ずくなしの冷や水

2017年04月06日

バクダーディの居所に関するかく乱情報?

アルバクダーディの所在についてはかく乱情報が多いです。イラクのクルド代表を務めるバルザーニ側近の話は、とても真に受けることができません。イラクのクルドは独立の国民投票をやると提案しています。バルザーニはサウジから巨額のカネをもらってポケットに入れました。クルドの幹部がロシアの支援を得たいとモスクワを訪れましたが、その後何も動きはありませんでした。ロジャバのクルドとイラクのクルドはかなり違います。イランにもクルドがいてみな別々の動きです。

イラクのクルド人ジャーナリストに関する記事がタイミングよくRTに掲載されました。
Kirkuk to Dunkirk: Kurdish journalist fights to stay in UK after fleeing assassins (RT EXCLUSIVE)
やはりそうなんだ、というのが一読した印象です。時間が取れれば訳します。


FARSNEWS2017/4/5
Official: ISIL Leader Escaped from Mosul Months Ago

TEHRAN (FNA)- A senior Kurdish official disclosed that ISIL leader Abu Bakr al-Baghdadi escaped from the siege of Mosul two months ago when the road to the West was briefly re-opened by a fierce counter attack by ISIL militants.

“ISIS [ISIL] used 17 suicide car bombs from Mosul and some of their units from Syria to clear the road leading out of Mosul for a few hours,” Fuad Hussein, chief of staff to Kurdish President Masoud Barzani, said in an interview with The Independent.

He added that he and other Kurdish leaders believe that ISIS would only carry out such an elaborate operation, in which they suffered heavy casualties, in order to bring al-Baghdadi to safety.

The escape took place after the fall of East Mosul and before the Iraqi security forces began their final attack on ISIS-held West Mosul in February.

Hussein said that ISIS “brought 300 of their fighters from Syria and it was a very fierce fight.” The only possible escape route out of Mosul for ISIS is to the West, through territory held by the Hashd al-Shaabi forces who were forced to retreat, enabling ISIS briefly to gain control of the road.

“I believe myself that they freed al-Baghdadi,” Hussein said, adding that the ISIS unit from Syria returned there immediately and monitoring of ISIS radio traffic showed that they were jubilant that they had carried out a successful operation.

FARSNEWS2017/4/5
Iraq PM: Intelligence Reports Show ISIL Chief Al-Baghdadi Not in Mosul
TEHRAN (FNA)- Iraqi Prime Minister Haider al-Abadi said that the information available about the ISIL chief Abu Bakr al-Baghdadi indicates that he has fled Mosul a long time ago.

Abadi pointed out that the Iraqi forces liberated the left side of Mosul completely, and more than half of the right side has so far been liberated, adding that “We liberated the province of Nineveh after we were away from it 300 kilometers,” Bas News reported.

He stressed that the ISIL militants are left with with only two choices, “surrender or death.”

Regarding the location of the ISIL leader al-Baghdadi, Abadi said he escaped from Mosul a long time ago according to the intelligence services.

“We will soon control Iraq’s entire border with Syria,” Abbadi said.
posted by ZUKUNASHI at 21:21| Comment(0) | 国際・政治

風一吹き10CPMは本当だった

何年か前に屋外でポンコツサーベイメーターで測定していたら風がすーっと吹くと目盛りが10CPMほど上がることに気づいた。

アルファ線源やベータ線源が測定器の近くに来たからだろうと推定していたが、風と値上昇との関係を把握しきれなかった。

新しく導入した器械は、10分間とか60分間の時間を指定して平均値を表すことができる。

2017/4/6、好天で空気は乾き、風が強めだ。

器械むき出しで風が通る地上75cm、10分間測定 49CPM。

食品保存用のプラスティック円筒ケースに入れて10分間、27〜31CPM。

うち2回は、食品用フィルムを巻き、プラスティックケースに入れた状態で測った。アルファ線はすべて遮断されている。ベータ線は一部が遮断されている。裸のままプラスティックケースに入れた状態でもアルファ線はほぼカウントされないと見てよい。容器がアルファ線源に汚染されていれば別だが。

むき出しのままでの測定値とプラスティックケースに入れた状態での測定値の差が大きく、前者が6割増。これはアルファ線と弱いベータ線だろう。

測定しながらSOEKSの測定値をちらちら見ていたが、0.16μSv/hはあったものの、長続きしなかった。ガンマ線+ベータ線がそんなに上がっていたわけではない。

古いサーベイメーターで見た「風一吹き10CPM上昇」で言えば、風二吹き分となる。やはり風は放射性物質を運んでいる。そして多くはアルファ線源だろう。

この原因物質を吸入し続けたときの健康影響はどんなふうに現れるのだろう。影響がないことはない。特に嫌なのは、どこかに固着している放射性物質ではなく、大気中をどんどん次から次へと飛んでいることだ。

屋外で運動ならたっぷり吸入していることになる。何年もこんな空気を吸っていたら必ず病気になるだろう。
posted by ZUKUNASHI at 18:37| Comment(4) | 福島原発事故

イドリブの毒ガス攻撃事件を巡るツイート

イドリブの毒ガス攻撃事件については、管理人なりに結論が出ました。他の方の見方はどうでしょう。2017/4/6正午現在で拾いました。順不同です。





























多様な見方があってとても勉強になります。

でも、ツイッターもフォローする相手を選ばないと、トンでもない見解に染まることがあります。

他の方のツイートやブログに書かれたことについて管理人に疑問や不安を投げてくる方がおられますが、「そう言っている人に直接質問したらどうですか」とお答えすることにしました。

あなたは、どなたをフォローしますか?
posted by ZUKUNASHI at 13:39| Comment(3) | 福島原発事故

甲状腺異常の経過観察受診に怠りがないように 信頼できる医療機関を選んで

※  cyborg001‏ @cyborg0012
福島医大で経過観察していながら隠していた4才児の癌患者、当初311基金の照会に対して医大は「いない」と回答していた。診療報酬の明細書を突きつけられ、「動かぬ証拠」が出てから、渋々認めている(毎日新聞)。

※ 毎日新聞2017年4月1日 東京朝刊
福島第1原発事故 甲状腺がん治療、4歳児に給付金 東京の民間基金
 東京電力福島第1原発事故後に甲状腺がんを発症した子どもを支援する民間の「3・11甲状腺がん子ども基金」(東京)は31日、当時4歳だった福島県の男児に療養費10万円を給付したと発表した。男児は福島県の県民健康調査後の経過観察中にがんが確認され、手術を受けたが、県は制度対象外として公表していなかったという。
 福島県は当時18歳以下の県内全ての子どもを対象に甲状腺検査を実施。がん、もしくは疑いがあるとされたのは当時5〜18歳の184人のみだった。

甲状腺がんは、それが直接の死因にはなりません。それゆえ死因別死亡者数の統計には出て来ません。

疾病別の統計は、カバレッジに問題があり、実態が分からないようになっています。隠蔽しようとすれば、隠蔽できます。

ツイッターなどの事例情報では確実に甲状腺がんは増えていますし、このブログが実施したアンケートでも「甲状腺を摘出した」と答えた方は、毎日の訪問者数の千人に一人の割合になっています。

台湾では甲状腺異常が急増と伝えられています。次は、米国の情報です。

2015年07月20日
北米での甲状腺障害の発生は確実のようだ

上の記事を書いてからさらに2年経過しました。米国も放射性物質による汚染や被曝については、抑圧が強くデータが出てきません。ENENEWSの記事を見ていますが、データとして使えるものはあまりありません。

そのため、放射性物質や放射能と切り離された問題で疾病の動向を知ることもあります。次の記事がその一つです。

2017年04月04日
米国で甲状腺がんが急増 その原因は難燃剤??!

難燃剤が甲状腺がんの原因の一つになるということは、異論なく受け入れるとしても、原因はそれだけではありません。ここでの注目点は、いろいろな原因が加わって甲状腺がんが他のがんを凌ぐ勢いで増えているということです。

甲状腺異常は非確率的な発症を見ると専門家が言っています。例えば、胃や腸に同じ程度の被曝をしてもがんになる人とならない人がいる。しかし、甲状腺については一定の被曝をすると同じように甲状腺異常が現れるということです。

日本での甲状腺異常、そして福島第一原発事故から6年経過で甲状腺がんに進む例も増えていることは間違いありません。

信頼できる医師、医院を見つけて抜かりのないように経過観察の診察を受けてください。

@ 日本は、福島を中心に全国で甲状腺異常が増えます。

A 台湾、そして東南アジア(インドシナ半島、フィリッピン、インドネシアまで)でも甲状腺異常が出ています。

B 米国は上の記事にあるとおりです。

日本にお住まいの方は、米国が算定した甲状腺被爆量推定値が参照できます。

2015年06月25日
甲状腺がん 警告されていたとおりの深刻さ

読者から伺っているところでは、2011/3/15の午前、横浜市内のスーパー屋上駐車場で20分から30分待機していただけで、甲状腺障害が生じ、甲状腺を摘出したとの体験を伺っています。

2011/3、町田市内でガーデンウェディングをした家族の中で二人が甲状腺がんを発症したとの事例もうかがっています。
posted by ZUKUNASHI at 12:50| Comment(3) | 福島原発事故

オバマ政権の高官が盗聴認める

※  ワタセユウヤ‏ @yuyawatase 氏の2017/3/30のツイート
オバマ政権の高官がトランプの政権移行チームを政治目的で盗聴していたことをテレビで認めました。

トランプ陣営に対する不適切な通信傍受を指示したのはオバマ政権のライス補佐官だったとの報道

Obama's rule changes opened door for NSA intercepts of Americans to reach political hands

ロイター2017/4/6
[ワシントン 5日 ロイター] - トランプ米大統領は5日、証拠は示さず、オバマ前政権時代に国家安全保障担当の大統領補佐官を務めたスーザン・ライス氏が犯罪を犯したとの考えを示した。米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)とのインタビューで述べた。
当局に傍受された通信記録に言及されていたトランプ大統領の関係者を特定するよう、ライス氏が求めたとしている。
トランプ大統領は自身の主張を裏付けるため通信記録を見直したかについては答えず、「適切な時期に」説明すると語った。
米情報機関が外国政府関係者を監視する際にトランプ氏側近の通信が傍受されたとする問題で、トランプ大統領と側近らは、ライス氏がその人物の名前を明らかにしたとの立証されていない報道に強い関心を示している。ライス氏は4日、MSNBCとのインタビューで、報道は「全くの誤り」と否定している。
米情報当局の関係者5人によると、米情報当局に監視されていたロシア人と米国人のやり取りを巡り、ライス氏は通常の手続きに沿って国家安全保障局(NSA)に対し、その米国人の身元を明かすよう要請した。ロシア人と接触していた米国人がトランプ大統領と関係がある人物だとライス氏が把握していた公算は小さいという。
国家安全保障担当の補佐官として、ライス氏はNSAに対し、身元を明かすよう命じることはできないが、要請はできる。
posted by ZUKUNASHI at 10:06| Comment(0) | 国際・政治

ティラーソンが米国はアサドの退陣を前提条件にしないと発言

この記事は大変重要です。突然米国国務長官ティラーソンがアサドの退陣をシリア和平の前提条件にしないと発言、ほぼ同時に米国国連大使が同じ内容を発言していますから、トランプ政権内で重大かつ明確な政策変更がなされたことになります。

マケインなどの戦争屋の反応が出るまで少し時間がありました。マケインやグラハムが3/31、トランプ政権を批判していますが、なんらかの行動に出るという示唆はなされていないようですからこれまで焚きつけてきたサウジなどの手前、批判しただけのように見えます。

トランプの側近の共和党議員が事前に根回しに当たったでしょう。マケインは負けを受け入れざるを得なかったわけです。

オバマ政権末期には国務大臣ケリーは、ロシアと話をつけても軍や戦争屋を抑えきれず迷走していました。今回の政策変更の直接的な背景が見えませんが、とにかく政策変更は宣言されました。

これで、シリア問題はラブロフが主張していたアサドの運命はシリア国民が決めるというスジ論が通ったことになります。

ロシアは、シリアからアフガニスタンに外交努力を振り向けようとしています。米国はアフガニスタンで泥沼にはまっています。ロシアがホストすると見られる会議に米国が参加するのか、ラブロフは声をかけるはずですが、会議の主役はロシアです。

イラク駐留の恒久化を目指す米国は、西モースルでの民間人大量殺害で国際的な非難を浴び、イラクでの軍事活動に制約を受けることになりました。

もともとイラクでは米国は帰れという声が強く、今回の大量殺害でイラク人の中にある反米感情はいっそう高まりました。

中東では、ロシアの軍事活動に対する評価が高く、イランを介して北アフリカの国のいくつかがロシアに向きつつありますし、エジプトにはロシアが軍事基地を建設中です。

アフガニスタンの関係国会合も周辺国がロシアの力を評価したからにほかなりません。

米国は、シリア、イラクの戦争を続けても成果が得られる見込みはなく、どこかで方針転換が必要だったということでしょう。

ウクライナ問題も正常化が見えません。米国に追随すると国がメチャクチャになる教訓は既に知れ渡っています。

RT2017/3/30
Assad’s fate ‘to be decided by Syrian people,’ says Tillerson

At a news conference in the Turkish capital, US Secretary of State Rex Tillerson appeared to suggest the end of Bashar Assad’s presidency was no longer a prerequisite for a way out of the Syrian crisis, in a U-turn from Washington’s long-held policy.

“I think the ... longer term status of President Assad will be decided by the Syrian people,” said Tillerson at a joint conference with Turkish Foreign Minister Mevut Cavusoglu on Thursday, AFP reported.

Under President Barack Obama, the United States made Assad’s departure one of its key objectives. The Syrian armed opposition also insisted upon the longtime leader’s resignation as one of the conditions during the Astana peace talks.

Letting Syrians decide the fate of President Assad has been Russia's stance since the conflict began. Moscow has repeatedly rebuffed any preconditions for Assad to step down before a political settlement of the crisis.

“The UN Security Council resolution and various decisions on Syria, adopted since 2012 with our proactive involvement, contain no demand or hint that Syrian President Bashar al-Assad must resign. On the contrary, they say that the people of Syria alone have a right to decide their future, and that the political process should involve all forces of Syrian society without exception, including ethnic, political forces, religious denominations and all opposition groups,” Russian Foreign Minister Sergey Lavrov said in a 2016 interview.

Tillerson added that there were no major disagreements between Turkey and the US over the NATO allies campaigns against Islamic State (IS, formerly ISIS/ISIL).

“There's no space between Turkey and the US and our commitment to defeat Daesh [Arabic acronym for IS], to defeat ISIS,” he said.

However, this was met with disagreement from Cavusoglu, who complained about US support for the Syrian Kurdish YPG militia, considered a terrorist group by Ankara.

“It is not good or realistic to work with a terrorist group while fighting another terrorist group,” Cavusoglu said, adding that Turkey expected “better cooperation” with the US over this issue.

Turkey said it is interested in supporting the operation to take the IS stronghold of Raqqa, but not if the Kurdish militia is involved, AP reports.

The Turkish authorities consider the YPG, or the People’s Protection Units, to be a Syrian faction of the Kurdistan Workers Party (PKK), a banned Kurdish movement that has been fighting for autonomy in southeastern Turkey since the 1980s.

Hundreds of thousands of people have been killed since the Syrian conflict erupted in 2011. It is being fought between the Syrian government and opposition forces which include both extremist Islamists and so-called ‘moderate’ groups. The war has put additional strain on Europe’s ongoing migrant crisis, as millions of refugees from Syria join other asylum seekers making their way across the Mediterranean.

Years of negotiations between the Syrian government and opposition, as well as representatives from Moscow, Washington, Tehran, and other powers, have failed to bring an end to the Syrian crisis. The Astana talks launched in January, which hoped to bring all the key sides to the negotiating table, have stalled since the Syrian opposition pulled out in mid-March.

イランはブラッセルでのシリア支援会合に参加するか未定
FARSNEWS2017/3/31
TEHRAN (FNA)- Iranian Foreign Ministry spokesman Bahram Qassemi underlined that Tehran has not made a decision yet to attend the international conference on Syria to be held in Belgium in early April.

"Iran has been invited to attend the international conference on Syria; Tehran is now considering the offer and attendance in the conference is not certain yet," Qassemi said on Thursday night.

Qassemi's remarks came in reaction earlier reports by some media that had quoted an official at the European Union saying that Iranian Foreign Minister Mohammad Javad Zarif would go to Brussels to attend the conference.

The European Union, Germany, Kuwait, Norway, Qatar, the United Kingdom and the United Nations will co-chair the Brussels Conference on ‘Supporting the future of Syria and the region’, on 5 April 2017.

The conference will bring ministerial representatives from 70 delegations, including from the EU and the region but also the wider international community, the United Nations, major donors and civil society, humanitarian and development organizations.

In London conference last year, it was agreed to donate over $10 billion for reconstruction of Syria.

共同2017/4/6 06:52
シリア支援に6640億円
EUなど主催の閣僚級会議
 【ブリュッセル共同】ベルギー・ブリュッセルで開かれていたシリア内戦を巡る閣僚級の国際会議は5日、参加国・国際機関がシリアの住民や難民を支援する今年分の資金として計60億ドル(約6640億円)、2018〜20年分として37億3千万ドルの拠出を表明し閉幕した。
 会議では化学兵器を使った攻撃をどう停止させ、停滞する和平協議をどう進展させるのか具体的方策は示されなかった。
 会議は欧州連合(EU)と国連などが主催し、70以上の国と国際機関が参加。今年分の拠出表明はドイツが最大で12億ドル。日本の薗浦健太郎・外務副大臣は本年度2億6千万ドルを拠出すると述べた。


マケインがトランプ政権を批判
RT2017/3/31
‘Crushing news’: McCain, Graham furious over Syria policy change

Following the announcement by top US diplomats that Washington will no longer pursue regime change in Syria, Republican senators John McCain and Lindsey Graham condemned the administration’s shift in priorities, saying it would empower ISIS and Al-Qaeda.

On Thursday, US Secretary of State Rex Tillerson said the future of President Bashar Assad “will be decided by the Syrian people.” Earlier in the day, US ambassador to the UN Nikki Haley said Washington’s “priority is no longer to sit there and focus on getting Assad out.”

“There is a political reality that we have to accept in terms of where we are right now,” White House spokesman Sean Spicer told reporters on Friday, explaining that the current administration “lost a lot of opportunity the last administration had with respect to Assad.”

“We believe that there’s a need to de-escalate violence and to have a political process through which Syrians will decide their own political future, consistent with the principles that have been enshrined in the UN Security Council Resolution 2254,” Spicer added.

Chairman of the Senate Armed Services Committee, Senator John McCain (R-Arizona), said he was “deeply disturbed” by Haley and Tillerson’s pronouncements, adding that their “suggestion that Assad can stay in power appears to be just as devoid of strategy as President Obama's pronouncements that ‘Assad must go’.”

Syrian people can’t decide the future of their country “when they are being slaughtered by Assad's barrel bombs, Putin's aircraft, and Iran's terrorist proxies,”McCain said in a statement.

He also said a “Faustian bargain with Assad and Putin” would betray US allies and partners and “empower ISIS, al-Qaeda, and other radical Islamist terrorists as the only alternative to the dictator that the Syrian people have fought for six years to remove.”

Fellow committee member Sen. Lindsey Graham (R-South Carolina) joined McCain in denouncing the policy shift, calling it “crushing news to the Syrian opposition and to our allies throughout the Middle East.”

“I fear it is a grave mistake,” Graham said, adding that the Syrian people want Assad gone and that leaving him in power would be “a great reward for Russia and Iran.”

McCain and Graham have been vocal critics of President Donald Trump throughout the 2016 campaign, and have since become two of the most prominently featured Republicans in the mainstream US media. Both have a reputation for being foreign policy hawks, championing US military interventions from the Balkans and Ukraine to the Middle East.

When McCain ran for president in 2008, a recording emerged of him singing “Bomb, bomb Iran” to a tune of a 1960s pop song. Earlier this month, he accused Senator Rand Paul (R-Kentucky) of “working for Vladimir Putin,” for expressing reservations about NATO’s expansion to Montenegro. Most recently, he called North Korean leader Kim Jong-un a “crazy fat kid.”
posted by ZUKUNASHI at 10:00| Comment(2) | 国際・政治

米国国連大使はヒステリー気質?

RT23017/4/5
UN resolution on Syria ‘unbalanced & irresponsible’ – Russia

Russia criticized the draft resolution for being unbalanced and jumping to conclusions. It said the document would have to include several amendments, such as calling on the rebels controlling the area to provide full access to UN investigators and setting an unbiased and comprehensive probe into the incident as the primary goal of the resolution.

“This draft was penned in haste and adopting it would have been irresponsible,” the Russian deputy acting envoy to the UN, Vladimir Safronkov, said.

He also blamed Western members of the UNSC for unwillingness to investigate previous cases of alleged use of chemical weapons in Syria, where rebel groups were accused of using toxin agents.

Nikki Haley, the US ambassador to the UN, delivered an emotional speech that included images of children to argue in favor of swift action. The pictures were used in reporting of the alleged chemical weapons attack.

She claimed the incident carried “all hallmarks” of an attack by Damascus, adding that the toxin used in the alleged assault was “more deadly” than in previous cases attributed to the Syrian military by Washington.

US envoy to UN also accused Russia of failing to ensure that there were no chemical weapons in the possession of the Syrian government.

“The truth is that Russia, Iran and [Syrian President] Assad have no interest in peace,” Haley claimed.

The US has hinted at taking its own action in Syria unless the UN Security Council moves to prevent the use of chemical weapons in the war-torn country.

“When the United Nations consistently fails in its duty to act collectively, there are times in the life of states that we are compelled to take our own action,” the US ambassador to the UN said.

近視眼的、短絡的、感情的でこういう場に出てくるような良識のあるご婦人には見えないが。米国外交は、合理性や正義の観点では動いていない。それゆえ、大使にこういう女性を当てる。

前任者もそうだった。論理もへったくれもない主張を一方的にやっていた。今度も同じらしい。

トランプも結局戦争屋にやられてしまうのか。
posted by ZUKUNASHI at 01:13| Comment(0) | 国際・政治