的、経済的・経済外的強制が次元を異にするほどに違うのです。

Bこのため主婦が避難したいと強く望み、夫婦で決断すればいいだけだと考えて説得し決断を迫っても、仕事を持つ男性の側ではそうはいかないのです。主婦が新しい土地で苦労するよりも何倍も男性は新しい環境で生活の糧を得るために苦労するのです。

C食べ物でも同じです。ママ友同士で集まって会食するようなことがどれだけあるのかしれませんが、そんな場で女性が「それ苦手で」とか「少しアレルギーがあるんで」とか言っても、すんなり通ることが多いでしょうが、いい歳をした男性が飲食の席でそんなことを連発していたら「こいつなんだ! 女、子供のようなことを言いやがって」と見られるでしょう。

D食事については、管理人は家庭で供するものが決定的な影響を持つと考えています。食材選択に調理人が十分注意していれば効果は必ずあります。母親の留守を狙って残りの家族がすし屋に繰り出しても、母親が率先してすし屋での外食を提案することに比べれば、どけだけ違ってくるかは容易にわかるでしょう。

E母親あるいは主婦の作った弁当を持っていくようであれば、それはもう御の字です。毎日のように接待で外食が続くような人は別として多くの人はそれでリスクが大きく低下します。

Fある程度危険回避の必要を理解し妥協した亭主でも、他の人と違う行動で浮くことを避けるために、自分の妻を悪者、笑いものにすることもあるでしょう。ですが、それが主婦に世間の冷たいトゲのある目を意識させるようなことにはなるはずがありません。たかが弁当です。もっととんでもないことをしている主婦はたくさんいます。

配偶者の職場の人に会うことがあったら、「〇〇の天下に聞こえる悪妻の▽▽です」と堂々と挨拶しましょう。「私は、あの人(相方、相棒)に私より先に死んでほしくないから危ないというのは何でも避けさせているんです」、「あの人に逝かれたら、私生きていけないから」とのろけてみましょう。

次は、2018/6/7に寄せられた投稿です。出会い系に集うような人たちも、善人、悪人を問わず放射能の害は知っています。身近な人が病に倒れたり、早逝したり、急死したり・・・。気づいていないことなど絶対にありません。

投稿引用開始。

> 満たされました?? あはは!ご心配感謝します。

私は海外から、国内の放射能被曝の実情をリアルタイムで知る手段、と割り切って出会系サイトを徘徊してますので、とても「満たされ」てます。

この世界の書き込み、特に日記は皆さんあけすけに感情、日常情報を記すので、ある意味、ツイッターより面白いです。

いろいろな話の中で、青森の土建会社勤務、重機のオペレータをしている青年が、福島のエフ1の現場に出向させられる事を知った後、元カノに連絡をとった話が印象的でした。

青年から連絡を受けた元カノさんが、日記に書いたのがだいたい以下のような内容。 「○○(←エフ1出向決定の青年)がラインで言ってきた。  “今までエフ1に送られた先輩たちは、そのまま福島で死ぬか、または青森に戻ってから直ぐ死んでしまった。たぶん俺も死ぬだろう。福島に旅立つ前に、もう一度お前を抱きたい。” あ〜あ、、、どう返したらいかなぁ。。」

この日記を読んだのが一昨年の12月。日記は直ぐに消されてしまい、青年が元カノさんにお別れをする事ができたのか、そして福島から無事に生還できたのか、確かめる術はありません。

他にも、もうすぐあの世に旅立つ癌患者、あるいは脳溢血で半身不随になった子供を持つ母親、あるいは乳ガンで妻を亡くした若い父親… 不条理な「死」に直面した彼らの生の怒り、悲しみの声が、この世界の日記にあふれています。

ツイッターやフェイスブックと違い、身元がバレにくいので、心情を率直に書きやすいみたいです。

ここまで、無数の庶民たちに半永久的な犠牲を強いながら遂行する「廃炉」「復興事業」とはなんなのでしょうか。霞が関や永田町に巣食う支配階層の人間たちは、東北や関東の数千万人国民のリアルの姿を、少しでも理解しようと努力しているのでしょうか。

役所の「作文」が現実からカイリしている事を、彼らは分かっているのでしょうか。彼らにとって我々庶民は、はたして「人間」なのでしょうか。何も自分たちの意見を通せず、必要最低限の食料だけで生かされ、移住させられ、そして殺されてしまう家畜と比べて、私達はどこが違うのでしょうか。

私はときどき、こんな政府の役人、政治家たちなど、北朝鮮のミサイルでみんな殺されてしまえ!と、怒りながら思います。 日本政府、日本企業に殺される前に、少しでも多くの日本人青年たちが海外に脱出されるよう、脱出組のおじさんの一人として切に願っております。

・・・引用終わり・・・
posted by ZUKUNASHI at 17:57| Comment(0) | 福島原発事故

エバ・バートレット 1

エバ・バートレットのブログの英語はやさしくて読みやすいです。
中学生くらいなら読める? 高校生かな? お勧めします。

Eva Bartlett Talks ‘Douma Reality’ on The Jimmy Dore Show
June 4, 2018 By 21wire 0 Comments

What happens when the entire mainstream media are in lockstep with NATO member states on the ‘WMD’ narrative? Recent history demonstrates this is usually a prelude to war.
Informative interview by US-based TV host Jimmy Dore with independent journalist Eva Bartlett, talking about her experience on the ground in Syria and how hers and other journalists’ findings tell a completely different story than what the US, UK and France are claiming – about what really happened this past April in Douma, Syria. Watch:

2018年05月28日
Eva Bartlettが記録したシリア市民の証言

2018年05月28日
世界で女性ジャーナリスト、アナリストが活躍

2018年04月07日
シリアの真実 エバ・バートレット

2018年03月26日
エバ・バートレット グータに関する西側の戦争宣伝は強まっている

エバ・バートレットのサイトに載っている彼女の集合写真です。シリアでは彼女は一般の方にもよく知られたジャーナリストなんですね。

モナリザに似ているという人もいるほどきれいではありますが、それだけではない。テレビにも出ていますが、活動経過の報告はネットです。老人から子供までもが、彼女を歓迎しています。

IN GAZA






これが彼女の現地活動の真実性を証しています。

最後の写真はエババートレットがマダヤの市長に話を聞いたあと昼食を共にしているところです。灰皿、ワイングラスが見えますが、ワインを飲んでいることはなく、何かのジュースではないでしょうか。別の写真で見ると、この画像の左端にエバ・バートレットが、右端に市長が座っています。September 26th, 2017の記事ですから形勢が変わってきたといってもまだ緊張は解けていません。向こう側の二人の壮年男性がどんな役なのかわかりませんが、特に正面の男性の雰囲気は迫力があります。日本人にはこんな親父はとんと見かけなくなりました。



エバ・バートレットはすごいです。彼女のインタビュー記事を読むと、その場の雰囲気が私の頭に浮かびます。誇張もなく、淡々と尋ね記録している、そして事実の重みを読む人に伝える。管理人の街頭インタビューでは相手の社会経験を推測しつつその人が答えたくなるように問いを考えながら進めます。なかなか難しいものです。

シリア内戦の実情を伝える面での若い女性の活躍が目立ちます。シリアは様々な人種が共存していたと言われます。社会的に女性の活躍を受け入れる意識があったのではないでしょうか。



わずかながら寄付しようとしてPaypalを開けたら、jpからは受け付けていないと。日本人が寄付するなどとは毛頭期待されていない。そうなんでしょうね。
posted by ZUKUNASHI at 13:58| Comment(2) | 国際・政治

「福島県で梅毒患者が急増中」

blogos 2018/6/1
福島県で梅毒患者が急増中
【まとめ】
・福島県で梅毒患者が急増している。
・マッチングアプリ普及との関連が議論されている。
・正確な状況を調べ、社会で共有していくしかない。
福島県で梅毒が増えている。2016年の人口10万人あたりの梅毒患者数は3.63人。これは東京都、大阪府に次いで第3位だ。2014年まで全国で40位以下だったが、急増した。
状況は現在進行形だ。今年5月1日、いわき市保健所は4月22日現在の梅毒患者数が20人であると発表した。ここ10年で最悪のペースだ。2014年、いわき市内の感染者はゼロだったが、2015年以降に急増した。
なぜ、福島県で梅毒患者が急増したか、正確な理由はわからない。今後の研究が必要だ。

※ JUMPILIKEYOU @jumpilikeyou氏の2018/6/2のツイート
福島で梅毒急増 原因は出会い系? #BLOGOS http://blogos.com/outline/301286/
被曝だろ。あほか

・・・引用終わり・・・

被曝が強いのはいわき市だけではない。今の福島の一時的なブームが福島を蝕み始めている。

管理人は、昨日、今日と連続で現地調査に行きました。次の画像はその際に写したものです。電車の便が良い駅から徒歩1分という優れた立地のラブホテルです。掲載するのをいったんは見送りましたが、上の記事で考えを変えました。



この前を汗をかきながら歩きながら考えました。4、5千円で半日時間をつぶせる、別に道具も特別のスキルも要らないわけだから、万人に等しく与えられた遊びということになるんだなぁ。

そのように考えるとこのような施設の需要はこれから増えるんだろうと思いました。この立地なら車を持っている必要はありません。

上の記事に「福島県はSNSが盛んな地域だ」とありますが、それは別に福島だけではありません。クラミジアの感染率が近年急増している理由として上の記事は、SNS、特にティンダーをはじめとするマッチングアプリ(出会い系アプリ)の普及をあげています。

出会い系サイトを使う人が増えているということはあるのではないかと思います。交際していた女子大生にチクられて県知事を辞めた方も、そういうネットによる出会いを使っていたはずです。

まあ、管理人は、現状はよく知らない(なにしろもうオトコ止めてしまったわけなので)のですぐ結論を書きましょう。このブログの読者にはナイーブな方も多いので、老爺心に駆られて書くことにしました。

@ 出会い系で一回限り、あるいは繰り返して会う場合は、二人の間で経済力で格差があれば、カネは、水が高いところから低いところへ流れるのと同じように流れます。これは、ホテル代や食事代にとどまりません。

A 社会的地位のある方が出会い系で出会い、身元が知られた場合は、その後カネを絞りとられることが多いです。県知事を辞めた方は、相手がそういう志向を持っていることに気づくのが遅れたのだと思います。

本当に社会的な地位、あるいは経済力のある方は、相手がそんな要求をしないよう何らかの形でけん制する術を知っていますし、現に使います。相手の身元、親族関係、勤め先などを調べ上げるのは序の口です。

B 上の画像の駅の近くでは、ネットではなくフェースツーフェースの出会いを求める方の姿を見ることもあります。こういう出会いを使う場合、十分条件を確かめることが必要です。にわか出会いでは、風呂に入っている間に相手が財布を持ってどろんということもよくあるようです。

C ネットであれ、フェースツーフェースの出会いであれ、性感染症の予防に万全を期さないと、後々病院通いで仕事に差し支えることになります。会社の健康保険に入っている場合は、り患した病気も会社側に知られます。

D なんといっても安心できる組み合わせは、配偶者とこれらの施設を使うことです。あるいは、付き合いが長く婚約したかあるいはその寸前にあるようなカップルなら、二人の間で少なくとも経済的なトラブルは起きにくいでしょう。

E もちろん、配偶者とこれらの施設を使うのでは安全であっても刺激に欠けることは確かです。ですが強い刺激を求めれば、その代償は大変大きくなることがあることは忘れないようにしましょう。最近の#福島復興不倫はその例と言えるでしょう。

ホテル宿泊中に亡くなる方の例が時に伝えられます。あまりに強い刺激は、特に中高年男性には生命の危険を伴います。最近は腹上死などという言葉は見かけなくなりましたが。

F 出会い系サイトなどで積極的に援助交際の相手を探しているような方、ネットかリアルかを問わずその場限りの出会いを求めているような方は、いろいろな方と出会いの経験がある方が多くなります。いろいろな人と接すればするほど性感染症を有している確率が高くなります。

G また、これらの様々な人が使うホテルの中には、回転率が高いことから衛生面の管理が行き届かないこともあるようです。サウナでも例を聞きますが、毛じらみは直接の身体の接触がなくても移ることがあります。

H いわき市で梅毒患者が増えている背景には、被ばくによる免疫力の低下の問題もあるのでしょうが、それと同程度以上にFの要因が大きいのではないかと管理人は考えています。

※ 協和発酵バイオ「シトルリン」 @kyowahakko_citの2018/5/22のツイート
【妻が惚れ直す夫の秘密?】
医薬品原料メーカーが本気で開発
質に納得のスーパーアミノ酸シトルリン!
これで700円はスゴい!
この機会にあなたも試してみませんか?

しばしば表示されるこの広告。これはどんな効果? 
イケメンになる? 被ばく回避問題に理解を示すようになる?
一般向けには何といってもアレですよね。

使いすぎ(サプリでも夫でも)でSNSで「妻です」と名乗ることがないようにどうぞご注意を!

現役でお元気な皆さんは、どうぞご安全に!

2018/6/7、寄せられた投稿を掲載する。引用開始。

私が過去一年以上、出会系サイトで実際に掲示版、日記を見まくった結果、分かった事があります。この7年間、福島には「復興事業」の予算がばらまかれた結果、日本全国の失業男性がここに労働者として集まっています。そして、かれらをターゲットとした女性「労働者」もまた全国、いや、全東アジアから集結しています。加えて、復興予算を抜き取って莫大な財産を築いたヤ○ザのお兄さんたちが、連日ベンツで歓楽街に乗り付けていました(既に消された日記でベンツが数珠繋ぎになった写真が掲載されてました)。ですので、この数年間の福島風俗業界の繁盛ぶりはすごかったみたいです。いまはもう、下り坂らしいですが…
このような、日本で唯一無二の「風俗経済特区」でしたから、まあ、こういう現象を加速させたのでしょうね。無論、長期にわたる被爆によって住民の免疫機能が低下したのが第一の原因でしょうが。

・・・引用終わり・・・

「過去一年以上、出会系サイトで実際に掲示版、日記を見まくった」! 満たされました?? 人間のできていない私なら欲求不満になりますね。

この投稿について、それ以上のコメントをする必要はないでしょう。客観的な観察だと考えます。
posted by ZUKUNASHI at 13:27| Comment(0) | 日記

嘔吐、卒倒、昏睡、死亡 事例をよく聞くようになりました

サンケイ2018.6.6 19:41
福島第1原発作業員が死亡 嘔吐後に敷地外で倒れる
 東京電力は6日、福島第1原子力発電所(大熊、双葉町)で、協力企業の50代男性作業員が作業後に敷地外で倒れ、搬送先の病院で死亡が確認されたと発表した。死因や作業との因果関係は不明としている。
 東電によると男性作業員は防護服を着用し、同日午前8時から汚染水用タンクの塗装に使う足場の解体作業に従事。休憩時間の午前10時40分ごろ、トイレで嘔吐、昼食後の午後0時45分ごろにも再度嘔吐した。その後、敷地外にある協力企業の事務所で午後1時45分ごろ、同僚と会話していた際に倒れ、双葉医療センターに搬送されたが午後4時に死亡が確認された。
 作業前に行われた健康チェックでは問題がないと判断されていたという。
 男性作業員は平成28年3月から同原発で働いていた。既往歴や服薬していたことは確認されているが、東電は具体的な病名までは明らかにしていない。

・・・引用終わり・・・

この作業員の方と同じような異変を経て亡くなったという例がツイッターなどで流れています。

嘔吐、卒倒、昏睡、死亡です。

この方は福島第一原発勤続歴2年3か月です。

・・・・・

読者に教えてもらいました。

「この経過を見ていると韓国で作られた映画『パンドラ』を思い出します。
原発事故を描いた映画なのですが、放射能雲で汚染された人や、現場の作業員が吐きながら亡くなっていきます。」

これですね。
Pandora
http://www.asianmovieweb.com/en/reviews/pandora.htm

[動画]キム・ナムギル主演「パンドラ」ティーザー予告編

[動画]キム・ナムギル主演「パンドラ」メイン予告編

日本で起きた事故が脚本の下敷きになっていますね。これでは日本語では探せないはずです。
posted by ZUKUNASHI at 11:48| Comment(0) | 福島原発事故

カタールのNATO加盟希望が米国に湾岸諸国紛争からの距離を保てなくする恐れ

RT2018/6/6
Qatar’s NATO bid endangers Washington’s ability to keep out of Gulf dispute, analysts tell RT
Qatar’s interest in joining NATO is the latest Persian Gulf headache for Washington, which is doing all it can to avoid taking sides in a one-year-old feud between Doha and four Arab states led by Saudi Arabia, analysts told RT.

Defense Minister Khalid bin Mohamed al-Attiyah said on Tuesday that Qatar wants to strengthen its ties with NATO, and even has ambitions to seek full membership in the alliance.

"NATO appreciates Qatar's contribution to combating terrorism and [drying up] its financing,” he told Altalaya, the official magazine of the Qatari Defense Ministry, adding that the Arab state would be an ideal host for "NATO's units or one of its specialized centers."

His comments come exactly one year to the day after Saudi Arabia, the United Arab Emirates, Bahrain, and Egypt severed ties with Doha, imposing a land, sea, and air blockade as punishment for Doha’s alleged support for terrorism and growing ties with Iran. The four Arab states issued a list of 13 demands for Qatar at the time, including downgrading relations with Tehran. The ultimatum was swiftly rejected by Doha.

Considering their curious timing, Doha’s NATO comments are likely aimed at Riyadh, Dr Jamal Wakeem, professor of history and international relations at Lebanese University in Beirut, told RT.

While it’s unlikely that Qatar is a serious contender for NATO membership, Doha is highlighting its strategic importance for the US – the Arab state is host to the largest American military base in the region – in an attempt to “intimidate” the Saudis, Wakeem said. However, the Americans are “trying to balance their stance” on the growing Arab dispute, as Washington has little to gain from the Riyadh-Doha feud.

Marianna Belenkaya, a Middle East analyst for Russia’s Kommersant daily, agreed, telling RT that Doha’s statement is a “PR move towards the West” that will likely create “jealousy” in Riyadh.

While Doha’s comments should be interpreted as a statement of “loyalty to the West,” the US is “not taking sides” because the Gulf state dispute is “not beneficial to them,” Belenkaya added.

With troops in Qatar and a strong economic and military partnership with Saudi Arabia, Washington sees “Arab Gulf states as a single bloc that can oppose Iran’s interests in some ways and so they don’t want the bloc to facture,” Belenkaya said. “They are interested in keeping the defense of the Gulf united. So, they take steps at least to make it seem like they are trying to create peace between the Saudis and Qatar.”

Qatar has emerged largely unscathed from the year-old economic blockade, but defending against a Saudi-led military incursion would prove to be a much taller order for the tiny Arab state.

“Qatar’s wish [to join NATO] is easy to explain, considering that it now sorely needs the protection of a powerful bloc, considering the crisis in the Gulf,” Belenkaya said. And Doha is apparently open to all forms of protection – regardless of where they come from.

The Arab state has expressed interest in acquiring Russia’s advanced S-400 air-defense system, a move that so enraged Riyadh that it reportedly threatened Doha with military action.

If Doha continues to defy Saudi Arabia’s sphere of influence in the region, Washington will be left with few options, Belenkaya noted.

With no settlement to the dispute on the horizon, the US could just keep “selling weapons to both sides and use both [nations] for influence in the region, more military influence… so there really is no need to accept anyone into NATO.”

But playing friendly arms dealer to both nations will come with its own set of problems. Riyadh is the largest purchaser of American-made weapons, and the US has supported Riyadh's role in the Saudi-led campaign in Yemen. But falling out of favor with Qatar could lead to Doha further accelerating its ties with Tehran, or even worse, running into the arms of Moscow – and its highly effective anti-air systems which make “humanitarian interventions” so difficult.
posted by ZUKUNASHI at 00:04| Comment(0) | 国際・政治