ずくなしの冷や水

2017年11月13日

ベータ線被曝による身体反応は思わぬほどにある

2017/11/11は、北日本で大荒れの天気になりましたが、それ以前から沖縄や西日本の地域で倦怠感や頭痛などを訴える方が出ています。

線量率の変化などを見ていますが、原因がわかりません。ベータ線を含めた線量率にほとんど変化がないのです。

2017年11月12日
欧州のルテニウム106の放出源はロシアのウラル南部と推定された 日本にも流れてきているはずの記事を書いていて、この影響かもしれないと思い至りました。

欧州でベータ線量が増え始めたのは、2017/9/29からだとされています。すでに1か月半近くベータ線源が放出され続けているのであれば、民間で測定する全ベータは1か月前から上がっていて短期のグラフなどでは変化を見て取ることができないことも考えられます。

それから、日本人については、他の国の人が感じない程度のベータ線量の増加にも反応するようになっているということもありうるでしょう。被曝が重なると同じ程度の被曝でも反応が激しくなるということはあります。

管理人は、11/3、11/5と小岩、新小岩地域の現地調査を行いましたが、11/3は単独で、11/5は友人に助手を頼みました。友人も測定器を一台手に持ち、管理人と並行して測定していました。

後で聞いたことですが、当日測定中に左手親指の付け根辺りがかゆくなったそうです。この測定器は厚さがかなりあり、大人が親指と薬指を広げて持ちます。左手は普通遊んでいます。

管理人は二日やっても特に異状は感じませんでしたので、最初は信じがたかったのですが、データを整理し、検討する中でありうることだと思うようになりました。ストロンチウムやイットリウムの強いベータ線が多いところでは、放射線宿酔が起きることがあります。

菅元総理が福島第一原発の沖合で海水採取を行った際、船の同乗者がキャビンにいたにもかかわらず、日焼けしたとも伝えられています。

管理人の助手を務めてくれた友人は、放射線被曝に対する反応度が高く、以前にも飛んで来たとみられるプルームに反応して皮膚に発赤が出たことがあります。
2015年03月14日
発赤、発疹、湿疹、ジンマシン、水疱は内部被曝を疑う

ベータ線源、アルファ線源による被曝症状は、発赤、かゆみ、湿疹、治りにくいただれ、日焼け、足の親指の爪のはがれ、失明、小さな深い傷などを引き起こし、ガンマ線の被曝よりも人の目につきやすいです。

夏、家から外に出た直後、晴れていても腕に何か雨粒が当たったような感覚を受けることがあります。これもベータ線のなせるわざかと考えています。感覚が鈍い管理人の場合です。
posted by ZUKUNASHI at 23:54| Comment(0) | 福島原発事故

米国の州は当初見積もりより最大200倍の福島第一原発事故由来フォールアウトを被っていた

ENENEWS2017/11/13
New Study: US state hit with up to 200 times more Fukushima fallout than expected − Over a Trillion becquerels of nuclear waste fell on Hawaii − Scientists: “Plume may have taken an alternative path… Greater than anticipated”

University of Hawai’i at Mānoa, Oct 31, 2017 (emphasis added):

・ Fukushima-derived radiocesium fallout in Hawaiian soils… This study estimated the magnitude of cesium deposition in soil, collected in 2015-2016, resulting from atmospheric fallout… Detectable, Fukushima-derived 134Cs inventories ranged from 30 to 630 Bq m-2 and 137Cs inventories ranged from 20 to 2200 Bq m-2… This research confirmed and quantified the presence of Fukushima-derived fallout in the state of Hawai’i in amounts higher than predicted by models and observed in the United States mainland…
・The Hawaiian Islands were expected to get minimal, below 10 Bq m-2 or lower, of Fukushima-derived fallout…
・Fukushima-derived soil radiocesium concentrations, were greater than anticipated based on model-predicted Pacific atmospheric dispersion rates…
・Maximum estimated values of 134Cs fallout on the islands of Hawaii and O’ahu constrained by precipitation and data from sites with less than 70% canopy cover were obtained by linear interpolation of all measured soil cesium concentrations, resulting in 134Cs fallout ranging from < 60 to 1000 Bq m-2 [According to this study, “The Fukushima-derived fallout… 134Cs to 137Cs ratio was 1:1” − therefore 137Cs fallout from Fukushima was also 60 to 1000 Bq m-2, making the total radiocesium 120 to 2000 Bq m-2. Compare this to the study’s previous statement that “The Hawaiian Islands were expected to get minimal, below 10 Bq m-2 or lower, of Fukushima-derived fallout”]…
・Using the conservative values and integrating over the whole area with rainfall above 200 mm, we estimate that the island of Hawaii received 1.50 x 10^12 Bq [1.5 Trillion Bq] of 134Cs and 137Cs, each isotope contributing 50%, between March 19 and April 4, 2011…
・Atmospheric dispersion models predicted the majority of the plume to travel a more northern route over the Aleutian Islands… however, suggesting that the Fukushima-derived aerosol plume may have taken an alternative southern path. Our radiocesium fallout inventories are comparatively higher than those estimated and measured in North America. Previous research that used whole-water wet deposition to predict ‘its fallout in North America estimated up to 180 Bq m -2 in Alaska, 46 Bq m -2 in California, and 29 Bq m -2 in Washington State…
・This is the first study to our knowledge studying Fukushima-derived fallout in the Pacific Islands…
posted by ZUKUNASHI at 22:15| Comment(0) | 福島原発事故

体調に変化のあった方は教えてください

2017/11/8、あちこちで線量率が上がりはじめました。




11/4の茨城県北部での線量率上昇を最後に11/5から11/7までほぼ全国的に線量率が相対的に低い安定した状況が続きました。

2017年11月08日
今週は体調の変化があるか慎重に見極めてください 西から雨です

ただ、この間風が弱くPM2.5濃度の上昇もありましたので、喉の調子の悪い方は辛かったかもしれません。

天気予報によれば関東では雨は多くは降らない見込みですが、西の地域はそれなりの降雨がありそうです。線量率上昇の地域も出ます。



















11/4以前と11/5〜11/7、そして11/8以降との比較で体調に変化のあった方は教えてください。多くの方の体調変化の比較でご自分の受けた変化の程度がわかります。

2017/11/11は本州日本海側と北海道で大荒れの天気になっています。




太平洋側は大きな天気の崩れは免れるかもしれません。

2017/11/12は各地で良い天気になりました。線量率は全国的に安定です。







暗くなってから東京地方で雨が降っています。管理人の自宅では線量率が上がり始めています。
posted by ZUKUNASHI at 19:21| Comment(4) | 福島原発事故

米国主導軍に破壊されたモースルの惨状

FARSNEWS2017/11/12
Drone Footage Reveals Mosul Devastation
TEHRAN (FNA)- Drone footage from Western Mosul’s hospital district shows the extent of destruction that the city suffered during the nine months it was under siege from ISIL. Iraqi forces pushed militants out of the city after a grueling battle that ended in July. Thousands of civilians are believed to have been killed, and entire neighborhoods were turned into wastelands of rubble during the campaign. [VIDEO]





posted by ZUKUNASHI at 14:12| Comment(0) | 国際・政治

男性の脱毛は慎重に

電車の広告に男性の脱毛、鼻下、あご、あご下、各29,000円と広告がありました。永久脱毛ではないのでしょうが、脱毛を繰り返していると、毛が生えて来なくなる恐れはないのでしょうか。

今は、男性でも「肌すべすべ」が評価される? 誰がそれがいいと言っているのでしょう。

日本人の男性は、海外に行くと体も小さく、細身で男性的な印象が薄いです。このため、英国など外国に行って鼻ひげを生やす人もいます。

この先、10年後、20年後の世の中の流れがどうなるかわかりませんが、海外に行く人も多くなるはず。宗教的にひげを剃らない地域もあります。

毛が生えることは、身体の自然な現象であり、それを人為的に変えてしまうことには慎重でありたいものです。入れ墨も同じではないでしょうか。

ひげを生やしたいときにひげが生えなくなってしまっていたら、若い時の脱毛を後悔すると思います。

管理人がその発言や行動に注目する年配の外国人は、ひげを生やしている人が多いです。



ひげは服飾と同じです。あご髭は老成の象徴。鼻ひげは特に性的なメッセージを含みます。管理人が鼻ひげを生やしたときは、女子小学生から中年のおばさんまで、視線を感じました。

今は、管理人は鼻下から頬にかけて薄くひげを伸ばしています。手入れがなかなか大変です。

ひげがあると毒マスクが機能しないので、軍人にひげを禁止する国も多いです。日本人は、隙間ができてマスクの効用が落ちます。

次の記事は、英国のハリー王子が国の戦死者を敬うためのイベントで、ひげをつけてリースを捧げたため、イギリスの軍務を「辞任」したと非難されているというものです。顔に毛があることは制服軍人の規範に違反しているそうです。

RT2017/11/12
Prince Harry breaches military rules by sporting beard at Remembrance Sunday service (PHOTOS)
Prince Harry has been accused of “letting down” members of Britain’s armed services by sporting a beard at an event to honor the country’s war dead. The facial hair is in breach of military codes for servicemen in uniform.

Despite being retired from active service since 2015, hirsute Harry donned his Blues and Royals officer’s uniform for a Remembrance Sunday service at the Cenotaph in central London – but his failure to present a fresh face has drawn a strong reaction from some.

A serving member in the elite cavalry regiment told the Daily Mail: "Prince Harry is letting us all down. There's no place for beards in the Queen's cavalry. He should have shaved it off for such an important day."

一方、イランの軍人はほとんどが立派なひげを蓄えています。日本人がいくら頑張っても及ぶところではありませんが。


posted by ZUKUNASHI at 13:08| Comment(0) | 社会・経済

ダマスカスが米国主導軍は戦争犯罪の記録を積み上げていると非難

2017/11/13
Damascus denounces US-led coalition for adding ‘new bloody massacres’ to their ‘war crimes record’
President Bashar Assad’s government has once again condemned the indiscriminate bombardment by the US-led coalition which continues to kill civilians and destroy the country’s infrastructure, while at the same time, hampering Damascus’ anti-terrorist efforts.
Trends
Syria war

The Syrian government expresses “strong condemnation” of the ongoing attacks against civilians carried out as part of US-led Operation Inherent Resolve, the Permanent Mission of the Syrian Arab Republic to the UN said in its latest communication addressed to the UN Secretary-General and the President of the Security Council.

Syria accused the “rogue coalition” of adding “new bloody massacres” to their records of “war crimes and crimes against humanity.”

The letter stated that just this Saturday, the US-led coalition was operating in residential areas in the al-Duwaiji village, Deir ez-Zor, killing 10 civilians, wounding “scores,” and causing “massive material damage” to local civilian infrastructure. It further claimed that coalition jets targeted a paramedic vehicle on its way to help the injured, killing everyone inside.

Damascus is further dismayed and alarmed over countries who claim to be vigilant about the rule of law and human rights turning a blind eye to the “massacres” being committed in Raqqa and Deir ez-Zor, SANA reported, citing the contents of the letters.

As troops of the so-called Syrian Democratic Force (SDF) continue their US-led military operation in the northeast of the country, the Syrian government remains firm in their “suspicion” that the US-led bombing campaign, and its support for opposition groups on the ground, are coordinated campaigns to help Islamic State (IS, formerly ISIS/ISIL) terrorists attack government forces. The letters noted that IS attacks on government positions continue to come from areas where the US coalition’s proxy forces are deployed.

Furthermore, Syria believes that the ongoing airstrikes are aimed at derailing the Syrian Army’s progress against IS terrorists. The Syrian government called on the UN to take “immediate” action to “stop the brutal crimes perpetrated by the illegal 'coalition’... And to prevent further crimes and attacks on the Syrian people as well as [on] the sovereignty and territorial integrity of Syria.”

posted by ZUKUNASHI at 12:22| Comment(0) | 国際・政治

歩行障害の原因に足が短くなる例があるらしい

福島第一原発事故後、足が短くなったという例は読んだ記憶がありますが、被曝との関係も不明で事例の詳細もわからなかったので、取り上げたことはないと記憶します。

ところが、今回ラジウムによる被ばくの記事を掲載したら、足が短くなったという障害事例を伺いました。ラジウムガールの中にそのような障害の出た方がおられるからです。

それも1cmや2cmではないようです。

1cmや2cmなら靴底を調整するなどしてなんとか自力歩行が可能でしょう。杖が欲しくなるでしょうが。

ですが、両足の長さの差がその何倍にもなると、これはもう靴の調節では対応しきれません。家の中でも片足は高いサンダルを履かなければならないのです。

脊柱管狭窄症は、管理人は被曝によって悪化すると考えていますが、痛みが激しい人は炊事台の前に立ち続けることが困難になると聞きます。

両足の長さが違ったら、歩行に大きな制約が出ます。

足の長さが変化する過程で痛みなども生ずるのではないでしょうか。骨がやせ細って縮まってきているということですよね。

そのような事例をご存知の方はおられますか?
posted by ZUKUNASHI at 11:24| Comment(0) | 福島原発事故

これは使える 個人用放射能測定器での連続歩行測定

管理人が徘徊時にSOEKS01Mを使用して連続歩行測定を行った測定値を比較したことがあります。



風がある日はほぼ同じルートを歩いても数値が高くなります。放射性物質が飛んでいるからと見られます。

地域間の比較をすると、この中での最高値は小岩・新小岩間です。市街地のアーケードの下や公園風に整備された遊歩道を歩いただけだったのですが、0.15μSv/hと高い値が出ました。

地表近くを測定した結果でも小岩・新小岩では他地域に比べて高い値が出ています。
地上高8cm、地表すれすれ。累積値0.36μSv、平均0.16875μSv/h

各地の測定記録。右側から2件が松戸市、ついで市川市、船橋市、千葉市などと続いている。

これにはとても驚かされました。地上高1mでの測定値は松戸と並びますし、地表近くでは市川市北部と同水準です。測定時期は最も遅く松戸とは1年以上の間隔があります。

小岩や新小岩の線量率が特に高いとは聞いていませんでした。規制庁の空中測定マップでも都内は早い時点の測定結果しかなく、他の地域は測定を重ねていても都内は再測定が少ないのです。

2016年12月09日
あれれ 小岩辺りが何でこんなに高い?

2015年01月29日
子供が死に始めた さてどうしたものか

ずっーと疑問を抱いていましたが、読者からの援助で測定器を調達したことを契機に現地調査を行いました。その結果は新松戸、水元公園、金町、小岩が2011/3/21のプルームのメインストリームルートらしいに書きました。

連続歩行測定は相対的に安価な個人用測定器によるものですが、相対比較では間違いありませんでした。小岩・新小岩間はアルファ線、ベータ線、ガンマ線の込みの数値では松戸市内に負けないほどに高いところが少なくないのです。

そういう現実は見たくない、知りたくないという方はここで記事は終わりです。

ベータ線も検出できる個人用測定器をお持ちの方で、簡単に測れるようなら自分も挑戦してみようという方に測定方法を説明します。

@ 測定器を地表近くに置いて移動させることができる器具を用意します。老人や主婦が使用する買い物カートが最も楽ですが、杖のようなものでも構いません。管理人は、杖の足が4点に広がったものを使いました。杖の場合は引きずって動くわけにはいきませんので、時々突きながら移動しても構いません。できるだけ地面から大きく離れないようにします。

A ベータ線検出可能、測定値の累積・積算機能を持つ測定器を汚れ防止のために薄いポリ袋に入れ口を閉じてカートの底面にガムテープで留めます。このとき、検出器が下を向くようにしてください。

B 連続測定開始時にそれまでの累積値をリセットし、新たに測定値の累積を始めます。測定終了後に測定器を取り出し、累積値を測定時間(1時間40分なら1.4ではなく1.666になります)で割れば、平均値が出ます。
累積値が0.15μSvなら0.09μSv/hになりますが、累積値はあと10秒で0.16に上がる手前だったかもしれませんので、累積値0.16μSv/hについても計算して記録しておきます。これですと0.096μSv/hです。

C 連続して何時間も測定できない場合は、細切れの時間測定の合計でも何ら差し支えありません。一般に測定器の累積値は不揮発性のメモリーに入っていて電源を切っても消えません。

ものぐさな主婦でもこれなら実行可能ではないでしょうか。飽きやすい主婦の方は昨日は東、今日は西と歩き回れば、きっと健康増進になると思います。

高性能な測定器を使った連続歩行測定をやれば、もっと線種別の強さとかいろいろわかりますが、なにしろ高価なものなのでそこまでは予定していません。

・・・・・

上の測定例で地上高1m強での測定結果が0.15μSv/h、地上高8cm、地表すれすれで0.16875μSv/h、後者が高いのはベータ線を検出していることと弱いガンマ線も検出しているによるものと考えられます。差はわずか0.01875μSv/hですが、これがバカにならないのです。

というのは、SOEKSのベータ線感度は低く、いろいろなエネルギーのベータ線のうち特にエネルギーの高いものしか検出できないのです。エネルギー0.5MeV超でなければ検出できなければ、ストロンチウム90、ヨウ素131、セシウム134、セシウム137のベータ線の一部が検出しうることになります。以下図表とその解説を引用します。

ドイツのこととか
RKSB-104でセシウム由来のベータ線は検出できるか?
某掲示板から来ますた。
β線はγ線やα線とは異なり連続スペクトルなので、最大エネルギーだけでは判断できません。
某掲示板に出ていたグラフを転載しますが、こんなイメージです。
セシウム137とGM管によるβ線感度の違い
http://i.imgur.com/FTsby.png
セシウム134
http://i.imgur.com/0JWqz.png
カリウム40
http://i.imgur.com/g6szY.png
(ストロンチウム90はカリウム40より更に高エネルギー)
実際には0.5MeVでスパッと切れるのではなくて、もうちょっと上からだんだん弱まってきます。
ですので、「セシウム由来のβ線は検出出来る事は出来るが、感度が非常に悪い」となります。
|7Sv|2011/07/08 6:14 PM|



・・・引用終わり・・・

つまり二つの測定値の差0.01875μSv/hは、ヨウ素はありませんからセシウム134、137、ストロンチウム、イットリウムの出したベータ線の一部をとらえているにすぎないことになります。SOEKSでは捉えきれていないベータ線がたくさんあるということです。

SOEKSとMAZURを並べて測っています。MAZURの132cpmは0.395μSv/h相当です。0.225μSv/hの差があります。


ここでお気づきになったでしょうか。SOEKSが0.17μSv/hを指しています。小岩・新小岩間での地表すれすれ連続歩行測定で0.16875μSv/hでした。上の画像は京成小岩駅前での測定結果ですから、この辺のかなり広い範囲でこのような水準だということになります。

そして弱いベータ線も、アルファ線も拾えば、0.395μSv/h相当となり、2.3倍になるわけです。

もう一つ、指摘しておきましょう。冒頭の表で小岩・新小岩間地上高1mが0.15μSv/hと最も高くなっています。測定時点としては他と比べて古くはありません。規制庁の空中測定マップでは、船橋北部から市川東部にかけての地帯は、小岩近辺より線量率が高いとされています。それにもかかわらず小岩・新小岩間地上高1mの線量率が高いのは何らかの理由があります。

@ ガンマ線の線量率が高い。(公表値よりもかなり高い実態があり、そのため当局は隠蔽せざるを得なかった)
A 小岩・新小岩間では地上高1mでも届くベータ線が多い。(ストロンチウム、イットリウムのベータ線が多い)

この点はさらに調べないといけませんが、管理人の最近の現地調査の結果では、MAZURの地表面直置きの測定値が概して高いことから、@に加えてAの可能性もあるのではないかと考えています。

MAZURを使い地上高別のベータ線量の変化をとらえれば、どんなベータ線源が多いのかアバウトながらも推定することができます。ですが、分かったからと言ってすべてが救いにつながるわけではない。この点は、必要が生ずるまで保留です。
posted by ZUKUNASHI at 10:52| Comment(0) | 福島原発事故

自民党政権の政策的な欠陥が雇用縮小で国民をさらに追い込む

※  ネコマ゛ッシウム( ੭˙꒳ ˙)੭‏ @massigra_neko氏の2017/11/11のツイート
幸楽苑 52店舗を閉鎖へ | 2017/11/11(土) - Yahoo!ニュース https://news.yahoo.co.jp/pickup/6260740 @YahooNewsTopics
有効需要不足(不景気)+低賃金カルテルやべぇな( ˘ω˘)スヤァ

※  etuco∈ † ∪ ⊂ σこんな人たち‏ @jini_etunub 氏の2017/11/1のツイート
東芝が没落したのってアメリカでの原発を政府が推し進め続けたからだし、
みずほ銀行等、大手の銀行がリストラになったのはアベノミクスの悪影響に持ちこたえられなくなったからだと思います。怖いです。

共同2017/11/13 16:48
みずほFG1.9万人縮小発表
拠点2割削減「抜本改革必要」
 みずほフィナンシャルグループ(FG)は13日、2024年度末までに国内拠点の約2割に当たる100拠点を削減して約400拠点にすると発表した。従業員は26年度末までに約1万9千人減らす。歴史的な低金利で貸し出し利ざやが縮小し、経営環境は厳しさを増しているため、経費削減などで収益性の向上を図る。佐藤康博みずほFG社長は東京都内で記者会見し「10年後を見据えた抜本的な改革が必要だ」と強調した。
 計画によると、グループの主要子会社であるみずほ銀行、みずほ信託銀行、みずほ証券の店舗の統廃合や共同化で拠点を削減する。

・・・引用終わり・・・

幸楽苑の店舗縮小や大手銀行のリストラの原因は複雑でこれが原因と簡単に決めることはできないのかもしれませんが、上にあるツイートは少なくとも一面を突いています。

現政権の政策の欠陥がこういう形で国民を攻め立てることになるんですね。

それでもまだ安倍自民党政権を否定し、倒そうとする動きは出ないのでしょうか。
posted by ZUKUNASHI at 10:41| Comment(0) | 社会・経済

密航者の共犯だとして広く非難を浴びているリビア武装警備隊

RT2017/11/9
Remember the time Boris Johnson praised Libya’s coastguard? He may be regretting it..

以下、日本語訳:

ボリス・ジョンソンがリビア国境警備隊を称賛した時を覚えていますか?彼はそれを後悔しているかも知れません...

英国の外相ボリス・ジョンソンがリビア国境警備隊員と握手を交わし、難民を北アフリカにとどめる彼らの努力を称賛したのは、ほんの数週間前だ。しかし、新しい虐待疑惑は、ボリスの太鼓判が本当は何の価値があるのかを示している。

密航者の共犯だとして広く非難を浴びている武装警備隊は、2017年にEUから1億ユーロ(1.15億ドル)の賞金を授与された。EUは単純に、傷つきやすい急所を守る仕事を暴漢に外注したのだと批評家は考えている。最近の出来事は、問題のある団体をプロの部隊に変換するのにお金はほとんど役立っていないことを示している。

EUが支持するリビア国境警備隊が救出任務で猛然と仕事に取り掛かった時に、小さな子供を含む5人の人々がどのように亡くなったのか、地中海で活動する慈善団体により明らかにされた。職員たちは、救助者たちを攻撃したり、命を危険にさらしたとして非難されている。

失言の多い英国の外相、ジョンソンは、8月に警備隊を褒めたたえ、隊員と握手をした。このことは、雑多な民兵の寄せ集めが破壊された国の広大な地域のいたるところで略奪行為をしているにもかかわらず、リビアとの関係改善と、ぐらついているリビア国民合意政権(GNA)への支持を公に宣言する試みの一部となった。

月曜日、欧州に資金提供された機器を使って、国境警備隊は水中でもがいている人々を攻撃し、大きなパニックを引き起こしたと伝えられている。ドイツのNGOシー・ウォッチの声明には、海難救助コーディネートセンター(MRCCローマ)がどのようにして難民を沈みそうなゴムボートに送ったか、書かれている。

「シー・ウォッチ3の乗組員は、リビア国境警備隊のパトロール船が到着し、遭難した人々の乗船がはじまったとほぼ同時に現場に到着しました」と声明文は伝える。

「パニックが始まり、おびただしい数の難民が水中に落ちました。」

リビア船は、人々がまだ船のはしにつかまっている時に不適切なスピードで発進し、人々を引きずった。シー・ウォッチがリビア国境警備隊に命を脅かす作業についてくり返し警告した後、イタリア海軍のヘリコプターが調停し、さらにひどい操船を防ぐためにリビア船を一旦停止させなくてはならなかった。

「少なくとも5人がボートが沈みかけて亡くなりました。その中には子供がおり、シー・ウォッチ3に乗船していた医療スタッフが蘇生を試みましたが、助けられませんでした。」

地中海の慈善団体は、遭難して、多くは公海上ですでに沈みかけている船に近づくことがよくある。人命の安全確保のためには、常に落ち着いていなければならない。海に落ちた人たちは泳げない者がたくさんいるであろう。

シー・ウォッチは、EUや、ボリス・ジョンソンのような国境警備隊を支持する政治家を酷評した。

「もし、落ち着いた環境で適切に作業することができたなら、多分、今日だれも死なずに済んだでしょう。その場に居合わせた、例えばフランス海軍の船と一緒に救助活動を行う調整をせずに、リビア国境警備隊はできるだけたくさんの人々をリビアに連れ帰ろうとし、数人の命を失うことを許容したのです」と、シー・ウォッチの特命団長であるヨハネス・ベイヤーが言った。

「この人々が亡くなったのは、粗暴なふるまいで安全な救助を妨げたリビア国境警備隊に非があります。しかしながら、この隊員たちを訓練し、資金を出しているEUの側にも責任があります。」

「警備隊はEUの意思で動きます。EU諸国はいよいよこの出来事から結論を導き、リビア国境警備隊との協力を止めなければなりません。」

この出来事はトリポリから30カイリ北の海域で起きた。しかし、海岸から12カイリ離れたところから公海は始まると考えられている。

シー・ウォッチは、リビア国境警備隊が「国際法を犯しているいる」と非難した。

巨額の金の注入と、政治的な称賛にもかかわらず、悲劇は表立って続いている。今週、ナイジェリア人と思われる26人の女性の遺体が地中海の難民船で発見された。それらの遺体は、検死のためにイタリアのサレルノに移送された。

EUのリビア国境警備隊との取り引きは、海上で難民が命を危険にさらすのを止めることをもくろんでいる。しかし、世界中の人権団体は、その取り引きは「極めて有害」で、リビアに人々を置き去りにするのは安全ではないと執拗に言っている。

現在、合計58人の生存者が安全にシー・ウォッチ3に乗船している。

Translated by EVITA

関連記事
2017年10月05日
どうやって、目をそらすことができますか?  地中海難民危機

・・・・・

英国外相ボリス・ジョンソンの失言、失敗が続いており、彼を解任すべきとの声が高まっています。労働党党首コービンに続いてロンドン市長も主張しています。

こういう愚かな人がよくも外相に選ばれたものだと感心します。

Khan & Corbyn call for Boris Johnson to be sacked over diplomatic gaffes
posted by ZUKUNASHI at 09:21| Comment(0) | 国際・政治

Arab Media: Barzani Seeking to Mend Ties with Iran, Worrying US

FARSNEWS2017/11/12
TEHRAN (FNA)- A leading Lebanese newspaper reported that Washington is concerned about former Iraqi Kurdistan region President Massoud Barzani's possible rapprochement with Tehran.

The Arabic-language al-Akhbar newspaper quoted a source in the US embassy in Baghdad as saying that the American officials are aware and concerned of the secret letters sent by Barzani to the Commander of the Quds Force of Iran's Islamic Revolution Guards Corps (IRGC) Major General Qassem Soleimani.

The US official didn’t reveal the contents of the letter, but meantime, said that Tehran may accept Barzani's repeated apologies and agree to mediate between Baghdad and Erbil to resolve the problems after the illegal independence referendum in the Iraqi Kurdistan region.

Earlier this month, the Arab daily had also quoted the leader of Hezbollah al-Nujaba, a major Iraqi Shiite resistance movement fighting the ISIL, as saying that General Soleimani's talks with different Kurdish sides prevented clashes and bloodshed in Iraq after the referendum in the Iraqi Kurdistan region.

"The Islamic Republic of Iran's efforts to resolve the issue (the problems after the referendum) and the presence of General Qassem Soleimani and his talks with all sides led to important achievements and peaceful settlement of problems, prevented bloodshed and kept safe the Iraqi people of all ethnic groups," Sheikh Akram al-Kaabi said.

He also explained about the Iraqi army and popular forces' operations to take back Kirkuk after the independence referendum in the Iraqi Kurdistan region, and said that the Peshmerga forces helped them and the former gained control over the region peacefully.

Al-Kaabi also blasted Barzani for betraying Kurds and implementing the US and Israeli plots.

Also, last month, Representative of the KRG in Tehran Nazim Dabagh revealed that General Soleimani had warned the Kurdish officials of the consequences of the independence referendum.

"Mr. Soleimani headed meetings with local delegations (in Iraqi Kurdistan region). Mr. Soleimani also had several private meetings with Mr. Massoud Barzani, the president, and Nechirvan Barzani, the prime minister of the Iraqi Kurdistan region and the leaders of other parties, including Change (Goran) party," Dabaqh said.

He added that the Iranian side had warned the Kurds not to hold an independence referendum because all powers will stand united against the Iraqi Kurdistan region.

According to Dabaqh, the Iranian side also told the KRG officials and Kurdish groups that Tehran wants the Iraqi Kurds' achievements to be maintained within the framework of the Iraqi constitution.

He lauded General Soleimani and other Iranian officials' efforts to help the Kurds, and said, "We always need relations and friendship of Iran."

Also last month, Dabagh announced that the Kurdish leaders are now ready to resolve the problems created after the independence referendum through talks, lauding efforts made by General Soleimani to this end.

"Mr. Soleimani is the one who has really treated the Iraqi Kurds honestly and he had issued warnings about (consequences of) holding the referendum in the Iraqi Kurdistan region before it was held," Dabbagh said.

"It seems that the Islamic Republic of Iran seeks to resolve the problems between the Kurdistan region and the central government in Iraq based on the Iraqi constitution and we assess Iran's measures in this regard as positive," he said.

Meantime, a senior Kurdish Iraqi legislator praised General Soleimani for his mediatory role which led to the settlement of problems after the September 25 independence referendum in the Iraqi Kurdistan region.

"Recently, after holding the referendum, a 9-article agreement was signed between Hashd al-Shaabi (Iraqi Popular forces) Commander Hadi al-Ameri and Bafel Talabani, a commander of the Patriotic Union of Kurdistan (PUK) (and son of late Jalal Talabani), under the supervision of Iraqi Prime Minister Haider al-Abadi and mediated by Qassem Soleimani, the IRGC Quds Force commander, based on which the referendum results were called off until an unspecified time," Massoud Haider wrote on his facebook, Russian news agency Sputnik reported.

Other Kurdish lawmakers were also quoted by Reuters as saying that General Soleimani met leaders from the PUK, one of the two main Kurdish political parties in Iraq and an ally of Tehran, in the city of Sulaimania the day before Premier al-Abadi ordered his forces to advance on Kirkuk.

Reuters reported that General Soleimani told the Kurdish leaders that their Peshmerga forces would not be able to beat Abadi's troops, which had backing from the West and regional powers Iran and Turkey.

"Soleimani's visit...was to give a last-minute chance for the decision makers not to commit a fatal mistake," Reuters quoted one PUK lawmaker as saying.

Ala Talabani, a leading PUK official, said the Iranian General only provided what she described as "wise" counsel in his meetings with Kurdish leaders.

"Soleimani advised us ... that Kirkuk should return to the law and the constitution, so let us come to an understanding," she said on the Arabic language TV station al-Hadath.
posted by ZUKUNASHI at 01:09| Comment(0) | 国際・政治

Algerian PM: Arab States Spent $130bln to Destroy Syria,

FARSNEWS2017/11/12
Algerian PM: Arab States Spent $130bln to Destroy Syria, Libya, Yemen
TEHRAN (FNA)- Algerian Prime Minister Ahmed Ouyahia said some regional Arab states have spent $130 billion to obliterate Syria, Libya and Yemen.

Ouyahia made the remarks on Saturday at a time when much of the Middle East and North Africa is in turmoil, grappling with different crises, ranging from terrorism and insecurity to political uncertainty and foreign interference, presstv reported.

Algeria maintains that regional states should settle their differences through dialog and that foreign meddling is to their detriment.

Syria has been gripped by foreign-sponsored militancy since 2011. Takfirism, which is a trademark of many terrorist groups operating in Syria, is largely influenced by Wahhabism, the radical ideology dominating Saudi Arabia.

Libya has further been struggling with violence and political uncertainty since the country’s former ruler Muammar Gaddafi was deposed in 2011 and later killed in the wake of a US-led NATO military intervention. Daesh has been taking advantage of the chaos in Libya to increase its presence there.

Yemen has also witnessed a deadly Saudi war since March 2015 which has led to a humanitarian crisis.

Last Month, Qatar's former deputy prime minister Abdullah bin Hamad al-Attiyah said the United Arab Emirates had planned a military invasion of Qatar with thousands of US-trained mercenaries.

The UAE plan for the military action was prepared before the ongoing Qatar rift, but it was never carried out as Washington did not give the green light to it, he noted.

In late April, reports said the UAE was quietly expanding its military presence into Africa and the Middle East, namely in Eritrea and Yemen.


posted by ZUKUNASHI at 01:03| Comment(0) | 国際・政治

シリア危機に軍事的解決はない プーチン・トランプ声明

RT2017/11/11
‘No military solution to Syrian crisis’: Putin & Trump in joint statement
The Syrian conflict “does not have a military solution,” the Russian and US presidents agreed, according to a written statement issued on the sidelines of the APEC summit. The document was released as both nations are at odds on a number of international issues.

Russian President Vladimir Putin and his US counterpart Donald Trump stressed that a settlement of the Syrian conflict must be reached through the Geneva peace process. Moscow and Washington also reiterated their commitment to the territorial integrity and sovereignty of the war-torn state.

“The presidents agreed that there is no military solution to the conflict in Syria. They confirmed that the ultimate political solution to the conflict must be found through the Geneva process in accordance with the UN Security Council resolution 2254,” the statement reads.

The leaders also gave the green light “to support the existing military communication channels” to enhance the security of US and Russian forces fighting Islamic State (IS, formerly ISIS/ISIL) terrorists in Syria.

The Russian leader says the statement is “very important” as it stresses “key issues,” including the struggle against terrorism, which is important for both Moscow and Washington, as well as the entire international community.

The fight against terrorism “is extremely important for the United States, especially in light of recent tragic events that occurred there,” Putin said. “It is important for us, a country that has long been facing this problem, and it's important for the entire international community.” Trump also welcomed the agreement, saying “it’s going to save tremendous numbers of lives,” and that it was reached “very quickly.”

The joint agreement was worked out in advance by officials from both nations, and agreed upon by Russian Foreign Minister Sergey Lavrov and US Secretary of State Rex Tillerson, Russian news agencies report, citing Kremlin spokesman Dmitry Peskov.

Just two days before the key statement on Syria was issued, US Secretary of State Rex Tillerson said that Trump and Putin have nothing “sufficiently substantive to talk about” at the moment. Relations between Moscow and Washington are currently at the “lowest point” since the Cold War.

World leaders gathered in Da Nang, Vietnam for the 25th Asia-Pacific Economic Cooperation (APEC) international summit. The joint statement had been specifically prepared for the respective gathering, Peskov said.

An official meeting between Putin and Trump on the sidelines of the summit was considered by both sides, but was decided against at the last moment. The White House cited “scheduling conflicts” as a reason. However, the leaders managed to chat on their way to a group photo.

The bilateral agreement also stresses the importance of the de-escalation zones in Syria as an “interim measure” to reduce the violence and create the conditions for a settlement of the conflict. The proposal to create the zones in the war-torn country was championed by Russia and was finalized during the September round of the Syria peace talks in Kazakhstan’s capital, Astana with the creation of the fourth zone in Idlib.

A further step towards resolving the conflict was made after Putin and Trump met for the first time at the G20 summit in Hamburg in July, when the leaders announced that a “breakthrough” ceasefire deal was agreed upon for southwestern Syria.

posted by ZUKUNASHI at 00:25| Comment(0) | 国際・政治