ずくなしの冷や水

2017年09月30日

初めてこのブログを読む方へ

このブログの管理人は、自民党政権の言論抑圧、縁故利益供与政治に強く反対しています。多くの人の反対にもかかわらず共謀罪創設は議会のルールを踏みにじって成立しました。 
日本は三流国です。これからもっとひどくなります。政府に反対の言論を展開して逮捕されたくない方は、このブログにコメントを書き込むことはもちろんのこと、閲覧もお止めになることをお勧めします。
このブログは、言論抑圧、縁故利益供与、軍国化政治に反対し続けます。
個人がネットで何を見て、どんな情報を発信しているかは、海外では情報当局が容易に把握しうる仕組みになっていることは知られています。


このブログは、この6年間、放射能問題に特化して情報を集め整理記録してきました。最近は、信頼できる情報の提供や投稿も増え、多くの方の協力でこのブログは運営されています。

筆者は、このブログ読者からの経済的支援以外にはどこからも経済的利益の供与を受けておらず、政治的にあるいは文化的にどこかのグループに属していることもありません。

福島第一原発事故が筆者にとっては2回目の原発事故、被曝要因になります。1回目には情報もなく家族の身を守るために大変苦労しました。

健康被害の増大に伴って警告を主体に記事を書いてきましたが、それが意味を持つ段階は終わったようです。日本人は権力や権威に対してとても従順で命を差し出すことも厭いません。

被曝から自分の家族の健康や命を守ろうとする場合には、過去に書いた記事は今でも有用と考えていますので、残してあります。意味が薄れたものは、おいおい整理していきます。


最近 このブログに見えた方は6周回遅れを取り戻してください

やるべきことははっきりしています。難しいことはありません。
2015年05月26日 体調悪化をなんとか食い止めたいと考えてここへお越しになった方へ

あなたの体調悪化が他の人にも出ているなら共通の原因を疑うべきです。なんでしょう? PM2.5でしょうか。ノロウィルスによる食中毒でしょうか。

被曝です。被曝でありとあらゆる健康障害が出ているのです。
被曝症状最前線 1〜随時追加中  リスト

このブログの主な記事 古いものも含めた筆者の推奨記事です。コメントしたいとき グラフの見方

このブログの内容を検索したいときは、検索エンジンを使うほうが便利です。例えば、[ずくなしの冷や水 視野 モザイク]と複合検索を掛けると絞り込まれた記事がヒットします。

このブログの障害発生時は、ホームページを更新します。

文字が小さく読みにくいときは、コントロールボタン(Ctrlの刻印)を押しながらマウスのホイールを回すと文字の大きさが変わります。

この記事から6つ目までは、常に先頭に置くため先日付となっています。冒頭に固定できる仕組みがなく、毎日日付を変更する手間を省くためです。ご意見無用に願います。

このブログまたは付随のホームページに掲載された内容に著作権者の立場からご異議のある方は、お手数ですがコメント欄からお知らせください。直ちに対処します。
posted by ZUKUNASHI at 22:37| Comment(56) | 社会・経済

地震、事故があったらすぐ確認

@ 震源と震度を知る サイトの例強震モニター震源分布図
A 福島第一原発をライブカメラで見る。フクイチライブカメラ1号機側(次の4号機側の画面から入り中で切り替え)、フクイチライブカメラ4号機側長者原定点カメラ
B 空間線量率の変化を見る 全国MP30日平均比変化 ホワイトフード全国の放射線量 エリア別統合グラフ原子力規制委員会 放射線モニタリング情報東京都練馬区GM-10リアルタイム測定値
全α・β放射能,ダスト流量グラフ 富岡 楢葉町繁岡
ホワイトフード&アメダス
千葉・茨城の線量率福井原発銀座の線量率静岡の線量率神奈川の線量率
C その日の気流の流れを見る 直近の風向風速スイス企業による日本の天気予報地球全域の気流
D 感度の高い人たちの反応を知る 桑ちゃん氏
E 高速道路の混み具合を見る サイトの例
F JRの運転状況を知る サイトの例
G 停電状況を知る 東京電力管内
H 海外の空間線量率 欧州の空間線量率 欧州の空間線量率2米国のモニタリングマップ
posted by ZUKUNASHI at 22:34| Comment(35) | 原発事故健康被害

最近このブログに見えた方は、次の7つか8つの記事を読めば、今どんな状況か全部分かります

Warning!! Read at you're own risk!! If u can't handle hard facts about life, do not read my blog! Thank you ウインク

福島第一原発事故によって放出された放射性物質が危険なものであり、害をもたらすことを知らない人はいません。しかし、軽視している人もいます。以下は1年前に書いた記事ですが状況は改善していません。

2016年06月20日
管理人の街頭インタビューでは福島第一原発事故の害を知らない人はいない


健康被害が増えてきて、一つの親族の中で複数の死亡者や重い病気にかかる人が出る例が増えています。体質の影響と見られます。親族にそのような方が出た場合、健康被害が出やすい家系だと認識して対策を考えましょう。

2016年06月19日
体質や食習慣の特性が一族での被曝症状の出方に影響している


最初は高齢層、特に後期高齢者層の死亡率が上がりました。これらの方は体力、抵抗力が落ちているからです。その後、次第に壮年期の方の死亡例が増えています。子どもがまだ幼いのに親が死亡する例が急増しています。

2016年06月17日
日本のおやじたちは やはり先の読めない家畜だったとバレる日は近い 子どもの幼い親がこんなに死んでいる


健康被害の事例は次の記事にまとめてあります。詳しい「被曝症状最前線」まとめへのリンクもあります。
2016年06月24日
福島第一原発事故から丸5年 病気が沸いてくるのは本当だった

「放射能なんか怖くない」と言い張り、放射能汚染の食品などを気にせず食べていた人達に健康被害がより多く見られます。被曝回避の助言に耳を傾けなかった人から先に逝きますから、葬儀参列が多くなります。香典貧乏、付き合いきれません。早く離れましょう。

2016年06月19日
これからは 「放射能なんか怖くない」人達を見送る日々が続く


「放射能なんか怖くない」と言い張っていたような人は、放射能の害を知りながら、あえて危険を無視していたのです。このときとばかり儲けていた人もます。従業員などの被曝も辞さないで。そんな人と付き合っても良いことはありません。余計な被曝をさせられるだけです。

2016年06月14日
建設会社も病院も特需で大儲け なので放射能を悪く言う人がいない


心ある人達は、鼻先であしらわれたり、露骨に嫌な顔をされたりしながらも被曝回避の助言を続けてきました。もう丸5年経過でこれまでなんら被曝回避措置を講じなかった人は、もう手遅れです。1人でも救えるなら助言や啓発を続ける意味はありますが、強硬措置も考慮する段階です。

「最近、放射能のこと言わなくなったね。被曝回避は止めたの?」
「前からやってきた対策を一段と強めているし、移住は避けられないと思っている。でも、これまで何も気にしていない人は、すでに手遅れで発症を待つだけだと聞いたから、ほかの人にはもう言わないことにしたんだよ」

言うまでもなく、まだ健康被害が顕在化していない人にしか使えない手です。

健康被害が顕在化した「他人」は、速やかに疎遠になるようにするしかありません。この先のその家族の不幸まで支えられないでしょう。

2016年05月17日
日本人はすごい 被曝で健康被害が出ても 笑って死んでいく人ばかり 

posted by ZUKUNASHI at 18:55| Comment(4) | 福島原発事故

Dear readers outside Japan / Estimados lectores de este blog

The writer of this blog (myself) is a Japanese man with a varied professional experience who will turn 70 in a few years: I have worked in a large organization in Japan, have also worked abroad, have gone through redundancy, and worked in a part-time job at close to the minimum wage.

Now that I don’t work any more and that I’m in a fortunate enough situation where I don’t have to shiver from cold or starve, I thought I would use my spare time and experience for something useful for society and started a blog in 2005.

It has been a while since Japanese society stopped caring for the socially weak. The nuclear crisis at the Fukushima Daiichi Power Plant has marked the final confirmation of this. We have been deprived of our humble pleasure of eating. Staying healthy has become a struggle. In other words, our right to health or even the right to life are being threatened. Threatened by the government and by some major firms. This angers me and my days are spent trying to fight against this situation so as to help this country go in a better direction.

It would be a great pleasure if I could share my concerns with you and that in doing so I were able to help this world, even if it is only in a small way.

Thank you for reading.

N.B. The graphs and tables in this blog are based on statistics of population dynamics, measurements of radiation in soil and food, and data from monitoring posts, all of which are provided by the government and municipalities. If judged as reliable, information gathered from tweets and blogs is also used for analysis.

・・・・・

El autor de este blog (Zukunashi) es un japonés con mucha experiencia profesional, quien trabajo por más de 40 años y cumplió 70 este año: ha trabajado en una organización grande en Japón por 30 años, incluyendo el trabajo en el extranjero. Zukunashi ha pasado por la redundancia y trabajado en un empleo a tiempo parcial, casi con el salario mínimo.

Ahora, como ya no trabajo más, y que estoy en una situación muy afortunado que no tengo que temblar de frío ni sufrir de hambre, pensé que aprovecharía mi tiempo libre y mi experiencia para algo útil para la sociedad y comencé este blog en el 2005.

Ha pasado un tiempo desde que la sociedad japonesa dejó de cuidar a las personas socialmente vulnerables. La crisis nuclear en la planta de energía Fukushima Daiichi ha marcado a la comunidad japonesa. Hemos sido privados de nuestro humilde placer de comer. Mantener la salud se ha convertido a una lucha. En otras palabras, nuestro derecho de estar sano o incluso el derecho a la vida están amenazado por el gobierno y por algunas grandes empresas. Esta situación me enfada y dedico mis días tratando a la lucha contra esta circunstancia con el motivo de ayudar a este país para que se dirige a una dirección mejor.

Sería un gran placer poder compartir mis inquietudes con ustedes y que al hacerlo, ayudemos a este mundo, aunque sea un cambio pequeño.

Gracias por leer.

NOTA: Los gráficos y tablas en este blog están basadas en estadísticas de la dinámica de la población, las mediciones de radiación en el suelo y alimentos, y datos de seguimiento de mensajes, todos los cuales son proporcionados por el gobierno y los municipios. Si se juzgan como confiable, información de tweets y blogs también están utilizadas para análisis.

・・・・・

Index of articles in English

Índice de artículos en español

2017年01月21日
このブログは世界の人に読んでほしいです 翻訳転載歓迎

2015年09月06日
趣旨に反しなければ記事はご自由にお使いください

2017年04月09日
地域言語を使える方は 現地の方向けに被曝防止の警告を書いてもらえませんか?
posted by ZUKUNASHI at 17:30| Comment(6) | 日記

2017年07月23日

英国で数千人の子どもが奴隷状態から救出される

RT2017/7/23
More than 100 refugee minors remain missing after being smuggled into the UK illegally from France during the last 12 months, the Independent has learned, warning of potential sexual abuse of children by their smugglers.

Out of 167 children that were trafficked from France to the UK since last August, 104 minors remain missing, the Independent reported, citing figures provided by the Refugee Youth Service (RYS), a Calais-based charity.

Months after the Calais ‘Jungle’ was bulldozed by French authorities in October 2016, refugees, including unaccompanied minors, are still arriving on the banks of the English Channel, hoping to reach the UK. In response, Britain has scrapped the Dubs Amendment, allowing for the resettlement of 3,000 unaccompanied minors.

RYS tracks the records of minors who are known to have reached the UK from France illegally. Once on British soil, the charity refers them to the NSPCC’s Child Trafficking Advice Centre (CTAC), providing it with all the information needed to help locate them in the UK. CTAC then reports those cases to the National Referral Mechanism (NRM) – a process set up by the government to identify and support victims of trafficking in the UK.

In their report, the publication noted that the actual number of missing kids could be much higher, as many of the minors remain “hidden” from child protection agencies after being told by their traffickers not to engage with the authorities.

“This is the tip of the iceberg,” Michael McHugh, the RYS coordination and child protection officer, told the Independent. “There are children here who are trying not to be seen, manipulated by people who don’t want them to be seen by us, worried about the state interfering. The true numbers will be far higher.”

Charities that deal with child welfare warned that the missing minors could be subject to sexual and drug abuse as well as labor exploitation by the individuals who smuggle them across borders.

Getting a child from France to the UK can cost around £9,000 ($11,700), the report estimates, which most minors are unable to pay. To cover the cost, children practically serve as slaves to the criminal gangs engaged in illegal trafficking.

“Both in Calais and once they reach the UK, children and young people are falling victim to sexual exploitation, labour exploitation, criminal exploitation,” Christine Beddoe, an adviser on tackling child trafficking who co-authored the report, said.

“Very high prices are demanded and if they don’t have families who can pay, then those young people are expected to do something to pay back that money, and then that turns into an exploitation situation,” she added.
Beddoe pointed out that sexual exploitation is the biggest problem faced by young male refugees. Because of the nature of the abuse, young boys are reluctant to report the abuse to the authorities.

In response to the report, the UK Home Office has issued a statement, stressing that Britain is doing everything to make sure that the minors arrive to its shores safely.

“We have already strengthened regulations on children’s homes and placed a duty on local authorities to tell us about all incidents of young people going missing,” the statement to the Independent reads.

“However, we know trafficked and unaccompanied asylum-seeking children can be particularly vulnerable. Our focus will continue to be on transferring all eligible minors to the UK as soon as possible and ensuring they arrive safely,” it added.

RT2017/7/4
1,000s of children rescued from slavery in England – report

Thousands of children in England have been rescued after being exploited for slave labor, suffering sexual or domestic abuse, a damning new report has found.

According to the study, more than 1,200 children have fallen victim to modern slavery. Anna Longfield, the children’s commissioner for England who is behind the report, believes the true number is likely to be far higher as cases go unreported.

Longfield has called on politicians to act.

“Child slavery leaves deep scars on the lives of those children who suffer horrendous exploitation by adults – and this could well be only the tip of the iceberg,” Longfield said, according to the Daily Mail.

“These appalling crimes need to remain in the spotlight and be consigned to the past.

“I hope today’s report highlighting the large number of children living vulnerable lives will be a spur for politicians to act.”

According to the report, which cites the government’s National Referral Mechanism (NRM), a scheme designed for the UK to account for all modern slavery victims and support them, at least 1,203 children aged up to 17 were referred to the scheme, up from 901 in 2015.

British nationals accounted for the largest group of slaves, with a total of 247. Up to 209 are thought to have been sexually exploited.

Albanians were the second biggest group at 223, with 150 referred for potential labor exploitation.

Vietnamese children came third with a figure totalling 200, more than half of them feared to have been forced into labor.

The report warns, however, that there are many more “invisible children” who may be “particularly vulnerable” because of failures in identifying them as modern slaves.

This was backed by a spokesman for the Human Trafficking Foundation, a British charity, who said the issue in identifying victims is two-fold.

“The data around child trafficking masks the scale of the problem, not only because many children are hidden or too scared to come forward, but also because we are often failing to recognize child victims of modern slavery when they actually do come forward.”

Jakub Sobik, from the organization Anti-Slavery International, accused the UK of failing to adequately protect children.

“Child slavery affects thousands of British children and those trafficked from abroad,” Sobik told the Daily Mail.

“But the UK is not well prepared to protect them. Trafficked children go missing from the care system at an alarming rate.”

Prime Minister Theresa May last year defined modern slavery as “the greatest human rights issue of our time,” and pledged £33 million (US$42.6 million) to coordinate a government response to the crisis.

However, she faced a backlash in April from the Commons Work and Pensions Committee for failing to deliver on her promises.

The committee claimed there were “inexcusable” failures by the UK government in dealing with modern slavery, as one of its reports found that while thousands of victims will not come forward, those who do identify themselves as modern slaves and testify against their abusers are being left destitute because of a lack of sufficient support.
posted by ZUKUNASHI at 21:26| Comment(0) | 国際・政治

今日の放射能 健康被害が広がっている!

黒字は引用転載部分、青字は管理人のコメントなど
※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 
※ 


※ 

※ 
※ 

※ 
※ 【ジュネーブ共同】2017/7/23
スイスの警察当局は23日までに、アルプスのメンヒ(標高4107メートル)を登山中の日本人男女2人が行方不明になり、その後、遺体で見つかったと発表した。滑落死とみられる。
・・・カネがかかるだろうけど、保険に入っていたんだろうか。

※ Bì乙エ @Icon99558924

※  非一般ニュースはアカウント凍結‏ @kininaru2014111 氏の22017/7/23のツイート
米ジョンマケイン上院議員が、悪性腫瘍で、くたばりそうなので、ISを「ポイ捨て」。CIAがシリアでアサド政権と戦う勢力への支援を打ち切ると報じた。

※ 家庭栽培のモロヘイヤは毒性に注意
モロヘイヤの全ての部分に毒素が含まれているわけではありません。ストロファンチジンが含まれているのは、種・実・茎の部分で、若葉にも多少の毒を含んでいます。

※ 共同通信2017/7/21
米大統領報道官が辞任と報道
米紙ニューヨーク・タイムズ電子版は、スパイサー大統領報道官が辞任したと伝えた。

※  inoue toshio 子どもを守れ!‏ @yuima21c 氏の2017/7/21のツイート
何をいまさら…
岡芳明委員長「原発のコストについては必要な時期がきたら改めて評価がなされるだろう」
原子力委員会「原発は低コスト利用推進」 | NHKニュース

※  金子勝‏認証済みアカウント @masaru_kaneko 氏の2017/7/20のツイート
【東証理事長までクロダに警戒】曰く「年間6兆円を恒常的に買っていれば、歪みは恒常的に出る。最初の1年目は6兆円は、600兆円近い時価総額の1%だが、2年なり3年なり、いつまで続けるのか」。だが、市場破壊のアベノミクスにマスコミは緘黙。

※  桑ちゃん‏ @namiekuwabara 氏の2017/7/19のツイート
トリチウム放出問題、セシウムなど回収して、回収できないトリチウムをタンクに溜めていたとは思っていなかったよ。4年以上前かな「トリチウムは安全です」新聞報道までしてた。私は危険だといって一杯いじめられたのにタンクに一杯溜めて放出していなかったとはね。何で放出しなかったのかね?

※  桑ちゃん‏ @namiekuwabara 氏の2017/7/20のツイート
あらららら・・・・自分達が送電線点検もせず設備不良で招いた事故を福島県民の性にする。また、偽りの工事などするからこうなったのでしょう。近隣住民を帰還させるような行為をするから収束作業に弊害も出る。へまをすればまだ避難させなければならない。自分達が自分で首絞めてるだけでしょ。

※  NMF2011‏ @NMFUKUSHIMA2011氏の2017/7/19のツイート
【福島県民必見】 田中俊一原子力規制委員会委員長「一番障害になっているのは福島県民でしょ」に首を縦に振る東京電力幹部!! https://youtu.be/7Fth9XwbeO8

※  AKIRA 2024‏ @akira_pt4ever 2015年8月3日のツイート
トリチウムが雹の原因になるのは大気中核実験の1960年代に判明していた
http://benzaiten.dyndns.org/roller/ugya/entry/tritium-cause-hailstorm
トリチウム水(T2O)は4.49℃で凍る!
高い温度でも凍りやすい→雨、雹、雪で降りやすい
サウジで雹→MERS

※  recess/ツィ減中hyatt‏ @Jintonik2 氏の2017/7/19のツイート
返信先: @muji_netさん
男目線で女性に強迫観念を与える、こんな昭和の垢だらけのような時代錯誤をまだやってるんですか?

※  無印良品‏ @muji_net の2017/7/19のツイート
「女性同僚が脇汗をかいていたらどう思うか」という質問を男性にしたところ、「清潔感がない」などの回答が上位を占めたとか。夏本番の今回は、気になる汗やそのニオイについて考えてみましょう。くらしの良品研究所から「汗の季節」、お送りします。http://muji.lu/2u8t66K

※  勝見@こんな人たち‏ @tkatsumi06j 氏の2017/7/19のツイート
精神科病院で身体拘束された外国人が死亡…遺族ら「不必要な拘束やめるべき」と訴え|弁護士ドットコムニュース https://www.bengo4.com/iryou/n_6386/ via @bengo4topics #NZ人男性が日本の病院での身体拘束後に死亡 事案に関するメディアの沈黙打破第一段

・・・

この記事の古いコンテンツは、「今日の放射能備忘録1〜156」に保管してある。過去のコメントは別に記事を起こして採録している。

posted by ZUKUNASHI at 21:11| Comment(31) | 福島原発事故

SPM濃度が上がった後に空間線量率が上がることがある


上は既出のものですが、次の図は時間の区切りを1日から6時間に細分し、かつ対象とする測定ステーションを千葉県北部(千葉市以北)に限りました。


次は、千葉市にある日本分析センターの空間線量率測定値。3/15の16:00、3/16の9:00、3/21の8:00にピークがあります。

次は千葉県設置のMP、設置場所市原市、千葉市より少し南です。


二つを比べると、ピークが少しずつずれています。そして3/16の午後から3/20まではほとんど動きがありません。これは、燃えカス、灰は飛んできたものの、ガンマ線を出す放射性物質、特に気体状のものが少なかったためと見られます。

3/20のプルームは広範な区域に影響を及ぼし、栃木県下や山形県の日本海側にベータ線源、アルファ線源を降下させました。ベータ線を測定していれば、変化が把握できたでしょうが、公設のMPではベータ線は測っていません。

ベータ線源がいつ降下したかは、把握困難ですが、間違いなく降下しています。管理人が松戸市内の現地調査で把握したとおりです。

ガンマ線の変化について見ると、少なくとも3/14の夜からの上昇、3/20の午後からの上昇は、前兆、先駆現象となっています。

そらまめ君ではSPM濃度の地図表示区分は50μg/m3で、51μg/m3を越えると青から水色に変わります。個別のステーションではなく、同時多発、並行的に上がってきた場合は、要注意となります。

それから、SPMについては、時にピンポイントで濃い濃度が検出されることがあります。上の6時間刻みのグラフの八街と緑区の土気、次のグラフの柏永楽台、松戸五香、船橋印内はその例です。


どちらも南北をつなぐ直線上にあり、北から何かがその直線上に落ちてきたものと考えられます。単なるホコリ、粉塵なのか、それとも空間線量率の上昇を伴うものだったのかは、分かりません。
posted by ZUKUNASHI at 20:08| Comment(0) | 福島原発事故

そらできた! これでも東海まででプルームは止まったと思えるかな?











ここまでまず書いておいて、異論、反論が出たら次のグラフを出してぐうの音も出ないようにしてやるつもりでした。最近ネットでの発信に慎重になっています。

でも何も反応がありませんね。「誰も見ていないんだよ!」
それも確かに言えますが。





ここまでは私の筋書き通りです。ですが、ここで、関東と比べたらどうなのか? という疑問が湧きませんか? そういう疑問も湧かないほどに打ちひしがれましたか?

私も疑問に思って千葉県についてグラフを作りました。高くてせいぜい40μg/m3、兵庫県に比べて低いです。愛知県に比べると大幅に低いことが分かります。もともと愛知県は日ごろ粉塵が多いのではないでしょうか。特に碧南市など。

それと、前から書いていますが、原子炉から放出された放射性物質は何百種、何千種もの核反応生成物が混じっています。短寿命の放射性物質はどんどん崩壊が進み、他の物質に変わって行きます。気体状で出てきたものも粒子状に変化し、化学反応で粒子が大きくなり、SPMとして検出されるようになっていきます。

このため、原子炉から放出された後、時間の経過とともに崩壊が進み、冷やされ、化学反応を起していきますから、遠隔地になるほどSPMの割合が多くなるということはありうるのではないかと考えています。

ただ、それも大気中を流れる際に拡散しますから濃度は薄くなるはずですが、その辺はいろいろな要因が作用することになります。

さらに空間線量率との関係については、ウランのように崩壊を繰り返しながら次々と放射線を出すものもありますが、多くは1回か2回の崩壊で安定してしまうようですから、たとえば40μg/m3のうちのほんのごく一部だけが放射線を発することになります。

放射性セシウムが1μg/m3あったら大変なことでしょう。要するに原発事故に伴って流れてくるSPMの多くは、放射性物質の燃えカス、その灰なのだと考えられます。それゆえ、この灰は重金属が圧倒的に多数を占めます。放射線を出さなくても重金属を吸い続ければ、身体に害があります。

一部に空間線量率のグラフを付しましたが、三重ではSPMのピークを過ぎた後に空間線量率がピークをつけていますし、神奈川県では2011/3/15の早朝、SPM濃度が上がる前に空間線量率がピークをつけています。放射性物質と既に崩壊が終わったものの燃えカス、灰が入り混じって流れてくるために、SPM濃度と空間線量率の関係は一律ではありません。

ですが、「SPM濃度が上がった後に空間線量率が上がることがある」ということは言えそうです。もう少し詳しく見て見ましょう。
posted by ZUKUNASHI at 18:41| Comment(0) | 福島原発事故

福島第一原発最新画像

※ Bloomberg Politics‏認証済みアカウント @bpolitics の2017/7/22のツイート
New images show what is likely to be melted nuclear fuel inside one of Japan’s wrecked Fukushima reactors https://bloom.bg/2ukBWhM
上のツイートに付されていた画像から切り取り

今3号機はこんなになっている。


1、2号機排気塔のサビが強い。


2号機のブローアウトパネルの部分に送風管のようなものが見られる。
posted by ZUKUNASHI at 10:19| Comment(0) | 福島原発事故