ずくなしの冷や水

2018年05月03日

出世よりも健康を 金儲けよりも保養を

2018/4分の人口動態が出始めています。軒並み悪化です。

特に東京は、健康に暮らす条件が揺らいでいます。

出世よりも健康第一で 金儲けよりも死なないように保養を!!

人口動態統計の変化と汚染地域などの現地調査結果から強く勧めます。

あなたがこのブログを見た時間が無益なものにならないよう、ぜひじっくり考えてください。

・・・・・

顔にまで広がった慢性的な蕁麻疹が治らないで取り上げた壮年男性の例について少し敷衍します。

上場建設会社の正社員で現場の管理監督の立場にある方です。いわゆる元請けの現場の長ということになりましょう。

折からの建設ブームで建設会社は繁忙を極めているでしょう。収入も悪くないはずですし、下請けからの接待も絶えないでしょう。毎晩のようにおいしいものを食べておられるのではないでしょうか。

傍から見れば順風満帆、羨望の的かもしれません。

ですが、そこに落とし穴があります。

現場の監督者の地位にありますから現場作業員の急病などが増えていることは把握しているはずです。現場によっては朝礼で健康管理の注意喚起をすることもあります。

そのような情報は得ていても、蕁麻疹は、一般の人のこれまでの知識・経験ではすぐに生命の危機につながるようには見えません。

しかし今は、全身に広がった蕁麻疹は、被曝により身体が全身で警告を発している状況だという例があります。

以前にラーメンを食べる都度、蕁麻疹が出るということをご自身の身体で確認した方から投稿が寄せられたことがあります。

「全身に広がった蕁麻疹」が別の身体の不調から来ているのかもしれませんが、それならそれで大変危険なことです。

この方の場合は、おそらく休むことなく毎日のようにおいしいものを食べ続けているゆえに慢性の蕁麻疹になっているものと思われます。

元請けの管理者であれば、炎天下で体を動かし汗だくになることもありません。下請けの作業員とは違うのです。下請けの作業員は毎日おいしいものを食べ続けるということはないでしょう。そして毎日身体を動かして汗を大量にかいています。(都内で働く建設作業員の多くは電車で通勤しています。終業後に着替えて消臭剤を自身に大量に振りかけている方の例が多いのです。現場にはシャワーはありません。)

ですから、この現場管理者が周りの作業員が蕁麻疹などを患っていない。自分だけなぜ蕁麻疹が出ているのだろうと疑問に思っても、「被曝」がキーワードになっていることに気づくのは難しいでしょう。

次は、管理人が2018/5/1の現地調査の際に担いでいったリュックサックです。目的地に向かう電車の中で脇に置いたらまだそんなに暑い中で徘徊してはいなかったのにすでに塩を吹いていることに気づきました。加齢臭に加えて汗臭いにおいをぷんぷんさせていたことでしょう。


慢性的な蕁麻疹が治らない方の場合は、直ちに食生活を切り替える必要があります。仮に原因が被ばくによるものであるとすればですが。下請けの接待会合を控えるほかに、社内の付き合いも見直す必要があるでしょう。

もし、それが自身の社内における立場を不安定なものにすることが避けられないのであれば、ここは重大な選択を迫られることになります。出世か健康かの選択です。

心臓が痛むことが少なくないような方が、長時間の残業を続け過労が重なれば、破局が日々近づいていることになります。

イラストレーターや漫画家などは、自分で食材を吟味して買い求め調理する時間も惜しんで、徹夜を重ねることもしばしばです。いくら若くても被曝には勝てないのです。

そこに今の日本社会の悪習が加わります。互いに声をかけながら被曝を回避するという習わしが全くありません。被曝を回避するか否かは、すべて自己責任に押し付けられています。

上場企業の幹部職員や大学の教員に至るまで放射能被曝の害に関する基礎的な素養が欠けています。そして、自分の知らない極めて重要な素養があることも知らないし、それを求めようともしない。

管理人の街頭インタビューの結果によれば、社会的に恵まれた地位にある人を中心に過度のセルフ・コンフィデンス状態がなお続いていると言えるでしょう。

そして、用心深い人の意見や助言に謙虚に耳を傾ければ、今度は極めて重大な人生の選択を迫られることになる。それが実態です。

でも過度のセルフ・コンフィデンス状態で突っ走れば、破局は避けられません。そうならなかったら、それはたまたま生活行動や生活環境が被ばく回避に有利なものだったというだけのことです。

他の記事に掲げるように人口動態が悪化し、急死や深刻な疾患発症の例が続いています。ある程度放射能の害を認識している人もさらなる人生行路の選択と実践を迫られている段階だと考えています。
posted by ZUKUNASHI at 22:40| Comment(5) | 福島原発事故

南西諸島の一部で空間線量率が上昇 台湾が起源の可能性





台北の個人設置の線量率計は特に変動がありません。



12時現在も少し高いです。0.029μSv/h。



海外で少し動きがあります。




起源が分かりません。

15時30分現在、南西諸島は北の風、降雨が断続的に続いているようです。空間線量率が少し上がった状態で推移しています。

沖縄県で運営中のリアルタイム測定表示システムで少し測定値の水準が上がっています。

読者から台湾のモニタリングポストの一覧を教えてもらい眺めてみました。原発は北部と南部にありますが、北端部では変化は少なく、台湾中部東側に今朝がた線量率が上昇しているところがあります。





台湾北部の原発から放射性物質が漏れ、あるいは放出されおもに南に流れたものの一部は与那国島に向かったということのようです。
posted by ZUKUNASHI at 19:33| Comment(3) | 福島原発事故

読者との意見交換から F1ライブカメラは建物が写っていればそれだけで用が足りる

先日、読者のお一人と話をする機会がありました。いくつかの点で認識が大きく異なりました。管理人は、決して自分の理解が最も正しいと考えているわけではなく、いろいろな見方があり、それを互いに理解すべく努力することで認識が深まり、無用な心配を払しょくすることができると考えますので、そのための議論の素材として自分の考えを書き記します。

@ 個人用普及型の放射能測定器でベータ線量の多寡を測るのはまず無理です。
 この点は、ツイートで何度か見かけましたので自分の見解を記事にまとめています。

2018年02月20日
個人向けの放射能測定器で屋内のベータ線量を測定できるか

もちろん、業務用ではない個人が入手可能な放射能測定器でベータ線量の多寡の見当をつけられないわけではありません。

次は管理人が現地調査を行った際に撮影したものです。使用したMAZUR PRM9000は個人輸入で10万円弱です。

ブロック塀の上端で最初にアルミ板を敷いて測定 0.15μSv/h

アルミ板を除けると、0.27μSv/h。アルミ板でベータ線、アルファ線が遮断されます。アルファ線分は特別なところでないと割合は低いですから、減少分はほぼベータ線と見られます。

測定範囲にずれが生じないように、そっとアルミ板を引き抜いています。

測定場所は露天の場所です。しかも濃厚汚染地帯。福島第一原発事故に伴って降下した放射性物質が相対的にそのまま保存されている場所としてブロック塀の上端を選んでいます。

もし住居内でこれだけのベータ、アルファ線量があれば、管理人の個人的基準では即刻立ち入り禁止です。

A 東京周辺での樹木の枯死などは、放射能の害によると見られるものはそう多くない。

管理人の郊外徘徊は、緑に接するためですから樹木などについては、目につく変化があればカメラに収めています。これまで特に目を引いたものが2回ありました。1回は梨畑の周りの生け垣が何十メートルにもわたって枯れていました。もう一つは、屋敷の周りの数十メートルある杉が一斉に枯れ始めていました。

経過を観察すべく、機会を見つけては現場を訪れているうちにともに管理者に会い、枯死の理由を尋ねることができました。

梨畑の生け垣の枯死は、梨の樹勢を妨げることのないようにと畑側の根を切ったためです。人家周りの杉並木の枯死は、日照を確保するために薬品を使って枯死を図ったものでした。

新しい切り株の断面を測ったこともありますが、水の通る中心部は少し高いものの中心部から離れれば、バックグラウンドと大差ない水準でした。もちろん樹種による面もありましょうからすべてそうだと判断するのは早計ですが。

年によっては春の新緑の季節、花の季節に樹勢が弱いと感じることもありますが、まだ枯死する木が目立つという状況は経験していません。

長けの低い庭園木や花木では枯れたものもあるでしょうが、それらはすぐに除去されるのでさらに目にする機会は少ないはずです。

7μSv/h程度の環境にあると見られる長者原交差点から望む夫沢地区の屋敷林の姿もそれほど顕著な変化を示していません。

つくば市の街路樹などに枯死が多いと話題になりました。放射能の害が影響している可能性は否定できないものの、おそらく他の大きな要因もあるはずと見ています。

B F1ライブカメラの画像から得られる情報量は少ない
管理人も一時F1の構内ライブカメラ画像に注目していましたが、画像に合成処理、遅延処理がなされている疑いが濃厚と判断し観察をやめました。

今は一定時間ごとの画像をキャプチャーし、後日チェックしていますが、保存した画像の精細度が低いこともあり、有益な情報はほとんど得られていません。

建物の脇から煙が噴き出した、赤い光の帯が出た、丸い大きな球が空中に浮かんだ、青い光はチェレンコフ光だなどと様々な観察結果が伝えられていますが、地下に灼熱の溶融燃料がある場所でボヤがあってもたいしたことはありません。もちろん作業員の被ばく回避が必要ですが。青い光、赤い光、丸い大きな球が見えたりするのは、降雨時か霧が濃い場合がほとんどです。

F1の事業主体は、ライブカメラのカバーも汚れ放題にして放置していますし、カメラの性能が画期的に向上しているのにリプレイスはしていないようです。

しかも何か異変と疑われる事象が認められても事業主体は何らの情報提供もしません。何が起きたかは常に明らかにならないのです。

ですから、青い光、赤い光、光を屈折する丸い球などの情報にいちいち振り回される必要はありません。無駄な苦労です。それよりも自分の住むところに飛んでくるものに気を付けましょう。

F1の異常事象としては、次の画像が典型的です。これに匹敵するものなら私も騒ぎますが。



C 使用済燃料プールごと建物が倒壊した場合こそが最大の恐怖
4号機使用済プールの崩壊危険性が指摘されていたころ、最悪の場合F1のそれぞれの建物を爆撃で付属港湾に沈めてしまうしかないとの意見がありました。

管理人は、軍事関係には疎いのでそんなことができるのかと半信半疑でしたが、シリア問題を追ううちにロシア軍ならできると考えるようになりました。

ロシア軍はシリアでテロリストの地下要塞や地下武器貯蔵庫などを破壊する際にバンカー爆弾 Bunker Buster Bomb をしばしば使いました。土中深く突き刺さり土中深部で爆発するものです。

今考えれば、これをF1の建屋の真下を狙って何発も同時的に打ち込めば、建屋全体が吹き飛ばされて付属港湾に落とし込まれるというのは可能なのでしょう。(他の軍隊でそれができる爆弾や攻撃技量を有しているところがあるとは思いません。欧米のミサイルや爆弾は動作不良が多いです)

ところが7年の経過の中で溶融燃料が土中深く沈み込んでいることが疑いのないところとなり、この方法も大きなリスクを伴うことになりました。土中で爆発させたときに土中の溶融燃料やそのカスを一緒に吹き飛ばしてしまう危険が考えられるのです。

F1の事業主体は、最近も深夜にF1沖合に航空機を飛ばし、リモートセンシングの手法で海水温度の分布などを調べているのではないかと管理人は推定しています。

土中深く沈降した溶融燃料に触れた地下水が海底のあちこちから湧き出ているという状況のはずです。陸上では気温次第によってモクモクが出ますから蒸気の噴出か所は分かります。海上も調べなければならないということは、もともと山側から地下水が海に向かって流れているということを考慮しても、かなり広がりが広い、土中への沈降深は深いということを示すのではないかと考えることもできます。

使用済燃料プールからの燃料棒の取り出しは、これからの作業です。やはり建物の倒壊が最も怖い。構内ライブ映像は建物が消えてなくなっていない、排気塔の上半分がなくなっていないことを確認するだけで十分だし、その程度にしか使えないと考えています。
posted by ZUKUNASHI at 15:21| Comment(0) | 福島原発事故

2018/5/2 強い南風で千葉県北西部の空間線量率は堅調推移



管理人が江戸川区に現地調査に出た5/1は、風がなく線量率は低め推移になっていました。

西から雨です。

しばらく晴天が続きましたから、この間に放出された放射性物質が上空に滞留していたのではないでしょうか。

ここまでの上昇程度は、降雨の際に生じる例があります。これからさらに上がれば、警戒です。椰子の樹さんありがとうございます。

伊方町のMPの上げ方が大きくなっています。大分県佐伯市に影響が出ています。

瀬戸内海は風がなく全般に上がっています。

福島第一原発はまだ灯りが付きません。霧か靄で見えないだけでしょうか。


東京の調布と八王子で上がっています。起源はどこでしょう。

鹿児島で過去1か月の最高水準をとらえてきました。



2018/5/3 線量率上昇個所の分布が珍しいパターンになっています。



最新の状況はホワイトフードのサイトでご覧になれます。

関東、中四国、九州はピーク値がこの1か月間の最高を更新です。
posted by ZUKUNASHI at 09:14| Comment(0) | 福島原発事故

Source: Civilians Probably Killed in RAF Mosul Strikes Despite MoD Denials

FARSNEWS2018/5/2
Source: Civilians Probably Killed in RAF Mosul Strikes Despite MoD Denials
TEHRAN (FNA)- The UK Ministry of Defence is facing accusations that it misled the public over the number of civilian deaths caused by RAF airstrikes in Iraq's Mosul.

A BBC investigation found that RAF airstrikes targeting ISIL as part of a US-led coalition in Iraq “almost certainly” killed two innocent people in the former stronghold of the terrorist group, RT reported.

A coalition source said the two civilians were killed in an explosion after an RAF Tornado missile targeted what was described as a “lorry bomb” in Mosul in January last year.

The source added that he had seen evidence of British airstrikes causing civilian casualties on “several occasions”.

"To suggest they have not – as has been done – is nonsense," they stated.

The Ministry of Defense (MoD) has said that it has “no evidence” of civilian casualties, and empasized that “everything possible” is done to minimize the risk of fatalities.

While the US and Australia have accepted responsibility for civilian casualties, the UK has failed to claim responsibility for a single civilian death in Mosul.

A monitoring group, Airwars, documented that between 1,066 and 1,579 civilians died in the nine-month fight for Mosul.

“It's simply fanciful to claim no civilians have been harmed by the RAF. We don't live in a world of magic bombs and missiles that only kill bad people,” Chris Woods of Airwars told BBC.

Following the news, prominent political commentators took to Twitter to condemn British efforts to “cover up responsibility” for their military mishaps.

The MoD claimed “very careful analysis” had concluded that those killed in the January explosion were ISIL fighters. It confirmed the location of the airstrike in question, but refused to watch footage of the explosion or release coordinates of other RAF airstrikes.

The BBC investigation also highlighted other factors that could have led to British airstrikes having killed civilians. They include the malfunctioning of RAF weapons, and bombs failing to detonate or straying off target.

Despite coalition members “flagging” several incidents in which UK airstrikes may have caused civilian harm, the MoD said it has no evidence to verify the casualties, insisting that a very low percentage of weapons have malfunctioned, though it refused to provide a specific figure.
posted by ZUKUNASHI at 01:02| Comment(0) | 国際・政治

Source: US-Made Missiles Fired by Israeli Fighter Jets at Syria

FARSNEWS2018/5/2
Source: US-Made Missiles Fired by Israeli Fighter Jets at Syria
TEHRAN (FNA)- The Israeli fighter jets fired US-made guided missiles in the recent strikes against the Syrian army positions in Aleppo and Hama provinces, a military source claimed on Wednesday.

The Arabic-language Zaman al-Wasl quoted the military source as saying on Wednesday that the Israeli air force has used US-made missiles during the Sunday night raid at Aleppo and Hama.

He added that the same missiles were used in Israel's previous attacks against Syria.

Syrian state media reported on Sunday night that "enemy missiles" had struck government targets in Hama and Aleppo provinces. The reports did not mention any casualties from the missile strikes, or who was suspected of the attack.

In a news flash, state television said the missile attacks took place at 10:30 pm local time. Earlier, state television said successive blasts were heard in rural Hama province and that authorities were investigating the cause.

The Syrian army positions came under missile attacks in Hama and Aleppo provinces two weeks after the trilateral attacks by the US, the UK and France.

Several missiles hit the weapons depots in Southern Hama and al-Malekieh region North of Aleppo airport, field sources reported.

No one has yet admitted the responsibility for the attack, but militants' news outlets and social media networks said the US has fired the missiles from Al-Tanf border crossing in Eastern Syria.

Some other sources said that the missile attacks were carried out by the US and in response to the Syrian army's advances East of Euphrates against the Kurdish-dominated Syrian Democratic Forces (SDF).

Other sources said that Israel that had previously targeted the T4 airbase in Homs province where the Iranian troops had been stationed has been behind the missile attacks.

There is yet no official confirmation on the origin of the missile launches.

Syria's Tishrin website also reported that nine ballistic missiles were fired from the US and British bases in Northern Jordan at the Syrian army's military positions in Hama and Aleppo.

The Arabic-language Sputnik also reported that 12 soldiers have been killed and many more wounded during the missile attack on the arms depot of the Syrian army's Brigade 47 in Hama countryside.

Further reports this morning revealed that more than a dozen civilians who lives in a village adjacent to one of the Hama depot have been killed in the raid.



FARSNEWS2018/5/2
Leader's Top Aide: Kurds Never Allow Occupation of Syria by US
TEHRAN (FNA)- Iranian Supreme Leader's top aide for international affairs Ali Akbar Velayati expressed confidence that the Kurds residing in Syria never allow the US and Israel to occupy their lands.

Our Kurdish brothers in Syrian proven that they never let the US and the Zionist regime to enter their country, Velayati said in a meeting with representatives of Syrian Kurdish tribes in Tehran on Tuesday.

He added that there is no doubt that the secret to success of Syrian nation is in their national unity among the country's tribes and religions.

Fortunately, in Syria different ethnics such as Arabs, Kurds and followers of different religions live at peace and have stood a unified stance in the fight against aliens, Velayati said, adding that the Christians shoulder to shoulder with Syrian nation played significant role in the fight against enemy.

The envoy of Syrian Kurds, for his part, lauded Iran's stance in supporting the Syrian nation in their struggle against terrorism, and said the Islamic revolution has bolstered relations between Iran and Syria.

Relations between Iran and Syria is growing and "we are very happy to visit Iran", he said.

Iran has supported Syria in its fight against the terrorist groups.

In a relevant development last month, Iranian President Hassan Rouhani in a message to his Syrian counterpart Bashar al-Assad underlined his country's continued support for Damascus in the fight against terrorist groups and efforts to reconstruct the war-hit country.

"The Islamic Republic of Iran will remain beside the Syrian government and nation in this (anti-terrorism) fight and will continue its assistance until annihilation of all evil forces and the return of security and stability to the entire Arab Republic of Syria," President Rouhani said in the message on the occasion of the Independence Day in Syria.

"The Islamic Republic of Iran is prepared to stand beside you with all its possibilities to reconstruct Syria as it has been beside the Syrian nation in the fight and confrontation against terrorism," he added.


posted by ZUKUNASHI at 00:16| Comment(0) | 国際・政治