ずくなしの冷や水

2018年04月30日

地震、事故があったらすぐ確認

この記事は先頭に置くため先日付になっています。
@ 震源と震度を知る サイトの例強震モニター震源分布図
A 福島第一原発をライブカメラで見る。フクイチライブカメラ1号機側(次の4号機側の画面から入り中で切り替え)、フクイチライブカメラ4号機側長者原定点カメラ
B 空間線量率の変化を見る 全国MP30日平均比変化 ホワイトフード全国の放射線量 エリア別統合グラフ原子力規制委員会 放射線モニタリング情報東京都練馬区GM-10リアルタイム測定値ガイガーカウンター リアルタイム 観測網離島調査千葉・茨城の線量率福井原発銀座の線量率静岡の線量率神奈川の線量率
C その日の気流の流れを見る 直近の風向風速スイス企業による日本の天気予報地球全域の気流そらまめ君
そらまめ君の花見川第一小学校へのリンク
D 感度の高い人たちの反応を知る 桑ちゃん氏
E 高速道路の混み具合を見る サイトの例
F JRの運転状況を知る サイトの例
G 停電状況を知る 東京電力管内
H 海外の空間線量率 欧州の空間線量率 欧州の空間線量率2米国のモニタリングマップ

リアルタイム空間線量率 G5 千葉県北西部屋内


・・・・・・

ブログ・サイト紹介

山の我が家 内容日々充実、これだけ内容豊富のブログは少ない。
モトコのブログ モトコさん、父上のお世話がんばってください。
五線紙と周期律表 周期表・元素一覧同重体元素系列図(126-135)
mountain addiction 登山・トレイル・ウルトラマラソンその他色々
カイトのブログ「放射能から身を守ることを中心に書きます」とあります。アラフォーの男性の堅実なブログです。
南富良野町のカフェレストラン カレーが売り物のようです。
浦安市の整体院 腕はピカイチと聞いています。
ここで紹介したことも寄与して知名度が上がったとの声をいただいています。商業的なものの掲載には、寄付・カンパを寄せてくださった方の推薦が必要です。読者層は、被曝回避、健康維持、国際問題の動向に関心のある成年男女です。
posted by ZUKUNASHI at 22:34| Comment(39) | 原発事故健康被害

初めてこのブログを読む方へ

この記事は先頭に置くため先日付になっています。
このブログの管理人は、自民党政権の言論抑圧、縁故利益供与政治に強く反対しています。多くの人の反対にもかかわらず共謀罪創設は議会のルールを踏みにじって成立しました。
 
日本は三流国です。これからもっとひどくなります。政府に反対の言論を展開して逮捕されたくない方は、このブログにコメントを書き込むことはもちろんのこと、閲覧もお止めになることをお勧めします。

このブログは、言論抑圧、縁故利益供与、軍国化政治に反対し続けます。

個人がネットで何を見て、どんな情報を発信しているかは、海外では情報当局が容易に把握しうる仕組みになっていることは知られています。


このブログは、この6年間、放射能問題に特化して情報を集め整理記録してきました。信頼できる情報の提供や投稿も増え、多くの方の協力で運営されてきました。

筆者は、このブログ読者からの経済的支援以外にはどこからも経済的利益の供与を受けておらず、政治的にあるいは文化的にどこかのグループに属していることもありません。

福島第一原発事故が筆者にとっては2回目の原発事故、被曝要因になります。1回目には情報もなく家族の身を守るために大変苦労しました。

健康被害の増大に伴って警告を主体に記事を書いてきましたが、2017/7は親しい友人の社会的に高い地位の友人が肺がんを発症し脳に転移して放射線治療を受けていることが判明しましたし、知人友人から深刻な健康被害の実例を立て続けに知らされました。すでに被曝回避を呼びかける段階は終わったと悟りました。日本人は権力や権威に対してとても従順で命を差し出すことも厭いません。

被曝から自分の家族の健康や命を守ろうとする場合には、過去に書いた記事は今でも有用と考えていますので、残してあります。意味が薄れたものは、おいおい整理していきます。



このブログまたは付随のホームページに掲載された内容に著作権者の立場からご異議のある方は、お手数ですがコメント欄からお知らせください。直ちに対処します。
posted by ZUKUNASHI at 21:06| Comment(2) | 福島原発事故

Dear readers outside Japan / Estimados lectores de este blog

The writer of this blog (myself) is a Japanese man with a varied professional experience who will turn 70 in a few years: I have worked in a large organization in Japan, have also worked abroad, have gone through redundancy, and worked in a part-time job at close to the minimum wage.

Now that I don’t work any more and that I’m in a fortunate enough situation where I don’t have to shiver from cold or starve, I thought I would use my spare time and experience for something useful for society and started a blog in 2005.

It has been a while since Japanese society stopped caring for the socially weak. The nuclear crisis at the Fukushima Daiichi Power Plant has marked the final confirmation of this. We have been deprived of our humble pleasure of eating. Staying healthy has become a struggle. In other words, our right to health or even the right to life are being threatened. Threatened by the government and by some major firms. This angers me and my days are spent trying to fight against this situation so as to help this country go in a better direction.

It would be a great pleasure if I could share my concerns with you and that in doing so I were able to help this world, even if it is only in a small way.

Thank you for reading.

N.B. The graphs and tables in this blog are based on statistics of population dynamics, measurements of radiation in soil and food, and data from monitoring posts, all of which are provided by the government and municipalities. If judged as reliable, information gathered from tweets and blogs is also used for analysis.

・・・・・

El autor de este blog (Zukunashi) es un japonés con mucha experiencia profesional, quien trabajo por más de 40 años y cumplió 70 este año: ha trabajado en una organización grande en Japón por 30 años, incluyendo el trabajo en el extranjero. Zukunashi ha pasado por la redundancia y trabajado en un empleo a tiempo parcial, casi con el salario mínimo.

Ahora, como ya no trabajo más, y que estoy en una situación muy afortunado que no tengo que temblar de frío ni sufrir de hambre, pensé que aprovecharía mi tiempo libre y mi experiencia para algo útil para la sociedad y comencé este blog en el 2005.

Ha pasado un tiempo desde que la sociedad japonesa dejó de cuidar a las personas socialmente vulnerables. La crisis nuclear en la planta de energía Fukushima Daiichi ha marcado a la comunidad japonesa. Hemos sido privados de nuestro humilde placer de comer. Mantener la salud se ha convertido a una lucha. En otras palabras, nuestro derecho de estar sano o incluso el derecho a la vida están amenazado por el gobierno y por algunas grandes empresas. Esta situación me enfada y dedico mis días tratando a la lucha contra esta circunstancia con el motivo de ayudar a este país para que se dirige a una dirección mejor.

Sería un gran placer poder compartir mis inquietudes con ustedes y que al hacerlo, ayudemos a este mundo, aunque sea un cambio pequeño.

Gracias por leer.

NOTA: Los gráficos y tablas en este blog están basadas en estadísticas de la dinámica de la población, las mediciones de radiación en el suelo y alimentos, y datos de seguimiento de mensajes, todos los cuales son proporcionados por el gobierno y los municipios. Si se juzgan como confiable, información de tweets y blogs también están utilizadas para análisis.

・・・・・

Index of articles in English

Índice de artículos en español

2017年01月21日
このブログは世界の人に読んでほしいです 翻訳転載歓迎

2015年09月06日
趣旨に反しなければ記事はご自由にお使いください

2017年04月09日
地域言語を使える方は 現地の方向けに被曝防止の警告を書いてもらえませんか?
posted by ZUKUNASHI at 18:13| Comment(9) | 日記

2018年04月24日

おやじに爺! よく見ろ! あんたの種は全滅だな

厚生労働省全国人口動態統計速報による出生死亡比率の変化度合いの測定
2009/1から2009/12の平均を基準として2017/3から2018/2の平均を指数化

出生死亡比率=出生数÷死亡数だから、この比率の低下が大きいほど新生児が減り死亡者が増えている度合いが強いことになる。

1月までは東京は東日本では健闘しているように見えたが。この勢いでは「裏日本」の石川県に抜かれるのもそう遠いことではなさそうだ。


過疎化の市町村が多い西日本の県よりも東京が「新生児が減り死亡者が増えている度合いが強い」ということは、いったいどういうことだ!


東京はとっくの昔に人口自然減に転落


種蒔きっぱなしで害虫駆除もしなければ、キュウリやなすでさえ育たないことは分かっているだろうに。
posted by ZUKUNASHI at 16:44| Comment(0) | 福島原発事故

If you ask the British government, though, she’s a ‘Russian bot

RT2018/4/23
‘I’ve seen the censorship’: Syrian blogger tells RT how she was labeled a ‘Russian bot’

Maram Susli, also known as Partisangirl, is a Syrian living in Perth, Australia. If you ask the British government, though, she’s a ‘Russian bot.’ London bases these claims on dodgy numbers from shady sources, Susli tells RT.

“Last time I checked, I’m a real human being,” said Susli. “The British government, they can’t even confirm that I’m not an automaton. How can we believe anything they have to say about the evidence they have for Skripal and Syria’s chemical attacks?”

Susli’s twitter handle, @Partisangirl, was referenced in a number of UK media outlets, who uncritically cited a British government analysis of alleged Russian-operated bot accounts. Partisangirl supposedly reached 61 million users with 2,300 posts over a 12-day period.

“I’ve only posted 900 tweets in 30 days,” Susli told RT, adding that the false number cited in the report comes from Ben Nimmo, head of the Atlantic Council’s Digital Forensic Research Lab (DFRLab). “He’s obviously been fudging these numbers, because that’s not what my analytics show.”

The Atlantic Council is funded in part by the Syria Campaign, the same outfit that is behind the so-called White Helmets, Susli said, and therefore has a vested interest in attacking anyone who brings up the connection between the White Helmets and Al-Qaeda.

Another member of the DFRLab is Eliot Higgins, also known as Bellingcat. As a chemist, Susli challenged Higgins’s armchair analysis of the 2013 alleged gas attack in Syria, and says that he’s had a vendetta against her ever since.

“They’re fudging numbers, they have personal vendettas, they have no credibility. And these are the people [UK Prime Minister] Theresa May is using as evidence to suggest that I’m automated,” Susli told RT.

Moreover, she is only one of the people being targeted by UK media outlets over the weekend; the others include several independent journalists and academics.

“It’s clearly a smear campaign to try to intimidate people into silence and to try to smear anti-war activists as somewhat a biased voice related to Russia somehow,” Susli said.

This is not the first time Susli has faced attacks from the media, but this is the first time a government has become involved.

“Unfortunately, these are dangerous times, these are times of war. We’re heading closer to perhaps worse than the Cold War was. So I expect things to get worse,” Susli told RT. “I’ve seen the censorship. My Facebook account has been shut down. They tried to shut down my YouTube account. I’m not sure how long I’m going to be staying online, but I’m going to continue as long as I can.”
posted by ZUKUNASHI at 15:26| Comment(0) | 国際・政治

OPCW委員長がポーランド首相を騙る偽電話にソールズベリーの毒薬はどの国でも製造可能と述べる

RT2018/4/24
Salisbury attack chemical can be produced by any state, even the US, OPCW chief tells prank callers
A nerve agent used in the attack on former double agent Sergei Skripal and his daughter can be produced by any country, including the US, Ahmet Uzumcu, OPCW head, told Russian pranksters, who called him posing as the Polish PM.

Uzumcu became a fresh target of the famous duo of Vovan and Lexus (Vladimir Kuznetsov and Alexey Stolyarov), who previously pranked such international figures as US envoy to the UN Nikki Haley, Turkish President Recep Tayyip Erdogan and NATO chief, Jens Stoltenberg.

The comedians posted what they said was their prank call with the Organization for the Prohibition of Chemical Weapons Director-General on YouTube on Monday. They posed as Poland’s Prime Minister, Mateusz Morawiecki, to address the head of the international chemical arms watchdog on the claimed chemical attack in the UK and Syria.

Uzumcu took some time to address concerns of the caller, who he thought was the head of the Polish government, as the conversation lasted for more than 22 minutes. He told the pranksters that the mandate of his organization didn’t provide for establishing the place of origin of the substance, which the UK claims was employed against Sergei and Yulia Skripal in Salisbury on March 4.

However, the OPCW head pointed out that “according to our experts, it can be produced in any state.” This contradicts the British claims that Russia can be the only culprit due to the fact that A-234 or ‘Novichok’ was a Soviet-designed nerve agent.

“So it can be produced in any country?” the pranksters specified, with Uzumcu replying: “In theory – yes.” When asked if the US could’ve been the source of the Salisbury chemical, the OPCW head replied: “Absolutely.”

According to Uzumcu, A-234 can be produced “in any country where there would be some chemical expertise. The material, which is used –as I’m told by our experts – is accessible. That’s the problem we face with this toxic chemical.”

The prankers also had some questions to ask about the alleged poison gas used in the Damascus suburb of Douma on April 7. The unverified claims of a chemical attack were exploited by the US and its allies to justify a massive missile strike on Syria, which was carried out before the OPCW experts were able to arrive on-site for their investigation. Damascus and Moscow denied the accusations, with the Russian defense ministry providing proof that the whole attack in Douma was fabricated.

Uzumcu said that Russia was cooperating with the OPCW experts, who have arrived in Damascus, saying that “they seem to be willing to support the team’s deployment.” He also commented on claims that the Russian forces in Syria could’ve cleared the site of the claimed attack of evidence in order to deflect blame from the Syrian authorities. “There are such speculations. We’ve heard this from a few countries and we can’t verify it,” the OPCW head stated.
posted by ZUKUNASHI at 12:41| Comment(0) | 国際・政治

西日本発の東日本線量率上昇に注意

2018/4/23は、前日よりも各地の線量率が安定しているようにみえます。


ですが、新潟県村上市、長野県大町市、富山県富山市などでは未明に少し線量率が上がっていました。山梨県は全域でふわりと上がっています。上の管理人の自宅でも未明に上がっています。


岐阜県の下呂市でも同じような変化。とすると、起源は岐阜県の西です。石川県の津幡市も同じような動き。山口県山口市も、広島県三次市も。もっと西ですね。連日未明に上がっていますから、意識的な放出?

山口県萩市、福岡県行橋市、福岡県久留米市もわずかに。熊本県でも。長崎県対馬市は上昇中。


鹿児島は一部欠測がありますが、上昇があっても弱い。未明の風は平穏に近い。



玄海ですね。はーん、分かりました。西日本で運営する私設MPの値が高いので何が原因か探りあぐねていたのです。

ただ、玄海から放出されるとまず海上に抜ける場合があって、それが再び陸上で探知される場所は離れていることが多いのです。





対馬市、萩市、大田市は重要測定ポイントになりました。



やはり玄海から出ています。
posted by ZUKUNASHI at 11:44| Comment(4) | 福島原発事故

サウジ、UAEによるイエメン市民の虐殺が続いている





※ Hussain Albukhaiti @HussainBukhaiti
Video 下指差し of Rescuers trying to convince a crying little boy to let go of his dead father body
He kept crying saying NO NO NO
this is the aftermath of #Saudi #UAE strikes on a wedding in Bani Qais area in #Hajah NW #Yemen
33 dead
55 injured
Many still missing
https://twitter.com/twitter/statuses/988330600078639104



https://twitter.com/HussainBukhaiti/status/988326183166193664





※ Baz @Baz13631842氏の2018/4/23のツイート
Don't forget the handsome profits for UK arms manufacturers & their shareholders such as the prime minister's husband. Britain's biggest export is armaments.We are led by sociopaths just as keen on war and slaughter as their forebears hundreds of years ago.They hold humanity back

※ Public Enema @_ExposeTheCabal氏の2018/4/23のツイート
So when will the airstrikes against the warmongering, Wahhabist scum regime in Saudi be commencing? Oh wait, I forgot, the Americans arm, supply, train and provide 'technical' assistance to these murderers. So there'll be no airstrikes.

※ Hussain Albukhaiti @HussainBukhaiti2017年4月20日
We remember this day just like u remember9/11
800+ kild&inj by #Saudi #UAE strike wth #US bomb central #Sanaa #Yemen
posted by ZUKUNASHI at 11:43| Comment(0) | 国際・政治

今日の放射能 健康被害が広がっている!

このブログには快いことは書いてありません。未成年の方、世界の不幸の現実に向き合う覚悟のない年配者の方などは他の有益なサイトへどうぞ。閲覧お断りします。
黒字は引用転載部分、青字は管理人のコメントなど
※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 
※ 
※ 
※ 
※ 
※ 
※ 
※ 
※ 
※ Azra @PeaceOnEarth222氏の2018/4/22のツイート
Former Ambassador to Syria, Peter Ford turns the tables on John Nicholson who commences the "interview" with the untruth that the Russians and Syrian soldiers weren't letting the #OPCW inspectors into Douma. #Syria @VanessaBeeley @EvaKBartlett @21WIRE

※ Republic of Uruma @RepUruma氏の2018/4/24のツイート
これだから日本レストランは行かないし、現地マレーシア人にも注意している。

日本料理店が急増するマレーシア向けが101トン

※ 毎日新聞社 2018年4月23日 19時50分 (2018年4月23日 21時33分 更新)
<福島農産物>輸出最多210トン コメ、前年度比5倍超
 福島県は23日、2017年度の県産農産物の輸出実績が、統計を取り始めた05年度以来、過去最高の約210トンを記録したと発表した。東京電力福島第1原発事故後の12年度は2.4トンにまで落ちたが、ここ数年で回復し、特にコメが前年度比で5倍以上の122.5トンと大きく伸びた。
 同県によると、コメは15年度から輸出を始め、日本料理店が急増するマレーシア向けが101トンとなった。昨夏には内堀雅雄知事がトップセールスで同国を訪れ、後押しした。
 桃はタイで取扱店が増えており前年度比1.5倍の47.9トン。梨はベトナム向けの輸出が実現し、同20.9倍の12.5トンに飛躍した。柿も県ブランドの会津身(あいづみ)不知(しらず)柿(がき)が同5.5倍の17.5トンと好調だった。
 県産農産物の輸出量は、10年度は152.9トンだったが、原発事故の影響で11年度はコメ17トンのみ。最低は12年度の桃やリンゴなど2.4トンだったが、14年度ごろから東南アジア向け輸出が実現し、回復の兆しを見せていた。
 内堀知事はこの日の定例記者会見で「販路開拓で記録を更新したが、風評被害は現在進行形。品質の高さ、おいしさ、安全性をもっと多くの国に発信したい」と述べた。

※ 福山和人 @kaz_fukuyama氏の2018/4/23のツイート
「戦争だった。部隊が全滅すると思った」「死ぬかもしれない」という
南スーダン派遣隊員の証言の前では、戦闘行為はなかったとの安倍答弁は空虚としか言いようがない。都合の悪い情報を隠す隠蔽内閣に国民と自衛隊員の命を預けられるか?!

※ Walid @walid970721氏の2018/4/22のツイート
When you can't differentiate between a British journalist @ChrisDYork & a hardcore Al-Qaeda activist. This could have easily been an article in @eldorar1 or @enabbaladi, two pro-jihadist news outlets that support the Islamist insurgency in #Syria 熱
https://www.huffingtonpost.co.uk/entry/vanessa-beeley-syria-white-helmets_uk_5ad9b6cae4b03c426dad48a9

※ sivad @sivad氏の2018/4/22のツイート
初期に過剰診断論を唱えた渋谷健司氏は病状が明らかになる前「リンパ節や周囲へ広がっている癌は、すぐに手術すべきである」と主張。その後福島のがんは9割以上がそういった状態だとわかり、舞台から姿を消しました。
※ Brock Chisholm @BrockChisholm氏の2018/4/20のツイート
CIA tortured man to death and then hid the body. Lawsuit settled... but still no grave for family to mourn.
Meanwhile, possible torturer gets promotion to lead agency. Dark times.

※ 星原コーイチ @Albert_kokinji氏の2018/4/22のツイート
原発事故以降は免疫力がダダ下がりだから、どんなウイルスに触れてもすぐ感染して、症状が出て、重篤化しちゃうんですよね、大人も子供も。

※ 金子勝認証済みアカウント @masaru_kaneko氏の2018/4/21のツイート
【健康支配】ウォーレン・バフェットとアマゾンとJPモルガンが、健康情報産業に合弁で参入するのは、金融と情報の毒性企業が、病院の再編や、医薬品産業の再編に直接コミットし始める宣戦布告です。「健康」がコストとアウトカムの標語で商品化される危険が現実化する。

※ まことぴ @makotopic氏の2018/4/21のツイート
40代バツイチ独身の知人が「3月に低体温症で急死した」との話を聞き、冬山での遭難とか、なにか不慮の事故を想像したら「たまたま寒かった日に部屋で死んでいるのが発見された」とのことで、一人暮らしのおっさんの生活能力の低さを改めて認識させられた。

※ Hideyuki Hirakawa @hirakawah氏の2018/4/22のツイート
現職首相の夫人が民族差別団体系のデモ主催者に感謝の言葉を送ったってのは、すごいな。本人は何も考えてないのだろうけど(だから余計に質悪いのだが)、要はメルケルの夫がネオナチに謝辞を送るようなものだ。普通の国なら大批判だろうが、人権意識が薄く差別に優しい日本ではほぼスルーされる。

※ あらまー。 @aramasan氏の2018/4/22のツイート
4月21日、ヘイト街宣常連者が参加する「安倍総理がんばれデモ」に安倍昭恵氏からメッセージがあった事が判明。撮影者は朝鮮学校、徳島県教祖襲撃犯の西村斉氏。

※ 福島原発事故東京圏の放射能汚染は深刻――チェルノブイリでは避難の権利が保障されるべきレベル、最大で毎年約18万のがん発症と9万のがん・非がん死亡の増加が予測可能

※ Gareth Porter @GarethPorter氏の2018/4/21のツイート
Award-winning journalist Jonathan Cook brilliantly takes down The Guardian's coverage of the alleged chemical attack in Douma, which ignored Robert Fisk's careful reporting while making indirect, sneering reference to him as one of Moscow's favorites.

※ Walid @walid970721氏の2018/4/20のツイート
A journalist yesterday asked about an internal state dept document that says US funding for the #WhiteHelmets was to b stopped on April 15. Heather plays dumb about it & proceeds to praise the Al-Qaeda tied propaganda group saying she exchanged emails w/ them the other day #Syria

※ WikiLeaks認証済みアカウント @wikileaksの2018/4/20のツイート
US State Department spokeswoman Heather Nauert yesterday: we "are very grateful for all the work the White Helmets continue to do.. on behalf of the US government and coalition forces.. I just exchanged emails with them the other day... peoples bills are still being paid..'

※ America's nuclear headache: old plutonium with nowhere to go
AMARILLO, Texas (Reuters) - In a sprawling plant near Amarillo, Texas, rows of workers perform by hand one of the most dangerous jobs in American industry. Contract workers at the U.S. Department of Energy’s Pantex facility gingerly remove the plutonium cores from retired nuclear warheads.

※ https://www.instagram.com/p/BhouZLSnBtk/?taken-by=hadi_akhondi

※ https://www.instagram.com/p/Bho4uuEnH0Z/?taken-by=aabfam

※ HIROKO HIROKO @yanko165氏の2018/4/20のツイート
↓チェルノの時貧乏だったから
夏中ずっと窓開けて寝てた+主食がパスタ
その後は突難、膀胱炎(菌がでないやつ)、脂漏性皮膚炎、紅斑と膠原病様症状、ものすごい睡魔と脱力
隣の同僚の名前が思い出せなかったときのショックといったら…
311でチェルノの記事読んでやっと原因に気付いた

※ RT2018/4/20
ラブロフ:軍事対立のリスクについて言えば、米国とロシア両国の軍はこれを許容しないと確信している。プーチン、トランプ大統領ももちろん同じだろう

※ おしどり♀マコリーヌ @makomelo氏の2018/4/20のツイート
ドイツまでカタール航空で、ドーハ乗り継ぎ。お安い&快適なので、エティハド航空とか中東系を時々利用するけど。今年はフランクフルトでもドーハでも、飛行機降りて空港ビルに入る前に警察がいてパスポートチェックという厳しさでした。けど、ケンパルは「nice photo!」と言われる安定の人気ww

※ Robert Geller認証済みアカウント @rjgeller氏の2018/4/17のツイート
NHKニュース7は日米首脳会議は「トランプ氏のフロリダ州の別荘」で行われる、と報道したが、知っている限り、別荘ではなく、彼の会社が運営する施設だ。おそらく、トランプ社は米国政府から高い施設料金を取るだろう。日本の記者団の宿泊料金もトランプの財布に入るだろう。 https://www.maralagoclub.com/

※ 朝日2018年4月20日03時00分
福島)「県民不安を踏まえ議論」 甲状腺検査 星座長
県民健康調査検討委 星北斗座長
 原発事故後の県民の被曝(ひばく)量や健康状態を調べている県民健康調査は間もなく7年を迎え、甲状腺がん検査は事故当時18歳以下だった約38万人を対象に3回実施されました。被曝の不安を取り除く効果が語られる一方、検査のデメリットや倫理的な問題も指摘されています。4巡目が5月に始まるのを前に、検査の課題などについて話を聞きました。
https://www.asahi.com/articles/ASL3Q5RGLL3QUGTB00R.html(登録しないと読めない)

↑上の記事について
※ NMF2011 @NMFUKUSHIMA2011氏の2018/4/20のツイート
突っ込みどころ満載なのに、なぜ全文を公開しないのか!その意味は不明だ️顔2(おこったカオ)
・・・それは会員登録させて有料化に持っていきたいからです。

※ mko @trappedsoldier氏の2018/4/19のツイート
日本首相アベは、トランプの圧力に負け、二国間貿易協議に入るようだ。4月18日には、二国間協議には否定的だったのに。「国益のため拒否権が与えられるならTPPに入ってもいい。二国間の方が有利」とトランプ。
成果がなんにもない訪米!

※ 桑ちゃん @namiekuwabara氏の2018/4/20のツイート
2011年3月11日後の東電の対応思い出してご覧!!!
東電社員や身内のバス準備して爆発する前にその日の内に逃がし、地元一般人には知らせず「まだ大丈夫です」やっていたんだぜ!爆発しても10km圏内、20km圏内やって被ばくさせた。東電鰍容赦なく批判していい請求しろ!裁判官分ってる当時の事!

※ もとむら伸子(本村伸子)認証済みアカウント motomura_nobuko氏の2018/4/19のツイート
私も予備自衛官という方から罵声を浴びせられたことがあります。
私たちは、自衛隊員の方々の命を守りたいから、声をあげていることをお伝えしました。

※ ごまま @heso_nogo_mam氏の2018/4/13のツイート
長男の入学した中学で、同じ学年の別クラス担任の先生が急逝されたと連絡がきた。ママ友情報だとクモ膜下みたいだと…。
過労だったんだろうか…入学して3日しか一緒に過ごせなかった子供たちもショックだろうな…。
ご冥福をお祈りします。

※ まんはったん @manhattandearu氏の2018/4/5のツイート
安倍首相派閥の吉野正芳復興相が復興を私物化!
原発汚染土中間施設の工事で秘書が支援者企業を「下請けに入れろ」
http://lite-ra.com/2018/04/post-3929.html

NHKはまた隠蔽するかしら
17/12/12の吉野復興大臣の問題発言をスルーしたNHKの抗議内容(画像)
#憲法を大切にしたい
#nhk_fukayomi #nhk_news

※ ダ・ヴィンチニュース
2011年3月フクシマ――日本を助けようとしたアメリカ兵士たちの後遺症と訴訟のゆくえ

※ Masa Okumura @mokumura氏の2018/4/20のツイート
アメリカ議会で4月18日、歴史的な決定。
上院議員が、生まれたばかりの乳児を議会に連れてきたり授乳したりすることが可能になったのだ。CNN報道。
彼女はタイ王国 バンコク生まれのタミー・ダックワース米国上院議員で、2004年にイラクに派兵されて両足を失っている。https://en.wikipedia.org/wiki/Tammy_Duckworth

※ 桑ちゃん @namiekuwabara氏の2018/4/20のツイート
管理区域に入域する際は、そう下着も着替えてはいるんですよ。日本の場合、一般人汚染管理区域にいても普段着で生活、普通に洗濯して暮らしてる。このアンバランス理解出来るでしょう。

※ ともひろ @ecoiso氏の2018/4/18のツイート
最近若い若い人の突然死が目立っているとのこと。
→『関東圏で、突然死が急増@』 http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=311346&g=132108 … … …

※ asuka @asuka_SGP氏の2018/4/19のツイート
これだけでは終らない。
日本の自衛隊はアメリカの下請けとして使われるのが確実になってきている。これから安倍晋三が何処に視察に行くか、日本国民は知っているのだろうか? 無関心なのか失敗
日本国民は墓場で酒を飲んでニコニコしているのと同じなんだよ。どくろ

※ 布施祐仁 @yujinfuse氏の2018/4/20のツイート
自衛隊の政治的中立性については、これを機会に、国会においてあらゆる面から徹底的に検証した方がいい。これは国会の仕事。国会によるシビリアンコントロール。自衛隊はメディアへの対応も、まったく政治的中立じゃないなと感じてきた。

※ asuka @asuka_SGP氏の2018/4/19のツイート
失敗 OMG
安倍昭恵夫人が経営する「ゲストハウス」建物は暴力団本家だった怒り(ムカッ)

※ 放射線被曝から子どもを守る会 @MiraieforChild氏の2018/4/19のツイート
厚生労働省の4月19日の発表によると、群馬県で基準値の2倍の1キログラム当たり200ベクレルのセシウムに汚染されたタラノメが売られていました。注意して下さい。http://mekenekotama.blog38.fc2.com/blog-entry-2502.html

※ sputniknewsEurope12:12 18.04.2018
The Swedish TV-channel TV4 has sparked outrage by offering its viewers a skewed picture of reality by substituting "the US" with "Russia" in a critical news report on the US-backed attacks against the war-torn middle-Eastern country.
In a news report about the conflict in Syria by TV4, a Syrian woman was speaking about the US, which, oddly enough, was rendered as "Russia, Iran and the regime" in the accompanying subtitles. After a public outcry on social media, TV4 recognized its "mistake" while translating the woman's outspoken message from Arabic into Swedish.
"The attack did not get enough effect, so we want to see more. We want them to avenge us. Russia, Iran and the regime must back off from here because they have stolen our country and our land," a woman living in Douma was quoted as saying on TV4.
In reality, however, she didn't mention "Russia" at all, not even once, which was eagerly pointed out on TV4's Facebook page by Arab-speaking Swedish viewers.

※ 共同2018/4/19 11:51
子ども兵207人解放
南スーダンの武装勢力
【ダルエスサラーム(タンザニア)共同】国連児童基金(ユニセフ)は18日、内戦状態が続く南スーダンで、武装勢力が207人の子ども兵を解放したと発表した。今後数カ月でさらに約千人が解放される見通しという。
 マシャール前第1副大統領が率いる反政府勢力や既に停戦合意した武装勢力が解放に応じた。207人のうち、95人が少女だった。今後、職業訓練を受け、社会復帰を目指す。
 武装勢力は2月にも300人以上を解放。ユニセフは南スーダンにまだ約1万9千人の子ども兵がいるとして、早期解放を呼び掛け「子どもが武器を持ち、戦うことがあってはならない」と訴えている。

※ NMF2011 @NMFUKUSHIMA2011氏の2018/4/19のツイート
水産物の安全確保担う 県水産海洋研究センター起工式 | 福島民報 http://www.minpo.jp/news/detail/2018041950914 … >放射能研究棟は海産物や海底土などの放射性物質の測定を行う。放射能飼育実験棟では専用の水槽を設けて、さまざまな魚種の放射性物質の影響を受けるメカニズムなどを調べる。総工費は約20億円。

※ 


※ 


※ 加計学園で“時の人” 柳瀬元首相秘書官のライフワークは「原発推進」
加計学園問題で一躍有名になった経産省の柳瀬唯夫経済産業審議官。獣医学部の新設について愛媛県職員や学園幹部らと面会したかどうかについて、国会で参考人として招致される見通しだ。
 柳瀬氏の経産官僚としてのライフワークは「原発推進」であり「獣医学部の新設」ではない。そして、原発推進については「記憶にない」と言えぬ証拠がある。原子力政策課長時代の2006年に自らが中心になって書いた報告書「原子力立国計画」だ。

※ 共同2018/4/19 05:31
トランプ氏、ポルノ女優に反撃
不倫関係問題化で初ツイート
【パームビーチ共同】トランプ米大統領と不倫関係にあったと主張するポルノ女優ストーミー・ダニエルズさんは、関係を口外しないよう自分を脅迫したとされる男の似顔絵を公開した。トランプ氏は18日「存在しない男」と決めつけ反撃した。不倫関係が問題化してからトランプ氏がダニエルズさんに関してツイートしたのは初めて。
 ダニエルズさんは3月下旬、テレビのインタビューで、2011年にトランプ氏との関係をメディアで暴露しようとしていた矢先、西部ラスベガスの駐車場で、見知らぬ男からトランプ氏との関係を「忘れろ」などと脅されたと告白した。
・・・あっちでは暴露した側が脅されたり殺されるんですね。

※ 朝日2018年4月19日09時33分
トランプ氏に押し切られ、出し抜かれ…首相、乏しい成果
フロリダ州のトランプ米大統領の別荘地を訪問中の安倍晋三首相は18日(日本時間19日)、日米首脳会談の2日目に臨んだ。日本との貿易不均衡に不満を募らすトランプ氏が、二国間の自由貿易協定(FTA)の早期協議を強く迫り、首相も通商問題を二国間で協議する新たな枠組みを設置することで合意した。
 「TPP(環太平洋経済連携協定)には戻りたくない。(日米)二国間の協議が望ましい」
 2日目の会談を終え、共同記者会見に臨んだトランプ氏は、そう強調した。安倍首相もトランプ氏の勢いに抗しきれず、ライトハイザー米通商代表と茂木敏充経済再生相による、新たな二国間通商協議の枠組みを設けることで合意した。

※ あまり認識されていないところでも線量率が高いところがあるの記事に寄せられたぷうさんの論説、是非お読みください。簡明な文章、明確な論理、適度の抑制と怒りの心情の発露、今の日本の相対的に若い市井のインテリの絶望と焦燥が表れています。
2017年07月03日
静かに綴られたIさんの思い ぜひお読みくださいも日本の穏やかな中年近い女性の心情を吐露したとても良い文章です。それぞれが自分の文章のスタイルを持つ。とても素晴らしいことです。下にあるモトコさんはブログを運営していますが、日ごろ思ったことをそのまま綴れば読み物になるという力がおありです。関心分野の広いマルチ人間です。

※ きむらとも @kimuratomo氏の2018/4/17のツイート
「お前は国民の敵だ」罵声を浴びせたのは統合幕僚監部幹部自衛官。「彼にも様々な思いもあり、国民の一人だ」などと、シビリアンコントロールを全く理解していない、防衛大臣、防衛省、自衛隊。存在自体こそが危険だ。こんな組織、解体してしまう方が、よっぽど日本の安全だ。

※ モトコのブログ更新
「娘夫婦は原因というほどの原因もなく、なかなか子供ができませんでした。
「ない子には苦労しないというから、いなけりゃいないでメリットもあるし…」と
半ば本気で悩む娘に話していました。
原発事故もあったことだし、
子育ての苦労が事故前の倍じゃすまないと思ったし。
ところが、娘たちが子供のない人生設計を考え始めたら
突然の妊娠をしたのでした。
ホント、人生ってそんなもんだよね(笑)」

※ 井上靜 Joe Inoue @ruhiginoue氏の2018/4/17のツイート
悪名高い常岡浩介の戯言に反論したくても、その対立相手が歴史修正主義者の原口一博では、そちらに味方した形になってしまうことが危惧されるので、できない。
これをわかっているから、常岡は原口を相手に選んでいるのだろう。
・・・シリア問題をフォローする中でここに名前の挙がっている人の一人は、ISISに近い立場の人だと確信するようになりました。ISISのキーホールダーを持っていたこともあるそうです。

※ ノースライム @noooooooorth氏の2018/4/14のツイート
離婚事件をいっぱいやっていると「結婚したら変わってくれると思った」とか「子供が生まれたら変わってくれると思った」というお話を山ほど聞きますが、人は滅多に変わりませんし、仮に変化したとしても貴方にとって好ましい方向に変化するとも限りません。

※ 


※ 冨永 格(たぬちん) @tanutinn氏の2018/4/16のツイート
農水省で見つかった愛媛県の「首相案件」文書(2015年4月3日付)は、農水省側が県に提出を求めたものだったと東京新聞が1面トップで。当時、農水省は獣医学部新設に慎重で、2日に地元関係者が官邸と内閣府を訪れることを知り、面談内容をいち早くつかみたかったと。

※ 広瀬隆雄 @hirosetakao氏の2018/4/15のツイート
スターバックスにボイコット運動勃発。店内に座って友達が来るのを待っていた2人の黒人に対し、店員が警察を呼んだ為。二人の黒人は手錠をかけられ連行された。

※ 花子 @SamezuHanako氏の2018/4/14のツイート
<三田医師からのアドヴァイス-2>
血液検査項目の、@CRP(炎症数値)AWBC(白血球)B好酸球(←末梢血液像という枠の項目のひとつ)の変化を確認する為です。通常、@が上がるとAも上がる筈なのに上がっていないと、体が病気と戦えていないという事になります。Bが「0」の場合は要注意です。

※ NHK2018年04月13日 20時12分
こしあぶらから基準値超セシウム
今月5日から12日にかけて、水戸市の農産物直売所で販売された山菜の「こしあぶら」から国の基準値を上回る放射性物質が検出され、直売所が自主回収を始めました。
県によりますと、12日、水戸市の農産物直売所、「水戸ドライブインひたちの里水戸インター店生産者直売所」で販売された山菜の「こしあぶら」から、国の基準値を超える1キロあたり350ベクレルの放射性セシウムが検出されたということです。
この直売所では今月5日から12日にかけて29パックのこしあぶらを販売したということで、直売所は販売した商品の自主回収を始めるとともに、残りを店頭から撤去しました。
県によりますと、販売されたこしあぶらは城里町で採取され、食べてもすぐに健康に影響を及ぼす数値ではないということです。
県は、出荷する側にも、放射性物質の検査をできる限り行うなど、安全の確認を徹底するよう呼びかけています。

※ 朔//_o\☾ @pk_risingmoon氏の2018/4/12のツイート
息子の歯がボロボロになってしまった。被曝かなぁ。気の毒で泣けてくる。成人する頃にはどうなってしまうのか…。考えても仕方ないので、出来る事をコツコツやるしかない。毎日精一杯。誰かの悪口なんか言ってる暇はないよ…。

※ やまもとこうこ(脱原発に一票) @okouchan44氏の2018/4/13のツイート
風邪が治りにくいって様子見てたら白血病だったって話はよく耳にしますね青ざめ
血液検査大事かも。
ただ、この時代何処でどんな治療を受けるのかどうかで悩む事になる予感はしますしょぼり

※ 山本貴嗣 @atsuji_yamamoto氏の2018/4/12のツイート
初期症状だと風邪かどうかわからない話。以前も書きましたが妻はある時咳がとまらなくて一晩中唸ってたんで呼吸器科の個人病院にいっしょに行って帰宅したら先生が白血病かもしれないから紹介状書くんで救急車呼びなさいって言われて命助かった。風邪かもしれないって自宅で養生してたらどうなったか。

※ JeanPaulAntony SSNP @SSNP_USA
Trump is manipulating the stock market for his own gains. Follow the money. Trumps mouth is making him 賞金

Breaking the News 24/7
‏ @Breaking24Seven
#BREAKING US stocks trade sharply higher after Trump says an attack on Syria may not happen "so soon at all"

※ にこ @WnvFJ4joHjUkC8c氏の2018/4/11のツイート
知りあいで化学物質過敏症の人がいるんやけど
柔軟剤の匂いで動悸息切れ寝込んでしまうらしく
孫が泊まると柔軟剤の匂いが移った寝具にも触れず片付けられず
旅先の旅館のトイレの芳香剤でダウン
添加物や農薬の入ったものも食べれないから食べれる物も少なくて本当に大変そうだし孫が心配なの可哀相

※ 


※ 昭和おやじ 【打倒安倍政権】 @syouwaoyaji氏の2018/4/13のツイート
みなさ〜ん!!
日本では公文書偽造は罪にならんってよ!!
この分じゃ背任も談合も罪にならんのだろう!!
犯罪人天国だ!!
公文書改ざん:佐川氏、立件見送りへ 虚偽作成罪問えず
毎日新聞2018年4月13日 03時00分(最終更新 4月13日 08時04分) 公文書改ざん
佐川氏、立件見送りへ 虚偽作成罪問えず
 学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地売却を巡り、財務省の決裁文書が改ざんされた問題で、大阪地検特捜部は、前国税庁長官の佐川宣寿氏(60)ら同省職員らの立件を見送る方針を固めた模様だ。捜査関係者が明らかにした。

※ kazu(Hokkaido) @kazu8hokkaido氏の2018/4/12のツイート
軽い風邪の場合は、診療費を上げるとかなんとか言ってるが…腰が痛いだけで亡くなるような「体内環境」をどうやって見極める気なんだろうね。。

※ 福島民友新聞2018/4/12(木) 8:05配信
東電社員が作成証言「津波対策は不可避」 原発事故強制起訴公判
 東京電力福島第1原発事故の約3年前の2008(平成20)年9月、東電内で「津波対策は不可避」との社内資料が作成されていたことが11日、分かった。東京地裁で同日、業務上過失致死傷の罪で強制起訴された東電の旧経営陣3人の第6回公判が開かれ、08年当時から事故まで津波対策を担当した現役社員が証言した。この社員によると、被告の一人の武藤栄元副社長(67)から津波対策の保留を指示された後も現場レベルで対策を検討していた。
 東電が少なくとも事故の3年前には津波の危険性を認識していたことを示す資料。地裁はこの資料を証拠採用しており、判決の事実認定に影響する可能性がある。旧経営陣の「大津波は予測も対策も不可能だった」との主張と大きく食い違う証言で、この社員から津波対策の必要性について報告を受けていた武藤氏の認識が今後の公判の焦点となりそうだ。
 証言したのは事故前に同社の新潟県中越沖地震対策センターの土木グループで課長を務めた男性社員。証言や公判で示された作成資料によると、この社員は08年6月、津波地震に関する政府見解(長期評価)を基に、最大15.7メートルの津波が第1原発の敷地を襲うとした試算を武藤氏に報告した。
 武藤氏は翌7月、長期評価に基づく津波対策について保留を指示。しかし、この社員らは「長期評価を完全に否定するのは難しい」「津波対策は不可避」などと記した資料を作成し同年9月、第1原発で説明会を開催。長期評価を採用した場合に想定される津波高などを当時の第1原発所長らに説明した。

※ yayoi @yayoi12333氏の2018/4/13のツイート
この2日くらい、薬飲むか迷うくらい頭が痛かったな。って思ったら、子供達も痛かったみたい。
なんか飛んでたか、晩ごはんが原因とかかなぁ。食材気をつけてるけど、友達から美味しい惣菜もらって食べちゃったんだよなー。

※ 読売新聞2018年04月12日 18時35分
ピサの斜塔で63歳邦人が死亡
 【ローマ=佐藤友紀】AFP通信によると、イタリアの観光名所「ピサの斜塔」で10日、日本人観光客の男性(63)が倒れ、死亡した。
 男性は塔の階段上で体調を崩し、救急隊による応急処置を受けたものの、その場で死亡が確認された。死因は明らかにされていない。

※ 船橋市・弓場清孝 @roro101577氏の2018/4/12のツイート
アメブロを更新しました。 『”メガソーラーが近所にできてから一家全員喘息関節が腫れ鼻血・・・原因は防草シートらしい”』 #イソシアネート #メガソーラー

※ microcarpa @microcarpa1氏の2018/4/12のツイート
”汚染廃棄物”試験焼却中止申し入れhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180412-00000007-tbcv-l04 …「宮城県角田市ごみ処理場周辺(仙南)一時0.3μSv/h超」Upate:Air dose 0.3μSv/h whilst test incineration of≦8,000Bq/kg radioactive waste at Kakuda,Miyagi Pref,67kme north of #Fukushima No1.Citizens demand no further incineration

※ 


※ 


※ yukinokakera @yukinokakera氏の2018/4/9のツイート
これを見てショックで少し寝込んでしまったほどだ。朝日新聞とベネッセの調査。6割以上の親が教育格差を容認しているという。現実はどうあれ貧しい子供が満足な教育を受けられなくてOKな訳がない。人として当たり前の感覚が麻痺している。自己責任で正当化し、他人の境遇を想像できない人が増えている

※ NHK2018年4月11日 22時10分
教職員46人が体調不良 2日間の臨時休校に 青森の小中一貫校
青森県三戸町の小中一貫校で、教職員の7割近い46人が相次いで下痢やおう吐、発熱の症状を訴え、学校は12日から2日間の臨時休校を決めました。
教職員が相次いで体調不良を訴えたのは、三戸町立の小中一貫校です。
町の教育委員会によりますと、10日夜から11日朝にかけて、この学校の教職員69人のうち、7割近い46人が下痢やおう吐、発熱の症状を訴えました。
県によりますと、10日と9日は学校で給食はなく、同じ飲食店が作った弁当を食べた教職員がいたということで保健所が原因を調べています。
学校には小学生361人、中学生233人が通っていますが、今のところ体調不良を訴えている子どもはいないということです。
この状況を受けて、学校は11日の3時間目で授業を打ち切って児童と生徒を下校させ、12日から2日間の臨時休校を決めました。

※ masa @zebra_masa氏の2018/4/12のツイート
そういえば原発放射能安全カルトの最大の嘘は何かね?考えたら、被曝の影響を癌に限定することじゃないかなあ。花粉症でさえ目や鼻など花粉を浴びる部位でさまざまな症状が出るのに、放射能を浴びて吸い込んで、なるのは癌だけなんてありえないよなあ。

※ 共同2018/4/12 16:23
鴻池元防災担当相が政界引退へ
 自民党参院議員の鴻池祥肇元防災担当相(77)が改選を迎える来年の参院選に出馬せず、政界を引退する意向を固めたことが12日、関係者への取材で分かった。既に党兵庫県連幹部らに伝えた。

※ デイリー新潮4/11(水) 17:00配信
女性記者に「胸触っていい?」「浮気しよう」 財務省トップがセクハラ発言
福田淳一事務次官を直撃
 森友問題の収拾に追われる財務省に、トップの信じ難い醜聞が持ち上がった。福田淳一事務次官(58)が繰り返していたセクハラ発言の数々―――。
・・・日本人全般的におかしくなっている?

※ 下町のリリアン @ririan10043氏の2018/4/11のツイート
息子の体調が、また、悪くなった。311以後の症状。白髪、抜け毛、歯は、ぼろぼろ。まだ、20代後半。私は、これからも先、息子の関東転勤に反対しなかったことをずっと、後悔し続けるだろう。ほんの短期間でも、影響を受ける人はいると思う。関東の汚染は、やはり、すごかったと想像できる

※ タリスカー @c3h4o31氏の2018/4/11のツイート
久しぶりに会った友人が急激に老けた気がして。
顔色が悪く、疲れた様子なので何気に「ねぇ、心臓、痛くない?」と聞いたら飛び上がって「えぇっ!?何でわかんの?心臓、精密検査受けたばかりやねん」と言うので、こちらが狼狽した。
皆んな、わざわざ言わないだけで、静かに進行してる感あるわね。

※ 共同2018/4/11 17:28
安倍首相は、森友学園側に口裏合わせを依頼した財務省の対応に関し「信じられないようなことが起こっている。財務省もしっかりと説明責任を果たさなければいけない」と述べた。
・・・開いた口がふさがらないというのはこのことだ。アベシンゾウとその一味を刑務所へ。

※ ジョンレモン @horiris氏の2018/4/11のツイート
国会中継
玉木議員「秘書官が野次を飛ばすのはやめて下さい」
まさか、秘書官が国会で野次を飛ばしてるなんて…どこまで忖度してるんだ。

※ 共同2018/4/11 15:15
加計氏との会食で獣医学部の話はないと首相
 安倍首相は、加計学園の加計孝太郎理事長と会食した際に「獣医学部の新設について話したことはない」と述べた。
・・・こんなウソ信じるものがいなくてもとにかく逃げ回れるだけ逃げ回る作戦らしい。誰か引導を渡してやった方がよくはないか。泥沼だ。

※ 母ちゃん母ちゃん @Gomenmam氏の2018/3/21のツイート
実家からほんと30mぐらいしか離れてないところのおばあちゃんがこれまた膵臓癌で亡くなった。直径100m以内で3ヶ月で3人膵臓癌で亡くなるって只の偶然?伝染病じゃあるまいし

※ YEBISU @ebisu_beer氏の2018/4/9のツイート
知り合いがお亡くなりに。若いのに。心筋梗塞だって。

※ 牡丹 @beni_botan氏の2018/2/21のツイート
急性心不全とか心筋梗塞とかってやっぱり何の前触れもなく起こるものなのかな…
仲良かった同級生も昨秋心筋梗塞で亡くなった…まだ20代…
まだまだこれからの人が急に亡くなるのは本当に悲しい。

※ 日刊ゲンダイ @nikkan_gendaiの2018/4/9のツイート
森友事件に新展開。小学校建設の融資20億円の一部が政治家に流れているのではないかとの情報が駆け巡り、政界は騒然としています。 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/226809 … #日刊ゲンダイDIGITAL

※ こころころ @corolin_aki氏の2018/4/7のツイート
今日、母が来てていろいろ話したんだけど、突然死が増えてるという認識だった。
ここ数か月で夫婦や親子などが立て続けに突然亡くなるといったニュースを何度か見たという。
身近で多いという訳ではないが、ニュースやTVだけが情報源でも「おかしい」と気付ける状況のようだ。

※ 桜井ハイビスカス @sakurai7715氏の2018/4/7のツイート
何らかの事情でホームレスになった人は区役所や図書館、寺で手に入る、『 路上脱出ガイド』を入手しろ!
「食べ物がない」「体調がわるい」「泊まる所がない」「仕事を探したい」「今すぐ仕事がしたい」「生活保護を申請したい」などと思ったときどうすればよいか?や支援先が具体的に書かれているぞ!

※ Yahoo!ニュース認証済みアカウント @YahooNewsTopics氏の2018/4/8のツイート
【大飯原発 再稼働へ核燃料装着】関西電力は8日午前、大飯原発4号機(福井県)の原子炉に核燃料を装着する作業を始めた。原子力規制委員会の検査を経て、5月中旬にも再稼働する見通し。

※ きらぺーたー@対バン呼んで下さい @wiz_pinenyaaan氏の2018/4/7のツイート
あんまり仕事の話はしたくないけど、大事なことだからツイートするね。
今沖縄県内で麻疹が流行っているの。
空気感染だからすぐ広がるよ。
だからどうかお願いします。
・症状が出た時
・接触した可能性があるとき
病院に来ないで!
免疫力低下してる人がたくさんいるから。
まずは保健所に連絡して

※ @framboise731氏の2018/4/6のツイート
今年も三田先生に行ってきたのだけど、悪いほうに予想外の結果でちょっと驚いた。これ以上どうすればいいんだ。愛知で食べ物に気を付けててもだめって…何かが起こる時を待つしかないってことに、軽い絶望を感じている。

とりあえず皆、三田先生の新ヒバクシャの話を読んで…http://mitaiin.com/wp/wp-content/uploads/hpb-media/dainjap.pdf.pdf

※ DancingDax @DancingDax氏の2018/4/8のツイート
この 2~3 年、眠気が強い 病気にかかりやすい 急に老けた 仕事が辛い 物忘れが激しい といった『能力減退症』症状の訴えが、西日本在住の人たちにも散見されるようになった。

※ ナオミ @naomia333氏の2018/4/9のツイート
娘っ子の小学校の給食で使われる米の産地がいよいよ怪しくなってきた!
1年の時は香川県産→2年 青森県産→今年度 国産米100%
うちはお弁当持参なので産地の確認はしていないが、あの辺りの米が混ざっている可能性もあるよね失敗

体調不良になる子供や先生が増えませんように!!!

※ 共同2018/4/10 05:54
【パリ共同】ロイター通信によると、世界保健機関(WHO)は9日、オーストラリアで今年発生した食中毒の原因となったリステリア菌に汚染されたメロンが日本など9カ国・地域に輸出されていたと明らかにした。

※ 南海 @xxNankaixx氏の2018/4/7のツイート
オーストラリアで行われた英国の核実験。兵士たちにも危険は知らされず、10代の兵士が爆心地付近から汚染されたペレットをタバコ缶に入れ持ち帰ったらコバルト-60が検出された。
数年後に右脚に強い痛みが出て、発熱、全身の痛み。やがて骨髄崩壊。宇宙技師になり苦痛と手術に耐えながら60代まで生きた

※ 宍戸俊則(shunsoku2002) @karitoshi2011氏の2018/4/9のツイート
森友への「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明で、佐川氏の“偽証”と安倍首相の“隠蔽工作関与”が決定的に http://lite-ra.com/2018/04/post-3939.html … @litera_webさんから

※ NHK2018年4月9日 15時42分
森友問題 口裏合わせの要求認め陳謝 財務省理財局長
森友学園への国有地売却の問題で財務省の職員が学園側にうその説明を求めていたことについて、財務省は参議院決算委員会でこうした事実を認め、陳謝しました。
森友学園への国有地売却の問題をめぐっては、財務省の職員が学園側に対し「トラックを何千台も使ってごみを撤去したと言ってほしい」などと、うその説明をするよう求めていたことが関係者への取材で明らかになっています。
これについて、参議院決算委員会で財務省の太田理財局長は「去年2月20日に理財局の職員が森友学園側の弁護士に電話して、地下埋設物の撤去に実際にかけた費用に関して『相当かかった気がする、トラック何千台も走った気がするといった言い方をしてはどうか』という話をした」と述べ、理財局の職員が学園側にうその説明をするよう求めていたことを認めました。
そのうえで太田局長は、理財局の職員が近畿財務局の職員に学園側に念押しするよう求めたものの近畿財務局の職員が「それは事実に反する」として拒否したことや、理財局の職員から要請を受けた学園側の弁護士もうその説明には応じなかったことを明らかにしました。

※ 


※ 星原コーイチ @Albert_kokinji氏の2018/4/7のツイート
若い世代の訃報が異常に多いとハッキリ分かるようになってきた。けど、まだ原発事故とはカンケーないと言う人達がほとんど。そのほとんどの人の中のほとんどは、この7年間「キツイ現実を知る事」を放棄してるから、被曝の実情などほぼ何も知らない。自分が倒れてもカンケーないと言うだろうね。

※ ふらん @framboise731氏の2018/4/6のツイート
三田先生が文中で書いてらっしゃるけど、甲状腺に大問題のある子はそんなにいなくて、むしろ脳下垂体ホルモンの問題。これこそ検査しないとわからないことだった。眠い、疲れやすい、思考がまとまらない、だるくて宿題ができない、そういう「病名はつかないけどなんか変」なことが起きているということ

※ レイ‏ @3104rei228氏の2018/4/7のツイート
当たり前のように機能低下症が増えていくはずだけど、検査を受けなければわからない。当然その事を知っている医師をはじめ医療従事者はほとんどいないから放置され症状は進行していくばかり…
精査してホルモン異常がわかっても保険医療ではステロイド投与の継続しかないのかもしれない。超深刻だ。

※ tunenti @tunentl氏の2018/4/7のツイート
女性不妊の原因にも。現役医師が指摘する「残留農薬」の危険性http://www.mag2.com/p/news/355192
私の漢方の主治医も農薬による体調不良を警告してたなあ

※ 仙 @tensenten氏の2018/4/6のツイート
数百万人が打ったワクチンにエイズやガン化ウィルスを混入させていた事をワクチン科学博士モーリスハイルマンが認める http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=315881&g=132108

※ thefreethoughtproject
5 Compelling Reasons Why The Youtube Shooting Has Disappeared From Headlines
1. As a woman, a peaceful vegan, and a PETA advocate, the suspected shooter is the opposite of the typical “mass shooter” profile promoted by the mainstream media.
2. The shooter reportedly used a handgun, which also deviates from the mainstream narrative that all mass shooters use high-powered rifles.
3. The shooting happened in California−a state that has already enacted some of the strictest gun control laws in the nation.
4. The police were warned about the shooting by the suspect’s father in advance, and they did nothing−something the media tends to cover up.
5. The shooter blamed YouTube for censoring and demonetizing her videos−a problem alternative content creators experience on a daily basis that mainstream media tries to pretend doesn’t exist.

※ 共同2018/4/7 19:30
有給希望の実習生に強制帰国
千葉の受け入れ団体
 横浜市の水産加工会社で働いていたベトナム人男性技能実習生(27)が、男性の受け入れ窓口となった監理団体「房総振興協同組合」(千葉県鴨川市)に有給休暇を取りたいと伝えたところ、房総組合職員が2月、事前通告もなく男性宅に押し掛け、ベトナムに強制帰国させていたことが関係者への取材で分かった。
 契約書では勤務開始から半年経過すれば10日間、年次有給休暇が取得できるとなっており、男性は昨年3月から勤務していた。本来、実習生を保護すべき監理団体側が労働者の基本的権利を無視した格好だ。

※ 木野龍逸 (Ryuichi KINO) @kinoryuichi氏の2018/4/7のツイート
発表時の会見では、利便性より核物質防護(写真をとらせないようにする)の狙いの方が大きいのではないかという質問が出てました。東電は否定してるけど、実際、締め付け厳しくなってる感。→廃炉作業員5千人にスマホ 緊急時の連絡や作業員の位置を把握 - 産経ニュース

※ ロジ @logicalplz氏の2018/4/7のツイート
グランドジャンプ新連載の漫画『東京核撃』の放射線防護・防災監修を務めている高田純理学博士、日本会議北海道本部副理事長であることが判明。
漫画の冒頭でJアラートが鳴り響き近隣国から東京に核ミサイル攻撃が行われる。

※ なみ @naaaam13氏の2018/4/5のツイート
蝶形紅斑、倦怠感、下痢、発熱、頭痛、寝不足が一週間続いたため今日救急外来で病院いったらループス腸炎の初期症状でした失敗入院は今すぐではないけど近いといわれてしまった、、

※ NMF2011 @NMFUKUSHIMA2011氏の2018/4/6のツイート
【ADR案を拒否し続けた東京電力は、ADRの存在を否定するのか️】
浪江の慰謝料和解手続き打ち切り|NHK 福島県のニュース http://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/20180406/6050000655.html … >町によりますと、手続きの長期化により、これまでに申し立てた住民のうち800人以上が死亡したということです。

※ NHK 04月06日 13時06分
浪江の慰謝料和解手続き打ち切り
原発事故の慰謝料をめぐる最大の集団申し立ての手続きが打ち切られることになりました。
国の紛争解決センターが浪江町の1万5000人あまりの住民と東京電力に4年前に示した和解案は東京電力が拒否を続けた結果、6日、手続きの打ち切りが町に伝えられたということで、住民は裁判を起こすかどうか検討を迫られることになります。
福島県浪江町は5年前、町の住民の代理人となり、東京電力福島第一原発の事故に伴う慰謝料の増額を求めて、国の「原子力損害賠償紛争解決センター」に申し立てを行いました。
申し立てに参加した住民は町の人口のおよそ70%の1万5000人あまりにのぼり、センターへの申し立ての2万件あまりのうち最大の規模です。
センターは、4年前の3月に住民1人あたり月10万円の慰謝料に一律で5万円を上乗せするなどの和解案を示し、町は受け入れる姿勢を示しました。
しかし東京電力は「他の避難者に対する公平性などの面で影響がきわめて大きい」などとして受け入れの拒否を続けてきました。
センターは繰り返し和解案に従うよう東京電力に対して求めてきましたが、拒否の姿勢が変わらなかったため、6日、町に対し和解の手続きを打ち切ることを伝えたということです。
町によりますと、手続きの長期化により、これまでに申し立てた住民のうち800人以上が死亡したということです。
和解の手続きの打ち切りにより、住民は裁判を起こすかどうか検討を迫られることになります。
国の紛争解決センターが平成26年3月に示した和解案は「避難生活の長期化で精神的苦痛が増大した」などとして、慰謝料を一律で5万円上乗せし1人あたり月15万円に、75歳以上の高齢者についてはさらに月3万円を上乗せするとしています。
浪江町は和解案を受け入れる姿勢を示しましたが、東京電力は「ほかの避難者に対する公平性などの面で影響が極めて大きく、国の賠償指針と乖離するものと言わざるをえない」などとして受け入れを拒否しました。
センターはこの年の8月、「センターが中間指針から、かい離した和解案を出すことはなく、拒否は、仲介の手続きを軽視するものだ」と批判する異例の文書を公開したあと、平成27年にかけて4回にわたって文書を出し、東京電力に和解案の受け入れを強く求めてきました。
しかし、その後も東京電力は拒否を続けてきました。
そのため、去年2月に高齢者1人については和解が成立したものの、ほかの住民とは歩み寄ることができないままとなっていました。

※ 税理士 森田義男 @morita_yoshio氏の2018/4/5のツイート
総理の母は昭恵氏に「あなたの事で晋三が退陣させられたら絶対に許しません」と、すごい形相で言うってね。何言ってんの。退陣の場合の夫人は単なるきっかけ。最大の責任はアンタの教育にあるんだ。恐るべき嘘つきで、どんな悪事を働いても罪悪感なしのエゴ男。よくこんな歪んだ性格に育てたもんだよ。

※ 右でも左でもある11.22 @pbf8GLqCTLd9lb9氏の2018/4/4のツイート
子宮頸がんワクチン被害者連絡会の事務局長を、ワクチン推進者が挑発し、感情的発信がされたところを一斉にたたく。たたく側に「いいね」している中に、日経サイエンス編集長もいた。

※ きっこ @kikko_no_blog氏の2018/4/5のツイート
「九州電力の川内原発1号機(鹿児島県薩摩川内市)で5日、核燃料棒から放射性物質が漏洩していたことが判明した。1号機では昨年3月から1次冷却水の放射性ヨウ素の濃度が上昇していたため測定を続けていたが、1年後の今日、ようやく放射性物質の漏洩が判明したという」とのこと。

※ 九州電力プレスリリース2018/4/5
川内原子力発電所1号機の第23回定期検査の状況をお知らせします
−漏えい燃料集合体の調査結果−
 川内原子力発電所1号機は、通常運転中のところ、平成29年3月23日に測定した1次冷却材中のよう素131濃度が、それまで定期的に測定している値に比べ、若干上昇したことが認められました。そのため、監視強化を行い、よう素131濃度が保安規定に定める運転上の制限値を十分に下回っていることを確認しながら安全に運転を継続しました。
(平成29年3月23日お知らせ済み)
 その後、平成30年1月29日に開始した第23回定期検査において、原子炉容器から燃料集合体全数157体を取り出し、漏えい燃料集合体を特定する調査を実施した結果、1体に漏えいが認められました。
(平成30年3月12日お知らせ済み)
 漏えいが認められた燃料集合体について、超音波及びファイバースコープ等による詳細調査を実施しました。
 その結果、燃料棒1本に漏えいを確認し、その原因は、燃料棒と支持格子の間に隙間が生じ燃料棒の微小な振動が起きたことにより、燃料被覆管の摩耗によって微小孔が生じたと推定しました。
 健全な燃料集合体に取り替えるとともに、漏えいが確認された燃料集合体については、使用済燃料ピットで保管し、今後再使用しないこととします。
・・・使用済燃料棒は、集合体の一部を取り換えることはできない。水中から引き揚げれば強烈な放射能

※ 東京大学大学院教授で、福島県の甲状腺評価部会にも参加していた渋谷健司氏(52)が離婚して再婚したと伝えられている。個人の私生活の話だが、前の配偶者は雅子妃の妹、渋谷健司氏自身、福島県の甲状腺評価部会で「多くの甲状腺がんが報告されているのは、本来なら見つからず症状も出ないガンまで過剰診断により見つかっているのではないか」と発言して論議を巻き起こした。

※ TBSニュース 2018/4/5
東海第2原発、安全審査“合格”の見通し
 東海第2原子力発電所の再稼働の前提となる安全審査で、原子力規制委員会が“合格”の判断を出す見通しとなりました。
 今年11月で運転開始から40年をむかえる茨城県・東海第2原発の再稼働をめぐっては、原子力規制委員会が1740億円にのぼる安全対策工事費の調達計画を提示するよう求めていました。これに対し事業者の日本原子力発電は、東京電力と東北電力から支援を受けるメドがたったとして、5日、規制委員会に報告、審査会合で認められました。これにより規制委員会は、事実上の「合格」を意味する審査書の案のとりまとめに入ることになります。
 ただ、支援を表明した東京電力は福島第1原発事故の巨額の賠償費などで国から資金援助を受けていて、東海第2原発の支援には批判の声があがっています。また、周辺自治体との調整が難航することも予想され、再稼働への先行きは不透明です。

※ TAKAみちのく認証済みアカウント @takam777氏の2018/4/4のツイート
一年前首をやり痺れてヤバイ状態になったことがあった
なんとか試合しながら自然治癒させたがまだ少し痺れが残っている
最近左の尻の辺りに軽い鈍痛が出て一昨日くらいから右肩に脱臼したあとみたいな痛みが出て手首まで痛みだした
試合やトレーニングに打ったわけでもないのに 
なんだこれ?

・・・

この記事の古いコンテンツは、「今日の放射能備忘録1〜170」に保管してある。過去のコメントは別に記事を起こして採録している。

posted by ZUKUNASHI at 09:58| Comment(90) | 福島原発事故

ロシアがS300をシリアに供与 イスラエルを刺激か

FARSNEWS2018/4/23
Russian Daily: Moscow to Deliver S-300 to Syria as Military Aid Soon
TEHRAN (FNA)- Moscow will equip Syria's armed forces with S-300 anti-aircraft missile systems, Russia's media quoted Russia as saying.

The S-300 missile systems will be given to Syria within the framework of military aids, the Russian daily Kommersant quoted the Russian officials as saying.

The newspaper noted that the S-300 systems will soon be transferred to Syria either by cargo planes or Russian navy ships and the Syrian military men will be trained by the Russian experts.

Two military sources told Kommersant that the S-300 PMU-2 versions of the systems will be given to Syria very soon and that Moscow was expecting Israel to respond rapidly by bombing the area where the missile systems would be deployed.

In relevant remarks earlier, Russian Foreign Minister Sergey Lavrov said following the US-led bombardment of Syria last week over an alleged chemical attack by Damascus, Moscow says it has no reason to not supply its S-300 missile system to Syria.

“We took into consideration their argument that this would destabilize the situation, despite the missile systems being a purely defensive system,” Lavrov said in an interview to RIA Novosti.

Moscow agreed with its international partners about 10 years ago to not deliver the S-300 to Damascus.

But given the latest spiraling of the crisis – in particular the use of the alleged Douma chemical attack as pre-text for striking Syria – things may take a U-turn. While around a decade ago, Moscow “heeded” the calls of its partners and put the deliveries on hold, the Russian Foreign Minister said it now has “no such moral obligation”.

In the wake of the US-led operation on Syria, Russia stressed that it may consider sending supplies of S-300 missile systems to Damascus. Moscow believes it is “possible to return to mulling over the issue, and not only with regard to Syria but also to other states as well,” Russian General Staff Spokesman General Sergey Rudskoy stated.

The Russian Defense Ministry has confirmed that to repel the US-led attack, Syria deployed Soviet-made surface-to-air missile systems, including S-125 (NATO reporting name: SA-3 Goa), S-200 (SA-5 Gammon), 2K12 Kub (SA-6 Gainful) and Buk.

Syria intercepted 71 out of over 103 cruise missiles and air-surface missiles launched at civilian and military targets, the MoD said, adding that Russian air defense units stationed in Syria were not involved in repelling the attack.

S-300 surface-to-air missile systems (NATO reporting name: SA-10 Grumble) were developed in the Soviet Union to target aircraft and cruise missiles. Since 2007, Russia has been replacing older S-300 batteries with the more sophisticated S-400s.
posted by ZUKUNASHI at 01:12| Comment(0) | 国際・政治

ずくなし爺はあっち側に行った? GG4人と話した日 3

あと一人です。明日書きます。海外ニュースが入っ来ていますので。

きれいなテッセンです。ずいぶん早いですよね。

テッセン、クレマチス
posted by ZUKUNASHI at 00:49| Comment(0) | 日記

2018年04月23日

ずくなし爺はあっち側に行った? GG4人と話した日 2

今年は、木々の花が早く、葉の出方も早かったのですが、野菜の育ちが悪いんだそうです。3月の降雨が少なかったからと聞きました。

今年の桜見物は、孫と一緒でした。両親の写真を撮っていると母親に向き合って抱かれた孫が首を140度くらいこっちに曲げて見ています。誰? この変な人? 何してんの?と顔に出ています。

桜も終わった2018/4/21の徘徊では緑の豊かな私の好みのコースを歩きました。谷津田を挟んで正面に連なる杉林、所々に藤が木の天辺まで絡みつき紫の花を咲かせています。地元の人が用意してくれたベンチにかけてゆったりと眺めました。

この近くの農家には、道路にまで枝を広げた見事な桜があります。今回はもう葉桜でしたが、庭の奥に真白い花をたくさんつけたかなり大きな木があります。好奇心に駆られたときは尋ねてみるのが私の主義。緩やかな坂を少し上って声をかけると私より少し年長と見られる爺さんが出てきました。

いつもこの前の通りから庭を眺めさせてもらっていますと謝意を述べ、あの花は何ですか?と問うと、何だろうと心もとない返事。傍に行ってみると花びらの大きなハナミズキでした。花をたくさんつけていてまだ葉が出ていないために真っ白の花の塊に見えたのです。



「ずいぶん大きいですね、何年くらい経ちますか?」
「この前植えたんだ」
幹は私のふくらはぎほどの太さがありますから、この前ではありません。15年は経っているでしょう。

ですが、年寄りにとって20年前でも2年前でも同じなのです。もうどっちでも良い、それは私も同じになっています。

この地域はハクビシンやアライグマ、タヌキ、イノシシがいます。

「裏にミカンがあるんだが、ハクビシンは熟してうまいものから食っていくよ。アライグマは、スイカに手が入るほどの穴を開けて中身を空洞にしてしまう」
「野鳥も実のうまい木を知っていてその木に群がると言いますね」
「この前の湿地の葦の藪にキジが営巣するんだ」
「ええ、キジはよく見ます」
「蛇や野生動物などに襲われないように人家の近くを選んで巣を作る」
「ツバメもそうですね。線路の北側の大きな公園に近いところでは、ひなが孵るころには電線に鈴なりになるのを見ることがあります。この辺ではイノシシの被害が大きいと聞きますが」
「檻を仕掛けて捕まえているが、減らないな。檻に入ったイノシシはバイク用のバッテリーで気絶させるんだ。檻に片方の電極を付けて反対側をイノシシに体に押し付けるとコロッと倒れる」
「それはまるでテーザー銃じゃありませんか」
「イノシシは自分の獣道を持っていてその途中にねぐらがある。この前、犬がイノシシの牙でやられたと聞いた」
「ええ、イノシシはバカにできないようですね。イラクでテロリストが川原の葦の茂みに隠れて待ち伏せしていたら領分を荒らされて怒ったイノシシに襲われて何人も死ぬということがあったそうです」
「昼間は寝ているからいいが、夜は気を付けないと。この林の上に畑があるが、イノシシがジャガイモを荒らす」
「畑にミツバチの箱を置いたことがあったんだ。何日かして、ヘリコプターのようなブンブンという音がしてミツバチの真っ黒い群れが庭の辺りを飛んだあと、巣箱に入っていったよ。あの音はすごかったな」
「今でもミツバチを飼っておられるんですか」
「ああ、飼っている。ミツバチは人が近づくとこっちに向かって威嚇するものと、巣の周りで警戒するものとに分かれて態勢を組むんだよ。賢いね」
「自然はすごいよ。こういうところに住んでいると驚かされるし、感動することが多いな」

私が爺さんと話していると、小学生くらいの男の子が二人出て来て爺さんにどこか行くのかと聞きました。来客に親切な爺さんなのでしょう。男の子がバケツに入ったザリガニを見せてくれました。とてもきれいな色をしていました。

この辺まで行かないとザリガニ採りもできないのですね。

爺さんが何か上げようかと言ってくれましたが、これから先がまだ長いのに重い野菜は辛い! 「今度また寄らせていただきます。その時にお願いします」と述べて辞去しました。

さらに先に進みます。山沿いの細い道に前から気になっていた場所があります。道路わきにガラス戸の小屋があり、そこに何か陶芸品のようなもの(ガラクタ)が並べてあるのです。何だろう。

珍しく人がいました。私より少し年長に見える爺さんです。斜面で草取りのようなことをしています。話しかけると東京に住んでいて住所も向こうにあるが、今はこちらにいる時間の方が多いという元シティボーイでした。

どこから何しにここへと問いますので、ちょっと目当てのものがあってこの季節に毎年ここに来るんですと答えます。

掘ったり取ったりしていくのかと問います。山野草や苗木の採取をしに来たと思ったようです。そういう人もいますけどね。

ここで私は胸を張って答えます。「私はこういうところでは取るものは写真だけにしています。草花などを取って帰っても都会のベランダでは育ちません。あっという間に枯らしてしまうのが世の常です」

続いて「残すのは足跡だけにしています」と言いたかったのですが、時に老廃物入りの液体を山林の隅に撒いたりしている身の上、そこまで言ったらウソになりますので、控えました。

ガラパゴス上陸者のルールがこうだと何かで読んで記憶にあっただけなのですが、こんな時に役立つとは思いませんでした。爺さんはなにか気分を害したようで向こうを向いてしまいました。長年の懸案だったガラクタ小屋の謎は解けませんでした。

これで3人終わりです。
posted by ZUKUNASHI at 22:34| Comment(0) | 日記

2018/3小選挙区別人口動態

この記事には、読む人によっては不快感を覚える事実が記載されています。そういう厳しい現実、不快な現実に接したくないと考える方は、他の快適なサイトにどうぞ。

茨城5区が茨城3区を悪い方向に抜いてしまいました。秋田2区は前月より改善しましたが、悪い方向で高水準です。

小選挙区 主要都市 出生率変化率 死亡率変化率 短期指数 長期指数 総合指数
福島2 郡山市 0.95 1.06 -0.12 -0.22 -0.34
秋田2 大館市 0.92 1.04 -0.12 -0.20 -0.31
茨城5 日立市 0.94 1.04 -0.10 -0.19 -0.29
静岡7 西区 0.89 1.01 -0.12 -0.16 -0.28
福島1 福島市 0.98 1.03 -0.06 -0.22 -0.27
茨城3 取手市 0.99 1.02 -0.02 -0.25 -0.27
静岡2 藤枝市 0.95 1.04 -0.08 -0.18 -0.26
静岡6 沼津市 0.98 1.05 -0.07 -0.19 -0.25
静岡5 富士市 0.97 1.06 -0.09 -0.17 -0.25
静岡1 葵区 0.98 1.02 -0.04 -0.19 -0.23
茨城2 神栖市 0.96 1.06 -0.09 -0.14 -0.23
静岡4 清水区 0.93 1.03 -0.10 -0.12 -0.22
山梨2 笛吹市 0.95 1.04 -0.09 -0.13 -0.21
福島3 須賀川市 0.96 1.01 -0.05 -0.16 -0.21
茨城4 ひたちなか市 0.99 1.03 -0.04 -0.16 -0.20
茨城7 古河市 0.95 1.02 -0.07 -0.13 -0.20
福島5 いわき市 0.96 1.03 -0.07 -0.14 -0.20
秋田1 秋田市 0.97 1.03 -0.05 -0.14 -0.20
福島4 会津若松市 0.98 1.02 -0.05 -0.14 -0.19
静岡8 中区 0.99 1.03 -0.04 -0.13 -0.18
秋田3 横手市 0.96 0.98 -0.02 -0.15 -0.17
山梨1 甲府市 1.00 1.09 -0.09 -0.07 -0.16
静岡3 磐田市 0.95 1.02 -0.07 -0.09 -0.16
茨城1 水戸市 1.00 1.01 -0.01 -0.14 -0.15
茨城6 つくば市 0.99 1.00 -0.01 -0.13 -0.14


前月分
posted by ZUKUNASHI at 18:03| Comment(0) | 福島原発事故

MPや測定器の値は変動率で見る

※ 桑ちゃん @namiekuwabara氏の2018/4/23のツイート
@kazuyoshigogo さん。小さいお子さんお持ちの方にMPの値は変動率で見ること。また、線量率だけでは見えない物があります。外部線量より内部被ばくが恐ろしい。このようなダストモニタも監視する必要がある。本来ならこれも設置すべきなのです。http://www.atom-moc.pref.fukushima.jp/public/graph/GraphDust.html?stationNo=31&type=1

※ 桑ちゃん @namiekuwabara氏の2018/4/23のツイート
http://www.atom-moc.pref.fukushima.jp/public/graph/GraphDust.html?stationNo=31&type=1 … … ←これのグラフ下にある30日クイックすると分かると考えますが、昨晩は非常に高い濃度になっていたようですね。空気中に浮遊しているのはいずれ穏やかになれば沈んでくる。気をつけないとね。

※ 桑ちゃん @namiekuwabara氏の2018/4/23のツイート
桑ちゃんさんがいわき市議会議員佐藤和良をリツイートしました
正解ですね。先日、福島第一2号機建屋穴あけ作業午後周辺監視区域のダストモニタ警報鳴らしたばかり。また、高線量廃棄物どこに運ぶかも分らないし、宮城県角田市の廃棄物処理場の近くのMP5時間ほど継続的に線量上がると言う事もあった。原発はこれからも危ない状態が続く。甘く見るなよぶっこわれ原発

・・・引用終わり・・・

管理人は、いろいろな測定器を試しましたし、保有しています。

そのような測定器を評価する場合、測定値の絶対水準ではなく状況、環境の変化に応じた測定値の変化があるかを重視しています。

しょせん個人用測定器の精度は高くありません。較正してあっても時間が経てばどんどん狂います。値段が高い低いでそれほどの差はないのです。

重視すべきは変化をきちんととらえられているかです。分離固定された線源を測るようなことは、個人ではまずありません。遮蔽環境も使えません。

ですからどこかを測定して回りわずかな線量率水準の差異に一喜一憂するのは無駄な神経を使っていること。

私たちが暮らしている環境では、大気中を放射性物質が流れています。飛んでいます。最も怖いのは、そういう浮遊放射性物質を吸入することです。

私たちの居住環境で空間線量率が上がるということは、放射性物質が飛んできている、何かによって運ばれて身近に来ているということに他なりません。

空間線量率が上がるということはどういうことを意味するのか、しっかり理解して被ばく回避をする、それが日本では欠かせなくなっています。そうしなければ早死します。

次のグラフは、管理人の自宅屋外に置いたRDS20Aの測定値のグラフです。絶対水準は低線量率の範囲では使えませんが、1時間ごとの変動は相応に示しています。3千円強でセコハン店で買いましたが、使い方によっては使えます。

posted by ZUKUNASHI at 17:10| Comment(0) | 福島原発事故

投降したテロリストからシリア政府軍が押収した武器はまさに山のようです

※ Danny Makki @Dannymakkisyria氏の2018/4/23のツイート
Video showing unreal amount of weapons handed over to Syrian forces in East #Qalamoun
このツイートに付された動画から画像をキャプチャーしました。テロリストが投降してシリア軍が没収した武器弾薬が広大な広場に置かれています。この広場を記者は時計回りに撮影しています。

すごい量です。弾薬、迫撃砲から、タンク、大型トラックまで。これだけの量を単なるギャングが確保できると思いますか? これはテロを働く軍隊です。どこかの国が全面的にバックアップしています。そして、それらの国は真実が露見することを極度に恐れています。フランス、英国はそれらの国々の仲間です。





























シリア政府軍は、これほどの物量を有するテロリストを次々に東グータから追い出しました。シリア政府軍には多数の犠牲者が出ています。残虐な方法で処刑された人も多いのです。欧米が語る「ヒューマニズム」や「デモクラシー」からは死臭が消えません。

次のツイートは、これらの武器を効率的に使うには、専門的な訓練を経ていなければ無理と言っています。テロリストは次第に人的戦力をそがれ、これらの武器があっても的確に操れる能力を失っていたはずです。

※ asante kotoko @Asante_kotoko氏の2018/4/22のツイート
返信先: @Dannymakkisyriaさん
These were no terrorist but well armed mercenaries. A lot of this equipment needs one to under go real training to be able to use it effectively.
posted by ZUKUNASHI at 12:46| Comment(0) | 国際・政治

ドゥーマの化学薬品攻撃 日独の報道が正反対に どっちがフェイクか?

ドゥーマの化学薬品攻撃についてドイツの記者がテレビの生放送ですべてが演出だと述べました。さあて、報道が真っ二つに割れています。

2018年04月20日
ドゥーマでの化学兵器使用疑惑 共同通信 これは面白い
共同通信報道から一部引用。
米英仏3カ国のシリア攻撃を招いた首都ダマスカス近郊ドゥーマでの化学兵器使用疑惑。共同通信は現場とされる4階建てアパートを現地取材した。屋上には黄色いガスボンベが残され、住民らはここから毒ガスが流出したと証言。制空権を握るロシア軍とアサド政権軍が投下した新型「たる爆弾」なのか、反体制派の自作自演なのか。幼い子供ら約50人が死亡した陰惨な事件を検証した。
 ロシアなどアサド政権の“同盟国”以外のメディアへの現場公開は初めてで、16日の取材には情報省担当者らが同行した。住民の証言には政権のプロパガンダが含まれる恐れもあるが、証言は詳細で現場の状況とも一致した。信頼できる調査が急務だが、米ロの対立で真相解明は置き去りのままだ。(以下略)

※ 鳩山由紀夫認証済みアカウント @hatoyamayukio氏の2018/4/17のツイート
シリアのアサド政権が化学兵器を使用したとして米英がミサイル爆撃したことを孫崎享氏に伺った。化学兵器を使ったことは事実、問題は誰が使ったかだ。推理は誰が得をするかを考えれば分かると。アサド政権は勝利しているので使う意義がないしマイナス。調査団が調査する前に攻撃した方が得をしたのだ。

RT2018/4/22
‘Whole story was staged’: German reporter on live TV says Douma incident was false flag attack
The alleged chemical attack in the Syrian city of Douma was staged by local militants, who tried to frame it as a Syrian Army strike, a German TV correspondent, who travelled to Damascus, has said publicly, citing local witnesses.

“People told us in a very convincing manner that this whole story was staged,” Uli Gack, a reporter with the German ZDF public broadcaster, said (referring to the alleged Douma chemical attack) while he spoke live on ZDF Heute (‘Today’) show on Satuday.

Gack had travelled to Syria and visited one of the refugee camps near Damascus, where “some 20,000 people from Eastern Ghouta and particularly from Douma” were living.

The scene of the attack, which allegedly took place on April 7, was in fact the “command post” of a local Islamist group, the reporter said, citing the witnesses he was able to speak to at the refugee camp.

He went on to say that, according to the locals, the militants brought canisters containing chlorine to the area and “actually waited for the Syrian Air Force to bomb the place, which was of particular interest for them.”

As the Syrian forces eventually struck the place, which was apparently a high-priority military target, the chlorine canisters exploded. The locals also told Gack that it is not the first such provocation in Douma that was staged by the militants.

According to other witness accounts, the militants deliberately exposed people to chemical agents during what they called “training exercises” then filmed it and later presented as an “evidence” of the alleged chemical attack in Douma.

The reporter then said he could not verify the people’s statements and cannot say if they are all true but called them quite “convincing” and added that they deserve attention.

Earlier, the Russian military said that they had found a laboratory operated by militants in central Douma, which was capable of producing chemical weapons.

In particular they found a cylinder filled with chlorine, which looks similar to the one that was shown in one of the videos of the alleged chemical attack in Douma and presented as a “chemical bomb dropped from a helicopter.”

The purported chemical incident in Douma allegedly took place on April 7. A week later, Washington and its allies launched a massive retaliatory missile strike against Syria, without even waiting for the Organization for the Prohibition of the Chemical Weapons (OPCW) to start its investigation of the incident.

Russia denounced those US-led strikes, calling them “hooliganism” in international relations and “an aggression against a sovereign state.”

In the meantime, western media embarked on a massive campaign of accusing Moscow and Damascus of “blocking” the OPCW investigators from accessing the scene of the alleged attack. Gack, however, also seemingly dismissed this narrative, saying that the delay in the OPCW team’s work may indeed have been caused by security issues.

The German reporter also pointed out that some hidden extremist cells might be still operating and carrying out attacks in the recently liberated areas, even “weeks” after they had been retaken from militants.

Gack’s report was immediately labeled as “propaganda” by some of his fellow journalists in Germany. A reporter with the German Bild daily, Bjoern Stritzel, who in particular is said to have been working undercover and actively communicating with Islamic State (IS, former ISIS) terrorists, lashed out at Gack, calling his report an “unbelievable pro-Assad propaganda on German Television.”

Last week, the Russian Deputy Foreign Minister Mikhail Bogdanov said that there are still militants in Douma who “terrorize citizens and, among other things, impede the normal work of representatives of the international community – the UN and the OPCW.” On Saturday, the OPCW eventually confirmed that its team visited one of the sites of the suspected chemical attack in Douma and collected samples for analysis.
posted by ZUKUNASHI at 10:31| Comment(0) | 国際・政治

Two Russian Guided-Missile Warships Head towards Syria

FARSNEWS2018/4/22
Two Russian Guided-Missile Warships Head towards Syria
TEHRAN (FNA)- The Russian Navy’s Black Sea fleet is deploying two additional guided-missile warships to reinforce its grouping based at Syria’s port city of Tartus.

According to observer sources based in the Bosphorus Strait, the two Russian warships have been identified as the 868 Pytilvyy Krivak-class frigate and the 870 Smetlivyy Kashin-class destroyer, Sputnik reported.

Whilst the 868 Pytilvyy specializes in anti-ship and anti-submarine warfare, possessing a relevant weapons for such tasks, the 870 Smetlivyy is an all-round attack ship with the means to carry out land, air and sea strikes with equal efficiency.

As hinted at earlier, both ships, traveling in formation, have now transited the Bosphorus Strait from the Black Sea into the eastern Mediterranean.

They should arrive in Syrian waters within a week.

posted by ZUKUNASHI at 03:02| Comment(0) | 国際・政治

サウジ宮殿近くで銃撃戦 土曜夜のクーデター

FARSNEWS2018/4/22
Whistle-Blower: Saudi Officials Behind Saturday Night Raid on Royal Palace
TEHRAN (FNA)- Saudi whistle-blower Mujtahid, who is believed to be a member of or have a well-connected source in the royal family, underlined involvement of a number of Saudi officials in what he called a Saturday night coup against the royal dynasty.

"The attack was launched using a vehicle equipped with a 50-mm machinegun," Mujtahid wrote on his twitter page on Sunday.

He also referred to a twitter post released by Sowt al-Arab, and claimed that Saudi Crown Prince Mohammed bin Salman has been the target of the attack, adding that 7 soldiers have been killed on both sides, while other assailants have disappeared without a trace

Mujtahid added that a number of Saudi figures affiliated to the royal family were involved in the attack.

He also said a drone has also been used to help the assailants to find their target but the whole incident was a gunfire which lasted one hour.

Heavy gunfire was heard near the Saudi King's palace in Riyadh Saudi Arabia, while King Salman was taken to a bunker at an airbase in the city.

A growing number of videos surfaced the media displaying that a heavy gunfire erupted around King Salman bin Abdulaziz Al Saud's palace in the capital, Riyadh.

Reports said the king and his son, Crown Prince Mohammed bin Salman, were evacuated to a bunker at an airbase in the city that is under the protection of the US troops.

While Saudi officials and media were quiet over the incident, there were contradicting reports over the incident. Witnesses and residents of the neighborhoods near the palace said a coup was underway, while other reports said a drone had been flying over the palace.

Saudi opposition members claimed that "a senior ground force officer has led a raid on the palace to kill the king and the crown prince".

Videos also showed that a growing number of armored vehicles were deployed around the palace. 'Bin Salman's special guard' had taken charge of security in the capital. Riyadh's sky had been closed to all civil and military flights as military helicopters from 'Bin Salman's special guard' were flying over the palace.

There is yet no official report on any possible casualties.




RT2018/4/22
A number of videos have emerged online, showing heavy gunfire in the vicinity of the royal palace in Saudi Arabia’s capital Riyadh. The disturbance was caused by a small drone, which entered an off-limits zone, the police said.

The shooting incident occurred late on Saturday, triggering confusion on social media. While one of the initial reports suggested that the shooting erupted when the palace guards targeted a rogue drone which came too close to the king’s residence, some feared a terrorist attack or even an unfolding “coup.”

Footage purportedly taken at the scene shows military or emergency vehicles with their lights flashing. Multiple gunshots can be heard in the background. Saudi police later confirmed that the shooting was caused by a small commercial drone that entered an off-limits zone, the Saudi Press Agency reported.

An investigation into the identity of the drone's operator and motive has been launched.

posted by ZUKUNASHI at 02:44| Comment(0) | 国際・政治

OPCW confirms visit to site of alleged chemical attack in Syria

RT2018/4/21
OPCW confirms visit to site of alleged chemical attack in Syria
The OPCW confirmed that a team visited the site in Douma where an alleged chemical attack took place. The Russian Foreign Ministry has voiced concerns about the watchdog’s plans to visit fewer sites and speak to fewer witnesses.

On Saturday the Organisation for the Prohibition of Chemical Weapons (OPCW) confirmed on Twitter that its fact-finding mission team “visited one of the sites” in Douma “to collect samples for analysis in connection with allegations of chemical weapons use on 7 April 2018.”

The collected samples will be sent to OPCW's laboratory in Rijswijk, Netherlands and then “dispatched for analysis to the OPCW’s designated labs,” the mission said in a statement.

The watchdog said it would "evaluate the situation and consider future steps including another possible visit to Douma."

The OPCW team departed for the city in Eastern Ghouta 11 days after Damascus sent a formal request to the watchdog to inspect the area, Russian Foreign Ministry spokeswoman Maria Zakharova said.

“Such delays in such a resonating case, regardless of the motives, are unacceptable, since not only the Syrian side but the Russian military [stationed in Syria] guaranteed the security of the OPCW team,” she stated.

Moscow expects the OPCW to investigate the alleged chemical incident impartially. However, the mission’s plans to visit fewer sites linked to the purported attack and interview fewer witnesses raises “serious concerns,” Zakharova said. According to the spokeswoman, these plans only “demonstrate the unwillingness to shed light on yet another staged provocation with the use of chemicals, which served as a reason for the missile strike” by the US, UK, and France.

The fact-finding mission faced a series of security-related setbacks in its attempts to reach Douma. On Wednesday, the OPCW confirmed that its mission to Douma was delayed from entering the city after a UN security team came under “small arms fire.” Contrary to a US claim, the watchdog didn’t say that the delay was caused by Russia or Syria. Washington had previously accused Damascus and Moscow of blocking the fact-finding team from reaching the city.

The OPCW team’s arrival in Douma was postponed on April 14 after the US, UK, and France unleashed a bombing campaign on Syria. The airstrikes were carried out in response to the alleged gas attack in Douma on April 7, which the West blamed on Bashar Assad’s government. The operation started hours before the team was due to reach the city.
Last Saturday, Syrian defenses were scrambled to repel 103 cruise missiles and air-surface missiles launched at civilian and military targets by the Western trio. It managed to intercept at least 71 of them, the Russian Defense Ministry said at the time.

FARSNEWS2018/4/21
Russia Outraged at West's 'Deliberate Distortion of Facts' on Eastern Ghouta Incident
TEHRAN (FNA)- Russian Foreign Ministry Spokeswoman Maria Zakharova said Saturday in a statement that Moscow urges Western states to refrain from hindering the investigation of the Organisation for the Prohibition of Chemical Weapons (OPCW) into the April 7 alleged chemical attack in Syria's city of Douma in Eastern Ghouta.

"We are outraged by continuous distortions of facts and deliberate distortion of reality [on the Douma incident], that can be found in large quantities in statements by officials of a number of Western States," she added, Sputnik reported.

The OPCW experts on Saturday morning headed to the site of the alleged chemical attack in Syria's Douma, according to the Spokeswoman.

She pointed out that the departure took place only 11 days after the OPCW technical secretariat received the request from Damascus.

"Such delays in such a resonating case regardless of the motives are unacceptable, since the security of the OPCW personnel was guarantied not only by the Syrian side but by the command of the Russian military contingent as well," Zakharova said.

The Spokeswoman stressed that Moscow expected from the inspectors an impartial investigation and noted that the attempts by the OPCW to visit less places connected to chemical attack and question less eyewitnesses raise serious concerns.

"It demonstrates the unwillingness to shed light on yet another made-up provocation with the use of toxins, which served as a reason for the missile strike of the three Western countries, members of the UN Security Council," Zakharova concluded.
posted by ZUKUNASHI at 02:08| Comment(0) | 国際・政治

US, France & allies should not leave, must build ‘new Syria after war’ – Macron

RT2018/4/22
US, France & allies should not leave, must build ‘new Syria after war’ – Macron
The US, France, and their allies should not leave Syria after the conflict is over, but must build a “new Syria,” French President Emmanuel Macron said in an interview with FoxNews.

“We would have to build a new Syria after war,” Macron said, adding that the US role would be “very important” in this process. He added that “it’s not automatically US forces” that should carry out this task, but “that’s US diplomacy and it’s your President.”

Giving his reasons for foreign states to remain in Syria, Macron listed the ‘usual suspects’ – Iran and Syrian President Bashar Assad.

“The day we’ll have finished this war against ISIS [Islamic State, IS]; if we leave definitely and totally – even from [the] political point of view – we will leave the floor to the Iranian regime, Bashar Assad and these guys and they will prepare [a] new war. They will fuel the new terrorists.”

Macron has recently been one of the strongest advocates for a prolonged American stay in Syria. He also ordered French forces to join the US-led missile strike on targets in Syria on April 14. The bombardment, which was described as retaliation for an alleged chemical attack by the Syrian government, did not receive approval from the UN Security Council and was conducted without the consent of the French parliament.

While stressing that Paris and allies should be involved in post-war Syria, the French leader still gave some credit to Russia and Turkey, saying that “even” these states will have an “important role.”

Washington and its allies, including France, launched their campaign against Islamic State in Syria in 2014. Apart from airstrikes, it involved support for the so-called “moderate opposition” on the ground with training and weapons. Later, Washington and Paris dispatched limited contingents of troops to Syria, triggering protests from Damascus.

While the US and its allies simply notified Syria before their counter-terrorism campaign kicked off, Russia and Iran have been acting in the country on the request of President Assad.

Moscow and Tehran have also accused Washington of doing nothing to fulfil the declared task of fighting Islamic State, instead working hand in hand with terrorist groups to topple the Syrian government. Notably, the rise of ISIS in Iraq and its further spread to war-torn Syria was enabled by the chaos left after the US-led invasion of Iraq in 2003.

While Russia has indeed assisted the Syrian forces with airstrikes against terrorists, it also launched a large-scale humanitarian operation, delivering food and essential supplies to thousands of Syrians. Moscow has repeatedly invited its Western partners to join the efforts, but US coalition members have been reluctant to provide aid to the regions liberated by Syrian government forces.

The diplomatic efforts of Russia, Turkey, and Iran as part of the Astana peace process provided for the creation of several de-escalation zones in Syria, which led last year to the cessation of hostilities in vast parts of the country.

RT2018/4/22
At least 55% of French ‘dissatisfied’ with President Macron – poll
Over half of the French people broadly disapprove of President Emmanuel Macron's job performance, according to a new poll that took place around the time Paris joined US-led airstrikes on Syria, and amid protests over reforms.

As many as 55 percent of the respondents said they are “dissatisfied” with the president’s performance, says Ifop poll, published by Le Journal du Dimanche newspaper.

The study was conducted online and by telephone, from April 12 to 21, with a sample of nearly 2,000 people polled.

People were asked: “Are you satisfied or dissatisfied with Emmanuel Macron as President of the Republic?” Only 44 percent of those polled said they were, with five percent of those “very satisfied” and 39 percent “rather satisfied.” Around 23 percent said they were “very dissatisfied,” and 32 percent “rather dissatisfied.” One percent did not answer.
posted by ZUKUNASHI at 01:31| Comment(0) | 国際・政治