ずくなしの冷や水

2018年03月12日

少年野球の始球式になぜ「大人の色気を解禁した」タレントが出てくるんだろう

稲村亜美さんという方知りませんでしたけど。話題になっているんですね。

『スピリッツ』グラビアで大人の色気を解禁した稲村亜美 (C)小学館・ビッグコミックスピリッツ (1/4枚)


稲村亜美さんの始球式。ずいぶん露出度が高いです。短パンで野球する人はいないのでは?


そのあとに球児たちが稲村亜美さんに近づいて囲んで「性犯罪」があったと非難する声が出ています。


いろんな意見が出ています。
このスレッドを表示

主催者側はどう対応したんでしょうね。人選、当人の服装から何かハプニングが起きてもおかしくない状況です。想定しなかったのでしょうか。対応もしなかった?

スレッドを見るといろいろな意見があります。でも、どれも一面をとらえて論じているだけのような印象も。

日本では、こんなことが多発するような気がします。みんなちょっとおかしいんじゃね?
posted by ZUKUNASHI at 22:07| Comment(0) | 社会・経済

Putin gave order to shoot down ‘hijacked’ jet during Sochi-2014 opening ceremony

RT2018/3/12
Putin gave order to shoot down ‘hijacked’ jet during Sochi-2014 opening ceremony, but luckily...
As the opening ceremony of the 2014 Sochi Olympics was about to start, fighter jets were scrambled with orders to shoot down a hijacked plane that threatened the 40,000 spectators, President Vladimir Putin has just revealed.

The Russian President told what he called a “sensitive story” for the first time in a biographical documentary by a state television filmmaker, which was shared on local social media on Sunday.

Putin recalled that on February 7, 2014 just as he was setting off for Sochi's Fisht Stadium, where 40,000 spectators, thousands of sportspeople and dozens of world leaders awaited the start of the ceremony - which was to be broadcast to an audience of billions - he received a call from the official responsible for the safety of the Olympics.

The caller told the Russian President that passengers on a plane heading from Ukraine to Turkey had hijacked it, claiming they had a bomb on board, and demanded that their flight be diverted to Sochi. The hijackers stated no other conditions.

According to FSB chief Aleksandr Bortnikov, also interviewed for the film, fighter jets were immediately scrambled, but the final decision on what to do lay with Putin himself.

Putin asked the security official “‘What do you suggest we do?’”

“The answer was as expected: ‘Follow the plan. Shoot down the aircraft.’ I said to them, ‘Then act in accordance with your plan,’” Putin told interviewer Andrey Kondrashov.

Putin recollected “five to seven minutes” when he could not tell any of the foreign dignitaries or officials what was happening, even as he arrived at the stadium in the full glare of the cameras.

Finally, a second call came.

“The same official. He tells me that this was drunken antics from the passengers. And that the plane would soon land in Istanbul as expected,” said Putin.

The passenger jet was safely escorted to the airport by the Turkish air force once it crossed into its airspace.

When asked by his interviewer what he experienced between the two phone calls, Putin replied that “this is something I would prefer not to talk about.”

posted by ZUKUNASHI at 19:32| Comment(2) | 国際・政治

トルコ人は韓国人とアラブ人の区別がつかない

共同2018/3/12 10:02
韓国文大統領トルコで容疑者扱い
人気娯楽チャンネルが謝罪放送
 【ソウル共同】トルコの人気娯楽チャンネルが、実際に起きた殺人事件のニュースで韓国の文在寅大統領の写真を容疑者のように放送した問題で、韓国外務省は12日、同チャンネルが謝罪放送をしたと明らかにした。文氏の写真は、容疑者とされる「クウェートの億万長者」として8回ほど使われたという。
 韓国外務省によると、同チャンネルは11日(現地時間)の放送で、アナウンサーが意図しないミスだったと説明し「韓国の大統領と国民に謝罪する」と述べた。
 問題となったのは、クウェートでフィリピン国籍の家政婦が殺害され、1年以上たってから冷凍庫の中で見つかった殺人事件に関するニュース。

・・・引用終わり・・・

これは海外のメディアが関連情報も含めてすでに流しています。国内のメディアだけでは、トルコの悪意のある取り違えしか分かりませんが、海外情報は出稼ぎフィリッピン人が置かれた困難な状況とそれにドゥテルテがどう取り組もうとしているかまでわかります。
RT2018/3/11
Seoul demands Turkish TV publicly apologize for depicting S. Korean president as murder suspect
Seoul has lashed out at a Turkish TV channel after it mistakenly depicted the South Korean president as an alleged murder suspect. Despite the report being taken down, South Korean authorities are demanding a public apology.

A report by the Turkish-based Show TV channel raised eyebrows in South Korea after it featured photographs of President Moon Jae-in in the wrong context. In late February, a news program used Moon's photo while it was covering the murder of a Filipino maid, who was found dead in a freezer at her employer’s apartment in Kuwait City.

In addition to depicting the South Korean leader as a suspect, the broadcast featured a picture of Moon with US President Donald Trump’s daughter, Ivanka Trump, taken during her visit to South Korea, describing them as a “killer couple,”according to the Korea Times.

An apparent screenshot from the program shows the pair along with an image of the victim, with the caption reading “millionaire businessman and his wife arrested.”

The South Korean embassy in Ankara sent “multiple complaints” to the station after Korean expats in Turkey reported the error. The broadcaster took down the embarrassing report and sent a formal letter of apology to the South Korean government earlier this month.

However, the South Korean Foreign Ministry is demanding that the channel air a public apology, Yonhap reports, citing ministry officials. Seoul also called on the company to provide “assurances to prevent similar accidents from happening in the future.”

クウェートの事件はこちらです。
RT2018/2/24
Man arrested on suspicion of murdering Filipina maid & storing body in freezer
The employer of a Filipina maid who was found dead in a freezer in Kuwait has been arrested on suspicion of murder. The arrest follows a weeks-long manhunt.

Nader Essam Assaf, a Lebanese national, was arrested in his home country in connection with the death of 29-year-old Joanna Demafelis, the Philippines Department of Foreign Affairs said in a statement.

The housekeeper was found in a freezer in an abandoned apartment in Kuwait City on February 6, more than a year after her disappearance. Her body was found bearing apparent signs of torture, Philippines officials said earlier this month. The incident subsequently led to a ban on Filipino workers traveling to Kuwait.

Philippines Foreign Secretary Alan Peter Cayetano called the arrest a “critical first step in our quest for justice for Joanna,” and confirmed that President Rodrigo Duterte has been informed of the news.

Meanwhile, Assaf’s wife, a Syrian national by the name of Mona, is also a suspect in Demafelis’ death. She remains at large and is believed to be in Syria.

Duterte, who has railed against the treatment of Filipinos living and working in the Arab world, has vowed to bring justice to the family of Demafelis. He has also threatened to extend the employment ban for Filipino workers to other countries, saying the government is working to “find out the places where we deploy Filipinos and our countrymen suffer brutal treatment and human degradation.”

Duterte has also said that a list of both reported and unreported cases of mistreatment of Filipino migrant workers would be prepared, calling the project a “long, long task.” The country’s Senate began an inquiry into the deaths and abuse of Filipino workers on Wednesday.

As many as 10 million Filipinos work abroad, with more than two million of those working in Kuwait and other Middle Eastern countries such as Qatar, Bahrain, United Arab Emirates, and Saudi Arabia. They are often employed as domestic helpers, construction workers, engineers, and nurses.
posted by ZUKUNASHI at 18:39| Comment(0) | 国際・政治

脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)増えています

2018/3/11、現地調査を終えて熊谷駅から鈍行に乗ると、ラグビーを楽しんでいるらしい高年者のグループと乗り合わせました。

車内は混雑しており、私はドアの脇の仕切りにもたれて立っていました。荷物棚も一杯でした。

ドアから見える風景に目を向けつつ、近くにいた高年齢男性グループの話を聞いていました。6人ほどいたでしょうか。

スポーツ好きな老人たちの仲間に関する噂話、なかなか面白かったです。多かったのが、出身高校・大学、各人の技量能力の変化、そして怪我と体調不良でした。

私より若いとはいえ、老人が激しいスポーツをすれば怪我は付き物。それは何も不思議ではありませんが、一人の方の消息が話題になった時、その人が脊柱管狭窄症を病んでいるとどなたかが発言しました。

えっ、どこかで聞いた話だと私はぎょっとしましたが、会話に参加しているどなたからも「脊柱管狭窄症」とは何かという質問はありませんでした。

えーっ、この病気はそんなに知られた、ありふれた病気なの? 誰も驚かないの?

別に医師のグループではないと思います。グリーン車も新幹線も使わず、二人ほどは立ちながら缶チューハイを呑んでいました。

脊柱管狭窄症は、専門医が限られるようですね。前に公園であった老人から聞いた話を書きましたが、腕の良い外科医に手術をしてもらわないと痛みが緩和する成功率は低いという認識はかなり広まっていて、それ専門の外科医がいる病院は、大変繁盛しているそうです。

次の記事を書いたのは、ちょうど1年前になるんですね。
2017年03月08日
脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)が急増です

最近管理人は、地方でも上の記事にあるのと同じような状況だと地方の医療関係者から聞きました。

何とか肥満を解消とまでは行かなくとも、軽減するようにしなければなりません。

それともう一つ。6人ほどのグループでしたが、3人ほどがひげを生やしていました。どなたもささやかなひげでしたが、白髪交じりのひげ。年齢、年の功をアピールしているんですね。歳を取ってはいるが体の動きは若いものに負けないぞという自負心の現れなのか、こんな歳なんだからあまり期待してくれるな、攻撃するのもほどほどにしろよというアピールなのか分かりませんが、歳を訴えるには良い方法なんですね。

私の近くにもう一人、山登りかハイキング帰りの男性がおられて、この方のひげが一番長かったと思います。連れもいない単独行のようでした。

山でひげが役に立つのは、どんな時? やはり遭難したときですよね。本人の意識がなくても外見で歳が分かる。老人男性は、髪を染めたり、かつらをつけるよりひげを生やしたほうが絶対に効用がありますね。

相手をごまかして親しくなっても、「えーっ、こんな爺さんだったのか!!」と、相手の驚き、落胆する顔や豹変する態度を見るのは楽しくないはずですが。
posted by ZUKUNASHI at 17:04| Comment(0) | 福島原発事故

ソールズベリー 2 被害者の親子の側から見るととんでもなく怖い事件

この事件は、大変怖いです。21人が傷害を受け、3人が入院中です。ということは、強い症状の出た親子のほかに事件の知らせで駆け付けた警察官も強い害を受けていることになります。

ガスではなくて、何か残留性のある神経剤でしょうか。

RT2018/3/8の記事から
A total of 21 people were injured and three remain in hospital after the “incident involving attempted murder” which left the former Russian double agent, Sergei Skripal, in critical condition, British police have said.

“Multiple people have been treated, around 21 people, including the man and the woman found on the bench,” the acting chief constable of Wiltshire Police, Kier Pritchard, told Sky News, referring to Skripal and his daughter. He also said that all those affected went through “the hospital treatment process” and, in particular, had blood tests.

The acting Wiltshire Police head also said an unspecified “smaller” number of the injured were police officers. He then added that only three people, including the former agent and his daughter, remain in hospital. The third person is a local police sergeant, identified as Nick Bailey.

現場は、白と黄色のテントがある場所のようです。警官の後ろに見えるベンチと同じようなものがテントのところにあったのでしょう。


RT2018/3/6 Moscow is open to working with UK over incident with Russian ex-double agent – Kremlin から

上の画像と同じ方向から見ています。上の画像は望遠レンズを使用しているため遠近感が出ていません。
以下の3枚はGoogle mapから


空から見たところ。駐車場のある公園の片隅ですが、上の画像では人もそれなりに出ています。


現場だと思われます。


反対側から見ています。


人通りもあり、人目に付くところで犯行が行われています。
すぐ近くには店などもあります。

なぜこの場所を選んだのか。事件のあったことを広く知らせたかった?

親子を殺害する意図があったとして、飲み物に入れたりしなかったのはなぜ? 本人らと面識のない人たちの犯行です。第三者の関与を避けた。

ガスまたはそれに近い神経剤が使われています。警官が入院するほどですからかなりの量が使われています。至近距離から噴霧した可能性?

ロシアが疑われていますが、こんな風に目立つ形で暗殺を図ることは考えにくいです。関与していようといまいと、二重スパイだったというだけで、疑われることは避けられないのですから。

この方法を選んだということは、犯行を犯した者がロシアが疑われるようにしたかったということです。

そして、早々と外務大臣がそれをにおわせるような発言をしています。防衛大臣も続きました。二人ともに日ごろから激しい発言が多いのですが、今回も先入感を植え付けようとしています。

被害者の親子は、日ごろの生活に特に変わったことはなかったのではないでしょうか。そのようなことは伝えられていません。平穏に暮らしていても、昔のロシアとのかかわりに付け込まれて、娘ともども被害者にされてしまったということであれば、こんなに怖いことはありません。

英国にも情報機関があります。リトビネンコの事件もロシアが関与した、プーチンの承認があってやったと英国政府は結論しましたが、これも確たる証拠はありません。

今回の事件も犯人は捕まらない? 仮にそうであれば、この親子はスケープゴートに仕立てられたということになります。

RT2018/3/9
Moscow is prepared to cooperate with a British investigation into the death of ex-spy Sergey Skripal, the Russian foreign minister said. He dismissed rumors of the country’s involvement as “hysteria” and “propaganda.”
Sergey Lavrov said that Russia is blamed for everything that goes wrong on the planet, and noted that no facts had been presented to suggest any Russian involvement in the poisoning of Sergey Skripal and his daughter.

“We haven’t heard a single fact, we only watch TV coverage, where your colleagues speak fervently with serious faces that if it is Russia. The response will be that Russia will remember forever. It’s not serious, it’s propaganda at its finest and pressing hysteria,” said the foreign minister, who was speaking at a press conference alongside his Ethiopian counterpart, Workneh Gebeyehu.

However, Lavrov stated that if British authorities were interested in cooperating with Russia in relation to any case, “be it poisoning of British subjects, be it rumors of interfering in US campaign, if help is really needed, we are ready to look at such possibility.

“However, to conduct such matters, one shouldn’t run to TV screens with baseless accusations, but turn professionally to existing channels, including law enforcement,” he added.

Lavrov added that the frenzy of finger-pointing at Russia sought “parallels” with the case of Alexander Litvinenko. However, the Russian FM pointed out that Litvinenko’s death, also blamed on Russia, hasn’t been fully investigated.

RT2018/3/11
250 officers from 8 units: UK diverts ‘enormous resources’ to probe Russian ex-spy’s poisoning
Amid hysteria surrounding the mysterious poisoning of Sergei Skripal, Britain is dedicating a significant part of the country’s anti-terrorism capacity to look for Moscow’s hand in the former Russian double agent’s misfortune.

The UK government has diverted significant resources, with eight out of Britain’s 11 anti-terrorism units currently helping to investigate the poisoning of former GRU agent Sergei Skripal, Home Secretary Amber Rudd revealed, at a time when a “severe” international terrorism threat hangs over Britain.

“I want to stress that they are proceeding with speed and professionalism. We are putting in enormous resources to ensure that they have all the support that they need to do that,” said Rudd, after chairing a meeting of Cobra, the UK’s emergencies committee.

The UK believes that Skripal, 66, and his daughter Yulia, 33, were exposed to a nerve agent. The two were found slumped on a bench outside a shopping center in Wiltshire on March 4. British police say that more than 20 people in total were injured in the alleged attack, which has been described by authorities as “attempted murder.” Both victims remain unconscious and in a life-threatening condition.

Following the incident, authorities managed to collect 240 pieces of evidence and have identified some 200 witnesses to the crime, Rudd said, noting that 250 officers are taking part in the investigation. The incident is getting so much attention that the government will be sending the Armed Forces to Salisbury in order to handle potentially dangerous evidence in the area of the initial poisoning.

The BBC reported on Saturday night that traces of a rare nerve agent, thought to be used in the poisoning, were found in a local branch of Zizzi, a chain restaurant, and one of the five locations at the center of the police investigation.

While Rudd insisted that the investigators “need to be given the space and time” so that they can be “absolutely clear” when assigning blame for the attack, British officials continue to insinuate that a foreign power – presumably Russia – was involved. Earlier, Foreign Affairs Minister, Boris Johnson vowed to respond “robustly” if evidence emerges of Russian involvement in the incident, seemingly disregarding that the former spy with a tainted reputation could have made enemies since settling in Britain in 2010.

“The key thing they need to be doing and they will be doing is to look at what Skripal has been doing in his life since he has moved to the UK. And I think this is where the motive for this attack is going to come from,” former MI5 agent Annie Machon told RT. “Let's face it, in intelligence terms, he was a 'busted flush'” with no apparent interest to the Russians.

“It is usually the state level actors that have the capability of producing this sort of agent. However, in terms of who might have used it – that is a different question,” Machon said. “To say that if it’s a state made agent, it must be a state attack is, I think, disingenuous, at best. People can get their hands on this sort of thing. Gangsters and criminals can get their hands on this sort of thing if they’ve got the right money to pay for it.”

While it remains unclear what exactly happened to Skripal, the British media continue to compare the incident with the infamous case of the former Russian security officer Alexander Litvinenko, who died from radioactive poisoning in 2006. Litvinenko’s death sparked a major crisis in British-Russian relations, as many public figures in the West accused the Russian government of alleged involvement. Moscow denied responsibility.

According to the Times, Prime Minister Theresa May is a step away from naming Russia as the chief suspect in the alleged attempted assassination.

Now, the paranoia in the UK in the Skripal case is reaching massive proportions, with a junior minister calling on London to contact its NATO allies over the incident. “Some big questions arise, as to how do you stand up to a clandestine and sinister attack deliberately done to play havoc in our society?” said UK Government Minister at the Ministry of Defence Tobias Ellwood, vouching a “robust response.”

Meanwhile, security minister Ben Wallace said that the culprit would feel the “full force” of Britain’s might. “We will respond with the full force of the United Kingdom’s resources if that is the appropriate and proportionate thing to do.” Wallace told Radio 4.

“There are lots of things that the United Kingdom can do. It is a powerful country with a powerful economy, powerful allies, powerful military and powerful other capabilities – and we shall look at all those.”

Moscow, meanwhile, has labeled the coverage of Skripal’s poisoning as hysterical propaganda. Russian Foreign Minister Sergey Lavrov said Russia is blamed for everything that goes wrong on the planet, and noted that no facts had been presented to suggest any Russian involvement in this latest case. Moscow also reiterated that it is prepared to cooperate with a British investigation.

Skripal worked as a double agent for the UK intelligence agency MI6 and was jailed in Russia in 2006 for spying for Britain, having passed on the names of undercover Russian intelligence agents. He was pardoned and released four years later as part of a “spy swap” between the US and Russia.

BBC2018/3/12
【元ロシア・スパイ】 パブやレストランの客500人に所持品洗うよう英政府指示
英南西部ソールズベリーで4日にロシアの元スパイ、セルゲイ・スクリパリ氏(66)と娘のユリアさん(33)に神経剤が使われたとされる殺人未遂事件に関して、英政府は11日、2人が倒れる前にいたパブやレストランを当日や翌日に利用した人約500人に、所持品を洗うよう呼びかけた。
スクリパリ氏とユリアさんが食事をしていたイタリア・レストラン「ジッジ」のチェーン店で、2人がいたテーブルの上や周囲から、微量の神経剤が発見されたことが、BBCの取材で分かった。テーブルをはじめ、店内で汚染された物はすべて撤去・破棄されたという。
微量の神経剤は、ソールズベリーのパブ「ザ・ミル」のテーブルからも検出された。2人は店内でほかの客から離れたテーブルで食事をしていたという。
化学兵器の専門家たちは警察に、2カ所の店舗が営業を再開できるようになるまで何週間もかかると話している。
スクリパリ氏とユリアさんは重体が続いているが、容体は安定しているという。
英政府主席医務官のデイム・サリー・デイビス教授は、2人と同時に店内で食事をしていた客が健康被害に遭うリスクは「低い」と話している。
英政府は、2店舗に現地時間4日午後1時半から5日の閉店時間までの間にいた人全員に、衣服や所持品を洗うよう勧告した。主な勧告内容は次の通り――。
衣類はできれば洗濯機で洗う
ドライクリーニング限定などで水洗いできない衣類は、当面は二重のプラスチック袋で密封し、当局の情報提供を待つ
携帯電話、ハンドバッグ、その他の電子端末はウェットティッシュで表面を拭く。使用したウェットティッシュはプラスチックの袋に密閉し、ごみ箱に入れる
アクセサリーや眼鏡などは温水と洗剤で洗う
汚染された可能性のある物品を扱った場合、両手を石鹸でよく洗う
デイビス教授は、「厳密な科学分析」の結果、2店舗で付着した神経剤を数週間や数カ月にわたり浴び続けた場合、健康上の問題が起きるかもしれないと懸念されているが、「パニックの必要はない」と述べた。勧告はあくまでも「念のため」の措置で、両店舗の「利用客やスタッフが被害を受けた事実はないと確信している」という。
しかし、ソールズベリーの住民たちは、なぜもっと早くに勧告が出さなかったのかと懸念している。
4日午後に妻や犬と「ザ・ミル」に数時間いたスティーブ・クーパー氏は、BBCに対して、激怒していると話した。
靴や時計や電話を拭くつもりだが、ウェットティッシュで神経剤が落とせるのか心配だという。
同じころに一緒にパブにいて、スクリパル氏がトイレに向かうのを目にした自分の友人には、当日何を着ていたかもはや覚えていない人もいるという。
クーパー氏はさらに、「自分と妻への長期的な影響がどうなっているのか知りたい」と話した。
デイム・サリーは、使用された神経剤の特定は「非常に緻密な作業」で、「科学的な検査には時間がかかるもの」だが、勧告まで時間がかかったことによる悪影響はないと話している。
英リーズ大学のアラスター・ヘイ名誉教授(環境毒物学)は、神経剤は自然界で劣化するものだと説明する。
「水分に触れれば、神経剤は分解する。先週の日曜や月曜に問題のレストランやパブを訪れた人は、所持品を洗うよう言われているのはそのためだ」
スクリパリ氏とユリアさんは、ソールズベリーにあるショッピングセンターの外のベンチで倒れているところを発見された。2人を真っ先に助けようとしたニック・ベイリー刑事巡査部長は重体で入院したままだが、家族と会話しているという。
捜査当局は、2人が事件前に訪れていたパブとレストランのほか、スクリパリ氏の自宅と、同氏の妻と息子が埋葬されている墓地も調べている。
地元ウィルトシャー警察のキーア・プリチャード本部長は11日の記者会見で、捜査対象となっている複数の現場の立ち入り禁止がいつまで続くか「はっきりしたことは言えない」と述べた。
救急車をはじめ捜査対象車両を撤去するなど、英陸軍も警察の捜査を支援している。
対テロ専門の警察官250人以上が捜査に参加しており、これまでに目撃者240人以上を特定し、証拠品200点以上を発見した。
ソールズベリー大聖堂の礼拝で11日、ニコラス・ホルタム主教は、「2人の個人に対するショッキングな攻撃」であると同時に、「私たちのコミュニティーへの侵害」だったと述べた。
posted by ZUKUNASHI at 13:57| Comment(1) | 国際・政治

新潟県下越地方には濃厚汚染の場所も

読者から寄せられた情報によると、新潟県下越地方の山岳部には今なお濃厚汚染の場所があると見られます。

五泉市と加茂市の境界線にある標高1,000m余の白山に上った人が山頂で0.2μSv/h程度の線量率を計測しています。まだ残雪があるとのことですから、雪がなくなれば計測値はさらに上昇する恐れがあります。





この汚染発生の時点は、2011/3/15から3/16にかけての降雨時と見られます。新潟県内に福島第一原発事故によるプルームが流れたのは、2011/3/15の夕刻以降。


夜遅い時間になるほど新潟県内へのプルームのはみだしは多くなっています。






3/16の未明をピークとしてプルームは南東方向に流出しました。




降雨の時間帯は、新潟市でもほぼ同様です。冒頭の図で新津市の周りにも0.1μSv/h超の部分があり、まだら状となっています。さらに佐渡市でも0.1μSv/h超の部分が認められます。

これらのことから下越地方は濃淡の差はあれ全般的に降雨に伴うフォールアウトがあったと見なければならないでしょう。

新潟市役所前で0.21μSv/hを検出した方もおられます。このご家族は、新潟市巻町で被曝されたと見られ、深刻な症状が出ています。


今は沖縄に在住されているようです。
よっしい息子みのり↑#脱被爆@yamayossi
よっしいとみのりのブログ

2014年08月21日 新潟県でも深刻な被曝症状

他の方の測定でも新潟市で0.19μSv/hという例はあります。
forum-archさんの放射線量計測地図
所 日本, 新潟県新潟市中央区笹口1丁目1-2
福島第一原子力発電所からの距離:181.9Km
測定日時 2011-09-12 18:25:00
測定値 0.19μSv/h Clip to Evernote
*外部被曝による積算線量の目安: 1.66mSv(年間)
計測機器 SOEKS01M

この方の測定例で注目されるのは、上越線に沿って三条から長岡、小千谷と群馬県に近づくにつれ線量率が上がっている点です。

新潟県内には空間線量率が高いところもあることは知っていましたが、これほどに普遍的だとは管理人も予想していませんでした。

管理人は抜かりましたが、新潟県にはそれなりの知識を持つ方もおられるはず。どのように考えておられたんでしょうか。大変不思議です。柏崎刈羽と結びつくので問題指摘ができないほどに自主規制が強いのでしょうか。
posted by ZUKUNASHI at 11:52| Comment(0) | 福島原発事故

地球規模で卒倒そして突然死が増加の気配 ウクライナ、NY、バージニアで これは本当に来ているぞ

海外でスピーチやパレードの最中に卒倒する例が出ており、突然死の情報も伝えられている。健康管理が厳しいはずのパイロットが乗務中に急死した例も米国であった。

※ 4-Sea 太平洋が死んだ311に黙祷を ‏@4_Sea_ 氏の2016/5/15のツイート
チェルノブイリ原発事故翌年、毎日新聞「クーラーのつけ放しによる心不全死」「都内では1986年にクーラー・扇風機が人を殺す例が5件あった」 http://goo.gl/lQHuwa

チェルノブイリ事故後に日本で急死事例が増えたのなら、福島第一原発事故後に世界的に急死事例や卒倒事例が増えてもなんらおかしくない。

放射性物質の放出は世界各地、特に欧米先進国で続いている。

BMWの新しいCEO49歳が、フランクフルトのモーターショウで記者会見の最中に卒倒した画像がありました。2015/9/17。すぐ意識が戻りましたが、ドイツでも??と驚きます。

RT 2015/9/17
Premium German carmaker BMW had to cancel a media presentation of its latest models at the famous Frankfurt motor show on Tuesday, after its new boss collapsed on stage during his first major appearance as the company's CEO.

日本へ出張した直後だとか、日本食びいきでないことを願うところです。

米国防総省のブリーフィングでgeneralが一時失神です。
RT ‏@RT_com 2016/2/11
'WhatF-35 will do to ya': Air Force general faints at Pentagon briefing on plane budget http://on.rt.com/7496



【6月12日 AFP】英ロンドン(London)のホースガーズパレード(Horse Guards Parade)で11日、エリザベス女王(Queen Elizabeth II)90歳の公式誕生日を祝う軍旗敬礼分列式(Trooping the Colour)の最中に、2人の近衛兵が卒倒し、駆けつけた看護兵に担架で運ばれた。(c)AFPBB News(AFPBB News)



兵士が整列中に倒れるようなことは少なくないようですが
式典中にバタバタと・・・ついに倒れてしまった兵士たち特集

2016年10月18日
ポルトガルでも電車内卒倒が増えている

2016/10/21のRTは、米軍兵士がフィットネステストで心臓発作を起し軍に医療費の負担を求めて闘っていると伝えています。http://on.rt.com/7sjp

・・・・・

2016/2/7にakyoyaさんから寄せられたコメントに、思わずえっ、えっ、えと声が出た。管理人はAMEXのCEOの急死などが頭にあり、さらに2012年6月に欧州から帰国した方が帰国翌日から体調不良が出たと伺い、どうも欧州や米国は常日頃から被曝がかなりある、そのためさらに強く被曝するとすぐに症状が出るのではないかと疑っている。

最近もドイツがベルギーに原発の安全問題について申し入れをしています。欧州の空間線量率は結構高いのです。

フィンランドの LOVIISAやポルトガルのPENHAS DOURADASは 2016/2/6現在ガンマ線量0.2μSv/hです。

2016/1/5、エストニアで線量率が0.4μSv/hを超えています。すさまじい線量率上昇を観察したとの情報で確認したらまだこの値です。その後このMPの表示が消えました。フランスでもこの日は0.2〜0.3μSv/hのところが見られました。

・・・・・

フランス南西部の方から
今年に入って、自分のまわりのフランス人に夜中に血圧が上がり救急車で運ばれた方が二人、ちょっとした傷から化膿しリンパ線まで腫れ上がり、それぞれ手足を動かすのが困難になった方が二人います。
フランス人の知り合いの少ない自分なのに、これだけ身の回りに体調不良の方がいると不安に感じます・・・
普段から放射線量の高い欧州ですが、去年の春のチェルノブイリ付近の森林火災や数多くある原発の事故などが頭をよぎります。

台湾の方から
身の周りで脳溢血や心臓麻痺の患者について聞く機会は増えているんですよ。
けど、救急車のサイレンを聞く日が増えたかというと、それは無いです。大学でも、講義中に学生が体調不良を訴えるとか、そういう情報には接していません。

コメントありがとうございます。確かにチェルノブイリの森林火災は影響があっておかしくないです。


外国でも突然死出ていますね。イランのサッカー選手が突然死していますし、他にもサッカー選手が亡くなった記事を見ています。注意して情報を見てみます。次の事例はカリフォルニアです。思い当たることがあります。

※ 絢菜っぴ ‏@junnappii氏の2016/5/11のツイート
なんで人って突然死んじゃうの
去年カリフォルニアのNPOでお世話になったスタッフの一人が亡くなった
きっと30歳くらいやったと思う
娘はもうすぐ1歳と3歳 綺麗な奥さんと
幸せそうに暮らしていたのに
彼は私にLordについて教えてくれた
愛する神の元で幸せになって欲しい

2015年10月1日、『Tasnim』などイランの各メディアは「ペルセポリスの元イラン代表FWハディ・ノルジが心臓発作のため死去した」と報じた。
ハディ・ノルジ・プーリは1985年生まれの30歳。イラン最大の名門クラブであるペルセポリスの下部組織出身で、2008年から長く同クラブに所属してきたアタッカーである。
彼の死因は睡眠時の心臓発作であるとのことで、木曜日の朝に病院に運ばれ死亡が確認されたという。

※ マムNatuRa ‏@momnatura 氏の2016/10/20のツイート
予約が入っていたボランティアさんから、叔父さんの突然死で旅を切り上げ帰国することになり来られなくなったとの知らせ。これで何人目?彼女はスペイン出身だがこれまでもほとんどがヨーロッパの人。「福島から排出される放射性物質のせいじゃないかと思う。海の食べ物にはとくに気をつけて」と返信。

BBC News Japan 認証済みアカウント ‏@bbcnewsjapan の2016/12/24のツイート
映画「スターウォーズ」シリーズのレイア姫として有名な女優キャリー・フィッシャーさん(60)が23日、心臓発作で病院に搬送されたとのことです。ロンドンからロサンゼルスへのフライト中、到着直前に心停止状態に陥り、乗客に蘇生されたと(英語記事)

RT2016/12/24
Star Wars actress Carrie Fisher suffers heart attack aboard transatlantic flight

・・・・・

このところ、BAやGermaniaでmedical emergencyが続きました。Germaniaは行き先変更しています。日本では、2016/9/24、成田発バンクーバー行きJAL18便が急病人発生で羽田に引き返しました。

2016/10/15にもANAが引き返しています。成田発マニラ行きのANA819、沖縄辺りまで行き戻ってきた。22:48頃に成田に着陸の見込み。

2017/1/24、ミネソタ州知事のマーク・ディトン氏(69歳)が演説中に突然倒れる。その後回復した模様。

2017/1/26、インド駐在のロシア大使アレキサンダー・カダキンが心臓発作で死亡

2017年02月14日
ウクライナ軍総監の副議長が突然死

2017年02月22日
シアの国連代表部大使、チュルキンがNYで突然死

ロシアの外交官の死亡は、CIAによるものだとの見方もあります。

人気のゲーマーがチャリティー・24時間実況中に死亡。米国バージニア州
Popular gamer mysteriously dies during 24-hr charity livestream

アイルランドのサッカー選手が27歳で突然死
RT2017/3/20
Tributes have flooded in for Irish footballer Ryan McBride, who has died suddenly at the age of 27.
McBride was a defender and captain of League of Ireland side Derry City FC, his hometown club and for whom he had made over 100 appearances.
He was found dead at his home close to the club’s Brandywell Stadium on Sunday. The cause of death is as yet unknown.

スコットランド出身のタイボクシングのボクサーがバンコクで減量中に熱射病(推定)で亡くなった。
RT2017/3/27
Scottish Muay Thai fighter dies in Thailand attempting to cut weight for fight
Muay Thai boxer Jordan Coe, 20, from Scotland has died of a suspected heatstroke while trying to make the weight for a bout in Thailand.
Coe died when he went out in a heavy tracksuit while attempting to shed 3kg to make the 61kg weight limit for a bout on Sunday in Bangkok.
The young boxer was found wearing his heavy tracksuit after he left his hotel at 11:30am on Saturday and failed to return, The Bangkok Post reported.

ドイツの航空会社の副操縦士が低血圧で意識不明に スチュワーデスが機長を補助
RT2017/3/29
The drama took place on board a Boeing 737-800 belonging to German airline TUI Fly on October 11, 2016. The airliner, bound for Mallorca, was flying over the Mediterranean Sea at the time of the incident.
A co-pilot suddenly fell unconscious due to dizziness and extremely low blood pressure during the flight. One of the stewardesses then took his place and helped the captain of the flight during the landing. The plane – which had 190 people on board - successfully landed in Mallorca.

レバノンの大統領(82歳)がアラブ連盟の会議到着間もなく段差に躓いて転倒、ドバイのエミール(67歳)が飛行機から降りる際に転倒。
RT2017/3/30
Lebanese President Michel Aoun fell flat on his face as the Arab league summit at the Dead Sea in Jordan got underway on Wednesday.

Dubai's ruler, Sheikh Mohammed bin Rashid, fell as he disembarked his plane on route to the event.

2017/5/5、大統領選挙期間中のフランスでコリンヌ・エレル議員(50歳)がマクロン候補応援演説中に突然倒れ、亡くなった。

2017/517、米国のミュージシャン、クリス・コーネル(52歳)が突然死、死因を調査中とあります。
RT2017/5/18 Musician Chris Cornell, 52, died in Detroit on Wednesday night. The Soundgarden and Audioslave lead singer’s death was “sudden and unexpected,” according to a statement from his representative.
The statement said his family was working closely with the medical examiner to determine the cause of death.
Born in Seattle, Washington in 1964, Cornell formed Soundgarden alongside guitarist Kim Thayil and bassist Hiro Yamamoto in 1984. In 1988 they signed with A&M, becoming the first grunge band to sign with a major label.

米国の中距離オリンピックランナーが住宅コンプレックスのプールで死亡
※ RT2017/8/29
Olympic runner David Torrence found dead in Arizona swimming pool
Olympic runner David Torrence, who represented the US before switching allegiance to Peru to compete at the Rio Olympics in 2016, has been found dead at the bottom of a swimming pool in Scottsdale, Arizona. He was 31 years old.
The middle-distance runner was pulled from a swimming pool at a condominium complex in Scottsdale at around 7.30am on Monday and was pronounced dead at the scene.
Torrence had reportedly gone to Scottsdale to train.
"Detectives learned that there were no obvious signs of foul play," a police statement said.
Torrence switched to Peru – his mother’s home country – and set national records in the mile and 1,500m events as recently as June.

フランスの女性フェザー級の世界チャンピオン26歳が防衛戦に向けた練習中に心臓に問題が生じ肺塞栓症で死亡
※ RT2017/8/30
Female world champion boxer dies at 26 while training for title defense
French world featherweight champion Angelique Duchemin has died after suffering a heart problem in training for an upcoming defense of her title.
Duchemin, who held the World Boxing Federation (WBF) female featherweight title, suffered a cardiac arrest during a training session on Monday evening at her hometown gym in Thuir, southern France.
She was rushed to hospital in Perpignan, where she died on Tuesday morning, aged just 26.
Jacques Rovira, the head of the local boxing federation, later revealed to the AFP news agency that Duchemin died of a pulmonary embolism.

“Sad news broke on Tuesday afternoon, August 29, that World Boxing Federation (WBF) Women’s World Featherweight Champion Angelique Duchemin from France had passed away earlier in the day,” the WBF said in an obituary posted on its official site.

UAEの航空会社 Etihad Airways のアブダビ発アムステルダム行き飛行機の航行中、パイロットが死亡
RT2017/9/27
Pilot dies on board Etihad Airways plane after becoming 'incapacitated' mid-air
An Etihad Airways captain died after becoming "incapacitated" during a flight from Abu Dhabi to Amsterdam, forcing the plane to make an emergency landing in Kuwait.
“Etihad Airways is saddened to report the death of one of its pilots onboard flight EY 927, a freighter service from Abu Dhabi to Amsterdam," the airline said in a statement cited by local media.
Having been in the air for only a short while, the captain “became incapacitated.”
“The First Officer [then] issued an emergency call and safely diverted the aircraft to Kuwait,” the statement continued.

スポーツニュース(共同通信)2018年3月4日 / 22:01
セリエAのアストーリ選手が急死
 【ミラノ共同】サッカーのイタリア1部リーグ(セリエA)、フィオレンティナは4日、主将を務める31歳のDFダビデ・アストーリが急死したと発表した。アウェーのウディネーゼ戦のために滞在していたホテルで死亡しているのが発見された。同日に予定されていたセリエAの試合は全て延期となった。

Qoly2018年3月9日
フランス2部リーグドゥのトゥールFCは、トマ・ロドリゲズが急死したと発表した。


(初出 2016/5/21 追記 随時)
posted by ZUKUNASHI at 00:21| Comment(15) | 福島原発事故