ずくなしの冷や水

2017年07月04日

インドのムスリムがサウジのテロ資金供給に抗議

FARSNEWS2017/7/4
Indian Muslims Protest Against Terror Funding by Saudi Arabia
TEHRAN (FNA)- Thousands of Indian Muslims registered their protest in New Delhi against Saudi Arabia for its alleged connivance with terrorist outfits including ISIL. The protesters said the Saudi Arabia should stop funding Daesh, Al-Qaeda, Hizb-ul-Mujahideen and others or it will boomerang.

Protesters also demanded the restoration of Islamic heritage popularly known as Jannat-Ul-Baqi and Jannat-Ul-Maula at the site in Saudi Arabia. Jannat-Ul-Baqi is shrine of Fatima Zahra, the daughter and grandson of the Prophet of Islam, Sputnik reported.

​"We have gathered here in Jantar-Mantar in thousands for two days to send a message to Saudi government that the way the Saudi Arabia government are behaving is totally against Islam. ISIL is being funded by Saudi government which is creating havoc in Syria, Iran, Iraq and India. We have submitted a memorandum to the Saudi Arabian embassy in New Delhi and asked to stop unlawful support to terrorists," Z Ahmed Chamman, the general secretary of All India Shiite Sunni Front, said.

"People from all caste, community, and creed along with well-known scholars, poets, human rights activists joined the protest to mark the brutal crime of desecration of holy shrines at Madina Munawara, Kingdom of Saudi Arabia," the front said.

posted by ZUKUNASHI at 22:01| Comment(0) | 国際・政治

米軍がイラン民間航空機を撃墜した事件から29年

米軍が1966年1月17日スペイン南部で核弾頭を落とす
2017年03月21日
パロマレス米軍機墜落事故

PRESSTV2017/7/3
Iran remembers victims of passenger plane downed by US

Wikipedia
イラン航空655便撃墜事件

2017年06月26日
海外の関心が高い伊豆沖のイージス艦衝突事故

2016年05月13日
米国水兵がイラン軍に拘束されたペルシャ湾のイランの小島

シリア国内での空爆で連日のように民間人の犠牲者が出ています。米軍の軍事行動は、粗雑です。米軍に協力する日本の自衛隊、事故に巻き込まれなければ良いですが。

・・・・・

記事を用意して待っていたら来ました。ど真ん中のストライクが! 民間航空機を撃ち落したり、モスクを爆撃して何百人も殺したり、しかし、核兵器の事故となれば犠牲者も環境に対する害も桁違いです。

RT2017/7/4
Pentagon classifies nuke ops over possible safety failures – AP
The Pentagon is now hiding the safety records of its nuclear weapons, AP has reported, with experts quoting potential failures as the reason for such secrecy. The reports were previously publicly available.

The reason for the change as cited by the authorities is to avoid disclosing too much about US nuclear capabilities.

“We are comfortable with the secrecy… As long as nuclear weapons exist, the US will maintain a safe, secure and effective nuclear stockpile,” Navy Capt Greg Hicks, spokesman for the Joint Chiefs of Staff, said, as cited by AP.

Many experts, however, don’t see this as a viable reason for keeping the nuclearprogram under wraps.

Steven Aftergood, a government secrecy expert with the Federation of American Scientists, told AP the situation “smells bad” and the authorities are “acting like they have something to hide, and it’s not national security secrets.”

“I think the new policy fails to distinguish between protecting valid secrets and shielding incompetence. Clearly, nuclear weapons technology secrets should be protected. But negligence or misconduct in handling nuclear weapons should not be insulated from public accountability,” Aftergood added.

AP reported on US nuclear shortcomings twice before, in 2013 and 2014, when the data was still open to the public. Those reports detailed problems such as security lapses, leadership and training failures, and low morale.

This, in turn, led US top brass to look into the matter.

Following the review that appeared in 2014, then-US Secretary of Defense Chuck Hagel began an independent inquiry into the issues. However, the findings remain classified, according to AP.

The secrecy only became obvious when an Air Force personnel office published a June 14 notice on its website stating that the ‘grade,’ or final result, of a nuclear review couldn’t be mentioned in any unclassified personnel document.

The regulation came into effect in March, and is valid for the US Navy and Air Force, which both operate nuclear weapons.

The Pentagon took the step after a change in “an instruction,” which spokesman Hicks described as a document for “limited” circulation and not subject to release. AP’s request for a copy was denied.
posted by ZUKUNASHI at 21:17| Comment(0) | 国際・政治

放射性物質の飛散防止

次はハンフォードで大きなバックフォーを使って土砂を移動している現場の風景です。



タンク車と大きな送風機を使って水を霧状にして噴霧しています。なぜこんなことをしているのか? 
放射性物質の飛散防止に他なりません。


日本の除染現場でこんなことをやっているでしょうか。ハンフォードとは汚染の度合いが違う?

ハンフォードでは、放射能漏れが検知されると作業員を屋内退避させます。飲食禁止です。

地表面に手を入れるとホコリとともに放射性物質が舞うのです。それが大気中を流れないように霧を吹いて地面に降下させています。

福島第一原発でどのようにしているのかは分かりません。構内のライブカメラでは人の動きは写しません。

大洗町で起きたプルトニウム吸入事故で、5人の関係者のうち
3人が三度目の入院をしたそうです。なぜ出たり入ったりするのでしょう。少量でもアルファ線源であるプルトニウムの吸入は大変怖いはずと管理人はこれまで得た知識から考えています。

キレート剤を投与して排出を促すことで被曝した方々に障害が出ることは防げるのか。肺の中に残ることはないのか。

個人の健康被害の問題ですから憶測は控えますが、研究所の発表が比較的楽観的なトーンになっていることに違和感を感じています。純粋に科学的に冷静に状況を述べればそういうことになるのかもしれませんが。

福島第一原発事故から6年経過して人口動態の悪化もはっきりしてきました。

原発を推進する側は、あくまでも被曝と健康被害の相関を否定して逃げ切れると思っているのか、それとも状況が悪いと悟った責任ある立場の人間から人前から姿を消していくのか?

明らかなウソだと見え見えでもウソを突き通すのか、あるいはある時点で全部ウソでしたと白状するのか?

全部ウソでしたと白状されたとき、国民はどう反応するのでしょうか。
posted by ZUKUNASHI at 20:19| Comment(0) | 福島原発事故

東日本でプール熱が流行

椰子の樹。さんからの情報提供
■埼玉県
JCAST ヘルスケア  2017/5/22 17:30
首都圏でプール熱が流行の兆し 埼玉県など手洗い、うがいの徹底を呼びかけ
夏季に流行することが多い「咽頭結膜炎(プール熱)」の患者報告数が東京や千葉、埼玉など首都圏で増加しつつあり、2017年5月17日に3都県の感染症情報センターが相次いで注意喚起を発表している。
流行時期は夏とは限らない
咽頭結膜炎はアデノウイルスによって発症する感染症で、ウイルスに汚染されたプールで感染が拡大することが多いため、プール熱とも呼ばれる。発症すると高熱となり、のどの腫れや結膜炎などの症状が表れる。
プールが利用される夏に流行するイメージもあるが、アデノウイルスは1年中存在するため実際には時期を問わず流行する可能性があるという。感染力が強く、目や口、鼻、のどから容易に体内に侵入するため、うがいや手洗いといった基本的な対策に加え、感染者との接触や感染者が触れたものを避けることも重要な予防法となる。

■栃木県
下野新聞 6月11日 朝刊
プール熱、流行の兆し 栃木県内 過去最多の2014年を上回るペース
 自治医大付属病院感染制御部の森澤雄司(もりさわゆうじ)部長は咽頭結膜熱を引き起こすアデノウイルスの感染力はかなり強い一方、感染しても発症しない人が多いと指摘。それだけに対策は難しいが、「まずは手洗いを徹底する。そして症状がある人はしっかり休むのが望ましい」と訴えている。

■山梨県
日本経済新聞 2017/6/14 13:04
プール熱、過去10年で最多 手洗いなど予防呼び掛け
 子どもに多い咽頭結膜熱(プール熱)が流行し、患者が2007年以降で最多となっていることが、国立感染症研究所の調査で14日までに分かった。夏場にかけてさらに流行拡大が心配されるため、同研究所は手洗いなど予防に努めるよう注意を呼び掛けている。
 同研究所によると、4日までの1週間に報告された1医療機関当たりの患者数(速報値)は全国で0.95人で、既に過去10年のピークの患者数を上回っている。都道府県別は山梨県が3.29人と最も多く、北海道(2.02人)、奈良県(1.53人)、鹿児島県(1.51人)と続いた。
 咽頭結膜熱は、ほとんどは自然に治るが、まれに重症化することがある。予防には、手洗いをまめにするほか、プールで他人と別のタオルを使うことが重要という。〔共同〕

■東京都
医療介護 CBニュース 2017年06月16日 14:30
首都圏でプール熱猛威、東京は過去10年最多  警報レベルの地域続出
 首都圏で、のどの炎症や結膜炎などの症状が出る咽頭結膜熱(プール熱)が猛威を振るっている。5日から11日までの週の患者報告数は、東京など4都県で軒並み増加し、警報レベルの地域が続出している。東京都は「過去10年で最も高い値」と指摘。患者が増加傾向の自治体は、手洗いの徹底やタオルの共有を避けるといった感染予防の徹底を求めている。

■群馬県
上毛新聞  2017年6月17日(土) AM 06:00
プール熱流行の兆し 県内、最多年上回る 注意呼び掛け
 子どもに多い咽頭結膜熱(プール熱)が全国で流行している。
 群馬県内で11日までの1週間に報告された1医療機関当たりの患者数は0.74人で、過去10年で最多だった2011年の同期(0.72人)を上回った。夏場にかけて感染が拡大する恐れがあり、専門家は注意を呼び掛けている。

■宮城県
河北新報 2017年07月03日月曜日
<プール熱>感染、過去5年で最多
 乳幼児を中心に感染する「プール熱」と呼ばれる咽頭結膜炎の患者が、過去5年で最も多いペースで発生している。例年夏に流行のピークを迎えるため、宮城県が注意を呼び掛けている。
 県疾病・感染症対策室の担当者は「流行の原因は不明だが、全国的にも増加傾向にある。せっけんと流水による手洗いの徹底、タオルの共用を避けるなど予防に努めてほしい」と話す。
posted by ZUKUNASHI at 19:06| Comment(0) | 福島原発事故

ポルトガルの軍基地から手榴弾などが盗難

RT52017/7/4
Grenades, rocket launchers & plastic explosive charges stolen from Portuguese arsenal - report
The Portuguese military is investigating the theft of a massive arms cache at one of its bases. A Spanish news outlet revealed the extent of the heist, reporting that the thieves got their hands on grenade launchers and a vast quantity of explosives.

Grenades, grenade launchers, 9mm ammo, explosives, and other military equipment disappeared from a Portuguese military base in Tancos, some 100 kilometers northeast of Lisbon, last Wednesday.

The Portuguese Army disclosed that the robbery had taken place the next day, but did not share the details with the public. On Monday, Spanish news outlet, El Espanol released an alleged list of the military equipment stolen.
posted by ZUKUNASHI at 17:05| Comment(0) | 国際・政治

季節のご挨拶 今年の夏は暑いそうです 

ユリが咲きました。






徘徊の途中で出会いました。



谷津バラ園の前で

posted by ZUKUNASHI at 14:54| Comment(2) | 日記

シリアでの化学物質による攻撃キャンペーンにロシア、シリアが強く反駁

‘Chemical show’: Moscow slams latest claim of toxic gas use in Syria
Western media are putting on a ‘chemical show’ fueled by carefully crafted messages that pin the blame on Damascus for the alleged use of chemical weapons, Russia’s Foreign Ministry spokeswoman has said in response to the rebels’ latest claims of toxic gas attacks by Syria’s government.

On Saturday, the Failaq Al-Rahman group, an Islamist Syrian rebel cell affiliated with the Free Syrian Army (FSA) accused Damascus of discharging chlorine gas in two neighborhoods of the Eastern Ghouta region, where the rebels are engaging Syrian government forces.

The statement produced on behalf of the FSA is nothing more than a "testament" of the official disinformation campaign which has already been launched against the government of Syria, Maria Zakharova said in her Facebook post Monday night.

While the rebel group claimed that more than 30 people suffered suffocation, the Syrian military immediately denied the accusations, calling them “false and baseless.”

“The General Command refuted these claims part and parcel, affirming that it never used chemical weapons before and will never use them as it doesn’t even possess them,” Sana reported.

“The chemical show is gaining momentum. The report on ‘Toxic gas attacks in Eastern Ghouta’ is another testament that the media campaign against Damascus has been launched," Zakharova wrote.

Incorporating an English copy of the FSA press release on the chemical attack, the vigilant spokeswoman pointed out the meticulously crafted wording of the document.

"I want to emphasize the impeccable English language[in the release], which could be seen in such international documents as the UN Security Council’s resolutions and others,” Zakharova wrote.

The Russian foreign ministry spokeswoman emphasized that the language in the document follows “all canons of the Western press-services,” and was apparently drafted intentionally with a purpose of fueling the anti-Assad campaign.

“This is not conversational English… It is the language used in international legal communications. These are the phrases that will then be offered by our Western colleagues... for example, in a draft Security Council statement condemning ‘chemical attacks by the regime against civilians,’” Zakharova said.

Calling the rebels’ press release “only a prelude,” Zakharova warned of further provocations and a continuation of a disinformation campaign.

Over the weekend, Zakharova warned that “many fakes” may soon hit news outlets alleging chemical weapons use by Damascus. In her post Sunday, Zakharova questioned the validity of videos of the chlorine gas attack.

Moscow’s warnings of chemical attack news fabrications follows the White House announcement last week which claimed that “potential preparations” for another chemical weapons attack by the Assad government were underway.

“If Mr. Assad conducts another mass murder attack using chemical weapons, he and his military will pay a heavy price,” the White House said.

In addition to Washington, the newly elected French President, Emanuel Macron, said France too could unilaterally strike Syria if chemical weapons are used there.

“If it is proven that chemical weapons are used on the ground and we can trace their provenance,” France may conduct unilateral strikes “to destroy the stocks of identified chemical weapons,” Macron said last month.

On Monday, Syrian deputy foreign minister Fayssal Mikdad told reporters that Washington should think twice before launching another strike.

“We will not be surprised if the US would commit new attacks on Syria, but the US must accurately account the reactions of Syria and its allies,” the official said, according to Sana.

posted by ZUKUNASHI at 12:12| Comment(0) | 国際・政治

この夏は体調管理に特に注意 病院は患者を待っている

この夏は、日本も猛暑になるとの予想があります。
生き抜くために体調管理に気をつけましょう。

急に暑くなって、自家製パンがあっという間にカビだらけになります。保存料を使っていない食品は、腐りやすい。

食中毒に注意!

経験のない体調悪化が生じたら、すぐに病院へ!

病院では、聞かれない限り被曝うんぬんを口にすることは控えましょう。よほどできる医師でなければ、どう応答したらよいか分からないため、不機嫌になったりします。

とにかく、診察をしてもらって、要すれば他の病院への紹介状を書いてもらうことが大事です。

どうせ、一般人には対処療法しかやってくれません。体調悪化のときはとにかく他の深刻な疾病に進行しないようにすることが大事。

病院や医師にとって、被曝症状の蔓延はビジネスチャンスでしかありません。彼らは、患者を歓迎してくれます。
posted by ZUKUNASHI at 11:25| Comment(1) | 福島原発事故

米ロの核戦争になれば誰も生き残れない プーチン

次の記事は、オリバー・ストーンによるプーチンのインタビューです。読者の評価が高いので関連動画を含め、ポイントを日本語に訳してもらいました。

RT2017/6/7
‘Nobody would survive’: Putin to Oliver Stone on ‘hot war’ between Russia & US
No country on earth would survive should the world’s most powerful nuclear states unleash their atomic weapons, Vladimir Putin has said. His remarks form part of a series of interviews with American film director Oliver Stone.

The question of whether the human race would survive a potential global nuclear war has tormented the minds of generations, and indeed Stone, who wondered if the Russian president believes the US might emerge victorious if such a conflict were to break out.

“In a hot war is the US dominant?” the American director asked the Russian president.

“I don’t think anyone would survive such a conflict,” Putin replied in a short Showtime teaser, a precursor to a documentary titled 'The Putin Interviews' that will be aired next week.

(要点訳)

「誰も生き残れないだろう」:ロシアと米国の「全面戦争」について、オリバー・ストーンにプーチン大統領が語る。

ウラジミール・プーチン大統領は、「世界最強の核保有力国どうしが核爆弾を発射しあえば、地球上のいかなる国も生き残ることはできない」と語った。これは、アメリカの映画監督、オリバー・ストーンとの一連のインタビューの中での彼の発言だ。

可能性としてありうる地球規模の核戦争から、人類が生き残れるかどうかという疑問は、あらゆる人を困惑させ続けてきた。そして、そのような紛争が勃発したならアメリカが勝利する可能性があると、実際にプーチン大統領が信じているか否かストーン監督は知りたいと考えていた。

「アメリカは全面戦争で優位か?」とストーン監督はプーチン大統領に尋ねた。

「誰もこのような紛争で生き残ることはできないだろうと思っている」プーチン大統領は、ショータイム・テレビ局で来週放送される「プーチン・インタビュー」というドキュメンタリー番組の予告編の短いさわりの中で答えた。
(ここまでSYさんの翻訳による)

次いで、プーチン大統領は、彼がロシアの軍事戦略と戦術を正確に把握していることを示した。予告編では、状況分析室にいるストーン監督とプーチン大統領が映し出されている。そこで、プーチン大統領は、自身がシリア戦域における進展を掌握していることを示した。
「パイロットは、次の攻撃を試みると言っている。」プーチン大統領は、軍用ジェット機からのライブ映像をスマートフォンで見せつつストーン監督に語る。

ストーン監督は、冷戦時代以来、最悪の状況にあるとアメリカ、ロシアともに認めている両国関係が改善する見込み(原文は「希望」)はあるのかと大統領に問いかける。
「常に望みはある。アメリカが我々をいよいよ墓場に葬るところに来るまではね。(直訳:彼らが我々を墓場に連れ出し、埋める準備ができるまでは)」とプーチン大統領は答える。

上記予告編以外に、ショウタイム・テレビ局は、ロシア及びNATO(北大西洋条約機構)関係、並びにロシア大統領暗殺のあまたの試みに触れた、2つのインタビューをウェブ上に掲載している。

プーチン大統領は、NATOをアメリカの外交手段にすぎないと評し、同盟国はアメリカの“子分”にならざるを得ないと言う。
READ MORE: Putin to Oliver Stone: I suggested Russia joining NATO to Clinton, he ‘didn’t mind’

「ある国がNATOのメンバーになると、アメリカの圧力に抗うのは難しい。そして、突然その国内に兵器システムが配備されるのだ。弾道弾迎撃ミサイルシステム、新たな軍事基地、そして必要とあらば新たな攻撃システムが。」プーチン大統領は説明する。
ロシアは、増大し続けるNATOの脅威に対し、対抗措置を取らざるを得ない状況にさらされており、よってロシア国境沿い武装した軍を増強したとプーチン大統領は言う。
「我々は、自国のミサイルシステムの照準を、我々に脅威を与えている(軍事)施設に当てざるを得ない。緊張は一層高まりつつある。」とプーチン大統領は言う。

3つ目のクリップ(訳者注:おそらく2017年6月1日(木)に公開されたショータイム・テレビ局のもの)では、ストーン監督は、プーチン大統領は、最低でも5回暗殺を免れたという確かな情報を得たとしており、また、プーチン大統領自身、いずれも彼の護衛チームにより阻止されたことをほのめかしている。
「私は自分の任務を、護衛チームは彼らの任務を遂行するだけだ。彼らは、今もよくやっているよ。」プーチン大統領は付け加える。「私は彼らに(全幅の)信頼を置いている。」

ロシアのことわざを思い出しつつ、プーチン大統領はストーン監督に語った。「絞首刑に処せられる運命の者は溺死などしないものだ。」(訳者注:本記事においては、「政治的使命がある者は、卑近な事故で死んだりしない」、そうやすやすとは殺されないという意味で使っていると解されよう)

READ MORE: ‘It's very important we hear what Putin has to say’ – Oliver Stone

「大統領、貴方の運命はどのようなものか、ご存じか。」ストーン監督は問う。
「それは神のみぞ知ることだ、貴方のも私のもね。」とプーチン大統領は答える。「それは、いつか我々そして全ての人々の身に起こることだ。その運命の日までに、この絶え間なく変化する世の中で何をなしたか、そして、自らの人生を謳歌したかが問われるのだ。」
(意訳:Japanese fugitive)

(初出 2017/6/8 追記 7/4)
posted by ZUKUNASHI at 10:57| Comment(6) | 国際・政治

クルドの動きにイラク、イラン、シリア、トルコ、ロシアが警戒か

FARSNEWS2017/7/3
Iraqi FM Warns Kurds against Provoking Neighbors

TEHRAN (FNA)- Iraqi Foreign Minister Ibrahim al-Jaafari warned the Kurdish authorities and people against any unwise action that might enrage the neighboring states.

“Iraq is no longer as it was before. Kurds today enjoy their full rights," Jaafari was quoted by Asharq al-Awsat as saying.

He added that Kurds are found in the three authorities, sovereign ministries and the parliament – not only Kurds but all groups.

Al-Jaafari stressed that when dealing with the Kurdish issue, it should be taken into consideration that Iraq is host to the Kurdish community while neighboring countries also host similar populations and any unwise action would provoke Turkey, Iran, Syria and Russia.

His remarks came as the Iranian officials and politicians have always underlined the necessity for respecting Iraq's unity and territorial integrity.

Head of the Strategic Research Center of Iran's State Expediency Council Ali Akbar Velayati stressed in May that his country has focused all its efforts on foiling plots to weaken and disintegrate the regional states.

"The Islamic Republic of Iran aims to prevent the regional countries' weakening and disintegration and it can play an important role in line with international peace and stability," Velayati said in a meeting with German Deputy Foreign Minister Markus Ederer in Tehran.

He underlined that Iran has always stood against enemy plots in the region and fought against terrorism to strengthen global peace and stability.

Velayati, meantime, voiced regret that certain countries aren’t interested in resolving regional problems and rather seek to further complicate them.
posted by ZUKUNASHI at 01:58| Comment(1) | 国際・政治

ホイップクリームディスペンサーの爆発事故が起きています

RT2017/7/3
Just two weeks after popular French fitness blogger Rebecca Burger was killed when a whipped cream dispenser exploded, a similar incident has left a French mom injured.

The unnamed mother in the small town of Trémery, in the east of the country, was reportedly injured when a whipped cream dispenser exploded while she was making dessert at her four-year-old daughter’s birthday party.

The woman suffered an injury to her leg as a result of the explosion. "I shook the bottle and then it just exploded," the victim told local radio, as cited by The Local.

"At the time, I did not understand what was going on and did not feel anything. It was only when I saw the blood I realized.”

"It was terrible, the lid was gone and the cannister was lodged in the ceiling. When I saw the 15cm hole that it made, I thought if I had been hit it in the head, I would have been finished," she added.
posted by ZUKUNASHI at 00:48| Comment(0) | 国際・政治