ずくなしの冷や水

2018年01月22日

Syrian President: Turkish Op in Afrin Is Part of Ankara's Strategy to Support Terrorists

SOLinternational 2018/1/21
Turkish PM says maintains contact with Syrian government over operation in Afrin through Moscow
"We are communicating with the Syrian government through Moscow's mediation," Turkish Prime Minister Binali Yıldırım said
Turkish government maintains contact with Syria regarding the ongoing Turkish Armed Forces' operation in Afrin through the mediation of Moscow, Turkish Prime Minister Binali Yıldırım said on Sunday.

"We are communicating with the Syrian government through Moscow's mediation. The Free Syrian Army together with our units have entered Afrin. Russia has no objections regarding the operation. Iran's concerns are now being settled," Yıldırım said.

The Syrian government on Saturday denied Turkey had informed it of its planned military operation against Afrin. "Syria strongly condemns the brutal Turkish aggression on Afrin, which is an inseparable part of Syrian territory," a source from Syrian government told state-run SANA news agency. The source added that Turkey's move was yet another violation of Syria's sovereignty.

Syrian President Bashar Assad said on Sunday that Turkey's offensive against Syria's Afrin was along the lines of the country's policy which is built upon the support for terrorists.

On Saturday, the Turkish Armed Forces have launched an operation dubbed "Olive Branch" against the Kurdish forces in Syria's Afrin.

Syria had warned Turkish AKP government against launching a military operation in Syria's northwestern region of Afrin and said that Syrian air defences stood ready to defend against such an attack.

※ Brasco_Aad @Brasco_Aad氏の2018/1/22のツイート
The Turkish government officially refers to Syria as The Syrian State rather than the Assad Regime for the first time in years, implying official acceptance of sovereignty

FARSNEWS2018/1/21
Syrian President: Turkish Op in Afrin Is Part of Ankara's Strategy to Support Terrorists
TEHRAN (FNA)- Syrian President Bashar al-Assad on Sunday stressed that Turkish offensive in Afrin is part of Ankara's strategy based on supporting terrorists.

"Turkey's brutal attack against the Syrian city of Afrin is inseparable from Turkey policy, that was pursued by the Turkish regime since the first day of the Syrian crisis and which is based for the most part on supporting terrorism and terrorist groups under different names," Assad was quoted as saying by the SANA.

Ankara has launched a new air and ground operation around the area of Afrin in Syria to oust the Kurdish People's Protection Units (YPG), which Ankara views as a terror organization and the Syrian branch of the outlawed Kurdish Workers’ Party (PKK).

Ankara opened a new front in Syria’s nearly seven-year-old war on Saturday, launching airstrikes against Kurdish fighters in Afrin in Aleppo province. According to reports, Turkish tanks are supporting the Free Syrian Army’s ground offensive on Kurdish positions in Syria’s Afrin region, as operation "Olive Branch" has started.

The Syrian government has condemned the “brutal Turkish aggression” against the Kurdish-controlled enclave of Afrin, rejecting Ankara’s claim about having informed Damascus of the operation.

The Damascus government had also made clear to Ankara that it considers Turkey’s military presence on its territory as a violation of its sovereignty, and warned that it will shoot down Turkish bombers in Syrian airspace.

RT2018/1/21
Missiles hit Turkish town near Syrian border, casualties reported
The Turkish border town of Reyhanli has been hit by missiles launched from Syria, Deputy Prime Minister Bekir Bozdag said. The town’s mayor claimed there were dozens of people injured and at least one killed.

At least one person was killed and 32 others wounded, Reyhanli’s mayor Hussein Sanverdi told Turkish media.

Speaking to the Turkish channel NTV, Sanverdi said: “One Syrian lost his life. We have 32 injuries. Two are seriously injured,” according to Hurriyet.

Turkish Foreign Minister Mevlut Cavusoglu condemned the attack on Twitter. "I condemn in the strongest terms the indiscriminate rocket fire by PYD/YPG terrorists that killed one Syrian refugee and wounded 32 Turkish citizens in Reyhanli. This attack on innocent people shows the real face of PYD terrorists."

Photos emerged online apparently showing the aftermath of the missile attack. One man was pictured covered in blood while lying on the ground, while numerous photos of damaged vehicles were also posted to social media.

Four cars as well as business and residential properties were reportedly damaged in the attack. Police have been deployed to the area.

FARSNEWS2018/1/21
Kurds Still Adamant to Russian Offer after Turkish Invasion
TEHRAN (FNA)- One of the Kurdish movements in Afrin disclosed that the Kurds have turned down a Russian request to hand over areas under their control to the Syrian government.

Aldar Khalil, a senior member of the Kurdish movement of 'Democratic Society', said that the Kurdish fighters in Afrin have turned down Russia's proposal to deliver the regions under their control to Damascus, adding that they still insist on keeping the regions.

This is while the Turkish army has intensified air and ground attacks against the Kurds in Afrin in Aleppo province.

"Russia raised this demand but we will not deliver control of our territories to them and will defend all regions under our control," Khalil said.

The Turkish aggression started after Kurdish militants changed their earlier decision over surrendering their territories on the Western side of the Tishrin Dam on the Euphrates River to the Syrian government after the US offered its all-out support to the Kurds to train and equip a 30,000-strong army.

The Kurdish-led Syrian Democratic Forces (SDF) had in April handed over several villages to the Syrian Army troops in Northern Aleppo under the monitoring of the Russian forces.

The SDF gave control of the villages of Kabashin, Borj Heidar and Fafrin Southeast of the town of Afrin and the villages of Zaof al-Kabir, Borj Qas and Bashmereh in the Nubl region to the Syrian army at the time.

Also, media reports said in early March that several villages controlled by the Kurdish forces in Northeastern Aleppo were handed over to the Syrian Army troops following a Russian-brokered agreement with Damascus.

The Arabic language desk of Sputnik quoted a source in March as saying that the Manbij Military Council delivered control of six villages to the Syrian army troops.

Sputnik added that the villages were in contact line with forces of the Turkey-led Euphrates Shield Operation in Manbij.

But the Kurds stopped delivering control of their regions to the Syrian government for unknown reasons.

An informed source said in April that Pentagon has demanded Kurdish forces to hand over the town of Tal Rifat and several nearby villages to Liwa al-Mo'atasem terrorist group.

The source who requested anonymity said that Liwa al-Mo'atasem terrorist group along with some of the commanders of the Free Syrian Army have accepted to negotiate with SDF under the US mediation.
posted by ZUKUNASHI at 09:56| Comment(0) | 国際・政治

アフリンの次に米国兵士のいるマンビジに軍を進めるか

RT2018/1/21
Mattis says Turkey warned Pentagon before attacking US-backed Kurds
US Defense Secretary Jim Mattis says Turkey gave advance notice that it was planning to launch an attack on US-allied Kurdish militias in Syria, but he did not specify if Washington tried to dissuade Ankara.

”Turkey was candid,” Mattis told reporters aboard a plane traveling to Asia from the US. ”They warned us before they launched the aircraft they were going to do it, in consultation with us.”

On Saturday, Turkey launched a series of air strikes on the Kurdish enclave of Afrin in northwestern Syria, controlled by the YPG militia which Ankara considers to be a terrorist group. Turkish ground forces pushed into the territory Sunday, supported by loyal anti-Assad militants.

"Turkey is a NATO ally. It's the only NATO country with an active insurgency inside its borders. And Turkey has legitimate security concerns," said Mattis, who noted that gains against Islamic State did not soothe Turkey’s concerns over a breakaway Kurdish state on territory.

RT2018/1/21
Erdogan accuses allies of sending ‘thousands of planeloads' and 'truckloads of arms' to Kurds
Turkish President Recep Tayyip Erdogan has turned on Ankara’s allies, insinuating that the US in particular has been providing massive military support to Kurdish YPG in Syria.

In a speech to his ruling AK Party Erdogan said that ‘some allies’ of Turkey had provided the YPG Syrian Kurdish militia with 2,000 planeloads and 5,000 truckloads of weapons.

“Now, apart from 5,000 trucks, there are weapons and ammunition from around 2,000 planes.” the Turkish leader said. He also accused Ankara’s allies of dishonesty when they say that they do not provide weapons for “terrorists,” referring to Kurdish-linked YPG forces.

The president also vowed to hand over Afrin to its “real owners,” explaining that he aims to return 3.5 million refugees back to Syria from Turkey as soon as possible.

This weekend, Turkey began operation ‘Olive Branch’ against Kurdish forces in Afrin, deploying jets and land forces.

RT2018/1/21
‘After Afrin, Americans feel threatened by Turkey’s vow to strike US-backed Kurds in Manbij’
With Turkish forces bombing Kurdish positions in Syria’s Afrin region and saying the next target is Manbij, controlled by US-backed Kurdish militia, Washington is starting to feel the heat, Middle East expert Ammar Waqqaf told RT.

As Turkey began its military campaign in northern Syria, the lack of US action came as little surprise, said Waqqaf, the director of the British think-tank Gnosos. “Americans have never been associated with that enclave in Afrin,” Waqqaf said, adding, there's been “no American presence, direct armament or funding.”

Yet, the US is now worried about the “announced objective of going to Manbij, which is directly affiliated with the Americans.” On Saturday, Turkish President Recep Tayyip Erdogan vowed to drive what he called “terror filth” from the country “up to the Iraqi border.”

The warning is “a bit threatening to the US,” Waqqaf says. “Apparently, [the] Turks are saying they’re using their feet, telling the Americans –Look, we’re going to head on this and we hope you don’t do any military resistance, it would be a sorry situation, if we would have to shoot and be shot by an ally.”

While “there’s enough incentive for Turkey to continue” with the offensive, Washington and Ankara may still come to a compromise, Waqqaf believes. “What Erdogan said – 'there were promises in Manbij that weren’t kept, so we’re not going to stop' – that opens a door for further negotiations, perhaps to take out or further evacuate Kurdish militias from Manbij.” Ankara is “putting some pressure, hoping for some diplomatic gain from the Americans.”

However, with “no international mandate,” the US position in the region looks “untenable.” It is “a precarious situation,” with Washington not only unable to protect American-backed Kurdish militias, but also risking to lose a longstanding ally in Ankara. The Turkish government is “apparently pushing the envelope to see what happens” in Afrin, given that Syria and Russia have voiced their objections and the US being “not happy about it,” Waqqaf said.

RT2018/1/21
‘US managed to betray both Turks and Kurds’
There is nothing to be gained from carrying out the bidding of the US in Syria, and right now Turkey and the Kurds alike are learning this the hard way, independent political analyst Dan Glazebrook told RT.

Turkey officially launched a military operation against Kurdish-held enclaves in Syria called operation ‘Olive Branch’ on Saturday, comprising airstrikes and a ground offensive.

Ankara maintains that UN Security Council Resolutions 1624, 2170, and 2178 allow it to conduct operations against terrorists in Syria while preserving the territorial integrity of its neighbor.

RT discussed Turkey’s move and what provoked it with several analysts.

Dan Glazebrook, independent political analyst, said it is difficult to tell how the situation will evolve further in the Syria’s Afrin region, “but so far, Erdogan has been true to his words.”

“I have to admit, I initially suspected perhaps there would be some cross-border shelling, but they would not go as far as airstrikes or a ground invasion. And I was proved wrong,” Glazebrook told RT.

“It does look like Erdogan is determined to go all the way. And it really does highlight the dangers of the Anglo-American strategy in Syria for the last seven years, which has been to basically turn Syria into a complete free-for-all: all the states in the region to sponsor their own proxy militias and get involved and carry out airstrikes – Israel, Turkey, the US, anyone else. It is a really dangerous situation,” he said.

Last week, the US announced its plans to create a new armed force with the Kurds close to the Turkish border. After Turkey reacted with outrage to US plans, the Pentagon said it was not creating “a new ‘army’ or conventional ‘border guard’ force.”

Glazebrook noted it is amazing that the US in the past week has managed to “completely betray both its rival allies in this conflict.”

“First, betrayal of Turkey – announcing this Border Security Force, made up primarily of Kurds, without any consultation with Turkey. And then, as soon as Turkey makes an issue of it, immediately drop the Kurds altogether, saying ‘we have nothing to do with them’ and basically give Turkey a free hand to slaughter them. Betrayals left, right and center,” he added.

“I hope that the rest of the world really is paying attention that there is absolutely nothing to be gained from offering yourself up to carry out the bidding of empire, as Turkey is learning a very hard way right now and so are the Kurds, actually,” Glazebrook pointed out.

‘Crisis between two traditional NATO allies US and Turkey’

Ali Rizk, expert on Middle Eastern affairs and contributor to Al-Monitor, told RT the Turkish offensive against the Syrian Kurds “is a very significant development, and where it might lead is unknown.”

Rizk said that this undoubtedly means a crisis between two traditional NATO allies, the US and Turkey.

“It is a problem for Turkey, but it is also a major dilemma for the US: it is very likely that they were not expecting Turkey to follow through on these threats,” Rizk explained.

Ever since the American remarks about a “border army” in Syria, Turkey has been threatening to take action. Rizk said he doesn’t think that these words were taken very seriously by Washington.

“At the same time, it is also something that the Syrian government would object to – the Syrian government considers this to be a violation of its sovereignty,” he continued.

According to Rizk, “the reactions could come from everywhere: we have the US-Turkish dispute, as a result of what is happening, at the same time you have a dispute between the Syrian government and Turkey because the Syrian government has expressed its categorical rejection for any such steps. This could lead even to a confrontation between Syria and Turkey. There are a lot of possible scenarios which do lead to escalation, and now that it’s begun I think it might be very difficult to seize control of the situation.”
posted by ZUKUNASHI at 00:23| Comment(0) | 国際・政治

2018年01月21日

やーっ すっきりしたぜ

尾籠(びろう)な話ではありません。パソコンを更新して、もう古いパソコンを使う機会はないと判断、一気に処分することにしました。

でも、今はパソコンを業者に引き取ってもらうと何千円も払わなければならないんですよね。そんな金は払いたくないし、一台ずつばらして極力燃えないゴミで出して、残る箱は粗大ゴミで出すしかないかと覚悟を固めていました。

でも、解体の時間がありません。特にノートパソコンは時間がかかります。

数日前に郵便ポストに1枚のチラシ。家電回収業者です。パソコン本体、ノートパソコン回収無料とあります。

気持ちが前のめりに心が動きます。でも、家電回収業者についてはよくない噂も聞きますので、慎重になりました。

確か、パソコンの基盤などは有価金属回収業者がいるはず。彼らは基盤、CPUなどがあればよいはず。ものが良ければ再生して売ることもあるでしょうがそれが狙いではないはず。

と考えて電話しました。パソコン本体3台、ノートパソコン2台引き取ってほしいと。無料であることを確認します。先方から液晶がついているか聞かれましたが、モニターは別に数台あり、スティックパソコンにつないで5年ぶりに出番があったものもあります。これはまだ使えます。液晶はないし、コードもついていないと答えると無料引き取り合意成立。

午前中に引き取りに来るというので前夜のうちに玄関前に置きました。私の朝は遅い。それにしてもすごい容積です。

朝起きてすぐ確認、きれーいに無くなっていて感動しきり。

実は、リアルタイム測定システムのセットアップなどのためにそれらの部材の置き場所がなくなっていたのです。コードが入り乱れて間違ったコードを送付するという失態も犯しました。

家の中の整理整頓ができない無精者には捨てるのが一番。改めて自分に言い聞かせたことでした。

そのうち次のような事例になりたくないです。

・・・・・

東京新聞 2018年1月20日 13時56分
認知症トラブル マンション切実 高齢住人増加、孤立も
 マンション住人の高齢化に伴い、認知症になってごみ出しができなかったり、ぼや騒ぎを起こしたりといったトラブルが目立っている。周囲が異変を見過ごし、放置される人も少なくない。子どもの独立などを機に移り住んだ夫婦が孤立し、問題が起きても気付かれないといったケースもある。
 「助けて…」。二〇一六年八月の深夜、大阪市内の八十代の姉妹二人が暮らすマンションの一室から一一〇番があった。救急隊員が駆けつけると、室内は空き缶や食べ残しなどの大量のごみに埋もれていた。妹は脱水症状で意識が混濁し、そばで認知症の姉がおろおろしていた。
 ともに命に別条はなかったが、クーラーが壊れた部屋は閉め切った状態で異臭がしており、訪れた地域包括支援センターの職員は「一日遅かったら、二人とも亡くなっていたかも」と振り返る。
 支援センターは部屋を所有する妹の了解を得て、業者に頼み計二十トンのごみを一週間かけて処分。姉妹を施設に移し、部屋は成年後見人を付けて売却した。
posted by ZUKUNASHI at 10:44| Comment(0) | デジタル・インターネット

1μSv/hの所に居住しても年間の被曝線量は1mSv/h以下になる!!! そんなバカな 私も人殺し!と罵倒したい

※ 産経ニュース2018.1.17 20:09
除染基準「引き上げるべき」 規制委員長が表明
 原子力規制委員会の更田(ふけた)豊志委員長は17日の定例会合で、除染の目安とされている空間線量「1時間当たり0.23マイクロシーベルト」について「実証データから1マイクロシーベルトの所に居住しても年間の被曝(ひばく)線量は1ミリシーベルト以下になる」と指摘し、「改めないと帰還や復興を阻害する」として環境省は引き上げを検討すべきとの考えを示した。

 更田氏によると、帰還者らが身につけた線量計の実測値で判明したという。自ら同省に働きかける考えを示したほか、事務局の原子力規制庁は「どのような場でメッセージを出していくか検討する」としている。

・・・引用終わり・・・

1μSv/h×24時間×365日=8,760μSv=8.76mSv

「身につけた線量計の実測値」ではその人の身体による遮蔽効果が生じて身体から離して測定した場合よりも測定値が低くなります。

管理人が現地調査で線量計を背負ったナップザックのポケットに入れておいた場合とウィンドブレーカーのポケットに入れておいた場合とでは、はっきりと差が出ます。

※ 木野龍逸 (Ryuichi KINO) @kinoryuichi氏の2018/1/18のツイート
ムチャクチャだ。ロシアだってウクライナだってベラルーシだってこんなことしてない。事故前の基準を蔑ろにするっていうことは、次の事故が起きたらさらにひどい汚染を受容させることになりかねない。
→除染基準「引き上げるべき」 規制委員長が表明 産経ニュース

※ hitomi kamanaka @kama38氏の2018/1/19のツイート
世界では年間1ミリーシベルトは0.114マイクロシーベルト毎時。なぜ日本だけ0.23なのか?すでにここからして高い設定になっている。こうやってどんどん高め高めに設定してどうする!

※ 時事通信1/18(木) 19:20配信
福島産コメ、全量検査縮小=2〜3年後めど―県方針
 福島県は18日、東京電力福島第1原発事故後に始めた県産米の放射能検査について、全量全袋検査を縮小する方針を打ち出した。

 避難指示などが出ていない地域については、2〜3年後をめどに取りやめ、サンプル検査に移行する方向で検討する。ただ全量全袋検査の継続を求める声もあり、関係者と調整を急ぐ。

 同日開かれた、農業関係者らを交えた検討会で方針を示した。3月末までの決定を目指す。 

※ asuka @asuka_SGP氏の2018/1/18のツイート
どくろ福島産コメ 全量検査を縮小へ
東京電力福島第1原発事故後に始めた県産米の放射能検査について、全量全袋検査を縮小する方針を打ち出した。

避難指示などが出ていない地域については、2〜3年後をめどに取りやめ、サンプル検査に移行する方向で検討する。
バカの国旗(祝日・日の丸)

※ 産経ニュース2018.1.17 20:23更新
帰還困難区域は「最大8マイクロシーベルト」 規制委、福島5町村で測定
 原子力規制委員会は17日、東京電力福島第1原発事故で立ち入り制限が続く福島県内の「帰還困難区域」で昨年測定した空間放射線量を公表した。最も高かったのは双葉町の路上で、1時間当たり約8.48マイクロシーベルトだった。全体として減少傾向にあるという。測定は平成28年に続き2回目。
 第1原発事故後、国は除染の長期目標を年間1ミリシーベルトとしている。1時間当たりの空間放射線量に換算すると、0.23マイクロシーベルトとなる。
 測定結果はこの日の規制委の定例会合で報告された。測定は29年7〜9月、要望があった福島県双葉、大熊、浪江、富岡の4町と葛尾村で実施。主要な道路などを車で走行したり、歩道を歩いたりして測定した。
 結果は各町村に提供され、今後、住民の帰還に向けた取り組みや、自治体の復興計画に活用されるという。

・・・引用終わり・・・

0.23μSv/h×24時間×365日=2,014μSv=2.01mSv なんですけどね。屋内にいる間については4割程度の遮蔽効果があるとすれば、
0.23μSv/h×14時間×365日×0.6=708μSv=0.708mSv
0.23μSv/h×10時間×365日=839μSv=0.839mSv
日本の家屋は遮蔽が少ないです。とても年間1ミリシーベルトには収まらない。

次の記事に、私も更田委員長を人殺しと罵倒したいと本当に思います。

・・・・

産経新聞 2018/1/21(日) 0:02配信
作家、広瀬隆氏、原子力規制委の更田豊志委員長を「人殺し」と罵倒!
 市民団体が主催し、「日本列島の全原発が危ない!」などと題して作家の広瀬隆氏が講師を務めた講演会が20日、茨城県土浦市大和町の県南生涯学習センターで開かれた。
 講演会をめぐっては、土浦、つくば両市が後援に名を連ねたが、チラシに「反原発」を想起させる文言が並び、自治体の政治的中立性を疑問視する声が開催前から寄せられていた。
 広瀬氏は原発事故や地震発生の仕組みなどを解説。約1時間半の講演のうち、20分ほどを日本原子力発電や原子力規制委員会の批判に割いた。
 同規制委の更田(ふけた)豊志委員長を「妙な名前の男」と呼び、「更田は人殺し」「首根っこつかんでぶん殴ってやりたい」などと汚い言葉でののしった。
 さらに、講演の最後には「『更田を(規制委の委員長)ポストから外せ』という運動を起こさないといけない」と約130人の聴衆に呼びかけ、司会者は「最後のアジテーション(扇動)で何をすべきか分かった」と応じていた。
 主催団体代表の長田満江さんは「講演会が政治活動かどうか判断するのは来場者であり、私たちは原発に対する考え方を提供しているだけ」と語った。
 会場では広瀬氏の著書のほか、表紙に「茨城県全市町村議会に脱原発決議を出させよう」と呼びかける言葉が書かれたパンフレットなどが販売されていた。
 土浦、つくば両市は講演会の趣旨を「原発再稼働について考える学習会」と判断し、後援を承認。両市の教育委員会も後援した。土浦市教委は主催団体の責任者に「政治活動を行わないように」と忠告していた。
posted by ZUKUNASHI at 10:41| Comment(1) | 福島原発事故

2018年01月20日

トルコと米の対立 ラブロフの動きを世界中が注目している

RT2018/1/20
Turkish planes bomb Syrian Kurdish targets as Ankara-backed rebels enter Afrin
Turkish aircraft have bombed Kurdish targets in Syria's Afrin, according to the Turkish prime minister. Turkish-backed Syrian opposition fighters have also entered the Kurdish enclave, state media reported.

“TSK (Turkish Armed Forces) has started airborne operations,” Prime Minister Binali Yildirim said at a party congress on Saturday, as quoted by Hurriyet. Yildirim said eight F-16 aircraft were involved in the aerial sortie.


“As of this moment our brave Armed Forces have started the aerial offensive to eliminate the PYD and PKK and [Islamic State] elements in Afrin,” Yildirim said.

Turkey’s General Staff has officially declared the start of the operation, dubbing it ‘Operation Olive Branch,’ according to a statement cited by Turkish newspaper Sol.

AP journalists at the Turkish border reported seeing at least five jets heading toward Afrin. Also sighted was a convoy of buses, believed to be carrying Syrian opposition fighters, and trucks mounted with machine guns.

The US-backed Syrian Democratic Forces (SDF) have meanwhile accused Turkey of using cross-border shelling as a false pretext to launch an offensive into Syria, according to Reuters. The SDF, an alliance of Kurdish and Arab militias fighting Islamic State (IS, formerly ISIS), said it will have no choice but to defend itself if attacked. The alliance controls areas in Syria’s east and north.

Russia’s Foreign Ministry said Moscow is closely following the situation, citing concerns over recent developments in the area. The ministry’s statement called on all sides in the conflict to exercise restraint.

It comes after Turkish President Recep Tayyip Erdogan said earlier on Saturday that Ankara had “de facto” begun its operation against Kurdish forces in Afrin. He said the operation would be “followed by Manbij,” referring to the Kurdish-controlled town in northern Syria.






RT2018/1/20
US trying to create alternative govt on Syrian land – Lavrov on Afrin crisis
The US is working to create alternative government systems on Syrian territory which goes against its promises to respect the country’s territorial integrity, Russia’s Foreign Minister Sergey Lavrov has said.

Responding to a question posed by RT’s Caleb Maupin at Friday's briefing at UN Headquarters in New York, Lavrov commented on America's role in the crisis in northern Syria, which escalated into a new Turkish-Kurdish conflict after news of Washington’s plans to create a “border force” comprising of Kurds. Despite the Americans backtracking on its statement, and saying they were misunderstood, Ankara, which considers the Kurdish-dominated YPG force terrorists, said it was launching a military operation against the Syrian Kurdish enclave. Lavrov said the developments were only a part of the pattern of US policy in Syria.

“It’s a fact that US forces are seriously involved in creating alternative government bodies on vast part of the Syrian territory. And this, of course, absolutely contradicts their own obligations, which they committed to on numerous occasions, including at the UN Security Council, on maintaining the sovereignty and the territorial integrity of Syria,” Lavrov said.

Washington's inconsistency on Syria is also “quite characteristic of modern US diplomacy, including the reasons for the American presence there, and the reasons for the actions of the coalition, which they command,” Lavrov added. Russia is “concerned” by the US' actions in the country, he said, adding, that he had discussed the situation with the US Secretary of State on numerous occasions.

“Rex Tillerson told me many times that the only reason for their presence there [in Syria] is defeating Islamic State (IS, formerly ISIS/ISL). Now they have some much more long-standing plans,” Lavrov said. “We will have to take this into account and look for solutions that won’t allow the destruction of Syrian sovereignty.”

A Turkish journalist asked Lavrov about media reports that Russian forces have been withdrawn from the Afrin area. “Those reports have been refuted,” the diplomat replied.

Earlier Friday, Turkey's Defense Minister Nurettin Canikli said his country’s troops haven’t entered Afrin yet, but “the operation [against the Kurds] has actually de facto started with cross-border shelling.” The Syrian government made clear to Ankara that it considers Turkey’s military presence on its territory as a violation of its sovereignty, and warned that it will shoot down Turkish jets in Syrian airspace.

The US currently has an estimated 2,000 troops on the ground in Syria, deployed in the country without consent from Damascus. The Americans were involved in the Kurdish operation to capture the city of Raqqa from Islamic State jihadists last year. However, despite the defeat of the Islamists, Washington said it has no intention of withdrawing its forces.
posted by ZUKUNASHI at 16:34| Comment(0) | 国際・政治

福島の被曝による健康被害の危険はなくなっていません

福島に元住民を帰還させようとする動きが強まっています。

※ おゆうさん @ikarostayuu氏の2018/1/18のツイート
戻って商売再開すれば補助金を3千万出すと言うし。農業は1千万。

※ inoue toshio 子どもを守れ! @yuima21c氏の2018/1/20のツイート
#フクシマ☢惨事:危険な自治体に帰還?
デイヴィッド・リチャードソンが低線量放射線・長期被曝の危険性を解説(英・日両国語)http://vimeo.com ビデオ

※ 木野龍逸 (Ryuichi KINO) @kinoryuichi氏の2018/1/18のツイート
ムチャクチャだ。ロシアだってウクライナだってベラルーシだってこんなことしてない。事故前の基準を蔑ろにするっていうことは、次の事故が起きたらさらにひどい汚染を受容させることになりかねない。
→除染基準「引き上げるべき」 規制委員長が表明 産経ニュース

※ hitomi kamanaka @kama38氏の2018/1/19のツイート
世界では年間1ミリーシベルトは0.114マイクロシーベルト毎時。なぜ日本だけ0.23なのか?すでにここからして高い設定になっている。こうやってどんどん高め高めに設定してどうする!

セシウムは、甲状腺にもたまり甲状腺異常の原因になるとされています。また劣化ウラン弾が多数投下された場所でも甲状腺異常が増えています。

※ plethysmogram ‏@plethysmogram11 氏の2016/3/9のツイート
各種のヨウ素の吸気被曝で甲状腺癌になるのは、当たり前だが、セシウムだって甲状腺に溜まる。そして、ウラン238(劣化ウラン)で汚染された土地でも甲状腺癌が発生している(伊・サルディーニャ島南東部)。放射性ヨウ素だけに焦点を当てても意味がない。東京にウラン238が降ってきたんだよ。

※ Soylamadredeoso ‏@soylamadredeoso 氏の2015/10/11のツイート
ルーマニアの隣にはセルビアという国がありますが、セルビア人の知人の話だと、コソボ紛争の際、劣化ウラン弾を大量に落とされ、その土地で採れた作物を食べ続けたせいで、いま甲状腺異常の人が増えてきているとのことでした。

※ 4-Sea 太平洋が死んだ311に黙祷を‏ @4_Sea_氏の2018/1/16のツイート
小林よしのり脱原発論
http://goo.gl/oeSCtY
昭和29年頃のウラン鉱山探しブームで鉱山を引き当てた人は健康に良いからと、ウラン入りの風呂に入り、野菜が育ちやすいと、ウラン入りの肥料で育てた野菜を食べていたという。
→本人、妻、幼女がガンで死亡。

管理人が最近市川市内でMAZUR PRM9000を使用して測定中、民家のブロック塀の上端で警報音が鳴り続け、257cpmを指しました。新松戸の測定値と並ぶ最高値です。紙を1枚挟んで測ると176cpm。アルファ線分が81cpmもあります。考えられるアルファ線源は、プルトニウムのほかウランとその子孫核種です。
(この器械がアルファ線、ベータ線、ガンマ線を漏らさず検出しているということはありませんが、この器械の測定例の相対比較では関東の中ではアルファ線が特に多い測定例と言えます。同じ器械を使った福島県内での測定例では全体の検出値はもっと高く、アルファ線の数も多いものがあります)
2018年01月14日
汚染地域に住むと外部被曝も内部被曝もありうることがこれで分かります

※ matu(脱原発に一票、TPPに反対) @matu923氏の2018/1/18のツイート
福島の子供達は非常に危ない!甲状腺癌の評価する会長が辞任、『放射線の影響とは考えにくい』と云えない! http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=321018&g=132108 … …


福島県の人口統計は不審な点がありますが、それでもこんなになっています。


出生死亡比率0.6は、亡くなる方10人に対して生まれる人が6人の割合になります。毎月の自然減が続いています。転入と転出の差、社会増減も一時転入超過となりましたが、最近転出超過に転じた模様です。


人口は減少傾向を辿っています。茨城県北部も人口減少の都市が出ています。

福島県内では放射性廃棄物の焼却が続いています。
2017年09月25日
福島県で散発的、突発的に空間線量率が上がる どこかで放射性廃棄物を燃やしているはず

次の図はごく最近のものですが、オレンジのマークが集中している原因は何でしょう。

この地域はよく空間線量率が上がります。




※  たか@地球‏ @taka_telluria氏の2018/1/18のツイート
日経20160416『水処理世界最大手、仏ヴェオリアのアントワーヌ・フレロ CEOは日経記者に、放射線量が低いごみの処理事業を日本で始める計画を明らかに〜多くの原発が廃炉になる為、需要は旺盛と判断〜フレロ氏は「日本の水道料金を安くできる」とも〜』
@namiekuwabara の言う通り!→@kharaguchi

福島県においてはこれからも被曝リスクは高水準を続けます。
posted by ZUKUNASHI at 15:08| Comment(0) | 福島原発事故

トルコは地上部隊の攻撃の前に6日間で空軍や砲撃部隊によりアフリンを攻撃する予定

FARSNEWS2018/1/19
Media Reports Disclose Details of Turkish Army Plans to Attack Afrin
TEHRAN (FNA)- The Turkish army will attack 150 targets of the Kurdish forces in Afrin in Aleppo province before launching ground offensives in the region, media reports said.

The Arabic-language al-Hadath news quoted the Turkish Haberturk newspaper as reporting that the Turkish army will launch heavy attacks on 150 Kurdish positions before starting the ground operations in Afrin.

It added that the Turkish intelligence forces have specified 149 Kurdish targets, including fixed positions and vehicles, from last October to January 16, 2018, reporting that the operations will take 6 days and the Turkish air force and artillery units, stationed at the borders, will participate in them.

According to the report, given the fact that the Kurds have built strongholds and ditches in 9 regions of Afrin, the Turkish forces will send special units skilled in war of attrition, if necessary, to carry out final cleansing operations in Afrin.

Meantime, the Turkish Milliyet newspaper reported that the country's joint chief of staff has adopted the marching tactic by using armored tanks which are equipped with jamming systems, after airstrikes.

A Kurdish media outlet reported on Thursday that Ankara-backed militant groups have intensified attacks on the Kurdish forces' positions in Northern Aleppo amid reports on the Turkish army's imminent operation in Afrin and Manbij regions.

The Kurdish-language Hawar news reported that the Turkish forces deployed in Sejiyeh border checkpoint targeted Kurdish forces' positions near the village of Marwaniyeh in Shi'eh area in Jajdariseh region in the town of Afrin.

In the meantime, the mortar and missile units of the Turkish army and its affiliated militant groups deployed in Qala Sam'an pounded the village of Karzileh in Shirwa region, the villages of Shadireh and Iska, nearby regions of the village of Jomleh in Shirwa, Hawar news further said.

On the other hand, forces of the Euphrates Shield targeted Kurdish forces' positions near the village of al-Mohsenli Northwest of Manbij, fueling fierce clashes between two sides.

RT2018/1/19
Ankara says ‘has no option’ but to attack Syrian Kurds in Afrin, starts cross-border shelling
Ankara has no option but to carry out a military op in the Syrian enclave of Afrin, Turkey’s defense minister said. The operation has ‘de facto started’ with cross-border shelling, he added.

Turkey would continue discussing its operation in Afrin with Russia, Nurettin Canikli said on Friday in an interview with broadcaster AHaber.

The Kurdish YPG militias confirmed the Turkish minister’s announcement of the shelling in Afrin region, saying it has started around midnight and continued into Friday morning and targeted Kurdish villages.

The Turkish government considers Kurdish militias in Syria to be an extension of the militant movement, the Kurdistan Workers' Party (PKK), which is seen as a terrorist organization by Ankara.

Last week’s news that Washington was training the predominantly Kurdish Syrian Democratic Forces (SDF) to form a 30,000-strong “border force” based in Afrin infuriated the Turks. The US has since backtracked on the announcement in an apparent attempt to defuse Turkish anger, but belligerent statements from Ankara have continued.

Meanwhile, the Syrian government warned on Thursday that it may shoot down Turkish warplanes delivering airstrikes on its territory. Damascus said its air defenses have been restored and are ready to defend the nation’s sovereignty.

Turkish Kurds protested against the planned intervention, taking to the streets in their thousands and chanting slogans like “Afrin will be your graveyard.”

As the Turkish military apparently prepare for a new operation in Syria, their engineers have reportedly completed the first phase of a security system along a wall that has been erected on the Turkey-Syria border. Spanning 20km of the border in the Afrin area, the ‘Kayi Border Security System’ features sensors and remotely controlled weapons to defend Turkey against possible trespassers, news agency Anadolu reported on Friday.

Turkey has erected a concrete wall along a large part of its 911km border with Syria in recent years, and is enhancing the structure with extra security measures in some places. The additional security is intended to deal with humans, vehicles and drones; as well as boasting underground sensors to detect tunnel diggers.
posted by ZUKUNASHI at 00:55| Comment(0) | 国際・政治

2018年01月19日

稚内で線量率上昇






稚内で線量率が上がるときは、泊原発から放出された放射性物質が海上を進み稚内に上陸する場合が多いようです。今回もそうだとすれば、泊原発からかなり濃厚な放射性物質が放出され、それを含んだ気団が流れていることになります。

午前1時のマップではそうなっています。
posted by ZUKUNASHI at 21:37| Comment(0) | 福島原発事故

現実は厳しいけど生きていたい

2018/1/18、「現実は厳しいけど生きていたい」さんから寄せられた投稿を掲載する。引用開始。

突然失礼します。311以降引きこもりになってます。上越市の30代前半です。とりとめもない話ですが僕の経験談を役立ててください。そう思って書きます。頭が良くないので読みにくい文章です。

メールアドレスもダミーです。大変申し訳ありません。自宅で履歴があると家族に勘ぐられてしまうので漫画喫茶から書いています。

最近坐骨神経痛が流行っているみたいです。ウィルス性ではないので流行るというより出てきちゃったんでしょうか。もう7年ですね。

母親が産地を全く気にしないので僕も何かしら症状が出ちゃうんでしょうか・・・実は出てます。最初は西に逃げようと思いましたが貯金30万円です。産地を気にするようにと言ってもばかにして放射脳、放射能のことを気にして神経質になる人を放射線恐怖症(ラジオフォビア:Radiophobia)というようですが家族からそう言われてます、精神障碍者、きちがい、散々な言われようでした。

初めは避難して西で再就職しようと思いましたが「自分だけ助かればいいのか、この地域で自分の使命を果たせ」などと言われ何度も見捨てようと思いましたがここまで僕を育ててくれた家族を見捨てられませんでした・・・。

母親が先月人間ドッグに行ってきたのですが検査異常なし。その2日あとに坐骨神経痛になり杖を突いて歩くようになりました。まだ60手前です。立って動くと足が痺れるようなので料理や家事を引きこもりの僕がやるようになり一か月。症状は改善しません。

母はスナック菓子。煎餅。安い関東・東北野菜。魚。国産肉。納豆なんでも食べていました。料理にも出ますが「疑わしきは食べず」の精神で家族の中で唯一口にしない僕はますますきちがい扱い。坐骨神経痛のことも「放射性物質が原因でしょ」と家族全員に話しても最早言葉は届かない・・・。

今日、買い物に出かけたスーパーで近所の60半ばの人たちが集まり世間話をしていました。「坐骨神経痛になった○○さんが右足痺れて動けなくて〜」という話が耳に入りました。骨折とともに腰を痛めたり神経痛になるようです。

近所の和食料理屋の大将がヘルニアになりました。来てますね。

糖尿病・ガン家系ですが祖母は指が動かしにくくなり、また糖尿病、父親は糖尿病、母は坐骨神経痛、弟は糖尿病、妹はアトピー再発でステロイドを塗る日々。僕は最近筋肉がぴくぴくする時があります。足、肩、腕、心臓にも来てるだろうな・・・。出汁が原因でしょうか。

逃げて生きていたいと思うのと同時に家族がこうなら動けないのかなとも思ってます。父親は糖尿病で治療が必要でも病院や医者が嫌いで治療に通わず毎日ビール、ウィスキー、ウォッカを飲んでいるのでこれから先家族がどうなるかわかりません。一家全滅でしょうか・・・。

愚痴になりました・・・。すみません。避難を考えている人は僕みたいにならないように反面教師にしてください・・・。
お返事できませんが読んでくださりありがとうございました。

・・・引用終わり・・・

生きていたいさん こんにちは
まじめな方ですね。管理人もコメントしますが、まず読者の声を募ります。

焦点はいくつかありますね。
@ 生きていたいさんの被ばく回避努力がどれだけ奏功するか。
A 生きていたいさんが本当に「引きこもり」なのか。
B 自分だけ生きていられればいいのかという家族の言葉にどう対応すべきか。
C この先、家族の面倒を見るという方向で考えておられるようですが、それについてどう考えるか。

投稿者は、上越市にお住いの30代前半の男性。上越市は、昔の高田と直江津です。この地域は、2011/3/15に越後山脈の長野寄りからプルームが入り、妙高山の周りを回って富山に入ったと見られます。一定の吸気被曝はありうるでしょうが、セシウムの降下はそれほど多くはなかったと見られます。

ただ、西風の強い冬季に若狭湾、能登半島の原発から放射性物質が放出されるとこの辺の線量率が上がることがありますし、柏崎刈羽の放出した放射性物質が南下してこの辺に届くこともあります。

では、投稿、コメントをお待ちします。シビアなご意見歓迎。

・・・・・・
louisx2さんから。久しぶりですね。早速の応答ありがとうございます。

久しぶりに投稿させていただきます。上越市(旧・高田)在住のlouisx2です。
生きていたい様、同じ土地に問題意識のある方がいて嬉しいです。
ずくなし様も書いておられましたが、上越市は微妙な位置だと思います。
東北・関東、新潟の福島・群馬県境に較べれば汚染は少ないとは思われますが。。。
上越市・長野市で福一から250kmですから、もし未来に「東日本封鎖」となったとしても、ギリギリ封鎖を免れて、新・日本国と汚染地帯の境になってしまう。緩衝地帯にされてしまう。新・日本国での一番の汚染地帯になってしまうんじゃないかと恐れています。
志賀・柏崎刈羽からも100km無い。福井の原発銀座も遠くない。おもらしは常にありますし、実際に事故が起これば終わりです。
生きていたい様は20代後半から引きこもりということでしょうか?
内部被爆を避けていたというなら賢明ですが、生活はどうされていたのでしょうか?
生活費を親に頼っているのであれば、「移住」は確かに難しいのではないでしょうか。
本気で西日本や北海道への移住を目指し、仕事を探せば、まだ30代前半、仕事はなんとかなると思います。
とりあえず地元で働いて移住資金を作りましょう。マスク必携で。
ご両親はまだ50代なんですね。「親がなんとかなったら」と考えていると、動けるときは延々先です。

本気で西への移住を考えているのであれば、ずくなし様への投稿をきっかけにしてほしいなあとは思います。
まだ機が熟さず、上越市に留まるのであれば、生きていたい様が台所を掌握しましょう。
スーパーには北関東産の野菜が並んでいますが、私は西日本産>上越産>長野産>県内産(下越・魚沼産は])で選んでいます。
肉・魚は食べません。
水は○ルスの純水でも良いと思います。
気を悪くさせたかもしれませんが、私のような先の無いオバサンには、若い人を生かすのが唯一残された仕事です。
生きていたい様のような若い人たちには、まだ新しい日本人を産み育てる力と機会があるのですから。

・・・・・
ベビー級りとますさんから こんばんは、ほんとに久しぶりですね。ありがとうございます。

どうもお久しぶりです。
被曝で癌二回やってリンパ節取られて免疫力低くて、毎日の食も天気もロシアンルーレットでそれでもなかなかしぶといベビー級りとます中高年ですm(_ _)m。
この方の家族さん…自分だけ助かればいいのか云々と口にするあたり、放射能の害をわかっていながら認めたくない、行動できない、だけど置いていかれるのは嫌だ、一緒にもとの世界にいるかのように現実逃避でぬるま湯で暮らしたい、仲良く道連れにしてやる…と。
イラッと、そう思っちゃってしまったんですが、気のせいですかね。
やがて一緒に茹で蛙になって、動けなくなって死んだら、世話も何も…。
まだ間に合う、手遅れな病状には見えないし、放射能以前のヤバそうな生活習慣の親御さん、何だか精神的諦め退廃ぶりが一番問題かと…。
すいません。私、口が悪いって言われます。
でもぶっちゃけ、さっさと置いて逃げたほうが薬になるぜって言わせて下さい。
議論や話し合いよりこの家族さん達には効果的な気がします。病気あっても、まだ若い家族だし、残り三人いれば、夢から醒めて行動できるエネルギーはまだありそうに見えます。
そして三十代男子、住み込みや寮でも、人とそんなに会話や面倒くさい人間関係少ない仕事はありますし。しかも料理家事のスキルありは大きい。
思いきったほうが家族全員変われると思うんですけどね。

・・・・・
とみさんから こんばんは、ありがとうございます。

 住み込みで仕事なんていくらでもあるよ。
 面接行ってみたら、とりあえず。
 あと履歴書はばか正直に書かなくても。
 上場企業以外は調べられないよ。
 逃げたいと思うなら、食べ物の汚染もあるし、逃げたらいんじゃない? 
 どっちにしろ、親からは離れたらいいよ。


・・・・・
Sさんから こんばんは、ありがとうございます。

 どうか生き抜いてください。自分を大切にすることは、とても大事で素敵なことです。
 第二次世界大戦の集団自決の話を聞いたことはあるでしょう?
発電所が爆発する前までのあなたは、どう感じていたでしょうか?
 どうしてそんなことが起きたのか、なぜ皆が従ったのか、まったく想像も理解もできなかったはずです。そして、今、どのようにお感じになりますか? 
「君は逃げろ、生きろ」そう言ってくれる親や上司を期待してはいけません。
 ちょっとピントがずれているのですが、あなたの投稿を読ませていただき、なぜか以下”廣枝音右衛門氏の慰霊祭”の記事を思い出しました。
http://p.booklog.jp/book/100620/page/2729375
 家族という関係にがんじがらめで、自由に感じたり考えたり、自分のことを客観視することが難しくなっていらっしゃるように思います。
思い切って数日でも、今の場所を離れてみてはいかがですか? 
世界へ出かけることが難しいのでしたら、歴史を紐解いて見て下さい。さまざまな人が困難な局面で、どのように脱出していったか。

 どうぞ自分の命を、心を、身体を大切にしてくださいね。
あなたは一人ではありません。このブログに仲間はたくさんいるではありませんか。
 えらそうなことを書いて申し訳ありません。

・・・・・
SYさんから こんばんは、ありがとうございます。

典型的な毒親ですね。我が家も、親が生きていれば同じような状況だったと思います。親が元気なばっかりに苦労するとは、悲しいことです。
家出ができるなら、それが一番手っ取り早いです。まあ30で家出というのかどうか分かりませんが
それが嫌なら、とりあえず仕事に就いて、一人暮らしを始めることをお勧めします。行政の引きこもり支援を活用しましょう。被爆回避が引きこもりからの脱出に繋がるのなら、それはそれでいいのではないでしょうか。
仕事に就くことは、基本的に反対はされないでしょう。通勤が大変であることなどを理由に一人暮らしを始める方向に持って行きましょう。一人暮らしなら、食事についての問題は回避できますし、移住の準備も可能です。
理屈は後からいくらでも付けられます。
仕事ができなければ、将来食っていけないし、親の介護など面倒を見ることもできないと脅しましょう。建前重視の正面突破です。自分だけと言うのなら、自分たちはどうなのと切り返しましょう。食わせてもらっているくせにと言うのなら、だったら仕事に就くでいいと思います。
実際には相当揺さぶりをかけられるでしょうが、そこは頑張りどころです。
親の理屈で通すなら、食わせてやるからずっとここにいてくれなのでしょうが、嫌なら出て行けと言わせるのもアリだと思います。
コツは、うやむやにせずに一歩ずつでも前進することです。引きこもりの支援機関を間に挟むのがいいと思います。使える支援策もいろいろあるはずです。

・・・・・
N K M さんから こんばんは、ありがとうございます。

私も親から、自分だけ助かればいいのか、と言われました。
私は無理心中する気はありません。
2011年以来、人間は2種類に分かれたのだと思います。
自分だけ助かればいいのかと言う人と、言わない人に。


・・・・・
よんたさんから おはようございます、ありがとうございます。

人生は冒険だし、実験の場でもあります。私自身、ずくなしさんのちょっと後輩くらいの年齢ですが、大阪から沖縄に避難移住しています。一般の人は、え? 大阪から避難? という感覚だと思いますが、自分の体験から仕事をする中での被曝被害のため決断しました。少し働いてお金を貯め、移住を果たしています。未だに生活設計の過程ですが、全く後悔していません。

お話を読んで感じたのですが、充分放射性物質の危険性についてご理解されているようです。でも、ご家族との関係に引き寄せられ、決断が鈍るという状況ですね。私も、「自分だけ良ければいいのか。」と言われました。既に書いておられる方がいますが、自分だけ良ければいい、という踏み絵を苦衷の思いを込めながらも踏める人しか生き残れないと思います。

たかが1世紀にも満たない人生、どうせなら自分の思った通りに生きるという冒険をされてはいかがでしょうか? このままだと一家全滅に付き合わないといけない、という所まで分かっておられるなら、孤独の環境を覚悟し、苦闘も受け入れ、人生実験に進まれることをお奨めします。

行政はだいぶアベによって腐敗していますが、自治体によってはまだ充分機能している所もあります。ちなみに沖縄の生活保護行政は他県に比べてまだマシだと感じています。私も自助グループとしての生活と健康を守る会、でしたっけ、一般には生健会と呼ばれる団体に月会費500円で加入しています。情報ももらってます。いざというときは、住居補助だけでも受けられる制度とか聞いてみるつもりです。

引きこもりだとおっしゃってますが、友達、知り合いをご自分から飛び込んで作ってみる、という決意をなさることもお奨めします。何なら私が知り合いにならしてもらってもかまいません。メールアドレスはずくなしさんがご存じなので、聞いてください。

どこに行っても苦難は付きまといます。沖縄にも諸問題があります。でも、放射能でジワジワ、あるいは突然に命を奪われる、という要素は少ないです。吸気被曝はかなり少ないと思います。(そうでもないよ、という人もおられるかとは思いますが)食品の選択に注意し、生健会にも入り、色々話を聞き、情報を集め、住み込みの仕事なども探してみるとか、いくらでも前進の方法はあります。

こちらで知り合った方に、青森から一人で避難してこられた方がいます。いろんな行き詰まりがあり、原発事故の後、ここにいては危ない、ということでやってこられました。この方の場合、ほとんどお金の無い状況で来られました。自活を目指されましたが、様々なトラブルを経て生活保護を申請し、現在受給中です。厳しい経済生活ですが、無事生き延びておられます。言わばサバイバー。(でも高級マンション並みの新築公団住宅が当たり、住環境はバッチリ、これは羨ましい・・・)私の友人です。

そうそう、この友人の話では、宗教関係の団体で、一時的に無料で宿泊したり食事の提供を受けたりする施設もあるそうです。例えば生活保護申請をした後、受給決定住居確保ができるまで利用する、ということができるということです。彼もそうしたとのこと。ちなみに保護課でもヘンなのがいて、水際作戦として誰も彼も追い返すということもあるそうです。人によるということですね。生活保護申請の前段階で、ワンストップの無料住居確保の方法もあるそうです。
家族も他人です。人間は孤独なものです。孤独とまず友達になってください。

・・・・・
ぷうさんから おはようございます、ありがとうございます。

いや、この方の投稿も、それに対する皆さんの答えも、私にとっては「痛い(>_<)」です。というのも、ある意味、全部、経験しているから。そして、心引き裂かれるような決断、心が砕かれるような経験を経て、今の暮らしがありますが、それでも過去の決断を肯定しきれない自分が残っています。

ただ、振り返って見たときに思い当たるのは、最初のきっかけは、まさに30代のプチ家出だったことです。いや、そんな可愛いものではなくて、それまでの自分の人生を周りから全否定されるような出来事があって、怒りにまかせてチャリンコを漕いでいたら、気づいた時には、隣の隣の県に来ていて、二日ほど夜の防波堤で飛び込むかどうか迷った末、漫画喫茶で2泊して、自宅に戻ったのでした。

いずれにしても、普段、巻き込まれている環境から離れて、自分を振り返る機会が持てたのがよかったです。あれがなければ、自分で自分の人生を変えることはなかったでしょうね。その家出をきっかけに、職を変え、家を引越し、それまでの人間関係を断ち切って、新生活を始めることになりました。最初の半年は心身ともに地獄でしたけど。

まあ、別に黙って家を出ることはなくて、2、3泊、一人旅をしてくるとかなんとか言って、家から物理的に離れた上で、今後のことを考えてみたらいいのではないか? と思います。

その結果として、やはり、家を出ようということであれば、皆さんからのアドバイスがあるように、特にネットにアクセスできるのであれば、住み込みで働けるところや、給料は出ないけれど、研修名目で寝起きする部屋と食事を提供してもらえる農場とか、あるいは引きこもりの人向けの滞在施設とかも探せると思うので、そういうところで2週間くらい集団生活をしてみて、手応えがあれば、さらに期間を伸ばしていってみる?! みたいなやり方もできるかもしれません。

まあ、どんな形であれ、いつかは家を出て独立するか、あるいは親の面倒を見る側になり家をまとめる立場になるか? なので、自立のタイミングが早くなるかどうかだけの問題だと思います。そして、30代ということであれば、そのタイミングは早ければ早いほどいいでしょうね。

歳を食ってから自立するというのは、とても大変ですが、真面目に思いやりをもって働いていれば、拾う神ありです。先の苦労が目に見えるので、なんとも言えませんが、結局、その苦労こそが自信を深めて、自立へ導いてくれることになります。

ここまで書いて、ふと思いましたが、これってすべての日本人が、いま直面している課題じゃないのかな? 風評被害、食べて応援、放射能拡散を国是とする国から自立するのか? それとも、国の言うことにしたがって、緩慢に被曝死に向かうのか?

最高学府と呼ばれる東京大学の学食で、南相馬産の米を安全アピールのために使用するそうで、日本の教育と学問の権威も地に堕ちたな! と思いましたが、そんな国と無理心中しますか? と問われているんでしょうね。そして、その洗脳のなかにいる人たちとは、こらからますます話が通じなくなりそうです。

まあ、相手さんの状況が詳しくはわからないので、的確なアドバイスはできませんが、少しでも役に立ったら幸いです。

・・・・・
くららんさんから こんにちは、ありがとうございます。

こんにちは。。
なんだか、みな似たようなことを家族から言われているなあ〜と!!
私も夫を置いて沖縄避難を決断したときに(もう避難ではなく、完璧に移住になってますけど・・)、実の妹(結婚して夫も子供もいる)から「自分だけ助かりたいのか!」といわれました。
そのときの答えは「自分だけ助かりたいのではなく、死にたくないだけ・・」といった覚えがあります。
この先、この狂気の国と化しつつあるJAPANにいてもいいのか?と考えると、数年後には海外に猫たち連れて移住するという決断を最近したところです。。
もうアラフィフで、若くはないですけど。。
狂気の中にいると正常であることが狂気と見られてしまうので、せめて老後は正常な人に囲まれてすごしたいという「ささやかな希望」からの決断です。
この方はまだ若いですし、多少無鉄砲なことをしても許されると思います。
どうか「正常な感覚」を保てているうちに移住の決断をしてほしいと思います。
人生は一回きりです。
死ぬときに後悔のない生き方をしたほうがいいと思います。
そういう考え方をすると苦労も楽しみながらすることができるのではないかな?
アラフィフのおばちゃんもこれからも苦労の連続かもしれないですが、楽しんで苦労していきたいと思ってます。
がんばってほしいと思いました。。

・・・・・
海猫さんから こんばんは、ありがとうございます。

こんばんは! わたしも一言。
あれからもうすぐ7年です。とっくに各人の選択は終わっています。もう説得して考えを変えさせることはほぼ不可能だと思います。こんなにネット上に情報が溢れているのに?と思ってしまいますが、結局自分の選択を肯定してくれる都合の良い情報を集めているだけなのです。つい最近も性懲りもなく身内を説得しかけて手痛い反撃に会いました。ほとんど気違い扱いされましたよ。もう説得は諦めましょう。不言実行で生き延びる算段をするのが一番です。

・・・・・
横浜にてさんから こんばんは、ありがとうございます。

「生きていたい」さん
若い世代、しかももう成人している人が現実を捉えているのですからもう躊躇することなく、生き残る道を進んで下さい。
気にしない派と同じ家に住むのは無理だと思います。
玄関の外で服を叩きもしない家族が帰ってきたら、それだけで被曝するのです。
咳をしてむせても「気のせい」で済まされてしまいます。

年末年始に両親、親戚、家族が何の躊躇もなく寿司やら肉やら、群馬県で製造されているアイスクリームやらを喜んで食べているのを見ると、「この人達といたら生き残れない」と確信しました。
両親は好きなものを食べて死ねれば本望でしょうし、子どもは戦争に行ってよその国の大事なお子さん達を殺すより愚かな自分の始末を自分でつけるほうが害はないでしょう。

7年経って信じたくない人は、もうさほど長くないのではないでしょうか?

避難するとしても自分一人になると思っています。
語学は最近真剣に始めました。

子どもには今からでも気づいてほしいという望みは捨てないようにしたいですが、説得できないからといって、こちらが罪悪感を持つ必要はないと思います。
神様が振り分けてくれたのかもしれません。

どうしたら生き残れるか?もう確証もないのですから、その現実に向き合える人は僅かなのです。
現実を受け入れられる人たちで協力しあって生き残っていきましょう。

私も家族から離れる方法を模索します。
posted by ZUKUNASHI at 21:13| Comment(11) | 福島原発事故

Tillerson touts indefinite US presence in Syria & Assad must go in ‘new’ plan

RT2018/1/18
Tillerson touts indefinite US presence in Syria & Assad must go in ‘new’ plan
Echoing previous administrations, Secretary of State Rex Tillerson has said the “new” strategy in Syria will involve a long-term American military presence and regime change in order to secure US interests.

Speaking at Stanford University's Hoover Institution Wednesday, Tillerson sought to distance President Donald Trump’s policy in Syria from former President Barack Obama’s approach.

“We cannot make the same mistakes that were made in 2011, when a premature departure from Iraq allowed Al-Qaeda in Iraq to survive and eventually morph into ISIS,” Tillerson said.

Instead, he said, the US now intends to maintain an open-ended military presence in Syria, and that the American mission in the country will be “conditions based.”

Tillerson said the US will remain in Syria until several “key end states” are met. These include, the defeat of Islamic State (IS, formerly ISIS), the overthrow of Syrian President Bashar Assad, and stamping out the Iranian influence in the country.

However, his talking points are eerily similar to those made by the previous administrations.
Islamic State

Tillerson made clear that US troops will remain in Syria until IS and Al-Qaeda are defeated.

“Let us be clear, the United States will maintain a military presence in Syria, focused on ensuring ISIS cannot reemerge,” Tillerson said, adding that the terrorist organizations are “still a grave threat.”

He said the US would stay in the country until “ISIS and Al-Qaeda in Syria suffer an enduring defeat; do not present a threat to the homeland; and do not resurface in a new form; and that Syria never again serves as a platform or safe haven for terrorists to organize, recruit, finance, train and carry out attacks on American citizens at home or abroad or against our allies.”

Ungoverned spaces, especially in conflict zones, are breeding grounds for IS and other terrorist organizations. The fight against IS is not over, he said.

“ISIS currently has one foot in the grave, and by maintaining an American military presence in Syria until the full and complete defeat of ISIS is achieved, it will soon have two,” Tillerson said.

His speech resounded with the same points previously made by Obama, who was still sending more Special Forces into Syria to fight IS up until the end of his presidency.

The US Secretary of State’s remarks also go directly against one of Trump’s campaign promises that he would “pursue a new foreign policy that finally learns from the mistakes of the past.”
Assad

“We will stop looking to topple regimes and overthrow governments, folks,” Trump said during the first stop of his “thank you” tour in 2016.

Tillerson, however, appeared to deviate from Trump’s script, and said the US must ensure the Assad is overthrown “through an incremental process of constitutional reform and UN-supervised elections.”

“A stable, unified and independent Syria ultimately requires post-Assad leadership in order to be successful,” Tillerson said. “The departure of Assad through the UN-led Geneva process will create the conditions for a durable peace within Syria and security along the border for Syria’s neighbors.”

Tillerson urged Moscow to implement UN Security Council resolution 2254, which he said was a “political framework for peace and stability in a unified Syria.”

The resolution, which was passed in 2015, calls for free and open elections in Syria, which Tillerson said would “result in the permanent departure of Assad and his family from power.”

However, after the resolution was passed, former US Secretary of State John Kerry said it would “facilitate a transition within Syria to a credible, inclusive, nonsectarian governance within six months.”

“The process would lead to the drafting of a new constitution and arrangements for internationally supervised election within 18 months,” Kerry said in a statement.

Tillerson’s policy mirrors the Obama administration’s, which also insisted that Assad must be overthrown. “The future of Syria must be determined by its people, but President Bashar al-Assad is standing in their way,” then-President Obama said in a written statement. “For the sake of the Syrian people, the time has come for President Assad to step aside.”
Iran

Tillerson also said the US would remain until “Iranian influence in Syria is diminished, their dreams of a northern arch are denied, and Syria’s neighbors are secure from all threats emanating from Syria.”

“US disengagement from Syria would provide Iran the opportunity to further strengthen its position in Syria,” Tillerson added. “As a destabilized nation and one bordering Israel, Syria presents an opportunity that Iran is all too eager to exploit.”

His remarks here also echo the previous administration, which also linked their strategy in Syria to Iran.

In 2012, Obama said that if Syria were able to have a representative government, it would “be a profound loss for Iran.”

However, Obama later backed off from this strategy as the Iran nuclear deal beckoned. Trump has repeatedly warned that the US will withdraw from the deal if it is not changed.

“I am waiving the application of certain nuclear sanctions, but only in order to secure our European allies' agreement to fix the terrible flaws of the Iran nuclear deal. This is a last chance,” Trump said in a statement last week. “In the absence of such an agreement, the United States will not again waive sanctions in order to stay in the Iran nuclear deal. And if at any time I judge that such an agreement is not within reach, I will withdraw from the deal immediately.”
posted by ZUKUNASHI at 20:31| Comment(0) | 国際・政治

日本海が極東の地中海になりつつあるのは米国外交の成果?

RT2018/1/19
Signs of starvation and death in North Korea indicate that US diplomatic strategy works fine, says the secretary of state. The objective now is not to let Pyongyang evoke sympathy around the world for its sanctions-induced woes.

The unexpectedly-revealing description of what Rex Tillerson apparently considers successful diplomacy came from his own mouth on Wednesday as he was speaking at Stanford University with former Secretary of State Condoleezza Rice.

“The Japanese… have had over a 100 North Korean fishing boats that have drifted into Japanese waters. Two-thirds of the people on those boats have died,” Tillerson said, citing the Japanese delegation that attended a conference in Vancouver, Canada, earlier this week.

He was referring to the regular phenomenon of so-called ‘ghost ships’ from North Korea, which have become stranded on the Japanese coast for years. Last year, a record 104 such cases were reported by Japanese authorities, with some 30 fishermen found dead on arrival. Any survivors usually ask to be returned to their home country, and Japan obliges.

So why are dozens of dead North Koreans a good sign?

“[The fishermen] are being sent in the wintertime to fish because there are food shortages. And they are being sent out to fish with inadequate fuel to get back. So we are getting a lot of evidence that these [sanctions] are really starting to hurt.”

Tillerson claims that the leadership in Pyongyang will be willing to negotiate in the face of starvation and fuel shortages. The same leadership that, according to some US officials, does not value the lives of ordinary North Koreans and has a record of enjoying lavish lifestyle as the county lost an estimated hundreds of thousands to the famine in the mid-1990s.

What will Pyongyang do now? Tillerson believes that, “The playbook is: OK, we’re going to start our charm offensive to the rest of the world and let them see we are just like normal people like everybody else. We are going to stir some sympathy. We are going to drive a wedge between South Korea and their allies.”

But fear not. The US was assured by South Koreans they won’t allow themselves to think North Koreans are human beings that deserve sympathy.

“An extraordinary amount of time yesterday in the group discussion was hearing from Foreign Minister Kang [Kyung-wha] of South Korea about how they are not going to let that happen,” Tillerson said.

Well, one can give that to the diplomat: he’s not trying to sugarcoat this. Evidently, the Trump administration is fine discussing things in public the same as they do in private.

Like this story? Share it with a friend!

posted by ZUKUNASHI at 20:25| Comment(0) | 福島原発事故

埼玉県は原発再稼働を求めるのなら放射性廃棄物も受け入れろ!

※ 桑ちゃん @namiekuwabara氏の2018/1/10のツイート
堆積物の表面汚染線量確認するのであれば、インスペクターをお奨めする。
セシウム含有濃度約8,000(Bq/kg)だった駐車場の堆積物の表面線量率を参考までに提示しておきます。埼玉の団地の屋上でも8,000(Bq/kg)は検出されている。乾燥して強風で舞う事がある。でしょう。ビルの屋上注意。



・・・引用終わり・・・

MAZURはインスペクターと同等なGM管を使用している。
γ対込み込みで4.5倍は高い。管理人が新松戸付近で検出した243cpmの内訳をみると、γ対込み込みで4.2倍になる。

熊谷は、ベータ、アルファが高いらしいのだが、桑原氏のこの計測例ではっきり出ている。

なんと埼玉県議会が原発再稼働を求める意見書を採択!

阿修羅掲示板
[埼玉] 「原発再稼働意見書」に反発 市民ら県議長に抗議文 (東京新聞) 
http://www.asyura2.com/17/genpatu49/msg/324.html
投稿者 魑魅魍魎男 日時 2018 年 1 月 12 日 05:29:24: FpBksTgsjX9Gw 6bOWo@mx6bKSag
「[埼玉] 『原発再稼働意見書』に反発 市民ら県議長に抗議文」 (東京新聞 2018/1/11)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/list/201801/CK2018011102000148.html
県議会が十二月定例会で可決した原発の再稼働を求める意見書が、一部の市民から反発を買っている。十日には再稼働に反対する市民や団体が抗議文を議長宛てに提出。さいたま市内でデモ行進し、「撤回しろ」「勝手に決めるな」と声を上げた。 (井上峻輔)
 意見書は、昨年十二月二十二日に自民などの賛成多数で可決された。エネルギーの安定供給や経済効率性向上には原発の稼働が欠かせないとして、国に対して「原子力規制委員会により世界で最も厳しい水準の規制基準に適合すると認められた原子力発電所の再稼働を進めるよう強く要望する」としている。
 この意見書に、反原発運動に取り組む市民らが反発。県平和運動センターが作成した抗議文が会員制交流サイト(SNS)などで広まり、県内外から三千百三十人、百四十一団体の賛同が集まった。賛同者には東京電力福島第一原発事故の避難者も含まれているという。
 抗議文では「原発事故の収束が見通せない中で、このような意見書を可決することは被災地を無視したあまりにも無責任なものである」と指摘。「『世界で最も厳しい水準の規制』との『原発神話』はすでに崩壊している」などとして、意見書の撤回を求めている。
 呼び掛け人で同センター副議長金子彰さんは県庁で会見し「県民からすると寝耳に水の話。電力消費地である埼玉県が、原発の立地県にリスクを全部押しつけて意見書を可決したことは許されない」と語った。
 原発の立地県からも怒りの声が上がる。福島県郡山市議の蛇石郁子さんも十日、意見書の撤回を求める別の文書を提出。会見に同席し「再稼働はあり得ないこと。賛同者は『福島のことはひとごとなんですね』とあきれている」と訴えた。
 議会事務局によると、意見書は既に衆議院議長や首相、経産相らに宛てて送られた。自民党県議団は、この時期に意見書を出した理由について「団体からの要望を受け、県議団としても出すべきだと判断した」としている。

※ 河北新報2018/1/18(木) 10:46配信
<原発再稼動意見書>事故風化ここまで…「帰る場所が影も形も無くなっていく」避難者の落胆深く
 東京電力福島第1原発事故の避難者を積極的に受け入れてきた埼玉県の県議会が突然、原発の再稼働を求める意見書を議決した。事故から間もなく7年。ついにここまで来た事故の風化現象に、福島、埼玉両県民の落胆は計り知れない。
 「再び事故の危険を立地自治体に押し付けるつもりか」「これは埼玉県民の総意ではない」「原発避難者に合わせる顔がない」。県議会棟周辺で10日にあったデモ行進では、参加者から口々に怒りの声が上がった。
 埼玉県は2011年3月19日、さいたまスーパーアリーナ(さいたま市)を開放し、福島県双葉町の全町避難を官民一体で支援してきた。
 双葉町の行政機能と住民はその後、埼玉県加須市の旧県立騎西(きさい)高の校舎に集団移転。1000人以上の避難者が県や市、地域住民に支えられながら帰還できる日を待ち続けた。
 騎西高の避難所は13年12月に閉鎖されたが、市内では今も双葉町民約430人が暮らす。夫と避難する主婦前田孝子さん(66)は原発再稼働を求める意見書に「福島の事故が検証される前に可決するというのはどういうことか」と唇をかむ。
 加須市のアパートで1人暮らしの無職林日出子さん(86)は、除染廃棄物を保管する中間貯蔵施設の整備に伴い、近く双葉町の自宅や墓地を手放す。「帰る場所が影も形も無くなっていく。死に場所を探すこれからの生活の方が苦しい」
 こうした人々を民間レベルで支えているのがNPO法人「加須ふれあいセンター」だ。
 代表理事の富沢トシ子さん(72)は「事故から7年がたっても避難者の苦しい立場は変わらない」と訴える。一方で「原発のない埼玉県ではあの事故が確実に風化している」と複雑な表情を浮かべた。
 埼玉県によると、原発事故で福島県から受け入れた避難者数は14年8月の5077人がピーク。現在も3369人が埼玉県内に身を寄せている。

・・・引用終わり・・・

埼玉県の議員は、埼玉県は放射能汚染と現在も将来も無縁だとでも思っているのだろうか。放射性廃棄物も受け入れてはどうか。さらに政治献金が増えることは確実だが。

現地調査に出かねば。
posted by ZUKUNASHI at 10:55| Comment(0) | 福島原発事故

米国東部ハリスバーグで保安官が令状執行中に殺害され 数人の警察官が負傷

RT2018/1/18
US marshal killed, several police officers injured in Harrisburg shooting
A US marshal was killed and at least two officer were wounded when gunfire broke out during the service of a warrant, the mayor said.

“Harrisburg mourns the loss this morning of a US Marshal who died protecting our residents. While service a warrant as part of the US Marshal’s task force, three officers were shot, including a Harrisburg police officer, who was wounded," Papenfuse said in a statement on Thursday.

Harrisburg Mayor Eric Papenfuse said three officers were shot, including a Harrisburg cop. He did not specifify if the US Marshal was included in the count.

The US marshal died in hospital, according to PennLive.com.

Dauphin County District Fran Chardo said in a earlier news conference that there is no danger to the public.

“This was part of US Marshals taskforce warrant service. There was use of force and gunfire. It was a large-scale investigation [with] multiple agencies involved,” Dauphin County District Attorney Fran Chardo told reporters on Thursday. “There is no current danger to the public. The person who used that force is not at large.”
posted by ZUKUNASHI at 01:10| Comment(0) | 国際・政治

トルコがクルド居住地域を空爆すれば撃墜することもあるとシリアが警告

RT2018/1/18
Damascus warns it may shoot down Turkish planes attacking Kurds within Syrian borders
The Syrian government warned Turkey against launching a bombing campaign in the Syrian province of Afrin, saying its air defenses may be used. Ankara had threatened airstrikes against Afrin-based Kurdish militias.

“We warn the Turkish leadership that if they initiate combat operations in the Afrin area, that will be considered an act of aggression by the Turkish Army,” Syrian Deputy Foreign Minister Faisal Meqdad said in a statement reported by state media.

"The Syrian air defenses have restored their full force and they are ready to destroy Turkish aviation targets in Syrian Arab Republic skies," it added.

The statement comes after Turkish officials threatened to attack Kurdish militias in the area to prevent the creation of a US-backed “border force” based in the Afrin area in northwest Syria. Washington has since tried to downplay the planned 30,000-strong force, which Ankara branded a “terror army.”

Previously, the Turkish military operation in Syria in 2016-17 went virtually unopposed by the Syrian Army. The operation targeted both Kurdish militias and fighters of the jihadist group Islamic State (IS, formerly ISIS).

アフリンにはアラブ人もいます。彼らにしてみればクルドに徴用されたり、爆撃されたりする恐れが強まり、ダマスカスの政府に助けを求めます。
posted by ZUKUNASHI at 01:01| Comment(0) | 国際・政治

2018年01月18日

クルドの国境警備部隊をめぐる米国とトルコの対立

2018/1/15夜時点で書いたクルド国境警備部隊問題のまとめです。同報メールで発信しました。

・・・・・

2018/1/13の土曜に米国が米国主導勢力の決定として、シリア・イラクとトルコの国境地帯にクルド人が主体の国境警備部隊を3万名規模で作ると発表しています。

トルコは寝耳に水。シリア問題での米国主導勢力の一員であるにもかかわらず事前の相談がなかったとカンカンです。シリア北西部のクルド人の町アフリンを攻撃する準備を進めています。

昨年11月、エルドアンとトランプの電話会談でエルドアンが米国のYPG支援を止めるよう要求、トランプが武器の供与は行わないと約束したとトルコ側は何度も強調しています。
それにもかかわらず、米国は次々に武器、車両などをYPG、SDFに供与してきました。

クルドが国境を警備するということは、支配地域の統治を行うことに他なりません。北側のトルコ国境だけでなく南の側でも国境を設定して警備すればシリアの領土分割になります。

米国は、これまではテロリスト掃討という名目で軍隊を送り、空爆してきましたが、ISISが風前の灯となり、シリアに米軍を残すためにクルドと組んだのです。
クルドが強くなれば、トルコのこれまでの軍事・治安の努力は水の泡です。
エルドアンは、国境警備部隊が発足する前につぶすと宣言しました。
ロシアは、シリアの領土の一体性を損なうと強い懸念を表明、ロシアの国会議員はロシアの国益に反するとまで言っています。
シリアはもちろん強く批判。
イランとイラクの反応がまだ聞こえていませんが、当然批判します。

ここでただちにトルコと米国が戦うことにはならないでしょう。トルコはロジャバなどクルド人の人口密度の濃い地域を一気に攻撃してくるでしょう。そして国境警備隊を編成する暇を与えない作戦に出るはずです。

米軍の露骨な居座り作戦にそういう国だと分かっていても図々しすぎるとの感が否めませんが、米国はロシア、イランに接近したトルコが憎い、憎いがゆえにこの構想を打ち出したのでしょう。

最近、SDFはISISテロリストと混合しています。米国のテロリスト温存策の一環であることは明らかで、ロシアが強く反発するのもそれが自国に降りかかる恐れがあるからです。

トルコがクルド人地域を激しく攻撃することとなれば、シリアの和平交渉はとんざするかもしれません。米国の狙いの一つはそこかもしれません。

マンビジでは、SDFが青年二人を拷問して死なせたとして反クルドの抗議行動が起きています。アフリンではSDFの徴発、徴用に反対する市民のデモが起きました。

シリアの和平に向けた道のりがまた遠くなりそうです。

経済的には、トルコには大きな負担です。トルコリラは下落しています。

・・・1/18追記・・・

この後、トルコ軍トップがNATOを訪問し、NATOメンバーが脅威を受けている、NATOは態度を明確にすべきだと申し入れ。エルドアンもNATOのトップに電話をしています。

並行してトルコはシリア国境沿いに軍を展開、高台には巡航ミサイル、トマホークの発射装置を設置したとの情報があります。

トルコ外相は、シリア国内のクルド戦闘員を攻撃することがありうること、戦闘停止区域にいるオブザーバーに害が及ばないようロシア、イランと可能な作戦を調整することもあると述べています。
He reiterated that Ankara could attack Kurdish militias in Syria, and said it would coordinate a possible operation with Russia and Iran to make sure their observers in the area are not harmed.

米国国務省は、この国境警備部隊は、解放されたのち統治されていない地域でISISが再登場できないようにするために欠かせない措置と言っています。
“It is also essential so that ISIS cannot re-emerge in liberated and ungoverned areas. This is not a new ‘army’ or conventional ‘border guard’ force,” it added in relation to the SDF force, which would be based in the north-western Syrian area of Afrin.

デリゾールの戦いの最中、米軍はISISの指揮者クラスをヘリコプターで救出、避難させていますし、ISISの家族を含め何千人という人をバスやトラックで避難させました。この避難にはSDFが関与しているとされています。ISISの再興を防ぐ?! 笑わせるな!! です。

米国国務長官ティラーソンは、発言を後退させています。彼の発言は風車のように変わることで知られていますが。
We are not creating a border security force at all,” he said on Tuesday. “I think it’s unfortunate that comments made by some left that impression. That is not what we’re doing.”

クルドは、米国がクルドの主張するシリアの連邦制を支持したと発信しています。トルコとしては連邦制でクルドがより強い権力を握ることは絶対に反対なはずですから、ここはロシアやイランの力も借りてクルドをつぶすことがまさに焦眉の急になったわけです。シリア政府に対しては、むしろしっかりしてほしいとの立場に変るでしょう。

トルコのクーデター未遂事件の背後にはCIAがいるとの説が根強く流れており、エルドアンは米国に対する信頼を捨てたでしょう。おそらく本当に米軍に対してもドンパチやりかねない、そうなったらシリアに送り込んでいる数千人の米軍兵士にも犠牲者が出ることになります。

トルコは、テロリストの陣営に米国人がいることが悪い。巻き添えを食うのは覚悟だろうと言えます。あるいは、米軍が空爆でシリアの民間人を多数殺害した場合によく使う "mistake" だったと言うか。

米国トルコ関係は緊張の度が増しています。米国は、北朝鮮問題では韓国と日本に高額な武器の売り込みに成功しましたので元は取れたというところでしょうが、エルサレム問題、アフガン・パキスタン問題に続いてまたもつまずきました。
posted by ZUKUNASHI at 23:46| Comment(0) | 国際・政治

日本は米国から購入したミサイルでロシアと中国を狙っているのか

RT2018/1/17
Is Japan aiming its US-bought missile systems at Russia & China?
Japan’s efforts to acquire US missile defense systems under the pretext of a North Korean strike have sparked concerns in Moscow. Experts believe the weapons might be deployed with an eye on Russia and China.

Japan insists that its decision to boost its ballistic missile defense systems by approving the purchase and deployment of two Aegis Ashore units is driven by the “urgent threat” posed by Pyongyang. The US made system, expected to be operational by 2023, was approved in December and cost Tokyo $2 billion.

Defence Minister Itsunori Onodera’s statement that Japan could use the Aegis Ashore not only against ballistic missiles, but also to intercept a greater range of weapons such as incoming cruise missiles have raised serious concern among its neighbours.

The system’s deployment is likely more to do with concerns over China and Russia, believes Jeff Kingston, the director of Asian Studies at the Temple University in Japan.

“Clearly the most urgent threat is from Pyongyang so that is driving this decision but this deployment has wider implications given concerns about China and Russia given their more advanced capabilities,” he told RT via email.

Dr. Joseph Gerson, the president of the Campaign for Peace, Disarmament and Common Security argues that a potential North Korean missile attack which Tokyo claims to be defending itself against is in fact “unlikely,” although not completely impossible. He added that Japan’s missile program is seemingly “designed to defend the island nation and US military bases from possible future Chinese or Russian missile attacks.”

Justifying military buildup at what cost?

A former Australian diplomat says Tokyo is exploiting tensions in the region to justify its own military buildup.

“Of course, Japan will say [the missile defense program] is just directed against North Korea, when everyone knows the chances of North Korea seeking to attack Japan are minimal,” said Gregory Clark, a former Australian diplomat and a specialist in international relations and security.

Japan's Prime Minister Shinzo Abe needs these tensions to justify the defence legislation overhaul he advocates, as well as to enhance Japan’s military capabilities and its role abroad. Such a policy pushes him right into the arms of the US, and makes Japan an active supporter of American military strategy in the region and beyond, Clark explained.

“Incidentally, Mr. Abe is making a totally unnecessary visit to the Baltic states to show his support for US and NATO policies in Europe,” he added.

This policy could also potentially put Tokyo on a collision course with Moscow, he warns. He said the US missile defence systems could become a “matter of adding weight to and contributing to overall Western policies” that involve “putting pressure on alleged adversaries, including Russia.”

The deployment of the Aegis Ashore system in Japan could push Moscow into even closer cooperation with Beijing aimed particularly at countering pressure exerted by the US and its allies, Clark said, and could possibly torpedo Russian-Japanese negotiations over the disputed Kuril Islands.

On Monday, Russian Foreign Minister Sergey Lavrov said the systems deployed in Japan could be used for offensive purposes under the full control of Washington.

Lavrov’s statement comes on the heels of a Japanese media report stating that the missile defence systems were particularly designed to be a deterrent against Russia in the region, and that its deployment fits in with Washington's strategy of countering Moscow. The report cited an unnamed Japanese defence official who said the missile systems’ deployment was aimed at “curbing” Russia’s missile capabilities “to its east.”

Moscow doubts Japan’s claims that the missile systems would be controlled by Tokyo.

“We have heard that it will be Japan that will allegedly operate this system, and the United States will have nothing to do with it, but we have serious doubts that it is so,” Lavrov said Monday.

Aleksandr Zhilin, a retired Russian Armed Forces colonel and a military reporter, believes such concerns are justified. It's highly unlikely that Japan would control the US missile systems, he told RT, adding, that all such statements to the contrary are apparently designed to serve as a disguise. The US is behind the deployment and it clearly does so with an eye on Russia and China, he said.
‘Means for pre-emptive strike’

Apart from being an apparent deterrent against Russia and China, the deployment of the US-made Aegis Ashore missile defense systems in Japan has another far-reaching implication that could further worsen an already tense security situation in the region. These systems could presumably be used both as a cover for and as a means of a pre-emptive strike by the US and its allies.

“Given that so-called missile defenses can also serve as the shield for first strike swords, neighbouring nations will understandably see missile defences as potentially offensive weapons,” said Gerson. The deployment would mark another step in a regional arms race that only increases tensions and puts regional powers on the brink of a “catastrophic war,” he warns.

Zhilin notes that the Aegis' capabilities are limited and the system doesn’t pose any challenge to Russia, as it has “effective penetration aids.” Its deployment in Japan actually nullifies Japan’s security instead of enhancing it, as it becomes a potential target for missile strikes precisely because of the existence of these systems on its territory.

Aegis Ashore is not just a defensive weapon that could be used to weaken a potential missile strike, thus making a pre-emptive blow a more plausible option in case of a conflict between major powers. It can also be converted into an offensive weapon.

Derived from a naval antiballistic missile system, Aegis Ashore launches interceptors using a variant of the Mk 41 VLS vertical launch system. The same system is used by the US Navy to launch Tomahawk cruise missiles that could be equipped with nuclear warheads.

If deployed in Japan, these launchers would have most of China’s developed coastal area, as well as Russia’s Sakhalin and Primorsky Kray regions within range.

A further military buildup, in fact, does not serve the interests of any regional players, as it would only lead to a further escalation of tensions and could jeopardize earlier agreements, Gerson noted. Exerting pressure on each other is also just another dead end.

“It is an urgent necessity for the nations of Northeast Asia, as well as the United States, to end regional arms races, military threats and provocative military exercises,” Gerson said, calling “common security diplomacy” the “best way forward.”

“It is difficult to envision meaningful pressure being placed on Japan to abandon its missile defence program,” he added. “Rather than pressure, common security negotiations leading to the creation of a Northeast Asia Nuclear Weapons Free Zone would be far more effective.”

posted by ZUKUNASHI at 16:07| Comment(3) | 国際・政治

青森市 平均寿命が短い原因は何だろう

毎日新聞2018年1月17日 20時18分
青森市
「短命市」返上へ20億円の寄付
 青森市の小野寺晃彦市長は17日、市民から昨年末に20億円の寄付があったことを明らかにした。平均寿命が全国ワーストの青森県の中でも平均寿命が短い「短命市」返上に向けた施策に使ってほしいとの要望があったといい、スポーツ施設の整備や食生活の改善事業に充てる方針。市は「本人の意向」として、寄付した人の氏名や性別などは公表しない。
 市によると、市在住の個人から昨年12月26日に寄付の申し出があり、振り込みが後日あった。小野寺市長が面会して謝意を伝え、使途を話し合う中で、スポーツやイベントに利用できる施設(アリーナ)を整備する構想などが浮上した。
 青森市では2016年12月、京都市在住の個人から5億円の寄付があり、この時は新ビジネス支援などに使うことが決まった。【一宮俊介】

・・・引用終わり・・・

スポーツ施設やイベント施設を作っても「短命市」返上には役に立たないだろう。
posted by ZUKUNASHI at 12:44| Comment(0) | 福島原発事故

英語が分からないとだまされる

※ トランプがフェイクニュース賞の獲得者を発表
RT2018/1/17
President Donald Trump has announced the “winners” of his “Fake News Awards.” While the link failed to open for many amid the high internet traffic, a web archive reveals the New York Times and CNN among the top recipients.

Trump also tweeted that there are “great reporters” whom he respects. However, he did not name any of those journalists, unlike the treatment dished out to the “Fake News” awardees.

※ 共同2018/1/18 08:39
米軍のシリア駐留継続、国務長官
「イスラム国」台頭許さず
 【ワシントン共同】ティラーソン米国務長官は17日、西部カリフォルニア州にあるスタンフォード大でトランプ政権の対シリア政策について演説した。「過激派組織『イスラム国』(IS)が再び台頭しないよう、シリアでの米軍のプレゼンスを維持する」と述べ、駐留を当面続ける方針を示した。
 米軍が撤収すれば過激派が改めて力を持つことへの懸念に加え、シリア内戦でアサド政権軍を支援するイランの一層の影響力拡大への危惧が背景にある。
 ティラーソン氏は、アサド政権の退陣を目指す上で「忍耐」が必要だとし、変革には時間がかかるとの認識を示した。

・・・上の記事で一見しておかしいのは、「イスラム国」を作りその台頭を助けてきたのは米国だという基本事実に反したことを言っています。なぜこんな記事だけが日本国内向けの数少ない中東関連外電に選んで伝えられるのか。米軍のシリア駐留に関して国際的に良い印象を植え付けるためです。米国は米軍のシリア駐留に関して国際的な批判が強まっていることにマズイと考えていることが分かります。



※ CNN2018/1/12
「降伏しなければ殴り殺す」、米軍幹部がISISに通告
ワシントン(CNN) 米陸軍の幹部が過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」に今も残る戦闘員に対して降伏を迫り、従わなければ爆弾投下やシャベルで殴るなどの手段で殺害すると脅した。

・・・引用終わり・・・

米軍の見え見えのプロパガンダです。米軍は今もシリアで民間人の空爆殺害を続けているのになぜシャベルで撲殺が出てくる? デリゾールでは米軍のヘリが次々とISISの指揮者を救出していますし、テロリストを家族と一緒に北の安全な場所に移しています。このような情報をわざわざ日本語で拡散するのは米国の御用の証

※ 共同2018/1/10 07:04
ロシアとイランの大使呼び抗議
トルコ、シリア情勢巡り
 【イスタンブール共同】トルコのチャブシオール外相は9日、シリアのアサド政権軍がシリア北西部イドリブ県で過激派との戦いを口実に穏健な反体制派を狙って攻撃していると批判。トルコ外務省はアサド政権の後ろ盾のロシアとイランの駐トルコ大使を呼び出して抗議、不快感を伝えた。地元メディアが報じた。
 ロシアとトルコ、イランは今月29〜30日、ロシア南部ソチで「シリア国民対話会議」を開く方針。チャブシオール氏は、会議参加者が「こうしたことをしてはいけない」と記者団に述べ、政権軍の攻撃は内戦の政治的解決を妨げると批判した。

・・・引用終わり・・・

一見しておかしな記事です。なぜおかしいかというと
@ 「イドリブ県で過激派との戦いを口実に穏健な反体制派を狙って攻撃していると批判」とありますが、過激なテロリストが結果的に集まり相互に抗争している形となっているイドリブで「穏健な反体制派」の影は薄く、それを主対象としてシリア軍が攻撃を仕掛けることは考えられません。シリア軍は、過激なテロリストに掃討作戦を始めようとしているところです。
A イドリブには、トルコが支援するテロリストがいます。SFAですが、彼らはトルコ軍の指揮のもとに動いており、シリア軍は今の時点ではSFAやトルコ軍を攻撃していません。
B 上のトルコ外相の動きとして伝えられた情報発信者の狙いは、シリア軍にイドリブのテロリスト攻撃の手を緩めさせたい、シリアには直接言えないのでロシアとイランに言ったということにして、イランとロシアをけん制したいというものです。あまりに迂遠だと思いませんか? トルコとロシア、イランの外相はアスタナの和平協議などのため頻繁に連絡を取り合っています。
C 「ロシアとイランの駐トルコ大使を呼び出して抗議、不快感を伝えた」とありますが、「穏健な反体制派」がSFAのことであれば、不快感どころではなく、和平協議の推進主体からの脱退をほのめかすでしょうし、本格戦闘への発展を警告するでしょう。トルコ外相のこれまでの発言から見て、「不快感」で済ませるはずがありません。
というわけで、これは現地の新聞記者か外交筋のねつ造の可能性が高いです。
このニュースはツイッターで共同通信のニュース短信として流れたものですが、これをこのブログに収録した約10時間後、FARSNEWSが、イランの大使が「シリアの件でトルコ外務省には呼ばれていない」と明言したと伝えました。

・・・・・

普段は日本語でそんなに詳しい情報を伝えていないメディアが突然日本語で海外情報を流したときは注意が必要です。

読む価値のあるニュースは有料情報で流し、積極的に広めたいプロパガンダ記事、フェイクニュースが無料で流れるのです。編集部に入る元原稿にはフラッグがついていて、これは優先的、積極的に広めろと指示があるのでしょう。

2018年01月10日
日本の通信社の流す海外記事はこんなにユニーク イラン大使が「俺は呼ばれていない」と報道を一蹴

2017年04月09日
とてもおもしろい日本の報道 頭の体操にもってこい

2016年02月10日
海外の出来事はマスメディアでかく伝えられる
posted by ZUKUNASHI at 10:25| Comment(1) | 社会・経済

女川原発が放射性物質放出の可能性

2018/1/17は雨が広がった夕刻から福島県北部と宮城県で広く空間線量率が上昇しました。このようなパターンはとても珍しいですが、牡鹿半島が北東の風となっており、それが宮城県、福島県の沿岸部の線量率を引き上げていると見られます。





今晩は珍しく甲府市で線量率が上がっています。浜岡から関東、甲州に流れているようです。諏訪市で0.065μSv/h。

北陸では富山県庁が0.106μSv/h。岐阜県郡上市で0.087μSv/h、愛知県の設楽町で0.066μSv/h。茨城県鹿嶋市で0.063μSv/h。

なんかおかしいです。東京東部は真北の風に変っています。






横浜から湘南、横須賀は最近頻繁に上昇がみられます。ただでも体調不良の人が多いのに影響出ますね。





浜岡は早い時間から放出していたようですが、風がなくなったのか近傍のMPが大きく上げています。


関東南部は北の風が強まり線量率は低下です。南岸部は浜岡の影響が残ります。

宮城県色麻町で通常時の倍0.49μSv/hに迄線量率が上がっています。通常時の測定値が低すぎるのですが。


宮城には民間による測定点がありません。あっても多くが停止中。読者もいないようなので、測定点を設置してもらうのも難しいです。経済的な問題とともにやはり意識の差があるということでしょうか。リアルタイム測定表示は自分のためよりも人のためです。他の人の測定値が自分のためなんですけどね。

会津、栃木、群馬に黄色のマークが出てきました。栃木市で0.037μSv/hが0.056まで上がっています。



福島県南部にダイダイ色のマークが増えていますが、中心は鮫川村です。影響が栃木県にも及んでおり大田原市や広い地域で空間線量率が上がっています。関東は北の風ですから、栃木県と茨城県北部は影響が続くでしょう。
1/18午前0時半現在で小山市辺りまで達しています。
東京の舎人公園も上がっていますが、こちらは浜岡の影響の残りのようですから、この後は下がっていくと見込まれます。

廃棄物焼却の影響が今回は特に顕著に出ています。
posted by ZUKUNASHI at 00:40| Comment(0) | 福島原発事故

2018年01月17日

エルドアンが強硬姿勢を強調 ロシアやイランを引き込んで戦うトルコの姿勢に米軍が怯む

RT2018/1/18
US backtracks on ‘Kurdish border force’, Turkey cites record of broken promises
Turkey said it was unimpressed by US attempts to downplay a planned 30,000-strong, predominantly Kurdish border force in northern Syria. The Turkish foreign minister said the US had lied about supporting the Kurds in the past.

Washington must take concrete steps to address Ankara’s concerns about Kurdish militias in Syria, Mevlut Cavusoglu told CNN Turk on Thursday, after top US officials tried to repair damage done by the training plan. He reiterated that Ankara could attack Kurdish militias in Syria, and said it would coordinate a possible operation with Russia and Iran to make sure their observers in the area are not harmed.

Earlier, Turkish Prime Minister Binali Yildirim said it was up to Washington to alter its Syrian policy and re-engage with Turkey. “The practices of our NATO ally [the] US in Syria are unfortunately wrong and against the spirit of alliance. The US should end confusion over the region's future, and change its attitude towards peace and restoring relations with Turkey," he said, as cited by Anadolu news agency.

Washington’s announcement last week that it would help its ally, the Syrian Democratic Forces (SDF), to set up a force of some 30,000 fighters along the border with Turkey angered Ankara. The SDF primarily consists of the Kurdish militia YPG, which is considered by the Turkish government to be an extension of the militant movement Kurdistan Workers' Party (PKK), which has been fighting a guerrilla war for decades. Following outcry from Turkey, the US is apparently rowing back on the plan.

“The US continues to train local security forces in Syria. The training is designed to enhance security for displaced persons returning to their devastated communities,” the Pentagon said in a statement on Wednesday.

“It is also essential so that ISIS cannot re-emerge in liberated and ungoverned areas. This is not a new ‘army’ or conventional ‘border guard’ force,” it added in relation to the SDF force, which would be based in the north-western Syrian area of Afrin.

US Secretary of State Rex Tillerson also downplayed the story after meeting his Turkish counterpart Mevlut Cavusoglu in Canada. “That entire situation has been misportrayed, misdescribed. Some people misspoke. We are not creating a border security force at all,” he said on Tuesday. “I think it’s unfortunate that comments made by some left that impression. That is not what we’re doing.”

News of the training program was initially reported by the Defense Post and was later confirmed by US military officials. The reported plan was to redeploy 15,000 members of the SDF to “a new mission in the Border Security Force as their actions against ISIS draw to a close,” and gradually double their number by training additional troops, with a group of 230 recruits already in training.

The plan sparked outrage in Turkey, which called the planned force a “terror army” and said it would not hesitate to attack it. In August 2016, Ankara launched a military operation in Syria, targeting both Kurdish militias and armed groups loyal to the terrorist group Islamic State (IS, formerly ISIS). The Operation Euphrates Shield lasted for over seven months.

The continued US support of Kurdish militias in Syria and Iraq has been a major factor behind the deterioration of relations between Ankara and Washington. The Americans helped the SDF to lay siege on the Syrian city of Raqqa and take control of it from IS last year, supporting the offensive with artillery shelling and airstrikes, as well as propping up the militias with special operation groups and military instructors.

The US plans to keep troops in Syria for an undetermined period of time, claiming it is necessary in order to protect Washington’s interests in the region. The deployment violates Syrian sovereignty, as the US has neither an invitation from Damascus nor a mandate from the UN Security Council to do it.


FARSNEWS2018/1/17
Turkey to Prevent All Military Support to Syrian Kurds(抄)
TEHRAN (FNA)- Chief of the General Staff of the Turkish Armed Forces, Gen. Hulusi Akar said Ankara intends to prevent all military support to Syrian Kurds' People's Protection Units (YPG), which it considers an extension of Turkey's Kurdistan Workers' Party (PKK), and urges NATO to treat all terrorist groups equally.

"We cannot and will not allow the terrorist organization, YPG, which has been proven as an extension of the PKK, to be supported and armed under the guise of it being an ‘operational partner’," Akar said, as quoted by Anadolu news agency.

The Turkish military chief added that NATO should not give a preferential approach to any terrorist groups.

Turkish President Recep Tayyip Erdogan has also said Ankara expects NATO to take an official stance on the creation of a ‘terrorist army’ along the Turkish border in Syria, referring to the planned 30,000-strong US-backed mostly Kurdish force.

Erdogan added that the US-led defense block, of which Turkey has been a part for decades, must clarify its stance on the planned Afrin-based border force as envisioned by Washington.

“I would like to call upon NATO,” Erdogan told on Tuesday members of the ruling party in the Turkish parliament, stressing that “You have to take actions against the ones who threaten the border security of your Allies.”

In a phone call Tuesday, Turkish leader told NATO Secretary General Jens Stoltenberg that Ankara would take all necessary precautions to ensure its national security. Erdogan added that arming Kurdish forces Ankara believes to be linked to the banned PKK party is "completely unacceptable." Stoltenberg said NATO understood Turkey’s concerns regarding the matter.

Erdogan called US-backed Syrian Border Force using Kurdish fighters a “terrorist army,” vowing to “drown” it before it’s complete.

“Our duty is to drown this terrorist force before it is born,” the Turkish leader said on Monday, adding that the 30,000-srtrong army of “traitors” that Washington seeks to create will point their guns against US troops at the first threat.

“This is what we have to say to all our allies: don't get between us and terrorist organizations, or we will not be responsible for the unwanted consequences,” Erdogan said, adding that Turkish forces will battle “until not a single terrorist remains along our borders, let alone 30,000 of them.”

Turkey is ready “at any moment” to start an operation in a besieged border area of Syria, the President stressed.

“The Turkish Armed Forces will resolve the Afrin and Manbij issue as soon as possible. Our preparations are finalized, an operation may start at any moment,” Recep Tayyip Erdogan told an opening ceremony in the capital, Ankara.

Turkish Foreign Minister Mevlut Cavusoglu has also criticized the recently announced plan of the US to form a so-called border army led by Kurdish fighters in Syria.

Cavusoglu said "The US must clarify which side it is on, whether it chooses to be with its allies or terror groups?"

The Turkish Foreign Minister warned that "We will take our own measures [against terror groups]. Regardless of who backs them; whether it is the US or other countries, it doesn't matter to us."
posted by ZUKUNASHI at 23:33| Comment(0) | 国際・政治