ずくなしの冷や水

2017年03月21日

ENENEWSから

ENENEWS2017/3/17
Nuclear Engineer: My biggest concern is Fukushima plant will collapse… Concrete under reactors is being “eaten away”… “There’s ongoing chemical attacks” − Containment structures are tilting, in jeopardy of falling over (AUDIO)

Arnie Gundersen, nuclear engineer: “Yeah, it can happen − and that’s my biggest concern. Tepco is building a wall along the ocean… it’s trapping all this groundwater onsite, and essentially making the ground mushy… There’s already significant damage [to the reactor buildings] − the entire coast of Japan dropped three feet during that earthquake and never rebounded… But the Fukushima site didn’t fall straight, it fell at an angle, it’s about a two inch incline across the site now. So the buildings are in mushy ground and they’re not quite straight. The other part is that there’s a toxic brew of radioactive chemicals inside there, but there’s also just chemicals – they’re eating away at the concrete and they’re eating away at the steel. It’s a nasty chemical broth inside these plants. My fear is that if there’s a Richter 7 quake, not the Richter 9 that happened 6 years ago, if there’s a Richter 7 quake on that site it could breach those containments… The horse is out of the barn at that point… (discussion continues at 32:00 in) On toppling over… probably half the concrete inside the containment that was originally there has been eaten away by the hot radioactive fuel − and there’s ongoing chemical attacks − so I really think the concrete under the containment is pretty darn punky [“resembling punk in being soft or rotted”] right now, and is getting punkier as time goes on.”

ENENEWS2017/3/16
Massive die-offs reported in Pacific Ocean − Officials: “No fish out there, anywhere, over a very large area”… “What’s happening? Where’s their food?” − “Alarming… Frightening… Total failure in reproduction… Like nothing we’ve ever observed before” (VIDEO)

ENENEWS2017/3/14
Nuclear Engineer: Fukushima is “worst industrial cataclysm in history of world… As close to hell as I can imagine” − Melted fuel ‘disappeared’ − Contamination will go on for hundreds of thousands of years… “No one knows when it’ll end” − Gov’t perpetrating ongoing cover-up (VIDEO)

ENENEWS2017/3/13
Fish leaking pus, covered in lesions, deformed along US West Coast − Fisherman: Nearly all fish caught affected; “I’ve never seen this… Some had pus all over body” − Official: So many are showing illness, environmental conditions could be a factor (PHOTOS)

ENENEWS2017/3/13
Report: Nuclear fuel still burning through bottom of Fukushima plant? − Expert: Corium likely melted into earth… Will pour highly radioactive waste into ocean “for rest of time” − NYTimes: Fuel may never be removed, reactors to be entombed like Chernobyl (VIDEO)

ENENEWS2017/3/12
Expert warns of collapse at Fukushima reactor: “It would be the end of Japan”… New photos show serious structural damage at Unit 2… “It’s a fantasy” that they can decommission plant − AP: Melted fuel has broken pieces of structure in containment vessel (VIDEO)
Nuclear Engineer: My biggest concern is Fukushima plant will collapse… Concrete under reactors is being “eaten away”… “There’s ongoing chemical attacks” − Containment structures are tilting, in jeopardy of falling over (AUDIO)

次の記事の見出しは目を引くが特に新しいことはない。
ENENEWS2017/3/20
Nuclear Investigator: Worry over underground explosions at Fukushima − New data shows molten fuel is “dropping lower each day”, melting deeper into ground below plant − Disaster far worse than public being told − “Why aren’t we reading about this everywhere?”

Excerpts from a column by Robert Cringely (Cringely is a best-selling author and his work has appeared in The New York Times, Newsweek, and Forbes. He wrote in 2009 that “there is a place for nuclear power in our energy future”.), Feb 17, 2017 (emphasis added):

Here’s why I am writing about this subject and why you should take me seriously. Back in 1979 I was hired by the White House to help investigate the nuclear accident at Three Mile Island. My friend Robert Bishop, whom I consulted for this column, was the only American at Chernobyl.
I wrote… that the [Fukushima] accident was far worse than the public was being told and that it would take many decades − if ever − for the site to recover.
Well it’s six years later and, if anything, the Fukushima situation is even worse. Far from being over, the nuclear meltdown is continuing, the public health nightmare increasing. Why aren’t we reading about this everywhere?
The most recent evidence… means is there’s a puddle of molten uranium that has melted its way through the steel pressure vessel, through the reinforced concrete containment, through the reinforced concrete foundation of the nuclear facility, and is now working its way through whatever rock or soil lies underneath the foundation, dropping lower each day… If the molten uranium hits an underground aquifer, such a spread could get even worse.
There is no solution… but there are a few things that can be done to mitigate this crisis, with the main one being what’s being called an ice wall… The point of the ice wall is to contain the poison while also minimizing incursion of water. Starve the puddle of water, the idea goes, and just let the uranium do its thing… water is bad because the uranium’s heat will turn it into hydrogen and oxygen which will then explode. Why worry about such subterranean explosions? Think of it as fracking. Just as fracking uses explosions to release trapped natural gas, Fukushima-style fracking will fill the fractured rocks and their entrapped water with radioactivity. Here’s the important bit: These new radiation numbers show the uranium puddle is on the move, downward − ever downward. To be even minimally effective the ice wall has to go preferably deeper than the puddle. While the ice wall technique has been well publicized, its required depth hasn’t been. I’ll guarantee you right here that the ice wall doesn’t go deeper − not even close − because that would cost more than the Japanese utility and government are willing to pay. I’ll also guarantee you that 99.9 percent of the Japanese population doesn’t understand this danger.

ENENEWS2017/3/23
TV: Explosion hits US nuclear plant − Officials declare emergency alert − “Fire shuts down reactor” − Gov’t conducting special investigation, possible “serious safety consequences” − “Atmospheric steam dumps” required (VIDEO)
posted by ZUKUNASHI at 21:49| Comment(3) | 福島原発事故

姨捨団地化現象? それともホ?

毎日新聞2017年3月21日 18時54分(最終更新 3月21日 19時59分)
公示地価
「高級住宅街」も高齢化で下落 千葉・柏
21日に公表された公示地価で、前年比の下落率が全国の住宅地で最も大きかったのは首都圏のベッドタウン、千葉県柏市の大室地区(8.5%)だった。
 1970年代に開発された約64ヘクタールの分譲地「柏ビレジ」の一角。この分譲地には81年から働き盛りの30〜40代を中心に約1600世帯が移り住んだ。庭付き戸建てが並び、赤いレンガ塀などで街並みが統一された「高級住宅街」だったが、高齢化した住民が他の場所に住み替える一方、利便性の問題などで新しい入居者は増えず、地価も落ち込んだ。
ニュースサイトで読む: http://mainichi.jp/articles/20170322/k00/00m/020/044000c#csidxc14666b1ba9574e8a4f278c9c0ce7cd
Copyright 毎日新聞

・・・引用終わり・・・

この記事は少しおかしい。後半部分に「公共交通機関はバスしかないが、『当時は若かったから交通の不便は気にならなかった』。しかし、成人して結婚した娘たちは「実家は不便」と都内に住む」とある。

つくばエクスプレスが開通する前は、北柏からのバスしかなかった。だが、今はつくばエクスプレスの柏田中駅ができて自治会集会所からは直線距離1.2km、遠いところでも2kmに満たない。自転車通勤の範囲だ。



ここは姨捨団地化現象よりも別の要因が働いている。

これは配信記事でもないのでここまでで止めておこう。人口統計のグラフでもつけたいところだが。

柏、我孫子は東葛の名だたる汚染地域。一戸建ては特に売りにくいのか知れない。もっと下がるだろう。

平成28年地価公示から
平成28年変動率 単位% 赤字は文句なしの汚染地域、選定は管理人。
    住宅地 商業地
常総市 △ 6.3 △ 5.3
三浦市 △ 6.0 △ 4.4
南足柄市 △ 3.2 --
秦野市 △ 2.6 △ 1.3
白井市 △ 2.3 △ 1.3
羽生市 △ 2.2 △ 1.0
我孫子市 △ 2.1 0.0
行田市 △ 2.0 △ 1.6
横須賀市 △ 1.8 △ 0.9
小田原市 △ 1.8 △ 0.5
取手市 △ 1.4 △ 1.3
つくばみらい市 △ 1.2 △ 1.2

坂東市 △ 1.0 △ 4.4
加須市 △ 1.0 △ 0.9
平塚市 △ 1.0 △ 0.7
熊谷市 △ 0.9 0.1
美浜区 △ 0.9 0.1
柏市 △ 0.9 0.6
印西市 △ 0.9 △ 0.4
佐倉市 △ 0.8 △ 0.2

厚木市 △ 0.8 0.2
綾瀬市 △ 0.8 0.0
龍ケ崎市 △ 0.7 △ 0.4
野田市 △ 0.7 △ 0.3
四街道市 △ 0.7 0.0
牛久市 △ 0.6 △ 1.2

東松山市 △ 0.6 0.0
日高市 △ 0.6 △ 0.5
青梅市 △ 0.6 0.6
逗子市 △ 0.6 0.1
鴻巣市 △ 0.5 △ 0.2
富津市 △ 0.5 △ 0.4
伊勢原市 △ 0.5 0.2
狭山市 △ 0.4 0.4
久喜市 △ 0.3 0.0
三郷市 △ 0.3 △ 0.2
坂戸市 △ 0.3 0.0
幸手市 △ 0.3 △ 0.3
<若葉区 △ 0.3 0.1
流山市 △ 0.3 △ 0.3

座間市 △ 0.3 0.0
飯能市 △ 0.2 △ 0.8
蓮田市 △ 0.2 △ 0.1
鶴ケ島市 △ 0.2 --
緑区 △ 0.2 0.0
八千代市 △ 0.2 1.3
春日部市 △ 0.1 0.0
桶川市 △ 0.1 0.0
北本市 △ 0.1 0.0
八潮市 △ 0.1 --
吉川市 △ 0.1 △ 0.8

岩槻区 0.0 0.0
上尾市 0.0 0.2
越谷市 0.0 0.0
町田市 0.0 1.4
守谷市 0.1 0.3
川越市 0.1 1.7
草加市 0.1 0.0
志木市 0.1 0.3
八王子市 0.1 0.9
多摩市 0.1 0.2
中央区 0.1 0.1
茅ケ崎市 0.1 0.7
見沼区 0.2 0.1
川口市 0.2 0.9
入間市 0.2 0.4
白岡市 0.2 △ 0.2
千葉市 0.2 0.5
旭区 0.2 2.1
鎌倉市 0.2 1.0
大和市 0.2 △ 0.1
桜区 0.3 0.6
所沢市 0.3 0.8
新座市 0.3 0.7
松戸市 0.3 1.1
国分寺市 0.3 1.2
保土ケ谷区 0.3 1.6
金沢区 0.3 0.8
西区 0.4 0.9
花見川区 0.4 1.3
市川市 0.4 2.2
富里市 0.4 1.1

相模原市 0.4 0.9
南区 0.4 0.6
藤沢市 0.4 0.3
緑区 0.5 0.8
昭島市 0.5 2.1
狛江市 0.5 0.5
あきる野市 0.5 0.7
磯子区 0.5 0.8
栄区 0.5 0.9
麻生区 0.5 2.1
朝霞市 0.6 0.4
中央区 0.6 0.4
市原市 0.6 1.3
鎌ケ谷市 0.6 0.3
浦安市 0.6 0.8

立川市 0.6 4.8
日野市 0.6 2.0
東大和市 0.6 0.6
清瀬市 0.6 1.1
瀬谷区 0.6 0.3
海老名市 0.6 2.4
稲毛区 0.7 1.6
船橋市 0.7 1.7


以下略
posted by ZUKUNASHI at 21:12| Comment(5) | 国際・政治

金持ち被曝せず

鎌倉市の2017/2月分の人口動態の速報値公表が遅れています。

これまで比較的高級な住宅地とされてきた地域の人口動態が軒並み悪化です。

千葉県我孫子市は人口動態の速報値発表が震災直後は早さで一、二を争いましたが、今は15日過ぎでないと公表されません。一時公表が止まったり曲折がありました。

鎌倉市は、次第に公表が遅れる傾向があります。2017/2月分については3/23正午現在未公表です。

横浜市や川崎市、千葉市などより人口が多かった? そんなことはありませんよね。

高級住宅地に住む人達の動きは早いです。

最近のツイートで知りましたが、郵便局は2011/3/15に外回りの仕事を控えたようです。

※  すーこの白い馬‏ @SukoWH 氏の2017/3/15のツイート
315もやっぱり忘れられない。
朝、妊婦の姉から「これから新幹線で逃げる」と連絡があり、電話しながら東京の放射線をチェックしたら急に上がってて手が震えた。
避難を決めて準備してたら、郵便局の外回り勤務の父から「放射能が来てるから外に出るなと連絡があった」と電話があった。

大手企業も自宅待機などの措置を取りました。リスク管理に努めていた組織もあったのです。

大手企業に勤めていないあなたは、自分でリスク管理をするしかないのです。それが冷厳な事実です。

鎌倉市の2017/2分人口動態は余り良くないのでしょう。不動産価格はかなり下がっているはずです。これ以上の評価悪化は困るでしょう。

月末になれば神奈川県が一括公表しますが、大胆に予測してみます。2014/2の出生数死亡数を2015/2と同じと置きました。右軸が死亡数の12ヶ月移動平均。

ずいぶん急な傾斜になっています。これでは「混乱回避のため」当局が発表を控えるのも分かります。

(初出 2017/3/17 3/21 3/23追記)
posted by ZUKUNASHI at 16:36| Comment(0) | 福島原発事故

資本家は搾取する相手がいなくなる

出生率の低下が続いている。その原因は何だろう。
2017年03月19日
腰が痛くて出生数減? まさかぁ! 6年被曝すると腰痛が増える

子作り年代現役で腰痛持ちの方に問いかけてみたが、1件もコメントがない。

「実は、男の沽券にかかわるので大変困っています」とか
「○○生活に支障が出て、欲求不満で離婚を考えています」とかの答えがあってもおかしくないと思うのだが。

2017/2月分の人口動態で静岡県の一部地域で指数が大きく悪化。原因は死亡率の上昇ではなく出生率の低下だ。

出生率が前々年と比べて0.92になったということは、10万人当り年間1000人が920人になったということだ。1年でこれだけの低下は大きい。傾向としてはダウトレンド継続だからそのうち回復するとの見込みもない。



震災前より新生児が1割、2割少ない状態が何年も継続する。まずは幼児用品の需要が減退する。幼稚園、小学校の児童、生徒の数が減る。これらは後数年で影響がはっきりする。

その後6年経てば中学校に波及し、9年経てば高校に波及し、12年経てば大学に波及する。

12年後には、仕事に就く人も多くなる。安い労賃で死ぬまで働かせられる儲けの源泉。

だが、新規就労者が減り、それが長い期間継続するとなると、都心のアルバイト、パート賃金が高くなっているように、安い賃金で労働力使い捨てというわけにはいかなくなるだろう。

サービス業の安い労賃は、まさにほぼ唯一の利益の源泉だから、これが失われたら成り立たない業種、企業も出てくる。

そうなれば、外国人を入れる? そのような対応はあるかもしれない。だが外国人労働者は助け合って生活費を節約している。日本人の若年労働者とは家計支出が異なる。

かくして、若者の日常的な支出を当てにする企業から売上げが減っていく。外国人労働者を入れて賃金を抑えても、売上げは伸びない。

2020年までは何とか持つだろう。だが、その先は小学生の減が始まる。

かなり大きな社会的な変化が始まるはずだ。
posted by ZUKUNASHI at 15:56| Comment(7) | 福島原発事故

パロマレス米軍機墜落事故

コメントでスペインのパロマレスで起きた米軍機墜落事故に言及された方がおられます。管理人はよく知りませんでしたので、少し調べました。

事件の概要については、ウィキペディアのパロマレス米軍機墜落事故がまとまっていて分かりやすいです。

どんなところに水爆が落下したかは、スペインニュースが掲載していた次の図がありました。
歴史:スペインも原子爆弾の被害者だった?!から転載


事件発生地点の緯度経度として、次のピンのところが示されています。


この場所のストリートビュー。普通の住宅街になっています。


立ち入り禁止区域になっているのは、次の図の○印の辺りなど数箇所とされています。


テレビ局の動画もありました。
45年前 水爆が落ちた村は今…
posted by ZUKUNASHI at 12:54| Comment(0) | 福島原発事故

黄色い粉は怖いのか? 多くは大変怖い物質です

福島第一原発事故後、東京などでしばしば目撃された黄色い粉はスギ花粉だとされていますが、管理人は異論を持っています。

2017/3、スギ花粉を採集してビニール袋に入れたままの経時変化と水に浸漬した場合の色の変化を観察しました。水に漬けると濡れた後には当初の鮮やかな緑色は見られません。

黄色い粉は、降雨の後の朝、車両の屋根やガラスに付着しているところを目撃されることが多く、地面の黄色い粉は路面のでこぼこに応じて濃淡ができている場合が多いので、そのような場合は黄色い粉が水に触れていることは確実です。

それでもこの鮮やかさを保っていますので、これはスギ花粉ではないと判断されます。



@ 車に付着した黄色い粉に水をかけたら青く変色したならば、それはスギ花粉ではありません。

A 降雨の後、水に濡れた場所に降下した黄色い粉が鮮やかな緑色を保持していれば、それは少なくとも主要な割合はスギ花粉ではありません。水に漬された花粉は短時間で破裂して形態が変わります。

B 震災から丸6年を経過し、2017年春のスギ花粉の放射能は低下しています。東京近郊では、バックグラウンドとの差はほとんどなくなっています。このため、黄色い粉に放射能測定器を当てた場合、スギ花粉なら測定値はほとんど上昇しません。しかし、黄色い粉の中にはアルファ線、ベータ線を含めて測定すると高い値を示すものがあります。

それでは、この黄色い粉の主成分は何かということになりますが、管理人はいろいろのもののミックスだが、その中にはウランの酸化物が相当な割合で含まれている可能性が高いと判断しています。

黄色い粉に触れた方が、触れた場所の皮膚に小さな穴が開いたと報告しています。ウラン238のようなアルファ線源が微量でも純粋な形で皮膚に付着した場合には、その付着した箇所に針で突いたような穴が開き、激しく痛みます。

そのような例は読者から少なくとも2例寄せられています。

一方、黄色い粉はベータ線源も含むのが通例のようです。足の爪が痛みもなくはがれたという症例は、ベータ線源によるものと見られ、黄色い粉の目撃者の爪がはがれた例も2例寄せられています。

これは、黄色い粉がウラン238だけにとどまらず他の核種を含んでいると見られることに加え、ウラン238は一定の崩壊系列によって次々とアルファ線源、ベータ線源に変わっていきますから、当初は純粋なウラン238であっても時間の経過とともに崩壊系列にある子孫核種に変わっていき、放射線を出し続けます。

純粋なウラン238があったとしてその1gの崩壊数は、毎秒12,471崩壊、12,471ベクレルです。アルファ線です。

ただ、純粋なウラン238が降下していることはないでしょう。他の物質が混ざっていますし、ウラン238自体が酸化物になっているはずですから、黄色い粉1g集めても、それに含まれるウラン238の割合はかなり低いと見られます。ガラス質でコーティングされているとの説もあります。

仮に黄色い粉の重量の1%が純粋なウラン238だとします。

黄色い粉1gを集めると、ウラン238が0.01gあることになります。毎秒125崩壊。ガラス質でコーティングされていれば、その中にあるウラン238のアルファ線は外からは検知できません。半分がコーティングで検知できないとすれば、検知できるのは62ベクレル。

これでも多すぎるように見えます。

米国による土壌調査で楢葉町の10cm平方当りのウラン238のベクレル数は、1.9623ベクレルでした。

黄色い粉1gが62ベクレルのウラン238による検出可能なアルファ線を出すとして、これが1m平方に散布された場合の10cm平方当り密度は62÷100=0.62ベクレル。

これならありうるような気もします。

エジプトの研究者の論文に日本産のイワシからウラン238が6.45ベクレル/kg検出されたとの報告があります。生物体によって濃縮されています。

ウラン238の降下状況はよく分かりません。広く散布されて密度が低いことに加え、ウラン238の半減期が途方もなく長く、1秒当りの崩壊数が少ないためです。アルファ線の測定自体、専門の高価な機械が必要で、個人レベルの測定には制約があります。

既に日本産の魚類からウラン238が海外産魚類との比較で最も高い水準で検出されているものもあります。それでも深刻な健康被害が蔓延するということにはなっていないようですから、経口摂取の場合には即効性は少ないように見られます。

しかし、これを吸い込んだら肺に溜るか吸収されて短期間で健康被害を生ずるでしょう。子孫核種のラドンは気体であり、肺がんの原因になるとされています。

都会で降る黄色い粉の正体はまだ分かりません。ですが、今でも降っている可能性が強いです。ウランが主体の黄色い粉は大変怖いものなのです。

・・・・・

@ 雨に濡れないようにする。特に子供に注意。

A 傘を畳むときは外側に手指が当たらないようにする。

B ベランダや庭に黄色い粉を発見したら再浮遊による吸入を防止するため、静かに水で洗い流す。

C 黄色い粉の付着した自動車の表面には触らない。排水設備の整った洗車場で洗車する。

D 黄色い粉が降った可能性のあるベンチには座らない。座ったらズボンを必ず単独で洗う。

E 葉物野菜には降下がありうるのでよく洗う。

F 特に風のある日は、黄色い粉が浮遊している恐れがあるので、マスクをする。

G 風のある日の屋外の運動は控える。特にマラソン、サイクリング、サッカーなど。

とりあえず、上の点に気をつけておいたほうが良いでしょう。

2017年03月21日
黄色い粉 ウランが多く含まれていたことは確実 日本国内全域と海外(北半球)で目撃例

2017年03月21日
これがどちらも 黄色い粉です 

2017年02月28日
北摂地方では2011/3末などに黄色い粉が相当量降ったところがあります

2017年02月25日
黄色い粉はどこから出てくるのだろう

2017年02月19日
黄色い粉目撃情報 ツイッターから
posted by ZUKUNASHI at 12:51| Comment(0) | 福島原発事故

日本海が極東のエーゲ海になる?

この記事は、2016/3/23に掲載したものです。2017/3/20追記しました。

2016年03月23日 極東で百万規模の難民危機が起きて日本に難民が押し寄せる?に掲げたロシア科学アカデミー極東研究所日本調査センターのワレーリイ・キスタノフ・センター長の朝鮮半島情勢に関する見方は大変興味深い。

「もし北朝鮮の体制が崩壊した場合、現在欧州で起きているような状況が生じる可能性がある。何十万人もの、あるいは百万単位の難民が、押し寄せるかもしれない」との見方を示し、「日本と朝鮮半島の間にある対馬海峡の島々は、コントロール下、管理下に置かれていない難民達が今も流れ着いているエーゲ海のレスボス島(ギリシャ)や地中海のラムペドゥーザ島(イタリア)のような役割を演じるだろう」と言う。

北朝鮮から船で海岸沿いに南下して対馬を経由して日本に着くというルートはありうるのではないか。日本海の中央部は山形辺りの緯度で距離が1,000kmもある。性能の良い動力船でなければこの距離は渡りきれない。

新潟以北の日本海側に遺体を載せた船がたどり着く例は今でもある。

そうなったとき、日本人はどう動く。国内でこれだけ人権無視の政策が行われている。とても難民に門戸を開くことになるとは思えないし、各地で混乱が生ずるのではないか。



・・・・・

201/3/20追記

最近トランプや国防長官が北朝鮮に対して強硬な発言をしています。韓国には米国が地対空ミサイルを配備。

米国の海外へのミサイル配備は、韓国、そしてNATO諸国に対して行われており、なんで今そんなに高価な兵器を? と疑問が生ずるほどです。

ロシアのラブロフは、2017/3/20、米国によるアジア太平洋地域への対ミサイル施設の配備は、平壌の脅威に対して不釣合いだと指摘しています。

米国の軍産複合体は、さらなる武器等の費消を推進しています。きっかけがあれば北朝鮮に攻撃を加えることがありうると管理人は考えています。

米軍は、シリア、イラク、アフガニスタンで病院などを選択的に爆撃しています。シリアでは、学校、病院、モスク、橋などのインフラを破壊し続けており、シリア政府は国連に米国のそのような攻撃を止めさせろと申し入れました。

米軍の空爆はとても荒っぽく、攻撃目標を故意にかどうかは分かりませんが間違えることも多く、2017/3/16にはアレッポ西部の村のモスク礼拝所を爆撃、40人以上の死者が出ています。

米軍はごまかせる間はごまかし、ロシアやシリアがやったと西側メディアを通じて宣伝します。そして、証拠を突きつけられて逃げようがなくなるとミステイクだと言い逃れるのです。

米国が北朝鮮を攻撃する場合、ピョンヤンと北部の核関連施設がターゲットになることは間違いありません。

北朝鮮の核関連施設はチャチなものではないかと見ていますが、それでも放射性物質を保管しているでしょうから破壊されれば放射性物質が放出されます。西風であれば、まずは東北北海道に流れてくる可能性が高いです。

そして、都市については、政府施設や軍施設だけでなく、民間人の居住区域も攻撃対象になるでしょう。米軍が参加しているイラク モースルの解放作戦では民間人がISISによって「人間の盾」に使われていることもあるとはいえ、民間人の住居が爆撃されています。

しかも、ピンポイントの空爆ではなく、極めてアバウトな攻撃ですから巻き添えを食う住民が多いのです。

これは、ロシアが参画したアレッポの解放作戦と米軍が参画したモースルの解放作戦を比較すれば米軍の攻撃が民間人の命をないがしろにしていることはよく分かります。

米軍の無差別的な攻撃が行われれば、北朝鮮住民の混乱は極まり、多くの市民が陸続きに中国へ、海をわたって日本へ逃げることになるでしょう。

どんな混乱状態になるか想像がつきますか? また日本への影響はどうでしょう。北朝鮮の戦争能力など知れたものです。それにもかかわらず、韓国、米国はきっかけがあれば攻撃をしようとしているように見えます。

日本海が死者の海にならないよう願うだけです。北アフリカからの難民、シリアからの難民の悲惨な境遇が海外のメディアでは伝えられています。これがある日身近で生じないという保証はありません。
posted by ZUKUNASHI at 00:08| Comment(1) | 国際・政治