ずくなしの冷や水

2017年09月30日

地震、事故があったらすぐ確認

posted by ZUKUNASHI at 22:34| Comment(36) | 原発事故健康被害

初めてこのブログを読む方へ

このブログの管理人は、自民党政権の言論抑圧、縁故利益供与政治に強く反対しています。多くの人の反対にもかかわらず共謀罪創設は議会のルールを踏みにじって成立しました。
 
日本は三流国です。これからもっとひどくなります。政府に反対の言論を展開して逮捕されたくない方は、このブログにコメントを書き込むことはもちろんのこと、閲覧もお止めになることをお勧めします。

このブログは、言論抑圧、縁故利益供与、軍国化政治に反対し続けます。

個人がネットで何を見て、どんな情報を発信しているかは、海外では情報当局が容易に把握しうる仕組みになっていることは知られています。


このブログは、この6年間、放射能問題に特化して情報を集め整理記録してきました。信頼できる情報の提供や投稿も増え、多くの方の協力で運営されてきました。

筆者は、このブログ読者からの経済的支援以外にはどこからも経済的利益の供与を受けておらず、政治的にあるいは文化的にどこかのグループに属していることもありません。

福島第一原発事故が筆者にとっては2回目の原発事故、被曝要因になります。1回目には情報もなく家族の身を守るために大変苦労しました。

健康被害の増大に伴って警告を主体に記事を書いてきましたが、2017/7は親しい友人の社会的に高い地位の友人が肺がんを発症し脳に転移して放射線治療を受けていることが判明しましたし、知人友人から深刻な健康被害の実例を立て続けに知らされました。すでに被曝回避を呼びかける段階は終わったと悟りました。日本人は権力や権威に対してとても従順で命を差し出すことも厭いません。

被曝から自分の家族の健康や命を守ろうとする場合には、過去に書いた記事は今でも有用と考えていますので、残してあります。意味が薄れたものは、おいおい整理していきます。



このブログまたは付随のホームページに掲載された内容に著作権者の立場からご異議のある方は、お手数ですがコメント欄からお知らせください。直ちに対処します。
posted by ZUKUNASHI at 21:06| Comment(0) | 福島原発事故

Dear readers outside Japan / Estimados lectores de este blog

The writer of this blog (myself) is a Japanese man with a varied professional experience who will turn 70 in a few years: I have worked in a large organization in Japan, have also worked abroad, have gone through redundancy, and worked in a part-time job at close to the minimum wage.

Now that I don’t work any more and that I’m in a fortunate enough situation where I don’t have to shiver from cold or starve, I thought I would use my spare time and experience for something useful for society and started a blog in 2005.

It has been a while since Japanese society stopped caring for the socially weak. The nuclear crisis at the Fukushima Daiichi Power Plant has marked the final confirmation of this. We have been deprived of our humble pleasure of eating. Staying healthy has become a struggle. In other words, our right to health or even the right to life are being threatened. Threatened by the government and by some major firms. This angers me and my days are spent trying to fight against this situation so as to help this country go in a better direction.

It would be a great pleasure if I could share my concerns with you and that in doing so I were able to help this world, even if it is only in a small way.

Thank you for reading.

N.B. The graphs and tables in this blog are based on statistics of population dynamics, measurements of radiation in soil and food, and data from monitoring posts, all of which are provided by the government and municipalities. If judged as reliable, information gathered from tweets and blogs is also used for analysis.

・・・・・

El autor de este blog (Zukunashi) es un japonés con mucha experiencia profesional, quien trabajo por más de 40 años y cumplió 70 este año: ha trabajado en una organización grande en Japón por 30 años, incluyendo el trabajo en el extranjero. Zukunashi ha pasado por la redundancia y trabajado en un empleo a tiempo parcial, casi con el salario mínimo.

Ahora, como ya no trabajo más, y que estoy en una situación muy afortunado que no tengo que temblar de frío ni sufrir de hambre, pensé que aprovecharía mi tiempo libre y mi experiencia para algo útil para la sociedad y comencé este blog en el 2005.

Ha pasado un tiempo desde que la sociedad japonesa dejó de cuidar a las personas socialmente vulnerables. La crisis nuclear en la planta de energía Fukushima Daiichi ha marcado a la comunidad japonesa. Hemos sido privados de nuestro humilde placer de comer. Mantener la salud se ha convertido a una lucha. En otras palabras, nuestro derecho de estar sano o incluso el derecho a la vida están amenazado por el gobierno y por algunas grandes empresas. Esta situación me enfada y dedico mis días tratando a la lucha contra esta circunstancia con el motivo de ayudar a este país para que se dirige a una dirección mejor.

Sería un gran placer poder compartir mis inquietudes con ustedes y que al hacerlo, ayudemos a este mundo, aunque sea un cambio pequeño.

Gracias por leer.

NOTA: Los gráficos y tablas en este blog están basadas en estadísticas de la dinámica de la población, las mediciones de radiación en el suelo y alimentos, y datos de seguimiento de mensajes, todos los cuales son proporcionados por el gobierno y los municipios. Si se juzgan como confiable, información de tweets y blogs también están utilizadas para análisis.

・・・・・

Index of articles in English

Índice de artículos en español

2017年01月21日
このブログは世界の人に読んでほしいです 翻訳転載歓迎

2015年09月06日
趣旨に反しなければ記事はご自由にお使いください

2017年04月09日
地域言語を使える方は 現地の方向けに被曝防止の警告を書いてもらえませんか?
posted by ZUKUNASHI at 17:30| Comment(8) | 日記

2017年09月25日

寄付・カンパへのご協力ありがとうございます

寄付・カンパへのご協力ありがとうございます。

寄付・カンパは、送金で完了します。それ以外のご負担はありません。

ただ、よろしければ、管理人からお礼のご挨拶とともに同報メールの趣旨をご説明するメールを送らせていただいております。

同報メールは、当方からのささやかな謝意の表明であり、その送信を受けたからといってなんらのご負担は生じません。

これまでのところ、たいした内容のものにはなっていませんが、記事を読まなくても、何が起きているかが分かり、注意すべき点も説明しています。

9/25は4回同報メールを送信しました。
今朝、福島県内の各地で空間線量率が上昇しています。F1近傍のMPも値高位推移。降雨なし、風は弱い。原因調査中。
http://inventsolitude.sblo.jp/article/181097636.html

9/25正午現在
F1近傍のMPがドンドン上がり続けるという事態は起きていませんが、福島県内で突発的な上昇が場所を変えながら生じています。

全国では、昨夜から今朝未明、早朝にかけてふわりと空間線量率が上昇しているところが見られます。長野県でも確認できますので、遠距離からの飛来と見られます。

外出時はマスクをお勧めします。

9/25午後3時半
放射性物質放出源のひとつは、富岡町にある廃棄物焼却施設と推定されます。福島県内では廃棄物焼却施設が増えています。

これからの季節、北東からの風が乾燥して気持ちよいのですが、放射性物質も一緒に運んでくる恐れがあります。

9/25午後7時
夜になって福島県内の焼却施設から出たと見られる放射性物質が茨城県、栃木県益子に流れ込んでいるようです。

茨城県北部は降雨ですからこの雨の地域の移動に伴って空間線量率上昇の地域が移動するでしょう。


このブログの読者には年配の方も多く、コメント欄に書き込むことを厄介だと敬遠される方もおられるでしょう。

でも、このブログのコメント欄に書き込んでもスパムメールが大量に送られてきたり、ハッキングされるようなことはありません。

入力を間違えても、何度もやり直しができます。何度間違えても、あなたのパソコンが壊れたり、ブログのサーバーが暴走したりすることはありません。

送金いただいた方の中にメールアドレスが不明でご連絡できない方がおられます。

送金日、送金時の名義、メールアドレスの三点で結構ですのでお知らせいただければ幸いです。

シモムラ様、テラシマ様、サガラ様、ゴトウ様、よろしくお願いします。

・・・・・

次の画像は、一番下にあるコメント欄への書き込み方を説明しています。

posted by ZUKUNASHI at 23:53| Comment(0) | 福島原発事故

ハッカーが身代金代わりにヌード画像10枚要求

まだ被害者は少ないようですが。
よくマルウェアを呼び込んでいる友人のパソコンが感染したら、友人はヌードを10枚、送るだろうか。画像の品質が悪くて突っ返されたりして。私が撮影係に? いくらきれいに撮っても解除してくれないと思う。

RT2017/9/24
Send nudes: Ransomware demands x-rated photos to unlock victim’s device
In an entirely predictable development, victims of a new type of ransomware attack are being extorted for 10 nude pictures in order to unlock their computers.

There have been several prominent ransomware outbreaks already this year. Perhaps the most high-profile attack was the WannaCry bug which hit more than 230,000 computers in over 150 countries around the world.

Earlier this week, MalwareHunterTeam, experts in the malicious ransom software, published details of a virus, called nRansomware, which demands nude pictures which it claims it will sell on the Dark Web, where IP addresses are anonymized.

Unlike WannaCry, this virus doesn’t encrypt infected files, instead locking the user’s screen. The researchers posted screenshots of what users see when this happens.

ついでに ”男性もレイプされる”英国のグラスゴーで早朝ナイトクラブから出てきた22歳の男性が露地でレイプされたというものです。
RT2017/9/25
22yo man raped in alleyway after leaving Glasgow nightclub
Police say a 22-year-old man was raped in an alleyway in Glasgow city center during the early hours of Sunday morning.

The victim was making his way back from a nightclub when he was sexually assaulted at around 3:40am on a quiet lane between Parnie Street and the Trongate in Glasgow.

The man met the male suspect after leaving the venue.

The suspect has been described as black, but no further description has been given.

Police have cordoned off the area as they investigate the incident, and have appealed to the public for information.

“The victim has been left extremely distressed by what happened and it is vital that we trace the individual responsible,” Detective Inspector David Reilly said.

“I would appeal to anyone who was in the surrounding area in the early hours of this morning who may have seen anything suspicious to please get in touch.”

Police are examining CCTV footage and conducting door-to-door inquiries as part of the investigation.

こんな記事もありました。
RT2017/9/16
Swedish Left Party politician ‘raped for his beliefs’ at knifepoint
Sweden’s Left Party leader in Falun, Patrik Liljeglod, has revealed that an armed man brutally attacked and raped him at knifepoint, allegedly for his political stance.

Walking home at the end of July from a bus stop in Falun, he was suddenly attacked, threatened with a weapon and raped, Liljeglod disclosed on Facebook.

“On my way home I was attacked by an unknown man armed with a knife,” Liljeglod said. “I was brutally treated and also raped at knifepoint under the pretext that I was ‘Left-wing female genitalia’, that people like me ‘enjoy this’ and finally that I was a traitor.”

In an emotional and very personal revelation, the politician said he initially kept the attack private, only reporting it to police, but eventually turned it into a public discourse because the nature of the incident was politically motivated.

“The few words and sentences expressed by the man had a clear connection to me as politically active and therefore it affects us all,” Liljeglod wrote, adding that “what happened to me is an event in the crowd.”

Stressing that he does not seek “compassion or empathy,” the politician continued the rest of his narrative speaking about protecting the principles of democracy in Sweden.

“I stand here because, given my deeply rooted belief that democracy is an integral part of our society,” he wrote. “Nothing is more important than democracy, people die for the right to democracy every day – and the right we have inherited through our parents’ struggles, we have to continue fighting for.”

No one has yet been arrested for the attack on Liljeglod.

“We have secured some traces we have sent for analysis to the National Forensic Center,”said Police spokesman Stefan Dangardt. “If it turns out that the motive is his political allegiance then it is obviously a hate crime.”

“There are surveys that show that up to 30% of all politicians have been subjected to crime, but only 20% report it,” the spokesman pointed out.

According to a recent The Politicians Safety Survey (PTU), published by the Swedish National Council for Crime Prevention, some 6.3 percent of elected politicians who were polled admitted having suffered a hate crime in 2014.

The Left Party of Sweden (Vänsterpartiet) is a socialist and feminist political party that advocates environmentalism. Created 100 years ago, the party has never been part of the national government, only serving at local level.

In the wake of the refugee crisis in Europe, the party has been pushing to establish special employment assistance and improving the quality of language teaching for migrants.

海外、特に英国では、日本人成年男性も中性的に見られるそうで、ひげを生やして外見をつくろう人が多いのです。労働党の幹部、コービンなどもひげを生やしています。管理人もコービンやゴフマンのような個性的な風貌が羨ましく、ひげを伸ばしては見るのですが、手入れが大変でいつも挫折。

今は、頬から下に1cm弱に整えたひげを生やしています。昨日、歩いていたら自転車で通りかかった若者がじろじろと。その時はマスクを外していました。
posted by ZUKUNASHI at 23:32| Comment(0) | デジタル・インターネット

ロシアが米軍の建前と行動の矛盾を暴きだした

RT2017/9/25
The death of Russian Lieutenant-General Valery Asapov in Syria is the price Russia was forced to pay for hypocritical US policy, according to Russian Deputy Foreign Minister Sergey Ryabkov.

“The death of the Russian commander is the price paid with blood for the hypocrisy of American policy in Syria," Ryabkov said on Monday.

General Asapov was serving as one of Russia’s military advisers in Syria. On Sunday, the Russian Defense Ministry said he was fatally wounded by an exploding shell in a sudden mortar attack by IS terrorists.

Moscow is concerned that while Washington claims it is interested in fighting Islamic State (IS, formerly ISIS\ISIL) terrorists, it demonstrates quite the opposite, according to the deputy minister.

The deputy minister said Moscow wants Washington’s statements on fighting terrorism not to be at odds with its actions on the ground.

Meanwhile, the Russian and US militaries maintain “intensive” contacts at different levels, Ryabkov said.

On Sunday, the Russian Ministry of Defense published aerial images which they say show US Army special forces equipment located north of the Syrian town of Deir ez-Zor, where IS militants are deployed.

The US troops do not face any “resistance from the ISIS militants,” while their positions have no screening patrol, which could indicate that they “feel absolutely safe” in the area, the ministry said.

However, the US Central Command has denied the accusations in a written statement to RT.

“The allegations are false. For operational security, we do not comment on ongoing operations or the current positions of Coalition personnel and our partner forces,” the Combined Joint Task Force-Operation Inherent Resolve said.
posted by ZUKUNASHI at 23:13| Comment(0) | 国際・政治

クルドのSDFは第二のホワイトヘルメット 

最初に、あれっと思った記事。「シリア、ロシア軍がクルドの陣地を空爆か」と見出しをつけました。
AMN2017/9/25
NOTE: Due to the vague nature of original Kurdish reports, it was first reported in this article that Russian artillery units were attacking US-backed troops in eastern Deir Ezzor Governorate, however now official Kurdish sources are clarifying their reports, claiming the artillery bombardment is both the doing of Russian and Syrian forces.

BEIRUT, LEBANON (1:15 P.M.) – In addition to allegations coming in about an hour ago that Russian warplanes bombed the positions of Kurdish-led forces in eastern Deir Ezzor Governorate, official Kurdish social media sources are now also claiming that their defenses are being struck by both Syrian Arab Army and Russian artillery.

According to reports from the official twitter account of the Kurdish People’s Protection Units, in addition to Russian airstrikes targeting US-backed fighters around Conoco Gas Field, Russian and Syrian Army artillery is also carrying out a bombardment of the same area.

Kurdish sources say that the joint Russian-Syrian Army artillery bombardment consists of rocket and standard shelling attacks.

The latest reports claim that the attack is still ongoing.
Al-Masdar News cannot confirm anything at this time.

ロシアが間髪を入れず、否定の声明を出しました。
RT2017/9/25
Russian forces did not target Kurdish-led SDF units near Deir ez-Zor – Moscow
The Russian Air Force did not perform airstrikes on Syrian Democratic Forces (SDF) near Syrian city of Deir Ez-Zor, the Defense Ministry said. The SDF earlier accused Russia of repeatedly targeting its positions near a major gas field.

While the Russian Air Force operates in the area supporting the advances of Syrian government forces, it performs strikes solely on terrorist positions, ministry spokesman MajorGeneral Igor Konashenkov said.

“In the course of the Syrian Army operation to exterminate the last [Islamic State or IS, formerly ISIS] stronghold in Dei ez-Zor, the Russian Air Force performs precision strikes on terrorist-held objects, according to intelligence confirmed through several channels. The strikes are performed on detected IS positions, which fire at Syrian troops, as well as on terrorist reserves coming from the rear,” Konashenkov said.

Earlier on Monday, the SDF accused Russian and Syrian forces of targeting its positions near a major gas field north of Dei ez-Zor, threatening to use its “right to self-defense.”

“Russian and regime forces have mounted a treacherous attack against our forces... with artillery and aircraft,” Reuters cited an SDF statement as saying.

Russian intelligence and drones monitor the Deir ez-Zor area round the clock, he added, noting that they did don register “any engagements between SDF militants and IS terrorists rearward.”

“That specifically relates to the area of hydrocarbon fields in the province, where the militants fiercely resist the advancing Syrian troops,” Konashenkov said.

The SDF is a predominantly Kurdish militant group, controlling large areas in the north of Syria. It has been receiving broad military support from the US, proclaiming fighting IS as its primary goal. The SDF and the Syrian Army, with allies, are conducting two separate operations in the area, aiming to control the oil- and gas-rich eastern part of Syria.

The city of Deir ez-Zor endured some three years of siege by IS, which was lifted by Syrian government forces and allies, with support from the Russian Air Force earlier in September. Liberation of the city established a sturdy supply route and enabled convoys to start delivering food, medicine and other essentials to the city, which previously had to rely on airdrops.

ロシアは、情報開示がデマや中傷を防ぐ最善の方法と考えています。SDFがウソをつき出したことが分かります。つまり、彼らは後ろめたいこと、オープンにできないことをやっています。上のAMNの記事は、立場上怪しい記事も流さざるを得ないと一定の信用失墜防止の手を打っていますが何時まで続くでしょう。
posted by ZUKUNASHI at 23:02| Comment(0) | 国際・政治

福島県で散発的、突発的に空間線量率が上がる どこかで放射性廃棄物を燃やしているはず

読者に依頼して空間線量率のモニタリングを始めました。

モニターが主にホワイトフードの空間線量率マップで観察してくれています。管理人が寝ている時間でも、重大な変化があれば電話を入れてもらうことにしており、場合によっては、朝まだ暗いうちに同報メールで第一報を入れ、慎重に確認のうえ記事に掲げることもありえます。

モニターが気づいたのは、福島県下で時間と場所を変えつつ、頻繁にホワイトフードの空間線量率マップで黄色いランプが点灯すること。

これは管理人も以前から気付いていましたが、福島県内でのこのような事象にはほとんど読者の反応がないので特に取り上げて記事にすることはしていません。

2017/9/25朝は、いわき市のいわき育英舎でランプが点灯。24時間降水量はゼロです。





試しに規制庁のマップで「いわき育英舎」を選択して詳しい数値の変化を見てください。

放射線モニタリング情報
全国及び福島県の空間線量測定結果 Top
福島:いわき
いわき市モニタリングポスト

きっと嫌になるでしょう。それほどにこの規制庁のサイトは使いづらいのです。

矢祭町でも線量率上昇地点があります。


なんでこんな突発的な上昇が見られるのか。それぞれに色々な要因があるのでしょうが、共通しているのは、放射性物質が飛んでいるということだと考えます。

2017/9/25は、福島県の2017/8月分の人口動態が公表される見込みです。同県の人口動態の数値は、不審な点があります。公称よりも実態は悪いと考えています。

・・・・・

ここまでで終わらせるつもりでしたが、ちょっとおかしいです。







夫沢が2017/9/25 午前8時半から欠測です。





長い期間で見ると通常の変動範囲です。ですが、今朝だけを見れば夫沢3区では異常が出ています。欠測は何のシグナルでしょう。

稚内で少し上がっています。ここの原因はどこ? 福島県内とは違う場所のはずです。

散発的な上昇の記録。


まだ散発的な上昇が続いています。このような現象の原因としては、福島第一原発から放射性物質が放出されている、あるいはどこかで放射性物質を含んだ物を燃やしている、のどちらかしか考えられません。吸気被曝回避に注意が必要です。



午前中は風が弱かったのですが、午後になって風が出てきました。さて、どう変わるか。


上のスクリーンショットで「学校法人富岡幼稚園」が何度も登場します。詳しいデータ取ろうとしたら富岡幼稚園は二つあることに気付きました。

学校法人富岡幼稚園の2017/9/25の10分値


バルーンの場所が学校法人富岡幼稚園、海岸に近い白い建物が廃棄物焼却施設のはず。




Google Street Viewで見てみると・・・モクモクと煙を上げた雄姿!


結論が出ました。推測どおりでした。やっぱりシロウトの目は鋭い!! 人を替えて観察しないといけないんですね。

この記事はここまで書くのに6時間掛かっています。

もう一つ夕方になって顕著になった線量率上昇の中心は矢祭町ですが、廃棄物焼却施設は鮫川村ですね。


北風で排煙が南に下りてきて谷間に溜ったようです。






茨城県常陸太田、栃木県益子に流れ込んでいるようです。

茨城県北部は降雨ですからこの雨の地域の移動に伴って空間線量率上昇の地域が移動するでしょう。

21時20分現在、つくば市や五霞町でも線量率が上がっていますが、これが鮫川村起源かは分かりません。
posted by ZUKUNASHI at 21:22| Comment(3) | 福島原発事故

雨水中放射性物質蓄積サンプラー導入

これまでに分かったこと
@ 雨の降り始め(まだ地面の全面が濡れるまでに至っていない段階)で20CPMの上昇。これは大気中の放射性物質を雨が地表にもたらしてくるため。上空には常にこの上昇をもたらす程度の放射性物質が滞留しており、下降気流の際には雨がなくても地表に降りてくる。

A 落ちてくる放射性物質は、ビスマスなどの半減期の短いガンマ線源。これまでのところ半減期の長いベータ線源やアルファ線源が大きく増えたと見られる観察結果は経験していない。現在の測定方法では、雨の降り始めから時間が経過して透水性平板の中にまで雨水が染み込むと遮蔽効果が出て

・・・・・

インターロッキングブロックが放射性物質を溜め込む性質に着目して雨水中の放射性物質を蓄えさせてその放射能の変化を測定するために、透水性平板ブロックを買ってきました。投資額350円。

エアーサンプラーが欲しいのですが、価格的にも高いし、屋外で使うのが難しいので、まずは雨水から。

新品でも放射能が高いのではないかと懸念していましたが、初期測定の結果は込み込みで32cpm。

真ん中32cpm


左下32cpm


右下34cpm


紙を挟んで34cpm 変わりません。


右上32cpm


紙を挟んで32cpm 変わりません。


左上28cpm、少し低いです。


中央より少し左上31cpm


紙を挟んで32cpm わずかに高くなりました。


これなら上々です。

ちょっと待てよ。アルファ、ベータ、ガンマ込みとアルファ遮断の差がありません。込み込み100cpmなら10cpmはありうるというが管理人の居住地の例です。32cpmなら3cpmはあって良いはずなのに!!

アルミ板でベータ線を遮断しました。32cpm。変わらずです。

屋内のブロックから離れたところで測定しました。24cpm。器械は壊れていません。32cpmで安定しているのはなぜでしょう。

裏側はどうでしょう。中央込み込み52cpm。紙1枚遮蔽、52cpm。これもアルファ線なしです。アルミ板で遮蔽、32cpm。ベータが20cpm、ガンマが32cpm。屋内のBG24cpmと見られますので、ガンマの増加分8cpm、ベータの増加分20cpmです。

表の表層は少し骨材が細かく、ここからはベータもアルファもほぼないということになります。下層の部分はベータ線源ありです。

このブロックは日本産のようです。ベータ線源は何でしょう。ガンマの増加分がこのブロックからだとするとセシウムが入っていてベータ線を出しているとしても、8cpmだけです。12cpmは何のベータ線でしょう。

裏側からは確かにベータ線が出ていますから、表層の着色部分だけがベータもアルファもほぼなしです。アルファはあるのかもしれませんが、セメントで固められていて出て来ていないということかもしれません。裏側もアルファに関しては同じかも知れません。

さて置き場所をどうするか。盗まれることはないでしょうが、ゴミとして処分される恐れが強いです。

放射能測定中などと札をつけて置いたら、不審物として騒ぎになるかも。

近所の人に会ったので場所を貸してもらうことにしました。

2017/5/22、正午5分計測 41cpm
24+8+9cpm 設置場所の影響で9cpm上がっています。

2017/5/23、正午10分計測 42cpm

2017/5/25、10時10分計測 49cpm
雨上がりでブロックが濡れています。ポツポツ雨も当たっています。それでも7cpmも高い。これは予想外。
乾いたらもう一度測ります。

2017/5/25、11時計測 46cpm
ブロックの端は乾いてきました。ブロック表面の水の遮蔽効果よりその雨に含まれる放射能が多いということですね。

2017/5/25、14時45分計測 42cpm 元に戻りました。

2017/5/26、降雨中10時40分計測 傘を差しかけて1分計測56cpm 2分計測61cpm。約20cpmも多いです。ほとんどがベータ線でしょう。


屋内は普段より1から2cpm高いです。

2017/5/26、降雨が終わりブロックも乾き始めました。15時50分計測 38cpm。晴天が続いたときより低くなっています。内部に残った雨水の遮蔽効果でしょう

2017/5/27、16時30分計測 43cpm 1cpm上がりました。

2017/5/29、12時35分計測 37cpm 24時間以上晴天が続きました。これまでの最低です。

2017/5/30、12時50分計測 38cpm 

2017/6/1、16時計測 47cpm なぜか高いです。

2017/6/2、12時50分計測 36cpm 前日と同じく好天で風が強めですが大きく下がりました。

2017/6/3、13時半計測 42cpm 変動が大きい。

2017/6/4、15時計測 38cpm 変動が大きい。

2017/6/5、20時計測 雨の降り始め 60cpm。

2017/6/6、13時15分計測 好天風弱い 39cpm。

2017/6/7、13時15分計測 曇天風弱い 39cpm。

2017/6/8、13時15分計測 雨上がり風弱い 35cpm。ブロックは上面もまだ水を含んでいます。

2017/6/9、18時50分計測 風あり 42cpm。ブロックが乾ききると少し上がる?

2017/6/14、16時50分計測 風なし 42cpm。前夜降雨、ブロックは濡れていなかった。

2017/6/15、13時30分計測 好天風なし 47cpm。

2017/6/17、14時30分計測 好天風あり 42cpm。

2017/6/20、12時計測 好天風なし 48cpm。

2017/6/22、16時計測 好天風なし 47cpm 42cpm α5cpm。

2017/6/23、16時半計測 好天風なし 42cpm 42cpm α0cpm。

2017/6/28、16時半計測 曇り風なし 36cpm 45cpm α??。

2017/9/25、17時計測 曇り風なし 35cpm 45cpm α??。
3ヶ月開いたがほとんど変わらない。上がっていないだけマシか。

・・・・・

この件で気づいたことを書いておきます。庭の土壌の放射能の高い方は、汚染の少ないコンクリートブロックの舗装材を庭に敷くという方法が考えられます。

ただし、ブロックを敷くときに表土を掘り起こしたり、均したりする作業は放射性物質の再浮遊につながります。また、アルファ線やベータ線については遮断効果が出てもガンマ線について遮断効果を望むのは無理でしょう。

使うブロックは、大量生産物であれば同じロットのものの1枚を測定すればそれほど放射能のばらつきはないと見ていいでしょう。透水性や保水性のものは放射性物質を溜め込みますから不適、表面が密で平滑なもののほうが望ましいことになります。

また、屋内で24CPMの場合にこのようなブロックを屋内に置くことは屋内の線量率を上げることにつながります。
posted by ZUKUNASHI at 18:02| Comment(0) | 福島原発事故

Russia to Set up New Military Base in Eastern Syria

Russia to Set up New Military Base in Eastern Syria
TEHRAN (FNA)- Western media sources reported that Russia is about to establish a new military base in Deir Ezzur that will be the Russian forces' largest base in the war-hit country after Humeimim airbase in Lattakia.

The Arabic-language al-Ahd news website quoted western media sources as reporting that Russia is to set up a new large military base in Deir Ezzur due to its reginal and international strategic importance.

Al-Ahd added that the long distance between the Russia-run Humeimim airbase and Eastern or Central Syria and the superior capabilities and features of Deir Ezzur airbase are two other reasons for Moscow's decision.

In the meantime, proximity of Deir Ezzur to the US bases in Iraq and Syria's main oilfields, on which Russia is keen to invest, have been mentioned among other reasons, al-Ahd pointed out.

The website went on to say that Moscow's decision to set up a military airbase in Deir Ezzur is also mainly aimed at preventing the US-backed Syrian Democratic Forces from crossing the Euphrates River to rush towards South that is home to the richest oilfields in Syria.
posted by ZUKUNASHI at 17:09| Comment(0) | 国際・政治