ずくなしの冷や水

2017年04月09日

2003年のイラク戦争仕掛けの教訓を忘れるべきではない

RT2017/4/8
US launches probe into whether Russia took part in ‘chemical attack’ in Syria – AP

The US has reportedly begun an investigation into whether Russia is linked to the suspected chemical attack in Syria’s Idlib, which Washington claims was carried out by Damascus. It comes after Russia condemned the US strike on a Syrian air base, which killed up to 15 people.

An unidentified drone, allegedly Russian or Syrian, has been spotted over a rebel-held town in Idlib province after the Tuesday incident Khan Sheikhoun, AP cited US military officials as saying on Friday.

The AP report comes amid an array of reactions to the early Friday Tomahawk cruise missile strike on the Syrian army’s Shayrat airfield near Homs, which US President Donald Trump said he ordered after Damascus “used banned chemical weapons.”

Despite no investigation into the incident, which Russia and Syria said coincided with the bombing of a rebel warehouse storing munitions and toxic substances allegedly used in the production of shells used in Iraq and in some previous gas attacks in Syria, the US and its western allies have jumped to conclusions that Syrian President Bashar Assad bears responsibility for “chemical attack.”

US Ambassador to the UN Nikki Haley, commenting on the attack at an emergency meeting of the UN Security Council, claimed that the US actions “were fully justified” while adding Washington is “prepared to do more,” but “hope[s] that will not be necessary.”

US Secretary of State Rex Tillerson said that Washington is closely following the Syrian government’s response to the US airstrike on the airbase near Homs, adding that the further actions by the US will depend on if and how Syria decides to retaliate.

“And as we said last night, we will monitor Syria’s response to that strike in terms of whether they attack our own forces or coalition forces, or whether we detect that they are considering mobilizing to take additional chemical weapons attacks,” he said in a briefing Friday.

Moscow has decried the US bombing of Syria. Kremlin spokesman Dmitry Peskov said President Putin “regards the strikes as aggression against a sovereign nation,” in violation of international law, conducted “under an invented pretext.”

Russia’s Prime Minister Medvedev said that the attack was conducted “on the verge of a military clash” with Russia and showed that Trump has already bowed down to the establishment he once used to harshly criticize.

Russian deputy acting envoy to the UN Vladimir Safronkov also believes that the US is “afraid” of “real investigation” into the incident which might show that president Assad did not use chemical weapons.

‘US strike encouraged jihadists in Syria’ – former UK Syria ambassador

While the UK government was among those who commended the aggressive action by the US against Syria, a former UK ambassador to Syria, Peter Ford, has sharply criticized the move, questioning the mainstream narrative and warning of dire consequences for the Syrian people.

“If it’s only an alleged chemical attack, then the strike by the Americans can’t possibly be justified. They have delivered the verdict without deliberating on the evidence. What needs to happen, and may yet happen, is the proper UN investigation, but the damage is done,” Ford told RT.

Ford said that the US attack will serve to deteriorate the situation in Syria: “What Trump has done has made it less likely that there can be a negotiated outcome and more likely that there’ll be more fighting and more use of chemical weapons.”

Crucially, the US strike will likely encourage terrorists in Syria to launch attacks, including possible chemical attacks, the former ambassador said.

“If you were a jihadi, would you not be jubilant this morning? Would you not be planning false flag operations to make sure more American involvement was brought on Assad’s head? Of course you would,” Ford said.

Such “false-flag operations” have already been launched by militants as documented in the August report by the UN, he reminded, warning that “we’re all being manipulated by the jihadis and their backers.”

“We’ve totally forgotten the lessons of Iraq. Remember the ‘dodgy dossier’? Remember how certain the British and American intelligence agencies were that Saddam [Hussein] had weapons of mass destruction? That he had sarin, indeed? Turned out to be false, utterly false. We’re like a dog returning to its own vomit,” Ford said.

As to Assad’s alleged responsibility, Ford believes that the Syrian government had no plausible motive to launch such an attack at the time when the Syrian forces were heading towards victory and the new US administration was seemingly softening its stance on Syria.

“It beggars belief. They had absolutely zero motive for doing it, and a hundred reasons not to it. Only days after Trump put out an olive branch in their direction, is it credible at all that Assad would respond with a two-finger gesture?”


国連が? デイリーメールが?? 2013年のこと
Washington’s False Flag: United Nations Confirmed that US Supported Syrian “Rebels” Were Using Chemical Weapons

Washington is Lying.
The Media is Lying.

Both Trump and Obama have blood on their hands. The Chemical Weapons Attack is being used as a “False Flag”, a pretext and a justification to wage an illegal war of aggression.

The United Nations in a 2013 report confirms that Syrian opposition “rebels” (supported by Washington) “may have used chemical weapons against [Syrian] government forces.”

The UN report refutes Washington’s allegations that the government of Bashar al Assad was using chemical weapons against his own people.

What the UN mission findings confirm is that the US sponsored opposition “rebels” largely composed of Al Qaeda affiliated groups, financed and supported by the Western military alliance were responsible for these 2013 chemical weapons attacks.

Moreover, as confirmed in an earlier report, the Al Qaeda rebels were being trained in the use of chemical weapons by specialists on contract to the Pentagon.

Washington (which supports the opposition rebels in the use of chemical weapons) rather than Damascus is responsible for extensive crimes against humanity.

・・・・・

BBC, CNN News Caught Staging FAKE News Chemical Attacks In Syria

Wag the dog: How to cook-up Syrian drama
posted by ZUKUNASHI at 20:52| Comment(1) | 国際・政治

名古屋地方で線量率異常発生か

Out Of Our Heads‏ @N0NUKES 氏の2017/4/6のツイートで知りましたが、名古屋地方で線量率の異常が出ているようです。

GM-10という常時測定用機器による測定値です。この器械はアルファ線、ベータ線、ガンマ線を検出します。

このマップの表示単位は microRem per Hour です。
http://www.blackcatsystems.com/RadMap/?locale=japan



公設モニタリングポストの値は特に高くなっていないようですから、アルファ線、ベータ線による影響が出ていることも考えられます。

場所は四日市市、時間経過を調べたいのですが、掲載サイトが見つかりません。

名古屋地方にお住まいの方でアルファ線、ベータ線測定可能な機器をお持ちの方、測定してみてください。

岐阜県恵那市にも測定者がおられます。
 http://ena-eco.jp/GM-10/rad.htm 

※  Out Of Our Heads‏ @N0NUKES 氏の2017/4/6のツイート
あー、あー、あー、あーっ!
1.05μSvhまで はねあがったぞ!
なんだ?
とにかく外へでてはいけない!
いや?家の中にいてもあぶない。
どこか、ぶあついコンクリートの建物へ避難!
ない?
どうすりゃいいのか?
なにがおきてるかわからないだけに
リロードするのもこわい。#愛知県

・・・引用終わり・・・

近傍のMPの値に変化がなく、個人測定の器械だけが大きく反応している場合は
@ 近くでX線を使った検査などをしている。
A 近くの放射性物質を扱う施設から放射性物質が漏れている。
B 少し遠い核関連施設から排気がふわりと降りた。
などが考えられます。

測定された線量率が1μSv/h程度であれば、時間が長くなければ外部被曝はそれほど大きなリスクではありません。飛んできた放射性物質を吸い込むことがよりリスクが大きいので、屋内でもマスクをする、室内の線量率が上がらない、下がるように換気扇を動かす、外出しないのが有効です。

「ぶあついコンクリートの建物へ避難」するのは、強い放射能を持つプルームが上空を通り過ぎる場合です。

・・・・・

この記事のアクセスが多いので、読者の精神安定のためにマップを掲載しているメーカーに問い合わせようかと思いました。

その前に場所を詳しく調べるとここでした。




隣の建物は事務所と住宅兼用のようです。機器の不具合が原因ではないでしょうか。

念のため書き添えますが、私管理人は、Out Of Our Heads‏ @N0NUKES 氏のように警戒心が強いのはとても良いことだと考えています。

・・・・・

2017/4/9も多くのアクセスが続いています。お近くの方で、アルファ線、ベータ線、ガンマ線を測定できるInspectorなどの機種をお持ちの方は、現地に行って調べてみませんか?

連日千人を大きく超える方がアクセスしています。どなたも行動を起さないのでしょうか。
posted by ZUKUNASHI at 13:50| Comment(13) | 福島原発事故

とてもおもしろい日本の報道 頭の体操にもってこい

毎日2017/3/21
米国務長官 ロシアを優先 NATO外相理事会は欠席か
ロイター通信は20日、ティラーソン米国務長官が4月5、6日にブリュッセルで開催される北大西洋条約機構(NATO)外相理事会を欠席し、同月12日にモスクワを訪問する計画だと報じた。米国では「最も重要な同盟の信頼を揺るがせる」との批判も出ている。
 ティラーソン氏は、就任後初となるNATO外相理事会への参加より、4月6、7日に米南部フロリダ州での開催が調整されている米中首脳会談への同席を優先したという。
ニュースサイトで読む: https://mainichi.jp/articles/20170322/k00/00m/030/079000c#csidx894267c0c04402dbcbd0dacf9c5bba6
Copyright 毎日新聞
この記事は、おかしいです。北大西洋条約機構外相理事会は4月5、6日、米中首脳会談は4月6、7日、NATO外相理事会より米中首脳会談のほうが当然重要。4/12に訪ロしてもNATO外相理事会は終わっています。

毎日2017/4/3
EU シリア政権退陣要求で一致
欧州連合(EU)は3日、ルクセンブルクで外相理事会を開き、内戦が続くシリアのアサド政権の退陣を求める立場で一致した。トランプ米政権は最近、アサド大統領の退陣に固執しない方向に政策を転換しており、シリアを巡る米欧の隔たりが鮮明になった。
 EUは同日の声明で、内戦と人道被害に苦しむ住民の保護の責任は一義的にアサド政権と後ろ盾のロシアにあるとして、攻撃の停止などを要求。その上で「現政権の下で、平和が持続することはない」と訴えた。
 EUのモゲリーニ外務・安全保障政策上級代表は同日「シリアの未来がこれまでと全く同じ(政権が担う)ことになると信じるのは、非現実的だと思う」と述べた。
 EUは5日、ブリュッセルで国連などと共催のシリア支援会議を開く。(共同)
ニュースサイトで読む: https://mainichi.jp/articles/20170404/k00/00e/030/160000c#csidx7721083fc4b8a7dba6956036011efe3
Copyright 毎日新聞
この声明は見ていませんでした。探してみます。


共同2017/4/4
シリア、化学兵器で空爆か
58人死亡、今年最大規模の被害
2017/4/4 21:43
 【カイロ共同】シリア北部イドリブ県の反体制派支配地域で4日早朝、化学兵器を使用したとみられる空爆があり、シリア人権監視団(英国)によると、多くの民間人を含む少なくとも58人が死亡した。アサド政権軍側による空爆とみられる。負傷者も多数おり、死者は増える可能性がある。民間人の犠牲を含む空爆では今年に入り最大規模の被害になった。
 反体制派主要組織「シリア国民連合」は「化学兵器攻撃は戦争犯罪だ」と政権を糾弾する声明を発表。ロイター通信によると、フランスは国連安全保障理事会の緊急会合の開催を求めた。
 アサド政権側は一貫して化学兵器の使用を否定している。
下線の部分を入れるとどこかから利益供与があるんじゃなかろうか。新聞記者は事実にウソをちりばめて書くのが仕事だと分かります。個人的に付き合った経験からもみんなそういう人達です。

共同2017/4/5 10:38
シリア空爆死者80人超に拡大か
サリン使用の疑い
4日、シリア・イドリブ県で化学兵器によるとみられる攻撃を受け、手当てを受ける男性(ゲッティ=共同)
 【カイロ、ワシントン共同】シリア北西部イドリブ県で起きた化学兵器が使用されたとみられる空爆で、米NBCテレビは4日、現地で医療支援活動を続けるNGOの話として、死者は少なくとも83人、負傷者は350人に上ると伝えた。シリア内戦で最大級の化学兵器被害になりそうだ。
 診察した医師は米CNNテレビに「猛毒サリンによる症状と一致」と指摘、米政府当局者もロイター通信に同様の見解を示した。空爆でサリン使用の可能性が高まった。国連安全保障理事会は5日に緊急会合を開催することを決定。安保理外交筋によると、米英仏3カ国は化学兵器使用を非難する決議案を全理事国に配布した。
シリア政府軍もロシア軍もシリアでは優勢下に戦いを進めており、自制も効いています。米軍のモースル西部での市民殺害問題から目をそらせるためのスピンでもあるのでしょう。空爆だとすればロシアが24時間シリア空域を監視していますからどこから飛行機が飛んできたかは掴んでいるはずです。

毎日新聞2017年4月5日 13時38分(最終更新 4月5日 13時38分)
シリア化学兵器 トランプ氏が非難声明
【ワシントン高本耕太、ロンドン矢野純一】トランプ米大統領は4日、シリア北部イドリブ県で化学兵器が使用され、多数の死傷者が出た空爆について「文明社会において看過できない、許されぬ行為だ」と非難する声明を発表した。また、トランプ氏は「アサド体制の極悪な振る舞いは、前政権の弱腰と決断の欠如によるものだ」と指摘、シリアへの軍事介入に踏み切らなかったオバマ前政権を批判した。
 オバマ前政権は2013年8月、化学兵器使用を「レッドライン(越えてはならない一線)」と規定し、シリアへの軍事攻撃に踏み切る姿勢を示したが、化学兵器使用が明らかになっても介入を見送った。
 トランプ氏は声明で「レッドラインを設定しながら、何もしなかった」とオバマ氏を酷評した。
 一方で、トランプ政権は、アサド大統領退陣を求めた前政権の方針から転換し、過激派組織「イスラム国」(IS)打倒を優先するためアサド氏支配を「政治的な現実」(スパイサー大統領報道官)と追認する姿勢に傾いていた。
 だが、化学兵器使用に対する国際社会の批判の高まりを受けて、アサド政権非難の態度を強めている。ティラーソン国務長官は4日の声明で、「アサド氏は責任を負わなければならない。ロシアとイランに影響力を行使するよう呼びかける」と述べた。
 また、英国のメイ首相も4日、化学兵器の使用の疑いを強く非難し、化学兵器禁止機関(OPCW)に対し、早期に調査を行うことを要請することを明らかにした。訪問先のサウジアラビアで英BBCの取材に答えた。
 メイ氏は「もし(空爆がアサド政権によるものと)証明できれば、アサド政権の残虐性を示す、さらなる証拠になる」として、全ての利害関係者がアサド政権に代わる移行政府の樹立に向けて努力することを呼びかけた。
ニュースサイトで読む: https://mainichi.jp/articles/20170405/k00/00e/030/335000c#csidx7a9f28cd1702c2d9c2020f22bb56a40
Copyright 毎日新聞

イドリブの毒ガス事件は、テロリストの保有していた毒ガス弾がシリア政府軍の空爆でガスが漏れて生じたもののようです。ロシア軍のスポークスマンが明言しています。テロリストの弾薬貯蔵庫からのガスの漏洩と同時的に病院もロケット攻撃を受けたとされています。

シリアの戦況は圧倒的にシリア政府軍側有利に展開しており、シリア軍に毒ガス弾を使うインセンティブはまったくありません。

米国がアサドの退陣を内戦終結に向けた前提条件にしないと発表したことに対して、戦争屋が反発し、シリア停戦、新政権樹立の過程に入った場合でもアサドを排除しようとしていることが病院攻撃の背景にありそうです。

アサドがやった、トランプは強硬な姿勢を示せとの突き上げにトランプ政権がオバマを酷評したということになっています。

米軍は、アレッポ近郊での赤新月の人道支援トラック団に対するテロリストの攻撃の際にもドローンで上空から観察していました。米軍はグルです。それ以上に仕掛け人は米国の戦争屋です。

50人以上の人が死んだことが確かなら、米国の戦争屋は政争のために人の命をもてあそんでいると言わなければなりません。


毎日新聞2017年4月8日 16時00分
シリア化学兵器 米軍高官「露関与の可能性」
【ワシントン小泉大士】米軍高官は7日、シリアのアサド政権が化学兵器を使用したとみられる空爆を北部イドリブ県ハンシャイフンで4日に行った際に、ロシア軍が関与していた可能性があるとの見方を示した。空爆の5時間後に、負傷者が搬送された病院が爆撃を受けたが、爆撃前にシリア政府かロシア軍の偵察用無人機が飛行していたといい、高官は「ロシアが(化学兵器の使用を)知っていたか支援していた可能性がある」と主張した。
 一方、ロシア外務省は7日、米軍による6日のシリア空軍基地への攻撃を受け、米露両軍がシリアで衝突回避のため維持してきた連絡体制を停止したと述べた。しかし、米軍当局者は現在も「機能している」と語っており、双方の主張は食い違っている。
 米軍の攻撃では、東地中海洋上の米駆逐艦から59発の巡航ミサイルが発射された。ロシア国防省は標的に到達したのは23発のみで「攻撃の精度は低い」としたが、米軍によるとすべて標的に命中し、シリア政府軍の戦闘機約20機などを破壊したという。
ニュースサイトで読む: https://mainichi.jp/articles/20170408/k00/00e/030/319000c#csidx3ef347418c5b0459dc4153f8a2b41eb
Copyright 毎日新聞
米軍が59発の巡航ミサイルの半分近くについてわざと標的である軍事基地から外したと考えるなら、民間人の被害が出ているから民間人攻撃を行ったということになる。

AFP=時事 4/8(土) 15:15配信
アサド大統領は化学兵器使用を命じていない? イランの可能性も 識者ら
【AFP=時事】シリア政府による化学兵器使用疑惑をめぐり欧米諸国が非難を強めるなか、解けない疑問が残っている。ロシアの支援を受けて内戦で相次いで勝利を収め、外交の舞台にも復帰し始めたバッシャール・アサド(Bashar al-Assad)政権がなぜ化学兵器攻撃に踏み切ったのか
 ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は4日の「恐ろしい化学兵器攻撃」にシリア政府が「直接関わっている」と述べた。同攻撃では子ども27人を含む少なくとも86人が死亡した。
 しかし、アサド政権がなぜ化学兵器攻撃を命じたのか、そしてアサド大統領にどれほど近い人物らが関与したのかは不明なままだ。
 中東・北アフリカ地域を専門とするコンサルティング企業シェイク・グループ(Shaikh Group)の創業者兼最高経営責任者(CEO)のサルマン・シェイク(Salman Shaikh)氏は「(今回の件は)類例がないわけではない。彼らはかなり前からやっている」と指摘。アサド政権は欧米諸国の「出方を見るために」化学兵器攻撃を行ってきたという。
 シェイク氏によれば、今回は大統領の弟で、強い権力を持つマーヒル・アサド(Maher al-Assad)氏をはじめ政権上層部が「パニックに陥っている」兆候がいくつもあり、彼らの承認なしに化学兵器攻撃が実行された可能性がある。
 英王立防衛安全保障研究所(RUSI)のマルコム・チャルマース(Malcolm Chalmers)氏は、化学兵器攻撃は「私たちが繰り返し見てきたパターン」の一部だと語る。
「これは政府の支配下にない地域の士気をくじこうとする常とう手段の一部だ」と同氏は言う。軍事的打撃を与えるというより、「明らかに市民の士気を低下させることを目的としたものだ。アサド政権はシリアで現在掌握しているよりずっと広い地域を支配できるとまだ信じている」
■交渉進めるロシアへの仕返し?
 一部の専門家は、今回の攻撃はアサド大統領の許可を得ないまま行われた可能性があるとみている。
「シリアを犠牲にして交渉を進めるロシアへの仕返しとして攻撃を命じた強硬派が政権内にいると思う」と語るのは、ワシントン近東政策研究所(Washington Institute for Near East Policy)のアナリスト、ファブリス・バランシュ(Fabrice Balanche)氏だ。
「ロシアとアサド政権が冷静さを保てば、7日の米国によるシリア攻撃の後も情勢が激化することはないだろう」とバランシュ氏は言う。「空爆の狙いはアサド政権の行き過ぎた行為に罰を与えるためで、対立が目的ではない」
 バランシュ氏はまた、ロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領はシリアの化学兵器使用に激怒している可能性が高いが、アサド大統領を「支えざるを得ない」と思っているのではないかとの見方を示した。
 一方、シリアへの影響力を増大するロシアをねたむイランが、4日の化学兵器攻撃を行ったのではないかと疑う見方もある。
 シリア国内で働いているため匿名を希望したレバノン人研究者は「イランの可能性を排除すべきではない」と語った。「彼らは米国とシリアの関係改善を見たくないのだから」 【翻訳編集】 AFPBB News
いゃー驚いた! よくもこんな妄想話をでっち上げられるものだ。
posted by ZUKUNASHI at 10:10| Comment(4) | 国際・政治

地域言語を使える方は 現地の方向けに被曝防止の警告を書いてもらえませんか?

※  4-Sea 太平洋が死んだ311に黙祷を‏ @4_Sea_ 氏の2017/4/8のツイート
2012年4月から風評払拭のため青森、岩手、茨城、千葉で製造の魚の缶詰をカンボジア等に食料支援。学校給食などに→カンボジアで子供中心に謎の病気流行(高熱、胸部や神経異常)。同年7月までに61人死亡。もちろん因果関係は不明でしょう
http://ooruri777.seesaa.net/article/279198449.html

福島第一原発事故後、台湾、そして東南アジア(インドシナ半島、フィリッピン、インドネシア)でも甲状腺異常が増加しているとの観察があります。

これらの地域は、初期プルームによって被曝している人もいます。

この地域の言語を使える方は、現地の方向けに警告を書いて見ませんか?

コメント欄に書き込んでもらえれば、単独の記事を起します。見出しからすべて現地語でお願いします。
posted by ZUKUNASHI at 09:44| Comment(1) | 福島原発事故