ずくなしの冷や水

2018年06月03日

White Helmets A British-American, Wall Street-Backed Project

FARSNEWS2018/6/3
Brad Blankenship: White Helmets A British-American, Wall Street-Backed Project
TEHRAN (FNA)- Political analyst Brad Blankenship says that the Syrian civil defense group, internationally known as the White Helmets, is a British-American, Wall Street-backed project established to help the armed opposition in Syria regain its credibility in the public opinion of the western world.

Brad Blankenship, in an exclusive interview with FNA, said that the White Helmets “provide a loophole for military aid to make its way to the rebel forces under the guise of humanitarian aid”.

The analyst also added that information provided by the White Helmets cannot be considered to be impartial as the group is not impartial in its activities and provides aid only to the rebels and their families in Syria.

Brad Blankenship is an American political analyst and a journalist at al-Masdar News. He has been interviewed by international news outlets such as RT and Press TV.

FNA has conducted an interview with Brad Blankenship about the ongoing crisis in Syria and the recent developments surrounding the issue namely the missile strikes on the Arab country by the US and its allies and also the American plan for an independent Kurdish state on Syrian soil and the Turkish military intervention into the country.

Below you will find the full text of the interview.

Q: Multiple places in Syria came under attack by the United States and its allies, namely Britain and France, based on a video footage of an alleged gas attack in Syria’s Douma released by the White Helmets. Who are the White Helmets? How can their unverified video be presented as justification for a large scale attack on Syria?

A: The White Helmets is a British-American, Wall Street-backed project that was created as a way to help the armed opposition to the Syrian government regain its PR credibility in the Western world. By becoming the "Syrian civil defense", even though Syria already has one, the Syrian Red Crescent, they are able to claim yet another institution as their own - from the colonial flag of the opposition being cast as Syria's "true flag", to the separatist government being painted as the "true government", the rebel factions have attempted to gain a monopoly on humanity and heroism in this conflict by owning the "true" civil defense. This group's secondary function has been to provide a loophole for military aid to make its way to the rebel forces under the guise of humanitarian aid. Let’s remember that the International Court of Justice has defined military aid on many occasions, and this definition includes any aid that is unevenly distributed among parties in a conflict. Because the aid (money, food, other supplies) that the White Helmets receive is funneled solely to rebels and their families, it would be classified as military aid because it is not impartial. Because of this, they cannot be expected in any way to be impartial with the information they disseminate to the public. And as far as the authenticity of this video, we already saw with the White Helmet's 2016 "Mannequin challenge" video that they have the capability (and certainly the motivation) to fabricate scenes in their videos.

Q: We have seen the Israeli regime and the so-called US-led coalition targeting the Syrian Arab Army (SAA) and its allied forces many times. What do you think is the reason for such moves?

A: Attacks on SAA forces have had a clear objective: to artificially prolong the war and to slow the government's current pace of victory with the goal of weakening Syria in the long term. The West has conceded defeat, but they will not concede a total and utter withdrawal without being able to terrorize Syria, and the greater axis of resistance, as much as possible. As far as Israel's most recent strikes, these have been aimed at Iranian and Hezbollah targets in Syria. Russia has not said much about these strikes, because Russia is not committed to defending the influence of Iran and Hezbollah in Syria.

Q: Since the beginning of the crisis in Syria, Saudi Arabia has been actively supporting terrorists in the country. These terrorists are now losing ground every day. What do you think would be the implications of such failure for Saudi foreign policy?

A: The implication for Saudi's failure in Syria, and even in Yemen where they are actively losing territory on their southern border to forces that have mere sticks and rocks compared to their state-of-the-art weaponry, is that Saudi Arabia does not have the strength to be the regional power that it wants. Despite all of their advantages, Saudi Arabia is getting beaten in every corner that it inserts itself into by those resisting their Salafi death squads. Not only this, but the kingdom is facing extreme internal pressures due to an increasingly complicated financial situation, a huge age gap in its population that is splitting the kingdom's polity, calls for minority rights and much more. What Saudi has festered abroad, it may soon have to deal with at home.

Q: The so-called Syrian Democratic Forces (SDF) have received tremendous amount of arms and support from the United States, initially with the stated aim to fight Daesh (ISIL or ISIS). But apparently, the US is now preparing the ground to establish an independent Kurdish state in Syria. What do you think the US is seeking to achieve by disintegrating Syria?

A: The US' goal, the whole time, has been to ensure that Syria's resources are not used for the betterment of her people, but rather for the capital accumulation of the wealthy elite who dictate policy. This is the nature of imperialism. The SDF are merely the latest plaything of this clique who are trying to tear the country apart. By creating an independent Kurdish state in Syria, the US will potentially have access to a majority of Syria's oil resources, will split the "Shi'a crescent" thereby weakening the resistance to the settler-colonial Zionist entity and have a new network of permanent military installations in the region. Though many of the Kurds' factions claim to be Marxists, they have shown themselves to be more than willing to go to bat for the US, and as we have seen in Iraq, Kurdish separatism only means domestic competition in essential markets. For example, the Iraqi Kurds negotiated lucrative oil entitlement contracts with multinational energy companies that undermined those negotiated by Baghdad. You can bet that this would also happen in Syria.

Q: The US announcement on its plans to recognize a Kurdish state in Syria has seemingly provoked Turkish invasion on the Kurdish areas. What are Turkey’s objectives in its military intervention and how do you think this recent development would affect the process of reaching peace in Syria?

A: This has made everything more complicated. You now have one of the guarantors of the Astana peace process invading Syria in open defiance of international law with the goal of ethnic repression. The goal that they have in mind is to brutalize the Kurds enough that they will accept a political solution and to also settle the problem on their border, meaning that they want to create a buffer zone. Such a plan is destined to fail and will not create a lasting peace; the Kurds must be a part of any reconciliation process because the issues facing their community will only resurface if not addressed now.
posted by ZUKUNASHI at 23:29| Comment(0) | 国際・政治

知りたくなければ知らなくても良いんですが お子さんに対する義務は果たせません 3

知りたくなければ知らなくても良いんですが お子さんに対する義務は果たせません 2 の続き
図1 右側が管理人が収集した野生きのこの放射性物質濃度の分布、左側がTeppei Yasunari氏によるシミュレーション結果

図2 左側が規制委員会公表の空中測定マップ


8 長野県では、焚火、落ち葉焚きの自粛を指導しました。これは大変優れた判断です。地方では、庭木の剪定屑などを露天で焼却する例があり、針葉樹の葉には放射性物質が多量にとらえられていることがありましたので、これを燃やした焼却灰の放射性物質濃度は大変高くなっています。これを開放状態で放置した場合風と共に舞い上がり周辺に飛散してその地域の線量率を上げる例が見られます。この焼却灰が開放状態にあったり、畑の土にすき込まれていた場合は長期間にわたって飛散し、周辺の線量率を引き上げることがあります。渡良瀬川調整池のヨシ焼きは天下の愚行です。

9 千葉県については、管理人は各地に立ち入って調査しました。敵の本丸我孫子にも入りました。松戸、市川、浦安、船橋、鎌ケ谷、千葉、市原、佐倉、八街、山武、成田など。その結果、線量率の絶対水準は別として、各地の相対的な線量率水準はおおむね規制庁の空中測定マップの階層区分ごとの水準に沿ったものとなっていると考えています。

管理人は、市原市の現地調査でポンコツのGMサーベイメーターを使用して1万cpmを検出したことがあります。管理人がMAZUR PRM9000を購入してから各地でこれを使って測りましたが、最高は250cpm程度にとどまっています。

1万cpmはこの40倍に当たりますが、その後の調査で超ホットスポットは消えたものの周辺の歩道の広い範囲で100cpm超を記録したりしましたので、それが100か所分集約すれば1万cpmです。今ではあの1万cpmは間違いではないと考えていますが、原因物質はなんだったのか、今なお謎です。とにかくそのような物質が100mくらいの長さに渡って降下していた、SOEKSで地上1mの高さで測ってもそこでは空間線量率が高かったという事実は残ります。

つまり、そのような高線量率の場所が東京からの通勤範囲にありうるということです。管理人が遭遇したのは1か所だけですが、他にもあるのかもしれません。ベータ線が主体ですからあなたの庭の隅にこのような場所があっても気づかないで何年も経過するということはあります。あるいは屋根の上に落ちていて少しずつ流れ出ているかもしれません。雨どいから流れて庭に広がることもあります。

10 長野県は、規制庁マップで北部と東部に濃厚汚染があります。北部は群馬県経由で流入したものとみられます。軽井沢の汚染は知られています。軽井沢から南へ小海線沿線も強い汚染があり山梨県北西部につながっています。これらの地域には高原野菜の産地もあります。

Teppei Yasunari氏によるシミュレーション結果は、長野県と新潟県の南東部に関して過少評価になっているようです。長野県の野生きのこは少なくとも北半分については汚染が見られます。大町市のあたりは花崗岩地質で自然放射能との説もありますが、北アルプスの頂上近辺には強い汚染があるとされており、その山麓に影響が及んでいる可能性はあります。

長野県の規制庁マップで汚染ありとされた地域、その地域に隣接した地域は注意が必要です。意外に高いところもあるでしょう。

11 富山県
規制庁マップで確認できますが、富山平野の真ん中に汚染地帯があります。一時帰国中の読者が2011/3半ばにいったん富山県に避難して出国、帰国後に体調不良を生じた例があり、プルームの襲来が確認できました。襲来時期は2011/3/15です。

魚津や入善のある突き出た部分はプルームの通過地域です。意外に高いところもあり得ます。福島第一原発事故後それほど年月が経過しない時期にこの地域で空間線量率を測定した旅行者が相対的に高い空間線量率を記録しています。

またこの地域は、志賀原発から放出された放射性物質が北に流れる際の通過地域にもなります。最近の旅行者が高い空間線量率を経験して驚いていました。志賀原発は蓋を開けたまま臨界させるというトンデモ事故を起こしており、常時放出量の多い劣悪原発です。管理人は能登半島への旅行はお勧めしません。

富山県はきのこの汚染調査結果を出しませんでした。新潟県の糸魚川で栽培きのこから高い汚染が検出されています。



12 新潟県
群馬県と接する魚沼地域には汚染地帯があります。Teppei Yasunari氏によるシミュレーション結果は、新潟県の南東部に関して過少評価になっています。
新潟県の北部、下越地域では会津に接する国境付近から新津辺りまで高汚染が続いています。それよりも北の地域は山形県境に至るまで濃淡の差はあれ高汚染地帯があります。

この県北部の高汚染について、当時の泉田知事は自然放射能だと当時の担当部局に申し入れた経緯がありますが、空中測定で上空まで届くようなガンマ線は何なのか、という疑問があります。仮にウラン系列の子孫核種、例えばラジウムなどが福島第一原発事故により拡散降下沈着したセシウムなどと比肩するほどのガンマ線を出しているとしたら、これは大変なことです。何年経過しても減らないことになります。

この新潟県北部のガンマ線の多さは、福島第一原発事故により降下した放射性物質によるものと考えるのが妥当です。新潟駅前の広場の路面でインスペクター直置き0.27μSv/hという測定例があります。西船橋の住宅地の水準と同じです。新潟駅前でこの水準だということは驚きです。

最近の読者の情報では、五泉市と加茂市の境界線にある標高1,000m余の白山に上った人が山頂で0.2μSv/h程度の線量率を計測しています。まだ残雪があるとのことですから、雪がなくなれば計測値はさらに上昇しているでしよう。 2013/4/10、新潟市役所前で地上高1m程度で0.21μSv/hを検出した方もおられます。


新潟県は、多くの地域で福島第一原発事故由来の放射性物質の降下があり、線量率が高くなっているとみられます。人口動態の指数では、新潟市西部から柏崎市に至る新潟2区の悪化が目立ちます。南西の季節風の際に柏崎刈羽から放出された放射性物質が通る地域です。
小挙区 主要都市 出生率変化率 死亡率変化率 短期指数 長期指数 総合指数
福島2 郡山市 0.94 1.06 -0.12 -0.22 -0.34
神奈川8 青葉区 0.95 1.08 -0.13 -0.20 -0.33
神奈川5 戸塚区 0.98 1.06 -0.08 -0.24 -0.32
東京24 八王子市 0.94 1.06 -0.12 -0.20 -0.32
埼玉9 狭山市 0.98 1.05 -0.07 -0.24 -0.31
神奈川17 小田原市 0.92 1.02 -0.10 -0.21 -0.31
東京23 町田市 1.00 1.03 -0.04 -0.27 -0.31
新潟2 柏崎市 0.94 1.06 -0.12 -0.19 -0.31
東京25 青梅市 0.94 1.04 -0.10 -0.20 -0.30
福島1 福島市 0.97 1.05 -0.07 -0.22 -0.29

posted by ZUKUNASHI at 20:23| Comment(0) | 福島原発事故

知りたくなければ知らなくても良いんですが お子さんに対する義務は果たせません 2

知りたくなければ知らなくても良いんですが お子さんに対する義務は果たせません 1 の続き
図1 右側が管理人が収集した野生きのこの放射性物質濃度の分布、左側がTeppei Yasunari氏によるシミュレーション結果

図2 左側が規制委員会公表の空中測定マップ

1 大局的には、図1に見られるように汚染分布はTeppei Yasunari氏によるシミュレーションのほうが実態をとらえているように見えます。図2で分かるように規制委員会公表の空中測定マップは、岩手以北の地域の汚染、静岡県東北部、富士山周辺の汚染が表象されていません。

2 規制委員会公表の空中測定マップは、一時江戸川区の濃厚汚染部分を表示していませんでした。都内については強い汚染を表示することを避ける配慮があったことは間違いないでしょう。規制委員会による空中測定は、特定地点の地上測定値を規準としてそれとの相対比較で空間線量率を設定しています。面白いのは、規制庁は自然放射能も表示値に含まれていると言っていますが、自然放射能にはセシウムはありません。花崗岩に含まれるウランなどの子孫各種が自然放射能の太宗を占めています。福島第一原発事故によってウランなどの子孫核種が大量に環境に放出されました。規制庁によれば、それらが出すガンマ線も含むということになりますから、規制委員会公表の空中測定マップはセシウム以外の放射性物質のガンマ線も含めてとらえたものと考えることができるかもしれません。セシウムが出すガンマ線の波長を限定して測定したということではないのだろうと考えます。

3 さて、個別地区です。
まず、上に触れた江戸川区北部、葛飾区のほぼ全域。足立区の東部は強い汚染があります。水元公園の濃厚汚染は知られています。江戸川区平井の濃厚汚染も黒い物質の存在が話題になりました。江戸川区の汚染は篠崎辺りまで高水準ですが、その南は下がっています。

4 江戸川区は規制庁のマップによれば、葛西臨海公園駅の近くにも濃厚汚染があることになっています。管理人が葛西臨海公園の地表に測定器を当てて測定した結果ではそれほど高い値は出ないのですが、地上高1mでの測定値は時に高いことがあります。

千葉と東京の観光地を訪れた関西の方が帰宅後、衣類を測定したら0.2μSv/hから0.3μSv/hの高い線量率が検出されたとの情報がありました。この事象が発生した場所、日にちについて管理人は情報を有していませんが、仮に読者の少なからざる方が推測している場所であるとすると、この公園についても同様なことがありうる危険性があります。さらにその後背地の住宅等についてもそのような事象の影響を受けて放射性物質の追加的な飛来が生ずる可能性があります。

関西の方が経験した事象では、粒子状の放射性物質が飛来したようです。追加的な放射性物質の放出、降下がどんな影響をもたらすかについては、豊島区のごみ焼却施設で放射性ガレキを燃やした時の例があります。即効性といえるかどうかわかりませんがノビチョークでなくても短時日に人を殺せることがわかります。


この事例からわかるのは、バグフィルターをくぐり抜けて飛んでくるような細かい放射性物質が大気中に浮遊、飛来している地域は大変危険だということです。

5 東京都の南部町田市などは早くから人口動態が悪化し、小選挙区別の指数では長らくワーストワンの地位を占めていました。このところ順位は少し後退していますが、なお上位にあります。

これは、福島第一原発事故直後、2011/3/15早朝から濃厚なプルームがこの地域を直撃したことによるものです。最初はヨウ素主体、続いてセシウムの濃度も上がり、3/16未明から午前中は群馬埼玉の西部山間に滞留していたプルームが通過しています。

管理人は、この地域のセシウムやその他の放射性物質の降下沈着は少ないのではないかと見ていましたが、現地調査の結果必ずしも少ないわけではないとの結論に達しました。

6 東京都西部には規制庁の空中測定でも濃厚汚染が認められています。これは2011/3/15のプルームが山間部でおそらく降雨があって沈着したものとみられますし、3/16の未明に北西から南東に流れたプルームによっても汚染が生じたとみられます。

規制庁の空中測定マップでは、平場には強い汚染がないように見えますが、管理人は個人的には疑問を持っています。あまりデータがありませんが、米軍の行った土壌調査では平場でも東葛並みの濃度のセシウム汚染が出ています。

大変憂慮されるのは、最近になって千葉県北西部よりもこの東京西部の方で人口動態の指数が悪化していることです。千葉はホットスポットとして騒がれ、汚染は知られるところとなりましたが、東京西部は汚染があまり騒がれることもなく来たためにかえって問題が深刻化しているように思われます。

今後の展開を予想する上では、東京西部の汚染実態がどれほどか調査する必要がありますが、読者も少ないようなので予定しておりません。人口動態から判断すれば、かなり深刻な汚染ではないでしょうか。

小挙区 主要都市 出生率変化率 死亡率変化率 短期指数 長期指数 総合指数
福島2 郡山市 0.94 1.06 -0.12 -0.22 -0.34
神奈川8 青葉区 0.95 1.08 -0.13 -0.20 -0.33
神奈川5 戸塚区 0.98 1.06 -0.08 -0.24 -0.32
東京24 八王子市 0.94 1.06 -0.12 -0.20 -0.32
埼玉9 狭山市 0.98 1.05 -0.07 -0.24 -0.31
神奈川17 小田原市 0.92 1.02 -0.10 -0.21 -0.31
東京23 町田市 1.00 1.03 -0.04 -0.27 -0.31
新潟2 柏崎市 0.94 1.06 -0.12 -0.19 -0.31
東京25 青梅市 0.94 1.04 -0.10 -0.20 -0.30
福島1 福島市 0.97 1.05 -0.07 -0.22 -0.29
千葉1 中央区 1.00 1.04 -0.04 -0.25 -0.29
秋田2 大館市 0.94 1.03 -0.09 -0.20 -0.29
千葉8 柏市 1.02 1.07 -0.05 -0.23 -0.28
東京21 日野市 0.93 1.06 -0.13 -0.16 -0.28

7 神奈川県については、規制庁の空中測定マップで相模原市に強い汚染が表示されていますが、その他の地域については強い汚染が示されていません。ですが、神奈川県の全体の汚染としては
Teppei Yasunari氏によるシミュレーション結果が実態に近いと見られますし、町田市と同様に2011/3/15から3/16にかけての吸気被ばくが健康影響を生じていると判断され、体調不良のある方は注意が必要です。

戸塚区の舞岡公園では公園で栽培していたシイタケを父母が何かの料理にして食したようですが、このシイタケから後日高い放射能が検出されています。鎌倉市北部あたりには相対的に強いセシウム汚染があるとの情報もありますが、管理人は調査をしていません。

一方、横須賀市と根岸については調査を行いました。横須賀市には核燃料工場がありますが、かなりまだらな汚染状況が認められました。場所によっては、アルファ線とベータ線の割合が高いところもありました。

逆に根岸については測定箇所が少ないものの、アルファ線とベータ線がほとんど検出されず、ガンマ線も少ない例がありました。

神奈川県については、小田原のMPの数値がよく上がります。これは平常時のMPの指示値が低いため放射性物質が流れてきて線量率が上がるとそれが相対的に大きな上昇率として認識されるためです。

静岡からの気流の通り道でありシグナルとしてはよく機能しています。

静岡県西部伊豆半島に近い辺りは汚染が強い場所もあるとみられています。西部の市町村にはきのこ園があるところもありますが、ここは放射性物質汚染測定データを一切出しませんでした。
posted by ZUKUNASHI at 19:58| Comment(0) | 福島原発事故

平成29年(2017)人口動態統計月報年計(概数)の概況から グラフ

平成29 年より死因統計に使用する分類が変更されています。月別の発表資料ではそのような注書きは見かけませんでしたので年計からの変更と思われます。
統計表第6表の下欄に次のように注があります。
注:*印は概数である。死因分類は、平成29年は「ICD-10(2013年版)」、平成28年は「ICD-10(2003年版)」によるものである。
そして表に "(参考)分類変更の影響新旧比"が掲載されています。これは
3)分類変更の新旧比は、死因分類の変更に伴う影響をみるための参考値である。平成28年死亡から抽出した約18万件の死亡について新旧両分類で死因選択を行い、集計値を比較した。旧分類を100としたきの値である。とありますから、平成29年値をこの率で割り戻せば、旧死因分類の死亡率が推定できます。

次のグラフは、このようにして得た平成29年死因別死亡率修正値から平成28年死因別死亡率を差し引いた値を並べたものです。死因はコードの表示にとどめています。名称は次の記事で分かります。



老衰以外の原因不明による死亡数が全国平均で人口10万人当たり年間17.7人です。10万人都市ですと老衰の年齢でない人で原因不明で亡くなる方が年間17.7人、人口5万人で年間9人という異常さです。汚染地域では当然この死亡率は上がっているでしょう。


次は全国人口動態速報値を使って出生死亡比率の中期的な変化率を見たものです。上のグラフにある死亡率の変化率(増大方向)が大きいほど、出生率の変化率(減少方向)が大きいほど出生死亡比率は低下します。神奈川、千葉は死亡率が相対的に大きく上昇し、出生率が相対的に大きく低下したため出生死亡比率の低下率が大きくなっています。島根県は死亡率が少し上がっていますが出生率が底堅いために出生死亡比率の低下度合いは少ないのです。


全国全年齢平均の死亡率は上がっていますがこれは高齢者層の死亡率の上昇によるものです。89歳以下の階層では全国平均男子の死亡率は下がっています。少し微妙な動きが65〜69歳階層で見られます。




あなたの大切な人がある日、原因不明でなくなる日、決してないことではありません。
posted by ZUKUNASHI at 11:17| Comment(0) | 福島原発事故