ずくなしの冷や水

2017年04月14日

ロシア軍のスホイ戦闘機がトマホーク36発を撃墜

いやー、これは驚きました。数が合わないのは撃墜されていたからだとは。ロシア軍のスポークスマンが気球から爆弾を落とすのと効率性は変わらないと馬鹿にしていたのは、この背景事実があったからですね。
FARSNEWS2017/4/12
Russian Media: 36 US Missiles Downed by Russia in Syria's Shayrat Airbase Attack

TEHRAN (FNA)- A Russian daily said the country's fighter jets have possibly targeted and downed 36 US' Tomahawk missiles fired by the American warships at Shayrat military airports in Southwestern Homs last week.

The Russian language Nezavisimaya Gazeta daily reported that 36 Tomahawk cruise missiles that the US navy fired at the Syrian Shayrat airbase on Thursday were possibly intercepted by the Russian warplanes.

The paper wrote that this is unlikely that the US missiles were targeted by S300 or S400 air defense systems that are protecting Tartus and Humeimim bases because Tomahawk missiles.

The Russian daily wrote that the US' missiles were possibly targeted by Sukhoi-35s and Sukhoi-30 SM that are capable of intercepting and hitting Tomahawk missiles.

The Russian paper added that the US army had possibly first fired 36 missiles from Ross Striker but after they were intercepted, the Americans launched 23 more missiles to hit Shayrat airbase when the Russian warplanes were going back to their bases.

The United States carried out a missile strike on the Shayrat airfield late Thursday in response to an alleged chemical attack on a militant-held town in Idlib province the blame for which Washington immediately pinned on the Bashar al-Assad government.

Washington failed to provide any proof that the Syrian government was behind the purported gas attack, with Damascus categorically denying the US accusation.

According to reports, around 60 Tomahawk cruise missiles were launched at Shayrat military airfield in Southeast of Homs city. US military ships in the Mediterranean launched the strike on Syrian airbase, killed and wounded several civilians.

The US military claims it racked up a perfect score in its cruise missile strike on Syrian airfield in Homs province, targeting aircraft, hardened aircraft shelters, petroleum and logistical storage areas, ammunition supply bunkers, air defense systems and radars.

But, the Russian Defense Ministry assessed the efficiency of the US strike as quite poor, and disclosed that only 23 out of 59 Tomahawk missiles had reached their target while the points of impact of the remaining 36 missiles were unknown.

The US strike has been condemned by Tehran and Moscow, two main allies of Damascus in fight against terrorism, while the Syrian Armed Forces' General Command also deplored US missile attack on Shayrat military airport, adding the move made clearer that the US is a partner of ISIL and Al-Nusra Front (also known as Fatah al-Sham Front or the Levant Liberation Board) terrorists in the war-hit country.

・・・・・

トルコのトピックスの2017/4/7の記事に次のようにあります。
「アメリカは4月7日、シリアの基地をミサイル攻撃することを事前にトルコに通告していたと、メヴリュト・チャヴシュオール外相が、4月7日、アンタリヤで記者団に語りました。」
「ジョン・バス駐アンカラ・アメリカ大使が、トルコのユミト・ヤルチン外務次官に連絡してきた」と外相は言いました。攻撃に関する情報は対イスラム国(IS)の同盟国を通じてひろがりました。チャヴシュオール外相は、電話でフランスとドイツの外相と話したと言いました。外相はまた、ロシアのセルゲイ・ラヴロフ外相とアメリカのレックス・ティラーソン国務長官とも話したそうです。

・・・引用終わり・・・

攻撃開始前の何時の段階でロシアのラブロフに通報したか分かりませんが、ロシアが米国によるミサイル発射前に攻撃が差し迫っていることを知っていた可能性はあります。
posted by ZUKUNASHI at 22:49| Comment(7) | 国際・政治

ぷう博士の何でも相談室 「みんな親を乗り越えようとして自立した ベタベタするから自立しない 時代が変わったなあ」

そう、hiyaaseさんの年代の親は、大概、そういうふうに言います。そして、子供がおかしくなると、金だけ払って専門家に任せて、治らなければ文句を言い、治れば自分が治してやったみたいな物言い。

ただ、「親なんてそんなもん! 分かって欲しいとか、変な期待をするだけ無駄!」と悟って、遅まきながら自立する人もいるので、そういう態度、突き放しが悪いわけでもない。

ただ、老後、動けなくなったときに優しくしてもらうとか、そういう期待も、捨てた方がいい。まあ、面倒を見てくれるだけでも虐待されないだけマシ?! くらいなところで考えた方がいいでしょう。

hiyaaseさんたちの年代は、大家族のなかで兄弟同士でわいわい過ごしたり、あるいは外へ出れば友達同士でつるんで、家には飯を食うのと寝るので帰るだけ? みたいな生活だったのでしょう。

私が子供の頃は、ちょうど端境期で、最後のガキ大将が消えて、ファミコンやゲーセンが流行りはじめ、外で友達とつるんで遊ぶ子供たちと、自分の部屋でゲームをしたりテレビを見たりする子供たちの数が逆転していった時代。そして、その後は? 外で遊ぶ子供たちの姿を見かけなくなって、「いったいどこで何をやっているんだろう?」みたいな。

まあ、そういう子供の置かれた環境の変化もあるし、イジメや不登校といった問題が語られはじめ、さらに発達障害や学習障害というくくりで、昔なら地域や家庭での関わりで処理されていたような問題が、病気や障害というくくりで理解されるようになり、専門家? のケアを受けるべきことみたいな、よくわからん流れに。

まあ、うだうだ言っても仕方ないのですが、要するにあなた方とはまったく違う環境で育った世代に対して、「自分たちの世代はこうだったんだから、お前らがおかしい!?」みたいな物言いはナンセンスだと言うことです。

と言っても、別にそういうことを言うなということではなく、もしあなた方の子供さんがおかしくなったなら、「素直に自分の子育てがまちがっていたか、失敗だったことを認めろや!」ということです。

逆に、自分のお子さんが立派に(どういう基準かはさておき)育ったのなら、おおいに自分の子育て法を吹聴されたらいいと思います。正しい子育て法があるわけではなく、その子に合った接し方ができたかどうか? だけの話ですし、たまたま手のかからない子供だっただけかもしれませんが。

私も、そういう援助に関わるのを辞めて久しいですが、問題を抱える若者と関わりながらいつも思ったのは、「この子が立ち直って社会復帰したとして、親は自分の子育てや生き方を反省しないで、逆に自分は正しかったと思い込むだけだとしたら、親との関わりで傷ついたと言っているこの子たちの思いはどうなるんだろう?」ということでした。

それは、その親のためにもならないんじゃないか? この子を援助して、家庭的な関わりのなかで立ち直らせても、金さえ出せば何とかなる? という親の考えをさらに補強するだけで、この子がもとの家に戻って暮らしはじめても、改めて傷つくだけじゃないのか? なんてこともよく考えました。

引きこもりやら何やらの若者たちが社会復帰できるように援助するのに、どれだけのエネルギーがいるのか? しかもそれで報酬をもらうのではなく、すべてボランティアで、自分のなけなしの収入も持ち出して関わって、その子が良くなったら親達は「自分たちがお金を出してやったから!?」と、さらに自分の従来の生き方や価値観を補強する。

「これはやってられないわ! それだったら遅まきながら自分の好きなことをしよう♪」と思って、大きく方向転換した? と言うと格好いいんですが、実際には、「ああ、自分にはこういう活動は向いてないや(ToT) 研究とかしても、自分の才能ではとてもじゃないけどやっていけそうにないし、このまま行けばますますつぶしが効かなくなるし! それなら、思いきって自分が本来やりたかったことをやろう♪」と思って、現在に至るわけですね。

というわけで、ぷう博士、頑固な老人、すぐに自己保身に走って、決して自己否定しようとしない老人には噛み付きますが、甘えた若者を援助したり、相談に乗ることもありません。というか、上も下も敵に回しちゃっていいのか? イジメないで(>_<) みたいな。

いや、こういう経験や経緯を踏まえながら、同じような構図を311以降の原発や放射能の問題を見ているんですよ。何か飛躍的な宇宙人の新技術で、放射能汚染の浄化のみならず、内部被曝による諸症状が癒されるようになったら、どんなにいいことだろうか? 

でも、そうなった結果として、原子力村の人たちが反省しなかったら、そういう技術の存在をよいことに、ますます原発が増え、放射能汚染が増え、「コスモヒーリングマシンで治したらいいじゃん♪」ということで被曝も増える? なんてことになったら、本末転倒じゃないのか?

「治療」ということを考えるときに、「病気を治すことが、本当に解決なのだろうか? 病気を治すことによって、本人と家族は本当に幸せになるんだろうか?」ということも、考える必要があります。

かのナイチンゲールさんに、「すべての病気は回復過程である」という言葉があって、その意味を考察するだけで、論文が一本書けてしまう? という世界ですが、病気や問題がその人の人生に対して提起している実存的な意味? にまで目を向けると、病気や問題の背後にある不調和、あるいは自己否定によって飛躍的に成長すべき行き詰まった状況を指し示してくれている、という意味では、目に見える症状や問題として表れていることそのものが、人生の回復過程のはじまりである? みたいな見方もできます。

さて、原発問題、「食べて応援」問題に、いかなる意味があるのか? それを「回復過程に至るためのシグナル」「否定的に乗り越えるべき課題」として認識することができるのかどうか?

いや、もう本当に歳の行った人たち、特に社会的に成功された人たちは、何を言っても変わりませんから。物分かりのよいことを言っていたとしても、それすらそういう自分をアピールするための見せかけだったり。そういう意味では、ここのご老体がた? の、歯にモノ着せぬ正直かつ独善的な物言いというのは、非常に貴重だし、なんらかの理解や創造の余地を残すものかもしれません。

まあ、そういう方々の尻拭いはもうたくさんなんで、「勝手にしやがれ」なんですが、そういうジュリーが脱原発で頑張っていたりするので、ステレオタイプでものを言うわけにもいきません。

でも、あなた方の負の遺産、原発と放射能、いったいどうすんの? すべての子供たちが病気になり、死ぬまで、「食べて応援」させるの? 他の世代に文句言う暇があったら、自分らの世代の責任で、原子力村を何とかせいや!?

いやいや、世代間の対立を煽って、安倍さんをウホウホさせてどうすんだ? という話ですが、まあ、その辺が本音だったりします。充実したシニアライフ? おおいに結構ですが、下の世代はおおいにシラけてまっせ? というか、シラケる余裕もなく、日々の暮らしに追われて、内部被曝を蓄積して、出口のない袋小路に入り込んでいる、と言うべきか?

まあ、いずれにしても、自分がしたことが返ってくる。しかも、それは自分の「してやった」基準ではなく、相手が「してもらった」基準。まあ、そういうギブ&テイクを卒業して、与えることに喜びを感じるような子に育っていればベストかもしれませんが、それには自分がギブ&ギブで背中を見せていないと無理でしょうね。

自分の、そして自分の世代の成功体験にしがみつかずに、他の人の、そして他の世代か置かれてきた環境や経験にも耳を傾け、目を配る。それができて初めて、貴重な経験や知識が知恵として相手に伝わるんじゃないでしょうか?

いやもう、またうだうだと、いらんことを(-_-) 「詰まらぬものを斬ってしまった」ならぬ、「詰まらぬ言葉をひってしまった」みたいな感じですが、どうせ伝わらない相手に、無駄なことを書いてしまいました。しかし、無駄なことはないんですよね♪ こちらの意図と外れても、届くべき言葉は、しかるべき時に、しかるべき存在に届く。

そういう根本的な信頼がないと、書きつづけられませんよね? ずくなしさん? って、最後、人に振るか? Σ( ̄ロ ̄lll)

・・・・・

hiyaaseさん 納得いただけたでしょうか?
posted by ZUKUNASHI at 20:36| Comment(2) | 社会・経済

救急NGOホワイトヘルメットは殺人集団

警告! このブログは海外で起きている戦争やテロの状況を掲載しています。残酷、ショッキングな赤裸々な画像もあります。未成年の方や女性、そして成年男性でも精神的衝撃を受ける方がおられるでしょう。このブログは閲覧されないことをお勧めします。

THEDURAN2017/4/11
DISTURBING IMAGES: White Helmets BUSTED killing babies in PR stunt to start war in Syria

White Helmets have been caught faking rescues and doctoring dead children.

They won an Academy Award and George Clooney is doing a big budget Hollywood film on the group.

The White Helmets are adored by western audiences, but loathed by those who have done their due diligence to recognized that the group is nothing more than ISIS in an NGO disguise.

Now a bombshell analysis from the Swedish NGO Doctors for Human Rights (SWEDHR) accuses the Syria Civil Defense (aka the White Helmets), of falsifying information about its “humanitarian work” in Syria.

According to Swedish human rights activists, so-called “rescue” procedures filmed in White Helmets propaganda videos, is a complete staged hoax.

The procedures in the video and photos below have been carefully analyzed to show that they were carried out on a dead child, who may have been killed by the White Helmets in order to film the footage.

Chairman of Swedish Doctors for Human Rights (SWEDH), Professor Marcello Ferrada de Noli, notes…

The reproduction of those al-Qaeda / White Helmets footage by CNN, camouflaged as “normal news”, is a fact that should be investigated together with the deceiving content in such footage. A clearer illustration of ‘fake news’ around the disinformation on the Syrian conflict is hard to find.

It is remarkable that no UN official, no CNN journalist, etc., ever reflected on the veracity or authenticity of the enacted ‘saving-lives’ scenes in the video. For instance, and to the best of my knowledge, this is the first time that an analysis of the syringe episode is conducted in the terms I describe here below.

The result of this observation, later supported by two Swedish doctors –one GP and a pediatrician– demonstrates that the syringe’s content was never pumped into the needle injected in the infant’s chest. An alternative explanation, equally bizarre, is that the child was injected with the needle connected to an empty syringe-barrel.
posted by ZUKUNASHI at 18:56| Comment(1) | 国際・政治

シリアの外国人戦闘員2万人のうち半分がCIS出身、さらにその半分が中央アジア出身

FARSNEWS2017/4/12
Putin: Nearly Half of 20,000 Foreign Fighters in Syria Hail from CIS

TEHRAN (FNA)- Russian President Vladimir Putin said nearly half of the approximately 20,000 foreign militants fighting in Syria hail from the Commonwealth of Independent States (CIS).

"According to various estimates, about 20,000 foreign fighters are fighting in Syria, of which almost 10,000 are from the CIS countries," Putin told the Mir broadcaster in an interview published Wednesday, Rossiya Segodnya reported.

He further estimated that around 5,000 fighters are from Central Asian states.

"These are mainly CSTO countries, by the way," Putin stressed, underscoring the need to create a broad international anti-terrorist coalition.

RT2017/4/13
EU faces ‘disaster’ if their 5,000 jihadists return home, Syrian deputy FM warns
Some 5,000 EU nationals are currently fighting in Syria among the ranks of ISIS and other jihadist groups, according to a senior Syrian official, who warns it'll be a disaster for European security if these militants are allowed to return.

2万人の外国人戦闘員のうち1万人がthe Commonwealth of Independent States (CIS)出身、そのうち5千人が中央アジア出身、5千人が欧州出身、残る5千人は中東諸国、北アフリカなどの出身ということになります。
posted by ZUKUNASHI at 17:27| Comment(0) | 国際・政治

米国同盟軍がデリゾールでテロリストの化学兵器隠し場所を空爆 市民を含む数百人が死亡か

FARSNEWS20174/13
US-Led Coalition Airstrike Blows Up ISIL Chemical Weapons' Cache in Deir Ezzur, Kills Scores of Civilians

TEHRAN (FNA)- The Syrian Armed Forces' General Command announced in a statement that the US-led coalition's airstrikes on an ISIL chemical weapons cache in Hatleh village in Eastern Deir Ezzur killed hundreds of militants and civilians after inhaling toxic gases.

The statement explained that after the attack a white cloud was formed on the ground which later turned yellow, adding that these and other signs show a large cache of toxic materials was exploded in the attack.

After the airstrike, hundreds of people, including the militants and a large number of civilians, suffocated to death after inhaling toxic gases.

The statement also said the incident showed that the terrorist groups, headed by the ISIL and the Al-Nusra Front (also known as Fatah al-Sham Front or the Levant Liberation Board) are in hold of chemical weapons and can access, transfer, store and use them with the help of certain regional states.

Stressing that the Syrian army has no chemical weapons and has not used any chemical arms, the statement warned of the dangers of continued chemical attacks by the terrorist groups against the civilians.

RT2017/4/13
The Russian Defense Ministry has no information that could confirm reports about a US-led coalition airstrike in the Syrian Deir ez-Zor province leading to civilian deaths, the ministry’s spokesman, Major General Igor Konashenkov, said.

“The Russian Defense Ministry does not have any information confirming the reports about loss of life and material damage resulting from a bombing carried out by the US-led coalition warplanes in the area of the city of Deir ez-Zor,” Konashenkov told journalists at a press briefing.

He went on to say that the Russian military has sent surveillance drones to the area of the alleged airstrike to assess the situation and monitor developments on the ground.

Earlier on Thursday, the Syrian Army’s General Command said that the US-led coalition had carried out an airstrike on positions held by Islamic State (IS, former ISIS/ISIL) terrorists in the village of Halta to the east of Deir ez-Zor on Wednesday between 5:30pm and 5:50pm local time (14:30-14:50 GMT), as reported by the Syrian SANA news agency.

The Syrian military said the airstrike allegedly triggered the release of a “white cloud that became yellow” containing hazardous substances, as the coalition aircraft apparently hit a “huge repository” of toxic materials possessed by the extremists.

The statement issued by the Syrian Army’s General Command also said that “hundreds, including a large number of civilians,” had died in the area due to suffocation caused by inhaling the toxic substances released by the coalition airstrike, SANA reports.

This incident confirms that terrorist groups, particularly Islamic State and Al-Nusra Front, “possess chemical weapons” as well as have “an ability to obtain, transport, store and use” toxic substances, the Syrian military stressed, while once again insisting that the government forces “do not possess any kind of chemical weapons.”

In the meantime, the US-led coalition has denied the incident.

“The coalition conducted no strikes in that area at that time. The Syrian claim is incorrect and likely intentional misinformation,” the coalition’s spokesman, US Air Force Colonel John Dorrian, told Reuters. He reiterated the denial on Twitter.
posted by ZUKUNASHI at 17:20| Comment(0) | 国際・政治

日本の治安急速に悪化

一般の殺人事件などは時間がなくて追っていませんが、福島県内の事件、事故には留意しています。鍵のかかったゴミ箱の中で亡くなった人がいたり、福島は怖いです。命よりカネなら当然そうなります。

福島県に入った作業員の中には、行方不明の人も少なからずおられるとの噂が絶えません。

※  2ちゃん原発情報 ‏@2ch_NPP_info 氏の2016/5/16のツイート
名無し:05/16 10:02
「遺体埋められている」情報寄せられ警察が現場捜索 福島
警察は15日現場の捜索を行った…いわき市久之浜町の建設会社の敷地内…
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00324767.html
・・・久之浜はいわき市内ですがF1作業員の宿舎などが多い場所です。建設会社の敷地内とありますが、デイサービスセンターの敷地内のように見えます。





毎日新聞2016年5月17日
福島県いわき市で昨秋から行方不明だった40代の男性作業員とみられる遺体が見つかり、県警いわき中央署は17日、勤務先の「武蔵建設」(同市久之浜町)社長、日向寺大蔵容疑者(35)ら6人を死体遺棄容疑で逮捕した。県警は同署に捜査本部を設置し、殺人容疑を視野に作業員が死亡した経緯についても調べている。日向寺容疑者は否認している。
 逮捕容疑は昨年9月上旬、成人男性の遺体を同社敷地内に遺棄したとしている。捜査関係者によると、作業員は市内在住で、家族から昨年10月に行方不明者届が出ていた。同署が同僚ら数人に事情を聴くと「敷地に埋めた」と話し、16日の捜索で遺体を発見した。
 現場はJR常磐線末続駅から南西に約500メートルで、周辺は民家や農地が点在している。【乾達】



日刊時事ニュース
福島県いわき市久之浜町の株式会社武蔵建設の敷地内に 40 代除染作業員男性の遺体を遺棄したとして、福島県警は 17 日、死体遺棄の容疑で株式会社武蔵建社長の日向寺大蔵ら 6 人を逮捕したと発表した。
他に逮捕されたのは、いわき市内郷高坂町会社員国井政夫( 61 )、いわき市好間町の自営業栗山守( 57 )、いわき市平の無職・栗山智章( 52 )、いわき市好間町の無職・新井庸晃( 50 )、いわき市久之浜町の会社役員・遠藤裕蔵( 33 )の 5 容疑者。
福島県警によると、発見された遺体は昨年秋から行方不明となっているいわき市内に住む 40 代の除染作業員の男性とみられる。県警では捜査本部を設置、身元の確認を急ぐとともに、殺人容疑での立件も視野に入れる方針。
遺体が発見されたのは、いわき市久之浜町末続にある、土木工事や除染作業などにあたっている建設会社・株式会社武蔵建設の敷地。
県警によると、現場の建設会社では、勤務していた 40 代の男性の行方が去年秋ごろからわからなくなっており、県警が探していたところ「 勤務先の建設会社で埋められた 」との匿名での情報が入ったという。
県警は死体遺棄の容疑で捜索令状をとり株式会社武蔵建設の敷地内を掘り返すなどして調べた結果、16 日、1 人の遺体が発見されたことから、株式会社武蔵建社長の日向寺大蔵ら 6 人を逮捕した。
県警では当時の状況や経緯、動機などについて詳しく調べる方針。

※ 桑ちゃん ‏@namiekuwabara 氏の2016/5/17のツイート
やっぱり、除染作業員が働く建設会社でしたか!これが福島復興の現実である。如何に危険な社会になっているか理解できるであろう。環境破壊省が進める復興除染会社の質。仕事内容も行かなくても見えてくる。何をされているか分らない。

・・・・・

次は福島県西郷村の農地で遺体発見です。
時事通信2017年3月24日 20時20分
福島県警組織犯罪対策課は24日、同県西郷村真船の農地で、身元不明の遺体を発見したと発表した。今年に入り「真船の農地に人が埋められている」と情報提供があり、17日から約300人を動員し捜索していた。県警は死体遺棄事件として捜査する。
 県警によると、遺体は私有地である農地の土中約2メートルの場所で発見された。腐敗が進んでおり、性別は不明という。 

サンケイ2017.3.24 22:42
24日午後2時10分ごろ、福島県西郷村真船の農地で、身元不明の遺体が埋まっているのを捜索中の警察官が見つけた。県警は死体遺棄事件として白河署に捜査本部を設置。男性の遺体が埋められているとの情報に基づき、17日から付近を捜索していた。殺人事件の可能性も視野に捜査を進める。
 捜査関係者によると、同県田村市の男性が数年前から行方不明になっている。県警は関連を調べるとともに、25日に司法解剖を行うなどして遺体の身元確認を急ぐ。県警の平野亨刑事部長は記者会見で「重大事件であり、組織的捜査が必要と判断した」と述べた。
 県警によると、遺体は全身で、約2メートルの深さから見つかった。男女の区別がつかないほど傷みが進んでいるという。今年に入ってから遺体が埋まっているとの情報が寄せられていた。
 現場はJR新白河駅から北西約6.5キロで、田畑が広がり民家が点在する地域。遺体が見つかった農地は過去、東京電力福島第1原発事故の除染で出た汚染土壌や草木などの廃棄物を一時保管する仮置き場になっていた。

朝日2017年3月24日21時59分
福島県警は24日、同県西郷村真船の農地から身元不明の遺体が見つかったと発表した。遺体は成人とみられるが腐敗が進んでおり、性別不明。県警は事件に巻き込まれたとみて同日、白河署に捜査本部を設け、死体遺棄容疑で調べている。
 県警によると、遺体は深さ約2メートルの場所から見つかった。「人が殺されて埋められている」との情報が県警に寄せられたため、17日から現場付近を重機で捜索していた。暴力団関係者が事件に絡んでいる可能性があるという。
 遺体が見つかったのは、田畑や牧草地が広がる一帯。

※ 河北新報
<西郷村・死体遺棄>30〜40代の男性と判明
 福島県西郷村真船の農地の地中から身元不明の遺体が見つかった死体遺棄事件で、白河署捜査本部は25日、司法解剖の結果、遺体が30〜40代とみられる男性と判明したと明らかにした。
 頭部には外傷があり、捜査本部は頭に致命傷を負わされて殺害された可能性もあるとみて慎重に調べる。
 県警によると、遺体は死後1〜2年が経過しているとみられる。今後はDNA鑑定を行い、県内の行方不明者らと照合するなどして身元の特定を急ぐ。
 捜査本部は同日、遺体発見現場の捜索を続けたが、遺留品などは見つからなかった。

More-News2017/4/1
福島県西郷村の死体遺棄事件で稲川会系暴力団組員3人を逮捕、堤利幸さんの遺体を埋めた疑い 殺人事件も視野に捜査
福島県西郷村真船の農地で当時45歳の堤利幸さんの遺体が見つかった殺人事件の可能性が高い死体遺棄事件で、3月31日に指定暴力団稲川会系組員の小野光(45)、無職・佐藤正樹(43)、建設業・楠美憲司(28)3人の容疑者が死体遺棄容疑で逮捕されました。警察は殺人殺人容疑でも捜査を進める方針です。

西郷村真船の農地で約2メートルの地中に埋められていた堤利幸さんの遺体の死因は重症頭部外傷と判明しており、頭に強い衝撃を受けて死亡したとみられています。

また、男性は田村市出身(本籍地・埼玉県草加市)の暴力団関係者とみられており、暴力団同士のトラブルに巻き込まれて殺害・遺棄された可能性が高いという。

警察は今後、逮捕された3人の容疑者を追及して堤利幸さんが死亡した経緯について調べる方針。

・・・引用終わり・・・

地図で場所を調べていたら、以前読者が保養に行って頭痛がした地域であることに気づきました。

(初出 206/5/19 追記 2017/3/24 3/26 4/14)

posted by ZUKUNASHI at 14:18| Comment(1) | 福島原発事故

日本の安全急速に悪化 子供から目を離すな!

斜体文字は管理人

※ 毎日新聞2017年3月26日 11時37分
千葉・我孫子
排水路脇に女児遺体 10歳くらい
 26日午前6時45分ごろ、千葉県我孫子市北新田の排水路脇に「マネキンのようなものがある」と、釣りに訪れた男性から110番があった。県警我孫子署員が駆け付け、10歳くらいの女児が死亡しているのを見つけた。
 女児は全裸だったといい、県警は女児が事件に巻き込まれた可能性があるとみて調べている。
 現場はJR常磐線天王台駅から北へ約1.6キロの排水路にかかった橋の下。【斎藤文太郎】
ニュースサイトで読む: http://mainichi.jp/articles/20170326/k00/00e/040/148000c#csidx773bd9da90eb85a9939f63841bb4024
Copyright 毎日新聞

我孫子市の北新田と言えば、2008/8/29に発生した路上殺人事件が思い浮かびました。

そして、管理人が我孫子市の現地調査を行ったのは、次の地図の南3分の1の部分です。



NHKの動画からキャプチャーしました。


Google Earthから 上の画像の警察官が立っている辺りから向こう側を見ています。現場は、上の地図に印をつけた橋です。


「警察は女の子の身元の確認を進めるとともに、事件や事故に巻き込まれた可能性もあると見て死因などを調べています。」

事件に巻き込まれたことはまず間違いないのでは? 大人が裸で事故で死ぬことはあっても、10歳くらいの子供にそんなことはありえません。今朝はとても冷えたのに。

でも、なぜ保護者は警察に子供がいなくなったことを届けていないのでしょう。とても不思議です。

・・・・・
続報
共同2017/3/26 15:00
県警と同県松戸市教育委員会によると、松戸市で24日午前からベトナム国籍の9歳女児が行方不明になっており、県警は死亡した女児との関連を調べている。
 9歳女児は身長約130センチ、灰色のパーカにピンクのズボン姿で、赤のランドセルを持っていた。24日は終業式だったが、出席しなかった。

読売2017/3/26
発表によると、遺体で見つかったのは、ベトナム国籍で同県松戸市六実(むつみ)の市立六実第二小3年レェ・ティ・ニャット・リンさん(9)。2日前から行方不明だった。リンさんは排水路にかかる橋の下の草むらで、衣服を身に着けていない状態で横向きに倒れていた。捜査関係者によると、首に絞められたような痕があったほかは、目立った外傷はないという。県警は今後、司法解剖を行って詳しい死因を調べる。ランドセルなど所持品は付近になかった。
リンさんは24日午前8時頃、1人で自宅を出て小学校に向かった。当日は終業式だった。ところが、登校しないため、学校が同8時40分頃、リンさんの父親(34)に連絡した。父親は同11時半頃、松戸東署に捜索願を出し、県警が行方を捜していた。
県警は自宅を出た直後に事件に巻き込まれた可能性があるとみて、目撃情報などを収集している。遺体発見現場は茨城との県境付近で、近くを利根川が流れる水田地帯。リンさんの自宅からは約10キロ離れている。釣り人が訪れる程度で、ほとんど人が通らない。
リンさんは自宅を出た時には、灰色のパーカにピンクの下衣、白と黒の靴に児童用の黄色い帽子姿。赤のランドセルを背負っていた。県警の捜索ではいずれもまだ発見されていない。
リンさんは、ともにベトナム国籍で自営業の父親と母親(30)、弟(3)の4人家族。父親は2007年10月に入国した。一家は15年12月、川崎市高津区から松戸市に引っ越してきた。母親と弟は数日前からベトナムに帰省中だったという。

【千葉県】小学四年の在日ベトナム人の少女が行方不明。誘拐事件の可能性も
「不確かな情報ではありますが一ヶ月ほど前から防犯カメラに女の子の後を付ける不審車両が映っている・・・」とあります。

・・・・・

松戸市の東部は、放射能測定で歩いたことがあります。新鎌ヶ谷から北に少し行くと市街化調整区域らしく休耕田などが広がります。そしてゴミの投棄も多かったように記憶。



管理人の今一番の疑問は、小学3年生の女の子が登校途中に知らない人に誘い込まれて車に乗るだろうかという点。


西日本新聞 2017年03月27日18時40分
千葉県我孫子市の排水路脇で、殺害された女児の遺体が見つかった事件で、県警捜査本部は27日、遺棄現場の排水路脇付近を検証し、女児の所持品を捜索するなどした。司法解剖も実施し死因の特定を進めている。
 殺害されたベトナム国籍の小学3年レェ・ティ・ニャット・リンさん(9)が通う同県松戸市立六実第二小学校によると、自宅に設置された防犯カメラに24日午前8時ごろ、登校のため家を出る姿が写っていた。だが通学路にしていたとみられる道で見守り活動をしていた住民は姿を見なかった。
 捜査本部は、登校中にトラブルに巻き込まれた可能性が高いとみて、防犯カメラ映像などを調べている。

日経新聞 2017/3/26 19:58
リンさんの自宅と小学校までは直線距離で約600メートル。通学路の中間地点付近で見守り活動をしていた地域住民は、24日朝はリンさんを見なかったと話しているという。

朝日2017年3月26日22時58分
松戸市教育委員会は26日夜に記者会見を開き、リンさんが通う市立六実第二小学校周辺の不審者情報は把握していない、と説明した。

・・・引用終わり・・・

レェ・ティ・ニャット・リンさんの自宅は六実5丁目だとされていますから六実駅の東側です。通学には線路を越えなければならず、通学経路は絞られます。

共同2017/3/29
小3女児殺害、移動に車使用か
 千葉県我孫子市の排水路脇に、殺害された小3女児の遺体が遺棄された事件で、女児のランドセルが見つかった茨城県坂東市の利根川河川敷は、草地で人目につきにくい場所だったことが29日、捜査関係者への取材で分かった。遺棄現場とは十数キロ離れており、捜査本部は車で移動しながら場所を選んだとみて、周辺を詳しく調べている。
・・・車を使わないで遺体を運ぶことができるのか? 警察が13km離れた地点でランドセルを発見した努力は評価してよい。特定の車の動きを把握している可能性。

日本テレビ2017/3/29
不審書き込み「用水路に女児の死体ないか」
千葉県我孫子市でベトナム国籍のレェ・リンさんの遺体が見つかった事件で、インターネット掲示板に、リンさんが行方不明となってから遺体発見前の24日夜に「暖かくなったら用水路に女児の死体がないか見て回ろう」などと不審な書き込みがあったことが判明。

この書き込みは、リンさんの遺体発見直後からネット上で指摘されていました。どこのIPから書き込んだかは裁判所の手続きを経てすぐ調べられます。このようなケースで怖く思うのは、家庭内LANで無線使用の場合、漏れた電波を拾ってそこからインターネットに入られると、その家庭のIPアドレスから投稿されたことになります。ネットのセキュリティーを安易に考えてはいけません。嫌疑をかけられて警察の聴取を受け、家宅捜索、パソコン押収ということになるでしょう。

毎日新聞2017年4月1日 11時10分
 千葉県松戸市立六実(むつみ)第二小3年だったベトナム国籍のレェ・ティ・ニャット・リンさん(9)が殺害され、遺体が同県我孫子市内に遺棄された事件で、リンさんの自宅周辺を走っていた車のドライブレコーダーに、リンさんと似た女児に歩いて近づく人物の姿が映っていたことが分かった。体格などから男とみられ、県警捜査本部は事件と関連があるか確認を急いでいる。

共同2017/4/14
千葉県我孫子市の排水路脇に、殺害された小3女児の遺体が遺棄された事件で、県警捜査本部は14日、死体遺棄容疑で、女児宅近くに住む自称不動産賃貸業渋谷恭正容疑者(46)を逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。捜査関係者によると、渋谷容疑者のDNA型が事件現場に残された遺留物と一致した。
 捜査関係者によると、渋谷容疑者は、女児が通っていた小学校の保護者会の会長を務めていた。複数の近隣住民によると、女児の通学路で見守り活動をしていた。

・・・・・

リンさんの顔見知りの男だったのですね。通学路で暴力的に拉致して車で連れ去るなどということは考えられないと感じていましたが。このようなケースでは子供の安全の確保が難しいです。

・・・・・

西郷村の死体遺棄事件で調べていたときに、いくつかの事件を知りました。

※ 千葉日報 2017年1月17日 10:40
 16日午後1時半ごろ、大網白里市四天木乙の堀川排水機場と九十九里有料道路の間の斜面で、道路のかさ上げ工事をしていた作業員男性が、性別や年齢不明の白骨化した遺体を見つけ、110番通報した。東金署は身元確認を急いでいる。
 同署によると、遺体に目立った外傷はないという。身長150〜170センチぐらいで、着衣は灰色のジャンパーと白いワイシャツに下着、紺色の長ズボン。ズボンのポケットにあめ玉と採った貝を入れる網が入っていた。
・・・現場は海のすぐ近くです。ズボンのポケットにあめ玉が入っていたところから糖尿病の持病をお持ちだったのではないでしょうか。

※ 時事通信2017/3/22(水) 18:55配信
傷害致死容疑で男を追送検=不明男性の白骨遺体―愛知県警
愛知県田原市の雑木林で11年前から行方不明だった男性の遺体が見つかった事件で、県警は22日、遺体を捨てたと供述した小久保裕弘被告(40)=別の傷害致死事件で起訴=を傷害致死と死体遺棄の疑いで追送検した。
 捜査関係者によると、遺体は同県豊橋市の当時70代の男性で、今年2月、小久保被告が案内した場所から白骨化した状態で発見された。死体遺棄罪は公訴時効(3年)で不起訴となる見込み。
 小久保被告は、同県新城市の女性=当時(71)=を殴って死亡させたとして、傷害致死や死体遺棄罪などで2016年に起訴された。 

※ 時事通信(2017/03/13-11:54)
死体遺棄容疑で35歳男逮捕=知人男性か、空き家に−奈良県警
 奈良県葛城市内の空き家に遺体を遺棄したとして、県警捜査1課などは13日、死体遺棄容疑で、土木作業員の上村敏之容疑者(35)=同県香芝市穴虫=を逮捕した。同課によると、容疑を認めていると言う。
逮捕容疑は昨年12月29日〜今年3月12日の間、葛城市内にある上村容疑者の親族が所有する空き家の庭に遺体を遺棄した疑い。遺体は同容疑者の供述に基づき発見された。死因や性別などは不明で、司法解剖して調べる。
 同課によると、遺体は、昨年末から行方不明となっている男性(68)の可能性が高い。男性は上村容疑者宅の近くに住んでおり、2人は知人同士という。男性の家族が昨年末、行方不明者届を出していた。同課は、同容疑者が男性と最後に接触した人物とみて事情を聴いていた。

※ 時事通信(2017/03/11-13:25)
高1女子殺害、民家に遺体=下校中不明に−事故死の男性関与か・石川
10日午後9時50分ごろ、石川県能登町宇加塚の民家で、若い女性の遺体が見つかった。県警は現場の状況などから殺人事件として捜査し、身元を同日から行方不明となっていた能登町天坂の県立能登高校1年池下未沙さん(16)と確認した。県警は、直前に県内で起きた交通事故で死亡した男性が関与した可能性があるとみて調べている。
 県警によると、10日午後7時40分ごろ、能登町に隣接する穴水町の能越自動車道で、男性が車にはねられる交通事故が発生。男性が乗っていたとみられる車が近くに止めてあり、名義人の住所を県警珠洲署員が訪ねたところ、2階建て民家の中で刃物のようなもので切られるなどして血を流した女性の遺体が見つかった。男性は長野県に住む大学生(21)で、民家は男性の親族が所有しているが、普段人が住んでいる様子はなかったという。男性は11日午前、運ばれた病院で死亡した。
 池下さんは下校途中の10日午後6時半ごろに家族と待ち合わせていたが現れず、捜したが見つからなかったため、家族が午後8時20分ごろ同署に行方不明を届け出た。
 同署は遺体を11日に司法解剖し、死因などを調べる。

 
posted by ZUKUNASHI at 13:50| Comment(0) | 福島原発事故

年寄りを見て「「何もすることがなくていいね」と思ってイライラ」する方は ぷうさんの人生相談に投稿を!

2017年04月10日
これは新聞社の創作ですよね 違いますか? こんな30代女性が増えている?の記事は、投稿者(身の上相談の相談者)の身上やこの家庭の状況があいまいなので、読者はそれぞれに状況を想定して感想を持たれたようです。珍しくたくさんのコメントが寄せられました。

不思議なことに女性からかなと思えるコメントは2件だけです。女性の読者はこの記事を読んで顔を赤らめている? 二度とこんなブログ読むものかと怒ってプチッと消した? 当りでしょう? 当たった方はぜひコメントをお寄せください。ぷう博士が懇切丁寧に人生指導をしてくれます。

こんな感じですね。

・・・・・

個人的には、lemonさんの意見に賛成です。以前の職業柄、親が子供たちが必要とするもの、温かい関わりや家庭のぬくもり、家族がただそこにいるだけで感じる安心感や幸福感みたいなものではなく、世間が子供達に必要だと言うこと、たくさんのおもちゃ、高額のお小遣、豊かな暮らしを与えてくれた結果として、壊れてしまった若者たちをよく見ました。

広い立派な家に帰っても誰もいない、一緒に晩御飯を食べることもない、最新のゲームを買い与えられて、親に今日あったことの話も聞いてもらえない。

外では優秀な企業戦士、あるいは生徒に慕われる熱心な教師、もちろん家族にも優しいのだけど、いかんせん家にいない。子供達が寝た後に帰ってきて、起きる前に出勤する。そのおかげで、豊かな生活ができて、高い学費を払ってもらって学歴をつけて、一流企業に入って、家庭を持って、自分と同じような寂しい子供達、どこか壊れた子供達を再生産する。

確かに、今の年金世代は、よく働き、よく頑張ったのだと思いますが、それは世間の基準に照らしてであり、子供達の基準、日常的な家庭的関わりのなかで子供達の心を育むという面では、足りない面もあったかもしれません。

まあ、そこまで甘やかさなくても、育つ子は育ちますが、大事なところ、エリクソンの発達段階論で言えば、初期の基本的信頼や自律性、勤勉性の獲得、言葉以前の感覚として身につけないといけないところが、親の不在や知識偏重の関わりによって欠落してしまうと、後で厄介なことになることもあるようです。

この親にしてこの子あり、ではないですが、こういうコメントをするように、結果として育ててしまった親の方にも、課題はあったのでしょう。ここをスタートラインにして、親子の関わりをどう変えていくか? それこそ、親が倒れて看病するなかで、お互いの見方が変わるかもしれませんし、まあ、最後まで何が起きるかわからないのが人生です。

私の目からすると、孫にお年玉をあげるのもいいけど、孫の基本的人権を守り、軍需産業の在庫一掃セールのための戦争に行かせないように、そして何よりも放射能被曝から守って健康な人生が送れるようにしてやるのが、老い先の短い知恵ある者の勤めだろうが! と、やはり、ぶつぶつ言いたくなってしまうのですね。

残念なことに、若輩者がこういうことを言っても、反発して聞く耳を持たない方が多いので、ここはぜひ、ご高齢の人生の先輩方に頑張っていただいて、同年輩の方たちに啓蒙していただきたいものです。

とか何とか言いながら、私も年上の方たちに、喧嘩を吹っかけていますがm(__)m
posted by ZUKUNASHI at 13:19| Comment(2) | 社会・経済