ずくなしの冷や水

2017年06月10日

Syrian Forces Reach Borders with Iraq

FARSNEWS2017/6/10
TEHRAN (FNA)- The first units of the Syrian Army troops and popular forces continued to advance against the terrorist groups in Syria's Badiyeh (desert) and deployed at the borders with Iraq Northeast of al-Tanf border-crossing, starting to fortify their positions in the region, a military source confirmed.

The source reported that the Syrian pro-government forces managed to advance against the terrorists from Jaliqam crossroad and Khebreh al-Shahmeh 4km away from al-Tanf border-crossing and al-Zarfa crossroad that end up in the towns of al-Mayadeen and Albu Kamal in Southeastern Deir Ezzur, reaching the border with Iraq after prevailing over the defense lines of the terrorists of al-Soud al-Sharqiyeh and going 30km deep into their positions.

The source further said that with the recent advance, the army has closed off the path to the US and British forces, preventing their penetration from Southern Syria to the Eastern Deir Ezzur province.

The source went on to say that deployment of the Syrian forces at the border with Iraq along with the final operation of the Kurdish-led Syrian Democratic Forces (SDF) in Raqqa and simultaneous advances of the Syrian soldiers from Southeastern Aleppo towards Western Raqqa will have such positive impacts on the trend of the liberation of Raqqa and Deir Ezzur cities that will end in the collapse of the ISIL front in the two regions in coming days.

The sources added that the ISIL terrorists in Raqqa and Deir Ezzur are under the siege of the SDF from the Northern and Western directions and the army and its allies form the South and South-West, while the Iraqi army and the volunteer forces of Hashd al-Shaabi have laid siege on ISIL in Raqqa and Deir Ezzur from Iraq's Western border.

In the meantime, arrival of the Syrian army troops at the borders with Iraq will benefit Jordan because it will block ISIL's transfer of its fighters from the South.

A report said last week that the US-led coalition reinforced its positions near Syria's al-Tanf amid increasing presence of pro-Syrian government forces in the area.

"There are about a couple hundred both coalition forces and our partnered forces [near al-Tanf]. We have increased our combat power in that area," Operation Inherent Resolve spokesperson Col. Ryan Dillon told reporters, Sputnik reported.

Dillon noted that the pro-government force that is currently well within the deconfliction zone, is a "small element," but it is not moving out of the area.

"We have not established a deadline for them [to leave]. We have made it very clear, however, that their presence inside of the deconfliction zone is considered a threat," he added.

Dillon stressed that another cause of concern has been the buildup of pro-government forces that are outside the deconfliction zone.

On May 18, a US defense official announced that the US-led coalition struck the Syrian army near the town of al-Tanf in the area of an established "deconfliction zone" with Russia. The coalition strikes occurred near al-Tanf, where US' and British special operations forces have been training Syrian rebel fighters near the border with Iraq and Jordan.

FARSNEWS2017/6/10
Washington, Moscow Agree on Syrian Forces' Control over Borders with Iraq
TEHRAN (FNA)- The Arabic-language media sources reported that the US and Russia have concluded an agreement that ensures the Syrian Army troops' control over its borders with Iraq.
Al-Hadath news website reported that based on an agreement between the White House and Kremlin control over the Syria's border with Iraq, specially al-Tanf region will be delivered to the Syrian forces.
Based on the reports, the US forces' attacks on the Syrian Army's positions in the border regions have been carried out to estimate the Syrian forces' firm will to regain control over its border with Iraq, mainly al-Tanf border-crossing.
In the meantime, al-Hadath quoted some sources as saying that based on the American-Russian agreement the Syrian Army is allowed to advance in the border regions along with its popular allies provided that they do not merge with the Iraqi popular forces of Hashd al-Shaabi.
Based on the agreement, there must not be any confrontation between Hashd al-Shaabi and the Kurdish-led Syrian Democratic Forces (SDF) or between the Syrian Army troops and the SDF.
Reports said on Monday that a terrorist group affiliated to the Free Syrian Army (FSA) set up a new base with the US-led coalition forces' support Northeast of al-Tanf military base in Southern Syria.
Mohanad al-Talla'a, the commander of FSA-affiliated Jeish al-Maqawir, said that the new base was set up in al-Zakaf region 60km Northeast of al-Tanf base and with 130km distance to the town of Albu Kamal in Eastern Deir Ezzur.
He claimed that the new base was established to train fighters round the clock to fight ISIL.
Al-Talla'a added that the base which was established with the back up of the US-led coalition would be used for the launch of small and mid-size operations in Syria's Badiyeh (desert).
Another source in Jeish al-Maqawir reported that a large volume of arms and ammunition and a large number of militants affiliated to terrorist groups and the coalition were deployed at the base.



RT2017/6/11
Syrian army reach Iraqi border, announce 'strategic turning point’ in war on ISIS
The Syrian army, in cooperation with its allies, have taken control of a vast territory in southeastern Syria, reaching the border "with friendly Iraq," Syrian military officials have announced, describing it as a decisive moment in the fight against Islamic State (IS, formerly ISIS/ISIL).
"This achievement is a strategic turning point in the war on terrorism and a springboard to expand military operations in the Badia [region in southeast Syria] and along the border with the friendly Iraq," a Saturday statement from the General Command said, as quoted by the state Syrian news agency, SANA.
In cooperation with its allies, the Syrian army reached the border northeast of al-Tanf crossing on Friday evening, the command said in the statement. It added that the move signals the "first stage of the military operations" in the region.
The offensive had been launched south and east of Palmyra, Syrian military officials said. After hundreds of IS terrorists had been killed there, forces proceeded to the Iraqi border, having retaken a large number of strategic points and positions within the territory which covers over 20 square kilometers in Badia.

The latest advance establishes a bridgehead for further anti-terrorist operations along the border, as it "tightens the noose around remaining ISIS groups" in the area. It further cuts IS supply routes from several directions.

The successful operation underlines the ability and determination of the Syrian army to defeat jihadists, and demonstrates that it is the "only effective force in fighting terrorism," the Syrian command said.

Pro-Syrian government forces have recently been targeted by the US-led coalition in that region, with Washington claiming that they represented a threat to opposition groups backed by the US.
In its statement Saturday, the Syrian command reiterated it saw such US-led attacks as an attempt to "hinder the advance of the Syrian Arab Army and its allies in their war on terrorism."


posted by ZUKUNASHI at 23:09| Comment(0) | 国際・政治

空間線量率のブレが大きくしばしば高い値が見られるときは 線量率を揺るがすなんらかの要因がある

管理人の自宅、2017/6/10の夕方室内の空間線量率、1分値のグラフ、単位cpm


説明の都合で平均が1になるように数値を調整しました。平均は1.0、標準偏差0.195です。統計では、この標準偏差の大きさでブレ具合を測ります。標準偏差一つ分までのブレは通常の変動の範囲、二つ分に届くとブレが大きいと分かります。そして標準偏差三つ分に届くことはめったにないのが通常です。

ここでも、+2σを越えたのが7回ほどですが、+3σに届いたのはありません。

放射線モニタリング @東京都練馬区 (光が丘近辺)からグラフを転載させてもらっています。

こちらでは、Meanが平均、Std Devが標準偏差=σ、Minが最小、Maxが最大です。3σは0.2μSv/hになりますが、このグラフでは出ていません。

ブレの大きさを規定する要因は
@ 屋内か屋外か
A 風上に焼却施設などがあるか
B 基本的ないわば自然放射能がどれだけあるか(これが大きいとブレは相対的に小さくなる)
C 測定器がとらえられる放射線の種類など
D 測定の区切り時間(この時間が短いほどブレが大きくなります。10分値、1時間値と区切りが長くなるに従いブレは小さくなっていきます)
測定器の性能の良し悪しはあまり影響がないようです。

なお、エステーが出しているエアーカウンターSの初期の機種は電磁波の影響が大きいようです。これをお持ちでブレが大きい方は、その影響も考慮してください。

ご自分の測定したデータのブレが大きいかどうかは、測定場所を変えてみるか、他の方のデータと比較することで判断するしかありません。

ブレが大きいと感じるようであれば、十分な時間をかけて風向きや降雨量を含めた詳しいデータを用意する必要があります。

練馬区光が丘では、焼却場の煙突解体が始まったそうです。線量率を上げる要因には事欠きません。有機物を含む汚染土壌の焼却もやるでしょう。除染事業や収束作業で使った防護服など放射性廃棄物も溜る一方です。
posted by ZUKUNASHI at 20:39| Comment(0) | 福島原発事故

日本原子力研究開発機構被爆事故 室内の汚染状況

平成29年6月9日
大洗研究開発センター燃料研究棟における汚染について(続報)
国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
核燃料物質を収納した貯蔵容器の点検作業中(添付2)、貯蔵容器内にある核燃料物質が入った容器を封入した樹脂製の袋が破損し、作業員5名の汚染を確認した。身体汚染検査を実施した結果、鼻腔内に最大24Bq(α線)(添付3)を確認した。

核燃料サイクル工学研究所において、作業員5名の肺モニタ測定により、最大2.2×104Bq(Pu-239)(添付3)が確認されたため、国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構放射線医学総合研究所(以下、「放医研」という。)に移送し、体表面の再除染、肺モニタ等を実施している。

一方、立ち入り制限区域を設定している燃料研究棟108号室内の汚染状況について、測定を行った。

本汚染事象については、理事長より最優先課題として機構大で対応をするよう指示(6/8) (添付4)

被ばく作業員の状況
作業者5名(50代1名、40代2名、30代1名、20代1名:計5名)が6月7日12時頃に放医研に到着し、同研究所にて処置継続中
(1)健康状態:異常なし
(2)処置等の状況
体表面の再除染、肺モニタ等実施中との情報を同研究所より受けている。なお、Puについては、現時点(1回目の肺モニタ)では、ピークは検出されていないとの情報である。

(以下略)
・・・引用終わり・・・

以下はこのブログ管理人が上の資料から関心事項を抜き出してまとめたもの。正確には原資料参照。

次の画像からは108号室がかなり大きいことが分かる。それでもフードのある壁から反対側の壁までアルファ線源の汚染の強いところが連なっており、破裂による気体の放出の勢いの強さが分かる。



@の辺りからフードを見たところのようだ。

経過抜粋
【 6 / 6 (火)】
II:15頃 燃料研究棟の108室(管理区域内)において、核燃料物質を収納した貯蔵容器の点検作業中(フード内作業)、貯蔵容器内の樹脂製の袋の破裂を確認し、作業員5名に身体汚染の可能性を確認した。作業員5名は半面マスクを着用していた。
11:48頃 現場指揮所の立ち上げ
12:00 大洗現地対策本部設置
12:52 放管員1名、施設側1名、管理区域に立ち入り。作業員、健康状態異常なしを確認
13:05 108号室の壁非常口等のすき間(外側境界)の汚染なし、目張りを実施。
13:15 108号室入ログリーンハウス設置開始
14:29 108号室入ログリーンハウス設置完了
この間1時間
14:30〜作業者の退出開始(身体の汚染検査)
16:27 108 号室を立入制限区域に設定
18:52 作業員5名全員の除染が完了 除染完了まで4時間
18:55 作業員5名全員退域
19:05 作業員5名が核燃料サイクルエ学研究所に向けて出発
19:41 作業員が核燃料サイクルエ学研究所に到着
19:59 肺モニタにて作業員Eの測定を開始
22:05 作業員にキレート剤の投与を開始
23:35 作業員5名の肺モニタによる測定が終了。測定の結果、 PU-239 と Am-241 について最大でそれぞれ2.2×10^4Bq、 2.2×10^2Bqを確認
【 6 / 8 (木)】
1:05 作業員全員のキレート剤投与を終了
10:00〜放射線医学総合研究所に向けて大洗センターを出発(作業員5名)、11:55到着
身体汚染検査、除染後肺モニタによる測定を開始

毎日新聞2017/6/9
茨城被ばく 過大評価か 肺測定でプルトニウム検出されず
日本原子力研究開発機構大洗研究開発センター(茨城県)の被ばく事故で、原子力機構は9日、放射線医学総合研究所(放医研、千葉市)で被ばくした作業員5人の肺の放射性物質を再測定した結果、プルトニウムが検出されなかったと発表した。体の表面に付着した放射性物質を誤検出し、内部被ばく量を大幅に過大評価していた可能性があるという。
 この事故では、原子力機構が事故直後、体から出てくる放射線を計測し、肺の内部の放射性物質の量を推計した結果、50代の男性作業員から2万2000ベクレルのプルトニウム239が、この男性を含む4人の作業員からは8・5〜220ベクレルのアメリシウム241が検出されたと発表した。
 しかし原子力機構によると、この測定は体の表面の除染が不十分なまま行われ、体に付着した放射性物質から出る放射線を検出していた可能性があるという。一方、放医研は入念に除染をした後に肺を測定している。
 5人のうち3人は鼻の穴から放射性物質が検出されており、内部被ばくの恐れは依然として残るが、同機構は9日の記者会見で「最初のような大きな値の内部被ばくはないのではないか」と話した。
 放医研は今後、肺の再測定や排せつ物に含まれる放射性物質の調査などを基に、被ばく量を精査する。
 原子力機構は同日、作業をしていた室内の床に多くの黒い粒子が飛び散っていることも明らかにした。黒い粒子は放射性物質である可能性が高いという。【酒造唯、鈴木理之】

毎日新聞2017/6/8
原子力機構 放射性物質、管理ずさん 35年以上も放置も
規制委員会から改善要求
 4拠点12施設で核燃料に使う放射性物質を不適切な場所に置いているとして、日本原子力研究開発機構(本部・茨城県東海村)が原子力規制委員会から改善を求められていたことが8日分かった。定められた保管庫に置くべきところ、作業場に35年以上も放置した例もあるなど、ずさんな実態が浮き彫りになった。大洗研究開発センター燃料研究棟(茨城県大洗町)で6日に起きた作業員の被ばく事故は、これを整理する過程で発生した。
 保管場所は関係法令に基づいて事業者の社内規定で定めている。不適切な管理は規制委による昨年の保安検査で判明。指摘を受けた12施設は▽同センター3施設▽核燃料サイクル工学研究所(同県東海村)4施設▽原子力科学研究所(同)3施設▽人形峠環境技術センター(岡山県鏡野町)2施設−−だった。
 事故が起きた研究棟でも、作業用の箱「グローブボックス」に、使う予定がない放射性物質101点が最長25年以上も置いたままだった。原子力機構は昨年11月に規制委から改善を求められたが、同棟では保管庫が放射性物質の入ったステンレス製容器80個で満杯。中身をまとめて空きを確保しようと計画し、内容量の確認のため今年2月から開封している中で事故が起きた。
 この容器は1991年から26年間、一度も点検のため開封していなかった。【鈴木理之、岡田英】
posted by ZUKUNASHI at 14:50| Comment(0) | 福島原発事故

日本原子力研究開発機構の被爆事故は 兵器級のプルトニウム?

※ LN BB-45‏ @BB45_Colorado 氏の2017/6/8のツイート
今回の事故の謎は、製造後30年前後経過した非常に古いプルにも関わらず、Pu-239とごく僅かなAm-241の存在しか発表されていないことにある。
本来、原子炉級プルならば比放射能の大きいPu-241/238と中性子線の大きいPu-240が放射線防護の鍵となる重要要素となる。

※ LN BB-45‏ @BB45_Colorado 氏の2017/6/8のツイート
もう一つの可能性は、単なる広報のミス。
ただ、プル被曝においてPu-239は原子炉級では存在比が80%程度とは言え脇役で、比放射能が大きかったり自発核分裂が無視できないAm-241,Pu-240,241,238が放射線防護の主役と言って良い。
だから話題にならないのが不自然。

※  LN BB-45‏ @BB45_Colorado 氏の2017/6/8のツイート
初報から組成比、同位体比には強い疑問を感じている。東海村、大洗、六ケ所村、霞が関を国連軍に蹂躙されたくなければ、可及的速やかに同位体比、組成比、存在量、製造元、製造過程について洗いざらい公表する他無い。

※  LN BB-45‏ @BB45_Colorado 氏の2017/6/8のツイート
発表、報道資料からは今回事故を起こしたプルは、単離した有意量の核兵器級プルと判断されても仕方がない。

※  原田裕史‏ @harada_hirofumi 氏の2017/6/9のツイート
発表されているPu239とAm241の比率をみれば、原子力機構の事故で扱っていたPuは兵器級のものだけど、ニュースにはならないな。


・・・引用終わり・・・

大洗研究開発センター燃料研究棟における汚染について(続報)から



・・・





日本は、その気になれば1週間で核兵器が作れると述べた者がいました。兵器級のプルトニウム239はプルトニウム240の含有率が7%未満でなければならないとされています。

そのような兵器級プルトニウム239をその頃から確保していたのですね。大震災時福島第一原発4号機でウランに中性子を当てて純度の高いプルトニウム239を作る作業をしていたとの疑いを指摘する人もいます。

色々つながります。
posted by ZUKUNASHI at 13:35| Comment(0) | 福島原発事故

自衛隊員は拷問の手法を学ばせられていないのだろうか

2017年05月25日
シュピーゲルがイラクエリート部隊の民間人に対する拷問を告発 イラクが調査開始で取り上げた件の動画が出てきました。

RT2017/6/6
Mosul torture exposed: Iraqi forces’ abuses filmed (GRAPHIC IMAGES)

イラクは米国の進攻から10年以上残虐な戦闘行為が日常化しています。みんなおかしくなっている?  ですが、シリアはまだ軍の拷問についての情報はありません。

イラク政府軍の兵士は、アメリカナイズされています。軍服、サングラス、帽子など。

政府軍自体に腐敗が入り込んでいるのでしょう。そのため米軍やサウジ関係者は、ポピュラーフォースを対ISISの戦闘から除外しろと要求しています。

やはり米軍の指示・監督によるものです。
RT2017/6/7
Iraqi forces carrying out tortures in Mosul mostly supervised by US – security official

RT2017/6/8
Iraqi forces execute hospital employee suspected of ISIS links, journalist tells RT(GRAPHIC VIDEO)

拷問の証拠、証言が出てきても、米国国務省は「知らない」で逃げようとしています。
RT2017/6/9
US State Department ‘not aware’ of torture & extrajudicial executions by Iraqi forces
米国国務省はイラク軍による拷問と超法規的処刑について「認識していない」
The US State Department has denied having any knowledge of the disturbing reports of extrajudicial killings and torture, allegedly conducted by an elite Iraqi special forces unit, which has been made public by freelance filmmaker Ali Arkady.
Last month, Iraqi photojournalist Arkady shared a trove of video and photo material of civilian torture and murder around Mosul which he managed to obtain while being embedded with the elite Emergency Response Division (ERD), a special-forces unit under the command of the Iraqi Interior Ministry.
Documenting some of the ERD's assignments between October and December last year, Arkady eventually defected, taking the disturbing material with him.
Video evidence, shared with a number of media outlets including RT, have evoked the horrors of Abu Ghraib, the infamous prison where the torturous interrogation escapades of the CIA played out.

英国はサウジに拷問のやり方を教えたとされています。

日本の自衛隊は、海外に派遣されて米軍の指揮下に入ります。そこで自衛隊員は何を習得するのか、拷問のやり方もその一つに入っていて、実際に拷問に手を染めることになりはしないでしょうか。

海外に派遣された自衛隊員は、極限状況に置かれ、それを生き抜く訓練をしているのです。

無事に帰国しても、持ち帰ったのが殺すか殺されるかの悪夢と弱者の陵辱と拷問手法なら、正常な市民生活に復帰できない人も出ます。

あなたは、子供さんがそんなふうに人が変わって帰国するのを歓迎できますか? 戦争は人を狂気に追い込むのです。
posted by ZUKUNASHI at 01:36| Comment(1) | 国際・政治