ずくなしの冷や水

知りたくなければ知らなくても良いんですが お子さんに対する義務は果たせません 1

次は、2013年10月26日付けの記事「空間線量率が0.07μSv/hもあればきのこからセシウムが検出されるだろう」に掲げた野生きのこの汚染分布図です。見出しにかなり大胆なことを書いたものと思いますが、福島第一原発事故前の空間線量率が0.05μSv/hだったとすれば、0.02μSv/hの上乗せ分は福島第一原発事故によるものであり、きのこがそれを吸い上げて高い放射能を示すと考えることは合理的なことです。

管理人は、福島第一原発事故後、遠出をしませんでした。意を決しての初の遠出は、2015/1/31、我孫子へ現地調査。この少し前にSOEKS2台とステッキを使い、地表近くと地上1mの空間線量率を連続歩行調査でその地域の平均値として把握する方法を考え出して、実行し始めたところでした。

その後千葉県北西部を少しずつ測定して回りました。東京都江戸川区北部の濃厚汚染に気づいたのは、たまたま所用で出かけた際にこの方式による調査を行ったことによるものです。

一方、測定手段の限界を感じて、2017年にMAZUR PRM9000を購入しました。感度の高い測定器は短時間で汚染度を測定できるのです。左側は読者の寄付金で購入しました。最初に購入を検討したときは市価25万円近くになっていましたので中古品を購入しました。


この器械購入の狙いはもう一つあり、ベータ線とガンマ線を検出したいとの意図でした。あちこち測定するうちにブロック塀の上端、モルタルが塗られているところが福島第一原発事故直後に降下した放射性物質の保存状態もよく、濃縮もないということに気づき、各地のアルファ線源、ベータ線源を含めた放射性物質降下状況の比較が可能になりました。
(この現地調査の結果については、一般公開はしていません)

この間、比較的安価なバッテリー付きのパソコンを購入でき、徒歩でもパソコンの携帯が可能になったことからホットスポットファインダー、空間線量率連続測定装置を自作しました。この器械の威力は顕著なものがあります。難点は、現地調査後のデータ処理に手間がかかることです。


今年の連休に葛西臨海公園で0.2μSv/h以上の値が出ていたことは知っていましたか。ここには若い学芸員が多いようですが、子供の被ばくに関しては全く問題意識を持っていないかのようです。


ホットスポットファインダーのデータを処理すると次のような図が得られます。


管理人は、昨秋から現地調査の範囲を広げました。栃木県、神奈川県、群馬県、埼玉県、東京都町田市、江戸川区など。一方でリアルタイム空間線量率測定装置の設置も読者の協力を得て進めてきました。

設置勧誘から始めますが、自分の住む地域の空間線量率を詳しく把握していない人が多いですから、まずは現状を知ってもらうことから始めます。簡易な安価な測定器を貸出し、測定してもらいます。

ある読者の場合は、常時0.2μSv/h前後の空間線量率が検出されました。特に濃厚汚染地帯と認識されている地域ではありません。本人も私も半信半疑、次に私が使ってきたSOEKS2台を貸与します。やはり0.2μSv/h超が多いです。間違いありません。

次いで高線量率の原因検討を行いました。そしてリアルタイム線量率測定装置を置いてもらいます。時に0.35μSv/hが出ています。ロシアの兵隊が退避する水準を超えることもあるということになります。

私は頭を抱えました。リアルタイム線量率測定装置を設置した読者の家だけの問題ではありません。その地域の広い範囲で同じ状況のはずです。どうしたものか。どうするにしても、まずは詳しい現状把握が先決問題です。

リアルタイム線量率測定装置の設置やそのメンテナンスで一日に50本くらいのメールをやり取りすることもあります。暑くなってきたのでシステムの放熱対策部品の面取り、発送などやることは山ほどあります。1台2台ならともかく、10台を超えてくるとカネもかかるし手間もかかります。

しかし、読者の協力を得て調査や測定を進めてきたことで、過去にまとめた資料の意味が分かることもありますし、すぐに有効な対策が打てるかどうかは別として実態のより深い認識、対策の限界の推定ができることは、大きな前進です。

この記事を書き始めたのは、今朝なぜか次のシミュレーション結果が頭に浮かんだからです。これは、いくつかあるF1からの放射性物質拡散沈着シミュレーションの中でも日本のほぼ全域について計算が行われている貴重なものです。Teppei Yasunari市の労作です。

BBCFukushima fallout fears over Japan farms
To estimate contamination levels, Teppei Yasunari, from the Universities Space Research Association in the US state of Maryland, and his colleagues, took measurements of the radioactive element caesium-137 in soil and grass from all but one of Japan's 47 regions and combined these results with simulations based on weather patterns following the meltdown.


このシミュレーションについては、管理人はかねて自分が作成したきのこの示す汚染地図(冒頭の図)との整合性に気づいていました。

管理人が行った現地調査の結果によれば、放射性物質の降下沈着状況はとにかくまだらです。これは濃厚汚染地帯でも希薄汚染地帯でも同じです。ですから、濃厚汚染地帯から希薄汚染地帯に移るような地域ではまだら状況がより強くなります。汚染の強いところとそうでないところが連続的に存在しているのです。

ですから冒頭の図で100ベクレル/kg以下の地域には特に注意が必要です。これらの中には汚染の強い地域が含まれています。そんな場所があなたの住む家の地域かもしれないことは念頭に置くべきです。

次の記事では、上の二つの図と管理人が計算している人口動態統計から算出した指数を参照しながら、「気づかれていない汚染地域」の可能性のある個所、地域を掘り起こしていきます。
posted by ZUKUNASHI at 11:48| Comment(0) | 福島原発事故

原発稼働状況

※ 東京新聞 原発取材班認証済みアカウント @kochigen2017の2018/5/30のツイート
九州電力は30日午後9時半、定期検査で停止中の川内原発1号機(鹿児島県)を再稼働させました。1月末から停止していました。30日時点の全国の原発の状況は図の通り。全国で4原発5基が稼働中です。


・・・引用終わり・・・

管理人が観察した周辺での空間線量率上昇の頻度
柏崎刈羽 しばしば
志賀 ほとんど常時
敦賀、美浜、大飯、高浜 しばしば
島根 しばしば
伊方 しばしば
泊 しばしば
東通 しばしば
女川 ときに
東海第二 ときに
浜岡 しばしば
玄海 しばしば
川内 しばしば、ほとんど常時

現在1機しか稼働していないところでもう1機稼働すれば、空間線量率上昇の頻度はさらに上がる恐れ



追記予定
posted by ZUKUNASHI at 10:08| Comment(0) | 福島原発事故

シリア内戦の真実が明らかになりつつあります 日々加速中

2018年05月28日
Eva Bartlettが記録したシリア市民の証言から続く

※ Partisangirl認証済みアカウント @Partisangirl氏の2018/5/28のツイート
#France murdering #syrian civilians in a town where #ISIS is already gone. just so it can it can have an excuse to be there. We will not forget, resistance is coming.



※ Eva Bartlett認証済みアカウント @EvaKBartlett氏の2018/5/28のツイート
This documentation is too long to post here, but...
“They killed me three times”



※ Stephen McIntyre @ClimateAudit氏の2018/5/27のツイート
BBC now referring to ISIS as "militants".

※ The'Nimr'Tiger @Souria4Syrians氏の2018/5/27のツイート
If mainstream media wants to refer to ISIS as 'rebels' every time Syria or Russia clashes with them, then we can refer to 'rebels' as ISIS.

※ Wired Sources @WiredSources氏の2018/5/29のツイート
BREAKING: Israel and Russia strike deal to keep Iran/Hezbollah away from Israel-Syria border in exchange to letting Assad retake control of southern Syria - JPost

※ Carla Ortiz認証済みアカウント @CarlaOrtizO氏の2018/5/29のツイート
THIS is the REACTION OF PEOPLE when #Babila, #Yelda & #BeitSahm were declared FREE OF TERRORISM on May 11th after the armed groups handed over their weapons before their evacuation!
Miren la reacción de la gente en #Babila al saber que están libres de terrorismo! #victory #
https://twitter.com/twitter/statuses/1001347508109561856

テロリストが退去した後のダマスカス近郊Babbilaの市民の様子


※ Eva Bartlett認証済みアカウント @EvaKBartlett氏の2018/5/28のツイート
White Helmets working with terrorists and standing on dead bodies are "viable alternative" to Syrian people's choice, according to this regime change cheerleader.











※ Hassan Althoffy @HassanAlthoffy氏の2018/5/29のツイート
1/1-Syrian man Mehdi Haymur & his family, wife Raifa, son Saad, daughter Inas & son Mohamad share a meal in #Afrin, on May 26, 2018. - Displaced from their homes in Syria's Eastern #Ghouta, families sought refuge in abandoned houses in the traditionally Kurdish town of Afrin.


※ Navstéva زائر @Navsteva氏の2018/5/29のツイート
Former E. #Ghouta rebel Hassan a-Doumi: "We gained nothing. We put our lives on the line and all those years went to waste."

※ Eva Working CLASS @EvaSoumble氏の2018/5/30のツイート
#Syria @GeorgeGalloway @EvaKBartlett @VanessaBeeley Peter Hitchens putting the BBC and the cronies of war right...




※ vanessa beeley @VanessaBeeley氏の2018/5/30のツイート
Shameful how low @HuffingtonPost 'journalism' bar is these days. #ChrisDYork shamelessly recites Neocon sectarian propaganda that has been used as tool to attempt "regime change" & partitioning of #Syria. It has failed because Syrian patriotism is more powerful. @21WIRE

FARSNEWS2018/6/1
Russian Defense Chief: Syria's Plight Improving
TEHRAN (FNA)- The situation in Syria is looking up after the liberation of Damascus’ Southern outskirts from the ISIL occupation forces, along with the reconciliation of Eastern Ghouta and Homs, Russian Defense Minister Sergey Shoigu stated.

"The development of the situation in Syria is demonstrating a positive trend. It has improved after the virtually bloodless reconciliation in Eastern Ghouta and Homs, as well as the liberation of Yarmouk, the Southern district of Damascus, from ISIL," Shoigu stressed, TASS reported.

According to him, conditions for the return of refugees and establishing a return to a peaceful life are being created on some territories under the Syrian government’s control.

"(The Syrian officials) are reestablishing water and power supplies, delivering food and basic necessities, and providing medical help," Shoigu added.
posted by ZUKUNASHI at 00:36| Comment(0) | 国際・政治

UAEの皇太子がカタールに政治亡命を申し出

FARSNEWS2018/6/1
Emirati Prince Approaches Rival Qataris, Seeks Political Asylum
According to a report published by Lebanon-based Arabic-language al-Akhbar daily newspaper, Sheikh Rashid bin Hamad al-Sharqi, who is the Chairman of Fujairah Culture and Media Authority (FCMA), went to the Qatari Embassy in London on May 19, and requested asylum.

An informed source, speaking on condition of anonymity, said the Emirati prince stayed at the Qatari diplomatic mission for three days, where he revealed many innermost secrets to officials there.

On May 23, al-Sharqi was transported in a diplomatic car from the Qatari Embassy to Heathrow Airport. He was flown to Qatar on board a private plane, and entered Doha using his diplomatic passport.

The Emirati authorities, not having heard of the prince for a while, contacted British officials to know his whereabouts as he had not referred to the UAE Embassy in London, and there were no indications he had been kidnapped from his residence at the 45 Park Lane.

The source stated that al-Sharqi had booked a suite at the hotel for two consecutive months, but had only spent 34 days there.

The source went on to say that British police confirmed a meeting between al-Sharqi and a Qatari sheikh in the lobby of 45 Park Lane hotel on the same day that he disappeared.

British official also informed the Abu Dhabi government that the Emirati prince had not been abducted, but rather had willfully gone to the Qatari Embassy.

The report comes as Qatar is in the midst of a Saudi-led diplomatic and trade boycott.

Saudi Arabia, the UAE, Bahrain and Egypt all cut off diplomatic ties with Qatar on June 5 last year, after officially accusing it of “sponsoring terrorism.”

The administration of Saudi-backed and resigned Yemeni president, Abd Rabbuh Mansur Hadi, Libya, the Maldives, Djibouti, Senegal and the Comoros later joined the camp in ending diplomatic ties with Doha. Jordan downgraded its diplomatic relations as well.

Qatar's Foreign Ministry later announced that the decision to cut diplomatic ties was unjustified and based on false claims and assumptions.

On June 9, Qatar strongly dismissed allegations of supporting terrorism after the Saudi regime and its allies blacklisted dozens of individuals and entities purportedly associated with Doha.

posted by ZUKUNASHI at 00:28| Comment(0) | 国際・政治

Expert: Israel Selling Nuclear Information to Saudi

FARSNEWS2018/6/1
Expert: Israel Selling Nuclear Information to Saudi
TEHRAN (FNA)- Israel is selling Saudi Arabia information that would allow the kingdom to develop nuclear weapons, a senior Israeli nuclear expert revealed.

Ami Dor-On, a senior nuclear commentator with the Israeli military organization IHLS, said the cooperation has been made possible in the wake of the widening ties between Saudi Crown Prince Mohammad bin Salman and Israeli Prime Minister Benjamin Netanyahu, and is indicative of an emerging nuclear arms race in the region, press tv reported.

“This information should shock us as we see the world is changing for the worse, following the race for the possession of nuclear weapons that pass right over our heads in the Middle East,” the Middle East Monitor quoted the expert as saying, citing a report by Arabi21.

According to the Israeli writer, the Tel Aviv regime is aware that Saudis would eventually make the move for developing nuclear weapons and want to make sure they would not go to other regional players such as Pakistan to obtain the know-how.

“It can be assumed that Israel may take the initiative to develop Saudi Arabia’s efforts to acquire nuclear weapons and not leave it solely to Pakistan, given the growing Saudi-Israeli relations,” the expert added.

Dor-On claimed that Pakistan has already signaled its willingness to transfer the expertise to Saudi Arabia "within a month" should the arms race intensify.
posted by ZUKUNASHI at 00:04| Comment(0) | 国際・政治