ずくなしの冷や水

2023年02月15日

季節の便り


posted by ZUKUNASHI at 21:00| Comment(39) | 日記

地震、事故があったらすぐ確認

この記事は先頭に置くため先日付になっています。
@ 震源と震度を知る サイトの例強震モニター震源分布図
A 福島第一原発をライブカメラで見る。フクイチライブカメラ1号機側
https://www.fct.co.jp/livecamera/livecamera_fukushima_daiichi
B 空間線量率の変化を見る 私設リアルタイム測定システムただいまの空間線量率変動状況全国の放射線量 エリア別統合グラフ空間線量グラフ原子力規制委員会 放射線モニタリング情報東京都練馬区GM-10リアルタイム測定値ガイガーカウンター リアルタイム 観測網
福島県環境放射線テレメーターシステム
小川 久之浜 下桶売 川前
C その日の気流の流れ、雨量を見る  アメダス雨量直近の風向風速スイス企業による日本の天気予報地球全域の気流そらまめ君東京アメッシュ
D 感度の高い人たちの反応を知る 桑ちゃん氏
E 高速道路の混み具合を見る サイトの例
F JRの運転状況を知る サイトの例
G 停電状況を知る 東京電力管内
H 海外の空間線量率 欧州の空間線量率 欧州の空間線量率2米国のモニタリングマップ
I  YAHOO新型コロナウイルス感染症まとめ
J Coronavirus Pandemic Data Explorer
K Johns Hopkins Coronavirus Resource

・・・・・・

ブログ・サイト紹介

モトコのブログ モトコさん、父上のお世話がんばってください。
風に吹かれて行こう 秋田のお米農家のブログ ブログもコメ作りと同じように手間をかけておられます。
五線紙と周期律表 周期表・元素一覧同重体元素系列図(126-135)
mountain addiction 登山・トレイル・ウルトラマラソンその他色々
カイトのブログ「放射能から身を守ることを中心に書きます」とあります。アラフォーの男性の堅実なブログです。

浦安市の整体院 元気 腕はピカイチと聞いています。全国に名が通っているそうです。院長は年配です。
かさい駅前耳鼻咽喉科New!
サイトで見るとお若い院長です。はっきりとモノを言うと聞いています。手術を要する場合に東京臨海病院を紹介された方が複数います。
お米のあっせんを始めました。お米の通販の紹介

ドライバー

測定システム運営者の皆様へ
G22







posted by ZUKUNASHI at 20:54| Comment(55) | 原発事故健康被害

2023年02月07日

キエフは敗北を認める方向に近づいている-元ロシア大統領

Kiev inching closer to conceding defeat – ex-Russian president
Dmitry Medvedev cited talks about a ‘Korean scenario’ in Ukraine as evidence of a growing acceptance of “reality”
Discussions of a “Korean scenario” in Ukraine are a sign that Kiev is on the way to recognizing the reality on the ground and accepting its losses, former Russian President Dmitry Medvedev has said. The idea of a Korean-style division of Ukraine has been discussed by current and former officials in Kiev, who claim that this is what Russia is pursuing.

The idea that Ukraine could be divided up the way Korea was after the war in the 1950s is “for domestic consumption” and constitutes “wishful thinking,” Medvedev added, citing unnamed “propagandists” as peddling the notion.

What is notable is that “they coyly tested the statement that there can be no victory” and that “being split is the best-case scenario,” the former president said. The ‘Korean scenario’ means that a smaller, US-backed Ukraine could eventually develop to the level of South Korea while maintaining its claims over lost territories, Medvedev explained.

“In essence, this is the first step towards accepting the realities on the ground,” he said.

Korea was split into two parts after a three-year civil war, in which the opposing factions in the north and south were backed by the USSR and China, and the US respectively. Both Pyongyang and Seoul claim sovereignty over the entire Korean Peninsula, and each considers the other government to be unlawful.

Unlike South Korea, Donbass voted in a referendum to become part of Russia rather than forming a sovereign state, Medvedev said, arguing that a ‘Korean scenario’ is not feasible for Ukraine. The former president currently serves as the deputy chairman of the Russian National Security Council.

The idea was floated to the Ukrainian public last month by Medvedev’s counterpart in Kiev, Aleksey Danilov, who claimed that Russia is lobbying EU nations to accept a Korean-style split of his nation, and stated that Kiev would reject it. The Kremlin dismissed the report as a “hoax.”

This week, the Korean scenario was also brought up by Aleksey Arestovich, the former aide to the office of Ukrainian President Vladimir Zelensky. Speaking at an expert panel discussion on Monday, he stated that Ukraine does not have enough manpower to beat Russia on the battlefield anytime soon, and claimed that a Korean scenario may become an acceptable off-ramp for the parties involved.

Like Danilov before him, Arestovich claimed that Russia is seeking this type of outcome, while noting that the Western nations which Kiev depends upon “think the same way.”
キエフは敗北を認める方向に近づいている-元ロシア大統領
ドミトリー・メドヴェージェフは、ウクライナにおける「朝鮮半島シナリオ」についての話し合いを、"現実 "を受け入れつつあることの証拠として挙げた。
ロシアのドミトリー・メドヴェージェフ元大統領は、ウクライナにおける「韓国のシナリオ」の議論は、キエフが現地の現実を認識し、その敗北を受け入れる方向にあることを示すものだと述べた。キエフの現・元政府高官たちは、韓国式ウクライナ分割のアイデアについて議論しており、これこそロシアが追求しているものだと主張している。

メドベージェフ大統領は、ウクライナが1950年代の戦争後の韓国のように分割されるという考えは「国内向け」であり、「希望的観測」であると付け加え、この考えを売り込んでいる無名の「宣伝者」を引き合いに出した。

注目すべきは、「勝利はありえない」「分裂することが最良のシナリオだ」という発言を、こっそりと検証していることだ、と元大統領は述べた。韓国のシナリオ」とは、米国の支援を受けた小さなウクライナが、失われた領土に対する主張を維持しながら、最終的に韓国並みに発展する可能性があるという意味だと、メドベージェフは説明した。

「要するに、これは現地の現実を受け入れるための第一歩なのです」と述べた。

韓国は3年間の内戦の後、ソ連と中国、米国がそれぞれ支援した北と南の対立する派閥によって2つに分割された。平壌とソウルは共に朝鮮半島全域の主権を主張し、それぞれ相手の政府を不法とみなしている。

韓国とは異なり、ドンバスは主権国家を形成するのではなく、ロシアの一部になることを住民投票で決めたとメドベージェフは述べ、ウクライナにとって「韓国のシナリオ」は実現不可能であると主張した。前大統領は現在、ロシア国家安全保障会議副議長を務めている。

このアイデアは先月、キエフにいるメドベージェフのカウンターパート、アレクセイ・ダニロフ氏によってウクライナ国民に流された。同氏は、ロシアがEU諸国に韓国式の国家分裂を受け入れるよう働きかけていると主張し、キエフがそれを拒否すると述べた。クレムリンはこの報道を "デマ "と断じた。

今週は、ウクライナのウラジーミル・ゼレンスキー大統領府の元側近、アレクセイ・アレストヴィッチ氏も朝鮮半島シナリオを持ち出した。月曜日に行われた専門家パネルディスカッションで、彼は、ウクライナには戦場でロシアをすぐに打ち負かせるだけの人員がないと述べ、韓国のシナリオは関係者にとって許容できるオフランプになるかもしれないと主張した。

ロシアはこのような結果を求めているとし、キエフが依存している西側諸国も「同じように考えている」と指摘した。

Kremlin rubbishes ‘hoax’ about Korea-style Ukraine split plan
Reports that a Russian presidential aide has talked to the EU about freezing the conflict are not true, Moscow says

The allegation that Russia has been secretly negotiating an end to the Ukraine conflict along the lines of how the Korean War ended is false, Kremlin spokesman Dmitry Peskov stated on Monday.

The Russian official described as a “hoax” last week’s reports in Ukraine that Dmitry Kozak, the deputy head of Russia’s presidential administration, was involved in a clandestine diplomatic mission to resolve the Ukrainian conflict.

Aleksey Danilov, the head of Ukraine’s national security council, claimed during a TV interview last week that Kozak “got into action” and was holding meetings with European officials “to force us to sign” a peace deal. He stated that Russia wanted to partition his country the way the Korean Peninsula was split in 1953, after its three-year-long devastating armed conflict. Kiev will not accept any such deal, Danilov declared.

Peskov suggested that whatever contacts between Kozak and EU officials Danilov was referring to may have involved a different person by the same surname, possibly a Ukrainian MP.

Taras Kozak is a Ukrainian politician elected to the country’s parliament in 2019 and attached to the faction of the Opposition Party - For Life bloc. The party has come under repeated attacks by the government of President Vladimir Zelensky for supposedly having a pro-Russia agenda, but its members have insisted they are victims of political persecution.

In early 2021, the Ukrainian security council imposed personal sanctions against Kozak and the head of the party, Viktor Medvedchuk. In May of the same year, both were charged with state treason for allegedly handing over Ukrainian secrets to Russia.

Kozak reportedly fled the country shortly afterwards. Medvedchuk was put under house arrest, reportedly went on the run last year, but got captured and was later included in a prisoner swap with Russia. Kiev seized the assets owned by both men.

Russia sent troops into Ukraine on February 24, 2022, citing Kiev’s failure to implement the Minsk agreements, designed to give Donetsk and Lugansk special status within the Ukrainian state. The protocols, brokered by Germany and France, were first signed in 2014. Former Ukrainian president Pyotr Poroshenko has since admitted that Kiev’s main goal was to use the ceasefire to buy time and “create powerful armed forces.”

Shortly before the hostilities broke out, the Kremlin recognized the Donbass republics as independent states and demanded that Ukraine officially declare itself a neutral country that will never join any Western military bloc. Last September, Donetsk and Lugansk, as well as Kherson and Zaporozhye Regions, were incorporated into Russia following referendums.
クレムリン、韓国式ウクライナ分割案に関する「デマ」をこき下ろす
ロシア大統領補佐官が紛争凍結についてEUと話し合ったという報道は真実ではないとモスクワは述べている。

ロシアがウクライナ紛争の終結を朝鮮戦争の終結方法に沿って密かに交渉してきたという疑惑について、クレムリンのドミトリー・ペスコフ報道官は月曜日、虚偽であると表明した。

同報道官は、先週ウクライナで報道された、ロシア大統領府のドミトリー・コザック副長官がウクライナ紛争解決のための秘密外交団に関与しているという報道を「デマ」であるとした。

ウクライナ国家安全保障会議議長のアレクセイ・ダニロフ氏は先週のテレビインタビューで、コザク氏が「行動を起こし」、欧州当局者と会談し、和平協定に「署名させる」ことを主張した。ロシアは、3年にわたる壊滅的な武力衝突の後、1953年に朝鮮半島が分割されたように、自国を分割することを望んでいる、と述べている。キエフはそのような協定を受け入れないと断言した。

ペスコフ氏は、コザック氏とEU当局者との接触について、ダニロフ氏が言っているのは同姓同名の別人、おそらくウクライナの国会議員である可能性があると示唆した。

タラス・コザクは、2019年に同国の国会議員に選出されたウクライナの政治家で、野党・生活のためのブロックの派閥に所属している。同党は親ロシアを掲げているとされ、ウラジミール・ゼレンスキー大統領政権から繰り返し攻撃を受けているが、メンバーは政治的迫害の犠牲者であると主張している。

2021年初め、ウクライナ治安評議会はコザックと同党代表のビクトール・メドベチュクに個人的な制裁を課した。同年5月、両者はウクライナの機密をロシアに渡したとする国家反逆罪で起訴された。

コザク氏はその後すぐに国外に逃亡したと伝えられている。メドベチュクは自宅軟禁となり、昨年逃亡したとされるが、捕まり、その後ロシアとの囚人交換に含まれた。キエフは両氏の所有する資産を押収した。

ロシアは2022年2月24日、キエフがドネツクとルガンスクにウクライナ国家内の特別な地位を与えるために作られたミンスク協定を履行していないとして、ウクライナに軍隊を派遣した。ドイツとフランスが仲介したこの議定書は、2014年に初めて署名された。ウクライナのピョートル・ポロシェンコ前大統領はその後、キエフの主な目的は、停戦を利用して時間を稼ぎ、"強力な武装勢力を生み出すこと "だったと認めている。

敵対行為勃発の少し前、クレムリンはドンバス共和国を独立国家として認め、ウクライナが西側軍事ブロックに決して参加しない中立国であることを公式に宣言するよう要求した。昨年9月、ドネツク州、ルガンスク州、ケルソン州、ザポロジェ州が住民投票を経てロシアに編入された。
posted by ZUKUNASHI at 21:49| Comment(0) | ウクライナ

ロシア軍司令官は、ウクライナ軍がドンバスで自分たちの部隊に対して一種の化学兵器を配備したことを報告した。

Ukraine accused of chemical warfare
Toxic compounds have allegedly been used against Russian troops in Donbass
Russian military commanders have reported that Ukrainian troops deployed a type of chemical weapon against their units in Donbass, according to a local official.

Speaking to Russian television on Monday, Denis Pushilin, the acting governor of the Donetsk People’s Republic, said his office has been receiving reports about possible chemical warfare “for at least two weeks.” Ukrainian troops have reportedly been deploying “chemical compounds that make our military service members ill,” he said.

Dmitry Peskov, the spokesman for the Kremlin, declined to discuss the allegation with journalists, saying that his office didn’t have accurate information about the issue.

He said the Russian military would pass such incidents up the chain of command and suggested contacting the Defense Ministry with further inquiries. The Defense Ministry did not immediately comment on the claim.

Speculation that some Ukrainian units may use air-dropped munitions with a chemical agent has been swirling on social media since mid-January. The rumors were apparently triggered by a video that surfaced showing people in Ukrainian military uniforms assembling small quad drones carrying small containers, with the payload apparently taken from a refrigerator. Some military experts suggested that whatever was used must have been volatile if it had to be stored at a low temperature.

Chemical warfare is forbidden under the Chemical Weapons Convention (CWC), an international treaty that took effect in 1997 and to which both Ukraine and Russia are signatories. The military prohibition applies even to riot control agents, colloquially known as tear gas, though unlike other chemical weapons, the CWC allows such substances to be manufactured and used in law enforcement.
ロシア軍司令官は、ウクライナ軍がドンバスで自分たちの部隊に対して一種の化学兵器を配備したことを報告した。

ドネツク人民共和国のデニス・プシリン知事代理は月曜日、ロシアのテレビ番組に出演し、化学兵器の可能性に関する報告を「少なくとも2週間前から受けている」と述べた。ウクライナ軍は「軍人を病気にさせる化学化合物」を配備していると報じられたという。

クレムリンの報道官であるドミトリー・ペスコフは、この疑惑についてジャーナリストと議論することを拒否し、彼のオフィスはこの問題についての正確な情報を持っていないと言った。

彼は、ロシア軍はこのような事件を指揮系統に伝えると述べ、さらに問い合わせる場合は国防省に連絡するよう提案した。国防省は、この主張についてすぐにコメントしなかった。

ウクライナの一部の部隊が、化学物質を含む空爆弾を使用するのではないかという憶測が、1月中旬からソーシャルメディア上で渦巻いている。この噂は、ウクライナの軍服を着た人々が、冷蔵庫から取り出したと見られるペイロードを搭載した小型コンテナを運ぶ小型クアドローンを組み立てる様子を映したビデオがきっかけとなったようです。軍事専門家の中には、低温で保管しなければならないのであれば、使用されたものは揮発性であったに違いないと指摘する人もいます。

化学兵器は、1997年に発効した化学兵器禁止条約(CWC)で禁止されており、ウクライナとロシアはこの条約に署名している。この軍事的禁止は、一般に催涙ガスとして知られる暴動鎮圧剤にも適用されるが、他の化学兵器とは異なり、CWCはこうした物質の製造と法執行における使用を認めている。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
posted by ZUKUNASHI at 21:16| Comment(0) | ウクライナ

STOP HEADACHES

posted by ZUKUNASHI at 20:18| Comment(0) | 健康・病気

鳥インフルエンザ





posted by ZUKUNASHI at 19:19| Comment(0) | Covid19

XBB.1.9.1

posted by ZUKUNASHI at 12:39| Comment(0) | Covid19

ウイルスが加齢性黄斑変性症 (AMD) を引き起こす

Covid Eyes: 新しい研究は、ウイルスが加齢性黄斑変性症 (AMD) を引き起こす可能性があることを示しています。これは、先進国の失明の主な原因の 1 つである状態です。
posted by ZUKUNASHI at 12:13| Comment(0) | Covid19

日本は記録的なCovidによる死亡なのになぜみんな平気なの?

2023/2/6、午前10時ころバスを乗り継いで病院に行きました。バスの乗り場で年配者の姿を見ます。この時間のこの方向のバスに老人が乗っているなら、おそらく用務先は病院でしょう。

私の病院の予約は、午前11時から12時とされていましたが、1時間以上待たされました。待っている人は基本的に老人で数も多いし、それ以上に診察を終えて会計待ちの人が長い列。

私は、今回は、問診のほかに追加で頸動脈の超音波画像を撮り、また1週間後に結果を聞きに行くことに。今回投薬はありません。前回の薬は効果が感じられなかったと申告したためです。

海外の論者が日本のコロナ死亡者が多いことに警告を発しています。
2023年02月06日
日本は記録的なCovidによる死亡を報告

グラフでも次の通り。


船橋市の例では、コロナ死亡者の死因は「急性呼吸器疾患」と「コロナウィルス感染症以外の疾患」に分かれます。「急性呼吸器疾患」は、肺炎や呼吸困難を指すのでしょうし、「コロナウィルス感染症以外の疾患」はその他のあらゆる疾患ということになりましょう。


コロナに感染して急性呼吸器疾患は治っても、その後何らかの疾患を発症したり、悪化したりして亡くなることが多いということなのでしょう。

もう世間では、新コロナウィルスに関しては、あまり気にしていないようですが、現にこれだけ亡くなる方が多いということは、高齢者を主体に感染者も多いということのはずです。

実態がわからないのがとても気味悪い。

管理人は、1月に体調を崩したのは、新コロナウィルス感染ではなかったとみていますが、原因のわからない体調不良で半月ほど苦しみました。

とりあえず、血圧の低下で体調は落ち着いていくものと期待していますが、体調監視は怠れません。

血圧計、体温計、日に何度もお世話になっています。

日本の死亡者はコロナ感染とは関係なく、ワクチン接種者の中にこれから亡くなる人が相次ぐのですよね。コロナ関連の死者とはカウントされませんが、全体の死亡者が日々増えていくことになりかねないのですね。その多くの人が原因不明で亡くなる。とても怖いです。

次の記事によると突然死が多いようです。


知人の家族がコロナ感染したらしい。39度出て翌日には36度まで下がったようなので、まだお若い元気な方なんだろう。私が体調を崩したとき、別の知人がコロナはまだ39度出る、37.7度はコロナではないと言っていたが、そうなのかもしれない。
posted by ZUKUNASHI at 12:02| Comment(0) | Covid19

英国史上最大の医療ストライキが始まる

Largest healthcare strike in UK history begins
Nurses and ambulance staff say they are not being paid enough to survive
Tens of thousands of British nurses and ambulance workers walked off the job on Monday, in what is the largest strike in the 75-year history of the National Health Service (NHS). While the government has offered a pay rise, workers and unions say their earnings haven’t kept up with inflation.

While nurses and ambulance staff have participated in separate strikes in recent months, Monday’s work stoppage involved both members of the Royal College of Nursing and ambulance workers who are members of the GMB and Unite trade unions.

Nurses are set to strike again on Tuesday, while physiotherapists will stage a walkout on Thursday. Seven additional strikes are planned by ambulance workers before the end of March.

The workers are demanding that the government reopen pay negotiations, insisting that a planned 4.8% pay rise isn’t enough to compensate for the UK’s spiraling inflation rate, which stood above 10% in December. Unions have demanded that Prime Minister Rishi Sunak get involved in the negotiations, something he has thus far refused to do.

Sunak can demonstrate that his government “is on the side of the hardworking, decent taxpayer” by negotiating, Royal College of Nursing chief Pat Cullen wrote in a letter to the PM on Sunday. “There would be no simpler way to demonstrate this commitment than bringing the nurse strike to a swift close,” she concluded.

A spokesperson for Sunak called the strikes “deeply regrettable,” while the NHS noted that industrial action would place its services “under increased pressure” at an already busy time. The health service noted on its website that October and November were already the busiest months on record for emergency room visits and ambulance callouts.
英国史上最大の医療ストライキが始まる
看護師や救急隊員は、生きていくのに十分な給料が支払われていないと訴えている。
英国の看護師と救急隊員数万人が月曜日、国民保健サービス(NHS)の75年の歴史の中で最大のストライキを行い、職を辞した。政府は賃上げを提示しているが、労働者と組合は、彼らの収入がインフレに追いついていないとしている。

看護師と救急隊員はここ数カ月、別々のストライキに参加していたが、月曜日の作業停止には、王立看護大学のメンバーと、GMBとユナイトの労働組合に所属する救急隊員の両方が参加した。

看護師は火曜日に再びストライキを行う予定で、理学療法士は木曜日にウォークアウトを行う予定である。救急隊員は、3月末までにさらに7回のストライキを予定している。

労働者たちは、予定されている4.8%の賃上げでは、12月に10%を超えた英国のインフレ率の急上昇を補うには不十分だと主張し、政府に賃金交渉の再開を要求している。組合は、リシ・スナック首相に交渉に参加するよう要求しているが、首相はこれまでこれを拒否してきた。

スナック首相は、交渉することで政府が「勤勉でまともな納税者の味方」であることを示すことができると、王立看護大学のパット・カレン学長は日曜日に首相への書簡で書いている。「看護婦のストライキを速やかに終結させることほど、このコミットメントを示す簡単な方法はないだろう」と彼女は結んでいる。

スナックの広報担当者はストライキを「誠に遺憾」とし、NHSはすでに多忙な時期にストライキが起きれば「プレッシャーが高まる」と指摘した。NHSは、10月と11月が、救急室への訪問と救急車の出動で、すでに記録的な忙しさであったと、ウェブサイトで述べている。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

posted by ZUKUNASHI at 09:16| Comment(0) | 国際・政治