ずくなしの冷や水

2017年09月22日

イラクの米国離れが進むか ロシアがテロとの戦いで支援の用意と

Russia ready to support Iraq in war against ISIS: diplomat

Moscow is ready to continue providing assistance to the Iraqi authorities in their fight against the Islamic State terror group (outlawed in Russia), Russian Deputy Foreign Minister Gennady Gatilov said.

“We are confident that the ISIL [the former name of the IS – TASS] terrorists’ crimes should not remain unpunished, no matter where they are committed,” Gatilov said at a meeting of the UN Security Council, during which a resolution on investigating into the Islamic State’s crimes in Iraq was passed.

“We welcome the success that the Iraqi armed forces have achieved in the fight against the ISIL, as well as steps to restore the country’s sovereignty,” the senior Russian diplomat pointed out. “We are ready to continue providing political and practical support to the Iraqi leadership,” he added.

The new UN Security Council’s resolution stipulates that UN Secretary General Antonio Guterres should establish an investigative team to help Iraq’s authorities investigate into the crimes committed by IS militants and bring them to justice.

Experts are expected to collect and preserve evidence concerning war crimes, genocide and crimes against humanity. The group that will comprise Iraqi lawyers and criminalists, as well as international experts, is expected to be active for two years. A special adviser to the UN secretary general will lead the group’s work.


posted by ZUKUNASHI at 20:17| Comment(0) | 国際・政治

鹿児島、愛媛は雨が降る限り空間線量率が高い



鹿児島は夜になって雨の区域が広がっています。


2017/9/22の朝も雨です。





posted by ZUKUNASHI at 15:13| Comment(0) | 福島原発事故

米軍にそそのかされてシリア軍を攻撃したクルドがロシア軍の脅しで青くなった

2017年09月21日
ロシアが米国にSDFがシリア軍攻撃を止めなければ応戦すると警告

米軍とクルドのSDFがいる場所から2回にわたってシリア軍に迫撃砲などで攻撃が仕掛けられました。ロシア軍はシリア軍の中に自国のアドバイザーがいるから攻撃を止めなければ応戦すると米軍に通告。

ロシア軍は別のルートでSDFとも連絡を保っているはずです。ロシア軍がSDFに警告するのではなく、米軍に対して行ったのは、米軍が操っていることをインテリジェンスが把握しているからです。SDFがロシア軍のフメイマム基地を訪問したこともあります。

SDFがISISと癒着していると指摘されていますからエルドガンにはテロリスト撲滅の口実を与えます。それにロシア軍のサポートを受けた精鋭シリア軍団タイガーフォースの強さをSDFの戦士は誰よりも良く知っています。

Konashenkov said Moscow suspected the SDF of colluding with the terrorist group Islamic State in Deir ez-Zor rather than fighting it

しかもごく最近では、イドリブの衝突非拡大区域で米軍にそそのかされたテロリストがロシア軍兵士などが駐在するポストを襲い、応援に駆けつけたシリア軍とロシア軍機が徹底的に彼らを掃討、850人の死者を出しています。

米軍とテロリスト、SDFの安易な反撃に乗じてロシア軍はSDFと米軍の間に楔を打ち込みました。

クルドは、すでに多数の戦死者を出しています。内部で批判が高まらないはずがありません。作戦遂行責任者の辞任に結び付いてもおかしくないほどの間違いです。

クルドのメディアAMNは、米軍がやったという感じで伝えていますが、さすがにロシア軍の脅しは伝えました。クルドの人達はこれを見ています。

米軍がミステイクだとか、そんな事実は知らないなどと言い逃れせず、もう攻撃しないと答えざるを得なかったのは、クルドの圧力によるところが大きかったでしょう。ロシア軍の情報能力と交渉能力が冴えました。


Direct Confrontation Growing More Likely between Syrian Troops, US-Backed SDF in Deir Ezzur
TEHRAN (FNA)- Local sources reported on Friday that the US-backed Syrian Democratic Forces (SDF) have moved towards the Northern countryside of Deir Ezzur city, intensifying the possibility of direct confrontation with the Syrian Army troops deployed in the region.

The sources said that the SDF and the US-led coalition forces have moved towards North of Deir Ezzur, intending to seize control over the energy fields in the region, including Koniko gas field, to further approach the Syrian Army positions.

The sources further said that the army units have advanced against ISIL towards Koniko gas field and al-Azbeh oilfield near the town of Khusham, adding that other units of the army men have advanced towards al-Salehiyeh region that is a gate to the Northern neighborhoods of Deir Ezzur to block the way of the SDF fighters that have advanced 7km in Northern countryside of the city via al-Ma'amel road.

They went on to say that the army's advances in the region force the SDF to set up two more flanks to advance towards the town of Mahimideh West of Deir Ezzur and towards the town of Khusham in Eastern Deir Ezzur to lay siege on the Syrian soldiers in the newly-seized regions.

If the SDF's plan is materialized, possibility of direct confrontation between the SDF and the Syrian army men will increase because their distance from each other will narrow down to less than 3km in the Northeastern countryside of Deir Ezzur city.

Moscow on Thursday warned the US that if US-backed groups in Northeast Syria again attack positions of Syrian pro-government forces backed by Russia, the Russian military would use all its force to retaliate.

The troops of the SDF, a group that receives support from the US military, twice attacked positions of the Syrian Arab Army in the Deir Ezzur province with mortar and rocket fire, according to the Russian Defense Ministry's spokesman, Major General Igor Konashenkov.

Meantime, the Syrian army and popular forces continued their military advances in other parts of Syria, including Deir Ezzur.

Deir Ezzur

Konashenkov said, “Russia unequivocally told the commanders of US forces in Al Udeid Airbase (Qatar) that it will not tolerate any shelling from the areas where the SDF are stationed."

He further added that the attacks put at risk Russian military advisers embedded with Syrian government troops.

“Fire from positions in regions controlled by the SDF will be suppressed by all means necessary,” he stressed.

Konashenkov said Moscow suspected the SDF of colluding with the terrorist group ISIL in Deir Ezzur rather than fighting it, as it claims to be. He said Russia had detected the transfer of SDF militants from the ISIL stronghold of Raqqa, to join forces with the terrorists.

“SDF militants work to the same objectives as ISIL terrorists. Russian drones and intelligence have not recorded any confrontations between ISIL and the ‘third force,’ the SDF,” the Russian general said.

The statement said that the siege of Raqqa by the SDF was halted, apparently in response to the latest advances by Syrian government forces in Deir Ezzur, which was located to the East from Raqqa along the Euphrates River.

“The Central parts of the former ISIL capital, which account for roughly 25 percent of the city, remain under full control of the terrorists,” Konashenkov remarked.

According to the statement, the Syrian government troops “continued their offensive operation” to destroy the last “ISIL bridgehead” near the city of Deir Ezzur, the provincial capital. Troops led by Syrian Army General Suheil al-Hassan liberated around 16 sq/km of territory and two settlements on the Western bank of the Euphrates River.

“More than 85 percent of Deir Ezzur territory is under the full control of Syrian troops. Over the next week the city will be liberated completely,” Konashenkov said.

The city of Deir Ezzur in Eastern Syria was besieged by ISIL in 2014. Syrian government forces lifted the blockade of the city in early September.

However, the liberation of Deir Ezzur also triggered a confrontation between Syrian government forces and the US-backed SDF militants, the point of contention being control of Deir Ezzur's oil fields.

Following Damascus’s strategic victory, food, medicine and other essentials started to reach the city by convoy, where previously the inhabitants had to rely on air-drops.




RT2017/9/21
US-led coalition vows to avoid incidents with Russian military in Syria
The US-led coalition will continue to maintain contact with the Russian military in Syria to prevent any conflicts between the two sides in the course of the fight against Islamic State (IS, formerly ISIS/ISIL), a coalition official said.

The US-led coalition will continue to keep in contact with Russia to prevent conflicts in Syria, Colonel Ryan Dillon, a spokesman of the Combined Joint Task Force – Operation Inherent Resolve (CJTF-OIR), said during a briefing.

He went on to say that representatives of the Russian forces in Syria and those of the US-led coalition met in person “in the last couple of days” to coordinate and enhance conflict prevention measures of both sides in the region.

In the meeting, the two sides stressed the necessity of exchanging graphic data and information on the areas where they conduct operations to avoid accidental strikes and other potential incidents that could “distract” them from defeating Islamic State.

The colonel said that the CJTF-OIR and the Russian forces group in Syria have several de-confliction telephone lines: the one that allows them to discuss the conflict prevention measures in the air, another one that deals with the ground operations and also a direct line between the CJTF-OIR commander and the commander of the Russian forces in Syria.

Dillon also said he believes it was the first time the US and Russian commanders overseeing ground operations in Syria met in person.

At the same time, he said that there is no direct communication between the US forces and the Russian-supported forces on the ground, particularly in the Euphrates valley to the east of Deir ez-Zor, and all the de-confliction efforts are conducted via the telephone lines.

Dillon also refused to answer a question regarding whether the US security services could be behind the recent attack of Al-Nusra terrorists on Syrian Army positions. The colonel said he had “no information” on that matter and “would not entertain that question.”

Earlier on Thursday, the Russian Defense Ministry warned the US that it would strike the US-backed militants, if the militia attacks on the pro-government forces did not stop. The troops of the Syrian Democratic Force (SDF), a predominantly Kurdish militia backed by the US military, recently attacked positions of the Syrian Arab Army in the Deir ez-Zor governorate on two occasions, according to the ministry.

On Wednesday, several extremist groups led by Al Nusra militants attacked Syrian positions in a designated de-escalation zone in the western Idlib governorate and threatened a Russian Military Police unit, stationed in the area to monitor the ceasefire.
The Russian Defense Ministry then claimed that the militants’ offensive had been instigated by US special forces.
posted by ZUKUNASHI at 14:01| Comment(0) | 国際・政治

6th mass extinction event could happen by 2100 – study

RT2017/9/21
Over the past 540 million years Earth has suffered five mass extinction events, the worst of which wiped out more than 9 per cent of marine life on the planet. A new study has suggested that the next such catastrophe might not be too far away.

Massachusetts Institute of Technology (MIT) geophysicist and mathematician, Daniel Rothman has been busy studying previous mass extinctions. He reckons the next one might be a mere 83 years away.

The previous five catastrophic events each unfolded over millions of years and involved the natural cycle of carbon through the oceans and atmosphere being disturbed, resulting, in some cases, the death of almost all life on Earth.

The award-winning mathematician identified two “thresholds of catastrophe” that, if exceeded, would upset the natural order of the cycle, leading to an unstable environment and eventually a mass extinction.

The first relates to changes in the carbon cycle over a period of thousands or millions of years. A mass extinction will occur if the rate of change in the cycle occurs faster than global ecosystems can adapt.

The second pertains to the size or magnitude of the carbon flux over a shorter period, as has been the case over the last century.

Therein lies a problem, however, as Rothman says: “How can you really compare these great events in the geologic past, which occur over such vast timescales, to what's going on today, which is centuries at the longest?”

“So I sat down one summer day and tried to think about how one might go about this systematically.”

He set about searching through hundreds of geochemistry papers trying to find an answer, classifying the events as either long or short in duration. Throughout his studies, Rothman identified 31 instances over the past 542 million years in which a major change occurred in the carbon cycle.

Following this, he devised a mathematical formula to determine the total mass of carbon added to the oceans during each event, after which “it became evident that there was a characteristic rate of change that the system basically didn't like to go past.”

Rothman estimates this to be 310 gigatons. He thinks that given the rise of carbon dioxide over the last century, a sixth mass extinction could be on the way as estimates suggest that humans will add roughly 310 gigatons to the cycle by 2100.

“This is not saying that disaster occurs the next day,” Rothman said. “It’s saying that, if left unchecked, the carbon cycle would move into a realm which would be no longer stable, and would behave in a way that would be difficult to predict. In the geologic past, this type of behavior is associated with mass extinction.”

Rothman's paper was published Wednesday in the journal Science Advances.
posted by ZUKUNASHI at 12:19| Comment(0) | 国際・政治

モニタリングアシスタントについて

2017年09月20日 空間線量率モニタリングアシスタント募集 ボケ防止に好適!について多数のご照会をいただきありがとうございます。

どんな点をモニターしていただくか、チェックポイントをお知らせしています。この記事は、その内容を一般向けにしたものです。

モニタリングは、じっとモニター画面を見ている必要はなくて、例えば1時間に1回とかときどきチェックしていただくだけで十分です。肩の力を抜いてお読みください。

1 どんな事象がありうるか
(1) 突然、原子炉が大爆発などということはまずありません。ありうる、ありえたのはチェルノブイリ事故ですが、これは、危険な実験をやったためです。このような場合は、もう生きるも死ぬも距離次第となります。

(2) 金属の脆性が高まっている原子炉が運転停止に向けて温度を下げている場合にひび割れしたり(パカッと割れたりすることがあるのかどうかは知りませんが)する場合には、かなり急激な変化がありうるでしょう。

(3) 通常、色々な前兆や環境条件の変化があってそれに続いて、放射性物質の漏れが大きくなるという形です。
フロリダのハリケーンの際も、川が増水して電源が止まったら大変だと警戒されていました。川内原発では次のような前兆が出ています。


(4) 日本の場合は、やはり地震(及び噴火)です。福島第一原発事故の主原因は、津波ではなく揺れによるものだと考えています。福島第一原発と送受電する変電所も施設に損傷が生じ、送受電不能となりました。

福島第一原発では、1、2号機の排気塔が腐食により途中から倒壊の怖れありとされています。これは、F1構内ライブカメラで倒れたかどうかを確認できます。長者原の定点カメラでも分かります。

(5) テロではそんなに大きな事故は起せません。1981年6月7日にイスラエル空軍機がイラクのタムーズにあった原子力施設を攻撃破壊しました。空爆、破壊の仕方によりますが、原発事故の拡大防止のため爆撃を利用しなければならないこともありうるだろうと管理人は考えています。

テロリストが強力な放射性物質をばら撒いて一定の場所の空間線量率が大きく上がるということも考えにくいです。ISISのテロリストが医療用放射線照射施設からコバルト60を取り出して放射線を使った武器を作ろうとしましたが、断念したそうです。

敵を殺す前に自分が死にます。

アル・バクタデーディが殺害されたラッカの現場の爆撃前後の空中写真。重機を入れてがんがん壊していったわけではありません。戦闘機からの爆撃でこれだけ細かいガレキになっています。



次なる大きな地震で原発の建屋が大きく傾いたりした場合には、爆撃で付属港湾に落とし込むようなことが必要になるかもしれません。

(6) 怖いのは、深刻な事故が隠されていてジワジワと放射性物質が漏れ、そのうちどかーんと増えるような場合です。不意打ちを食らいます。
東海第二がベントで凌ぎきれなければ、この形になったでしょう。公設MPの表示が途中で消えましたが、SPM濃度の上昇から判断すれば、相当量の放射性物質が放出されています。福島第一原発事故の事故もこの形です。最初から深刻な事故が始まったのですが、実態が隠されたためあるとき、例えば関東では2011/3/15に放射性物質がどかーんと増えることになりました。

日ごろから注意深く空間線量率の変化を見ていれば、深刻な事故の発生は推定がつくのではないかと考えています。全電源喪失時に短時間でメルトダウンに至ることは、学習しました。

(7) 放射性物質に国境はありません。他の国で放出された放射性物質が飛んできます。日本の周囲には多数の原発があります。国内の核施設だけでなく海外、特に隣国の原発についても注視が怠れません。

海外のモニタリング結果については、地震、事故があったらすぐ確認のHにリンク先を掲げてあります。北米で事故が起きても、中米に及ぶことは気流の関係であまりないと思います。

2 どのサイトをチェックすればよいのか
○ ホワイトフードのただ今の空間線量
一覧性に関してはこのサイトにかなうものはありません。赤丸が30日間平均の2倍の空間線量になっていることを示しますから赤丸が増えたら警戒警報が出たと考える必要があります。

○ 新・全国の放射能情報一覧(全国の放射線量 エリア別統合グラフ
このサイトで地域別に空間線量率の変化を知ることができます。ホワイトフードのサイトで黄や赤の丸が出ていなくとも、このサイトのグラフがジワジワと上がっている場合は、なんらかの悪い兆候だと受け止める必要があります。

特に、たとえば日本海側の広い地域にわたって空間線量率がジワジワと上がっている場合は、隣国からの放射性物質の飛来が疑われます。

○ アメダス降雨量
大気中には放射性物質が滞留しており、降雨とともに降下してきます。「自然放射能」が降下してくると言われますが、人工放射能も空に滞留しています。

小学生の質問箱
先生:「雨が降ると空にある「自然放射能」が降ってくるんです」
生徒:「同じくらい雨が降っていても原発の近くで「自然放射能」が高いのはなぜですか」

ホワイトフードのグラフで黄や赤の丸が出たら、まずアメダスの降雨量を確認します。降雨がある場合は、降雨の動向と線量率の動向を合わせて観察します。公設MPの多いところを台風が通過する場合は、10分前の台風の目の位置を知ることができます。

個別の箇所について詳しく線量率水準を確認したい場合は、
○ 原子力規制委員会 放射線モニタリング情報のサイトで調べます。

このサイトは大変不親切に出来ていて、必要以上に多くのクリックを要する仕組みです。グラフが見れますが、連続して見る場合でも毎回目盛りの上限を直さなければなりません。おかげさまで管理人のマウスは、半年程度でダメになります。

補完的なものとしては
○ そらまめ君SPM濃度グラフ
これは最低でも1時間遅れで、タイムラグが大きいので最新状況を調べるためには使いにくいです。各地のこのグラフへのリンクをまとめたページを作っています。ご関心があれば、見られるようにします。私の事後的な分析に使っています。

3 日常的な変動範囲を超え、緊急事態ととらえるべきはどんなときか
今の日本の空には放射性物質が滞留しています。今後原発の再稼動も増えて、空間線量率の変動はより大きくなるでしょう。

管理人は、次のような場合に血圧が上がります。
@ 降雨がないのにホワイトフードの赤丸がいくつも出ている場合
この場合には、他の作業を停めて変化を追い、状況の把握に努めます。分かったことから同報メールで流し、ブログに記事を書きます。



A 小幅ながらも広い地域で空間線量率が上がっているような場合
この場合には原因が分からないことも多いのですが、上昇開始時点の比較により放射性物質の流れ方を推定します。手間のかかる作業が必要です。

2017/9/23に掲載した2017/9/22の関東の線量率上昇は川内が起源の可能性は、推定分析の例です。今回は、太平洋岸を通ったと推定できましたが、小幅な上昇が広い地域で生ずると、経路を推定するのが大変困難になります。この記事も午前中一杯4時間も掛かりました。

2010年は、年間を通じて死亡数が増えました。この事実は人口動態統計を蓄積分析する過程で判明しました。これは国内外の核関連施設から放射性物質が継続的に相当多くの量放出されたことによるものと現時点では考えています。

SPMの変化などから韓国が主原因と見ていますが、韓国内の情報がなく先に進めません。

B 広い範囲で公設MPの測定値の表示が止まっている場合
これは、2011/3/11の地震の後、東海第二原発の周辺で長時間にわたって表示が消え、今なお数値が分からなくなっています。

2017/9になって川内原発の周辺でも測定値の表示が消えました。

茨城県はご丁寧にも、公設MPの表示のほかに大気観測のSPM濃度の観測結果まで消しましたし、福島県も浜通りについて同じ措置を取りました。
欠測は隠蔽であり、隠蔽は知られたくない不都合な事実が生じているということです。

欠測は、地域別統合グラフで見れば分かりますし、確認したいときは、規制庁のサイトを開き、次の画面の赤丸をクリック。


○○県全域と出るのでこれをもう一回クリックすると次の画面が出ます。欠測のところは「情報なし」と表示されます。


なお、MPの1箇所だけが数μSv/hに急上昇しているが、周辺は上がっていない場合は、多くの場合機器故障です。原発の近くであれば、そのような場合も注視が必要ですが、近くに核施設がない場合は気にする必要はありません。

C 小幅な線量率水準の上昇にもこだわる理由
米国人医学者のゴフマンは、大きな集団で見れば外部被曝の累積ががん発症確率をあげるという研究で知られています。彼はこの研究を公表して職を追われました。


ベラルーシーのバンダジェフスキー博士。若いころに亡くなった方の臓器の放射能を測定し人類に貢献する研究成果をあげました。


彼らが他人を騙すような顔をしていますか?

管理人は、外部被曝よりも内部被曝のほうが何倍も悪影響があると考えています。日々の吸気被曝を最小限に抑制する。そのためにアシスタントの方の力が役立ちます。
posted by ZUKUNASHI at 10:06| Comment(2) | 福島原発事故