ずくなしの冷や水

2018年02月28日

地震、事故があったらすぐ確認

この記事は先頭に置くため先日付になっています。
@ 震源と震度を知る サイトの例強震モニター震源分布図
A 福島第一原発をライブカメラで見る。フクイチライブカメラ1号機側(次の4号機側の画面から入り中で切り替え)、フクイチライブカメラ4号機側長者原定点カメラ
B 空間線量率の変化を見る 全国MP30日平均比変化 ホワイトフード全国の放射線量 エリア別統合グラフ原子力規制委員会 放射線モニタリング情報東京都練馬区GM-10リアルタイム測定値ガイガーカウンター リアルタイム 観測網離島調査千葉・茨城の線量率福井原発銀座の線量率静岡の線量率神奈川の線量率
C その日の気流の流れを見る 直近の風向風速スイス企業による日本の天気予報地球全域の気流そらまめ君
そらまめ君のSPM濃度グラフへのリンク 福島県から千葉県
D 感度の高い人たちの反応を知る 桑ちゃん氏
E 高速道路の混み具合を見る サイトの例
F JRの運転状況を知る サイトの例
G 停電状況を知る 東京電力管内
H 海外の空間線量率 欧州の空間線量率 欧州の空間線量率2米国のモニタリングマップ

現在の画面 GM-10


・・・・・・

ブログ・サイト紹介

山の我が家 内容日々充実、これだけ内容豊富のブログは少ない。
モトコのブログ モトコさん、父上のお世話がんばってください。
五線紙と周期律表 周期表・元素一覧同重体元素系列図(126-135)
mountain addiction 登山・トレイル・ウルトラマラソンその他色々
カイトのブログ「放射能から身を守ることを中心に書きます」とあります。アラフォーの男性の堅実なブログです。
南富良野町のカフェレストラン カレーが売り物のようです。
浦安市の整体院 腕はピカイチと聞いています。
ここで紹介したことも寄与して知名度が上がったとの声をいただいています。商業的なものの掲載には、寄付・カンパを寄せてくださった方の推薦が必要です。読者層は、被曝回避、健康維持、国際問題の動向に関心のある成年男女です。

家族をリングから降ろした後にどうするか
posted by ZUKUNASHI at 22:34| Comment(39) | 原発事故健康被害

初めてこのブログを読む方へ

この記事は先頭に置くため先日付になっています。
このブログの管理人は、自民党政権の言論抑圧、縁故利益供与政治に強く反対しています。多くの人の反対にもかかわらず共謀罪創設は議会のルールを踏みにじって成立しました。
 
日本は三流国です。これからもっとひどくなります。政府に反対の言論を展開して逮捕されたくない方は、このブログにコメントを書き込むことはもちろんのこと、閲覧もお止めになることをお勧めします。

このブログは、言論抑圧、縁故利益供与、軍国化政治に反対し続けます。

個人がネットで何を見て、どんな情報を発信しているかは、海外では情報当局が容易に把握しうる仕組みになっていることは知られています。


このブログは、この6年間、放射能問題に特化して情報を集め整理記録してきました。信頼できる情報の提供や投稿も増え、多くの方の協力で運営されてきました。

筆者は、このブログ読者からの経済的支援以外にはどこからも経済的利益の供与を受けておらず、政治的にあるいは文化的にどこかのグループに属していることもありません。

福島第一原発事故が筆者にとっては2回目の原発事故、被曝要因になります。1回目には情報もなく家族の身を守るために大変苦労しました。

健康被害の増大に伴って警告を主体に記事を書いてきましたが、2017/7は親しい友人の社会的に高い地位の友人が肺がんを発症し脳に転移して放射線治療を受けていることが判明しましたし、知人友人から深刻な健康被害の実例を立て続けに知らされました。すでに被曝回避を呼びかける段階は終わったと悟りました。日本人は権力や権威に対してとても従順で命を差し出すことも厭いません。

被曝から自分の家族の健康や命を守ろうとする場合には、過去に書いた記事は今でも有用と考えていますので、残してあります。意味が薄れたものは、おいおい整理していきます。



このブログまたは付随のホームページに掲載された内容に著作権者の立場からご異議のある方は、お手数ですがコメント欄からお知らせください。直ちに対処します。
posted by ZUKUNASHI at 21:06| Comment(0) | 福島原発事故

Dear readers outside Japan / Estimados lectores de este blog

The writer of this blog (myself) is a Japanese man with a varied professional experience who will turn 70 in a few years: I have worked in a large organization in Japan, have also worked abroad, have gone through redundancy, and worked in a part-time job at close to the minimum wage.

Now that I don’t work any more and that I’m in a fortunate enough situation where I don’t have to shiver from cold or starve, I thought I would use my spare time and experience for something useful for society and started a blog in 2005.

It has been a while since Japanese society stopped caring for the socially weak. The nuclear crisis at the Fukushima Daiichi Power Plant has marked the final confirmation of this. We have been deprived of our humble pleasure of eating. Staying healthy has become a struggle. In other words, our right to health or even the right to life are being threatened. Threatened by the government and by some major firms. This angers me and my days are spent trying to fight against this situation so as to help this country go in a better direction.

It would be a great pleasure if I could share my concerns with you and that in doing so I were able to help this world, even if it is only in a small way.

Thank you for reading.

N.B. The graphs and tables in this blog are based on statistics of population dynamics, measurements of radiation in soil and food, and data from monitoring posts, all of which are provided by the government and municipalities. If judged as reliable, information gathered from tweets and blogs is also used for analysis.

・・・・・

El autor de este blog (Zukunashi) es un japonés con mucha experiencia profesional, quien trabajo por más de 40 años y cumplió 70 este año: ha trabajado en una organización grande en Japón por 30 años, incluyendo el trabajo en el extranjero. Zukunashi ha pasado por la redundancia y trabajado en un empleo a tiempo parcial, casi con el salario mínimo.

Ahora, como ya no trabajo más, y que estoy en una situación muy afortunado que no tengo que temblar de frío ni sufrir de hambre, pensé que aprovecharía mi tiempo libre y mi experiencia para algo útil para la sociedad y comencé este blog en el 2005.

Ha pasado un tiempo desde que la sociedad japonesa dejó de cuidar a las personas socialmente vulnerables. La crisis nuclear en la planta de energía Fukushima Daiichi ha marcado a la comunidad japonesa. Hemos sido privados de nuestro humilde placer de comer. Mantener la salud se ha convertido a una lucha. En otras palabras, nuestro derecho de estar sano o incluso el derecho a la vida están amenazado por el gobierno y por algunas grandes empresas. Esta situación me enfada y dedico mis días tratando a la lucha contra esta circunstancia con el motivo de ayudar a este país para que se dirige a una dirección mejor.

Sería un gran placer poder compartir mis inquietudes con ustedes y que al hacerlo, ayudemos a este mundo, aunque sea un cambio pequeño.

Gracias por leer.

NOTA: Los gráficos y tablas en este blog están basadas en estadísticas de la dinámica de la población, las mediciones de radiación en el suelo y alimentos, y datos de seguimiento de mensajes, todos los cuales son proporcionados por el gobierno y los municipios. Si se juzgan como confiable, información de tweets y blogs también están utilizadas para análisis.

・・・・・

Index of articles in English

Índice de artículos en español

2017年01月21日
このブログは世界の人に読んでほしいです 翻訳転載歓迎

2015年09月06日
趣旨に反しなければ記事はご自由にお使いください

2017年04月09日
地域言語を使える方は 現地の方向けに被曝防止の警告を書いてもらえませんか?
posted by ZUKUNASHI at 11:13| Comment(9) | 日記

2018年02月19日

中東のテロリストの多くは貧しい若者の傭兵です

ISISに属したテロリストは1日の日当が100米ドルとも言われていました。支度金が支給される例もあったようです。



ISISの内部では若者を戦闘に駆り出す宗教的な洗脳も興奮剤の薬漬けも行われています。

ですが、基本は傭兵です。彼らは食べるため、稼ぐためにテロリストになったのです。

ですから、テロリストがクルド系のSDFに加わったり、トルコ傘下のSFAに移ったりして何も不思議はありません。世帯持ちのテロリストは家族丸ごと引き連れて移動しています。

注目すべきは、そういうテロリストの賃金や糧食の費用をだれが負担しているかです。

1日100ドル1万人なら100万ドル、1億円です。5千人で5千万円。こんなカネを誰が出しているのでしょう。

テロリストは、米国やサウジ、湾岸諸国などが拠出したカネで養われています。その基本的な事実から目をそらしてはなりません。

トルコ傘下のFSAに入ったテロリストはトルコが、クルドのSDFに入ったテロリストはクルドが費用を負担しているのです。

FARSNEWS2018/2/18
Kurdish Media Reveals Secret Cooperation between ISIL Terrorists, Turkish Army in Northern Syria
TEHRAN (FNA)- A Kurdish media outlet disclosed on Sunday that one of the notorious commanders of ISIL terrorist group has assisted the Turkish army's Operation Olive Branch against the Kurds in Afrin region in Northwestern Aleppo.
Hawar news reported that Seif Bulad Abu Bakr, a former commander of ISIL in al-Bab region, is now one of the commanders of Ankara-backed militants against the Kurds in Afrin.
It went on to say that Bulad Abu Bakr was Emir of ISIL in al-Bab region in Aleppo province before the Army and the Ankara-backed militants could take control over the region, adding that Abu Bakr in now the commander of Ferqa al-Hamzah affiliated to the Turkey-led Euphrates Shield that has participated in Afrin operation.
Hawar news quoted well-informed sources as disclosing on Friday that the Turkish government agreed to transfer the ISIL groups, deployed in Idlib, to the Turkish territory and later forward them to Jandariseh region in Northwestern Aleppo.
Local sources in Jandariseh reported movement of black-wearing militants with ISIL flag.
The militant-affiliated sources had previously reported that hundreds of ISIL gunmen have joined other terrorist groups in Idlib.
注:名前が少し違いますが、上の画像にあるテロリストです。

TEHRAN (FNA)- Saudi Crown Prince Mohammed bin Salman is anxious about his failures in Iraq, Syria, Yemen and other regional states, whistle-blower Mujtahid, who is believed to be a member of or have a well-connected source in the royal family, revealed, adding that bin Salman pays millions of dollars to the western media to improve his image.
"In private meetings, Bin Salman doesn’t want to admit failure of his foreign policies but always complains that his affairs don’t progress well in Qatar, Yemen, Kuwait, Iraq, Syria, Egypt and Turkey as he desires, and he is angry that the western newspapers mock his views," Mujtahid wrote on his twitter page.
He added that the Saudi crown prince praises his foreign policy and then complains that the pressures on Qatar have backfired and Riyadh's attempts against Iraq, Syria and Lebanon didn’t yield desired results.
posted by ZUKUNASHI at 01:33| Comment(0) | 国際・政治

米軍戦闘機がYPGの基地を誤爆 300人のクルドが死亡か

すごいニュースが流れてきました。米軍機が爆撃先を間違え支援するはずのYPGの基地を爆撃、一説には300人の死者が出たというものです。
先日、米軍機がシリア政府側のミリチアを攻撃し100人以上が死亡、ロシア人アドバイザーにも死者が出ました。
このような爆撃の後には報復があります。何かあるだろうと予想していましたが、まさかこんな形で同盟勢力を爆撃するとは。
記事にあるように現地の情報源が誤った情報を流したことが原因と見られていますが、それにしてもこの地域ではメインの基地のはずです。
これは管理人の憶測ですが、現地の情報源が間違った情報を流すように仕組まれたのではないか、あるいは誰かが偽の情報を米軍に流したのではないかとの疑いが消えません。
続報を待ちます。

FARSNEWS2018/2/18
US Fighter Jets Continue Green-on-Blue Bombing in Eastern Syria
TEHRAN (FNA)- The US-led coalition fighter jets once again bombed friendly troops and destroyed a position of the Kurdish fighters in Southeastern Deir Ezzur, inflicting major losses on the Kurds, an Arab media outlet reported.
The Arabic-language Al-Manar TV channel reported that the warplanes bombed an stronghold of the Kurdish gunmen Northeast of the village of al-Sha'afa in Southeastern Deir Ezzur.
In the meantime, local sources said that the Kurdish forces' positions sustained major damage and a number of the militants were killed or wounded.
The Turkish-language Daily Sabah reported on Monday that the US warplanes pounded mistakenly a main positon of the YPG, killing a sum of 300 Kurds.
The Daily further said that wrong peculiarities provided by the field sources were the cause behind the US careless air raid on the YPG.
In the meantime, the Arabic-language al-Manar TV also confirmed that the coalition's warplanes bombed mistakenly the Kurdish militants' positions Northeast of the town of al-Souseh Southeast of Deir Ezzur.



TEHRAN (FNA)- A video released by Iranian News Agency, Tasnim, displays the dead bodies of the Russian military advisors killed in a recent US drone strike in Syria's Deir Ezzur only minutes after the attack. [VIDEO]
posted by ZUKUNASHI at 01:32| Comment(0) | 国際・政治

Saudi Crown Prince Not Willing to Admit Regional Failures

FARSNEWS2018/2/18
Whistle-Blower: Saudi Crown Prince Not Willing to Admit Regional Failures
TEHRAN (FNA)- Saudi Crown Prince Mohammed bin Salman is anxious about his failures in Iraq, Syria, Yemen and other regional states, whistle-blower Mujtahid, who is believed to be a member of or have a well-connected source in the royal family, revealed, adding that bin Salman pays millions of dollars to the western media to improve his image.

"In private meetings, Bin Salman doesn’t want to admit failure of his foreign policies but always complains that his affairs don’t progress well in Qatar, Yemen, Kuwait, Iraq, Syria, Egypt and Turkey as he desires, and he is angry that the western newspapers mock his views," Mujtahid wrote on his twitter page.

He added that the Saudi crown prince praises his foreign policy and then complains that the pressures on Qatar have backfired and Riyadh's attempts against Iraq, Syria and Lebanon didn’t yield desired results.

"Bin Salman is spending millions of dollars to stop the western media's negative reports on him and improve his image with their help," Mujtahid said.

The Saudi whistle-blower had also revealed in November that bin Salman has personally bribed US President Donald Trump with a sum of $1bln during the latter's visit to Riyadh last May.

Mujtahid wrote on his twitter page that Bin Salman, then-deputy crown prince, was able to win the US administration's favor in his power struggle with his cousin Mohammed bin Nayef, who was heir to the throne until he was deposed last June.

He added that Trump’s visit to Saudi Arabia changed Washington’s stance on the competition between bin Salman and bin Nayef, forcing the US to take the 32-year-old’s side.


posted by ZUKUNASHI at 01:09| Comment(0) | 国際・政治

Ex-Swedish PM Strongly Blasts Netanyahu's Anti-Iran Remarks at Munich Conference

FARSNEWS2018/2/18
Ex-Swedish PM Strongly Blasts Netanyahu's Anti-Iran Remarks at Munich Conference
TEHRAN (FNA)- Former Swedish prime minister and foreign minister Carl Bildt lashed out at Israeli Prime Minister Benjamin Netanyahu for his anti-Iran comments at Munich Security Conference, warning that his words smell war.

"Yes, Iran obviously sent a drone into Israel airspace. (But) Israel regularly violates the airspace of Lebanon and Syria," Bildt, who is now the co-chair of European Council on Foreign Relations think tank, wrote on his twitter page on Sunday. His remarks came as the Iranian officials have several times dismissed flying drones over Israel, stressing the country's advisory role in Syria.

He lambasted Netanyahu's "belligerent language against Iran", adding that they remind "how he with the same fervor and arguments spoke for war against Iraq before 2003".

"As expected Netanyahu is on the warpath. (He) compares Iran nuclear agreement (signed in 2015) with Munich 1938. (He) does not seek peace," Bildt said.

Addressing the Munich Security Conference on Sunday, Netanyahu claimed that his regime could “act” directly against Iran, showing off what he called a piece of an Iranian drone which the Israeli military claims to have downed more than a week ago.

He brandished a rectangular chunk of dark green metal, which he called "a piece of that Iranian drone, or what's left of it, after we shot it down."

Earlier this month, Tel Aviv claimed that it had responded to the infiltration of an Iranian drone into the Israeli airspace.

Tehran has dismissed the allegations as "ridiculous," while Damascus has said the Syrian army had launched the drone to track down the ISIL terrorists when an Israeli helicopter violated its airspace and shot it down.

Sticking to the Israeli account, Netanyahu said, "We will act if necessary not just against Iran's proxies but against Iran itself."

The Israeli regime has repeatedly carried out airstrikes against targets inside Syria which Damascus says are aimed at assisting terrorists fighting the Syrian government.

After the airstrikes, Russian President Vladimir Putin reportedly warned Netanyahu to avoid moves that could lead to “a new round of dangerous consequences for the region”.


posted by ZUKUNASHI at 01:09| Comment(0) | 国際・政治

2018年02月18日

Arab Daily: Tel Aviv's Military Superiority Questioned by F16 Crash

FARSNEWS2018/2/18
Arab Daily: Tel Aviv's Military Superiority Questioned by F16 Crash
TEHRAN (FNA)- A leading Arab newspaper underlined that Israel's military supremacy weakened and was replaced with new equations which will make the resistance front more powerful after its F16 fighter jet was shot down by Syrian missiles.

"The Israeli and US military commanders are still in shock one week after the advanced F16 fighter jet was shot down by the Syrian air defense system," the Arabic-language al-Ray al-Youm wrote in its editorial on Sunday.

It said that the strategic reports in the US indicate that Israel might change the type of its planes and squadrons for such cross border attacks.

According to the report, the Aviation Analysis Wing, a specialized US aviation magazine, has also confirmed the Syrian missile's success in shooting down the Israeli plane, adding that the incident marks a major blow to Israel's perceived aerial supremacy in the region.

Shooting down one of the most advanced fourth generation fighter jet can seriously affect Israel's aerial offensive capability in case of war with arch rival Iran, it added.

Powered by a single F100-PW-229 manufactured by Pratt and Whitney with a maximum thrust of 29,100 lbs, the F-16I features a CFT (Conformal Fuel Tank) which increase fuel capacity by 40 percent the amount of fuel it can load normally, the magazine wrote.

Most of the systems installed in the airplane are Israeli and were manufactured by Israeli Defense industries, accustomed to the IAF's needs. The aircraft is equipped with an advanced radar which has synthetic aperture capability, and allows for the detection of ground targets in any sort of weather, in day and at night, it added.

The aircraft is also equipped with a Litening Pod- which locates targets and guides weapons, and a LANTIRN pod for navigation, according to the US aviation magazine.

Syria's Air Defense Units targeted an Israeli warplane after it raided the Syrian Army positions in the Central part of Syria on February 10.

The state-run SANA news agency quoted a field source as saying that an Israeli warplanes embarked on targeting a military base of the Syrian Army in Central part of the country on February 10, adding that the Syrian air defense units tracked the warplanes and targeted more then one of them.

In the meantime, an Israeli media source reported that one of the Israeli jets was downed in al-Jalil region in Northern occupied Palestine by the Syrian air defense units' fire in the occupied Golan region.

In relevant remarks last Sunday, Secretary of Iran's Supreme National Security Council (SNSC) Ali Shamkhani rejected Israeli claims that the F16 fighter jet downed by the Syrian army was on a mission to target an Iranian drone, stressing that Damascus move showed the end of hit-and-run era.

"There is an important point in the recent events and in targeting an Israeli fighter jet: the Syrian army showed to the Zionists that the era of hit-and-run has ended," Shamkhani told FNA in Tehran during the nationwide rallies to commemorate the anniversary of the victory of the Islamic Revolution in Iran in 1979.

Asked about Israeli officials' claims that they had flown the F16 fighter jet, which was downed by the Syrian army, to intercept an Iranian drone flying over the occupied territories, he said, "It is an irrational claim as no F16 fighter takes off to target a drone."

Shamkhani also dismissed the Zionists' claim that they have attacked a Syrian-Iranian base in Syria, and said, "We play an advisory role in Syria."

The Arabic-website of Russia's Sputnik quoted Spokesman for the Israeli Army Avikhai Adra'ei as saying that the Syrian air defense units targeted an Israeli F16 fighter jet in Northern part of Palestine, adding that the downed warplane's pilots are alive and in good health condition.

The Israeli spokesman further claimed that an Iranian drone entered airspace of the occupied Palestine, but an Israeli combat helicopter targeted it. Iranian officials have rejected the claim.

The Joint Operations Room run by the allied forces of Syria, Hezbollah, Iran, and Russia said the drone never crossed the border into Israel, adding that Israel has raided its drone base at the T4 airbase in Central Homs province in Central Syria far away from the Israeli border. The operations room said the drones operating at the base are tasked with collecting vital intel on ISIL in Syrian territories. It also warned that the incident crossed the border of its tolerance, implying that it would reciprocate any further aggression by Israel.

In the meantime, other sources said that the two pilots of the down Israeli jet were injured and one of them is in critical condition.

Some sources reported that the badly inured pilot was wounded before ejecting form the warplane.

Damascus stressed earlier this month that the repeated Israeli attacks on Syria are a continuation of Israel’s aggressive approach represented by supporting terrorist groups to prolong the crisis in Syria and to raise the morale of the terrorists.

In a letter sent to the United Nations Secretary General Antonio Guterres and the UN Security Council, Syria's Foreign Ministry stressed that the continuation of Israel’s attacks only serves to support terrorist groups and to prolong the crisis in Syria.

"The government of the Syrian Arab Republic reiterates its warning to Israel on the serious repercussions of its attacks on Syria, its continued support for armed terrorist organizations, and its continued occupation of the Arab territories, including the occupied Syrian Golan, and it holds Israel fully responsible for that,” it said.

It further went on to condemn the Tel Aviv regime's latest attack in which Israeli aircraft launched missiles from the Lebanese airspace on an area in Damascus countryside.

The letter noted that the attack coincides with "the launching of more than 1,000 rockets and mortar rounds during the past few days on neighborhoods, suburbs, diplomatic missions, service facilities, and churches in Damascus and other cities, where dozens of civilians were killed and hundreds others were wounded, most of them women and children."

The letter concluded by calling on the UN and the Security Council to condemn such actions and to take firm and immediate measures to halt those attacks.

During the past few years, Israel has frequently attacked military targets in Syria in what is considered as an attempt to prop up terrorist groups that have been suffering heavy defeats against Syrian government forces.

On several occasions, the Syrian army has confiscated Israeli-made arms and military equipment from militants fighting pro-Damascus forces. Israel has also been providing medical treatment to the extremist militants wounded in Syria.

posted by ZUKUNASHI at 22:36| Comment(0) | 国際・政治

Mediator in US-Kurd Talks with ISIL Gunned down in Northeastern Syria

FARSNEWS2018/2/18
Mediator in US-Kurd Talks with ISIL Gunned down in Northeastern Syria
TEHRAN (FNA)- Field sources in Northeastern Syria reported on Sunday that Ibrahim Ahmad al-Salama, a mediator in the talks between the US and ISIL terrorist group in Raqqa province, was killed by unknown gunmen.

The sources said that al-Salama was the mediator in the talks between the US forces and its allied SDF and the ISIL for the exit of the latter from the town of al-Tabaqa and Raqqa city.

They went on to say that al-Salama was assassinated by several unidentified gunmen who spoke Kurdish language on Thursday, adding that the assailants attacked al-Salama's house in al-Tabaqa and gunned him down after seizing his mobile and searching his house.

The sources said that al-Salama kept the voice of the talks between the US officers, Kurds and ISIL in Raqqa and al-Tabaqa.

Based on reports, al-Salama was first close to ISIL but started cooperating with the Syrian Democratic Forces and the US-led coalition after the ISIL retreated from Raqqa.

Local sources in Hasaka in Northeastern Syria said on Saturday that the US helicopters conducted heliborne operations in the village of Tuwaimin, 50km Northeast of al-Shadadi, in Southern Hasaka.

The sources said that 4 militants, including an ISIL security commander, were evacuated from the region in the operations.

The area where the operation took place is still occupied by the terrorist group.
posted by ZUKUNASHI at 22:29| Comment(0) | 国際・政治

恐山は放射能で恐れられる運命だったのか

警告! このブログの記事で不快感を感じる方もいるようです。このブログには快いことは書いてありません。他の有益なサイトへどうぞ。

下北半島の空間線量率の上昇が収まりません。


空にこれだけ出ているということは海にもたくさん出ているということでしょう。健康被害という形で現出するのか分かりませんが、住民が何ら影響を受けないということはないでしょう。放射性物質が飛んでいるわけで、吸気被曝が続いていることになります。


最新の状況はホワイトフードのマップでご覧になれます。

読者から教えてもらいました。空間線量率の上昇と関係があるのかどうかは分かりません。

河北新報 2018/2/10(土) 10:46配信
漂う悪臭…陸奥湾でイワシ大量死、浜埋める 青森・横浜町が14日にも処分へ
 青森県横浜町の陸奥湾東側の沿岸一帯にイワシの死骸が大量に打ち上げられている。悪臭が漂い始め、町は週明けの14日にも処分に乗り出すことを決めた。
 町によると、1月30日にイワシの大量死が確認されたのを皮切りに、断続的に死骸が浜に上がっている。今月9日現在で推計20〜30トンに上るとみられる。一部は腐敗し、町沿岸部に悪臭が立ち込めている。
 町は県の補助を得て、重機や手作業でイワシの処分を始める。ただ、沖合で弱っている他のイワシの群れも確認されており、作業完了の時期は未定だ。
 横浜町漁協によると、厳しい寒波の影響で海水温が下がり、衰弱したイワシが漂着したとみられる。過去にも何度か魚の大量死が確認されているが、今回のような大規模なケースは数十年ぶりだという。

宮城県では環境省設置のMPの値が上昇です。




最新の状況はホワイトフードのマップでご覧になれます。



宮城の降雨量は数ミリです。福島から風が吹き込んでいます。



放射性物質放出源は2か所以上あるのでしょうが、能登半島から三陸までつながっています。








これから降雪が峠を越し、積雪が減っていくと過去30日平均に比べて空間線量率が相対的に高くなる日が増えます。






下北半島はそれほど強い雨または雪ではありません。



八戸市 八戸市庁
空間線量 ・現在: 0.06 μSv/h ・平均: 0.025 μSv/h (過去30日平均)




最新の状況はホワイトフードのマップでご覧になれます。

赤丸の最上町と水上町は機器調整中です。

山形県は、機器調整中のところが増えています。
2018年02月18日 18時10分時点
山形市 県衛生研究所 0.035μSv/h
米沢市 置賜総合支庁 0.034μSv/h
三川町 庄内総合支庁 0.034μSv/h
小国町 小国町役場 0.036μSv/h
南陽市役所 0.017μSv/h
長井市役所 観測情報無し
白鷹町役場 観測情報無し
飯豊町役場 観測情報無し
山形市役所 0.028μSv/h
上山市役所 0.015μSv/h
中山町役場敷地内駐車場 0.014μSv/h
山辺町役場 0.011μSv/h
米沢市 森林体験交流センター 観測情報無し
高畠町役場 観測情報無し
川西町役場 観測情報無し
大江町役場西側駐車場 0.015μSv/h
天童市役所 0.028μSv/h
東根市役所 0.017μSv/h
村山市役所 0.014μSv/h
尾花沢市役所 観測情報無し
大石田町役場 観測情報無し
寒河江市役所 観測情報無し
河北町役場 0.016μSv/h
最上町 すこやかプラザ 観測情報無し
村山市 県環境科学研究センター 0.018μSv/h
新庄市 最上総合支庁 0.020μSv/h

今年は、豪雪のところが多くなっています。そのようなところでは、積雪による放射線遮蔽効果が出て空間線量率が下がっています。ホワイトフードのマップは過去30日平均に比してその時点の空間線量率が何倍かを示しています。このため季節要因で空間線量率の30日平均が低下したあとは、オレンジ、黄色、赤のランプが点きやすくなります。

また、ホワイトフードのマップでは、機器調整中などで観測情報が途絶えると最終観測値についての倍率計算結果がそのまま表示され続けるようです。



ですからこれからの季節は、日ごろの空間線量率の平均が低下しているところに西風で放射性物質が飛んでくると空間線量率の上昇倍率が高くなるという傾向が出ます。

放射性物質が飛んでいるわけですから危険がありますが、あれっと思ったら規制委員会の放射線モニタリング情報を確認するようにしましょう。ホワイトフードのマップだけを見て高い高いと騒ぎ立てるのは、考え物です。個人向けの放射能測定器でベータ線を測ったら0.002μSv/hあったなどとの情報は意味がありません。
posted by ZUKUNASHI at 18:42| Comment(1) | 福島原発事故

国家というくくりで人間を観る時代は終わりつつあるのでは

2018/2/18、2018年02月16日 中国人欢迎の記事に関連してよんたさんから寄せられた投稿を掲載する。引用開始。

ユーレイルパスを使って若い頃、う〜ん、27歳でしたっけ、ヨーロッパ各国を1ヶ月、バックパック旅行をしたことがあります。ロンドンに10ヶ月ほど滞在し(それなりの自分の目的があったのですが、今回は説明を割愛)、日本に帰る間際にとりあえずあちこち観て歩こう、と思い立ったので。

イギリスからフランス、ドイツ、オーストリア、スイス、リヒテンシュタイン、これも国でしたね、あとはスペインと回りました。イタリアに行かなかったのは一生の後悔となっています。旅行中、いろんなバックパッカーと出会いました。アメリカ人、フランス人、日本人、中国人、インド人、スウェーデン人、フィンランド人、ドイツ人、モロッコ人などなど。様々に交流し、英語フランス語中国語などが飛び合う空間で、一緒にお茶を飲んだりする貴重な体験もしました。

その中で最も記憶に残った体験があります。主に英語で交流するので、どうしてもアメリカ系ヨーロッパ系の人と話をする機会が増えます。その話の中で、なぜか皆が口をそろえて言うことがありました。大切なアドバイスのような形で言われます。

「モロッコ人には気をつけろよ。ドロボウばかりだから。」

え、ほんまかいな? という疑念を抱きつつ、あまりに繰り返し言われるとどうもこれは用心した方がいいのかなぁ、と思ってしまいました。あまり出会いたくないなぁと思っていた所、偶然二人連れのモロッコ人と知り合います。観た所、別段怪しい様子もないし、むしろ落ち着いた人たちで好感を持ちました。で、一応用心もしながらですが、成り行きで3日ほど旅を同行することとなりました。

宿に泊まる時も貴重品入れ(腹に巻いてましたね。)を片時も離さず、ドロボウされないように注意したものです。ところが・・・

お互いに片言の英語で話をしたり食事をしたり、いろんな所を回ったりしたのですが、その旅で知り合った最も素敵な人たちだったのです。穏やかで常識もあり、落ち着いた物腰で上品でした。何より相手を慮るマインドをたっぷり持ってました。少しでも疑い用心を重ねた自分が恥ずかしくなったものです。

この体験はさておき、

国家という虚妄にだまされてはいけない、と個人的に思っています。

人類にとって既に狭い地球となってしまった現在で、未だに国家という単位が大手を振ってまかり通っているのは、愚かなことです。

思いつくままに、今までの体験もふまえてもう少し考えてみます。

私個人は在日韓国人という位置で生を受けています。その場に立たないと分からないことが多々あります。まず、ヘイトと差別が存在します。60ウン歳という年齢になってしまっても、その体験は忘れ去ることはできません。就職差別、入居差別は言うに及ばず、生活権のかかる行政の制度差別も継続しました。少しずつ改善はされているようですが、まだまだです。参政権が地方単位でもクニ単位でも全くない、という点は全く理不尽だと思っています。

これを言うと、お前は外国人だから参政権がないのは当たり前だろう、いやなら国へ帰れ、そういう言葉を何度聞いたか分かりません。言い返せる言葉としては、それなら税金を取るな、ということです。私には納税意欲は全くありません。政治に参画する権利は剥奪しておいて、取るものだけは取る、これではドロボウのようなものです。

好きこのんで在日韓国人として生まれている訳ではありません。私の父親は日本が韓国に侵略占領された後に韓国で生まれました。(日本の歴史では韓国併合という言葉が使われてます。これも差別意識の顕れです。)農家の8人兄弟の末っ子。どういった経緯で日本に渡ってきたのかはとうとう一度も詳しい話を聞けませんでした。聞いた話の断片を切り貼ると、大体以下のようになります。

農地を日本に奪われ、家は極貧だった。食べられず、やむなく家を出た(出された?)。年齢は推測で小学校高学年くらいの歳。(父は小学校4年までしか学校に行けてない、と聞いてます。)それからありとあらゆる仕事をした。満州にも行った。(満州で何をやってたの? と聞いたことがありますが、しばらく時間を置いた後、「軍属や」と吐き捨てるように言ったのを覚えています。)やがて友人と共に日本に渡ってきます。食べるために生活を確保するために。(おそらく20歳前後。国道26号線の工事にも参加していたそうです。考えてみれば戦争まっただ中の時期。)

父は私など及びも付かないとんでもないヘイトの中で人生の多くの部分を過ごしてます。道を歩いていたら、日本軍の軍人に何の理由もなくいきなり殴れ倒されたり、ライフル銃をつきつけられたり、ということがあったそうです。映画「戦場のピアニスト」で出ていた映像と酷似の体験をしてきています。私もこの映画を観るまで、父親の体験のイメージを掴めませんでした。やがて大阪で、たまたま差別をしない(父の表現)洋服仕立ての親方に出会い、そこで一生懸命仕事をしました。そして独立し、それこそ馬車馬のように働き、生計を立て、結婚し私が出生しました。

父の残した言葉に次のようなものがあります。

「日本は冷たい。日本を信用するな。」

生きてきた軌跡を思うと無理からぬ言葉だと感じています。ただ、日本と日本人を同一視する感覚ではなかったようにも感じています。その証拠に少ないですが、とても親しい日本人の友人も持っていました。複雑な感情が入り交じっていたと思います。

ヨーロッパでの体験で今思い出したことがあります。ロンドンで生活している時、体調をひどく崩しました。高校生の時に体験した気胸の症状だと思いましたが、なにしろ痛くてたまりません。横になれず晩眠れず、フラットの小さな部屋で白壁をみつめながら、オイオイここでオレはくたばるんかよ、とウツウツとした気分になっていたことをよく覚えています。フラットの住人から病院を教えてもらい、受診することに。費用のことは全く考えてませんでした。何しろまだくたばるのはイヤだったので、とりあえず、病院の力を借りよう、と思った訳です。

問診があり、レントゲン検査を受け、結局大した診断もなく、(多分気胸の影があまりよく映らなかった?)湿布薬を一袋もらっただけで終わり。あぁ、やっぱり気胸なんだな、ほっとけば治るか、と安心しました。ところが心配なのは受診費用です。おそるおそる支払いを尋ねると、支払いは要らないとのこと。え? 何で? と驚いたものです。私は単なる外国人。イギリスに税金を払っている訳でもない単なる観光客。(観光ビザで入り、それを延長しながら外国人のための英語学校へ行ったり、ちょこっとバイトしたり、空手道場へ行ったり、要は遊んでました、費用は1年トラックの運転手をして貯めたお金。)なのにただ? イギリスは福祉の国とは聞いてましたが、やるなぁ、と思いましたね。今はどうなっているか分かりませんが。

ところで、この記事にあるテーマに関連することですが、デパートが中国人で溢れかえっていることを憂えるという感覚、それに対する考え、そしてコメント欄でみられる反応を観て、やっぱり国家というものの虚妄に目くらましを受けている方が多いな、という印象を受けました。

中国人の観光客がたくさん来ている、溢れかえっている・・・結構なことじゃないでしょうか? ずくなしさんが言うように、アメリカ人観光客がたくさん来ている、溢れかえっている、というような光景には何も言わないのでしょうか? 京都などではそういう光景もママ観られますが、いまだにそれを憂える話は聞いたことがありません。欧米とアジアで感覚を峻別しているというように感じます。その根本には特定対象への排外意識があるのでは?

残念ながら未だに中国、韓国への排外意識は確実に存在しています。むしろ増大し、想像を絶するヘイトデモが頻発しています。北朝鮮を皆殺しにしろー、火の海にするぞー、日本のチョウセン人は全部出て行け−、などなど、大阪でも多数目撃しました。日本の政府は黙認しています。むしろそういったヘイトグループを護るかのごとき警備を続けています。ヘイトを国是、もしくは政府への批判をかわすためのループとして利用しているのでしょう。オロカというより義理も人情もない単なるチンピラ政権でしかありません。その現実は既に数多くの事例で明らかになっていますが、未だに退治できていません。それはさておき。

国家というくくりで人間を観るのはもう止めませんか? 目の前にいる人間がナニ人であろうと、髪の毛が黒かろうと赤かろうと金色だろうと、肌の色が白でも黒でも黄色でも、ナニ語を話そうと、その人を同じ地平に立つ人間として相対する、そういう当たり前の日常を作りませんか? でないと、いずれオロカなヤクザ為政者に皆殺しにされるのを待つばかりとなってしまいます。

日本というクニにはもう滅亡が織り込まれています。このサイトの読者は皆それくらいのことは分かっているはずです。ならば、人間として如何に生き、相対する人間と如何に付き合うか、如何に共生するか、という視点を大切にすることが肝要かと。生き延びるためにもこのマインドは大変重要だと感じています。
posted by ZUKUNASHI at 13:49| Comment(3) | 社会・経済

戦争・テロで死んでも被曝で死んでも親の受ける衝撃と悲しみは同じです

自動車爆弾テロによる息子の死を告げられた父親。着物の裾に血痕。アフガニスタンのカブールで。

https://www.rt.com/news/419013-human-rights-abuse-claims-afghanistan/から



シリアでは、父親の権威は大きいようです。何か月かぶりにISISによる飛行場の包囲を解いて家族と面会した若い兵士は、家族の待つ部屋に入るなり真っ先に父親の足元に膝まづいて足元に接吻をしました。それから隣に座る母親と抱き合いました。



戦乱が続く国であればなおのこと、老親は家族や親族を守ってもらう上で息子に期待するところが大きいでしょう。

無念、落胆、悲嘆です。

2017年08月21日
息子が戦死した父親・母親の痛みが分かりませんか?
posted by ZUKUNASHI at 13:36| Comment(0) | 福島原発事故

足の親指の爪が痛みもなくはがれる

福島第一原発事故後、足の親指の爪が痛みもなくはがれる経験をされた方は多くおられました。

次の画像は何か分かりますか? 管理人の家の猫の爪です。特に大きいですから前脚の親指辺りでしょうか。猫はこうやって一番外にある古い爪がはげ落ちて爪を更新しているのです。



福島第一原発事故後、足の親指の爪が痛みもなくはがれた方は、足がベータ線源で汚染されていたか、靴などの履物が汚染されていたはずです。

ガンマ線の影響もあったかもしれませんが。

それ以来、足の爪を切らなくてもよくなったという方はおられませんよね。人間でそうなるとかなり長く伸びるはずですし、猫のように足の爪を研ぐことになりかねません。
posted by ZUKUNASHI at 13:24| Comment(0) | 日記

寒さがきついが春はそこまで

201/2/18は、群馬から関東平野を東に吹き抜ける風が強く、寒さを感じます。最近、なぜか、管理人の徘徊先ではあまり目を引く花が見つからなくなっています。

海外のガードニング愛好家がツイッターに自慢の作品を載せています。寒くて出かけられない日には、そんな画像で彼我の植物の比較はいかがでしょう。

結構、同じものがあります。

沈丁花、マユミ、ロウバイらしきもの、サンシュユ、マンサク、アケビなど。

キブシに似た花の草があったりします。

欧州の方の投稿が多いです。米国にもガードニングする人おられるんでしょうけど。

目についたものをリツイートしていたら溜まりました。
https://twitter.com/zukkuari

この季節、スノードロップという白い可愛い花が咲くんですね。自生のシクラメン、クリスマスローズ、そうですよね、原産地では野生ですものね。
posted by ZUKUNASHI at 12:13| Comment(0) | 木々と知り合う

今日の放射能 健康被害が広がっている!

警告! このブログの記事で不快感を感じる方もいるようです。このブログには快いことは書いてありません。他の有益なサイトへどうぞ。

黒字は引用転載部分、青字は管理人のコメントなど
※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 
※ 
※ 
※ 
※ 
※ 
※ 
※ 
※ 
※ 
※ 
※ 
※ 
※ 
※ 
※ 
※ 
※ 未来予測図 @tennsi212001氏の2018/2/17のツイート
ジンバブエの通貨が人民元に。負債48億円帳消しの見返り〜ドルではインフレ収まらず http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=310572&g=131205 … …:政府の統治能力が失われ、すさまじい貨幣価値の暴落に寄って通貨体制が完全に崩壊したジンバブエ

※ HRBJ @HRBJstm氏の2018/2/15のツイート
朝、会社で倒れた人が心筋梗塞で亡くなったそう。
53才。他人事じゃないなあ、、気を付けないと。。

※ 


※ Nikov @NyoVh7fiap氏の2018/2/15のツイート
実際に助けてもらえた経験がないと「助けて」と言えない。
責められるのではないか、否定されるのではないかと不安になる。
助けを求めることと、我慢することを天秤にかけて、我慢することを選んでしまう。
我慢することが当たり前になると、さらに「助けて」が言えなくなる。

※ tunenti @tunentl氏の2018/2/15のツイート
通帳の更新に郵便局に行ったら、職員にア○ラックのがん保険の勧誘話を長々と危険をあおり勧めてくるので「このガンって福島原発事故のせいで起こる被爆が原因。なら汚染食材を食べないようにすればいいし、もしなったとしても私は西洋医学はどうせ治せないから受けない。」って言ったら絶句だった。

※ ロイター2018/2/16
為替政策「特定の水準念頭に置かず」と財務相、予算委での発言を釈明
[東京 16日 ロイター] - 麻生太郎財務・金融担当相は16日の閣議後会見で「特定の為替水準を念頭に置いた為替政策を行っているわけではない」と述べ、前日の衆院予算委員会での発言を釈明した。麻生財務相は予算委で「今の状況において、特別に介入しなければならないほどの急激な円高でも円安でもない」としていた。
・・・今の為替水準を容認する発言と受け止められるのを嫌ったか。2/16大きく円高が進んだのはお昼過ぎだったが。

※ 共同2018/2/16 02:00
事件後病死の男を書類送検へ
強殺容疑などで神奈川県警
 インターネットの闇サイトで知り合った男らが、昨年2月に神奈川県平塚市で80歳女性を殺害するなどしたとされる連続強盗事件に関与した疑いが強まったとして、県警は強盗殺人や強盗致傷などの疑いで、事件後に病死した別の男=当時(49)=を容疑者死亡のまま16日に書類送検する方針を固めた。捜査関係者への取材で15日、分かった。
 県警は病死の男が事件を計画し、闇サイトで仲間を募るなど主導的な立場だったとみて、全容解明を進める方針。

※ とれみす @Galaxy_breaker氏の2018/2/14のツイート
満員電車で「すみません、降りますー」って言ってもピクリとも周りが動かず出られず、後ろのお兄さんも「この人降ります」って言ってくれたんだけど誰も動かなかったので「すみません、吐きます」って言ったらサーッて開いた。聞こえてんじゃん。

※ 幸のん(yukinon) @yukiya42442氏の2018/2/14のツイート
いじめといえば中学か高校の時に外部講師的な方に「今から配る紙をグシャグシャにして下さい」と言われて、皆が紙を丸めたり踏んだりした後に「ではそれを元通りにして下さい。…どう頑張っても元の綺麗な紙には戻りませんね?それがいじめです」って言って教室が静まり返ったのは今も忘れられない。

※ 鈴木 耕 @kou_1970氏の2018/2/15のツイート
安倍首相がついに「専守防衛は不利」と発言。一応は「専守防衛は堅持」と言いながら「相手の第一撃を甘受すれば国土が戦場になりかねない。先に攻撃したほうが圧倒的に有利」と続けた。専守防衛を投げ捨てるまであと一歩か。ものすごくキナ臭い発言だ。

※ 


※ TーTAKA @TGN54氏の2018/2/15のツイート
弁護士が生活保護の申請に同行すると、役所の態度が変わることがしばしばあります。その際の弁護士費用は日弁連の援助制度があり、本人負担ありません。弁護士会などの無料相談をお勧めします。

※  職をください‏ @Teslamk2t氏の2018/2/12のツイート
私、生活保護の申請受けに行ったんですけど謎の面談?で激詰めされて申請書すらもらえなかった。親が生きてるなら親を頼れ、親が死んでるなら親戚を頼れ、親戚も死んでるなら友人を頼れ等言われまくる(実際はもっと酷いけど一例として)

※ 但馬問屋 @wanpakutenshi氏の2018/2/14のツイート
籠池氏の自宅、強制的に売られてしまう –ニュー速(嫌儲)板
http://itest.5ch.net/leia/test/read.cgi/poverty/1518596910
裁判すらまだ、推定無罪の一民間人に対し、勾留中に家を売り払うなんて…日本は本当に恐ろしい国になったわからん

※ インドア派キャンパー @I_hate_camp氏の2018/2/13のツイート
ドル円が素晴らしい事になってきた。生活者としてはこのまま以前のように90円くらいになって欲しい。小さくなっていた食べ物が元のサイズに戻るかもしれない。

※ NMF2011 @NMFUKUSHIMA2011氏の2018/2/15のツイート
どうやら「1,2号機排気筒解体した後」に雨水対策の屋根を設置の方向のようだ。線量が高い中で難しい作業が続くな。。。

※ 金子勝認証済みアカウント @masaru_kaneko氏の2018/2/15のツイート
【これほど劣化した政権を見たことがない】政策スローガンを次々出してはみな目標未達。嘘をつきすぎて支離滅裂。モリカケスパ疑惑だけでない。「働き方改革」もデータが嘘、金融緩和続行の理由も言うことが支離滅裂。トップが腐れば、社会も腐っていく。早く止めないと滅びてしまう。

※  美澄博雅‏ @hiroma_misumi氏の2018/2/13のツイート
玄海原発避難に係る隣県、避難だけでなく取り返しが困難な地上の汚染をどう考えているのだろう。放射性物質はその高エネルギー故出来る限り被曝を避けるのが、二重の基準を持つICRPでもそのことを言及する。

※ 


※ 


※ 


※ 


※ きっこ @kikko_no_blog氏の2018/2/14のツイート
「国立研究開発法人「日本原子力研究開発機構」は14日、神戸製鋼に委託して同社の子会社「コベルコ科研」が実施した「原発から出る高レベル放射性廃棄物」の地層処分に関連する分析作業のデータを不正に改竄していた可能性があると発表した」とのこと。また安倍晋三の関連会社か‥‥。

※ 木野龍逸 (Ryuichi KINO) @kinoryuichi
学生支援機構、やっぱり学生ローン会社に改名した方がいい。連帯保証人ごとつぶすとかって、やってることはサラ金と変わらない。
→奨学金受けた息子亡くし8年、夫婦に265万円の督促状:朝日新聞デジタル

※ 安田峰俊|Minetoshi Yasuda @YSD0118氏の2018/2/12のツイート
「葬式でもらうタオル、少し前まで中国産だったのに、最近は今●タオルの100%日本製になった。中国製品を倒した」と母が言っていたので「その●治タオルはベトナム人実習生の労働先でもブラックで有名で、残業代もろくに払わず夜中まで働かせて鼻血吹かせる奴隷労働の賜物で」と教えて嫌がられる

※ 


※ 桑ちゃん @namiekuwabara氏の2018/2/14のツイート
冬場は乾燥し埃立ちやすいだけで解決する問題かな?福一原発1号機パネル取外しは平成28年10月頃から実施でオペフロ廃材処理。
セシウム合計福島県双葉郡降下物(Bq/km2)
平成27年12月  4億76百万
平成28年12月 14億1千万
平成29年12月 30億03百万
3年前より何と6倍に膨れ上がった。
7年目の福島

※ 


※ 2018/2/14午後、歩くバイオセンサー氏から警報が入っています。私もベランダに出て干し物をした後、何か鼻がムズムズ。南風で冷たくはないのですが、地面に吹き付けるような風です。


※ matu(脱原発に一票、TPPに反対) @matu923氏の2018/2/14のツイート
福一はまだ収束していない。1000tもの高濃度汚染水タンクが林立し増え続けている。 http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=331083&g=132108 … …

※ 桑ちゃん @namiekuwabara氏の2018/2/14のツイート
自分達で振りまいた講演、ラジオ放送もしていながら消してしまうとはね。この件に関しては、過去に本人ともTWやり取りもしたが、1kg2万Bq/kgでアユ1尾100gとしても2000Bq/kg法律違反はなはだしいなど。消したと言っても証人はいる。

※ 桑ちゃん @namiekuwabara氏の2018/2/14のツイート
は〜い。桑ちゃん情報デマにする方、証人はいるぜよ。「原発マネー欲しがり隊」兼「東電原発事故賠償減らし隊」の皆さん。法治国家じゃけんやった事に対しての責任は負わないとね。若者にいい加減な事教えんといてや!放射線に関し労働基準法「電離則」なぜあるかと言えば危険だからあるんだよ。

※ みんな楽しくHappy♡がいい♪追記2012年9月7日
赤い羽根共同募金から多額の助成金をもらって「放射能は怖くない」と洗脳講演
活動を始められた動機として
半谷さんはお母様の死の事を話されました。
お母様のご冥福をお祈りいたします。
体重が半分になってしまうほど、想像もつかない苦しみだったと思います。
だからと言って、放射能が安全だという事にはなりません。
半谷さんは何か勘違いをされていらっしゃいませんか?
このような内容の講演を続けることによって
あなたは、救えるかもしれなかった人をこれから苦しめる手助けをしているのという事に
何故気がつかないのですか?
お母様は天国でそのような息子の姿を望んでいるとは思えません。

※  抹茶‏ @macgchat氏の2018/2/11のツイート
中学の後輩が雪かき中に心臓悪くして亡くなった
・・・雪国の方ご注意を! 普段身体を動かさない人が急に寒い中激しい労働をすると突然死に結び付きます。

※ 横川圭希 @keiki22氏の2018/2/11のツイート
横川圭希さんがまじめにNO WAR。をリツイートしました
これ、国がやらないので始めたというよりは、東京の東側の自治体と保育士の取り合いになり、結果的に始めざるを得なかったのです。あと、国の手当ては国の手当てであります。これ以外にも住宅補助などの制度もあり、現状は保育士の取り合いが目下の大問題となってるのです。

※ まじめにNO WAR。‏ @irukatodouro氏の2018/2/12のツイート
松戸市
低賃金にあえぐ保育士に、独自手当として、毎月45000円〜72000円支給開始
国がやるべきことをやらず、国民の生活を守ることを放棄、機能していないので、自治体としてはじめたのであろう。
えらい

※ Fetish Stage Mikey @Fetish_Stage氏の2018/2/10のツイート
うわー、凹むなぁ。帰宅途中の車内に今かかってきた電話。可愛がって面倒みていた(Not相撲)1年後輩で46歳のI君が亡くなったと奥さんから…。やり残したことも多かったろうに。去年の忘年会では元気だった奴が心筋梗塞で昨日の夜、突然夕飯中に逝ってしまったと。嗚呼、やり残しのない生き方しないと

※ uz@2/20ARCH ENEMY @uzk12氏の2018/2/12のツイート
UNIさん、ありがとうございます。
知り合いがいる会社でも60歳の方がインフル→肺炎で亡くなったと聞きました。
自分は無事に治ったので、明日から出社します
( ̄^ ̄ゞ

※ エビの独言‏ @1234maasq氏の2018/2/13のツイート
夜勤終わって帰宅した。インフルの入居者様が夜中に亡くなった。あっという間だった。

※ 山内華造 @fuanman氏の2018/2/13のツイート
私は、ツイートでは安倍政権批判が多いです。ツイート中でも白紙にされて、書き直し。あるときはツイート欄から、関係のないブログに代えられたり。firefoxでは異常に気付き詳しく教えてと。それ以降は消されることは減りました。firefoxに連絡されることを嫌う。毎日妨害はされてます。自民党本部?
・・・firefoxはボランティアが作っているフリーのブラウザーです。このブログのコメント欄への書き込みができないという人は、ブラウザーに問題があることがあります。管理人はfirefoxを使っています。頻繁にアプデートがありますが、自動で更新されます。

※ masanorinaito @masanorinaito
当たり前だが、イスタンブールや他の都市にもテロ組織PKKのメンバーならいくらでもいるし、しょっちゅうガサ入れがあるし、治安部隊との銃撃戦も起きる。だがな、それでもテレビに出てきた大学教員が「スリーパーセルがいてイスタンブールやばいんです」みたいな発言をしたら即刻クビで訴追される

※ 共同2018/2/13 09:58
米、原因解明まで迎撃実験停止
ミサイル発射後に異常
 【ワシントン共同】米国防総省ミサイル防衛局当局者は12日、日米が共同開発した改良型迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」を使った1月の迎撃実験の失敗について「迎撃ミサイル発射後に異常が起きた」と述べ、原因が解明されるまで新たな迎撃実験は行わない考えを表明した。
 ミサイル防衛局は迎撃ミサイル本体に問題が生じたとの見方を示し、詳しい原因を分析中。日本政府は2021年度にブロック2Aを導入する予定だが、ミサイル防衛局当局者は日本の計画に変更はないとしている。
 米軍は1月31日にハワイ沖の施設からブロック2Aを発射したが、弾道ミサイルを模した標的を撃墜できなかった。
・・・それでロシアからS400を売ってもいいと言われたのか。

※ 木野龍逸 (Ryuichi KINO) @kinoryuichi氏の2018/2/12のツイート
海保がようやく誰でもみることができるインターネットに情報を掲載。もっと早くやればいいのにとは思うけど、少し前進。 http://www.kaiho.mlit.go.jp/info/post-432.html

※ 木野龍逸 (Ryuichi KINO) @kinoryuichi氏の2018/2/12のツイート
「日本学生ローン会社」のほうが似合ってる。審査を甘くして金利高くするのはサラ金と変わらない。
→奨学金800万円重荷「父さんごめん」 親子で自己破産:朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASL2964GZL29UUPI001.html

※ 岩迫 @ohafuku氏の2018/2/12のツイート
5時になった、福井市圧雪起こし&排雪しながらの除雪は全く追いついてなくて、これで明日、連休が明けるのか?作業員の過労死まで出したけど、終わるまで夜通し作業させる気なんやろか?大丈夫か?福井市大本営。なんか考えあるんやろか?またスタック地獄になるぞ「会社休みませんか?」は言えないか?

※ un志水 満 @tennsi21氏の2018/2/12のツイート
よもぎが癌細胞を死滅させる!! http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=304029&g=131207 …… … ヨモギから抽出される、アルテミシニン(artemesinin)と呼ばれる成分が、健康的な細胞1つに対して1万2,000個もの癌細胞を死滅させたと報告

※ ひがしまる @Higashimaru氏の2018/2/12のツイート
以前と同じ様に見えるけれど、現在はもう食べ物ではなくなっているものがあるという認識が必要なのですよね。食べていいものだったら口にしても口内炎も心臓痛も起きません。そういう反応が出るものはもう「毒」なんですよね。

※ タリスカー @c3h4o31氏の2018/2/12のツイート
そうなんです。「毒」なんですよね。周回遅れで知ったりすると、すでに症状が出てしまってて、自分の身体から現実を突きつけられるんですよ。
だから否認できない分ショックみたい。
友人は心臓に出て「知らずに死んでればよかった」と毒づいてたけど、気をつけたら寛解すると思います。

※ タリスカー @c3h4o31氏の2018/2/12のツイート
先の友人が「魚もダメ、キノコもだめ、コンニャクもダメ、アッチのはダメとか言ってたら、食べるもんないじゃないのっー!」って今さらキレて言うんだけどさ、この程度でキレてたら、正直これからの道のりはかなり険しいナ。

※ gendai.ismedia2018/2/12
橋 洋一経済学者 嘉悦大学教授
北の意のままに動く韓国大統領にアメリカがいま抱いている「本音」
9日の日韓首脳会談では、安倍首相が「米韓合同軍事演習を延期すべきではない」と主張したことに対し、文大統領は内政問題だと反発したらしいが、極東アジアにとって、朝鮮半島の非核化は決して韓国のみの問題ではない。
・・・この方の著作物読んでいませんが、なかなかのものなんですね。管理人は、日本が戦争に巻き込まれるか否かは、文大統領の頑張り次第と考えています。

※ tunenti @tunentl氏の2018/2/12のツイート
脳溢血や心筋梗塞ってあっという間に亡くなってしまうんだな。被曝のせいで死亡する原因の一番がそうだって言ってたけど、本当に生と死の境目って一瞬なんだな。前の日も友人と焼肉食べに行って楽しそうだったってお母さん言ってた。またきっとホルモンばっかり食べたんだろうな。余程好きなんだな。

※ 日仏共同テレビ局France10及川健二 @esperanto2600氏の2018/2/11のツイート
三浦瑠麗先生が「大阪には北朝鮮のテロリストが大量に潜んでるんですよ」と発言したらしい。
昨日、三浦瑠璃先生の批判をした。彼女は安全保障の専門家面してるが、フランスで安全保障を習った身からすると、彼女の発言はちゃんちゃらオカシイ。
美人だからか、右派・左派に重宝されている。

※ 山口二郎‏ @260yamaguchi氏の2018/2/12のツイート
三浦瑠璃の暴言の件、いろんな人達の批判に付け加えることはない。ただ政治学の教育の土台が崩壊したことの現れだと深い悲しみを覚える。世間に向かってものを言う時の作法を誰も教えない時代なのだろう

※ ナウちゃん(Born This Way) @nauchan0626氏の2018/2/11のツイート
三浦瑠麗さん。「大阪に北朝鮮のテロリストが大量に潜んでいる」と言う根拠を具体的に教えてください。もし、具体的な根拠がなく大阪住民の不安と民族差別を煽る発言をしたのならば、国立大学の教員として不適格です。そして、そのような発言を許したテレビ局も、当然その責を負うべきなのです。

※ 立川談四楼 @Dgoutokuji氏の2018/2/11のツイート
トランプ大統領は米軍横田基地に降り立った。ペンス副大統領も横田から入国した。歴代大統領は羽田から我が国に入って来たのに。これに安倍さんは抗議しないしマスコミも騒がない。ウヨさんや安倍信者に期待するも沈黙である。ねえ、これってどう考えても植民地の扱いだよね。よく平気でいられるなあ。

※ 矢部宏治 @yabekoji氏の2018/2/12のツイート
いま見たけど、これはさすがにひどすぎる。NHK「北朝鮮の狙いが、米韓同盟の分断にあるのは間違いありません」戦前と同じ、露骨な戦争プロパガンダ。緊張を高めて危険にさらされるのは、自国民の生命なのに。

※ 自家製パンチェッタ @jikapan氏の2018/2/10のツイート
生活保護断られて凍死という痛ましい事件起きたけど、生活保護断られて、死なず食うために万引きしたり、泊まる金ほしさにひったくりしたり、というのだとみんな何回か弁護人やってると思う。弁護人が事件後について行ったら生活保護すぐ出るのよ。基準満たしてるのに断って犯罪させてるの。

※ タニ センゾー @Tanisennzo氏の2018/2/12のツイート
2016年4月の熊本地震。“地震発生1時間から20分前に、震源地上空の電離層に、異常があった”
時刻は、世界標準時で表記していますので、16:25分に発生(日本時間 午前1時25分

※ 桑ちゃん @namiekuwabara氏の2018/2/12のツイート
福島県の農家の方可哀想という方いるが、福島県は自分達で首を閉める行為をしたんですよ。その首を絞める事したのが「はい・・2万Bq/kg食べても大丈夫〜」講演を福島教育委員会、JA、赤い羽根募金協賛で開催した。放射線障害防止法Cs134+Cs137≧1万Bq/kgは一般では扱えない基準。信用なくすよね

※ 副長 乾式キャスクで原発に震災対策を! @fukuchyoh氏の2018/2/12のツイート
これこの国の現実の話ですよ。
原発作業員のすさまじいピンハネ
日弁連によると東電の支払いは1日10万円が多いが、何層もの下請け会社が関与して、その段階ごとに手数料が引かれていく。最終的に1万円から1万数千円になるという。ある30代の男性は8000円、

※ inoue toshio 子どもを守れ! @yuima21c氏の2018/2/12のツイート
奨学金破産、過去5年で1万5千人 親子連鎖広がる:朝日新聞デジタル https://www.asahi.com/articles/ASL1F7SBXL1FUUPI005.html
過去5年間の自己破産は延べ1万5千人で、半分近くが親や親戚ら保証人だった…無担保・無審査で借りた奨学金が重荷となり、破産の連鎖

※  金沢京子.2018年は安倍おわる @kanazawakyoko氏の2018/2/12のツイート
『サイゼリヤも吉野家も福島の米、被災地食材使用企業』
https://ameblo.jp/minakatario/entry-12349700187.html … #アメブロ @ameba_officialさんから

※ 2018/2/11、午前11時、F1の構内ライブカメラが1号機側、4号機側ともに揺れています。

※ NHK2018/2/10
米海軍 横須賀基地所属 複数の兵士 薬物使用・流通の疑いで捜査
アメリカ海軍は、神奈川県にある横須賀基地に所属する複数の兵士が薬物を使用し流通させた疑いがあるとして捜査を始めたことを明らかにしました。アメリカの一部のメディアは、これらの兵士が日本人を対象に密売を行っていたかどうかも捜査の焦点になっていると伝えています。
神奈川県の横須賀を拠点とするアメリカ海軍の第7艦隊は9日、声明を発表し、横須賀基地に所属する複数の兵士が薬物を使用し流通させた疑いがあるとして捜査を始めたことを明らかにしました。
アメリカの有力紙、ウォール・ストリート・ジャーナルは、海軍の当局者の話として、少なくとも12人の兵士が合成麻薬のMDMAなどを使用し密売していた疑いで調べていると伝えています。
また、兵士のうち数人は、原子力空母ロナルド・レーガンの乗組員だとしています。
ウォール・ストリート・ジャーナルは、これらの兵士が日本人を対象に密売を行っていたかどうかも焦点になっていて、日本の当局も捜査に関わっていると伝えています。

※ 非一般ニュースはアカウント凍結 @kininaru2014111氏の2018/2/11のツイート
河野太郎の変節ぶり。米国の核戦略を手放しで礼賛する河野大臣、過去の発言では「唯一の被爆国として、我々日本は、より使いやすい核兵器の開発など絶対に認められない」と言っていた。https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/223012/1

※ ike1962‏ @8icsRtq8Pz2NoMi氏の2018/2/10のツイート
「是が非でも戦争したい」
安倍自民は国民が死ぬ事など、どうでもいい。軍需産業を儲けさせ、自分達もいい思いをしたいだけ!

※ 共同2018/2/10 16:53
韓国大統領が安倍首相に不快感表明
 【ソウル共同】韓国大統領府高官は10日、安倍晋三首相が9日の日韓首脳会談の際、米韓合同軍事演習を延期すべきではないと主張したのに対し、文在寅大統領が「わが国の主権の問題だ」と不快感を示していたと明らかにした。

※ hitomi‏ @7H830氏の2018/2/2のツイート
昨日から一番上の姪っ子インフルエンザA。夜はリレンザの幻覚と幻聴がすごくて妹も怖かったらしい。Twitterでも旦那さんがインフルエンザで亡くなったやらママ友がインフルエンザで亡くなったの記事を見てビクビクしてる。風邪だろうと命を落としかねない。皆さんも注意してください。

・・・

この記事の古いコンテンツは、「今日の放射能備忘録1〜168」に保管してある。過去のコメントは別に記事を起こして採録している。

posted by ZUKUNASHI at 11:58| Comment(68) | 福島原発事故

日本ではこんな光景に怒ったり止めさせようとする大人がいなくなったのかもしれない



・・・引用終わり・・・

そんなに人殺しがしたければ、中東やアフリカに行ってテロリストと戦って来いよ。
posted by ZUKUNASHI at 11:46| Comment(0) | 社会・経済

あなたの測定器 ちゃんと動いていますか

管理人の保有するSOEKS01Mについてパルス音を拾ってグラフに表示させてみました。


150cpm=1μSv/hで換算しています。0.1μSv/hか0.105μSv/hというところですからパルス数換算で15cpmから16cpm弱。新しいGM管を使ったGC10などより1〜2cpm低いことが分かります。
(このソフトは、詳しい数値データを取り出せますので、それで平均値や分散を計算することもできます)

放射線検出能力はまだ十分にあることが分かります。

測定器の検出能力を正確に測定するには、検定済の放射線源に近づけたりして測りますが、一般人には放射能の高い線源の入手はできませんから、身の回りの線源を使って能力を検証していることになります。

GM管は時間の経過で検出能力が下がります。使わないで置いておくと使おうと思った時に正しい値を示しているかはわからないことがあります。

RDS20Aは、4年近くも倉庫で眠っていたため、数日使い続けて測定値が上がるものがありました。

お持ちの測定器の放射線検出数チェックのために必要な器具は次のようなものです。

同報メールで貸し出しの案内をしています。
費用は無料、貸出期間は1か月とします。返送時の機器送料はご負担ください。小さなもの、軽いものは郵便局の方が安いようです。なお、このスティックパソコンにはリチウム充電池は入っていません。郵便局で問われた際にはそのように答えてください。



関連記事
2018年02月15日 色々な測定器の示すcpm

2018年02月13日
空間線量率測定値の記録・グラフ化では GMCLogger : ガイガーカウンタ・データロガー の安定性・応用性が群を抜く

2018年02月13日
個人向けの放射能測定器で屋内のベータ線量を測定できるか
posted by ZUKUNASHI at 11:21| Comment(0) | 福島原発事故

Underwater magma chamber ‘could kill 100 million people

‘Worst case scenario’: Underwater magma chamber ‘could kill 100 million people’
A magma reservoir potentially hidden behind an underwater volcanic crater could have civilization-ending results if it ever erupts, according to Japanese scientists.

Experts from the Kobe University Ocean Bottom Exploration Center (KOBEC) have confirmed that a giant caldera or large crater exists in the Japanese Archipelago. The crater, measuring 32 cubic kilometers, is said to be the largest of its kind and the result of an explosive underwater eruption 7,300 years ago, according to their latest study.

Sitting between the Pacific and Philippine Sea Oceanic plates, Japan is a hotbed for seismic activity, which is why scientists are keen on updating methods of predicting natural disasters. The KOBEC team has been carrying out detailed surveys of the area and published their findings in Scientific Reports.

READ MORE: 'This is crazy': Antarctic supervolcano melting ice sheet from within

Located to the south of Kyushu, the Kikai caldera has very small chance of erupting over the next 100 years, reports KOBEC. However, the lead scientist studying the volcanic formation has given an ominous warning about the bubbling caldera’s destructive potential.

Although the probability of a gigantic caldera eruption hitting the Japanese archipelago is 1 percent in the next 100 years, it is estimated that the death toll could rise to approximately 100 million in the worst case scenario,” professor Yoshiyuki Tatsumi, head of KOBEC, told The Mainichi.

Super eruptions are rare, with Yellowstone Volcano Observatory scientist Michael Poland telling RT.com that the odds of civilization-ending explosion is “astronomically small.” However, scientists researching the Kikai caldera believe that a giant magma reservoir may lay hidden below the crust - and an eruption could be deadly.“An eruption like this would see over 40 cubic kilometers of magma released in one burst, causing enormous damage,” a KOBEC statement reads. “The mechanism behind this and how to predict this event are urgent questions.”

A team of scientists armed with underwater robots plan to return to the crater in March to determine whether the magma build up exists. It’s hoped that KOBEC and the Japan Agency for Marine-Earth Science and Technology will be able to use the research to pioneer a way to predict caldera eruptions.

posted by ZUKUNASHI at 00:04| Comment(0) | 国際・政治

2018年02月17日

Turkish Army Launches Chemical Attack on Kurds in Northern Syria

FARSNEWS2018/2/17
Turkish Army Launches Chemical Attack on Kurds in Northern Syria
TEHRAN (FNA)- The Turkish Army launched a chemical attack on a Kurdish-held village in Afrin region in Northwestern Aleppo, Syria's state news agency reported on Saturday.

SANA quoted well-informed sources as saying that the Turkish army used poisonous gas against the Kurdish-held village of al-Mazinah in Sheikh Hadid region near the town of Afrin.

It added that six villagers are sufferring from severe breathing difficulties after the Turkish army's chemical attack.

Based on the latest reports two of the chemically wounded civilians are in critical health conditions.

Kurdish militants in Afrin repelled the Ankara-backed forces' attacks on Thursday and destroyed a Turkish army tank as the Operation Olive Branch continues in the region.

The Syrian Democratic Forces (SDF) reported that they repulsed a fierce offensive by the Turkish army against Talat Balilkeh in Rajou region, killing a number of Ankara-backed militants and forcing others to withdraw.

The SDF added that they also seized a large number of weapons and military equipment after warding off the Turkish-backed militants' offensive against the village of Qouda.

They also said that a tank belonging to the Turkish army was also smashed and heavy tolls and damages were inflicted on the Ankara-backed militants during clashes in Bolbo
posted by ZUKUNASHI at 23:55| Comment(0) | 国際・政治

New Wave of Defections Pushes Kurdish Forces into Panic in Northeastern Syria

FARSNEWS2018/2/17
New Wave of Defections Pushes Kurdish Forces into Panic in Northeastern Syria
TEHRAN (FNA)- Local sources in Hasaka province reported on Saturday that the Kurdish forces are in panic as a large number of gunmen that had been forced to join the militias have defected from the group and fled the region.

The sources said that the Kurdish forces have been engaged in search for their defected gunmen in the Arab-populated villages of Tal al-Lahm, Tal Hamidi and Tal Khazouq in Northern Hasaka in the last two days.

The sources further said that the defected gunmen had been recruited by the Kurdish group by force.

They added that the Kurdish forces are in fear and panic after a large number of gunmen cut off ties with the group in Rajm al-Salibi East of the town of al-Shadadi.

In a relevant development in January the SDF arrested a number of young people in Northern Raqqa, forcing them to join the group amid fierce clashes between the Kurdish fighters and Turkish army and its allied militants in Northwestern Aleppo.

The sources said that the SDF embarked on arresting a number of residents in the town of Ein Issa in Northern Raqqa to force them to join the SDF.

The sources further said that the UN representative in the region was not allowed the Kurds to enter Ein Issa camp but tens of civilians were arrested by the SDF outside the camp.
posted by ZUKUNASHI at 23:41| Comment(0) | 国際・政治