ずくなしの冷や水

2017年10月02日

新手の電話詐欺

荒ぶるファーファ‏ @araburu_fafa 氏の2017/9/30のツイート
【注意喚起】新手の詐欺電話のようで、友人に拡散してとお願いされました。長文ですがとても巧妙な手口なのでご一読を。





posted by ZUKUNASHI at 17:25| Comment(0) | 社会・経済

寄付・カンパへのご協力ありがとうございます

寄付・カンパへのご協力ありがとうございます。

2017年09月23日 寄付・カンパのお願い

寄付・カンパは、送金で完了します。それ以外のご負担はありません。

ただ、よろしければ、管理人からお礼のご挨拶とともに同報メールの趣旨をご説明するメールを送らせていただいております。

同報メールは、当方からのささやかな謝意の表明であり、その送信を受けたからといってなんらのご負担は生じません。

これまでのところ、たいした内容のものにはなっていませんが、記事を読まなくても、何が起きているかが分かり、注意すべき点も説明しています。

9/25は4回同報メールを送信しました。
今朝、福島県内の各地で空間線量率が上昇しています。F1近傍のMPも値高位推移。降雨なし、風は弱い。原因調査中。
http://inventsolitude.sblo.jp/article/181097636.html

9/25正午現在
F1近傍のMPがドンドン上がり続けるという事態は起きていませんが、福島県内で突発的な上昇が場所を変えながら生じています。

全国では、昨夜から今朝未明、早朝にかけてふわりと空間線量率が上昇しているところが見られます。長野県でも確認できますので、遠距離からの飛来と見られます。

外出時はマスクをお勧めします。

9/25午後3時半
放射性物質放出源のひとつは、富岡町にある廃棄物焼却施設と推定されます。福島県内では廃棄物焼却施設が増えています。

これからの季節、北東からの風が乾燥して気持ちよいのですが、放射性物質も一緒に運んでくる恐れがあります。

9/25午後7時
夜になって福島県内の焼却施設から出たと見られる放射性物質が茨城県、栃木県益子に流れ込んでいるようです。

茨城県北部は降雨ですからこの雨の地域の移動に伴って空間線量率上昇の地域が移動するでしょう。


このブログの読者には年配の方も多く、コメント欄に書き込むことを厄介だと敬遠される方もおられるでしょう。

でも、このブログのコメント欄に書き込んでもスパムメールが大量に送られてきたり、ハッキングされるようなことはありません。

入力を間違えても、何度もやり直しができます。何度間違えても、あなたのパソコンが壊れたり、ブログのサーバーが暴走したりすることはありません。

送金日、送金時の名義、メールアドレスの三点で結構ですのでお知らせいただければ幸いです。

メールアドレスを知られたくない場合は、もちろん通知はなさらなくて結構です。

なお、コメント欄から連絡したにもかかわらず、管理人からのメールが何も届いていない方は、お手数ですがお知らせください。管理人がミスしているかもしれません。

・・・・・

次の画像は、一番下にあるコメント欄への書き込み方を説明しています。


・・・記事はここまで・・・
posted by ZUKUNASHI at 11:31| Comment(0) | 福島原発事故

福島県での放射能汚染ゴミ焼却が隣接県の空間線量率を上げている可能性

2017年10月01日
福島の放射能汚染ごみ焼却が空間線量率を押し上げている 関連

福島県南部での放射能汚染ゴミ焼却が隣接県の空間線量率を上げている例は確認しました。

2017年09月25日
福島県で散発的、突発的に空間線量率が上がる どこかで放射性廃棄物を燃やしているはず

上の例ではまず矢祭町の空間線量率が上がり、続いて茨城県北部、さらには栃木県北部の地域で空間線量率が上がりました。鮫川村の仮設焼却施設が原因施設ではないかと疑われます。

2017/10/1、山形県南部の読者から自宅内で空間線量率が0.5μSv/hを越えたとの情報が寄せられています。

そんなに大きく上がるものかとの疑問がありますが、
注:山形の事例は大型電気機器の低周波によるもののようです。

個人用測定器SOEKSの現在値表示は10秒間の放射線検出量を累積して時間当りに換算しています。まず、10分値で言うと10分のうち9分で25cpm、1分だけ100cpmが出ると10分平均では32.5cpmにしかなりません。25cpmの1.3倍です。(大気中を放射性物質が飛んでくる場合、瞬間的に4倍になることはまずなく、少し時間がかかります。携帯電話の電波の干渉とそこが異なります)

SOEKSの場合、現在値は10秒間の検出値を時間当りμSv/hに換算して表示していますから、10秒6回のうちの1回だけ100cpm、残り5回は25cpmだった場合に、刻々と表示される値が短時間で急に普段の4倍に達することはありうるのです。

個人の住居で急に表示値が5倍にも上がったような場合は、まず間違いなく放射性物質が飛んで来ています。携帯電話の電波の影響で表示値がジャンプすることもありますが、このような場合は変化率が大きいので直近の測定値がキャンセルされて白紙状態から再カウントが始まります。

管理人が推定するように福島県隣接県で福島県での放射能汚染ゴミ焼却に起因する放射性物質が流れてきているとした場合、次の点に注意が必要です。

@ このような二次的なプルームは、希ガスを含みません。キセノンやクリプトンはないはずです。

A ガンマ線のみを検出する測定器(公設MPはこれです)の検出するガンマ線の線源は、セシウムが圧倒的に多く、これに加えてウランなどの子孫核種でガンマ線を発するものが含まれていると見られます。

B つまり、飛来した放射性物質は粒子状物質で降下沈着しやすいと見られます。その場所の空間線量率の底上げが生ずる可能性が大きいです。

C また、ガンマ線源以外のベータ線源、アルファ線源も飛んで来ています。これらは公設MPでは検出できませんし、SOEKSも特にエネルギーの高いベータ線しか検出できません。管理人は当初SOEKSで測定していましたが、MAZURを使用するようになってベータ線量の多さに驚きました。

対策を考える上で、もう少し継続的な詳しいデータが欲しいです。

STOP! GENOCIDE originating from FUKUSHIMA
posted by ZUKUNASHI at 09:24| Comment(0) | 福島原発事故

秋到来 でも元気の出ない徘徊

2017/9/10、佐倉市北部の現地調査

あまり見るべき花などがありませんでした。

でも大きな木がありました。赤松は、東京近郊ではゴルフ場とその周りでしか見られなくなりました。



測定結果
京成佐倉駅近く 込み込み68cpm
ゴルフ場内を通る道路 込み込み71cpm
水田地帯に近い宅地の端 込み込み81cpm、アルミ板を挟んで40cpm
岩名陸上競技場近く 込み込み67cpm

特に高くはありません。人口動態が悪いのは、やはり吸気被曝でしょうか。佐倉市は糞尿から肥料を造り市民に配布しています。セシウムリサイクル都市です。

それに猟友会が毎年のように鳥を大量に駆除するので鳥の数がめっきり減ったとか。



道路に面した生垣を剪定している方がおられました。葉の小さいヒイラギのようです。黄金葉ヒイラギ、花が咲かない品種だとか。

そうですかと真に受けて帰ってきましたが、やはりおかしい。調べると今頃はツボミの準備をしているので剪定は6月頃までにやらないといけないそうです。今度お会いしたらお話します。


日本では美しい花が見られないので、スウェーデンの方のツイート画像で楽しみます。

ハリギリです。日本にもありますが、関東では紅葉はまだでしょう。


イヌエンジュです。花が日本よりも遅いです。


これは見事、ヒマラヤ産の青いポピー


dogwoodはハナミズキですが、この実はヤマボウシですね。ハナミズキの実は違います。


2017/9/24は、あまり天気が良くないですが、キンモクセイの香りを楽しみに出かけました。

高級住宅地で知られる袖ヶ浦6丁目の京葉道路沿いに植えられたマンジュシャゲ。球根を取るなと看板がありましたが、取られて嫌ならこんなところに植えなければ良いのに。他所からわざわざ球根を取りに来る人がいる? 地域内犯行ですよ、明らかに。


萩も咲き始めています。


自然に増えた群生のほうがきれいです。


キンモクセイの香りが届いているでしょうか。


キンモクセイの向うにあるホオノキは葉が枯れています。


そろそろ帰ろうと思っていたらヘリコプターの騒がしい音。サイレンがたくさん聞こえましたので、京葉道路で大きな事故でも起きたのかと思いましたが、刺傷事件があったようです。でも犯人は取り押さえられていて身柄を確保されたらしいのに、なんでヘリコプターを飛ばす必要があるのでしょう。


ヘリコプターも去って谷津干潟の北側を通って駅に向いましたが異臭がしました。キンモクセイの香りと沼のくさい臭い。これも自然の多様性ですね。

谷津干潟に着く手前で北の方向に万里の長城のような集合住宅。


津田沼駅に近い場所です。


習志野市は、こんな高い、大きな集合住宅が多いです。


都市計画、こんなんで良いのかな。

オオモクゲンジとイチョウ


夏の花はまた来年


2017/10/1は、秋を求めて船橋市の東北部に出かけました。船橋日大前駅の北側は、京葉高速線開通直後は一面の雑木林だったのです。その後開発が進みましたが、本日歩いてみたら北北東2.3km辺りまで開発区域に指定されたらしく、宅地造成が進んでいました。

もう昔の緑豊かな景観は消えうせ、まったく面白みのない街になりそうです。船橋市の人口動態が堅調推移なのは、東葉高速鉄道沿線の住宅開発によるものなんですね。



露地植えのパパイアを見ました。


八千代市の工業地帯の真ん中を走る道路脇で込み込み121cpm、なかなかの数値が出ました。松戸市高塚交差点が149cpmでしたからそれよりは低いものの、鎌ヶ谷駅の近くと同じ水準です。


鎌ヶ谷駅から500m南、道路脇。2017/6/11測定。


posted by ZUKUNASHI at 09:19| Comment(2) | 日記