ずくなしの冷や水

2018年05月21日

木々と知り合う ツルドクダミ



2012/7/15撮影。歩き疲れていてよく眺める余裕がなかった。確信はないが、ツルドクダミだと思う。

2018/5/20、千葉市内で。珍しい。
posted by ZUKUNASHI at 16:58| Comment(0) | 木々と知り合う

木々と知り合う サワフタギ

サワフサギとも。



上は2010/11/3、青葉の森公園で。下は、2011/5/4撮影。



沢をふさぐように枝が横に伸びるからサワフタギという名のようだ。



2012/6/17、千葉市緑区の道路際で。





2018/5/20、都市緑化植物園駐車場脇で
posted by ZUKUNASHI at 16:55| Comment(0) | 木々と知り合う

インドは何に慌てているのか

RT2018/5/21
Bypassing US sanctions, countering China: Why Modi's 'no agenda' meeting with Putin is anything but
Narendra Modi arrives in Sochi for an "agenda-less" meeting with Vladimir Putin, but there won't be time for chit-chat – the two men must save key arms deals left up in the air by US sanctions, and find common ground on China.

"This is a very different kind of meeting. Normally, we have a system of annual bilateral summits that are very structured, where you negotiate and you come out with documents, contracts and joint statements," said Pankaj Saran, India's ambassador to Moscow, ahead of his prime minister's arrival in the Black Sea resort on Monday afternoon.

Instead, the one-day visit will provide a chance for the two leaders to develop "personal chemistry, build up their relationship" and "discuss issues important to their own countries," said Saran. The trip was planned at short notice after Putin was re-elected for a fourth term in March, and will be conducted without honor guards, official dinners or other formalities.

'US won't dictate which weapons we can buy'

The issue that is equally important to both is the fate of Russia's agreed weapons exports to India, estimated to be worth $12 billion. Ever since India declared independence, Moscow has sold far more arms to New Delhi than any other state.
Read more
Russian S-400 air defense systems. コピーライトマーク Alexey Malgavko Russia expects to sign S-400 air defense system deal with India this year – official

But a major obstacle has risen in the shape of CAATSA, the anti-Russia, Iran and North Korea legislation passed by Congress last year. It not only penalizes Moscow's own strategic industries, but is liable to sanction third-country companies working with Russian entities on the list, including Russia's official arms trader Rosoboronexport.

On Saturday, US official Tina Kaidanow, principal deputy assistant secretary of state for political-military affairs, who is herself traveling to India for talks later this month, warned New Delhi "to evaluate any potential large defense purchase from Russia seriously," saying it must not "enable" Russia's "malign behavior."

So far, India has held steady in the face of this pressure, which Moscow views as an underhanded attempt to muscle into the largest arms import market in the world.

"We are not going to allow our defense requirement to be dictated by any other country. We have conveyed this to the Capitol Hill. Russia has been a reliable and trusted partner," said a senior Indian official, quoted by multiple local media outlets last week.

In a tweet sent out prior to his visit, Modi also confirmed that he would seek to "strengthen the special and privileged strategic partnership between India and Russia."

However, it would be complacent to exclusively blame Washington for a slide in that partnership, which has seen Russia's share of arms imports fall from 79 percent between 2008-2012 to 62 percent in 2013-2017, according to think tank SIPRI.

Even before Modi was elected in 2014, India began a geopolitical shift closer to Washington, while its arms industry has made a deliberate move to lessen its reliance on Russian companies, which Indian officials say experience difficulties with deadlines, cost overruns, and spare-parts supplies.

While undisputed Russian hits such as the S-400 Triumf anti-aircraft systems are still in demand – India is intent on buying five at a cost approaching $6 billion – more speculative projects have run into trouble.

The nadir has been India's public decision just last month to exit the Sukhoi/HAL Fifth Generation Fighter Aircraft (FGFA) project, mooted for over a decade. New Delhi is apparently dissatisfied with both the timelines and the characteristics of what would have been a groundbreaking, jointly produced jet, and a new model for Russia's post-Soviet aerospace industry.

It is likely that Modi and Putin will eventually feel comfortable enough to broach the topic during their face-to-face meeting, which is expected to last between four and six hours.

"My own experience has been that it takes time for us to take a final decision, when it comes to frontline fighter or attack aircraft," prominent Indian diplomat-turned-expert Gopalaswami Parthasarathy told RT. "I am sure that we can overcome any mutual doubts we may have on the Russian FGFA, once we can better match what we need with what is available. Finally, the entire issue of spares and transfer of technology remains crucial for defense supplies."
India to woo Russia away from China?

On nuclear, the relationship is similarly fruitful, if not so politicized. Indian representatives announced that the two leaders would discuss further cooperation in this area, with Russia completing reactors 3 and 4 of Kudankulam, India's largest nuclear power station, which is being constructed in the south of the country. Moscow will vie to complete reactors 5 and 6 by the start of the next decade, but nothing has been finalized, and the success of the project could determine the path of the country's energy industry – a relevant concern for a rapidly growing economy, and a population that is expected to overtake China's within five years.

Perhaps even more intriguing is the prospect of trilateral nuclear development with Bangladesh, to be piloted at the $13-billion Rooppur Nuclear Power Plant, where Russian engineers will supply the tech, and the Indian side will provide some of the financing, management and influence.

Modi's informal one-to-one summits, which he has made his preferred form of international diplomacy, aren't about the nitty gritty of construction deals, but rather big ideas – of which India's place in the world remains central to the country's identity. And China remains the measuring stick.

"India sees China as a rival in a competition for regional leadership," Alexey Kuprianov, a senior research fellow at Institute of World Economy and International Relations, told RT.

Between the two countries ,there are plenty of indirect tensions. Beijing's "One Belt One Road Project" – a reimagining of the silk road backed up by massive infrastructure and industrial investment – is not only a bid for Asian supremacy and a metaphorical encroachment into its backyard, but actually goes through a disputed territory between India and arch-nemesis Pakistan, which has enjoyed closer ties with China in the past few years.

There is also a direct flashpoint – Doklam is a remote Tibetan area through which the undefined Sino-Indian border passes, but it captured headlines in both countries for over two months last summer, after a stand-off and series of clashes between border guards on both sides.

New Delhi is alarmed that Russia, the other great power in the immediate vicinity, is drifting noticeably closer to China, with whom it has a tighter fit, not just economically but geopolitically too, with both countries seeing themselves as a counterweight to US hegemony.

Modi's task will be to reassure Putin that India will not become a prong of a Western-directed alliance (talk of a potential regional partnership between United States, Japan, Australia and India was restarted last year) and also to show that its economic opportunities are as attractive as those offered by China. Perhaps sweetening the deal by offering Moscow a large new showpiece project, like the Russian-backed pipeline from Iran to India that was announced at the end of last year.
posted by ZUKUNASHI at 16:09| Comment(0) | 国際・政治

メルケルとプーチンは話が通じる仲

プーチンはドイツ語が達者なようです。メルケルのこの表情、なかなか良い。独ロ接近は本物かもしれません。

posted by ZUKUNASHI at 11:39| Comment(5) | 国際・政治

UAEの株式投資会社が顧客の資金を不正使用

Bloomberg 2018年5月10日 11:00 JST
Dubai Firm Rattles Mideast Dealmaking With Alleged Misused Funds
It’s troubling for any asset manager, but this dispute has the potential to damage a region.

Allegations that one of the biggest and oldest private equity firms in the Middle East misused client money -- including from the Bill & Melinda Gates Foundation and the World Bank -- have sent shock waves through the ranks of local dealmakers. The firm, Dubai’s Abraaj Group, has shaken up its top ranks, cut dozens of jobs and hired outside help to probe the matter and patch up relations with clients, but the fallout may just start to ripple through.

Since the allegations surfaced in February, private equity deals and fundraising in the region, which had already been slowing, have come to a halt, according to interviews with about a dozen financial industry executives. The issue has hurt the region’s reputation and threatens to bring back concerns about a lack of transparency that had kept some investors away, they said, asking for anonymity because the matter is sensitive.

“The true impact of the Abraaj situation is one of reputational capital,” said Karim A. Souaid, managing partner of Growthgate Capital, a private investment firm operating in the region. It “will impact the appetite of fund investors to commit, and the capabilities of fund managers to raise capital. "

管理人には驚きはありません。
posted by ZUKUNASHI at 11:28| Comment(0) | 国際・政治

19カ国・地域の首脳らは 本県といわき市における東日本大震災からの復興の着実な進展を歓迎

福島民友 2018/05/20 08:37 カテゴリー:主要
復興の着実な進展確認 「太平洋・島サミット」閉幕
 国際首脳会議「第8回太平洋・島サミット」は最終日の19日、いわき市のスパリゾートハワイアンズで首脳会議を開いた。19カ国・地域の首脳らは、本県といわき市における東日本大震災からの復興の着実な進展を歓迎し、支持するなどと明記した首脳宣言を採択し、閉幕した。太平洋地域の発展に向け、日本が人材育成・交流を進める考えも盛り込んだ。
 外務省によると、津波被災地や農業施設を視察した各国首脳らは再生が着実に進んでいると受け止め、復興に関する文言を宣言に盛り込んだ。
 各国首脳は太平洋島しょ国・地域が地震や津波、台風などの自然災害への対応が不十分との認識で一致し、防災面で連携を強化すると表明。日本は今後3年間でサミット参加国に対し、5000人以上の人材育成、交流を進める方針を打ち出した。海上保安や気候変動への対応、再生可能エネルギーの一層の導入、防災力強化などの分野で支援する。
 日本で開催される2019年のラグビーワールドカップや2020年東京五輪・パラリンピックを契機にスポーツ分野での協力関係を発展させる考えも共有した。
 北朝鮮問題も主要議題の一つとした。朝鮮半島の完全な非核化に向け、北朝鮮に国連安全保障理事会での制裁決議の完全履行を含む具体的な行動を求める方向で意見を集約。首脳宣言では、洋上で物資を積み替える「瀬取り」を含む北朝鮮の制裁逃れに深刻な懸念も示した。全ての弾道ミサイルと大量破壊兵器の「完全かつ検証可能で不可逆的な」廃棄と、拉致問題の即時解決の重要性も強調した。宣言で北朝鮮問題に言及したのは初めて。
 サミットには日本をはじめ、新たに加わったニューカレドニア、仏領ポリネシアなど太平洋島しょ国・地域の首脳らが参加した。
■首脳宣言原発事故は明記せず
 今回採択された首脳宣言には県内に重大な被害をもたらしている「東京電力福島第一原発事故」の文言が含まれなかった。外務省は福島民報社の取材に対し、宣言に盛り込んだ「東日本大震災」は原発事故を含む本県が受けた災害全般を意味するとした。
 同省の担当者は「サミットをいわき市で連続開催したことで県産品の安全性や魅力を世界に発信できた」と成果を強調した。
 前回採択された首脳宣言「福島・いわき宣言」では原発事故に言及した。事故の全情報や教訓を国際社会に提供する必要がある−などと明記していた。
【太平洋・島サミット首脳宣言のポイント】
■東日本大震災からの本県といわき市の復興の着実な進展への歓迎と支持
■太平洋島しょ国への今後3年間で海上保安分野や防災力強化などで5000人以上の人材育成・交流による開発協力
■朝鮮半島の完全な非核化に向け、北朝鮮に国連安全保障理事会での制裁決議の完全履行を含む具体的な行動を要求
■瀬取りを含む北朝鮮の制裁逃れに深刻な懸念を表明
■全ての大量破壊兵器と弾道ミサイルの完全かつ検証可能で不可逆的な廃棄と、拉致問題の即時解決の重要性を強調
■法の支配に基づく海洋秩序の重要性を強調。「自由で開かれたインド太平洋戦略」を歓迎
posted by ZUKUNASHI at 10:07| Comment(0) | 福島原発事故

LINUXパソコンはこう使う これを読めばメリットが分かる "当ブログ特薦記事"

リアルタイム線量率測定表示システムのパソコンに使っているスティックパソコンが大きく値上がりしています。ハード、ソフト両面で改善が図られているようですが、1万円が2万円になるとこれまで3台作れた予算で2台しか作れなくなります。

一方、LINUXをプレインストールしたスティックパソコンが大きく値下がりしています。日本では6,500円ほど、米国では35ドルで売っているところもあります。これが使えればこれまで3台作れた予算で4台作れることになります。

これは試用してみる価値あり。もしブラウザーやメーラー、いくつかのオフィスソフトが使えれば、3千円の中古モニターやキーボード、マウスの組み合わせ1万円程度で一応使えるパソコンが組み上がります。(USBの端子が一つしかないものもあり、そのようなものはUSBハブが必要になります。自分の作業ファイルの保存にマイクロSDカードも必要ですので1千円から2千円程度の追加出費を伴います)

ただし、管理人の場合は、リアルタイム線量率測定表示システムの中枢となるパソコンに使うのが目的ですから、LINUX OSにWINEと呼ばれるWindows エミュレーターを載せて、そこでShareXやGC10モニターを動かすのが目的です。

電源コードをつなぐと即稼働開始です。システムセットアップが始まりますので、問いかけに答えていきます。セットアップの最後にユーザー名やパスワードを入力しますが、キーボード入力がかなり不自由です。Windowsの日本語入力がずいぶん改善されたことに比較するからでしょうが。

システムセットアップを終え、ブラウザーが動くことを確認してWINEを導入しようとしました。ところがエラーが出て途中で止まります。

そのうちUBUNTUの新しいバージョンの更新が始まりました。

WINE導入を取りやめてUBUNTUの新しいバージョンをまずインストールします。ところがインストール中にメモリーが足りないとの警告がしばしば出ます。しかし、自分で加えたソフトもなく、削るべきものがありません。ゴミ箱を空にしてもほとんど変わりません。

困り果てて少し荒っぽいことをやったらUBUNTUの新しいバージョンは入ったらしいものの今度は起動しません。

UBUNTUの新しいバージョンを入れなければWINEがインストールできないわけですから諦めてパソコンを工場出荷時の状態に戻します。

その後、システムセットアップの最後のユーザー名やパスワードの入力画面で文字入力ができなくなりました。何度か試行錯誤しているうちにキーを長押ししていると入力されることが分かり、時間と手間をかけて入力、全角と半角文字の入力切替も面倒です。

全角が混じっていると次の画面に進まず、セットアップが終了しません。さんざんてこずりましたが、一応起動するようになりました。

このスティックパソコンのスペックです。
ubuntu 14.04 LTS
AtomCPUZ3735F@1.33GHz×4
Bay Trail
64ビット
ディスク 5.1GB
RAM 1GB

ubuntu 14.04 LTS は、長期サポート版ですが、4年前にリリースされているんですね。

Windowsプリインストールのスティックパソコンに比較してディスク容量、RAMともに大きく見劣りします。SDカードを差し込んでもRAMの代用にはなりません。

当初の狙いは放棄しました。さて、このパソコンをどう使うかですが、ライブカメラの画像キャプチャーに使う手はありそうですがFIREFOXもメモリーを食いますから、その目的に使えるかどうか。試してみてダメということになるとまた無駄手間になります。

少し考えます。

USBハブが使えない。何か設定が必要? WifiとBluetoothとUSB、3通りを使わないとダメ? これはいかん。関連機器でカネがかかりすぎる。本体35ドルでも売れないはずだ。

UBUNTU 精神や活動は大変立派だと思います。ですがソフトはハードが伴わなければ力を発揮できません。5年前に買って使い続け、今は予備として置いてあるWindowsパソコンは、LINUXをインストールして使うことも考えていましたが、複雑な操作、作業を行うには面倒が多いようなので見送りです。

・・・・・

2018/5/7、konkorartさんから次の解説をいただきました。ありがとうございます。読者のご参考にもなるでしょう。ここに掲げます。引用開始。

私もLinuxを愛用している一人でご協力できればと思いコメントをさせて頂きます。

Linuxを単独で使う方法としてはWindows PC(X86)の内臓ハードデスク、USBメモリ、USBハードディスク、SDカードにLinuxをインストールして使用する方法の他にラズベリーパイ(シングルボードコンピュータ)を別途用意しUSBメモリ、USBハードディスク、SDカード等にインストールして使用する方法があります。
(ラズベリーパイは本体の他にケース、電源、マウスキーボード、SDカード、USBメモリ含め1万円程度で用意できます)

windowsと併用して使う方法としてはマルチブートとVM(仮想化)の2種類が考えられます。
前者はwindowsと並列に内臓ハードディスクにインストールするか、または内臓ハードデスク(windowsが既にインストールされている前提)とは別にUSBメモリ、USBハードディスク、SDカードにインストールして起動時に選択して使用する方法で切り替えるには再起動が必要となります。

後者はwindows(macも同じ)に仮想ソフトのvirtualboxまたはvmwareをインストールして仮想ソフトにLinuxをインストールして使用する方法で再起動は必要ありませんが、メモリが最低でも4G、快適に使用するには8G程度必要になります。

この方法ではmacまたはLinuxをインストールして仮想ソフトにwindowsをインストールすることも可能ですが、ライセンスの認証が必要となりますので既にインストールされているwindowsとのライセンスの問題が発生します。

windowsのライセンスはハードウェアについているプリインストールか、正規ライセンスを購入した場合で異なり、正規ライセンスは2台にインストールできる可能性があります。

windows proとLinux、macはリモートディスクトップソフトを使用することにより現在使用中のPCのモニター、キーボード、マウスで全ての操作が可能になりますのでPCごとにモニタやキーボード、マウスを購入する必要はありません。

また、ライブカメラのキャプチャーについてはMotioneyeというソフトをLinuxにインストールすることでwebカメラの映像をネットワーク経由でリアルタイムに見ることができ録画もできます。録画については全録画、動きがあった時のみ、人の操作による録画方法が選択可能です。他に外出先からインターネット経由でリアルタイムの映像や録画映像を見ることも可能です。

5年前に購入したPCが空いているとのことですのでこれにUSBメモリにLinuxをインストールして使用するのが一番安く済む方法だと思います。

Linuxは最低でも1Gのメモリと16GのハードデスクまたはUSBメモリが必要で、快適に使用するには2Gのメモリが推奨です。

他の注意点はWifiとブルートゥースが認識されないケースがよくあります、特に最新のPCや自作PCに発生します。

長文になり分かりづらいかもしれませんが、何か質問などあれば返信をお願い致します。
今までのお礼の意味でも、このブログに協力させて頂ければ幸いです。

・・・・・

引用終わり。わーっ、よく研究して実践されているんですね。私はもう観念論先行で気力が付いて行きません。スティックパソコンも放り出しては気を取り直して試行錯誤することの繰り返しでした。

LINUXはその精神に賛同することのほかに、セキュリティが強いのではないかと思い、機会があれば使ってみたいと考えていたのです。ご親切なお申し出ありがとうございます。5年前のパソコン、電源ユニットなども交換してもう一回死ぬまで働いてもらう非常時に備えています。

USBメモリにLinuxをインストールして使用する方法が私には一番の近道のようです。困ったときは、ぜひご指導をお願いします。

konkorartさんの激励でまた気を取り直して、LINUXスティックパソコンの調整に挑戦しました。

今日はFIREFOXをインストールしました。ディスク5GBのうち空きが少ないのでまずOfficeのうちいくつかを外しました。残したのはCalcだけです。後使わなさそうものも外してようやくインストールに成功。ところがUbuntuの最新版があるぞ、とせっつきます。これは後回し。

Firefoxがちゃんと動くことまでは確認できました。次に画像キャプチャーソフトを探しますが、ShareXのLINUX版はないんですね。ShareXのクローン版や代替版はありますが、インストールの方法がよく分からず、面倒です。いくつか試してみましたが、ソフトウェアセンターにあるものは簡単にインストールできますが、そうでないものはやはり面倒です。

それに今は静止画のキャプチャーではなく、動画でキャプチャーするものが主流になっています。

Wifiは動きました。入力はマウスとキーボードを差し替えて使っています。画像キャプチャーに使うだけならマウスだけで足りますからブルーツースの機器は買わないつもりです。

じっくり、画像キャプチャーソフトを探します。

konkorartさんから追加の助言をいただきました。これは時代遅れのパソコンをお持ちの方には朗報になりえます。引用開始。

私のコメントで再度Linuxに挑戦されているようですので少しアドバイスをさせて下さい。

現在使用されようとしているスティックタイプのLinuxですが、容量が少なくHDMIでテレビ等のディスプレイに接続するタイプだと推測とます。(intel?)

このタイプは拡張性が少なくOS以外はOfficeが使える程度で動画キャプチャーとしてはセットアップがかなり難しく、苦労の割には動画に対応できるスペックではないと思います。

USB3.0メモリの16Gが1000円程度で売っていますので秋葉原あたりで2個入手して下さい。
1個は16G、もう一つは8Gでも構いません、16GがLinuxをインストールするUSB、8Gはインストーラを入れます。
既にお持ちで使用していないものがあればそちらを使用して下さい。
購入したUSBメモリとお休みしているPCを使ってLinuxを使った方がセットアップが楽で拡張性が高くなります。

使用するLinuxはUbuntu mateまたはRaspbianがおすすめです。
Ubuntu mateは以下のサイトよりPCに合わせて32ビットか64ビットをダウンロードして下さい。
1804がリリースされていますがバグがありますので1604が無難です。
https://ubuntu-mate.org/download/
RaspbianはRaspberry Pi Desktopをダウンロードして下さい。
https://www.raspberrypi.org/downloads/
それぞれのインストール説明は対応するサイト内にあります。また、webには日本語のセットアップ例が沢山ありますので参考にして頂ければと思います。

ダウンロードのファイルはUbuntu mateは.isoでRaspbianは.imgですのでフリーソフトでUSBメモリに書き込めるソフトを使用して下さい。

USBに書き込めればPCにセットして電源を入れてBiosの画面よりUSBメモリから起動して下さい。

両方ともにLiveですので自動的にそれぞれのOSが立ち上がりますので適当に使ってみて、好みの方を2個目のUSBにインストールして下さい。

Raspbianは海外で子供のプログラミング練習用に使われていますがインストール後に日本語等のソフトのインストールが必要です。

一方、Ubuntu mateはLinuxのdesktopとして人気があり、日本語環境も含め必要なソフトがほぼインストールされております。
ともにOSのみの起動時のメモリ使用量は500Mバイト以下で10年以上前のレッツノートでもメモリが1Gあれば普通に使えます。

PCのハードディスクにもインストール可能ですが、今回はUSBメモリが対象ですのでくれぐれもお間違いのないようにして下さい。ハードティスクの内容が書き換えられますので可能であればハードディスクを外した方が安全です。

個人的にはラズベリーバイ3を購入されてLinuxになれる方が良いと思います。基本的にはsdカードが基本ですが、USBメモリ、USBハードディスクでも可能で、sdカード等のOSを変えることで無線ルーター、NAS、監視カメラとしても使用できます。

監視カメラはリアルタイム映像の他に静止画、動画ともに録画可能で、動体感知のみの録画も可能でメールで感知を知らせることが可能です。

また、長文になり申し訳ありませんがUbuntu mateまたはRaspbianをお試しください。

・・・引用終わり・・・

ここまで教えてもらえると光が見えた感じがして意欲が掻き立てられます。ソフトテスト用に置いてあるWindowsXPパソコンもLINUXに置き換えようかと思います。

あくまでもさりげなく、「Windows10の64ビットおよび32ビットまたはLINUX Ubuntu mate で動作を確認しています」などと徘徊爺がしゃべっていたらおかしいでしょうか。

konkorartさん ありがとうございます。また挑戦しますので教えてください。

・・・・・・・

konkorartさんが読者の質問に答えてくれました。ありがとうございます。

SHARPのモバイルを使用されているとのことですが、正式な型番とできればスペックを教えてください。
私が例に挙げた10年以上前のレッツノートとはCF-R6と型版でスペックは以下の通りです。
CPU Centrini Duo 32ビット
プリインストールOS Windows Vista
HDD 60Gbyte
メモリ 512Mbyte--->1024Mbyteに増強
発売年度 2007年
上記よりスペックが低いとUbuntu 1604やRapsbianでは遅く感じるかもしれません。

Linuxには超軽量のOSもありますので"linux ディストリビューション 超軽量"で検索してください。
参考になる情報がたくさんあります。
例えば https://eng-entrance.com/linux-light です。

サクサク動くと言えるかは分かりませんが普通に動くものはそれぞれのOSをインストールすれば標準でファイルマネージャとテキストエディターがついています。

スピードだけを考えるとGUIではなくCUIでコマンドで実行するのが一番ですが使いにくいと思います。

管理人注:GUI:グラフィカルユーザインタフェース。今のWindowsなどの操作体系
CUI:キャラクターユーザインタフェース。キーボード入力と文字表示を用いた操作体系

acrobat reader DCを必要とされているようなのでGUIベースとなると思いますのでLinux版acrobat readerをインストールしてみて下さい。ただし、OSバージョン等の制限があるかもしれません。

ファイルマネージャとテキストエディターについてはWEBで調べれば沢山ありますので自分に合うものを調べて下さい。

また、LinuxOSの選択はUbuntu 1604、Debian8または9が安定しており、WindowsやMACに近い感覚で使えると思います。これより古いと情報も少なくなりますので結構面倒になります。

以前にUbuntu 9.04を使われていたのであれば、Ubuntu、Debian、Raspbianを使われたら凄く使いやすくなっていると感じると思います。

以前のコメントでLinuxでのWIFIとブルートゥースが認識されない場合があると記述しましたが、プリンターについても、メーカーがLinuxのドライバを提供していないと使えませんので注意して下さい。

ご存知のようにLinuxはOSも含めて色んな選択がありますので自分なりに調べてソフトを選択できる反面、これが面倒だと感じる方もおられることも事実です。

まずは定番のUbuntu、Debianに慣れたら後に使いやすいソフトを探した方が賢明だと思います。

・・・・・・

Linuxを使う上で避けて通れないのが英語の問題で、数年前までは仕組み等の微妙な言い回しが分からなくて苦労した事があります。
現在ではGoogle Chromeブラウザを使えば画面に出ている外国語を瞬時に日本語にしてくれますので、かなり楽になっています。

操作は簡単でGoogle Chromeブラウザに表示されている画面で右クリックをすればポップアップが表示され真ん中より下に「日本語に翻訳」がありますのでクリックすればページ丸ごと翻訳してくれます。

他のブラウザでもgoogleのサイトで検索している場合は検索結果の表示で「このページを翻訳」をクリックすれば同様の結果が得られますが使い勝手がGoogle Chromeブラウザに比べれば劣ります。

翻訳の精度ですがブログのQ&A等のスラングや口語が含まれると上手くできないようですが、ニュースや説明書等の正式なサイトは問題ありません。

最近ではスマートフォンの普及でPCを使わない人が増えていますが、WEBでの細かい調査や文章作成にはPCが必要になります。本来であればWindowsでも良いのですが、PCの新品では最低でも10万程度の出費が必要になる上、windows10のアップデートに悩まされることになります。(中古ではWindows10は重い)

仕事(会社)と同じOfficeソフトが必要でない場合は、この様な無駄な出費とアップデートを回避する解決策がLinuxです。

Linuxに慣れれば目的に応じたLinuxOSを選択でき、5年以上前の中古PCを2万円前後で買って通常のPCはもとよりサーバー、ルーター、NAS(ネットワークHDD)等に仕立てる事ができます。

また、USB等のLinuxを活用する事でWindowsのバックアップやリカバリも簡単になり、PCの調子が悪いときはWindowsの再インストールを専門店に依頼せずとも自分で行えますので無駄なお金を払わなくて済みます。

WindowsだけでWindowsのバックアップやリカバリを行うことはビルを壊しながら作っている様なものなので限界がありリスクも高くなります。

ちなみにAndroid、ios(マルチタッチや加速度センサーなどの独自UIを持ったOS)、macOS は Linuxまたはunix(Linuxが参考にしている)を参考にて作られていますので、Linuxに慣れると他のOS利用にも応用できます。

Linuxのメリットを記述しましたがwindowsでも最初は苦労したと思いますので、少し試行錯誤をすれば慣れると思います。

また、Linuxのインストールや設定については日本語でWEB上に沢山ありますので苦労はしないと思いますが、結構間違いや適当なものもありますのでスクリーンショットがなかったり手順がおかしいものは避けて丁寧に説明しているサイトを選びましょう。

チョット頑張れば無駄にPCのハードやソフトにお金を使う必要がなくなりそのお金を他に回せ、パソコンにお金がかかることはなくなると思います。

話題は変わるのですが、この他にお金が一番お金がかかるのはスマホで、家庭によっては3万/月もかかる様です。格安SIMで1/4程度にすることができ、年間にすると36万が10万以下になり20万以上の節約になります。(我が家は3人で約7000円/月)

節約した分でAndroidかiphoneのSIMロックフリー(アンロック)を購入すれば無駄に高いスマホ代と2年縛りからも解放され利用者が好きな通信会社を選べるようになります。

この他にSIMロックフリー(アンロック)スマホは高く売れる上、海外ではSIMを入れ替えるだけでそのまま使えますのでバカ高い国際ローミングともおさらばできます。

ちなみにマレーシア、ベトナム、タイ等で1G容量に加えて国際電話10分位で1000〜2000円前後ですが、いつも使っているスマホがそのまま使えるのは凄く便利です。

・・・引用終わり・・・

linuxの現状が理解できました。選択肢が多いのですね。やってみようかな、いやいやこれ以上に手を広げたら寝る時間が無くなる。読者の皆さん、古いパソコンを活用されてみてはいかがですか。

挑戦されたら結果を教えてください。

Linuxの便利な使い方

これまではLinuxをPCまたはUSBなどにインストールして使用する前提でコメントをしてきましたが、簡単にで手軽に使用できる
方法はインストールをせずにUSBから起動できるライブUSBです。
これはインストール用のISOまたはimgファイルをダウンロードしてUSBに書き込み、PCでUSBから起動すればLinuxをそのまま
使用できます。(最近はほとんどがライブ対応です)

本来はここでインストールを選択してUSBメモリやハードディスクにインストールするのですが、ライブUSBはインストールなしで使います。
基本的にはアプリのインストールができないので日本語などは使えませんが、とにかく使ってみるには最適でおかしくなったらリブートすればもとの初期起動状態に戻りますのでいじり放題できます。

Raspbian(Raspberry pi desktop)はインストールしないでアプリのインストールが可能で日本語化もできます。
一部のいじった内容をインストールではない方法で別領域に保存する方法でインストールした様な使い方が可能になっています。
この別領域が必要なくなったらリセットでもとのライブUSBに戻せる優れものです。

このUSBがあればUSBメモリから起動できるPCを借りてインターネットや資料作成が可能です。
また、このUSBはmacでも使用できる点も魅了です。

小さなUSBに必要な設定を完了しておいて財布の奥に入れておけばPCさえ借りれれば国内以外に海外でも使用できます。
特に海外のPCでは日本語が使えませんのでこれがあれば日本語もそのまま利用できます、但しキーボードは英語配列で使う事に
なりますので海外で使用する場合はキーボードを英語配列に設定する必要があります。

Linuxのチョット便利な使い方です。

・・・・・

1年ほど前にRTなどにUSB端子に挿してLINUX化するUSBメモリーの広告が載っていました。20ドル程度でしたが、これと同じですね。作り方を勉強します。

次はデスクトップの遠隔操作です。次第にレベルが上がります。

・・・・・

リモートディスクトップの活用

リモートディスクトップとはあるPCをネットワークを通して別のPCから操作する方法です。
この機能を使えばサーバー、スティクPC、シングルボードコンピュータ等のモニター、マウス、キーボードなしでも
簡単に操作することができます。
macは標準でインストール済み、Linuxは原則としてインストールが必要です。
windowsについてはProバージョンのみシステム設定でリモートディスクトップを有効にすれば簡単に利用できます。
Microsoft Remote Desktopをmac、android、iosにインストールすればwindowsをリモートで操作できます。
但し、暗号化されていないのでインターネット経由では使用せずローカルLAN内だけにとどめて下さい。
Windowsが残念なことはProバージョンのみで home等のその他のバージョンはリモートディスクトップは使えません。
リモートディスクトップとしてVNC(Virtual Network Computing)があり、windowsで無料で使えるものはUltraVNCが
あります。
インターネットよりダウンロードしてサーバー機能のみをリモート操作されるwindowsにインストールし、操作するPCに
ビューワー機能をインストールします。但し、UltraVNCはwindows専用ですので操作するPCがwindows以外であれば
RealVNCがおすすめです。
細かい設定はUltraVNCやRealVNCで調べればインターネットに沢山ありますので参考にして下さい。
注意点はリモート操作をされる側のIPアドレスとポート番号で、接続時にipアドレスとポート番号、パスワードが必要です。
ほとんどの方はwindowsのネットワーク設定でDHCPを選択していると思いますがIPアドレスを調べる必要があり、環境に
よっては毎回変わってしまいます。
可能であればIPアドレスを固定して、VNCの設定ポートを5900(VNCの既定)にした方が簡単に利用できます。

簡単ですがリモートディスクトップの紹介です、これを使えばモニター、マウス、キーボードは常用PCのみにしてmac、
windows、Linuxを操作できます。(Androidも端末によっては可能、iosはできません)
但し、ネットワーク経由で操作しますので高解像度が必要またはケーム等の動きが早いものには使えませんので注意して下さい。
posted by ZUKUNASHI at 09:49| Comment(11) | デジタル・インターネット

福島第一原発2号機地震から1時間で全電源喪失認識

※ 桑ちゃん @namiekuwabara氏の2018/5/20のツイート
これ何度見ても東京電力原発がらみに関しては汚い人間ばかりなんだな〜と今更ながら確認させられる。
地震発生と同時に「大熊2号線外部電源喪失」と言う事はこの時点で鉄塔が崩壊、D/G起動となりメタクラもやられ1時間もたたない内に「全電源喪失」至った時点で米軍使ってでもすぐさま住民避難だろう。



※ 桑ちゃん @namiekuwabara氏の2018/5/20のツイート
1時間足らずで全電源喪失、避難用バス準備したのは「東電社員用」のみとは、被害者見殺しにしても良いという考えと変わらない。本当は「被害者全員」に死んでもらいたかったのだろうね。

・・・引用終わり・・・

2015年09月19日
福島第一原発事故後 1ミリシーベルト近いプルームが近傍を次々と襲っていた


2015年09月12日
変電所が地震で損傷して原発が外部電源を失うことがある

2015年09月12日
福島第一原発事故は鉄塔倒壊で外部電源を喪失したのか

2015年09月19日
福島第一原発事故時 近傍市町の避難はこんなふうに進められた

2016年05月25日
東京電力福島第一原子力発電所災害に係る避難指示区域内の御遺体の取扱について
posted by ZUKUNASHI at 09:24| Comment(0) | 福島原発事故

Syrian Analyst: US, Israel Have to Consider Consequences of Attacking Syrian Army and Its Allies

FARSNEWS2018/5/20
Syrian Analyst: US, Israel Have to Consider Consequences of Attacking Syrian Army and Its Allies
TEHRAN (FNA)- Syrian political analyst Steven Sahiounie believes Israeli strikes on Syria are aimed at weakening the Syrian army to ensure Tel Aviv would never be forced to give back occupied Syrian land in Golan Heights.

In an exclusive interview with FNA, the analyst said that Washington and Tel Aviv “have to make their own calculations about the repercussions of an attack on the allies of Syria; they would have to calculate their own losses after such action.”

Mr. Sahiounie also said that Saudi Arabia, as the main financier of terrorists in Syria, “faces a future of diminished power in the region” unless there is a change of policies in Riyadh.

Steven Sahiounie is an independent Syrian journalist and political analyst. He has been covering the Syrian crisis since it’s onset in 2011 and has published several articles in numerous media outlets, including Mint Press and Fort Russ News. He has also been interviewed by international news outlets such as Press TV.

FNA has conducted an interview with Steven Sahiounie about the ongoing crisis in Syria and the recent developments surrounding the issue namely the US’ plan for an independent Kurdish state on Syrian soil and the Turkish military intervention into the country.

Below you will find the full text of the interview.

Q: Since the beginning of the crisis in Syria, Saudi Arabia has been actively supporting terrorists in the country. These terrorists are now losing ground every day. What do you think would be the implications of such failure for the Saudi foreign policy?

A: Saudi Arabia has failed in their goal of overthrowing the legitimate government in Syria. I believe that the plan, structure and goals of the project were not Saudi in origin. Saudi Arabia was used by USA as the paymaster of their project to overthrow the Syrian government. Saudi Arabia played their role, because if they were to refuse to follow the direct orders of Washington, DC., their own government could be changed in 24 hours. The right to be a King in Saudi Arabia is not a natural thing: it depends entirely on the US government. Who sits on the throne in Riyadh is not up to the Saudi Royal family, and certainly not up to the Saudi citizens, who have no say, and no voice in the government. Saudi Arabia is an absolute monarchy: you are either the King, or related to him, or you are no one. Some inside sources have said that the Saudi officials have given up hope on their cause in Syria, because they have seen the events on the ground, as the Syrian government has consistently been recovering areas in Syria that had been under the occupation of radical Islamic terrorists. Radical Islam is a political ideology, and is not a religion or a sect.

I don’t see the Syrian crisis as a Saudi foreign policy, but as a US foreign policy, in which Saudi Arabia was forced to play their role. The terrorists and their weapons and salaries were not enough to achieve the success that US had planned for. I wouldn’t lay the blame for the failed attempt at the feet of the King of Saudi Arabia, because he played his role well, and fulfilled his obligations to Washington, DC. The failure of the project will always sit with the American government: they failed to take into account the resistance and steadfastness of the Syrian people, and their allies, in the face of international attack and occupation. I don’t think this failure in Syria will affect Saudi foreign policy: they will stay a client state of the USA, and they have no intent on restoring a relationship with Syria, or some of their Persian Gulf neighbors. The King of Saudi Arabia faces a future of diminished power in the region, and subservience to American whims and schemes, unless he could take a new path by making friends with his neighbors, and sharing peace and prosperity with his subjects and neighbors.

Q: We have seen the Israeli regime and the so-called US-led coalition targeting the Syrian Arab Army (SAA) and its allied forces many times. What do you think is the reason for such moves?

A: The Israeli goal in Syria is to make sure there is destruction and chaos across Syria. Israel wants to ensure they never have to give back occupied land in Syria. Israel wants to keep the Syrian military weak, or their ultimate goal would be the complete destruction of the Syrian military, which is also the US goal. By destroying the Syrian military, the US and Israel could have achieved the overthrow of the legitimate government in Syria. The Syrian government has remained strong, united and effective during 7 years of war because of the unity and loyalty of the Syrian Arab Army, and the resistance of the Syrian people, who have sent their sons, brothers, husbands and fathers to serve in the military. The US and Israel may continue to attack the Syrian Arab Army and their allies on the ground in Syria, but we expect the eventual victory in Syria. The US and Israel have to make their own calculations about the repercussions of an attack on the allies of Syria: they would have to calculate their own losses after such action.

Q: The so-called Syrian Democratic Forces (SDF) have received tremendous amount of arms and support from the United States, initially with the stated aim to fight Daesh (ISIL or ISIS). But apparently, the US is now preparing the ground to establish an independent Kurdish state in Syria. What do you think the US is seeking to achieve by disintegrating Syria?

A: The US has a long history of dividing nations for the purpose of subjugation. For example: the US-NATO attack on the former Yugoslavia; the US-NATO attack on Libya; the US attack on Iraq. From the outset of the attack on Syria, which began in March 2011, experts knew that the end-goal of the USA was a divided Syria, and in fact the various maps of the proposed ‘states’ within a future Syria have been on the media for years. They have paraded these proposed maps in front of our eyes so many times; there are people who are probably convinced that Syria is already divided. The old military scheme of “Divide and Conquer” is still in use today. Cut things up: making them smaller and easier to control, subjugate and confiscate the valuable resources available. The American government found their perfect partner in the Syrian Kurds. There is a part of that community who are willing to be a traitor to their own country and citizenship, and willing to maim and kill their own neighbors for the promise of their own ‘homeland’ and substantial paychecks to achieve the goal. However, not all of the Syrian Kurdish community is part of the plan, or in support of it. By using this small community of traitors and criminals, the US military found a willing partner in their plans to cut up Syria, thus preventing a united Syria, with its original borders. This plan also dovetails into the Israeli position: to show the world that ancient people are deserving of their own homeland, newly established, from the existing lands of the Middle East. This new Kurdish homeland would legitimize the 1948 establishment of Israel, as a homeland for the Jews, who are also an ancient people. If the ‘international community’ will support this new Kurdish homeland, from original Syrian soil, this would reinforce the Israeli position that their homeland is also a legitimate claim. As we know, the goals of the USA and Israel are most times interwoven and sometimes indistinguishable.

Q: The US announcement of its plans to recognize a Kurdish state in Syria has seemingly provoked Turkish invasion on Kurdish areas. What are Turkey’s objectives in its military intervention and how do you think this recent development would affect the process of reaching peace in Syria?

A: The Turkish military has invaded Syria at Afrin. However, this is not the first time Turkey’s military has been used officially to kill and destroy in Syria. We must not forget the role of the Turkish military in the attack, invasion and occupation which resulted in the destruction of Kessab, Syria on the North West border in 2014. In fact, Kessab has still not recovered from that devastation. Turkey has suffered at the hands of Kurdish terrorists who have killed and maimed thousands in Turkey for decades. However, Turkey knows full well that Afrin is Syrian, and the Syrian military with their allies are capable of stabilizing Afrin and preventing any Kurdish terrorists attacking either Turkish citizens, or Syrian citizens. Thus, this Turkish invasion of Afrin is a subterfuge for the real intent: to cut up Syria, not in favor of the Kurdish homeland plan, but for the new Turkish district of Afrin, which the Turks have long argued would be a ‘safe-zone’ for Syrian refugees, who could then be relocated there. Also, this could be the “No-Fly-Zone” which Turkey has long campaigned for. Conceivably, the Kurds living in Afrin would then be displaced, and their homes and farms occupied by Syrian refugees who are loyal to Turkey. The Syrian refugees in Turkey, who are loyal to Turkey, are all directly connected to various terrorist groups, such as Free Syrian Army and other Al Qaeda aligned groups. Turkish history tells us of the genocide of Armenians and other Christians in 1916, and the survivors were displaced, with their homes and farms given to Turcoman settlers, originally from Central Asia. I hope that history will not repeat itself.
posted by ZUKUNASHI at 01:31| Comment(0) | 国際・政治