ずくなしの冷や水

2018年04月12日

ドゥマの化学薬品使用事件でWHOが窮地に

WHOがドゥマの化学薬品使用事件で犠牲者を500人とするステートメントを発表し、500人の根拠をロシアに突っ込まれて窮地に陥っています。
国連機関のWHOは、被曝問題に関してはIAEAに口を封じられ、このような問題ではデマの拡散に加担することを示してしまいました。

RT2018/4/12
Moscow: WHO must clarify sources behind statement on 500 victims in Douma
The WHO may have fallen for lies coming from flawed sources, when it released a statement reporting that 500 people with signs of chlorine poisoning had been treated in Syria’s Douma, said a senior Russia diplomat.

The statement released by the World Health Organization (WHO) on Wednesday cited “Health Cluster partners” as the source of the information, which the UN body called a source of serious concern. Moscow believes that, considering the controversy surrounding Douma, the WHO has to clarify who those sources were exactly.

“According to our information, those partners are no one else than representatives of the notorious White Helmets group,” Gennady Gatilov, Russian envoy to the Geneva offices of the United Nations, told journalists.

“We asked the WHO to name those partners, the hospitals where the alleged 500 patients were treated, report who counted that number, who diagnosed them and so on,” he said, adding that the WHO staff “failed to provide detailed information to substantiate the claims in the statement.”

The diplomat added that under Russian pressure, the WHO said that the sources they received the information from were not based in Syria. Instead, the information came from the Turkish city of Gaziantep, “which explains why we have serious reservations about” the source, the diplomat said.

“There is only one operational hospital in Douma now. All the others are no longer operational,” Gatilov stated. “We cannot exclude that the WHO leadership had been pressured by some Western powers, which are interested in escalating the tension over Syria.”

The nature of the incident in Douma, which was reported on April 7 by pro-jihadist sources, remains a matter of debate. The sources blamed it on the Syrian government, with some nations, like the US, taking the report at face value and claiming that it justifies military action against the government forces. Moscow says the report's evidence of the alleged attack was fabricated with an apparent goal to draw the US into attacking the victorious Syrian Army troops.

The Organization for the Prohibition of Chemical Weapons announced on Tuesday that it will deploy a fact-finding mission to Douma, with Damascus pledging full cooperation to inspectors.

次の記事では国連安保理で子供の画像を振り回す米国国連大使の欺瞞性がメタメタにやられています。
RT2018/4/12
Haley uses child victims as tool v Russia – after US called civilian casualties a ‘fact of life’
Children suffering in war have become tools for the West, with Nikki Haley stating that Russia’s hands are “covered in their blood” in Syria. However, the US seems to not mind “collateral damage” in the wars it’s backing.

Speaking at the UN Security Council meeting following an alleged chemical attack in Syria, the US ambassador said that “the Russian regime, whose hands are all covered in the blood of Syrian children, cannot be ashamed by pictures of its victims – we’ve tried that before.”

It’s a common tale to come out of Washington and the US media, in an apparent attempt to gain support for American foreign policy when it comes to Russia and Syria – in particular, a new military intervention. However, US officials and media appear to be focused on some war victims, while turning a blind eye on victims of campaigns the American military took part in, be it in Syria’s Raqqa or Iraq’s Mosul. In his infamous comment on CBS, US Defense Secretary Jim Mattis said civilian deaths in the war against terrorism are merely a “fact of life.”

In addition, America seems to ignore the plight of children in Yemen, many of whom are on the brink of famine. Instead, Washington continues to assist the Saudi-led coalition in its bombing campaign. And it wasn't long ago that US President Donald Trump touted America’s billion-dollar arms sale to Saudi Arabia.

Then there’s Afghanistan, where the US has for years been responsible for deaths and injuries of innocent civilians – including children. Their stories have been left untold in the mainstream media. Some of the relatives of those killed by American troops have been trying to fight for justice, but the most they can usually get is a formal apology.

One can only wonder if the US administration itself can be “ashamed” of the daily victims of wars it started or facilitated – all the while using children to justify new invasions and bombing.
posted by ZUKUNASHI at 17:23| Comment(0) | 国際・政治

韓国内の放射性物質汚染はまだ日本よりもマシ?

管理人は、韓国内では放射性物質汚染が強いところもあるとの情報を信じていました。ソウルの街中で女性が測定器を持ってあちこち測って回る動画も見た記憶があります。

それで韓国産食品の消費にも慎重だったのですが、最近になって韓国内で個人が測定している空間線量率などを観察して、どうもそれほど高くないのでないかと思うようになっています。

今年に入って対馬の北部に規制庁のモニタリングポストが設置されました。これをホワイトフードのマップで観察していると、南寄りの風で降雨がある場合にランプが点灯します。

まだ期間が短く、季節は冬だけですからより長期にわたって観察しなければなりませんが、北部対馬に関しては、大気中の放射性物質濃度は、どうも日本からの気流が強い際に上昇するとの印象を強く受けています。

管理人は、韓国語が読めませんので韓国に関する情報の入手ができていません。正しい情報、客観的な情報を得るにはどうしたらよいのか、まだ方法を探りあぐねています。

日本の近海で獲れる水産物に関しては、管理人は全面ネガリストに載せて手を出しません。下の記事に関しては、韓国政府の判断に同調します。

※ 毎日新聞2018年4月10日 東京朝刊
東日本大震災
福島第1原発事故 水産物禁輸巡り 韓国政府が上訴 WTO勧告に不服
 【ソウル共同】東京電力福島第1原発事故を理由に韓国が福島など8県産の水産物輸入を禁止している問題を巡り、世界貿易機関(WTO)の紛争処理小委員会(パネル)が是正を勧告したことを不服として、韓国政府は9日、2審に当たる上級委員会に上訴したと発表した。

 韓国政府は「食の安全の重要性などを考慮した場合、パネルの判断には問題がある」としている。

 紛争処理は2審制で、パネルは2月に禁輸は「不当な差別」だと認め、是正を勧告する報告書を公表。一連の規制を巡って提訴した日本の勝訴となったが、韓国側は上訴する意向を示していた。聯合ニュースによると、上級委員会の結果が出るまで輸入禁止措置は継続する方針という。

 韓国は原発事故を受け、青森、岩手、宮城、福島、茨城、栃木、群馬、千葉8県の水産物の輸入を禁じている。日本は科学的根拠がないと反論したが覆らず、2015年8月にWTOへ提訴した。
posted by ZUKUNASHI at 10:31| Comment(3) | 福島原発事故

ロシア:ミサイルを撃墜し発射施設を攻撃と表明 シリア危機

the Jerusalem Post April 11, 2018 08:22
Russian official: If U.S. attacks, we will return fire to launch positions
IF the U.S decides to attack Syria militarily in response to the chemical attack in Douma, Russia will intercept its missiles and target the sources they were fired from, Russia's ambassador the Lebanon said on Tuesday.
During an interview to the Hezbollah-linked Al-Manar news site, Alexander Zasypkin accused Washington of using the chemical attack, which Russia denies took place, to stage an attack against Russia's ally Syria.
“If there is an American strike, then we ... will shoot down rockets and target the positions from where they were launched,” Zasypkin said. “In the past few days, we have seen an escalation towards a significant crisis."

RT2018/4/11
Any US missiles fired at Syria will be shot down, launch sites targeted – Russian envoy to Lebanon

共同2018/4/11 18:58
米、大規模なシリア攻撃検討か
英仏と連携、態勢着々
【ワシントン共同】シリアのアサド政権による化学兵器使用疑惑への対抗措置として、トランプ米政権は昨年4月の攻撃より大規模な軍事行動を検討しているもようだ。周辺に展開する米海軍のミサイル駆逐艦2隻に加え、空母も地中海に向かう予定。英国やフランスとも連携を進めており、フランスのマクロン大統領は10日、近日中に「強力かつ合同の対応」を発表すると表明した。共同軍事行動を想定した態勢を着々と整えつつある。

RT2018/4/11
Trump: Get ready Russia, missiles will be coming, nice and new and ‘smart’!
Donald Trump warned Russia to "get ready" after Moscow vowed to shoot any missiles fired at Syria down. "They will be coming, nice and new and smart," Trump tweeted.

Donald J. Trump@realDonaldTrump
Russia vows to shoot down any and all missiles fired at Syria. Get ready Russia, because they will be coming, nice and new and “smart!” You shouldn’t be partners with a Gas Killing Animal who kills his people and enjoys it!

The tweet appears to be an unofficial announcement of the "major decisions" which Trump said Washington would soon be making regarding the alleged chemical attack in Syria.

It comes after Russia vowed to shoot down any US missiles aimed at Syria. “If there is an American strike, then we... will shoot down the missiles and target the positions from where they were launched,” Alexander Zasypkin, the Russian envoy to Beirut, said on Wednesday. “In the past few days, we have seen an escalation towards a significant crisis."

Trump has been quick to point the finger at Syrian President Bashar Assad regarding the alleged chemical attack, despite the fact that investigators from the Organization for the Prohibition of Chemical Weapons (OPCW) have yet to begin an official investigation into the matter.

His allegations also come after the Russian military traveled to the scene of the alleged incident and determined that there was no evidence of any chemical attack.

Trump isn't the only US official to prematurely point the finger at Assad. US ambassador to the UN Nikki Haley was quick to call him a "monster" following reports of the alleged attack. She referred to the Syrian government as a "murderous regime."

Meanwhile, Russia's Ambassador to the UN Vassily Nebenzia has warned against the US carrying out an "illegal military endeavor," adding that he hopes Washington "comes to its senses."

Trump has been holding calls with his British and French counterparts. It remains unclear whether the UK will take part in military action, after a report in The Times suggested that Prime Minister Theresa May is waiting until there's evidence of Syria's culpability for the alleged attack.

RT2018/4/11
Moscow to Trump: Are ‘smart’ missiles an attempt to destroy alleged chem attack evidence in Syria?
Responding to a threat from US President Donald Trump, who said Russia should prepare for “nice new and smart missiles” launched by America at Syria, Moscow said if the weapons were smart, they would target terrorists.

“Smart missiles should fly towards terrorists, not [Syria’s] lawful government, which has spent several years fighting against international terrorism on its territory,” Russian Foreign Ministry spokesperson Maria Zakharova said in response to Trump’s tweet on Wednesday.

She added the US may be seeking to undermine an inspection by chemical weapons experts, who are planning to investigate on the ground in Syria after the alleged attack which sparked the current confrontation between Russia and the US.

“Are the OPCW inspectors aware that smart missiles are about to destroy all evidence of the chemical weapons use on the ground? Or is that the actual plan – to cover up all evidence of this fabricated attack with smart missile strikes, so that international inspectors had no evidence to look for?” Zakharova asked.

Trump’s threat comes in apparent response to remarks by Russia’s ambassador to Lebanon, Alexander Zasypkin, who said Russian troops deployed in Syria have legal grounds to shoot down any American missiles attacking targets there, and may do so in case of an attack.

FARSNEWS2018/4/11
US Mulls Powerful Strike on Syria, 22 Targets Include Russian Sites
TEHRAN (FNA)- While Moscow and Damascus are pressing for a fair investigation, maintaining that it was a false flag attack, US President Donald Trump and his advisers have been discussing a military response to the alleged chemical weapons attack in Syria’s Douma.

According to the New York Times, White House staffers and national security officials are concerned that an attack of the same scale as last year’s strike on a Syrian base would prove ineffective at halting Damascus, Sputnik reported.

The US Administration officials expect that use of force is the only credible deterrent against further chemical attacks, suggesting hitting a few targets and extending strikes beyond a single day.

The White House has also canceled the President’s long-scheduled trips to Peru and Colombia so that Trump may focus on response to Syria.

At the same time, US authorities are not disclosing the details of the potential military response, however, the President has recently spoken with several world leaders, including French President Emmanuel Macron, Qatari Emir Tamim bin Hamad Al-Thani, UK Prime Minister Theresa May, and agreed not to allow chemical weapons to be used in Syria, while it remains unclear whether any of Washington allies will take part in the strikes.

Earlier, the US Navy had announced its decision to deploy the USS Harry S. Truman Carrier Strike Group to the Middle East, along with the guided-missile cruiser USS Normandy and destroyers USS Arleigh Burke, USS Bulkeley, USS Forrest Sherman and USS Farragut. While the Navy has described the move as a “planned redeployment”, it came shortly after Washington had accused Damascus of using chemical weapons.

According to a report by Turkish media, the US has designated 22 top targets on Syria’s territory. The targets are reportedly located in the province of Homs, as well as near Russian naval facility in Tartus, where Russian servicemen are currently deployed.


It added that the United States, the UK, France and Israel will carry out coordinated airstrikes against Syria, paying particular attention to military airbases in Homs, Damascus, Tartus, Hama, Deir Ezzur, Raqqa and Al-Hasakah. The allies will reportedly use land, sea and air missiles to attack Syria.

Washington is weighing a military response after several media outlets reported, citing militants, that the Syrian authorities had used chemical weapons against civilians in the city of Douma in Eastern Ghouta, with the infamous White Helmets posting unverified pictures and videos allegedly showing the aftermath of the chlorine gas attack. Mainstream media immediately picked up the story, with some reporting that tens of people had died of “widespread suffocation”.

The United States immediately accused Damascus of the attack, claiming that the Syrian government, who has a "history" of using such weapons, was “not in dispute”. The US President held a phone conversation with his French counterpart, having “exchanged data” allegedly confirming the weapons’ use in Douma, and then made another call to the UK PM to discuss the issue. The three leaders have agreed to cooperate closelywith international partners to hold the perpetrators accountable.

Meanwhile, Syrian officials have denied the allegations, arguing that the chemical attack was staged by terrorists, and the government did not need such measures to curb the militants, as the armed forces had nearly liberated Douma.

Responding to the typically unverified claims, the Russian Defense Ministry stressed that the reports about the alleged use of weapons of mass destruction by the Syrian forces were being spread by the White Helmets, who have been repeatedly busted for fabricating stories and providing fake footage. According to Moscow, no traces of chemical agents had been found in the area where the alleged attack had taken place, and the information was being used to undermine the ceasefire in Syria and prevent the envisaged evacuation of militants from Douma.

The Russian Reconciliation Center has spoken with doctors in the town, as well as the Syrian Red Crescent, who reported that they had not received any patients with signs of chemical poisoning.

A year ago, the US President ordered the launch of 59 Tomahawk cruise missiles on Syria’s Shayrat military base in response to another unverified chemical attack, when his daughter Ivanka, “heartbroken and outraged”, showed pictures of babies allegedly affected by sarin gas used by Bashar al-Assad.

Media reported, based on data provided by the White Helmets, that a chemical attack in the town of Khan Sheikhoun in Idlib province which killed 80 people and injured over 300 – the incident was blamed on Damascus, which vehemently denied the accusations, saying that the government could not use chemical weapons, because it had one, as was confirmed by the OPCW.

FARSNEWS2018/4/11
Official: Russia to Respond Instantly If Its Military in Syria Hit by US Strike
TEHRAN (FNA)- First deputy chairman of the Russian upper house's Defense Committee Yevgeny Serebrennikov said Wednesday that Moscow will respond immediately if its military in Syria gets hit by a possible US airstrike.

Russia’s Hmeymim airbase and Tartus naval base, as well as Russian servicemen deployed in Syria are under firm protection as the United States is anticipated to carry out airstrikes in Syria in response to an alleged chemical weapon attack in the city of Douma, Serebrennikov told Sputnik.

“As the Defense Ministry has already pointed out, the Russian military bases in Hmeymim and Tartus are under firm protection. At the same time, we expect that in the event of US strikes, if any, the lives of our servicemen will not be in danger. I think that the United States understands this and will not allow it, because otherwise Russia's response will be immediate, as the chief of the Russian General Staff has said," Serebrennikov stressed.

ロイター2018年4月12日 / 07:11
トランプ米大統領、シリア対応の具体的な日程まだ策定せず=報道官
[ワシントン 11日 ロイター] - 米ホワイトハウス報道官は11日、トランプ大統領は化学兵器使用疑惑が出ているシリアに対する行動の具体的な行程表をまだ策定していないと述べた。
サンダーズ報道官は、大統領が軍事行動以外にも複数の選択肢を持っており、すべての選択肢はなお検討段階にあると説明。トランプ氏は化学兵器が使用されたことの責任はロシアとシリア政府にあるとの立場を示していると述べた。

トランプ氏はこの日、シリアでの化学兵器使用疑惑を巡りアサド政権を支持するロシアを批判した上で、「ロシアはシリアに向け飛来する全てのミサイルを撃墜するとしているが、ミサイルは飛んでくるので備えた方が良い。立派で新しくて高性能なミサイルだ」とツイッターに投稿。

・・・引用終わり・・・

トランプのこのツイッター投稿に関してロシアのザハロバがただちに化学薬品使用の検証ができなくするためか、スマートなミサイルはテロリストに向けて撃つべきではないかと応酬。クレムリンはツイッター外交はしないと応じました。

上のロイターの記事にありますが、米軍の方針決定が遅れているようです。できるだけ多くの同盟国を巻き込みたいと働きかけを行っているのでしょう。そして、米軍部自体にためらいがあるはずです。地中海東部に集結した艦船からシリアに向けてミサイルを打つ予定ですが、ロシアはミサイルが撃ち込まれたら発射元を攻撃すると述べ、軍出身の国会議員が登場して決然と米軍を威嚇しました。

ロシアがS400や航空機から米国の艦船を攻撃し、それが沈没するようなことになれば、何十人の単位で死者が出ます。米国内でもシリア国内での偽旗作戦を批判する人は多く、ましてやそれを口実に軍事行動に出て多数の米国人犠牲者が出たら、軍部が批判され責任を問われます。

いくら狂犬と呼ばれるマッチスでも、無謀なことはできないでしょう。戦争勃発時にミサイルを発射した敵の基地を叩くのはこれは常道です。米軍がミサイルを発射、ロシアがインターセプトすると同時に米軍の艦船を攻撃するとなれば、逃げ場のない足の遅い艦船が圧倒的に不利です。

ロシアはこの1か月ほどの間に兵器や弾薬を大量にシリアに運び込んでいます。そう簡単に弾が切れることはない。やられればやり返す。

米国がどのような作戦を編み出すのか注目です。
posted by ZUKUNASHI at 10:05| Comment(4) | 国際・政治

スクリパル中毒事件 私はこう見る

2018/4/5、RTがスクリパルの娘が健康を回復し、ロシア国内のいとこと会話をしたとの情報を流しました。父親も回復困難な病気ではないと述べています。

数日前から娘のYuliaの容態は安定している、回復していると伝えられていましたが、父親も意識不明ではないようですから、どうなっているの? というところです。

英国の化学兵器などの分析能力のある研究所は、スクリパルの暗殺に使われた神経毒の出所は確認できていないと述べています。

ボリスジョンソンは背後にいるのはロシアだと断言してきましたし、メイも断定的な発言をしてきました。それがここにきてすべてが「混乱状態」となりつつあります。

英国外務省は、神経毒がロシア製だとするツイートを抹消しつつ
これまでの説明と何ら齟齬はきたしていないと強弁。

被害者が亡くなっていない、深刻な障害を受けていないのならこの陰謀ドラマは複雑さがさらに増します。

スクリパル娘が退院してどこか安全な場所にいる、そして警察を通じてステートメントを発表。英国に渡りたいとの希望を表明していた従妹との接触を拒否。ロシアの領事関係者とも会わない。

スクリパル父子が米国やカナダに移る話も出ています。仮にスクリパル父子が本当にロシアから命を狙われたとしても、なぜ英国や米国がそこまでするのか。役に立つ情報をもたらす亡命希望者なら第三国にかくまうことはありうるでしょうが。彼らがそんなに機微な情報を持っているとは思えない。

スクリパル父子は、アクターとして抜擢された。偽旗作戦?の舞台裏をしゃべられては困るので特にロシア大使館やメディアが接触できない場所に移す。生活は保障するということになるのでしょう。

さて、次はどんな新事実が出てくるか。

スクリパル中毒事件は、英国が具体的な証拠を示さないままロシア非難を続け、米国の同盟国でロシア外交官の追放などの動きが広がっています。

米国が欧州諸国より少し間をおいてロシア非難の動きを強めました。米国が英国と同時進行的に非難を開始しなかったのが意外でしたが、どうも米国が仕掛け人なのではないでしょうか。

英国を舞台にロシア非難のための偽旗作戦をやる、メイやボリスジョンソンにその話が伝わったのがいつか分かりませんが、当初から証拠もないのにロシアの仕業だとあれだけ騒ぎ立てるのは尋常ではなく、英国首脳が追い詰められていたことの表れと解釈できます。

EU各国もロシア外交官追放の動きに出ていますが、依然として証拠は示されていません。これだけの影響力を行使できるのはNATOを握る米国です。カナダ、オーストラリアまでロシア外交官を追放しています。

外交官追放合戦の後は経済制裁でしょうか。

フランスが英国から資料の提供を受けその専門家が鑑定したそうです。フランスにも英国にも米国にもこういう化学兵器の研究をしている部署があり、現に物を作っていることになります。シリアでテロリストに化学薬品を使わせて人を殺しそれをシリア政府軍の責任に転嫁して攻撃する。これは米国がやりましたし、仏も同調しています。欧米主要国は化学兵器の拡散を恐れ、独占したいと考えているのです。

ロシアは仕掛け人が誰かはとっくに分かっています。シリアで米国を負かし、軍事面でも新世代武器を披露してNATO諸国に対する米軍の面目を丸つぶれにしました。あれだけやれば、米国から仕返しが来ることは読んでいます。しかも、最近ロシアは米国とテロリストとの深い仲を公然と指摘するようになっています。

今米国ができる仕返しは、このような偽旗作戦でロシアに嫌がらせをやることだけです。

2018/4/2のRTの記事によると、娘のYulia SkripalのSNSアカウントに危篤状態にあった2018/3/7の朝にアクセスがあったとされています。
Последнее посещение 7 марта 2018 в 8:35
https://vkfaces.com/vk/user/y.skripal
管理人が脳梗塞で意識不明・緊急入院中なのに、記事の更新日付が入院後になっているのと同じです。IDとパスワードを知っている別人がアクセスした可能性もありますが。

このSNSは、ロシアのサンクトペテルブルクに本社があります。ロシア当局は、当然最終アクセスがどこから行われたか、調べています。それはおそらくロシア国内ではない。

状況証拠は日々悪化です。

米中貿易戦争も始まりそうです。米国の置かれた状況は大変悪い、打開策もないという極めて厳しい状況を反映しているように思えます。

2018/3/28、ぜんまいPCさんからコメントが寄せられました。引用開始。

米英支配層の出来の悪い芝居だと思います。
この件ではBS1の「ワールドニュース」のBBCとロシアTVの放送が真相を知りたい者には貴重だと思います。ロシアTVは自制の効いたロシア政府の態度を伝え、BBCは露骨にプロパガンダ機関を演じています。
 3月12日 午前5時放送(BBCの放送は日本時間午前3時)に出来の悪い芝居だとよくわかる部分があったので書き起こしました。(ちょっと長いですが)

「・・・BBCが入手した情報によると、二人が使ったテーブルは汚染がひどく、廃棄処分する必要があったという事です。主席医務官は、4日午後と5日にこのパブとレストランにいた人に次のアドバイスをしています。」

「まだ洗っていなければ、服は出来れば洗濯機で洗ってください。洗濯できないドライクリーニング向けのものは、更に情報が出るまで二枚重ねのプラスチック製の袋に入れておいて下さい。電話、ハンドバッグやその他電子機器などは赤ちゃん用のウェットティッシュで拭いて、ティッシュはゴミ袋に入れて処分してください。洗濯機が使えない、アクセサリーや眼鏡など硬いものは洗剤を入れたお湯で洗ってください。」

@この主席医務官(Dame SALLY DAVIES Chief Medical Officer,England)は街かどで立ち話でもするように濃いサングラスを掛けたまま「アドバイス」をしている。彼女はデマの片棒を担ぐ芝居に自信が無かったのでサングラスで眼を隠したらしい。そもそも、それほど危険だというなら、汚染があるかも知れない一般市民にそのような伝え方をすべきではない事くらいは知っているはず。

Aこの医務官は市民が「アドバイス」を実行するのにビニール手袋をしなくても良いと知っている。つまり、汚染など無い事を知っていた。汚染の恐れがあるなら一般人には「触るな」が最初の指示であることは、医療従事者なら初心者でも知っている事。

 スクリパル氏と娘は英当局の生贄にされたのではないかと思います。ロシアのガスをEUに買わせないようにし、ワールドカップをめちゃくちゃにし、ブレグジットの大失敗から国民の眼を逸らし、第3次世界大戦で何もかも御破算にするために。仮に父と娘がどこかでピンピンしているとしても世界にとってはもはや少しも救いにはなりません。

・・・引用終わり・・・

ぜんまいPCさん ありがとうございます。テレビないのでご教示いただいて初めて知りました。洗濯しろという指示はテキスト情報でも流れていましたが。テーブルも汚染されていた?

ご指摘の@とA、その通りですね。

・・・以下は以前書いたものですが、もう事実関係などどうでもよいことになっています。少なくとも米国欧州主要国にとっては。・・・

毒物については国際機関に鑑定のため提出されており、それがノビチョークだとの前提で議論が展開しています。

ノビチョークは、ロシア人が開発した二剤式の毒薬
製法のテキストは、30ドルで市販されている。

ノビチョークは、ソ連崩壊後旧ソ連邦各国に保存されていたとの説があり、ウズベキスタンに工場が残り、ウクライナも保有していた可能性があるとされています。

ロシアのザハロバによれば、ノビチョークの起原として可能性があるのは、the Czech Republic, Slovakia, Sweden, the United Kingdom, or the United States。

ロシアが、スクリパル中毒事件で使われたノビチョークの分析を求めているのは、それによりノビチョークの由来、同一性が鑑定できるから。

英国は、スクリパル中毒事件で使われたノビチョークのロシアへの提供は依然として拒否。

ロシアの国連大使は、英国の科学者が短期間で分析を終え、ロシア起源と断定したことに疑問を呈している。英国が製法を有しているとの示唆も。

現場での傷害発生状況、スクリパル父子がほぼ同じ時間に発症したこと、現場にかけつけた警官の一人が重い症状を示したこと、他の警官に目のかゆみや息苦しさを訴えた者がいた。

ロンドン警視庁の対テロ責任者は、「2人は個別具体的に標的にされた」と述べており、他の公衆とは関係なくという意味か。

警察が捜査し、その結果に基づいて政治が動くのではなく、ボリス・ジョンソン、メイ首相とあっという間に政治のトップレベルに上がり、ロシアに責任を押し付けようとする動きが極端で露骨。

ロシア外交官23人の追放
内閣の新しい規制を導入する権限を強化
ロシアとの結びつきの制限
ロシア(ロシア人)の資産凍結

英国は、首相自らが動かなければならない重大な危機に瀕していることの現れ。

ロシアの核非拡散・武器規制局長ウラジミール・エルマコフは、3/21、ロシアの各国大使館の代表と会談し、その後のブリーフィングで、ユリアはロシア市民であり、スクリパル父子への攻撃はロシア市民に対するテロ行為だとモスクワは考えていると述べた。

Ermakov said ・・・“Logic suggests that there are only two possible things. Either the British authorities are not able to provide protection from such a, let’s say, terrorist attack on their soil, or they – whether directly or indirectly, ・・・ have orchestrated an attack on a Russian citizen,

66歳男性一人だけならその人が亡くなっても心臓麻痺や原因不明の死として片付けることもできますが、33歳の女性が同じ時刻、場所で倒れたとなると加害者の存在は疑いようがありません。

スクリパル父子が意識不明とはいえ、生存していることも当局には重大な懸念材料。もし意識が戻ったら何をしゃべるか分からない。

このように考えれば、英国の情報機関は、スパイの親族も殺すテロ集団と非難されることをなんとしてでも避けなければならないのだと思います。

スプレーで毒物をスクリパルの顔に吹き付けたのではないかと推測も出ています。スクリパル父子の写ったCCTVに前後して金髪の女性が写っていたとされ、その女性の行方が分かっていないとされています。

英国の国防大臣が、「ロシアは黙っていろ」と述べロシアが強く反発しています。
ロシアの英国大使は、スクリパル父子の画像がないと指摘。本当に病院で意識不明なのか疑問を呈しています。そのうえでこの事件は英国のEU離脱による後退から国民の関心をそらす目的があると指摘しています。

他に、ロシアの天然ガスパイプライン、ノルドストリームの建設を止めるためという見方も出ています。このケースでは仕掛け人は米国となります。米国議員がノルドストリームの建設を止めろとホワイトハウスに要求しています。

ソールズベリーから8マイル離れたところには秘密化学研究所があり、英国当局には、$66.8 million、約70億円を投じて化学兵器防衛センターを作る計画がある。

ロシア外務省のザハロバは、英国とその同盟国はスクリパル中毒事件をシリアの化学兵器と結び付けたがっていると述べた。

・・・・

まだまだ分かりません。
@ まったくの偽旗作戦。スクリパル父子は、症状を発現させるためフェンタニルの過剰服用などを行ったのかもしれないが、致命的な毒薬への曝露はない。
目撃者は、「ベンチに年上の男の人と年下の女の子のカップルがいた。女の子は彼に寄りかかっているようで、気を失っていたように見えた。彼は何か不思議な手の動きをしていて、空を見上げていた」と語っている。場合によっては全くの演技かもしれないが。
英国当局がこの事件を仕組み、ノビチョークは使われていないし、被害者もそれほど深刻な状態ではないから英国は証拠を出せない。
元スパイだけでなく、その娘までが巻き添えでソ連製の神経毒を使った暗殺未遂の被害者になるという怖さを国民に印象付けてブレイグジットの悪影響を案ずる国民の目、意識をそらさせる。
国防大臣のロシアは黙っていろとの発言は、英国内部で考案、実行された偽旗事件であることを示唆するとも受け取れる。

A 目的は、同じくスピンだが、ノビチョークかそれ相当の毒薬が使われた。スクリパル父子は、傷害を受けている。ロシアを犯人扱いするためにノビチョークの名前が出ている。この場合には、なぜ娘を巻き込んだのかという疑問が残る。後で事実が発覚したときのリスクはとてつもなく大きい。

B ノビチョークを使用した暗殺未遂事件。仕掛けは米国で欧州の反ロ感情を煽るのが目的。ノビチョークの出所はロシアではないから、これの分析を担当する国際機関が板挟みになり、真相は出てこない。

本来ひっそりと原因不明で終わるはずのものが、手違いで娘が巻き添えとなったために、英国政府が先手を取ってロシアに責任を押し付けた。
posted by ZUKUNASHI at 09:09| Comment(3) | 国際・政治

Syrian rebel militants to launch counter-offensive if US strikes Assad troops – commander

RT2018/4/11
Syrian rebel militants to launch counter-offensive if US strikes Assad troops – commander
Syrian militants will launch an offensive to capture government-held areas, if the US goes ahead with a strike and weakens the Syrian Army’s positions, a rebel commander has said.

In a hardly surprising admission, an oft-cited Free Syrian Army (FSA) commander said the possible strike against Syria mulled by US President Donald Trump would play into the hands of militants seeking to topple Syrian leader Bashar Assad.

“We will try to take advantage of this strike on the battlefield first of all, since these strikes will lead to the dispersion of the regime's forces, the chaos in its ranks and the rout of the regime. Such circumstances will subsequently prepare the armed forces of revolution for launching attacks, during which it will be possible to regain control of certain areas and capture new ones,” Fateh Hassoun told RIA Novosti, also arguing that the possible US strike would pave the way for “real” negotiations.

“As forces of political opposition, we will use the political weakness of the regime. It can possibly become an influence lever to push Russia in order to start real negotiations,” Hassoun said.

Washington has been threatening to launch an attack on Syria following a reported chemical incident in the city of Douma, which supposedly occurred on Saturday. Pro-militant sources accused the Syrian army of dropping a chlorine-filled munition on the area, killing and injuring dozens of civilians. Russian military specialists who visited the location of the alleged attack after the militants left the area, found no signs of chemical weapons use or victims of the purported incident.

Trump vowed to make a “major decision” following the reported incident. On Wednesday, he confirmed his intention to launch strikes on Syria, tweeting that Russia should “get ready” and brace for the incoming missiles, which would be “nice and new and ‘smart.’” Ahead of the US president’s statement, Russian officials vowed to shoot down any incoming projectiles in Syria and target the locations from which they would be launched.
posted by ZUKUNASHI at 01:32| Comment(0) | 国際・政治

東グータでシリア軍が英軍兵士を捕獲 NATOの兵士がテロリストとともに活動している これが欧米の侵略戦争であることの何よりの証拠です

アレッポ解放作戦の最終段階で外国軍の兵士がやはり捕獲されています。インテリジェンス情報を入手し、作戦を指示するのが役割です。何度も書きますが、テロリストは米英、サウジなどが雇った傭兵です。戦闘に関しては素人です。それを指揮するのはテロリストにはできない。形の上では悪名高い指揮者もいましたが。彼らはあくまでも手足です。この記事ではイスラエルやNATOの名が出てきます。トルコも。この種の情報はRTは伝えません。FARSNEWSはこういう極めてデリケートな情報も伝え、シリア内戦の実情を暴露しています。
アレッポでも東グータでも外国軍兵士が逃げられなくなると、米国が停戦を要求します。テロリストがどんどん倒されていても彼らに降伏しろとは言わず、最後の一人が死ぬまで戦わせるのです。

FARSNEWS2018/4/11
Syrian Army Captures British Military Men in Eastern Ghouta
TEHRAN (FNA)- A number of British military men were held captive by the Syrian army in Eastern Ghouta of Damascus, media reports disclosed on Wednesday, saying that they had infiltrated the region for the last month US plot to attack Damascus in collaboration with terrorists and NATO forces that failed.

The Arabic-language al-Mayadeen news channel's correspondent in Moscow reported that a number of British forces have been captured during the military operations in Eastern Ghouta.

Earlier reports had disclosed last month that foreign military forces were deployed in Eastern Ghouta of Damascus to launch a ground assault against Damascus in cooperation with the US.

The US and Israel planned to launch attacks on Damascus from several fronts in collaboration with the NATO and Jordan, but the plot failed after the Syrian army scored rapid, major victories in Eastern Ghouta.

Informed sources disclosed that the US and Israel intended to support the terrorists in Eastern Ghouta by airstrikes so that they could capture vast areas of Damascus to pave the ground for the Syrian government's collapse.

"After the plot was disclosed, the Syrian-Russian military commanders started operations in Eastern Ghouta to repel it," the sources said.

After the failure of the plot in March, the US and Turkey sought to rescue the foreign militants trapped in Eastern Ghouta of Damascus and take them to Idlib as they were facing the Syrian army's rapid advances in the region.

After the army's expanding march in Eastern Ghouta and failure of the US-Israeli plot to conduct an effective offensive on Damascus, the US command center rushed to evacuate allied militants and agents operating for Israel, Jordan and NATO from the region.

Informed sources then said although the Turkish officials said they were ready to help evacuation of al-Nusra Front (Tahrir al-Sham Hay'at or the Levant Liberation Board) terrorists from Eastern Ghouta to take them to Idlib, this seemed to be a cover as they really meant to rescue their special foreign forces that were among the ranks of the Al-Qaeda-affiliated Al-Nusra in Syria.

"Therefore, the US has ordered Jeish al-Islam, Faylaq al-Rahman and other terrorist groups to allow evacuation of civilians from Eastern Ghouta to army-held regions in a bid to provide the ground for these foreign agents to also leave Ghouta in disguise and enable the Turkish intelligence service to send them to specified regions in al-Tanf and Northern Syria which are under the control of the US troops," they said.

Yet, the US operations room in al-Tanf base ordered end of all operations by the aforementioned allied forces after the terrorists were defeated in Eastern Ghouta and the collapse of the two towns of al-Nashabiyeh and al-Mohammadiyeh on the first days of the Syrian army's offensives in Eastern Ghouta.

Also the US CENTCOM urged withdrawal of allied forces from Eastern Ghouta to Arabayn, Zamalka and Douma before dividing Ghouta into three areas to pave the ground for their withdrawal from Ghouta region.

Militants allied to the US troops in Eastern Syria had revealed in March that the US planned to stage the attack in a different region further to the East between the provinces of Homs and Deir Ezzur.



posted by ZUKUNASHI at 00:42| Comment(0) | 国際・政治