ずくなしの冷や水

2018年05月21日

福島第一原発2号機地震から1時間で全電源喪失認識

※ 桑ちゃん @namiekuwabara氏の2018/5/20のツイート
これ何度見ても東京電力原発がらみに関しては汚い人間ばかりなんだな〜と今更ながら確認させられる。
地震発生と同時に「大熊2号線外部電源喪失」と言う事はこの時点で鉄塔が崩壊、D/G起動となりメタクラもやられ1時間もたたない内に「全電源喪失」至った時点で米軍使ってでもすぐさま住民避難だろう。



※ 桑ちゃん @namiekuwabara氏の2018/5/20のツイート
1時間足らずで全電源喪失、避難用バス準備したのは「東電社員用」のみとは、被害者見殺しにしても良いという考えと変わらない。本当は「被害者全員」に死んでもらいたかったのだろうね。

・・・引用終わり・・・

2015年09月19日
福島第一原発事故後 1ミリシーベルト近いプルームが近傍を次々と襲っていた


2015年09月12日
変電所が地震で損傷して原発が外部電源を失うことがある

2015年09月12日
福島第一原発事故は鉄塔倒壊で外部電源を喪失したのか

2015年09月19日
福島第一原発事故時 近傍市町の避難はこんなふうに進められた

2016年05月25日
東京電力福島第一原子力発電所災害に係る避難指示区域内の御遺体の取扱について
posted by ZUKUNASHI at 09:24| Comment(0) | 福島原発事故

Syrian Analyst: US, Israel Have to Consider Consequences of Attacking Syrian Army and Its Allies

FARSNEWS2018/5/20
Syrian Analyst: US, Israel Have to Consider Consequences of Attacking Syrian Army and Its Allies
TEHRAN (FNA)- Syrian political analyst Steven Sahiounie believes Israeli strikes on Syria are aimed at weakening the Syrian army to ensure Tel Aviv would never be forced to give back occupied Syrian land in Golan Heights.

In an exclusive interview with FNA, the analyst said that Washington and Tel Aviv “have to make their own calculations about the repercussions of an attack on the allies of Syria; they would have to calculate their own losses after such action.”

Mr. Sahiounie also said that Saudi Arabia, as the main financier of terrorists in Syria, “faces a future of diminished power in the region” unless there is a change of policies in Riyadh.

Steven Sahiounie is an independent Syrian journalist and political analyst. He has been covering the Syrian crisis since it’s onset in 2011 and has published several articles in numerous media outlets, including Mint Press and Fort Russ News. He has also been interviewed by international news outlets such as Press TV.

FNA has conducted an interview with Steven Sahiounie about the ongoing crisis in Syria and the recent developments surrounding the issue namely the US’ plan for an independent Kurdish state on Syrian soil and the Turkish military intervention into the country.

Below you will find the full text of the interview.

Q: Since the beginning of the crisis in Syria, Saudi Arabia has been actively supporting terrorists in the country. These terrorists are now losing ground every day. What do you think would be the implications of such failure for the Saudi foreign policy?

A: Saudi Arabia has failed in their goal of overthrowing the legitimate government in Syria. I believe that the plan, structure and goals of the project were not Saudi in origin. Saudi Arabia was used by USA as the paymaster of their project to overthrow the Syrian government. Saudi Arabia played their role, because if they were to refuse to follow the direct orders of Washington, DC., their own government could be changed in 24 hours. The right to be a King in Saudi Arabia is not a natural thing: it depends entirely on the US government. Who sits on the throne in Riyadh is not up to the Saudi Royal family, and certainly not up to the Saudi citizens, who have no say, and no voice in the government. Saudi Arabia is an absolute monarchy: you are either the King, or related to him, or you are no one. Some inside sources have said that the Saudi officials have given up hope on their cause in Syria, because they have seen the events on the ground, as the Syrian government has consistently been recovering areas in Syria that had been under the occupation of radical Islamic terrorists. Radical Islam is a political ideology, and is not a religion or a sect.

I don’t see the Syrian crisis as a Saudi foreign policy, but as a US foreign policy, in which Saudi Arabia was forced to play their role. The terrorists and their weapons and salaries were not enough to achieve the success that US had planned for. I wouldn’t lay the blame for the failed attempt at the feet of the King of Saudi Arabia, because he played his role well, and fulfilled his obligations to Washington, DC. The failure of the project will always sit with the American government: they failed to take into account the resistance and steadfastness of the Syrian people, and their allies, in the face of international attack and occupation. I don’t think this failure in Syria will affect Saudi foreign policy: they will stay a client state of the USA, and they have no intent on restoring a relationship with Syria, or some of their Persian Gulf neighbors. The King of Saudi Arabia faces a future of diminished power in the region, and subservience to American whims and schemes, unless he could take a new path by making friends with his neighbors, and sharing peace and prosperity with his subjects and neighbors.

Q: We have seen the Israeli regime and the so-called US-led coalition targeting the Syrian Arab Army (SAA) and its allied forces many times. What do you think is the reason for such moves?

A: The Israeli goal in Syria is to make sure there is destruction and chaos across Syria. Israel wants to ensure they never have to give back occupied land in Syria. Israel wants to keep the Syrian military weak, or their ultimate goal would be the complete destruction of the Syrian military, which is also the US goal. By destroying the Syrian military, the US and Israel could have achieved the overthrow of the legitimate government in Syria. The Syrian government has remained strong, united and effective during 7 years of war because of the unity and loyalty of the Syrian Arab Army, and the resistance of the Syrian people, who have sent their sons, brothers, husbands and fathers to serve in the military. The US and Israel may continue to attack the Syrian Arab Army and their allies on the ground in Syria, but we expect the eventual victory in Syria. The US and Israel have to make their own calculations about the repercussions of an attack on the allies of Syria: they would have to calculate their own losses after such action.

Q: The so-called Syrian Democratic Forces (SDF) have received tremendous amount of arms and support from the United States, initially with the stated aim to fight Daesh (ISIL or ISIS). But apparently, the US is now preparing the ground to establish an independent Kurdish state in Syria. What do you think the US is seeking to achieve by disintegrating Syria?

A: The US has a long history of dividing nations for the purpose of subjugation. For example: the US-NATO attack on the former Yugoslavia; the US-NATO attack on Libya; the US attack on Iraq. From the outset of the attack on Syria, which began in March 2011, experts knew that the end-goal of the USA was a divided Syria, and in fact the various maps of the proposed ‘states’ within a future Syria have been on the media for years. They have paraded these proposed maps in front of our eyes so many times; there are people who are probably convinced that Syria is already divided. The old military scheme of “Divide and Conquer” is still in use today. Cut things up: making them smaller and easier to control, subjugate and confiscate the valuable resources available. The American government found their perfect partner in the Syrian Kurds. There is a part of that community who are willing to be a traitor to their own country and citizenship, and willing to maim and kill their own neighbors for the promise of their own ‘homeland’ and substantial paychecks to achieve the goal. However, not all of the Syrian Kurdish community is part of the plan, or in support of it. By using this small community of traitors and criminals, the US military found a willing partner in their plans to cut up Syria, thus preventing a united Syria, with its original borders. This plan also dovetails into the Israeli position: to show the world that ancient people are deserving of their own homeland, newly established, from the existing lands of the Middle East. This new Kurdish homeland would legitimize the 1948 establishment of Israel, as a homeland for the Jews, who are also an ancient people. If the ‘international community’ will support this new Kurdish homeland, from original Syrian soil, this would reinforce the Israeli position that their homeland is also a legitimate claim. As we know, the goals of the USA and Israel are most times interwoven and sometimes indistinguishable.

Q: The US announcement of its plans to recognize a Kurdish state in Syria has seemingly provoked Turkish invasion on Kurdish areas. What are Turkey’s objectives in its military intervention and how do you think this recent development would affect the process of reaching peace in Syria?

A: The Turkish military has invaded Syria at Afrin. However, this is not the first time Turkey’s military has been used officially to kill and destroy in Syria. We must not forget the role of the Turkish military in the attack, invasion and occupation which resulted in the destruction of Kessab, Syria on the North West border in 2014. In fact, Kessab has still not recovered from that devastation. Turkey has suffered at the hands of Kurdish terrorists who have killed and maimed thousands in Turkey for decades. However, Turkey knows full well that Afrin is Syrian, and the Syrian military with their allies are capable of stabilizing Afrin and preventing any Kurdish terrorists attacking either Turkish citizens, or Syrian citizens. Thus, this Turkish invasion of Afrin is a subterfuge for the real intent: to cut up Syria, not in favor of the Kurdish homeland plan, but for the new Turkish district of Afrin, which the Turks have long argued would be a ‘safe-zone’ for Syrian refugees, who could then be relocated there. Also, this could be the “No-Fly-Zone” which Turkey has long campaigned for. Conceivably, the Kurds living in Afrin would then be displaced, and their homes and farms occupied by Syrian refugees who are loyal to Turkey. The Syrian refugees in Turkey, who are loyal to Turkey, are all directly connected to various terrorist groups, such as Free Syrian Army and other Al Qaeda aligned groups. Turkish history tells us of the genocide of Armenians and other Christians in 1916, and the survivors were displaced, with their homes and farms given to Turcoman settlers, originally from Central Asia. I hope that history will not repeat itself.
posted by ZUKUNASHI at 01:31| Comment(0) | 国際・政治

2018年05月20日

シリアに関してMSMがいろいろなデマを流しているようだ

FARSNEWS2018/5/20
Sources Reject Reports on Putin's Demand for Iran's Withdrawal from Syria
TEHRAN (FNA)- Sources in Syria's presidential office dismissed media claims that Russian President Vladimir Putin has demanded Iran to withdraw its military advisors from Syria.

Quoting the Russian officials, the sources told the Arabic-language al-Mayadeen newspaper on Sunday that Putin's remarks did not include the Russian forces and Iranian advisors who are in Syria at the demand of the legal government and they will leave the country whenever Damascus demands.

Putin and his Syrian counterpart Bashar al-Assad held a meeting in Syria in Sochi earlier this week during which Putin said that the foreign forces will leave Syria after the Syrian army's victory against the terrorist groups and the start of political process in the country.

In relevant remarks in December, Secretary of Iran's Supreme National Security Council (SNSC) Ali Shamkhani reiterated his country's firm decision to continue its military advisory role in Syria until all terrorist groups are uprooted.

"We will continue presence and providing advisory services in Syria until annihilation of all terrorist groups in the country at the demand of the legal Syrian government," Shamkhani said, addressing a forum in the Western province of Kurdistan.

He underlined that allegations against Iran by Israel or other countries would never tilt the country's calculations and decisions in pursuit of its national interests and establishment of regional security.

シリアの復興に際して国が市民の不動産を没収するとのデマも流れています。

FARSNEWS2018/5/19
The Lies They Say About Post-War Reconstruction in Syria
TEHRAN (FNA)- First things first: The Syrian government which liberated so many cities and towns from foreign-backed terrorist groups of ISIL and Al-Qaeda – with a helping hand from Iran, Russia and Hezbollah – has no plans whatsoever to confiscate homes and lands of those who fled the once terror-held areas. There is no ‘New Land Law' for it either.

Still, that hasn’t stopped ‘fakestream’ media outlets in the West and the Arab world to claim otherwise. They claim that a new urban development law in Syria has put the onus on citizens, millions of whom are displaced, to prove ownership of their homes − or potentially risk losing them to postwar developments - and government supporters.

This is while the full implications of Law 10 of 2018 are yet to be seen. There are provisions allowing distant relatives to register properties for absentee landlords, allowing for flexibility. However, there is no conflict between government loyalists and opponents, nor should this be a cause for anxiety - especially among those forced to abandon their homes in areas where foreign-backed terrorist groups have now been crushed. Under the law and through legal channels, people are free to return to their homes as their rights will be protected as soon the nationwide reconstruction efforts begin.

Indeed, it is silly to argue that those who can prove ownership will still lose their homes because of their political affiliations or activities. No government entity is going to steal any private property and no civilians will ever get arrested just because they want to return to their homes. Syria has already proved otherwise in thousands of cases, where thousands of militants have applied for government amnesty and have return home along with the families across the country.

Into the argument, and according to the Syrian government officials and entities, those who have left the country, or those who have been internally displaced (over 6.6. million), can ask their families and relatives to register their properties using the necessary paperwork, and keep the hope of return alive. True, it will be a complicated process, but no one is going to scuttle this process deliberately, much less put such legal claims in jeopardy. Those who possess the proper paperwork can and should secure their home as per a new presidential decree, that’s according to the Syrian Interior Ministry.

The political interpretation is that the government seeks to rebuild the country and it will need all the help it can get from the international community and its own people. Besides, no one in the government has ever said that Damascus plans to alienate its own people, much less recoup the land of the displaced and redistribute it to those close to the government so they can rebuild new neighborhoods. Such baseless allegations are there to ensure further divisions inside Syria and deeper distrust among the general public.

Irrespective of media shenanigans in the West and the Arab world, the people of Syria should help their government to rebuild post-conflict Syria. Their efforts and investment in rebuilding Syria will bolster their domestic market and economy and heighten international competition over their own future. Such unity would also prevent the de-facto partition of Syria and any return to its pre-war unevenly- developed status.

The government and the people should take steps to prevent Syria from sliding backwards economically and prevent Syria from unbalanced development. They can seek help from their allies and the international community to leverage reconstruction assistance as a tool for jumpstarting reconciliation talks between the opposition parties and the government as well, and convene multi-track dialogues on development with various stakeholders to ensure reconstruction is consistent across the country.

People are the hope for rebuilding Syria and the government cannot do this alone. That’s a fact. They should never allow any chance of renewed violence and division, nor should they ever let national reconstruction efforts and plans pave the way for an open-ended American military occupation and dominance. Their unity and resolve could tip the scale toward the Syrian people and government.





posted by ZUKUNASHI at 22:31| Comment(0) | 国際・政治

サウジ皇太子MBSにやはり異変があったらしい

サウジのクラウンプリンスMBSが公の場に現れなくなったことから死亡説が浮上しましたが、いったんは4/21以降に子供向けアトラクション施設の開場式に出席した画像が流れ、死亡説は正しくないとの説が強まりました。

しかし、5/19に行われた軍事大学の卒業式に国防大臣でもあるMBSの姿が見えなかったことから、憶測が再燃しています。サウジ国内のみならず世界中が注目するMBSの消息ですが、サウジ国王は何も発言していません。

サウジ国王は、実子のMBSに王位を継がせるために王族内で話をつけたとされていますが、継承権をはく奪された皇太子とその親族の不満と反発は強いものがあるはずですし、MBSがクラウンプリンスになった後、汚職摘発と称して他の王族をホテルに閉じ込め拷問もしたとの話も流れています。

サウジの王位継承者は、米国が実質的に決めるとの説もあり、MBSはトランプに献金をしたりしています。イラク、シリアのテロリストの最大のスポンサーはサウジで、この費用やイエメン戦争の費用がかさんでサウジは国家財政の危機に陥っています。

MBSは対イラン強硬派であり、他方でイスラエルと急接近しています。

MBSが死んだとなれば、王位継承者の選定からやり直しになりますし、米国やイスラエルがサウジに対してこれまでのようなキャッシュディスペンサーの役回りを期待できるのか不透明な面も出てくるでしょう。イスラエルVSイランを軸とした現在の対立の構図が変わることもありえます。

サウジ国王は健康状態が良くないとされています。王位を継がせようと困難を押して王位継承権の地位につかせた皇太子が死ぬ、あるいは精神的に異常をきたすとなると、現国王にとってはこの上ない悲劇になります。

FARSNEWS2018/5/20
TEHRAN (FNA)- Saudi Crown Prince and Defense Minister Mohammed bin Salman who has not appeared in the public after the April 21 coup in his palace continues to be absent in public gatherings and was not seen among a host of Riyadh officials at the cadets graduation ceremony in King Abdolaziz military college on Saturday night either.

The Saudi defense ministry announced in a statement on Sunday that Riyadh ruler Faisal bin Bandar bin Abdolaziz has attended the ceremony instead of bin Salman.

The statement declined to comment on the reason of bin Salman's absence while naturally the defense minister should participate in such ceremonies.

Last Thursday, an Iranian daily reported that bin Salman is likely dead after an assassination attempt on his life last month, claiming intel from the security service of an Arab state.
(略)
Saudi Arabia, the world’s top oil exporter, has witnessed a series of radical political changes over the past year as Mohammed bin Salman ousted his cousin as crown prince and jailed well-known princes in an anti-corruption purge.

Moreover, bin Salman oversees social and economic reforms that have been censured by several powerful Wahhabi clerics.

Notably, bin Salman made no media appearance during the April 28 visit of the newly-appointed US State Secretary Mike Pompeo to Riyadh, his first foreign trip as the top US diplomat.

During his stay in Riyadh, Saudi media outlets published images of Pompeo’s meetings with King Salman and Foreign Minister Adel al-Jubeir.

This is while the state-run outlets used to publish images of meetings in Riyadh between bin Salman and former US secretary of state Rex Tillerson.

It is not clear if bin Salman’s disappearance is due to reasons such as him feeling threatened or being injured in the incident.

FARSNEWS2018/5/20
Saudi Concerns Growing over Fate of MBS as People Start Asking His Whereabout
TEHRAN (FNA)- Unofficial reports on the death of Saudi Crown Prince Mohammad bin Salman after the last month coup have gathered pace after his month-long absence from the public as Hashtag وفاة_ولی_العهد (#Death-of-Crown-Prince) has gone viral in the country suggesting that the prince has succumbed to his injuries sustained during the coup.

Bin Salman has not been seen in the public since April 21 attack on his palace in Riyadh which has raised speculations about his injury and death.

Yousef al-Hazeri, an Arab social media activist, wrote in his twitter account that "if bin Salman's death is true, it means that Trump has this time used up the milking cow just like a traveling shampoo and threw it into the sinkhole".

2018年05月18日
サウジの皇太子MBSは本当に死んだのか?
posted by ZUKUNASHI at 22:08| Comment(0) | 国際・政治

イランでキノコ中毒 190人入院、9人死亡

RT2018/5/20
9 dead, dozens critical & need liver transplant as 700+ get poisoned by wild mushrooms in Iran

At least 50 of the victims who were hospitalized across Iran’s eight provinces are in critical condition, with some requiring liver transplants to save their lives, the emergency services said.

READ MORE: Magic mushrooms are ‘safest drugs’ compared to LSD, ecstasy & cocaine – study

The country’s Ministry of Health attributed the incident to spring rain across the mountainous regions of the country, and issued a warning advising people to “avoid eating wild and unfamiliar mushrooms,” and refrain from even touching them because “skin toxicity is present in some species of fungi.”

Authorities advised the public not to buy mushrooms from street vendors. Those who experience abdominal pain, nausea, vomiting, or severe dizziness are advised to drink a lot of fluids and visit a health center immediately.


posted by ZUKUNASHI at 21:48| Comment(0) | 国際・政治

Saudi King Absent in OIC Meeting on Palestine, Amman Publicizes Differences with Riyadh

FARSNEWS2018/5/19
Saudi King Absent in OIC Meeting on Palestine, Amman Publicizes Differences with Riyadh
TEHRAN (FNA)- The extraordinary meeting of the Organization of the Islamic Cooperation (OIC) on Palestine was held in Istanbul on Friday in the absence of Saudi King Salman, while Jordan's king looked undeterred to show narrowing differences with Qatar, Turkey and Iran and distancing his country from Saudi, UAE, Bahraini policy of rapprochement with Israel.

The declaration issued at the end of the OIC conference described the US decision to relocate its embassy to Jerusalem al-Quds as "unlawful" which could “trigger chaos in the region".

“We reaffirmed once again the vital importance of preserving the sanctity and historical status of Al-Quds and Haram Al-Sharif for the whole Muslim Ummah, emphasizing that the Muslim Ummah could strongly defend its causes globally only by acting in unity and solidarity,” the declaration signed by 48 countries said.

During the conference held in the absence of the Saudi King and PA president, Jordanian King Abdullah II sat beside Qatari Emir Tamim bin Ahmed al-Thani, Turkish President Recep Tayyip Erdogan and Iranian President Hassan Rouhani.

Analysts believe that the move indicates Jordan's different stance with Saudi Arabia, the UAE and Bahrain which are rapidly moving towards normalization of ties with Israel.

Meantime, the Jordanian media said that King Abdullah II and the Qatari king have had intimate talks during the conference.

Addressing the conference, the Jordanian king said that "the violence, aggression, and violations perpetrated by Israel against the brotherly Palestinian people in Gaza and elsewhere in the Palestinian Territories must stop. The international community must uphold its responsibilities before history; peoples of the world and all people of conscience must uphold their responsibilities in protecting the Palestinian people and enabling them to gain their rights and end occupation, injustice, and despair".
posted by ZUKUNASHI at 02:10| Comment(0) | 国際・政治

S. Arabia Starts New Wave of Arrests over Ties with Israel

FARSNEWS2018/5/19
S. Arabia Starts New Wave of Arrests over Ties with Israel
TEHRAN (FNA)- Saudi authorities have arrested several activists for denouncing the industrious efforts made by Riyadh, particularly those of Saudi Crown Prince Mohammed Bin Salman, to normalize diplomatic relations with Israel.

The Arabic-language al-Quds al-Arabi newspaper quoted social media activists as saying that the Saudi authorities have last Thursday detained two male activists named Dr. Mohammad al-Rabi'eh and Dr. Ibrahim al-Madimiq and four female activists, including Lajin al-Hazloul, Azizeh al-Yousef, Iman al-Nafjan and Noureh Faqih, who are all against Riyadh's attempts to normalize relations with Israel.

Also, Abdollah al-Qamedi, a Saudi activist living in Britain, said that the Saudi authorities have imprisoned his mother and brother for over 50 years with permission to visit family members.

In a relevant report in February, Qatar’s Arabic-language al-Arab newspaper, reported that Saudi forces detained Noha al-Balawi, a female activist, over a post she published on her Twitter page, criticizing normalization of ties with Israel.

Balawi, wearing a niqab in the video, stated that Israeli-Saudi relations would only serve the interests of the Tel Aviv regime, and would be to the detriment of Arab nations.

Speaking in an interview with France 24 television news network on December 13, 2017, Saudi Foreign Minister Adel al-Jubeir said the kingdom had a “roadmap” to establish full diplomatic ties with the Tel Aviv regime.

In mid-November last year, a Lebanese paper published a secret document that showed that the Saudis were willing to normalize relations with Israel as part of a US-led Israeli-Palestinian peace effort and unite Saudi-allied countries against Iran.

The document, published by al-Akhbar daily, was a letter from the Saudi foreign minister to bin Salman, explaining why it was in the kingdom’s interest to normalize relations with Israel. The letter said a rapprochement between Saudi Arabia and Israel has risks for the kingdom due to the strength of the Palestinian cause among Muslims.

The Saudis' willingness to boost ties with Israel has offended several Arab countries, including Jordan.

As for the Palestinian refugee issue, the letter says the Saudis would be willing to help the estimated five million Palestinian refugees worldwide settle in the host countries rather than being brought back to the occupied Palestinian territories.
posted by ZUKUNASHI at 02:02| Comment(0) | 国際・政治

US to Support Kurds in Manbij against Turkey

FARSNEWS2018/5/19
US to Support Kurds in Manbij against Turkey
TEHRAN (FNA)- Kurdish sources reported on Saturday that the US forces have underlined in their meetings with the Kurdish officials that they will remain in Manbij as differences have widened between the American and Turkish militaries over the presence of Kurdish forces in the town.

The Kurdish-language Hawar news quoted the military command council of Manbij as saying that a meeting was held between an official delegation of the US-led coalition forces' command center and a number of Kurdish commanders in Manbij.

The meeting on the political and security situation of Manbij was held in the presence of William Urback, a representative of the US state department, Commander of the US-led coalition General Jimmy Gerrard, Commander of the Kurdish forces in Manbij Mohammad Mostafa, Spokesman for Manbij's military council affiliated to the Syrian Democratic Forces (SDF) Sharfan Darwish and Deputy Commander of Manbij military council Ibrahim Banawi.

It added that the US forces have underlined their continued presence in cooperation with the Manbij military council until they prevail control over the entire region.

Meantime, Turkish President Recep Tayyip Erdogan has several times threatened that he will send his forces to Manbij after driving out the Kurds from Afrin.

Darwish had announced earlier this month that the US forces have set up a new military base in Manbij in Northern Syria at the borders with Turkey.

He said that the French forces have been stationed in the military base with the aim of monitoring and protecting the borders, adding that the base has been established immediately after the Turkish army and its allies' attacks on the Kurdish forces in Afrin and Ankara's repeated threats to enter Manbij.

Experts say military assessments show that establishment of a new military base in Manbij that comes in the backdrop of US President Donald Trump's pullout pledge will exacerbate tensions between Washington and Ankara.
posted by ZUKUNASHI at 01:37| Comment(0) | 国際・政治

日本社会の秘密 中年を見たら浅薄なネツトウヨだと思え 2

2018/5/19、横浜にてさんから寄せられた投稿を掲載する。引用開始。

安保法や9条の街頭署名をしていると絡んでくるのが、この年齢層です。
そう言えば、わざわざ若い人が絡んでくることはなかったです。(無関心なだけ?)

私の感覚では、ネットは使えないけどもう少し高齢者(80代など)も多いのでは?
「中国が攻めてくるから9条は変えなきゃダメ」とかよく言ってきますね。
戦争の時は子どもで、たまたまさほど大変な思いもせずに通り抜けてしまった人達かも。

自分の両親からも「戦争は絶対にしてはいけない」と言われた覚えはないです。
肯定はしてないと思いますが、絶対にダメとまでは思っていない老人って結構いるように思います。もう、自分は行かないからかな?

「孫には戦争に行かせる。」と言ってたおじいさんもいました。
何かの修練みたいに思ってるのでは? 老人だから想像力があるなんてことはないです。

どれだけ、自分のこととして考えてきたかで決まるわけで、話をすると、小学生のほうがずっと理解力があったりします。

・・・引用終わり・・・

お書きになったこと私は良く分かります。

「絡んでくるのが、この年齢層です」
この年代層は、日々変わっている世界情勢などが理解できていないのではないでしょうか。特に、歴史と関連付けた現代の位置づけなど。

日本人は歴史の年表的な勉強はするでしょうが、なぜそうなったのかという歴史のダイナミズムは学校では教えません。

卒業してもそんな議論に触れずとも社会人として通用します。加えて、外国人と接することもない。

ですから「安保法や9条の街頭署名をしている」人がいると不審な行動、自分の理解を越えた活動をしている人として不安に思うのだと思います。

「中国が攻めてくるから9条は変えなきゃダメ」
という人は、自分たちが先の大戦中にやったことをある程度知っている?

経済的な相互依存関係が強まっているのにそんなことをしたら共倒れです。これも時間が止まっているのでしょうね。

「もう、自分は行かないから」というのはありますね。私の友人は、何ごとにつけても自分は逃げられるか、逃げ切れるかという観点から見ていました。付き合い辞めましたけど。

中年以上の人は、自分が戦場に送られることはないと思っているでしょう。確かに日本の中年以上の男女は戦場では使えません。体力的にも兵器等の操作技術でも。

「孫には戦争に行かせる。」と言ってたじいさんは、何かの修練みたいに思ってる面もありましょうし、いざとなれば、親をさて置いて爺さんが決めることなどできないことを見込んだ発言です。

「どれだけ、自分のこととして考えてきたかで決まる」
そこです。私が徘徊の際に出会って話す人は、自分で考えている人です。そうでない人は、一言、二言言葉を交わせば分かります。別に政治の話をするわけではありませんが、話がかみ合いません。

日本の中年以上の人たちは、テレビによる白痴化が進んでいるか、愚民政策の優等生であることを誇りにしています。

・・・・・

以下は、SYさんのコメント。皆さん、日本の老人に手厳しいですね。引用開始。

高度経済成長の恩恵を最も受けた人たちでもありますね。
それも宗主国礼賛につながっているし、自分たちの実力だったかのように錯覚している。
差別感情も半端ない、まったくもって倒錯した感覚の集団です。

生活に苦労している若者はもう目が覚めたと思います。
戦争に行かなくても、徹底的に搾取されることはわかりきっています。
死なない限り逃げることはできません。

それとも(自分たちは? 若者は? みんな?)死ねばいいとでも思っているのかな?
だとしたら、人間のクズですね。いい歳をして哀しいことですが
救い様がないので放置するしかありません。
posted by ZUKUNASHI at 00:03| Comment(4) | 社会・経済

2018年05月19日

LINUXの本格テスト始めました

konkorartさんからテスト用USBの提供をいただき、早速使用してみました。

次がLINUX用のFirefoxで私のサイトを見ているところです。違和感なしです。


時間を見つけてLINUXインストール済のUSBを作ってみます。これなら古いパソコンの活躍の場が広がります。

2018年05月16日
LINUXパソコンはこう使う これを読めばメリットが分かる "当ブログ特薦記事"
posted by ZUKUNASHI at 23:40| Comment(2) | デジタル・インターネット

パソコン教室・機材譲渡始めました

読者から寄付を募って始めた線量率リアルタイム測定表示システムの設置数が間もなく全国で10台に達します。

昨年の9月からですから9か月になります。設置運営に協力いただいている方は、パソコンに詳しい方もそうでない方もおられますが、これまでに挫折した方はおられません。

何しろ完全セットアップ済、設置条件に即した必要機器付き、故障すれば引き取り交換サービス付きです。

使用者名、パスワードを設定してオートサインイン、必要なソフトをスタートアップに設定。モニターオフ、スリープの設定。型落ちのスティックパソコンのため1日かけてWindowsの更新。リアルタイムグラフのサーバーアプロード先の入力。ShareXを使っています。

個々の設置者向けのマニュアルも書きました。一つ書けば後は若干の手直して済みますが、使用するパソコンが2種類、測定器が4種類、ソフトが5種類。(自分でも時に混乱)

それに加えて、質問があればなんでもリアルタイム回答。初歩的なことから高度なことまで。(ブログ書いている間にメールが届きますからすぐ回答できるのです)

男性にも優しく、女性には特に優しく。

「関連機器の説明書やソフトがないぞ!」
「箱の中にCDが入っています」
「CDが小さくてデスクトップのCDドライブに嵌められない!」
「デスクトップを横にしてCDドライブに乗るようにしてください」

この実績が認められ、本日はスペックが見込み違いで活用が難しいスティックパソコンのセットアップ付きの購入申し込みをいただきました。

測定器は何台か有償販売しました。スティックパソコンも高度な使用者に押し込み販売したものがあります。

そうやって回収した資金でまた機材を買い付けるという完全自転車操業。

フリーソフトを活用して2万円でリアルタイム測定表示システムを作ったのは、試行錯誤で忙しい思いをしましたが、自信になりました。それに、市価130万円のホットスポットファインダーと同等な働きをするシステムを3万円で作ったのも、誇れる実績です。これは威力があります。

今後は機材の先行取得を止め資金の枠内での機材購入、システム設置勧誘を進めます。

一方でLINUXの研究も始めます。Windowsは便利になっていますが、高度なハード機器を必要とします。カネをかけずに多くの人がパソコンを使えるようになってほしい。そんな気持ちもあります。その条件はできていると感じています。

それにしても、10cm×5cm×1cmのスティックパソコンでも立派な働きをします。誘導ミサイルには、こんなパソコンが1基に一つか二つ使われているんだろうなと思うと複雑な気持ちです。専用量産品なら1個1,000円もしないでしょう。

線量率リアルタイム測定表示システムの設置数が10台になり、万一の場合の状況判断の助けになると判断しています。特に公設MPが表示を止めた場合、頼りになるのはこれらの個人が運営する測定システムです。

今後、これらのリアルタイムグラフをどのように公開していくかは、寄付を寄せてくれた方々と協議して決めたいと考えています。
posted by ZUKUNASHI at 22:13| Comment(0) | デジタル・インターネット

南風で東葛でも練馬でも空間線量率上昇 放出源は東京湾に?

※ SUGARSPECTOR @sugarspector
今日東京練馬で昼過ぎ0.44μ超えた。絶対何かドサクサに紛れて燃やしてる。今3種類のガイガーで測ってるから間違いない。ウクライナだと移住レベルなのに。遠くない未来、日本は滅ぶと思う。
2:11 - 2018年5月12日

・・・引用終わり・・・

「今日昼過ぎ」とありますから、2018/5/11の昼過ぎでしょうか。

この日は南風で管理人自宅南側の屋外に置いた線量率計の値が上昇しました。






線量率の高い時間帯がどれくらい続いたのでしょう。0.44μSv/hというと、それなりに飛んできています。走って逃げるレベルです。洗濯物に付着したものもあるでしょうが、洗濯物を測定して高い値が出るかは微妙なところでしょう。

練馬区内の個人運営の測定結果。とてもよく管理されていて信頼性が高いです。2018/5/11に上がっています。


警戒すべき範囲は、海岸線から1.5kmどころではないようです。

2018/5/19の午前1時過ぎに管理人自宅で0.2μSv/hを越えるスパイクが立ちました。屋内の南側、ベランダから1mは離れています。降雨はなかったようです。






強い南風が吹くたびに東京湾の北側で線量率が上がる現象が続いています。福島第一原発事故から丸7年経過し、放射性廃棄物の焼却、焼結処理の量も減っているはずですが、それにもかかわらずこのような現象が続くということは、放射性廃棄物の処分、管理に不備ないしは欠陥があるためではないかと管理人は考え始めています。オリンピック開催中も続くはずですし、長期にわたって続くようなら、このような現象の続く地域は居住不適です。

ハンフォードサイトから西47kmにある都市ヤキマでは、脳の一部や頭蓋骨のない新生児の異常が多発していると報じられています。

2017年09月27日
普通に稼動中の原発のゲップは、こんな強力な物なんですかね??

2018年05月09日
東京湾北部沿岸にお住まいで空間線量率の変化を知りたい方にお知らせ

2018年04月26日
ためらいがありますが、警告を掲載します 衣類の放射性物質汚染

2018年04月26日
先の土日に千葉県の一部で濃度の高い放射性物質の降下があったと見られます

2018年04月27日
信じがたい すさまじい汚染

posted by ZUKUNASHI at 20:45| Comment(0) | 福島原発事故

地理院地図による地形断面図













2011/3/21降雨量。雨はほぼ同じ時間に始まっており、上の図で3/21は印西と成田、鎌ヶ谷、葛飾でそれぞれ1時間のタイムラグがある。




千葉市にある日本分析センターの空間線量率測定値。3/15の16:00、3/16の9:00、3/21の8:00にピークがあります。


気汚染測定用ろ紙の放射性物質濃度から
posted by ZUKUNASHI at 18:38| Comment(0) | 福島原発事故

日本社会の秘密 中年を見たら浅薄なネツトウヨだと思え 1

弁護士の不当懲戒請求をした人達に民事訴訟が提起された件で懲戒請求をした人たちの性別や年齢構成が伝えられています。少なくとも女性は一人いる。

管理人は、自民党からカネが払われている書き込み屋は若い人だと思っていましたが、中年層以上でこんなにネットウヨのボランティア活動に積極的な人がいることを知ってたまげました。

※ 桑ちゃん @namiekuwabara氏の2018/5/19のツイート
男社会で親父がえばっていた時代ですね。奥さんや子供を怒鳴り散らせば、言う事聞くと思っている時代です。親から暴力を受けて育った子供は暴力で従わせる行動をとる。先生方子供観察してご覧、学校でいじめの主犯は親から暴力受けて育った子ども、もしくは「家庭不和・子供大事にしない」だと思うよ。

※ 秋田放射能測定室 @metabokenopapa氏の2018/5/19のツイート
ネトウヨの年齢層高いんだね。中身は暇なオサーンと言うことかな(・_・;)

※ ささきりょう @ssk_ryo氏の2018/5/19のツイート
懲戒請求した人の年齢で、今分かってるのは、1番若くて43歳。40代後半から50代が層が厚く、60代、70代もおられる。今までネトウヨ諸君と呼びかけていたけど、年齢的に上の人が多そうなので、失礼だったかな?

※ 蛭田さん @hiruta_kentaro氏の2018/5/18のツイート
失礼します、僕、現在42歳で20歳辺りからから35歳までネトウヨでしたが20歳くらいの頃に山野車輪さんの本を真に受けてずーっとネトウヨって意外と多い印象です、と言うか未だに周囲に結構居ます。実は言うほど政治に興味も無いので知識のアップデートをする必要が無いのが原因なのかなーと

※ キュゥべえ @kyubeegod氏の2018/5/18のツイート
個人経営、主婦などでPC触る機会が多い人
定年後暇してる人
などがネットを覚え始めて、とりあえず政治関係見てみるかとなり、YouTube、ネットサーフィンなどで情報得る
右寄りの情報が目立つので、そっち方向になっていく
情報の裏を取る手段は身についてない
結果手に負えないネトウヨさんになる

※ ふみ(fumi)‏ @2493fjkm氏の2018/5/18のツイート
まさしく70代のネトウヨが身近におります。。。
陰謀論にハマって「マスコミは真実を報道しない、ネットにこそ真実がある!」と、この年で厨二か…と頭が痛いです。
・・・孫が韓国や中国に仕事で行ったとき、同じようなことされるかもしれないか止めて! というのはどうでしょう。

※ あんどうdy7 @sinyaando氏の2018/5/18のツイート
F外から失礼します。その結果は驚きでした。てっきり20代の世間知らずが「気に入らないからやってやれ」くらいのノリだと思ってました。

※ ごく普通の会社員 @tryshd氏の2018/5/19のツイート
弁護士懲戒請求事件で、請求者の「最年少」がなんと43歳!!物事の道理や仕組み、分別をわきまえてるであろう40・50代が一番狂っていたとは。企業ならば中堅幹部以上もしくはベテランに属する世代。従来高齢で地位にしがみつく老人を老害と批判してきたが、次期トップ候補の世代まで毒されていたとは…

※ ごく普通の会社員 @tryshd氏の2018/5/19のツイート
なんたる浅はかさ。なんたる想像力の欠落。普通に考えて地位を剥奪される懲戒請求されて、黙って受け入れる弁護士がいるだろうか。相手の気持ちも想定に無い傲慢さが透けて見える。しかも散々煽っていた余命なんちゃらは、この請求に加わっていないとか。まるでネズミ講詐欺事件の様な話ではないか…

※ (=`ω´=) 「トカゲといっしょ」1,2巻発売中!@ura_nora氏の2018/5/18のツイート
見事にリテラシー感覚がない世代に被っているんだな。
若い世代は氾濫する情報を適宜選択することに慣れているから、かえってこういうのには引っかからない傾向にあるのか。

※ 御用改め・こんな人たち側 (肉球新党)新人@goyoaratame2017氏の2018/5/18のツイート
‏ ふーん…要は若かりし頃バブルに踊らされていて、物事を考えずに働いていても自動的に高い給料がガッポリ入った世代ですね。

※ 森村さやか 尼崎市民 @sayaka_morimura氏の2018/5/18のツイート
それだけの高年齢なら、収入も資産もそれなりでしょうから憂うことなく、和解金を支払っていただきましょう。

※ 森っちゃ @taiwa_mori氏の2018/5/18のツイート
賛成です。
責任のとり方を熟知された社会人だと思います。
・・・責任は取りたくない大人、社会人なのでは?

※ GAKUクラッカー @GAKU_IZ氏の2018/5/18のツイート
電車の中で恥ずかしげもなく嫌韓本、反中本を読んでいるのもその世代ですよ。若者よりオッサン、ジイサン世代のネトウヨ化が深刻

※ リスコ@暑いのダメ @risuko_ryo_s氏の2018/5/18のツイート
初めまして。20代、30代はまだ一人もいないということですか。驚きました。若い層もそこそこいるのだと勝手に思ってました。

※ ほらっちょMonkey Monk @hifik氏の2018/5/18のツイート
予想以上に高齢化してますね!ヘイトデモの写真見てても中高年が多いとは思ってましたが。
30代以下の若い世代だと物心ついた時からインターネットが身近にあって、その分情報を見る目やリテラシーが養われてるんじゃないですかね。
やっぱり嘘を嘘と見抜けない人はネットをやっちゃいかんのですよ。
・・・ネットは有益、ただ何を見るかの問題。まともな内容のサイトは刺激に乏しい。

※ あろTAKE!(ときどき執事orメイド) @aro_take氏の2018/5/18のツイート
「年齢高いからネトウヨではない」とは限らず「実は想定より年齢高かった」とか「ネットだけではなかった」という可能性も。
・・・可能性ではなく。現実。

※ つくし @hAdEoeuOMVq7xl0氏の2018/5/18のツイート
引きこもりの弟がやらかしてたらどうしようと思ってたけど安心した。ありがとうございます。
・・・引きこもりの方が懲戒請求するようになれば、引きこもりも終わりに近いと思う。

※ チョコミント @yluII3iH6yEywxO氏の2018/5/18のツイート
そのお年の方たちが
国へ帰れ〜wwwwwwww‥
とか、書いていたのですね
衝撃です‥
・・・同感

※ ぐお @guo_same氏の2018/5/19のツイート
「歳を取れば自然と判断力は身に付く」なんて嘘っぱちだという事でしょう。 水泳や料理と同じです。 練習してないのに上達するわけがないのです。 インターネットも。
・・・同感

※ トヲル @dig9999氏の2018/5/19のツイート
実は私自身がちょうどその世代どストライク(笑)。
職場の同僚もほぼ同世代〜ちょい上の世代ですが、このちょい上の世代、面倒なお人が多いのも事実です。幸か不幸か政治に関心が薄いので結果としてネトウヨにはなってないけど、振り上げた拳を下ろせず暴走するタイプが多いんですよね…
(´・ω・`)
・・・このブログの論客の皆さんは、その世代どストライクか少し低い? だからすべてではない。そう言えば、ネツトウヨの来訪はないですね。
posted by ZUKUNASHI at 10:47| Comment(2) | 社会・経済

EC President: EU to Devise Mechanisms to Circumvent US Sanctions on Iran

FARSNEWS2018/5/18
EC President: EU to Devise Mechanisms to Circumvent US Sanctions on Iran
TEHRAN (FNA)- President of the European Commission Jean-Claude Juncker underlined that the EU countries are looking for ways to avoid US sanction on Iran.

"We are preparing legislation in order not to recognize US secondary sanctions imposed against European companies for cooperating with Iran," Juncker said.

The EC president underlined that for this purpose the European Union will enact a law to ban its companies from US sanctions imposed on Iran.

"Given the above issue, the legislation will not recognize any court order to impose a fine that the White House may impose on the European companies to do business in the Islamic Republic of Iran," he said, adding, "As the European Commission, we are duty bound to protect our companies in the face of sanctions imposed by US on Iran."

Juncker said that the European Commission has decided to allow European Investment Bank to facilitate investment of European companies in Iran.

EC will maintain its cooperation with Iran while the US Treasury Department has recently announced to European companies that they have been given a six-month deadline to end their investment in Iran.

FARSNEWS2018/5/18
Minister: Over 120 German Companies Operating in Iran
TEHRAN (FNA)- Iranian Minister of Energy Reza Ardakanian underlined that the US exit from the Joint Comprehensive Plan of Action (JCPOA) has not influenced foreign companies' presence in Iran, and said that tens of German firms are active in Iran.

"With the coordination made in this regard, 120 German firms will continue their activities in the Islamic Republic of Iran," Ardakanian said after meeting senior German officials in Berlin.

He pointed to the activity of Germany’s Siemens Company in Iran and said, “As a prestigious company based in Germany, Siemens will comply with its contractual commitments with Iran wholeheartedly."

The visiting Iranian minister of energy has traveled to Germany at the official invitation of German Minister of Environment, Economy and Energy.

The two sides have exchanged their views on broadening relations in different fields.
posted by ZUKUNASHI at 00:10| Comment(0) | 国際・政治

2018年05月18日

ネットでの煽りに乗って弁護士の不当懲戒請求をした人達が民事訴訟で裁判所から呼ばれています

※ 嶋ア量(弁護士) @shima_chikara
#不当懲戒請求 をやってしまった皆さん。裁判の世界へようこそ。ぜひ、ご出頭下さい。

※ 弁護士神原元 @kambara7氏の2018/5/9のツイート
朝鮮学校への補助金などを巡って弁護士に対して大量の懲戒請求がなされた件、不当な懲戒請求による損害賠償金の支払いを求め、本日、東京地方裁判所等に訴訟を提起した。現時点で被告は未だごく一部であるが、訴訟前に和解が成立した方を除き、最終的には請求者全員に裁判所までお越し頂きたいと思う。
16:29 - 2018年5月9日

※ 弁護士神原元 @kambara7氏の2018/5/9のツイート
この件、「カンパを募らないのですか?」というお言葉を頂いた。感謝したい。しかし、本件は一義的には私個人の被害を回復するための訴訟である。そのために人々からカンパを募ることが正しいのか、現時点で検討未了である。正しい目的は正しい手段で達成されなければならず、十分な検討が必要である。

※ UENO‏ @9602_tu氏の2018/5/10のツイート
彼らが裁判でどんな面白い言い訳するか見ものですね笑 散々ネットでイキってたのとは裏腹に素直に罪を認めて謝罪したりして笑笑
頑張ってください。

※ 朔津板 @p_p_w_a_d氏の2018/5/10のツイート
余命何某が今回の件を煽ったわけだけど、余命何某が雇われブロガーで、雇い主の元をたどると某広告代理店Dents○で、その依頼主は自由民○党、なんて事がありそうでやだなぁ。
多分そうなんだろうけど。

※ whitestockings @whitestockings2氏の2018/5/10のツイート
頑張ってください
自由に責任が伴うことを理解していない輩に対していい社会勉強になるでしょう
少しは懲りてくれますかね

※ The Gube @chiharu_shiga氏の2018/5/17のツイート
朝鮮学校にも補助金をの弁護士に懲戒請求したネット住民960人に賠償責任へ。モーニングショー。
いわゆるネトウヨ。差別心を持つ。40代以上が多かった。玉川氏「若いひきこもりみたいな人が多いかと思っていたが、40代、経営者、比較的時間のある3代目4代目の経営者」
それ、青年会議所に入ってる人だ

※ C.R.A.C. @cracjp氏の2018/5/17のツイート
#モーニングショー 玉川さんだけが「差別意識」を煽ることの問題に言及しているが、全体の論調としてはネトウヨを「意識が高い」「よく考えている人」扱いし、それらの人の「ゆがんだ正義感」「承認欲求」の問題にしてしまってる。非常にイマイチだが、現状ではここが限界?



※ Tad @CybershotTad氏の2018/5/17のツイート
#モーニングショー
年齢層は40代以上が多い、と。中には60代以上も。 pic.twitter.com/hLlsXXinyl

※ Tad @CybershotTad氏の2018/5/17のツイート
和解条件の金額5万は非常に安い。警鐘の意味がある、と。本来ならば「一人当たり50〜150万円求められることがある」と清水弁護士。

・・・引用終わり・・・

懲戒請求には、住所や名前はしっかり書いているはずですから、身元は全部判明しますね。

「余命何某」と言及されていますが、余命三年時事日記のようです。初めて知りました。

群集心理とでも言いましょうか、ストレス解消になるからと差別感情の露骨なサイトに親しみ、煽られて追随していると、えらい目にあいます。

「年齢層は40代以上が多い、と。中には60代以上も」とありますね。もう暗澹たる気持ちです。知り合いにもそういう人いますからやはりそうかと。 壮年期以上の国民にそういう人が多ければ、日本社会がどうなっていくかは見えていますね。

管理人は、公務員らしい女性からしつこい嫌がらせを受けました。まあ、その方が女性だからと嫌がらせの文面は公表しませんでしたが、あまりにしつこいので、ある時、その人のハンドルネームと嫌がらせの文面をそのままコメント欄に掲載しました。今も残しています。

その後嫌がらせはぱったりと止みました。管理人が女性のハラスメント問題に慎重な姿勢なのはそんな経験が背景にあります。女性も男性に対してハラスメントをしています。男が我慢しているだけです。

その時に送り付けられた文面は残してありますので必要な時は公表します。匿名だからと言って甘く見てはいけません。
posted by ZUKUNASHI at 21:42| Comment(4) | 社会・経済

あの方たちはどうされているだろう

日本原子力研究開発機構・大洗研究開発センター(茨城県大洗町)で起きた事故でプルトニウムの内部被曝を受けたとされる作業員5人の方々は今どうされているのだろう。事故から間もなく1年になる。

2017/6/6 事故発生
2017/6/7 11時55分ごろ5人は千葉市にある緊急被ばく医療施設に入る。
2017/6/13 全員放医研退院
2017/6/19 再入院
2017/6/26 5人再退院
2017/7/3 3人が3回目の入院
2017/7/24 3人が4回目の入院

次が最新の報道になります。

朝日新聞2017/7/24
作業員3人が4回目の入院治療 大洗被曝事故
2017年7月24日22時41分
 茨城県大洗町の日本原子力研究開発機構大洗研究開発センターの被曝(ひばく)事故で、放射線医学総合研究所(千葉市)は24日、被曝した作業員5人のうち、内部被曝量が比較的多かった3人が4回目の入院をしたと発表した。尿からの放射性物質の排出を促す薬剤の点滴治療を受け始めた。体調に変化はないという。

茨城県知事からの要請「日本原子力研究開発機構大洗研究開発センター「燃料研究棟」における作業員の汚染、被ばく事故について(原対第78号)に関する報告書の提出について(平成30年2月一部補正)  平成30年2月14日国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
から一部抜粋し、注目点にマーカーを付した。加工前の表はこちら


これによると作業員5人のうち2人については鼻スミヤでアルファ線が検出されていません。検出された残る3人の方が入退院を繰り返したと見られます。上の報告書には次の通りあります。

4.5 作業員ケアに係る対応
事故が発生した翌日の平成 29 年 6 月 7 日以降、作業員 5 名は、量研 放医研へ入院し、体内に取り込まれた Pu 等の体外排泄を促進させる目的であるキレート剤の投与による治療と肺モニタ測定、バイオアッセイ等による検査を受けた。治療の効果に応じて作業員の入院回数は異なるものの、現在、全員の体調に特段の変化はない。
大洗研究開発センターにおいては、量研 放医研と協力しながら、産業医、保健師等による作業員及び家族との面談等を行い、ケアを実施している。
入院期間及び人数は以下のとおり。
・キレート剤投与による治療、バイオアッセイ等による検査
6 月 7 日〜6 月 13 日 :5 名
6 月 18 日〜6 月 26 日 :5 名
7 月 3 日〜7 月 7 日 :3 名
7 月 24 日〜7 月 28 日 :3 名
8 月 7 日〜8 月 11 日 :2 名
8 月 21 日〜8 月 25 日 :1 名
9 月 4 日〜9 月 8 日 :1 名
9 月 25 日〜9 月 29 日 :1 名
10 月 16 日〜10 月 20 日:1 名
11 月 6 日〜11 月 10 日:1 名
11 月 20 日〜11 月 24 日:1 名
・定期検診
9 月 11 日〜9 月 12 日 :4 名
posted by ZUKUNASHI at 21:17| Comment(1) | 福島原発事故

ネタニヤフがイランは父祖の地だと主張

theonion2018/5/10
Netanyahu Begins Calling For Israeli Return To Ancient Homeland Of Iran
JERUSALEM−Declaring that it was long past time for his people to live once again on their ancestral soil, Prime Minister Benjamin Netanyahu reportedly began calling Thursday for the Israeli return to their ancient homeland of Iran. “The land of Iran has long been part of our heritage, and we implore the international community to work with us to ensure its return to the independent Jewish state,” said Netanyahu, adding that Israel was willing to use military force if necessary to reoccupy all 636,400 square miles of present-day Iran that were historically included in the promised land bestowed upon the Jewish people by biblical mandate. “The so-called Islamic cities of Tehran, Mashhad, Isfahan, and dozens of others were founded on what were once ancient Jewish kingdoms, not to mention how many of our most sacred sites Iran currently occupies, including the Imam Reza Holy Shrine, the Jamkaran Mosque, and the Zoroastrian Fire Temple of Chak-Chak. In fact, Iran is home to the highest concentration of Judaic ancient holy sites anywhere in the world outside of Mecca, Lumbini, and Vatican City. We demand that the Jewish people be permitted to return to ruling our ancestral Persian homelands.” At press time, Netanyahu had approved plans to begin construction on a large Israeli settlement in downtown Tehran.
posted by ZUKUNASHI at 18:50| Comment(0) | 国際・政治

サウジの皇太子MBSは本当に死んだのか?

サウジアラビアの王位継承予定の皇太子MBSが暗殺されたのではないかとの観測が出ています。

この情報を最初に伝えたメディアは、イランの新聞 Keyhanのペルシャ語版です。国際ニュースは英語版もありますが、そこには載っていません。

「ある匿名のアラブの国の上級職員に送られた秘密機関の報告書が明らかにした」とあります。イランがアラブの国と言えるのか疑問ですが、一応含めておきます。
「MBSは、彼の宮殿に対する4/21の攻撃で2発の弾丸を受けた」と具体的で「MBSはそれ以来公衆の前に現れていないので死んだかもしれない」としています。

「2018/4/21、宮殿の周りで激しい銃撃音が聞かれた。その際サルマン国王は市内の空軍基地にある米国のバンカー(避難壕)に連れていかれた」

Reports said the king and his son, Crown Prince Mohammed bin Salman, were evacuated 
「国王だけでなくMBSも避難した」と報告書は述べています。

4/21の銃撃戦直後の報道では、おもちゃのドローンが宮殿に近づきすぎたため警護隊が銃を発射したとされていました。しかし、今回の記事の記述では、クーデターが起き、宮殿を攻撃した兵士は宮殿の上を飛ぶドローンから得られた記録映像と諜報情報に導かれていたとあります。

Saudi opposition members claimed that "a senior ground force officer has led a raid on the palace to kill the king and the crown prince".

MBSは自分についてのメディアの報道が好意的になるよう、良い印象を流すよう西側メディアに大金を払っているとされています。そして、外国の要人が訪問した時には、進んでカメラの前に立っています。ところが4月末にポンペオがリヤドを訪問したときにはメディアへの露出はありませんでした。

Notably, bin Salman made no media appearance during the April 28 visit of the newly-appointed US State Secretary Mike Pompeo to Riyadh, his first foreign trip as the top US diplomat.

この間、国営メディアは、ティラーソンとの会談画像を使っていたようです。
This is while the state-run outlets used to publish images of meetings in Riyadh between bin Salman and former US secretary of state Rex Tillerson.

A few days after the April 21 incident, Saudi media published footage and images of bin Salman meeting several Saudi and foreign officials. But the date of the meetings could not be verified, so the release of the videos could be aimed at dispelling rumors about bin Salman’s conditions.

It is not clear if bin Salman’s disappearance is due to reasons such as him feeling threatened or being injured in the incident.

MBSが公衆の面前に姿を現さない原因は、三通り考えられます。
@ 死んだ
A 負傷が大きく、療養・リハビリ中
B 暗殺を恐れて人前に出れない精神状態 MBSはかねて暗殺を極度に恐れているとの説がありました。

このニュースにある情報のソースは、中東のある国のインテリジェンス機関の報告書だとされています。カタール、エジプト、ヨルダン、クウェートなどサウジの周辺国の可能性もありますが、よその国のインテリジェンス機関の報告書をイランの新聞社がそうやすやすとは入手できません。しかもこのレポートの内容からしてそんなレポートを出していてしかもイランのメディアにも渡していたことがサウジにばれたら大変な騒ぎになります。

この報告書を書いたインテリジェンス機関は、イランの機関ではないでしょうか。IRGCの可能性が強いと管理人は思います。

IRGCは、前にMBSは王である父親を倒してでも早く王位につきたいとの願望があるとの情報を流しています。4/21の「クーデター」についても当然情報を集めています。

MBSがいとこなどに当たるであろう他の皇太子をホテルに軟禁して財産提供を求めたときに、皇太子の一人がイランに亡命しています。

このMBS死亡観測報道は、すぐにサウジの知るところとなりますから、事実であろうとそうでなかろうとサウジは抗議、攻撃のアクションを起こすでしょう。それを見込んだ嫌がらせなのか、それとも情報収集力を見せつけるためのものなのか。

イラン政府は、おれは知らん、新聞社が勝手に情報を得て勝手に書いたことと言い逃れるのでしょうが、それで済むか。ここ数日のサウジの反応に注目です。

スプートニクが続報を流しました。2018/4/28のQiddiya opening seremony にMBSが国王とともに現れ、その画像が出回っています。



これで4/21の戦闘で死んだという説は否定されますが、それから約3週間。公の前に姿を現さないのはなぜかということになります。

・・・・・

Neo Tv Network - Official 2018/05/17 に公開
BREAKING: Saudi Crown Prince Likely Killed in Coup? | 17 May 2018
Neo Newsはパキスタンのメディアです。

Star 2 Sun 2018/05/17 に公開 のキャプチャー








https://english.almanar.com.lb/507483
The Saudi government claims that the heavy gunfire was only an operation to shoot down a recreational drone. “It was a small remote-controlled toy airplane that came into restricted airspace and was immediately shot down,” a Saudi official had announced after the incident.

Meanwhile, Saudi activists in the social media say the shooting had nothing to do with a drone, but it was an attack from vehicles carrying heavy machine guns and shooting randomly.

Some sources affiliated with Saudi opposition groups also suggest that the April shooting has frightened bin Salman, forcing him to ban the royal family members and top officials from leaving the country for fear that his cousin and former crown prince, Muhammad bin Nayef, would try to topple him.

The official Saudi websites have not released any new photo of bin Salman for the past three weeks. The latest stories covering news of MBS’s meetings and visits dates back to April 24.
posted by ZUKUNASHI at 18:44| Comment(0) | 国際・政治

GGの顔はこういう形成過程を経ている

管理人の選んだ好感が持てるGGの顔NO1

米国国防総省元職員の肩書きでメディアのインタビューに登場するMichael Maloof氏


もう少し若い時はこんな感じ

眉と額のしわが変わりません。頭髪がなくても大丈夫! 

とても表情が豊か。そのまま顔文字に使えます。


ラブロフをNO2とするわけにはいきません。同じくNO1。
セルゲイ・ラブロフ

プーチンの新内閣で続投だそうです。プーチンが、世界の外交界が休ませてはくれないでしょう。世界は彼の双肩にかかっています。

米国人医学者 ジョン・W・ゴフマン氏
低線量であろうと外部被曝が蓄積していくとガンや白血病を発症する人が増えるという研究を発表し、大学教授の職を追われた。少しいたずらっぽいような笑みがなんとも言えない。この人もやはり上位に持ってきたい。


2017/6、英国の総選挙でコービン率いる労働党が躍進。昨年の労働党内の追い落とし策謀を乗り越えて大きな成果を上げました。
コービンはしたたかで柔軟。うれしそうです。


新たなノミネート



posted by ZUKUNASHI at 12:18| Comment(0) | 国際・政治