ずくなしの冷や水

2018年12月31日

地震、事故があったらすぐ確認

この記事は先頭に置くため先日付になっています。2018/11/10スマホ用に修正しました。
@ 震源と震度を知る サイトの例強震モニター震源分布図
A 福島第一原発をライブカメラで見る。TBS/JNNフクイチライブカメラ1号機側長者原定点カメラ
B 空間線量率の変化を見る 私設リアルタイム測定システム全国の放射線量 エリア別統合グラフ原子力規制委員会 放射線モニタリング情報東京都練馬区GM-10リアルタイム測定値ガイガーカウンター リアルタイム 観測網
C その日の気流の流れを見る 直近の風向風速スイス企業による日本の天気予報地球全域の気流そらまめ君
D 感度の高い人たちの反応を知る 桑ちゃん氏
E 高速道路の混み具合を見る サイトの例
F JRの運転状況を知る サイトの例
G 停電状況を知る 東京電力管内
H 海外の空間線量率 欧州の空間線量率 欧州の空間線量率2米国のモニタリングマップ

Yahooニュース

・・・・・・

ブログ・サイト紹介

山の我が家 内容日々充実、これだけ内容豊富のブログは少ない。
モトコのブログ モトコさん、父上のお世話がんばってください。
五線紙と周期律表 周期表・元素一覧同重体元素系列図(126-135)
mountain addiction 登山・トレイル・ウルトラマラソンその他色々
カイトのブログ「放射能から身を守ることを中心に書きます」とあります。アラフォーの男性の堅実なブログです。
浦安市の整体院 元気 腕はピカイチと聞いています。全国に名が通っているそうです。院長は年配です。
かさい駅前耳鼻咽喉科New!
サイトで見るとお若い院長です。はっきりとモノを言うと聞いています。手術を要する場合に東京臨海病院を紹介された方が複数います。
ここで紹介したことも寄与して知名度が上がったとの声をいただいています。商業的なものの掲載には、寄付・カンパを寄せてくださった方の推薦が必要です。読者層は、被曝回避、健康維持、国際問題の動向に関心のある成年男女です。

千葉県北西部 3 空間線量率リアルタイムグラフ G19
posted by ZUKUNASHI at 22:34| Comment(39) | 原発事故健康被害

初めてこのブログを読む方へ

この記事は先頭に置くため先日付になっています。
このブログの管理人は、自民党政権の言論抑圧、縁故利益供与政治に強く反対しています。多くの人の反対にもかかわらず共謀罪創設は議会のルールを踏みにじって成立しました。
 
日本は三流国です。これからもっとひどくなります。政府に反対の言論を展開して逮捕されたくない方は、このブログにコメントを書き込むことはもちろんのこと、閲覧もお止めになることをお勧めします。

このブログは、言論抑圧、縁故利益供与、軍国化政治に反対し続けます。

個人がネットで何を見て、どんな情報を発信しているかは、海外では情報当局が容易に把握しうる仕組みになっていることは知られています。


このブログは、この7年半、放射能問題に特化して情報を集め整理記録してきました。信頼できる情報の提供や投稿も増え、多くの方の協力で運営されてきました。

筆者は、このブログ読者からの経済的支援以外にはどこからも経済的利益の供与を受けておらず、政治的にあるいは文化的にどこかのグループに属していることもありません。

福島第一原発事故が筆者にとっては2回目の原発事故、被曝要因になります。1回目には情報もなく家族の身を守るために大変苦労しました。

健康被害の増大に伴って警告を主体に記事を書いてきましたが、2017/7は親しい友人の社会的に高い地位の友人が肺がんを発症し脳に転移して放射線治療を受けていることが判明しましたし、知人友人から深刻な健康被害の実例を立て続けに知らされました。すでに被曝回避を呼びかける段階は終わったと悟りました。日本人は権力や権威に対してとても従順で命を差し出すことも厭いません。

被曝から自分の家族の健康や命を守ろうとする場合には、過去に書いた記事は今でも有用と考えていますので、残してあります。意味が薄れたものは、おいおい整理していきます。



このブログまたは付随のホームページに掲載された内容に著作権者の立場からご異議のある方は、お手数ですがコメント欄からお知らせください。直ちに対処します。

特薦記事
2018年09月24日
年配者へ電子メール使用の勧め ショートメール これまでのまとめ

2018年05月10日
日本の学校の秘密

2018年03月09日
幼い子どもの親達がこんなに死んでいるのに 日本のおやじ達はまだ分からないのか

2016年08月01日
おやじが次々死んでいく怖すぎる現実

2014年07月01日
「最近死んでる 放射能のせい?」「被ばくと突然死は関係あるの?」「今年は人がたくさん死ぬの?」
posted by ZUKUNASHI at 18:41| Comment(10) | 福島原発事故

Dear readers outside Japan / Estimados lectores de este blog

The writer of this blog (myself) is a Japanese man with a varied professional experience who will turn 70 in a few years: I have worked in a large organization in Japan, have also worked abroad, have gone through redundancy, and worked in a part-time job at close to the minimum wage.

Now that I don’t work any more and that I’m in a fortunate enough situation where I don’t have to shiver from cold or starve, I thought I would use my spare time and experience for something useful for society and started a blog in 2005.

It has been a while since Japanese society stopped caring for the socially weak. The nuclear crisis at the Fukushima Daiichi Power Plant has marked the final confirmation of this. We have been deprived of our humble pleasure of eating. Staying healthy has become a struggle. In other words, our right to health or even the right to life are being threatened. Threatened by the government and by some major firms. This angers me and my days are spent trying to fight against this situation so as to help this country go in a better direction.

It would be a great pleasure if I could share my concerns with you and that in doing so I were able to help this world, even if it is only in a small way.

Thank you for reading.

N.B. The graphs and tables in this blog are based on statistics of population dynamics, measurements of radiation in soil and food, and data from monitoring posts, all of which are provided by the government and municipalities. If judged as reliable, information gathered from tweets and blogs is also used for analysis.

・・・・・

El autor de este blog (Zukunashi) es un japonés con mucha experiencia profesional, quien trabajo por más de 40 años y cumplió 70 este año: ha trabajado en una organización grande en Japón por 30 años, incluyendo el trabajo en el extranjero. Zukunashi ha pasado por la redundancia y trabajado en un empleo a tiempo parcial, casi con el salario mínimo.

Ahora, como ya no trabajo más, y que estoy en una situación muy afortunado que no tengo que temblar de frío ni sufrir de hambre, pensé que aprovecharía mi tiempo libre y mi experiencia para algo útil para la sociedad y comencé este blog en el 2005.

Ha pasado un tiempo desde que la sociedad japonesa dejó de cuidar a las personas socialmente vulnerables. La crisis nuclear en la planta de energía Fukushima Daiichi ha marcado a la comunidad japonesa. Hemos sido privados de nuestro humilde placer de comer. Mantener la salud se ha convertido a una lucha. En otras palabras, nuestro derecho de estar sano o incluso el derecho a la vida están amenazado por el gobierno y por algunas grandes empresas. Esta situación me enfada y dedico mis días tratando a la lucha contra esta circunstancia con el motivo de ayudar a este país para que se dirige a una dirección mejor.

Sería un gran placer poder compartir mis inquietudes con ustedes y que al hacerlo, ayudemos a este mundo, aunque sea un cambio pequeño.

Gracias por leer.

NOTA: Los gráficos y tablas en este blog están basadas en estadísticas de la dinámica de la población, las mediciones de radiación en el suelo y alimentos, y datos de seguimiento de mensajes, todos los cuales son proporcionados por el gobierno y los municipios. Si se juzgan como confiable, información de tweets y blogs también están utilizadas para análisis.

・・・・・

Index of articles in English

Índice de artículos en español

2017年01月21日
このブログは世界の人に読んでほしいです 翻訳転載歓迎

2015年09月06日
趣旨に反しなければ記事はご自由にお使いください

2017年04月09日
地域言語を使える方は 現地の方向けに被曝防止の警告を書いてもらえませんか?
posted by ZUKUNASHI at 18:13| Comment(9) | 日記

给在日本的中国朋友






这条河里的贝类,蛤蜊,牡蛎极有可能已受到污染。为了你的健康,请不要吃!!!

日本当局禁止在这条河上游捕获鳗鱼。因为受到福岛第一核电站事故的影响,这条河里的水和泥极有可能被放射性物质污染。
posted by ZUKUNASHI at 13:20| Comment(2) | 福島原発事故

2018年12月30日

ホワイトハウス嘆願署名「県民投票がなされるまで #大浦湾 #辺野古 の埋立停止を求めます」

※ asuka @asuka_SGP氏の2018/12/11のツイート
@robkajiwara
手(パー)こんにちは!
あなたが、署名活動を始めたのですか?
あなたは、日本語が読めるのですか?

※ Rob Kajiwara️️☃️クリスマスツリーサンタ @robkajiwara氏の19:40 - 2018年12月11日のツイート
返信先: @asuka_SGPさん
ハイサイ!
はい、私は署名活動を始めました。
ちょっと日本語を読むことができますが、
私はそれでうまくいきません。

※ わからんT.Katsumiギター(エレキ) @tkatsumi06j氏の2018/12/10のツイート
#拡散歓迎 【訳】ホワイトハウス嘆願署名「県民投票がなされるまで #大浦湾 #辺野古 の埋立停止を求めます」
私も先ほど署名しました。Stop the landfill of #Henoko / Oura Bay in #Okinawa until a referendum can be held in Okinawa @WhiteHouse #MCASFutenma https://petitions.whitehouse.gov/petition/stop-landfill-henoko-oura-bay-until-referendum-can-be-held-okinawa

管理人は署名しました。

1 署名サイトに行くには次をクリック。
https://petitions.whitehouse.gov/petition/stop-landfill-henoko-oura-bay-until-referendum-can-be-held-okinawa

2 この画面が出ます。

ファーストネームとラストネーム、実在のメールアドレスを記入し、Sign Now をクリックします。

3 この画面に変わります。


4 即、確認メールが送られてきます。

クリックして Confirm します。

5 署名完了の画面

You've successfully signed the petition below. Your signature has been verified and counted. と書いてあります。
posted by ZUKUNASHI at 23:56| Comment(5) | 社会・経済

2018年12月29日

ネオニコチノイド(農薬)&トリチウム(放射性元素) 複合汚染問題 講演会

2018/12/13に寄せられた投稿を掲載する。引用開始。

発達障害。あまりにも重い言葉で考え込んでしまいました。首都圏に住んでいれば万難を排して聴講したいのですが叶いません。ご興味のある方には良いかと思いお知らせします。

市民のためのがん治療の会
平成31年第1回講演会 市民のための生活環境病緊急セミナー
『ネオニコチノイド(農薬)&トリチウム(放射性元素) 複合汚染問題 』


http://www.com-info.org/kouenkai.php?kouenkai_20190221

日本で上映中止になった VAXXED 3種混合ワクチンの危険性を指摘した映画(自分も見てはいません)混合するからなお危険性が上がる、と外国の専門家。もう日本は複合汚染大国です。日々の生活はいかに子孫を守るか?当たり前の生活をすれば「あたり前に病気になり」製薬会社のお得意様です。若い女性、お母さんに知って頂きたい。と切望し投稿です。

・・・・・・

申込用紙は、こちらのチラシの中にあります。2枚目の事前申し込み書のページをプリントして書き込みFAXで送ります。
http://www.com-info.org/www_test/lecture/20190221_application.pdf

このチラシのPDFをダウンロードして(右上の紙の上に矢印があるアイコンをクリックしてできればUSBメモリーに直接保存します)、USBメモリーをコンビニのプリンターでプリントします。そして必要事項を記載してFAXで送る。FAXでの送信もコンビニでできるはずです。

ちょっと厄介ですね。メールアドレスを書かせるくらいならメールでも受け付けたらよいのに。
posted by ZUKUNASHI at 21:49| Comment(5) | 福島原発事故

2018年12月18日

China & Japan lead global dumping of US sovereign debt

RT2018/12/18
China & Japan lead global dumping of US sovereign debt
The two biggest foreign holders of America’s sovereign debt pared their holdings in October, according to the latest data released by the US Treasury Department. Foreign holdings of US Treasuries have fallen to a one year low.

China’s holdings of notes, bills and bonds fell to $1.14 trillion in October compared to $1.15 trillion in the previous month, marking the lowest level since May 2017. The world’s second-largest economy had been slashing its holdings for a fifth consecutive month.

Japan seems to have followed the lead. The second biggest holder of the US state-issued bonds cut its share to $1.018 trillion against $1.028 trillion in September, marking the third consecutive month of reduction.

China is still the biggest foreign holder of the US foreign debt and has been gradually reducing its purchases of the US Treasury bills over the past year as the unceasing trade dispute between Beijing and Washington is putting intense pressure on Chinese stocks and national currency.

After accusing Beijing of unfair trade and stealing US technologies, Washington introduced import tariffs on $253 billion worth of Chinese goods, and threatened Beijing with an additional $267 billion in levies. In response, Beijing imposed tariffs on $110 billion of US goods, hitting mostly US agricultural producers.

Last week, the Chinese Finance Ministry pledged to abolish 25 percent tariffs on 116 vehicles and car parts and five percent tariffs on other auto-related items from January 1 through to the end of March 2019. The measure comes as part of a 90-day truce reached by US President Donald Trump and Chinese President Xi Jinping during their G20 meeting in early December.

“Japan is reducing its holdings of Treasuries because on a currency-hedged basis, dollar holdings are not very attractive for them from a yield pick-up perspective,” Gennadiy Goldberg, interest rates strategist at TD Securities, told Reuters.

All in all, foreign holdings of Treasury securities fell by more than $60 billion, marking the largest monthly decline since November 2016. An extensive decline in foreign demand for US government securities has recently become a hot issue as Washington is increasing issuance of debt. It has caused concerns that the declining number of overseas investors might put upward pressure on US interest rates.
posted by ZUKUNASHI at 21:51| Comment(0) | 国際・政治

常用パソコンクリーンインストールでさあ大変

Windows10の1809版を入れたスティックパソコンが少し不安定なのでクリーンインストールをしたら安定したようです。

ならばと常用パソコンをクリーンインストール。「追加で入れたアプリが消えます」との注意がありましたが、確かに全部きれいに消えました。

ブラウザーのFireFox、メーラーのサンダーバード、OfficeSuiteまで。メーラーは大体復旧。このブログのログイン情報も消えていました。

使いながら整えていきます。
ブラウザーのFireFox クリーンインストールと同時にFirefoxが新しくなったようなのですが安定しません。ほとんどのサイトが安全な接続でないと表示拒否
いろいろいじってもRTなどのサイトの画像が出ません。
これはかなりおかしい。他のブラウザーに変更するしかないか。Edgeとの併用を考えました。でも、Bookmarkの表示などはFirefoxのほうが便利です。再度Firefoxを上書きインストール。これで治りました。

メーラーのサンダーバード
OfficeSuite
ブログのログイン情報
FTPソフト二つ(これもパスワード)
同報メールソフト
画像のリタッチソフト
カスペルスキー(アクチベイトできた)

メールが一つ受信できない。いろいろ調べたりいじりましたが、結局直らず。最後の手段、ウェブメールから保存しなければならないものを転送してそのメールアドレス自体を削除。そしてそれに続いて同名のアドレスを作りました。自分でアドレスを作れるのはこのようなときに便利です。このアドレスを知っている方がメールを送ったら、作り替えたメールアドレスに届きます。

それでも、メーラーがおかしいです。受信ができない。送信もたまにできるだけ。

サンダーバードの警告を手掛かりにネット送受信のセキュリテイィ規制が影響しているのだろうと目星をつけ、カスペルスキーの奥の奥の設定を開けてそこの設定を緩めるように変えたらメールの送受信が正常化しました。

FTPソフトも一つは、すんなり使えるようになりましたが、もう一つのサーバーにつなげるFTPソフトが何度やってもパスワードエラー。
こちらはメーラーなどの不具合を直そうとしてサーバーパスワードを変更したのが響いているようです。

ブログのログインもできなくなっています。サーバーのコントロールパネルに使われるパスワードのデータベースが変わっても、ブログログインやFTPに使われるパスワードのデータベースが変わっていない? 明日また試します。

セキュリティ関係がどんどん複雑化しているようでいったんおかしくなると修復に時間と手間がかかります。

ツイッターのユーザー名は@以下であることを知らなかった。ログインに手間取る。

あと思い出すだけで
GPSログツールのソフト
CubePDF
スマホとつなぐソフト2種
ポスター作成用ソフトなどなどが消えたはずですから再インストールが必要になります。

私の管理するスティックパソコンは、Windows固有のソフトを除けば、ソフトが5つしか入っていません。それもパスワードが必要なのは一つだけ。ですからクリーンインストールしてもセットアップは楽です。

常用パソコンはテスト用のソフトも含め色々入れていました。まあ1年ぶりですし、不安定なところも出てきていたので、半ば仕方がないのですが、そういういろいろソフトが入ったパソコンのクリーンインストールは慎重にされたほうがよいでしょう。

そのように考えてクリーンインストールに行き着く方法は記載しません。
posted by ZUKUNASHI at 21:03| Comment(0) | デジタル・インターネット

風邪が流行っている?

※ レイ‏ @3104rei228氏の2:00 - 2018年10月30日 のツイート
風邪の初期症状みたいのが増えてるようだけど、何だろうねえ???
消化器症状、呼吸器症状だけでなく耳鼻科領域も聞いたけど…
まだ散発的とは言えインフル出ていたから、尚更心配しちゃうよ。

・・・管理人は今月2回かかりつけの医院に行きました。簡易健康診断と定期的な薬剤処方です。2回とも高熱の人がいました。若い人と中年の人。一人は熱が高くて院内のベッドで寝ていました。逃げ帰ってきました。

若い方の死亡例が目立ってきていることと考え合わせると嫌な予感がします。

デスラーさんの2018/10/30のコメント

お晩です。
私の心の俳句:

1.元気よく、食べて応援、あの世行き。

2.微熱かな、ナメてかかれば、白血病。

3.被爆かな、生まれてきた子が、なんだか変。

色々と書けばキリがありませんが、今年の冬は、様々な病気が日本国中蔓延するものと思われます。
風疹・赤痢が横行していますね。アメリカは日本への渡航を自粛するよう呼び掛けています。

内部被爆によって、免疫力が低下しているから、様々な感染症・ウイルスに上記3項目の人達が次々に罹っています。
でもこれは、広島・長崎原爆、ビキニ環礁での水爆実験、スリーマイル島での事故、ネバダ州核実験、セミパラチンクスでの核実験、チェルノブイリ原発事故、サライェヴォやイラク戦争での劣化ウラン弾・・・などによる放射性物質によって様々な人的被害が報告されている事から、容易に想像出来るはずです。

この事以外にも、例えば、家のマンションの電気メーターがいつの間にかスマートメーターに替わっていて、それ以来体調が悪いし、2020年には、スマホが4G→5Gへ替わるそうで、そうなると、更に電磁波による健康被害が爆発的に増えると思われます。

そうすれば、福島第一原発による被爆+ハイテクノロジーによる電磁波の人的被害+医療&製薬会社による様々な副作用・病気誘発・合併症よって、日本人はボロボロにされるのは目に見えています。

もうね、

「海外に移住」

しかないと思います。
皆さん、本当に、どうか御身&お子様を大事になさって下さい。。。

・・・引用終わり・・・

寒さが厳しくなってきました。今週はまだよいのかもしれません。今、身体のバイオリズムがどんどん低下しています。冬至が底で年が明ければ回復するのだそうです。無理せず、年を越しましょう。

初出 2018/10/30 追記 2018/12/17
posted by ZUKUNASHI at 20:45| Comment(3) | 福島原発事故

日本では年配男性のバイの人は驚くほどに多い

家族のLGBTについて読者から言及がありました。不安を抱くことはありません。管理人が知るのは、GBだけでLTは全く知りませんが、知っていることを少し記します。

成人のGB(ゲイ、バイ)については、時に新聞などにその片鱗を見かけることがあります。

※ 毎日新聞2017年11月24日 18時17分
自民党の竹下亘総務会長は24日、宮中晩さん会で国賓の同性パートナーの出席に反対した自身の発言について「反省している。言わなきゃ良かった」と述べ、事実上撤回した。
 松江市内であった党県連の会合後に報道陣の取材に応じた。竹下氏は「私の周辺にも同性のパートナーを持った人はいるし、普通にお付き合いしている」と説明。「皇室を考えた時に日本人のメンタリティーとしてどうかなという思いがあり、言葉になって出た」と釈明した。
 竹下氏は23日に岐阜市内での講演で「(国賓の)パートナーが同性だった場合、どう対応するのか。私は(出席に)反対だ。日本国の伝統に合わないと思う」と発言していた。

島根はLGBT(エル・ジー・ビー・ティー)で進んでいる? 東日本より西日本のほうがGBに関してはよりオープンのように見えますが。

これから書くことの前提として、次のことを知っておいてください。

日本では、年配男性のバイの人が驚くほどに多いです。
つまり、普通に結婚して、子供を儲け、現役の後半辺りから現役を終わった後辺りに男性同士で深い関係を持つ人が少なくないのです。

そのような人は、配偶者に悟られないように関係を維持しています。そして、そのような関係が家庭を維持したまま続くことが多いのです。

管理人は、ゲイの人を何人か知っています。東京の下町で特別な医師をやっている人からホームレスになり福祉の世話で施設に入った人まで。バイの人については、彼らは配偶者にも隠して活動していますからネット上でしかその人たちの動きはわかりません。

一般に、日本ではゲイやバイに関する評価は否定的、差別的です。

きむらとも氏は上の竹下氏の発言について、「これらの発言から、つまり竹下氏は「同性パートナーを持つ人と、心では差別しつつそれを悟られぬよう普通を装って付き合っていた」と解るな。」と述べています。

竹下氏が議員であるが故に、心の中では差別しつつもそれを悟られぬよう装って付き合っていたのか、あるいは竹下氏が心の中ではそんなに差別がなかったのだが、公の行事に関して保守的な立場を強調して見せたのかはわかりません。(竹下氏が同性パートナーに関してかなり強い関心を抱いていたということは間違いありませんが)

今の日本では、保守党に所属する議員が、ゲイやバイに関して否定的、差別的でない発言をするとはまず考えられません。

※ エリック ・C @x__ok氏の2018/12/12のツイート
私らにはロバート・キャンベル氏は初めて見た時からゲイだと思っていた訳ですが、日本の多くの人達からは彼がゲイに見えていなかったということがあるわけで、それは何の違いかというと、日本ではゲイをゲイと知って見る(つき合う)習慣が、まだ少ないからだと思う。それは社会の違いだろう。

エリック氏は「日本ではゲイをゲイと知って見る(つき合う)習慣が、まだ少ない」と書いていますが、海外では、世の中にはゲイの人もいるということは、もはや当然のことと受け止められ、それぞれの人の性向を理解、容認したうえで付き合うのが社会的なマナーになっているということを述べているのではないでしょうか。

もし、あなたの夫が男性との付き合いがあったとしてもそんなに心配することはありません。

@ あなたの夫があなたの元を去るほどに他の男性から愛され、慕われるようであれば、これまでに女性との間で浮いた話があったでしょう。男に好かれる人は、女にも好かれるのです。そういうことがなければ一時の付き合いです。

A 年配男性のバイの活動の相手は、多くがやはり世帯持ちです。そういう間柄なら性感染症の問題も深刻なものにはなりにくいです。

B 年配男性は、性的な活力も日々低下していきます。会社経営者の間でバイアグラのような薬品が贈答されるということは、切実なニーズがあるからです。時間が経てば、性的な関係は急速に維持困難になります。

C ただし、ゲイで世帯を持っていない人は、同居の相手を求めることもありますが、世帯を持っている人がそういうところに完全に飛び込むのは難しいです。誰が炊事などの家事をする? あなたの配偶者はそんなにまめですか?

昔から「女房妬くほど亭主もてもせず」という諺がありますよね。それは異性間でも同性間でも同じです。

これもご存じないと思いますが、大都会の未婚男性の間では、ゲイとかバイとかいう以前に、男性同士での友情を超えた付き合いは多いのです。それは、その男性が結婚して身を固めるまで続く場合とか、結婚しないで長い期間続くこともあります。もちろん相手が変わることはあります。

考えてみてください。地方から大都会に出てきて頼る人もいない、職場も昔のように徒弟制度ではないという状況に置かれた人たちが、頼る相手を求める、さらにはスキンシップを求めることになるのは、無理からぬことではないでしょうか。

ゲイの人たちは、どちらかというと日ごろ心細く思っている人が多く、精神的(さらには経済的)な拠り所を求める気持ちが強い傾向があります。

そして、感受性が強いために世の中のいろいろな出来事に関して観察力があり、話をさせるととても面白く、人を楽しませてくれます。

ゲイの人は優しいと言われます。もちろんそうでない人はいるものの、概してそういう傾向はあるようです。

管理人は、GBについて特に差別することもないと思いますが、若い人を巻き込もうとするゲイの人には、いろいろ話して教えてもらっているにも関わらず、それはよくないとはっきりと否定しました。

そのため、彼らと話すこともなくなりました。若い人は、自分の中にいろいろな性向を内包しています。そのうちのどれを伸ばしていくかは、あくまでも本人が決めること。特定のマイナーな性向を強めるような誘いかけは、その人に十分な判断力がつくまでやるべきではないというのが管理人の考えです。

30歳台も半ばになったり、40歳を超えたりすれば、あとはご自由になのです。

仮にあなたの息子さんにゲイの傾向があっても特に心配することはいりません。一時その方向にぶれることがあっても、自分の生き方として何が最も大事かわかっています。

ポップアートの巨匠アンディーウォーホールはゲイだったはずです。アラビアのロレンスも主人公自身がそうだったとされています。

幸い日本ではイスラム世界のようにGBに対する厳しい掟はありません。軟弱な放射脳の息子も優しくゲイ的な指向の息子も、彼らでなければやれないことをやってくれるでしょう。
posted by ZUKUNASHI at 15:23| Comment(1) | 社会・経済