ずくなしの冷や水

2018年05月09日

連休も終わり 雨が増えています



島根県上昇が大きいです。


2018/5/6対馬で黄色ランプ点灯。

2018/5/6 22:35現在、中部以西で雨が続き、佐賀県での空間線量率上昇が継続。福岡県下にも影響。伊方、島根、若狭湾で高くなっています。南九州は落ち着いてきました。これから東日本で空間線量率が上がります。関東は雨が降り始めたところもあります。所々でスパイクが見られます。

能登半島で上がり始めました。新潟も動意を見せています。大垣、一宮で上昇。若狭湾起源とみられますが、この流れが強まると太平洋岸を東に流れて首都圏に影響が出るでしょう。




最新の状況はこちらでどうぞ。

2018/5/7朝は、まだ雨の残っている地域も多い。


対馬がまた上昇です。ここが九州北部とは別個独立で上昇しランプが点いた例はまだ見ていません。

太平洋岸でランプが連なっています。珍しい形です。起源はどこでしょう。


2018/5/8、一部でまだ雨が残っています。





同報メール送信










2018/5/9 福島県の一部で降雨があります。







同報メール送信


宮城県で放射性廃棄物の焼却が行われています。線量率の変動が大きいです。




管理人自宅北側屋外です。昨日から上がっていました。昨日は降雨の影響と見られます。


いわき市は変動の大きいところで次々にランプが点きます。


このような緩やかな丘陵状のピークは珍しいです。










同報メール送信
posted by ZUKUNASHI at 21:36| Comment(2) | 福島原発事故

米国はイランにイラクのような政権構造の変化を期待している

RT2018/5/9
'US wants Iraqi-style regime change in Iran'
The US withdrawal from the nuclear deal with Tehran on Tuesday is the first step in the American plan for a regime change in Iran carried out in accordance with the Iraqi scenario, Middle East expert Sami Ramadani told RT.

“If one listens carefully to what Trump was saying, really, the US is not only withdrawing from this multilateral international agreement unilaterally – scrapping it, but it’s also, actually, threatening a regime change in Iran,” Ramadani said.

“The tone of his [Trump's] speech; the words he used are reminiscent of George Bush Jr’s speech” before the US-led the invasion in 2003 when “lies were used to launch a genocidal war against the people of Iraq,” he said. The expert noted that not only was the Iraqi regime overthrown due to the US' military involvement, but the whole country was “destroyed.” The US has been trying to destabilize Iran for decades, he said.

Washington wants a lot more from Tehran than concessions regarding the nuclear deal, which Iranian authorities are unable to provide due to a strong dissatisfaction with the agreement at home, Ramadani said. “I don’t think Iran is capable of making further concessions – they said they’ve never planned to develop nuclear weapons| and its compliance with the deal has been confirmed by the IAEA on numerous occasions,” he added.

“What the US wants from Iran is to abandon its independence. That’s bottom line… They don’t want any independent strong nation in the world, especially, in the Middle East. And – regardless of what we think of its political system – Iran has chosen the path of independence from the US. They don’t want to be a lackey of the US policy in the region. And the US is telling them: ‘We’ll punish you for this,” the expert explained.

Journalist Max Blumenthal says that Tel Aviv stands behind Trump’s decision to pull out of the agreement.

"Israeli influence is absolutely key here. At least Trump sided with Netanyahu's kind of used car salesman style of presentation in order to justify withdrawing from the Iran deal and his new policy of rollback," the journalist said.

In late April, Prime Minister Benjamin Netanyahu gave a PowerPoint presentation, allegedly revealing Israeli intelligence on Iran’s non-compliance with the deal. The presentation, however, rang hollow according to Blumenthal.

"It's another intelligence scam driving us to war," he said, calling the intelligence cited by Netanyahu "arguably fabricated." Blumenthal added that nothing new was presented and that "much of the intelligence" appears to be "cooked" and stems from the early 2000s.

Earlier on Tuesday, Trump announced that Washington will “withdraw from the Iran nuclear deal" and that sanctions will be imposed against the country. The US president explained his decision by saying that that the Joint Comprehensive Plan of Action (JCPOA) did not prevent Tehran from enriching uranium, and it put the Middle East on the path of a nuclear arms race.

Iranian President Hassan Rouhani has slammed Trump’s decision as “illegal and illegitimate,” promising that Tehran will remain in the accord despite the US withdrawal.

The JCPOA deal, signed by Iran and P5+1 powers (China, France, Russia, UK, US, plus Germany) in 2015 after years of negotiations, saw international sanctions on Tehran lifted in exchange for Iran curbing its controversial nuclear program.

RT2018/5/9
Iran deal is ‘not dead’ despite Trump’s withdrawal, but ‘risk of confrontation is real’ – French FM
Although Washington has broken an “international commitment” and France regrets the move, the landmark nuclear agreement is still “not dead,” according to French Foreign Minister Jean-Yves Le Drian.

“The deal is not dead. There’s an American withdrawal from the deal but the deal is still there,” Jean-Yves Le Drian told RTL radio on Wednesday, speaking several hours after US President Donald Trump refused to recertify the 2015 accord with Tehran – the Joint Comprehensive Plan of Action (JCPOA), which curbed Iran’s nuclear program in exchange for lifting sanctions.

Paris “deeply regrets” its Western ally’s move, which Le Drian called “a break with international commitment,” adding that the situation in the Middle East could be jeopardized as Washington’s decision brings “a real risk of confrontation."

France was one of the signatories of the long-negotiated accord with Iran, brokered by the P5+1 powers (China, France, Russia, UK, US, plus Germany) in 2015. The other European signatories did not support America’s withdrawal, with the leaders of the UK, France, and Germany expressing“regret and concern” and calling for restraint. They also stated that they will still stick to the agreement and called on Washington to “ensure that the structures of the JCPOA can remain intact.”

The other parties’ commitment to the JCPOA may allow Tehran to remain in the deal, according to Iranian President Hassan Rouhani, who accused Trump of waging “a psychological war” that Iran is not going to allow him to win.

RT2018/5/9
All for nothing? What it took to clinch Iran deal before Trump dumped it with stroke of pen (VIDEO)
Well, now it’s official – the US dumped the Iran nuclear deal with the flick of a pen. RT recalls how six major powers and Iran spent nine years in hard talks trying to build up trust, and finally signing the historic accord.

It took nine hours of uneasy talks and days of face-to-face meetings between high-ranking diplomats from Iran and the US, UK, France, China, Russia plus Germany. Finally, the deal was signed – a true success after nearly a decade of diplomatic standoff and confrontation.

But one country wasn’t quite happy. This was Israel, whose leader Benjamin Netanyahu did everything he could – from showing a cartoon bomb at the UN in 2012 to a recent theatrical display of Iran’s “top-secret nuclear files” – to derail the agreement.

Netanyahu was all on his own until Donald Trump got into the White House with his ‘worst-deal-ever-made’ policy, and finally, the tycoon-turned-president did what he did.
posted by ZUKUNASHI at 18:49| Comment(0) | 国際・政治

東京湾北部沿岸にお住まいで空間線量率の変化を知りたい方にお知らせ

このところ、管理人の自宅で日本電波工業製の放射能測定器RDS20Aを使用して測定した空間線量率が上昇傾向にあります。原因は不明ですが、東京湾北部一帯で同様な傾向が生じているのではないかと推定しています。

前半屋内+後半屋外 1時間平均の空間線量率 4/25にそれまでの屋内北側から南側屋外に置き場所を変えています。


以下のグラフ3個はいずれも屋外設置後






変動が大きすぎると感じる方は次のグラフをご覧ください。環境省設置のMPの1時間値です。公設MPは風が直接検出部分に当たらないよう設計されているはずですが、それでも0.02μSv/h程度は短時間に変化しています。


同様な傾向が生じているか知りたい方がおられれば、次の地図の南側の海岸線から1.5km以内にお住いの方には、RDS20A 1台を無料でお貸しします。貸出期間は1か月です。



測定器を回収後、管理人が結果を整理、分析してお知らせします。費用は無料です。

測定器は、海側の屋外に1か月だけ置いておくだけです。



この測定器は、読者の寄付によって購入したものです。保証金2千円の差し入れをお願いすることもあります。測定器回収時に返金します。

この放射能測定器RDS20Aは、現在でも2万円で販売している店舗もあります。管理人が使用した結果では、低線量域での液晶画面の線量率表示値は、他の測定器と格差があり測定値の直読には向きません。

しかし、0.2μSv/h程度から上の領域では、他の測定器と同等な値を示しますし、パソコンにつないで取り出す1時間平均値は相応の変動を示すことを確認しています。

ご関心の向きは、この記事のコメント欄からご連絡をお願いします。
posted by ZUKUNASHI at 15:17| Comment(0) | 福島原発事故

米国がイラン核合意から離脱し制裁再開を計画 世界経済の波乱要因に

離脱して、どこまで制裁か。他の国が制裁に同調するか。イランは米国が離脱しても他の関係国が核合意を順守するならば合意に留まると述べています。

これは、ロシアとの協議による対処方針でしょう。英独仏は制裁解除後、イランへの民間投資が進んでいます。イランとロシアは親密度を増しています。米国の制裁が効かない、効きにくいような方途を考えているのではないでしょうか。

イラン軍の上層部は強硬です。イスラエルのイラン攻撃も強まっています。不測の事態にならなければ良いですが。

毎日新聞2018年5月9日 03時33分(最終更新 5月9日 11時13分)
【ワシントン会川晴之】トランプ米政権は8日、2015年に主要6カ国(米英仏独中露)とイランが結んだ核合意から離脱すると表明した。米国以外の当事国や日本が合意維持を訴える中で、一方的とも言える判断に反発や批判が集まりそうだ。
 トランプ氏は、16年の大統領選挙期間中からイラン核合意を批判し、見直す考えを示してきた。中でも、核兵器開発にもつながるウラン濃縮活動の制限期間が10〜15年で終了することに強い懸念を表明。さらに、弾道ミサイル開発やテロ支援などの規制が核合意に含まれていないことを問題視してきた。
 トランプ氏は、オバマ前大統領が「政治的遺産(レガシー)」と位置づけた、新たな地球温暖化対策「パリ協定」▽環太平洋パートナーシップ協定(TPP)−−からの離脱を公約に掲げていた。オバマ前政権時代に結ばれた核合意からの離脱も、「オバマ政権否定」の意味合いが色濃い。
 米国を除く合意参加国は、合意維持を強く主張してきた。4月末には、マクロン仏大統領、メルケル独首相が相次いで訪米してトランプ氏に翻意を促したほか、グテレス国連事務総長も3日放映の英BBCとのインタビューで「代替策がない以上、合意を壊してはならない」と主張していた。日本の河野太郎外相も4月25日にブリュッセルでのザリフ・イラン外相との会談後に「米国がしっかりと(合意を)維持することが大切だということは日本、イラン双方が考えている」と合意維持を求めていた。
 イラン核合意は、ウラン濃縮などイランの核活動を大幅に縮小する代わりに、国連安全保障理事会の制裁決議や米欧などが独自に科していた経済制裁を解除する内容。「核の番人」と呼ばれる国際原子力機関(IAEA)が監視役を務めている。IAEAは今年2月に発表した最新の報告書で「イランは合意を順守している」と指摘している。
 トランプ氏は昨年10月、米議会に対し「イランは核合意を順守していない」と通知、今年1月には、5月12日までに英仏独3カ国や議会が新たな対策を取らない場合、核合意から離脱する考えを表明した。離脱表明を受け、今後は米議会の対応が焦点に移る。イランに対する追加制裁などを検討する見通しだ。

RT2018/5/8
US plans to withdraw from Iran nuke deal, reinstate sanctions – report
US President Donald Trump is planning to return old sanctions on Iran and add new ones, the New York Times reported citing sources. Trump is expected to announce his decision on the deal on Tuesday.

Trump told French President Emmanuel Macron his intention to pull out from the deal during a phone call between the two leaders on Tuesday morning, the Times reports.

A source who was briefed on the conversation told the Times that Trump plans to reinstate all sanctions the United States had waived as part of the 2015 nuclear accord. New economic sanctions will also be imposed, according to the source.

The information was leaked to the newspaper two hours before the expected Trump's announcement.

Trump has been a vocal opponent of the nuclear deal, a policy stance that has been praised by Israel but met with disapproval among Washington’s European allies.
The Joint Comprehensive Plan of Action (JCPOA), known as the Iran nuclear deal, imposes strict restrictions on Iran’s nuclear capabilities, in exchange for sanctions relief. The 2015 agreement was signed by the five permanent UN Security Council members (Russia, China, the US, UK, France) and Germany.

Tehran said on Tuesday that its response to Trump’s announcement will be dictated by what would best safeguard its own national interests.
"Iran is monitoring US and European stance closely, and will react to U.S. decision based on its own national interests," Iran’s deputy foreign minister Abbas Araqchi said after a meeting with envoys from France, Britain, Germany and the European Union in Brussels as quoted by Iranian media.

Tehran has previously signaled that it would consider staying in the deal, in the case of Washington pulling out from the agreement.

theguardian Mon 19 Aug 2013 19.26 BST
CIA admits role in 1953 Iranian coup
Declassified documents describe in detail how US – with British help – engineered coup against Mohammad Mosaddeq
The CIA has publicly admitted for the first time that it was behind the notorious 1953 coup against Iran's democratically elected prime minister Mohammad Mosaddeq, in documents that also show how the British government tried to block the release of information about its own involvement in his overthrow.

On the 60th anniversary of an event often invoked by Iranians as evidence of western meddling, the US national security archive at George Washington University published a series of declassified CIA documents.

"The military coup that overthrew Mosaddeq and his National Front cabinet was carried out under CIA direction as an act of US foreign policy, conceived and approved at the highest levels of government," reads a previously excised section of an internal CIA history titled The Battle for Iran.

The documents, published on the archive's website under freedom of information laws, describe in detail how the US – with British help – engineered the coup, codenamed TPAJAX by the CIA and Operation Boot by Britain's MI6.

[ワシントン 8日 ロイター] - ムニューシン米財務長官は8日、米国の対イラン制裁再開によって航空機大手ボーイング(BA.N)とエアバス(AIR.PA)に付与しているイラン向け旅客機・部品販売許可を取り消す方針を明らかにした。
トランプ大統領はこの日、イランと欧米など6カ国が2015年に締結した核合意から離脱し、対イラン経済制裁を再開すると発表。これを受けてムニューシン長官は記者団に「ボーイング(とエアバス)の免許は取り消される」と述べた。

長官はまた、米国の対イラン制裁再開によって原油価格が大幅に上昇する可能性は低いとの見方を示した。イラン原油輸出の減少分を補うため、一部の国が増産の用意を示しているとした。

国営イラン航空は、15年の核合意による制裁解除を受けて、エアバスから旅客機100機、ボーイングから80機、フランス・イタリア系の航空機メーカー、ATRから20機を購入する契約を結んだ。商用機には米国製の部品が多数使われているため、契約が履行されるかどうかは米政府の許可に左右される。

輸出許可を管轄する米財務省は、核合意離脱の90日の猶予期間が8月6日に終了した後は、商用旅客機と部品、サービスのイランへの輸出は認めないと表明。また、猶予期間終了後は、米企業によるイランとの商談への認可を取り消す方針も示した。

事情に詳しい関係者によると、ボーイングへの免許は20年9月まで有効となっていた。

ムニューシン長官は、一部企業に対し、猶予期間中に制裁の適用除外あるいはイランとの新たな取引認可を申請することを認める可能性についても言及。対象となり得る企業名は特定しなかった。

「個別的に検討することになる。ただ、概観すると、制裁を広範に実施することを目指している」と述べ、イランによる米金融システムへのアクセスを遮断することが米政権の狙いだと続けた。 
posted by ZUKUNASHI at 14:10| Comment(0) | 国際・政治

年齢性別問わずやればできます パソコンは易しくなっています

LINUXの記事が読者の助言で充実しました。ここで思い出したことを書いておきます。

先日、線量率のリアルタイム測定表示システムを設置していただくべく女性読者Aさんと調整していた時のこと、モニター(ディスプレイ)に何を使うかで、HDMI端子が云々とお伝えしました。

そうしたら、Aさんから「VGAとのコネクタがあればいいのでしょうか?」とすんなり返答。VGAが即出てくるようならもうお任せです。

やはり、ソフトの調整設定などは全部さっさとやられたようです。その後ハードの不具合があり、面倒をおかけしましたが、今は安定稼働です。

もうお一方の女性Bさんは、キーボードパソコンとのセットを導入していただきました。ネットの能力を増強したり条件整備も図ってもらいました。当初モニターとしてDVDプレイヤーを使うことで調整していましたが、ある時私の頭にひらめいたのは、DVDプレイヤーにHDMI端子があっても、出力用では??

テレビなどの大画面に映すためのものですよね。中古のモニターを購入してもらうかどうするかという話になりましたが、仕舞われていたテレビがあることが判明。テレビの大画面を使っておられます。

もう一方Cさんは、私とあまり年齢の違わない男性。この方には、ホットスポットファインダーを使ってもらっています。私自身、ホットスポットファインダーのソフト面の設定で確認不備のところが少なくなかったりしたもので、照会を受けながら調べて試しながらお答えしていました。

リアルタイム測定表示は安定稼働。私は、ホットスポットファインダーの実地試験を繰り返しました。データの取得までは難しくないのですが、そのデータを処理し、分析し、見やすく表示するうえで難関が少なくありませんでした。

難関の一つ、測定器のcpmデータとGPSデータログの時刻を基準としたマッチング、データベースソフトを使うことでクリア。その後のGoogle Mapへの表示がとても難しく、ネット上の解説を見ましたが私がやりたいような初歩的なことは解説が見当たりません。

Google Mapログインから始めて一つ一つ手順を追い、ようやくデータの表示に到達しました。
2018年05月07日 放射能を可視化するホットスポットファインダー

この記事に「以下は、自分のための備忘録です。読者に『はい、これがマニュアルね!』と投げるつもりはありません」と書きましたが、データベースソフトの利用について問われた場合にどう答えるか実は戦々恐々としているのです。

通常のOffice Suiteにはデータベースソフトは入っていません。買ってもらうわけにはいきませんからフリーソフトを使うことになります。

私自身まだLibreのデータベースソフトを使ったことがないので、それを使って助言するとなると、これは大変な仕事なのです。

線量率のリアルタイム測定表示システムについては、設置してくれる読者のネット環境、ハードの条件がまちまちでしたので1件ごとにマニュアルを書きました。

これまで、マニュアルを読んでも分からないぞ! という苦情は寄せられていません。

パソコン初心者とおっしゃる方も意欲のある方は、さっさとマスターされます。30歳代、40歳代で日常的にパソコンに触っておられる方は、まったく質問もありません。

線量率のリアルタイム測定表示システムの設置は、ITに慣れるための近道です。あなたも一つ置いてみます?
posted by ZUKUNASHI at 12:29| Comment(0) | デジタル・インターネット

朝鮮半島非核化問題

RT2018/5/2
Firm position: Kim Jong-un reiterates will to denuke Korean peninsula to Chinese FM
North Korean leader Kim Jong-un said he strongly supports denuclearization during a rare meeting with Chinese Foreign Minister Wang Yi. The diplomat is visiting Pyongyang after a landmark agreement between the two Koreas.

“The denuclearization of the Korean peninsula is the firm position of the North Korean side,” Kim Jong-un told Wang Yi on Thursday.

During the talks Kim also emphasized “peaceful changes” and further promotion of peace in the region that came after he traveled to the South and met his counterpart Moon Jae-in. The declaration, signed by the duo at the historic meeting on April 27, marked the beginning of “new age of peace” and sought “complete denuclearization”.

Beijing hailed the agreement that ends “the state of war” and said it “fully supports” North Korea’s commitment, according to the foreign ministry.

On Wednesday, Wang Yi started a two-day visit to the neighboring communist state and met his North Korean counterpart Ri Yong-Ho. Wang became the highest-ranking Chinese official to travel to North Korea in 11 years.

China is considered the main economic lifeline for North Korea, despite condemnation of its nuclear and missiles tests and implementing UN punitive measures against the North. It was in Beijing, where the first indications of possible compromise between South and North Korea, and potential denuclearization, were voiced by Kim.

Before tensions in the region began to ease earlier this year, Beijing and Moscow were among those rare voices on the international arena that called for dialogue instead of threats. China and Russia pushed forward the dual-freeze initiative, calling to halt both North Korean tests and US war-games on its doorstep, that were deemed a provocation by Pyongyang.

“We are pleased to see that the situation on the Peninsula is moving forward in the right direction,” China’s Foreign Ministry spokesperson Hua Chunying told reporters on Wednesday. She added that Beijing will continue to play “a constructive role for the final settlement of the Peninsula issue.”

ロイター2018年5月8日 / 22:03
北朝鮮の金委員長が訪中、習主席と会談 「非核化実現できる」
[北京 8日 ロイター] - 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が7日から2日間の日程で中国を訪れ、習近平国家主席と大連市で会談した。中国国営の新華社などが8日伝えた。
早ければ今月にも開催される可能性がある米朝首脳会談を前に、北朝鮮の核開発を巡る朝鮮半島情勢の緊張は和らぎつつある。

報道によれば、金委員長は習主席に対し、関係国が朝鮮半島における非核化と恒久平和の実現に向け「段階的」かつ「一致した」方策を取るよう望むと述べた。

新華社によると、金氏は「関係国が敵対的政策や安全保障への脅しを停止すれば、北朝鮮は核を必要とせず、非核化は実現できる」と語った。

また、朝鮮半島の非核化は北朝鮮の「一貫した明確な見解」だとし、米国との対話で相互に信頼を築くことができるとも説明したという。

習主席は北朝鮮による「経済発展に向けた戦略的転換」を支持すると金氏に述べ、「中国は半島の非核化を掲げる北朝鮮を支持し、対話と協議を通じて半島問題の解決を目指す米朝両国を支持する」と語った。

北朝鮮の国営メディアは、金氏が対中関係が改善したことに非常に満足したと伝えたほか、朝鮮半島情勢の変化に伴い、北朝鮮がさらに積極的に中国と協力する意向だと報じた。

金委員長は3月にも北京を訪問していた。

毎日新聞2018年5月9日 10時46分(最終更新 5月9日 11時05分)
米中首脳
習氏、中朝会談を説明 制裁継続の重要性確認
 【ワシントン高本耕太、北京・浦松丈二】トランプ米大統領は8日、中国の習近平国家主席と電話で協議した。米ホワイトハウスの声明によると、トランプ氏は習氏から、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との2回目の中朝首脳会談について説明を受けた。米中首脳は北朝鮮が核・ミサイル開発を「永久的に放棄」するまで「経済制裁を継続する重要性」を確認した。
 中国中央テレビによると、習氏はトランプ氏に対し「北朝鮮側の安全への懸念」を考慮するよう求めた。トランプ氏は、北朝鮮情勢に関して中国が果たしている役割を評価したうえで、中国との意思疎通を強化し北朝鮮問題の対話解決を追求する姿勢を示した。

・・・引用終わり・・・

少し疑問があるというか正確でないところがありそうだ。
posted by ZUKUNASHI at 11:25| Comment(0) | 国際・政治

こんな場所でこんな風に語らえれば最高に楽しいが



英国のモルバーンヒルズというところでカードニングの大会があるようです。
※ The RHS認証済みアカウント @The_RHSの2018/5/6のツイート
#RHSMalvern @MalvernShows is next week! Join us in the stunning Malvern Hills for a day out packed with flowers, food, crafts and family fun. The show runs from 10-13 May - get tickets here: https://www.rhs.org.uk/shows-events/malvern-spring-festival





Malvern Hills
From Wikipedia, the free encyclopedia
For the local government district in Worcestershire, see Malvern Hills (district).
The Malvern Hills are a range of hills in the English counties of Worcestershire, Herefordshire and a small area of northern Gloucestershire, dominating the surrounding countryside and the towns and villages of the district of Malvern. The highest summit of the hills affords a panorama of the Severn valley with the hills of Herefordshire and the Welsh mountains, parts of thirteen counties, the Bristol Channel, and the cathedrals of Worcester, Gloucester and Hereford.

一方、日本では
2018年01月02日 愚劣の極 



日本人おかしくなっていると思いませんか? 自然の樹木が自分の存在を全力でアピールする時期は1年のうち1週間にも満たないのです。ですが、それはまさに命の貴重さ、すばらしさを教えてくれます。

posted by ZUKUNASHI at 09:51| Comment(0) | 福島原発事故