ずくなしの冷や水

2017年03月17日

後期高齢者になりたくない

管理人は、名実ともに老人ですが、地域の老人会にも入っていませんし、デイサービスも利用していません。それゆえ、高齢者との付き合いはありません。

一時、パートの仕事をしていたときに後期高齢者になったばかりという75歳の方と知り合い、少し話をしたことがあります。
その時の印象は、後期高齢者になると病気のホームセンターになるんだなあ、というものでした。

自分の高齢化の問題は、しばらく忘れていましたが、最近なぜかいろいろな機会に高齢者の様子を見かけることがあり、おーっ、まるで鏡に映した自分の姿ではありませんか!!

70歳以上の高齢者と出会って話したりした記憶はあまりありません。話しても楽しくないのです。

古いほうから思い出すと
2011/1/15、葛西臨海公園で木の写真を撮っていたら、枝の下からガサゴソと音がして、杖を突きながら出てきた腰の曲がった爺さん76歳。

その後は、一人、二人出会いましたが、話もしなかったのでほとんど覚えていません。

2015/9/21、畑で作業をしていた83歳の男性。耳が遠いにもかかわらず話を聞いてくれました。

2016/5/15、近郊を徘徊中に老人が剪定ばさみを手にアカメモチの手入れをしていました。木の話から入って放射能問題を説明しました。83歳の男性。

2017/1/2、土気の遺跡で出会った男性、70歳過ぎ。放射能問題を説明しました。

2017/2/12、78歳の女性。遊歩道を杖を突きながらゆっくり歩いていました。一見して脳梗塞を患ったことが分かります。寒い時期でしたが15分くらい話したでしょうか。2年前に脳梗塞発症とのことでした。
 相手の名前も分かりませんので、「お姉さんは・・・ですか?」などと言っていたら気分よくいろいろな話を教えてくれました。

 とても難しいです。英語ならいつもユーだけでいいのに。

2017/3/5、脊柱管狭窄症の話をしてくれた85歳の男性。この方は、話をした老人の中で最年長でしたが、頭はしっかりしていました。車の運転もされるようでした。

あと、頚動脈瘤があるという78歳の男性。いつもゆっくり歩きます。

あとはいませんね。思い出せないです。

以前に比べてなんか話しかけられやすいような感じもしています。見るからに老人で暇そうだから??

75歳を超えると足腰が不自由な方が多いです。電球や蛍光灯の取替えはもう無理です。タンスを移動したくてもこれも無理。

両親を捨てて住んでいるあなた! ときどき様子を見ておかないと、急に警察から連絡が入ったりしますよ! そして司法解剖で葬儀が遅れたり・・・。田舎の親戚はぶうぶう文句を言うでしょう。

この親不孝者めが!と白い目が向けられますよ!
posted by ZUKUNASHI at 21:04| Comment(1) | 福島原発事故

体調不良で病院に行っても原因不明の方は死に物狂いで被曝回避を! 薬は効きません

2017年03月16日 医師による診断・治療を受けていますか 緊急アンケートの結果をほぼリアルタイムで集計しています。次の記事が2017/3/17正午現在の集計結果です。

2017年03月17日 治療中の疾病の有無とその割合

この記事で、「腰痛が激しく治療開始」と「原因不明の体調不」が予想以上に多数出ています。腰痛については、記事を書きました。

体調不良で病院に行ったが、原因不明とされたという方は一日、いや一刻も早く被曝回避を徹底してください。

しかも、その被曝回避策は、周りから気が狂っているのではないかと見られるほどに徹底してください。

原因不明の体調不良に薬は効きません。原因不明の病気を難病というそうです。原因が分からないから治療ができない。薬が使えないのです。もちろん手術もできません。

福島第一原発事故前から、原因不明の体調不良はありました。今難病指定されている疾病の多くはそうです。

ですが、このアンケートの結果では治療中の疾病なしも含め回答してくれた方の4%が体調不良で病院に行っても原因不明だったと回答しています。

100人中4人です。そういう方の疾病が「難病」に該当するのかもしれません。ですが、これまでそんなに難病にかかった人の話を耳にしたことがありますか?

最近の環境変化は何でしょう? 放射性物質による環境汚染です。吸気、経口摂取による放射性物質の体内取り込み、さらには外部被曝の蓄積が原因です。

体内に入った放射性物質の排出を促進する療法はあると聞いています。WBCや血液検査で体内の放射性物質の量を測定しながらキレート剤、デトックス剤を使い、一方で不足するおそれのあるミネラルを補給してミネラルバランスを保つ。

もちろん入院していろいろな機材を使い、血液検査なども頻繁に行うはずです。

いくらかかるでしょう? もちろん保険はききません。そのような療法は、ごく一部の富裕な人が使えるだけです。

一般の人がやれるのは、汗をかいたりして放射性物質の排出を促す一方で、汚染食品を食べない、放射性物質を吸わないようにすることだけです。

体内に入った放射性物質はそれの物理的半減期よりも格段に短い「生物学的半減期」で排出されるという説もありますが、きれいに排出されるのであれば、満6年も経った今、体内に放射性物質が残留するはずはなく、仮に放射線で傷んだ器官の損傷部分が残っているだけだとすれば、それも時間の経過とともに治癒、修復されていくはずです。

ですがそうなっていないのはなぜでしょう。管理人は、短い「生物学的半減期」で排出されていくという説は妥当な面があるにしても、それによって放射能の害が消失していくという考え方はとれないと考えています。

しかも、今なお、大気中に放射性物質が舞い、流通する食品には汚染が見られます。

現に「難病」に相当するような原因不明の体調不良のある方は、とにかく被曝回避を徹底することです。それしか現実的には体調改善の道はないと管理人は主張します。

可能であれば、移住して環境を改善するのが体調回復の早道でしょう。ビンボーになって寿司も刺身も高級牛肉も食えなくなる。意外な効果があるかもしれません。
posted by ZUKUNASHI at 13:27| Comment(0) | 福島原発事故

被曝で腰が痛くなる 骨も弱くなる 歯もボロボロに

2017/3/16、「医師による診断・治療を受けていますか 緊急アンケート」を始めました。

このアンケートは、読者の発意で始めた
2017年03月31日 ◎被曝による身体状況の悪化を調べるセルフチェックリスト からの流れを汲むものです。

身体状況の悪化要因・改善要因を探るうちに、このブログの読者でさえ、汚染食品の排除が十分でないとの懸念が強まり、食品選択アンケートをやりました。

2017年03月09日 食品選択アンケート結果から見えること

アンケートに答えてくれた方でも、穴だらけ。それでも関東の野菜を食べないという方が多数を占めました。ということは、関東の野菜産地の産品を常食している人とそうでない人との被曝症状の出方は、今後さらに広がる恐れがあります。

このブログの読者は、世間一般の方に比べれば、被曝回避に努めている度合いはずーっと強いです。ならば、疾病発症も遅く、少ないはず。それを把握すれば世間の疾病発症の激しさが分かるはずです。

それで緊急アンケート。今、ここです。

2017年03月17日 治療中の疾病の有無とその割合

まだ開始してから24時間も経っていませんが、やはりツイッター情報にあったような疾病を発症している方が一定の割合でおられます。

今回の緊急アンケートで特に目立つのは、腰痛の治療開始の方が多いこと。初日の夕刻にどどどと回答が増えました。若い方中心に腰痛が多くなっているようです。

2017年03月10日 日本人の多くは若くして腰痛持ちになる

2017年03月08日 脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)が急増です

これくらいのことで骨折?! という事例も増えています。40代前半、体格ばっちりのスポーツマン!が、息子とアイススケートの際に転倒し、なんと大腿骨を骨折という例も伝えられています。

2017年01月24日 これはびっくり まるで絵に描いたような被曝症状

2016年06月05日 被曝症状最前線 子供3兄妹が全員骨折 藤沢市

2016年05月31日 関西居住者が2年連続で2回骨折

2016年05月27日 被曝症状最前線 47 止まらない咳 肋骨疲労骨折

骨折増加の要因としては、ストロンチウムの摂取が原因という方もおられますし、甲状腺の機能異常で骨の代謝に障害が出ているとの説もあります。なにせ、税金で養われている学者・研究者がだんまりを決め込んでいるので分からないのです。

骨が弱くなり骨折しやすくなるという事例は比較的早い時期から見られました。それゆえ、甲状腺の機能低下により骨の代謝に障害が出たという説は有力ですし、時間が経過すれば骨にストロンチウムが溜っているからという説も説得力があります。

どっちにしても、これまでの生活行動、生活習慣を継続する限り、改善は見込めません。加えて、加齢による骨密度の低下も生じます。

どうします? 杖の世話にならなければ動けなくなりますよ。車椅子でも働いて食べていけますか?

被曝が強いということですから、早晩、他の疾病も発症するでしょう。まだ若くて本当ならまだ何十年も生きられるはずなのに、自ら苦難の道を選ぶとは、いい度胸です。ほんとに。

大きな集団食中毒事件が起きると、ノロウィルスやサポウィルスが原因だとされます。そうなのかもしれません。ですが、ノロウィルスやサポウィルスによる食中毒なら、免疫、抵抗力の強い人は発症しない人もいます。ですが、放射性物質に免疫を持つ人はいません。免疫ができることもありません。

ノロウィルスやサポウィルスによる食中毒で染色体異常が生ずるでしょうか。行政当局の説明に騙された人から健康を害し、亡くなっていっています。染色体異常が生ずれば、子供に障害も生じます。
posted by ZUKUNASHI at 11:15| Comment(5) | 福島原発事故

お茶が好きな方にはマテ茶を勧めています

2017年01月24日 シリアのお茶はマテ茶

2016/3/31、PRESSTVが伝えたパルミラで休憩をとるシリア軍戦士の様子です。緑の液体の入ったコップが置かれています。鉄瓶のようなものも。



2016年3月18日の毎日新聞に次のようにあります。

シリアで最も好まれている飲み物は何か−−。紅茶やコーヒーがすぐに思い浮かぶが、これらをしのぐほどの人気を誇るのが南米原産のマテ茶だ。意外に思われるかもしれないが、20世紀初頭にシリアから南米に渡った移民が持ち帰って以来、広く親しまれるようになった。 
 19〜20世紀、オスマン帝国支配下のシリアから南米に多くの移民が渡った。新大陸に希望をかけたのだ。その後、里帰りした移民が携えていたのが、マテ茶だった。

イランは紅茶です。トルコも紅茶の産地。それでもシリア人はマテ茶を飲んでいます。

イランのお茶をいれる風景。なぜこんな屋外でお茶を沸かすのか分かりません。


2017年03月17日 緑茶、紅茶、ウーロン茶 どれも比較的放射性物質濃度が高い。

・・・・・・

loca.chicaさんから

ずくなしさんお勧めのマテ茶、今朝買ってきて早速飲んでみましたが、
とってもおいしいです〜 くせがなくて飲みやすいですね。気に入りました!

私が買ったのは、Guayaki という会社のYerba Mateですが、この会社のWeb siteを見てみると、このマテ茶の作られる様子や効能、栽培されている熱帯雨林の保護など、いろいろなビデオがあり、おもしろいです。

抗酸化作用のあるポリフェノールは、緑茶や紅茶よりずっと多く含まれているんですね。
以下のグラフは英語ですが日本の「おーい、お茶」とも比較されてます。
http://guayaki.com/mate/60232/%26quot%3BThe-Antioxidant-Powerhouse%26quot%3B.html

おいしく飲んで健康になり、熱帯雨林の保護にもなるなんて、ちょっと気分もいいです。
posted by ZUKUNASHI at 11:10| Comment(10) | 福島原発事故

緑茶、紅茶、ウーロン茶 どれも比較的放射性物質濃度が高い。

食品選択アンケートの結果の検討を始めています。色々驚きはありますが、その一つは、「インド産紅茶」の選好度が高いことです。「国産茶葉」と並んで「インド産紅茶」を掲げましたが、管理人は国産茶葉については問題提起、注意喚起の意味を込めていました。

ところが最初あまり高くなかった「インド産紅茶」が支持を広げ、今はトップに並びかけています。

結論から書くと、「インド産紅茶」もリスクがありますから、消費量は控えめにというのが管理人の立場です。

茶の木は、放射性物質を吸収しやすいという特性があるようです。根だけでなく地上部からも吸収するとされています。

チャノキは、ツバキ科ツバキ属の常緑樹でインド・ベトナム・中国西南部が原産地とされています。

製品となるお茶の種類によって製法は異なりますが、蒸す工程を持つものはありますが、洗浄の工程は見当たりません。基本的にお茶は摘んだチャノキの新芽をそのまま使っています。

福島第一原発事故後、放射性物質が地球規模で降り注ぎました。チャノキが新芽を出し、それが摘まれるまでの期間にも放射性物質が降下していることがあります。

福島第一原発事故後にチャノキの畑に降下した放射性物質は、チャノキに吸収されています。

次は、2014年02月19日 セシウム実測値メモに掲げた表の一部抜粋です。


福島第一原発事故前から各国の茶の放射性物質濃度は高いものがありました。中国のウーロン茶については、こちらの記事にデータがあります。

このリンク先には、中国産ウーロン茶にストロンチウムやポロニウムも含まれていることが示されています。

もちろん、抹茶でなければ茶葉をそのまま食べません。煎じた液体を飲むだけですから、体内に入る放射性物質は微々たるもの、それはその通りです。

ですから気にしないというのであれば、それもありだと思いますが、外食もせず食べ物に気を付けておられる方が少ない楽しみとして取り寄せの日本茶を飲んでいたら1年前くらいから被曝症状が出てきていると伺いました。

お茶と被曝症状は、関係ないのかもしれません。そう願いますが、関係がないとも言えません。

いささか慌てている管理人からの警告は以上です。

・・・・・

朝日新聞2016年11月11日23時27分
被爆地や脱原発団体から懸念の声 日印原子力協定締結
日印両国の首脳が11日、インドへの原発技術の移転や輸出に道を開く原子力協定に署名した。被爆地の広島、長崎や「脱・原発」をめざす市民団体関係者からは、核兵器を保有するインドとの連携に懸念する声が相次いだ。東京電力福島第一原発事故の収束も見通せない中での協定締結に批判も根強い。

サンケイ2016.11.11 21:55
日本とインドが原子力協定締結、原発輸出促進に期待も賠償懸念でメーカーは二の足 ベトナムでは受注案件の中止も
政府がインドとの原子力協定を結んだことで、成長戦略の柱に掲げる原発輸出にも弾みがつくだけに、原子力設備を扱う日本企業も期待を寄せている。ただ、事故が起きた際の責任を企業にも求めるインドの賠償制度や、相手国の財政難による事業中止のリスクは拭いきれない。
 東京電力ホールディングス(HD)の福島第1原発事故以降、国内での原発新増設は事実上不可能になっている。こうした中で、経済産業省やプラント大手が目を向けるのが海外輸出だ。協定調印を受け、「原子力事業に道を開く」(日立製作所)と歓迎の声が上がる。

・・・引用終わり・・・

インドはCTBTに加入していません。観測所もありません。


それでも飲み続けますか?

・・・・・・

loca.chicaさんから

ずくなしさんお勧めのマテ茶、今朝買ってきて早速飲んでみましたが、
とってもおいしいです〜 くせがなくて飲みやすいですね。気に入りました!

私が買ったのは、Guayaki という会社のYerba Mateですが、この会社のWeb siteを見てみると、このマテ茶の作られる様子や効能、栽培されている熱帯雨林の保護など、いろいろなビデオがあり、おもしろいです。

抗酸化作用のあるポリフェノールは、緑茶や紅茶よりずっと多く含まれているんですね。
以下のグラフは英語ですが日本の「おーい、お茶」とも比較されてます。
http://guayaki.com/mate/60232/%26quot%3BThe-Antioxidant-Powerhouse%26quot%3B.html

おいしく飲んで健康になり、熱帯雨林の保護にもなるなんて、ちょっと気分もいいです。
posted by ZUKUNASHI at 10:33| Comment(13) | 福島原発事故

ロシアがイエメンの人道援助に乗り出す

RT2017/3/16
Russian humanitarian aid arrives in Yemen

A Russian NGO has delivered lifesaving aid to the desperate population of war-torn Yemen, where over 18 million people now urgently require some form of humanitarian assistance.

The first delivery of humanitarian aid from the Russian Humanitarian Mission, which cares for the needy in conflict zones, began arriving at the Darawan refugee camp, in the western Yemeni province of Amran on Thursday.

Filled with life essential supplies for the internally displaced people who are temporarily residing in the camp, the first batch of aid comprised basic foodstuff, medicines, tents and blankets.

The largely forgotten crisis in Yemen has been raging for nearly two deadly years with no end in sight. Over 18 million people in Yemen now require some form of urgent humanitarian intervention in a conflict classified by the United Nations as a Level 3 emergency or as a most severe, large-scale humanitarian crisis.

To help alleviate the human suffering in Yemen, the Russian Humanitarian Mission initiated an aid drive, where anyone willing to contribute donated anything that they could to help their fellow beings. Little by little, the mission gathered enough supplies to fill the aid convoy.

Yemen, already the poorest country in the Arabian Peninsula even before the conflict, has seen the humanitarian situation further aggravated by fighting, forced displacement, and shortages of basic commodities.

Deadly diseases, most notably cholera, and the destruction of medical facilities on the ground by the continued Saudi-led bombing campaign are exacerbating the humanitarian suffering there.

According to UN estimates, some 10.3 million people are in “acute need” of immediate, lifesaving assistance. As of January 2017, at least 2 million people remained displaced by the brutal fighting. Another 1 million have returned to living in difficult conditions with limited access to food, water and healthcare.

The UN estimates that 14.8 million people lack access to basic healthcare. Only 45 per cent of health facilities are functioning, and as of October 2016, at least 274 health facilities had been damaged or destroyed, largely due to Saudi-led air strikes.

This development is especially impacting the women and children. About 3.3 million children and pregnant or lactating women are malnourished.

The war, which has so far claimed at least 10,000 lives, started in March 2015 when Saudi Arabia and its coalition of Arab countries began bombing Yemen to reinstall its ousted Sunni president.

Over the two-year military assault, Saudi warplanes have reportedly been bombing schools, hospitals, marketplaces, and other non-military targets. Leading rights groups say such indiscriminate attacks should be considered war crimes.

The most prominent human rights groups have made repeated appeals to the UK and the US − the biggest arms suppliers to Riyadh − to stop providing weapons.

During Barack Obama’s two terms as president, the US sold Saudi Arabia $115 billion worth of arms in 42 separate deals, the Center for International Policy, a US-based anti-war think tank reported in September.

It estimated that US arms offers to Saudi Arabia were more than any US administration in the history of US-Saudi relations. Meanwhile, according to Campaign Against the Arms Trade (CAAT), Britain licensed £3.3 billion (US$4.1 billion) of arms sales to Riyadh during the first 12 months of the Yemen war.
posted by ZUKUNASHI at 00:22| Comment(0) | 国際・政治