ずくなしの冷や水

2017年03月05日

どなたか挑戦しませんか 「被曝回避主婦の友」 ベストセラー確実

次のようなコメントが寄せられています。

「全く今、体の症状がない人の一日の食生活を知りたいです。
特に家族や子供がいる人の。
メニューは何を作ってるかとか。」

どなたか挑戦してみませんか? ベストセラー間違いないと思いますが。

海外の食材を主にしてとなると、これは料理自慢の主婦でも難問でしょう。ツイッターで人気のある料理研究家も使用食材の多くは日本産ですね。
posted by ZUKUNASHI at 22:37| Comment(1) | 福島原発事故

よぼよぼジジイ認定記念日

身寄りのなさそうな爺さんが夕暮れ時にとぼとぼと。そこですぐ倒れたらどうすんだ?

と思ってくれたらしく、今日は徘徊の最後に駅まで送ってもらいました。50代半ばの職人風の方でした。

花見川沿いを歩いて柏井町まで行きましたが、そこから大和田駅に行く方向が分からず、軽自動車から降りてきたオヤジさんに尋ねたら、送ってやるから乗れと言ってくれました。

長い徘徊歴ですが、車に乗せてもらったのは初めてです。

そう言えば、最近、お世話になることが多いように思います。

この前はおばあさんにサツマイモと柿をもらいました。

夏の最中には、道を聞いた家で冷たいお茶を出してくれました。

春過ぎにはハンカチノキのある商店のおばさんがボトルウォーターをご馳走してくれました。

桜の頃には、鉢物の手入れをしていた爺さんが、アンデスの乙女の苗をくれました。

数年前に、モクレンの咲く頃、畑で大きくなりすぎた菜の花の脇芽を摘んでよいといわれて少しだけもらいました。

それ以前には、何かもらったり、ご馳走になった記憶がありません。

なぜ皆さん親切にしてくれるのでしょう?

マスクを取って話しかければ、慈愛あふれる眼差しが相手の心を瞬時に温めるから
キャップを取れば、頭頂部から後光が射すから
だと管理人は考えています。

でも、友人に話すときっと、単によぼよぼ度が増して、AED取ってきたり、救急車呼ぶ羽目になるのは嫌だと、瞬間的に相手の不安を掻き立てるからだと言うんでしょうね。

あの罰当りめが!

今日お会いした魅力溢れる爺さんです。目が少年の輝きを失っていません。しばらく話をさせてもらいましたが、とても楽しかったです。



73歳と伺いました。



この方をご存知の方はお知らせいただけませんか。画像ファイルを差し上げます。
posted by ZUKUNASHI at 21:54| Comment(1) | 日記

突発性難聴は内部被曝が原因らしい

突発性難聴が続いています。子供も大人も発症しています。

「2012年夏、当時小学2年の息子が左耳突発性難聴発症(3日前に回転寿司を食べています。回転寿司はアウト!と伝えてあったので私には内緒で祖父母が連れて行ってくれ、たらふく食べたとのこと。)」

関西地方で家族のうちの二人がほぼ同時期に突発性難聴を発症した例も伺っています。

※ neko-aii‏@neko_aii 氏の2017/2/22のツイート
2013-06-26
新潟県民
主人が突発性難聴と診断された。
急に右耳が聞こえづらくなり、
今 ステロイドで治療中ですが 
治るかどうか・・・
同じ会社の同年代方は緑内障です
今年に入って体調を崩す方が増えた。
これも放射性物質の影響なのか。

幼い子供は、耳が聞こえないことに気がつかないことがあるかもしれません。親が注意して見ているしかありません。
posted by ZUKUNASHI at 20:00| Comment(5) | 福島原発事故

「福島県では、人がバタバタと亡くなっている」

このブログに福島県在住、あるいは在住していた方からのコメントが増えています。

以前もありましたが、主に女性。最近は男性と見られる方のコメントもあります。

被曝による健康被害が激しくなっていて、地域の共同体規制がほころび始めたと見ています。

「…うちなりに努力(?)した食生活ですが、震災後数年福島県にいたからか、癌になって取ったんですわ。
恐るべし、呼吸被曝。」

これから福島にお住まいの方の動き、地域脱出にしても、情報発信にしても、どちらも強まると予想しています。

「福島県では、人がバタバタと亡くなっている」と近親者を喪った方が述べています。

次は2017年01月24日の配信記事です。転載します。

・・・・・・

福島県の人口動態悪化継続 失速は近いか

福島県の人口動態2016/12分公表

死亡率は右軸




この1年間の年齢階層別変化 伸び率


実数


年齢不明な者が22,579人います。

生産年齢人口が年間2万人減、自然減が1万人、年齢不明な者が22,579人、65歳以上が増えていますが高齢者の死亡率は東日本では上がっています。

福島県がいくらカネをつぎ込んでもらっても、復興は無理な話です。無駄な金を使うのは止めた方が良いです。

・・・・・



被曝が累積すると、関東南部の現状の空間線量率程度でも体調不良を生ずる場所が出てきます。関東の相対的に少し線量率が高いところにも立ち入れなくなることがあります。
posted by ZUKUNASHI at 11:27| Comment(3) | 福島原発事故