ずくなしの冷や水

2017年07月18日

SPM濃度と空間線量率の相関は低い だが放射性物質は微細なホコリとなって飛んだ

SPM濃度の分析で、新しい発見がありました。

そもそもSPMは、suspended particulate matter、浮遊粒子状物質の意味です。基本的に放射能とは関係がありません。

ですが、原発などから放出される放射性物質は、気体状か細かい粒子状です。多くが重金属ですから環境に出れば塊でなければ粒子状になります。

2011/3/15にプルームが東京を襲ったとき、昼頃の東京都心は遠くから見ると地表に近い部分がスモッグに覆われているように黒くなっていました。

茨城県は2011/3/15以前の東海村近傍の測定ステーションでのSPM濃度のデータを出していません。福島県は、2011/3の浜通りのSPM濃度のデータを出していません。

原発事故によって放出された放射性物質は、時間の経過とともに放射線を出して崩壊して行きますが、その物質が消えてなくなるわけではなく、他の物質に変わるだけです。

キセノン133は、5.248日の半減期で放射性でないセシウム133に変わります。5日前に生成したキセノン133が流れてくれば、その半分は既にセシウム133になっているわけですし、大気中を浮遊している間に1時間で0.5%が粒子状物質であろうセシウム133に変わります。

ヨウ素131(半減期8.06日)は放射線を出さないキセノン131に変わりますが、キセノンは酸化物になりやすいともされています。
ヨウ素133(半減期20.8時間)は、キセノン133に変わり、さらにセシウム133に変わります。

セシウム134は、半減期2.0652年でバリウム134になり、さらに放射線を出さないキセノン134になります。

大気中を流れる放射性物質は時々刻々と形態と性質を変えています。次は、海外の研究機関が公表した福島第一原発事故で原子炉が緊急停止した時点での放射性物質の在庫量を試算したデータから88種の放射性物質についてその半減期を並べたものです。

半減期1日のものがほぼ中間点に位置しています。1.00E-1のものは半減期が10分の1日ですから、1日経てば半減期の10倍の期間を経過しており、ほぼすべてが崩壊を経て別の物質に変わっています。


原子炉から放出された時点ですでに崩壊を終えて別の物質になっているものが多いのです。それらは放射性のものも放射性でないものもあるでしょうが、浮遊粒子状物質としては、存在し続けます。SPM濃度が高くても線量率はそれに比例して高くはないというのは、いわば当然のことなのです。

SPM濃度が異例なほどに高くなれば、浮遊粒子状物質に含まれる放射性物質の割合がどうであれ、原発からのホコリが飛んできていることになり、放射性物質を含んでいると推定されることになります。

次は、名古屋市内の観測ステーション23103011の2011/3/12から3/31までの時間ごとのSPM濃度です。特別な要因がなければ、一番手前の3/12のグラフのように推移しているのでしょう。

それが3/15以降、変動パターンが変わり、水準が高くなっています。もっとも高い棒が並ぶのは、3/15の昼前後です。3/20は昼頃から水準が上がり始め、深夜にピークを付け3/21の未明にも高水準が続いています。さらに3/29、3/30は東日本の広い範囲で見られる濃度水準の上昇がここでも見られます。

最も異変が顕著なのは、酒田市の例です。2011/3/19の深夜からSPM濃度が異常に上昇しています。


2011/3/11に市原のコスモ石油で火災がありましたが、その日の千葉市、市原市などのSPM濃度を次のグラフで示しています。
2011/3/11、15時以降のSPM濃度


SPM濃度は、短寿命の放射性物質の燃えカス、言わば灰のようなものを含んでおり、平常時のSPM濃度の水準を超える部分がすべて放射性を持つとは言えません。ですが、そういう「灰のようなもの」を含みつつ福島第一原発や東海第二から放出された放射性物質を豊富に含んだ気団が流れてきていることは確認できます。

SPM濃度の分析はまだ途中ですが、いろいろ分かったこともあります。

新潟市の巻町に親子で深刻な症状の出た方がおられますが、SPM濃度の推移を見ると、被曝が原因、特に吸気被曝によるものではないかと強く疑われます。

名古屋市では、朝起きたら腕や足がヒリヒリしたという事例が伝えられましたが、これもありうることです。モニタリングポストの空間線量率はベータ線を測っていませんが、SPMの中にはガンマ線源だけでなく、ベータ線源もアルファ線源も含まれます。

各地の測定ステーションでSPM濃度が短時間だけ大きく突出している例があります。特に2011/3/20に関しては福島第一原発から放出された放射性物質を含む機体は高温であったため、上空に昇って滞留した後、下降気流があるとそこでSPM濃度を大きく引き上げたものと見られます。

気象研究所などのシミュレーションは地表近くの大気の移動データを元にプルームの移動を推定していますから、上空に滞留したものの動きなどは考慮されていません。SPEEDIも同じでしょう。

ですが、地表近くに流れ出たもののほかに、上空へ舞い上がったものもあるというのは、考えてみれば当然のことであり、そのような放射性物質の移動は、2011/3以降も継続していました。

それゆえに黄色い粉が時間を置いてあちこちで目撃されることになったのです。特に降雨の後に目撃例が多くなっており、下降気流でなくとも雨滴が黄色い粉を運んできたことになります。

奈良でガードレールに降下した白っぽい粉に触れた幼児の掌に水ぶくれが出来たり、京都の南部で黄色い粉に触れた男性が深刻な体調不良に苦しんだり、北摂で家族員の複数の人の足の指の爪が剥がれたりした事例が伝えられています。上に述べたようにこのような事例は不可解なことではありません。

今なお、福島第一原発からは放射性物質が放出されています。空に舞い上がった放射性物質が何時どこに落ちてくるかは、まったく予測不能です。

一つ怖い話を付け加えて置くと、2011/3の福島第一原発事故後、特に比較的間もない頃に航空機での旅をされた方の中には強い吸気被曝を受けている方がおられるだろうと推定されます。

これまでのところ、エアラインの客室乗務員の体調不良多発などの情報は聞こえていませんが、あるはずです。心当たりのある方は、病院での診察を含め特にご注意ください。
posted by ZUKUNASHI at 22:12| Comment(0) | 福島原発事故

2017/1〜2 転落転倒による死亡率 前年同期比4割増

全国人口動態統計概数 2017/2分から

2017/1〜2計死亡率の前年同期比

血管性及び詳細不明の認知症 7割増
パーキンソン病 5割増
アルツハイマー病 5割増
その他の神経系の疾患 4割増
高血圧性心疾患及び心腎疾患 倍増
喘息 4割増
先天奇形,変形及び染色体異常 1割増
老衰 15%増
その他の原因不明  15%増
転落・転倒による死亡率 4割増

管理人が作成したもの。引用等に際しては原資料に当たって確認のこと。

posted by ZUKUNASHI at 21:01| Comment(0) | 福島原発事故

友は選ばないと寿命を縮める結果になる

私の友人(だった)一人は、すでに介護施設に入った。見舞いにも行かない。来てくれとも言われていない。

その友人に対しては、健康上のことでいろいろアドバイスしたが、いつも鼻で笑っていた。道で歩行中に突然倒れるようになったと聞いて病院で診察を受けるよう強く勧めたが、なかなか行かなかった。そのうち一人では行けなくなって介護士に同行してもらって行ったらしい。

そもそもこの友人に対しては、良い感情を持っていなかったのだ。死にたいなどと地方の先輩に書き送り、その方から心配だから様子を見て欲しいと頼まれて、単身赴任先まで特急で出かけたこともある。

一番不信感を強くしたのは、糖尿病で透析を受けざるを得なくなっていた別の友人をマージャンなどに誘っていたこと。早く帰って身体を休めるように勧めるのが本当ではないか。

その別の友人は急死した。葬儀で顔を合わせたのが最後でそれからは会っていない。会うつもりもない。

もう一人の友人の、私は面識はない友人が、肺がんを発症して闘病中だ。私の友人には被曝問題で繰り返し助言したが、このブログの中に書いてあることは偏っていると何度も言われた。そして、社会的に高い地位についているその友人が被曝問題を気にしていないのだから、心配は要らないという結論を導き出していた。

法律に詳しくとも、被曝問題を知っているとは限らない。医師であっても被曝問題にまったく無知な者が圧倒的に多いのに。

私の友人が、その社会的地位の高い友人に被曝問題について助言していれば、肺がんの発症を回避したり、先に遅らせることができたかどうかは分からない。

だが、ふたりでそのような問題に関心を深めていけば、会うごとにモツ煮込みを食べるようなことはなかったはずだ。家では魚もしばしば食べていたというから外食だけ気をつけても、結果はたいして変わらなかったかもしれない。むしろ妻の無知に責任があるのかもしれない。

知人の一人は、私のインタビューに特に食べ物に気をつけてはいない、家で夫人の出すものを食べ、飲み屋にも月数回行って刺身などを食べていると答えた。おかしい、そんなはずはない。なんらかの支障が生じておかしくない食行動だと疑問を強め、問いただしたら夫人が早い時期から西日本の野菜などに切り替えていたようだと白状した。

ご夫人は、最近まで介護の仕事をしていて介護先の年寄りに懇願されてなかなか仕事を辞めさせてもらえなかったと聞いている。

目に見えないところまで配慮をするようであれば、目に見えるところでの介護のクオリティの高さは、どんな年寄りにもすぐ分かるだろう。

悪い友人を持つと飛んだ災難に巻き込まれることがある。友達のアパートで薬物を勧められて試しに一服したところ、警官に踏み込まれ現行犯逮捕。悪い友人はアパート経営者の息子で親が出してくれた保釈金ですぐ留置場から出られたが、誘われた側はずっーと留置場にいたそうだ。

一回の薬物使用程度なら前科が付いても刑期を勤め上げればまた自由な生活に戻れる。だが、悪い友人に勧められて汚染物質を食べ続け、身体を壊したらもう自由な生活には戻れない。

放射能なんか気にしない友人は、薬物中毒の友人より悪い。
posted by ZUKUNASHI at 13:39| Comment(4) | 福島原発事故

2017/7/17から福島県・新潟県で豪雨











・・・・・

2017/7/18に寄せられた投稿を掲載する。ここに書かれていることを説明するものになるかどうかは分かりませんが、微小な粒子である放射性物質が核になって雨滴ができるということはあると思います。

今SPMの分析を進めていますが、SPMの中にはPM2.5も含みます。福島第一原発事故後、ものすごい量の微粒子が大気中を飛んだことが分かります。人工雨もヨウ化銀などを上空に撒くんですよね。ただ、その微粒子がどの高さにあるかで働きが違ってくるのではないでしょうか。

2011/3/15の午後、都内などではにわか雨が降ったところがあります。これは、飛来した放射性物質が降雨を引き起こす雨滴の核の役割を果たしたのだろうと推定しています。

・・・引用開始・・・

こんにちは、新潟・福島以外でも天気が荒れているようで今日も東京で雹が降っているようです。神奈川も荒れているようですね。

ずくなしさんも以前放射性物質と天気の関係について触れられているかもしれませんが失礼します。 ふと気になりましたが大量の放射性物質は黒い雨が有名ですがそれ以外にも天気を変えるのでしょうか。

ずくなしさんのブログにあった >
※ マッツ・ @VirginBlade_aki氏の2017/7/16のツイート 今、新潟県新潟市西蒲区で強風と雨が降ってます。風向きから、考えて、柏崎市にある柏崎刈羽原発由来の放射能と思われます。ここで、最高で、ガイガーカウンターで11.0μsv/hを測定しました。それから、ずっとアラームが鳴り1μsv/hになってます。 最大限の警戒をしてください。

こちらのツイート。そしてこちらのツイート、 >
cmk2wl @cmk2wl 7月17日 明日(18日)の朝方から、関東に東電福島原発からの風が吹く予報です。 pic.twitter.com/jcoY5xB15K

これ等を勘案すると放射性物質は天気を荒れさせるかもしれないです。新潟・福島の豪雨や首都圏の雹に関係があるかもしれません。 勿論放射性物質だけが天候を荒れさせる原因ではないと思いますが。 一方でこのようなツイートもあります。この方によれば風は首都圏に向かってないようです。実際、風向きがどのようになっているかはわかりません。 >

Out Of Our Heads @N0NUKES 3 時間 返信先 @N0NUKES F2・F1からの風は早朝から なぜか?北海道方面や首都圏へ流れるの避けるように 仙台あたりで渦まいてる。 そのために宮城、岩手の核汚染が凄まじい。 最高で0.448μSv/h! F1の汚染だけじゃないんだよ。 群発地震でイカレて放射能モレた女川原発の #過去の放出分 もミックス! pic.twitter.com/HE7CBbEbph

この方によれば最近福島第2原発が異変があるようです。しかしながら2011年以降、妙に集中豪雨や降雹が多くなっている気がします。今日の風向きが関係なくとも首都圏上空に汚染物質が溜まっているでしょうし、こちらの方によれば日本上空に見られる不思議な色をした雲は放射性物質や化学物質と関係があるかもしれないとのことです。何らかの物質が溜まってる場所に光の屈折や反射が関係してるかもしれませんが。 >
みえないばくだん @hopi_domingo 2016年5月24日 返信先 @hopi_domingo 妄想です。。 最近よく見る・彩雲・環水平アーク・日暈…と呼ばれる虹色の現象は、 すべてとはいいませんが、放射性物質や,他の化学物質が反応して、 見えているのかと疑ってしまう? twitter.com/hopi_domingo/s… pic.twitter.com/NKN49vkVWf 会話を見る ・
みえないばくだん @hopi_domingo 17 時間 返信先 @hopi_domingo ・彩雲・ハロ・他… weathernews.jp/s/topics/20170… weathernews.jp/s/topics/20170… weathernews.jp/s/topics/20170… ↓ 3.11以降の日本は放射性物質が拡散しているから〜〜・・・!?twitter.com/hopi_domingo/s… pic.twitter.com/DRKFCjboAN 会話を見る ・
みえないばくだん @hopi_domingo 7月15日 返信先 @hopi_domingo #彩雲 ・ #ハロ ・etc… 空気中の「化学物質」や「放射性物質」などに 反応して虹色になる事も!? ↓ twitter.com/hopi_domingo/s… 地震の前兆だった? 発生前に鹿児島市で虹色の雲 twitter.com/373news_twit/s… pic.twitter.com/928PRLPqCv 会話を見る ・
みえないばくだん @hopi_domingo 5月9日 返信先 @hopi_domingo 〜2017年ゴールデンウィーク中に各地で #彩雲 が目撃〜 #環水平アーク ・ #幻日 ・etc…もろに空気中の #化学物質 や #放射性物質 の影響を受けていることが、#森林火災 や #黄砂 によって証明された気が………!? togetter.com/li/1108743

いずれにせよ、2011年以降雨や湿気に気を付けないといけないのは間違いなく、今後も警戒をこれまで以上に強めることはあれど安心することは出来ませんね。
posted by ZUKUNASHI at 12:23| Comment(0) | 福島原発事故

深刻な身体症状が出ています やはり本格化です

2017/6/30、友人から聞いた事例です。

@ 建設現場で職人が急にぐったりしたので熱中症を疑い、救急車を呼んで病院へ搬送。血糖値が上がっていたが、原因不明で入院になったと。

A やはり建設関係の職人、突然目の前が真っ暗になった。

2011/7/15
「突然目の前が真っ暗になった」方は、病院で治療を受け、目は見えるようになったとのこと。ただ、手が震えていると。胸部のレントゲン写真は真っ黒だったそうだ。

2011/7/17
B 友人の友人、法曹関係者、肺がんが脳に転移。ここ数ヶ月の間に入院、治療を続けていると。放射線治療らしい。

・・・・・

次は非公開希望という前提で寄せられたコメントですが、公益の観点から希望に反して公開させてもらいます。引用開始。

私の事ですが、今年になって、朝食に炭水化物や糖質(米など)が 食べられなくなってしまいました。朝に米や砂糖入りのコーヒーを摂取すると その後に強い眠気や、強いだるさに襲われるので。

仕事をしていたときは普通に朝は米とおかずを食べて、仕事場に行ってましたが。

糖尿病では無いのですが、血糖値を急激に上げる食品は気をつけないと 危ないなぁと、最近気をつけて過ごしています。

昼・夕食は、麺類や米を食べても、まあ大丈夫ですが、だるさが出るので 炭水化物は少しにして、一緒にサラダを食べるようにして対策しています。 (血糖値スパイクとか言うらしいです) http://www.dm-net.co.jp/trend/oshiete/001.php

炭水化物の食品に弱くなったのも、被曝の影響もあるかな・・・と 考えています。

・・・引用終わり・・・

コメント主にお尋ねしたいのですが、太っておられます? 私もそのうち、糖質を食べてダウンかもしれませんね。 

コメント主は、ヴィーナスのような「ややふくよか体型」だそうです。

(初出 2017/7/1 7/17追記)
posted by ZUKUNASHI at 12:09| Comment(1) | 福島原発事故

福島第一原発事故の主因は津波ではなく、地震 苛酷事故はどこの原発でもありうること

改めて言うことでもありませんが、福島第一原発事故はいろいろな要因が重なってあれだけの大事故になりましたが、ポツポツと流される画像などを見ると、主因は津波ではなく地震であると改めて思わされます。

大きな地震が来れば、どこの原発でもありりうること。

柏崎刈羽はそれに近い事態になりましたし、女川の実態は深刻なのではないでしょうか。女川についてはまだ再稼動の話を聞きません。(東北電力は2014/6、「原子炉格納容器の内部は構造上、健全性を容易には確認できない」、「震災の揺れで、格納容器にある一部配管が損傷している恐れもある」などと述べていました)

苛酷事故に近いのは、志賀原発、若狭湾の高浜、鹿児島の川内原発。浜岡が再稼動すれば、苛酷事故に至らずとも放射性物質漏れで被害が出るでしょう。

日本どこでもリスクがありますが、原発の近く、風下にお住まいの方は覚悟が必要です。

茨城北部のズサン核関連研究施設の集中立地場所も、企業の研究用と称する原発の近くにお住まいの方も同じです。

これらの施設が放出する放射性物質の吸引による被曝は良く効きます。

老人ホームの立地場所として最適なのですが。


posted by ZUKUNASHI at 01:05| Comment(0) | 福島原発事故