ずくなしの冷や水

2017年03月19日

ソマリア自体が参加する対イエメンサウジ陣営がホデイダ港沖でソマリア難民ボートを銃撃42人が死亡

FARSNEWS2017/3/19
TEHRAN (FNA)- Somalia called on the Saudi-led coalition fighting in Yemen to investigate an incident in which dozens of Somali refugees were shot dead on board a boat.

It was not immediately clear who was behind the attack that killed more than 40 Somali refugees in waters off the coast of war-torn Yemen early on Friday, Deccan Chronicle reported.

The bloodshed was quickly condemned by UN and the International Committee of the Red Cross, and Somalia's Foreign Minister Abdusalam Omer urged the Saudi-led coalition fighting popular forces in Yemen to investigate.

Somalia is a member of the coalition fighting against the popular forces in Yemen.

"We call on our partners in the Saudi-led coalition to investigate the raid," the minister said in a statement.

"It is very sad, targeting a boat carrying Somali migrants near the coast of Hodeida in Yemen."

On Friday, a coalition spokesman denied responsibility for the attack.

The Red Sea attack took place off port of Hodeida, with women and children among the dead.

The International Organization for Migration (IOM), which has operations in Yemen, said 42 bodies were found, and more than 30 wounded people were reportedly taken to hospital.

The IOM said it believed the boat was heading for Sudan when it was attacked.

Despite a two-year war that has cost more than 7,000 lives and brought the country to the brink of famine, Yemen continues to attract people fleeing the horn of Africa.

The United Nations refugee agency, UNHCR, says Yemen is hosting more than 255,000 Somali refugees.
posted by ZUKUNASHI at 23:57| Comment(0) | 国際・政治

タラコで腰痛 ニンニク多食で改善

2017/3/19、匿名希望さんから寄せられた投稿を掲載する。この話は、耳の痛い人、耳寄りな話に聞こえる人も多いでしょう。引用開始。

2月末にどうしても食べたくて、明太子を買いました。自由が丘の高級スーパーで、3、4本入って5〜600円だったと思います。家族には食べさせず、自分だけ。1日に一本位食べました(結局パック半分は捨ててしまいましたが)最初は何ともなかったのですが、2、3日したら腰が痛くなって来ました。

もともと(原発前から)年に2回くらいなるのですが、1週間経っても収まりません。痛みも腰だけでなく、背中のあちこちに移動する事もありました。寝起きやパソコン後はつらいのですが、スポーツクラブでマシンを動かしても痛みは伴わず、運動中は痛くなかったり、これは整形外科的な痛みじゃないのかもと思い始めました。

デトックスしかないと思い、運動とボトル水を多めに飲んだりしていましたが、横になって休みたい事も多くなってしまいました。

家族にも、そこまで腰が痛いとは言えず我慢していましたが、人生で初めての強く長い腰の痛みでした。種々のストレスがあったとはいえ、そちらに向かっていったことはほんとに情けない事でした。

主人が休みの土曜日に、朝からニンニクが入ったチャーハンや昼も夜もニンニクのこれでもかというほど入った男の料理がはじまりました(夜はもういい加減にして欲しいとニンニクをよけて食べる位)。その日にたまたま昼は煮干しがたくさん入ったスープがどろどろに近いインスタントラーメンを初めて食べました(これもニンニク入り)。

すると、次の日、起きると痛みは消えてました。ほんとに不思議でした。でも昼間少し痛みが出て来たので、日曜日もニンニク多用ミネラルたっぷりの食事をとりました。すると次の日はもう痛みはありませんでした。

ニンニク、煮干し、炒めるのに使ったオリーブ油やごま油でミネラルがたくさんとれたからでしょうか。以前どなたかがニンニクは取るようにしていると書かれていましたよね。私は朝晩はなるべく気を使っていますが、昼食まではミネラルを意識して多用してはいませんでした。

油や塩、砂糖は余り精製されてないもの、煮干しやナッツ等は特に心配なのでホワイトフードや安全すたいるのモノを使っています。私は変な物を食べた時に足がつったり胸が痛くなる事はあるものの、自分でカナリア体質だと思った事はありません。

明太子を食べた時も、胸痛は出ませんでした…

腰が痛いんじゃなくて、内臓の不調の方もいらっしゃるのではないでしょうか。腫れた内臓が骨に当たって痛いという事もあると聞いたことがあります。
posted by ZUKUNASHI at 17:15| Comment(1) | 福島原発事故

原因不明の体調不良 照れやはにかみの影に不安がのぞいている

2017/3/19にひまわりさんから寄せられた投稿を掲載する。

原因不明 + 入院のツイート例の)twに「被爆原因を疑っているような雰囲気はまったくありません」 そんな気もしますね。

twで、周囲にお年寄りがいない感じがして、ちょっとまずいように思います。
お年寄りには経験があります、ヒマでもあります。その熱なにか変だよ〜と心配し一生懸命考えてくれるかもしれません。

昔、鯖で食あたりしました、救急車レベルの痛みで入院、痛み止め注射でほっと一息つきました。
翌日痛みはケロリと消え、普通の体調感に。回復食(薄いおかゆ→普通食)のため1週間入院しました。
以前、家族が激腹痛で油汗、腸閉塞の疑いで緊急入院、なりかけていたっぽい。点滴・絶食。三日目あたりで退屈するほどに元気がもどる。様子見+回復食もあり、1週間入院。
皆が皆、痛みがケロリ消えするわけでもないでしょうが、、、

3年程前、腸の粘土感(?)と頭痛でぐったりし起き上がれない時がありました。
家族は病院にと言いましたが、食事で「ホの合算値が高かった」との自覚があった。
腹部の不快感Maxとぐったり感でこんこんと眠り続けること数日、この間飲まず食わず半ば気絶状態といえたかもです。(よい子はまねしないで下さい)
このあとお医者に、脱水症直前で点滴、自宅で回復食、体調がもどるまで約2週間かかりました。

食あたりでも腸閉塞でもない感覚が恐ろしかった。
運が悪ければ、脱水症の前に三途の川を渡っていたかもしれなかった・・・

話かわりますが、地域によって違うでしょうが、東京のお通夜では握り寿司が普通に並んでいます。最近はどうなんでしょう?

体調の落ちているときに「ホの合算値高」に遭遇すると強烈な一撃が来るかもです。
そこまででなくても、心臓が弱っていたり、1人暮らしだったり、真夏日だったりが重なると怖い。

てれやはにかみの影に不安がのぞいていると思うのは、考えすぎでしょうか。
そんな人のためにずくなしさん、ガツンと言ってやってください、できるだけ呼びかけて下さい、お願いします。
posted by ZUKUNASHI at 17:04| Comment(0) | 福島原発事故

米軍の空爆で死亡者42人でもBBCは米軍と明かさない

※ BBC News Japan‏認証済みアカウント @bbcnewsjapan の2017/3/17のツイート
BBCニュース - シリア・アレッポでモスク空爆か 「42人死亡」と民間団体 http://www.bbc.com/japanese/39300341
シリア情勢を監視する英国拠点の団体「シリア人権監視」によると、北部アレッポ州で16日、反政府勢力が掌握するジネ村のモスク(イスラム教の礼拝所)に対して空爆があり、42人が死亡し、多数が負傷したという。

現地情報を収集している同団体は、夕方の祈りの時間でモスクは満員で、犠牲者のほとんどは一般人だったと話している。

どの勢力による空爆かは明らかになっていない。ジネ村は、反政府勢力が主要拠点とする地域にある。ロシアとシリアの軍機が以前からこの地域上空で飛行しているほか、米軍機も同地域のイスラム聖戦主義勢力を空爆している。

米中央軍司令部は、米軍が16日にシリアで空爆を実施し、過激派勢力アルカイダの数人を死亡させたと発表したが、モスクは砲撃していないと説明。同司令部は当初、近隣のイドリブ州での空爆だったと述べたが、後に正確な場所は不明だと訂正した。

報道官のジョン・トマス大佐は、「我々はモスクは標的にしなかったが、標的にした建物、つまり(過激派の)会議が開かれていた場所はモスクから約15メートルの距離にあった。そのモスクはまだ残っている」と述べた。

シリアでは前日の15日に首都ダマスカスの裁判所前で自爆攻撃があり、少なくとも31人が死亡したばかり。

3月15日は、アサド政権に対する反政府運動の開始6周年だった。2011年3月15日以来、32万人以上が死亡し、1100万人が住む場所を追われたと言われている。

※  RT‏認証済みアカウント @RT_com の2017/3/17のツイート
Dozens killed in ‘suspected US strike’ on Aleppo mosque (GRAPHIC VIDEO) https://on.rt.com/861h
Qalaat Al Mudiq

US admits strike on ‘Al-Qaeda meeting’ in Syria amid reports of deadly mosque attack nearby

Dozens of worshipers have reportedly been killed in an airstrike on a mosque in Syria’s Aleppo province. While the Pentagon only admitted to striking terrorists several miles away in Idlib, some reports suggest US missile debris were recovered from the mosque’s rubble.

Details of the strike on the Al-Jinah mosque are scarce, but over 50 people might have been killed in the incident, according to various reports. Images from the scene shared on social media show the wide-scale destruction.

RT2017/3/17
Russia urges US comment on reports of fatal Syria mosque strike
The Russian Defense Ministry has urged a comment from the Pentagon after photos of a purported US missile fragment found in the rubble of a bombed Syrian mosque emerged online.

“A photo showing a fragment of an air-to-surface AGM-114 Hellfire missile has emerged. It leaves no chance for the US-led coalition to remain silent as usual and for diplomats to spout anti-Russian rhetoric,” Major-General Igor Konashenkov said Friday.

Russia is expecting the Pentagon to comment on the deadly airstrike on a mosque in Syria’s Aleppo province, where at least 40 civilians were feared killed overnight into Friday, March 17.

“I think we should expect comments from the US partners anytime soon,” Konashenkov noted.

The news of the strike was broken by the UK-based Syrian Observatory for Human Rights and the White Helmets activists who shared the first pictures from the scene. Some news outlets were quick to lay the blame for the attack on Moscow or Damascus.

Tragic mistakes that claim lives of civilians do happen at war, the Russian spokesman said, however adding that “before releasing anti-Russian false stories, they [media sources] should do their job as professionals by thoroughly studying the facts and getting to the bottom of things.”

The authenticity of the photo supposedly showing a metal piece of a missile with a serial number inscription is yet to be confirmed.

Russian and Syrian forces, as well as the US-led coalition air powers are known to be conducting operations in the affected area. The US admitted to targeting a building located next to the mosque where an Al-Qaeda terrorists meeting allegedly took place, noting that the mosque itself wasn’t hit.

“We did not strike nor did we hit the mosque that was within 50 feet of the half of the building that we struck where a meeting of Al-Qaeda in Syria was taking place,” said CENTCOM spokesman Colonel John Thomas, according to AFP.



Google Earthからこのモスクを探し当てました。ここにはモスクに付き物の塔が見当たりません。質素なモスクです。破壊された建物の
15メートル離れたところに多人数が礼拝ができる大きな建物などありません。次の2枚は南北が逆になっています。







FARSNEWS2017/3/17
TEHRAN (FNA)- Over 100 civilians were killed and wounded in the US warplanes' air raid on a mosque in a village in Northwestern Syria, local sources said.

The sources said that at least 57 Syrians were killed after an American airstrike on a mosque in the terrorist-held village of al-Jinah at the border between Idlib and Aleppo provinces on Thursday evening.

They added that 90 more were injured and the death toll is expected to rise.

Another report put the death toll at around 75.

Some 300 people, mostly civilians, were in the al-Jinah mosque as it was abruptly hit during prayers time by an airstrike, burying many beneath the rubble.

In relevant developments on Tuesday, 15 civilians were killed and several more were wound in a US-led coalition air raid near Raqqa city.

The US-led coalition fighter jets targeted the Research Center region near the ISIL-held city of Raqqa, killing 15 civilians and wounding several more.

Also, the Arabic language al-Arabi al-Jadid news website reported on Monday that at least 17 civilians, including children and women, were killed and 15 others were injured in the US-led coalition air raids in Kasarat village South of Raqqa city.

The website added that the warplanes' combat flights over two villages in Eastern Aleppo left five civilians dead and 11 more wounded.

・・・・・・
以下ツイッターから

※ mko‏ @trappedsoldier 8時間8時間前
アレッポのアルジナ・モスが空爆され、50人以上が死亡。西側メディアは「ロシア空爆」と主張するが、ミサイルの破片は明らかにヘルファイアー。米軍機がモスクで祈る市民を大量虐殺! CENTCOMはアルカイダのミーティングを狙ったといつもの弁解。人の命をなんと思っている、野蛮人!

× Sakir Khader‏認証済みアカウント @sakirkhader
#Syria: At least 75 civilians killed, tens wounded in a heavy Russian airstrike on a mosque in the rebel-held village of al-Jinā, w-Aleppo.

× 常岡浩介容疑者☪‏認証済みアカウント @shamilsh 3月16日
シリア革命(内戦開戦?)6周年の今日、イドリブでロシアによる空爆があり、子ども少なくとも15人が殺害された
・・・この方はいつもこれです。

共同通信2017/3/18
 【ワシントン共同】米国防総省のデービス報道部長は17日、米軍が16日にシリア北部アレッポ県で行った空爆で、国際テロ組織アルカイダのメンバーが会合を開いていた建物を破壊したと述べ、モスク(イスラム教礼拝所)が攻撃を受けたとの見方を否定した。
 シリア人権監視団(英国)は、モスクが空爆されて市民ら少なくとも49人が死亡したとしている。同省は証拠として空爆現場の写真を公開。デービス氏は、モスクはほぼ無傷で、破壊されたのは隣の建物だと説明した。
 ロイター通信によると、シリア人権監視団は、破壊された建物もモスクの一部だったと反論している。

次は米軍が公表した画像です。


以下はRTが伝えた画像です。建物の右側



上の画像より少し後ろに下がった場所から見ています。人々が歩いているすぐ向うに大きな穴が開いています。


重機を入れて建物の下敷きになった人を探しています。


建物の内部、2階建てです。


二つ上の人々が歩いている場所から後を見たところです。これを米軍はモスクだとしほとんど無傷だとしています。建物の上にスピーカーがあり、礼拝の前にここからコーランを唱える声が流されます。






米軍は礼拝所の手前の突き出た部分を爆撃しています。


入り口が北ですから、礼拝所の奥が南、南に向って礼拝をします。入り口近くにいた人が犠牲になりました。

posted by ZUKUNASHI at 02:14| Comment(1) | 国際・政治

ロシアが国連安保理にイエメンのホデイダ港攻撃は重大な結果をもたらすと警告

FARSNEWS2017/3/18
Russia Warns UNSC of Grave Consequences of Attacking Yemen’s Hodeida Port

TEHRAN (FNA)- Russian Deputy Permanent Representative to the UN, Vladimir Safronkov urged for a peaceful resolution of the conflict in Yemen and warned in a UNSC meeting on Yemen of grave humanitarian consequences of an imminent attack on the Yemeni port of Hodeida.

The Vladimir Safronkov noted that Russia expressed its concern over the fact that "unfortunately, the warmongering logic and desire to solve problems by military means is so far prevalent in Yemen", TASS reported.

"We warned that storming the port of Hodeida will lead to grave humanitarian consequences," he said.

The UN Security Council held a meeting on Yemen at the initiative of Russia discussing the humanitarian situation in that country and efforts on the peaceful resolution of the conflict between the warring sides, the Russian deputy permanent representative to the UN told reporters after the closed-door meeting.

The meeting was held amid a spike in hostilities in Hodeida province where the country’s main port, which receives humanitarian aid, is located.

According to Safronkov, the purpose of the consultations was "to urge the UN to step up its efforts to establish a real diplomatic process and negotiations."

The diplomat noted that Russia expressed its concern over the fact that "unfortunately, the warmongering logic and desire to solve problems by military means is so far prevalent in Yemen." "We warned that storming the port of Hodeida will lead to grave humanitarian consequences," he said.

The diplomat emphasized that the delegations of all 15 Security Council member-countries "expressed their unanimous stance on the inadmissibility of getting involved in a military solution to the problem, it is necessary to search for a political settlement."

"As far as we understand, the Arab countries are likewise concerned about the situation in Yemen and the humanitarian consequences of the situation," Safronkov said, commenting on the consultations.

Speaking about the work of UN Special Envoy for Yemen, Ismail Ould Cheikh Ahmed, the diplomat noted that the efforts of the envoy who spent the past few weeks holding consultations with the countries in the region and other interested international players "are clearly insufficient."

"We want him to play a more active role," Safronkov said. He recalled that last week UN Under-Secretary-General Stephen O’Brien described the situation in Yemen as the largest humanitarian crisis on the planet. "Many Security Council member-countries were grateful to us for convening these consultations," he said.
posted by ZUKUNASHI at 00:50| Comment(0) | 国際・政治

腰が痛くて出生数減? まさかぁ! 6年被曝すると腰痛が増える

医師による診断・治療を受けているかを問うアンケートで「腰痛が激しく治療開始」が増えています。

なんらかの治療を受けていると答えた方のうち16%を腰痛が占めました。1〜9の項目について治療などを受けていないと答えた方も含めた回答者全体では7.6%、約10人に一人弱です。

トップの「甲状腺の経過観察」には及びませんが、3位の「がん検診で異常」を大きく引き離しています。

福島第一原発事故後時間の経過に伴い、杖を突く人が多いなどの観察が増えました。被曝が累積すると「腰痛が起きる」、これはまず間違いないです。しかも、それは外部被曝ではなく内部被曝によるものです。

福島県方からは両親ともに「せきちゅうかんきょうさくしょう」を発症したと伺っています。

これは新しい知見です。

このブログは、後期高齢者向けのブログではありませんので、若い方も見ている。そして回答してくれる人はむしろ若い方が多いとなると、出産適齢の方にこのくらいの率で腰痛があると見なければいけないでしょう。

腰痛もいろいろあるのでしょうが、男性の場合には生殖行為に支障が出ることはありうるでしょうし、それ以上に腰痛持ちの女性は妊娠を回避するでしょう。

そう考えると
A:腰痛の増加・深刻化→生殖活動の手控え→出生数の減
こちらのほうが

B:ホルモンが乱れて→・・・着床が困難・・・流産・・→出生数減という筋道よりも直裁的です。

もちろんその他の筋道
C:頭痛や心臓痛、めまい→妊娠回避→出生数の減
もあるのでしょうが、Aも腰痛が福島第一原発事故後に増えているのなら、出生数減の相対的に大きな要因になりえます。

子作り年代現役で腰痛持ちの方、いかがでしょう。当たっていないでしょうか。

今腰痛の出ている方は、被曝回避を徹底しないと次第に痛みが増すでしょう。これも間違いのないところです。
posted by ZUKUNASHI at 00:37| Comment(0) | 福島原発事故

イスラエルのアパルトヘイト報告書が攻撃され撤回 国連上級職員が辞任

FARSNEWS2017/3/18
Senior UN Official Quits as ’Apartheid’ Israel Report Withdrawn under Vicious Attacks

Senior UN Official Quits as ’Apartheid’ Israel Report Withdrawn under Vicious Attacks
TEHRAN (FNA)- A high-ranking United Nations official resigned after the international body was forced by "powerful member states" through "vicious attacks and threats" to withdraw its report that accused Israeli regime of imposing an "apartheid regime" on Palestinians.

United Nations Under-Secretary General and Executive Secretary for the Economic and Social Commission for Western Asia (ESCWA), Rima Khalaf, announced her resignation at a news conference in Beirut after UN Secretary-General Antonio Guterres asked for the report to be taken off the ESCWA website, Al Waght reported.

ESCWA, which comprises 18 Arab states, published the report on Wednesday and said it was the first time a UN body had clearly charged that Tel Aviv regime "has established an apartheid regime that dominates the Palestinian people as a whole."

"I do not find it surprising that such member states, who now have governments with little regard for international norms and values of human rights, will resort to intimidation when they find it hard to defend their unlawful policies and practices," Khalaf, of Jordan, wrote to Guterres.

"It is only normal for criminals to pressure and attack those who advocate the cause of their victims," Khalaf wrote in the resignation letter, seen by Reuters, adding that she stands by the ESCWA report.

While the report was taken off the ESCWAwebsite, Khalaf told reporters: "Let me be clear, the report was issued ... and has impacts. The member states received copies of this report. And it is available".
posted by ZUKUNASHI at 00:20| Comment(0) | 国際・政治