ずくなしの冷や水

2017年07月11日

活動家:850万人のアルジェリア人がフランスの核実験で殺された

下の記事に掲げられていたフランスの核実験と見られる画像です。

福島第一原発3号機の爆発の際の雲と同じです。


FARSNEWS2017/7/11
Activist: 8.5 Million Algerians Killed in Nuclear Tests by France
TEHRAN (FNA)- The head of Algeria's society for the revolution of national liberation said over 8.5 million Algerians were killed during nuclear tests in the Algerian Sahara by France’s colonial system and bodies of the innocent people were thrown into the Seine River.

Abdul Hamid Salaghji said the history of Algeria is filled with cruelties to its nation. On October 17, 1961, 8.5 million Algerians were killed after these innocent people only called for their freedom and shouted: “Long live Algeria", Awd News reported.

The Algerian people who were killed by the colonial system were the legacy of France and its war crimes in Algeria, he said.

French colonial rule destroyed Algeria during 1830 to 1962 and committed war crimes.

Salaghji called these actions against the innocent people of Algeria by French legal institutions, army, police and in total, French integrated colonialism. One of the worst crime by European colonial systems including France, Spain, Europe and … against the people of Algeria was that they beheaded 12,000 Algerians.

French colonialists also used nuclear explosions in Algeria that led France to join International Atomic Energy Agency, and the Algerians have suffered from the effects of nuclear tests which led to different kinds of disease and cancers, Salaghi added.

The head of the society for the revolution martyrs of national liberation referring to the issue said that they have estimated the number of martyrs will reach one and a half million and some of them were martyred without trial that Algeria wasn’t able to find their names and even the location of their bodies.

Salaghji also asserted that the case of French crimes against the people of Algeria should be investigated at the International Court of Justice.

“Unfortunately, this cannot be done, because France has not signed the Treaty of Rome,” he added.

He said: “in 1963, Marshall Algerian lawyer tried to resume the case of France’s colonial crimes in the Court of Paris. But the case was rejected because of the above reasons. Meanwhile, the society was seeking a way out in the case of May 8, 1945. But it can’t also be done because France signed the Amnesty Law for covering crimes committed in 1964.”
posted by ZUKUNASHI at 18:14| Comment(0) | 福島原発事故

公務員を見たらウソつきと思え

「公務員を見たらウソつきと思え」
毎日心の中でつぶやいていましたが、いったん口にしたら、あまりにも絶望的な気分に襲われてしまうので、控えていました。

もちろん、そんな言葉を書き込むことは、とても憚られました。あまりにもリアリティがありすぎて。

まあ、前川前文部科学次官の健闘で、書いても人様に極度の不快感を与える怖れは少なくなったでしょうか。

それにしても、食べて応援などを推進している公務員とその家族はどんな気持ちでいるのでしょうね。

警察官は、嘘をつきます。盗難自転車でも見つけ出さないと実績にならないのだそうです。嘘をついてもとにかく立件。警察のノルマ主義のなせる悪弊です。

今の政権の下で公務員の給与は上がったようですが、でもこれから病気の人が増えて、亡くなる方も増えます。

公務員には、辛い歳月がすぐそこまできています。

除染事業を所管する役所は、腐敗がひどいとも聞きます。官邸から地方事務所の末端まで、公務員の信用がここまで落ちたのは、おそらく戦後では初めてでしょう。

・・・よんたさんから寄せられた投稿を掲載する・・・

恵まれているようにみえて公務員もヤクザな商売だと思います。所詮、日本政府というヤクザの元締めに、思うがままパシリをさせられている下っ端に過ぎません。警察官にしても市役所の職員にしても、いつ何時、東日本に、それも福島に転勤や出向を命じられるかもしれません。

実際、福島の帰還困難区域の警備担当として出向している東京や大阪の警察官も大勢います。福島の市役所に出向している公務員や役人もいます。元締めの命令には逆らえません。逆らうということはクビを意味します。

賢い人は自らクビになって退職金を確保し、とっくに逃げているでしょう。親の介護の問題、子供の教育の関係などで身動きできない人は残って被曝しています。その事情も人様々です。聞くも涙、語るも涙の物語だらけ、というのが日常になっています。

ずくなしさんのおっしゃる通り、日本は三流国です。私もブログで同じ言葉を使わせて頂きました。緊急事態条項まで入れられてしまったら四流国五流国となります。もはや、国家という体を呈していない日本です。10年も前からとっくにヤクザのシマに成り下がっている、と思っていたのですが、ヤクザの中でも、義理も人情も任侠道もないチンピラヤクザという最もたちのわるい発狂ヤクザだったようです。最近そのたちの悪さレベルが深化しています。被曝の影響でしょう。

やけくそで、人生成功のための黄金の秘訣、なんて題で文をものしてみましたが、実はこれには移住という裏技が必要だとの補足を省いてあります。書いても通じません。さんざん書いたり言ったりしましたが、岩盤突破できません。もうあきらめました。

モラル破壊という点においても戦後最悪です。なにしろウソしかつかない、詐欺しかしない、欺瞞とごまかしだけが信条という凶人が首相なのですから。元締めがコレですから社会のタガがはずれてしまってます。一応、国家だったものがどこまで壊れるものなのか、それをリアルに観ることができる訳で、近未来は、究極の悪徳実践社会学実験場となりますね。
posted by ZUKUNASHI at 17:11| Comment(5) | 社会・経済

ツルシ・ガッバード:Media & establishment push for regime change but ignore consequences – Tulsi Gabbard

デスラーさんのコメントに、「Americaで唯一信頼できる女性政治家は、ツルシ・ガッバードだけです!!!」とありました。では、どんな人でどんな主張の方でしょう。管理人は、記事を隠し持って機会を待っていたのです。2017/6/27付けのものです。


RT2017/6/26
Media & establishment push for regime change but ignore consequences – Tulsi Gabbard
Most media outlets and politicians often ignore the deadly consequences of US regime change policy, including the rise of Islamic State, according to Representative Tulsi Gabbard (D-Hawaii).
“I think that there has been a concerted effort both on the part of some in the media, as well as many in politics, and many in our foreign policy establishment seem to have been advocating for a continuance of these regime change wars, really ignoring the fact of what has been the consequence of these wars in countries like Iraq and Libya and Syria, where each time we have waged these wars, [it] has resulted in the strengthening of terrorist groups like Al-Qaeda or the creation of ISIS [Islamic State, IS, formerly ISIL], and it has resulted in a tremendous amount of suffering and death for the people of these countries,” said Gabbard at a press conference, answering a question from RT’s Caleb Maupin.

Gabbard’s remarks come as the Hawaiian representative, who is a former Iraq war veteran herself, tries to build support for the Stop Arming Terrorists Act that she introduced in Congress in January of this year. The bill would prohibit the US from backing armed factions linked to terrorist groups such as IS, Al-Qaeda, and the Al-Nusra Front. It is based on legislation from the 1980s that aimed to stop the CIA from illegally arming the Contra rebels during Nicaragua’s civil war.

“We must stop this madness,” Gabbard said speaking before Congress back in December, stressing, “We must stop arming terrorists.”

The bill has only been supported by 14 other lawmakers so far, however – six Democrats and eight Republicans. A companion bill has also been put forward in the Senate by Republican Rand Paul of Kentucky.

In January, Gabbard set out on a fact-finding mission in Syria, where she visited Damascus and Aleppo. While there, she met with Syrian students, entrepreneurs, academics, aid workers, religious leaders and members of the opposition. She said some of them told her they felt that the originally peaceful anti-government protests in 2011 were hijacked by jihadists “funded and supported by Saudi Arabia, Turkey, Qatar, the United States.”

“Their message to the American people was powerful and consistent: There is no difference between ‘moderate’ rebels and Al-Qaeda (Al-Nusra) or ISIS − they are all the same,” Gabbard wrote in a blog post, describing the essence of the Syrian conflict as “a war between terrorists under the command of groups like ISIS and Al-Qaeda and the Syrian government.”
posted by ZUKUNASHI at 15:55| Comment(0) | 国際・政治

茨城北部の汚染はどうなんだろう

SPM分析で考察しましたが、東海第二原発は大震災で170回もベントして放射性物質を放出したらしいのですが、それによる汚染が残っているはずです。

水戸市から東の地域は放射能のメッカ、いや失礼、原子力のメッカと呼ばれることもある核関連の研究機関などが集中立地している地域です。

米国による土壌調査では茨城県下一円でサンプルが採取されています。その中で水戸市桜川1丁目のサンプルが群を抜いて高いのです。



下の空中測定マップからすると、そんなはずはありません。


サンプル採取箇所をよく調べると、水戸駅南口の立体化されたコンコースの上です。サンプルデータには採取深も重量も載っていません。

そして"Soil sample 550 ccpm before removal, 180 ccpm after removal;"とありますから採取されたものは180cpm? それとも370cpm?

まあ、どちらでもたいしたことはありません。

同じく米国海軍が直接採取したと見られるつくば市谷田部のサンプルは、"Soil Sample 750 ccpm before removal"とあります。こちらは分譲用宅地の真ん中です。

水戸市駅前のサンプルもつくば市のサンプルも2011/3/26に採取されています。

現地で測定したcpmについては、使用した測定器のアルファ線検出部分の大きさは、管理人が使っているものよりも小さいことはないでしょう。これは他との比較の余地があります。

しかし、採取深が違いますし、採取時点も異なりますから特に半減期の短いヨウ素131についての比較はあまり意味を持たないでしょう。核種間の比率を見るくらいしか分析のアプローチはないかもしれません。

次は、テルル132とヨウ素132、セシウム134の比率を見たものです。つくば市、水戸市が似てくるのは当然としても、日本政府が2011/4/7に採取した笠間市のサンプルも比率が同じようになっていますが、その他のサンプルは大きく異なります。



稲敷市や龍ヶ崎市はセシウム134の濃度は同じくらいなのですが、笠間とも核種間比率が大きく異なります。これがいかなる原因によるものかは、さらに調べないといけません。

福島第一原発事故直後で水戸市やつくば市で数百cpm、6年経過した今、松戸市で250cpm検出されるということは、なかなかのことだと分かります。
posted by ZUKUNASHI at 14:59| Comment(0) | 福島原発事故