ずくなしの冷や水

2018年05月31日

地震、事故があったらすぐ確認

この記事は先頭に置くため先日付になっています。
@ 震源と震度を知る サイトの例強震モニター震源分布図
A 福島第一原発をライブカメラで見る。フクイチライブカメラ1号機側(次の4号機側の画面から入り中で切り替え)、フクイチライブカメラ4号機側長者原定点カメラ
B 空間線量率の変化を見る 全国MP30日平均比変化 ホワイトフード全国の放射線量 エリア別統合グラフ原子力規制委員会 放射線モニタリング情報東京都練馬区GM-10リアルタイム測定値ガイガーカウンター リアルタイム 観測網離島調査千葉・茨城の線量率福井原発銀座の線量率静岡の線量率神奈川の線量率
C その日の気流の流れを見る 直近の風向風速スイス企業による日本の天気予報地球全域の気流そらまめ君
そらまめ君の花見川第一小学校へのリンク
D 感度の高い人たちの反応を知る 桑ちゃん氏
E 高速道路の混み具合を見る サイトの例
F JRの運転状況を知る サイトの例
G 停電状況を知る 東京電力管内
H 海外の空間線量率 欧州の空間線量率 欧州の空間線量率2米国のモニタリングマップ

・・・・・・

ブログ・サイト紹介

山の我が家 内容日々充実、これだけ内容豊富のブログは少ない。
モトコのブログ モトコさん、父上のお世話がんばってください。
五線紙と周期律表 周期表・元素一覧同重体元素系列図(126-135)
mountain addiction 登山・トレイル・ウルトラマラソンその他色々
カイトのブログ「放射能から身を守ることを中心に書きます」とあります。アラフォーの男性の堅実なブログです。
南富良野町のカフェレストラン カレーが売り物のようです。
浦安市の整体院 腕はピカイチと聞いています。
ここで紹介したことも寄与して知名度が上がったとの声をいただいています。商業的なものの掲載には、寄付・カンパを寄せてくださった方の推薦が必要です。読者層は、被曝回避、健康維持、国際問題の動向に関心のある成年男女です。

posted by ZUKUNASHI at 22:34| Comment(39) | 原発事故健康被害

初めてこのブログを読む方へ

この記事は先頭に置くため先日付になっています。
このブログの管理人は、自民党政権の言論抑圧、縁故利益供与政治に強く反対しています。多くの人の反対にもかかわらず共謀罪創設は議会のルールを踏みにじって成立しました。
 
日本は三流国です。これからもっとひどくなります。政府に反対の言論を展開して逮捕されたくない方は、このブログにコメントを書き込むことはもちろんのこと、閲覧もお止めになることをお勧めします。

このブログは、言論抑圧、縁故利益供与、軍国化政治に反対し続けます。

個人がネットで何を見て、どんな情報を発信しているかは、海外では情報当局が容易に把握しうる仕組みになっていることは知られています。


このブログは、この6年間、放射能問題に特化して情報を集め整理記録してきました。信頼できる情報の提供や投稿も増え、多くの方の協力で運営されてきました。

筆者は、このブログ読者からの経済的支援以外にはどこからも経済的利益の供与を受けておらず、政治的にあるいは文化的にどこかのグループに属していることもありません。

福島第一原発事故が筆者にとっては2回目の原発事故、被曝要因になります。1回目には情報もなく家族の身を守るために大変苦労しました。

健康被害の増大に伴って警告を主体に記事を書いてきましたが、2017/7は親しい友人の社会的に高い地位の友人が肺がんを発症し脳に転移して放射線治療を受けていることが判明しましたし、知人友人から深刻な健康被害の実例を立て続けに知らされました。すでに被曝回避を呼びかける段階は終わったと悟りました。日本人は権力や権威に対してとても従順で命を差し出すことも厭いません。

被曝から自分の家族の健康や命を守ろうとする場合には、過去に書いた記事は今でも有用と考えていますので、残してあります。意味が薄れたものは、おいおい整理していきます。



このブログまたは付随のホームページに掲載された内容に著作権者の立場からご異議のある方は、お手数ですがコメント欄からお知らせください。直ちに対処します。

特薦記事
2018年05月11日
LINUXパソコンはこう使う これを読めばメリットが分かる

2018年05月10日
日本の学校の秘密

2018年03月09日
幼い子どもの親達がこんなに死んでいるのに 日本のおやじ達はまだ分からないのか

2016年08月01日
おやじが次々死んでいく怖すぎる現実

2014年07月01日
「最近死んでる 放射能のせい?」「被ばくと突然死は関係あるの?」「今年は人がたくさん死ぬの?」
posted by ZUKUNASHI at 21:06| Comment(2) | 福島原発事故

Dear readers outside Japan / Estimados lectores de este blog

The writer of this blog (myself) is a Japanese man with a varied professional experience who will turn 70 in a few years: I have worked in a large organization in Japan, have also worked abroad, have gone through redundancy, and worked in a part-time job at close to the minimum wage.

Now that I don’t work any more and that I’m in a fortunate enough situation where I don’t have to shiver from cold or starve, I thought I would use my spare time and experience for something useful for society and started a blog in 2005.

It has been a while since Japanese society stopped caring for the socially weak. The nuclear crisis at the Fukushima Daiichi Power Plant has marked the final confirmation of this. We have been deprived of our humble pleasure of eating. Staying healthy has become a struggle. In other words, our right to health or even the right to life are being threatened. Threatened by the government and by some major firms. This angers me and my days are spent trying to fight against this situation so as to help this country go in a better direction.

It would be a great pleasure if I could share my concerns with you and that in doing so I were able to help this world, even if it is only in a small way.

Thank you for reading.

N.B. The graphs and tables in this blog are based on statistics of population dynamics, measurements of radiation in soil and food, and data from monitoring posts, all of which are provided by the government and municipalities. If judged as reliable, information gathered from tweets and blogs is also used for analysis.

・・・・・

El autor de este blog (Zukunashi) es un japonés con mucha experiencia profesional, quien trabajo por más de 40 años y cumplió 70 este año: ha trabajado en una organización grande en Japón por 30 años, incluyendo el trabajo en el extranjero. Zukunashi ha pasado por la redundancia y trabajado en un empleo a tiempo parcial, casi con el salario mínimo.

Ahora, como ya no trabajo más, y que estoy en una situación muy afortunado que no tengo que temblar de frío ni sufrir de hambre, pensé que aprovecharía mi tiempo libre y mi experiencia para algo útil para la sociedad y comencé este blog en el 2005.

Ha pasado un tiempo desde que la sociedad japonesa dejó de cuidar a las personas socialmente vulnerables. La crisis nuclear en la planta de energía Fukushima Daiichi ha marcado a la comunidad japonesa. Hemos sido privados de nuestro humilde placer de comer. Mantener la salud se ha convertido a una lucha. En otras palabras, nuestro derecho de estar sano o incluso el derecho a la vida están amenazado por el gobierno y por algunas grandes empresas. Esta situación me enfada y dedico mis días tratando a la lucha contra esta circunstancia con el motivo de ayudar a este país para que se dirige a una dirección mejor.

Sería un gran placer poder compartir mis inquietudes con ustedes y que al hacerlo, ayudemos a este mundo, aunque sea un cambio pequeño.

Gracias por leer.

NOTA: Los gráficos y tablas en este blog están basadas en estadísticas de la dinámica de la población, las mediciones de radiación en el suelo y alimentos, y datos de seguimiento de mensajes, todos los cuales son proporcionados por el gobierno y los municipios. Si se juzgan como confiable, información de tweets y blogs también están utilizadas para análisis.

・・・・・

Index of articles in English

Índice de artículos en español

2017年01月21日
このブログは世界の人に読んでほしいです 翻訳転載歓迎

2015年09月06日
趣旨に反しなければ記事はご自由にお使いください

2017年04月09日
地域言語を使える方は 現地の方向けに被曝防止の警告を書いてもらえませんか?
posted by ZUKUNASHI at 18:13| Comment(9) | 日記

2018年05月25日

Who Is the Biggest Threat to the Middle East?

FARSNEWS2018/5/23
Who Is the Biggest Threat to the Middle East?
TEHRAN (FNA)- The United States, whose Secretary of State Mike Pompeo has just asked Iran to dismantle its missile defence program, is the biggest spender of arms in the world, that’s according to a new report by the Stockholm International Peace Research Institute (SIPRI).

The latest report says, in total, countries around the world spent $ 1.739 billion on arms in 2017. The five biggest spenders in 2017 were the United States, China, Saudi Arabia, Russia and India, which together accounted for 60 percent of global military spending. The US alone accounted for more than a third of the world total in 2017 ($695 billion) and it spent more than the next seven highest spenders combined.

Saudi Arabia, which is still busy bombing the poorest country in the Arab world - Yemen - is also the biggest spender in the Middle East, the same regime which would like us to believe that Iran and its missile defence program is a threat. SIPRI reports that military expenditure of countries in this region has increased by 41 percent, although it then decreased in some by 16 percent because of the fall in oil prices. However, the spending increased again in 2017 by 6.2 percent with Saudi Arabia being the largest military spender in the region and the third largest in the world.

Last but not the least, Israel’s military spending increased by 4.9 percent to $16.5 billion in 2017 as well (excluding about $3.1 billion in military aid from the US). Today Israel is one of the 10 countries with the highest “military burden” in the world (4.7 percent of GDP).

These data, combined with other key information on budget spending from the Organisation for Economic Co-operation and Development (OECD), show that the portion of GDP that Iran spent every year for the military, is much lower than the ones dedicated to the US, Israel and Saudi Arabia. Therefore, it is nonsense when these regimes claim that Iran is a threat to the region.

Strange enough, no one at the United Nations ever bothers to criticize this allocation of resources. Regardless of the freedom of each country to spend its budget in the way it prefers in order to guarantee security for its citizens, there is an important aspect to note. The US, Saudi Arabia and Israel spend a lot of money on armaments because they are using them - more specifically firing them. Otherwise no country in its right mind would ever want to waste money on something it knows it won’t use - in this case arms.

Put differently, Saudi Arabia has just purchased arms from the US worth over $100 billion. This is more than what the regime could ever need for self-defence. All these armaments will have to be fired someday, and that someday is now. As we speak, Saudi Arabia and its allies are busy using those arms to destroy Yemen and even fuel a new conflict in post-ISIL Syria. They target Syrian army positions and build illegal military bases there because they want a new war. They are even leading their allies to a war with Iran!

This should be a wakeup call for the international civil society. The United Nations Security Council should never play along the destabilising policies of these warmongers, which are lobbying for American sanctions and military interventions all over the Middle East. The official line pursued by the US, Israel and Saudi Arabia is almost one that would lead the world to war. This shouldn’t be the official line of the UN. IN these difficult times, the region’s peace and stability may depend upon the UN’s diplomatic capabilities and willingness to forge strong ties with China, Russia, the European Union and other members.

There is a massive deception campaign in the US and in its global propaganda, which seeks to portray the United States as a poor set-upon nation that would like regional peace, but just has to keep a military stationed around the Middle East to police its allies against so-called “Iranian threat.”

In fact, nothing could be further from the truth. That truth is that the US is the biggest warmonger the world has ever known, followed by Israel and Saudi Arabia, two of the biggest recipients of US military aid and weapons sales. The US is also the world’s biggest arms merchant and a promoter of instability within the Middle East. Mind you, the US-led wars on Afghanistan, Iraq, Syria and Yemen serve as further proof that none of these weapons the US is selling makes either the US or the world any safer.

In summation, the threat of Iran is a media hype absent in reality and overblown on a daily basis. With so much American armaments around, Iran sees itself not as a threat but as threatened by America’s hostile allies. It is sad reality that if one wants to get accurate information about this, one must mostly bypass Pompeo’s anti-Iran rhetoric and baseless allegations, and look to sources outside the US government unaffected by the US administration's disinformation campaign.

Whatever the reality, the threat from Iran has been overblown for various reasons including by Israel and the Military-Industrial Complex to relieve Persian Gulf Arab States of their money in return for expensive American armaments and by those in Tel Aviv and Riyadh who want to construct a scary enemy to prolong their despotic regimes and attract diplomatic support.
posted by ZUKUNASHI at 00:00| Comment(0) | 国際・政治

2018年05月24日

ロシア外務省:バルカン、化学兵器、北朝鮮

FARSNEWS2018/5/24
Russian Diplomat: US Obviously Not to Leave Balkans Alone
TEHRAN (FNA)- Russian Foreign Ministry Spokeswoman Maria Zakharova stressed that, apparently, the United States will not leave the Balkan countries alone.

"Two pieces of news came within a couple of minutes. [The first says] that Montenegro’s Defense Minister assumed that Russia had refused from exercising influence on the republic and [the second] that Pompeo accused Russia and Turkey of destabilization in the Balkans," she wrote on her Facebook page on Wednesday, TASS reported.

"It’s funny because it’s very indicative," the Spokeswoman said, adding that it is not funny because we feel pity for the Balkans. It is obvious that Washington intends to linger on them".

FARSNEWS2018/5/24
Russia: Chemical Terrorism May Spread Beyond Middle East Due to Western Connivance
TEHRAN (FNA)- Moscow stressed that the stance that the Western powers take on the issue of chemical weapons in Syria may encourage the chemical terrorism to go beyond the borders of the Middle East.

"Inciting the Syrian armed opposition to provocations of this kind may lead to a situation, in which the phenomenon of ‘chemical’ terrorism, which had emerged in the Middle East with their (West’s) connivance, goes beyond the region’s borders with all due catastrophic consequences," the Russian Foreign Ministry said, commenting on the May 17-18 meeting of the International Partnership against Impunity for the Use of Chemical Weapons, TASS reported.

The Russian side expressed hope that "sooner or later, the truth will prevail" and accusations against Russia and Syria "will backfire".

A number of NGOs, including the White Helmets, stated that chemical weapons were used in Eastern Ghouta on April 7. Representatives from the Russian Reconciliation Center for the Opposing Sides examined Douma on April 9 and found no trace of any use of chemical weapons there. The next day the Organization for the Prohibition of Chemical Weapons (OPCW) decided to deploy its experts to Syria to check reports of the possible use of chemical weapons there.

The OPCW inspectors arrived in Damascus on April 14. Several hours before the US, the UK and France had conducted a massive strike on Syria, having used reports of the incident as a pretext and without approval of the UN Security Council. According to the Russian Defense Ministry, Syrian air defenses shot down 71 out of 103 missiles launched over Syrian facilities, and three civilians were injured.

FARSNEWS2018/5/24
Russia: US Claims of Libyan Scenario for North Korea Pose Threat to Entire Region
TEHRAN (FNA)- The Russian Foreign Ministry noted that the situation on the Korean Peninsula is a problem for the whole international agenda, which occasionally becomes "turbulent".

"The fact is, when the US threatens North Korea, Pyongyang, with a 'Libyan scenario,' they threaten not only Pyongyang. They threaten everyone, the whole region. And it is based on the history of the 'Libyan scenario,'" Russian Foreign Ministry Spokesperson Maria Zakharova said, Sputnik reported.

The Spokesperson's comment referred to recent statements made by US President Donald Trump's national security adviser John Bolton who said that Washington considered Libya an example of how to handle possible talks with North Korea over its nuclear program.

The Russian Foreign Ministry's Spokeswoman stated that Moscow had planned a number of actions, aimed at settling the situation on the Korean Peninsula.

"The Korean issue should be solved in an active manner; this is what we are doing. I cannot provide details yet, but I can say that the Russian side has planned a number of actions, including contacts on the line and direction of settling the situation in the region in the context of the situation on the Korean Peninsula," Zakharova added.

In the meantime, the White House continues its preparations for the US President's planned meeting with North Korean leader Kim Jong-un in Singapore on June 12. However, Trump has stated that there was a possibility that the talks wouldn't take place.

The de-escalation prospects for the Korean Peninsula have been put at risk, when the United States and South Korea launched a two-week annual air exercise, dubbed Max Thunder, which caused Pyongyang to cancel ministerial-level talks with Seoul. Despite North Korea's warning, Seoul said that it would continue its joint military exercise with Washington.

posted by ZUKUNASHI at 23:37| Comment(2) | 国際・政治

Skripal Case 12

FARSNEWS2018/5/24
Embassy: Russian Diplomats Must Be Allowed Access to Yulia Skripal to Know She’s Not Held Forcibly
TEHRAN (FNA)- Russia’s Embassy urged Britain to give direct access to Yulia Skripal after the release of her first interview since the Salisbury attack, since there are doubts that she has been held against her will or forced to make statements.

“We are glad to have seen Yulia Skripal alive and well,” the Russian Embassy in the UK said in a statement, adding that “however, the video shown only strengthens our concerns as to the conditions in which she is being held”, RT reported.

While the release of Yulia’s interview is most welcome, it “does not discharge the UK authorities from their obligations under Consular Conventions,” Russia’s Embassy reminded.

“The UK is obliged to give us the opportunity to speak to Yulia directly in order to make sure that she is not held against her own will and is not speaking under pressure. So far, we have every reason to suspect the opposite,” the statement read.

Yulia’s speech during the interview and the written statements in Russian and English she signed have raised multiple questions with Russian diplomats.

“Judging by quite a few elements, the text was a translation from English and had been initially written by a native English-speaker,” the embassy said, adding that “the handwritten letters signed by Yulia in Russian and English confirm this impression”.

In her first video appearance since the attack, Skripal said she was “grateful” for the offers of assistance from the Russian Embassy, “but at the moment I do not wish to avail myself of their services”. She gave a written and video statement to Reuters from an undisclosed location in UK where she says she's recovering after 20 days in coma following the attack.

The Russian Embassy has not been alone in its suspicions that Skripal could have given her interview under duress. The same impression has been shared by many on Twitter, including security analyst and former UK counterterrorism intelligence officer Charles Shoebridge. Others pointed to the apparent discrepancy between the UK’s claims that Russia sought to assassinate the Skripals and Yulia’s wish to return to Russia.

"I still find it difficult to come to terms with the fact that both of us were attacked. We are so lucky to have both survived this attempted assassination. Our recovery has been slow and extremely painful,” she said, adding that "the fact that a nerve agent was used to do this is shocking. I don't want to describe the details but the clinical treatment was invasive, painful and depressing”.

Skripal stated that the ordeal had turned her life “upside down,” both “physically and emotionally”. She stressed that she was now focused on helping her father to make a full recovery, and that “in the long term I hope to return home to my country".
posted by ZUKUNASHI at 22:51| Comment(0) | 国際・政治

ラマダーンのペルシャ料理

FARSNEWS2018/5/24
Persian Cuisine for Ramadan
TEHRAN (FNA)- Ramadan is the 9th month of the Muslim calendar and is a time of prayer, reflection, fasting and self-sacrifice.

Ramadan is the 9th month of the Muslim calendar and is a time of prayer, reflection, fasting and self-sacrifice.

Ramadan is deeply followed by the Muslims in Iran. It is considered as the month to strengthen family bonds and thanking the Almighty for His blessings. Many people spend generously during Ramadan to support the needy with food, clothes and other items.

The meal consumed before dawn is known as "Sahari", which varies from family to family. Some prefer hot meals while others eat bread, jam, cheese, and eggs. Many families also consume dates and hot tea.

Iftar traditions vary widely around the world. Muslims in many countries eat dishes that are typical for their region the year round. In other countries, special dishes are particularly associated with the iftar meal.

Iranians traditionally break their fast with dates and a cup of tea or hot water. Some families combine Iftar and dinner into one meal, while others prefer a gap between the two. Tea, bread, cheese, fresh vegetables, Zulbia and Bamia (two traditional Persian sweets coated in sugar syrup), Halva, Sholeh Zard (a sweet Iranian dessert made of rice, sugar, and saffron), Ash Reshteh, and Haleem as well as various kinds of soups are commonly served during Iftar time.

Ash Reshteh

Ash reshteh (Persian Noodle Soup with Herbs) is a type of āsh (thick winter soup) made commonly in Iran. The ingredients used are reshteh (thin noodles), kashk (a whey-like dairy product), herbs such as parsley, spinach, dill, spring onion ends and sometimes coriander, chick peas, black eye beans, lentils, onions, flour, dried mint, garlic, oil, salt and pepper.

Haleem

Haleem is stew popular in the Middle East, Central Asia, and the South Asia. Although the dish varies from region to region, it always includes wheat, barley, lentils and meat. Popular variations include keşkek in Anatolia, Iran, the Caucasus region and northern Iraq; harissa in the Arab world and Armenia; khichra in Pakistan and India; and Hyderabadi haleem in southern India. Haleem is made of wheat, barley, meat (usually beef or mutton, but sometimes chicken or minced meat), lentils and spices. This dish is slow cooked for seven to eight hours, which results in a paste-like consistency, blending the flavors of spices, meat, barley and wheat.

Haleem is sold as a snack food in bazaars throughout the year. It is also a special dish prepared throughout the world during the Ramadan and Moharram months of the Muslim Hijri calendar, particularly among Iranian, Pakistani and Indian Muslims. In India, Haleem prepared in Hyderabad during the Ramadan month, is transported all over the world through a special courier service. Haleem is traditionally cooked in large, wood-fired cauldrons. Haleem is also very popular in Bangladesh, especially during the holy month of Ramadan, when it is a staple dish.

Shami Lapeh

Persian Shami Lapeh is a delicious and traditional Persian main dish. Shami is a combination of beef, yellow split peas, egg and spices. To prepare it dissolve ground saffron in 1 tablespoon of boiling water (find the How to Use Saffron under the Tips on How to... section) and set aside. Pick over the peas and remove any stones. Wash and drain. Place the peas in a pot and pour 3-4 cups water over them. Cover the pot and bring to a boil. Then reduce heat to medium-low and simmer until peas are tender (add more water during cooking, if necessary). Drain and set aside. Heat 2 tablespoons canola oil in a pot over medium heat; add the onion and sauté for 3 minutes. Increase heat to medium-high; add beef and sauté until brown on all sides. Add the turmeric, 1 1/2 cups water, salt and pepper. Cover the pot and bring to a boil. Reduce heat to medium-low and simmer until beef is tender, stirring occasionally.

Continue cooking until all liquid is absorbed. Set aside to cool to room temperature. Place the beef and peas in a large bowl; combine well. Using a food processor, grind the beef and peas mixture until smooth and soft. Add the eggs, dissolved saffron, baking powder, salt and black pepper; mix well. Taste and adjust seasonings. Take a small amount of the mixture (about 3 tablespoons) and make a small ball out of it. Flatten the ball shaping into patties, about 3/4 inch thick. Poke a hole in the center. Heat the oil in a non-stick frying pan over medium-high heat until hot but not smoking. Reduce heat to medium. Place the Shami gently in the frying pan (making sure not to overcrowd). Fry until they are cooked through and golden brown on each side (once you see that the bottom has turned into golden color flip them over). Add more oil, if necessary. Be careful not to overcook and burn them. Place them on paper towel to absorb the extra oil. Then transfer to a serving dish and garnish with fresh parsley. Serve cold or hot with bread.

Sholeh Zard

Sholeh Zard is a sweet Iranian dessert made of saffron, sugar, and rice. To prepare it, wash rice a few times until the water is clear, then drain. Add six times water and bring to a boil, removing the foam. When rice softens completely, add sugar and stir well. Dissolve saffron in half a cup of hot water and add to the mix. Heat up oil and also add to the mix. Add in most of the almonds and the rosewater. Stir well and cover. Cook in oven at low temperature for half an hour. Serve with pistachio, almond and cinnamon sprinkled on top.

Halva

Halva is a tasty dessert. To prepare it, heat oil in a frying pan until it is hot. Add flour, reduce heat and stir frequently until the mix changes colour to golden, thickens and becomes fragrant. Add sugar to one glass of water and bring to a boil. Add saffron and rosewater and stir. Let flour cool slightly, then add the mix and stir well. If the mix is not thick, heat for 1-2 minutes but not longer. Serve with crushed pistachio and almond sprinkled on top.

Zulbia and Bamia

Zulbia & Bamia is one of the favorite deserts in Iran. It is made of starch, yogurt, flour, saffron, oil, and rose water.

In order to prepare Zulbia mix starch, 2 tablespoons of sugar, and water, then add yogurt and mix well until the mixture is even and smooth. Heat oil in a pan until hot. Pour the mix through a funnel into the pan creating round lattice shapes about 5-6 cm in diameter. Turn heat down and fry fully on one side, then on the other. Mix well sugar, rose-water, and a glass of water. Heat until water comes to a boil, and the syrup thickens. Remove from heat. Soak Zulbia in the syrup for about 5 minutes, then serve.

For cooking Bamia Mix cooking oil with a glass of water and 1-2 spoons of sugar, and bring to a boil. Pour in flour and mix well. When water boils off and the mix thickens, remove from heat. Allow the mix to cool down, then add eggs and mix well until smooth. Heat oil in a pan until hot. Pour the mix through a funnel into the pan, creating flattened balls about 3 cm in diameter. Fry on both sides. Mix well sugar, rose-water, and a glass of water. Heat until water comes to a boil, and the syrup thickens. Remove from heat. Soak baamieh in the syrup for about 5 minutes, then serve.

Fereni

Fereni is a Persian pudding dessert that people make for various occasions. For some events Fereni is served cold as a dessert, while at other times it is served warm for someone who is feeling under the weather or sick. To prepare it dissolve rice flour in milk. Add sugar and rosewater. Stir regularly over medium heat until it comes to slow boil and thickens. Sprikle crushed pistachio on top and serve cold.

Shir Berenj

In Persian/Farsi language, "shir" means milk and "berenj" means rice. Placing rice, the staple of Iranian cooking, in a pot along with milk and simmering it till well-cooked with the right consistency is what this pudding is all about. To cook it, wash rice well, then drain the water. Add two glasses of water to rice and cook until rice slightly softens. Add milk and continue cooking over medium heat until the mix thickens. Add rosewater and cook for another minute or so. Add cream and serve with sugar or jam on top.

posted by ZUKUNASHI at 22:23| Comment(0) | 国際・政治

US-Led Coalition Attacks Syrian Army Positions in Deir Ezzur to Support ISIL ・・incorrect?

FARSNEWS2018/5/24
US-Led Coalition Attacks Syrian Army Positions in Deir Ezzur to Support ISIL
TEHRAN (FNA)- The US-led coalition fighter jets attacked the Syrian army positions in Southeastern Deir Ezzur in blatant support for the ISIL terrorists operating in the same region.

The Arabic-language website of SANA news agency quoted the sources as saying that the US warplanes have bombed a number of the Syrian army positions between Albu Kamal and Hamimeh.

Other reports also said that the US-led coalition has pounded 2 positions of the army in Syria's Badiyeh (desert) region near the T2 station.

They added that the airstrikes were staged as the ISIL terrorists are recruiting their forces, noting that the attacks inflicted damage on a number of structures.

The airstrikes were launched in less than 24 hours after the army units repelled the ISIL terrorists' offensives on several military points in Badiyeh al-Mayadeen in Deir Ezzur, killing several militants, including foreign terrorists, and wounding a number of others.

In a relevant development on Wednesday, the Syrian army troops engaged in fierce clashes with the ISIL in a desert-like region between Western Deir Ezzur and Eastern Homs and fended off terrorists' heavy offensive, killing or wounding a large number of the gunmen.

The army men exchanged fire with ISIL after the terrorists tired to break through the government forces' positions in Badiyeh near the town of al-Mayadeen and another Badiyeh near the villages in the Northern countryside of the town of Albu Kamal in Southeastern Deir Ezzur near the border with Iraq, and managed to repel the terrorists' heavy offensives.

Terrorists suffered tens of casualties in the failed attacks.

In the meantime, other units of the army clashed with the ISIL near an army positions near Oweiraz Dam Southeast of T3 Station in Southeastern Badiyeh of Homs, repelling the terrorists' attack after killing and injuring a large number of them.

The ISIL further retreated from the battlefield to evade more losses.

RT2018/5/24
Reports on US-led bombing of Syrian Army are incorrect – Russian military source
Overnight reports on US-led coalition strikes on Syrian Army positions are not “consistent with the reality,” according to a military source. Earlier, the Pentagon said it has no information on the operation.

Early Thursday, Syrian state media reported that US-led coalition warplanes targeted Syrian Army positions in the eastern Syrian province of Deir ez-Zor. The allegations, however, appear to not be completely accurate.

The information about the alleged attack on Syrian positions by the US-led coalition “is not consistent with the reality,” a military source said.

Shortly after reports on the attack emerged, a Pentagon spokesman said the US military has “no operational reporting” about any operation against the Syrian government.

Though the reports on the strike appear to be untrue this time, the US-led forces have repeatedly hit Syrian Army positions or allied forces. In one infamous case, a US-led strike killed 60 Syrian troops near the city of Deir ez-Zor in 2016. The US military later admitted it was a mistake.

However, that was not the only attack on pro-government forces gaining ground against Islamic State (IS, formerly ISIS) terrorists in Syria. In February, US forces launched a drone strike that destroyed a tank of the pro-government forces in eastern Syria, and earlier that month, a separate attack killed around 100 pro-government fighters. The Pentagon claimed both bombings came in retaliation for alleged attacks on the Syrian Democratic Forces (SDF) – US allies in the region.

The presence of the US contingent and its operations in Syria have not been sanctioned by either Damascus or the UN Security Council. The Syrian government has repeatedly called their presence an illegal aggression against a sovereign state.
posted by ZUKUNASHI at 22:18| Comment(0) | 国際・政治

Opposition Figure: West after Replacing Syrian Gov't with Kurds

Opposition Figure: West after Replacing Syrian Gov't with Kurds
TEHRAN (FNA)- Secretary-General of the opposition Syrian Forces Union Fajr Zeidan warned that certain western states, including the US and France, are attempting to overthrow the Syrian government in the hands of Syrian Democratic Forces (SDF).

Zeidan said on Thursday that the West is supporting the SDF politically, logistically and militarily to help them drive out the ISIL from occupied areas and gain control of those regions first.

He referred to the deployment of the French forces to support the Kurds in Syria, and said that they entered the country at the direct order of US President Donald Trump who is trying to mobilize all countries to help the Kurds and force them to interact with the SDF instead of the Syrian government to overthrow the Bashar al-Assad government.

Zeidan underlined that the French forces' activities in Syria have not been coordinated with the army and they have been deployed in the country to aid the SDF in preparation for the next phase that will include control of the Kurds on more regions than the Syrian government.

He said more foreign forces affiliated to the US-led coalition would be stationed in Syria under the pretext of fighting against the ISIL so that the Kurds can take control of the terrorist-held regions before the Syrian army.

A militant-affiliated news website reported on Sunday that the French military deployed a number of heavy weapons in the Eastern province of Deir Ezzur as they have also widened presence in regions controlled by the US-led militants in Northeastern Syria.

Orient news website reported that the French forces have deployed six artillery batteries near the village of al-Baqouz in Southeastern Deir Ezzur.

It further said that the French forces have dispatched more military equipment to Manbij, Hasaka, Ein Issa and Raqqa regions.

The website went on to say that the French forces have mainly been deployed to Tal Mashti al-Nour region South of the town of Ein al-Arab (Kobani) and Sarin region in Northern Aleppo and the town of Ein Issa and the village of Khirbet al-Ushaq in Northern Raqqa.

The French forces have recently increased dispatch of forces and military equipment from Iraq to Syria, it said, adding that tens of armored vehicles carrying French soldiers have been seen in the town of Manbij in Aleppo province, in Deir Ezzur province, in Hasaka and in other regions that are under the US-led militias' control.


posted by ZUKUNASHI at 21:25| Comment(0) | 国際・政治

サウジのクラウンプリンスMBSは死んではいないが精神的に異常をきたしている?

サウジの王位継承予定の皇太子MBSがここ1か月ほど公衆の前に姿を現しておらず、クーデターで死んだのではないかとの憶測も流れました。

2018年05月20日
サウジ皇太子MBSにやはり異変があったらしい

2018年05月18日
サウジの皇太子MBSは本当に死んだのか?

2018年05月18日
サウジの王位継承予定の皇太子暗殺か

2018年04月23日
サウジ宮殿近くで銃撃戦 土曜夜のクーデター

イランのFARSNEWSが2018/5/23に、サウジアラビアの皇族内に王国が害されないよう現国王を排除すべきとの動きがあると伝えました。ドイツに亡命している皇太子Khaled bin Farhanthe がMiddle East Eye news portalに述べた内容です。ここまでサウジ皇族内での対立、確執が強まっているのは、驚くべきことではありません。次はこのブログがここ半年間に掲げたサウジ関係のニュースです。これだけの事件や国際関係の動きがありました。見出しだけ見てもめまぐるしい動きがあったことが分かります。

2018年02月15日
ロシアとサウジの経済協力に関する既往報道

2018年02月15日
シリアから始まったロシアコールが世界に広がる

2018年02月15日
エネルギー分野のサウジ・ロシア協力スキームがまとまり湾岸地域の米国支配に楔

2018年02月15日
プーチンとサウジ国王がシリア国民対話会議の結果について電話会談

2018年01月02日
サウジ国王の異母兄弟86歳が息子の拘留に抗議してハンガーストライキ

2017年12月22日
サウジはイエメンの民間人を空爆で大量に殺害しながらリアドに届くミサイルに慄いている

2017年12月13日
ヨルダン、サウジ、エジプトは孤立する アラブ専門家

2017年11月28日
サウジの王位継承予定の皇太子が父親より極端でないということはない

2017年11月26日
サウジはイスエルとの結託のためにはパレスチナを犠牲にする構え

2017年11月24日
サウジアラビアが逮捕された皇太子やビジネスマンの拷問に米国の傭兵を使う

2017年11月10日
恐怖の王国サウジ 石油価格への影響は?

2017年11月09日
サウジアラビアは正気を失った

2017年11月08日
トランプがサウジの王位継承予定皇太子から10憶ドルの賄賂を受ける

2017年11月08日
これはびっくり サウジの皇太子がイランに政治亡命

2017年11月06日
サウジの汚職取り締まりで皇太子11人、閣僚4人逮捕される

2017年10月30日
サウジの王位継承予定皇太子はどうやって王国を根本から変えるか

017年10月06日
サウジ国王がモスクワ訪問 石油減産とテロ支援停止がセットか

2018/4/21の宮殿近くでの銃撃戦は、おもちゃのドローン1機撃墜したという当局説明にしては、何時間も銃撃の音が響いています。これ以前からMBSは暗殺を恐れ、宮殿内部でサウジ職員などと会う際にも厳重な身体検査をやらせていたと伝えられています。

MBSは、この頃からすでに精神的に病んでいたのかもしれません。汚職取り締まりを口実に皇太子11人、閣僚4人逮捕を逮捕し、米国人傭兵を使って拷問も加えていたそうです。皇室のメンバーがこの上ない辱めを受けたと感じ、殺意を抱いておかしくありません。

2018/4/21の銃撃戦以前にもいろいろMBSが身の危険を感じることがあったのではないでしょうか。MBSが精神的に異常を来せば、現国王に反対する勢力は、成果として受け止めさらに攻勢を強めるでしょう。現国王は、破綻に瀕する国家財政やモノカルチャーの限界を打破すべくロシアの協力を取り付けたりしましたが、敵対勢力は現国王とMBSの統治が国を害することを理由に上げています。

次の記事にあるようなサウジの混とん状態がいつ生ずるか分かりませんが、サウジの混乱は中東だけでなく、米国をも巻き込んで世界規模で影響を与えることは必至です。サウジから目が離せません。イスラエルの狂人とサウジ、そして米国の狂人が世界を大戦の惨禍に引きずり込む恐れはあります。

FARSNEWS2018/5/23
Saudi Royal Urges Coup to Depose King Salman, Protect Kingdom from Harm
TEHRAN (FNA)- An exiled Saudi prince has called for a coup by his influential uncles to depose King Salman and prevent the current ruling structure led by his son, Crown Prince Mohammed bin Salman, from doing more damage to the kingdom.

Prince Khaled bin Farhan, who has been awarded asylum in Germany, made the call on Prince Ahmed bin Abdulaziz and Prince Muqrin bin Abdulaziz in comments to the Middle East Eye news portal.

He asked the duo to use the influence they wield with their fellow royals as well as with the military to bring about the palace coup.

Such a change, bin Farhan asserted, was imperative to salvage the kingdom from Salman’s “irrational, erratic, and stupid” tutelage.

Saudi King Salman appointed bin Salman as the first in line to the throne in a surprise move last June that saw the monarch ousting Crown Prince Muhammed bin Nayef, who had himself replaced Muqrin in 2015.

Calling bin Salman’s meteoric rise to power into question, bin Farhan said “If King Salman had been in a good state of health, things wouldn’t have reached this stage. When we see public policy in Saudi Arabia, we can see that King Salman is completely absent from the screen or from the political scene in Saudi Arabia”.

Bin Salman, also the country’s Defense Minister, is seen as the all-powerful figure in Saudi Arabia, whose impulsive attitude towards domestic and regional affairs has fueled much unrest both inside and outside the kingdom.

Late last year, he arrested hundreds of fellow princes and businessmen in what the young prince tried to portray as an “anti-corruption campaign”, seizing a total of $100 billion in exchange for their freedom.

He is also seen as the architect of the three-year-long Saudi-led invasion of neighboring Yemen, which has killed and displaced tens of thousands, and a key proponent of maximum regional and international pressure on regional powerhouse Iran.

Under bin Salman, the Saudi regime has also been rushing towards the normalization of ties with the regime in Tel Aviv at the expense of undermining the Palestinian cause.

Prince Khaled’s comments come amid the Saudi crown prince’s mysterious absence from the public eye since heavy gunfire and explosions were reported just outside the royal palace in Riyadh late last month.

Some sources claimed that the incidents on April 21 were part of a coup led by Saudi royals who are opposed to King Salman, while other reports suggested that the shooting occurred when the palace guards targeted a small drone which approached Salman's residence.

Bin Farhan further explained that the arrest spree of the powerful figures by bin Salman has created much resentment within the royal family against the crown prince, noting that “the family feels it has been humiliated”.

“There is so much anger within the royal family” to the point that a potential evolution in the country’s ruling structure would be backed by “99 percent of the members of the royal family, the security services, and the army would stand behind them,” bin Farhan said, adding that “I have received a large number of emails from within the police and army in support of my call”.

He referred to the April 21 alleged coup attempt in Riyadh as an instance of preparedness for action against the ultra-powerful in the kingdom.

Bin Farhan contested reports that the security forces had tried to shoot down a drone during the incident, saying destroying an aircraft like that would not requires hours of exchange of fire.

He stated that “It was a shock for the entire family because prominent figures in the family were detained, in a way that held a great deal of humiliation. It was a shock for the entire family. The family is now facing the undermining of its standing in the eyes of the people. And this will inevitably undermine its legitimacy”.

Even now, those freed are being kept on a short leash, with travel bans imposed upon them all, locators fitted onto their feet in most cases, and their contacts being closely monitored, he added.

The dissident royal also lashed out against a strict rule under which the ultimate power should solely rest in the hands of the king, warning about the consequences of such a one-man show for the kingdom.

“The make-up of the state will constantly change with the personality of the king,” Prince Khaled said.

“Where is the strategic plan for the state? We need to have a clear goal that we’re working towards. And it’s the role of the king to come up with a tactical plan to help us enact these strategies,” he stated, adding that “but, with the way we’re going, our country will be late reaching them. We’re already late. We use to think that we had financial assets and educated individuals, but unfortunately the situation right now is taking us back years”.

Speaking of bin Salman, bin Farhan said “at school, he had psychological problems and I’d rather not go into too much detail, but mental health can affect someone entirely, and I can see clearly that after he came into power and the way he deals in politics is reflective of his psychological problems”.

Being treated as a non-significant ordinary prince has contributed to bin Salman’s current state of mind, he analyzed.

Bin Farhan warned that if MbS, as the Crown Prince is known, stayed in power, upheavals would follow.

“I would like to say to the Europeans that the situation in Saudi Arabia resembles a volcano that is about to erupt. If it erupts, it will affect not only the situation inside Saudi Arabia or in the Arab region but it will have an effect on you too,” he added.

“We should not forget that there are terrorist sleeper cells within Saudi Arabia, and that Wahhabi ideology” serves as the basis for the ideology of the Takfiri terrorists that “Europeans and Americans are frightened most of”.

“So, if Saudi Arabia descends into a state of chaos, there will be global chaos, and it (Saudi Arabia) will be a source of terrorism for the entire world as it will support and sustain international terrorism,” the royal said.
posted by ZUKUNASHI at 13:32| Comment(0) | 国際・政治

今日の放射能 健康被害が広がっている!

このブログには快いことは書いてありません。未成年の方、世界の不幸の現実に向き合う覚悟のない年配者の方などは他の有益なサイトへどうぞ。閲覧お断りします。
黒字は引用転載部分、青字は管理人のコメントなど
※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 
※ 
※ 
※ 
※ 
※ 
※ 
※ 
※ 
※ 
※ 
※ 
※  
※ 
※ 
※ 
※ 
※ 
※ 
※ 
※ 
※ itou kino @ItouKino氏の2018/5/23のツイート
教育目標の4領域の3つが犯罪・テロ・戦争・紛争・情
ウチの子がやっているスポーツ(ハードじゃない)でも、骨折がやたら多い
やんちゃして骨を折ったり、運動の度が過ぎて疲労骨折する子は昔もいたが、そんな感じとは違う
例えば、素振りをしただけで両足首を骨折、一年間に三度も疲労骨折、両膝の半月板が形成不良で手術待ち
親がホに無関心だからなぁ

※ s.堀越 / @shosho_1955氏の2018/5/24のツイート
教育目標の4領域の3つが犯罪・テロ・戦争・紛争・情報管理だから推して知るべしですね。CIA・KGB養成な感が。ガチです。

※ 木野龍逸 (Ryuichi KINO) @kinoryuichi氏の2018/5/24のツイート
日大会見の司会者って、共同通信の元記者なの???
そういえば福島県立医大で県民健康調査の広報責任者してるのは2人続けて日経BPの元記者で、やっぱり情報公開にひどく後ろ向きなことを思い出した。元記者だからって記者の気持ちがわかるとは限らないです。

※ 桑ちゃん @namiekuwabara氏の2018/5/23のツイート
今回の件、宮川君の勇気で思い知らされたと考える。福島県の原発問題、汚染確認で13,000cpmまでOKとする事は常識人なら普通に法的違反である事を理解できる。α線放出なし汚染管理区域4万Bq/m2以上である事も知っていながら、業務遂行する方々は日大と変らないと言う事。日本の危機知らしめた事件。

※ 玉木雄一郎認証済みアカウント @tamakiyuichiro氏の2018/5/23のツイート
日大の宮川選手、立派でした。よく正直に話をしたと思います。反則を犯した後泣いていたら、コーチに「優しすぎるところがダメなんだ」と言われたそうですが、これを聞いて、同じ年頃の子どもを持つ者として胸が苦しくなりました。優しいことは決して悪いことではない、彼を励ましてあげたいです。

※ 太一 @taichi093氏の2018/5/22のツイート
日大の殺人タックル事件。これ、若い子は自分事だと思った方がいいぞ。会社とかでも、上司が犯罪行為を指示してきたら絶対に断れ。組織のためとか、組織が守るとか言うけど、いざ露見したら彼らは組織を守るためにキミを切るからな。断って辞めさせられても未来は残るが、犯罪に未来はない。

※ 佐賀新聞2018/5/23
四国電、伊方2号機の廃炉届け出
経産相に
 四国電力は23日、伊方原発2号機(愛媛県伊方町)の廃炉決定を経済産業相に届け出た。法的な廃炉日は同日付となる。今後、施設の解体などの廃炉作業を始めるため、廃止措置計画を作り、年末までに原子力規制委員会に認可申請する予定。
 四国電の佐伯勇人社長は定例記者会見で「1号機に続いての廃炉で残念だ」と述べ、唯一残った3号機について「重要な基幹電源として安全性を高めたい」と強調した。
 また、佐伯社長は使用済み核燃料を金属容器に入れて空気冷却する「乾式貯蔵」施設の設置について、今月末までに基本計画を規制委に申請し、愛媛県と伊方町に事前協議を申し入れる考えを示した。

※ 井上純一(希有馬)認証済みアカウント @KEUMAYA氏の2018/5/21のツイート
物価が目標どおりに2%上昇し、わあ『キミのお金はどこに消えるのか』の記述書き直さなきゃあとかいう未来だったら良かったのに……そのまま出版出来てしまう悲しさ。 日銀がついに「敗北宣言」。物価目標2%を諦めるほど、日本は貧乏になっている=斎藤満 #BLOGOS http://blogos.com/outline/298439/

※ ロイター2018年5月23日 / 10:23 / 3時間前更新
アマゾン顔認識サービスの政府提供、米市民団体が中止を要請
[22日 ロイター] - アマゾン・ドット・コム(AMZN.O)の顔認識サービスを巡り、米国の40を超える市民団体が22日、移民や有色人種を不当に扱う手段として悪用されかねないとして、政府への提供をやめるよう求める書簡を送った。
同社が2016年終盤に導入した「Rekognition」と呼ばれるこのクラウド経由のサービスは、不快なコンテンツの検知や有名人の特定、公共の安全確保などにも役立つ。
ただ市民団体は、その強力な機能に懸念を表明。アマゾンのベゾス最高経営責任者(CEO)に宛てた書簡で「人々は政府に監視されることなく、路上を歩ける自由があるはずだ。米国社会における顔認識はこの自由を脅かす。有色人種を過剰に取り締まる地域では、そうした自由は事実上完全になくなりかねない」と訴えた。
書簡によると、実際にアマゾンは米国各地の司法当局の捜査を支援しているという。

※ しんちゃん @shinchann2008氏の2018/5/23のツイート
なぜこんなに配管やダクトが腐食する?欠陥部品納入?神戸製鋼、三菱マテリアルでたらめ。フランスは欠陥部品を原発に使っているとすべての原発止めて調べた。日本はやらないの?まず止めろ!「7原発12基に腐食や穴 中央制御室ダクト、規制委調査」上毛2018年5月23日  

※ 共同2018/5/23 10:36
6原発11基のダクトに腐食や穴
 原子力規制委員会は23日、全国の原発で空調換気系ダクトに腐食による穴などがないか調査した結果、一部に腐食や穴が見つかったのは6原発11基だったと明らかにした。
 原子力規制委員会によると、6原発11基は東北電力女川原発3号機、東京電力の福島第1原発6号機と柏崎刈羽3、4、6、7号機、中部電力浜岡原発3〜5号機、北陸電力志賀原発1号機、中国電力島根原発1号機。

※ Reinhard Uhrig @reinharduhrig氏の2018/5/22のツイート
Radiation Exposure on #Fukushima Highway 50: 0.35 to 6.44 μSv/h (average 2.53 μSv/h) https://dunrenard.wordpress.com/2018/05/21/radiation-exposure-on-fukushima-highway-50-0-35-to-6-44-%ce%bcsv-h-average-2-53-%ce%bcsv-h/

※ 桑ちゃん @namiekuwabara氏の2018/5/22のツイート
ぶっ壊れ原子炉内では7年経っても、核分裂は起こしている。かつ、ウラン鉱山があるようなものU235、U238、PU239などなど崩壊しラドンなど通常より多く発生させている。簡単にデプリ取出しというが細かく砕き間に冷却水が入り中性子が減速し核分裂を促進しないとも限らない。

※ 桑ちゃん @namiekuwabara氏の2018/5/22のツイート
復興語っても現実は厳しい。格納容器下手に開放するものなら放射性物質は拡散し再度皆さんは避難しなくてはいけなくなるし家も土地も更なる高濃度汚染地帯となる。双葉郡を閉鎖すれば良い物をごまかし政策原子力マネーほしがり隊が悪さし金儲け、幾ら税金投入しようがドブに捨て苦しむ事になる。

※ 桑ちゃん @namiekuwabara氏の2018/5/22のツイート
また、仙台沖地震は33年前後周期で起きている。今後も同じようなパターンで起こるだろう。後25年前後には強烈な地震が起こる確率は高い。それまで建物が持つのかも考えなくてはいけない。1〜3号機以外に共用プールに沢山の使用済み燃料がある。建屋壊れないとも限らない。双葉断層はまだ外れていない。

※ 桑ちゃん @namiekuwabara氏の2018/5/21のツイート
こうしてみると線量率(μSv/h)表示は人を騙すのには最高の値ですね。「線量率低いから安全とする」考えで「汚染がない」と思わせ、汚染食品を食べさせる。

※ 桑ちゃん @namiekuwabara氏の2018/5/21のツイート
水分含んでの測定、低く出るようですね。堆積物の厚みもありますが・・・。
熊谷採取は堆積物厚み5mm未満、表面線量率0.11μSv/h程度で8000Bq/kgありました。線量率低いから汚染なし考え事態が命取りになる事を知らない。
原発作業員でも線量低いから汚染がないと判断し汚染拡散する方多し。

※ 共同2018/5/21 19:56
睡眠障害で人身事故疑い、男逮捕
警視庁、全国初
 車を運転中に睡眠障害の影響で意識を失い、路上にいた男性に衝突してけがを負わせたとして、警視庁交通捜査課は21日、自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)の疑いで、東京都江戸川区、運送業大場雅文容疑者(60)を逮捕した。重度の眠気を催す睡眠障害の疾病を事故の原因として同法を適用し、ドライバーを逮捕したのは全国で初めて。
 逮捕容疑は1月21日午前7時5分ごろ、東京都中野区の都道で、軽自動車で運転中に睡眠障害の影響で意識を失い、相模原市の会社員の男性(40)に衝突し、左すねを骨折させる重傷を負わせた疑い。

※ NHK2018年5月21日 19時25分
愛媛県新文書 “3年前 加計氏が安倍首相に獣医学部構想説明”
加計学園の獣医学部新設をめぐる問題で、愛媛県は、3年前に柳瀬元総理大臣秘書官が官邸で学園側と面会したことに関連する県の新たな文書を21日に国会に提出しました。文書には、学園側からの報告内容として「3年前の2月末、加計理事長が安倍総理大臣と面談し、獣医学部の構想を説明した」などと記載されています。
加計学園の獣医学部新設をめぐる問題で、柳瀬元総理大臣秘書官は、今月行われた衆参両院の参考人質疑で、愛媛県今治市が国家戦略特区に提案する2か月前の平成27年4月2日に官邸で学園側と面会したことを認めました。
愛媛県は、担当者がこの面会に同行したと説明していて、参考人質疑を行った参議院予算委員会が、県に対して、面会の内容や経緯が把握できる文書を提出するよう求めていました。
これを受けて、愛媛県は、当時の資料を調べ直した結果、平成27年2月から3月にかけて作成した新たな文書が見つかったとして、21日午後、参議院事務局に提出しました。

※ ぴっち @nikapitch氏の2018/5/20のツイート
年寄りが子ども戻って良かった良かったって拍手して涙する。未来を潰している自覚ない。未来を見る、その頃には居ないから。自分の晩年が良ければ的思考に見えてしまう。色々考え方あるからで誤魔化してよい問題とは思えないが、それに大多数の人が賛同する国。私は賛同しませんとするしかない現実。

※ 民医連新聞編集部@NO WAR @minshinbun氏の2018/5/19のツイート
「夫は毎日終電、休日出勤も持ち帰り仕事もあった。亡くなった時、過労死だと思って会社に行くと、過労死じゃない、裁量労働だから、と言われた。高プロを許せば、こういうことを増やす。首相は私たちの声を聞くべきだが、会おうとしない」国会前で「高プロ」撤回求め1000人(ま)

※ 毎日新聞2018年5月20日 19時26分(最終更新 5月20日 19時26分)
福島
放射線測定、4000回不具合 監視装置8割撤去へ
 東京電力福島第1原発事故の後、福島県に設置された約3000台の放射線監視装置(モニタリングポスト)について、全面運用を始めた2013年度から5年間で、破損や故障などの不具合が計4000回近くに上ることが関係者への取材で分かった。
 原子力規制委員会によると、約3000台のモニタリングポストは、リアルタイムで空間放射線量を測定する仕組みで、子どもが集まる幼稚園や小学校を中心に配備された。運用が始まった13年度以降、実際の放射線量とは異なる高い数値を表示していたり、データ送信ができなかったりする不具合が計3955回起きたという。その度にメーカーや警備会社が対応した。
 モニタリングポストを管理する規制委は、一部地域で放射線量が下がり安定していることを理由に、20年度末までに約8割を撤去する方針。住民からは「安全や健康を軽視している」との不満が出ている。(共同)

※ mko @trappedsoldier氏の2018/5/17のツイート
我々はシンガポールでトランプ大統領との首脳会談を楽しみにしていた。しかしジョン・ボルトン補佐官は最悪の戦争屋だ。我々が誠意を見せたにも拘わらず、核を搭載するB−52が我々の上空を飛ぶ。イスラエルにガザで子どもを殺させながら、我々に「人権」を説く。我々はリビアではない! ―北朝鮮外務省

※ Holms @Holms6氏の2018/5/21のツイート
裁判員が無断欠席すると10万円以下の過料を課すことになっているが、36.4%もの無断欠席者に過料を課せられた例はゼロなのだ。裁判員制度は違憲のデパートといわれている。過料を課すために裁判になった場合、裁判員制度の違法性を指摘されると最高裁は恐れているのだ。

※ やのっち(。・ɜ・)d @_yanocchi0519氏の2018/5/20のツイート
西側の有力メディアがシリア情勢に関する情報源にしているシリア人権監視団(SOHR)へ英国外務省が、約19万5000ポンド相当の支援をしていることを同省が認めたと、英​デイリー・メール紙​が伝えている。
http://www.dailymail.co.uk/debate/article-5722499/PETER-HITCHENS-join-idiotic-war-like-feeble-minions.html

https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201805190000/
日本に流れてくる捏造情報は、ここが生成源。

※ やのっち(。・ɜ・)d @_yanocchi0519氏の2018/5/20のツイート
続》シリア人権監視団は、ラミ・アブドゥラーマン(本名オッサマ・スレイマン)なる人物が英国で個人的に設置した団体で、スタッフは一人だと見られ、その情報源は不明。シリアで戦争が始まった2011年にスレイマンは、シリア反体制派の代表としてウィリアム・ヘイグ元英外相と会ったと報道されている。

※ itou kino @ItouKino氏の2018/5/19のツイート
米屋さんが教えてくれた
昔から、福島は米の偽装が多かった
311以降、九州から産地名が入った空の米袋を注文したり、福島米を新潟へ持って行って売りさばく業者が後をたたなかった、と
今は、保管していた汚染米を飼料用とし使うよう達しが来ているらしいが、餅や煎餅に使う業者もいるかもねって!

※ 高スケキヨ @takasukekiyo氏の2018/5/18のツイート
お医者さんに
健康のために「適度な運動するように」と勧められてゴルフをしはじめたら、一発目のゴルフで心筋梗塞になり
救急搬送され亡くなった知り合いがおる。

※ Firefoxをお使いの方でユーザーインターフェース(右クリックで表示される選択肢)が英語に変ってお困りの方、次のサイトに説明があります。管理人の場合は、Firefox自動更新でそのように変わってしまいました。
のんびり屋の一言2018.04.07 Saturday 18:48
firefoxのメニューが日本語にならない

※ 中川 均 @naka8952氏の2018/5/18のツイート
この期に及んで内田監督は自らの非を認めない。「部員が勝手に誤解して動いた」
この卑怯さと自己保身、いつものアベ・麻生とウリ2つではないか。アベ・麻生路線のスポーツ版だ。あってはならない政治とあってはならないスポーツ。
両方ともとっとと消えてくれ。

※ 桑ちゃん @namiekuwabara氏の2018/5/18のツイート
トリチウム問題ね。今更さわいでも仕方ないと思うけどね。
福島第一原発さわぐなら川内原発など稼動している原発の方が排出量多いと考えますがね。いいじゃん流して今まで流していたんだから。今更止めてぶっ壊れ原発危険にさらすことはない。トリチウムは健康に良いCMやってなかった?日本国知能!

※ 桑ちゃん @namiekuwabara氏の2018/5/18のツイート
トリチウムは流しちゃ駄目という漁業関係者に言いたい。全ベータ検査しない魚売ってるよね。トリチウムはベータ線しか出さないんだよ。矛盾していないかい?自分達の都合でγ線核種しか測定していないじゃないか!β核種は安全だと思っているんじゃないの?こんな時ばかり騒ぐのおかしくないかい?

※ 桑ちゃん @namiekuwabara氏の2018/5/18のツイート
トリチウムは皮膚から体内に取り込まれる物質。ぶっ壊れ原発からじゃじゃもれしていた時、海開きして子供達を海で泳がせていたよね。トリチウム放出反対するならなぜ?ストロンチウム等濃度の濃かった時海開き反対しなかったんだよ!今更反対するっておかしいよ。子供にトリチウム散々吸収させておいて

※ the Lemniscat @theLemniscat氏の2018/5/18のツイート
Trust the US govt?

18 Feb 2010
US Under-Secretary of State Burns shakes hands with President Assad in Damascus

16 Jan 2011
Ambassador Robert Ford arrives in Syria

15 March 2011
US orchestrated "Syrian Uprising" begins

※ Kameko @kameatemygarden氏の2018/5/18のツイート
唐辛子に、血流の不均等な分布を均等にする作用があると読んだ。強力な心臓発作の薬というので、一鉢買って、キッチンの側に置いてみた。白い小さな花がたくさん付いている。家族に、心臓発作の時に使うように言う。実そのものに薬効があって、しかも火を通したら失われる。噛むしかない。
・・・東南アジアでは、食卓に唐辛子のすりおろしが置いてあってたくさん使っています。毒消しかと思っていましたが、強心効果も、一石二鳥なのかな。

※ Kameko @kameatemygarden氏の2018/5/18のツイート
最近近所のご老人が亡くなったそうで、界隈の猫の面倒を見る人がいないのかもしれない。雄たちはとても腹を空かせている様子。仕方がないな、少し引き受けるかと思うのだが、うちの猫と同じく肉をあげたら結構な出費になる?かといってキャットフード業界を支援する気はないし、ちょっと悩ましい。
・・・猫食堂開店? うちの猫もお願いしたいけど。

※ 毎日新聞2018年4月25日 19時05分(最終更新 4月25日 21時10分)
浜岡原発
堆積物「安全上重要でない」 規制委が最終評価
 中部電力浜岡原発(静岡県御前崎市)の廃棄物減容処理装置建屋で昨年5月に放射性物質を含む堆積(たいせき)物が見つかった問題で、原子力規制委員会は25日、放射性物質による外部への影響がないことなどから国際的な事故評価尺度(INES)で8段階の一番下に当たるレベル0(安全上重要ではない事象)と最終評価した。
 規制委は「運転操作を協力会社社員に依存しており、(中部電社員が)責任者としての役割を果たさなかった」と指摘した。

※ 


※ はるあき(4歳1歳男児/自営3種活動) @akiharusayamama氏の2018/5/16のツイート
事務仕事の派遣先だったお菓子工場で妊娠を告げた時、誰もが喜んでくれて「子どもがいないと、お菓子を買う未来のお客様もいなくなる。未来の顧客を産み育てる貴方を祝福できずに何が企業か」といった部長の言葉にビックリしたもんね。
その後、いろんな気遣いしてもらって産休まで働いたいい思い出。

※ Akihiro Yasui @akihiroyasui_氏の2018/5/18のツイート
日本全国10数万人にも膨れ上がってる不登校の子ども達を、なんとか学校に戻そうとするのはもう有効じゃないと思う。それより、学校に行かなくてもこんな居場所や生き方があるという「無数の可能性を見い出せる場所」を整備した方が人としても社会としても健全。海外への多様な行き方を教えるのもいい。

※ Sputnik US @SputnikNewsUS氏の2018/5/18のツイート
Only international boycott can stop #Israel's aggressive actions - Turkish analyst https://sptnkne.ws/h7gJ

※ sarah(#種子法廃止反対) @lovelovesarah氏の2018/5/16のツイート
自家採種が禁止されるのではないか、まさかと思っている人が大半だと思いますが、日本農業新聞を見て下さい。
本当に大変なことになりそうです。
(山田正彦・元農林水産大臣)

※ 


※ asuka @asuka_SGP氏の2018/5/17のツイート
韓国政府発表 スピーカ
労働法を改正します。
今年7月から週の最大労働時間、68時間から52時間へ短縮します。
一日、24時間 
8時間働く力こぶ 8時間フリータイム 8時間睡眠
この考え方が基本となります。拍手
South Korea labour law cuts working week to 52 hours @AJENews

※ Sputnik US @SputnikNewsUSの2018/5/18のツイート
.@CIA gun supplier wants to buy lots of #napalm for a mystery client - reports https://sptnkne.ws/h7qM

※ Rudaw English認証済みアカウント @RudawEnglishの2018/5/18のツイート
Gorran considers creating an armed self-defence force

※ 桑ちゃん @namiekuwabara氏の2018/5/18のツイート
また、原発派古くなればなるほど、建屋内の線量率上がるから、作業時間を短縮しなければ作業員の安全管理は図れない。まして、少子化で原発に廻る作業員も少なくなる。技術者もいなければ熟練者もいないのが現状。それで安全管理進められるわけがない。原発作業員被ばく多くなれば障害子供増える。

※ 桑ちゃん @namiekuwabara氏の2018/5/18のツイート
本当に経済産業省の方は大学を卒業してるのかな?
核燃料費、定期検査費、建設費、廃棄物処理費、廃棄物処理費、運用管理費、廃炉費をどのように計算しているのか?また、今回事故起し賠償額も生じたわけだが、それらの全てのコスト計算して10.1円以上の10.1円にするには定期検査手抜きと言う事か!

※ 


※ NMF2011 @NMFUKUSHIMA2011氏の2018/5/18のツイート
【なんと️規制当局は「希釈して流せ」と言っている怒り(ムカッ)
2018.1.11トリチウム汚染水の扱いについて 清水いわき市長:更田原子力規制委員会委員長

※ Know Your Enemy @_Fight0rDie_
"The Juwes are the men that will not be blamed for nothing."
- Jack the Ripper (aka Polish jew Aaron Kosminski) written on the wall in white chalk, above where Catherine Eddowes' bloody shawl was found.

※ ごろんごろん!(核いらん) @BoulderGorogoro氏の2018/5/18のツイート
40~50代かあ。
TV熱中層は動画に弱い。
ネトウヨ動画にコロッと騙されるのかもね。
"【日本と言う国】  「大量懲戒請求」と戦う弁護士たち、新たに小倉弁護士も…。ネトウヨ層は四、五十代、なぜ感化されるのか。その一方「弁護士会」が赤字で大変。電話で業務妨害も。"

※ Bo McCarthy @jackiemopsy氏の2018/5/9のツイート
Btw the released Korean American hostages took a flight from N Korea into Yokota Airbase. The 3 prisoners will head US from there..but since Japan has no jurisdiction within US bases, anybody can fly in/out of base, then free to walk outside the gate on foot. It's like a sieve.

※ えどすけ㉔ @puredo1氏の2018/5/15のツイート
当方産婦人科医ですが、性教育は産婦人科医が学校に出向いて良くも悪くも「現実」を教えた方がいい。実務実体験上、中3では遅い。#クロス

※ 共同2018/5/17 12:03
泊原発に放射性廃棄物の処理施設
北海道電力が計画、規制委は難色
 北海道電力が泊原発(北海道泊村)敷地内に低レベル放射性廃棄物の処理施設建設を計画していることが17日、同社への取材で分かった。4月下旬に原子力規制委員会に伝達した。北海道電によると、規制委が泊原発の再稼働に向けた審査と処理施設の新設審査を並行して進めることに難色を示しており、着工時期は未定。
 泊原発では、保守点検に伴って発生する金属やプラスチックなどの廃棄物の貯蔵施設が2024年ごろ満杯になる恐れがあるという。新たな処理施設では、低レベル放射性廃棄物埋設センタ―(青森県六ケ所村)に運ぶため、廃棄物を固化、圧縮する作業を行う。

※ nakanishi@八割れ猫 @_kazumasa_氏の2018/2/24のツイート
中東起源のユダヤ教徒が数世紀の放浪を経て白人顔になった経緯には、何としても隠したい歴史がある。
「奴隷貿易はユダヤの排他的独占分野の一つだが、オスマン帝国の時代に中流以上のユダヤ教徒は、各家庭に数人のスラブ人の性奴隷を保有していた。」
これがユダヤ教徒が白人顔になった理由である。

※ 白石草 @hamemen氏の2018/5/17のツイート
私は福島医大に頻繁に情報公開請求しているのですが、黒塗りのために残業が続くらしく、「白石さんの情報公開で残業代がかさみ、スーツが買えたけど、もうこれ以上は不要だから、開示請求やめないか?」と言われたりしとりました。黒塗り作業が不要。

※ 非一般ニュースはアカウント凍結 @kininaru2014111
GDPマイナス成長の理由、最初は野菜の値上がりと、雪で外出を控えたからとか言っていたが、今度は中古品を買う人が増えたのでマイナス成長になったというNHKの報道。いい加減なデタラメ流してんじゃないよ!実質賃金が減ってカネがないからだろうが!

※ yayoi @yayoi12333氏の2018/5/16のツイート
骨折ばかりで、貸し出す松葉杖が足りなくなりそう...
返却されたらまた貸し出し...

※ NMF2011 @NMFUKUSHIMA2011氏の2018/5/17のツイート
・県民健康調査課によると、今週から4巡目の甲状腺検査が始まったと回答。
・県民健康調査検討委員会は運営要領 http://www.pref.fukushima.lg.jp/uploaded/attachment/65129.pdf … によると今月開催の予定だが、同課は「現在調整中」と回答。
・また同課は本日までに開催告知がなければ6月1日以降の開催となるとした。

※ エリック ・C @x__ok氏の2018/5/16のツイート
またまた安倍晋三型の詐欺。
原発は「可能なかぎり低減」新たなエネルギー基本計画 TBS NEWS http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3370685.html
「原発は可能なかぎり低減」とリップサービスしながら、実は原発の電源比率の数値目標は全く変えない原発推進の基本計画。またまたの安倍晋三型 詐欺。

※ 朝日2018年5月16日18時49分
原子力機構研究所の地下坑道で火災 けが人なし 岐阜
 16日午前10時半ごろ、岐阜県瑞浪市明世町山野内の日本原子力研究開発機構・瑞浪超深地層研究所の地下200メートルにある研究坑道で火災が発生した。約1時間後に鎮火したが、坑道の壁面が幅1メートル、高さ1・3メートルにわたって焼けた。けが人はいなかった。警察と消防が詳しい原因を調べている。

※ きむらとも @kimuratomo氏の2018/5/16のツイート
西村官房副長官「米韓合同軍事演習は、日米共同の訓練および日米韓3か国の安全保障・防衛協力とならぶ、重要な抑止力の柱である」
このタイミングで米韓軍事演習やることの方が理解不能。日本もバカだな。「米韓は慎重に行動を」くらいは言って蚊帳の中に入る努力をしろよ。

※ 共同2018/5/17 12:32
歌手の西城秀樹さんが16日に死去したことが17日、分かった。63歳。広島市出身。

※ 木野龍逸 (Ryuichi KINO) @kinoryuichi氏の2018/5/16のツイート
ハドルマガジン、組織的だったことを明らかに。
あの選手はQBを「壊すためだけ」に出場機会を与えられていたと。何てこと。
これ、ほんとに廃部も否定できないな。。。

ハドルマガジン日大蛮行プレーは監督とコーチの指示 複数関係者が証言
5月6日に行われた日本大学対関西学院大学の一戦で発生した日大選手による相手を傷つけるような蛮行プレーは、監督の指示であったことが弊誌の独自取材で判明した。
以下は複数のチーム関係者から得た証言を整理したものだ。
「試合に出場したかったら、1プレー目で相手のQBを壊してこい」
日大・内田正人監督が反則をしたDLにそう指示したのは試合前日だった。『壊してこい』というのは、『負傷をさせろ』という意味だ。当該選手は1年生の時から主力選手で、2年時の昨年も大活躍をしていたが、今年は試合出場機会こそ与えられていたものの干されており、精神的にはかなり追い込まれた状態だった。

※ 木野龍逸 (Ryuichi KINO) @kinoryuichi氏の2018/5/17のツイート
「ありえない」のは、この事態になっても監督本人が出てこないで広報対応で済ませようとしているところ。忙しいから公の場に姿を見せないっていう広報の言い訳こそ、ありえない。→悪質タックル問題 監督指示は「あり得ない」日大が全否定(デイリースポーツ)Yahoo!ニュース

※ 次のリンクはぜひお読みください。二桁出ています。
秋田放射能測定室 @metabokenopapaの2018/5/11のツイート
これも最近の中ではびっくりするような食材(自分用メモ) 2015年水揚げ 千葉県産 ぶりロイン https://beguredenega.com/archives/14885 @metabokenopapaさんから

※ 桑ちゃん @namiekuwabara氏の2018/5/15のツイート
浜岡原発は、南側に2本割れ目がグーグルアースでも確認できるでしょう。これが断層でなければ良いが、深くなっているから沈むのか分りませんが、いずれ南海地震などあれば影響は大きいでしょうね。菅直人氏が止めさせた事は正解だったでしょう。使用済み燃料全て片付けておいた方が身のためかと。

※ Sputnik US @SputnikNewsUS
Russian doctors create high-tech drug with amazing #cancer-killing properties https://sptnkne.ws/h6fp #health

※ NMF2011 @NMFUKUSHIMA2011氏の2018/5/16のツイート
福島県いわき市 http://www8.cao.go.jp/genshiryoku_bousai/fu_koukai/pdf_2/039_040.pdf … P3より一部引用:配布後、国の機関から、恐らく総務省だったと思うが、勝手に配ったことに対してお叱りの電話を受けた。

※ NMF2011 @NMFUKUSHIMA2011氏の2018/5/16のツイート
【内閣府】政府事故調査委員会ヒアリング記録 http://www8.cao.go.jp/genshiryoku_bousai/fu_koukai/fu_koukai_2.html

※ 桑ちゃん @namiekuwabara氏の2018/5/15のツイート
若者よ貴方達のお爺さん世代はこのような考えで原発を推進している。
若者よ、貴方達の不幸はこのような方によって生まれた。貴方達の将来像など考えていない方ばかりの原発推進!よく読め
「(放射能の汚染で)50年後、100年後に生まれてくる子供がみんな障害者でも心配する時代ではない」と結んだ。

※ 桑ちゃん @namiekuwabara氏の2018/5/15のツイート
今でも、福島県のスクリーニングレベルは13,000cpmである。原発管理汚染区分Dで作業する場合、酸素ボンベを背負っての作業レベル。これを容認して仕事している方も、この人と何ら変わりはない。Cs合計食品基準100Bq/kgドラム缶詰め管理区域保管容認もね。醜い心だよ。

※ 桑ちゃん @namiekuwabara氏の2018/5/15のツイート
更に、2011年3月11日の事も思い出してご覧。地震発生後東京電力は、夕方6時には社員家族用避難バス手配しその日の内に逃がしている。それ以外の情報を知らない人は置き去りである。1号機爆発してやっと何km避難や屋内避難である。1号機爆発の灰を被った方もいる。原発人の醜さ、非人道的行い分かる。

※ エリック ・C @x__ok氏の2018/5/15のツイート
質問通告をされていないなどと首相が怒るというのはどういうものだろうか。質問通告はより深く答えてもらう為にするものであり、質問通告が事前に出されていなくても調べなければ深くは答えられないと断った上で、知っている範囲内で答えるのが普通あるべき姿ではないだろうか。

※ エリック ・C @x__ok氏の2018/5/15のツイート
正義は価値を持たない。そういう社会になってしまった。正義を主張するものは逆に社会の平和を乱すものだと言われてしまう。「忖度」とか言うけど、その言葉で説明してはいけないと思う。みんなそれぞれが不正義だと知っていても自分や自分らの小さい利益を守ろうという方向に動いているだけの社会だ。

※ 渡辺輝人 @nabeteru1Q78氏の2018/5/14のツイート
安倍首相って、秘書官からも報告受けないし、財務大臣・財務省からも報告受けないし、防衛大臣・防衛省からも報告受けないし、どうやって政治やってるんだろうね。というか、ここまで「報告を受けてない」が続くと、普通は嘘ついてると思うよね。

※ すみちか @chikasumi3氏の2018/5/15のツイート
子供が産まれるまで電車内でベビーカーに荷物乗せて子供を抱っこ紐で抱っこしてる人、すごい場所取ってるな!ベビーカーいらないじゃん!って思ってました。子供ができてわかったけど、子供は結構ベビーカーへの乗車拒否が多くて、うちはほとんどそういう状態で移動を余儀なくされています。

※ 


※ aoi sora‏ @4023Sora氏の2018/5/14のツイート
「野党にとって政権潰しが唯一の目的」、その通りよ。お友達に学校をプレゼントしたり、夫人の知人に国有地を格安販売するような人は、総理を辞めてもらわないと、日本はシロアリ夫婦に喰い荒らされているのよ。こんな政権は打倒しないといけない、日本の国益を守るために、当たり前よね。

※ 大下賢一郎 @kemuchiman氏の2018/5/15のツイート
安倍には呆れ返るけど、いまだに安倍を容認している日本社会にも呆れ返ります。

※ いちゃもんサチエ @bettybeat氏の2018/5/14のツイート
何度かツイートしているけれど、幼稚園から高校までNYで育った友人のお嬢さん(高校は進学校だったとか)やっと家族で帰国となり日本の某超有名大学に入学したのだが「皆、政治の話もしないし会話が幼稚過ぎて通いたくない」と毎晩泣くので、米の大学に入学し直したらしい。
結構ショックな話だった。

※ 外務省サイト
太平洋・島サミットは,太平洋島嶼国が直面する様々な問題について首脳レベルで率直に意見交換を行い,地域の安定と繁栄に貢献するとともに,日本と太平洋島嶼国のパートナーシップを強化することを目的として,1997年から3年に一度開催されている首脳会議であり,これまで7回開催されています。
 第8回太平洋・島サミット(PALM8)は,2018年5月18日及び19日に福島県いわき市で開催されます。

※ 桑ちゃん @namiekuwabara氏の2018/5/14のツイート
原発収束作業なんてものは、自民党議員や経済産業省や原発軍団、放射能安全軍団にやらせればよい。保障もしなければ無責任な業界に命預けてもなんもならんわい。折角育てた子供を、こ汚い原発マネー軍団に預けて殺されてたまるか!!!原発軍団はゴルフ三昧、税金で遊んでる。

※ p @OdNezu氏の2018/5/14のツイート
「悲しい時代だ。人々は神も地獄も信じなくなったが、見たこともないガス室は信じきっている」と言うツイートのためにフランス・リヴァロル誌編集長ジェローム・ブルボンさんは2016年に<人道に対する罪の否定罪>と<憎悪煽動罪>の有罪判決を受けた。

※ Facts are “Antisemitic” @Israel_Owns_USA氏の2018/5/15のツイート
They had fun with me. Gave me a 12 ban but it was actually a full suspension. Why? Because I politely tried to help someone out by sending them links which correctly debunk official narratives. (((Hate Speech)))

※ AERAdot. 猿田佐世2018.5.14 07:00
トランプ氏が開けたパンドラの箱「核拡散ドミノ」を誘引する安倍政権
連載「不都合な日米の真実」
「イラクの核開発の可能性が騒がれる中で、中東でイラクとの覇権争いをしているサウジアラビアが、イランの状況をにらみながら自らもその可能性を模索していると言われています。」
・・・イラクはイランの間違いだろう。イランの核開発の可能性を主張しているのはネタニヤフのみ。世界の核不拡散の弱化について論じるならイスラエルの核保有についても言及が必要では? イスラエル問題がすっぽり抜けている。「核拡散ドミノ」を誘引する安倍政権と言えるだろうか。この論考は「言われている」、「考えられる」が多すぎる。

※ 女王の教室 @kazumyagu2氏の2018/5/14のツイート
天木直人氏「産経新聞がスクープ報道した。米国が日本に対イラン制裁強化へ参加しろと要求しているというのだ。これだけは応じてはいけない。こんどこそ日本は米国・イスラエルとイランの戦争に巻き込まれる。日本をこれ以上不幸にする前に、安倍首相は一日もはやく腹痛でも起こして辞めるべきだ」

※ 収容者友人有志一同(SYI) @SYI_pinkydragon氏の2018/5/14のツイート
たった今、13時10分ごろ、茨城県の牛久入管の収容者から電話。5Bブロックで一人が自殺を図り、病院に搬送された。容態など詳しいことはまだ不明。「(先月にインド人男性クマルさんが自殺で亡くなってから)1か月もしないのにまた起きた」「(収容施設の)みんな、もう限界だ」「助けてほしい」。

※ the Lemniscat @theLemniscat氏の2018/5/14のツイート
It is US who is guilty of using chemical weapons in Syria
In 2015, despite promising not to use depleted uranium weapons on the battlefield in Syria, US fired 5,265 armor-piercing 30 mm rounds containing depleted uranium
1 http://foreignpolicy.com/2017/02/14/the-united-states-used-depleted-uranium-in-syria/
2 https://www.youtube.com/watch?v=3xDQ1TWBfNI

※ Mihai Rissdörfer @MihaiRissdorfer氏の2018/5/14のツイート
because depleted uranium kills even after 20 years. See for example Serbia!

※ CNBC2018/5/14
A nuclear deal with the Saudis is a good thing, says former GOP leader Eric Cantor
Saudi Arabia has been in negotiations with the U.S. and other countries for several years in pursuit of a nuclear energy partnership, with the stated aim of diversifying its energy base.
Riyadh has found a willing partner in the Trump administration, which has signaled far greater support for a deal than its predecessors.
Months of escalating tensions between the kingdom and its regional arch-rival Iran have raised the stakes for any future nuclear plans.

※ Masato IDA & リケニャ @miakiza20100906の2018/5/14のツイート
規制委 | 長野県 消防防災航空センターで放射性同位元素が所在不明 http://www.nsr.go.jp/activity/bousai/trouble/houkoku/00000117.html
 トリチウム線源(136.9 GBq)が内蔵された非常口表示板 1個。2017年3月に墜落したヘリコプター「アルプス」に装備されていた8個のうち、1個が所在不明になっているとのこと。

※ oops @ogatti7氏の2018/5/14のツイート
鹿児島、川内(せんだい)原発でのボーリング調査では、ボーリングしたコア地質が悪いため、関係ない場所でボーリングした「コア」への差替が行われた。
http://hunter-investigate.jp/news/2014/01/post-447.html

※ 徳島新聞 2018/5/14 16:02
玄海原発4号機の再稼働延期へ
 九州電力は14日、佐賀県の玄海原発4号機に関し、早ければ24日に再稼働するとした原子力規制委員会への申請を取り下げたと発表した。1次冷却水を適切に循環させるポンプに不具合があったためで、再稼働の延期は必至。

※ 東京新聞2018年5月14日 17時43分
原発立地自治体が国に要請 「新増設の将来像を」
 原発立地自治体でつくる全国原子力発電所所在市町村協議会は14日、東京都内で定例総会を開き、原子力政策について、原発の新増設や建て替え、核燃料サイクルの具体的な将来像を示すよう国に要請した。
 会合で、会長の渕上隆信・福井県敦賀市長は、国が4月に示した新しいエネルギー基本計画の骨子案に新増設が盛り込まれていない点に関し「将来を見据えた原発のあり方が不透明なままで、立地自治体は振り回されている」と批判した。各自治体からは、電力の安定供給や温室効果ガス削減のため原発は必要だ、などの意見が出た。

※ 一井唯史(元東電 賠償 労災申請中) @ichii_tadafumi氏の2018/5/13のツイート
うつ病あるある
脳疲労から寝ている時間が多いため
身長が伸びる
私の場合は3センチも高くなり、人生初の180cm超えを体験
寝る大人も育つ

※ 中国の婦人がチベタン・マスティフ(チベット犬)の子犬と思って育てていたら、体重200kgの絶滅危惧種のアジア黒熊になった話。

※ HIRO(日本に生まれて・・・) @hsggg氏の2018/5/14のツイート
安倍晋三の犯している悪行は「ナチスの手口」その物で、自民党の選挙マニュアル本にヒトラー「我が闘争」を使っていることも判明している。こいつの周りでセクハラやパワハラを犯している人間が多いのも、異常な政府が背景にあるからこそだ。膿の元はこいつで、早急に摘出しなければ日本は腐っていく。

※ 桑ちゃん @namiekuwabara氏の2018/5/14のツイート
知ったのでは?原発壊れると金になるという事を!だから、欠陥原発動かすのではないでしょうか?爆発させても刑事責任はないし、メーカー訴えられることも無い。処理負担は税金だし。放射能は安全で済む様だし、何でもあり日本の馬鹿さ加減いい加減飽きたけど世界の廃棄物処理列島にするつもりでは。

※ Reuters May 10, 2018 / 4:31 PM
Exclusive: PGE picks Baltic wind over nuclear as Poland embraces green power
WARSAW/GDYNIA (Reuters) - State-controlled PGE (PGE.WA) has abandoned its leading role in plans to build Poland’s first nuclear power station as it focuses on new wind farms in the Baltic Sea, two sources said.
Two other sources said state-run refiner PKN Orlen (PKN.WA) could take on PGE’s role.
PGE, the largest Polish power group, announced a nearly $10 billion offshore wind project in March but has also been responsible for the nuclear project.
Both plans are part of a major change in Polish policy. Coal mining provides around 80 percent of its energy and thousands of jobs but makes it one of Europe’s biggest polluters.
The government promised to defend coal from competition but has been forced to look for alternatives to fill an electricity shortfall and to meet European Union emissions targets.
One source said PGE could not fund both projects and cheap technology had swung the decision in favour of wind. PGE could still play a smaller role in the nuclear project which has been delayed and still needs government approval.
“PGE cannot afford both - offshore wind and nuclear. The decision was taken to go for offshore,” the source said.
A government source also said that PGE would focus on offshore. A spokesmen for PGE declined to comment.

※ 産経新聞5/13(日) 7:55配信
北、核実験場23〜25日廃棄 現地取材、日本は除外
 【ソウル=名村隆寛】北朝鮮外務省は12日、北東部の豊渓里(プンゲリ)の核実験場を廃棄する式典を、今月23〜25日の間に行うと発表した。朝鮮中央テレビなど北朝鮮メディアが報じた。
 発表によると、式典では核実験場全ての坑道を爆破し、入り口を閉鎖する。その後、地上の観測施設や設備を撤去し、周辺を閉鎖するという。
 式典は気象条件を考慮するとし、実験場廃棄の透明性を示すために、外国メディアの現地取材を許可する用意があるとしている。取材の便宜を図るため、北京からのチャーター便の準備もあるという。外国メディアは中国、ロシア、米国、英国、韓国に限定し日本は含まれていない。
 核実験場の閉鎖について北朝鮮は「5月中の閉鎖」や、米韓の専門家、メディアへの公開を表明していた。6月12日に予定される米朝首脳会談に向け、核凍結、廃棄の姿勢をアピールするものとみられ、外国メディア受け入れ名目の外貨獲得の狙いもうかがえる。
 核実験場は坑道入り口がふさがれても、全体を爆破しない限り、簡単に復元できる。このため、核実験場の廃棄式典は海外に核放棄を示すパフォーマンスの場となる可能性もある。

※ 


※ タリスカー @c3h4o31氏の2018/5/10のツイート
そうかと思えば、子ども思いのママに、内部被曝の話をしたら「興味ありませんっ!」とピシャリ言われたこともあった。そのお宅は電力会社勤務。
思うに、人は客観的な指標やデータでさえも、自分の寄って立つ世界が壊されないよう、取捨選択して思考を構築してるのね。本当はもう壊されてるのに。

※ 福井新聞2018年5月11日 午後4時11分
核燃料搬出9年延期を認可
ふげん廃炉で規制委
 原子力規制委員会は11日までに、廃炉作業中の新型転換炉ふげん(福井県敦賀市)で保管している使用済み核燃料について、2017年度としていた搬出完了時期を9年遅らせて26年度とする日本原子力研究開発機構の申請を認可した。認可は10日付。機構は12年にも搬出完了時期を5年先延ばししており、延期は今回で2回目。
 規制委は「(申請では)使用済み燃料は全量搬出するまで燃料プールに貯蔵するなど、審査基準に照らして適切に管理されることが示されている」としている。

※ asuka @asuka_SGP氏の2018/5/11のツイート
旗(祝日・日の丸) 安倍昭恵「誘拐殺人犯・野間裕司」と記念写真 ショッキング
4月上旬、愛知県名古屋市の20代の男性を誘拐したとして、男5人が愛知県警に逮捕された。うち2人は、4月26日に死体損壊の容疑で再逮捕。犯行は、被害者の遺体をドラム缶で焼却するという残虐な手口で行われた。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180511-00010000-friday-pol

※ 木野龍逸 (Ryuichi KINO)@kinoryuichi氏の2018/5/11のツイート
‏本気で言ってるとしたら、ひどい無責任。「首相案件」も愛媛県知事が明確に肯定してるし、柳瀬氏が首相の名をかたって案件を進めたことになりかねない。そんなことあったら、腰が抜けるほど驚くよー(゜Д゜)
→報告なし「問題ない」=安倍首相:時事ドットコム

※ ハル @esmhal氏の2018/5/11のツイート
<核のごみ>最終処分場選定説明会、大阪で本格再開(毎日新聞) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180510-00000133-mai-soci … @YahooNewsTopics
動員しなかった結果、約200人収容可能の会場に一般参加者は16人とまばら。電力会社やNUMOの関係者ら8人は一般参加者に紛れないよう別席に座り発言はしなかった。

※ NHKNEWS2018年5月11日 10時52分
湯川秀樹博士 ビキニ環礁の漁船ひばく 日記が初公開
日本人初のノーベル賞受賞者で、核兵器廃絶に取り組んだことで知られる物理学者の湯川秀樹博士が、昭和29年に太平洋のビキニ環礁で行われた水爆実験で日本の漁船が被ばくしたことについて記した日記が、初めて公開されました。
公開されたのは、ノーベル賞受賞から5年後の昭和29年、47歳の時に湯川博士が書き残した日記の一部です。
京都市左京区にある京都大学基礎物理学研究所の湯川記念館史料室が初めて公開しました。
日記には、水爆実験のおよそ2週間後の3月16日の日付で、「水爆実験による真っ白な灰を被ったマグロ漁船第五福竜丸帰港、火傷の傷害を受けた乗組員を診断水爆症と推定」と記されています。

※ Walid @walid970721氏の2018/5/11のツイート
The UK house of commons is a joke. Theresa May is a clown. In response to the US stopping the funding of the Al-Qaeda affiliated jihadi "first responders" #WhiteHelmets, Theresa promises to continue funding the terrorist propaganda outfit. You can't make this shit up 熱#Syria

※ 静岡新聞(2018/5/11 07:41)
事前了解明記、必要ない 知事、浜岡安全協定で見解
 東京電力福島第1原発事故後に政府要請で中部電力浜岡原発(御前崎市佐倉)が全炉停止してから7年になるのを前に、川勝平太知事は10日の定例記者会見で、中電と県が地元4市、周辺7市町とそれぞれ締結している安全協定は実質的に事前了解権が担保されているとして、事前了解規定を明記する必要はないとの見解を示した。
 東海第2原発(茨城県東海村)の再稼働に際し、東海村のほか周辺5市に事前了解権を拡大、明記した安全協定が結ばれたことに関する質問に答えた。
 川勝知事は、中電と県、4市の協定について「安全確保のために情報を提供してもらうことになっている」と実質的な事前了解が担保されているとの認識を示し、「議論した上で今日の協定内容になった。この話は終わったと思っている」と述べた。周辺7市町の実質的な事前了解も4市に準じているとした。
 再稼働については、川勝知事は従来、使用済み核燃料の保管・処理方法が未確立であることを理由に「再稼働できる状態にない」との姿勢を示していて、「(今も)考えは全く変わりない」と明言した。
 ■対象範囲など4市協議へ
 掛川市の松井三郎市長は10日の定例記者会見で、中部電力浜岡原発(御前崎市)の再稼働に向けた事前了解のあり方に関し、地元4市(御前崎、掛川、牧之原、菊川)でつくる浜岡原発安全等対策協議会(4市対協)の枠組みで、近く事務レベルの協議を始めると明らかにした。
 4市の担当課長ら職員による会合の中で、御前崎以外の3市も事前了解の対象になりえるか、全国的な動向や政府の考え方、各市の立場を整理しながら検討していく。
 茨城県の東海第2原発をめぐり、周辺自治体も再稼働への事前了解の対象とする安全協定が3月に締結された例を受け、浜岡原発の周辺自治体の首長から同様の検討を求める意見が相次いでいた。
 松井市長は「どのような結論になるか分からないが、まずは問題点をしっかり検討し、市長レベルの話し合いにつなげられれば」と述べた。

※ 河北新報2018年05月11日金曜日
<女川原発>有毒ガスの防護評価手法に疑問 2号機審査で規制委指摘
 原子力規制委員会は10日、東北電力女川原発2号機(宮城県女川町、石巻市)の新規制基準への適合性審査会合を開き、東北電が有毒ガス防護について評価結果を示した。規制委は評価手法などに疑問を示し、改めて回答を求めた。
 東北電は米国の評価基準に基づき、敷地内で有毒ガスの発生源になり得る化学物質を抽出。建屋などに輸送するハロンが放出しても濃度は基準値を下回るとし、敷地外の工場から放出されるケースを含め、中央制御室や緊急時対策所の社員に影響はないとした。
 規制委の担当者は「米国基準で一律に抽出するのは女川固有の状況が反映されず、妥当ではない。化学物質の拡散形態も含め多くの疑義がある」と指摘し、改善を求めた。
 有毒ガス防護は昨年5月に新規制基準に加わり、今回が全ての原発で初の審査となった。東北電は内部火災対策で耐火実験の結果も示したが、継続審査となった。

※ 但馬問屋 @wanpakutenshi氏の2018/5/10のツイート
柳瀬氏ら 参考人質疑
柳瀬氏
「誠心誠意、一生懸命、答弁したつもり」
愛媛県 中村知事
「どうしてすべて正直に言わないのか、わからない。担当職員は一生懸命一言一句漏らさず報告したいと…」
総理を守る為にエリート役人たちが次々と国会でウソを吐く呆れた国に堕ちたな。

※ 


※ 黄龍 @tanpinsan氏の2018/5/11のツイート
・電力配電所で働く男性に精力減退症状や神経
・心臓に障害を持つ人が多い。
・小児白血病が通常の3倍の発病率
等々
電磁波がどのように生体に影響をおよぼすのか、その仕組み☞ http://blog.sizen-kankyo.com/blog/2013/11/001414.html?g=131207 … #自然の摂理

※ FNNPRIME2018年5月10日
「なぜ日本は直接言ってこないのか」金委員長 拉致問題で発言
4月27日の南北首脳会談で、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長に日本人の拉致問題を提起した際、金委員長が「なぜ、日本は直接言ってこないのか」と語っていたことが、FNNの取材で明らかになった。
政府関係者によると、南北会談で文大統領から、日本が拉致問題の解決を求めていることを伝えると、金委員長は「韓国やアメリカなど、周りばかりが言ってきているが、なぜ日本は、直接言ってこないのか」と語ったという。
拉致問題に関する金委員長の発言が明らかになるのは、これが初めて。
この発言は韓国側から伝えられたもので、政府は、金委員長の発言の真意を慎重に見極めることにしている。
政府は、近く行われる見通しの米朝首脳会談のあと、年内の日朝首脳会談を目指して調整を本格化させる考えだが、金委員長の発言を受け、拉致問題についても水面下の交渉が進む可能性がある。

※ 朝日2018年5月10日21時43分
大飯原発4号機で警報、出力上昇を中断 前日に再起動
 関西電力は10日、大飯原発4号機(福井県おおい町、出力118万キロワット)で、蒸気発生器の水位の低下を知らせる警報が鳴ったと発表した。警報はすぐに停止したが、出力の上昇操作を中断した。周辺への放射線の影響はないという。4号機は9日に再起動したばかり。
 関電によると、警報が鳴ったのは10日午後5時38分。警報の停止後に機器を確認したところ、蒸気発生器の水位は規定値内で、プラントにも異常はなかったという。しかし関電は午後5時から実施していた原子炉の出力を上昇させる操作を中断。念のため水位に問題がないかや、警報の回路や配線、電圧などに異常がないかを点検しているという。問題がないことが確認できれば、出力の上昇操作を再開させ、予定通り11日夕から発電・送電を始めるという。

※ 共同2018/5/10 16:12
大川小の津波訴訟、市と県が上告
事前防災の適否焦点、宮城
東日本大震災の津波で児童74人が犠牲になった宮城県石巻市立大川小の訴訟を巡り、市と県は10日、震災前の防災体制の過失を認めて賠償を命じた仙台高裁判決を不服として、最高裁に上告した。津波の予見可能性や事前防災の適否について、最高裁がどう判断するかが焦点となる見通し。
 石巻市議会は今月8日、亀山紘市長が提出した上告関連議案を賛成多数で可決。これを受け村井嘉浩知事も、県議会の議決を経ない専決処分で上告すると決めた。
 高裁判決は、学校は危機管理マニュアルに避難場所や経路を定めず、市教委も是正させなかったとして組織的過失を認め、約14億3600万円の賠償を命じた。

※ 


※ M&Aonline 2018-03-30
国内原発の8割が消える? 「 伊方廃炉ショック」の真実
四国電力<9507>が2018年3月27日に臨時取締役会を開き、愛媛県伊方町の伊方原子力発電所2号機(56.6万キロワット)の廃炉を決めた。東日本大震災に伴う東京電力ホールディングス(HD)<9501>福島第1原子力発電所事故を受けて定められた新規制基準を満たすには「1900億円に近い」(佐伯勇人四国電力社長)安全対策投資を必要とし、採算が合わないと判断した。原発の廃炉は福島第1原発を除いて9基目となるが、「廃炉ラッシュ」はこれからが本番だ。
80%の原発が姿を消す可能性も
(中略)
全国に60基ある原発のうち、稼働中あるいは稼働できる状態にあるのはわずか5基。原子力規制委員会の許可を受けたが再稼働していないのが9基、審査中で許可が降りていないのが12基。いまだに再稼働申請していないのが17基、廃炉が決まったのが17基ある。

再稼働を申請していない原発17基の多くは古くて出力も小さいので、いずれ廃炉になる可能性が極めて高い。廃炉決定済の17基と合わせて34基が消える公算が大きい。申請中で未許可の12基の中にも活断層が近くにあって廃炉になるものも出てくるだろう。

※ social action lab 2018年4月28日 20時59分更新
学校の「指導しました」は信用できるのか 保護者インタビュー
「指導」はけんか両成敗
何度も学校と直談判
加害者の親にも「解決」求め
 桜が満開に咲き誇る暖かい昼時、埼玉県内の喫茶店で記者は女性と向き合っていた。「学校任せにしてはいけない、親が動かないと」。公立小学校に長男を通わせる40代の女性は我が子がいじめられていた当時を振り返り始めた。【鷲頭彰子】

※ asuka @asuka_SGP氏の2018/5/10のツイート
東電裁判 地震学者「対策すれば事故起きなかった」
福島第一原発事故を巡る東京電力の旧経営陣の裁判で、地震学者が「予測に基づいて対策をしていれば、事故は起きなかった」と証言した怒り(ムカッ)

※ テレビ朝日2018/5/10(木) 8:01配信
東電裁判 地震学者「対策すれば事故起きなかった」
福島第一原発事故を巡る東京電力の旧経営陣の裁判で、地震学者が「予測に基づいて対策をしていれば、事故は起きなかった」と証言しました。
 東電の元会長・勝俣恒久被告(78)ら3人は、第一原発が津波で浸水して爆発する可能性を予見できたのに、対策を怠って死傷者を出した罪に問われています。9日の裁判に出廷した地震学者の島崎邦彦東京大学名誉教授は事故の前の2002年に、福島県沖などでの巨大地震を予測した「長期評価」を取りまとめました。それをもとに東電は15メートルを超える津波が第一原発を襲うと試算したものの、津波対策は先送りしていました。島崎名誉教授は裁判で「対策をしていれば、原発事故は起きなかったと思う」と証言しました。

※ 非一般ニュースはアカウント凍結 @kininaru2014111氏の2018/5/9のツイート
NHKが横田基地と北朝鮮の直行便があることを報道。

※ TBS2018/5/10
日立の英原発計画、電力買い取り 市場価格の1.6倍要求
 「日立製作所」が進めるイギリスでの原発建設計画をめぐり、「日立側」がイギリス政府に対し、電力の買い取り価格を最低でも市場価格のおよそ1.6倍にするよう求めていることが、JNNの取材で明らかになりました。
 「日立製作所」は子会社を通じてイギリスに2基の原発の建設を計画していて、全部でおよそ3兆円の費用が必要だと見積もっています。ただ、正式な契約に向け、イギリス政府側と出資の割合や電力の買い取り価格などで折り合いがつかず交渉が難航しているため、「日立」の中西会長が今月3日にイギリスのメイ首相と詰めの協議を行いました。
 こうした中、「日立」側が電力の買い取り価格を最低でも1メガワット時あたり85ポンド、日本円にしておよそ1万2600円にするようイギリス側に求めていることがJNNの取材で分かりました。これは現在のイギリスの市場価格のおよそ1.6倍にあたります。
 「日立」とイギリス政府は今月末までの合意を目指していますが、財政の悪化が懸念されるイギリスが態度を硬化させれば、交渉は白紙となる可能性もあります。
・・・こちらが問題点を指摘している。毎日の報道は中身がない。

※ 毎日新聞2018年5月9日 08時00分(最終更新 5月9日 08時00分)
英国
日立原発に英政府保証 借り入れ全額、日本側に提案
日立製作所が英国中部で計画する原発新設プロジェクトをめぐり、英国政府は、事業に必要な借り入れの全額を債務保証する案を日立側に提示した。これまで邦銀からの借り入れは日本政府が債務保証する方針だった。日立から支援強化を求められていた英政府が、資金面での関与強化を示した格好だ。これを受け、日立は月内にも投資継続を判断するとみられる。
 日立の中西宏明会長と英国のメイ首相は3日、ロンドンで会談し、政府支援を巡って協議した。英国側は債務保証を含めた支援の意向を伝えて事業遂行を求めた模様だ。
 日立は2012年に英原発会社を買収し、20年代半ばの稼働を目指して原発建設計画を進めている。関係者によると、事業費の総額は3兆円程度を見込み、これまでの交渉では約2兆円を両国の金融機関からの融資で、残る約1兆円を日立と両国政府・企業の出資でまかなう案が検討されている。
 融資には、日本から三菱UFJ銀行など3メガバンクと政府系の国際協力銀行が参加する予定で、従来は政府全額出資の日本貿易保険が3行の融資を債務保証する計画だった。しかし4月下旬、英政府が日英双方の銀行融資を全額債務保証する意向を日立側に示したという。これに先だって、日立は英政府の十分な支援が得られなければ事業から撤退する可能性があるとの考えを伝えており、英国側は支援策の一環で提示したとみられる。
 債務保証によって、事故などで融資が焦げ付いた場合は、最終的に英国民が負担を強いられる可能性がある。日本政府が債務保証する場合に比べて日立の負担が直ちに減るわけではないが、プロジェクトが失敗した場合のリスクを英政府が負うことで、今後の英政府の継続的な支援が期待できる意味がある。
・・・よくわからない。英国は英原発会社がつぶれては失業者が出るからとにかく回していくということではないのか。英国に政府保証などの余裕はないはず。英国世論も納得しないだろう。

※ おしどり♀マコリーヌ @makomelo氏の2018/5/10のツイート
原発事故を起こして、国のお金でなんとか立ってる東京電力が、他社を支援するとかほんと意味分からん>規制委が審査合格の条件とした約1740億円に上る安全対策費の確保について、原電が4月に東京電力と東北電力から支援を得られることを報告<申請から4年 東海第2審査 正念場

※ これは笑える。効果あると思う。


※ 新潟日報2018/5/9
三菱マテ関連の不適合製品見つかる
柏崎刈羽原発
 東京電力は9日、三菱マテリアルの子会社による検査データ改ざん問題に関連し、柏崎刈羽原発2、3、6号機で、原子炉の緊急停止時に制御棒を水圧で原子炉内へ挿入する際に使う水圧制御ユニットのゴム部品に、子会社の三菱電線工業(東京)の不適合部品が使われていたと発表した。いずれもメーカーの品質水準を満たしており、安全性に問題はないという。部品は今後取り換える。

※ Naoyuki Murakamiカップ️ @purplewatch
【野生こしあぶら】これまでに魚沼市、津南町で「出荷制限」、南魚沼市で「出荷自粛」されているが、今春の検査結果から南魚沼市でも「出荷制限」が指示される可能性が高い!
(新潟県)山菜の放射性物質の検査結果について(平成30年)
http://www.pref.niigata.lg.jp/syokuhin/1356891198000.html


※ 飯舘村農民見習い伊藤延由 @nobuitou8869氏の2018/5/9のツイート
飯舘村蕨平産猪の肉ロースの肉質別測定結果:
脂身: 1,275.6㏃/kg
赤身: 16,352.1㏃/kg
線量計を赤身に置いたとき、脂身に置いたときとバックグラウンドの値。

※ かなちゃん☆ウクレレ歌人←β崩壊 @sakana20001氏の2018/5/9のツイート
移住後半年おきに検査を続けてから、ずっと安定してた私の白血球までが、基準値かなり下まで下がった。(これまでの値の3分の2) 今、この傾向は移住者の間でもあり、大人の白血球も #mixi_diary http://open.mixi.jp/user/110966/diary/1966288776 … コメント欄ちょっと面白いコメント入れていただいてるのでご訪問ください。

※ _φ(・_・ @nu787氏の2018/5/7のツイート
311後、東京のデパートはオープンしているのに、デパート内の仏の化粧品会社や時計と宝飾品で超有名なブランドはクローズしてたもんね。あの時まだ本当の怖さがわかってなかった私は奇妙だなとしか思わなかった。バカだったなぁ。自分も東京にいちゃいけないんだよ早く逃げなきゃだったのに…

※ 桑ちゃん @namiekuwabara氏の2018/5/9のツイート
TOKIO」←震災後から妻は嫌いになった。私も嫌いになった。なぜ放射能汚染食べて応援するんだと!汚染土壌でなぜ百姓しなければいけないんだと!原発事故後なぜ汚染してるのに、海外でも汚染地帯で暮らして病気してるのに放射能汚染なかった事にする加害者擁護PR大嫌い。被害者少女考えろ卑怯者!

※ 徳島新聞2018/5/9 7:11
伊方原発で冷却水漏えい、環境への影響なし
 愛媛県と四国電力は9日、停止中の伊方原発3号機(同県伊方町)の放射線管理区域内で、1次冷却水が漏れるトラブルがあったと明らかにした。周囲の環境への影響はないとしている。

※ m-take @takeonomado氏の2018/5/8のツイート
最近、ドイツ、フランス、イギリスの若者の間で「教育が機能している層」とそれ以外の分断が顕になってきているのを感じる。文明から棄民された層とでも言うのか?まだ上手く言語化できないのだが。

※ 東京新聞2018年5月8日 13時10分
危険性に修正要求「面食らった」 気象庁職員が証言、原発事故公判
 福島第1原発事故を巡り、業務上過失致死傷罪で強制起訴された東京電力の旧経営陣3人の第10回公判が8日、東京地裁(永渕健一裁判長)で開かれ、国が2002年に公表した地震の長期評価をまとめた気象庁職員が証言した。公表直前に、防災を担当する内閣府から、太平洋側で大津波が起きる危険があるとの見解は信頼度が低いことを明記して修正するよう求められたと明らかにし「面食らった」と述べた。
 この職員は気象庁地震火山部の前田憲二氏。02〜04年に国の地震調査研究推進本部の事務局に所属し、04〜17年には長期評価の見直しを検討する地震調査委員を務めた。

※ 


※ 猫パンチ @kens_s氏の2018/5/6のツイート
麻生太郎元首相の漢字の読み間違えは以下の通りとなっています。
怪我−かいが
完遂−かんつい
焦眉−しゅうび
順風満帆−じゅんぷうまんぽ
措置−しょち
思惑−しわく
低迷−ていまい
破綻−はじょう
頻繁−はんざつ
踏襲−ふしゅう
前場−まえば
未曾有−みぞゆう
有無−ゆうむ
詳細−ようさい
・・・みなそれなりに難しい用語だと思う。漢字を使わなければならないのか疑問なものも

※ 桑ちゃん @namiekuwabara氏の2018/5/7のツイート
昨年は、草を刈る行為でやっていたのだが、昨年末耕してしまった場所が多くあり、汚染土壌を増やす行為をしてしまった。対策のしようもなく帰還はさらに遠のく状態となった。原爆落とされ原発54基も商業運転していながら何の知識もなく運用していたという悲劇と頭脳、日本人の合理性考えは破滅を招く。

※ 岡口基一 @okaguchik氏の2018/5/7のツイート
籠池夫妻って,こんなに長く勾留されてたら,事実上,実刑判決を受けて刑務所に服役したのと同じだよね。
なのに,実際は,裁判自体まだ始まっていないし,いつ始まるかの見通しも立っていないって・・。
こういうのをおかしいと感じるかどうかは,その人の感性の問題なのかもしれないね。

※ エリック ・C @x__ok氏の2018/5/6のツイート
原発の一機のテロ対策に517億円かけるよりも、もっとずっと良い方法がある。廃炉にすることだ。

※ BUZZAP!(バザップ!) @BUZZAP_JPの2018/5/7のツイート
どうやら統合幕僚監部の3等空佐による民進党小西議員への罵倒は突発的な事件ではなかったようです。
17万人の現役自衛隊員が所属する「隊友会」が日本会議と連携し、改憲署名運動を推進していたことが判明 | BUZZAP!(バザップ!) https://buzzap.jp/news/20180507-jsdf-kaiken/

※ 金子勝認証済みアカウント @masaru_kaneko氏の2018/5/8のツイート
【これは経済政策なのか?】失敗の総括もなく「デフレ脱却」という政策目標を降ろし、それでも延々と日銀が国債を買い、延々と財政赤字を拡大させ、延々と日銀が株を買って官製相場を維持しようとする。五大疑惑をゴマカシ、改憲まで安倍政権を維持する以外に目的はなくなっている。

※ 現代ビジネス2018/5/8
経産省が握りつぶした環境省の「温室効果ガス削減プラン」
取り返しがつかないかも
第5次エネルギー基本計画骨子案を読む
経済産業省の頑なな原子力発電の存続策は、日本を地球温暖化対策で世界の異端児にしてしまうのだろうか。
2年半前のCOP21で採択された「パリ協定」を無視するかのように、4月27日、経済産業省は総合資源エネルギー調査会の分科会に対し、2030年の電源構成目標を見直さない「第5次エネルギー基本計画」の骨子案を提示した。それどころか、10年越しの懸案である2050年までのCO2排出削減計画の具体化策を盛り込まない判断も下したのである。
筆者の取材で、経済産業省はこの方針を押し通すため、2050年の原発依存度が「9〜7%」と2030年目標値(22〜20%)の半分以下になる、と指摘する環境省の環境基本計画案を潰した事実も浮かび上がってきた。
経済産業省の方針は、骨子提示の8日前に、外務省の有識者懇談会が河野外務大臣への提言で「日本の2030年の(CO2排出)削減目標は“Highly Insufficient”(まったく不十分である)との評価を国際的に受けて」いると警鐘を鳴らしたことも黙殺した。
経済産業省は、今夏にも、この第5次エネルギー基本計画の閣議決定を強行したい考えという。地球温暖化対策を巡って失われつつある日本の国際的信用が、取り返しのつかないほど傷付く恐れが高まっている。

※ 八木明々 @nrg34331氏の2018/5/7のツイート
耶麻郡猪苗代町沼中野原県道115号脇の土産物屋で入手した「南会津産タラノメ」。
Cs合計約158bq/kg。
南会津?産地がどこか定かではない。県はタラノメから7年も経ってどうして検出されるのか解らないと嘯いている様だが、しっかり目を配らないといけないんじゃないの?。

※ Matthew L Kees @MLKstudios_氏の2018/5/6のツイート
Chutzpah: ‘Israel’s Nuclear Weapons Have a Stabilizing Effect on the Region’ – They admit they have them now.
https://theuglytruth.wordpress.com/2018/05/05/chutzpah-israels-nuclear-weapons-have-a-stabilizing-effect-on-the-region-jewish-scholar/

※ 


※ 千葉市の花見川区役所周辺の街路樹がハンカチの樹ではなかったと記憶します。今もう咲いているでしょうか。


※ ココナッツ @Sk49Summerdream氏の2018/5/4のツイート
私の息子は15才です。この先、日本が徴兵だの兵役だのなんてことになることが怖くてしょうがないんです。周りの人間は「今の時代に徴兵なんてありえない。大袈裟だよ」って言うけど、この狂ってる政権下でその確信はどうすれば持てるのか逆に聞きたいですね

※ nanatea @nanatea氏の2018/5/5のツイート
東か西で言うと東の方が経験で言うと多様性に対する否定度(凄まじく閉鎖的)は高い気がしますが、ジョークのつもりもなく、ただ否定したいだけなんでしょう。リスペクトが全くないし、アメリカ人じゃないから訴えても来ないだろうって見下してるのが本当によくわかる、そんな土曜の朝です。しょぼりしょぼり

※ nanatea @nanatea氏の2018/5/5のツイート
いつも仕事してて思うけど、アメリカ人はいつになったら海を越えたら違う文化、違う法律、違う言語が存在することを理解してくれるんだろう。私はアメリカ人程多様性に否定的で閉鎖的な人々を知らない。正直日本人以下だと思う。世界でも最悪の傲慢さだといつも思う。

※ ハワイで地震が続いています。2018/5/4M5.0に続き、5/5、M5.4、M6.9の地震発生

※ れい @esperanzasolo氏の2018/5/5のツイート
ハワイでの地震はM6.9後も活発。 https://earthquake.usgs.gov/earthquakes/map/#%7B%22autoUpdate%22%3A%5B%22autoUpdate%22%5D%2C%22basemap%22%3A%22grayscale%22%2C%22feed%22%3A%221day_all%22%2C%22listFormat%22%3A%22default%22%2C%22mapposition%22%3A%5B%5B18.531700307384043%2C-156.3189697265625%5D%2C%5B20.540221355754728%2C-154.5611572265625%5D%5D%2C%22overlays%22%3A%5B%22plates%22%5D%2C%22restrictListToMap%22%3A%5B%22restrictListToMap%22%5D%2C%22search%22%3Anull%2C%22sort%22%3A%22newest%22%2C%22timezone%22%3A%22utc%22%2C%22viewModes%22%3A%5B%22map%22%5D%2C%22event%22%3Anull%7D

※ 佐賀新聞2018/5/4
<玄海原発>4号機冷却ポンプに異常 分解点検へ
再稼働遅れる見通し
 九州電力は3日、玄海原発4号機(東松浦郡玄海町)で原子炉容器内の放射性物質を含む1次冷却水を循環させるポンプで異常が見つかり、機器を分解点検すると発表した。放射性物質の漏れはないという。4号機は4月24日に燃料装塡(そうてん)を終え、5月25日前後に再稼働する予定だったが遅れる見通し。
 異常が見つかったのは、4台あるポンプのうち2台。ポンプの軸部分の隙間からモーター側への冷却水流入を防ぐための「シール部」と呼ばれる装置で、流入防止用の水が通常は1時間当たり30リットルほどタンクに戻るのが、70リットルになっていた。
 1日に4号機は原子炉容器を組み立て終え、1次冷却水が流れる配管などに漏れがないか検査する前準備として、3日朝から4台ある1次冷却水ポンプを点検し、異常が判明した。
 機器をなじませるために手動で動かすなどの作業を行ったが改善されず、九電は午後1時10分に異常が見つかった1次冷却水ポンプ2台を分解点検することを決めた。
 シール部は、軸部分の隙間に高圧の水を流すことで配管側からの1次冷却水の流入を防ぐ。各ポンプの軸に沿って三つ取り付けられ、今回は2台とも真ん中のシール部に異常が出た。ポンプは1997年の運転開始当初から使っている。異常が見つかったシール部は、今年1〜3月に順次交換していた。
 九電は点検にかかる期間について「現時点では不明」とし、「再稼働は遅れる」との見通しを示した。原子力規制委員会に4号機の試験使用を5月18日から始める申請をしているが、出し直すという。異常がなかった残り2台のポンプの分解点検は今後検討する。

※ Fuji @fj_333氏の2018/5/3のツイート
憲法記念日の #NHKニュース7 見た?

#0503憲法集会 で有明防災公園に集まった群衆の様子を0.1秒たりとも流さず野党党首のドアップだけで編集。いったい6万人いたのか60人なのかも一切、視聴者に知らせない。公共放送としての使命を捨て、徹頭徹尾、政権忖度の報道機関に成り下がっている。

※ Kameko @kameatemygarden氏の2018/5/4のツイート
信じがたい すさまじい汚染: ずくなしの冷や水

着衣がこの状態なら、肺の中も同様なのではないかと、戦慄した。コロコロなどで実験している場合ではなかろうに。私だったら即廃棄だ。

※ 朝日2018年5月3日20時52分
元自民議員の学長「テレビ局を中韓の局が乗っ取り」
 元自民党衆院議員で、九州国際大(北九州市)学長の西川京子氏(72)が3日、福岡市内であった改憲派の集会で、テレビ局の放送内容が護憲に偏っているなどと批判し、「同じビルに中国、韓国のテレビ局が入っている。完全に乗っ取られているんですね。(改憲は)この人たちとの戦い」などと発言した。

※ 桑ちゃん @namiekuwabara氏の2018/5/3のツイート
安倍晋三氏はそんなもんだろうと思うが、隣の「元警視庁局長」の方が気になるんですけどね!!!
今の警察官僚の腐敗気になるんですけどね。事件の揉み消しなど平気でやっているんじゃないかとね。

※ masa @zebra_masa氏の2018/5/3のツイート
スゲーなあ。かっては「パチンコは朝鮮人の…」とかネトウヨに叩かれてた覚えがあるんだけど、今や旧(?)皇族が参入かあ。香ばしいなあ。グランドオープンしたパチンコ店に「内閣総理大臣」と「元警視庁局長」から花輪が届く - Togetter https://togetter.com/li/1223473 via @togetter_jp

※ washingtonpost
He was one of millions of Chinese seniors growing old alone. So he put himself up for adoption.

※ モトコのブログ更新
やぁ、人前で話すのにアガラナイ人で良かったと思いました(笑)
この特技には本当に助けられます。
最高、2000人のホールに出てもなんとかしゃべれると確認しています。
まぁ、芸能人でも研究者でもなく、自分のままで自分のことをしゃべるのだから当たり前か?
・・・そういうことですね。(笑) でもすごいことです。

※ 毎日新聞2018年4月25日 東京朝刊
伊藤忠
トルコ原発離脱 事業費倍増、利益確保困難に
 三菱重工業、伊藤忠商事などがトルコで進める新型原発建設計画から、伊藤忠が離脱する。2015年から3年間、事業化に向けた調査が行われたが、現時点で事業化のめどが立っていないことから参画を見送る見通し。原発は安全対策費の上昇で建設費が膨らんでおり、日本が官民挙げて進めてきた原発輸出に逆風となっている。【竹地広憲、藤渕志保】
 伊藤忠が離脱するのは、トルコ北部の黒海沿岸シノップの原発建設計画。三菱重工とフラマトム(旧社名アレバ)の共同出資会社「アトメア」が開発した新型軽水炉「アトメア1」(110万キロワット)4基を建設し、23年の稼働を目指している。
 日本、トルコ両政府が13年、アトメアによる受注で事実上合意した。三菱重工が主体となり、18年3月末まで事業化に向けた調査を実施。その過程で、13年の計画当初、4基で2・1兆円程度と見積もられていた総事業費が2倍以上に膨らむことが判明した。三菱重工は調査期間を夏まで延長している。
 事業化した場合、参画企業が建設費を負担し、発電による利益で回収する計画だが、建設費の上昇で当初想定した利益が得られない可能性が高まっている。伊藤忠関係者は「もともと3月末まで調査に協力することになっており、その役割を終えた」と説明した。
 政府関係者によると、政府は事業費の増加を受けてトルコ政府に資金面での負担を求めているが、交渉は平行線をたどっている。伊藤忠が事業への参画を見送れば、事業費を負担する企業が減ることになり、事業の実現性はより厳しくなりそうだ。アトメア1の建設は、トルコの他、ベトナムやヨルダンでも構想されたが頓挫しており、開発構想自体が見直される可能性も出てきた。
 一方、日本の原発輸出では、日立製作所も英国中部で建設計画を進めている。3メガバンクと国際協力銀行(JBIC)を含む銀行団が融資し、大型の軽水炉2基(計270万キロワット)を建設する計画。原発事故などのリスクがあるため、政府がメガバンクの融資の全額を保証する「オールジャパン体制」を敷いているが、英政府や英銀行の出資・融資が日本側の要望する水準に達せず、協議が続いている。

※ マクロンが訪米時にトランプと植樹をしましたが、そのoak(樫の木)が消えてしまったということです。ずいぶん辛辣なコメント。笑えます。
RT2018/4/30
Dude, where’s my tree? Twitter abuzz after oak planted by Trump & Macron 'vanishes'

People also drew parallels between the alleged disappearance and the true face of politics. “Talks, staged [actions]... and zero result in the end,” one person wrote.

Another added that the incident illustrates the attitude of political leaders towards global warming. “Green in front of the cameras, quite opposite in real life.”

Referring to the recent employee exodus from the White House, some joked that Trump “is losing so many staffers, even the trees are leaving.”

この植樹については、サウジによるイエメン結婚式場爆撃による犠牲者の画像を合成して木より人の命ではないかと偽善性を皮肉る人もいました。


※ 桑ちゃん @namiekuwabara氏の2018/4/30のツイート
まだこんなもの掲載しているのか!このようなアーカイブ掲載しなさい。http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/NuclearAccidentRelatedDeaths/
原発事故がなければ、災害にあった方の救出作業はできた。私が震災当時に朝行った時には消防団ものけのからだった。慌しく緊急避難した事が理解できたよ。飲みかけの茶がそのままに。分って掲載してる?

・・・

この記事の古いコンテンツは、「今日の放射能備忘録1〜170」に保管してある。過去のコメントは別に記事を起こして採録している。

posted by ZUKUNASHI at 10:15| Comment(93) | 福島原発事故

世界で女性ジャーナリスト、アナリストが活躍



※ Marwa Osman @Osman_Marwa1氏の2018/5/9のツイート
#Israel is attacking #Syria as we speak.
If Syria fights back..I will stay.
I will cancel my vacation.
I will drive down to the border and cheer for Syria.
I will be amongst the first to set foot in liberated #Palestine

※ Marwa Osman @Osman_Marwa1氏の2018/5/9のツイート
So I am off to catch my flight for my vacation in a couple of hours.

Can we kindly not start WW3 while I am away..I would like to come back safely to my kids please.

※ Marwa Osman@Osman_Marwa1氏のプロフィル
PhD Candidate in Management. Journalist and former political TV show host. University Lecturer. Political Commentator/Writer for several news media outlets.

Marwa Osman氏は、レバノンの方のようです。経営学の博士号候補とありますからいずれ博士号を取る意思があるのでしょう。ライブインタビューを見ると立派なリビングです。すでに子供が複数おられるようです。

スプートニク 04:55 29.09.2016(updated 04:56 29.09.2016)
Facebook Moderators Overwhelmed Under Accusations of Bias
This was was the case for Marwa Osman, a pro-Palestinian political commentator banned from the social network following a post in which she expressed her opinion that Israel is not an actual state and that Hezbollah is not a terrorist organization. Speaking to Radio Sputnik's Brian Becker, Osman claimed that Israel is "afraid of the impact of social media," and that Facebook is acting on Jerusalem's behalf. Osman said that Israel resorted to "censorship" because information posted on social media could "widen [the] western world's eyes to atrocities committed [by Israel]."

Osman offered that if Hillary Clinton becomes the next President of the United States, the likelihood of war in the Middle East will increase, suggesting that the alleged Facebook moderation bias is a "preliminary action being made by the Israeli zionist entity to…cover any source of information" that reveals Israel in a negative light.

Eva Bartlett
2018年04月07日
シリアの真実 エバ・バートレット


Vanessa Beeley
2017年10月17日
英国の税金2億ポンドがシリア反体制派とホワイトヘルメットに渡っていた ジャーナリスト


RT2017/
Dilyana Gaytandzhieva
2017年08月30日
シリアのテロリストに対するCIAの武器発送を暴いたブルガリアの記者が解雇された


RT2017/
Partisangirl

Partisangirl認証済みアカウント@Partisangirl という方は、Geopol Analyst, Contrib @JournalNEO, @infowars http://www.patreon.com/Syriangirl
ツイート数 50,258
フォロー先 1,036
フォロワー 95,304
いいね 17,629
という地政学的な問題の有力分析者です。下の画像でハッとした方は、彼女のインスタグラムをフォローしてください。ロシアのbotでないことを証明するためときどき画像を載せるそうです。



もうお一人

※ Sarah Abdallah @sahouraxo氏の2018/5/16のツイート
Just a friendly reminder: Former President Obama, who bombed Libya back to the stone age and brought slave-selling jihadists to power, also spent billions arming Al-Qaeda terrorists masquerading as “moderate rebels” in Syria.


※ Sarah Abdallah @sahouraxo氏の2018/5/23のツイート
Libya would still be stable and unified had Obama, Hillary, NATO and the GCC not intervened and bombed the country back to the stone age − A rather important detail that Nikki Haley oddly always seems to leave out.
The last thing Libyans need is more “humanitarian” intervention.

えっ、日本人を忘れている? おられますか? おしどりマコ氏? 確かに。

posted by ZUKUNASHI at 10:11| Comment(0) | 社会・経済

「核燃半島化」進む下北半島 *良記事*

北海道新聞 2018/05/20 05:30
「核燃半島化」進む下北 空冷で保管 初の専用施設稼働へ 最大5千トン、最長50年「中間貯蔵」
原発で使い終えた大量の核燃料を空冷で保管する施設が、今年中にも青森県むつ市で操業を始める。東京電力の子会社「リサイクル燃料貯蔵(RFS)」が建設した全国初の保管専用施設で、最大5千トン、最長50年間保管する。手狭になった原発の貯蔵プールから使用済み核燃料を運び出すために造った施設だ。近くの六ケ所村では日本原燃の再処理工場の貯蔵プールに既に3千トン近くを受け入れており、函館の対岸にある下北半島が使用済み燃料の「保管庫」になりつつある。

 打ちっ放しのコンクリートに囲まれた貯蔵施設内部は巨大な体育館のようだった。壁は厚さ1・5メートル。「100年たってもびくともしない」と東電出身のRFSの安藤達也副部長(59)は胸を張った。

 2000年の法改正で原発の敷地外で使用済み燃料の保管ができるようになった。13年に建物が完成した3千トン分の貯蔵施設は、幅約60メートル、奥行きは約130メートルある。1基当たり10トン強の使用済み燃料が入る高さ5・4メートル、直径2・6メートルの円筒形の鋼鉄製容器「乾式キャスク」が、最終的に288基まで並べられる。

 キャスクは貯蔵施設の側面の給気口から自然に取り込まれる空気で冷やす。水を循環させるプールと違い、冷却用電源は要らない。将来は、さらに2千トンを貯蔵できる施設の建設が計画されている。

 「トランクルームのようなものです」と安藤副部長は言う。使用済み燃料の持ち主は電力会社。RFSは「ただ預かるだけ」だ。現在は操業開始に向けた国の審査中で実物は一つも入っていない。それでも「核物質防護のため」との理由から施設内の写真撮影は一切許可されなかった。

 RFSは東電が80%、日本原子力発電が20%を出資し、その割合通り東電4千トン、原電が千トンの使用済み燃料を保管する計画だ。まず東電が新潟県の柏崎刈羽原発から運び込む。原発のプールでは全国一大きい同原発のプールも既に8割が埋まっており、再稼働すればやがてあふれてしまうからだ。1月にRFSが発表した計画では、本年度から3年間で計169トンを受け入れる段取りだという。

 東電と原電の「トランクルーム」を関西電力が使う構想も浮上している。関電は新たな規制基準の下で16年以降、福井県で高浜原発3、4号機、大飯原発3号機を再稼働させたのに続き、今月9日に同4号機を再稼働させた。県は関電に対し、使用済み燃料を早く県外に搬出するよう求めており、関電は今年中に搬出先を決めるとしている。

 最有力候補がRFSの施設とみられるが、1月に報道されると地元は猛反発しRFSも関電分の受け入れ計画を否定した。関電が持ち込むには青森県、むつ市と新たに協定を結ぶ必要があり、先行きは不透明だ。

 関電や東電、原電だけでなく、今後、全国の原発のプールからあふれる分を乾式キャスクで空冷保管する流れが強まりそうだ。既に東電福島第1原発と原電東海第2原発の敷地内に小規模な乾式貯蔵施設があり、中部電力や四国電力も原発敷地内での施設建設を検討している。

 RFSの貯蔵施設で保管する期間は、最初にキャスクを搬入してから最長で50年。例えば操業開始から30年後に搬入した使用済み燃料の保管期間はその後20年間となる。

 あくまで「中間貯蔵」との位置付けで、50年以内に搬出する約束だ。搬出先などは操業開始後40年目までに地元と協議するとしている。では、どこへ持って行くのか―。RFSは「電力会社が決めること」と言い、東電は「今後検討する」とだけ回答した。

■最終処分地見通せず

 むつ市のリサイクル燃料貯蔵(RFS)の施設は「中間貯蔵施設」と呼ばれる。中間貯蔵とは「ここで最終処分するのではなく期限が来れば運び出す」という意味だ。RFSの施設の場合、使用済み核燃料の保管期限は「50年以内」だ。

 六ケ所村には「30〜50年間」の約束で、高レベル放射性廃棄物(核のごみ)を保管する日本原燃の施設もある。海外でガラスと混ぜて固め容器に入れた核のごみが1800本以上保管されているが、その最終処分地が決まる見通しは全く立っていない。

 同じように中間貯蔵という意味合いが強調される施設が福島県にもある。環境省が東京電力福島第1原発周辺に整備中の除染廃棄物の中間貯蔵施設だ。こちらは「30年以内」に埋め立てた土などを県外に搬出すると約束している。

 ただ福島県民への意識調査によると約束を信じているのは2%だった。2年前にこの調査結果をまとめた地方自治総合研究所の今井照(あきら)主任研究員(64)は「(搬出できるという)フィクション(作り話)のもとでないと福島の中間貯蔵施設は造れなかった。下北の核燃関連施設も同じ構図。原子力政策にはこうしたまやかしが多い」と指摘する。

・・・引用終わり・・・

posted by ZUKUNASHI at 09:59| Comment(0) | 福島原発事故

大切な人が突然消える なんの不思議もない日本の日常風景になっています

※ きょん u..u足跡 @kyon_piyopiyo氏の2018/5/10のツイート
大好きな先生が授業中倒れて
亡くなった
めっちゃ泣いた
疲れた
なんで…

※ Grouchhh @Grouchhh氏の2018/5/15のツイート
予約した病院に行ったら一時間以上待って診察で、血液検査の数値が改善してなくて絶望。また行かないと行けないから職場にお休み希望連絡したら、職場で一番不健康そうな人が脳梗塞で倒れたと。なんか大変なことになってる
・・・この方の関連ツイートを読むと、病人、体調不良の人が増えていることが分かる。

※ ***** @*****氏の2018/5/12のツイート
職場の友人が脳動脈瘤の手術の為2月に入院して音沙汰がなく、これ以上もなく心配していたら契約社員のお姉さんから電話が…。
2月のカテーテル手術の術中にくも膜下と脳梗塞を併発して開頭手術になっていたそうだ。
先日やっと面会謝絶が解けたそう。
早く会いに行ってあげたい。
・・・「契約社員」のお姉さん。「契約社員」であることがこのツイートの中でどんな意味を持つ?

テレビ朝日のデスクが急死されたとの話もありました。

※ 共同2018/5/17 12:32
歌手の西城秀樹さん死去
歌手の西城秀樹さんが16日に死去したことが17日、分かった。63歳。広島市出身。

2018/05/16 14:45シネマトゥデイ
漫画家・黒岩よしひろさん心筋梗塞で死去 55歳 「鬼神童子ZENKI」など

※ ***** @*****氏の2018/5/16のツイート
*****の妻です。
大切なお知らせがあります。
2018年5月8日、夫の*****が心筋梗塞のため
永眠いたしました。
すぐにお伝えしなければと思いましたが、ご報告が遅くなりました。
詳しいお知らせはブログをご覧ください
posted by ZUKUNASHI at 09:53| Comment(0) | 福島原発事故

all US involvement in northwestern Syria is at an end ?? 違うだろう

「米軍が北部シリアから撤退し、2億ドルの人道支援も他地域に振り分け」との情報が流れていますが、正確には北西部シリアに投じていた2億ドルの資金を北東部シリアに振り向けるということです。米国は、シリア北部でクルド系のSDFを支援し大量の車両や武器、弾薬を供与しています。2億ドルは人道援助ではありません。米国はシリア南部で政府の行う人道援助を妨害しています。米国はシリア北東部に新たな基地を建設し、テロリストを集結させています。CBSのニュースも疑問点だらけです。

この記事は2018/5/21に書いたものですが、2018/5/23、なんとエルドアンが米国のこの発表は事実に即していないと批判しています。管理人はエルドアンを評価しませんが、彼のイスラエル批判と言い、舌鋒の鋭さはなかなかのものです。

TEHRAN (FNA)- Turkish President Recep Tayyip Erdogan said on Tuesday that statements claiming Washington would stop sending aid to Northwestern Syria did not reflect what was really going on, since there was no US presence in the region.

"This is an inconsistent statement. What assistance does the United States provide in Syria’s Northwest? Russia is operating there. The United States [aid] is mostly deployed on the Manbij side. And the help they are providing there consists of weapons and ammunition supplies to the YPG [Syrian Kurdish People's Protection Units]," Erdogan told reporters, as cited by the TRT broadcaster.

The Turkish President explained that the United States was not carrying out a humanitarian action in Northwestern Syria, nor were there any US troops in Idlib and Douma. He clarified that only Turkish and Russian troops were operating in the region, including Afrin.

The statement refers to the Friday's report by CBS News, citing US administration officials, saying that Washington decided to cut financial aid to Northwestern Syria and redirect it to areas where it had a greater impact. According to the media, the United States had been engaged in counterterrorism activities and providing support to independent society and media in the region. The US would, however, continue providing humanitarian aid there, the media added.

US President Donald Trump in March suspended over $200 million in funds for recovery efforts in Syria after suggesting that the United States' withdrawal was only a matter of time.

・・・・・
以下は2018/5/21に掲載

※ やのっち(。・ɜ・)d @_yanocchi0519 氏はよく研究されていると思いますが、2018/5/20の次のツイートは誤解を招く表現になっています。
「米軍、シリア北部から撤退のお知らせ!
キ━━イイィィ(。☉ω ⊙。)タァァアア━━ッッッ!!!!!」

debka May 19, 2018 @ 18:43
US withdraws involvement, $200m in aid, from northwestern Syria
The Trump administration announced Saturday that all US involvement in northwestern Syria is at an end, barring humanitarian assistance, since the region has been cleared of ISIS. This area includes Idlib which is still under rebel control and is surrounded by Russian, Syrian and Turkish forces, as well as Afrin which is under Turkish occupation up to Aleppo. The administration said the money could be more usefully spent in other parts of the country

CBSNEWS May 18, 2018, 6:52 PM
Trump administration ends aid for northwestern Syria
The Trump administration has withdrawn all assistance from Northwest Syria, according to administration officials. This is the newest demonstration of the administration's intent to briskly exit the country once ISIS is fully defeated.

The decision, made through an inter-agency process over the last few weeks, will mean that tens of millions of dollars will be cut off from previous U.S.-backed efforts to strengthen and stabilize the local society. Projects included countering violent extremism, supporting independent society and independent media, strengthening education, and advocating for community policing. The region will become the first area of the country where, other than humanitarian aid, the U.S. is officially disengaging.

Trump freezes $200 million in funds earmarked for Syria recovery

After President Trump's request to review all U.S. assistance to Syria, administration officials were tasked with looking at where the U.S. could save money and, in short, get more bang for their buck in the country. The U.S. assistance in the northwestern region is viewed as not having a great impact on Syria in the long-term. Some of the money that has been cut from the northwest is being reprogrammed, those decisions are ongoing.

The administration intends to narrow its focus onto the fight against ISIS and has recently halted funding to groups like the White Helmets, a famed rescue and civilian assistance operation in Syria. ISIS has been cleared from 95 percent of the territory it once occupied, but is clinging on to its last strongholds. Last month, when Secretary of Defense Jim Mattis was asked about withdrawing from Syria, he said there would be a "re-energized" fight in the Middle Euphrates River Valley against ISIS. Mattis did not say what would happen after that fight had concluded.

A State Department official told CBS News, "$200 million of stabilization assistance for Syria is currently under review at the request of the President. Distinct from that amount, U.S. assistance for programs in northwest Syria are being freed up to provide potential increased support for priorities in northeast Syria, as will be determined by the outcome of the ongoing assistance review, including the D-ISIS campaign and stabilization efforts."
posted by ZUKUNASHI at 02:30| Comment(0) | 国際・政治

米国主導のシリア、イラクでの対ISIS作戦はベトナム戦争以来の致死的なもの

FARSNEWS2018/5/23
US-Led Operations against ISIL in Syria, Iraq Deadliest Since Vietnam War
TEHRAN (FNA)- The US-led coalition is responsible for at least 9,600 civilian deaths in its campaign against ISIL in Syria and Iraq, representing the highest death toll inflicted by western military forces since the Vietnam War, a fresh report by London-based NGO Airwars said.

"Since 2014, Airwars estimates that the Coalition is likely responsible for between 6,250 and 9,600 civilian deaths overall in the war against ISIL, out of more than 25,000 civilian fatalities alleged locally by Iraqis and Syrians," the Airwars said, Sputnik reported.

The NGO went on saying that non-combatant casualties from US-led strikes "appear to be at their highest levels since Vietnam," but little has been done to calculate the official death toll from urban fighting.

According to Airwars, the coalition failed to properly assess 'unobservable' civilian harm in urban fighting and relied on remote analysis, which did not allow non-combatant damage in residential areas to be realistically estimated. The inability to carry out field analysis and assess how many people may have been hiding near targeted areas was probably the key reason why the coalition undercounted the death toll, Airwars concluded.

posted by ZUKUNASHI at 01:48| Comment(0) | 国際・政治

ポンペオの論評は反応するに値しない イラン外相

FARSNEWS20185/5/23
Iranian FM: Pompeo's Remarks Not Worth Response
TEHRAN (FNA)- Iranian Foreign Minister Mohammad Javad Zarif blasted US Secretary of State Mike Pompeo for his threats to Tehran, but meantime, said his comments were so cheap that they were not worth even a response.

"Mr. Pompeo's remarks were uttered carelessly, indecently and illogically and they are not worth a response," Zarif told reporters after a cabinet meeting in Tehran on Wednesday.

He said that Pompeo and other officials of the current US administration are "prisoners of their wrong illusions and the corrupt pressure groups which are being disgraced one after another before the world's public opinion".

"This indicates the bankruptcy of the US foreign policy which has turned into a leased policy," Zarif said.

He described Pompeo's comments as "unreal" and "based on the old failed policies".


Zarif downplayed Pompeo's claims of the US plans to impose harsh sanctions against Iran, saying that Washington failed in the past to implement what it called "crippling sanctions" against Tehran even when it was backed by an international consensus.

On Monday morning, Pompeo gave a speech at the Heritage Foundation in Washington: "After the Deal: A New Iran Strategy." Over 26 minutes, Pompeo articulated a strategy that can best be summarized as, "Do everything we say, or we will crush you", days after the US withdrawal from the 2015 nuclear deal.

US President Donald Trump announced on May 8 that the US would no longer remain part of the Joint Comprehensive Plan of Action (JCPOA) and promised to re-impose the highest level of economic sanctions against Iran in response to Tehran's development of its nuclear program.

After Trump's declaration, the Iranian government issued a statement, calling the US withdrawal as "unlawful". The statement underlined Iran's prerequisites for continuing the deal with the five world powers after the US pullout of the agreement.

"Iran, as a country that has remained committed to its legal obligations, will pursue the US Government’s decision to withdraw from the JCPOA as provided by the mechanisms and provisions of the accord, and if the US withdrawal is not fully compensated and the full interests of the Iranian people are not met and guaranteed – as stated in the accord and as outlined by Iran’s Leader on 9 May – it will exercise its legal right to take whatever reciprocal measures it deems expedient. Other parties to the JCPOA, and especially its three European signatories, must take necessary action to safeguard the accord and to implement their commitments – which they proved incapable of fully performing even while the US was nominally a party to the deal, due to the obstructions by the Trump Administration – and to proceed from giving pledges to taking practical action without any preconditions," it said.

"None of the provisions or timeframes within the JCPOA, which were the subject of twelve years of negotiations, are negotiable in any manner. The US, which has through its meddling and erroneous policies ignited extremism, terrorism, destruction, war and child killing in our region, is in no position to issue any diktat about the Islamic Republic of Iran’s lawful presence within its own region nor its effective support for the peoples of Syria and Iraq in their endeavor to fight extremists. The US and its allies, which through their support for the regime of Saddam Hussein, including equipping it with chemical weapons and the most advanced military equipment while blocking Iran’s access to any means of defense victimized the Iranian people for eight years, and currently turning our region into a powder keg through their sale of hundreds of billions of dollars of useless advanced weaponry devouring the financial resources of the region, are in no position to impose restrictions on the Islamic Republic of Iran’s lawful means of defense, including defensive ballistic missiles which have been designed to carry conventional weapons based on the bitter experiences of the war with the regime of Saddam Hussein. Indeed, such efforts explicitly violate the principles of international law, and the Islamic Republic of Iran’s legitimate right to self-defense under Article 51 of the United Nations Charter," it added.

"As announced by the President of the Islamic Republic of Iran on 8 May, the Foreign Minister has been tasked with the duty of taking the necessary measures to obtain required guarantees from the remaining parties to the JCPOA as well as Iran’s other economic partners, and to immediately report the results of this mission. Meanwhile, the President of the Atomic Energy Organization of Iran has been tasked with taking all necessary steps in preparation for Iran to pursue industrial-scale enrichment without any restrictions, using the results of the latest research and development of Iran’s brave nuclear scientists."

"The people of Iran will with calm and confidence continue their path towards progress and development and the Government of the Islamic Republic of Iran has foreseen all necessary measures to facilitate this under any circumstances," the statement continued.

"The Islamic Republic of Iran, as a secure and powerful state, which derives its security and economic development from within, relying on the prudent participation and resilience of its brave and civilized people, seeks constructive and dignified engagement with the world, and as shown by its implementation of the JCPOA despite the United States’ continuous violations, is a trustworthy and committed partner for all who are prepared to cooperate on the basis of shared interests and mutual respect," it reiterated.
posted by ZUKUNASHI at 01:18| Comment(0) | 国際・政治

Israeli govt minister tells EU: ‘Go to a thousand, thousand hells’

RT2018/5/23
Israeli govt minister tells EU: ‘Go to a thousand, thousand hells’

Unhappy about EU calls to probe alleged Israeli police brutality against activists protesting the bloodshed on the Gaza border, Israel's Energy Minister Yuval Steinitz said the EU could go "to a thousand thousand hells."

Steinitz was giving an interview to a local radio station when he said of the EU, "Let them go to a thousand thousand hells," as cited by Haaretz. His response followed the EU’s call for a “swift investigation” into the Israeli police’s violent crackdown on protesters in Haifa last Friday. They had been criticising the State of Israel for the high death toll at the border with Gaza.

The protests resulted in the serious injury of Jafar Farah, director of the Haifa-based NGO Mossawa, which champions the rights of Israeli-Arabs.

The Israeli minister said he wished to send “to hell the European Union which doesn't really represent the European nations.”

He slammed the EU as “an organization that no-one is leading and is less friendly to Israel than the European states themselves.” Steinitz’s stance was backed by Public Security Minister Gilad Erdan who, in a response to the EU’s demand for a swift investigation, said that “Israel, as the only democracy in the Middle East, does not need moralistic warning calls from a biased and obsessive body like the EU."

In the same interview Israel’s energy minister also slammed the EU for cementing its relationship with Iran and maintaining the Iran nuclear deal.

Farah, whose knee had been broken at a Friday protest night, was taken into custody together with other 20 activists. “When I was brought to the police station with my son, I found him on the floor covered in blood. When I asked the police officer, ‘Who gave you the right to treat my son this way?’ his response was to break my knee,” Farah said in an interview with Army Radio.

“In a democratic country, the leg of a detained demonstrator will not be broken,” Farah’s son, Basel, told the Army Radio.

The Israeli Justice Ministry had denied any police wrongdoing following the Friday demonstrations in Haifa. On Monday the Justice Ministry’s Police Investigation Department opened a probe into allegations of police brutality. As many as 21 activists of the more than 200 in attendance were arrested during the Friday night march.

Clashes between Israel and the EU have precedents. European Council President Donald Tusk, denounced the recent Gaza bloodshed where hundreds of Palestinian protesters were killed and injured in a letter sent to the European Council.

The US decision to move its embassy in Israel to the disputed city of Jerusalem raised many eyebrows in the EU, which warning against it well ahead of the opening. The bloc claimed this move could jeopardize the peace process in the region.

The EU has also confirmed its “clear, consolidated” position on Israel-Palestine, urging a two-state solution based on the 1967 borders, insisting that Jerusalem has to be the “capital of both [states].”
posted by ZUKUNASHI at 01:05| Comment(0) | 国際・政治

Skripal Case 12

FARSNEWS2018/5/18
Sergei Skripal Released from Hospital
TEHRAN (FNA)- Former Russian spy Sergei Skripal, poisoned in the United Kingdom, was discharged from a hospital in Salisbury, the National Health Service (NHS) England said Friday.

"Sergei Skripal has been discharged from Salisbury District Hospital. Mr. Skripal and his daughter, Yulia Skripal, were admitted to the hospital along with DS Nick Bailey after having been exposed to a nerve agent on 4 March 2018. All three have now been discharged," the statement read, Sputnik reported.

Yulia Skripal, for her part, was released from the hospital on April 11 after recovering and regaining the ability to speak in late March.

"It is fantastic news that Sergei Skripal is well enough to leave Salisbury District Hospital," hospital's Chief Executive Cara Charles-Barks said.

According to the Chief Executive statement, despite the fact that all the patients have been discharged, the NHS respects their confidentiality and could not disclose the details of their treatment.

The NHS noted, citing Cara Charles-Barks, that all the staff had shown high skills and professionalism while treating the Skripals.

Sergei and Yulia Skripal have reportedly been taken to an undisclosed location for their safety.

RT2018/5/17
UK detectives 'question Sergei Skripal' over trips to London and MI6 meetings
Ex-Russian spy Sergei Skripal is still being questioned in hospital by detectives about meetings with his alleged former MI6 handler and his trips to London, ten weeks after being poisoned by a nerve agent, reports Sky News.

It is thought that they want to ascertain details of Skripal’s life in Britain, reportedly attempting to pinpoint his monthly meetings in a Salisbury restaurant with his supposed former MI6 handler and his regular trips to London.

According to reports Skripal had been in contact with Estonian and Czech Republic intelligence agencies, briefing them on various methods used by Russian spies. The double-agent reportedly gave a lecture as recently as 2016 in the Czech Republic. The meetings have been posited by some publications in the British and US press as a motive for the Kremlin to poison Skripal.

Speaking to Sky News, espionage historian Alexander Vassiliev suggested another culprit, the Russian mafia. Vassiliev told Sky News that criminals are most likely behind the nerve agent attack on Sergei and his daughter Yulia Skripal. Their motivation? Embarrassment for Vladimir Putin and his government as "the Russian government had no reason to kill Skripal", Vassiliev claims.

Vassiliev says there wasn’t a reason to kill him [by the Russian government]. I'm sure when Putin released him, and pardoned him, he knew Skripal would be co-operating with British secret services and other European espionage agencies.

"All defectors are doing it, they work as consultants, they give lectures, they write books - it's a normal thing. He had to earn his living somehow - he wouldn't have been a taxi driver.

"Skripal was arrested in 2004 - that was a long time ago and he didn't know specific details about current objectives or operatives. The Russian government had no reason to kill Skripal - he was nobody and he wasn't a danger.

"It was obvious that killing him would create a huge international scandal that would damage Russian reputation all over the world."

The British government insists that the Kremlin was behind the attack on the Skripals, who were reportedly poisoned by a nerve agent administered on the door handle of Sergei’s home in Salisbury. Yulia was discharged from hospital five weeks ago, but has not given any interviews since being released. Russia denies any involvement.

FARSNEWS2018/5/21
Spokeswoman: Russia Proves UK Tends to Carry Out Secret Operations Abroad
TEHRAN (FNA)- Russian Foreign Ministry’s Spokeswoman Maria Zakharova said the Russian Foreign Ministry has provided sufficient information to prove that it is the United Kingdom, not Russia, which tends to conduct secret operations abroad.

"From the very beginning, we said that all three of the arguments put forward by the United Kingdom [on the Salisbury case] … are groundless. The first one is that Russia has always done that, historically, and that it is in our culture to murder people abroad, carry out such operations. It seems that we have given enough historical material on this subject, moreover, the material proves that the UK intelligence services have always been the most involved in such operations, and, moreover, they have always been perfect in attempts − often successful ones − to portray their crimes as someone’s else,” Zakharova told the Rossiya 1 broadcaster on Sunday.

Russian-UK relations significantly deteriorated in March due to an attempted poisoning of former Russian spy Sergei Skripal and his daughter Yulia in the UK city of Salisbury. London accused Moscow of being behind the crime, which, according to the UK, was committed with the use of the A234 chemical agent.

Another UK argument, according to the Spokeswoman, was that the Novichok chemical, which from London’s point of view is the same agent as A234, was produced and tested only in Russia.

“We … provided information that at least 20 countries of the North Atlantic region were nowadays developing ["Novichok"-class agents] including Sweden and the Czech Republic. Three-four weeks later our information was confirmed − what a scandal erupted in Prague [when it turned out that] the official agencies of the Czech Republic possessed this substance,” Zakharova added.

She pointed out that the scandal around development of the 'Novichok'-class chemical in the Czech Republic proved that the United Kingdom and the United States − which immediately supported London − were providing false information on the issue.

“The third argument, on which the UK position is based, that these substances were delivered from Russia, was in fact refuted by UK labs,” Zakharova said, adding the Russian Foreign Ministry’s goal was to respond to all the false accusations with a point of view based on facts.

RT2018/5/23
Skripals may be kept in UK against their will – Russian Foreign Ministry
Moscow isn’t ruling out the possibility that the British authorities are keeping Sergei Skripal and his daughter against their will, the Russian Foreign Ministry said.

Sergei Skripal, 66, was discharged from a British hospital last week after being poisoned in Salisbury on March 4. The recovery of his daughter Yulia, 33, was much quicker. She has been out of the hospital since April.

Doctors gave no details on Skripal’s condition or his current location. Yulia has not been seen in public since being discharged from the hospital, and the only statement from her was issued by British police.

Earlier in May, Russia said the UK denied consular access to Skripals, both Russian citizens, adding that it is not satisfied with London’s handling of the case. It also said it had little trust that Sergey and Yulia “are allegedly reluctant to communicate with us [Russian authorities] and that they reject medical examination with the participation of Russian specialists.”

Russian Ambassador to the UK Alexander Yakovenko says that the Skripals are free to turn down the embassy's aid, but they should do so in person.

"For today, nobody saw their pictures, nobody heard their voice, nobody saw whether they're alive or not… we should be sure that the person is alive, he is alright or she is alright, and [if they] say, for example, 'I don't need your services,' it's fine with us," he told reporters on Friday.

He also alleged earlier that the UK may be hushing up or even destroying some evidence in the case. London has blamed Moscow from almost the beginning. Saying that both Skripals were poisoned with a military grade nerve agent of the ‘Novichok’ family, it claimed that the toxin came from Russia. London has failed to provide any substantial evidence on the “Russian trace,” with Moscow repeatedly denying the accusations.

The dramatic case took a new twist in early May after Czech President Milos Zeman admitted that his country had previously produced a nerve agent similar to the one Britain claims was deployed against the Skripals. Following Zeman’s remarks Russia said it expected a response from NATO providing a full list of bloc members engaged in similar research.

READ MORE: If Novichok was used, Skripal would have died on the spot – Putin as ex-double agent leaves hospital

That same month an explosive report in the German media claimed that a sample of Novichok was obtained by German intelligence back in the 1990s and that Western countries, including the US and the UK, have long been aware of the chemical make-up of the nerve agent.

The report sounded plausible, ex-German intelligence officer, Rainer Rupp told RT. “And – as the ingredients for this horrific stuff can be bought readily almost anywhere, if you have the formula – all you need is a highly secure laboratory, so basically it could be done anywhere,” he said.

According to chemical weapons analyst and Rice University Professor James Tour, it is not a secret that a number of states have been developing and testing the nerve agents. “Many countries have made it in the past as part of a study of making the nerve agents,” he told RT.
posted by ZUKUNASHI at 00:38| Comment(0) | 国際・政治

2018年05月23日

2018/5/23 雨域が広がっています

しばらく地震は感じませんでしたが、少し増えていますね。
2018/5/17、12時12分頃関東地方で地震
2018年5月18日 3時42分ごろ 釧路沖 M5.8
経過を見ないといけません。

正午現在、北陸から北で降雨、線量率が上がっています。
東北の雨量は100mm以上との予想も。北東北は激しい雨だったようです。

2018/5/18



最新の状況はこちらでどうぞ。

下北半島、高いことが多いです。


2018/5/19午前1時、近畿と北陸以北の日本海側で空間線量率が上がっています。

東京は強い南風です。線量率が大きく上昇しているところが出ているでしょう。








12時間でこれだけの変化がありました。








2018/5/20深夜になって九州南部から降雨が始まり、空間線量率が上がっています。

2018/5/21、21:00 川崎区 浮島で空間線量上昇
・現在: 0.053 μSv/h
・平均: 0.039 μSv/h (過去30日平均)
降雨はありません。風は南の風。

2018/5/23、西から雨です。早朝に対馬でランプが点灯していました。


中部以西はほとんどが雨、関東でも降雨が始まりましたが全体的に空間線量率の上昇は少ないです。


読者の運営するリアルタイム測定結果でも大きく上がっているところはありません。宮城県で降雨がなくても上がっているところがあります。だいぶ飛んでいます。

正午過ぎ、東京神奈川で上昇開始。神奈南部は早期警戒発信装置が有効でしょう。


広い地域で降雨が続いていますが、線量率は大きくは上がっていません。


2018/5/23、日本の各地でそう大きくはないもののスパイクが出ています。
posted by ZUKUNASHI at 23:16| Comment(2) | 福島原発事故