ずくなしの冷や水

2017年02月07日

放射能には人並み以上に気をつけている? それならセルフチェックで確認を

被曝による身体状況の悪化を調べるセルフチェックリスト

作った本人が言うのも気が引けますが、なかなかの威力です。

長年苦労をかけてきたカーチャンに頭が上がらないオヤジに、このリストを使ってインタビューしたら、カーチャンが福島第一原発事故直後からかなり徹底した内部被曝回避策を講じていることが判明しました。

本人が、身体症状はこれもない、あれもない、飲み屋に行く、ラーメン屋にも行っていると言うものですから、この汚染環境で普通はそんなことはありえない、あんたホントにまじめに答えている? と詰問したら白状したのです。

他の方の記入したシートを拝見して、疑問点をお尋ねしたら、どうも東京都内では至る所で黄色い粉が降っていて、そのような地域では足の爪がはがれる症例が出ていることも分かりました。

そして、汚染地域で身体症状の発現を抑えるためには、並大抵でない被曝防護策の努力が必要なことも分かりました。汚染食品の排除に手抜かりがあった人は、関東に限らず中部から西でも被曝環境に比べて、身体症状が強めになっています。

2017年02月07日
今からでも遅くない 放射能汚染食品排除で体調を改善できるわけに書きましたが、@外部被曝、A吸気被曝、B飲食物経口摂取被曝のうち、前二者は苛酷事故直後が勝負でした。

この時に遠くに逃げていなければ、プルームが飛んできた地域の人は、程度の差こそあれ、漏れなく被曝しています。過去の被曝をキャンセルすることはできません。

@外部被曝、A吸気被曝は今も続いていますが、苛酷事故直後に比べれば大幅に低減しています。

一方、B飲食物経口摂取被曝は汚染食品を排除しない限り、日々累積が進みます。

空間を飛んできて放射線が身体を突き刺す外部被曝は場合によって530シーベルト毎時にも達し、その被爆量に上限はありませんが、そのような高線量率の場所に行く人はよほどの変わり者です。呼気に含まれた放射性物質を吸う吸気被曝は、大気中の濃度上昇に限りはないというものの、そのような大気を閉じ込めておくことは困難でいずれ流れ去ります。

一方、B飲食物経口摂取被曝は自分で食品を選択するという点で、いやおうなしに受けた被曝とは違います。そして、いったん地上に落ちた放射性物質のストックを少しずつ口にするわけですから、この被曝は一生続きます。

この先、自分が生きている間の被爆量の総体を少なくしようとするならば、とにかくB飲食物経口摂取被曝を圧縮することが有効ですし、ほとんどそれしかありません。

汚染の高い地域から汚染の少ない地域に移住することは、地上に落ちている放射性物質がより少ない地域に移るということですから、拾って食べる放射性物質もおのずと少なくなります。

大気中を再浮遊する放射性物質も少なくなります。避難移住による効果は色々ありますが、全国流通の食品を主体に食べていたら、避難移住によって自動的にB飲食物経口摂取被曝を圧縮することは難しくなります。

西日本の方でも、汚染地域の産物も含む全国流通品を食べていたために身体症状が強めに出ているのではないかと見られる方も居られます。

まあ、このチェックリストで得られた点数配分を他の地域、あるいは他の生活習慣の方と比べれば、「あんなに気をつけた(つもりで)いたのに」とがっかりすることも多いはずです。

福島第一原発事故直後、都内の23区の中でも比較的高級住宅街とされる地域では毒マスクをつけて歩いていた人もいたそうです。そんな話を知っても、自分は人並み以上に被曝回避の努力をしたと言えますか?

被曝による身体状況の悪化を調べるセルフチェックリスト
posted by ZUKUNASHI at 21:37| Comment(0) | 福島原発事故

3/7開始の核融合研の重水素実験

※ Blackbird ‏@14SwanCourt 氏の2017/2/6のツイート
3/7開始の核融合研の重水素実験で中性子・トリチウムの他、数十種類の放射性物質が発生。愛知では知らない人が殆ど。しかし、研究所から瀬戸市まで4.6キロ、名古屋市守山区まで12.8キロ!

posted by ZUKUNASHI at 16:01| Comment(2) | 福島原発事故

個人用簡易測定器で明らかに誤差以上の差

西日本にお住まいの読者から管理人の空間線量率測定結果に関して次のようなコメントが入っています。

明らかに誤差以上の差です。
震災から1年ほどの購入当初は、0.24μぐらいでした。人の出入りが多く、宅配の荷物のも多かったので、ダストが来ていると心配になりました。最近は0.2以下、だいたい0.16前後です。0.12あたりの数値は見た記憶が無いので、高めに出るのかな?と言う認識でした。
いずれにせよ少し認識が甘かったようです。何とか機材を補充して状況の把握につとめようと思います。

・・・引用終わり・・・

手元のディフェンダーの測定値(管理人のディフェンダーはO1Mよりも0.005μSv/h値が高く出る)
測定時間:8日と21時間
累積値:24.4μSv
平均値:0.11455
年間累積値:1003μSv/h、ほぼ1ミリシーベルト

ほかに北関東の方から次のような情報が寄せられています。

空間線量(SOEKS)は屋内で2011年では0.1前後でしたが、徐々に上がり、現在では0.14位。最近ですが時に0.2マイクロを超えることもあり、痰、咳の症状は以前から見ると悪くなっています。
SOEKSの測定値がじりじりと上がっている / 日本人はそのうち金髪になる?

被曝を恐れながらも、測定した空間線量率を継続的に記録している方は大変まれです。

はっきり言います。個人用放射能測定器を有している方の95%が有効に活用できていません。

日ごろから気候の変化でどれくらい変動するのか、一日単位でのブレはどのくらいか、屋内と屋外でどれだけ違うかなどを把握していなければ、いざプルームが来たときもそれを的確に評価することはできません。

線量計の目盛りがぐんぐん上がっても、うろたえるだけで有効な防護はできないでしょう。

もっとも、測定値の累積機能がない機種は使いづらいことこの上ありません。累積機能があれば、地上1m、地表近く10cm、屋内各所、屋外の何箇所かと調べるにしても累積値をリセットして置いておくだけで手間がかかりません。

放射能を調べるときに、特に注目すべきは測定値の変動です。放射線源が固着しているならば線量率は安定します。気温の変化による変動はありますが、わずかです。

測定値のブレが大きいということは、放射性物質が往来しているということです。空気中を飛んでいます。吸気被曝の原因で即効性があります。

まあ、個人用測定器で適当に放射能を測りながら、身体症状を嘆いたりしつつ、いずれ病院に向うという日本人の生き方、仕方がないのかもしれませんが。

管理人は、濃厚汚染地域に住んでいます。読者のSOEKSによる測定値が管理人のそれよりも高いならば、なんらかの特別の原因があるということです。
posted by ZUKUNASHI at 12:04| Comment(0) | 福島原発事故

F1近傍MPの動き 千葉県MPの動き

2017/2/2


千葉県のMPの測定値がこの1ヶ月上がっている。2017/2/7


よりF1に近い茨城県龍ヶ崎市


これだけ広範囲の核反応生成物の配布サービスはF1にしかできない。

Japan welcomes foreign visitors with fresh nuclear reaction products.
In Japan Radiation is said to be good for health.
You can enjoy sucking fresh radionuclides in Japan.
Presumably it's exciting.

posted by ZUKUNASHI at 10:05| Comment(0) | 福島原発事故

トランプはウォール街のために働く詐欺師

Bernie Sanders Calls Trump ‘Fraud’, Working for Wall Street

TEHRAN (FNA)- Former Democrat presidential candidate Bernie Sanders attacked US President Donald Trump for rowing back on his campaign rhetoric by appointing Wall Street bankers to powerful positions.

"It is hard not to laugh, to see President Trump alongside these Wall Street guys. I have to say this, Jake, and I don't mean to be disrespectful, this guy is a fraud," said the 75-year-old Vermont senator, RT reported.

Sanders said that Trump promised during the campaign that he would not cut Social Security, Medicare and Medicaid but "then he appoints all of these guys who are precisely going to cut Social Security, Medicare and Medicaid."

"You have a president who, I think, in a totally fraudulent campaign said, 'I'm going to stand up for the working people.' Look at his Cabinet, we never had more billionaires in a Cabinet in the history of this country. Look at his appointees," Sanders said. "These are people who are going to go after the needs of working families, the elderly, the children, the sick, and the poor. That is called hypocrisy."

Sanders, who has consistently called for greater regulation over Wall Street, criticized Trump for appointing billionaires to his Cabinet and for appointing people who come from Goldman Sachs.

Trump picked Steve Mnuchin for Treasury Secretary and Gary Cohn to lead the National Economic Council. Both men are formerly of Goldman Sachs. He also selected billionaire former banker Wilbur Ross to head the Commerce Department.

"I think he is going to sell out the middle class and the working class of this country," Sanders told CNN.

"He told us, in fact, it's in the Republican platform, he's going to bring back Glass-Steagall, we're going to be dividing up commercial banks from investment banks to insurance companies. Then he has all of the big Wall Street guys on his side, and now he is working for Wall Street."

Sanders called on Republicans to "have the courage to stand up to Trump's movement towards authoritarianism." The Vermont senator also weighed in on Trump’s nomination of Neil Gorsuch to the Supreme Court.

"I want a Supreme Court that is going to stand up for civil liberties, for constitutional rights, for the rights of workers, for environmental rights, for the rights of women," Sanders said.
posted by ZUKUNASHI at 02:05| Comment(1) | 国際・政治

今からでも遅くない 放射能汚染食品排除で体調を改善できるわけ

管理人は、健康被害をもたらす被曝を@外部被曝、A吸気被曝、B飲食物経口摂取被曝の三つに分けてとらえています。

AとBが内部被曝で、福島第一原発事故による影響に関しては、外部被曝に比べて内部被曝による健康被害が格段に大きいと考えています。

@の外部被曝については、累積被爆量が増えるほどがんを発症する人が増えるという米国人学者ゴフマンの研究が学問的な到達点とされています。

A、Bについては、それによる健康被害の研究は世界的にも少なく国際機関もその測定、評価方法すら示していません。ホールボディーカウンターによって体内のセシウムの存在が測定できても、それが体内にある場合と体外にある場合とでどれほど影響が違うのか、説明できる専門家はいないようです。

管理人は、健康被害防止、健康悪化防止のため、放射能汚染食品の排除を改めて呼びかけます。

外部被曝では、体外にある放射線源・放射性物質から出た放射線が身体に突き刺さります。放射線が空間を飛んできます。

吸気被曝では、空気に混じって流れてきた放射線源・放射性物質を吸い込みます。

飲食物経口摂取被曝では、地上に落ちた放射線源・放射性物質を拾って口に入れるのです。

昔、庭に生えた食用になる植物を全部使わないで捨てることはできないと書いてきた女性がいましたので、放射性物質で汚染された庭に自生した植物を食べるようなことは、教養のある婦人のやることではないと答えたことがあります。

そのような放射能に汚染された植物を食べるくらいなら、犬がションベンをかけたが放射能は低いもののほうがよほど安心です。

福島第一原発事故後、放射性物質が飛散して各地で空間線量率が大きく上がりました。これは放射性物質が飛んできた場所にいたすべての人に外部被曝を与えました。

その際に飛んできた放射性物質を吸えば吸気被曝です。

この二つは、事故直後の濃厚なプルームが流れた際に被爆量あるいは吸入した放射性物質のベクレル数が急激に増大しました。特に、後者吸気被曝による健康被害は短期間で深刻な健康被害をもたらしました。



上に書いたように、飲食物経口摂取被曝では、地上に落ちた放射線源・放射性物質を拾って口に入れるのです。

プルームが襲っている最中はどう逃げたらよいか判断できないことがありますが、1年も経てばどこが放射性物質によって強く汚染されているかはおおよそ分かってきます。

産地選択もせず、地上に落ちた放射線源・放射性物質に汚染された農作物を自ら口にする、家族に食わせるのはまさに「教養ある婦人のすること」ではありません。

口に入れる前に吟味、選択の時間があるのです。今までそれを怠ってきた人は、その結果としてより激しい健康被害に襲われています。日本で生産される農産物の汚染は、この先何百年も続きます。
posted by ZUKUNASHI at 00:03| Comment(1) | 福島原発事故