ずくなしの冷や水

2018年01月18日

クルドの国境警備部隊をめぐる米国とトルコの対立

2018/1/15夜時点で書いたクルド国境警備部隊問題のまとめです。同報メールで発信しました。

・・・・・

2018/1/13の土曜に米国が米国主導勢力の決定として、シリア・イラクとトルコの国境地帯にクルド人が主体の国境警備部隊を3万名規模で作ると発表しています。

トルコは寝耳に水。シリア問題での米国主導勢力の一員であるにもかかわらず事前の相談がなかったとカンカンです。シリア北西部のクルド人の町アフリンを攻撃する準備を進めています。

昨年11月、エルドアンとトランプの電話会談でエルドアンが米国のYPG支援を止めるよう要求、トランプが武器の供与は行わないと約束したとトルコ側は何度も強調しています。
それにもかかわらず、米国は次々に武器、車両などをYPG、SDFに供与してきました。

クルドが国境を警備するということは、支配地域の統治を行うことに他なりません。北側のトルコ国境だけでなく南の側でも国境を設定して警備すればシリアの領土分割になります。

米国は、これまではテロリスト掃討という名目で軍隊を送り、空爆してきましたが、ISISが風前の灯となり、シリアに米軍を残すためにクルドと組んだのです。
クルドが強くなれば、トルコのこれまでの軍事・治安の努力は水の泡です。
エルドアンは、国境警備部隊が発足する前につぶすと宣言しました。
ロシアは、シリアの領土の一体性を損なうと強い懸念を表明、ロシアの国会議員はロシアの国益に反するとまで言っています。
シリアはもちろん強く批判。
イランとイラクの反応がまだ聞こえていませんが、当然批判します。

ここでただちにトルコと米国が戦うことにはならないでしょう。トルコはロジャバなどクルド人の人口密度の濃い地域を一気に攻撃してくるでしょう。そして国境警備隊を編成する暇を与えない作戦に出るはずです。

米軍の露骨な居座り作戦にそういう国だと分かっていても図々しすぎるとの感が否めませんが、米国はロシア、イランに接近したトルコが憎い、憎いがゆえにこの構想を打ち出したのでしょう。

最近、SDFはISISテロリストと混合しています。米国のテロリスト温存策の一環であることは明らかで、ロシアが強く反発するのもそれが自国に降りかかる恐れがあるからです。

トルコがクルド人地域を激しく攻撃することとなれば、シリアの和平交渉はとんざするかもしれません。米国の狙いの一つはそこかもしれません。

マンビジでは、SDFが青年二人を拷問して死なせたとして反クルドの抗議行動が起きています。アフリンではSDFの徴発、徴用に反対する市民のデモが起きました。

シリアの和平に向けた道のりがまた遠くなりそうです。

経済的には、トルコには大きな負担です。トルコリラは下落しています。

・・・1/18追記・・・

この後、トルコ軍トップがNATOを訪問し、NATOメンバーが脅威を受けている、NATOは態度を明確にすべきだと申し入れ。エルドアンもNATOのトップに電話をしています。

並行してトルコはシリア国境沿いに軍を展開、高台には巡航ミサイル、トマホークの発射装置を設置したとの情報があります。

トルコ外相は、シリア国内のクルド戦闘員を攻撃することがありうること、戦闘停止区域にいるオブザーバーに害が及ばないようロシア、イランと可能な作戦を調整することもあると述べています。
He reiterated that Ankara could attack Kurdish militias in Syria, and said it would coordinate a possible operation with Russia and Iran to make sure their observers in the area are not harmed.

米国国務省は、この国境警備部隊は、解放されたのち統治されていない地域でISISが再登場できないようにするために欠かせない措置と言っています。
“It is also essential so that ISIS cannot re-emerge in liberated and ungoverned areas. This is not a new ‘army’ or conventional ‘border guard’ force,” it added in relation to the SDF force, which would be based in the north-western Syrian area of Afrin.

デリゾールの戦いの最中、米軍はISISの指揮者クラスをヘリコプターで救出、避難させていますし、ISISの家族を含め何千人という人をバスやトラックで避難させました。この避難にはSDFが関与しているとされています。ISISの再興を防ぐ?! 笑わせるな!! です。

米国国務長官ティラーソンは、発言を後退させています。彼の発言は風車のように変わることで知られていますが。
We are not creating a border security force at all,” he said on Tuesday. “I think it’s unfortunate that comments made by some left that impression. That is not what we’re doing.”

クルドは、米国がクルドの主張するシリアの連邦制を支持したと発信しています。トルコとしては連邦制でクルドがより強い権力を握ることは絶対に反対なはずですから、ここはロシアやイランの力も借りてクルドをつぶすことがまさに焦眉の急になったわけです。シリア政府に対しては、むしろしっかりしてほしいとの立場に変るでしょう。

トルコのクーデター未遂事件の背後にはCIAがいるとの説が根強く流れており、エルドアンは米国に対する信頼を捨てたでしょう。おそらく本当に米軍に対してもドンパチやりかねない、そうなったらシリアに送り込んでいる数千人の米軍兵士にも犠牲者が出ることになります。

トルコは、テロリストの陣営に米国人がいることが悪い。巻き添えを食うのは覚悟だろうと言えます。あるいは、米軍が空爆でシリアの民間人を多数殺害した場合によく使う "mistake" だったと言うか。

米国トルコ関係は緊張の度が増しています。米国は、北朝鮮問題では韓国と日本に高額な武器の売り込みに成功しましたので元は取れたというところでしょうが、エルサレム問題、アフガン・パキスタン問題に続いてまたもつまずきました。
posted by ZUKUNASHI at 23:46| Comment(0) | 国際・政治

日本は米国から購入したミサイルでロシアと中国を狙っているのか

RT2018/1/17
Is Japan aiming its US-bought missile systems at Russia & China?
Japan’s efforts to acquire US missile defense systems under the pretext of a North Korean strike have sparked concerns in Moscow. Experts believe the weapons might be deployed with an eye on Russia and China.

Japan insists that its decision to boost its ballistic missile defense systems by approving the purchase and deployment of two Aegis Ashore units is driven by the “urgent threat” posed by Pyongyang. The US made system, expected to be operational by 2023, was approved in December and cost Tokyo $2 billion.

Defence Minister Itsunori Onodera’s statement that Japan could use the Aegis Ashore not only against ballistic missiles, but also to intercept a greater range of weapons such as incoming cruise missiles have raised serious concern among its neighbours.

The system’s deployment is likely more to do with concerns over China and Russia, believes Jeff Kingston, the director of Asian Studies at the Temple University in Japan.

“Clearly the most urgent threat is from Pyongyang so that is driving this decision but this deployment has wider implications given concerns about China and Russia given their more advanced capabilities,” he told RT via email.

Dr. Joseph Gerson, the president of the Campaign for Peace, Disarmament and Common Security argues that a potential North Korean missile attack which Tokyo claims to be defending itself against is in fact “unlikely,” although not completely impossible. He added that Japan’s missile program is seemingly “designed to defend the island nation and US military bases from possible future Chinese or Russian missile attacks.”

Justifying military buildup at what cost?

A former Australian diplomat says Tokyo is exploiting tensions in the region to justify its own military buildup.

“Of course, Japan will say [the missile defense program] is just directed against North Korea, when everyone knows the chances of North Korea seeking to attack Japan are minimal,” said Gregory Clark, a former Australian diplomat and a specialist in international relations and security.

Japan's Prime Minister Shinzo Abe needs these tensions to justify the defence legislation overhaul he advocates, as well as to enhance Japan’s military capabilities and its role abroad. Such a policy pushes him right into the arms of the US, and makes Japan an active supporter of American military strategy in the region and beyond, Clark explained.

“Incidentally, Mr. Abe is making a totally unnecessary visit to the Baltic states to show his support for US and NATO policies in Europe,” he added.

This policy could also potentially put Tokyo on a collision course with Moscow, he warns. He said the US missile defence systems could become a “matter of adding weight to and contributing to overall Western policies” that involve “putting pressure on alleged adversaries, including Russia.”

The deployment of the Aegis Ashore system in Japan could push Moscow into even closer cooperation with Beijing aimed particularly at countering pressure exerted by the US and its allies, Clark said, and could possibly torpedo Russian-Japanese negotiations over the disputed Kuril Islands.

On Monday, Russian Foreign Minister Sergey Lavrov said the systems deployed in Japan could be used for offensive purposes under the full control of Washington.

Lavrov’s statement comes on the heels of a Japanese media report stating that the missile defence systems were particularly designed to be a deterrent against Russia in the region, and that its deployment fits in with Washington's strategy of countering Moscow. The report cited an unnamed Japanese defence official who said the missile systems’ deployment was aimed at “curbing” Russia’s missile capabilities “to its east.”

Moscow doubts Japan’s claims that the missile systems would be controlled by Tokyo.

“We have heard that it will be Japan that will allegedly operate this system, and the United States will have nothing to do with it, but we have serious doubts that it is so,” Lavrov said Monday.

Aleksandr Zhilin, a retired Russian Armed Forces colonel and a military reporter, believes such concerns are justified. It's highly unlikely that Japan would control the US missile systems, he told RT, adding, that all such statements to the contrary are apparently designed to serve as a disguise. The US is behind the deployment and it clearly does so with an eye on Russia and China, he said.
‘Means for pre-emptive strike’

Apart from being an apparent deterrent against Russia and China, the deployment of the US-made Aegis Ashore missile defense systems in Japan has another far-reaching implication that could further worsen an already tense security situation in the region. These systems could presumably be used both as a cover for and as a means of a pre-emptive strike by the US and its allies.

“Given that so-called missile defenses can also serve as the shield for first strike swords, neighbouring nations will understandably see missile defences as potentially offensive weapons,” said Gerson. The deployment would mark another step in a regional arms race that only increases tensions and puts regional powers on the brink of a “catastrophic war,” he warns.

Zhilin notes that the Aegis' capabilities are limited and the system doesn’t pose any challenge to Russia, as it has “effective penetration aids.” Its deployment in Japan actually nullifies Japan’s security instead of enhancing it, as it becomes a potential target for missile strikes precisely because of the existence of these systems on its territory.

Aegis Ashore is not just a defensive weapon that could be used to weaken a potential missile strike, thus making a pre-emptive blow a more plausible option in case of a conflict between major powers. It can also be converted into an offensive weapon.

Derived from a naval antiballistic missile system, Aegis Ashore launches interceptors using a variant of the Mk 41 VLS vertical launch system. The same system is used by the US Navy to launch Tomahawk cruise missiles that could be equipped with nuclear warheads.

If deployed in Japan, these launchers would have most of China’s developed coastal area, as well as Russia’s Sakhalin and Primorsky Kray regions within range.

A further military buildup, in fact, does not serve the interests of any regional players, as it would only lead to a further escalation of tensions and could jeopardize earlier agreements, Gerson noted. Exerting pressure on each other is also just another dead end.

“It is an urgent necessity for the nations of Northeast Asia, as well as the United States, to end regional arms races, military threats and provocative military exercises,” Gerson said, calling “common security diplomacy” the “best way forward.”

“It is difficult to envision meaningful pressure being placed on Japan to abandon its missile defence program,” he added. “Rather than pressure, common security negotiations leading to the creation of a Northeast Asia Nuclear Weapons Free Zone would be far more effective.”

posted by ZUKUNASHI at 16:07| Comment(3) | 国際・政治

青森市 平均寿命が短い原因は何だろう

毎日新聞2018年1月17日 20時18分
青森市
「短命市」返上へ20億円の寄付
 青森市の小野寺晃彦市長は17日、市民から昨年末に20億円の寄付があったことを明らかにした。平均寿命が全国ワーストの青森県の中でも平均寿命が短い「短命市」返上に向けた施策に使ってほしいとの要望があったといい、スポーツ施設の整備や食生活の改善事業に充てる方針。市は「本人の意向」として、寄付した人の氏名や性別などは公表しない。
 市によると、市在住の個人から昨年12月26日に寄付の申し出があり、振り込みが後日あった。小野寺市長が面会して謝意を伝え、使途を話し合う中で、スポーツやイベントに利用できる施設(アリーナ)を整備する構想などが浮上した。
 青森市では2016年12月、京都市在住の個人から5億円の寄付があり、この時は新ビジネス支援などに使うことが決まった。【一宮俊介】

・・・引用終わり・・・

スポーツ施設やイベント施設を作っても「短命市」返上には役に立たないだろう。
posted by ZUKUNASHI at 12:44| Comment(0) | 福島原発事故

英語が分からないとだまされる

※ トランプがフェイクニュース賞の獲得者を発表
RT2018/1/17
President Donald Trump has announced the “winners” of his “Fake News Awards.” While the link failed to open for many amid the high internet traffic, a web archive reveals the New York Times and CNN among the top recipients.

Trump also tweeted that there are “great reporters” whom he respects. However, he did not name any of those journalists, unlike the treatment dished out to the “Fake News” awardees.

※ 共同2018/1/18 08:39
米軍のシリア駐留継続、国務長官
「イスラム国」台頭許さず
 【ワシントン共同】ティラーソン米国務長官は17日、西部カリフォルニア州にあるスタンフォード大でトランプ政権の対シリア政策について演説した。「過激派組織『イスラム国』(IS)が再び台頭しないよう、シリアでの米軍のプレゼンスを維持する」と述べ、駐留を当面続ける方針を示した。
 米軍が撤収すれば過激派が改めて力を持つことへの懸念に加え、シリア内戦でアサド政権軍を支援するイランの一層の影響力拡大への危惧が背景にある。
 ティラーソン氏は、アサド政権の退陣を目指す上で「忍耐」が必要だとし、変革には時間がかかるとの認識を示した。

・・・上の記事で一見しておかしいのは、「イスラム国」を作りその台頭を助けてきたのは米国だという基本事実に反したことを言っています。なぜこんな記事だけが日本国内向けの数少ない中東関連外電に選んで伝えられるのか。米軍のシリア駐留に関して国際的に良い印象を植え付けるためです。米国は米軍のシリア駐留に関して国際的な批判が強まっていることにマズイと考えていることが分かります。



※ CNN2018/1/12
「降伏しなければ殴り殺す」、米軍幹部がISISに通告
ワシントン(CNN) 米陸軍の幹部が過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」に今も残る戦闘員に対して降伏を迫り、従わなければ爆弾投下やシャベルで殴るなどの手段で殺害すると脅した。

・・・引用終わり・・・

米軍の見え見えのプロパガンダです。米軍は今もシリアで民間人の空爆殺害を続けているのになぜシャベルで撲殺が出てくる? デリゾールでは米軍のヘリが次々とISISの指揮者を救出していますし、テロリストを家族と一緒に北の安全な場所に移しています。このような情報をわざわざ日本語で拡散するのは米国の御用の証

※ 共同2018/1/10 07:04
ロシアとイランの大使呼び抗議
トルコ、シリア情勢巡り
 【イスタンブール共同】トルコのチャブシオール外相は9日、シリアのアサド政権軍がシリア北西部イドリブ県で過激派との戦いを口実に穏健な反体制派を狙って攻撃していると批判。トルコ外務省はアサド政権の後ろ盾のロシアとイランの駐トルコ大使を呼び出して抗議、不快感を伝えた。地元メディアが報じた。
 ロシアとトルコ、イランは今月29〜30日、ロシア南部ソチで「シリア国民対話会議」を開く方針。チャブシオール氏は、会議参加者が「こうしたことをしてはいけない」と記者団に述べ、政権軍の攻撃は内戦の政治的解決を妨げると批判した。

・・・引用終わり・・・

一見しておかしな記事です。なぜおかしいかというと
@ 「イドリブ県で過激派との戦いを口実に穏健な反体制派を狙って攻撃していると批判」とありますが、過激なテロリストが結果的に集まり相互に抗争している形となっているイドリブで「穏健な反体制派」の影は薄く、それを主対象としてシリア軍が攻撃を仕掛けることは考えられません。シリア軍は、過激なテロリストに掃討作戦を始めようとしているところです。
A イドリブには、トルコが支援するテロリストがいます。SFAですが、彼らはトルコ軍の指揮のもとに動いており、シリア軍は今の時点ではSFAやトルコ軍を攻撃していません。
B 上のトルコ外相の動きとして伝えられた情報発信者の狙いは、シリア軍にイドリブのテロリスト攻撃の手を緩めさせたい、シリアには直接言えないのでロシアとイランに言ったということにして、イランとロシアをけん制したいというものです。あまりに迂遠だと思いませんか? トルコとロシア、イランの外相はアスタナの和平協議などのため頻繁に連絡を取り合っています。
C 「ロシアとイランの駐トルコ大使を呼び出して抗議、不快感を伝えた」とありますが、「穏健な反体制派」がSFAのことであれば、不快感どころではなく、和平協議の推進主体からの脱退をほのめかすでしょうし、本格戦闘への発展を警告するでしょう。トルコ外相のこれまでの発言から見て、「不快感」で済ませるはずがありません。
というわけで、これは現地の新聞記者か外交筋のねつ造の可能性が高いです。
このニュースはツイッターで共同通信のニュース短信として流れたものですが、これをこのブログに収録した約10時間後、FARSNEWSが、イランの大使が「シリアの件でトルコ外務省には呼ばれていない」と明言したと伝えました。

・・・・・

普段は日本語でそんなに詳しい情報を伝えていないメディアが突然日本語で海外情報を流したときは注意が必要です。

読む価値のあるニュースは有料情報で流し、積極的に広めたいプロパガンダ記事、フェイクニュースが無料で流れるのです。編集部に入る元原稿にはフラッグがついていて、これは優先的、積極的に広めろと指示があるのでしょう。

2018年01月10日
日本の通信社の流す海外記事はこんなにユニーク イラン大使が「俺は呼ばれていない」と報道を一蹴

2017年04月09日
とてもおもしろい日本の報道 頭の体操にもってこい

2016年02月10日
海外の出来事はマスメディアでかく伝えられる
posted by ZUKUNASHI at 10:25| Comment(1) | 社会・経済

女川原発が放射性物質放出の可能性

2018/1/17は雨が広がった夕刻から福島県北部と宮城県で広く空間線量率が上昇しました。このようなパターンはとても珍しいですが、牡鹿半島が北東の風となっており、それが宮城県、福島県の沿岸部の線量率を引き上げていると見られます。





今晩は珍しく甲府市で線量率が上がっています。浜岡から関東、甲州に流れているようです。諏訪市で0.065μSv/h。

北陸では富山県庁が0.106μSv/h。岐阜県郡上市で0.087μSv/h、愛知県の設楽町で0.066μSv/h。茨城県鹿嶋市で0.063μSv/h。

なんかおかしいです。東京東部は真北の風に変っています。






横浜から湘南、横須賀は最近頻繁に上昇がみられます。ただでも体調不良の人が多いのに影響出ますね。





浜岡は早い時間から放出していたようですが、風がなくなったのか近傍のMPが大きく上げています。


関東南部は北の風が強まり線量率は低下です。南岸部は浜岡の影響が残ります。

宮城県色麻町で通常時の倍0.49μSv/hに迄線量率が上がっています。通常時の測定値が低すぎるのですが。


宮城には民間による測定点がありません。あっても多くが停止中。読者もいないようなので、測定点を設置してもらうのも難しいです。経済的な問題とともにやはり意識の差があるということでしょうか。リアルタイム測定表示は自分のためよりも人のためです。他の人の測定値が自分のためなんですけどね。

会津、栃木、群馬に黄色のマークが出てきました。栃木市で0.037μSv/hが0.056まで上がっています。



福島県南部にダイダイ色のマークが増えていますが、中心は鮫川村です。影響が栃木県にも及んでおり大田原市や広い地域で空間線量率が上がっています。関東は北の風ですから、栃木県と茨城県北部は影響が続くでしょう。
1/18午前0時半現在で小山市辺りまで達しています。
東京の舎人公園も上がっていますが、こちらは浜岡の影響の残りのようですから、この後は下がっていくと見込まれます。

廃棄物焼却の影響が今回は特に顕著に出ています。
posted by ZUKUNASHI at 00:40| Comment(0) | 福島原発事故