ずくなしの冷や水

2017年05月31日

初めてこのブログを読む方へ

このブログの管理人は、今政府が提案している共謀罪創設に強く反対しています。記事の中でしばしば取り上げています。
共謀罪創設必至、自分がその嫌疑をかけられたくないと考える方は、このブログにコメントを書き込むことはもちろんのこと、閲覧もお止めになることをお勧めします。
個人が送受信するメールの内容を盗み見ることは米国では大規模に行われており、日本にもそのツールが導入されたはずと考えています。個人の閲覧するサイトを把握することはさらに容易で、だれがいつどのサイトにアクセスしたかをウォッチしている者もいます。


このブログは、この6年間、放射能問題に特化して情報を集め整理記録してきました。最近は、信頼できる情報の提供や投稿も増え、多くの方の協力でこのブログは運営されています。

筆者は、このブログ読者からの経済的支援以外にはどこからも経済的利益の供与を受けておらず、政治的にあるいは文化的にどこかのグループに属していることもありません。

福島第一原発事故が筆者にとっては2回目の原発事故、被曝要因になります。1回目には情報もなく家族の身を守るために大変苦労しました。

健康被害の増大に伴って警告を主体に記事を書いてきましたが、それが意味を持つ段階は終わったようです。日本人は権力や権威に対してとても従順で命を差し出すことも厭いません。

被曝から自分の家族の健康や命を守ろうとする場合には、過去に書いた記事は今でも有用と考えていますので、残してあります。意味が薄れたものは、おいおい整理していきます。


最近 このブログに見えた方は6周回遅れを取り戻してください

やるべきことははっきりしています。難しいことはありません。
2015年05月26日 体調悪化をなんとか食い止めたいと考えてここへお越しになった方へ

あなたの体調悪化が他の人にも出ているなら共通の原因を疑うべきです。なんでしょう? PM2.5でしょうか。ノロウィルスによる食中毒でしょうか。

被曝です。被曝でありとあらゆる健康障害が出ているのです。
被曝症状最前線 1〜随時追加中  リスト

このブログの主な記事 古いものも含めた筆者の推奨記事です。コメントしたいとき グラフの見方

このブログの内容を検索したいときは、検索エンジンを使うほうが便利です。例えば、[ずくなしの冷や水 視野 モザイク]と複合検索を掛けると絞り込まれた記事がヒットします。

このブログの障害発生時は、ホームページを更新します。

文字が小さく読みにくいときは、コントロールボタン(Ctrlの刻印)を押しながらマウスのホイールを回すと文字の大きさが変わります。

この記事から6つ目までは、常に先頭に置くため先日付となっています。冒頭に固定できる仕組みがなく、毎日日付を変更する手間を省くためです。ご意見無用に願います。

このブログまたは付随のホームページに掲載された内容に著作権者の立場からご異議のある方は、お手数ですがコメント欄からお知らせください。直ちに対処します。
posted by ZUKUNASHI at 22:37| Comment(56) | 社会・経済

地震、事故があったらすぐ確認

@ 震源と震度を知る サイトの例強震モニター震源分布図
A 福島第一原発をライブカメラで見る。フクイチライブカメラ1号機側(次の4号機側の画面から入り中で切り替え)、フクイチライブカメラ4号機側長者原定点カメラ
B 空間線量率の変化を見る 全国MP30日平均比変化 ホワイトフード全国の放射線量 エリア別統合グラフ原子力規制委員会 放射線モニタリング情報東京都練馬区GM-10リアルタイム測定値
全α・β放射能,ダスト流量グラフ 富岡 楢葉町繁岡
ホワイトフード&アメダス
千葉・茨城の線量率福井原発銀座の線量率静岡の線量率神奈川の線量率
C その日の気流の流れを見る 直近の風向風速スイス企業による日本の天気予報地球全域の気流
D 感度の高い人たちの反応を知る 桑ちゃん氏
E 高速道路の混み具合を見る サイトの例
F JRの運転状況を知る サイトの例
G 停電状況を知る 東京電力管内
H 海外の空間線量率 欧州の空間線量率 欧州の空間線量率2米国のモニタリングマップ
posted by ZUKUNASHI at 22:34| Comment(33) | 原発事故健康被害

最近このブログに見えた方は、次の7つか8つの記事を読めば、今どんな状況か全部分かります

Warning!! Read at you're own risk!! If u can't handle hard facts about life, do not read my blog! Thank you ウインク

福島第一原発事故によって放出された放射性物質が危険なものであり、害をもたらすことを知らない人はいません。しかし、軽視している人もいます。以下は1年前に書いた記事ですが状況は改善していません。

2016年06月20日
管理人の街頭インタビューでは福島第一原発事故の害を知らない人はいない


健康被害が増えてきて、一つの親族の中で複数の死亡者や重い病気にかかる人が出る例が増えています。体質の影響と見られます。親族にそのような方が出た場合、健康被害が出やすい家系だと認識して対策を考えましょう。

2016年06月19日
体質や食習慣の特性が一族での被曝症状の出方に影響している


最初は高齢層、特に後期高齢者層の死亡率が上がりました。これらの方は体力、抵抗力が落ちているからです。その後、次第に壮年期の方の死亡例が増えています。子どもがまだ幼いのに親が死亡する例が急増しています。

2016年06月17日
日本のおやじたちは やはり先の読めない家畜だったとバレる日は近い 子どもの幼い親がこんなに死んでいる


健康被害の事例は次の記事にまとめてあります。詳しい「被曝症状最前線」まとめへのリンクもあります。
2016年06月24日
福島第一原発事故から丸5年 病気が沸いてくるのは本当だった

「放射能なんか怖くない」と言い張り、放射能汚染の食品などを気にせず食べていた人達に健康被害がより多く見られます。被曝回避の助言に耳を傾けなかった人から先に逝きますから、葬儀参列が多くなります。香典貧乏、付き合いきれません。早く離れましょう。

2016年06月19日
これからは 「放射能なんか怖くない」人達を見送る日々が続く


「放射能なんか怖くない」と言い張っていたような人は、放射能の害を知りながら、あえて危険を無視していたのです。このときとばかり儲けていた人もます。従業員などの被曝も辞さないで。そんな人と付き合っても良いことはありません。余計な被曝をさせられるだけです。

2016年06月14日
建設会社も病院も特需で大儲け なので放射能を悪く言う人がいない


心ある人達は、鼻先であしらわれたり、露骨に嫌な顔をされたりしながらも被曝回避の助言を続けてきました。もう丸5年経過でこれまでなんら被曝回避措置を講じなかった人は、もう手遅れです。1人でも救えるなら助言や啓発を続ける意味はありますが、強硬措置も考慮する段階です。

「最近、放射能のこと言わなくなったね。被曝回避は止めたの?」
「前からやってきた対策を一段と強めているし、移住は避けられないと思っている。でも、これまで何も気にしていない人は、すでに手遅れで発症を待つだけだと聞いたから、ほかの人にはもう言わないことにしたんだよ」

言うまでもなく、まだ健康被害が顕在化していない人にしか使えない手です。

健康被害が顕在化した「他人」は、速やかに疎遠になるようにするしかありません。この先のその家族の不幸まで支えられないでしょう。

2016年05月17日
日本人はすごい 被曝で健康被害が出ても 笑って死んでいく人ばかり 

posted by ZUKUNASHI at 18:55| Comment(4) | 福島原発事故

Dear readers outside Japan / Estimados lectores de este blog

The writer of this blog (myself) is a Japanese man with a varied professional experience who will turn 70 in a few years: I have worked in a large organization in Japan, have also worked abroad, have gone through redundancy, and worked in a part-time job at close to the minimum wage.

Now that I don’t work any more and that I’m in a fortunate enough situation where I don’t have to shiver from cold or starve, I thought I would use my spare time and experience for something useful for society and started a blog in 2005.

It has been a while since Japanese society stopped caring for the socially weak. The nuclear crisis at the Fukushima Daiichi Power Plant has marked the final confirmation of this. We have been deprived of our humble pleasure of eating. Staying healthy has become a struggle. In other words, our right to health or even the right to life are being threatened. Threatened by the government and by some major firms. This angers me and my days are spent trying to fight against this situation so as to help this country go in a better direction.

It would be a great pleasure if I could share my concerns with you and that in doing so I were able to help this world, even if it is only in a small way.

Thank you for reading.

N.B. The graphs and tables in this blog are based on statistics of population dynamics, measurements of radiation in soil and food, and data from monitoring posts, all of which are provided by the government and municipalities. If judged as reliable, information gathered from tweets and blogs is also used for analysis.

・・・・・

El autor de este blog (Zukunashi) es un japonés con mucha experiencia profesional, quien trabajo por más de 40 años y cumplió 70 este año: ha trabajado en una organización grande en Japón por 30 años, incluyendo el trabajo en el extranjero. Zukunashi ha pasado por la redundancia y trabajado en un empleo a tiempo parcial, casi con el salario mínimo.

Ahora, como ya no trabajo más, y que estoy en una situación muy afortunado que no tengo que temblar de frío ni sufrir de hambre, pensé que aprovecharía mi tiempo libre y mi experiencia para algo útil para la sociedad y comencé este blog en el 2005.

Ha pasado un tiempo desde que la sociedad japonesa dejó de cuidar a las personas socialmente vulnerables. La crisis nuclear en la planta de energía Fukushima Daiichi ha marcado a la comunidad japonesa. Hemos sido privados de nuestro humilde placer de comer. Mantener la salud se ha convertido a una lucha. En otras palabras, nuestro derecho de estar sano o incluso el derecho a la vida están amenazado por el gobierno y por algunas grandes empresas. Esta situación me enfada y dedico mis días tratando a la lucha contra esta circunstancia con el motivo de ayudar a este país para que se dirige a una dirección mejor.

Sería un gran placer poder compartir mis inquietudes con ustedes y que al hacerlo, ayudemos a este mundo, aunque sea un cambio pequeño.

Gracias por leer.

NOTA: Los gráficos y tablas en este blog están basadas en estadísticas de la dinámica de la población, las mediciones de radiación en el suelo y alimentos, y datos de seguimiento de mensajes, todos los cuales son proporcionados por el gobierno y los municipios. Si se juzgan como confiable, información de tweets y blogs también están utilizadas para análisis.

・・・・・

Index of articles in English

Índice de artículos en español

2017年01月21日
このブログは世界の人に読んでほしいです 翻訳転載歓迎

2015年09月06日
趣旨に反しなければ記事はご自由にお使いください

2017年04月09日
地域言語を使える方は 現地の方向けに被曝防止の警告を書いてもらえませんか?
posted by ZUKUNASHI at 09:30| Comment(6) | 日記

今日の放射能 健康被害が広がっている!

黒字は引用転載部分、青字は管理人のコメントなど
※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 
※ 
※ 
※ 
※ 
※ 
※ 
※ 
※ 
※ 
※  立木寅児‏ @tachitora 氏の2017/5/29のツイート
韓国、老朽原発の月城1号機が緊急停止。 「放射性物質漏れなし」と発表。原因は不明。日本海に面して設置(各紙)http://rief-jp.org/ct4/70243

※  bo‏ @jackiemopsy 氏の2017/5/28のツイート
人権保護団体で働く人たちもNPOでありながら一応生活かかっている。
「白人によるマイノリティの差別や迫害」が存在しないと商売が繁盛しない。
特にホロコースト神話という土台が崩れることは
大事な「金の卵を産むがちょう」の死を意味する。

※ 共同2017/5/27 00:43
首相、「共謀罪」支持に謝意
G7の後押し強調
 【タオルミナ共同】安倍晋三首相は26日、イタリア・タオルミナでの先進7カ国(G7)首脳会議(サミット)で(どんな場で?)、「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案への各国の後押しを強調した(どんな場で? 誰に対して?)。「国際組織犯罪防止条約締結のためのわが国の取り組みに対する各国の支持に感謝したい」と述べた(どんな場で? 誰に対して?)
 同時に「テロの資金源になり得る組織犯罪対策の強化が必要だ」と指摘した(どんな場で? 誰に対して?)。29日の参院審議入りを見据え、改正案成立への決意を国際的に示した格好だ。政府は国際組織犯罪防止条約の締結に法改正が不可欠としている。
・・・アベが勝手にそう言っているだけでサミットで具体的に発言した訳ではないだろう。

※  桑ちゃん‏ @namiekuwabara 氏の2017/5/28のツイート
また、低線量被ばくに関する研究に関し、予算が削減されていると言う事を関係者は記載している。利権者にとって不利な研究費は出さないというのが日本政府の方針のようです。トランプ氏がいう「経済優先で環境費は削る」と安倍政権の考え方はマッチするところだろう。環境破壊ありきの経済優先主義。

※  桑ちゃん‏ @namiekuwabara 氏の2017/5/28のツイート
医療関係者の間では、今まで目の水晶体年間150mSvとされていた限度を全身の実効線量5年で平均20mSvまで引き下げている。その為に防護めがねを開発した。近年、コホート研究で年間1.1mGyでも白血病の増加見られると言う事で線量低減の開発を進めている。BqとSvの換算も?が付く。

※  やがて空は晴れる...。‏ @masa3799 氏の2017/5/27のツイート
報道特集 国連特別報告者・ケナタッチ「おそらく日本はG7のメンバーな中でプライバシー保護で最も遅れをとっている。菅官房長官には非常に残念に思う」

※ Sakum@ 星座(おひつじ座)‏ @luciee962 氏の2017/4/14のツイート
関東の若者の突然死が相次ぐ。テラハ今井洋介も!心筋梗塞は放射能が原因!?対策も。 - NAVER まとめ

※  Theresa Mao‏ @Lara_Collins11 氏の2017/5/28のツイート
** MUST READ** MANCHESTER-LIBYA CONNECTION IN 5 MINUTES. By Pepe Escobar #manchesterbomb https://www.facebook.com/pepe.escobar.77377/posts/10155251013371678 … @markcurtis30 @SplottDave

※  松村英子‏ @shannn23 氏の2017/5/25のツイート
@makeanovel: 最近思い出すのが、これから三菱に入社するという学生が会社から「うちの会社は戦争に関するものを作ってるがそれはあなたの信条に反しないか」という誓約書みたいなのを入社前に書かされたと聞いた話10年前は笑ってられた?でも今彼はどう思ってる?まだ勘づいてもない?

※ おしどり♀マコリーヌ‏ @makomelo 氏の2017/5/28のツイート
2)そして、知りたいのは「事実」であって、聞きたいのは「議論」であって、なんか訳のわからない人格攻撃ではありません。けど、まともに反論できない場合、議論をしたくない場合、卑怯な人格攻撃が始まるのさ。そんな場面見飽きたわ。それが通用すると思われてるあたり、私たちは馬鹿にされてるよね

※ おしどり♀マコリーヌ‏ @makomelo 氏の2017/5/28のツイート
原発事故後、右往左往して取材をしてたおしどりを助けてくださったのは、省庁の中の方々。でも「保安院の会見に来なさい、僕が入れるから」と言ってくださった方も、農水省で測定をされていた方も、自分の首をかけて動いて、省庁を辞められた。良い方もあちこちの省庁にいるよ。でも残りにくいんだい!

※  amaちゃんだ‏ @tokaiama 氏の2017/5/28のツイート
県産品「不安ない」「不安薄らぐ」9割 JA福島中央会 首都圏調査
http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2017/05/post_15112.html
福島の放射能汚染が消えるのはストロンチウム・セシウムで300年先、プルトニウムで20万年先である現実を知ってる者は、誰一人福島県の安全デマを信用しないよ

※ おしどり♀マコリーヌ‏ @makomelo 氏の2017/5/28のツイート
えええ、原発事故後とおんなじやん。福島県内の学校で「ネットの情報は見ないで」「保護者の情報は学校からのものに揃えるように」と聞いた瞬間に、避難を決めた、という方がおられました。

※  サチエ‏ @bettybeat氏の2017/5/27のツイート
創価学会員
「ネットを見るな、信じるなという打ち出しがきている。」
共謀罪
報道特集

※  シュナムル‏ @chounamoul 氏の2017/5/25のツイート
会見で一個人にこんな人格攻撃を始めた政府ってある…?腐敗について証言した元役人に対して、単に反論するんじゃなく、公式会見や御用新聞を使ってひたすら個人の人格を貶めようとする政府って、腐敗そのもの以上に歴然と悪質じゃん

※ 朝日新聞2017年5月23日22時41分
組長と一緒に米など万引き容疑 神戸山口組系組員ら逮捕
 所属する暴力団の運転資金がないため、組長と一緒に名古屋市のショッピングセンターでスイカや米、総菜などの食品や日用品など計198点(計約7万6千円相当)を万引きしたとして、愛知県警は23日、指定暴力団神戸山口組系幹部の男2人を窃盗の疑いで逮捕し、発表した。「組の存続のために金が必要だった」と容疑を認めているという。
 東署によると、逮捕されたのは、いずれも無職の愛知県豊山町豊場、飯田広容疑者(52)と名古屋市千種区下方町7丁目の中島良輔容疑者(59)。2人は4月23日午後7時25〜45分ごろ、組長と一緒にショッピングセンターを訪れ、カートに積んだ買い物かごに品物を詰め込み、精算せずに持ち去ろうとした疑いがあるという。組長は同日、窃盗容疑で現行犯逮捕された。

※  セロニアス クンクン‏ @kunkun_bs氏の2017/4/28のツイート
世田谷区立の中学校に通ってる子供が健康診断で甲状腺腫の疑いがあるとして赤い色の紙をもらって帰って来た。聞くところによるとクラスの半分以上が同じ診断を受けているそうだ。やっぱり放射能の影響がすごい勢いで現れ始めて来た。テレビではこんなことは絶対に触れないだろう。ショックだ。

※ テレビ朝日(2017/05/23 23:30)
『非人道兵器』と呼ばれているクラスター爆弾の製造企業に投融資を行っている金融機関をオランダのNGOが発表した。クラスター爆弾の禁止条約を批准している101カ国の中で、製造企業への投融資を行っている金融機関の数が最も多いのは日本で、三井住友フィナンシャルグループ、第一生命、三菱UFJフィナンシャル・グループ、オリックスの4社。金額は合わせて約2200億円に上ると報告された。

※ 静岡新聞(2017/5/23 07:58)
気圧差で樹脂噴出か 中電、静岡県に説明 浜岡原発堆積物
 中部電力浜岡原発(御前崎市佐倉)の廃棄物減容処理装置建屋で放射性物質を含む粉状の堆積物(樹脂)が見つかった問題で、中電は22日、原子炉の冷却水の浄化に使用された樹脂が地下の配管に残り、排水ますから噴き出して床にたまった可能性があると明らかにした。中電の担当者が同日、県庁で危機管理部に説明した。
 中電によると、樹脂は建屋地下2階の5カ所の排水ます付近の床で見つかった。排水ますは樹脂を含んだ洗浄水が流れる配管とつながっている。排水ますがある部屋は気圧を低く保っていたため、気圧差で樹脂が噴き出した可能性があるという。
 小型カメラを使った調査で、配管内でも約40メートルにわたって同様の樹脂が見つかった。
 浜岡原発では4〜5月、樹脂の堆積物のほか、4号機で、放射性物質が漏れた緊急時に用いる「非常用ガス処理系」に必要な措置が実施されていなかったトラブルなども起きている。
 中電から報告を受けた杉保聡正危機管理部長は「トラブルが立て続けに発生し、大きな事故につながりかねない」と述べ、詳細な調査と再発防止策の徹底を求めた。

※  コロコロ‏ @makixxx23 氏の2017/5/21のツイート
最近の各会社のミスの多さは…、直接的にホで判断ミスしてるのか、欠員で職場が回らず作業量が増えチェック体制が崩れたのか…

※ NHK2017/5/21 18時52分
マラソン大会で男女8人を搬送 熱中症か 長野
21日午前長野県千曲市と中野市でマラソン大会に参加していた男女8人が熱中症と見られる症状を訴え、病院に搬送されました。
21日午前11時前、長野県千曲市で行われていたハーフマラソン大会で、50代の女性が走っている最中にけいれんを起こしたのをはじめ、10代から60代の男女合わせて7人が相次いで熱中症と見られる症状を訴え、病院に搬送されました。
消防によりますと7人はいずれも命に別状はないということです。
また、中野市でも、午前11時ごろマラソン大会に参加していた38歳の男性が走っている最中に倒れ、病院に搬送されました。大会の実行委員会によりますと、男性は病院で熱中症と診断されましたが、命に別状はないということです。
長野地方気象台によりますと、21日の長野県内はよく晴れて気温が上がり、県内にある30か所の観測地点のうち、19地点で30度以上の真夏日を記録する暑さとなりました。

※ NHK2017/5/21 18時52分
群馬でも男女5人搬送
群馬県内では21日は各地で真夏日となり、消防によりますと、午後2時半までに10代から90代の男女合わせて5人が熱中症の疑いで病院に搬送されました。
このうち前橋市では、21日午前、野球の練習をしていた16歳の男子高校生と、道を歩いていた85歳の女性が体調不良を訴えて病院に運ばれました。
このほか、渋川市で2人、館林市で1人が病院に搬送されました。
消防によりますといずれも熱中症と見られ症状は軽いということです。

※ NHK 2017年5月21日 19時53分
市民マラソン大会で熱中症か 男女17人を搬送 岩手
岩手県奥州市では、市民マラソンの大会に出場した男女17人が熱中症と見られる症状を訴え、病院に搬送されました。
岩手県奥州市で初めて開かれた「いわて奥州きらめきマラソン」には、フルマラソンをはじめ、10キロと3キロのコースに4000人余りが出場し、午前8時の開会式のあと、午後3時半までレースが行われました。
大会本部によりますと、このうち20代から70代の男女合わせて17人が、コースの途中やゴールしたあとに吐き気や手足のしびれなど熱中症と見られる症状を訴え、病院に搬送されたということです。
また、消防によりますと、コースの途中で倒れた38歳の女性は意識がもうろうとした状態で、市内の病院で手当てを受けているということです。
岩手県では、21日、各地でことし1番の暑さとなり、マラソン大会のコースの途中に当たる奥州市江刺愛宕では、午後2時36分に平年より11度2分高い32度1分を観測していました。

※  反面教師の鑑‏ @anti_pedagogue 氏の2017/5/21のツイート
反面教師の鑑さんが内田良/学校リスク研究所をリツイートしました
仕事柄、高体連に所属しているが、五輪を最高峰とした「階級制」に顧問も部員も多分世間も毒されている雰囲気があり、部活動は国際大会で活躍できる「人材発掘」の役割を国策と連動した形で担わされているとしか思えない。インターハイも地方大会も五輪の下請けじゃないんだぞ、と。

※ 


※ [ 5/22 11:48 読売テレビ]
高浜原発4号機 きょう午後、送電開始へ
関西電力は、先週再稼働した高浜原発4号機で、きょう午後、およそ1年2か月ぶりに発電と送電を開始する。高浜原発4号機は先週、原子炉内で核分裂反応を抑える制御棒が引き抜かれ再稼働した。現在は核分裂が安定して起きる「臨界」に達しているが、関西電力はきょう午後2時ごろ、発電機と送電線を接続する「並列」と呼ばれる作業を行い一般家庭や企業に電気を送り始める。関電の原発から電気が送られるのは、去年、大津地裁の司法判断で高浜原発が停止して以来およそ1年2か月ぶり。関西電力は、高浜3号機についても来月上旬に再稼働させる予定で、その後、電気料金を値下げしたい考え。

※ 2017/5/19の夜から全国的に小幅ですが線量率が上がっています。
原因不明。

※  plethysmogram‏ @plethysmogram11 氏の2017/5/17のツイート
もはや年齢も地理も関係ない。西日本でも老若男女、どんどん病死していっているが、核汚染の惨劇は始まったばかりにすぎない。単に病死する人が増えるだけでなく、生き残った人も遺伝的破局を被る。ベラルーシやウクライナ共和国が滅んでいったのと同じコースを日本も辿る。国内に健康な人がいなくなる

※ クリス・コーネルが突然死
Musician Chris Cornell, 52, died in Detroit on Wednesday night. The Soundgarden and Audioslave lead singer’s death was “sudden and unexpected,” according to a statement from his representative.
The statement said his family was working closely with the medical examiner to determine the cause of death.
Born in Seattle, Washington in 1964, Cornell formed Soundgarden alongside guitarist Kim Thayil and bassist Hiro Yamamoto in 1984. In 1988 they signed with A&M, becoming the first grunge band to sign with a major label.

※  S.Satsuki†(さっちゃん♡)‏ @in_dead_land 氏の2017/5/18のツイート
末期癌の元恋人(バツイチ)が生活保護を申請しに行ったら、大学生の娘に食べさせてもらえと言われたらしいです平謝りうさぎ
娘さんに大学を辞めてもらって働いてもらってくださいと言われてその人は娘の人生を潰すわけにはいかない!と末期癌でも週5フルタイム働いています、日本は冷たいよ平謝りうさぎ

※  mko‏ @trappedsoldier 氏の2017/5/17のツイート
【速報】米内部告発者チェルシー・マニングが釈放され、7年ぶりに外を歩いている! ウィキリークスの大量の外交文書をリークした英雄。アパッチヘリからトリガーハイ状態でイラク市民を殺害する米兵の映像もマニングのリーク。米国のイラク戦争の実態を世界中に知らせた

※ 共同2017/5/18 14:01
中村獅童さんが初期の肺腺がん
入院治療で6、7月の舞台休演
 歌舞伎俳優の中村獅童さん(44)が初期の肺腺がんと診断されたと松竹が18日、発表した。定期的な健康診断で発覚したという。入院治療のため「六月博多座大歌舞伎」と「歌舞伎座七月大歌舞伎」を休演する。

※  文鳥さん ぶんちょうさん ( ⁰⊖⁰)‏ @komatsunotsuma 氏の2017/5/14ツイート
@onodekita 医師の村上智彦氏死去 財政破綻した夕張の医療再生に尽力― http://m.sponichi.co.jp/society/news/2017/05/13/kiji/20170513s00041000252000c.html
56歳。急性白血病。

※  山下芳生‏認証済みアカウント @jcpyamashita 氏の2017/5/17
のツイート
昨日の総務委。マイナンバーカードに記載されている氏名、住所、顔写真などの個人情報が、マイナンバーを管理する機構から警察に
提供されていたことが明らかに。警察のもつ顔認証システムや監視カメラと組み合わせれば、特定の人の私生活を覗き見ることができる。「共謀罪」のでっち上げに使われる。

※  Nob‏ @Nob_hsj氏の2017/5/18のツイート
hxx5i
さっき池袋駅のホームでかなり吐いてぶっ倒れた女性がいましたが、私とサラリーマンの男の子以外みんな知らんぷりでした。世の中の人なんてみんなそんなもんだと思います。
19:12 - 2017年5月17日

※ 下野新聞 2016年10月18日付
周産期死亡(妊娠22週から生後1週までの死亡)率が、放射線被曝が強い福島とその近隣5県(岩手・宮城・茨城・栃木・群馬)で2011年3月の事故から10か月後より、急に15.6%(3年間で165人)も増加し、被曝が中間的な強さの千葉・東京・埼玉でも6.8%(153人)増加、これらの地域を除く全国では増加していませんでした。

※ 医療問題研究会
福島原発事故と関連して周産期死亡が増加したとの論文が医学雑誌『Medicine』に掲載されました

※ 共同2017/5/18 17:49
国会周辺、共謀罪に抗議
「監視社会つくるな」
 「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案を巡り、与党が19日の衆院法務委員会で採決を強行する構えを見せる中、国会周辺では18日も抗議集会が続いた。市民らが「監視社会をつくるな」などと訴えた。
 改正案に反対する市民団体が議員会館前に集結し、主催側によると約400人が参加。時折激しく降る雨の中、かっぱを着た人たちが国会議事堂に向かって「監視社会をつくるな」「思想の自由を抑圧するな」と声を張り上げた。
 鹿児島県薩摩川内市の団体職員黒木健史さん(41)は「十分な議論や説明がないのに、行動しなければ国民が反対していないと見なされるかもしれない」と話した。

※ 2017/5/18、茨城県北部をプルームが南下中? いわき市、矢祭町に放出源?








広い範囲で上がっています。降雨の影響が大きいようです。下がり始めたところもあります。様子見で。

関東南部でも雨が降り始めています。川崎市の千鳥と羽田空港で上がっています。これは企業の原発が起源。一昨日から線量率が変動しています。茨城北部の線量率上昇は、やはりプルームが流れていたことになります。


川崎市で空間線量率が少し大きく上がっています。5/16の夕刻にも上昇が見られ、読者から
「なんか、やたら、喉がひりつき、皮膚があちこち異常に痒かった、
帰宅後、新・全国の放射能情報一覧で「神奈川県」クリック、
川崎で、話題の某企業の原○○からか?
一時は0.02μSvアップの酷いお漏らしがあった可能性が、
まさに「あの時」だった!
「やられた」かもしれません。
くそー!」
とのコメントが寄せられています。今は、浮島で0.013μSv/h、羽田空港で0.017μSv/h上がっています。

※ 福島民報2017/05/17 09:32
凍結一時停止へ 第一原発凍土遮水壁の3割
 東京電力は近く、福島第一原発の汚染水対策「凍土遮水壁」の凍結を一部区間で一時的に止める。地中が過剰に凍り地盤が膨張するのを防ぐためで、期間を開けて凍結を再開する。16日に福島市で開かれた政府の廃炉・汚染水対策現地調整会議で示した。
 凍土遮水壁は1〜4号機建屋を囲むように地面を凍らせて地下水が建屋内に流入するのを防いでいる。東電によると、建屋北側や南側の一部で地中の氷が必要以上に分厚くなり、現状のまま凍結を続けた場合、地盤を押し上げる恐れがあるという。このため、凍結区間全体のうち約3割に当たる場所で凍結を停止させる。東電は建屋山側の凍土遮水壁の内外にある地下水に、4〜5メートルの水位差がついたとする分析結果も示した。凍土遮水壁の効果としている。
 高木陽介経済産業副大臣(原子力災害現地対策本部長)は会合後、凍土遮水壁や地下水バイパス、サブドレンなど重層的な汚染水対策で建屋への地下水流入量が低減していると強調。「(政府と東電の廃炉工程表で示した目標を)おおむね達成したものと評価している」と述べた。

※  amaちゃんだ‏ @tokaiama 氏の2017/5/18のツイート
昨日、有人が千葉市内の病院に行ったら、凄いことになっていたそうだ
大変な数の待合室
2011年の大量被曝により、被曝障害が現れるのは2016年 障害の大爆発が起きるのは2018年だ
今、被曝障害爆発が始まった
大量の死者が見えることになるだろう

※  共同通信公式‏認証済みアカウント @kyodo_official の2017/5/18のツイート
高浜原発4号機が臨界 − 22日に発送電開始

※  一井唯史(元東電社員 原子力事故賠償)‏ @ichii_tadafumi 氏の2017/5/18のツイート
高浜原発は安全を疑問視してプルサーマル計画に物申した町長の暗殺計画があったと言われている
暗殺指令を受けた下請け企業幹部2人が実名と身分を明かし、計画の全貌を告発している
原子力ムラの嫌がらせは陰湿だ

※  nakanishi@八割れ猫‏ @_kazumasa_ 氏の2017/5/18のツイート
難民はユダヤの権益を拡大するためにユダヤにより送り込まれたユダヤの代理人です。
ゆえに、難民の犯罪摘発はタブーとされる。

※ bo‏ @jackiemopsy 氏の2017/5/15のツイート
「アウトサイダーをどんどん送り込むことによって
自分たちのアウトサイダーとしての存在を希釈」
これは現代だけでなく
(スペインやブルガリアなどの例に見られるように)
かなり昔からの戦法・常套手段。
移民斡旋はゆだやの伝統技能。

※  西岡昌紀‏ @nishiokamasanor 氏の2017/5/17のツイート
バカバカしい。原発は、大量の石油を消費して、初めて作られるのだ。ウラン採掘、ウラン濃縮、原発建設、原発解体、使用済み核燃料の冷却、核廃棄物管理、すべてに石油が必要だ。福島第一原発事故で問題に成った非常用電源も石油が無ければ動かない。

※  ケンちゃん‏ @igagajp 氏の2017/5/16のツイート
週に5分ほどしかテレビなんぞ見ないが関東で起きてる駅関係のニュースを平然と事故前のように語るニュースキャスターが許せない。
まあ故意でやってるのみえみえだけど。
顔まで出して堂々とよくあんな恥ずかしい仕事できるもんだ。。

※ 共同2017/5/17 11:12
ウラン濃縮工場が審査合格
規制委、核燃料施設2例目
 原子力規制委員会は17日、定例会合を開き、日本原燃のウラン濃縮工場(青森県六ケ所村)が新規制基準に適合すると認める「審査書」を正式決定した。新基準下での核燃料施設では、核燃料加工会社「グローバル・ニュークリア・フュエル・ジャパン」(神奈川県)の工場に続き2例目となる。
 濃縮工場は、天然ウランにわずかしか含まれない核分裂しやすいウランの濃度を遠心分離機により核燃料に使える程度に高める国内唯一の施設で、1992年に操業開始。2013年12月に新基準が施行され、原燃が14年1月に審査を申請した。

※  非一般ニュースはアカウント凍結‏ @kininaru2014111 氏の2017/5/16のツイート
CIAとNSAしかない。マイクロソフト社の指導部が率直に発表した。(指導部は)このウイルスの主な源は米国の情報機関であると述べた。

※  neko-aii‏ @neko_aii 氏の2017/5/16のツイート
島田市の試験焼却で次のようなデータがあります。
http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/5a25d2a683ac1810ad683d3c7f123f93
バグフィルター
除去率6割程度。残り4割は大気中に拡散
どのバグフィルターの会社も、放射能が除去できると認めてない

※  masa‏ @zebra_masa 氏の2017/5/16のツイート
まあ、男から見ると、痴漢という微罪に釣り合わない刑罰を望む女性を始めとする方々の異常さも気になるけどね。何十年も前から、痴漢やってくださいと言わんばかりの、あんな電車の混雑解消ができないって何なんだろうと思うよ。

※  清水 潔‏ @NOSUKE0607 氏の2017/5/16のツイート
亡くなった方の嫌疑はこの先も明らかにはならないだろう。「痴漢嫌疑逃走事件」多発の根底には、一旦逮捕、身柄拘束されたら何と言おうが起訴され、社会的破滅後、更に99%が有罪となるというこの国の野蛮な司法の現実が遠因していると思う。

※ 共同2017/5/16 17:05
品川、勝手にワクチン混ぜて予防接種
品川区内の男性医師、水ぼうそうなど複数のワクチンを勝手に混ぜて乳幼児に接種。350人以上に接種か。

※ 共同2017/5/16 10:56
総務省消防庁は、全国で14日までの1週間に462人が熱中症で搬送されたとの速報値を発表した。

※  cyclechabumaro‏ @cyclochabumaro 2012/3/10のツイート
知人の在日米軍関係者(関東)より「空気を吸っているだけでも体内に放射線物質は入る。だから食事からの摂取は極力避けるように。君の体に影響が出なくても、まだ見ぬ君の子どもや、孫に異常が現われる可能性は高い。だから責任ある立場として君たちの関東での任期には最大限の配慮をする。」

※  cyclechabumaro‏ @cyclochabumaro 2012/3/7のツイート
知人の在日米軍関係者(関東)より「基地外で食事をすることは避けるように言われている。日本の基準では安全性が確保できない。絶対量の調査が行われない状況下では信頼性に値する根拠がない。」

※  むむむっ‏ @aqwnvqdkfhjj161 氏の2017/4/15のツイート
昨日の病院勤務(関東地方)の知り合いのコメントです。「本当に感覚でしかないんです。20代から80代までイロイロです。でもここ最近入院になる人とか紹介で来る人とか急性白血病が目立つのが確かで、血液癌に関わってるスタッフみんな同様に感じています。」

※  ほたん☻‏ @hocha1214 氏の2017/4/15のツイート
知り合いのママさん、1ヶ月程前に出産したのだけど、産まれた子が乳児白血病疑いだそう。しかもママさんは出産前に骨折してた。
あちこちから体調不良の話が聞こえ、職場でもやはり変化を感じて、おまけに自分自身も体調優れずで、ひたすら怖い。とにかく怖い。

※  nakanishi@八割れ猫‏ @_kazumasa_ 氏の2017/5/14のツイート
シリアのクルド人はトルコからの避難民。
「恩を仇で返す(Return evil for good)」とは正にクルド人。
トルコに迫害されているクルド人をヒューマニティの観点から擁護するシリア人。
ユダヤの「シリア分割政策」に便乗するクルド人を糾弾するシリア人。
共に神の祝福あれ。

・・・

この記事の古いコンテンツは、「今日の放射能備忘録1〜154」に保管してある。過去のコメントは別に記事を起こして採録している。

posted by ZUKUNASHI at 09:27| Comment(23) | 福島原発事故

2011/3の関東のSPM濃度の推移から分かること 1

大気汚染が被爆による健康被害を増悪しているのではないかとの疑いから、千葉県について2011/3のSPM (suspended particulate matter、浮遊粉じんのうちで粒子径が10μm以下のもの、呼吸可能粒子(respirable particle)と呼ばれ健康への影響が大きい。2.5μm以下のものはPM2.5と呼ばれる)の濃度を調べたら意外なことが判明しました。

千葉、栃木、埼玉、神奈川県横浜市について、2011/3のSPM濃度の推移をグラフに表したものは県別にまとめて記事にしました。

その結果から管理人は次のように判断しています。

@ 原発事故や原発のトラブルがあるとSPM濃度が上がることがあります。千葉県や栃木県では、2011/3/12以降、東海第二原発起源と見られるSPM濃度の上昇が見られました。茨城県に近いところで濃度上昇がより大きくなっています。

A 原発から放出されたものがガス状の場合には、ただちにはSPM濃度は上がらないことがありますが、時間の経過とともに気体が変化して粒子状となり、SPM濃度が上がることがあります。

B 原発から放出された微粒子状のものが、すべてSPMとして補足されているかは分かりません。ですが次の写真のような排煙であれば、SPMとして検出されるでしょう。



C SPM濃度とガンマ線による空間線量率とは、だいたいのところでは連動していますが、すべてが連動しているわけではありません。これは、浮遊塵がベータ線源、アルファ線源である場合にはモニタリングポストではその放射能を検出できないためです。また、放射性物質が気体の場合には浮遊塵としては捕捉されません。


D 以下に掲げるグラフを見れば、タバコを吸わない人でも肺がんになりうることが容易に想像できます。呼吸可能粒子が放射線を出していることが多いのです。

千葉県の例から見てみましょう。関東でもセシウム沈着による土壌汚染ではトップの地位を占めるであろう我孫子市、常磐線に沿って少し南西方向に動いた松戸市、北総開発鉄道の沿線で緯度的に松戸市よりわずかに高い印西市南部の3箇所です。松戸根本と印西高花は約20km離れています。


次の図で、3箇所ともにかなり似た動きを示しています。
1 2011/3/12午後から3/14正午に至る期間の濃度の上昇はこれら3地点に共通で特に大きな放出源があったことを示します。
2 これら3地点のSPM濃度のピークは50μg/m3止まりとなっています。高い濃度の継続時間はそれぞれに異なります。我孫子では3/21の午前に50μg/m3程度以上の高水準が8時間連続しました。


次にさらに広域で見るため、我孫子市湖北台、千葉市真砂、和光市、そして横浜市青葉区を比較します。

どうでしょう、これだけ広域にわたったSPMの濃度測定結果でありながら、とてもよくまとまっています。

違いが大きいのは、2011/3/14正午に至るまでの上昇度合い、千葉の2箇所の上昇が大きく、和光市と青葉区は上昇度合いが小さくなっています。そして3/14のピークと3/15のピークを比較すると、千葉の2箇所は3/14に3/15と同等またはそれを超える水準を示していますが、和光市と青葉区は3/15のほうが3/14よりも大きくなっています。

さらに3/20午後から3/21午前の間にピークのつけた時間が微妙に異なります。ですが、4地点ともにこの間のピークが2011/3中の中では最も高くなっているのです。千葉県内地点だけでなく、和光市、青葉区でもピークとなっているのはとても意外でした。

そしてもっと驚くべきことには、強いプルームが飛んできてピークをつけるその前に、SPM濃度はじりじりと動いていることです。


E 原発事故、原発トラブルがあった場合には、SPM濃度の変化を見れば、線量率が上がり出す前に線量率の上昇を見込むことができるかもしれないということになります。
posted by ZUKUNASHI at 00:30| Comment(0) | 福島原発事故

2017年05月28日

安倍政権打倒に関するアピール この記事を読んだだけでしょっぴかれる時代がすぐそこまで来ている

よんたさんと管理人からの緊急アピールです。

ブログの昨日の記事で書きましたが、最も恐ろしいこと驚愕すべきことは、この程度の人間が官房長官、この程度の人間が首相という現実です。そして、この程度の政府が共謀罪という暴力装置を手にしてしまうことが、どれほどの惨劇を社会に与えるか丸で想像が付きません。

本来ならボロを出しまくっている今の政権はとうに破滅してしまうはずなのに、まだ延命しているという事実が腑に落ちません。恐らく彼らのハンドラーがまだ延命を承認しているからなのでしょうが、実害を被る我々市民はたまったものではありません。

ともかくも安倍政権を倒すためのあらゆる発言、行動が今ほど請われている時はありません。一人一人がまずこのことを認識し、子供のため孫のため若い人たちのため、ひいては私たちが住む社会の安全のため、声を上げ、行動してくださることを切にお願い申し上げたいと思います。このボロクズ政権が延命し、共謀罪暴力装置が設置されると、こういった私の発言ですら牢屋送りとなりかねません。

しゃれにならない状況です、本当に。

よんたさんのブログ 古武術健康データ
この程度の人間が官房長官、この程度の人間が首相

・・・・・

横浜にてさんからの投稿を掲載します。

毎日毎日、ほんとうに信じられないことの連続ですが、原発事故後6年間も生きているとは思いませんでしたので、あとは明日死んでも後悔しないような毎日を過ごそうと思っています。
と言っても、特別なことが出来るわけではありませんが。

私達大人は子どもがいるいないに関わらず、子どもを守るために
存在しているはずです。
自分の子どもはなかなか現実を見ようとせず、私を変人呼ばわりですが、自分の子どもがもう無理なら、親を亡くすであろう子供達のために何か少しでも役に立てたらと思います。

教育長、市教委、校長・・そろって自分のためにだけ仕事をし、
子どもがどうなろうが心に痛みすら感じない人間ばかりになった昨今、文科省前事務次官の前川さんの言葉に涙が溢れて止まりません。
前川さんの足元にも及ばないただのおばさんでも、「私に出来ることを見つけてしていこう!」という勇気をくださいました。

マスコミや政府の言うことを盲信している人はもう長くはないのではないでしょうか。
色々な意味で世の中が劇的に変わっていくことになると思います。
posted by ZUKUNASHI at 22:17| Comment(9) | 社会・経済

香取市近辺では時に空間線量率が跳ね上がる

次の画像は、香取市近辺で動いておられる読者から2017/5/5朝と5/6朝に寄せられたもの。0.57μSv/hを指している。

エアーカウンターは、検出した放射線数が短時間に大きく増えると瞬間的に表示値が大きく上がる特性があるが、平常で0.1μSv/h強の場所で0.57μSv/hを指すことはそんなにないだろう。

  

読者の観察によれば、高線量は日々場所を変えて観察されるという。香取市もアルファ線源、ベータ線源が相対的に多く降下した地域だが、車内の空間線量率を大きく上げるほどにガンマ線を出しているかは疑問がある。

地域内の焼却施設、リサイクル施設か、鹿嶋臨海工業地帯の施設が起源となっている可能性が高い。

この地域に住む人は、状況を把握して内部被曝対策を講じないと健康被害が生ずるだろう。

・・・・・

2017/5下旬になっても高線量率の出現は続いているという。

香取市にはMPがあるが、それ以外に最も近いMPは、印西市になる。線量率の変動の激しさから、人工的なガンマ線放出源があることは間違いない。
posted by ZUKUNASHI at 19:25| Comment(0) | 福島原発事故

2011/3 神奈川県のSPM

大気環境月報(2011年3月)

次の図で第六波の濃度が第七波より高い。2011/3/15の濃度は50μg/m3止まり。

鶴見区では、3/15に13時間以上50μg/m3程度以上の高水準が連続した。第六波の濃度が大きくは上がらなかった。

ともに3/15早朝の第一波の濃度は大きくは上がっていない。ヨウ素主体のプルームだが気体状か? ともに2011/3/16早朝の第五波の影響は顕著ではない。第五波はキセノンなどの気体が多かった可能性。






瀬谷区では、2011/3/16の未明に第五波が襲来したらしい。午後のピークは起源の推定がつかない。

青葉区では2011/3/15午後の濃度が60μg/m3前後で推移



第四波から第五波へほとんど切れ目なく続いている。


posted by ZUKUNASHI at 11:13| Comment(0) | 福島原発事故

長者原からF1ウォッチング 2017/5



イコライズ処理































































posted by ZUKUNASHI at 10:22| Comment(0) | 福島原発事故

2017年05月27日

栃木県でもSPM濃度は上がっていた

栃木県大気環境情報システム 測定値ダウンロード



益子町 最大ピークは3/21午前

黒磯保険センター 最大ピークは3/21午前

小山市役所 最大ピークは3/21午前

今市小学校 最大ピークは3/20午後



足利市役所 最大ピークは3/21午前








2011/3/21午前中の濃度が最高値をつけています。これは、関東南部にプルームが上陸する前に、茨城県北部から上陸して栃木県に向かったと考えなければなりません。栃木県では2011/3/21、朝から降雨がありました。栃木県の濃厚汚染はこの時に生じています。


不思議に思われるのは、2011/3/15の夕刻にピークがありません。この時間帯に福島中通から白河を通ってプルームが栃木県に入り、群馬県の前橋などに到達したと考えていましたが、違うようです。足利市では、3/15の午後にこの日一番のピークをつけているようですから、3/15の午後夕刻に近くなって強いプルームが押し寄せ、前橋付近を通って三国峠の方向にあるいは軽井沢の方向に山の斜面を駆け上ったと見るしかありません。



posted by ZUKUNASHI at 19:33| Comment(0) | 福島原発事故

雨水中放射性物質蓄積サンプラー導入

インターロッキングブロックが放射性物質を溜め込む性質に着目して雨水中の放射性物質を蓄えさせてその放射能の変化を測定するために、透水性平板ブロックを買ってきました。投資額350円。

エアーサンプラーが欲しいのですが、価格的にも高いし、屋外で使うのが難しいので、まずは雨水から。

新品でも放射能が高いのではないかと懸念していましたが、初期測定の結果は込み込みで32cpm。

真ん中32cpm


左下32cpm


右下34cpm


紙を挟んで34cpm 変わりません。


右上32cpm


紙を挟んで32cpm 変わりません。


左上28cpm、少し低いです。


中央より少し左上31cpm


紙を挟んで32cpm わずかに高くなりました。


これなら上々です。

ちょっと待てよ。アルファ、ベータ、ガンマ込みとアルファ遮断の差がありません。込み込み100cpmなら10cpmはありうるというが管理人の居住地の例です。32cpmなら3cpmはあって良いはずなのに!!

アルミ板でベータ線を遮断しました。32cpm。変わらずです。

屋内のブロックから離れたところで測定しました。24cpm。器械は壊れていません。32cpmで安定しているのはなぜでしょう。

裏側はどうでしょう。中央込み込み52cpm。紙1枚遮蔽、52cpm。これもアルファ線なしです。アルミ板で遮蔽、32cpm。ベータが20cpm、ガンマが32cpm。屋内のBG24cpmと見られますので、ガンマの増加分8cpm、ベータの増加分20cpmです。

表の表層は少し骨材が細かく、ここからはベータもアルファもほぼないということになります。下層の部分はベータ線源ありです。

このブロックは日本産のようです。ベータ線源は何でしょう。ガンマの増加分がこのブロックからだとするとセシウムが入っていてベータ線を出しているとしても、8cpmだけです。12cpmは何のベータ線でしょう。

裏側からは確かにベータ線が出ていますから、表層の着色部分だけがベータもアルファもほぼなしです。アルファはあるのかもしれませんが、セメントで固められていて出て来ていないということかもしれません。裏側もアルファに関しては同じかも知れません。

さて置き場所をどうするか。盗まれることはないでしょうが、ゴミとして処分される恐れが強いです。

放射能測定中などと札をつけて置いたら、不審物として騒ぎになるかも。

近所の人に会ったので場所を貸してもらうことにしました。

2017/5/22、正午5分計測 41cpm
24+8+9cpm 設置場所の影響で9cpm上がっています。

2017/5/23、正午10分計測 42cpm

2017/5/25、10時10分計測 49cpm
雨上がりでブロックが濡れています。ポツポツ雨も当たっています。それでも7cpmも高い。これは予想外。
乾いたらもう一度測ります。

2017/5/25、11時計測 46cpm
ブロックの端は乾いてきました。ブロック表面の水の遮蔽効果よりその雨に含まれる放射能が多いということですね。

2017/5/25、14時45分計測 42cpm 元に戻りました。

2017/5/26、降雨中10時40分計測 傘を差しかけて1分計測56cpm 2分計測61cpm。約20cpmも多いです。ほとんどがベータ線でしょう。


屋内は普段より1から2cpm高いです。

2017/5/26、降雨が終わりブロックも乾き始めました。15時50分計測 38cpm。晴天が続いたときより低くなっています。内部に残った雨水の遮蔽効果でしょう

2017/5/27、16時30分計測 43cpm 1cpm上がりました。

・・・・・

この件で気づいたことを書いておきます。庭の土壌の放射能の高い方は、汚染の少ないコンクリートブロックの舗装材を庭に敷くという方法が考えられます。

ただし、ブロックを敷くときに表土を掘り起こしたり、均したりする作業は放射性物質の再浮遊につながります。また、アルファ線やベータ線については遮断効果が出てもガンマ線について遮断効果を望むのは無理でしょう。

使うブロックは、大量生産物であれば同じロットのものの1枚を測定すればそれほど放射能のばらつきはないと見ていいでしょう。透水性や保水性のものは放射性物質を溜め込みますから不適、表面が密で平滑なもののほうが望ましいことになります。

また、屋内で24CPMの場合にこのようなブロックを屋内に置くことは屋内の線量率を上げることにつながります。
posted by ZUKUNASHI at 16:36| Comment(0) | 福島原発事故

千葉県の浮遊粒子状物質(SPM)濃度 2011/3

元データ:千葉県の最新大気環境情報のサイトの過去データ
SPM (suspended particulate matter):浮遊粉じんのうちで,粒子径が10μm以下のもの、呼吸可能粒子(respirable particle)と呼ばれ健康への影響が大きい。


同一市町村内に複数の観測ステーションがある場合は、比較的欠測が少なく、代表性があると見られるものを1箇所選んだ。
作図には、埼玉大学谷謙二研究室が提供してくれる優れたフリーソフトMANDARAを使っている。この機会に改めて謝意を表する。

なお、単位は原資料のとおりmg/m^3としたが速報1時間値は0.0*のオーダーであり、μg/m^3が正しい模様。

県環境研究センター空間線量率ピーク 3/11、18:00 0.032μSv/h、コスモ石油の火災事故

2011/3/12以降の濃度上昇は、東海第二原発起源と見られる。

2011/3/14の昼前に一気に低下。

2011/3/15は早朝から濃度が上昇、千葉県全域に影響があった。


2011/3/20の午後は広範な地域で濃度上昇、プルーム第六波の影響は考えていたよりも大きい可能性

2011/3/21は未明から濃度上昇が始まっている。午前10時には房総半島南部に高いところが





茨城県 平成22年度大気環境測定結果
posted by ZUKUNASHI at 16:16| Comment(0) | 福島原発事故

2017年05月26日

東海第二原発の放出した希ガスの残りカスが飛んできた?

今日は細かい作業とその結果の精神的ショックでホトホトくたびれました。でも老骨に鞭打ってもう一つ。○○○のために、爺ちゃん頑張っているからね。

次はつくば市にある気象研究所の公表資料から取ったものです。1日分が四つの点で示されています。2011/3/12から3/14の欄を良く見るとヨウ素131、セシウム134、137が3/12からわずかですが増え始め、3/14の4番目の点、つまり18時から24時の間に値が急増しています。


次は茨城県のモニタリングポストの表示が消えた期間を示します。すべてを記載してありませんが、早いところは3/11の23:30から表示が消えています。その頃から線量率が急上昇したと推定されます。東海第二原発がベントを始めたのです。

そして表示が復活した最も遅い時刻は、3/14の11時40分、3/15の16時まで表示が消えたところもあります。

つまり、東海第二原発からは、地震当日の3/11の深夜から活発に放射性物質を放出していたと推定できます。

次のグラフで、東葛、葛南では3/12の午後からSPM濃度が上がり始めました。






南房総では上がり方が少なくなっています。




管理人は、このSPM濃度の上昇は、東海第二原発から放出されたものが流れてきたと考えています。我孫子では3/14の正午前にストンと濃度が落ちていますが、これはその時点で南南西の強い風に変わったからです。


こんなに高い濃度で東海第二原発から放出された放射性物質が流れてくれば、空間線量率が異常に大きく上がって気づく人がいるのではないかとの疑問がありましょう。

線量計で測ったわけではありませんが、茨城県中部にお住まいの方が3/14の夜から家族に気分の悪くなった人がいたと教えてくれました。

東海第二原発で放出された主な放射性物質は半減期の短い希ガスなどの放射性物質です。その放射能は短時間で減衰していきます。

例えば、キセノン135の半減期はわずか9.2時間。1日と少しで8分の1になります。そして長寿命核分裂生成物の1つであるセシウム135に変わりますから、その放射能を検知することは難しくなります。

キセノン133は、半減期約5.2日でベータ崩壊し安定同位体のセシウム133になります。放射能を持ちません。

短寿命の放射性物質が数日かけて流れて来ると、すでにその放射能が著しく減衰していたり、他の物質に変わっていますからガンマ線測定器でその放射能を把握することは困難なことが多いのです。

しかし、消えてなくなるわけではありません。そのカスが残ります。それは微粒子状ですから、SPM濃度としては検出されることになります。

2011/3/14に東葛などで屋外でスポーツなどをやっていた方は、この残りカスをたっぷり吸っています。放射能のなくなっているものもありますし、ベータ線を出しているものもあります。そして、どれも身体に良いとされる金属類ではありません。

なお、単位は原資料のとおりmg/m^3としたが速報1時間値は0.0*のオーダーであり、μg/m^3が正しい模様。
posted by ZUKUNASHI at 22:53| Comment(0) | 福島原発事故

福島第一原発事故時に関東に居住していた者は漏れなく吸気被曝がある

福島第一原発事故直後の千葉県の浮遊粒子状物質(SPM)濃度がプルームの襲来とどう関係しているかを見ます。

まず、千葉市真砂(美浜区役所がある)と千葉市蘇我(JRの駅あり徒歩圏内にJEFユナイテッドのサッカー場)

この二つの測定ポイントは、東京湾岸工業地帯の深奥部に当たります。直線距離で約8km離れています。常に相対的にSPMが高い地域です。だいたい似たような動きを示しています。丸数字は管理人が名づけた累次にわたるプルームです。


ただここで、3/13の千葉曽我のピーク、そして3/14の千葉真砂のピークが1日ずれており、いかなる要因によるものか不明です。

もう少し詳しく見るために時間帯を午前午後に分けます。そして、千葉曽我を松戸根本(松戸駅の北の地域)に変更します。この変更により、二つのラインがより似た動きを示すようになりました。直線距離で22km離れています。

これらのラインの動きは、その地域にある浮遊粒子状物質排出施設の排出の影響だけではなく、もっと大きな排出施設・排出源の影響をとらえていると考えられます。PM2.5について中国起源のものの影響が大きいことはよく指摘されます。

管理人が分類したプルームごとに差異を見てみます。
@ 2011/3/15早朝 松戸根本 > 千葉真砂
A 2011/3/15昼前 松戸根本<<千葉真砂
B 2011/3/15夕刻 松戸根本 > 千葉真砂
C 2011/3/15深夜〜16未明 松戸根本>>千葉真砂
D 2011/3/16朝 はっきりせず
E 2011/3/20午後 松戸根本 < 千葉真砂
F 2011/3/21朝 松戸根本 ≒ 千葉真砂
かなり予想外の結果となりました。驚きました。

A  千葉真砂と松戸根本では土壌のセシウム汚染濃度に格段の差があります。ですが、上に掲げたグラフの期間について大気中SPM濃度を累積すれば、千葉真砂と松戸根本では大差が生じないでしょう。
B プルーム第六波について見ると、千葉真砂では2回のピークがあり、どちらも高くなっています。このプルームが千葉市にまで到達したことは分かっていましたが、プルームの運んだ放射性物質にベータ線源、アルファ線源が多かったと疑われ、もしこのプルームの吸気被曝が多かった場合、深刻な健康障害が出る恐れがあります。
C 2011/3/14の午前に千葉真砂と松戸根本ともにピークが立っています。このときには千葉県市原市の空間線量率は目立った上昇を示していません。福島第一原発3号機の爆発は3/14の午前11時です。3/12からこの爆発直前までSPM濃度が継続的に上がり、そしてその後急速に低下しています。この原因が不明です。
D 3/19の午前に松戸根本でピークが立っています。これも原因不明です。

上にあるSPM濃度の変化は福島第一原発から押し寄せたプルームと少なくとも同調して変化していると見られますが、確認のためさらに地点を追加して見ます。千葉真砂から見て福島第一原発方向により近い印西高花を取り上げます。


極めて高い類似性を示しました。しかも全体として印西高花の濃度がより高いです。

E 3地点ともに3/12から3号機爆発直前までSPM濃度が継続的に上がり、そしてその後急速に低下しています。これは福島第一原発事故、あるいは東海第二原発のベントと関係があると判断してよいでしょう。
F 印西高花では、2011/3/15の午前に2回のピークがあります。これは@第一波とA第二波に相当するものです。
G 印西高花の次のピークは、E第六波です。このピークも高くなっており、吸気被曝が懸念されます。
H 2011/3/21午前のピークは、松戸根本>千葉真砂>印西高花となっており、取手、我孫子、松戸ルートがプルームのメインストリートとされていますが、プルームの幅はかなり広く、降雨の強さによって洗脱される放射性物質の量が違ったが、大気中の濃度はどこもかなり高かったと考えられます。

上の考察で、プルームの中に含まれる放射性物質の粒子がそもそも測定対象の「浮遊粒子状物質(SPM)」に該当するのか、それともプルームの中にある放射性物質の粒子が次々に「浮遊粒子状物質(SPM)」に吸着していたのか、は分かりません。後者の現象は当然あったでしょうし、それによって大気中の小さな「浮遊粒子状物質(SPM)」がより大きくなったということはありうるだろうと思います。

ですが、その元となった「浮遊粒子状物質(SPM)」はどこかの原因施設から飛んで来ていたと考えるのが妥当でしょう。

知らなかったよ プルームが来ると浮遊粒子状物質濃度が上がるなんてことはに一部グラフを掲げましたが、測定地点ごとの濃度のばらつきは激しいです。

当初、「浮遊粒子状物質(SPM)」が放射性物質の濃度を示すとは考えにくかったのですが、上の例のように、20kmも離れたところの測定値が高い近似性を示し、かつそれが何波にもわたるプルームの来襲時にピークを作っているところを見れば、もはや疑いの余地はないでしょう。

そして、このことから言えるのは、福島第一原発事故後に関東を襲ったプルームはこれまで管理人が考えてきたような一定の帯を保ちつつ流れたというよりも、それに沿いつつも地表に近くなるほど幅広く広がっていたようだと見られることです。管理人は認識を変えざるを得ませんでした。

上に掲げたグラフと福島第一原発事故当時に稼動していたMPの値の変化とを比較するとあまりマッチしません。その理由はいくつか考えられます。
T MPの設置箇所が少ない上に測定地上高は20数メートル以上あるものがほとんどでした。鳥のためのモニタリングポストと揶揄されました。
一方、大気汚染測定ステーションは、地表に置かれており、サンプル大気の取り入れ口はせいぜい地上高3m程度です。プルームが地表近くを流れてきたときは、大気汚染測定ステーションの「浮遊粒子状物質(SPM)」濃度は上がりますが、モニタリングポストが検知する放射能は相対的に少なくなることもありえます。


U プルームの中には、ガンマ線源が少なく、ベータ線源、アルファ線源が相対的に多いものもあったようです。2011/3/20午後のプルーム第六波はこのような特性を有していたと見られ、宇都宮のモニタリングポストの値はわずかしか上がりませんでした。
吸気被爆では、ガンマ線源、ベータ線源、アルファ線源いずれも害がありますので、ガンマ線のみをとらえる公設モニタリングポストの値は、時として片手落ちのことがあります。

私達が知る福島第一原発事故直後のプルームの暴れ方については、数少ないガンマ線のみを検知し、かつ地上高20m程度の高さにある公設モニタリングポストの値(器械によっては分厚い鉛の腹巻をしていたものもあります)、そしてプルームの残した痕跡としての土壌のセシウム汚染のデータしかありません。

浮遊粒子状物質(SPM)濃度の場所的分布、時間的な変化がこれらのデータの補充的役割を果たすことも期待できますが、その解読にも大きな困難があります。

次のグラフでは、2011/3/20深夜に100〜160mg/m3の極めて高い値を示しています。プルーム六波の襲来と時を同じにしていますが、仮にこれだけの濃度のベータ線源、アルファ線源を吸い込んでいたら、多くの人が深刻な疾病を発症しているでしょう。


これらの高い値を示したのは、柏永楽台、松戸五香、船橋印内でほぼ南北に通る直線上にあります。この高い値は、3/20にどこかの焼却施設が放出した浮遊粒子状物質(SPM)を検出しているものと見られ、これがプルームの運んできた放射性物質の濃度を示すとは考えにくいです。

いずれにしても、私達が今知っているプルームの流れ方は、まさに目隠しして象に触っているようなもの。これまで分かっていないところでも大きな初期吸気被曝があったと推定される例が出てきました。千葉1区です。

このような例はほかにも数多いのではないかと推定しています。体調不良を抱え、汚染地域ではないし、食べ物にも気をつけて来たのになぜ? とお考えの方は吸気被爆を疑うことをお勧めします。

福島第一原発事故時に関東に居住していた者は、放射性物質の種類、濃度、曝露した時間の差はあれ、漏れなく吸気被曝があります。その点からは、健康障害がいつ出てもおかしくない方も多いと言わなければなりません。





2012年4月以降千葉市の下水汚泥焼却灰のセシウム濃度がリバウンドしましたが、上のグラフはそのことと整合性を持ちます。

この記事、少し恐すぎて公開に適さないかも知れません。半年近く、放射能のある浮遊粒子状物質が追加的に飛んできて、服に付いたり、食べ物に混じったり、呼吸していたとするならば・・・。
posted by ZUKUNASHI at 22:08| Comment(0) | 福島原発事故

スペインの原発で火災 / 米国では福島を越える事故もありうる

ENENEWS2017/5/24
“Emergency Alert”: Fire breaks out at nuclear plant in Spain − Officials take action “to avoid a nuclear disaster” − Large amount of smoke reported − Government activates emergency plan

thinkSPAIN, May 23, 2017: Early-hours alert over Ascó I nuclear plant fire − AN ‘EMERGENCY alert’ affecting the nuclear plant in Ascó (Tarragona province) at 02.12 this morning (Tuesday) after a fire broke out has been called off, authorities have announced. Management at the Ascó I reactor contacted the Nuclear Safety Council (CSN) in accordance with usual procedures in the event of a fire which continues for longer than 10 minutes. The plant shut down its combustible fuel recharging and discharging to avoid a nuclear disaster after the blaze started due to water dripping onto the standard electricity supply bar switches during recharging in the turbine building, the CSN says. Normal electricity supply was lost and a diesel generator put into action… An emergency alert at Mode 1, or ‘reduced risk’ level, was issued, but was withdrawn at exactly 03.31 and replaced with an ‘emergency pre-alert’ due to the continued absence of an external electricity supply.

RT2017/5/26
Nuclear nightmare worse than Fukushima could hit US because of ignored risks – study
The US has underestimated the risks to its nuclear safety as a single nuclear fuel fire could lead to fallout “much greater than Fukushima,” according to a new study. Researches slammed the Nuclear Regulatory Commission for ignoring the potential danger.

If spent fuel at one of the dozens of US nuclear sites sets alight, it “could dwarf the horrific consequences of the Fukushima accident [in Japan],” researchers from Princeton University and the Union of Concerned Scientists warned in their study published in the May 26 issue of Science magazine.

The disaster would lead to “trillion-dollar consequences,” as the hypothetical fire would result in contamination of an area larger than New Jersey and force mass relocations.

The scientists simulated a nightmare scenario in their ‘Nuclear safety regulation in the post-Fukushima era’ article. Supposing that an imagined fuel fire broke out at the Peach Bottom nuclear power plant in Pennsylvania at the beginning of 2015, and taking into account the weather conditions at that time, they showed the devastating extent of potential contamination in the area. The accident would have led to the relocation of around 8 million people and would have cost $2 trillion in damages, according to Science Daily, citing the article.

At first, it would mostly have affected a small part of Pennsylvania and Philadelphia, also touching on New York, Massachusetts and Connecticut. However, within three months almost all the East Coast from South Carolina to Maine would have become contaminated to a varying extent, the scientists said, with radiation going deeper into the land later on.

The researchers say that this frightening scenario can be avoided if spent fuel is not housed in the pools which are used at almost all US nuclear plants to store and cool used radioactive material. Instead, it would be safer to transfer it to dry storage casks after it is cooled in pools for around five years, they say. The Nuclear Regulatory Commission (NRC) previously considered such measures, but decided they would be too costly.

The study blames the NRC for downplaying the potential consequences and risking millions of Americans’ lives to favor nuclear industries.

“The NRC has been pressured by the nuclear industry, directly and through Congress, to low-ball the potential consequences of a fire because of concerns that increased costs could result in shutting down more nuclear power plants," one of the authors of the study, Frank von Hippel, is quoted as saying by Science Daily.

"Unfortunately, if there is no public outcry about this dangerous situation, the NRC will continue to bend to the industry's wishes.”

The researches also stressed that a nuclear disaster could be brought about by a large earthquake or terrorist attack, the possibility of which was excluded by the NRC.

They have called on the agency to take action to reduce the potential danger by enhancing the monitoring of the pools and increasing water levels in case of a breakdown. If the NRC does not act, the researchers say Congress should step up.

The NRC previously said the transfer of spent fuel, which could reduce the threat of radioactive releases by 99 percent, would require additional spending of $50 million per pool. An accident would result in $125 billion in damages and radioactive contamination would not go beyond 50 miles of the site, according to the NRC, in sharp contrast to the researchers' estimates. The NRC also said that the consequences would be dealt with within a year, while the Chernobyl and Fukushima accidents have shown much worse effects, with the areas still deserted.

“In far too many instances, the NRC has used flawed analysis to justify inaction, leaving millions of Americans at risk of a radiological release that could contaminate their homes and destroy their livelihoods,” said Edwin Lyman, a senior scientist at the Union of Concerned Scientists and co-author of the article. “It is time for the NRC to employ sound science and common-sense policy judgments in its decision-making process,” he said.

NRC spokesperson Scott Burnell has promised to study the scientists’ proposal and report to agency commissioners, Science Daily reports.

In early May, an emergency was declared at a nuclear waste site in Hanford, Washington, after a portion of a tunnel near the plutonium-uranium extraction plant collapsed. The same site leaked gallons of toxic waste last April, affecting a number of workers.
posted by ZUKUNASHI at 20:57| Comment(0) | 福島原発事故

これから雨の季節

2017/5/26、少し強い雨が降っています。


降雨中10時40分、傘を差しかけて1分計測56cpm 2分計測61cpmでした。約20cpmも多いです。ほとんどがベータ線でしょう。


前日、降雨の後、ほぼ乾いた状態で42cpmでした。


雨水にはさまざまな放射性物質が含まれています。セシウムはもちろん、ビスマスなどのほかに猛毒のポロニウムやタリウムも。

腕が雨に濡れた後、小さな赤い噴火口のような傷ができたという例は、読者から何度も伺っています。これはアルファ線源が付着したことによるものです。

福島県では最近も降雨後に黄色い粉が観察されています。

雨水が口や目に入らないようにしましょう。外で仕事をされる方は、薄いものでよいですから合成樹脂製のアノラックやズボンを着用しましょう。家に帰ったらすぐ洗います。乾燥は早いです。

帽子をかぶる習慣もつけましょう。特に髪が少なくなってきたという方は必須です。

子供には雨に濡れないようよく言い聞かせ、持ち物の中に傘を入れさせます。今は100円ショップで折り畳み傘を売っています。

雨水に含まれるビスマス214は半減期20分などで短時間で消えます。

ベータ線を出す放射性物質が腕などに付着すると、ただちに変化は出ないことが多いですが、ベータ線を受けて潜在的な熱傷を起しています。皮膚の老化の原因です。

雨水中に様々な放射性物質が含まれる状態は、日本では半永久的に続くでしょう。

ホワイトフードのマップでは、線量率は上がっていないと思うかもしれません。その通りです。このマップは公設のモニタリングポストの値を使っています。公設のモニタリングポストは、ベータ線、アルファ線を検知しません。

・・・・・

※  桑ちゃん‏ @namiekuwabara 氏の2017/5/24のツイート
線量上昇、雨にぬれるなよ。このHPの下の段の東京都を良く見ると徐々に右上がりになっている線量上昇が見られる。雨だけの影響ではなさそうだ。http://oku.edu.mie-u.ac.jp/rad/  5月16日より25日現在まで上昇して着ているのが見て取れる。
posted by ZUKUNASHI at 11:19| Comment(0) | 福島原発事故