ずくなしの冷や水

2018年01月27日

北部シリアは今が雨季 クルドとトルコの対立の構図

RT2018/1/26
A new conflict unfolding in northern Syria has gripped the attention of the world, with some fearing it could turn into a broader confrontation in a country still plagued by war. These are the key points you need to know.

Battleground

Afrin is in northwest Syria, some 57km north from the city of Aleppo and around 30km from the Turkish border. The Afrin region has been something of a Kurdish enclave in an area separated from other Kurdish-held Syrian territories to the east by land controlled by the Free Syrian Army (FSA).

A map of Syria showing the territories held by the Kurds and the pro-Turkish Free Syrian Army fighters as well as the site of Turkish offensives against Kurdish militias, with positions as of January 26.



The district covers some 1,800 sq km, and borders Turkey in the west and in the north. Apart from the area held by the FSA, it also borders a region controlled by the Syrian government forces that lies to the southeast and territories seized by various armed groups, including the Al-Nusra Front terrorist group, located to the southwest.

Parties to the conflict

The Turkish armed forces are supported by the FSA – an Ankara-backed paramilitary opposition group which consists mainly of Syrian Arab and Syrian Turkmen groups, which hold the territories in Afrin, northwest Syria.

They are fighting the mainly Kurdish militias known as the People’s Protection Units (YPG). Formed as an armed wing of the Syrian Kurdish Democratic Union Party, the YPG rapidly expanded during the Syrian civil war. The group also fought against Islamic State (IS, formerly ISIS) and received backing from the US-led coalition, which supplied them with weapons.

Ankara claims that the YPG are supported by the Kurdistan Workers’ Party (PKK), a group listed as a terrorist organization by Turkey as well as by the US, the EU and NATO.

How it started

Early on January 19, Turkish armed forces started shelling Kurdish-held areas of Afrin. Later the same day, Turkey’s defense minister, Nurettin Canikli, said that the operation “de facto started.”

On January 20, the Turkish Air Force launched strikes against Kurdish targets in Afrin while Prime Minister Binali Yildirim said that the airborne part of the operation had begun. On the same day, Turkey’s General Staff officially declared the start of the military campaign in the region, calling it ‘Operation Olive Branch’.

The step followed Ankara’s sharp criticism of the US plans to create a 30,000-strong, predominantly Kurdish border force in northern Syria. Ankara called it a “terror army” that Turkish forces would not hesitate to attack.

What Turkey wants

Turkey says it wants to secure its southern border with Syria, prevent the PKK and YPG from “infiltrating” Turkish territory and help the Turkish-backed Syrian armed groups take control over the Afrin region. Turkish officials have called Kurdish militias “terrorists” and said that Afrin was “critical in maintaining the security of Turkey’s border provinces and ensuring the security of the Euphrates Shield Operation area.”

Operation Olive Branch is aimed at creating a 30km “secure zone” within Syrian territory, Yildirim has stated.

What the Kurds say

The Kurdish militias that seized control over the Afrin region back in 2012, soon after government forces retreated from the area, intend to keep what they call “their land.” Thousands of Kurds took to the streets of the city of Afrin to protest against what they called “Turkish aggression” after the operation started.

Later, local Kurdish authorities in Afrin also said that the Turkish operation “threatens the territorial integrity of Syria and the security and lives of the civilians.” They also called on the Syrian government to help repel attacks by the “Turkish occupier.”

Civilian casualties

Although it has only been ongoing for around a week, the confrontation has already claimed the lives of dozens of civilians. At least 24 people were killed in Turkish airstrikes targeting Afrin and neighboring settlements, according to a UN report that also said some 5,000 civilians were displaced in the first three days of the operation.

Local Kurdish sources said that 141 civilians were killed, according to Syria’s SANA news agency. In response to the Turkish offensive, Kurdish militias shelled Turkish border towns on several occasions. The latest such attack, in which the Kurds used two rockets, killed two people in the Turkish town of Kilis and left a dozen more injured, according to the local authorities.

How long will the operation last?

There has been no clear date set for the end of the operation. Turkish President Recep Tayyip Erdogan said on January 26 that the operation will also target another northern Syrian city, Manbij. The city is controlled by US-backed Kurdish militia and is some 100km from Afrin.

What others say

Turkish actions have provoked concern among leaders both in the region and beyond. The Syrian government has branded the campaign an act of aggression, while Moscow has urged Turkey to show restraint and respect Syria’s territorial integrity.

Germany also criticized Turkey’s actions by saying that the last thing Syria needs now is yet another military conflict. On Thursday, Berlin also announced its decision to halt all arms exports at least until the new German government is formed, adding that it should not supply arms to crisis regions.

The decision is likely to affect some of Germany’s arms deals with Turkey, including a much-anticipated modernization of Turkish Leopard tanks. US President Donald Trump has also urged Turkey to “exercise caution” and warned that Ankara’s operations, if not wound down, may result in a direct clash between the two NATO allies in Syria.

RT2018/1/24
How US went from supporting Syrian Kurds, to backing Turkey against them – in just 9 days


Northern Syria: Fierce Clashes between Kurds, Turkish Forces Inflict Hundreds of Casualties on Both Sides
TEHRAN (FNA)- Fierce clashes between the Kurds and Turkish Army in Afrin region in Northwestern Aleppo inflicted hundreds of casualties on both warring sides, both Kurdish and Turkish sources reported on Saturday.

The Turkish Army General Staff announced in a statement that 340 Kurdish fighters have been killed in the Olive Branch Operation by its soldiers and Ankara-backed militants in Afrin region in the last seven days.

It further said that a number of Kurdish fighters' positions, trenches, bunkers and arms depots have also been destroyed in the operation.

"Three Turkish servicemen were killed during the country’s operations in Syria’s Afrin and 16 remain hospitalized," said a Spokesperson of the Turkish Health Ministry.

In the meantime, the Syrian Democratic Forces (SDF) announced that the Turkish army and its allied militants have sustained 308 casualties, including four officers, during the clashes in Afrin region in the last seven days.

The SDF also confirmed the death of only 43 Kurdish fighters in Operation Olive Branch.

Yesterday, Ahmad Shoqi, a representative of the Kurdish fighters said that 16 Turkish military men have been captured by the Kurds in Afrin battlefield.

The Kurdish fighters said on Friday that they have captured 16 Turkish soldiers in clashes in Afrin, where Ankara and allied Free Syrian Army militants have been conducting an operation codenamed Olive Branch since January 20.

“The militiamen lost four people,” the spokesman for the Kurdish Self-Defense Forces YPG added.

He also noted the reduction in the number of Turkish airstrikes in the area.
posted by ZUKUNASHI at 19:45| Comment(0) | 国際・政治

日本のクリプトカレンシー盗難事件 世界に報道

RT2018/1/27
$500mn crypto heist: Japanese exchange Coincheck halts trade, ‘deeply sorry’ for users’ loss
The Japanese cryptocurrency exchange Coincheck has suspended trading and withdrawals, saying it “deeply regrets” the loss of tokens worth some $500 million in what appears to be the biggest crypto heist in history.

This time the heist affected only NEM [coin symbol XEM] cryptocurrency, which is currently the 10th largest virtual currency according to CoinMarketCap. XEM was created by NEM foundation and is based on a blockchain technology. Since the incident become public, the token price plunged more than 15 percent from the day’s high of around $1.02 down to $0.85.

The illegitimate withdrawal of the cryptocurrency was discovered on Friday morning. Coincheck rushed to suspend all withdrawals of NEM, as well as sales and purchases. By Friday evening, the ban on withdrawals was extended to all currencies. Trading has also been halted for all cryptocurrencies, expect bitcoin.

Coincheck CEO Koichiro Wada and Chief Operating Officer Yusuke Otsuka said it is so far unclear who was responsible for the hack, how it was perpetrated and what damage has been done.

Police and the Japanese government’s financial regulator, the Financial Services Agency, have been notified of the breach, they said. Police cars were spotted at the exchange’s offices late on Friday.

Coincheck confirmed late Friday that the unknown hackers might have stolen some 500 million NEM tokens (worth up to \58 billion or around $532 million at the time of the incident), which makes it the biggest ever theft from a cryptocurrency exchange. The previous record-holder was Mt.Gox, a world leading bitcoin exchange, in February 2014 when some 850,000 bitcoins (worth $390 million at the time) were stolen from the platform, preceding its eventual demise.

Coincheck has offered its “sincere apologies” to the affected customers but fell short of blaming the incident on lax security measures. “We are deeply sorry for troubling people with this issue,” Wada said, as cited by Japan Times.

It is unclear whether the exchange will able to recover the tokens, although Otsuka said the company has been considering paying out compensations. It is also unknown whether the attack was orchestrated from abroad, by hackers at home, or was possibly an inside job.

Meanwhile, NEM Foundation President Lon Wong said it was a careless security policy that cost Coincheck and its clients a fortune. Speaking at a press conference, Coincheck officials admitted the firm did not implement NEM’s multi-signature smart contracts. The feature enables users to attach several accounts, possibly located on different computer platforms, to the multi-signature account, so hackers would need to compromise both to get access to the wallet.

Coincheck’s refusal to implement the protocol is the vulnerability the hackers most likely seized upon, according to Lon Wong. “That’s why they could have been hacked. They were very relaxed with their security measures,” he told Cryptonews, calling the heist “the biggest theft in the history of the world.”

It was also revealed that Coincheck has not registered with the Japan’s financial regulator – but has vowed to file for registration now.

The over reliance of cryptocurrency owners on web-hosted wallets makes exchanges prime targets for criminals, cybersecurity guru John McAffee told RT in a recent interview, predicting ominously that “every exchange will at some point in the near future get hacked.”
posted by ZUKUNASHI at 18:21| Comment(0) | 社会・経済

歩行サーベイ、走行サーベイはなかなか良い数字を出している

古い記事を整理していたら2年以上前に作った地図が目に留まりました。
2015年08月16日 走行サーベイ結果は忠実に測定結果を表しているように見える

最近の現地調査で調べた先が、この地図に6か所ほど含まれています。全部が桃色の線量率が高いところです。



市川市は、総武線より北が高く、西の江戸川に近いところほど高い。江戸川区は京成高砂以南では中川に沿って高いところが続く。都道307号、柴又街道に沿った辺りは総武線の南でも高い。環七沿いも松本2丁目の運送会社の古い土台の上で134cpmを検出しています。

問題はこの高い地域が南にどこまで伸びているかですが都営新宿線の辺りまでは高く、東西線に近づくにつれて下がっていくように見ています。葛西臨海公園から東西線に至る辺りは特に高くはありません。

地図に地名を入れようとして目を凝らしていて気づきました。わっ! 京葉道路の南側の一帯がカミソリで切り取られたように黒くなっているではありませんか。北側の一部もそうです。一之江の辺りに道路がない?

そんなことはありません。この一帯を表示できなかったということは、よほど高かったんですね。

こんな画像を見つけました。
http://emdb.jaea.go.jp/emdb/portals/b131/ から


出典は上と同じです。栃木県。画像の色を反転加工してあります。


茨城県、千葉県。2011/3/15、3/21のプルームのメインストリームがくっきりと浮かび上がります。


ちょっと待てよ! 
2017/11/3、11/5の現地調査で2011/3/21のプルームの流れが場所によって特異的だったことを知りました。そして検討の結果、牛久か稲敷市辺りでプルームが二手に分かれたとの結論を得ていました。

上のグラフと比較してください。間違いありませんね。これは我ながらびっくり! 認知症の老人だからとバカにしてはいけませんよ!

冒頭に掲げたマップの元図が見当たりません。細かい分布を見るには、走行サーベイの結果は使えます。だいぶ見当たらなくなっていますが。

でも大丈夫、認知症が始まって疑い深くなった老人は、なんでも残してあるんです。

2015年08月28日
仙台の走行サーベイ結果では仙台中心部に0.1μSv/h以上の箇所が集中

2015年08月16日
走行サーベイ第六次結果 上越、中越、群馬

2015年08月16日
走行サーベイ第六次結果 会津 新潟

2015年08月16日
走行サーベイ第二次・第三次結果 関東北部 付録つくば

2015年08月16日
走行サーベイ結果は忠実に測定結果を表しているように見える

2015年08月14日
そこのおとうさん! お盆休みに時間が取れたらじっくり眺めてください
posted by ZUKUNASHI at 16:18| Comment(0) | 福島原発事故

風邪が流行っている? 成人男性で40度の熱

デスラーさんが40度の熱を出したのは、2017/11/05 の夜です。その後いかがでしょう。

今週は、首都圏ではPM2.5の高い日が多いです。このため咳が出ている方もおられるのではないでしょうか。

平成28年はインフルエンザで亡くなる方が異例に少なかったのです。平成29年、今年は一昨年並みに上がりました。冬にインフルエンザで亡くなる方が少ないと他の病で亡くなる方も減っています。

風邪は万病のもと。マスク、発汗後の始末に気を付けましょう。

※  ☆Aluna☆‏ @cat_aluna氏の2017/11/9のツイート
インフルエンザの注射打ってきた!宮崎はもう学級閉鎖になったトコもあるらしい。マスク、ますますハズせない( ̄∇ ̄)

デスラーさんは、40度の熱を乗り越えました。体調悪化が残っているようですが。

先日医院で聞いたときは、インフルエンザはそれほど増えていないということでした。老人は人混みには出ないように。私のことです。

・・・2017/11/15の同報メールから・・・

2017/10月分の人口動態が予想以上に悪化し、感染症が増えるこの冬の乗り切りが重要になっています。

まずは、汚染食品の排除徹底、ねじの締め直しでしょう。昨日
「背中に湿疹ができている方は きっとこれです」
を書きましたが、私自身ゆるみがあると反省しています。

特に外食が増えるシーズンです。私の場合は、12月に2回忘年会があります。私が被ばく回避をやっていることを承知の上でのお誘いですから、危なさそうなものを出す店には行きませんし、行っても食べません。酒もあまり飲めなくなっているので「飲まない、食べない」で臨みます。

現役で働いている方は、そうはいかないでしょう。場の雰囲気に水を差してもいけませんし、幹事の設営にケチをつけているように受け取られるのも避けたいです。

ですが、現に症状の出ている人は、そのような妥協、社会人の分別が身体症状発現の大きな要因であることを認識する必要があります。

私のブログでは、6年の間、取り上げるテーマがそのときどきで変遷しています。それに伴って来訪者も、そしてコメントなどを寄せてくれる読者も変わりました。

書かれたことに納得できない方、知るだけ知って自分なりに体得した方は去っていきます。

これまで人生で順風満帆、希望にあふれていた方ほど、現実を受け入れるのが困難という面があります。特に私の考えは、放射能からは逃げるしかないというものですから、それに同調していたらこれまでの人生航路が進路変更を余儀なくされます。

そのような対処策に最も抵抗を示すのはエリートサラリーマンが筆頭でしょうが、主婦でも子供が有名小学校に入って成績も良好、将来は有名大学が視野の中にあるような方、子供が屋外スポーツなどで才能を発揮しつつあり将来が期待されているような方は私の言うような被ばく回避策に特に抵抗が強かったとの印象があります。

適宜被ばく回避策を講じつつ、希望する進路を突き進むのももちろん選択の範囲です。結果として身体症状が出てもそのときはあきらめるしかありません。

ですが、世の中の圧倒的多数を占める一般のサラリーマンが、被ばく回避策を無視してまで仕事に邁進しても、どれだけのリターンが得られるでしょう。もちろん正規労働者の地位を捨てるなどという選択ができないのはわかります。

ですが日本の労働環境は「死ぬまで働け」の風潮が強まっています。その中で激しい競争を勝ち抜けますか?

過労で死ぬか、被曝で死ぬか。

これまでのサラリーマンのパラダイムは見直しが必要です。過労でも、被曝でも死にたくなかったらこれまでの行動基準は修正が必要です。

福島第一原発事故後6年が経過し、結果が見えてきています。人口動態から断言できるのは、これで終わりではないことです。

これまで大した障害は出ていないからこれからも大丈夫と考える人もいるでしょう。

そのような方は、初期吸気被曝も少なくて済み、その後の飲食物を通じた内部被曝も抑制されたのでしょう。そうであれば、これからも身体症状は他の人に比べて相対的に軽くて済む可能性はありますが、決して被曝症状フリーではありまません。

被ばく累積は、がんの発症確率を上げることが科学的に認められています。甲状腺異常も被曝に比例して発症することは学者の認めるところです。私は、セシウムの吸入もヨウ素が甲状腺に非確率的影響を及ぼすように心臓機能に非確率的影響を及ぼすと考えています。セシウムは動物実験で不整脈を引き起こすための薬物として使われるそうです。不整脈を生じさせてその上で何か実験しようとする場合に、不整脈が起きるか起きないかわからない物質を使うでしょうか。

繰り返しになりますが、人口動態の悪化してきている地域は地域全体として免疫力が低下しており、感染症が流行るなどの二次的な要因も生じて人口動態の悪化を加速することになります。

疲労や体調不良を押して勤務を続けるのは避けましょう。別に大手広告会社に勤めているからと言ってその方がいなければ日本社会が没落するというものではありません。

体調が悪ければ休む。睡眠をとる。この冬は、交際も控え、ぐーたらで過ごしましょう。

(ここまで2017/11/25記載)

・・・・・

2018/1/23の同報メールから転載

東京近郊でインフルエンザが流行しています。
かかりつけの医院にいつものとおり午後の診察受け付け開始時に行ったらすでに先客が何人も寒風の中行列。
私の受付後、続々と老若男女が。
医師に聞いたら1週間前から患者急増だそうです。
薬局も混んでいました。薬剤師もインフルエンザで混んでいると。
記事に書きましたが、昨日は近所の主婦がインフルエンザに罹患したと聞きました。
院内感染、薬局内感染あり得ますので、どうぞご注意を。

※ きむらとも @kimuratomo氏の2018/1/26のツイート
今日の参院本会議の安倍首相、いつになくかったるそうだし、声も枯れてて、痰がからんでいるのか時折咳払い。もしやインフルエンザじゃあるまいな。今年のインフルは高熱が出ない人もいて、寝込むほどじゃないと出勤している人が非常に多い。体調が悪いなら周りにも迷惑。首相から率先して休むべきだ。

※ Nemesisネメシス‏ @zodiac0088
チェルノブイリの記録にもインフルエンザ大流行があった。#被曝 して免疫が効かなくなるらしい。
インフルエンザ猛威、推定患者数283万人と過去最多に
http://www.sankei.com/life/news/180126/lif1801260014-n1.html

サンケイ2018.1.26 11:16
インフルエンザ猛威、推定患者数283万人と過去最多に
 厚生労働省は26日、全国約5千カ所の医療機関から1月15〜21日に報告されたインフルエンザの患者数が、1医療機関当たり51・93人となり、前週(26・44人)を大きく上回ったと発表した。この一週間に全国の医療機関を受診した患者は約283万人と推計され、統計を取り始めた平成11年以降で過去最多となった。
 国立感染症研究所(感染研)によると、全都道府県で前週より患者が増えた。都道府県別では、鹿児島県86・53人と最多で、宮崎県84・97人、福岡県83・99人、大分県82・40人、佐賀県69・64人−の順で、西日本で大きく流行している。
 直近5週間の検査では、21年に新型として流行したA型とB型の割合がほぼ同程度と、B型の患者が増えている。また、小学校などを中心に7536施設が学級閉鎖や休校などの措置を取った。
 加藤勝信厚労相は会見で「外出後の手洗いやせきエチケットなど、さまざまな予防策に努めてほしい」と述べ、せきやくしゃみが出る人はマスクをして感染拡大を防ぐよう呼びかけた。



本件で同報メール発信しました。
posted by ZUKUNASHI at 14:12| Comment(3) | 福島原発事故

デザインの勉強はネットでできる

次はオスロのデザインフェアの様子です。日本の住宅設備などは北欧の後追いです。デザインなどもちろんそう。引きこもりの若者は、ネットでいろいろ調べて勉強してはどうでしょう。

今は居ながらにして世界中のインテリア・デザインなどを知ることができます。日本のオリンピックのマークは、最初欧州の美術館か博物館のロゴマークの模倣でした。ああいう真似はいけませんが。

洗練された北欧のもののほかに、管理人はアジアの物でも何でもとても興味深いものがあると思っています。中南米もデザインの宝庫です。



このツイート主は、園芸家です。https://twitter.com/TommyTonsberg 写真撮影も上手いです。植物の花の画像がとてもきれいなので、リツイートしています。次はマンサクの画像です。


ノルウェーでもうマンサク??と思ったら、やはりまだだと書いてあります。

植物相手の仕事、楽しいですよ。これほどこちらの配慮に100%応えてくれるものはないです。観察し、手間をかける。しゃべらないでいいし。

上手く育ったら、写真に撮って楽しみましょう。別に他人に褒められなくても良いのです。自分で楽しめばいいのだから。でもいっぱい撮っていると次第に腕も上がります。

北欧の冬は長いです。でも、それに活気を、潤いをもたらすために植物が使われています。
posted by ZUKUNASHI at 12:51| Comment(0) | 日記