ずくなしの冷や水

2017年07月02日

米国が予告した「シリア政府軍の化学薬品による攻撃」があったと 米ロ衝突いよいよキックオフか

RT2017/7/2
Zakharova: Propaganda campaign on ‘Damascus using chemical weapons’ is launched

A propaganda campaign to blame Syria’s government for alleged use of chemical weapons has begun, Russian Foreign Ministry spokeswoman Maria Zakharova has warned, adding that the effort is expected to be massive and include “many fakes.”

“As we warned a few days ago, a media propaganda campaign on the ‘use of chemical weapons by Damascus’ has begun,” Zakharova wrote on Facebook.

Zakharova’s post was accompanied by a screenshot from a video being shared on social media allegedly showing a hospital in eastern Ghouta. The speaker in the video claims the people he is filming have been affected by “chlorine gas used by the regime.”

“There will be more of such videos, and they will be of different quality – either low-grade, like this one or of Hollywood level. There will be many fakes, the planned campaign is a massive one,” the Foreign Ministry spokeswoman said.

On Saturday, a Syrian rebel group accused government forces of using chlorine gas against its fighters east of Damascus.

A Reuters report cited a militant group called Failaq al-Rahman which alleged that more than 30 people had “suffered suffocation as a result of the attack in Ain Tarma in the eastern Ghouta region.”

The Syrian army command denied the allegations in a statement run by state media saying that the army “has not used any chemical weapons in the past, and will not use them at any time.”

Syria also dismissed a report from the UN’s Organization for the Prohibition of Chemical Weapons (OPCW) on a chemical incident in the town of Idlib in April as one-sided, lacking evidence, and aimed at encouraging terrorists, as they are being defeated in many parts of Syria.

An OPCW report therefore “comes up with a fabricated and contrived narrative that has no credibility and cannot be accepted in any manner, because it is removed from logic and is concocted by a twisted imagination that only thinks about weaving conspiracies,” the Syrian Foreign Ministry’s Saturday statement said, as cited by Syria’s state SANA news agency.

FARSNEWS2017/7/2
Syria Denies Using Chemical Weapons in War-Hit Country

TEHRAN (FNA)- The General Command of the Syrian Armed Forces stressed that claims made by some terrorist-affiliated websites about the Syrian Army's using of chlorine gas against militants of Faylaq al-Rahman in Ein Terma region in Eastern Damascus are false and baseless.

The General Command said that some websites affiliated to the terrorist groups are releasing false and baseless reports claiming that the army used chlorine gas against the terrorists of Faylaq al-Rahman in Ein Terma region in the Eastern Ghouta.

The General Command refuted these claims, reiterating that it never used chemical weapons before and will never use them in future as it doesn’t even possess them, asserting that "such lies and false narratives have become apparent to everyone and cannot fool anyone, as they are fabricated by the terrorist groups to justify their defeats and heavy losses whenever the army makes progress in a battlefield".

Meanwhile, a diplomatic source told Sputnik that officers of the Russian Center for Syrian Reconciliation deployed on Saturday in the al-Qabas quarter of Damascus do not confirm the alleged use of chemical weapons by the Syrian troops.

"On late July 1, a group of officers of the Center for Syrian Reconciliation worked in Al-Qabas quarter adjacent to the settlement of Ein Terma. They did not register any 'use of chemical weapons' by the government troops from this quarter of neighboring areas," the source stressed.


Russian Ministry of Foreign Affairs said in a statement Wednesday that Moscow perceives allegations made by the White House that Syria could be preparing a chemical attack as an "invitation" for terrorists to launch a provocation using chemical weapons.

"
Kremlin Spokesperson Dmitry Peskov pointed out that the Syrian government cannot be held accountable for the April 4 chemical attack in the Idlib province "because, as you know, despite all of Russia's demands, an unbiased international investigation of the previous tragedy has not been carried out."
posted by ZUKUNASHI at 23:13| Comment(0) | 国際・政治

イラン、トルコ、イラク、シリア、ロシア、カタールの同盟ができる?!

この記事に出てくるAtwan氏は、英国でアラブ関係の新聞を発行しています。社員は3人程度のようですが。彼の分析は、手堅いものがあり参考になります。今回、米国がクルドに肩入れを強めたため、シリアに対するテロリストの攻撃に見合うクルドの攻撃をトルコが受けることになり、アサドとエルドアンの利害が重なる面が出てきたというのは、興味深い指摘です。
カタール問題とシリア問題のつながりがいまひとつ分かりにくいのですが、親ロシアを軸に同盟ができるというのはありうることだと考えます。


FARSNEWS2017/7/2
Arab Analyst: Qatar Likely to Join New Coalition in Middle-East
TEHRAN (FNA)- Abdel Bari Atwan, the editor-in-chief of Rai al-Youm newspaper, said the developments in the Middle-East have increased the possibility of the formation of new coalitions among Iran, Turkey, Iraq, Syria, Russia and even Qatar.

Atwan underlined that exacerbated crisis between the Arab states and Qatar and the decreasing possibility for an agreement to end the current tensions in addition to Ankara's direct interference and dispatch of military forces to Doha all can leave a positive impact on the crisis, specially after ISIL's recent defeats in Mosul and Raqqa.

He added that the relevant sides to the crisis in Syria have focused attention on Qatar and the crisis in its relations with certain Arab states, specially Saudi Arabia. "Turkey and Iran are standing on the side of Qatar. Tehran has sufficed to opening its airspace and ports to the Qatari planes and ships, but Ankara has gone further and sent military forces and tanks to the tiny Persian Gulf Arab country".

Atwan said Turkey is now after a peaceful settlement of the crisis in Syria after realizing that a military solution is impossible and after the US growing support for the Kurds and it has understood that confronting this threat is not possible without allying with Syria, Iraq and Iran in case it loses the US and Saudi support.

Noting that Russian President Vladimir Putin acts like a gate for Erdogan to enter the Iran-Iraq-Syria coalition, and that Qatar may also join this coalition at a later stage, he said that now the interests of Erdogan and Bashar al-Assad have overlapped under the influence of the crisis in Qatar and therefore, there is a possibility for their rapprochement after 7 years of differences.

Meanwhile, Qatar announced that Doha will not meet any of the 13 demands made by Saudi Arabia and its allies, offering instead "a proper condition for a dialogue" to resolve the [Persian] Gulf crisis, but Riyadh reiterated that its demands to Qatar to end the stand-off in the [Persian] Gulf were "non-negotiable".

The split among the Arab states erupted after US President Donald Trump visited Riyadh where he accused Iran of "destabilizing interventions" in Arab lands.
posted by ZUKUNASHI at 22:26| Comment(0) | 国際・政治

説教時にバグダーディの死を示唆した司祭に火あぶりの刑を命じたのは誰か

FARSNEWS2017/7/2
TEHRAN (FNA)- A well-informed local source in Northwestern Iraq reported that ISIL has burned Abu Qatibeh alive on charges of implying the death of Abu Bakr al-Baghdadi, the terrorist group's ring leader, in his sermon on Friday Prayers in the town of Tal Afar.

The sources said that only a few hours after arresting Abu Qatibeh on charges of internal sedition, the terrorist group burnt him in front of tens of people in the Central part of Tal Afar.

"Abu Qatibeh, who was a close friend to al-Baghdadi, implicitly endorsed earlier revelations about the death of ISIL's ring leader and cried for him in his Friday Prayers sermon, which raised several questions. ISIL kept mum on the issue at first, but later arrested him and executed him on charges of sedition," the source went on to say.

Earlier today that ISIL militants stormed the house of Friday Prayers leader in the town of Tal Afar Abu Qatibeh and arrested him over his remarks about the fate of al-Baghdadi on Friday.

"ISIL members laid siege on the house of Abu Qatibeh, who is a close friend to al-Baghdadi, and arrested him. Abu Qatibeh did not resist against arrest," the source said.

"Abu Qatibeh's arrest was done one day after he implied al-Baghdadi's death, causing vast arguments among ISIL members about their leader's fate," the source went on to say.

The source went on to say that the ISIL has kept mum on the fate of Baghdadi and it has not thus far rejected his death in an airstrike in Syria a few weeks ago, adding that ISIL's silence about the death of al-Baghdadi is perhaps related to the decision about his successor.


TEHRAN (FNA)- A local source in Nineveh province in Northwestern Iraq reported that the ISIL has vowed to punish those who dare to talk about the death of the terrorist group's ring leader Abu Bakr al-Baghdadi.

The source said that ISIL announced in a statement in the town of Tal Afar West of Mosul city that it will whip everybody who talks about the death of al-Baghdadi.

The source pointed to the sermon of one of the closest friends to al-Baghdadi in Tal Afar Friday Prayers and his implied reference to the ISIL chief's death, and added that ISIL has vowed to give 50 slashes to anyone mentioning or discussing the death of al-Baghdadi.

FARSNEWS2017/7/3
Northwestern Iraq: Leaflets on Al-Baghdadi's Death Distributed across Tal Afar
TEHRAN (FNA)- A local source in Nineveh province reported that hundreds of leaflets and flyers speaking of the death of ISIL's ring Leader Abu Bakr al-Baghdadi have been distributed by unknown people in the Central part of the town of Tal Afar.

"A number of these leaflets have been distributed along the roads. Some similar flyers have also been found on the walls in trade centers. The leaflets and flyers carry normal logo and emblem of the ISIL. The literature used in them is the same as the one always used by the ISIL, but the terrorist group has gone on alert and launched a search operation to find those that have released and distributed the papers," he said.

"The way the flyers have been written and the fashion of their distribution, though, indicates that those behind the move are from most influential ranks of the ISIL terrorist group," the source went on to say.
posted by ZUKUNASHI at 22:09| Comment(0) | 国際・政治

北関東は甲状腺異常が増えていると推定されます

プルーム襲来のデータなどから北関東で甲状腺異常が多発している恐れがあると判断し、2016年末に次の記事を書きました。

2016年12月26日
群馬県は甲状腺異常が多発している恐れがあります

栃木県では一部の市で浄水土から未だに放射性ヨウ素が検出されています。2016年度分を見ても継続的に放射性ヨウ素が検出されています。

何年も前からあまり変わらない水準で検出されており、排出源が不明です。福島第一原発からの飛散分が検出された可能性もありますし、甲状腺の治療に使われたものが検出された可能性もあります。

後者が主因であれば、甲状腺異常の発症と治療が一定の水準で続いていることになります。

下野市には自治医科大学があります。若木浄水場は思川、羽川西浄水場は姿川からの取水のようです。仮に上流の下野市の医療機関からの排水が影響しているとすれば、ずいぶん治療件数が多いということになりましょう。
posted by ZUKUNASHI at 10:48| Comment(0) | 福島原発事故

千葉11区 人口動態悪化の原因は何だろう



出生数はこの1年で10万人当たり5人の減です。産婦人科医でも鈍い人は気付かないでしょう。不妊治療に追われているかもしれません。

死亡率はこの1年間で10万人当たり7〜8人の増です。月110人が117人に増えても一般の方は分かりません。斎場は賑わっていますが。

一般人が気付けるのは、原因不明のまま血液検査の数値が悪化する人が増えるような場合だけです。

以下に外房関係の既出記事を掲げましたが、まだ現地情報が不足です。千葉11区は東西に長く50km以上あります。

この地域のアルファ線源、ベータ線源の降下状況を調べないとなんとも言えませんが、初期吸気被曝が影響している可能性がさらに強まりました。



出生死亡比率の変化を小選挙区内の市町村ごとに見ます。町村は人口規模が小さく、他の要因の影響が大きくなります。

東金、大網白里、茂原の低下が大きい。間違いありませんね。

この地域ではありませんが、2011/3/20午後のプルームに曝露した方の中には、難病を発症された方もおられます。体調不良が強い場合、大きな病院で詳しく診てもらってください。

この地域であれば、外来患者で大変な混雑だと聞きますが、千葉大学付属病院が候補です。千葉市内の病院では近年医療過誤が続いています。的確な診断ができるところは少ないでしょう。

外房の水道システムは複雑な仕組みになっているようです。香取市で利根川から取水し、導水路を経て栗山川に流し、それを下流で取水しているほか、東金ダムや長柄ダムからの取水もあるようです。利根川河口の水は汚染が強いともされています。

外房にお住まいの方は、水道水の汚染がありうるとの前提で対処されたほうが良いかもしれません。

2017年04月28日
千葉11区外房地域の人口動態急悪化の原因はなんだろう

2017年01月02日
この先の健康被害は? 千葉県11区外房
(アーカイブに収録)

2017年01月01日
千葉県東部から北海道に避難した方からのお便り

2016年12月23日
外房で2015年某月某日RADEX1503が2.3μSv/hを検出 原因は?
(アーカイブに収録)

2016年11月21日
千葉県外房地方でも甲状腺異常

2016年02月28日
千葉県の外房側は初期吸気被曝が多かった可能性があります

posted by ZUKUNASHI at 10:28| Comment(0) | 福島原発事故

何を隠そう 私は「神経質な人」「変わり者の人」

2017/7/1のモトコさんの投稿に「私は『神経質な人』『変わり者の人』と言われています」とあります。管理人は、お会いしたこともありませんが、運営されているブログなどを拝見しても、「神経質」な感じの人だろうかという強い疑問があるのですが、それは置いておいて、主義に賛同する声が続々と。

管理人は
「神経質な人」「変わり者の人」でないとこれからは生きられません。

次は、よんたさんから。
神経質な人、変わり者の人を、私も目指します。一番困るのは人との付き合いの中で頂き物をしたり、会食の中で手作りのお寿司などを出されたりするときです。

付き合いだから仕方ないか、は止めて、「いやー、オナカ弱くて困ってるんですよ、外じゃ何も食べられなくて」とか何とか言って絶対食べない、そんな感じにしてみます。

いくら勧められても食べない、というのは意志力が必要ですし、気まずさも覚悟、ということになりますが。ま、嫌われたら嫌われたで後はご縁に任せましょう。む

SYさん
「私は『神経質な人』『変わり者の人』と言われています」なんて、そんなに自己卑下しなくてもいいんじゃないでしょうか?

個人的に、被爆に無頓着な人は既に死んでいるも同然と思っています。付き合いに投資する価値は皆無です。もちろん死んだとしても香典など用意するつもりはありません。人間関係の整理に大鉈振るう基準がはっきりしてむしろ楽になりました。そう長くはない方々との付き合いを整理しても影響はたかが知れています。

被爆回避して長生きしそうな人の方が、後々まで続く分、頑固で付き合いにくそうな気配すらあります。(自分のことか?)

モトコさんから
「神経質な人」「変わり者の人」と言われることは、良いこともあります。
今はもう、そういう人だからと言うことが定着したので、
「寿司を食べに行こう」とか「バーベキューしよう」とか誘われなくなりました。
事故後すぐは放射能が怖いので食べないとはっきり言っていたのですが、大変、お互い感情的になり穏やかに暮らせなくなることが身に染みたので、その後は偏食が激しくて肉も魚も食べられない、あれもこれも嫌いで…と。
それでも人の好い年配者(複数人)などがいろいろ届けてくれるのですが、
「これなら食べるでしょ?」などと…。
その場で食べなくて済むので、ホットスポットのみかんとか、
タケノコとか、伊豆の椎茸とか、福島の海苔(!)とか、静岡茶はニッコリありがとうと受け取って、見つからないように捨てました。
先日は鹿児島産のマンゴーだったので、これはありがたくいただきましたが。

ご縁に任せる…ホントにそんな感じですね。

そういえば、先日、初めてお会いした方と今の国のあり方や
食品に関しても大変話が合い、盛り上がりました。
が、「放射能に関してはどう考えますか?」と聞いたとたん、
「あら、もう私行かなきゃ」と露骨に私から去った人がいました。
未だにあれは何だったんだろう?と不思議でなりません。

・・・引用終わり・・・

相手に気遣いのある皆さん(SYさんを除く)に比べると、管理人は自分の性格が悪いことを痛感します。

頂き物をしたとき・・・満面の笑顔でありがとうと受け取り、産地を確かめて許容産地でないときはすぐ捨てる。

(例外もあります。富山の干し柿(1個500円相当)を持ってきてくれたときは、さすがにリスクをほのめかすべきと考えて食べない、いらないと断りました。先方は放射脳の私の反応を見ています)

会食の中で手作りのお寿司などを出されたとき・・・危なくなさそうなものをちょっとだけ食べて、「おいしーい」と大きめな声で誉めて後は何も食べない。

そもそも会食は徹底して避ける。年2回の長年の友人からの誘いだけは断らないが、場所は焼き鳥屋。知人が高級すし屋でおごってくれると誘ってくれるが、いつも固く断っていたら先方もようやく理解した。(決め手は、そんなところで飲み食いしたら皮膚に水膨れが出来るぞと脅かした。その知人はサービス業)

会食を断るのに苦労するような相手とは、既に付き合いがなくなった。
posted by ZUKUNASHI at 09:58| Comment(0) | 福島原発事故

なぜテロリストは街を国土をここまで荒廃させるのか

イラク モースル アル・ヌーリ大モスク周辺




テロリストは、無数の迫撃砲弾や爆弾を使用して街を破壊しています。巨額にのぼるその調達費用を誰が出したのでしょう。テロリストは手弁当のボランティアではありません。その賃金は誰が支給したのでしょう。

石油を盗んで金に換えた? 動くパイプラインと呼ばれたタンクローリーはロシア軍によって破壊されました。それでもテロリストは活動を続けています。

住民を殺し、街を国土を荒廃させ、「復興するならカネを払え、石油などの資源でもいいぜ」


地下資源が狙いであれば、人はいなくなったほうが開発は進めやすい。住民の生活インフラも不要となります。

シリア アレッポ 南部の工場地帯と住宅地域




米国は、正規軍による侵略は米国人兵士の消耗があり国内での反対が強いのでテロリストを使った侵略に切り替えました。イラク、シリアでテロリストが決定的に劣勢となり、なりふり構わず米軍がシリア政府軍攻撃をしかけつつあります。

ロシア軍と米軍の直接衝突がいつ発生してもおかしくない状況です。
posted by ZUKUNASHI at 08:43| Comment(1) | 国際・政治

シリアでの米ロの衝突は事実上始まっている

2017年07月01日
ISISを使った国家破壊が失敗へ 米国はどう巻き返すかの続き

テロリストを事実上の傭兵としてイラク、シリアを侵略してきた米国主導勢力は敗北の瀬戸際にあり、米国内の戦争屋、イスラエルやサウジからのホワイトハウス、ペンタゴンに対する突き上げは激しいものがあるはずです。

テロリストを使ったシリア侵略が失敗したのであれば、背後にいた米軍が前面に出るしか、所期の目的を達成する手段はありません。

次の米国国連大使のツイートが、何よりも今の米国の立場をあからさまに語っています。


米国国務省は、一時アサド退陣はシリア問題解決の前提条件ではないとしていましたが、簡単にひっくり返りました。

ロシアの新聞イズベスティアによれば、 米国はロシア外務省に対し、シリアのレジムチェンジを主張し、アサド退陣まではシリア危機を終わらせるためのいかなる協力をも開始することを拒んだと伝えられています。

シリアの軍事筋は、テロリスト側の次なる偽旗作戦の準備行動を把握しているようで、近い将来、ダルラ州で実行するとの見込みをロシアが米国に警告しています。



これは、ロシアが米国に、お前の策謀、挑発は全部把握しているぞと伝えたことにほかならず、当然24時間、衛星やドローンで監視していますから、テロリストは動きが取れないことになります。

2017/6末にゲラシモフがフメイミム基地を訪れ、アサドの視察の案内をするとともに、シリア、ロシアの戦略の打ち合わせをしたと伝えられています。この時の様子が画像でかなり詳しく伝えられており、ロシアが最新兵器を増強していることが分かるような報道内容になっています。

そして、ロシア軍が戦闘機などの増派を予定していることも伝えられています。ロシアは、米国が挑発を強めていることから衝突もありうるとの見通しで、態勢を整えています。国会議員からもシリアで衝突があれば決然と対処すべしとの声が出ています。

米国の出方次第では、何時衝突が始まってもおかしくありません。

posted by ZUKUNASHI at 00:26| Comment(2) | 国際・政治