ずくなしの冷や水

2016年12月30日

今 被爆による体調不良を疑ったときはどうするか

2016/10/7、次のコメントが寄せられました。

「実家が柏です。これまで一笑に付していた母が自身の体調不良により、ようやく関心をもつようになりました。5年を経過し異変を漠然と感じている人が多いのではと思います。ずくなし様の記事が多くの方の目に留まりますように」

例えば、このコメント主の母上がここで被曝回避の決意をしたとします。皆さんは、どんなアドバイスをしますか。私の場合を書きます。皆さんの意見も教えてください。

@ 体調悪化が出たら、何よりも病院へ
まず体調不良の状況、変化に細心の注意を払い、意識が飛ぶ、心臓が痛い、胸が痛い、頭痛がする、腕や手に痺れがあるなど、深刻な病の前兆ではないかと疑われる場合は、救急車を呼んで病院へ行ってください。

被爆によってありとあらゆる体調不良がでます。命にかかわらない、日常生活に支障のない体調不良であればよいのですが、医師の診察も受けないでの素人判断は危険です。

A 汚染された飲食料品の徹底排除を始めてください。
一言で言えば、北半球産の食品はすべて止めるくらいの強い意思が必要です。そこまでやらないといけないの? Yes!です。
体調不良が出ている方は、初期吸気被曝と汚染された飲食料品の摂取による内部被曝が蓄積されているからです。

福島第一原発事故後、5年も不注意な食生活を送ってきたのですから、それによる放射性物質の蓄積を減じるには、そのくらいの努力が必要です。

これは徹底すればするほどより短期間で効果が期待できると管理人は考えています。妥協した分だけ効果の発現は遅れます。ダイエットで経験済みの方は多いでしょう。

B デトックスのためのサプリメントは、政府の当局が効果を認定していません。これまで政府の言うことを信じてきて裏切られたから逆を行く? 効果があると言っているのは業者です。

海外の被爆問題に詳しい良心的な科学者は、デトックスのためのサプリメントなどまったく推奨していません。カネの無駄です。

C 放射性物質の体外排出の促進という意味でのデトックスについて管理人が推奨できるのは、発汗です。いつも駆け足で配達をしている宅配便のドライバーや炎天下屋外で作業をする建設労働者に突然死が相次いでいるとの情報には接していません。

むしろ突然死が多いのは、大学の教員、声優、楽器奏者、脚本家、漫画家、アニメ作家などあまり発汗の機会がないであろうと見られる職業の人達です。

ただ、発汗が良いと言っても、長風呂やサウナはお勧めできません。心臓に負担がかかるからです。無理のない運動量でゆっくりじっくりと汗をかく。普段運動量の少ない人は、ウォーキングが最適です。ジムのウォーキングマシーンでも良いでしょう。屋外よりは被爆の度合いは少ないと考えられます。

この場合、化粧などは止めましょう。素顔を近所の人に見られたくなければ電車に乗って少しでも線量率の低い場所、人の少ないところで歩けばよいのです。

歩きやすい靴、歩きやすい服装(薄いものを何枚か着たほうが体温の調整ができます)、帽子、マスク。そしてリュックに水と着替え、カロリーや塩分補給になるものを入れて置きます。

歩き出したらどんどん水を飲みます。汗が出れば、尿意が強まることはそれほどありません。(できればトイレのある公園が道筋にあるようなコースを。どうしても我慢ができなくなったら、人目につかないところで空きボトルを取り出して・・・)

そして、歩き終わったら着替えます。女性の場合は、首から下がすっぽり隠れるような長いポンチョのようなものが必要でしょう。

次のおしどり♀マコリーヌ氏のツイートを掲げておきます。
※ おしどり♀マコリーヌ ‏@makomelo 氏の2016/10/3のツイート
週末、広島に行って、アーサー・ビナードに誘われて、岩乃屋さんの石風呂という昔ながらの蒸し風呂に行った。日本で唯一残った石風呂。でも11月に終わるんだって。歴史がいろいろあるんだけど、翌日、喘息の咳がピタっとおさまったのには驚いた!スプレーしても止まらなかったのに!凄い効果だ!

次は、2016/10/8にまめちゃんさんから寄せられたコメントです。引用開始。

Cの発汗について、以前にも記事としてあげられていましたが、私も効果があると考えています。
私の父は建築現場で働いていて、朝早く出勤ということもあり、朝と昼は外食です。
家ではあらゆる被曝対策をしていますが、仕事ではマスクもなく、ずっと外勤務、雨の日はレインコートは着るものの、濡れないで済むということは無理な状態です。
急に転職という訳にもいかず、このままでは1番に放射能にやられてしまうと思っていましたが、今のところ問題ありません。この先どうかはわかりませんが。

そこで、行き着いたのが、大量に汗をかくということが、放射能排出に効果があるのではないかということでした。日々、大量に汗をかき、大量に水分摂取しています。
父のまわりでも、急死や体調不良の話は聞いていません。
こんな事を言ってはいけませんが、真っ先にバタバタいく職種だと思っていたのに…。

・・・引用終わり・・・

管理人とまったく同じ印象をお持ちですね。まめちゃんさんに一つ提案をします。

作業服の洗濯後、上着の内ポケットに個別包装のマスクを3枚くらい入れておいてあげてください。使っていなければ洗濯時に取り出してまた入れておきます。風が強くホコリが飛ぶとき、現場の作業でホコリが飛んでいるときはマスクをするよう伝えてください。

3枚程度というのは、1人だけではやりづらいこともありましょうから、若い人にも勧めて一緒にマスクをしてもらうためです。

この記事のpdfファイルを作りました。124kBです。
今 被爆による体調不良を疑ったときはどうするか_ ずくなしの冷や水.pdf >

初めてこのブログを読む方へ

このブログは、この5年間、放射能問題に特化して情報を集め整理記録してきました。最近は、信頼できる情報の提供や投稿も増え、多くの方の協力でこのブログは運営されています。

筆者は、どこからも経済的利益の供与を受けておらず、政治的にあるいは文化的にどこかのグループに属していることもありません。

福島第一原発事故が筆者にとっては2回目の原発事故、被曝要因になります。1回目には情報もなく家族の身を守るために大変苦労しました。

健康被害の増大に伴って警告を主体に記事を書いてきましたが、それが意味を持つ段階は終わったようです。過去に書いた記事は今でも有用と考えていますし、特に書き加えることは今のところありません。

最近になってここに見えた方は、放射能の防護に大きく遅れをとっています。ご自分の今のポジションを確認してください。

最近 このブログに見えた方は4周回半遅れを取り戻してください

やるべきことははっきりしています。難しいことはありません。
2015年05月26日 体調悪化をなんとか食い止めたいと考えてここへお越しになった方へ

あなたの体調悪化が他の人にも出ているなら共通の原因を疑うべきです。なんでしょう? PM2.5でしょうか。一過的な食中毒でしょうか。  被曝です。被曝でありとあらゆる健康障害が出ているのです。
被曝症状最前線 1〜随時追加中  リスト


このブログの主な記事 古いものも含めた筆者の推奨記事です。コメントしたいとき グラフ見方

このブログまたは付随のホームページに掲載された内容に著作権者の立場からご異議のある方は、お手数ですがコメント欄からお知らせください。直ちに対処します。

このブログの内容を検索したいときは、検索エンジンを使うほうが便利です。例えば、[ずくなしの冷や水 視野 モザイク]と複合検索を掛けると絞り込まれた記事がヒットします。

このブログの障害発生時は、ホームページを更新します。

文字が小さく読みにくいときは、コントロールボタン(Ctrlの刻印)を押しながらマウスのホイールを回すと文字の大きさが変わります。

この記事から下の3つ目までは、常に先頭に置くため先日付となっています。冒頭に固定できる仕組みがなく、毎日日付を変更する手間を省くためです。ご意見無用に願います。
posted by ZUKUNASHI at 20:14| Comment(56) | 社会・経済

最近このブログに見えた方は、次の7つか8つの記事を読めば、今どんな状況か全部分かります

Warning!! Read at you're own risk!! If u can't handle hard facts about life, do not read my blog! Thank you ウインク

福島第一原発事故によって放出された放射性物質が危険なものであり、害をもたらすことを知らない人はいません。

2016年06月20日
管理人の街頭インタビューでは福島第一原発事故の害を知らない人はいない


健康被害が増えてきて、一つの親族の中で複数の死亡者や重い病気にかかる人が出る例が増えています。体質の影響と見られます。親族にそのような方が出た場合、健康被害が出やすい家系だと認識して対策を考えましょう。

2016年06月19日
体質や食習慣の特性が一族での被曝症状の出方に影響している


最初は高齢層、特に後期高齢者層の死亡率が上がりました。これらの方は体力、抵抗力が落ちているからです。その後、次第に壮年期の方の死亡例が増えています。子どもがまだ幼いのに親が死亡する例が急増しています。

2016年06月17日
日本のおやじたちは やはり先の読めない家畜だったとバレる日は近い 子どもの幼い親がこんなに死んでいる


健康被害の事例は次の記事にまとめてあります。詳しい「被曝症状最前線」まとめへのリンクもあります。
2016年06月24日
福島第一原発事故から丸5年 病気が沸いてくるのは本当だった

「放射能なんか怖くない」と言い張り、放射能汚染の食品などを気にせず食べていた人達に健康被害がより多く見られます。被曝回避の助言に耳を傾けなかった人から先に逝きますから、葬儀参列が多くなります。香典貧乏、付き合いきれません。早く離れましょう。

2016年06月19日
これからは 「放射能なんか怖くない」人達を見送る日々が続く


「放射能なんか怖くない」と言い張っていたような人は、放射能の害を知りながら、あえて危険を無視していたのです。このときとばかり儲けていた人もます。従業員などの被曝も辞さないで。そんな人と付き合っても良いことはありません。余計な被曝をさせられるだけです。

2016年06月14日
建設会社も病院も特需で大儲け なので放射能を悪く言う人がいない


心ある人達は、鼻先であしらわれたり、露骨に嫌な顔をされたりしながらも被曝回避の助言を続けてきました。もう丸5年経過でこれまでなんら被曝回避措置を講じなかった人は、もう手遅れです。1人でも救えるなら助言や啓発を続ける意味はありますが、強硬措置も考慮する段階です。

「最近、放射能のこと言わなくなったね。被曝回避は止めたの?」
「前からやってきた対策を一段と強めているし、移住は避けられないと思っている。でも、これまで何も気にしていない人は、すでに手遅れで発症を待つだけだと聞いたから、ほかの人にはもう言わないことにしたんだよ」

言うまでもなく、まだ健康被害が顕在化していない人にしか使えない手です。

健康被害が顕在化した「他人」は、速やかに疎遠になるようにするしかありません。この先のその家族の不幸まで支えられないでしょう。

2016年05月17日
日本人はすごい 被曝で健康被害が出ても 笑って死んでいく人ばかり 

posted by ZUKUNASHI at 11:50| Comment(1) | 福島原発事故

このブログの主な記事

筆者の現状認識をまとめました。
2015年04月21日 放射能問題のパノラマ
もう少し簡潔にしたもの
2016年06月04日 まだまだデータが不足ですが 管理人はこんな風に考えています 福島第一原発事故

放射能は怖くないという意見に同調していた方は、まず次の講義ビデオをご覧ください。
原発内で生成する人工放射性核種は天然のものとどう違うか。埼玉大学名誉教授・市川定夫氏(放射線遺伝学)


1 チェルノブイリの先例に学ぶ・・・良心的な内外の学者の論文等の抜粋です。
内外の科学者の福島第一原発事故による健康被害に関する見解(2012/1/10)・・・論文のリストに飛びます。
このうち必読は次の四つ
(1) 「人体に入った放射性セシウムの医学的生物学的影響」バンダジェフスキー博士論文の内容要約
(2) 福島第一原発事故直後のデルテ・ジーデントプフ医学博士の健康被害に関する警告
(3) クリストファー・バズビー氏が福島の子供の心臓病増加を警告
(4) 震災復興特別委のチェルノブイリ事故関連ウクライナ要人からのヒアリング(2011/12/27)・・・国家機構がおかしくなっている感があるウクライナですが、親切に助言してくれました。日本政府はまったく助言に従いませんでした。

2 最新の健康被害状況
おやじが次々死んでいく怖すぎる現実(更新終了)・・・このブログで累計のアクセス数が最も多い記事です。

2016年05月06日 2016年05月06日 被曝症状最前線 こんな症状が出たら被曝が原因ではないかと疑うのが今の日本の常識です

約2年前、放射能の害を懸念する人が増えて、このブログのアクセスが増えました。
「最近死んでる 放射能のせい?」「被ばくと突然死は関係あるの?」「今年は人がたくさん死ぬの?」(2014/5/1)

東日本について人口が数十万人単位の小選挙区別に人口動態の長期、短期の動向を指数化して観察しています。例えば2016年06月02日 人口動態総合指数 汚染地域の分布を如実に表すようになってきた

西日本も含めた全国については、厚生労働省の公表する全国人口動態速報値で地域間格差を観察しています。例えば2016年05月27日 2016/3は東日本で出生数の減が大きい

東日本の注目される変化が生じた都市について、個別に検討しています。例えば2016年06月10日 2016/4、千葉県鎌ヶ谷市2011/1以降で出生数最低を記録 2016/5は回復

3 汚染と健康被害の関係
きのこが教える汚染地図 2(更新版) (2013/11/19)・・・きのこは土壌の汚染を忠実に反映します。自治体などの検査データをまとめました。

2016年06月02日 人口動態総合指数 汚染地域の分布を如実に表すようになってきた

健康被害発生の原因は、大きく分けて内部被曝と外部被曝とからなり、内部被曝は吸気に含まれる放射性物質による被曝と汚染された飲食物の摂取による被曝です。吸気被曝による健康被害が短期で生じ、かつ激しいと考えています。

4 健康被害の見通し
関東で脱出パニックは起こるか? 静かに死んでいく人が多いのではなかろうか (2014/4/25)・・・1年前と認識は変わりません。
松戸市に学ぶ被曝の恐さ

5 人々は気づき始めている
放射能の害に気づいているおやじは増えている 健康被害の深刻化で怒りが噴き出すだろう (2014/5/5)
おやじたちの精神的破綻は近い

6 日本にも良心的な医師もいるが
仙台赤十字病院呼吸器科医師、東北大学臨床教授岡山博氏のブログ ツイッターで情報発信中の医師も多い。

7 この先福島第一原発で何が起こるか
再度フクシマが地震で壊れるときが、本当に来るのでしょうか。 (2014/5/5)
放射性物質は降り続けている ウランなど長半減期核種の減衰は微々たるもの 被曝との戦いは末代まで続く

8 放射性物質はセシウムだけでない
日本の専門家はまったくと言っていいほどに触れませんが、海外の専門家は核燃料であるウランの危険性を警告しています。
日本の土壌はもともとウランが多いと言うが起死回生の一発
ストロンチウムなどα線、β線核種の健康影響 (2012/1/29)
筆者が発見したベータ線の濃厚汚染 (2014/4/24)
砂ホコリにはどんな放射性物質が多いのか (2015/03/21)
ベータ線に気をつけよう (2016/7/28)この記事はベータ線についてまとめて解説したものです。疑問が解けたとの声をいただきました。

9 東京などは住めないほどに危険なのか。
東京の汚染はやはりすごい これじゃ住めない 全域で放射線管理区域並みの場所がある (2014/1/14) 参考図
放射能の害を知れば人生航路は変わらざるを得ない (2015/2/2)・・・若い方に世界が変わったことを知って欲しいです。

10 大地震は近く来るのか
地震の予想は当たりません。かといって警戒を怠るわけにもいきません。
次の大地震が接近か 地震の動向に注意 随時更新

posted by ZUKUNASHI at 10:31| Comment(8) | 福島原発事故

地震、事故があったらすぐ確認

@ 震源と震度を知る サイトの例強震モニター新強震モニター震源分布図
A 福島第一原発をライブカメラで見る。JNN福島第一原発情報カメラ、フクイチライブカメラ1号機側(次の4号機側の画面から入り中で切り替え)、フクイチライブカメラ4号機側長者原定点カメラ
B 空間線量率の変化を見る 全国MP30日平均比変化 ホワイトフード全国の放射線量 エリア別統合グラフ原子力規制委員会 放射線モニタリング情報 
C その日の気流の流れを見る 直近の風向風速スイス企業による日本の天気予報地球全域の気流
D 感度の高い人たちの反応を知る 東海アマ氏桑ちゃん氏
E 高速道路の混み具合を見る サイトの例
F JRの運転状況を知る サイトの例
G 停電状況を知る 東京電力管内
H 欧州の空間線量率 米国のモニタリングマップ
posted by ZUKUNASHI at 09:32| Comment(29) | 原発事故健康被害

2016年12月05日

アレッポ カステロ道路

ここ数ヶ月、次の1枚の画像に悩んでいました。シリアアレッポのCastello Roadを撮影したものです。Castello Roadはアレッポを一周する外郭環状道路の西側から北側までの4分の1を言い、人道援助の実行のためにはこの道路を支配下に収めなければならなかったのです。

この道路を押さえていたテロリスト側も必死でした。この道路の支配を失うと政府軍がアレッポの街を包囲することが容易になります。テロリスト側の補給が困難になります。

激しい攻防の末、この秋頃には政府軍側がカステロロードを確保、その後政府軍側の進撃が続いています。

次の写真の上のほうに見える道路がカステロロードであることは確かなのですが、それに沿って立つ建物の場所と手前の建物の場所が分かりませんでした。


自分で地図を調べて見当をつけたものの確定に至らず、さらに画像を探した結果、カステロ道路の一番北のインターの近くであることが分かりました。

でも手前の建物が分からないと撮影地点が特定できません。さらに画像を探して次の画像を見つけました。上の画像では、手前の道路は向うの奥で急にカーブして右に折れてるように見えますが、下の写真ではこの道路はずいぶん広くて長い道路です。



もしかしたらこれもカステロ道路(の延長)では? と気付くのに時間がかかりました。

最初の画像は、次の赤と青の2本の線の間を写しています。
超望遠レンズ使用です。そのため距離感が失われてしまっています。2枚目の画像は、標準レンズか少し望遠のレンズでしょう。



すっかり騙されてしまいました。

でも、下流老人の海外旅行は、ここまでやらないと現実性がないのです。戦闘の動画もあります。死亡、負傷した兵士の画像もあります。

少し手間をかければ、一般のマスコミが知らせないこと、現地に行かなければ分からないこともある程度分かります。そして、誰が真実を語り、誰がウソを語っているか、それを確認するには欠かせない作業だと考えています。
posted by ZUKUNASHI at 02:36| Comment(0) | 福島原発事故

有償記事配信 記事リスト

これまでの配信記事
検討過程を記した記事、仮説を提示した記事はリストに掲載していません。
2016/12/4 日本人はまた一段と小柄になる
2016/12/3 私達はこうして移住にこぎつけた そして体調改善の効果は大きかった
2016/12/3 下流よぼよぼ老人の僻みと見栄満載 禁止食品リスト
2016/12/2 先天奇形と難病の発生地域が重なるのはありうること
2016/12/1 長野県大町地方は自然放射能が強い だがそれだけではない
2016/11/30 2016/10小選挙区別人口動態 神奈川・埼玉・千葉まで
2016/11/29 静岡の原発から・・・・・
2016/11/29 射水市では福島第一原発事故前からCs-137やSr-90が降下していた
2016/11/28 アミロイドーシスが多い県はどこか
2016/11/27 栃木県、群馬県の健康被害の深刻化 管理人は改めて懸念しています
2016/11/25 北陸に原発起源の放射性物質が浮遊、沈着している疑いが浮上

2016/11/25 富山県で先天奇形が多い理由はなんだろう
2016/11/25 福島県の人口動態悪化継続
2016/11/25 2016/10小選挙区別人口動態 群馬県まで
2016/11/24 栃木県下の健康被害はこれから強まる恐れがあります 2
2016/11/23 栃木県下の健康被害はこれから強まる恐れがあります 1
2016/11/21 少なくとも中部・関東のお化けは静岡から出てきている
2016/11/20 お化けは広範な地域に出没していた 熱中症増加の一因だろう
2016/11/20 お化けはこんなふうに可視化できます
2016/11/20 ぼんやり見えてきたお化けの正体
2016/11/19 関東で初期吸気被曝が最も少ない地域はここだ
2016/11/19 初期被爆の比較から見る健康被害予測 茨城県
2016/11/18 初期被爆の比較から見る健康被害予測 東京都・埼玉県
2016/11/18 2016/10小選挙区別人口動態  山梨県わずかに悪化
2016/11/17 初期被爆の比較から見る健康被害予測 神奈川県
2016/11/16 初期被爆の比較から見る健康被害予測 千葉県
2016/11/15 2016/10小選挙区別人口動態
2016/11/15 2016/10人口動態速報から 大幅悪化都市が出ています
2016/11/14 福島県の虚勢はいつまで続くか
2016/11/14 千葉市中央部の初期吸気被曝は大きかった 千葉1区が神奈川よりも指数が劣る訳
2016/11/14 2016/10小選挙区別人口動態
2016/11/14 日本にも劣化ウラン(ウラン238)汚染があります
2016/11/12 トランプは言われているよりもまともなのでは!?
2016/11/12 トランプはシリア反政府武装勢力支援は止める考えのようだ
2016/11/11 2016/9人口動態指標で埼玉9区がワースト上位進出はなぜだろう
2016/11/11 2016/9 小選挙区別人口動態 埼玉県まで(一般公開分に再録)
2016/11/11 トランプ当選で世界が右往左往
2016/11/10 2016/10人口動態速報から 大幅悪化都市が出ています(一般公開分に再録)
2016/11/9 米国大統領選開票はらはらどきどきで見ていました
2016/11/8 海外情勢 2016/11/8
2016/11/7 浅黒い肌の人 ムスリム black lives 黄色い猿
2016/11/6 関東の空間線量率が上がっています(一般公開分に再録)
2016/11/6 核兵器が使われたら その時どうするか 2
2016/11/6 日本の健康被害は北ウクライナに比べて出方が遅いようだが原因は何だろう
2016/11/6 海外情勢 2016/11/5
2016/11/5 PodestaのEメールアカウントのパスワードはゼロ一つ?
2016/11/4 最近の連続歩行測定で分かったこと
2016/11/4 クリントン一家の犯罪が立件される可能性
2016/11/4 2016/10人口動態速報から 仙台市大幅悪化
2016/11/4 2016/9時点 小選挙区別短期指数の分布(一般公開分に再録)
2016/11/3 2016/9 小選挙区別人口動態 茨城県まで
2016/11/2 ウィルス・細菌感染に注意を
2016/11/2 2016/10 人口動態速報から
2016/11/1 2016/9 小選挙区別人口動態 神奈川千葉まで
2016/10/31 移住先検討なら特に 風がどこを通ってくるかは調べておきましょう
2016/10/31 クリントン家は犯罪家族
2016/10/29 海外情勢 2016/10/29(随時更新)
2016/10/26 避難先選定で私ならここに最も注意する
2016/10/25 ギリシャの研究機関が福島第一原発事故時の吸気による被爆影響を解明
2016/10/24 病院の放射線機器にかかわる仕事をしている人はより多くがんになる
2016/10/22 これからの季節 富山から北の日本海側は注意が必要です
2016/10/21 日本より欧米でどうもおかしいという声が出るかも
2016/10/20 山梨県の人口動態の悪化が小幅なのはなぜだろう
2016/10/20 小選挙区別人口動態、静岡県分まで 2016/10/20現在
2016/10/19 原発事故直後から出生数が大きく減ったところがある
2016/10/18 2016/9分人口動態速報から
2016/10/17 海外に行くとき目的地によってはエアライン選定に注意
2016/10/17 ヒラリーになったら 核爆弾を使う?
2016/10/14 2016/9分人口動態速報から
2016/10/13 ラドンの測定でゲップの流れを把握できないか
2016/10/12 被爆影響は緩慢な死 予想よりも進行は遅い
2016/10/11 体調悪化の方が増えているようです
2016/10/10 ベータ線が飛んで来ているようです
2016/10/9 プルトニウム数kgでこれだけの爆発が起きる 片や純度が低いからあの程度で済んだ?
2016/10/9 超高級和牛で麻痺はなぜだろう
2016/10/8 原発苛酷事故で近くは希ガス 離れれば粒子
2016/10/8 F1高濃度汚染水のベータ線源 漏れて流れて結局どこへ行く?
2016/10/6 2016/9人口動態速報
2016/10/6 これからの季節 感染症の予防を
2016/10/5 シリア情勢緊迫です
2016/10/5 若い方の移住支援について 1
2016/10/4 バクダーディが死んだ後が見もの
2016/10/3 ISIS首領バクダーディと指揮者がモースルからラッカへ逃走
2016/10/3 2016/8の人口動態指数 総合指数の分布図
2016/10/2 福島第一原発4号機は何をしていたのか
2016/10/1 楢葉町の井出川河口付近でまた高線量物体発見
2016/9/30 核兵器が使われたら その時どうするか
2016/9/30 2016/8 小選挙区別人口動態(一般公開分に再録)
2016/9/28 富山県は福島第一原発事故直後 プルームが襲っていた 2年4ヶ月後にやっと判明

下線を付した記事は、有償にふさわしい記事を書きたいとの強い思いで書き下ろしたものです。
posted by ZUKUNASHI at 00:38| Comment(0) | 福島原発事故

有償記事更新 エルドアンの眠れぬ夜

有償記事更新しました。

2016年12月05日
エルドアンの眠れぬ夜

・・・・・

これまでの配信記事

・・・・・

記事配信のお申し込みをいただきありがとうございます。

所得税の計算で寡婦・寡夫控除を受けておられる方には無償で配信しています。現に寡婦または寡夫で子どもの扶養家族がおられる方です。配信ご希望の場合、コメント欄からその旨を書き添えてお申し込みください。

ネットで無料で情報発信しておられる方にも無償で配信します。ご関心があれば、コメント欄からお問い合わせください。

・・・・・

申し込み方法をまだ掲載できていませんが、コメント欄からご照会いただいた方には、次のようなご案内を差し上げております。

「まだ 試行中で、課金はしていません。
記事配信は、メールから、PDFの送付、そして別サイトに掲載へと方式を変更してきました。
この別サイト方式のほうが、読者の使用機器の制約も少なくて便利かと考えています。

本格実施まではまだ少し時間をかけます。
どの程度有償にふさわしい記事を書けるかという点が一つ
記事を書くのは私1人ですから、ぽっくり逝ったら返金するのも大変なので年間2千円の対価に見合うものをあらかじめ蓄積しておきたいという気持ちがもう一つです。

モニターをお願いした方からは、面白いとの感想とともにもっと突っ込めないかという叱咤激励をいただいています。
でも、今書いているのが限界で、あまり極端なことは書いていません。

まあ、記事見本をご覧いただいてどうするかご判断ください。
しばらくは記事見本の扱いです。

本格実施の際には、こちらから契約案をお送りしてそれで購読するか否か決定していただくことにします。
中身は、年間2千円の負担と、指定する郵便局口座への送金方法、途中配信停止の場合の返金がないこと、記事の内容について誤りがあっても損害賠償請求には応じられないこと、などを盛り込むことを考えています。

試行にお付き合いいただいたからといって、何もご負担は生じません。

別サイトのアドレスは
*************

ユーザー名とパスワードが要求されますので別メールでお送りするものをそれぞれ半角の英数字で入力してください。」


・・・・・

この記事のコメント欄は、有償記事購読の申し込み専用とします。ここへの書き込みは表示されません。

有償記事購読の申し込みは、「有償記事購読の申し込み」とだけ書いていただけば用は足ります。読者の体験や今抱えている心配事などを書いていただけば管理人は参考になりますが、時間がない方もおられるでしょうから、なくても一向に構いません。ハンドルネームを使われる際は、メールアドレスはウェブメールでなくパーマネントアドレスのメールアドレスを使っていただいたほうが、管理人としては安心です。

なお、購読者の個人情報が漏洩することのないよう最大の注意を払います。

購読料の送金に際しては、当方から指定する購読者番号を使用していただく予定です。海外にお住まいの方は、送金方法が限られかつ手数料も高額なので支払期限に十分な余裕を持たせる予定です。

個人情報の取得は最小限にする方針で、特に悪意が認められる場合以外は身元は詮索しません。
posted by ZUKUNASHI at 00:26| Comment(1) | 福島原発事故

2016年12月04日

歩く楽しさ 歩ける喜び 

2016/12/4も徘徊に。平均空間線量率は0.13μSv/h





最近珍しい大根干しです。なかなか形の良いきれいな大根。

コメントはそれだけか? もっと言いたいことがあるんだろう? 言ってみろ!  いいえ、ありません。大根足というのは練馬大根を念頭に置いたものらしいですね。以上終わり!

切り干し大根作りです。ここは千葉県内でも線量率が高いほうに属します。少し危惧しました。


この木は、ウォーキングの通り道にあります。サンザシですね、サンザシはあまり見ません。ピラカンサはトキワサンザシ、こちらは既に葉が落ちています。




2016/11/26は、天気が崩れないうちにと思い、徘徊に。検見川浜から柏井町まで花見川沿いを歩きました。全歩行行程9km。最後に八千代台駅まで車に乗せてもらいました。

空間線量率は0.1279μSv/h、前回、前々回のこの方面の測定値とほとんど同じです。風がなければ空間線量率は安定してきています。

ハヤトウリ、最近植えている方多いです。


216/11/25の早霜で草が枯れています。






2016/11/20も徘徊に出ました。雲も風もないウォーキング日よりでした。南京ハゼに鳥が群がっています。白い部分はロウ質でその外側の部分を食べます。もう少しすると葉も落ちて枝先に白い玉が目立つ変わった姿になります。



今年は紅葉がきれいですね。谷津干潟バラ園前の公園のイチョウ。


先週夜に外出したらよい香りが漂ってきました。ナワシログミの花の香りです。とても上品な匂い。
11/20は、ヒイラギモクセイの香りも。白い花がヒイラギモクセイ、茶色い袋のようなものがナワシログミ。


2016/11/20は、4時間半の計測で0.1244μSv/hでした。2016/10/23とほとんど同じです。

花の匂いいくつご存知ですか。元気の良い樹でないと花は咲いてもあまり匂いがしません。

ジャスミン
ヒサカキ
クサギ
アベリア
ニオイバンマツリ

センニンソウ

ミモザ
バラ
フジ
ミカン
ロウバイ
カラタネオガタマ
キンモクセイ
ギンモクセイ

アキグミ

クチナシ
沈丁花
タイサンボク
ニオイシュロラン

ナロシログミ
ヒイラギモクセイ

クリ
クヌギ
タブノキ

2016/11/13も徘徊に出ました。雲も風もないウォーキング日よりでした。
2016/11/13、5時間24分、平均0.118μSv/h。2016/8/21とほぼ同じコースですが前回は0.117μSv/hでした。このSOEKSによる連続歩行測定は、使えます。

フウの木が紅葉していました。赤が混じってとてもきれいです。


里の秋


マユミの実


山椒の実が枯れて乾いています。黒い実は固く、周りの茶色の部分に風味があります。生に比べると舌がしびれるような辛さはありません。


大きなユズの木、今年は豊作のようです。



この柿の木を撮影させてもらいたいなと遠くから眺めていたら、家からおばあさんが出てきたのでお願いしたら快諾してくれました。そして柿持って行って良いと。近くで見るおばあさん、農作業姿ですがとてもお元気でかつ美形です。84歳だと。もったいなくて公開できません。

2016/10/23、私も今日は空の写真を撮りました。北の空です。


ハイビスカスがまだたくさん花をつけています。


モッコクの実です。


2016/10/23、2時間40分、平均0.126μSv/h

今年は、観測先のモクゲンジの実が多いです。花も多かったのでしょう。観測を始めてから最も多いと記憶します。

初夏に花軸を伸ばして黄色い小さな花をつけますが、小さくてあまり目を引きません。よほど多数咲けば黄色くなるのでしょうが。この実の入った袋のほうがよほど目立ちます。


わずかにピンク色が残っているのが分かりますか? キノコみたい? そうかも。


どの木の実も大きくなっています。昆虫も鳥も栄養をつけるのに専念です。




東京遠望


2016/10/10、北風が強かったせいか線量率が高くしっかり被爆してしまいました。

ゴンズイです。この木が実をつけたところは、なかなかきれいだと思います。木立の中に紛れていることが多く、このように一本立ちしているのは珍しいです。でも、赤い実の色がうまく出ません。
posted by ZUKUNASHI at 19:33| Comment(2) | 日記

エルドアンの嘘の終わり

エルドアンが2016/11/29、イスタンブールで行われたイスラエル議会関係者との催し the first Inter-Parliamentary Jerusalem Platform Symposium in Istanbul で、"the Turkish Army entered Syria to end the rule of President Bashar Assad" と述べたと報じられ関係国に驚きと怒りが高まっています。

シリアの軍関係者は、“Erdogan's statements about the objectives of the Turkish aggression against Syria put an end to his lies,” と述べ、嘘の終わり、嘘をつき続けることができなくなったとしています。

管理人も同様な印象を持ちますが、困惑しているのはロシアにイランです。両国はトルコを自分たちの立場に近づけようとトルコに急接近していましたが、まったく意味がなかったことになります。

しかも、プーチンは先週まで2回もエルドアンと電話会談しており、上のような発言は寝耳に水、ロシア外交にしてはとんだ見込み違いとなりました。

ロシア外務省のザハロワ報道官も、このエルドアンの発言はオフレコでなされたものであり、判断は真意を確かめてからになるとしのぐのが精一杯でした。

イスラエルの議会関係者との会合の席ですから、イスラエル側に喜ばれるような発言をすることはありましょうが、アサドを倒してジャスティスを実現するなどとアサドに対する攻撃も明確で、社交辞令だけではなさそうです。

エルドアンの政策が失敗続きで手詰まりになっていますが、イスラエルの機嫌をとって、何を得ようとしているのか、まだ見えません。

イラクのモースル解放作戦では、トルコとイラク・クルディスタンのバルザーニがテロリストを助けているとイラク民衆軍から批判されています。

クルドはこのトルコの本音についてどう対応するのか、状況がより見えやすくなるのかも知れません。

続報がありました。
Erdogan backtracks on Syria goals after call with Putin, says terrorists are only target

この記事によれば、エルドアンのアサドを倒すのが目的という発言は2016/11/29です。RTは、29 Nov 2016 | 17 : 24 GMT にこれを報じています。プーチンがエルドアンと電話で話したのは11/30、そのときにこの問題が出てトルコが闘うのはテロリストだと述べたと言うのです。RTがザハロワの発言まで詳しく伝えたのは 30 Nov 2016 | 17 : 40 GMT 。当然電話会談は終わっています。エルドアンの当初の発言はプーチンの耳に入っていた、だが、プーチンがエルドアンと話した内容は外務省に伝わっていなかった? そんなはずはありません。

プーチンは、この件をエルドアンと話したか疑問がありますし、話したとしても煮え切らない態度だったのではないでしょうか。

それでトルコの会議に出ていたラブロフがトルコの外務大臣に軌道修正の発言をさせた。Cavusoglu said, speaking at a joint press conference with Russian Foreign Minister Sergey Lavrov in the Mediterranean town of Alanya. ラブロフは 5th #Russia-#Turkey Joint Strategic Planning Group at the Foreign Ministers level started in #Alanya でたまたまトルコにいました。この合同記者会見の記事が 1 Dec 2016 | 13 : 22 GMT 。

プーチンとエルドアンは、11/25と11/26にも電話会談をしています。
これで1件落着ということになるかどうか。少なくともプーチンの顔はつぶれました。

イランの政府系PRESSTVがこの件を伝えていますが、エルドアンが食言との見出しで特に論評なしで伝えています。ザリフも当惑したでしょう。

同じイラン系でもFARSNEWSはシリアの批判を伝えています。
An official source at the Foreign and Expatriates Ministry said that Erdogan’s statements prove that he is a liar and reveal that Turkish aggression against Syria is a result of the dreams and delusions that drive this 'extremist tyrant' who turned Turkey into a base for terrorists that undermine security and stability in Syria and Iraq and cause suffering to innocents, all under the support of the Turkish regime.

※ mko ‏@trappedsoldier 氏の2016/12/3のツイート
11月29日突然、トルコ軍は「アサド打倒のため」にシリアに入ったと宣言したエルドアン。「撤退してもらいたければアレッポ包囲を解く取引を」とプーチンに要求したが「ふざけるな!」と拒絶される。国際法違反のトルコ軍はまずい立場に。エルドアンは再び「ISISと戦う」と言い出した…あほだ

mko氏の説はありうるし、それが本当なのだろうという気がする。一般案件で週に何度も電話したりするはずがない。


2016年12月01日
Kremlin asks Erdogan to clarify ‘anti-Assad’ goals in Syria

2016年11月30日
Erdogan: Turkish forces are in Syria to end Assad's rule

2016年11月27日
シリア内に侵入したトルコ軍が攻撃を受け死者 エルドアンがプーチンと電話協議
posted by ZUKUNASHI at 12:07| Comment(0) | 国際・政治