ずくなしの冷や水

2017年05月07日

連休の放射能測定演習 事故後敷設ブロックの放射能は格段に低い

そう言えば、福島第一原発事故後にインターロッキングブロックを敷き直したところがあるはずと思いつき、測ってみた。福島第一原発事故後と言ってももう6年も経っているからそれなりに黒ずんでいる。

1 直置き 裸 α、β、γ計 34cpm
2 直置き 裸 α、β、γ計 44cpm
 ここではフィルムで検出口を覆ったら44〜49cpmとかえって高くなった。
3 直置き 裸 α、β、γ計 45cpm

34cpmで0.102μSv/h、。45cpmなら0.135μSv/hだから空間線量率並み。

0.102μSv/hは福島第一原発事故前の空間線量率ではない。

少なくとも0.1μSv/h超まで上がったのは

@ 福島第一原発事故後かなり時間が経ってから降った放射性物質を溜め込んだ。
A 周りから放射性物質が飛んできた。

どっちだろう。

インターロッキングブロックは、そもそも放射能が高いのか。

千葉市の南部でコンクリート製の水路蓋の上で、裸 α、β、γ計 65cpmを検出している。

今のBGを30cpm弱と見ればやはり差は大きい。
posted by ZUKUNASHI at 18:24| Comment(0) | 福島原発事故