ずくなしの冷や水

2019年12月31日

季節のご挨拶

Season's Greetings
and
Best Wishes for The New Year


2019−Dec
ZUKUNASHI
posted by ZUKUNASHI at 20:41| Comment(3) | 福島原発事故

2019年12月15日

地震、事故があったらすぐ確認

この記事は先頭に置くため先日付になっています。
@ 震源と震度を知る サイトの例強震モニター震源分布図
A 福島第一原発をライブカメラで見る。フクイチライブカメラ1号機側
B 空間線量率の変化を見る 私設リアルタイム測定システムただいまの空間線量率変動状況全国の放射線量 エリア別統合グラフ空間線量グラフ原子力規制委員会 放射線モニタリング情報東京都練馬区GM-10リアルタイム測定値ガイガーカウンター リアルタイム 観測網
福島県環境放射線テレメーターシステム
小川 久之浜 下桶売 川前
C その日の気流の流れを見る 直近の風向風速スイス企業による日本の天気予報地球全域の気流そらまめ君東京アメッシュ
D 感度の高い人たちの反応を知る 桑ちゃん氏
E 高速道路の混み具合を見る サイトの例
F JRの運転状況を知る サイトの例
G 停電状況を知る 東京電力管内
H 海外の空間線量率 欧州の空間線量率 欧州の空間線量率2米国のモニタリングマップ

・・・・・・

ブログ・サイト紹介

山の我が家 内容日々充実、これだけ内容豊富のブログは少ない。
モトコのブログ モトコさん、父上のお世話がんばってください。
五線紙と周期律表 周期表・元素一覧同重体元素系列図(126-135)
mountain addiction 登山・トレイル・ウルトラマラソンその他色々
カイトのブログ「放射能から身を守ることを中心に書きます」とあります。アラフォーの男性の堅実なブログです。
浦安市の整体院 元気 腕はピカイチと聞いています。全国に名が通っているそうです。院長は年配です。
かさい駅前耳鼻咽喉科New!
サイトで見るとお若い院長です。はっきりとモノを言うと聞いています。手術を要する場合に東京臨海病院を紹介された方が複数います。
ここで紹介したことも寄与して知名度が上がったとの声をいただいています。商業的なものの掲載には、寄付・カンパを寄せてくださった方の推薦が必要です。読者層は、被曝回避、健康維持、国際問題の動向に関心のある成年男女です。

千葉県北西部 3 空間線量率リアルタイムグラフ G31
https://www.data.jma.go.jp/obd/stats/data/mdrr/pre_rct/alltable/pre24h00.html
http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/micro_detail/__icsFiles/afieldfile/2019/03/06/1414032_09.pdf

ドライバー

測定システム運営者の皆様へ
posted by ZUKUNASHI at 22:34| Comment(40) | 原発事故健康被害

Dear readers outside Japan / Estimados lectores de este blog



The writer of this blog (myself) is a Japanese man with a varied professional experience who will turn 70 in a few years: I have worked in a large organization in Japan, have also worked abroad, have gone through redundancy, and worked in a part-time job at close to the minimum wage.

Now that I don’t work any more and that I’m in a fortunate enough situation where I don’t have to shiver from cold or starve, I thought I would use my spare time and experience for something useful for society and started a blog in 2005.

It has been a while since Japanese society stopped caring for the socially weak. The nuclear crisis at the Fukushima Daiichi Power Plant has marked the final confirmation of this. We have been deprived of our humble pleasure of eating. Staying healthy has become a struggle. In other words, our right to health or even the right to life are being threatened. Threatened by the government and by some major firms. This angers me and my days are spent trying to fight against this situation so as to help this country go in a better direction.

It would be a great pleasure if I could share my concerns with you and that in doing so I were able to help this world, even if it is only in a small way.

Thank you for reading.

N.B. The graphs and tables in this blog are based on statistics of population dynamics, measurements of radiation in soil and food, and data from monitoring posts, all of which are provided by the government and municipalities. If judged as reliable, information gathered from tweets and blogs is also used for analysis.

・・・・・

El autor de este blog (Zukunashi) es un japonés con mucha experiencia profesional, quien trabajo por más de 40 años y cumplió 70 este año: ha trabajado en una organización grande en Japón por 30 años, incluyendo el trabajo en el extranjero. Zukunashi ha pasado por la redundancia y trabajado en un empleo a tiempo parcial, casi con el salario mínimo.

Ahora, como ya no trabajo más, y que estoy en una situación muy afortunado que no tengo que temblar de frío ni sufrir de hambre, pensé que aprovecharía mi tiempo libre y mi experiencia para algo útil para la sociedad y comencé este blog en el 2005.

Ha pasado un tiempo desde que la sociedad japonesa dejó de cuidar a las personas socialmente vulnerables. La crisis nuclear en la planta de energía Fukushima Daiichi ha marcado a la comunidad japonesa. Hemos sido privados de nuestro humilde placer de comer. Mantener la salud se ha convertido a una lucha. En otras palabras, nuestro derecho de estar sano o incluso el derecho a la vida están amenazado por el gobierno y por algunas grandes empresas. Esta situación me enfada y dedico mis días tratando a la lucha contra esta circunstancia con el motivo de ayudar a este país para que se dirige a una dirección mejor.

Sería un gran placer poder compartir mis inquietudes con ustedes y que al hacerlo, ayudemos a este mundo, aunque sea un cambio pequeño.

Gracias por leer.

NOTA: Los gráficos y tablas en este blog están basadas en estadísticas de la dinámica de la población, las mediciones de radiación en el suelo y alimentos, y datos de seguimiento de mensajes, todos los cuales son proporcionados por el gobierno y los municipios. Si se juzgan como confiable, información de tweets y blogs también están utilizadas para análisis.

・・・・・

Index of articles in English

Índice de artículos en español

用中文写的文章
给在日本的中国朋友

2017年01月21日
このブログは世界の人に読んでほしいです 翻訳転載歓迎

2015年09月06日
趣旨に反しなければ記事はご自由にお使いください

2017年04月09日
地域言語を使える方は 現地の方向けに被曝防止の警告を書いてもらえませんか?
posted by ZUKUNASHI at 21:13| Comment(9) | 日記

子宮頸がんワクチン その3

※ t_kaseki@t_kaseki
タイトルからしてヤバいんですけど・・・。何考えてんだ?

HPVワクチンの積極的勧奨再開を目指す議員連盟が発足 「政治が動かさなければ子どもたちの命や子宮が守れない」 https://buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/hpvv-giren?utm_source=dynamic&utm_campaign=bfsharetwitter @nonbeepandaさんから


posted by ZUKUNASHI at 00:00| Comment(0) | 健康づくり

2019年12月13日

人口動態速報 出生数減少さらに加速

人口動態速報 2019/11
日立市 出生死亡比率前年同月比大幅悪化
常陸太田市 大幅改善
郡山市 大幅悪化

2019/9時点までが下の図です。減少が加速傾向ということは・・・。障害を持つ子供も増えているんですよね。皆さん全然気にならないんですかね。

筑西市 大幅悪化
柏市 変わらず
守谷市 大幅改善
流山市 改善
仙台市 大幅悪化
いわき市 改善
高萩市 大幅改善
浦安市 大幅悪化
横浜市 大幅悪化
横浜市のサイトに従来見られたEXCELファイルが見当たらずPDFファイルだけになっています。

横浜市はこの間、社会増が続き、自然減を補って人口は増えています。出生数が顕著に減少し始めたのは、F1事故から4年半経過してからです。黄色の直線は、2015/8からの4年強で月間出生数が400人減っていることを示しています。1年で100人減です。

厚木市 大幅改善 死亡数減
市川市 大幅悪化 0.86が0.70に低下。
常総市 大幅改善
川崎市 変わらず
市原市 大幅改善
船橋市 大幅悪化
ひたちなか市 変わらず
これだけ子供が減っても産婦人科医院は大丈夫なんですかね。不妊治療で大忙し? ひたちなか市は、福島第一原発事故時の月当たり125人が90人に落ちています。4分の3になったわけです。
我孫子市 大幅改善
大和市 
千葉市 大幅悪化



人口動態速報 2019/10
日立市 出生死亡比率前年同月比改善
郡山市 大幅悪化
筑西市 大幅悪化 出生数前年同月比半減
守谷市 ほぼ変わらず
常陸太田市 大幅改善
大和市 大幅悪化
市川市 大幅悪化
柏市 大幅改善
仙台市 小幅悪化
いわき市 大幅改善
横浜市 大幅悪化
サイトの公表ページのデザインが変わった?
出生数が放物線を描いて落ちている。

流山市 小幅悪化
高萩市 小幅悪化
川崎市 大幅悪化
船橋市 大幅悪化
水戸市 ほぼ変わらず

我孫子市 大幅悪化
常総市 死亡数減で大幅改善
横須賀市 大幅悪化
茨城県主要都市計 大幅悪化

厚木市 大幅悪化

千葉市 悪化
福島市 大幅悪化

福島県主要3市計 悪化
鎌ヶ谷市 大幅悪化
小田原市 わずかに改善
神奈川県主要都市計 悪化
4年後には出生死亡比率は0.7程度に低下見込み。現在0.84
ひたちなか市 大幅悪化

市原市 大幅悪化

人口動態速報 2019/9 
日立市 出生死亡比率前年同月比大幅悪化
郡山市 大幅悪化
筑西市 大幅改善
守谷市 大幅悪化
常陸太田市 大幅悪化
柏市 大幅悪化 出生数増死亡数増
大和市 変わらず
市川市 大幅悪化
仙台市 わずかに悪化
いわき市 大幅悪化 2019/9出生数2010/1以降で最低
高萩市 大幅悪化
船橋市 改善
流山市 大幅悪化
市原市 大幅悪化
厚木市 大幅改善
松戸市 大幅改善
川崎市 大幅悪化

今月も横浜市よりも川崎の発表が早くなりました。横浜市は困惑しています。女性市長は子供数の激減とカジノ導入の功績者として歴史に刻まれるでしょう。
2019年10月07日
出生数急減は出産や子育てをしやすい環境が不備のためというのが大方の見方ですから、横浜市は環境不備が激しいことになります。環境を整えるためにカジノで税収確保? そのころには子供数が激減して施設は今のままでも足りるでしょう。市長さん安心してください。

水戸市 悪化  これはすごい。

常総市 大幅悪化
神栖市 大幅悪化

注目の 横浜市 変わらず
あらかじめお断りしておきますが、横浜市のデータは別に不適切な方法で入手したわけではありません。
管理人がチェックしているページは次の通りです。公表日は9月のままです。


ですが、上のページからリンクをたどった次のページのPDFは新しいデータが載っています。

横浜市内部の混迷を窺わせます。役所が公表を意図的に遅らせるというのはよく使う手ですけどね。

千葉市 大幅悪化
千葉県主要都市計 大幅悪化
我孫子市 大幅悪化
福島市 大幅悪化

福島県下主要3市 福島市、郡山市、いわき市計

2017年、2018年、2019年とガタガタと悪くなっていることがわかります。別に「高学歴」の者でなくても、座して健康障害の出現を待ちたくないという気になりますよね。
2019年9月中の3市の出生数計476人、死亡数 854人です。死亡数は高年齢層が厚いこともありさらに増えるでしょう。それこそ年寄りがいなくなるまで。年寄りがいなくなっても若い人がいれば町は活気があるでしょう。ですが、そうはなっていないのです。2010年9月の出生数は688人でした。9年で3割減っているんです。もちろん転出者が多かったこともあるでしょう。なぜ転出が増えたか、風説でも何でもありません。身の危険を感じたからです。

管理人は、自分自身の精神面、肉体面での衰えが急速に強まっていることを痛感しています。そして他方で、「あれっ、この人どうしたんだろう?」と怪訝に思うことが多くなっています。香港の暴徒の問題ではほんとに驚かされました。それ以前から斬新なコメントが寄せられるようになっていましたので、その延長線かと理解しましたし、それ以前の経験で何とかショックを吸収できましたが。怪訝に思うことの細部は今は書きません。そのうち機会があれば書くかもしれません。

核利用のメッカ ひたちなか市 大幅悪化
横須賀市 悪化
小田原市 悪化
鎌ヶ谷市

神奈川の人は、皆さんこんなふうに目が何しているんですかね。




人口動態速報 2019/8 
日立市 出生死亡比率前年同月比大幅悪化
郡山市 大幅悪化
筑西市 大幅悪化
仙台市 大幅悪化

守谷市 大幅悪化
柏市 変わらず
常陸太田市 大幅悪化
いわき市 大幅悪化
高萩市 大幅悪化
流山市 大幅悪化
市川市 大幅悪化
横浜市 大幅悪化 前年8月の0.93が0.82に低下

横浜の人たち、全然動じないんですね。人口が激減していくんです。子供がいない街はカジノや風俗でやっていくしかないんです。横浜市はよくわかっています。
常総市 改善
松戸市 大幅改善
神栖市 大幅悪化 死亡者急増
川崎市 わずかに改善
横須賀市 小幅悪化
船橋市 大幅悪化
厚木市 大幅悪化

この悪化を解くカギは、次のデータかもしれない。
2013年12月20日
2011/3、神奈川県の広い地域でベータ線込みの線量率ピークが5μSv/hに達していた

米国の測定データから北緯35.45、東経139.45の地点の測定データをグラフに落すと次のようになる。おおむね0.2マイクロシーベルトを上回って推移しているように見える。期間は、2011/3/22の8時8分から3/30の7時まで。日時は連続していない。


線量率が最も高かったであろう2011/3/15、3/21のデータが見当たらず、残念な思いがしていたし、このグラフの数値の水準が茅ヶ崎市や他のMPの測定ポイントに比べて高いことを不思議に思っていた。

ネットで流れた2011/3/15厚木で観測された線量率は、0.5ミリレムとか0.05ミリレムとか錯綜している。元は星条旗新聞のようで捜したら0.5ミリレムとある。0.005ミリシーベルト、5μSv/hになる。

U.S. Navy: Low-level radiation detected at some Tokyo-area bases
A level of 0.5 millirems of radiation was detected at Atsugi with similar levels at Yokosuka, said Atsugi public affairs officer Tim McGough. The radiation was detected coming from winds blowing from the northeast, he said.

空間線量率5μSv/hは、他のMPの3/15のピークに比べて格段に高いから、これはベータ線も含んだ線量率だろう。沖縄県で個人がベータ線込みで測定した結果でも1μSv/h以上出ており、ガンマ線だけの場合に比して格段の差が付くことはある。
さらにアルファ線による部分を加えれば被ばく量はもっと上がる。

我孫子市 変わらず
福島市 大幅悪化


大和市 改善
神奈川県6都市計 悪化
水戸市 大幅悪化


小田原市 大幅悪化

神奈川県主要都市計

鎌ヶ谷市 大幅悪化
浦安市 大幅悪化
市原市  大幅悪化
千葉県計 大幅悪化

人口動態速報 2019/7 
日立市 出生死亡比率前年同月比大幅悪化
郡山市 大幅悪化
筑西市 大幅悪化
守谷市 改善
柏市 大幅悪化
常陸太田市 改善
大和市 大幅悪化 出生数がこれまでの最高水準まで上がりましたが死亡数が厳冬期並みになっています。
流山市 大幅悪化 死亡数が増加
市川市 悪化
仙台市 大幅悪化
いわき市 悪化
横浜市 小幅改善
厚木市 大幅悪化
7月は各地で亡くなる方が高水準です。
横須賀市 出生数増で大幅改善
船橋市 大幅悪化
松戸市 大幅悪化
常総市 大幅悪化 前年出生数48人が20人に。
川崎市 わずかに改善
鎌倉市の公表が神奈川県の公表と同時かそれよりも遅くなっています。ほんの数年間でここまで落ちぶれるんですね。集計除外としました。
高萩市 大幅悪化
水戸市 大幅悪化
出生数が212人から178人に、死亡数が202人から256人に。出生死亡比率は前年同月の1.05から0.7へ低下。出生数死亡数の12か月移動平均。

4年経過でトレンドがブレ始め、5年経過で死亡数が増え始め、6年経過で出生数が減り始めるという経過になっています。夏になっても死亡数は高水準。これは他の地域でも見られます。
ひたちなか市 大幅悪化

日本の核利用開発の頭脳が集まっています。
千葉市 変わらず
市原市 変わらず
鎌ヶ谷市 死亡数減で大幅改善
我孫子市 大幅悪化
千葉県主要都市計 大幅悪化
福島市 変わらず
福島県主要3市計 大幅悪化
小田原市 わずかに改善
神奈川県主要都市計 わずかに改善
神栖市 大幅悪化
茨城県主要8市計 大幅悪化 特に出生数の減が大きい

2019/8/22に茨城県全市町村の数値公表か。
浦安市大幅悪化
千葉県主要10都市計 大幅悪化

人口動態速報 2019/6 
日立市 出生死亡比率前年同月比変わらず
郡山市 大幅悪化 出生死亡比率0.84が0.61に低下。出生数2010/1以降で最低を記録。

常陸太田市 大幅悪化
守谷市 大幅悪化
柏市 大幅悪化
常総市 大幅悪化
大和市 大幅悪化
市川市 変わらず
筑西市 わずかに改善
流山市 大幅悪化
仙台市 悪化
いわき市 小幅悪化
高萩市 小幅改善
横浜市 大幅悪化

月当りの出生数は福島第一原発事故直前に比して500人減っています。

浦安市 大幅改善
ひたちなか市 大幅改善
水戸市 改善
厚木市 悪化
船橋市 大幅悪化
横須賀市 大幅悪化
松戸市 悪化
川崎市 大幅悪化
我孫子市 小幅改善
神奈川県主要都市計 大幅悪化見込み
鎌ヶ谷市 大幅悪化
市原市 大幅悪化
千葉市 小幅悪化
千葉県主要都市計 大幅悪化
神栖市 大幅悪化
茨城県8都市計 ほぼ変わらず
2019/7/12現在未公表福島市、小田原市


人口動態速報 2019/5 死亡数急増はなぜ?
大和市 出生死亡比率前年同月比 悪化
日立市 悪化、死亡数2019/1に次ぐ高水準
郡山市 大幅悪化
守谷市 大幅悪化
常陸太田市 変わらず
筑西市 大幅悪化
高萩市 大幅悪化 死亡数2019/1を上回る
仙台市 大幅悪化、死亡数2019/1に次ぐ高水準
いわき市 大幅改善 死亡数減
柏市 大幅悪化
市川市 大幅悪化
水戸市 大幅悪化
神栖市 大幅改善

横須賀市 わずかに改善
川崎市 わずかに改善
厚木市 大幅悪化

常総市 改善
茨城主要都市計 大幅悪化
福島市 大幅悪化
福島県主要都市計 悪化
市原市 大幅悪化
ひたちなか市 大幅改善
船橋市 大幅悪化
千葉市 大幅悪化 死亡数前年の747人が843人に増加

鎌ヶ谷市 悪化
千葉県主要都市計大幅悪化確実
横浜市 大幅悪化 前年の0.91から0.79へ大幅低下 出生数大幅減
松戸市 大幅悪化
浦安市 大幅悪化 死亡数2010/1以降で最高を記録

流山市 大幅改善 死亡数減
小田原市 変わらず(出生数増、死亡数増)
神奈川県主要都市計 大幅悪化 0.92から0.84へ低下

日本の年齢別人口構成から出生数が減り、死亡数が増えることは避けがたいことだったのだが、出生数がここまで急激に下がると原因について触れるか否かは別として、自治体は中期計画を見直さなければならなくなる。

自治体の予算支出削減の方向で望ましいという面はあってもそのあとに続くのは、歳入の大幅減少、壊滅的な減少だ。

・・・・・

郡山、仙台、柏、市川、福島、船橋、千葉大幅悪化です。死亡数が例年ピークをつける1月並みあるいはそれを上回るところもあります。これは異常、異例です。

被ばく症状と疑われる症状の出た方は、この先、がんと中枢神経障害にご注意ください。
2019年05月30日
米国は放射性物質を撒き散らしている 劣化ウラン弾 **注目記事**の記事をお読みください。

英語で読むのはどうもという方は機械翻訳をお使いください。Chromeならクリック一つで翻訳できます。
Google翻訳も使えます。
https://translate.google.co.jp/?hl=ja&tab=TT
ただ、字数の制限がありますので適宜分割して翻訳してください。

中枢神経障害が生ずると一時的な意識途絶が生じます。運転中だと事故につながります。足の動きが不自由になった場合も車の運転に支障が出ます。チェルノブイリ事故当時は、被災地は今のような車社会ではありませんでした。

強い放射性物質汚染が車社会で起きた場合にどんな危険な事態になるか、日本が初めてのケースになります。


人口動態速報 2019/4 横浜市・千葉市死亡数急増 これはひどい
常陸太田市 出生死亡比率前年同月比大幅悪化
守谷市 大幅悪化
大和市 変わらず
日立市 大幅悪化
仙台市 悪化
いわき市 大幅悪化

筑西市 変わらず
柏市 大幅悪化

郡山市 大幅改善
横浜市 大幅悪化 出生数前年同月と変わらず、死亡数200人増の2,702人

厚木市 悪化
高萩市 大幅改善
横須賀市 ほぼ変わらず
我孫子市 大幅改善
市川市 大幅悪化
川崎市 大幅悪化
福島市 小幅改善
常総市 大幅悪化
流山市 改善
船橋市 大幅悪化
市原市 改善
水戸市 大幅悪化 出生数150人を割り込み2010/1以降で最低を記録
千葉市 大幅悪化 出生数が23人増、死亡数109人増
松戸市 大幅悪化 死亡数が1月から高水準で推移
神栖市 大幅悪化
茨城県8市計 大幅悪化
鎌ヶ谷市 大幅悪化 出生数5人減、死亡数32人増 0.81から0.52へ低下
小田原市 悪化
神奈川県主要都市計 悪化確定
千葉県主要都市計 大幅悪化確定

さて、どうしたらいいのか。もう、打つ手なしか。

今月は連休のせいもあり全体的に遅れています。自治体も死亡数が前年同月比100人、200人と大幅に増えたり、出生数が過去最低を示したりして当惑していることがうかがわれます。千葉市は、いつも最も遅いほうなのですが、今月は15日までに発表できませんでした。市職員の事務処理能力に不足が出てきたのか市の幹部が慌てふためいているのかは不明です。浦安市は、5/20正午現在未公表。もともと事務処理能力が低位にありますが、さらに深刻化する?
鎌ヶ谷市もいつも遅いのですが、今月の結果は悪い?(やはりそうでした)
一時はあこがれの高級住宅地で通勤客はグリーン車が普通だった鎌倉市、独自の公表を事実上止めてしまいました。住めたものじゃないとの定評が定着です。
5/20から県によるとりまとめ結果の公表が始まります。

2019/3人口動態速報 17年後東葛4市の赤ん坊は2013年の半分になる
常陸太田市 出生死亡比率前年同月比大幅改善
神奈川県大和市 大幅悪化

出生数の減よりも死亡数の増の勢いが勝ります。ここまで指標が悪化すると、何らかの体調不良を感じたらとにかく病院へ と申し上げるしかありません。近隣地域も同様な状況とみられます。

神奈川県下の病院はパンク状態が近いのではないかと思いますが、いかがですか。自覚症状も前兆もなく亡くなっていく方が多いんでしょうか。

茨城県守谷市 大幅悪化  出生数2009/11以降で最低 出生死亡比率前年1.56が本年1.13へ低下
郡山市 大幅改善
茨城県筑西市 大幅悪化
茨城県高萩市 大幅悪化
茨城県日立市 大幅悪化
柏市 大幅改善
仙台市 大幅悪化
いわき市 改善
市原市 悪化
市川市 わずかに改善

横須賀市 大幅悪化
川崎市 小幅悪化
ひたちなか市 悪化

横浜市の公表が遅れています。川崎市に先を越されました。よくない予感が。
横浜市 小幅改善

死亡数の増加が一服ですが、出生数の減少は加速しています。

松戸市 大幅悪化
福島市 小幅改善
福島3市計 改善

船橋市 悪化 出生数2011/1以降で最低を記録


浦安市 悪化
水戸市 小幅悪化
常総市 変わらず
厚木市 改善

千葉市 わずかに改善
神栖市 悪化
茨城県8市計 大幅悪化
流山市 大幅悪化
鎌ヶ谷市 大幅悪化
我孫子市 大幅悪化

千葉県10市計 前年よりわずかに悪化。千葉県下は出生数が減少ですが死亡数も低位で柏、市川、千葉が改善したために指数の大幅悪化は免れました。

小田原市 大幅改善
鎌倉市 変わらず
神奈川県主要7市計 変わらず




各地とも2015年の半ばころから出生数が目立って減っています。福島第一原発事故から4年経過です。大和市も横浜市も、東葛地域も。なんでしょうね。

被ばくに起因するものとすれば、現在子供を産んでいる人は8年程度の被ばく累積があります。これから出産適齢になる人は被ばく累積年数がさらに長くなります。2011年に生まれた人が25歳になるのはあと17年後。

柏・松戸・船橋・市川計で見るとこの4年間で月当たり1,460人から1,330人へ130人減っています。この先17年間このペースで減れば、4.25×130=552人

減少ペースは時間の経過とともに上がるでしょう。子供の数が減っている。17年後に600人減るとみれば、現在の1,330人が730人になるということです。2013年の半分の水準ですね。

単純な推計ですが、トレンドがはっきりと出ているので当たると思います。

死亡数についても見てみます。

死亡数は、2015年の早い時期から増大しています。北ウクライナについて登録患者数の割合を示すグラフがあります。次はそのデータを使いそのまま日本の福島第一原発事故後の期間にあてはめたものです。同じような傾向だとみてよいでしょうか。ただ、死亡数の伸び方は北ウクライナの患者割合の伸びよりも速いように見えます。



これは、日本では被ばく抑制策がとられなかったことと高齢人口が多いことによるものではなかろうかと考えています。これまで高齢者を中心に死亡数が増えてきましたが、新生児が生まれないということは成年層の身体のメカニズムに変調が生じているということであり、女性で妊娠しにくい現象が出ているのであれば男性にも何らかの変調が起きているはずであり、今後それが死亡増という形で顕在化してくるでしょう。

がんなどの深刻な病気のほか突然死も続くだろうと見られます。若い人にです。

※ うにやん @takecoma氏の9:41 - 2019年4月11日のツイート
前までは被曝の影響について「んなわけないでしょ」な感じだった医療関係の友人が「確かに最近急性心不全と白血病が増えている」と言っていたので「それってさあ...」という話をしたら珍しく神妙な顔つきで頷いていた。10年が節目だと考えていたけど少し早いのかも。

2017年06月01日
やはりチェルノブイリの経験どおりに事態は動いている

2019/2人口動態速報 仙台市悪化加速 厚木市悪化継続
常陸太田市 出生死亡比率前年同月比大幅悪化
日立市 大幅改善
浦安市 大幅悪化
大和市 大幅悪化
筑西市 変わらず
高萩市 大幅悪化
柏市 変わらず
いわき市 小幅改善
神栖市 大幅改善
守谷市 変わらず
仙台市 大幅悪化

汚染がないはずの仙台市、悪化が加速しています。宮城県全体でも山形県との格差がついています。女川での線量率測定結果、仙台空港にいた米軍兵士の被ばく症状から初期吸気被ばくが大きかった人も相当いた可能性があります。時間の経過とともに悪化が進む恐れ。
2019年02月19日
おやじに爺! よく見ろ! あんたの種は全滅だな
横浜市 大幅悪化


市川市 大幅悪化 単月出生死亡比率2010年以降で最低
常総市 大幅悪化
横須賀市 大幅悪化
松戸市 悪化
我孫子市 大幅悪化
郡山市 大幅悪化 単月出生死亡比率2011/1以降で最低
市原市 小幅改善
川崎市 悪化
船橋市 改善

神奈川県7都市計 前年同月比 悪化見込み

福島市 わずかに改善
福島県主要3市計 変わらず

水戸市 大幅改善
茨城県主要8市計 改善

厚木市 悪化 この10年で単月出生死亡比率が最低を記録。




ひたちなか市 出生死亡比率大幅悪化 出生数2010/1以降で最低
鎌ヶ谷市 大幅改善
千葉市 悪化
小田原市 改善
流山市 変わらず
千葉県10都市計 前年同月比 小幅悪化悪化

開示終了

2019/1人口動態速報 
1月は例年生まれる人の数が減り、亡くなる人の数が増えて出生死亡比率が下がります。この1月はインフルエンザの流行もあり、亡くなる方の数が大きく増えています。よく調べていませんが、データを転記している時に女性の死亡数が多いと感じたところもありました。

守谷市 2009/11以降で出生死亡比率最低 0.655。
柏市 2008/1以降で死亡数最大、400人突破。
大和市 死亡数2010/2以降で最大
筑西市 出生死亡比率前年同月比変わらず
常陸太田市 出生死亡比率大幅悪化
水戸市 改善
高萩市 改善
市川市 小幅悪化
郡山市 小幅悪化
いわき市 大幅悪化
神栖市 大幅悪化、死亡数2011/1以降で最多
日立市 大幅悪化
仙台市 大幅悪化
横浜市 悪化
浦安市 変わらず
鎌ヶ谷市 改善
我孫子市 大幅改善
市原市 悪化、出生死亡比率0.5を割り込む
常総市 改善、死亡数2010/1以降で最大、100人を突破。外国人の出生者数4人、死亡者数3人。
横須賀市 大幅悪化 2010/2以降で死亡数最大。550人超。
厚木市 大幅悪化 2010/2以降で死亡数最大。210人超。
川崎市 大幅悪化
神奈川県7都市計 暫定値

福島市 大幅悪化、出生死亡比率0.385、死亡数400人に到達。
松戸市 小幅悪化
流山市 大幅悪化、死亡数2010/1以降で最大
小田原市 大幅悪化
船橋市 大幅悪化
千葉市 大幅悪化、2019/1死亡数999人
千葉県10都市計出生死亡比率 0.7割れ。


船橋市人口 64万人 2019/1死亡数583人
千葉市人口 99万人 999人
川崎市人口 152万人 1,259人
横浜市人口 374万人 3,590人
posted by ZUKUNASHI at 11:31| Comment(10) | 福島原発事故

今日の学習成果 世の中は変化している

このブログには「楽しいこと、幸せなこと、ほっこりすること」などの快いことは書いてありません。戦争やテロの生々しい残酷な画像も掲げます。そのような画像が苦手な方は他の有益なサイトへどうぞ。
黒字は引用転載部分、青字は管理人のコメントなど
※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 
※ 
※ 
※ 
※ 
※ ツイート
新しいツイートを表示
会話
依智子

※ mko@trappedsoldier氏の2019/12/12のツイート
ヘッジファンド・ポールシンガーとグルになって、アルゼンチンの国庫を空にしようとしたNYの判事も! 罪もなく1年以上刑務所に入れられたイランの医学博士が、「アメリカの法の支配はハリウッドの中だけ」と語っていますね。メチャクチャ。

※ 依智子四つ葉自由貿易協定反対FAX運動最優先四つ葉@H07S4氏の午後10:15 ・ 2019年12月12日のツイート
返信先: @trappedsoldierさん
そんな事が…。
法の支配は米国にないということは、やはり本物の民主主義とは程遠く、飾りを取れば、中国や北朝鮮とさほど変わらないということですね。
日本もその気配に染まってきつつあるのを感じています…。

※ mko@trappedsoldier氏の2019/12/12のツイート
CIAのデマ情報戦。
アンゴラで戦うキューバ軍兵士が、女性をレイプしているというニュースに世界はショックを受けた。後に、アンゴラ駐在CIA責任者が、いかにデマ情報を作り、広めたかを白状した。

※ mko@trappedsoldier氏の2019/12/12のツイート
中国? 違うよ。アメリカだよ。アメリカのジャーナリズムなど、自分たちは例外主義で世界最高峰と思っているかもしれないが、低レベルのサイコパスのプロパガンダ。今話題のワシントンポストを誰が買った? 知っている? https://twitter.com/YAPONLUQ/statu

※ 川流桃桜@AgainstEmpire@kawamomotwitt氏の2019/12/12のツイート
パックス・アメリカーナと云うのは、要するにアメリカ帝国の覇権拡大にとって都合の良いことしか許されない世界のこと。アメリカ帝国は平和の使者などではなく、寧ろ他者の平和をぶち壊すことに異常なまでの執念を燃やす。>

※ MFA Russia@mfa_russiaの2019/12/12のツイート
#Zakharova: On Dec. 12-13, Nicaraguan Foreign Minister Denis Moncada Colindres will pay a working visit to Moscow. On Dec. 13, he will have talks with Sergey #Lavrov, following which a Joint Statement will be adopted. The visit marks 75 years of Russian-Nicaraguan diplomatic ties

※ mko@trappedsoldier氏の2019/12/12のツイート
暴動が続いたイラク。屋上のガンマンが、デモ参加者を射殺。そして「暴動危機の解決に援助して欲しければ、反イラン姿勢を取れ」とイラクに迫った米政府! やっぱり! 欧米メディアは、イラク治安部隊・ハシド軍が市民殺害と報道し、米国はハシドを制裁。しかし、本当の犯人は米国!

※ sivad@sivad氏の2019/12/11のツイート
“「セックスレスの解消」をうたう宋美玄プロデュースの補正下着「締めキュット」、クラウドワークスで口コミを量産:「想像でOK」 - remcat: 研究資料集”
・・・sivad氏が男性なら博識に脱帽。

※ mko@trappedsoldier氏の2019/12/11のツイート
世界ウイグル会議から派遣され「収容所の中で終始、手錠をはめられていた」とバカ話を証言した男性。これを「真実」と紹介してきたのはあなた。これを記事にして儲けたのが志葉玲や玉本英子。米軍需産のための広告代理店産業。大きな金が動いていますね。そりゃ何十・何百兆円市場だもの!

※ mko@trappedsoldier氏の2019/12/9のツイート
程冠熹はCIAの指示で、覚せい剤を密輸しようとした? これ、まともに捜査したらCIAの犯罪に行き着く? だから、メディアが米CIAの指示で一斉に削除? 覚せい剤密輸で起訴しながら、無罪放免にでもする気? 覚せい剤関連のニュースを、全面的に削除するなんて異様だ!

※ My View My Point@myviewmypoint氏の2019/12/9のツイート
Replying to @trappedsoldier
“自由”の世界の恐ろしさ。関連記事が一斉に消された。見えざる黒い手によって。

※ mko@trappedsoldier氏の2019/12/9のツイート
香港暴徒の程冠熹被告(22)が覚せい剤を、アメリカから日本に密輸しようとし逮捕起訴された件を、なぜ日本のメディアは必死で削除している?

※ mko@trappedsoldier氏の2019/12/9のツイート
ね、おかしいでしょう。最初はなぜニュースにならないんだろうとちょっと疑問に。でも、どのメディアもことごとく削除していて驚いた。香港暴徒が日本で覚せい剤を密輸! 芸能人より衝撃的ニュース。ここまでするのは裏がありますね。覚せい剤ニュースを抹殺する日本メディア。これ自体が大ニュース!

※ mko@trappedsoldier氏の2019/12/9のツイート
404! 驚! 記事が削除されている! ますます怪しい!
【民泊宛てに送った「ボードゲーム」の箱に覚醒剤。中国籍の無職・程冠熹被告(22)は、先月19日、覚醒剤約2.6キロ、末端価格にして1億5500万円分を国際宅配貨物としてアメリカから関西空港に密輸しようとした…】

※ 熊猫さん@xiongmao53氏の2019/12/9のツイート
Replying to @trappedsoldier
《程冠熹》でググると、日本語の記事のリンクが出てきたが、削除された模様(呆)。


※ mko@trappedsoldier氏の2019/12/9のツイート
He was arrested on 19th Nov. in Japan and now in jail. He had attempted to smuggle drugs into Japan from US.

※ MIHARU@miharuya氏の午後2:49 ・ 2019年12月9日のツイート
ABC关西已经搜不到这条新闻了,intresting


※ MIHARU@miharuya氏の午後10:25 ・ 2019年12月9日のツイート
顺手搜了一下其他网站的,google显示出曾经是有过一堆新闻页面,但点进去全是404,所以现在这是哪一出嘛,港版王立强?


※ 2019/12/10、ラブロフがワシントンでポンペオと会談予定。

※ 最近、海外のサイトを見るとクッキーを使用することについて閲覧者の同意を求められることがあります。次のEUの規制と関連しているようです。
EU一般データ保護規則(EUいっぱんデータほごきそく、英: General Data Protection Regulation; GDPR)

※ Hiromitsu Takagi@HiromitsuTakagi氏の2019/12/7のツイート
オイオイ、なんで日本政府のサイトがGDPRなんだよ。
https://cio.go.jp/outline

※ Hiromitsu Takagi@HiromitsuTakagi氏の2019/12/7のツイート
アルエエエ? 「︎同意する」を押す前からトラッキングcookieがセットされて送信されてるじゃん騙されたわ怒り(ムカッ)
EUの偉い先生に通報して、日本国内閣官房IT総合戦略室に課徴金食らわせようずー。

※ 佐々木康介∞@redsasakou氏の午後9:06 ・ 2019年12月7日のツイート
Replying to @HiromitsuTakagi and @oyageng
GDPRは欧州から見られる可能性がわずかでもあれば対応しないとゼロリスクにならないからじゃないでしょうか。cookie取ると向こうの法律だと個人情報取るとみなされるので。
午後9:06 ・ 2019年12月7日・Twitter Web App

※ 会員限定有料記事 毎日新聞2019年12月5日 13時30分(最終更新 12月5日 13時30分)
エボラワクチン、東大医科研が臨床研究へ 国内初、人工合成で無毒化
 致死率の高いエボラ出血熱のウイルスのワクチンを人に投与して安全性を確かめる臨床研究を東京大医科学研究所(東京都港区)のチームが今月から始めると5日、発表した。国内でエボラワクチンの臨床研究が行われるのは初めて。
 人工的に合成した無毒化ウイルスを使うため、海外のワクチンに比べて副作用が起きにくいと考えられる。国際的な課題となっているアフリカ地域での流行防止に役立てることを目指している。
 臨床研究は研究所の付属病院で四柳宏教授らが実施。募集した健康な成人男性30人を対象に行う。

※ mko@trappedsoldier氏の2019/12/5のツイート
イエメンの対空防衛ミサイルが、サウジ南部アジールとジャイザンで、サウジのスパイドローン2機を撃墜した! 
これにより、今週、撃墜したサウジ機は4機になった。
サウジのアパッチヘリがサアダで、攻撃ドローンがハジャで撃墜されている。

※ 4nwanelson@4nwanelson氏の2019/12/5のツイート
アンスケア議長、放医研理事長を歴任のささやんがチェック。山下さんのキャスティングかしら?
放射線審議会とICRPの委員を務める甲斐さんがいうように、ほんとに原子力関連は人材がいないのだなぁ。。

会計事務処理に関する報告書について
https://fmu.ac.jp/univ/daigaku/t

※ mko@trappedsoldier氏の2019/12/5のツイート
「脳死状態」のNATOの年間軍事予算は、100兆円を超えている。他方、ロシアはその23分の1の5兆円。それでも、嘘の「ロシア脅威」が、さらに税金の無駄遣いを正当化するために利用されている。軍需産業にとってはいい商売。世界の平和と安定にとっては非常に危険だ―在カナダ・ロシア大使館

※ ガイチ@gaitifuji氏の2019/12/3のツイート
番組では、マグロ激減の本当の原因は、日本の報道でよく見かける中国の乱獲などではなく、いい加減な資源管理のやり方、そこに輪をかける日本の2大大手企業の横暴さ、そしてそれら全てを黙認する水産庁という構図であることを浮き彫りにする

※ mko@trappedsoldier氏の2019/12/3のツイート
米政府、CIA、メディア、人権NGOがなぜこれ程、中国の再教育センターを憎悪するか分かりましたか? 米国はウイグル人をワッハビで洗脳リクルートし、シリアに送り訓練。せっかく育てた再凶悪のテロリストの洗脳を解き、市民生活に戻すようなことをされれば台無し。テロリストは貴重は武器であり財産! https://twitter.com/YAPONLUQ/statu

※ mko@trappedsoldier氏の2019/12/3のツイート
【緊急!】ウクライナの極右が香港の暴徒に合流した! 記者証まで持っている。少なくとも2人はEUで入国拒否されている。入れ墨や様子から判断すれば、彼らはウクライナのネオナチだ。
誰が連れて来た? CIA以外にいない!

※ mko@trappedsoldier氏の2019/11/29のツイート
サウジのメディアを引用し、そのまま反イランプロパガンダを展開する安田純平。米・イスラエル・サウジが、この数十年間イラクに対して何をしてきたか! 安田の同情と共感は、米国とISISに向けられている?

※ 大袈裟太郎@oogesatarou氏の2019/11/29のツイート
絶望は漂っていないと思う。
香港市民たちが選挙や平和的なデモ、アメリカの人権法で彼らを救った。
最悪の事態は回避された。
この終幕には、むしろ希望を感じる、ひとつの成功体験だと思う。
#SOSHK #polyu #香港デモ #standwithhk
https://twitter.com/wsjjapan/status/1200159964280631296?s=21
https://twitter.com/wsjjapan/status/1200159964280631296
・・・バカジャネ

※ https://twitter.com/i/status/1200701655790084096

※ mko@trappedsoldier氏の2019/12/1のツイート
米軍基地の周辺で生まれた子どもに、深刻な先天性奇形症が見られる。いろんな武器弾薬・化学物質の中、特に劣化ウラン弾が原因として考えられる。米国は自分たちの戦争犯罪がなかったかのような顔で、人権・民主主義を語る

※ Alwaght@EnglishAlwaght氏の2019/12/1のツイート
Iraqi Children Born Near US Military Base Show Elevated Rates of ’Serious Congenital Deformities: Study
http://alwaght.com/en/news/167167
#IraqiChildren #USMilitary #USCrimes

※ https://twitter.com/i/status/1200970384511655936
この動画がリツイートの嵐となっています。
Yaaamane@K_yamane06氏の2019/12/2のツイート
I’ve never been jealous of a twitter couple until now, THIS IS SO CUTE
The patience to catch and Cook all this, the way he peels it for her, I want this

※ mko@trappedsoldier氏の2019/11/27のツイート
フランス人の国連職員ディディエ・ブルグェは、多くのアフリカ人少女をレイプしてきた。いったい何人レイプしたのか聞かれても「分からない」と答え、子どもとのセックスを国連の文化だとうそぶいている。しかし国連が人道組織だと、人に信じ込ませようとする

※ Cassandra Fairbanks手(チョキ)️@CassandraRules氏の2019/11/26のツイート
I’m constantly amazed that Fox News hasn’t banned Tucker Carlson from telling the truth yet. This man gets it.

※ 墨東公安委員会@bokukoui氏の2019/11/23のツイート
これは露骨に差別ではないか。教員がこのような発言を公にするということを、東大当局は見過ごしてはならない。それにしてもどういう経緯で准教授にしたんだ、こんな輩。
引用ツイート
大澤昇平 :: AI 救国論@Ohsaworks氏の2019/11/20のツイート
弊社 Daisy では中国人は採用しません

※ 毒舌れいちぇる足跡@20kg95645865氏の2019/11/21のツイート
これは多分批判される内容だと思うんだけど言う。
私はこれ以上この国で子供を産むのが怖い
でも選挙に行かない知り合いのママさんは3人目計画中だって言ってた
私は今の娘に日本以外でも暮らせるように英語の教材とかもやらせてるけどそれでも不安
この国に産んだ責任を全うしたいから政治を正したい

※「自殺」を強制されたときの逃れ方

https://twitter.com/BroGuyFawkes/status/1196948700054130688/photo/1 から

※ 飛行機から滑り台での脱出はすごい勢いがつく。私なら絶対に地面に叩きつけられると思う。
https://www.rt.com/news/474034-odessa-plane-nose-landing/

※ オッサン@bob_hoffman_jp氏の2019/11/21のツイート
何故安倍政権がこれほど続いたか。「日本国民が政治的に成熟していなさすぎるから」に尽きるだろう。これに対して問題提起すらできない日本のマスメディアが「ジャーナリスト」を気取ってみせる姿は噴飯ものだ。

※ Going Underground on RT@Underground_RT氏の2019/11/21のツイート
"Israel is our enemy...every time the Syrian Army advanced against those Al-Nusra terrorists...Israel used to bombard our troops"

-Syrian President Bashar al-Assad to @afshinrattansi
as Israeli warplanes illegally struck Damascus

Watch: https://youtube.com/watch?v=1J3b14

※ Fares Shehabi@ShehabiFares氏の2019/11/20のツイート
When Israel illegally occupied the Golan Heights in 1967, Iran was an Israeli ally..! Hence, attacking Syria on the claim of Iranian threats is a big fat lie..! Soon, Israel will loose its advantage and its demise will then be inevitable..!

※ ろす@3210ponta氏の2019/11/19のツイート
医療者関係者の人は、ニュースではなくこちらを読んで下さい。すごくすごく何が起こったのかがわかりました。

京大病院のメイロン誤投与
https://kuhp.kyoto-u.ac.jp/info/pdf/20191

・・・引用終わり・・・

医療関係者でなくても何が起きたかは理解できる。京大病院は怖いぞ

※ RT2019/11/19 
Israeli warplanes strike Damascus, air defenses destroy ‘most’ of the hostile missiles
Syrian air defenses have repelled an Israeli raid, intercepting several “hostile missiles” over southern Damascus, and destroying the majority of them before the projectiles hit the ground, state news agency SANA reported.

Citing a Syrian military source, SANA reported on Tuesday night that Syrian missile defenses came under “heavy attack” by Israeli warplanes that targeted the Damascus area from the Israeli-controlled part of the occupied Golan Heights and Lebanese airspace near the town of Marjayoun.

A video purporting to show the aftermath of the attack has emerged on social media. Footage posted by Syrian journalist Majd Fahd shows a huge ball of fire engulfing a building in southern Damascus, while explosions can be heard in the background.

※ https://news.yahoo.co.jp/byline/seodaegyo/20191118-00151417/

※ mko@trappedsoldier氏の2019/11/18のツイート
香港で暴徒の仲間になり、「宗教の自由」を語る牧師ウィリアム・デブリンは、イラクのクルディスタンでも国務省とともに「宗教の自由」を語っていた。モサドやCIAの巣、クルディスタン?

※ mko@trappedsoldier氏の2019/11/18のツイート
台湾海峡を通過する中国の空母群を、米艦船と自衛隊艦船が追尾! 憲法上大問題ではないのか?! なぜ自衛隊が、自国海域を航行する中国艦船を追尾する? 世界中で軍事緊張を煽る米軍の道具として、自衛隊が使われている。メディアは「中国が空母を自慢」とあほみたいな記事


                
posted by ZUKUNASHI at 01:06| Comment(2) | 福島原発事故

2019年12月12日

F-35’s troubled present & uncertain future: Japan eyes local assembly of the fighter jet that faces new problems in the US

F-35’s troubled present & uncertain future: Japan eyes local assembly of the fighter jet that faces new problems in the US
The F-35 program continues along its rocky path to full-rate production, facing new challenges such as a persistent lack of spare parts, poor repair capacity, and what is most dreaded – grumpy lawmakers reluctant to foot the bill.

Japan is looking to re-launch domestic production of the F-35 5th-generation fighter jets, local media reported on Wednesday. Earlier, Tokyo opted to purchase the US-made aircraft, but now the F-35’s local assembler – Mitsubishi Heavy Industries – has managed to shave the costs.

A single unit assembled in Japan is now expected to cost 9.37 billion yen ($86.3 million), compared with 9.42 billion yen ($86.7 million) to ship the plane from the US. The difference is not that big – and after all, there’s nothing wrong with simply ‘gifting’ the modest sum of $400 thousand per unit to their main ally.

Still, Tokyo is opting for local assembly – presumably hoping that the famed Japanese quality will at least save the technical issues-ridden plane from assembly-line troubles.

Technical issues persist while costs soar

The most recent blunder in the embattled F-35 program occurred last month, when aircraft deliveries were halted for two weeks after the manufacturer – Lockheed Martin – discovered a mix-up with the fasteners. Early in November, the military was notified that a “co-mingling” of titanium and Inconel fasteners occurred on the assembly line, affecting an unspecified number of planes, Pentagon acquisition chief Ellen Lord revealed on Tuesday.

The manufacturer and the military assessed the situation, and the affected machines were deemed “safe to fly,” according to Lord, who did not elaborate on whether the fasteners will be replaced in the future. Instead, she said she was “fully confident” that “we have strong quality systems” in the F-35 program – and basically, there is nothing to worry about.

The “strong quality systems” part, however, might be a bit of an exaggeration, since the Pentagon itself has repeatedly acknowledged critical issues plaguing the aircraft, which has shown very low reliability and inadequate repair capacity. The F-35 fleet does not only fail to meet the ambitious 80-percent combat readiness level, but actually falls short of the lower threshold of 65 percent, the Pentagon’s Operational Test and Evaluation (OT&E) Director Robert F. Behler told the House Armed Services Committee early in November.

“None of the F-35 variants is meeting either the reliability or the maintainability metrics,” Behler stated. “In short, for all variants, aircraft are breaking more often than planned and taking longer to fix.”

Low reliability is compounded by a chronic shortage of spare parts, as well as soaring maintenance costs. While it’s hard to tell the real costs of the program – which is blamed on “insufficient planning” surrounding the projects – the estimates speak for themselves. During the F-35 program’s planned 60-year lifecycle, the procurement costs are expected to reach over $406 billion, while maintenance will cost more than $1 trillion.
posted by ZUKUNASHI at 22:52| Comment(0) | 国際・政治

F1の収束作業はこの先どうなるんだろう

※ 二太郎@2tarou氏の2019/12/12のツイート
デブリ搬出1グラムから検討 F1 /  東京新聞  : 瀬戸の風 http://ow.ly/R09x30q16fq

・・・・・・

F1の収束作業はこれからどう進むのでしょう。

要するに、原発事故を大火などと同じように扱いたいんですよね。小出氏が原発事故があると「国破れて山河あり」にはならないと述べていたと記憶します。

「立ち入れない山河」にはしないというのが核利用推進者側の目標なのでしょう。

@ 土地の放射性物質汚染は、除染作業でごく一部を取り除き、居住不可の場所を局限する。

A 放射能被ばくによる健康被害は、放射能被ばくとの因果関係を否定する。

この2点は強引に進められてきました。

B 事故を起こし、強烈な汚染があるF1の施設はどうするんでしょう。@、Aからすれば、更地に戻すのがベストです。何もなかった、何も起きなかった場所にする。

A 石棺化は、計画では検討すらされていないようです。

B 汚染水は海洋放出が有力な選択肢、現在でも汚染水は海に流れ込んでおり、事実上止めようがない。

仮にF1の敷地を更地に近い状態に持っていく、事故の痕跡がない状態に持っていくとすれば、核燃料の取り出しは必須条件です。

さもないと未来永劫に放射性物質に触れた濃厚汚染水が太平洋に流出する。放射性物質を含む蒸気が地面から噴き出すということになります。

放射能測定器を持った人が近づいて、静かに顔を見合わせるような状態ではだめなんでしょう。

溶融核燃料の固まったもの、デブリは、原子炉格納容器内、原子炉格納容器外の底に接する部分、原子炉格納容器外の地中(深浅含め)にあると見られます。

放射能の強さを考慮しなければ、取り出しやすいのは原子炉格納容器内。まず原子炉内のデブリを除去する。

そして原子炉、原子炉格納容器と建屋を除去する。

原子炉格納容器外の底に接する部分のデブリを除去する。

地中のデブリを除去する。

こんな順序になるでしょうか。膨大な放射性廃棄物が産まれます。

放射能の強いデブリは、そばに寄れない。遠隔操作で動かすにしても、どこに保管する? 

原子炉格納容器は厚い鋼鉄製です。切断して運ぶのでしょうか。放射性廃棄物としてはこれと建屋の建物がかさばります。

汚染水タンクの置き場所すらないというのに。F1の敷地外のどこに置く?

建屋の除去のためには、建物底部の汚染水を抜かなければならない。この汚染水はどうする?

チェルノブイリの石棺は、原発事故の負の象徴です。二つ目は作らせないという、推進陣営の方針があるようです。

福島第一原発の事故処理は、世界に散らばる原発の過酷事故の際の対処の先例になります。日本はまだカネがあるからいろいろできるという面があるでしょう。原発事故があっても自己責任で対処しろというわけです。

彼らには、日本人の命など吹けば飛ぶほどに軽いものなのかもしれません。

それでは、日本に住むものとしては耐えられないのですが、それは耐えてもらう、許容させるというのが推進陣営に支配された日本政府の方針です。

おそらく、上に書いた方針に沿って事故処理が進むと思われます。

収束作業従事者の被ばくは途方もなく大きくなり、被ばくが原因で亡くなる方も多数に上るでしょう。

そして従事者でなくても、日本に住む限り、この先被ばくが累積するリスクは大きなものがあります。例えば建屋の撤去になったとき、粉塵は飛び放題に飛ぶでしょう。3号機でその前例があります。

原子炉建屋だけではなくタービン建屋の撤去でも膨大な放射性物質に汚染された粉塵が飛ぶでしょう。それに続いて原子炉格納容器の除去。

そして、それがいつになるかはわからない。収束作業が30年になるか、50年になるか、100年になるか。東海第一の廃炉作業でも建物などはほとんど手つかずのままです。

福島第一原発事故の月に生まれた人たちは、その人生の終盤で福島第一原発の収束作業が終わっているのを見ることは難しいだろうと管理人は考えています。
posted by ZUKUNASHI at 22:34| Comment(2) | 福島原発事故

記録のため

https://www.aljazeera.com/indepth/features/life-death-rescued-migrants-recall-libya-hell-191209173850299.html

Feature / Human Rights
'Between life and death': Rescued migrants recall Libya 'hell'
Libya is major gateway for African migrants hoping to reach Europe but they face 'unimaginable horrors' in the country.
Faras Ghaniby Faras Ghani
24 hours ago

Onboard the Ocean Viking in the Mediterranean - Forty-two-year old Florent* took off his life jacket, knelt to the floor of the Ocean Viking, a migrant rescue vessel, and let out a roar.

He looked up, index fingers pointing to the sky as tears rolled down his cheeks, trickling between grease stains and cracked, dry skin on his face. His eyes were red, not least from the trauma of being out on the sea for more than 36 hours after spending five years in Libya.
More:

In Pictures: Meet the rescuers saving migrants from drowning in a 'sea of blood'

Q&A: MSF official on migrants' rescue efforts in Mediterranean

Migrants stuck at sea aboard rescue ship Ocean Viking for 11 days

"If I die right now, I'll die with no regrets. I've managed to escape Libya. It was hell. Nothing less than hell," Florent, from Cameroon, told Al Jazeera after being rescued together with 89 other migrants and refugees from an overcrowded rubber boat in distress in the central Mediterranean.

"If the Libyans [coastguards] come on board right now, I will smash my head into that wall, slit my throat and jump into the water. That will be so much better than going back to Libya," he said, the quaver in his voice evident despite the smile that belied the pain, agony and distress of the last five years he spent in the North African country.
How rescues are carried out in the Mediterranean by the Ocean Viking

Behind Florent was Karim*, a 16-year-old from Ivory Coast, whose dream of playing football in Europe led him to run away from home in 2016 without telling his parents.

Wearing Juventus football club track bottoms, Karim had a wide smile on his face, more out of relief than anything else, as he queued up for registration.

"You see this," he said, pointing to his shoulder, "this is where a Libyan stabbed me when I asked for money for the work I did for him."

He then pointed to his right leg and said, "This is where I was shot while waiting for work in Tripoli."

"There is complete lawlessness there. Everyone has guns and knives. There are no rights for black people, even someone who has been stabbed or shot."

Libya acts as a major gateway for African migrants hoping to reach Europe. According to the United Nations, there are more than 40,000 refugees and migrants in Libya.

However, a 2018 UN report highlighted that migrants are subjected to "unimaginable horrors" from the time they enter Libya, during their stay and in their attempts to cross the Mediterranean, if they make it that far.

These people arrive in Libya fleeing poverty, conflict, war, forced labour, female genital mutilation, corrupt governments and personal threats. Just the will to survive drives them away from home and into Libya, transiting through various countries on the way.

Some arrive in Libya by choice, others by force. For some, Libya is a country of destination and not transit. The promise of livelihood forces the testing and exhausting journey from home, unaware of what awaits them en route and also when they set foot in Libya.
Migrants rescued from Mediterranean on Ocean Viking after fleeing Libya
Migrants and refugees being rescued from a boat in distress in the Mediterranean [Faras Ghani/Al Jazeera]

"This journey is horrendous. It is perilous and very challenging," Michael Farc, project coordinator for the medical charity Doctors Without Borders (MSF) on board the Ocean Viking, told Al Jazeera.

"People generally have to deal with criminal networks and traffickers. There is extortion, abuse, physical and sexual violence and arbitrary detention where people are held for ransom, forced to contact their families to send money to secure their release. And once they arrive in Libya, they face the same situation."

Libya, a large oil producer, has been engulfed by chaos since 2011 when longtime leader Muammar Gaddafi was killed in an uprising.

It is now split between two rival administrations: the internationally backed Government of National Accord (GNA) led by Prime Minister Fayez al-Sarraj, and the House of Representatives allied to renegade military commander Khalifa Haftar and his Libyan National Army (LNA).

About 4,500 people are currently held in "official" detention centres across Libya. Thousands more are held in "prisons" run by armed groups. Both types are said to be overcrowded with unhygienic and inhumane conditions, with abuse and violence rampant. There is a shortage of food and drinking water, but an abundance of torture and forced labour.

These detention centres are not safe from the conflict either. One centre in the eastern Tripoli suburb of Tajoura was bombed earlier this year, killing at least 50 migrants and refugees and wounding more than 130.
Migrants rescued from Mediterranean on Ocean Viking after fleeing Libya
Not all migrants who left Libya came to the North African country to go to Europe [Faras Ghani/Al Jazeera]

"The conditions in these centres are crazy," 17-year-old Alkaol* from the Gambia said. "Sometimes you get food, sometimes you don't. If they give you bread, you eat half and save half. You don't know when you will eat next. If you don't have money, your only way out is either escaping or death.

"If they catch people running away, they shoot at you. They may shoot you in the leg, they may shoot you in the head. Everything is a risk."

Saou*, from Central African Republic (CAR), described the time inside a prison as a "time between life and death", adding many of his friends died there because of the brutal conditions.

The capital Tripoli has been under attack since April from forces loyal to Haftar.

More than 1,000 people have been killed in the battle for Tripoli, according to the World Health Organization, which said at least 5,750 were also wounded and about 100,000 civilians forced to flee their homes.

"In most of the stories you hear from the rescued people, the common denominator is violence, both sexual and physical," Juan Pablo Sanchez, an MSF medic on the Ocean Viking, said.

"We had many people who suffered physical violence: Electrocution, wounds by knives and machetes, gunshot wounds and also being beaten up by rubber and metal pipes."

This year, the International Organization for Migration reported more than 10,700 arrivals in Italy. But according to its Missing Migrants project, more than 740 people have died making that sea crossing to Italy or Malta.

They often wait for weeks or months to board the flimsy inflatable boat, fully aware of the fate of those preceding them - but oblivious of the demands and length of what seems like their final journey.

Some are told it is a small river they have to cross, the lights at the offshore oil rigs - just more than a 100km (62 miles) away - pointed to as their destination. Others are reminded of the successful journey made by those before them.

Everyone is scared, unsure of what awaits them. Among them was Kelly*, a 32-year-old from Ivory Coast into her eighth month of pregnancy, and 19-year-old Victoria* from Cameroon, with her three-year-old daughter, juggling her decision to "leave or die".

"In life, when you see you've lost everything, you're not afraid of anything any more," Saou said with a smile. "You don't see the waves. You just see a boat. And that's your chance to get your freedom again, far away from Libya."

*Names changed to protect identities

SOURCE: Al Jazeera News
ABOUT THE AUTHOR
Faras Ghani
Faras Ghani

Faras Ghani is an Online Editor at Al Jazeera English.
@ @farasG
posted by ZUKUNASHI at 20:56| Comment(0) | 国際・政治

ロシアのフリゲート艦搭載の最新巡航ミサイルは250kmを2分で飛ぶ

RT2019/12/11
250km in 2 min: WATCH Russian frigate fire Kalibr missile during Black Sea drill
The Admiral Essen, one of the most advanced frigates in the Russian Navy, took part in an exercise in the Black Sea which involved hitting a target over 250km away with its primary armament, the Kalibr cruise missile.

It took the projectile just 137 seconds to travel over 250km to its intended target on the shore and obliterate it, Zvezda TV reported, publishing footage of the test fire. The Kalibr missile family can be used by a wide range of naval platforms, and made its debut in actual combat during Russia’s counter-terrorism campaign in Syria.

The Admiral Essen, which was commissioned in 2016, fired its missiles at targets in Syria at least three times in 2017. It is the second ship of the relatively new Admiral Grigorovich class of guided missile frigates.





火を止めて家から草むらに走り込んで頭を抱えたときには、すでにミサイルが命中しているということです。もっとも酒田市の郊外には飛んできません。巡航ミサイルは、1発何千万円もします。酒田市の郊外に打ち込むような無駄はしません。そんな攻撃をする指揮者は即刻首です。それに日本の自衛隊は飛んでくるミサイルの探知能力はありません。米国製の地対空ミサイルは、おもちゃです。




posted by ZUKUNASHI at 15:30| Comment(1) | 国際・政治