ずくなしの冷や水

2017年03月20日

読む人の背筋が凍るもげたさんの不整脈体験

2017/3/19、もげたさんから寄せられた投稿を掲載する。引用開始。

不整脈のお話しです。

私は3月11日から4月はじめまでの時期に、多くの時間、外にいました。仕事の会場が停電で使えなくなり、その会場探しに、ガソリン不足の中、自転車を購入して所沢ー青梅ー立川ー所沢間を何度も往復しました。国道16号、20号あたりです。輪番停電があったときで、結構な距離と時間になります。運動がてらと思ってました。その時期に相当な被爆をしたのだと思います。

日にちは定かではありませんが、所沢のホームセンターに寄った日は稀に見る強風で、風に向かって漕いでも進まず、帽子も吹き飛ばされるくらいの風が街道を吹き抜けていました。ちょうど一番濃いプルーム群が来た時期に戸外にいたことになります。今思うとあの輪番停電は、原発が止まったら電気が使えなくなる、との脅しと、放射能が舞っているから外に出るなという警告だったのかとも思います。

5月のある日、首にぽつんと小さな吹き出物ができました。痛くも痒くもなかったので、気持ち悪かったです。そのときには放射能のせいかも、という考えがあったので、ネットで調べ始めていた時期です。当時、高校生の息子が茨城に住んでいたので、1号機、3号機爆発後の放射能が気になってWeb検索していましたが、どの程度危ないのか半信半疑でした。テレビでは大丈夫。ネットでは最悪のシナリオもありました。息子のいる茨城は危険かもしれない。でも、福島から200km以上離れた埼玉、東京は大丈夫だろうと高をくくっていました。

体に異変が起きたのは2011年の7月です。
突然、動悸が始まりました。不整脈です。あれっと言う感じで、胃のあたりにドクンと違和感を覚えたのが最初です。
日を追ってドクンドクンがだんだん増えました。そのうち収まるかと2ヶ月放置して、悪化するばかりなので病院に行きました。診断は期外収縮。心電図を計る24時間カウンターを付けると、1日400回の不整脈が出ていました。鼓動のタイミングが少しずれて早いということでした。

原因は加齢かと言われましたが、私の家系に不整脈はいません。今まで動悸なんてなかったし・・・。医者からは、人は一日10万回以上の鼓動があり、1万回超えなければ危険はないと言われましたが、チェルノブイリでは、セシウムが心臓に集まり、心筋梗塞で突然死したと聞いており、話してみましたが、我々はそういう勉強はしてないからと無関心な様子。結局、薬はもらわず、様子を見ることにしました。

2012年になり動悸が増えつづけ、寝ていても気になり出して、春先に測ると1日1000回ほど。そして2013年の暮れに、ついに1日1万回超えです。いつ、ぽっくり逝ってもおかしくないという思いでした。痛みがほとんどなかったのが幸いでしたが、さすがに薬をと考えました。

ところがです。
2014年が明けて暖かくなるにつれ、その動悸が収まります。3.11からちょうど3年目の4月には、ほとんどでなくなりました。セシウム134が半減期を迎え体内の量が減ってきたため、と考えています。
どうして断定的に言うかというと、因果関係を知りたいと思い、動悸が出てすぐ(2011年暮れ)に尿の放射能検査をしました。埼玉の私と茨城の息子両方からセシウムが検出されました。息子の方が少し高かったです。その半年後、1年後にも行いましたが、数値は少しずつ下がってました。その後は行っていません。その専門機関が数値を低く見積もっているという話しをネットで見たからです。

動悸のない平和な日がこのまま続けば目出度しなのですが、去年の夏くらいからまた少し始まっています。回数こそ少ないものの一日十回越える程度。食に対する防御が緩み始めたことが原因でしょう。引き締めなければと思いながら、忙しさにかまけて、実行できずにいます。お酒に逃げることも多いし(苦笑)。

会場探しを命じられた時に予感めいたものがありました。外に出たくないという気持ち。なんだかわからないザワザワ感です。あの時、出てなければ被爆は少なかったでしょう。でも、体に異変が起きなかったら、皆と同様になんの手立てもしないまま、暮らしてかもしれない。そう思うと、ある種の運命めいたものを感じます。

あっ、最近、心臓裏あたりの背中痛があってちょっと恐くなり、コンビニコーヒーを止めました。使っている水も駄目だし、海外産コーヒー豆も危ないようだし。心臓にいいと聞いたらっきょうを毎日囓ってます。その効果かはわかりませんが、背中痛はほぼなくなりました。らっきょう(中国産)、いいかもしれません (^^)

もげたさんの他の投稿記事
2017年01月13日
それって ラーメンで被曝ですね 確かに誘惑に負けてしまいますけど

2017年01月08日
顎が外れて病院なんて笑えない
posted by ZUKUNASHI at 23:19| Comment(3) | 福島原発事故

Israeli minister threatens to destroy Syrian air defenses

RT2017/3/19
The Israeli defense minister threatened to destroy Syrian air defenses after they shot at Israeli warplanes, which violated Syrian airspace and bombed targets on Syrian soil.

“Next time, if the Syrian aerial defense apparatus acts against our planes, we will destroy it,” Avigdor Lieberman told Israeli Public Radio on Sunday. “We won't hesitate. Israel's security is above everything else; there will be no compromise.”

He was referring to the Friday morning raid of the Israeli Air Force, the latest of several reported over the past few years, in which Israel claimed it targeted weapons bound for the Lebanese militant movement Hezbollah. Israel says it has to protect itself from advanced weapons which the militants try to obtain from the Syrian government.

Syria shot surface-to-air S-200 missiles at the Israeli planes as they were flying back from the night mission. Damascus claims it shot down one of the planes, while Israel denies it.

The Israeli media said one of the Syrian missiles was intercepted by Israel’s Arrow air defense system. It was the first time Israel officials have confirmed combat use of the advanced anti-missiles, which are originally meant to intercept heavy long-range ballistic missiles.

The Israeli military is investigating whether the decision to fire Arrow interceptors against the Syrian anti-aircraft missiles was justified, according to Haaretz.

The former prime minister and defense minister, Ehud Barak, said Saturday that the involvement of the system forced Israel to acknowledge cross-border military activity.

“It could be that with more thorough thought, it wasn’t worth firing,” Barak said at a community lecture in Be’er Sheva.

“We have usually tended to reserve what would be called ‘room for denial’ for Syrian President [Bashar] Assad,” he added.

While Israeli acknowledgment of an intervention in Syria is rare, it is not unprecedented. Last April, Prime Minister Benjamin Netanyahu confirmed for the first time that an attack on dozens of Hezbollah targets in Syria was indeed conducted by Israeli warplanes, as speculated by the media.

RT2017/3/20
Russia summoned Israeli ambassador over airstrikes near Palmyra
The Russian Foreign Ministry summoned the Israeli ambassador in Moscow to demand explanations for the airstrikes Israel conducted near the Syrian city of Palmyra last week, the ministry confirmed.

Ambassador Gary Koren was called in by Russia’s Foreign Ministry on Friday after news about the strike emerged, Russian Deputy Foreign Minister Mikhail Bogdanov told the media on Monday, confirming earlier media reports.

The embassy refrained from commenting on Koren’s visit over the weekend, but the Russian Foreign Ministry did say that the ambassador’s visit “was mostly to discuss the latest events in Syria and around it.”

On Friday morning, Israeli planes attacked several targets in Syria, reportedly destroying advanced arms provided to the Lebanese militant movement Hezbollah. Syria’s air defense force fired anti-aircraft missiles at the planes as they were returning from the mission. Israel said it shot down one of the interceptors with its Arrow long-range SAMs.

On Sunday, Israeli Defense Minister Avigdor Lieberman threatened to destroy Syria’s air defenses if the country attacked Israeli warplanes again.
“Next time, if the Syrian aerial defense apparatus acts against our planes, we will destroy it,” Avigdor Lieberman told Israeli Public Radio on Sunday. “We won't hesitate. Israel's security is above everything else; there will be no compromise.”

Israel has a long record of violating Syrian airspace with impunity that stretches back to before 2011, when the country’s current armed conflict began. Arguably the most famous incident occurred in 2007, when an alleged Israeli raid destroyed a suspected nuclear reactor in Syria’s Deir ez-Zor governorate.
posted by ZUKUNASHI at 22:30| Comment(1) | 国際・政治

Lavrov: US antimissile deployment in Asia-Pacific ‘disproportionate’ to Pyongyang threat

RT2017/3/20
South Korea’s decision to deploy the THAAD antimissile system from the US is disproportionate to the threat posed by North Korea, which was voiced as justification by both Seoul and Washington, Russian Foreign Minister Sergey Lavrov said.

“We have drawn attention to the serious risks posed by the deployment of the US global antiballistic missile system in Asia-Pacific,” Lavrov said after meeting his Japanese counterpart Fumio Kishida in Moscow. The two ministers met alongside their respective military colleagues, Russian Defense Minister Sergey Shoigu and Japanese Defense Minister Tomomi Inada.

“We have voiced our assessments, according to which, if one wants to deal with threats posed by DPRK, the creation of such ABM system as well as pumping weapons into the region are a response far from proportionate,” Lavrov said.

He added that both Moscow and Tokyo condemn Pyongyang’s violation of resolutions of the UN Security Council restricting its missile and nuclear development. Russia believes that international sanctions imposed against North Korea for defying the council “should not be perceived as an instrument of punishment, but rather a stimulus for steering the situation back into political and negotiations track.”

South Korea decided to deploy the THAAD system, due to be fully operational by August, saying it was necessary to protect from a possible missile attack by North Korea. The deployment angered China, which believes that the American system compromises its national security. Beijing is reportedly retaliating against Seoul with a round of economic measures, hitting Korean tourism and export to China.

Russia has similar concerns over the US deployment of ABM shield in Eastern Europe. Washington claims the system is needed to protect European NATO members from an attack by Iran and has brushed aside criticism from Moscow.
posted by ZUKUNASHI at 22:24| Comment(0) | 国際・政治

「還暦を祝う会」を契機に関係者のがん発症が多数判明

2017/3/20、hiyaaseさんから寄せられた投稿を掲載する。引用開始。

知人のブログ見て唖然。
60歳の人の還暦を祝う会に来るはずだった年下の女性4人が cancer (ガンだよね)で来れなかったんだって。
次の記事は半月後で、 その還暦の人が食道ガンになったのだって。

この人たちは、誰も(おそらく、先にガンになった4人も) 食べ物からの被曝に関心なし。

ブログ主と還暦の人は、有名人で、他の周囲の人に影響力もいっぱい持ってるが、 栄養があって美味しい物なら、なんでも食べてきた人たち。

うーん。 今年は私の周囲にガンが多すぎる。 2014年の心筋梗塞ラッシュに次ぐ多さ。 気を付けよう。

posted by ZUKUNASHI at 19:10| Comment(0) | 福島原発事故