ずくなしの冷や水

2017年12月12日

プーチンがエジプトを訪問

プーチンがエジプトを訪問しています。シリアへ行ったついでにという感じもします。プーチンが "the approaches of Moscow and Cairo on many international aspects generally either fully coincide or are very close to each other" と述べていますが、エジプトは、今回のトランプのエルサレム首都化容認発言でも事前に根回しを受けた国の一つとされ、サウジや米国とも近い関係です。
そういう立場であるがゆえにプーチンがあえて訪問し、協力を念押ししたともみられますが、本題はリビアではないでしょうか。リビアについてロシアはシリアと同じような国民対話会議を提唱しています。
エジプトシナイ半島でテロが続いています。背後にいる国はどこか。シシは次期大統領選には出馬しない意向とされています。
ロシアは、エジプトで軍用空港の整備事業を行っています。単なる請負業者ではないはず。
エジプトの立場は大変つらいものがありそうです。プーチンはシリア問題についてはとにかくエジプトの協力を得たい、リビア問題と絡めてシシに働きかけを行ったと見られます。

FARSNEWS2017/12/12
Moscow, Cairo Agree on Stronger Coordination to Assist Syria Settlement
TEHRAN (FNA)- Russian President Vladimir Putin stressed that he had agreed with Egyptian President Abdel Fattah el-Sisi on strengthening coordination to assist political settlement in Syria.

"I have informed Mr. President [of Egypt] on steps Russia is taking to normalize the situation in Syria," Putin said after his talks with the Egyptian president, adding that "I also told him about my trip to Syria today", TASS reported.

"We agreed with Mr. el-Sisi to strengthen coordination for the purpose of assisting long-term political settlement of the Syrian crisis," the Russian president stressed.

Almost all of Syria’s territory has been liberated from terrorists, Putin said.

"I think that the tasks, which had to be solved with the broad use of the Russian Armed Forces, have been fulfilled as a whole," the Russian president added.

Putin added that he was grateful to the Egyptian leadership for the support of Russia’s initiative to convene a Syrian National Dialogue Congress.

"We intend to draw to its work very diverse opposition groups, including representatives of the so-called Moscow and Cairo platforms," he said.

Putin announced that the approaches of Moscow and Cairo on many international aspects generally either fully coincide or are very close to each other.

Specifically, the Russian and Egyptian presidents discussed the situation in Libya and both leaders spoke for ensuring stability and security in that country, restoring its sovereignty, unity and territorial integrity, Putin said.

The Egyptian president has argued in favor of expanding de-escalation zones in Syria in Cairo on Monday after negotiations with Putin.

"It is necessary to practice de-escalation zones in Syria and expand them," he noted, adding that "We confirmed the need to peacefully settle the Syrian crisis."

Speaking about the Libyan problems, el-Sisi pointed out, in particular, that "uniting all international efforts is important for settling the instability in Libya."

"We support the efforts of the UN envoy in the region and support holding of parliamentary and presidential elections in order to stabilize the situation, as well as unite all political forces of the country," he said.
posted by ZUKUNASHI at 23:11| Comment(0) | 国際・政治

プーチンがシリアからのロシア軍引き揚げを命令 7か月で32,000人を殺害

RT2017/12/11
Putin orders withdrawal of Russian troops from Syria during surprise visit to Khmeimim Airbase
Russian President Vladimir Putin made a surprise visit to Khmeimim Airbase in Syria’s Latakia province on Monday morning. He ordered the start of the withdrawal of Russian troops from the country.

“I order the defense minister and chief of the general staff to start the withdrawal of Russian troops to the site of their permanent deployment," Putin stated, speaking in front of Russian military personnel at Khmeimim.

The Russian leader added that in the space of two years the Russian and Syrian militaries have “defeated the most battle-hardened grouping of international terrorists.”

RT2017/12/12
Russia: Over 32,000 Gunmen Killed in Anti-Terrorism Operations in Syria in Last Seven Months
TEHRAN (FNA)- More then 32,000 terrorists have been killed and thousands more have been wounded in anti-terrorism operations across Syria in the last seven months, Commander of Russia’s military group in Syria Colonel-General Sergey Surovikin said.

"More than 67,000 square kilometers of Syrian territory, more than 1,000 localities, 78 oil and gas fields and two deposits of phosphate ores have been recaptured. Military planes have flown 6,956 sorties and helicopters, more than 7,000 sorties. More than 32,000 militants, 394 tanks and more than 12,000 pieces of other military equipment were eliminated," Surovikin said in a meeting with Russian President Vladimir Putin on Monday.

Surovikin further declared the beginning of military pullout from Syria.

"Upon completion of the operation to defeat the ISIL in Syrian territory the military contingent was ordered and has already begun to withdraw forces, including 25 aircraft (23 different planes and two Ka-52 helicopters) and military personnel - the military police force, the commando unit, the field hospital and the mine-clearing center," he said. "The remaining force will be able to cope with its tasks as effectively," the Russian general said.

Putin on Monday ordered the Russian troops' withdrawal from Syria, saying that Russian forces return from Syria with victory.

"I instruct the defense minister, the head of the General Staff to begin the withdrawal of the Russian group of troops to the places of their permanent location," Putin said, when speaking to servicemen in Syria.

Putin emphasized that if terrorists gain upper hand in Syria, Russia will carry out strikes that "they've never seen."

Putin was met by Syrian President Bashar Assad and Russian Defense Minister Sergei Shoigu, when arrived at the Humeimim base in the Lattakia province for the first time since the launch of anti-terrorist operation in the Arab Republic at the request of Damascus in 2015.

FARSNEWS2017/12/12
Arab Analyst: Putin's Order to Withdraw Russian Troops from Syria Message to Washington

TEHRAN (FNA)- Russian President Vladimir Putin's order to withdraw the country's forces from Syria was meant to disarms the US from any excuse to keep its troops in the region, Abdel Bari Atwan, the editor-in-chief of Rai al-Youm newspaper, said.

"Addressing the Russian pilots, Putin announced that the mission is accomplished. He, as the highest-ranking official in the Russian Armed Forces, issued certain orders in this regard and ordered most of the Russian pilots and fighter jets to leave Syria and return home," Atwan wrote on Tuesday.

He stressed that Putin's order had a message to the US. "The Russian president wanted the US not to have a pretext to keep its forces in Iraq and Syria."

He said the two countries’ forces would respond with power strikes if “terrorists raise their heads” in Syria.

Addressing Russian servicemen gathered at the base, he said, “The task of fighting armed bandits here in Syria, a task that it was essential to solve with the help of extensive use of armed force, has for the most part, been solved and solved spectacularly. I congratulate you. You have shown the best qualities of a Russian soldier.”

In the televised speech, Putin said he had ordered the military to withdraw a “significant part” of the Russian contingent in Syria. “Friends, the motherland is waiting for you,” he said. “If the terrorists again raise their heads, we will deal such blows to them they have never seen.”
posted by ZUKUNASHI at 22:44| Comment(0) | 国際・政治

North Korean Conflict May Be Settled by Diplomatic Means Only

FARSNEWS2017/12/12
Russian Diplomat: North Korean Conflict May Be Settled by Diplomatic Means Only

TEHRAN (FNA)- Russian Foreign Minister Sergey Lavrov stressed that the conflict on the Korean Peninsula can be settled only through a political and diplomatic way in accordance with the Russian-Chinese roadmap.

"We shared our opinions regarding the situation on the Korean Peninsula that remains extremely tense," Lavrov said on Monday after the 15th RIC (Russia, India and China) ministerial meeting, TASS reported.

"We pointed to the absence of an alternative to the solution of the specified problem solely by political and diplomatic means: in line with the Russian-Chinese roadmap," he added.

The situation on the Korean Peninsula remains extremely tense. In 2017, North Korea carried out 20 ballistic missile launches. The United States and its allies, for their part, are constantly conducting far-reaching sea drills in the region. The parties are exchanging tough rhetoric and admit that any scenario - including military action - is possible.
posted by ZUKUNASHI at 19:48| Comment(0) | 国際・政治

誰がそんなワシントンの約束を信じるだろうか 韓国のTHAAD配備終わる

FARSNEWS2017/12/12
South Korean President: THAAD Deployment Not to Undermine China’s Security
TEHRAN (FNA)- South Korea deployed the final units of the THAAD missile defense system, now the county’s president is seeking to allay Chinese fears regarding the security balance in the region.

"South Korea will pay special attention to the fact that THAAD [missile defense system] will not be used elsewhere, except for defense against North Korean nuclear weapons and missiles, it will not undermine China's security interests. The American side has repeatedly said that it respects the promises made on this issue," South Korean President Moon Jae-in told the CCTV broadcaster in the light of his upcoming three-day visit to China, set to start on Wednesday.

The statement was made amid sharp criticism from China, caused by the deployment the THAAD final units to South Korea in September, which Seoul and Washingtonconsider to be an important military deterrence measure against a potential nuclear strike from North Korea, but viewed by Beijing as a move that might undermine the security balance in the region and Seoul's credibility.

In late October, South Korean President traveled to Beijing for a summit with Chinese President Xi Jinping, which led to the agreement to normalize bilateral relations affected by the deployment of the system.

Meanwhile, on December 11 Japan, South Korea and the US began joint military drills, the sixth trilateral exercises between the nations since June 2016, criticized by Beijing. The two-day exercise is taking place in the Sea of Japan and involving four warships: the Japanese JDS Chokai guided missile destroyer, the South Korean DDG Seoae Ryu Seong-ryong destroyer, and the American USS Stethem and Decatur guided missile destroyers.

China is North Korea's key trade partner, accounting for more than three-quarters of all their foreign trade, with Russia a close second. Both nations have agreed to UN sanctions levied against North Korea as retaliation for the expansion of their nuclear missile program.

posted by ZUKUNASHI at 19:32| Comment(0) | 国際・政治

江戸川放水路河口でカキ採取!!

※  amaちゃんだ‏ @tokaiama氏の2017/12/12のツイート
河川敷にカキ殻100トン 中国人投棄、転倒でけがも 地元住民ら回収作業 市川の江戸川放水路 (千葉日報) 
http://www.asyura2.com/17/genpatu49/msg/219.html
このニュースを見て、私は凄まじい放射能汚染の魚介類を食べた人たちの行く末に恐怖を覚えたのだが

※ 千葉日報2017年12月5日 05:00
河川敷にカキ殻100トン 中国人投棄、転倒でけがも 地元住民ら回収作業 市川の江戸川放水路
市川市内を流れる江戸川放水路河川敷で、カキの殻が大量に捨てられ、問題になっている。地元住民らによると、数年前からカキを採りに来る中国人が増えて以降、河川敷が大量のカキ殻で埋め尽くされるようになった。河川敷は地元住民が水辺に親しむ場にもなっており、子どもが転んでカキ殻でけがをする事例も相次いでいることから、安全確保のため国や市、地元の環境保全団体などがカキ殻を回収する対策に乗り出した。

 河口から約1キロの同市妙典の河川敷で4日、国と市、地元自治会などからなる「江戸川放水路水面等利用者協議会」のメンバーら約70人が午前9時半から約2時間、カキ殻の回収作業にあたった。地元住民の要望を受けた初の試み。コンクリートブロックの上に積み重なった殻をスコップなどでかき出し、撤去したカキ殻は約30トン。周辺の河川敷は約1キロにわたってカキ殻が捨てられており、推定100トンに上る。

 河川敷のパトロール活動などに取り組んでいる「妙典河川敷の環境を守る会」の藤原孝夫会長(76)によると、海水が入り交じる放水路はカキが生息し、数年前から大潮に合わせてカキを採りに来る人が増えた。多くは5〜10人の中国人グループで、多いときは100人以上になることも。殻だけを河川敷に捨てて帰ってしまうことが多々あるという。

 「注意しても日本語が分からないふりをして聞かない。取り締まるための明確なルールがないため、見掛けたら注意することしかできない」と憤る藤原会長。河川敷で遊んでいた子どもが転んでカキの殻でけがをし、救急車を呼んだケースが今年に入って3件あり、対策が急務だった。

 回収作業をしたこの日も作業終了直後に早速、キャリーバッグを持ってカキを採りに来た中国人の姿が。父親と2人で埼玉県から電車で来たという中国・福建省出身の女性は「友達からカキが採れると聞いて来た。自宅で料理して食べる。揚げ物にすると美味しい」と話した。女性は回収作業の参加者から殻を河川敷に捨てないように注意され「殻は持って帰る」と約束した。(以下略)

・・・引用終わり・・・

驚きました。カキは英語の月の名前でrの付く月しか食べてはいけないとされています。これからがシーズンですが、東京湾のカキ!!

確かにたくさんあります。春になればアサリ採りの人もいます。日本人も多いです。放射能問題がなくてもちょっと敬遠します。

江戸川は、利根川の下流です。ここから数キロ上流に上れば天然ウナギを採る人もいるそうですが、検査の結果ではものすごい放射性物質汚染が判明しています。

外国人の方には、日本の放射性物質汚染の情報が入っていない? 日本人以上に無視している?

カキやアサリを採る日本人にも外国人にも、「食べるな危険」と告げたいのですが、どうしたものでしょう。
posted by ZUKUNASHI at 12:51| Comment(0) | 福島原発事故

ノーベル賞 平和賞授賞式 サーロー節子さん演説 全文

2017/12/12の【共同】が伝えたサーロー節子さんが12/10に行った演説。ノーベル財団公表の公式テキストによるもの。

 両陛下。ノルウェー・ノーベル賞委員会の高名なメンバーの皆さま。ここにいる、そして世界中にいる運動家の仲間たち。淑女、紳士の皆さま。

 ICANの運動を形づくる傑出した全ての人々に成り代わってベアトリス(・フィン事務局長)と共にこの賞を受け取ることは大変な栄誉です。私たちは核兵器の時代を終わらせることができる、終わらせるのだという、かくも大きな希望を皆さま一人一人が私に与えてくれます。
座視は拒否した

 被爆者は、奇跡のような偶然によって広島と長崎の原爆を生き延びました。私は被爆者の一人としてお話しします。70年以上にわたって私たちは核兵器の廃絶に取り組んできました。

 私たちは、この恐ろしい兵器の開発と実験から危害を被った世界中の人々と連帯してきました。(核実験が行われた)ムルロア、エケル、セミパラチンスク、マラリンガ、ビキニといった長く忘れられた地の人々。土地と海を放射線にさらされ、人体実験に使われ、文化を永遠に破壊された人々と連帯してきました。

 私たちは犠牲者であることに甘んじることはありませんでした。灼熱(しゃくねつ)の終末を即座に迎えることや、世界がゆっくりと汚染されていくことに対し、手をこまねいていることは拒否しました。いわゆる大国が、無謀にも私たちを核のたそがれから核の闇夜の間際へと送り込むことを、恐怖の中で座視することは拒否しました。私たちは立ち上がりました。生き延びた体験を分かち合いました。人類と核兵器は共存できないのだと声にしました。
叫び声聞こえた

 きょう、この会場で皆さまには、広島と長崎で死を遂げた全ての人々の存在を感じてほしいと思います。雲霞(うんか)のような二十数万の魂を身の回りに感じていただきたいのです。一人一人に名前があったのです。誰かから愛されていたのです。彼らの死は、無駄ではなかったと確認しましょう。

 米国が最初の原爆を私が住んでいた都市、広島に投下した時、私はまだ13歳でした。私は今もあの朝を鮮明に覚えています。8時15分、窓からの青みを帯びた白い閃光(せんこう)に目がくらみました。体が宙に浮かぶ感覚を覚えています。

 静かな闇の中で意識を取り戻すと、倒壊した建物の中で身動きできないことに気付きました。級友たちの弱々しい叫び声が聞こえてきました。「お母さん、助けて。神さま、助けて」

 そして突然、私の左肩に手が触れるのを感じました。「諦めるな。頑張れ。助けてやる。あの隙間(すきま)から光が差すのが見えるか。あそこまでできるだけ速くはっていくんだ」。誰かがこう言うのが聞こえました。はい出ると、倒壊した建物には火が付いていました。あの建物にいた級友のほとんどは生きたまま焼かれ、死にました。そこら中が途方もなく完全に破壊されているのを目にしました。

 幽霊のような人影が行列をつくり、足を引きずりながら通り過ぎていきました。人々は異様なまでに傷を負っていました。血を流し、やけどを負い、黒く焦げて、腫れ上がっていました。体の一部を失っていました。肉と皮膚が骨からぶら下がっていました。飛び出た眼球を手に受け止めている人もいました。おなかが裂けて開き、腸が外に垂れ下がっている人もいました。人間の肉体が焼けた時の嫌な悪臭が立ち込めていました。

 このようにして、私の愛する都市は1発の爆弾によって消滅したのです。住民のほとんどは非戦闘員でした。彼らは燃やされ、焼き尽くされ、炭になりました。その中には私の家族と351人の級友が含まれています。
愚行を許さない

 その後の数週間、数カ月間、数年間にわたって、放射線の後遺症により予測もつかないような不可解な形で何千もの人々が亡くなりました。今日に至ってもなお、放射線は人々の命を奪っています。

 広島を思い出すとき、最初に目に浮かぶのは4歳だった私のおい、英治の姿です。小さな体は溶けて、肉の塊に変わり、見分けがつかないほどでした。死によって苦しみから解放されるまで弱々しい声で水が欲しいと言い続けました。

 今この瞬間も、世界中で罪のない子どもたちが核兵器の脅威にさらされています。おいは私にとって、こうした世界の子どもたちを代表する存在となりました。核兵器はいつどんなときも、私たちが愛する全ての人々、いとおしく思う全てを危険にさらしています。私たちはこの愚行をこれ以上許してはなりません。

 苦しみと生き延びるためのいちずな闘いを通じて、そして廃虚から復興するための苦闘を通じて私たち被爆者は確信に至りました。破局をもたらすこうした兵器について、私たちは世界に警告しなければならないのです。繰り返し私たちは証言してきました。

 しかし、広島と長崎(への原爆投下)を残虐行為、戦争犯罪と見なすことをなお拒絶する人たちもいたのです。「正義の戦争」を終わらせた「良い爆弾」だったとするプロパガンダを受け入れたわけです。こうした作り話が破滅的な核軍拡競争をもたらしました。今日に至るまで核軍拡競争は続いています。

 今も九つの国が都市を灰にし、地球上の生命を破壊し、私たちの美しい世界を未来の世代が住めないようにすると脅しています。核兵器の開発は、国家が偉大さの高みに上ることを意味しません。むしろ、この上なく暗い邪悪の深みに転落することを意味するのです。こうした兵器は必要悪ではありません。絶対悪なのです。
終わりの始まり

 今年7月7日、世界の大多数の国々が核兵器禁止条約の採択に賛成した時、私は喜びでいっぱいになりました。私はかつて人類の最悪な側面を目撃しましたが、その日は最良の側面を目撃したのです。私たち被爆者は72年の間(核兵器が)禁止されることを待ち続けてきました。これを核兵器の終わりの始まりにしようではありませんか。

 責任ある指導者であれば、必ずやこの条約に署名するに違いありません。署名を拒否すれば歴史の厳しい審判を受けることになるでしょう。彼らのふるまいは大量虐殺につながるのだという現実を抽象的な理論が覆い隠すことはもはやありません。「抑止力」とは、軍縮を抑止するものなのだということはもはや明らかです。私たちはもはや恐怖のキノコ雲の下で暮らすことはありません。

 核武装した国々の当局者と、いわゆる「核の傘」の下にいる共犯者たちに言います。私たちの証言を聞きなさい。私たちの警告を心に刻みなさい。そして、自らの行為の重みを知りなさい。あなたたちはそれぞれ、人類を危険にさらす暴力の体系を構成する不可欠な要素となっているのです。私たちは悪の陳腐さを警戒しましょう。

 世界のあらゆる国の、全ての大統領と首相に懇願します。この条約に参加してください。核による滅亡の脅威を永久になくしてください。
光に向かい進む

 私は13歳の時、くすぶるがれきの中に閉じ込められても、頑張り続けました。光に向かって進み続けました。そして生き残りました。いま私たちにとって、核禁止条約が光です。この会場にいる皆さんに、世界中で聞いている皆さんに、広島の倒壊した建物の中で耳にした呼び掛けの言葉を繰り返します。「諦めるな。頑張れ。光が見えるか。それに向かってはっていくんだ」

 今夜、燃え立つたいまつを持ってオスロの通りを行進し、核の恐怖という暗い夜から抜け出しましょう。どんな障害に直面しようとも、私たちは進み続け、頑張り、他の人たちとこの光を分かち合い続けます。この光は、かけがえのない世界を存続させるために私たちが傾ける情熱であり、誓いなのです。
posted by ZUKUNASHI at 12:04| Comment(3) | 福島原発事故

「原発問題」は並ぶもののないデータ蓄積量

※  neko-aii‏ @neko_aii氏の2017/12/11のツイート
2011/10
福島県民がジャーナリスト岩上安身氏に語った話
『20km圏以内で検問してる警官には、100μSv/hは知らされず、
大勢の警察が死亡』(突然死症例のまとめ)
http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/f32ff39827876cecf0400a2029e4359c …20km圏以内で検問してる


neko-aii‏ @neko_aii氏は、「原発問題」の管理人のようです。詳しい記録は、かけがえのないものになっています。今読み返すといちいち納得できます。ブログのバックアップしっかり取っておいてほしいところです。
posted by ZUKUNASHI at 10:56| Comment(0) | 福島原発事故

ロシアのボランティア軍兵士を誘拐したテロリストをシリアのエリート部隊が殺害 ロシアがデリゾールに基地設営

FARSNEWS2017/12/10
Syrian Army Special Unit Hunts Abductors of Russian Volunteer Forces in Syria
TEHRAN (FNA)- A newly-formed Battalion of the Syrian Army's elite forces, known as ISIL Hunters, tracked and targeted a group of ISIL terrorists that had kidnapped and executed two Russian volunteers in Eastern Syria, killing the entire militants, the Russian news websites reported on Sunday.

The websites quoted the ISIL Hunters as saying that the Battalion identified and tracked a group of ISIL terrorists that had kidnaped and executed Roman Vasilievich Zabolotny and Grigory Mikhailovich Surkanov, two Russian volunteers, in early October.

Also, the ISIL Hunters announced in a statement that the Battalion carried out track and target operation in Deir Ezzur and managed to kill the entire abductors of the terrorist group.

Western media sources reported in September that Russia was about to establish a new military base in Deir Ezzur that would be the Russian forces' largest base in the war-hit country after Humeimim airbase in Lattakia.

The Arabic-language al-Ahd news website quoted western media sources as reporting that Russia was to set up a new large military base in Deir Ezzur due to its regional and international strategic importance.

Al-Ahd added that the long distance between the Russia-run Humeimim airbase and Eastern or Central Syria and the superior capabilities and features of Deir Ezzur airbase were two other reasons for Moscow's decision.

In the meantime, proximity of Deir Ezzur to the US bases in Iraq and Syria's main oilfields, on which Russia was keen to invest, were mentioned among other reasons, al-Ahd pointed out.

The website went on to say that Moscow's decision to set up a military airbase in Deir Ezzur was also mainly aimed at preventing the US-backed Syrian Democratic Forces from crossing the Euphrates River to rush towards South that is home to the richest oilfields in Syria.

posted by ZUKUNASHI at 00:12| Comment(0) | 国際・政治